ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】:2011年07月

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

全般にドル売りの動き。
ユーロドル、ポンドドル、オージードルは上昇、ドル円、ドルスイスは下落。
虹のチャートも4時間でみると、ドル円、ドルスイスは、下向きの虹、
ポンドドル、オージードルは虹にはなっていないが上方向。
ユーロドルだけは方向感がない。
この後、米国債務上限問題がどのようになるかに注目が集まるが、
全般にドル売りの動きになっているので、この方向の可能性が高いと考えている。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

緩やかに下方向へ動いているが、なかなか下げていかない。
5月23日、6月16日、6月27日の安値を結ぶサポートラインは
1度7月11日に下抜けして切れたが、その後戻ってきており、
現在は再びこのラインを下抜けしようとトライする局面。
また、週足は先々週が長い下ヒゲのたくり線となっていて、
今週も先週の高値を越えている上、先週の安値はかなり下にある。
ユーロドルは、下方向に見えるが売りも慎重にならざるを得ない。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日の下げから少し上へ戻していたユーロドルは、
ムーディーズのスペイン格下げ方向のニュースで一気に下向きに。
しかし、昨日安値を下抜けできず、マーケットは迷っている様子。
米国債務問題も週越えしてしまう可能性が強くなり、
売るにも、買うにも手を出しにくいレベルとなっている。

ユーロドルのpivot

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは昨日注目していた1.4440付近を下抜けてから下落し、
本日も昨日安値を下抜け下げる動き。
現在は1.4270付近の週足のpivotで足踏みしていて、
この付近で下げ止まるかに注目している。
ドル売りの流れが継続ならこの付近がサポートされるはずだが、
ここからさらに下げていくようだと、
ユーロドルの買いスタンスは一旦撤退と考えている。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りの流れの中、昨日はドルが買われる展開。
月末要因や、来週期限となる米国債務上限問題が決着しなかった場合の
ドル不足懸念などもあるのかもしれない。
ユーロは比較的穏やかになっていて、米国議会の状況が左右しそう。
ユーロドルは少し上へ戻す動きになりかけたが、
すでに昨日安値を下抜けているのが気になるところ。
ドルの動きをまずは確かめたい。

ユーロドル下落

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルが想定レベルを割り込んで下げています。
まだ昨日安値を下抜けしておらず、上方向と考えていますが、
昨日安値を割り込んで下げていくと、
今週のPivotの1.4270付近まではあるかもしれません。
もしここまで下げると、方向感が失われる可能性もあると考えます。
まずは現在のレベルで下げ止まるかどうかに注目しています。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルはドル売りの流れの中で上昇しているが、
現状は少し上がり過ぎ。
1.4410~1.4430付近まで戻る可能性があり、
買うならこのレベルから確かめたい。
このレベルまで下がらなければ、買いが強く、
上値が伸びる可能性があると考える。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは、4-6月期の消費者物価指数が予想より強く買われている。
しかし、直近の動きは買われ過ぎで、ここで少し足踏みか、戻される可能性。
それでも豪ドルは上昇の動きになっていてるので、押し目買いポイントを探したい。

ユーロドルの押し目

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは昼頃から買われ、買われ過ぎていたので、
少し戻す動きとなっている。
戻しの動きが1.4470~1.4440付近でサポートされれば、
ここが押し目となって再び上昇の可能性があり、
ここを下抜けるなら、一旦は様子見した方がよさそう。
基本的にはドル売り相場で、上昇の可能性が高いと考えている。

ユーロドル上抜け

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは意外に早く抵抗線を上抜けて1.4485付近まで上昇。
しかし、11時台の買いは急激で、しかも東京時間であることから、
このあとの欧州時間でどう動くかを確かめるまでは慎重に行きたい。
戻すなら1度建値などで逃げて再び上昇するなら乗る方が賢明と思う。
米国債務上限問題が決着しない状況では、
虹のルールに従い、損をしにくいポジションが大事になりそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りの流れの中、ユーロドルは昨日高値を上抜け。
5月4日から7月4日の高値を結ぶ抵抗線での攻防。
ここを上抜けると、ドル売りは本格化しそうで、注目ポイント。
虹の流れは上向きで、米債務問題が早急に解決しなければ、
このレベルの上抜けは時間の問題と考えている。

オバマ大統領

テーマ: 独り言

田向宏行

東京時間の午前10時から、連邦債務上限問題について演説の予定。

方向感なく

テーマ: 独り言

田向宏行

ムーディーズによるギリシャの格下げで、
スイス買い、円買い、ドル買いとなりましたが、続かず。
マーケットは方向感がありません。
ドル円、クロス円も下げが戻されてきています。
来週の米国債務上限引き上げ問題をにらみ、
方向感のない展開になりそうです。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜のNY時間から1.63付近で膠着。
1時間の虹のラインは5~20が接近重複して方向感がないが、
流れは上方向なので、上昇の可能性が強いと考えるが、
日足は買われ過ぎのレベルでもあるので、
1.62ミドルぐらいまでの下落は想定内。
ボリンジャー・バンドも収縮した状態が続いていて、
上下どちらかに放たれる可能性が強い。
先週の高値1.64付近を上抜けるかどうかに注目している。

ドル円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

今朝方78円10付近まで突っ込んだドル円ですが、
現状は緩やかに戻していて、78円ミドル付近。
しかし上値は重く、ここから上に戻しても
7月21日の高値79円付近か、20日の高値79円30付近と考える。
方向は下と思われるが、あまりに動かないので手を出しにくい。

ユーロの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが下げ始めている。
ユーロドルは昨日買われ過ぎていて1.43ぐらいまでの戻りを想定しており、
現在はここへ向けて下げ始めている。
想定レベルまで下げるかに注目。
一方、ユーロスイスも想定の1.18~1.185のレベルを越え、
1.189ぐらいまで上昇したが、現在は下げ始めている。
金曜でもあり、ユーロが昨日に引き続き本格的に上昇するのか、
大きな流れである、ユーロ売りに戻るのか、注目している。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜急騰したユーロドルは、1.4450付近の抵抗線に接近。
今朝は1.4430付近まで上げた後、現在は1.4380付近を底に
再び上方向に向かう動きになりそう。
しかし、昨夜の上昇は買われ過ぎで、現在のレベルでもみ合うか、
1.43付近までの戻しがあると想定している。

ユーロスイス

テーマ: 独り言

田向宏行

今週はスイスが売られて戻しているユーロスイスだが、
大きな流れはまだ下方向と考えている。
戻りのメドは1.18から1.185ぐらいで想定しており、
このレベルから再び下げ始めるかに注目している。

ドルスイス

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ、ポンドなど欧州通貨と、オージーなどが買われ、
円、ドル、スイスが売られて、リスクオンの形になっている。
ドル売り、スイス売りでドルスイスは動かず。
しかし、ドルスイスは月足でも下向きの虹になっていて、
この月足ベースの強力なトレンドが簡単に反転するはずはなく、
まだ下方向の可能性が高いと考えている。
まずは昨日安値を下抜けできるかに注目している。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

先週の高値1.4280付近も上抜け、上昇の動き。
1時間チャートは直近では買われ過ぎているが、
上向きの虹となり、上昇の流れとなっている。
この買われ過ぎの戻りがどの程度になるかにもよるが、
この上は5月3日と7月4日の高値を結んだレジスタンスがあり、
この1.4430付近を上抜けるのか、止められるのかになりそう。

首脳会議

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜のユーロ圏首脳会議を控え、マーケットは方向感がなくなっている。
ユーロドル、ポンドドル、ドル円のドル売りの流れが少し止まってきた一方、
ドルスイスは方向感なく、虹のラインも集束してどちらに動き出すかわからない。
今朝方の独仏首脳会談でも、結果をユーロ圏首脳会議まで発表しないとして、
引っ張られていて、多少の期待と不安を抱きつつ、結果を一応待とうという状況か。
わかりにくい相場、気が乗らない相場は休むのが一番と考えていて、
首脳会議の結果が出て動き出すまではお休みになりそう。

ユーロの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロは今週買い戻されているが、上値は重くなってきていて、
このままユーロ買いが続くとは考えにくい状況。
ユーロクロスは売られ過ぎたため戻しているようで、
今週後半か来週ぐらいには再び元の売られる流れになりそう。
このため買いはできず、下向きになれは売るスタンス。
下げ始めると、下値はこれまでより拡大するかもしれない。

あれ?

テーマ: 独り言

田向宏行

さっきはドルが動き出して、ドル買いになるかと思ったけど、
東京時間の午前中ということもあるけど、
どこかのポイントを抜けたぐらいでは明確な動きにはならないな。
やはりマーケットは大きな流れを把握する方がトレード確率が高そうで、
その意味でも虹の流れに従う方が、良さそう。
虹がハッキリしなければ、方向感なく、流れができるのを待つのみ。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円がここ数日のレンジの上限79円25付近を上抜け、
ユーロドル、ポンドドルは下への動きになってきて、ドル買いか。
昨夜のオバマ大統領の発言で連邦債務問題の先行きが見えての動きか。
まずは様子見。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は先週の木曜から下は78円85付近、上は79円25付近という
わずか40銭ぐらいの狭いレンジになっていて、どっちにブレークするか。
このような状態ではとても手は出せない。
流れは下方向なので、通常なら下への動きが考えやすいのだが、
このレベルでレンジとなり下がらない理由も考えるべきで、急騰の可能性も。
ここでも米国債務上限法案とドルの動きが重要になってきそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下落を予想していたが上昇し、1.42台に乗せ、金曜の高値も越えて、
先週の高値1.4280付近に向かう動きになっている。
14時頃にオーストリア中銀総裁の発言で下げる場面があったが、
15分が虹にならず、売りサインとならないうちに反転上昇。
現在は15分が上向きで虹になっている。
しかし、1時間も4時間も方向感なく、買いはしにくい展開。
先週の高値も越えていくのか、1.42付近で止められるのかに注目。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日は1.40を下抜けできず、往って来いになってしまったユーロドルだが、
本日の戻り高値は1.4135付近で、金曜日の1.4195付近を越えておらず、
ユーロドルは依然として売られる方向と考えている。
まずは15分が下向きの虹になり、下方向に傾いてきたら、
売る方向でのトレードを想定している。
現状はまだ下に傾ききっておらず、また昨夜のように戻す力もあるので、
売るには早いと思っている。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは先ほど急激に下げたが、これが本格的な下落とは思えない。
まだ方向感が定まっておらず上昇の力も残っていて、
下落に転じるとしても、あと数日かかると考えられる。
現状で下値を売るよりは、下方向への動きを確認してからの方が
リスクが少ないように思う。

ユーロドル上昇

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルが上昇。
しかし金曜の安値1.4091付近は上抜けできていない。
ここを上抜けると下落の流れも少し中断と思われ注目点。
1時間の下向きの虹も乱れつつあり、ここを上抜けると、方向感が弱まってくる。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

1.4010付近で止められているが、ここを下抜けるかに注目。
虹のチャートでは1時間も4時間も虹の始まりになってきており、
ここを下抜けて1.4を割り込むと、本格的に下落の流れになりそう。
その場合、当面のメドは先週の安値1.3840付近になりそう。
ドル買いの流れが本格化すると、
虹の成長と共に大きく下げる可能性があると考える。

ドル買いの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

日本が休日のアジア時間で、動きはあまりないが、
今朝はドルと円が買われ、ドルストレート、クロス円が下落。
ユーロドル、オージードルは1時間が下向きの虹になってきて下方向。
ポンドドルはまだ上昇基調でドル買いとは言えない。
ドル円は動かず、ドルスイスもドル買い方向。
ただ、東京不在のアジア時間なので、
朝方のドル買いの戻しも起こりやすく、注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は日足で下向きの虹になっているだけでなく、週足でも下向きの虹。
下方向への動きが強くなっている中で、直近は少し戻しているが、
当面は79円60付近を上抜けないと調整の戻りにもならない。
戻っても80円前半ぐらいまでで、大きな戻りは期待できない。
80円割れが定着してしまうかもしれない。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜の欧州ストレステストを控え、方向感のない展開。
しかし昨日安値1.4115付近は下抜けており、基本的には下方向。
当面、上は1.42付近と下は1.41付近で動いており、下抜けに注目。
ただ、今日は週末金曜であり、しかも満月なので、何が起こるかわからない。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜は結局下がらず、15分でも虹にならずエントリーできず。
ユーロドルは今夜(深夜1時?)の欧州ストレステストの結果を待つ状況。
方向感もなくなり、15分も1時間も4時間も7本線が収束。
今夜の結果待ちになりそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは注目の1.4150付近を1度下抜けたが、まだ下げていかない。
ここで大きく戻されなければ、流れは下方向になっていると考えられ、
15分チャートで虹のラインが揃ってきたら、売り方向のスタンス。
まだ23時の安値を下抜けしておらず、直近はこの1.4140付近と、
15分の虹のラインに注目している。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

本日は方向感なく、このあとのバーナンキ議長の議会証言を待っている模様。
上は1.4280付近、下は1.4150付近で膠着していて、
どちらに抜けるかに注目している。
動き出してチャートが虹を描いたら、その方向についていきたい。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは、5月23日の安値1.3970付近と、
6月27日の安値1.4102付近を結ぶライン上にあり、分岐点か。
月曜日もこのラインを下抜けて一気に下落したので、注目。
が、その後戻されて、一度は上抜けしているので、
ここがサポートされれば、上かもしれない。
ただ、私は下方向の可能性が高いと考えている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

今朝のムーディーズによる米国債格下げ方向での見直しの発表で、
ドル円は78円ミドルまで下げ、現在も78円台。
流れは下向きで下落方向だが、すでにずいぶん下げていて、
ここからさらに下値を負うのは厳しいかも知れない。
ここからさらに円を買うなら、ドル円よりクロス円の方が良さそうだが、
直近のクロス円は少し戻していて、下向きになるのを待つことになりそう。

ユーロドル上昇

テーマ: 独り言

田向宏行

バーナンキFRB議長の発言をきっかけに、ドル売りとなり、ユーロドルも上昇。
当初の戻り予想1.4150を越えて、先週の安値1.4204付近に向かっている。
ここを上抜けると、先週金曜日の雇用統計のレベルにまで戻ることになる。
しかし、私はまだユーロドルは下方向の可能性が高いと思っていて、
1.43付近を越えていかなければ、下げるのを待って売りスタンス。
1.42と1.43付近に注目している。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは昨日の高値1.4060付近を上抜けて上昇中。
昨日急落して下げすぎているので、1.41~1.4150付近の戻りがありそう。
しかし大きな流れは下向きに傾いており、そこから再び下げ始めるかに注目。

円について

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜の雇用統計から円買いの動きになり、欧州不安も加わって、
月曜火曜と円買いが加速してきた。
今朝も円は昨日の高値を更新し、円売り勢のストップが狙われた様子。
このレベルは日銀の介入期待で買いも出やすいが、
買いが溜まるとそのストップを狙った売り攻めがされやすいかも。
やはり虹のチャート通り、流れに乗って円買いスタンスの方が良さそうだが、
直近は少し戻していて、再び下向きになるのを確かめて売りたい。
もし介入に当たったらそれまでで、それでも構わないストップ幅か
早めに建値で逃げておくのが安全と思っている。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

巻き戻しの動きになりつつある。
18時から止められていた1.3960付近を上抜け。
昨日安値の1.3990付近も上抜けると、
日足の5EMAは1.41ミドル付近なので、
このまま上昇して本日高値を更新すると
1.41ぐらいまでの戻りがあるかもしれないが、
流れは下向きなので、戻り売りスタンス。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州問題がイタリアやスペインに波及し、マーケットはパニック的なリスク回避へ。
円買いが続いており、ドル円も79円50を下抜け。
しかしドル円、クロス円はさすがに売られ過ぎており、
一時的には戻しそうなので、欧州時間のここからは注意したい。
しかし、大きな流れは、ドル買い、円買い、スイス買いでリスク回避。
株価が戻らないと、為替も流れは変わらなさそう。
またイタリアやスペインの話題は
明確な事実で動いているわけではない点も注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は80円割れを狙う動き。
それでもドル円はこの2ヶ月以上レンジの動きで、
現状もレンジの下限である79円50付近への動きと考えている。
79円50を明確に下抜けてくれば、一気に円買いが進みそうだが、
80円近辺は手を出しにくい感じ。
現在のマーケットはユーロ売り主導で、クロス円を見た方が良さそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ売りが止まらず、ユーロドルは5月23日の安値1.3970付近を下抜け。
ユーロの下落は決定的になってきた模様。
虹も出て、売るしかない相場になってきたが、
まだ東京時間なので、新たな売りはどこで入るかが難しい。
日足では1.41ぐらいまで戻る可能性もあり、現状は少し行き過ぎかもしれないので、
突っ込み売りにならないように気を付けたい。

リスク回避?

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはユーロが全面安だが、ドル買い、円買い、スイス買いでもある。
このため、ドル円、スイス円、ドルスイスはあまり動かず、
他のドルストレート、クロス円、スイスクロスなどが下げている。
NYダウは150ドルぐらい下げていて、欧州株価も軟調、
VIX指数も上げてはいるが18台で危機的という感じではない。
米企業決算が良いと株価上昇とともに巻き戻されるかもしれず、
ここからは売りにくい展開か。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが売られ、ドル、円、スイスが買われる展開の中、
豪ドルは下げ渋っている。
オージードルは1.0650付近を下抜けないと、下げ止まる可能性。
オージー円は下方向になっているので、オージードルも下げるかも。
いずれにせよ、豪ドルは日足で見ると、ずっとレンジの中にあり、
オージードルは1.08から1.04,オージー円は88円から84円の範囲で、
今はレンジの中心に向けて少し下方向という程度かもしれない。

戻らない

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜日の雇用統計で、大きく下げ過ぎて、
マーケットはドル買い、円買い、スイス買いに傾き過ぎていると考えていたが、
今のところ、日足5EMAに戻る気配がない。
しかし、一気に落ちていくでもなく、この辺のレベルでもみ合うかもしれない。
それでも月曜日なので、戻る可能性も意識しつつ、下方向を見る、
というスタンスでいたい。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルが下げています。
4時間チャートは下向きの虹になりつつあり、流れは下方向。
1.41ミドルから1.41を割り込むと、大きく下げる可能性が高まりますが、
このレベルはずっと止められているので、
ここで止められるとレンジの範囲ということになりそうです。
また今朝から下げすぎているので、1.42ミドルからもう少し上ぐらいまでの
戻りがありそうで、欧州時間に戻すかどうか注目しています。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

雇用統計のネガティブ・サプライズで豪ドルは急落。
豪ドル円も86.27付近まで下落して、現在は昨日安値付近でもみ合い。
しかし、豪ドル円は上昇の流れになっていて、
本日の安値や、直近7月6日の安値86.25付近がサポートされれば、
ここからまだ上に向かう可能性があると考えている。
6月27日の84.05付近から本日の高値87.70付近のフィボナッチの
38.2%が86.30付近で、これもサポートされている。
ここからの売りは慎重な方が良さそう。

今度はイタリア

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが全面安になっていますが、標的はイタリアのようです。
イタリアとドイツ国債のスプレットが過去最大に拡大したあたりから、
イタリアをターゲットとした欧州不安でユーロが売られている模様。
しかし、ユーロドルなどは現在売られ過ぎのレベルになりつつあり、
1.4280ぐらいまで戻す可能性も。
ユーロドルの売りはここで手じまった方が良さそうです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のトリシェ発言で上昇したユーロドルだが、
大きな流れはまだ下方向を考えている。
1.44台にも乗っていないし、ここからは少し下げる気配もありそう。
雇用統計の結果にもよるが、下方向に動き出せば乗っていきたいところ。
まずは結果を見極め、初動ではなく、
第2波以降の動きを確かめてからの方が安全性が高そう。
もちろん、上に動けばしばらく見送り。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

雇用統計を今夜に控え、どの通貨ペアも動きにくい中、豪ドルが堅調。
オージードル、オージー円は、既に昨日の高値を上抜けており、
4時間チャートでも虹を描いて上昇している。
雇用統計でよほどネガティブな結果が出ない限り、
豪ドルは上昇と思われる。
押し目を見つけて、買い参入のスタンス。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ADP雇用統計のポジティブサプライズで急騰したが、
直近は買われ過ぎていて少し戻している。
81円ぐらいの戻りはあるかもしれない。
ドル円はここ4週ぐらい緩やかに高値を更新、安値を切り上げていて、
徐々にだがドル買い円売り方向に向かいつつある。
それでも81円台なので、緩やかな動きだが、
円買い方向の動きは抑えられつつあるかもしれない。

ユーロの戻り

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜売られたユーロが戻し始めている。
ユーロポンド、ユーロ円が上に動き出し、ユーロドルも注目の1.4338付近。
ユーロスイスも動きは遅いが少し戻し始め。
ユーロドルは、1.4338付近を明確に上抜け、1.4370付近も上抜けるかに注目。
しかし基本はユーロ売りのスタンス。

訂正

テーマ: 独り言

田向宏行

先ほど

>このレベルを超えると次は1.1470付近、
>それを越えると、1.44付近までの戻りが予想される。

と書きましたが、1.1470ではなく、1.4370付近の誤りです。
お詫びして訂正致します。

1.14ではユーロ暴落になってしまいます(^^ゞ

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜も書きましたが、ユーロドルは下方向の流れになってきていますが、
1.4337付近を上抜けると、戻しが始まる可能性が強まると考える。
昨夜はここを上抜けできず、再度下値をトライしたが、
安値を更新できず、現在のレベルに戻してきている。
このレベルを超えると次は1.1470付近、
それを越えると、1.44付近までの戻りが予想される。
本日はECB理事会があり、利上げが見込まれているので、
まずは昨日の動きが調整され、上に戻されるかもしれないが、
戻りは売り場と考えている。

ユーロの戻し

テーマ: 独り言

田向宏行

売られていたユーロがショートカバーされる動きになってきた。
ユーロドルは1.4335付近を上抜けるならショートはひとまず決済。
さらに上がって1.4370付近を上抜けるかに注目。
ユーロ円は、当面115.97付近がメドと考えていて、
116.40付近も上抜けると、戻しが強そう。
流れはユーロ売りになってきたが、明日にECB理事会もあるし、
このところは流れが続かず、虹も続かないことが多いので慎重に行きたい。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜(本日早朝)のポルトガル格下げで、注目していた1.4435付近を割り込み、
その後少し戻したが、ユーロドルは下落方向。
1時間足に虹のラインが揃いつつあり、少し戻す局面はありそうだが、
ユーロは売られる展開と考える。
ただ、ドル買いも強くないので、動きは緩やかになる可能性も。
少し戻したところは売り場と考えているが、昨日安値を上抜けるなら、
少し考え直す方がよさそう。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが売られている。
アイルランドのネガティブなニュースもあるが、昨夜のポルトガル格下げなど、
ギリシャ以外の問題でユーロが徐々に売られてきている。
ユーロドル、ユーロ円、ユーロポンド、ユーロスイスなどは昨日安値を下抜け、
1時間の虹も下向きに揃いつつあり、本格的に下げる可能性が出てきた。
明日のECB理事会での利上げは折り込み済みとして、この状況なので、
ここから再びユーロ買いになるのは厳しい気もする。

ドル買いですがて、

テーマ: 独り言

田向宏行

明日のECB理事会では利上げがほぼ織り込まれていて、
欧州序盤のこの時間はドルが買われる展開。
しかし、マーケットはまだ薄いようで、少し急激な印象を受けます。
これらがドル買いの流れとなって虹を描き、方向感を伴ってくるのか、
一時的な玉によるものなのかを見極めたいと思います。
薄いマーケットは急に動いて付いていきたくなりますが、
戻される時も早いので、気を付けたいところです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは徐々にドル買いに傾いているように思うが、
ユーロドルは1.4435付近を下抜けず、まだ本格的な動きにならない。
同様に他のドルストレートもハッキリとドル買いになっておらず、
ポンドドルにいたってはポンド買いドル売りとなっている。
しかしドル売り方向でもないので、ドル買いスタンスで臨みつつ、
本格的に動き出すのを見極めたい。
今週は注目イベントが多く、その前には簡単には動かないのかも。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日は米国が独立記念日で休日だったので、実質今日からが下期入り。
6月末でQE2が終了した影響か、ドルが買われる展開になってきている。
ポンドドル、ユーロドル、オージードルなどが昨日の安値を下抜けて下げ始め、
ドル円は前日高値を上抜けて上昇、スイス円も1度前日高値を上抜けており、
流れはドル買いに傾いてきている。
しかし、まだドル買いは動き始めで、決定的ではなく、
この流れがこれから続くのか注目している。
まずはこの後の欧州時間の動きか。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

このところ上昇してきたユーロドルは、昨日安値を下抜け、下落。
これ一時的な押し目なのか、本格的に下げる動きなのかを見極めたい。
先週金曜の安値1.4435付近に注目しており、ここを下抜けると、
ひとまず買いはできないと思っている。
またこのレベルでは15分や1時間が下向きの虹になる可能性があり、
そうなると、しばらく下げていく可能性が高まると考えている。
まだ東京時間だし、方向感を見極めたい。

米国休日で

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケット参加者も少ないようで、流動性も薄い印象。
方向感もなく、トレード戦略も立てられない。
明日はRBAが政策金利を発表するし、木曜日にはECBとBOE、
そして金曜は雇用統計と、今週はイベント目白押しで、
明日以降の動きの方が重要だろう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

上昇の流れだったが、直近は下げていて本日安値を更新する動き。
今週のECB理事会で利上げがほぼ見込まれているにも関わらず、
上値は重いのが気になるところ。
金曜日の安値1.4435付近を下抜けると、本格的に下げ始める可能性があり、
当面はこのレベルに注目している。
一方、上値は金曜の高値を更新しており、まだ上もあるかもしれない。
いずれにせよ、本日は米国が休日で動意が少ない上、方向感もなく、
手を出しにくい。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州序盤、円が買われる動き。
スイス円はスイス売りもあって、金曜の安値を下回り下落方向だが、
ドル円と他のクロス円は上向きの動きの中であり、金曜の安値も割り込まない。
このまま金曜の安値を下抜けないようだと、
ドル円、クロス円はまだ上昇するかもしれない。
まずは方向感のないドル円が、下げていくのかに注目。

ロングウィークエンド

テーマ: 独り言

田向宏行

本日は7月1日で月初であり、下期初日、しかも金曜日で週末。
さらに週明けの月曜日は米国独立記念日で休日となりロングウィークエンド。
これらから今夜は参加者が少なく流動性が低いのかも知れない。
先ほどのISM製造業指数でも、発表後急激に動くが直ぐに戻され、
マーケットは今後の方向をまだ定めていない様子。
ギリシャのデフォルトは回避されたが、その先の流れがわかりにくく、
しかも月曜は米国休日となれば、ポジションを取りにくいのかもしれない。
通常の週末以上に、早めに切り上げる方がいいかも。

スイスフラン

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャのデフォルト回避で、これまで買われていたスイスフランが売られている。
ドルスイス、ユーロスイスは史上安値を更新してきたが、
ここにきて巻き戻しが起こっている模様。
ドルスイス、ポンドスイス、ユーロスイスは上昇、スイス円は下落。
しばらくスイスフランは売られる展開かもしれない。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャのデフォルトが当面回避され、マーケットは少し楽観か。
リスクオンになってきて、豪ドルが買われている。
本日10時の中国製造業PMIが予想より弱く、一時下げたものの、
リスク選好となると、豪ドルが買われやすい。
オージードルも、オージー円も、しばらく上昇継続の可能性が出てきた。
ますはこの後の欧州の動きに注目。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のギリシャ議会の採決で、ひとまずギリシャのデフォルトは回避。
このため昨夜はリスクオンでユーロドルは上昇。
このあと来週はECB理事会があり、利上げが見込まれている上、
昨日のユーロ圏消費者物価指数も2.7%と依然ECBが目標としている2%越え。
4時間の虹色チャートも上向きの虹になりつつあり、
ユーロドルは上昇を予想している。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】2011年07月