ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】:2011年12月

NY close

テーマ: ご挨拶 株式市場

シーマスター

NYダウ   12217.64(-69.40)
ナスダック   2605.15(-8.59)
S&P500    1257.61(-5.41)
VIX         23.24(+0.25%)
原油先物    98.83(-0.82)
金先物    1566.80(+25.90)

今年途中からの参加になりましたが、今年一年
本当にありがとうございました。

今年の相場を振り返ってみれば「格付け会社の存在」
「日銀介入」「欧州圏の没落」が目立った感がします
来年はどういったキーワードが相場を支配するかは
わかりませんが、欧州、米国、日本、中国ともに正念場
を迎えることになるのでは?と思っております
まぁ、「細く長く」相場に対峙する私にとっては付いて
行くだけですが・・・・

来年は今年以上に皆様方へ良い情報提供ができるよう
努力奮闘していきたいと思っておりますので、今後とも
ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

どうぞ良いお年をお迎えください

                            シーマスター

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは16.73ドル下落の12270.31ドルで寄付

一時期円全面高となり、ユーロ円は100円を切る場面も
あったが、現在はドル安にシフトしており、結果資源国
通貨やユーロなどが対ドルで上昇している

なお、このあと24時にミルキーウォーキーPMIが
発表されるものの、マーケットの関心はロンドンFIXで
どれだけドル売りがでるかが注目されている。


NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12287.04(+135.63)
ナスダック   2613.74(+23.76)
S&P500    1263.02(+13.38)
VIX         22.68(-3.57%)

米国株は、前半の勢いを失わず終始堅調な値動きで
推移。結局前日の下げ分を取り戻す形となり引けた。

セクター別では、銀行+1.75%、その他金融+1.24%
と金融関連が終始強含み。他には輸送、半導体等も
強含む展開だった。
個別ではバンカメ+3.31%、HP+1.67%、JPM+2.36%
スターバックス+1.46%などが目立つところ。

一時、98ドル前半まで落ち込んだ原油先物は、99.65
ドル(+0.29)で終了。

本日は東京市場の大納会になります。
寄付き値も注目ですが、大引け値は今後のアノマリー等を
占ううえで重要です。

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12248.3(+96.95)
ナスダック   2606.37(+16.47)
S&P500    1259.15(+9.53)
VIX         22.88(-2.72%)

NY株式市場は序盤から堅調に推移。
シカゴ購買部協会景況感指数や11月中古住宅
販売保留件数が予想より強かったことに加え昨日
までのリスク回避の巻き返しによって買いが優勢。
また100円割れを懸念されたユーロ円も、オプション
バリアに阻まれ、100円割れを回避し、ユーロは
対ドル、対円ともに現在リバウンドしている。

序盤より買い優勢であった金融関連銘柄にも買いが
集まり、現在銀行セクターは+1.31%、その他金融は
+1.11%と堅調な動きに。

またEIAにより原油在庫統計が発表され、結果389.9
万バレルの積み増し(予想は250万バレルの取り崩し)
であったため原油先物は98.40ドル付近まで下落。
現在は99ドル前後で推移をしている。


NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比26ドルプラスで寄付き。
先ほど発表された新規失業保険申請件数が予想を
上回る申請件数だったものの、マーケットに対しての
インパクトはそれほどでもないかたちでのスタートと
なった。
セクター別では、銀行+0.58%、その他金融+0.58%
と他セクターと比べ金融関連がやや強い。
中東情勢の懸念から買われていた原油であるが、
本日は99ドルを割り込むなど調整ムードに。
このあとシカゴ購買部協会景気指数が23時45分に
発表される。

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12151.41(-139.94)
ナスダック   2589.98(-35.22)
S&P500    1249.64(-15.79)
VIX         23.44(+6.94%)
原油先物    99.36(-1.98)
金先物    1564.10(-31.40)
CME日経225  8370円(-75円)

NY株式市場では、仏の格下げ懸念やレパトリのドル買い
進行、さらに金相場下落などが複合的に重なりリスク回避
の換金売りが進行。
結果、株式のみならず原油相場も下落して引けた。
また、明日(本日)行われるイタリア10年物国債への警戒感
も見られたことも下落を助長させた。

アジアマーケットへの影響が懸念される状況です。

ドルインデックスに注目

テーマ: 独り言

シーマスター

現在ドルインデックスは、80.50付近での推移。

今年は1月に付けた81.30付近を境に5月迄
下落、73.00付近まで下落した後、切り返し
9月に上昇80.00前で失速、75.00まで付けた後
再度11月に上昇して現在の80.50付近まで上昇
しております。

来年の値動きが今年と同じ動きということであれば
絶好の売り場ということになるのですが・・・・

今年の高値付近まで様子見して、エントリーチャンス
を伺いたいと思っています

※ドルインデックスにはいくつかの種類がありますので
ここで表記されているレートは、参考程度にお考えください

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

~NY株式は、下落へ~

NYダウ   12161.4(-129.91)
ナスダック   2594.56(-30.58)
S&P500    1250.93(-14.50)
VIX         23.47(+7.12%)

NY序盤に仏の格付けの引き下げの噂に絡み、ユーロが
大幅下落。それらと相まってレパトリと思われるドル買いが
集中して、マーケット全般的にドル買いに傾倒。
結果、リスク回避ムードが強くなり「株安・原油金安・ドル買い」
が進行。
現在ダウは130ドル近い下落幅を記録している

個別株では、バンカメ-3.1%、AIG-2.31%、シティ-3%など
金融株は昨日に続いて安い。その他の銘柄でもダウ30種は
すべてマイナス推移。

なおユーロドルは3時間ほど下落し続けていたが、1.2911付近で
一旦はリバウンドに入っている

また昨日中東情勢の地政学的リスクから買われた原油先物は
リスク回避により99.30ドル前後まで下落したが、現在は99.80
付近で推移している

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは小幅プラスでのスタート
現在-11.73の12279.6ドルで推移

下記の記事にもあるように、この数時間で
ポンド、ユーロで一気に円買いが加速。
またNY株式の時間が始まると今度はドル買いの展開に
なっている。

原油先物は、さほど下落にはつながっておらず現在100.78ドル
で推移している。

株式セクター別では、通信-0.7%、バイオ-0.44%など。

個別株では 昨日下落した金融セクターの動向が注目されるところ。

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ   12291.35(-2.65)
ナスダック   2625.20(+6.56)
S&P500    1265.43(+0.10)
VIX         21.91(+1.18%)

米株は、まちまちで引け。序盤から中盤にかけてプラス域を
保っていたNYダウだったが、終盤に入り手じまいの売りが
入り、ダウはマイナス引けで終了。

ハイテク銘柄が多いナスダック指数は若干のプラスで終了。

場中にイランをめぐる不透明な状況で原油先物に買いが入り
NY原油は101.34ドルで引けた。

なお、ムーディーズが
「信頼できる財政政策がなければ日本のリスクは上昇」
「日本の赤字増加で格付けに引き下げ圧力」
などと声明。
今後の債券相場、円相場、株式相場などにどの程度影響を
及ぼすのか注目したい


米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12309.3(+15.36)
ナスダック   2677.47(+8.83)
S&P500    1267.06(+1.73)

米株は材料難の中、続伸している。
また。原油先物が上昇しているため、シェブロンといった石油関連銘柄
に買いが入っている。
逆に金、銀といった貴金属に関しては下落となっている。

個別株で目立つところは、バンカメ-1.25%、グーグル+1.13%、
ハリバートン+1.24%、GS-1.22%などが目立つところ。

なお、原油に関してはイランによるホルムズ海峡封鎖警告が意識
されての値動きになっている。

指標をうけて

テーマ: 経済指標

シーマスター

米国12月度消費者信頼感指数   結果64.5 予想58.9
米国12月リッチモンド製造業指数 結果3 予想5

強弱バラバラも若干株式は買い優勢

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは、小幅マイナスの-10.97ドルの12283.03ドル
で寄付き
これといっといった材料がない中、先ほど発表された
米10月ケースシラー住宅指数が予想を下回ったことが
材料視されたが、その後プラス域に転じており、現在
+21ドルの12315ドルまで値を伸ばしている。

セクター別では、やや銀行セクターが-0.5%と弱い。

個別では、バンカメ-1.6%、タイムワーナー-1.11%
フォード-1.1%が目立つ。

このあと24時に12月度消費者信頼感指数、12月リッチモンド
製造業指数、24時30分に12月ダラス連銀製造業指数が発表される。

実際のトレード

テーマ: 独り言

シーマスター

何かとバタバタしている間にあっという間に今年も残すところ
あと4日です・・・

年末の閑散とした相場なので、大きなニュースもさほど出てこない
と思われますので、「短期・中期」のポジションを公開していきたい
と思います。

まずは「NY原油先物」からです

Position      sell
Rate       99.55
StopLoss    102.50

~作戦~
目標は、93.50ドルで考えていますが、95ドルで底堅いと感じた時は
利益確定していきます。また97.30ドル付近で状況を見て売り増を行
います。
損切りラインは上記のとおりです
なお、保有済みのポジションです

※ NY原油先物の取引はインヴァスト証券様のCFD取引で売買出来ます
※ 本内容は、個人的なトレード内容を公表しているものであって、
   取引を推奨しているのではありません。売買においては、各自の
   判断にておこなうようにしてください

NY close

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウ   12294.00(+124.35)
ナスダック   2618.64(+19.19)
S&P500    1265.33(+11.33)
VIX         20.97(-1.13%)

NYは最後に「引けピン」状態で終了しました。
中盤は、材料がなくダラダラとした値動きでしたが
最後には買いが一気に入りました。
なお、CME日経円建は8535円前後ですので、月曜日
の東京市場の寄付きが500円の大台を超えてスタート
するのかが見ものです。
※日経平均22日終値8395.16円

なにはともあれ、今週もお疲れさまでした。

よきクリスマスをお過ごしください!!

米国株式 序盤

テーマ: 株式市場 概況 経済指標 見通し

シーマスター

NYダウ   12210.2(+40.61)
ナスダック   2601.39(+1.94)
S&P500    1257.92(+3.92)

個別株式を見渡しても大半は、前日比±1%以内に
収まっている。また、先ほど発表された新規住宅
販売件数も予想通りであったことも動かない状況を
助長している。
インデックスは特段の材料がない限り、この付近での
推移の可能性が高いかと思われます。

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+42.76の12214.4ドルで推移

米国11月個人所得は予想より弱かった
ものの、耐久財受注が予想を上回る結果
となり強弱ばらばらな展開

このあと、0時に米11月新築住宅販売件数
が発表されるが、クリスマスムードもあり、
動意薄の展開が続くのでは?

米国株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12171.4(+63.69)
ナスダック   2600.22(+22.25)
S&P500    1254.62(+10.90)

株式、金先物、原油先物等はじり高の展開に。
後場に入り特段材料があるわけでもなく、マーケットは
じり高の展開になっている

為替市場も同様でドル円は78.15付近での推移。

なお、ブラジル株価指数は、1.22%高での推移

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12167.5(+59.76)
ナスダック   2598.98(+21.01)
S&P500    1253.71(+10.37)

NY株式市場は、指標発表後ジリジリと値を上げる
展開。

原油市場では、買いが続き100ドル手前の99.93ドル、
また、金先物では1608.10ドルとなっており、リスクオン
の様相に・・・・
また白金系も強く推移しているが、特にパラジウムは
急激に値を上げてきている

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは前日比+20で寄り付
先ほど発表された米GDPでは予想をやや下回った
ものの、新規失業保険件数が予想より強く、労働市場
が改善に向かうとの認識から、株式全般に上昇。
ダウは現在48ドル高で推移

セクター別では、半導体が2%以上の上昇。

個別では、インテル+1.3%、HP+1.7%、サンディスク
+2.26%、エヌビディア+2.7%が目立つところ
なお、先ほど発表されたミシガン大学消費者信頼感指数
は、予想を上回る69.9と発表された

米国株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12073.9(-25.59)
ナスダック   2565.14(-38.59)
S&P500    1239.69(-1.61)

NYダウは下落。
昨日の大幅上昇の反動並びに米国11月
中古住宅販売件数の落ち込みが上値を
抑える状況。また、IT大手オラクル社の
4半期決算が予想を下回ったことにより、
関係するセクターの株価も抑えられている。

また、NY時間にはハンガリーの2段階格下
げが発表されるなど欧州周辺情勢に関しては、
予断を許さない状況が継続している

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

ダウは▲54ドルと軟調推移
先ほど発表された中古住宅販売件数が予想より
弱かったことと昨日の大幅高による反動が見ら
れる。
また、原油週間在庫統計が発表され予想されて
いた215万バレルの取り崩しが大幅な取り崩しで
ある1057万バレルと発表され原油先物市場では
上昇で反応。

なお、豪ドル等にはこの連鎖的反応は見られなかった

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+10と前日とあまり変わらない
位置からスタート

材料が乏しい中、ECBによる資金供給オペ
が予想を上回る結果となり瞬間的にユーロ高
となったもののその後下落。様子見模様が強い
展開となっている。欧州株も軒並み前日比と
変わらない所まで値を落としており、米国株も
それに歩調を合わせた感じ。

セクター別では、コンピュータ▲1.65%が弱く、
他は前日と比較しやや弱い

昨日の大幅高からの反動がどの程度あるのかが
見どころか?

原油先物は97.65、金先物は1610で推移。

この後0時に米国11月度中古住宅販売件数、
0時30分に米国週間原油在庫の統計発表がある

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウ   12037.7(+266.48)
ナスダック   2588.85(+65.55)
S&P500    1234.61(+29.26)

NY株式市場は大幅高で推移、
ほとんどのセクターで2%以上の上昇を
示しているほか、ダウ30種の個別でも
3%の上昇を示しているものも珍しくない

ただここにきてユーロが下落してきている
のと、ダウの節目12000ドルを達成した事
により一時調整があってもおかしくない

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+122.30の11888.56ドルでスタート
米国における11月度住宅着工件数の数値が
良好であったことに加え、スペイン国債の入札
が順調であったことが、ドル売り材料となり、
株価がそれらを押し上げている状況。

セクター別では、通信+2.76%、輸送+3.26%
銀行+2.64%、半導体+3.5%と大幅な上昇を
見せているセクターもある。
また個別では、バンカメ+2.61%、シェブロン
+2.19%、JPM+2.28%、ハリバートン+3.08%
などが目立つ

原油先物は上昇の96.61ドル、金先物は同じく
1614で推移

現在ダウは+236ドル高の12002ドルで推移

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウ   11840.05.5(-60.81)
ナスダック   2543.60(-11.73)
S&P500    1210.91(-8.75)

米国株式は、寄付の小幅上昇から一転マイナス圏へ。
銀行、半導体、輸送といったセクターが寄付き天井の
様相で推移しており、上値は相当重い。
結局、ユーロ各国の株式市場も値を落として引けており
多少ECB総裁のコメントも影響しているのか?

米国の株式市場が下落したことで、カナダ、メキシコ、
ブラジル、アルゼンチンといった国々の株式も下落。

余談でありますが、トルコリラ/円の日足チャートが今後
どこで下げ止まるかチェックしていきたいと思っています

※逆にUSD/TRYがどこまで上昇するのかでもいいかと
思っています

米国株式

テーマ: 株式市場

シーマスター

米国株式は、やや失速気味

個別では、バンカメ-2.63%、JPM-1.88%、
AIG-1.46%など金融系が弱くなってきている

ダウは前日比+0.07%とほぼ同水準になっている

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+25.73の11892.12ドルでスタート

本日東京時間に北朝鮮総書記死亡のニュース
により、アジア株売りが見られ欧米株式に影響
を及ぼすのでは?との見方もあったが、今の
ところ影響は限定的。

セクター別では、ほとんどのセクターにて前日と
比較し同じか、やや上昇。

商品市況では、原油先物が94.35ドル、金先物
が1536ドルでの推移。

このまま、北朝鮮動向がマーケットに影響を及ぼ
さないとするならば、クリスマス商戦を含む米国の
小売販売動向も話題になりそう。

米国株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況 経済指標

シーマスター

NYダウ   11840.30(-28.42)
ナスダック   2553.45(+12.45)
S&P500     1218.14(+2.39)

米国株式は、一転して軟調推移。
フッッチがベルギー、スペイン、イタリア
アイルランドの格下げの可能性に言及
したことやダラス連銀総裁が「欧州危機
が米国経済に影響を及ぼす」との発言を
受けて値を下げてきている。
もとより、ユーロドルも下値を切り下げる
展開になっており、こちらも気になるところ。

原油先物は続落の92.28ドル、貴金属では
金先物は堅調だが、銀、プラチナ、パラジウム
が軟調。


米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+70.61の11939.42ドルでスタート

依然として欧州債務危機の意識がある中、
ユーロ・ユンケル議長の発言や米国消費者
物価指数の結果が良好だったことを受けて
プラスでのスタート。

セクター別では、銀行、半導体、輸送が高い

来週から本格的なクリスマスに突入するため
調整が多少入ると思いますが、ダウが12000
ドルのラインを維持するのかが、見どころかと
思います

米国株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ      11883.99 (+63.00)
NASDAQ      2546.05  (+5.47)
S&P500       1217.51   (+5.66)
 
Oil          93.66 (-1.29)※Dec11
Gold        1567.20(-19.70)※Feb 12

NY株式は、寄付き上昇後に揉み合いになっている
指標発表後には、さしたる材料もなかったが、一度は
ダウは前日終値付近まで落ち込んだものの、反発に
転じプラス域を維持している。

株式セクター別では、銀行、輸送が約1%の上昇、
逆にコンピュータ、半導体が小安い。

原油先物、金先物ともに安く引けている

話は変わりますが、以前書かせていただいた
ように日経平均先物の8330円(ロールオーバ前)
の買い合成ポジションを持っておりましたが、日経
のチャートが崩れてきましたので、微々たるものです
が利食いをしました。
一時期は、相当利益出ていたのですが・・・・残念!

日経の日足は少しずつ下値を切り下げる形になって
きており少し心配です。逆に鍋底から這い上がる形に
なれば強いのですが。

チャンスがあれば、またトレード内容を発表させて
いただきます

米国株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+68.26の11891.74でスタート

相変わらずの欧州債務危機が下地にある
もののNY連銀製造業景況指数並びに新規
失業保険申請件数の予想を上回る数値を
受けて、プラスでのスタート。

セクター別では、銀行+1.18%、輸送+1.57など

個別ではJPM+2.19%、バンカメ+2.10%、
アルコア+1.45%、ゴールドマン+1.86%など
金融、資源系が強含み。

原油は95.23と続落。

23時50分現在ダウは+111の11934ドルと
なっている

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

~NYダウは前日比▲51.09ドルの11903.85で寄付き~

昨日までのリスク回避姿勢が継続しているとともに、
独メルケル首相の発言などにより一層のユーロ売りが
進行しており、欧州株価同様、米国株も下落してのス
タートとなっている。

またリスク回避の動きから商品市況にも影響が出ており
金先物だけではなく、昨日まで100ドル越えを記録して
いた原油先物も売られる展開になっており、現在97.32まで
値を落としている。

株式セクター別でみると、強弱まちまちの展開になっており
銀行、バイオ、半導体はプラスでの株価推移だが、工業、
輸送、通信などは小幅ながらマイナス圏での推移。

今後はユーロ圏高官たちの発言等に揺さぶられる株価推移
になりそうだ。


※ 本日、所要によりこれ以降の配信ができません。大変申し
訳ございませんが、明日の朝方に米国株式動向等をレポート
させていただきます。


NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ      11954.94 (-66.45)
NASDAQ      2579.27  (-32.99)
S&P500       1225.73   (-10.74)

~ NY株式 12000ドル割れで引け ~
NY株式は、一進一退の攻防が続いたが、
最終的にFOMCで追加緩和策に関して明確な形で
予定されてない事が伝わるとストッパーが外れ、
12000ドルの大台を切って引けた。
(一部ではQE3の実施が噂されていた)
なお、FOMCでは一部連銀総裁が実施を主張、
また景気回復に向けた準備があるとコメントしている。
基本的に欧州の債務危機に関して根本的解決
がなされていない現在、下落基調なのはいたし
かたないところ。

セクター別では、銀行-1.62%、半導体-2.36%、
工業-1.78%など。
個別では、アルコア-3.42%、バンカメ-2.57%、
ゴールドマン-3.05%フェデックス-3.27%が目立
つところ。

商品市況は、中東情勢の悪化により原油が
100.34ドル(+2.35)で引けた

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ      12076.5 (+55.13)
NASDAQ      2615.81  (+3.11)
S&P500       1241.33   (+4.86)

~NY株式は一時前日終値付近まで落ち込むも反発~

独メルケル首相の発言をきっかけに一時ユーロが下落。
それに伴ってNY株式も下落していたが、現在は持ち直
している。
また一部市場筋で、QE3の実施が噂されているため、
株価の支えになっている模様。
ダウ30種個別では、前日との比較では大きく変化して
いない銘柄が多いが、シェブロン(+1.98%)、インテル
(-1.67%)あたりが目立つところ。

なお、原油先物は99.82ドル、金先物は1658.10ドル
で推移。原油の上昇が目立つ。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは大幅反発+107.77の12129.1ドルで推移

セクター別では昨日弱かった銀行株やエネルギー関連が
軒並みプラス域で推移するなど、堅調なスタートとなっている

そういった中、日本国政府がEFSF債を2.6億€分を追加購入
するとの報道が出てきており、今後欧州債務危機鎮火に向けて
そういった報道も少しづつ出てくるのではないかと予想しています


NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ      11945.9 (-238.9)
NASDAQ      2596.56  (-50.50)
S&P500       1228.33   (-26.88)

NY株式は依然売り優勢

欧州危機の懸念に続き、フィッチが「ユーロ経済が短期的に低下すると予想」
「ユーロ圏の解決策の欠如、短期的に格付け低下に圧力」とコメントしたこと
が大きな懸念材料になって上値を抑えている
一応、個別株やセクター別株価動向をみている限りでは、一方的な下げは
落ち着き、逆に本日の安値圏を這うような株価動向になっている

先ほども書いたようにNYダウの12000ドルの攻防が引けまで続くのか、
一気に割り込むのか・・・・ ここが注目ポイントだと思います


NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウはマイナスからスタート
根強い欧州懸念が根底にあり、マーケットもリスク回避のドル買い
になっている。
NYダウは現在▲88.78の12095.4で推移

連日ダウは12000という節目を意識しており、引けベースでここを
維持できるかが焦点

株式セクターでは全般的に売り優勢でバイオを除き、約2%近い下落
となっている

NY株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ      12174.0 (+76.30)
NASDAQ       2647.04  (+50.66)
S&P500       1254.55   (+20.20)

NY株式は後半になり膠着気味に。

セクター別では金融株が終始強く、銀行+3.17%、その他金融+2.1%
通信+2%、輸送2.39%など。
個別ではバンカメ+3%、キャタピラ+3.27%、GE3.49%、JPM+2.76%
シティ+3.82%ハリバートン+2.9%など。
ハリバートン社に代表されるのように高配当株式狙いの参加者も多かった
のかもしれません。

さて東京時間から欧州危機一色の相場でしたが、NY時間ではあまり問題視
されなかった印象が・・・・
この土日に欧州首脳などの要人発言などが出てくるとみられますので
今後のニュースには要注意ですね

あと、だいまんさんのお書きになられたように今後の格付け会社の
発表が怖いのでちょっとポジション軽くしておくのも手かもしれません。

皆様一週間お疲れさまでした!!
良い週末をお過ごしください!!

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ      12153.0 (+155.30)
NASDAQ       2632.88  (+36.48)
S&P500       1251.75   (+17.40)

セクター別では通信+1.5%、銀行+2.0%、輸送+1.9%が目立つところ

ミシガン大学消費者信頼感指数は予想を上回る結果となり、またマーケット
では欧州問題が進展したとの見方から株式が金融関連株を中心として上昇。
また資源国通貨やユーロが戻り歩調にあることも支援材料になっている


NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、+68.19の12065ドル付近でスタート
ダウ、ナスダックとも上昇して始まってはいるものの
夜間取引と比較すると小安いスタートとなった

メルケル独首相が
「EU首脳会談内でECBについての役割は議論していない」
「ESMの上限は5000億ユーロを超えない」
「EU首脳会談を追加開催しない」
などと発言。
また東京時間にEUと英国との関係が材料視されたが、再度
英国キャメロン首相が
「条約改正には関与しないがEUの決定には関わる」
と発言するなどEU内においての不協和音が目立つ発言に一時は上昇
していたユーロが再度下落。

これらが株価下押しの材料となっている
なお、23時55分にミシガン大学消費者信頼感指数が発表される

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ      12081.50  (-114.87)
NASDAQ       2626.06  (-23.15)
S&P500       1244.95   (-16.06)

VIX指数    30.25 (+5.44%)

NY株式市場は、序盤からの下げを加速させ、一時12060ドル前後まで下落
その後ユーロドルの下げ渋りなどを背景に現在は落ち着きを取り戻す形。

為替市場では、ドル円が77.20から77.79付近迄上昇する半面、ユーロドル
は一時1.33割れを記録するなど、リスク回避のドル買いが進行した

NY株式 序盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NY株式は、初動のドル売りをこなし現在はやや落ち着きを取り戻している

セクター別では、通信、半導体、バイオ、コンピュータセクターはプラスに
転じてきているが、銀行▲1.32%、その他金融▲1.16%など金融関連が
相変わらず弱い。
個別では、JPM▲2.06%、シティ▲3.02%の下げが目立つ。
また本日決算発表を行ったコストコは▲2.82%の推移

商品市況

テーマ: 概況

シーマスター

商品市況では、マーケットのドル買い基調に合わせて原油、金先物が
一気に下落。
また、一部では中央銀行筋が金の売却をしているとのうわさも相まって
1750ドルから一気に1710ドル付近まで下落
原油も100ドル割れになっている

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、▲46.09の12150.2から付近からのスタート

米国新規失業保険申請件数は、予想を下回る申請件数であっったため
ダウ先物夜間取引は上昇に転じたが、その後ECBドラギ総裁の
「債券購入の拡充は示唆していない」「利下げ決定は全会一致ではない」
とのコメントを受け、一気にリスク回避の様相に。
更には、ドラギ総裁がIMFを活用した救済資金供給枠拡大に関して
否定的な見解を出したことも、下げに拍車がかかった。

マーケットはドル買い一色になり、ユーロドルは1.3320前後まで下落、
また欧州株価もプラス領域から一気にマイナスに転落。
それを引き継ぐ形での寄付きとなった。

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12135.6(-14.46)
Nasdaq    2637.33(-12.33)
S&P500   1253.85(-4.62)

VIX指数   28.78(+2.31%)

NY株式は寄り付きの下落幅をやや取り戻す展開
序盤は欧州債務問題についてドイツ政府のコメントなどが嫌気され
一時80ドル近い下落となったものの、持ち直し現在12ドル前後の
マイナスで推移。
また、在庫統計が発表され一時100ドル割れとなった原油先物も
現在では100.46ドルと落ち着きを見せている。

株式セクター別では、半導体+0.53%、通信、工業、輸送等は前日比
と変わらず。ただし、金融セクターは銀行が1%近い下落で推移など
弱含み。

原油先物

テーマ: 経済指標

シーマスター

NY原油先物は、先ほど発表された在庫統計にて、予想値であった
125万バレルの取り崩しから133.6万バレルの積み増しとなり、
在庫余剰懸念から下落。
101ドルから99.92ドルまで売られている。

それに連動して貴金属、天然ガス、灯油、ガソリン等の先物価格も
軟調気味。

なお、資源国通貨に関しては現在のところ大きな動きは見られない

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは▲28.69の12121.44でスタート

欧州時間に独政府関係者が
「独はEFSFとESMの統合を拒否」
「EU首脳会議でIMFの役割が決定しない可能性」
「EUサミットでは、ユーロ圏へのIMFの役割を協議」
「独はユーロ共同債を重ねて拒否」
とコメントしたことによりリスク回避が強まった

NY株式市場でも、この流れを引き継ぎ売り先行で
スタートしている

セクター別では、工業▲1.1%、銀行▲1.16%、半導体
▲0.96%など売りが先行している

商品市況では金先物が1734.50、原油先物が100.65で
推移。

NY close

テーマ: 株式市場

シーマスター

米国各終値

NYダウ   12150.13(+52.30)
Nasdaq    2649.56(+6.2)
S&P500   1258.47(+1.39)
VIX指数   28.13(+1.04%)

NY株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12208.2(+110.46)
Nasdaq    2663.97(+7.18)
S&P500   1265.62(+8.54)

序盤は、S&Pの格下げ報道を受けて下落した米国株ではあるが、EUが
救済基金の規模倍増の報道がなされると一気にリスク選好ムードに転換。
商品市況でも原油、金の先物価格は、本日の高値付近で推移している。

株式のセクター別では、一時大幅に下落していた銀行、輸送といったセク
ターは前日比プラマイ0付近まで戻してきている。
個別では、シェブロン+1.63%、エクソン+1.32%といった石油関連銘柄も
買いが集まっている。

欧州株式では、英国を除きマイナスで引けており、あすの欧州株価が注目
される
なお、VIX指数は約1%下落の27.54で推移。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+12.49の12110ドルで寄付
S&Pが、EFSFへの補償に関して警告を発している事に関して嫌気されている。
欧州株価は軒並みマイナス圏ではあるものの米国株式はそこまでの反応はして
いない。
株式セクター別では、輸送、銀行、その他金融が小安い。
また個別では、JPM▲1.91%、シティ▲1.5%などと金融関連が売られる展開。
商品市況では、原油先物が100ドル台で底堅い

NY株式 終盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12045.90(+26.49)
Nasdaq    2643.10 (+15.77)
S&P500 1250.38(+6.53)

S&Pの「ユーロ圏17カ国すべての格付け引き下げ」検討とのニュースにより
マーケットは今までのリスク選好のムードが一変。上昇幅を縮める展開に。
ユーロ、株式についでコモディテイ価格にも影響が出ており、
原油は102.30ドル付近から100.70前後まで下落している。

アジアマーケットへの影響が懸念される状況。

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウ   12162.0(+142.63)
Nasdaq    2767.54(+0.61)
S&P500 1263.47(+19.19)
米国株式は高値圏での推移。イタリアの緊急経済処置の発表に加え独首相と
仏大統領の会談も終了し、EU条約改正の発言を受けてユーロが上昇。
マーケット全般でリスク選好ムードになっている

セクター別では、輸送+2.4%、銀行1.67%、コンピュータ+2%など。
個別では先週末に続き銀行株が強く推移。JPM+4.98%、バンカメ+3.9%、
シティ+6.5%などが目立つ

話は変わりますが移動平均線がGCしたことにより本日東京時間の引け間際
に日経平均先物ラージをロングポジションを新規で建てました。
前回と合わせ平均コストは8333円です。
一応9000円目標ですが、逆指値を7950円から、トントンの8350円に変更
しました。
9000円の壁はそう簡単に抜けないと思いますが、今週SQがあるので、
それまでには利益確保したいところです

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、現在+101.95の12121.3あたりで推移
EU首脳会議に向けた欧州債務危機の政策期待により夜間取引から上昇
本取引でもそれを受け継ぐ形になっている

セクター別でも、ほぼ全セクターで上昇。また商品市況でも原油先物が102
ドルを突破するなどほぼリスク選好ムードになっている

本日24時に米11月度ISM非製造業景況指数、ならびに製造業受注指数が
発表される

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ 12019.42(-0.61)
Nasdaq 2626.93 (+0.73)
S&P500 1244.28(-0.30)

NY原油  100.96(+0.76)
NY金  1751.30(+11.50)

NY株式市場は、ECBの債券購入枠拡大の報道や雇用統計における失業率改善
などから一時買いが先行したが、スペイン格下げの噂や中東情勢の悪化懸念等に
より上値が重い展開になり、さらに週末要因も重なりやや小安い展開で引けた。

セクター別では、金融セクターが強く銀行(+1.24%)、その他金融(+0.78%)など
また、個別で目立った所では、JPM(+6.14%)、シティ(+4.37%)など。

NYダウの日足は、12250ドル付近にレジスタンスがありそうなので、来週はこの
あたりの攻防が一つの見どころ。
さらに今週は米国に注目が集まった週でしたが、再度欧州に目が向きそうなので、
為替市場、特にユーロの動向には注意したいところ。


せっかくの週末ですが東京では寒い&雨です。
リフレッシュして来週またお会いしましょう。

ドル円

テーマ: 独り言

シーマスター

ドル円はショートカバー気味に78円回復

個人的には、オーバーナイト&少ないpips狙いになり
ますがショートでポジションを持ちたいところですが・・・

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ        12038.7(+18.73)
S&P500        1248.50(+3.92)
Nasdaq        2634.53(+8.39)

NY株式市場は続伸。雇用統計の失業率が予想を上回って改善したことから
上昇して始まったが、週末要因に加え、途中スペインの格下げの噂などにより
ユーロが急落。ダウも上昇幅を縮める展開となっている

セクター別では、銀行+1.29%、その他金融+1.25%などは強く、半導体+0.39%
通信+0.3%と弱い展開。
個別では、バンカメ+3.44%、JPM+8.27%、ゴールドマン+6.25%、シティ+5.2%
と金融系が強い。反面、ウォールマート▲0.43%、コストコ▲0.25%と小売部門は
弱い展開。
VIXは、一時25.40付近まで下落したもののやや持ち直して26.83▲2.08%、
CRB指数は+0.11%と堅調

話は変わりますが、先ほど買い物をしにコンビニに行きました。
部屋にいるとわからなかったのですが、外は非常に寒いので夜更かしをされている
方は風邪などに気を付けてくださいね

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは、+67.88の12087でスタート

米国非農業部門雇用統計者数が若干弱かったものの、失業率が8.6%と事前予想の
9%を下回ったことが好感されている。
ただ連日の高値により上値を追う展開にはなっておらず12100付近での推移が続く。
セクター別では、バイオを除く全セクターで1%以上の上昇。

仮に大きく上昇したとしても週末の調整はどこかで入るはずで、株式においてのポジ
ションメイクは慎重に行いたい。

ISM

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

24時に発表されたISM製造義景況指数が予想値を上回ったことにより
資源国通貨、ユーロ、クロス円等が上昇。
NY株式も工業セクター中心に上昇してきた

さきほど米国シンクタンクがFRBの公定歩合を0.75から0.50に利下げする
可能性についてのレポートを発表、さらなるドル売り材料にも・・・・

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、前日比▲23.99の12021.69でスタート

前日までの大幅な上昇に対しての利益確定売りが入っていると同時に米国
新規失業保険申請件数が予想値より弱い結果となり、上値を重くしている。
またこの後24時に発表されるISM製造業景況指数が弱いのではという噂も
流れているのも一つの要因か?

セクター別では、小幅マイナスのセクターが目立つが、輸送、銀行といった
ところが1%近い下落で始まっている。

いずれにせよ本日は突発的ニュースがないかぎりこの付近での推移かも。

NY株式中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

ダウは更に高値を追い+414の11970で推移
ほぼ全セクターで高いが銀行+4.07%、半導体+4.73%が目立つところ

ただし、ダウは12000をl超えたあたりでは利益確定の売りが散見され
ここを超えられるかが焦点

個別では、全面高の中でホームデポ+1.08%だけが伸び悩んでいる

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】2011年12月