ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】:2011年11月

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは、+234ドル高でスタートしたものの更に続伸して現在+365の
11920ドルで推移

セクター別では、銀行+3.44%、輸送+3.72%、通信+3.62%、半導体+3.65%
など全面高の様相。
個別では、バンカメ+4.73%、アメックス+3.21%、アルコア+4.4%、デュポン+4%
JPM+5.29%、シティ+5.51%など。

NY株式OPEN前ですが

テーマ:

シーマスター

こちらにすでに書かれている通り
1、中国預金準備率50bp引き下げ
2、5中銀によるドルスワップ50bp利下げ実施
3、ADP雇用統計の結果が大幅に事前予想を上回る
等を受けてダウ先物、欧州株価、そして大証225先物夜間取引値など全面高になって
おります

各国の上昇幅は
独DAX     +4.11%
英FTSE100  +2.92%
仏CAC40   +3.28%
ダウ先物    +2.53%
大証225先物 +2.37% ※本日引け後からの上昇値

どう見てもNY株式OPENは大幅プラスからのスタートですが、問題はCLOSE
の値。

また商品市況もドル安から大幅に上昇しています
金先物 1743  原油先物 101.11

あと23:45にシカゴPMIが発表されますが、材料視されないのではと見ています

ロックハート氏他

テーマ:

シーマスター

先ほどロックハートアトランタ連銀総裁が、「追加の債券購入が経済支援になるか
懐疑的」との発言をしたことにより、QE3の期待が後退。
少しながらドル買い、株式売りになっている。

先ほどのイランの爆発のニュースですが米国メディアでは一切報道されておらず
原油マーケットも99.60あたりで膠着しています。

原油先物

テーマ:

シーマスター

イランの核施設爆発の噂により原油市場が100ドル越。

イランのイスファハンという街で爆発が確認された模様です。この街には近くに核施設
があり、それが懸念材料とされている模様ですが、詳細は入手できていません。
またイラクネタではテヘランの英国大使館に数百人単位でデモ隊が侵入。こちらも
ニュースになっています。

欧州問題に続き、中東情勢も・・・・

ユーロ、NYダウ、原油と睨めっこです

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ        11615.8(+92.79)
S&P500        1201.89(+9.34)
Nasdaq        2527.53(+0.19)

ダウは前日比プラスでの推移。しかしながら、ナスダック、ラッセル等の他の指数は
前日変わらずもしくはマイナスでの推移が続いている。
アメリカン航空の親会社が破産申請を行ったことや前日迄の上昇に対しての警戒感
が出ている模様。
先ほど、イエレンFRB副議長が追加金融緩和政策は、まだ選択肢にあるとのコメント
を出したことにより一時ドル売りがあったが、ユーロ圏財務相会合の結果を見極めたい
との思惑から一時的なものに。

ますます、欧州動向の行方がマーケットのキーポントとなってきました。

金融セクターが弱い

テーマ: 概況

シーマスター

NY株式は、銀行、保険、その他金融といった金融関連株が若干弱含み。
個別では、バンカメ▲2.1%、トラベラーズ▲0.42%、シティ▲0.4%、JPM▲1.58%
反対にコンピュータ、半導体、輸送機器等はプラス域。

欧州財務相会合にむけて、金融関連が嫌がられているのかもしれません。

株価の動きについての回答

テーマ:

シーマスター

コロフさんへ

ダウは若干下げ渋っていますが、現状のマーケットの思惑を考えると・・・

強気派
QE3をやるのでは?という期待感
ブラックフライデーでの過去最高の小売売上
アジアでの株価上昇
年末需要(配当取りも含む)

弱気派
欧州危機不安
米国の格付け機関の格下げ懸念
米国の将来的な財政不安

現在この強気、弱気が拮抗している状態ですが、年末需要を考えると
やや強気優勢との判断をしております

ただし、欧州財務相会合で梯子を外した状態となるとフリーフォール状態に
なることになりますので突発的な値動きには要注意です。 

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウは、前日比+4.63の11527.63でスタート。
イタリア国債利回りが過去最高を記録していることに加え、S&Pケースシラー住宅価格指数
が、予想を下回ったこと、さらにアメリカン航空親会社が破産申請したことが嫌気されている。
セクター別では、通信(+0.34%)を除き、小幅マイナス。
為替市場では、ややドル買いの様相。
商品市場では、金先物が1709、原油先物は小幅高の98.77での推移。

今は、為替市場でのドル円の動きとケーブルの動きに注目しています

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは高値圏での推移

NYダウ        11539.7(+307.96)
S&P500        1194.7(+35.80)
Nasdaq        2528.50(+86.99)

一時上昇頭打ちであったダウも再度上昇してきて現在300ドル高。
セクター別でも、銀行+2.84.%、半導体+3.62%、工業+3.88%など。
ダウ30種個別では、軒並み高値を維持する銘柄が目立つ中、小売筆頭のウールマート
が、+0.63%とやや物足りない。また、アルミ大手であるアルコアは+5.81%と大幅高。


NY株式 スタート

テーマ: 戦略 株式市場

シーマスター

休み明けのNYダウは一転反発してのスタート
米国のブラックフライデーでの小売売上金額が過去最高となっていることを好感した
こと、またEFSFの最終案がようやくまとまり、29日のユーロ圏財務相会合で承認される
見通しになっていること、さらにイタリア、スペインが支援を要請した場合に備えての
具体的行動も当日決定される見通しを受けてアジア、欧州株式が反発。
米国市場もそれを受けて上昇となっている。
NYダウの寄付きは、+208ドルの11440でスタート。その後も続伸を続けている。


先日、ここのブログをいつも見ていただいている方々とお話しする機会があり、その際
私のトレード内容を公表してほしいとのリクエストをいただきました。

私は、株式(インデックス)、為替、コモディティ、においてトレンドフォローのスタンスで
臨んでおり、比較的ポジションを持つタイプなので、短期売買を主とされている方々の
お役にたつ事は出来ないかとは思いますが、トレード内容の一部ですが発表したいと
思っています。(事後報告になりますが・・・)

とりあえず、本日ですが日経平均先物を後場にてロングでエントリーしました。
過去、RSIが20で反発しており、今回も20で反発らしきものが出来たこと。
日足MACD(EMA1-5,EMA2-20)が上昇ぽい動きに見えること。などが理由です。

RSIに関しては強いシグナルと思われますが、MACDに関してはまだ疑心暗鬼です。
目先の目標値は9000円、ロスカットは心理的節目8000円の少し奥7950円ぐらいに
おいてあります。
なお、5日移動平均が25日移動平均を上回った時に更に買い増しを行う予定です。

NY株式 close

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ        11231.9(▲25.61)
S&P500       1158.67(▲3.12)
Nasdaq        2441.51(▲18.57)

NY株式市場は結果的にマイナスでの引け。米国財政懸念もさることながら欧州問題が根深く存在していることを露呈した感じ。日本時間25時以降に報道された各国要人発言の内容が、欧州問題について悲観的なコメントが多かったのも気にかかったところ。
序盤、上昇幅を広げた銀行セクターや半導体セクターではマイナス圏への転落。また、VIX指数は+1.94%の上昇、CRB指数は▲0.46%。

ベルギーの格下げがS&Pより発表され、ユーロがやや弱含み。また、フィッチがイタリアの
一部銀行の格下げを発表しました。

来週は、NY株式の流れを受けて、本日プラス引けの欧州株式市場がどのように反応するのか、また欧州各国の国債の動向などにも注目したいところ。

早いもので、もう今年も残すところ1か月とちょっと。米国市場では流動性の低い相場になってきますのでご注意を。

では良い週末をお過ごしください

NY株式 終盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NY株式は序盤の上昇幅を縮める動きに。
現在NYダウは+4.96の11262.5で推移。セクター別においても、銀行▲0.04%、半導体▲0.85%、輸送▲0.25%で推移。
VIX指数は反転の0.65%、CRB指数は▲0.38%。

株価指数は、引け間際にショートカバーの買いが入るか注目です

NY株式 さらに上昇

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウはさらに上昇
現在+71ドルの11328で推移

セクター別では、銀行+1.32%、通信+1%、輸送+0.75%。
個別では、アルコア+1.24%、JPM+2.18%、バンカメ2.14%、シティ+3.4%、タイムワーナー+1%と銀行株の上昇が目立つ。
VIX指数は▲1.65%と下落、CRB指数は+0.06%の推移。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは前日比+1.86の11259付近での推移

欧州時間では、6回目のギリシャ向け緊急融資の実行で合意する見通しとなったことやEFSFに具体的行動方法について合意する可能性が高まってきていることから欧州危機懸念が後退。
欧州株式の独DAXがプラス圏での取引【5452.55(+24.11)】なども好感されている模様。

なお本日は感謝祭明けの取引ということで短縮取引となり現地時間1時でクローズとなります

NY close

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ        11257.55(▲236.17)
S&P500       1161.79(▲26.25)
Nasdaq        2460.08(▲61.20)
CME日経225円建 8150 (22日日経平均終値8314.74)(24日大証先物終値8310)

独10年債が不調だったことにより、欧州危機が、いよいよ独にも飛び火との思惑から欧州危機懸念が再燃。また、フィッチが仏国債の格付に関しての懸念を発表したこと、またS&Pが来年の景気動向如何によってはユーロ圏の信用格付けを引き下げると発表したことなどが嫌気された。また、先週の米国超党派による財政赤字削減案が廃案になったことも心理的不安要因としてあるためか、230ドル超の安値引けで終了した。
セクター別では、銀行、半導体、通信セクターがそれぞれ3%近い下落を記録、また個別でもバンカメ(▲4.28%)、アルコア(▲4.10%)、HP(▲3.26%)、AIG(▲4.33%)、エヌビディア(▲4.24%)らの下げ幅が目立つ。

本日は、休み明けの東京株式市場の動向が注目されるほか、欧州時間では独IFO、英GDPのの発表がある。


NY株式 終盤

テーマ:

シーマスター

NYダウ        11290.56(▲202.56)
S&P500       1165.51(▲22.53)
Nasdaq        2468.32(▲52.96)
NY原油先物     96.26
NY金先物       1690.30

ダウが200ドル超の下げ幅になっており、リスク回避の様相。
株式セクター別においても全面安で、個別で下げが目立つところではバンカメ▲3.91%、ボーイング▲2.69%、HP▲3.6%、AIG▲3.81%、ハリバートン▲4.87%、シティ▲3.88%エヌビディア▲3.78%など。

本日の東京株式市場も厳しい展開を強いられそう・・・・

ミシガン大学消費者信頼感指数 結果

テーマ:

シーマスター

ミシガン大学消費者信頼感指数

結果 64.1 予想 64.5

マーケットはドル買いで反応。
ドル円は77.25→77.35、ユーロドル1.3395→1.3360での推移

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NY株式は売りが先行してスタート
ダウは現在131ドル安の11316.9で推移
米国指標の耐久財受注、個人所得などの数値は予想を上回ったものの新規失業保険申請件数が予想を下回り、下地として存在している米国財政懸念並びに欧州問題が再度懸念されている状況。
為替市場では、リスク回避のドル買いに傾いており、また原油、金市場の商品マーケットにおいても売り優勢となっている。
またフィッチが仏の格付けに関してコメントを出したこともマーケットに少なからず深層心理的に影響している可能性もある。
なおこのあとミシガン大学信頼感指数の発表がある。

NY株式 中盤

テーマ: 概況

シーマスター

NYダウ        11440.3(▲106.98)
S&P500       1181.76(▲11.22)
Nasdaq        2499.66(▲23.49)
NY原油先物     96.83
NY金先物       1695.12

NY株式は、更に値を落とす展開。GDP並びに個人消費が予想を下回ったことに関し、リスク回避の動きになっている。途中リッチモンド連銀製造業指数が発表になり予想を上回る結果となったものの先般の米国財政削減案が廃案になったことが重しとなってか、反応は軽微に終わった。
セクター別では、半導体▲1.41%銀行▲1%、工業▲1%が目立つ。
また個別では、アルコア▲2.75%、インテル▲1.82%、バンカメ▲2.38%など。

為替市場でも、リスク回避のドル買いとなっており、資源国通貨を中心に下げが進行している。

また原油市場では、ユーロの下落に伴い弱含みになっているが、時間外では中東情勢の緊張から買いが先行した経緯からマーケットクローズまで様子見する必要がある。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは、前日比▲5の11542付近でのスタート、現在▲19.83の11527.4での推移
本日発表された米国7-9月期GDP並びに個人消費は予想を下回ったものの、大きな動きにはなっていない。やや上値が重い展開か?
株式セクター別では、前日と比較し大きく動いているセクターは少ない。
商品市況では、金先物が1696付近での推移、原油市場では97.18迄下落する場面も見られたが98.16前後まで上昇してきている

NY個別株式 動向

テーマ:

シーマスター

NY個別株は下落が厳しい状況 11528.9(▲2.27%)
ダウ銘柄では、
3M    ▲2.37%
アルコア ▲2.99%
バンカメ  ▲2.94%
ボーイング▲3.75%
キャタピラ ▲3.02%
JPM    ▲2.91%
インテル  ▲3.09%
等々・・・・

だいまんさんのお書きになられたように予想を上回った住宅指標も歯止めは一瞬。
このままいくと、明日の東京株式市場が思いやられます

NY株式さらに下落

テーマ: 概況

シーマスター

NYダウ株式は、寄り付きご更に下落幅を広げて▲208.89の11587.2。
為替市場では、ドル買いに傾いており、資源国通貨は売られる展開。また原油市場でも一時97ドル付近での推移となっていいたが、96ドルまで下落。
なお、中古住宅販売件数は前月比+1.4%と予想を上回る結果となり、今のところ各マーケットの下落に歯止めが、かかっている。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは、▲85.22の11710.94でスタート。
先週報道された米国財政赤字削減案をめぐる超党派委員会の合意が失敗との報道が重しになっているほか、欧州時間では格付け機関がアイルランドの銀行システムの見通しはネガティブと発言したことや欧州債務問題の解決に関するスキームが不透明であることから欧州株式が下落。その流れを引き継いでいる。
先ほど発表されたシカゴ連銀全米活動指数は予想を下回る結果(予想:+0.19→結果▲0.13)となったがマーケットには大きな影響を与えなかった。この後24時に中古住宅販売指数の発表並びに27時に米国二年国債の入札が行われる予定。

米国株式セクター別では、銀行▲1.53%、保険▲1%、通信▲2%、半導体▲2.44%、バイオ+4.37%、工業▲2%と、バイオ関連以外は総じて安い。個別では、バンカメ▲2.08%、キャタピラ▲2%、シェブロン▲2.15%、ヤフー▲2.02%など。

いずれにせよ、本日は米国の超党派による財政赤字削減案の審議結果についての正式発表時のマーケット動向に注目したい

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ        11796.16(+25.43)
S&P500       1215.65(▲0.48)
Nasdaq        2572.50(▲15.4)
NY原油先物     97.41(▲1.41)
NY金先物       1725.10(+4.9)
CME日経225円建て 8405(日経平均終値8374.91 大証先物終値 8410)

好結果だった米国指標や欧州問題についてECBがIMFに資金を貸し出すことに可能性からNYダウは結局プラス引けで終了。なお、恐怖指数とも言われるVIX指数は前日比▲7.21%の32.00で終了。
個別では、終始強含みしていたボーイングが+2.07%で引け、他にはコカコーラ+1.16%、ハリバートン▲2.92%、シェブロン▲2.2%、HP+2.5%が目立つところ。

商品市況では、米国中西部における原油過剰在庫懸念により原油も大きく下げる結果となっております。

なお、先ほどCFTCによる主要先物ポジションが発表され、原油、金はロングが拡大、ユーロのショートが大幅拡大、円ロングも拡大となっています。

さて、せっかくの相場のお休みの土曜ですが、東京地区はあいにくの雨模様。朝晩の冷え込みも一段と寒さを増してまいりました。体調など崩さぬようご自愛ください。

では良い週末を!!

 

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウ     11813.0(+42.34)
S&P500    1218.22(+2.09)
Nasdaq     2580.07(▲7.96)
NY原油先物  97.22
NY金先物    1724.40

一時見られたドル買いも収まり、NYダウは、売りこまれた後上昇へ向かっている。
また、個別ではバンカメ+1.55%、シティ+1.19%と銀行株が堅調な推移。

この動きは新規買いというよりも週末特有のショートカバーなのかもしれないと感じています

なお27時15分にフィシャー・ダラス連銀総裁、27時50分にウイリアムズ・サンフランシスコ総裁の発言があります

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは+46.47の11817.20で寄付き

欧州時間にユーロ圏周縁国に対しての支援の実行案が報道されたことをきっかけに欧州株式が上昇、その流れを引き継ぐ形での寄付きとなった
ただし、寄り付き後はユーロや資源国通貨の下落に伴って上げ幅を縮めている
セクター別ではほとんどの業種で前日と変わらずもしくは小幅マイナスとなっている
個別では、昨日大幅下落のアルコアが+1.6%、ヤフー+1.76%、フェデックス+1.56%が目立つところ

商品市況では、原油先物が98.70付近と軟調気味。金先物も1716前後の推移となっている

現段階ではリスク回避のドル買いになっている

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは▲2.27の11903.32で寄付き

本日スペイン10年債入札が実施され欧州時間で注目を集めた。結果的には応札倍率は低下、利回りも6.975%となりユーロドルは売りが先行したものの、ユーロドル自体をを大きく下げる材料とはならなかった。
また米国新規失業保険申請件数、住宅着工件数ともに予想を上回る結果ではあったものの反応は限定的であった。

株式セクター別では,半導体▲1.76%、コンピュータ▲1%、保険+0.28%、銀行+0.1%

個別で目立つところでは、JPM▲1.33%、HP▲1.65%、バンカメ+0.55%など

商品市況では、昨日大幅上昇した原油先物が本日も100ドルの大台を超えた推移(100.92)となっている

米国では間もなくフィラデルフィア製造業指数が発表される

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは▲72.35の12023.35でスタート
イタリア国債の利回り上昇が一服する中、欧州株式が上昇する場面も見られたが、イタリア金融機関ウニクレディトECBに対して資金調達の為の担保拡大を求めているとの報道からユーロが売られ始めその後欧州株式も下落した流れを引き継ぐ形。途中、米鉱工業生産が予想を上回る内容でユーロ、株が買われる場面も見られたが相場ベクトルを覆すほどにはなっていない。
株式セクター別では、半導体+0.09%、バイオ▲1%、保険▲0.9%、など。
個別では、エクソン▲1%、HP▲1.5%、ユナイテッドテクノロジー▲1.64%、テキサスインスツルメンツ+1.03%など。
商品市場では、原油が大幅上昇の101.65ドル、逆に金は1758ドル付近で軟調推移。

原油の大幅上昇に関しては明確なニュースが出ていないのですが、投機だけで上昇した場合は逆に大幅な下落がある可能性も。。。少しだけ売ってみようか検討中です

原油大幅続伸

テーマ:

シーマスター

原油が大幅続伸
現在101.60での推移

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   12096.1(+17.18)
Nasdaq   2686.20(+28.98)
S&P500 1251.78(0)

NY原油 99.41(+1.27)
NY金 1782.30(+3.90)

NY株式市場は、結果的にプラス引けで終了。
欧州時間での一部欧州国債入札不調によりリスク回避ムードが漂う中、米国10月度小売売上高やNY連銀製造業景況指数が予想を上回ったことを受け小幅安でスタート。米国要人による金融緩和示唆などの発言により一時60ドル近い上昇を見せる場面もあったが、引けにかけて若干売られ何とかプラスでの引けとなった。
セクターでは、銀行株、保険㈱といった金融関連銘柄が強含みであったほか、半導体、コンピュータ関連も1.5%前後上昇をした。
また個別では、HP(+3.37%)、コダック(+5.45%)、ペプシコ(+2.71%)が目立った上昇を見せた。
なお、本日決算発表のあったウォールマートは▲2.43%、デルは+2.02%で引けている。

商品市場では、原油が一時99.84ドルまで上昇、また金先物も一時売られる場面も見られたが3.9ドル高で引けた。

16日は、BOJ白川総裁の会見、BOEインフレレポート、米国消費者物価指数がある事に加え、欧州時間に注目された独世論の動向、ソブリンクライシスの動向がギリシャ→スペイン・イタリア→フランスの流れが拡大するのか否かを着眼点としたい。

VIX指数

テーマ: 独り言

シーマスター

VIX指数は、株式マーケットが上昇幅を広げる展開の中で、一気に下落。(31.13)
しかしながら、前日の終値付近で一旦下げ止まり

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウ     12103.9(+24.98)
S&P500    1255.44(+3.66)
Nasdaq     2672.76(+15.54)
NY原油先物  99.16
NY金先物    1781.00

一時NYダウは下落幅を広げる展開も、サンフランシスコ連銀総裁などの追加緩和示唆を受け持ち直す展開。マーケットは、株高、商品高、ドル売りで反応。
株式セクターでは、半導体、コンピュータ関連は強く推移。個別では、インテル+2.6%、バンカメ+1.5%、ペプシコ+2.47%が目立つ。
為替市場は、ドル売り並びに資源国通貨買いで推移。

原油が100ドルの大台目前な事、また日本のオリンパス社を英国捜査当局が捜査開始とのニュースが気になるところ。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは▲11.12の12067.86でスタート
欧州のリスク回避ムードを引き継いでいるともいえるが、さほど大幅に売られている印象ではない
セクター別では半導体+0.6%、コンピュータ0.46%、銀行変わらず、その他金融+0.03%、保険▲0.01%など。
個別では、ウォールマート▲1.88%、ハリバートン▲1.35%が目立つ
為替市場では、さきほどまでドル買いに傾いていたものの、ややドル売り基調となってきている

このあと米9月企業在庫の発表を控えている

NY株式 中盤

テーマ: 概況

シーマスター

NYダウは、.12132.4(▲21.19)と前日比より若干弱いあたりで推移。
セクター別では、銀行、その他金融といった金融関連株が下げている。個別ではバンカメ▲1.91%、JPM▲1.98%、シティ▲2.69%が目立つ、逆にデル+0.78%,ホームデポ+1%、キャタピラ+0.89%、グーグル+1%はしっかり。
ダウのようなインデックスはだいぶ落ち着いてきており、また原油先物も0時時点での97.20ドル付近から98.20ドル付近まで上昇してきている。
本日は材料が特段でなければこのまま推移か?
ドル円は77円を挟んでの推移。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは▲14.15の12139でスタート。
先物では一時前日比プラスの場面もあったものの伊金融大手ウニクレディトの7-9月決算が大幅損失を計上したことにより、ややリスク回避ムードとなっている。
セクター別では、銀行▲0.88%、バイオ▲0.64%通信+0.07%とまちまち。
個別では、アルコア▲1%、バンカメ▲1.13%、ホームデポ+0.74%、JPM▲1.47%、ディズニー▲1%、など。
NYダウは現在▲0.3%の12117で推移。
為替市場は、ドル買いで推移している

指標を受けて

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

ミシガン大学消費者信頼感指数の予想を上回る結果を受けて、ドル売りがさらに強まる形。
株式市場でも更に買われている状況です。
とはいえ、週末なのでどこかでポジション調整は入るでしょう。

話は変わりますが日本ではTPPの問題がクローズUPされています。少なからず月曜の東京株式市場では影響があると思われます。この土日での関係者のコメントや、明日からのAPECでの野田首相の発言などには注目したいところです

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは+175の12069でスタート
イタリア下院での緊縮法案成立やイタリア、ギリシャの新首相誕生の見込みなどで不安が一旦は取り除かれた形。
リスク志向に伴い、原油相場も値を上げてきている
株式セクター別では、通信+1.76%、半導体+1.48%、銀行+1.25%など。
個別では、バンカメ+1.99%、HP+1.94%、インテル+1.5%、AIG+2.07%、GS+1.54%など。
リスク志向を受け為替市場では全般的にドル売りに傾いており、特に資源国通貨が買われている

なお、この後ミシガン大学消費者信頼感指数が発表される

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは+124の11905で寄付き。イタリア国債の反発やギリシャ新首相の報道で買い先行のスタートとなっている
セクター別では、銀行が+1.56%と高い
また個別ではボーイング(+1.07%)、ファイザ(+1.7%)が目立つ。
ただし、寄付きから値を下げている銘柄も多数あり上値は重そう。
CRB指数は+0.99の319.50、VIX指数は▲7.3%の33.44で推移

NY株式 中盤

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

日本時間25時あたりから、イタリア並びにギリシャ首相・高官たちの相次ぐコメントによりユーロが買い戻し気味に推移。ダウもそれに吊られるように12000付近まで戻してきている。sらに原油先物も94ミドルから97付近まで戻しており、リスク回避は一旦休憩か?

株式セクター別では、銀行(▲2.5%)、その他金融(▲2.4%)、輸送(▲2.7%)、半導体(▲2.97%)と軒並み安く、戻しているとは言い難い状況。

なお、日本時間3時以降にNY株式は、再度動きが活発になる傾向が続いているので注意が必要

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

ダウは寄り付きこそ▲122ドルの下落で始まったが、さらに下落幅拡大。
現在▲259.25の11910で推移。
イタリアの財政懸念よりドル買いが進む中、マーケット全体がリスク回避一色になっている
セクター別では、軒並み下落幅を拡大する中、銀行その他金融、工業、半導体の下落が目立つ。また個別では、バンカメ(▲3.22%)、アルコア(▲3.8%)、JPM(▲3.37%)、3M(▲2.85%)、グーグル(▲1.33%)、シティ(▲4.52%)など。
主要な株式は軒並み下げてきており、リスク回避色が鮮明になってきている
VIX指数は+12.92%の31.03、CRB指数は▲0.86%の319.84で推移

なお、24時に米国9月卸売在庫が発表される

今日の東京株式

テーマ: 株式市場

シーマスター

今日の東京株式市場では「オリンパス」「トヨタ自動車」の2社の動向に注目しています
前者は「粉飾」、後者は「営業赤字」ですが、いずれも会社も技術力では世界トップといっても過言ではないはずです。
どこまで売られるのか?結果をチャートに照らし合わせて今後の売買のタイミングを図りたいと思っています。

様子一変?

テーマ: 独り言

シーマスター

コロフさんの記事にも書かれておりますように、ベルルスコーニ首相の続投を嫌気してユーロ売りになっています。
それにつれて、ダウ、原油先物も下落してきました。

ユーロドル、ダウは1h足のボリンジャーバンドの中心線に回帰する動きをしています
逆にドル円は77.60までの下げからの反動でリバウンドしていますが、中心線迄到達していません

NY株式 スタート

テーマ:

シーマスター

NYダウは+32.4の12100.82でスタート
欧州危機が一段落との見解やギリシャ新首相に元ECB副総裁のパパデモス氏が就任する予定であるとの報道から上昇して始まった
セクター別では、バイオ・保険を除くセクターで上昇。
個別では、バンカメ(1.24%)、JPM(+1.17%)、ヤフー(+1.66%)、エヌビディア(+2.37%)、GS(+1.04%)、シティ(+1.6%)と金融関連の上昇が目立つ。
CRB指数は+0.44%の322.70、VIX指数は▲1.11%の29.52で推移

全般的にリスク選好ムードです

NY株式 スタート

テーマ: 概況

シーマスター

NYダウは▲12.75の11970.49でスタート
アジア時間からのリスク回避の流れが一服し、EBIが欧州の金融機関を支援するとの報道から先物での下げを縮める展開。

セクター別では、工業・輸送・銀行・通信がプラス域に。またダウ30種銘柄のほとんどが前日比が変わらない値動き。他にはヤフー(+1.9%)、エヌビディア(+0.5%)が目立つ。

CRB指数は+0.4%の321.72、VIX指数は+2.85%の31.02で推移

為替市場では資源国通貨の買い戻しが目立ち始めた

ダウ先物

テーマ: 独り言

シーマスター

ダウ先物は、先週末の引け値あたりまで戻してきました

NY本市場が始まってから、ニュースによっては上下に振れそうです

11983(▲0.51%)

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウは▲35.57の12008.90で寄付き
雇用統計後が予想を下回ったことでややリスク回避のモードです
半導体セクターを除くほとんどの業種でマイナスに転じており、週末ということも考えれば利益確定の売りが出やすいのかも知れません

為替相場はドル買いになっており、ユーロドルにおいては指標前の1.386から1.373まで値を落としており、クロス円ともども弱含みな展開になっています

また原油、金も総じて売られています

NY close

テーマ: 株式市場 概況 独り言

シーマスター

NYダウ   12044.47(+208.43)
Nasdaq   2697.97(+57.99)
S&P500 1261.15(+23.25)
CME日経225円建 8790

NY原油 94.07(+1.56)
NY金 1765.10(+35.50)

結局、ギリシャ政府が国民総選挙を回避する旨の発言をしたこと、またバローゾ欧州委員も同様な発言したことを受けてユーロドルは一時1.354にまで回復。また一時落ち込んでいたNYダウも更に上昇基調を強め、結局終わってみれば2日連続の陽線。
この2日間で欧州関係者並びに相場参加者は、このギリシャ首相の発言に踊らされてきた感がありますね。誰かこの人の口にチャックしてください(笑)

商品相場では、金が上昇相場入りしたことが注目です。

さて、本日はBIgイベントの締めを飾る雇用統計です。注意したいですね。

NY株式 序盤

テーマ:

シーマスター

ISM非製造業景況感指数は予想より悪化したため株式市場は下落傾向

セクター別では銀行及びその他金融が▲0.6%、保険±0、通信+1.13%、バイオ▲0.17%とほぼ「寄り天」な状況。
個別では、アルコア(+1.12%)、バンカメ(+1%)、IBM(+1.26%)、HP(+1%)等々。

原油先物においても同様な値動きになっており、一時94ドルを記録したものの現在は92.50前後まで落ちている。VIX指数は逆に急上昇。31.42から32.67に上昇している。

個人的には、ユーロドルの値動きとダウの推移を上手くリンクさせて細かくオージードルのトレードをしようかと思っております。


NY株式 スタート

テーマ: 株式市場

シーマスター

NYダウは+77.35の11913.39でスタート
欧州時間に報道されたギリシャ首相辞任騒動もさることながら、ECBによるサプライズな利下げ発表により欧州の株価一気に上昇。米国の株式市場もつられるように上昇。
なお、ダウ先物にはあまり反応がなかったが、新規失業保険申請件数が予想より良くなったことで下支え材料にもなっている模様。
この後、ISM非製造業景況指数があり結果によっては、波乱の展開も考えられる。

※ セクター、個別株の情報はISMの発表後に記述します

混迷続けるギリシャ

テーマ: 独り言

シーマスター

パパンドレウ首相が閣議後に大統領を訪問する予定との話やギリシャ野党が12月に総選挙を提唱するなどニュースが錯綜している中、ユーロは上昇中。
現在、昨日(日付的には本日)付けた高値1.3826にアタック中。

このあと米国新規失業保険申請件数、ECB政策金利発表、米国ISM非製造業景況指数等の重要指標が発表される

ギリシャ財務相

テーマ: 独り言

シーマスター

「国民投票を実施することに関して、パパンドレウ・ギリシャ首相に反対している」

いったいどうなってしまうんでしょうね?ユーロドルは中東勢の買い上げで上昇しています

25時に動きあり

テーマ: 独り言

シーマスター

25時になりFOMCが意識される中「円買い・ドル買い」の動きが加速。
豪ドル円は81円10銭から80円70銭レベルまで下落。またユーロドルも軟調。

NYダウ自体は、さほど動きなし。

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 独り言

シーマスター

NYダウは11743.52(+85.52)でスタート
下げ過ぎによる自律反発に加え、QE3期待の買いが入っている模様

セクター別では、銀行・保険・その他金融が軒並み1.5%前後上昇するなどQE3関連に先まわりで買いが入っているのかもしれません。逆に半導体、コンピュータ関連は寄付きからの上昇を縮めてきており、セクターでの優劣がハッキリしています。
個別で目立つところは、バンカメ(+3.28%)、アルコア(+2.31%)、GE(+1.62%)、デュポ(+2%)、タイムワーナー(▲1.8%)、エヌビディア(▲1.28%)。

またNY原油先物も93.16(+0.97)と堅調な推移。VIX指数は33.72(▲3.02%)。

個人的な感想ですが、NYの主力株のチャートを見てますと、なんだか「寄り天」っぽいんですよね・・・・

NY close

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ   11657.96(▲297.05)
Nasdaq  2606.96(▲77.45)
S&P500 1218.28(▲35.02)
CME日経225円建て 8770

本日のNY市場ではギリシャの国民投票について右往左往した一日でした。また周辺国の要人たちも一様に反対とのコメントを出す半面、仮に国民投票で否決されればデフォルトの可能性を示唆するなど、依然として欧州危機の問題解決がなされていないことが露呈した感じです。

NY株式での値動きも要人たちのコメントに右往左往した形となり、途中下落幅を縮める場面もありましたが、最終的に落ちて引けました。なお金融関連セクター(銀行・保険・その他金融)に関しては引けにかけて大きく売られる展開となっています。おそらくこの流れはアジア時間でも引きずる恐れがあるので、日本・上海の株式動向には注意を払いたいところです。

なお、CRB指数は1.44%安で引けましたが、金先物は4.7%の下落に対し原油先物は1.35%の下落にとどまったところは注目点かもしれません。VIX指数は16%高で引けました。

引け後のニュースとして、ギリシャ国民投票はギリシャ政府高官のコメントとして「国民投票は実施する」旨の発言をしていること、また米国では「株式・債券の取引」について金融取引税を課す提案を考えているとの報道があり(05:45現在)、依然として波乱含みの展開が続きそうです。

反転と思いきや

テーマ: 独り言

シーマスター

反転と思いきや、今度はユーロGのユンケル議長が「ギリシャの国民投票が否決された場合、ギリシャのデフォルトの可能性を排除しない」と述べたことで再度下げに転じてきています。

ちなみに海外TVメディア(市況・ニュース)では、ギリシャの話題でもちきりです。

このまま下げ幅縮める?

テーマ: 概況

シーマスター

独・仏の両首脳による電話会談の内容が報道されてから、下げ幅を縮めてきている

ユーロドルは1.3608→1.3692、ユーロ円106.49→107.18、豪ドルストレート1.027→1.035あたりで推移。NY株式・原油、金先物市場も急速に下げ幅を縮めてきている

NY株式 スタート

テーマ: 株式市場 概況

シーマスター

NYダウ  11702.5(▲252.48)
Nasdaq 2323.60(▲60.81)
S&P500 1224.28(▲29.02)
CME日経225円建 8725(日経平均東京大引 8835.52)

NY株式市場は大幅続落。もうご存知かと思いますが、ギリシャ首相の欧州債務問題の包括的対策について国民投票を実施する意向を示したことからギリシャのデフォルト懸念が急浮上。また東京時間に発表された中国PMIの悪化、米国ISMの結果が予想より悪い結果となるなど世界的な景気減速が問題視されている。

株価もさることながらNY原油先物市場も一時3%近い下落。NY金先物も2%近い下落を記録した。為替市場では、ユーロはさることながら豪ドル、NZドル等も大幅下落。ドル円だけがこう着した相場となっている。

こうなってくると、逆張りしたくなる心境ですが今週はBigイベント目白押しなので我慢したいと思います(汗)


 

NY株式 中盤

テーマ:

シーマスター

NYダウ        12047.2(▲183.84)
Nasdaq         2703.16(▲33.9)
S&P500        1265.45(▲19.64) 
CME日経225円建 8895(31日日経平均終値8988.39)

NY株式市場はFOMCを前に調整下落が続いている。
そんな中ユーロが売りこまれている。東京タイム朝から見ると1.417→1.390迄進行中。

今週は経済指標等のBigイベントが多く、ポジションを傾けづらいのが本音です


トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【シーマスター】2011年11月