ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】:2013年07月

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は日足の一目均衡表の雲の中で推移。
雲の上限は98.75、下限は97.49にあり、方向感がない。
週足の基準線が97.29にあるため、ここを下抜けなけれは上方向か。
当面雲の中なので方向感なく、ドル円は手を出しにくい。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

方向感の弱いマーケットで、豪ドルと同様に方向がハッキリしているのがポンド。
ポンドも豪ドル同様に売られる通貨となっていて、EURGBPは上昇、
GBPUSD、GBPJPY、GBPCHFなどは下落。
ただ、明日はBOEが金融政策を決定するため、注意しておきたい。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

米国GDP(2Q)が前年比+1.7%と、予想の+1.0%より大幅に強くドル買い。
やはり、算出項目の変更が効いている模様。
米経済が強いとなると、FEBへの緩和縮小期待も大きくなり、
ドルは買われる動きになりやすいと思いわれる。
まずはこの後のFOMCに注目。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜に米国GDPとFOMCを控え、マーケットは動かなくなっているが、
昨日のRBAスティーブンス総裁の発言で
豪ドルだけは売られ、AUDUSD、AUDJPYは下落、EURAUDは上昇。
他の通貨ペアが動きにくい中で、豪ドル売りが集まっているかもしれない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は直近の値動きの38.2%戻しとなる98.70に向けて上昇。
ここまでは戻りの動きで、大きな流れはドル売り円買い。
明日のGDPがサプライズだと、ドル売りが終わり上昇転換もあるが、
まずは98.70に到達できるかを確かめたい。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

明日のGDPは弱い予想で、ドルは売られてきていたが、
今回からGDPの算出方法が変わったため、サプライズで強いかもしれない。
現在のドルの戻りがポジション調整か、強いGDPを見込んでかは不明だか、
明日の発表は予想できず、ドル売りは手じまった方がいいかもしれない。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルはRBAのスティーブンス総裁の発言で急落。
AUDUSDは下げ止まって少し戻し始めると、
スティーブンスの発言で落とされる動きを繰り返しており、
豪ドルは引き続き売られる通貨となっている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

方向感のない展開の中ドル円は日足の雲の下限が97円ミドルにあり、
ここで下げ止まっている。
この97円ミドルから前半には週足の転換線と基準線もあり、
下抜けると95円台ぐらいがありそう。
日足の雲は下向きになっていて、下げやすい配置になってきている。

米国GDP

テーマ: 独り言

田向宏行

今週はイベント週だが、最初の注目は31日の米国GDP
6月の小売売上高が予想より弱く、5月分も下方修正され、
ドルは売られやすかったが、今回からGDPの算出方法が変わることになり、
案外強いのでは、との思惑もある模様。
31日のGDPまでドルの方向感は出にくいと思っている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は98.80付近を上抜けできずに下落。
7/11の安値98.26付近が意識される。
ここを下抜けると98円を割り込む可能性があり、
その場合は97円ミドルぐらいまでがありそうだが、
少し売られ過ぎで、ここから新規売りはしたくない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は98円ミドルで下げ止まる動き。
フィボナッチの下落目標値が98.80-90付近のため、
このレベルまで戻すと、下げ止まる確率が高まりそう。
下抜けた場合の次の目標値は97円ミドル付近。
まずは98.80付近の動きに注目している。

EURGBP

テーマ: 独り言

田向宏行

月末を控えて、ユーロポンドが動きやすくなっている。
EURGBPが0.86から0.8590付近を下抜けると、
大きく下げる可能性がありそう。
ポンドが買われる動きになっている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はWSJの記事で大きく下落。
7/11の安値98.25付近を下抜けると、
レンジの下限を下抜けるかもしれない。
98円付近には買い手のストップもありそうで、
ここをヒットして下げるかどうかが注目。

方向感なく

テーマ: 独り言

田向宏行

来週の米国GDP(2Q)、FOMC、雇用統計という重要イベントを控え、
マーケットは動けなくなってきている。
QE3の縮小が始まるのかの材料となる、米国経済状況と雇用状況を
見極めたいと思う参加者が多いはずで、結果として今週は動きにくくなっている。
しばらく様子見となりそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は99.90-95がサポートされれば、上昇の可能性。
ただ、本格的に上昇するとしても欧州時間となりそう。
逆にサポートが切れれば、99円前半へ下げそうで、
当面レンジが継続しそう。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ圏製造業PMIが50.1と2011年2月以来の50越え。
このためユーロが急激に買われており、ユーロクロスも急騰。
ユーロ円上昇でドル円・クロス円も上昇。
EURCHFの上昇でスイスフラン売りでUSDCHFやGBPCHFも下げ渋り。
EURAUDの上昇で豪ドルが売られています。
今のところはユーロ主導の動きとなっています。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル買いに戻る動きが少し出てきており、GBPUSDは1.5320付近を下抜けると、
1.52ミドルぐらいまで下げる可能性がありそう。
EURGBPも上昇し、ポンドは売られやすくなっている。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

ドルストレートではドル買いの動きへ。
まだ前日の安値や高値を越えていないので、慎重にしたいが、
7/10からのドル売りの動きは収まりつつある可能性が出てきている。
ドル円が100円に乗せるようになると、
他のドルストレートでもドル買いが強くなりそうで注目。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が99.70を上抜け、円が売られる動きへ。
円売りになりつつあり、ユーロ円は131円ミドル、
豪ドル円は92円ミドルを上抜けて行くと、上昇の動きとなりそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨夜注目していた99円を下抜けなかったため、
下方向への勢いは弱まっている。
99.70付近を上抜けると、ドル円は上昇に向かう可能性が強くなり、
101円ミドルへ向けての動きとなりそう。
それでもレンジの範囲内で、動きは弱いと考えている。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

現在のマーケットはドル主導の動きで、ドル売りの流れも7/10のバーナンキ発言から。
テクニカルはどれもが、ドル売りを示しているが、9月には緩和縮小の可能性があるドルが
このまま売られ続けるとは考えにくく、バーナンキ発言の賞味期限もそろそろかと思われる。
チャートはドル売りを示すが、ひとまずドルショートはやめようと思っている。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

7/10ぐらいから続いてきたドル売りの流れはそろそろ終了。
今日、明日あたりからはドルが買い戻される可能性が出てきている。
このためドル円も上昇しやすいが、これまで通りレンジの範囲内と考えている。
ドルストレートは昨日つけた高値や安値付近がメドで、
そこからはドルが買い戻されやすいと考えている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は22時台のドル売りの動きで急落したものの99円は割れず。
日足の一目均衡表は三役好転しているし、99円を割り込まなければ
大きく崩れにくいと思われる。
やはりレンジの範囲内の動きではないかと考えている。
但し終値で99円を割り込むようだと、下値に警戒したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は98円から101円50でレンジになってしまい、方向感がない。
直近は下げるかもしれないが、それでも99円を割りそうになく、
上値も101円まで上がるとも思えない。
ドル円は動きも大人しくなり、トレードに向きにくくなっている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

チャートを見ると、ドル円は22時以降に上昇の可能性があり、
本日高値にトライする動きとなるかもしれない。
しかし、深夜2時を過ぎても動かなければ、撤退した方が良さそう。
今週最後の上昇機会に期待している。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は99円台まで下げたが、99.80付近には
日足の一目均衡表の転換線がある。
またこの付近には週足の転換線と4時間の雲の上限があり、
これらサポートなら再び上昇の可能性。
ドル円は下げたものの1時間足でもなんとか三役好転を維持しており、
ここで下げ止まるかに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は1時間のボリンジャーバンド中心線が100.40付近。
このため、この付近を下抜けて行くと、当面下げる可能性が強くなる。
この付近がサポートされるかに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

アルゴリズム取引と思われる動きで日経平均が急落し、ドル円も急落。
1時間足が100.40-50付近で終わることができれば、まだ上昇の可能性。
逆に100.10付近を下抜けるようなら、
一昨日からのドル円の上昇は一旦終了と思われる。
日経平均の下落、デトロイト市の財政破たんなど、
円買いになりやすい材料が出てきていそう。

円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円・クロス円が上昇し、全般に円が売られている。
ドル買いによるドル円の上昇と、バーナンキ議長の円安容認発言が効いている模様。
この後もバーナンキ証言があり、ここでの発言と、ドル円の100円ミドルに注目。
ドル円が100円ミドルを上抜けるとクロス円は急騰するかもしれない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足の一目均衡表は月曜から雲を上抜けて三役好転して上昇のサイン。
これは4時間、1時間でも同様で、ドル円は上方向の可能性が強い。
日足の転換線が99.90、4時間の雲の上限もこの付近でサポートとなりやすい。
1時間の雲の上限は99.68と最も下にあるが、チャートは底堅さを示している。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が上昇し、月曜日に止められて100.50を上抜けできるかに注目。
週末に選挙を控え、週足では今週102円台に乗せられると、
今後の展開が読みやすくなると思っているが、さすがに厳しいかも。
まずは100.50に注目。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜もバーナンキの議会証言はありますが、アジア時間はドル買い。
米国だけが出口を考えており、欧州、日本、英国はまだ緩和姿勢で、
出口の論議すら起こっていない状況からはドルが買われるしかないと思われる。
相場がドル買いに傾きやすいので、急落の調整は入りつつも、ドル買い継続と考える。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルの急騰もあり、本日のバーナンキFRB議長の議会証言を控え、
マーケットはドル売りに傾いてきています。
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが上昇、USDCHFが下落。
USDJPYは方向感がありませんが、本日高値を抜けてくると上昇になりそう。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロはイタリアなどから悪材料がでそうにもかかわらず、上昇の兆し。
EURGBPは既に上昇しており、ここからEURUSDとEURJPYが上昇の可能性。
ドル売りなのか、ユーロ買いなのか迷うところですが、
この動きはドル円にも影響するかもしれず、注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は少し下げたものの、注目していた99.20が下抜けできず。
このため、逆に99.70-100円を上抜けるようだと、上昇に転じる可能性がある。
まだ下方向の可能性を持っているが、99.20の下抜け失敗なら
カウンターで上昇する可能性も考慮して、ストップ管理をしておく方が良さそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下げ渋っているが、99.40-20付近を下抜けると、
下落が加速する可能性があると考えている。
100円が重く、ドル円は下方向の可能性。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は99.70付近を割り込まなければ上昇の可能性を考えていましたが、
その後99.70を割り込み99.64まで下落。
このためドル円は当面下方向で、現在は本日安値を更新。
99.20付近を下抜けできるかに注目しています。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は99.70付近がサポートされていれば上昇の可能性。
まずは100.50が目標だが、101円越えぐらいまで上昇の可能性がありそう。
クロス円も上方向の可能性が高くなっている。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは明日RBAの議事録公表を控えて買い戻されやすくなっている。
大きな流れは豪ドル売りだが、AUDUSDで0.91ミドル、EURAUDで1.43を抜けると、
豪ドルの買い戻しが強まりそうで、逆に抜けなければ豪ドルショート。
まずは明日の議事録が注目される。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は100円20-30の目標値付近まで上昇してきた。
ここを上抜けると、次は100円ミドルが目標。
ここも上抜けると、5月の高値103円越えを狙う動きになる可能性も出てくる。
まずは100円ミドルに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州時間に入りドル円は上昇。
フィボナッチによる当面の目標値は100円20-30付近。
まずはここまでの上昇を確認して、その後の動きに注目。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルはAUDUSDもAUDJPYも金曜の高値と安値の38.2%付近。
ここから下げに転じると金曜の安値を下抜ける可能性がありそう。
中国GDPに注目だが、チャートも下向きなので、豪ドルは売り目線。
ただ東京休日でマーケットが薄い点は注意したい。

中国GDP

テーマ: 独り言

田向宏行

本日は日本が休日ですが、11時には中国経済指標の発表があります。
注目は第2四半期のGDPですが、
中国はGDPに占める不動産投資の割合が多いようで、
シャドーバンキングとも絡み、引き締めの影響がどの程度かが注目されます。
GDPが市場予想の7.5%を割り込むと、豪ドルには売り圧力になりそうです。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円はここに来て少し買われる動きになっている。
ドル円クロス円は下方向の可能性の方が強いが、
ドル円が98.90付近を下抜けできないと、クロス円も下げにくい。
逆にこのレベルをドル円が下抜けて行くと、クロス円全般も下げる動きとなりそう。
ドルが動かず、円で動いている模様。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜(今朝)のバーナンキ発言で、ドル買いは巻き戻され、
大きく動いたため、本日は動きようがない状況になっています。
さすがに7月や9月の緩和縮小はなくなったと思われますが、
今後も米国指標が好調なら、ドル買いの流れは起こりやすく、
これ以上の巻き戻しはやりずらいのかもしれません。
ドルは次のきっかけを探して、動きにくいと思われます。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は今朝の急落から戻してきているが、99円ミドルが上抜けずにいる。
この99.50-60付近を上抜けできると、100円前半からミドルが見えてくるが、
上抜けできなければ再び下げる可能性がありそう。
まずは欧州勢がバーナンキ発言にどう反応するのかに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はバーナンキ発言で昨日の101円台から98円台へ急落。
日足の一目均衡表は98.13付近に雲の下限があり、
ここを下抜けるとサポートは基準線の97.65のみ。
基準線を終値で下抜けるようだと、改めて考え直す必要がありそうですが、
円買いが進むとは考えにくく、他通貨に比べドルは買われやすく、
ドル円も引き続き上方向の可能性が高いと考えています。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りでドル円も急落していますが、
100円ミドルにはサポートがあり、現在はここで下げ止まっています。
また99.92付近には日足の転換線があり、
下げてもこの転換線ぐらいでサポートされれば、
引き続き上方向の可能性が高いと思っています。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ドルが急激に売られています。
ドル買いの巻き戻しや、ドル買いのポジション調整と思われ、
前回のFOMCや雇用統計からのドル買いの動きが継続するか、
今夜のFOMC議事録に注目が集まっているものと思われます。
今日は手を出しにくいかもしれません。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は日足の一目均衡表の雲の中にあったが、本日の上限は100.82付近。
このため101円台は雲を上抜けることとなり、ここから上昇の可能性。
また日足の遅行スパンも実体を上抜けつつあり、
今日か明日には三役好転して上昇トレンドとなりそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円もドルストレート通貨ですが、他のドルストレートが下げて、
クロス円も下げてしまうため、ドル円は上がりにくくなっています。
しかしドル買いなので、タイトなら101円、または本日安値を下抜けなければ、
ここから上昇の可能性があると思っています。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.28を下抜け。
5/17の1.2796付近も下抜けており、ターゲットは4/4の1.2746付近。
ここは今年の安値なので、ここを下抜けると1.20に向かう可能性が出てくる。
他のドルストレートも動いており、ドルが全面高。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下落の可能性。
本日安値を下抜けると、1.28へアタックすると思われる。
マーケットはドル買いで、ユーロドルもドル買いの動きになってきている。

東京時間

テーマ: 独り言

田向宏行

円はマーケットの主役ではなくなり、東京時間も動かない状況へ。
昨年末からの円売りだけの相場はすでに終わっていて、
今後はドル主導でのドル円の動きとなると思われる。
このため東京時間は動きにくく、やはり欧州時間以降が
トレード時間となりそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下向きの流れながらも1.28が底堅い。
また大手金融がユーロドルの下落を予想しつつも、
ゴールドマンサックスだけは1.28を底に上昇とレポート。
もし1.28で下げ止まると、1.30ぐらいまでの戻しがありそう。
引き続きドル買いで下方向ながら、1.28に注目。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは1.49まで上昇してきて、ここから下げるかに注目。
もし下げずに、金曜の戻り高値の1.4920付近を上抜けると、
4時間のRCI短期線が急上昇して、1.50ミドルぐらいまでの上昇がありそう。
1.49前半で下げに転じるかに注目している。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルはドル買いポンド売りで下落の流れ。
4時間足のRCIは三重底で下落トレンド。
1時間のRCIは短期線のみが上昇中で、
これが下げ始めれば再び下落。
戻りのメドは1.49付近と考えている。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

先月からマーケットはドル買いに傾いており、
ドルストレート通貨はいずれも4時間のRCIが天井圏や底値圏に張り付いた
三重天井や三重底になっていて強いトレンドを示している。
大きな流れとしてのドル買いが継続するとともに、
短期的にはドル買いが進み過ぎていて、戻りも起こりやすい。
週初の月曜でもあり、突っ込むより少し待つ方がよさそう。

GBPUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは1.48台に突入。
これは3月以来の動きで、3月の安値1.4830付近を下抜けると、
1.42に向けて下げる可能性があります。
BOEは緩和継続を明言しており、ポンドは売られやすいと考えています。

AUDUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

AUDUSDは0.9180上抜けできず、雇用統計でドル買いとなり下落。
引き続き、豪ドルは売られやすいが、EURAUDがレンジになってきているので、
AUDUSDも当面は0.9030と0.9180の間で推移しそう。
今日の雇用統計だけでは、明確な方向感は出にくいと考えている。

AUDUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは大きくは売られる流れなのだが、
昨日のRBA副総裁の発言で買い戻されている。
0.9180~0.92を上抜けると、豪ドル買いが本格化しそう。
逆に上抜けできなければ、戻り売りとなりやすい。
雇用統計でドル買いになるかがポイントかもしれない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は止められていた100.20を上抜けて上昇。
次は100.50に注目だが、ここにはフィボナッチの目標値もあり、
100.40-50付近は止められやすいと思われる。
長期的には1000.80付近、そして102.80ぐらいが目標となりそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは当面の下値目標値が1.2850~30付近。
本日の下落で1.2880付近まで下げたが、これで目標達成とみるか、
少し戻してからもう一段下げるかが注目される。
それでも1.28を大きく下抜けるとは考えておらず、
そろそろ下値堅めや反発の可能性も考慮しておきたい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ECBドラギ総裁の発言でドル買いとなりドル円も上昇。
しかし、100.20にはテクニカルな売りがあるようで、
ここが厚い抵抗となっている。
ドル円はこの100.20を上抜けるかに注目。

流動性

テーマ: 独り言

田向宏行

本日は7月4日で米国の独立記念日。
このため米国は休日ですべての市場はお休み。
では欧州はと言えば、本日はBOEとECBが金融政策を発表。
このため欧州も動きにくく、マーケットの流動性が枯渇。
結果、ほとんど動かないか、急激な動きとなり、
手を出すと危なさそうで、様子見が良さそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は想定した下値の99円に接近。
ここを下抜けると、98円ミドルぐらいがありそうだが、
98円割れまでは考えていない。
引き続き、下げ止まりを確かめたい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ポルトガルからリスクオフとなり、ドル円が下落。
99円から98円前半ぐらいまで下げる可能性がありそう。
4時間のRCIは三重天井から短期線(9)のみが下落中。
下げ止まりを確かめて押し目買いとなりそう。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ポルトガルでは閣僚が次々と辞任する騒ぎとなっていて、
再び南欧諸国が問題となり始めています。
こうした影響からかユーロが全般に売られていて、
ユーロドル、ユーロクロスはいずれも下落。
大きなリスク回避的な動きとなるか注目しています。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は101円にアタックする動き。
4時間のRCIは3本が80以上で三重天井の強い動き。
100.40付近を下抜けると少し調整されるかもしれないが、
それでも上昇が強く押し目がなかなかない。
かといって高値つかみはしたくなく、タイミングが難しい。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは注目の1.3080を上抜けできずに下落。
このため下側の1.3030を下抜けできるかに注目。
ここを下抜け1.30も下抜けできればドル買い継続だが、
雇用統計を金曜に控えて動きにくいと思われる。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日着けられなかったフィボナッチの目標値99.925に向かう動き。
ここまで来ると、一気に100円を上抜けそうでもあるが、
目標達成で下げる可能性にも注意したい。
まずは日経平均が14000円台で終わるかに注目。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは今週末の雇用統計を控えてか、
ドル買いの動きが少し戻されている。
大きな流れはドル買い継続ながら、短期的には上に戻すかもしれない。
ただ上げても1.31ミドルぐらいと考えていて、
当面は1.3080と1.3030のどちらを抜けるかに注目している。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は押し目もなく、99.925のフィボナッチ目標値に向かう動き。
この100円手前で跳ね返されるのか、一気に100円を上抜けるのか注目。
ドル買いではなく、円売りの動きとなっている模様。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は100円を意識する動きだが、上値は重い。
少し調整されると、98円ミドルから97円ミドルぐらいまで
下げる可能性があり、下げたら買いを考えたい。
7月入りの月曜の東京時間なので基本的にはまだ様子見。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】2013年07月