ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】:2012年03月

NY株式

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、米国新規失業保険申請件数の予想悪化が懸念されて約50ドル安の13073ドルで推移
セクター別では、銀行-1.5%、輸送-1.2%、その他金融-0.69%がとりわけ安い。
個別では、アメックス-2%、バンカメ-1.64%、3M-0.59%、ベライゾン1.41%、JPM-1.4%、AIG-1.52%、スタバ-1.09%ゼロックス-1.33%などが目立つ。
また、欧州株式も軒並み1%強の下げ幅を記録、また新興国市場のブラジルでも1%の下落を示している。
なお、商品市場では原油の下げ幅が目立ち、現在104.27ドルで推移中。

でも先日のバーナンキ議長「労働市場の回復は本物ではないため、規制緩和を検討うんぬん・・・・」というコメントはもう忘れられてしまったのでしょうか?

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは続伸スタートの+10ドル。
先ほど発表されたS&Pケースシラー住宅価格指数が予想を上回ったことに加え昨日のバーナンキ議長の発言から金融緩和期待が根強く残っている感じである。
しかしながらセクター別でみると銀行、輸送、その他金融はやや弱含み。
このあとのリッチモンド製造業指数の行方を見守りたい。

NY株式 

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式は大幅な上昇ではじまり現在+111ドルの13192ドルで推移。
背景にはバーナンキFRB議長が米労働市場において、まだ正常な状態とは言い難く、金融緩和は雇用拡大を促すとのコメントを発したことから、更なる金融緩和を見込んだ買いが殺到している。
上記コメントを受けてセクター別、個別株ともに上昇している。
また商品市場でも金、原油、白金族、銅などが高く推移。
為替市場でも、円売り、ドル売りの様相でユーロドルは1.33付近での推移となっている。

NY株式 

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   13062.1  (-63.23)
ナスダック   3059.16 (-16.16)
S&P500    1393.55 (-9.34)
原油先物   105.08
金先物    1635.00

個別動向
キャタピラ -1.95%
アルコア  -1.46%
バンカメ  -1.22%
GE     -1.1%
フェデックス -3.27%
ハリバートン -3.4%

中国並びに欧州圏のPMI悪化が売りを誘い、欧州株式に引き継いで米国株も下落。
個別では中国にシェアを伸ばしている企業の下落が目立っている。
この地合いを引き継ぎ大証日経225先物でも1万割れの9950円で推移。

NY株式 

テーマ:

シーマスター

先週よりお休みをいただいておりまして、記事の掲載が出来ずに申し訳ございませんでした
本日より記事を書いていきますので、改めてよろしくお願い申し上げます

NYダウ 13152.5(▲17.64)
ナスダック 3708.25(+4.10)
S&P500 1404.29(▲1.13)

本日発表された2月中古住宅販売件数が下ぶれたことやアジア、特に中国の減速懸念が根底に残っており、利益確定並びにリスク回避の指向へ。為替はドル買い、円買いになっており、今までの円安からやや風向きが変わった感じか?
個人的には、QE3のトーンも下がったことですし、株は売りたいところですが・・・・。

 

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、昨日よりやや小高い4ドル前後で取引スタート
株式市場においては、大きなニュースが不在の中、昨日までのリスクオン相場が継続しているようにも見えるが、若干利益確定売りなのか現在は-7ドルとやや売り優勢。
セクター別では、半導体+1.31%、銀行+0.35%、保険-0.26%など。
昨日コメントに書いた銀行セクターの個別株のうちシティG+0.34%、バンカメ+1.02%と買い優勢。
原油は105.30ドル、金は1646.60ドルと動意に欠ける展開。なお、米国10年国債が寄り付きこそ高く始まったものの、現在は昨日と同じ水準まで下落している。

NY株式 動向

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式はまちまち
セクター別では、半導体0.79%、コンピュータ0.67%の上昇に対して、輸送-1.07%、銀行-0.18%工業-0.33%とまちまち。
個別では、アメックス+2.73%、バンカメ+4.36%、GE1.38%、ディズニー-1.68%等が目立つところ。
なお、先般米国ストレステストの結果発表において基準を満たすと判断されたバンカメは+4.36%高、逆に景気降下に耐えられない資本基準であると名指しされたシティGは-2.52%と明暗を分けた株価動向になっている。また、増配を発表していたJPMは昨日が大幅高であったため本日は+0.32%と小動き。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、昨日と変わらない辺りで取引スタート。
アジア時間では、中国株式が大幅下落となったことについて懸念する声も聞かれたが、今のところ欧州、米国の株価をみる限りは限定的との見方が広がっている。
セクター別では、半導体は約1%の上昇となっているものの、他のセクターでは弱含み。

為替市場では、ドル買い、円売りが顕著。またカナダドルが上昇、南アランド、ノルウェークローネが値を落としている
本日の注目材料として、株式ではないが原油市場で米国原油在庫の発表が予定されている。


NY株式 個別株動向

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

3時15分より米FOMCの結果が発表予定があり一部では慎重論もあるようだが、米国2月小売売上高の好調さを背景に主要株式も順調に推移している

バンカメ  +1.63%
JPM    +2.07%
アルコア  +2.74%
キャタピラ +1.64%
インテル  +1.48%
ディズニー +1.46%
ホームデポ+0.58%

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比約50ドル高付近での推移。
欧州時間に発表された独3月ZEW景気期待指数が予想を大幅に上回る結果だったことに加え、米国2月小売売上高のうち自動車を除く部門において、予想を上回ったことが、リスクオンの色を濃くしている。
株式セクター別では、半導体+1%、輸送+0.71%、銀行+0.77%など。
また為替市場では、米指標の結果を受けてドル買いにシフトしており、結果として商品市況でも原油、金などは対ドルで下落している。

NY株式 スタート

テーマ:

シーマスター

NY株式は現在30ドル高で推移
雇用統計が予想を上回る結果であった事が下支えとなっている。
株式セクター別では、本日は金融株が強含みになっており、その他のセクターでもプラス域を維持している。
個別では、アルコア+1.33%、JPM+1.4%、スターバックス+2.08%が目立つところ。

為替市場ではドル高が進行しておりユーロドルなどはここにきて大きく値を下げている。なお、ドル円は上値トライをしており現在82円ミドル水準。

商品市況は金、銀が一旦大きく値を下げたあと、急激にV字回復。原油、白金族、銅なども高値で取引されている。


NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12909.9  (+74.46)
ナスダック   2966.08 (+31.39)
S&P500    1365.30 (+12.72)
ギリシャ債務問題については9日の正式発表を待つ事になるわけだが、マーケットでは明らかに楽観論が広まっており、リスクオンのムードに支配されている。
株式においては、先ほどに記述させていただいたように政府保有の株売却価格が決定したAIG、アジア、欧州で既存店売上が振るわなかったマクドナルドが-2.68%、-3%と弱い。
また金融系の株式もその他のセクターに比較して上昇率に欠ける動き。
商品市場では白金族、大豆、コーンなどが高い。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは寄付きより値を上げて現在65ドル高の12900ドル前後での推移。
懸念されていたギリシャ債務交換問題が楽観的な見方が支配していると同時にアジア・欧州株式が堅調に推移している事がリスクオンムードにさせている。
また一部では明日の非農業部門雇用者数が大幅増加するのではという噂も飛び交うなど更にムードに拍車をかけている。
セクター別では、保険を除きほぼ全面高。
個別株では、米国政府による株式売却価格が決定したAIG-2.35%、マクドナルド-3%、アルコア+1.3%、JPM+1.7%、フォード+1.7%などが目立つ。

EIA石油在庫統計

テーマ: 概況

シーマスター

結果  83万バレル増加
予想 150万バレル増加
この結果を受けて、原油価格はやや上昇

※原油取引はインヴァスト証券さんのCFDで取引することが可能です 

ダウは上昇幅を広げる

テーマ:

シーマスター

ダウは+25ドルと上昇幅を広げる展開。
セクター別では、半導体+1.08%、銀行+0.68%、通信+0.32%など。
個別では、バンカメ+1.43%、キャタピラ+1.36%、GE+1.3%、ユナイテッドT+1.03%、シティG+1.65%、GS+1.61%、AIG+1.51%などが目立つ。

米国株式市場スタート

テーマ: 独り言 経済指標

シーマスター

NY株式市場、ダウは前日比約15ドル高の水準で推移。

ADP雇用統計の結果が良好であったことなどが好感されている。しかしその反面、ギリシャに関する不安は払拭されていないためかユーロなどはドルに対して弱含む展開となっており、リスクを取に行くといった雰囲気ではなさそうだ。
本日は原油相場は高値で取引されているが、24時30分には米国週間在庫統計が発表されるため原油価格、ならびに関連通貨(豪ドルなど)は要注意が必要であろう。

昨日、日経225先物では9500円を割り込む場面では、打診買いをしてみたいと発言させていただいたが、本日の日本主要企業の株価チャートを見ている限りでは大型株でチャート崩れしている銘柄が散見されているため、少なくとも年度末の配当取りブームが到来するまでは(とはいっても10営業日くらいしかないが)弱気を考えている。

米国株式市場 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

ダウは相変わらず160ドル近い下落で推移。
米国のみならず南米新興国の株価の下落も深刻で、ブラジルボベスパ指数は2.7%の下落となっている。また、日本においても大証日経225先物ナイトセッションにおいても9500円目前と大幅な下落となっている。
個人的には、日経225は節目を目前として少し打診買いしてみたいレベル。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

米国株式市場は、寄り付きが100ドル安でスタートした後、さらに下落幅を広げ現在150ドル安の12816ドル前後の推移となっている。
アジア各国の株価が軟調だったことに加え、ギリシャPSI交換の債務期限延期の噂が流れ欧州株式や為替市場がドル買い、円買いに傾いていること、さらには原油価格も下落している事から、リスク回避ムードになっている。
最新の報道では、ギリシャ政府はPSI交換期限延長は否定されているものの8日に期限が迫っていることもありマーケットでは慎重になっているのかもしれない。
株式セクター、個別株とも全面安の状況であり今後のニュースなどには留意していきたい。

米国株式市場 中盤

テーマ:

シーマスター

NYダウ   12914.5  (-63.0)
ナスダック   2943.69 (-32.56)
S&P500    1359.98 (-9.65)
VIX         18.53  (+7.17%)
米国の株価の下げもさることながら、南米の新興国の株価下落が目立ってきた。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比10ドル近くの下落からスタートをしている。
現在、約20ドルマイナスでの推移。
日本のこの時間の報道でも再三にわたり中国の全人代が注目されていますが、例年この時期は中国の経済見通しが注目される傾向にあるため、注意が必要。
米国株セクター別では半導体が約1%マイナスとなっているが、他のセクターでは大きな動きは出ていない。
個別では、アルコア-1%、キャタピラ-1.5%、GS-1.3%、ヤフー+1.09%などが目立つところ。
なお、24時に発表された米国各指標は軒並良好な結果となったため、インデックスの動きに注意していきたい。

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12998.6  (+45.67)
ナスダック   2988.34 (+21.34)
S&P500    1373.74 (+8.06)
VIX         17.48  (-5.15%)
24時に発表されたISM製造業景況指数が予想を下回ったものの株価指数自体は堅調に推移している。また先ほど、バーナンキFRB議長の上院議会証言があったもが内容自体は昨日とほぼ同様であり特段サプライズな内容は無かった。
株式セクター別では、輸送+1.48%、銀行+1.22%が目立つ。個別ではバンカメ+2.38%、AMEX+1.15%、JPM+2.96%、トラベラーズ+1.33%GS+3.97%、シティG+2.79%、AIG+2.16%と金融関連の上昇が目立つ。
為替市場では、オセアニア通貨が堅調、商品市場では原油が1ドル近い上昇を見せている。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日と変わらない値で寄り付いた後、その後続伸し現在55ドル高まで上昇幅を伸ばしている。
セクター別では、特段目新しい感じはないが、金融系セクターがやや強く、反面工業セクターは上値を抑えられている感じ。個別では、バンカメ+1.38%、JPM+0.87%、アルコア+0.98%などが目立つ。マーケットではこの後2月ISM製造業景況指数が発表にされる。

米国株式 スタート前

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式は、取引前における夜間取引では前日比37ドル高の12990ドルで推移。
先ほど発表された新規失業保険申請件数が予想を下回る35万1000件(予想35万5000件)となったことにより雇用に関しての懸念が、やや払拭された感じ。ただし、同時に発表された1月個人所得や1月個人支出などが予想よりやや弱かった事もあり大きな動きには繋がっていない。
欧州株式は各国とも軒並み上昇しており、また原油なども上昇につながっている。

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式は、先ほどの急落を取り戻す動きになっており、ダウは9ドル安の12955ドル付近での推移。
セクター別でみると、金融系セクターが昨日比でプラスで推移しているほかコンピュータ、バイオが同じくプラス域。反面、半導体、工業、通信といったセクターが弱含み。
個別では、ディズニー+0.74%、ホームデポ+0.59%、コカコーラ+1.12%、JPM+0.82%、エヌビディア+1.44%、ハリバートン-1.35%、エクソン-0.5%などが目立つところ。

NY原油急落

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

先ほど発表された週間在庫統計によると、原油在庫は416万バレルの余剰(予想は110万バレルの余剰)と予想を大幅に上回る在庫の為、原油は急落。また、バーナンキFRB議長によるコメント「国家債務による金融危機のリスクにある」が株式マーケットに影響し、NYダウは一転57ドル安12947ドル付近まで急落している。なお、為替市場ではドル買いに傾いている。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】2012年03月