ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】:2012年01月

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、+52.87の12706.59ドルでスタート
ギリシャにて民間債務者との債務交換協議が今週末で終了を目指すとのギリシャ首相のコメントと受け欧州株式が上昇。米国株もそれに沿う形でのスタートとなっている。
セクター別では、半導体、銀行、工業、通信といったセクターが小高い。
この後11時45分に米国1月シカゴ購買部協会指数、24時に消費者信頼感指数の発表がある。

NY中盤概況

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは欧州の株安に連れて安く寄り付いたものの徐々にマイナス幅を縮める展開になっている。背景には、ギリシャ前首相の債務交換協議で大きな前進が見られたとのコメントやEU首脳によるESMの7月合意に向けての合意との報道が好感されている。
しかしながら、ユーロではやや買い戻されたものの依然上値が重い展開が続いている。
個別株では、ダウ30種は強弱まちまち、またアップル+1,14%、アマゾン-2,17%、AMD-1,83%となっている。
商品市況においても、ガソリン、天然ガスを除き前面安の様相。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12734.63 (-22.33)
ナスダック   2805.28(-13.03)
S&P500    1318.45(-7.60)
VIX         18.55(+1.31%)
CME日経円建 8860※
NY原油    99.74(+0.34)
金先物   1724.70(24.60)
(参考)
ブラジル ボベスパ指数 62953.0(+0.75%)

米国株式は後場に入り上値の重い展開に。

さて、週末に向けて米国株式の今晩の動向が注目されますが、
この2,3日のユーロの上昇度合いといい、金の高騰といい、
ピッチを早めて上昇してきただけに、リスク志向のマネーが一旦調整
に入るのかが気になるところです。

なお、今晩は米国GDP、米国個人消費、ミシガン大学消費者信頼感
指数などの指標が予定されております


米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、+49の12806ドルで寄付
昨日のFOMC声明を受け欧州株が上昇。米国株も、連れての上昇スタートと
なっている。また、先ほど発表された米国各指標も強弱バラバラなものの、
マーケットではトータルでポジティブに捉えられているようだ。
セクター別では、輸送+1.65%、銀行-0.03%、コンピュータ+0.49%とまちまち。
個別では、本日決算発表をおこなった3Mが+1.18%、キャタピラ+3.52%、
AT&T-2.15%での推移となっている。商品市況では金が1728ドル、原油が
101.3ドル、また、銀、白金族等も高値で推移している。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは-44.50の12631.25ドルでスタート
本日のFOMCを前に様子見姿勢が強まる中、依然根深いギリシャへの懸念が
上値を重くしている。
セクター別では、通信-1%、コンピュータ0.93%、バイオ+0.74%など。
また個別では、昨日の引け後に決算発表を行ったアップルが+6.7%、ヤフー-0.7%、
ボーイング-1.73%で推移。
商品市況は、金、原油とも下落している。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12675.7 (-33.07)
ナスダック   2786.64(+2.74)
S&P500    1314.65(-1.35)
VIX         18.91(+1.29%)
CME日経円建 8810(大証比+30)
NY原油    98.95(-0.63)
金先物   1664.50(-13.80)

特段大きな動きもなくNY株式は取引終了。
欧州債務危機に関して、ややネガティブな反応を示したものの
ナスダックを中心としたハイテク株の一部が上昇し、相場を下
支えした。
為替市場では、ユーロが対円、対ドルで上昇、また商品市況
では、原油先物が小幅安、金先物が13ドル安で終了している。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは続落の-62の12645ドルでスタート
特段材料はない中、欧州株式が下落したことを懸念した形。
為替市場では、円売りが強まっているが以前にあったような
リスク選好の円売りではない事に注意。

NYタイムでは、この後24時にリッチモンド連銀製造業指数、
25時15分SNB理事講演、27時以降ルクセンブルグ中銀総裁
講演、独連銀総裁講演、BOE総裁講演が続く。

米国株式セクター別では銀行-1.3%、輸送、通信-1%等が目立つ。
また本日四半期決算を発表したトラベラーズは-0.71%、マクドナルド
は-0.38%で寄り付いた。

また商品市況も弱含みで展開しており、金は1663.90ドル、原油は
98.51ドルで推移中。

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ   12708.82(-11.66)
ナスダック   2784.17(-2.53)
S&P500    1316.00(+0.62)
VIX         18.68(+2.19%)

これといった材料がないままNYは終了した印象。

上値は重いが、最近の上昇傾向から推察するに利益確定の売りが
いつ入ってもおかしくない状況だっただけに、逆に買い意欲も旺盛
だったという証かもしれない。
更にNY金先物も買われており、マーケット全般で見ればリスクオンの
雰囲気であったともいえそうだ。


話は変わりますが、私の住んでいる東京では昨日の大雪で路面が
凍結しております。これから出勤をされる方は、足元には十分気を
つけてくださいね!


米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12714.8 (-5.64)
ナスダック   2788.62(+1.88)
S&P500    1316.86(+1.48)
VIX         18.82(+2.95%)

米国株式は中盤に入り、マイナス圏に沈む場面も・・・
ダウは連日の上昇でやや利益確定の売りに押される場面も見られている。
なお、ユーロ円が100円に乗っていることを受けて、日本株ADRでは上昇
している銘柄が目立っている。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは-8.83の12712.15ドルでスタート
ユーロが上昇する中、NYダウは小幅マイナスからのスタートをしている。

独連邦銀がEMSとEFSFについて議論している事が材料視されており、
それらがユーロ上昇のきっかけになったとみられている。
セクター別では、半導体、保険以外は小高い推移。
また、個別ではバンカメ+2.12%、グアルコム+1.25%、ペプシコ-1%が
目立つところ。
また、先ほどイランは「原油禁輸処置がなされた場合は必ずホルムズ海峡
を封鎖する」とのコメントを出しており、それらを受け原油先物は急上昇して
いる(現在99.67ドル)。

NYダウは現在プラス28の12748.8ドルで推移している

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12685.5 (+61.57)
ナスダック   2783.46(-4.33)
S&P500    1312.53(-1.97)
VIX         19.26(-3.07%)

ダウは上昇しているものの、ナスダックやS&P500は弱い展開
またVIXはかなり下げての推移となっている
為替マーケットはドル売りに傾いており、資源国通貨ではその
動きは顕著になってきている

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+11ドルで寄付き後前日比30ドル近くまで上昇。

一時期、欧州株式が軟調で、かつユーロ円が売りに押される場面
もあったため米国株式への影響が懸念されていたが、一応リスク
選好継続のムードになっている。

セクター別では、昨日同様銀行セクターがやや弱い。
個別では、IBM+3.57%、アメックス-2.43%、GE-0.89%などが
目立つところ。
他には原油が98.46ドルまで売りに押されている。

週末要因や昨日までの高値で、売りに押される場面もあろうが、
買い継続のトレンド形成になるかが本日の注目ポイントになろう。

米国株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12608.8(+29.89)
ナスダック   2787.131(+17.42)
S&P500    1313.60(+5.56)
VIX         20.01(-4.21%)

米国株式は、ダウは堅調な推移、ナスダックはやや上昇幅を縮める場面
もあったが順調に上昇。
しかしながら、新興国株式が軒並み上昇幅を削られていることやVIX指数
が反転し始めているところが気がかり。

株式セクターでは、相変わらず輸送、半導体、通信といったセクターが強く
推移。

個別では、一時期5%近い上昇を見せたバンカメは2%の上昇幅になって
おり、ダウ30種の個別でもマイナス銘柄がチラホラ散見されるようになって
きたところもあり、引け間際の売買動向に注目。

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12611.6(+32.69)
ナスダック   2792.91(+23.20)
S&P500    1315.13(+7.09)
VIX         19.47(-6.80%)
(参考)
ブラジル ボベスパ 62023.1 (+300.24)
アルゼンチン      2889.61 (+27.37)
メキシコ         37867.0 (+359.97)
原油先物      101.11
金先物       1655.00

円売り優勢で、先ほどユーロ円は100円示現。
株式市場では、ナスダック銘柄の上昇が目立つ。しかしながらダウ30種は
そこまでの上昇は見られずジリジリ推移する展開となっていいる。
セクター別では、銀行以外は上昇している。
個別では、ヤフー+1.19%、バンカメ+4.71%、JPM+1.37%、アルコア
+1.7%、シティ+2%などが目立つ。
また軒並み新興国株式も上昇しており今後の資金シフトが注目されるところ。

コモディティ市場では、原油在庫統計を発表された原油がやや売り優勢
となっている。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+22の12601ドルでスタート

先ほど発表された新規失業保険申請件数が予想を上回る結果
であったことに加えIMFによる融資原資引き挙げうぃ巡る報道や
ギリシャ債務交渉合意の報道などが好感されている。
また、バンクオブアメリカの四半期決算発表も一株利益が予想を
上回るなどリスク選好ムードをやや後押しする格好。

セクター別では、通信+1%、輸送+0.57%、半導体+0.9%、反面
銀行-0.3%、保険-0.07%などが弱い。

NY close

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ   12482.07(+60.01)
ナスダック   2728.08(+17.41)
S&P500    1293.67(+4.58)
VIX         22.22(+6.26%)

NYダウは序盤から中盤にかけて強い展開を見せたが、終盤に入り節目である12500ドルが強く意識され上昇幅を縮めての引けとなった。
株価上昇とはいえ、VIX指数は終始上昇しての推移だったこともあり、投資家はリスク懸念を持ちつつの取引をしたと見るのが正解かもしれない。

セクター別では、工業+0.84%、通信+0.84%、半導体+0.46%と上昇の反面、銀行-0.53%、その他金融等-0.65%などが押される展開となった。

個別では、バンカメ-2.12%、JPM-2.87%、ボーイング+0.87%、ユナイテッドテクノロジー+1.25%、オラクル+1.17%、シティ-8.2%、デル+1%などが目立つところ。

本日の東京市場では、08時30分に豪1月ウエストパック消費者信頼感指数が発表されるほか、13時に安住財務大臣が講演を行うことが予定されており、後者は介入に関してのコメントの有無が注目されよう。

米国株式 中盤

テーマ:

シーマスター

NYダウ   12521.6 (+99.63)
ナスダック  2736.59(+27.56)
S&P500   1297.72(+8.63)
VIX        21.03(+0.57%)

米国株式は、上昇相場を続けるもダウ12500ドル越えの場面では上値が重くなる展開。

新興国株式

テーマ: 株式市場

シーマスター

米国株式市場の上昇を受けて下記新興国株式市場も大幅上昇

ブラジル ボベスパ指数 60567.9(+644.40)+1.02%
アルゼンチン         2790.72(+36.15)+1.31%

(参考)
インド SENSEX 16466.0(+276.69)+1.71%※closed

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、+63.27の12485.33ドルでスタート。
欧州時間に発表された独1月ZEWが-21.6と予想の-49.4より大幅に強い結果になったことに加えスペインの入札が好調であったこと、また米1月NY連銀製造業景況指数が強かったこと等を受けて上昇。

更にアジア時間に発表された中国11年12月の小売売上、12月鉱工業生産などが予想を上回ったことも後押し材料として、資源国通貨等で後押し材料ともなっている。
なお株式寄付後も、ダウは続伸しており現在は110ドル高で推移。

セクター別では、工業、半導体、バイオが1%以上の上昇。

ただし、欧州金融機関の格下げの噂や独の経済成長失速の観測から、ユーロドルはやや重い展開になっている。

欧州株式 終盤2

テーマ: 株式市場

シーマスター

FTSE(英) 5660.43(+23.66)
DAX(独)  6219.63(+76.55)
CAC(仏)  3229.65(+33.16)
(参考)
FTSE MIB(伊) 15239.9(+228.87)

欧州株式は、ダウ先物がプラス域での推移をしていること、
ユーロがドルに対して買い戻されていること、また仏大統領、
独政府高官、スペイン首相、欧州委員らのコメント等を受けて
上昇している。


欧州株式 終盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

FTSE(英) 5634.64(-3.00)
DAX(独)  6164.40(+21.32)
CAC(仏)  3194.93(-1.56)

米国現物株式市場が休場の中、ダウ先物は前日比で
プラスで推移。ややドル売り進行の中、欧州株式市場も
先週末と変わらない値で推移。
特段目立つ材料もないまま、欧州株式は引けを迎える
のかに注目。
なお、この後23時に仏の国債入札が行われる。

欧州株価指数 中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

FTSE(英) 5624.98(-11.23)
DAX(独)  6155.88(+12.33)
CAC(仏)  3187.39(-9.1)

参考
FTSE MIB(伊) 14978.9(-32.19)
IBEX35(スペイン) 8437.00(-13.60)

先週末のユーロ圏格下げショックから欧州圏の株式がどのような
反応を示すか興味深々で見ておりましたが、ダウ先物が前日と
変わらない値で推移していることもあり、動意薄の展開です。

NY close

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ   12422.06(-48.96)
ナスダック   2710.67(-14.03)
S&P500     1289.09(-6.41)
VIX         21.43(+4.69%)
※終値

米国株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12420.2(-50.82)
ナスダック   2711.58(-13.12)
S&P500    1289.37(-7.13)
VIX         21.62(+5.62%)

 米国株式市場は、ユーロ各国の格付け問題を巡り、特に
仏の格下げ懸念よりリスク回避姿勢の勢いが強まり、大幅
下落。ダウは一時期1%以上の下落を記録した。

 その後、様々な情報が錯綜する中、欧州各国の格下げは
マーケット内で織り込み済みとなり、何段階の引き下げとな
るかにフォーカスが移行しつつある。
 また、米国ではセントルイス連銀総裁が量的緩和に関する
発言をしたことから株価が下支えされ、終盤に入りやや値を
戻してきている。
 ここのところ好調であった新興国株式のメキシコ、ブラジル、
アルゼンチンといった株式市場は本日は値を下げている。
 商品先物市場では、原油が続落の98.76ドル、金も続落の
1631.20ドルで引けている。

 これから、S&Pの格付け発表が行われる予定だが、先ほども
書いたように各国、特に仏がどの程度引き下げられるのかが
焦点となると思われ、状況によっては週明け明けのアジア市場
に影響を及ぼす可能性もある。


ドルインデックスに注目 3

テーマ: 独り言

シーマスター

ドルインデックスが一つ目の抵抗ラインに
ぶち当たってきました

ユーロがこんな状況ですから、中々手を出し
づらいですが・・・・

ユーロ

テーマ: 独り言

シーマスター

ユーロ圏のニュースが続々と出ています
ユーロに関しては要注意です。

まさか13日の金曜日にS&Pがこういったネガティブな
情報を出すとは・・・・


1月ミシガン大学消費者信頼感指数

テーマ: 経済指標

シーマスター

予想 71.5
結果 74.0

これを受けて、株価はやや持ち直していますが
スタート時の下落幅は埋められていません。

NYダウ 12374.9ドル(-96.11)

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは-65.31の12405.71ドルで寄付
為替市場において、ユーロ周辺国の格下報道などが影響し
ユーロが急落。
米国株式においても欧州債務問題が改めて問題視されての
スタートとなっている。

セクター別では、銀行-1.16%、その他金融-0.84%、半導体
-1.23%などが目立つところ。
本日四半期決算を発表したJPM(予想、結果ともに変わらず)
は-4.04%の下落スタートとなっている。

なお、先ほどフィッチが南アの格付け見通しをネガティブに変更
したことでUSD/ZARは8.05から8.153付近まで上昇。
また、EU関係者が語ったところによると、独、オランダの格付
をS&Pは変更しない見通しとのコメントを発表ししている。

この後23時55分に1月ミシガン大学信頼感指数の発表がある。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+8.93の12458.38ドルで寄付

欧州時間でスペイン債、ハンガリー債の入札が順調だったこと
やユーロ圏11月鉱工業生産の結果が良好だったことにより、
ユーロ並びに欧州株式、資源国通貨等が上昇。
ただし、米国新規失業保険件数、12月小売売上高の結果が
弱かった事が株価の上値を上値を抑えている。

株式セクター別では、どのセクターも前日と変わらない辺りで
推移。ま個別では、バンカメ+1.6%、アルコア+1.87%あたりが
目立つ。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは-27.32の12435.15ドルでスタート

ユーロが欧州、特にギリシャの懸念が再び台頭したこと
更に、一部銀行筋が「12時間以内に仏の格下げ」の噂を
流したことなどにより急落。
その流れを受けて米国株式もやや弱い展開でのスタート
となっている。
ただ、最近のマーケットでは、商品市況や欧州以外の
新興国市場に資金流入がなされており、マーケット全体
での見極めが必要か?

セクター別では、半導体、通信、輸送、工業がプラスでの
推移、銀行、その他金融、保険がマイナスでの推移。
個別では、コカコーラ-1.93%、JPM-1%、バンカメ-1.66%
AIG-1%、ハリバートン-1.5%、コダック+28%が目立つところ

なお、先ほどEU議会が新EU条約草案を却下したとのニュース
が入ってきており、これらがユーロに対してどのような反応を
するのかが注目されている

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12462.47(+69.78)
ナスダック   2702.50(+25.94)
S&P500    1292.08(+11.38)
VIX         20.69(-1.80%)

格付け機関フィッチの仏に対してのコメントやアルコアの決算発表
を受けてマーケットは終始買い優勢で展開。

セクター別では、銀行+1.2%、バイオ+1.9%、その他金融+1.48%
保険+0.96%などが目立つ。

また個別では、一時3%以上の上昇幅を見せたアルコアは売りに
押され最終的に+0.21%の9.44ドル、バンカメ+5.74%、JPM+2.2%
シティ+3.16%、GS3.84%など金融関連の上昇が目立った。

米国企業決算発表予定

テーマ: 独り言

シーマスター

今週より米国株式は決算発表が相次ぎます
過去には大手企業の業績により株価指数全体に影響を及ぼす事
もありました
下記に主要企業の決算予定日を記しましたので参考にしてください

12日 シェブロン
13日 JPモルガンチェース
17日 ウェルズファーゴ シティG 
18日 アップル USバンコープ イーベイ チャールズシュワブ
19日 インテル ステートストリート バンカメ マイクロソフト
20日 IBM グーグル GE モルスタ 
23日 ハリバートン
24日 テキサスインスツルメント トラベラーズ ヤフー マクドナルド
25日 スリーエム ゼロックス
26日 AT&T コダック スタバ ボーイング ユナイテッドテクノロ
27日 アマゾン サンディスク フォード ロッキード
31日 エクソンモービル ファイザー
(一部企業名を略しています)


  

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比111ドル上昇の12500ドル付近での推移。
また欧州各国株価は、軒並み上昇している。

欧州時間にフィッチが「仏のトリプルA格付けは安定的」などと
発言した事などもリスク選好ムードの要因の一つと思われる。

株式指数上昇を受けて米国10年債利回りも上昇幅を拡大して
いると同時に資源国通貨の上昇が目立ってきている。

株式セクター別では、通信+1.11%、輸送+1.76%、工業+1.2%
などが目立つ。
また、昨日決算発表を行ったアルコアは+3.5%、他にはバンカメ
3.2%、JPM+1.6%、キャタピラ+2.5%などがダウ30種では目立
つところ。
VIXは-3.65%の20.30で推移。


米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12364.5(+4.65)
ナスダック   2674.37(+0.16)
S&P500    4578.03(+0.22)
VIX         21.55(+4.46%)

NY株式市場は、寄り付きのプラスを縮める展開
になっている。
ロンドンFIXにてドル売りになったものの依然ユーロ
は戻りが鈍い展開となっており、リスク選好相場には
なっていないのが現状。
また、一時期プラスだった欧州株価(仏除く)も引けで
は、マイナスに転じており警戒感漂う相場といえよう。

株式セクター別では、目立った動きは見られないものの
個別では本日引け後に決算発表されるアルコアが
思惑から買い先行。一時期3%以上の上昇幅を示した。
また上場廃止の噂がある、コダックは+27%の上昇を
示している。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比+20の12380.00ドルで寄付き

NY時間に入り特段の材料が見当たらない中
先週まで下落していたユーロが一服している
ことから落ち着いた相場展開になっている。
また、独財務大臣の
「ギリシャ救済のスケジュールは進展している」
とのコメントも市場に対しての安心感を与えている
ようである。

なお、VIX指数は21.69と前日比+5.14%と上昇
している

米国株式 スタート

テーマ:

シーマスター

NYダウは小幅下落-6.74の12408.98ドルでスタート

株式は、週末相場であると同時に欧州問題などから
様子見モードが漂う中で、年初からの続騰で一部利益
確定の取引がなされている模様。
また来週から本格化する決算発表を見極めたいとする
向きも多い。
ダウ30種個別では、バンカメ-1.74%、アルコア-2.65%
GE+0.9%、JPM+0.2%とまちまち。

NYダウは現在-48.82ドル12368.8ドルで推移。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12415.70(-2.72)
ナスダック   2669.86(+21.50)
S&P500    1281.06(-3.76)
VIX         21.39(-3.74%)
原油先物    101.81(-1.41)
金先物    1620.10(+7.40)

NY株式は、欧州懸念を元に下落してスタート
したものの、また米国で発表された12月ADP
雇用統計と新規失業保険申請件数は予想を
上回る結果となり、相場を下支えした。
結果、株価はジリジリ上昇して結局前日とほぼ
変わらないところで引けた。

ダウ30種個別では、バンカメ+8.61%、JPM
+2.09%と金融系が強く推移、またインテル、
ディズニーなども強含みであった。

原油先物は中東情勢の懸念や需給の懸念から
買われ続けていたが、EIAから発表された週間
在庫が予想を反して在庫増加となった等から
一転下落、夜間取引でも下落が進行している。

ドルINDEX 2

テーマ: 独り言

シーマスター

昨年末より注目しているドルインデックスが
順調に上値を追っています(現在80.94付近)

81.46あたりが昨年の高値ですので、ここで
抵抗するようならば、戻り売りのチャンスかと。。

ユーロだけではなく、こちらも注目です!


※ドルインデックスにはいくつかの種類がありますので
ここで表記されているレートは、参考程度にお考えください

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは-38.29の12380.13ドルで寄付

根強い欧州不安がある中、ハンガリーへの懸念へと
波及。
そういった中、米国の12月ADP雇用統計と
新規失業保険件数が発表となり、いずれも予想を
上回る結果となったものの、年始からの上昇相場
に対しての調整も絡め、ダウは下落している。
現在NYダウは-103.46ドルで推移。

セクター別では輸送-1.92%、銀行-1%、保険-1%
その他金融-1.14%と金融関連が総じて安い。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12418.4(+21.04)
ナスダック   2648.36(-0.36)
S&P500    12777.30(+0.24)
VIX         22.28(-3.00%)

欧州株式の下落を受けて、売りからスタート
した米国株式市場であったが、場中発表され
た製造業受注指数が予想を下回ったにも
かかわらず、下げは幅は限定的に過ぎず
結局ダウは+20ドルで引けた。

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12396.1(-1.25)
ナスダック   2646.70(-2.00)
S&P500    1275.90(-1.05)
VIX         22.55(-1.74%)

~ NY株式市場は、少しずつ値を戻す展開 ~

製造業受注指数の指標発表後、特段材料がない中
株価の方は一時プラス域に入るも、現在は前日終値
付近で推移している。
セクター別では、銀行+0.22%、コンピュータ+0.28%
、保険-1.03%、通信-0.21%など。
また個別では、シスコ+1.5%、ホームデポ+1.57%、
マイクロソフト+2.09%、キャタピラ+1.15%、ヤフー
-2.46%、スタバ+2.21%などが目立つところ。
なお、株価低迷で上場廃止の噂があるコダックは
-3.74%で推移。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、反落の-21.41の12375.97ドルでスタート
東京市場は大発会の大幅プラスで引けたものの、
欧州市場に入り軟調推移に転じたほか、スペイン発の
報道でスペインの銀行がIMF等に融資申請をしている
との報道から、欧州懸念が再発。
為替マーケットがユーロ売り、円買い、ドル買いがリスク
回避志向を強めている。
現在ダウは-6.43の12390ドルまで回復はしているもの
のマーケットのベクトルはリスク選好とまではなっていない

先ほど発表された米国11月度製造業受注指数は予想より
下回ったものの、大きな動きにはなっておらず上にも下にも
動かない状態が続いている


追伸・・・保有していた「原油先物」は昨日ロスカットされて
しまいました(涙)。浅めの設定でしたので傷は浅くて済み
ました。
新たなポジションをどこで構築していくか、考え中です
見極めていきたいと思います

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】2012年01月