ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】:2012年02月

米国株式 序盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは昨日比16ドル高で寄付き後、そのごも少しずつ値を上げ、現在34ドル高の13039ドル付近での推移となっている。
シカゴPMIが予想を上回る結果になったことも影響しているかもしれない。マーケットではこの後行われるバーナンキFRB議長の議会証言に注目が集まっている。
株式セクター別では、その他金融+0.6%、銀行+0.7%、バイオ+0.5%、通信-0.08%とまちまち。また個別では、アルコア+0.68%、JPM+1.48%、バンカメ+1%、ホームデポ+0.48%、グーグル+1%、シティG+0.9%などが目立つところ。

NY株式 スタート前

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NY株式市場は取引開始前であるが、夜間取引では前日比とあまり変わらない値動きで推移している。欧州時間ではユーロのLTRO(3年物長期資金供給)の額に大きな注目が集まったが、一時予想を上回る供給量としてユーロ売りが見られた。しかしながら結果としては予想の範囲に収まったとの見方が大半を占めユーロドルの値動きは小動きに収まっている。
また先ほど米国GDP等の発表が行われ、強い結果にもかかわらず夜間取引並びにドルへの動意はあまり見られなかった。
本日は23時45分にシカゴ購買部協会景気指数の発表、また24時30分に米週間原油在庫の発表がある。また、現物株式では、先ほど発表があった米国10-12月個人消費がやや予想を上回る結果となったことを受けて、個人消費関連にどのように影響を及ぼすのか注目したい。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは現在83ドル安水準で推移。
株式市場には、高値警官感がくすぶると同時に為替市場にて円高が進行している。これらの材料としてはメルケル独首相のコメントにより根深い欧州問題によるリスク回避ムードになったといった声が聞かれるが、実際には先週までの大幅上昇の調整といった感じではなかろうか?
セクター別では、通信-0.84%、その他金融-0.94%、工業-0.76%、半導体-0.98%など。
商品市況では原油、金とも上値が重い。
この後、24時に米1月中古住宅販売保留件数、24時30分にダラス連銀製造業指数などが予定されている。

連銀総裁その2

テーマ: 独り言

シーマスター

>> コロフさん
たしかにおっしゃるとおりですね
しかしながらこうも頻繁に反対声明が出てくると急激な株価の上げは望んでいないのかな・・?
と勘繰りたくなりますよね。
まぁ、ダウも大きな節目である13000ドルを目前にしていることですし・・・・.
あとNN倍率も急上昇しているんですよね、最近。

独り言

テーマ: 独り言

シーマスター

昨日あたりから、米国の各連銀総裁が追加量的緩和についての否定的コメントが目立ち始めました
米国の各指標は良好なのですが、ちょっと要注意かなと。。。。 おっと独り言です(汗)

ミシガン大学消費者信頼感指数

テーマ: 経済指標

シーマスター

上記指標は、事前に噂が流れていたように予想より強い結果に。
73.0(結果)→72.5(予想)
マーケットはドル売り、円売りに傾斜。また株式はいまいち反応鈍い。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式は、前日比約10ドル高水準で推移。
セクター別では半導体+0.34%、コンピュータ+0.42%、銀行-0.33%、その他金融0.25%とまちまち。マーケット全般を見渡すと為替市場で円売り、ドル売りが進行しておりそれだけ見ればリスクオンのムードであるが、株式市場では、週末要因が重なってくるため今後の株価動向には要注意。
なお、このあとミシガン大学消費者信頼感指数などの指標発表がある。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比約12ドル安水準で寄付き。
先ほど米国新規失業保険申請件数の発表があり、予想を下回る申請結果でもあったにもかかわらずマーケットでの影響は軽微に。
ただ、ダラス連銀総裁がQE3に関する否定的な発言をしておりこれらが株式市場でどのような影響を及ぼすのか注目したいところ。
なお、株式セクター別では半導体-1.06%、コンピュータ-0.37%あたりが目立つところ。
為替市場では、新規失業保険件数の好結果を受けて一時ドル売りが強まっていたが、現在は収まっている。
このあと、24時30分に米週間原油在庫統計が発表されるが、中東情勢の悪化と絡めてどのように動くのか注目したい。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12938.6  (-27.02)
ナスダック   2933.17 (-15.40)
S&P500    1357.66 (-4.55)
VIX         18.19  (0%)
CME日経225円建 9570※
NYダウは、主だったニュースが乏しい中、13000ドル付近の上値が重い展開が終始続き前日比27ドル安の12983ドルで終了。
個別においては、主要銘柄のほとんどがマイナスではあるものの、下落幅は小幅な銘柄が多かった。またインテル-1.58%、デル-5.82%、HP-1.4%などのコンピュータ関連、またバンカメ-1.97%、GS-1.95%、シティG-3%などの銀行株の一角などは下落が目立った。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、約10ドル安前後の12956ドルで寄り付いた後、新たな材料もないまま膠着状態になっている。株式の主要セクターにおいてはほとんどマイナス圏での推移となっており、また個別においても強弱バラバラである。
ただ、先ほど発表された1月中古住宅販売件数は予想を下回る結果になっており、これがマーケットにどれだけ影響を及ぼすかに注目が集まっている。


NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12965.6  (+15.82)
ナスダック   2948.57 (-3.21)
S&P500    1362.21 (+0.98)
VIX         18.23  (+2.53%)
NYダウは途中13000ドルを越す場面も見られたが、その付近では上値重く結局前日比15ドル高12965ドルで終了。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式市場は、続伸スタートの12980ドル前後の値動きとなっている
欧州市場では、材料出尽くしの感もあったが米国市場では素直に欧州問題については前向きにとらえられているようである。
セクター別では、銀行-0.31%、コンピュータ+0.46%、輸送-0.65%とまちまち。
このあと、ユーロ圏2月消費者信頼感の発表が24時にあり結果が注目される。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式市場、ダウは前日比+46ドル付近で推移。
ギリシャ問題の二次支援が進展するだろうといった安心感(安堵感?)に加え、為替市場では円安が進行しておりリスクオンを助長する動きになっている。
ただ、本日は週末ということもあり大きな上昇となるかは疑問。
CME日経225円建の値は9475円と大きく上昇しており、個人的には、CFDや大証先物などの225先物は、来週以降一旦調整売りが入ってもおかしくないと考えている。
なお、独、仏の株式指数も1.5%付近の大きな上昇になっている。

日経平均午前

テーマ:

シーマスター

日経平均株価は、寄付後に一時プラスとなる場面も見られたが、利益確定売りが優勢となり前日比4円ほど安い9256円付近で膠着。また、アジア市場でも昨日の米国株安を受けて軒並み軟調。
為替市場では、好結果の豪指標発表などがあったが、全般的に円高にシフトしており為替動向しだいでは、株価も更なる調整があるかもしれない。いずれにせよ午後為替動向と先物動向に注目。

東京株式市場 寄り付き概要

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

東京株式市場はNY株式の下落を受けて27円96銭安の9232円38銭で寄り付き。
米国株式の下落を嫌気しての利益確定売りが進行している。しかしながら全般的に下落というイメージより、昨日の大幅上昇にたいしての調整程度のイメージでしかないほど底堅い感じです。

本日は先物動向で市場全体が大きく左右される動きになるのではないかと思っておりますので、当面先物の板と睨めっこです。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12780.95  (-97.33)
ナスダック   2915.83 (-16.00)
S&P500    1343.23 (-7.27)
VIX         21.94  (+9.98%)
WTI 102.06 (+0.98)
GOLD 1279.10(+11.40)
電話会談の終了した欧州問題はさておき、FOMCにおいて今後の米GDP、失業率のリスク見通しは下向きとコメント、また金融緩和に積極的なコメントが無かったことから米国株価は上値重く進行。
マーケット全般では、リスク回避ムードで支配されており、ギリシャ問題や中東情勢緊張を受けて金先物が高値で取引された。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NY株式は前日比7ドル高の12886ドルで寄付
ギリシャ問題の進展期待から欧州株式は上昇して始まったものの、その後欧州各国の株価は伸び悩む形となっており、ダウでもその形を引き継いだ。
やはりギリシャ問題の先行をまだ不安視している向きも少なくないようである。
また、先ほどイランが一部の欧州の国々に原油の禁輸を発表したこともリスク回避を助長させている。なお株式セクター別では、半導体+1.6%、コンピュータ+0.6%、輸送-0.8%などが目立つ。
原油はこの後24時30分に米石油在庫が発表されることとなっており、イランの件と合わせて動向が注目されている。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12878.28  (+4.24)
ナスダック   2931.83 (+0.44)
S&P500    1350.50 (-1.27)
VIX          19.70 (+3.47%)
CME日経円建 9105※
終盤に懸念されていたギリシャの書面提出が、15日に提出されることが伝わると、一気にギリシャ第二次支援への期待が台頭。ユーロの上昇とともに米国株式も上昇した。
結果的にダウ、ナスダックは前日比プラス引。


米国株式市場 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12799.6  (-74.36)
ナスダック   2911.81 (-19.58)
S&P500    1341.80 (-9.97)
VIX         20.59  (+8.14%)
CME日経円建 9060※
欧州時間は独・ユーロ圏ZEWが予想を上回った事等により、指標リスク選好ムードが大半を占めていたが、米国1月小売売上高、12月企業在庫などの予想を下回ったことなどを受けて徐々に上値が重くなる展開。また15日に予定されていたユーロ圏財務相会合はギリシャ側の問題で行われず、電話会談に切り替えられることなどが伝わるとユーロが他通貨に対して軟調な展開になるなど、リスク回避のムードが少し漂っている。
米株のセクター別では、銀行-1.05%、保険-0.94%、通信-0.71%と金融関連が弱い。また個別ではバンカメ-3.2%、アルコア-2.13%、マイクロソフト-1.2%、GS-2.51%、シティG-3.59%などが目立つところ。

日銀金融政策会合

テーマ: 独り言

シーマスター

日銀金融政策決定会合のニュースを受けて、JGB国債が急上昇。また225先物も上昇気味。
また為替市場は円売り優勢。

まぁ落ち着いたら元に戻ると思いますが・・・

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+64ドルで寄り付き後、やや値を落とす展開ながらも45ドル前後の上昇幅で推移している。
NYダウ   12846.5  (+45.33)
ナスダック   2920.38 (+17.57)
S&P500    1348.76 (+6.12)
VIX         19.51  (+6.16%)
セクター別では、銀行+0.95%、半導体-0.6%など。
個別では、バンカメ+2.35%、アルコア+0.78%、シティG+1.58%、メルク+0.74%など。

米国株式市場 中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ   12779.8  (-110.65)
ナスダック   2909.81 (-17.42)
S&P500    1342.55 (-9.40)
VIX         20.52  (+10.14%)

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比106ドル安の12783ドルで寄付き。
欧州時間では、材料不在のなか週末要因等で夜間取引においては小安い状態であったが、さきほどギリシャの閣僚辞任報道やオーストリー中銀総裁のユーロ圏は12年リセションに近づく可能性があるとのコメントを受け、マーケットはリスク回避傾向になっている。
株式セクター別では、銀行、通信がともに1%のマイナス。
商品市場においても、金、原油は下落推移をしている。

マーケットは23時55分に発表されるミシガン大学信頼感指数の結果に注目している。

米国株式市場 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12909.0  (+25.09)
ナスダック   2927.16 (+11.30)
S&P500    1353.34 (+3.38)
VIX         18.39  (+1.27%)
株式市場では膠着状態も為替市場は円売り基調。
また金・原油は一時の上昇の勢いが消え下落気味、ただし白金族、銅などは上昇を維持している。

う~ん

テーマ: 独り言

シーマスター

ギリシャのポジティブなニュースの割には、株価には反映されませんね。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比22ドル高の12906ドル寄り付き
先ほどEU報道官により「EU圏財務相会合にて、ギリシャ合意について説明する」旨のコメントが出され、ユーロが上昇。少なくともユーロに関しては、欧州株式の上昇と相まってリスクオンムードがマーケットを支配している。
米国株セクター別に見ると、前日と変わらないセクターが多い中通信セクターだけが1%近い下落となっている。
個別では、バンカメ+1.85%、JPM+0.85%、ヤフー+1.7%、シティG+1.3%と金融系銘柄などが強含み。新興国株式は、アルゼンチンが反騰スタート、逆にブラジルは反落。
商品市況は原油、金、白金族、銅などが上昇、天然ガスは下落している。なお、金は先ほど1750ドルの節目を突破している。

米国株式市場 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12844.6  (-33.6)
ナスダック   2899.02 (-5.06)
S&P500    1344.70 (-2.35)
VIX         18.46  (+4.59%)
EIA石油在庫統計における在庫増の発表があったことや、ECB要人による、ギリシャ債務問題についてのECB関与についてコメント後にユーロが下落。それに併せるように株式市場も下落基調となった。
現在はやや落ち着きを取り戻してきておりリバウンド気味になっているが、個別銘柄の中にはリバウンドせずにそのまま下落している銘柄もちらほらと。
また原油市場では統計発表前の100ドルの付近から98.60ドル付近までの下落幅となっている。
さらに新興国であるアルゼンチンの株価が2.5%近い急落となっており、今まで継続してきた新興国への資金シフトの動向も気になるところ。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、2.65ドル安の12875ドルで寄付スタート。
目新しい材料にかける中、高値圏の警戒感からやや取引が手控えられているといった印象。先ほど発表された米国MBA住宅ローン申請件数は先週の結果を大幅に上回る数値でもあったにもかかわらず、為替マーケットでは材料視はされず、むしろ円高傾向が続いていた。
株式セクター別では、工業、コンピュータ、その他金融は0.3%ほどの上昇、逆にバイオセクターは0.4%ほどの下落でスタートしている。
個別では、ディズニーが2%近い上昇、バンカメ1%上昇といったところが目立つところ。
このあと、24時30分に米国週間原油在庫統計が発表され、シリア情勢などと併せて結果が注目されよう。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12878.2  (+33.07)
ナスダック   2904.08 (+2.09)
S&P500    1347.05 (+2.72)
VIX         17.66  (-0.56%)
CME日経円建 8945※
さて、今日の日経平均はどこまで上値を試すのか注目ですね。まずは9000円トライが壁になると思われますが、そこを抜けると9155円付近が壁になります。

米国株式終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12895.5  (+50.4)
ナスダック   2906.72 (+4.72)
S&P500    1348.46 (+4.16)
VIX         17.77  (+0.06%)
WTI原油    98.76
金       1747.80

米国株式市場は、中盤やや落ち着いた展開になっていたが、NY特有(?)の引けにかけて動くパターンになってきている。

ダウ ナスダックともにプラ転

テーマ: 株式市場

シーマスター

ダウ、ナスダック、S&P500ともにプラス転換に。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、昨日比13.97ドル安の12831ドルで寄付き。
為替市場で、ドル安円安が進行している中、ギリシャ問題の進展の期待とデモなどによる今後の不安が入り乱れているのが現状か?
セクター別では、昨日大幅上昇が目立ったバイオセクターが軟調。またその他金融(-0.56%)、輸送(-0.7%)も軟調。
個別では、JPM-0.7%、サンディスク-0.88%、ボーイング-0.66%などが目立つところ。
いずれにせよ、本日はユーロの動向に連動した動きになりそう。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12845.10 (-17.10)
ナスダック   2901.99 (-3.67)
S&P500    1344.33 (-0.57)
VIX         17.76  (+3.86%)
ギリシャ債務削減問題の懸念を受けて、株式相場では売りが先行したものの、下値では買いが入り最終的には小安い形で引け。
個別株では、ボーイング(-1.15%)、エクソン(+0.98%)、ファイザ(-1.18%)、ディズニ(+1.15%)、P&G(+1.18%)、トラベラーズ(-1.31%)が目立つところ。
また、グーグルは+2.14%の上昇で引けている。

米国株式市場 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12828.0  (-34.21)
ナスダック   290.77 (-2.87)
S&P500    1343.07 (-1.83)
VIX         17.90  (+4.68%)
WTI原油    97.06
金       1721.10

NY株式市場は、前半の下げをやや取り戻す感じで推移。セクター別ではバイオ関連が強い(+1%)。そのほかのセクターにおいても前日終値に近づきつつある。
また先ほど、ギリシャ連立与党は債権団が要請している1万5000人の公務員削減を受け入れる方針との報道によりユーロが買い戻されている。

米国株式市場スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比-41.47の12820ドルで寄り付き
欧州時間よりギリシャに関するネガティブな報道が相次いでおり欧州株価が下落。その流れを受けて米国株式も下落スタートとなっている。
セクター別では、半導体-1.6%が弱く推移。また個別ではボーイング-1.4%、アメックス-0.6%、AIG-0.96%などが弱い。
また、寄付きが-1.3%から始まった原油先物はその後盛り返し現在97.27ドルで推移している。

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ   12707.0  (-9.38)
ナスダック   2859.68 (+11.41)
S&P500    1325.54 (+1.45)
VIX         17.98  (-3.07%)
CME日経円建 8865※
WTI原油    96.36
金       1759.30

米国株式終盤は、大きな動きもなくclose
話は変わりますが、本日は2月3日。
節分天井という言葉がありますが、株価動向にも注意したいところです。

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ   12707.0  (-9.38)
ナスダック   2859.68 (+11.41)
S&P500    1325.54 (+1.45)
VIX         17.98  (-3.07%)
CME日経円建 8865※
WTI原油    96.36
金       1759.30

米国株式終盤は、大きな動きもなくclose
話は変わりますが、本日は2月3日。
節分天井という言葉がありますが、株価動向にも注意したいところです。

米国株式 中盤

テーマ:

シーマスター

NYダウ   12704.4 (-11.99)
ナスダック   2858.77(+10.77)
S&P500    1324.37(+0.29)
VIX         18.28(-1.46%)
ダウはマイナス圏に転じるもある意味底堅い動きになっている。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、前日比11ドル上昇の12727ドルで寄付き。スペイン、仏の国債入札が順調だった事に加え、中国がEFSF及びESMについて更なる協力を検討しているとの報が伝わり欧州株式は底堅い動きになっている。またその後発表された米新規失業保険件数は予想を上回る36.7万件(37.1万件)となり、後押しするような形となっている。
セクター別では、その他金融が+0.7%、銀行-0.36%が目立つところ。また個別では、アルコア+1.08%、AT&T+0.88%、ディズニー-0.79%、デル+1.32%などが目立つ。
原油は続落スタートの96.51ドルで推移。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12716.46 (+83.55)
ナスダック   2848.27 (+34.43)
S&P500    1324.08 (+11.67)
VIX         18.63 (-4.22%)
CME日経円建 8845※
WTI原油    97.61
金       1749.50
本日の米国株式市場ではセンチメントは強気なものの、ギリシャ債務問題で上値を重くしている印象を与えた一日であった。ダウは一時135ドル前後まで上昇したものの、引けにかけて上値を抑えられた。
株式セクターでは輸送機器が弱かったものの、そのほかのセクターでは軒並み上昇しており特に半導体セクターの上昇が目立った(+2.4%)
商品市況では、金が底堅い動きを見せた半面、原油は米EIAの発表した原油在庫等が予想に反して在庫増となったことから、統計発表後は終始売り優勢であった。また銅、白金族等は相変わらず上昇基調であった。
2日は米国新規失業保険申請件数の発表ならびにバーナンキ議長が下院予算委員会で議会証言を予定してており、株価だけでなくドルの動向にも注意を払いたいところである。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは75ドル前後の上昇で寄り付いたものの、その後発表されたISM製造業指数等が発表されたこと受けて更に上昇。現在+135ドルの12768.5ドルとなっている。
また為替市場においてもユーロドルが1.32付近まで上昇するなどややリスク選好ムードになってきている。
株式セクター別では、半導体+1.89%、銀行、保険がともに1%上昇。反面、輸送セクターは-0.94%となっている。個別では、トラベラーズ+1.27%、アルコア+1.58%、バンカメ+2.24%、キャタピラ+1.05%、ウォルマート+1.56%が目立つところ。
この後、米国EIA原油在庫が発表される予定であり、この結果によっては原油市場も動意がありそう。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12632.99 (-20.73)
ナスダック   2813.84(+1.90)
S&P500    1312.40(-0.61)
VIX         19.43(+0.15%)
CME日経円建 8810※
WTI原油    98.38(-0.40)
金       1737.00(+6.00)
小麦      668.00(+23.25)
米国株式は、序盤こそ欧州株式の流れを引き継ぎ、プラスでスタートしたものの、シカゴPMIと消費者信頼感指数がともに予想を下回る結果になったことを懸念し下落、一時70ドル近い下げを記録した。しかしながら引けにかけてやや買い戻される展開となり、ダウは20ドル安、ナスダックでは1.90ドルのプラスで終了した。
なお、NY引け後に発表された通販大手アマゾンの決算は、予想を大幅に上回る1株利益0.38ドル(事前予想0.16ドル)と発表された。

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12585.3 (-68.41)
ナスダック   2801.44(-10.48)
S&P500    1307.59(+5.56)
VIX         19.81(+2.11%)
シカゴPMIや消費者信頼感指数が予想を下回る結果になったことを受けて米国株式は下落。また資源国通貨や商品市場(貴金属、原油等)も下落している。
25時40分現在、株式市場は一旦下げ止まったようにも見えるが、ここで反発するのか、それともさらに下落するのか注目していきたい。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】2012年02月