ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】:2013年06月

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円1時間足のRCIは三重天井。
ここから短期的には調整で少し下げそうで
金曜日でもあり、ロングは手仕舞い。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上昇だが、日足の基準線があった98.75付近が意識される。
しかし基準線は既に下向きで下げており、本日は98.14付近。
日足はこれを上抜けているが、基準線が下向きで、転換線も基準線の下なので、
チャートは下落を示しており、ここから簡単に上値が伸びていくとは考えにくい。
当面は雲の中で方向感のない展開が続きそうで、高値追いはしたくない。

CNBC

テーマ: 独り言

田向宏行

私が購読するメルマガでは、昨夜からヘッジファンドマネージャー
David Snoddy氏のCNBCでのインタビューが話題となっている。
Davidは日本に対する投資を20年以上やっている専門家と紹介されており、
彼の日本株とドル円についての強気な意見も昨夜からのドル円上昇に影響していそう。
昨年からのアベノミクス相場を主導したヘッジファンド勢がどう動くかは注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日上値を抑えていた97.90付近を上抜けてから順調に上昇し、
本日は日足の基準線付近まで上昇してきてた。
ただ、ここは日足の雲のなかであり、雲の上限は101.30で、
ここから一気に上抜けるとは思いにくく、週末でもあり利確ポイントかもしれない。
まだ転換線も基準線の下にあり、雲の下限98円から上限101円の動きとなりそう。
ただ7月2週目に入ると雲も薄くなり、上限も99円ぐらいなので、
ここでの上抜けが注目される。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

英国GDP確報値が発表され、ポンド売り。
改定値+0.6%だったが、確報値は+0.3%。
GBPUSDはドル買いなので、当然下落。
ただ、ポンド円は下げているものの、ドル円に上昇気配があり、
下げ止まる可能性もあり売りにくい。
引き続きドルストレートの取引に専念する方が良さそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は短期的に上昇の可能性が整ってきている。
このため上値を抑えている97.90付近を上抜けると、
今週の高値98.75に向けて上昇する可能性がある。
逆に下げて本日の終値が97円を下抜けると、93円に向かうリスクがある。
まずは欧州の動きに注目。

米国GDP

テーマ: 独り言

田向宏行

先ほど発表された1Qの米国GDP確報値が悪くドル売りとなっています。
改定値+2.4%に対し、確報値は+1.8%
これでドル売りになっていますが、大きな流れはドル買いなので、
ここから大きくドル売りになることはないと思われます。
引き続きドル買いスタンス。
但し、ドル円は方向感なく、手を出しにくくなっています。

EURAUD

テーマ: 独り言

田向宏行

EURAUD(ユーロ/豪ドル)が下落。
ユーロドルの下落に伴い、ユーロが売られる動き。
ただ、豪ドルが買われるとは考えいにくく、
これまで急騰してきたEURAUDは調整と考えている。
このため下値のメドは日足ボリンジャー中心線1.39付近。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはどっちに転んでもドル買いになりやすいと思われる。
米国の緩和縮小はドル回収の動きでドル買い。
チャイナリスクでもドルは買われやすく、米国経済指標が良くてもドル買い。
マーケットはドルを買うのが一番安心な状況になっている模様。

流動性

テーマ: 独り言

田向宏行

先ほどのチャイナリスクから参加者が手控えていると、流動性も下がっている可能性があり、
マーケットはちょっとした動きで振られやすくなっているかもしれない。
動意づいてついていくと、高値や安値をつかまされそうだし、月末なのでやりたくない相場。

チャイナリスク

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは中国の流動性不安や、今月償還される24兆円の財テク商品が
焦げ付くのではないか、との憶測からチャイナリスクが意識されている。
これらはバロンズやフィッチが発信源で、多くのマーケット関係者が見ており、
月末までポジションを傾けにくく、おそらく膠着すると思われ、手を出しにくい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は98円で攻防。
98円台に乗せてくると、再び昨日高値や99円にアタックしそうだが、
98円に乗せられないと、97円割れの可能性が出てくる。
チャートは短期的に上向きで、99円方向ではないかと考えている。

リスクオフ

テーマ: 独り言

田向宏行

週刊投資新聞バロンズ(BARRON'S)は中国に流動性リスクが書かれており、
これを受けたかのように、本日の上海市場は急落しています。
また上海銀行間金利SHIBOR(Shanghai InterBank Offered Rate)も高騰し、
米国の緩和縮小から中国のみならず、新興国での流動性に問題が出てきているようです。
流動性危機が本格的に起これば、急激な円買いに傾く可能性があり、要注意と思いわれます。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上値を日足の基準線98.75で抑えられているが、
下値も雲の下限97.92でサポートされている。
ただ転換線は本日96.23で、基準線の下にあり、向きも下向き。
当面は転換線と基準線の間で推移してどちらに抜けるかになりそう。
チャートはまだ下の可能性を示すが、ファンダはドル買いで上。
しばらくは方向感がない展開となりそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足は三役逆転しながらも、遅行スパンが雲を下抜けず
ローソク足も転換線を上抜けて上昇し、現在は雲の中に戻している。
この上には98.75に高値の103円台と安値の93円台の半値である
日足の基準線があり、ここを上抜けるかに注目。
ドル買い円売りとなってきている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はやっとドル買いで上方向へ。
しかし98.30付近の昨日高値をクリアに上抜けて行かないと、
来週月曜・火曜は下げやすい配置となるので、下方向に注意したい。
来週のドル円は日本国債の動きにも注目と思われる。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはドル買いに動いていて、
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが下落、USDCHFが上昇。
ところがドル円が動かない。
98円が重く昨日の高値を抜けられず、このドル買いでも動かないので、
案外、円買いの動きがあるのかもしれない。
マーケットに不安要素がある可能性があり注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日上昇したが、日足の一目均衡表は三役逆転しており、雲が上値を抑えている。
4時間足ではギリギリ三役好転しているが、雲の上限あり、下げると三役が崩れる。
ただ、1時間足も三役好転なので、まずは1時間が三役逆転しないと、ドル円は下げにくい。
引き続き、方向感のない展開が続きそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は98円から98円ミドルで上げ止まりそうだが、すぐには下げにくい。
下げるとすれば、明日か週明けで、それまでは高値圏で膠着しそう。
焦って安易に売ると踏まれそうでもあり、気を付けたい。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円上昇でクロス円も上昇しているが、豪ドル円は別。
豪ドルは引き続き売られる動きで、中国短期金融問題も足かせ。
豪ドル円は戻り売りスタンス。

主役交代

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のFOMC後の会見から、マーケットの主役は明らかに交代。
昨年からのアベノミクスと円は先月末で主役の座から陥落。
ここからはドルがマーケットの主役となりそう。
このためトレードはドルストレートの方が向いていて、
クロス円は、やりにくくなりそうで注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上昇しているものの、97円ミドルから98円が上限と考えている。
98.35には日足のボリンジャーバンド中心線があり、向きは下向き。
日足のRCIは短期線が上昇中だが、長期線は下落中。
このため、この付近では戻り売りとなりやすいと考えられる。
まずはどこまで上昇するのかを見極め。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はFOMCで上昇したものの、チャート通り96円ミドルで上げどまり。
ここには日足の一目均衡表の転換線があり、基準線はさらに上。
97円ミドルには雲の下限があり、ドル円の上値は限定的。
日足の遅行スパンが雲を下抜けていないため、
方向感が弱く、ドル円はレンジになりやすい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は週足の基準線がサポートしていて、なかなか下げて行かない。
日足の一目は三役逆転して下げそうだが、93円~94円には
フィボナッチや一目をはじめ様々なポイントが重なり堅くなっている。
ドル円が下落するには、何らかのイベントなど、大きなインパクトが必要となりそう。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルはメイントレンドの豪ドル売りに戻って来ている。
このたまAUDUSD、AUDJPYは下落、EURAUDは上昇。
ただ、EURAUDの日足チャートは、明日か明後日には下げことができる配置で、
明日明後日の動きに注目している。
基本的に豪ドルはショート。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は95円75-95の抵抗圏に接近。
ここからは上値が伸びにくく、急落にも備えておきたい。
ドル円が急落するとクロス円にも波及しそう。
逆に上抜ければ96円ミドルから97円が次の目標。

円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が95円台に乗せてきて、クロス円も上昇、円売り。
ただドル円は95.23-30と95.75-95ぐらいが抵抗となりそうで、
ここを上抜けるかに注目している。
それでも上値は日足の転換線96円ミドル付近か。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはFOMCへの思惑からドル買いで動いているが、
ユーロドルはユーロクロス(EURGBP、EURJPY、EURAUD、EIRCHF)が上昇していて
下げにくくなっている。
ユーロは現在のマーケットのテーマではなく、手を出しにくい。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

FOMCを控えながらも、少しドル買いの動き。
今週はドル中心の動きになりそうで、クロス円は手を出したくない。
ドル円はドル買いで上昇しそうなうえ、昨夜の麻生財務相の発言で
円売りとなる可能性もあり、一旦は93円台で底打ちかもしれない。
ドル買いが本格化するかを注目している。

FOMC

テーマ: 独り言

田向宏行

金融市場はFOMCで米国の金融政策がどうなるのかを注視する状況。
このため為替のみならず金融市場全体が明日の深夜までは動きにくく、
本日も方向感のなく手を出しにくいマーケットとなっている。
ここは待つ相場、ということになりそうです。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

NY株が堅調なためか、ドル買いの動き。
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが下落。
USDCHFは上昇ですが、USDJPYはあまり動かず。
ドル買いでAUDUSDが下げ、EURAUDも上昇。
短期の豪ドル買いの動きは終了かもしれません。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は週足の基準線93.966がサポートしているが
日足は三役逆転で下落を示唆。
但し、日足の遅行スパンは雲の手前で止められており、
ここから上に戻す可能性もありそうだが、
日足の雲が96円ミドルから上にあり上値も限定的。
しはらくは方向感が弱く手を出しにくい。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルはなかなか豪ドル買いに傾いていかない。
それでも反転もしておらず、スタンスは変わらず短期の豪ドル買い。
但し大きな流れは豪ドル売りなので、ここでの短期の動きは狙わず、
本来の流れに戻ってから取引する方が安全性は高そう。
調整直面なので方向感が弱くトレードしにくくなっている。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは方向感がまだ弱いものの、買われる動きとなってきている。
AUDUSDは本日安値を下抜けなけれ、
EURAUDは本日高値を上抜けなければ、引き続き豪ドル買いとなりそう。
目標値はAUDUSDは0.9720、EURAUDは1.36ぐらいと考えている。

G8サミット

テーマ: 独り言

田向宏行

今週は水曜深夜のFOMCに注目が集まっていますが、
今日明日で開催のG8サミットも注目と思われます。
世界的にリスクオフ的な動きになってきており、
チャートは、分岐点等なりそうな配置のものも多く、
G8での発言、声明にも注意したいと思います。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

日足のドル円一目均衡表は、三役逆転して下落を示唆するものの、
遅行スパンが雲にあたっていて、下げ渋るかもしれない。
遅行スパンは本日と月曜は92.37の雲の下限を抜けなければならないが、
火曜になると93.11に雲の下限が上がり、下抜けしやすくなる。
今日か月曜に下げなくても、火曜には下げやすくなると思われる。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが売られています。
EURUSD、EURGBP、EURJPY、EURAUD、が下げる動き。
ただEURCHFはそうでもない。
EURクロスからのユーロ売りのようで、
ショートするならEURUSDよりクロスかもしれません。

ドル円の戻り

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は一度93円台に突っ込んだことで、一旦は利確の買いが出そう。
この戻りのメドは94円70~95円ぐらいで、ここで上昇が止まれば、
再び下げる可能性があり、戻り売りスタンス。

ドル円 94円割れ

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が94円を割れて93円台へ。
93円ミドルが下値目標値だが、
多少はオーバーシュートもあるかもしれない。
それでも、そろそろ今回の下落の底が近いと考えている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足の一目均衡表は、まだ終値が確定していないが、
ロウソク足が雲を下抜けていて、三役逆転。
日足の雲の下抜けは昨年10月以来の大転換。
本日の終値で雲を下抜けていれば、大きな節目となりそう。

円買い・スイス買い

テーマ: 独り言

田向宏行

金融マーケットは米株も日本株も下げ、
円買い・スイス買いの動きでリスクオフ。
避難通貨が買われてきており、
何か大きなリスクが出てきているのかもしれない。
ただVIX指数は上がっているがまだ18で危機的ではなさそう。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルが再び売られやすくなってきている。
ドル売りの動きでAUDUSDが下げにくいが、
EURAUD、AUDJPYが主導して豪ドルは売られそう。
AUDUSDも下げやすくなっていて、
豪ドルは売られる可能性が高そう。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはドル売りの動きで、EURUSD、GBPUSDは上昇、
USDJPY、USDCHFは下落、但し、AUDUSDは少し違う動き。
FRBの緩和継続からドル売りとなっている模様で、
来週のFOMCに向けてはこの流れが続きそう。
このためドル円も売られやすい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は97円までの戻しが完了して、再び下落。
95.35付近を終値で下抜けると日足の一目が三役逆転し、下落トレンドへ。
その場合の当面の目標は93円ミドル。
昨日安値を下抜けたので、日足の雲を下抜けて、
先週の安値94.938を下抜けるかに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨夜の急落から少し戻す動き。 戻りのメドは97円付近で、ここにはフィボナッチ・ポイント、1時間の雲、1時間の基準線が上値を抑えている。 これらを上抜けて97円ミドルを上抜けると少し違ってくるかもしれない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨夜急落し、週足のボリンジャーバンド中心線付近。
まだ週足の中心線は上向きだが、日足で見ると-2σ付近にあり、
ここから下へバンドウォークする可能性もある。
週足ボリンジャーの-1σは93.38付近で、
この93円ミドルはフィボナっチなど複数のポイント。
97円ミドルを上抜けできないと、93円台への可能性が残る。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

市場は円買いから、ドル売りへ。
このたまEURUSD、GBPUSDは上昇、USDJPY、USDCHFは下落。
ドルストレートが動くので、クロス円のショートは注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足の一目均衡表は、97.25から95.40に雲があり、
現在は雲の中に入ってきて、乱れやすい状況になっている。
ただ一目では、転換線が基準線の下となり、
遅行スパンもロウソク足を下抜けしそうな位置。
このまま雲を下抜けると、三役逆転で本格下落の可能性。
ただ、雲の中は要注意なので、新規はタイミングに注意したい。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

チャートを見ると、ドル円の下落は、ここで止まらず、95円台がありそう。
このため、クロス円も引き続き、下げる可能性が強い。
一昨日は95円割れで急反発したが、今回はここで止まらない可能性もあり、
その場合は93円ミドルが目標値。

円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が98円を割り込み本日安値も更新。
このためクロス円も全般に下げていて、円買いの動き。
ドル円は当面97円が目標となりやすく、
フィボナッチでは95円台が予想されている。
ドル円がどこまで下げるかにより、
クロス円も全面安になる可能性がある。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下げ渋る動き。
98円を割らないと下げにくく、逆に99円ミドルを上抜けると、上昇に転じてしまう。
チャートは下向きを示しつつも、買いも入りやすく、相場は迷っていそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

日銀の決定会合は不発で、ドル円は下げる可能性。
上は99.33に日足の基準線があり上値を抑え、
下には97.30に雲の上限があり、ここを下抜けるかどうか。
また97円台となると遅行スパンもロウソクを下抜けて、
日足は二役が逆転し、95.40の雲の下限を下抜けると
三役逆転で下落の動きとなりそう。
まずは欧州勢の日銀への反応がどうなるか注目。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルはこの後10:30に指標発表を控えているが、売られやすくなって
本来の豪ドル売りの流れに戻り始める可能性が出てきている。
EURAUDは上昇しており、AUDUSDも下げやすい。
AUDJPYはドル円が下げると、下げそうな配置になってきて、
全般に豪ドルは売られやすくなってきている。
まずは指標後のアクションに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は金曜日の94円台から急騰したものの、
日足の一目均衡表の基準線が99.33にありここで止められている。
基準線より下に転換線もあり、可能性としては下方向か。
まずはロウソク足が日足の基準線を上抜けてこないと、
ドル円の上昇は考えにくく、逆に93円ミドルに向かう可能性を警戒。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下落の動きが調整されているが、99円が重い。
上値は99円から99円ミドルと考えており、
今夜か明日あたりで下げる可能性がありそう。
但し、まだ下げる配置にもなっておらず、下げ始めを待ちたい。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円は短期的には売られる動きとなりやすく、ドル円クロス円は上げる動き。
しかし、大きな流れは円買いと考えており、明日の決定会合で
特に円売り材料がなければ、再び円買いに戻る可能性がありそう。
今日は動きにくいと思っている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はフィボナッチ・ポイントである、
96円後半から97円に収束しつつあり、
ここからどちらに動くかが注目。
97円は4月末から5月の下げ止まりポイントで、
今回はここが上昇のレジスタンスとなっている。
まずは、今夜の雇用統計でどう動くか注目。
GPIFにも反応は弱く、ドル円は下方向継続で考えている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はここ数時間で99円を下抜けできなければ、
上に戻る可能性があり、99.50を上抜けるようだと
100円から100円30ぐらいまでの上昇の可能性がある。
戻り売りは慎重にしたい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が下落して、6/3の安値98.85付近を下抜けようという動き。
98円台には買いも多いようだが、今週中に101円台に戻せないと、
ドル円は下方向継続で、売りスタンス。
下値のメドは93円ミドル。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドル円は株価の下落もあり本日2円以上下落。
ただ、94円前半にはポイントがあり、下げ止まりやすい。
大きな流れは引き続き豪ドル売りだが、一旦は下げ止まりに注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下方向を意識しつつも、下値がけっこう堅い。
こうなると、何かのきっかけて100円ミドルを上抜けると
ひっくり返される可能性も考えておきたい。
基本的にはドル円ショートながら、カウンターに警戒。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日安値を下抜け、月曜の安値に向けてアタックしそう。
テクニカルはすべて下を示していて、ドル円は本格的に下げる可能性がある。
98円台の買いがこれらのショートを吸収できるのか注目している。

円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

安倍首相の第三の矢は的を外れた、との論評もあるなか、
円買い買い戻される動きとなっています。
ドル円のみならず、クロス円も買われていて、円買いの動き。
まずは本日安値を更新して下げて行くのかが注目されます。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドル円は昨日の安値を下抜け。
金曜の安値96.04付近を下抜けると、95円ミドルへ下げる可能性が高まる。
当面の目標はフィボナッチ計算した95.47付近と考えている。
まずは金曜の安値の下抜けに注目。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は安倍首相の成長戦略第3弾の発表で円売りに動いたが、
100.50を上抜けできず。
ここを上抜けできないとドル円の下落の流れは変わらないと考えている。
今夜の欧米勢が安倍発言をどう評価するかによるが、日本サイドの動きは
マーケットを動かす要因にならなくなっており、円はテーマから外れてきていそう。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドル円は95円ミドルまで下げる可能性があり、
直近も少し下げ始めている。
まだ一気に下げる配置ではないが、
豪ドルは95円ミドルまでは売られやすいと考えている。
逆に97円ミドルを上抜けるようだと考え直しとなる。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

日経平均株価が上昇し、ドル円も上昇。クロス円も上昇。
円のマーケットは株価が動かしており、
今後日経平均や日経先物が上昇すると
ドル円も100円を越えて行くかもしれない。
ただ、ドル円チャートは既に下向きで、ドル円は戻り売りスタンス。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

99.50を突破して下落。
99.40付近がフィボナッチの目標値だが、すでにオーバーシュート。
ただ、98円台には買いも多いようで、売り方は要注意。
ここからの突っ込み売りはお勧めしない。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が100円を割り込み、円買いとともにドル売りへ。
USDJPYだけでなく、USDCHFも下落、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが上昇。
こうなるとクロス円は、ドル円と他のドルストレートで振り回されやすく、
クロス円よりドルストレートの方がトレードしやすそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

当面の目標値は99.40-50だが、
ここには100円割れでの買い方のストップもありそうで、
ヒットしたら案外さらに下げるかも。
ドル円が99円ミドルを下抜けてくるとクロス円も崩れそう。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

明日のRBAを控えて豪ドルが買い戻される動き。
5月は利下げしたRBAだが、明日は据え置きがコンセンサス。
このため豪ドルのショートが買い戻されている模様。
AUDUSD、AUDJPYは上昇し、EURAUDは下落へ。
但し大きな流れは豪ドル売りで変わらず、戻り売りスタンス。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

100円は大きな節目で、買いも多くあり一旦は反発する動き。
100.70-80付近を上抜けできないと、再び100円アタックに向かうと思われ、
100円ミドル越えでは売りが増えてきそう。
ドル円は下方向へ傾きつつあると思われる。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が100円を割り込もうという動き。
フィボナッチでは、まず99円ミドルまでの下落が考えられそう。
100円は大きな節目なので、ここを下抜けるか注目している。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】2013年06月