ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】:2011年06月

リスクオン!

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャの緊縮財政関連法案が可決された模様。
マーケットはリスクオンとなり、円売り、スイス売りで、
オージー、ポンド、ユーロが買われる展開。
このリスクオフの巻き戻しの動きが一段落してからが、
マーケットの見極めに重要と考えています。

ユーロポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

5月5日の高値0.9040付近を上抜け、今年の高値を更新。
ユーロが買われているというより、ポンドが売られている模様。
ポンドはポンドドル、ポンド円、ポンドスイスでも急落している。
6月30日の17時台の動きなので、月末期末要因かもしれない。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜はギリシャ緊縮財政案可決の安心感からか、豪ドルが買われた。
しかし、日足の虹色チャートで見ると、
オージードルも、オージー円も買われ過ぎのレベルにあり、
この後は下げる可能性を考慮したい。
ここからの買いは注意が必要と思われる。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りぎみの動きの中、ドル円は昨日安値を下抜けて下げている。
15分足では下向きの虹が出て、当面は下方向が予想されるが、
なにしろドル円は下値が堅く、80円付近を下抜けないので、
ここから大きく下げていくかは疑問で、注意したい。
ただ、ギリシャの関連法案が否決されると、一気に下げる可能性もあり、
この点も注目したいところ。

ドル売り?

テーマ: 独り言

田向宏行

これまでにも書いていたように、私はドル買いのスタンスなのですが、
直近の動きを見ると、ドル売りになってきているようにも思えます。
ユーロドル、ポンドドル、オージードル、キウイドルは上昇、
ドル円、ドルカナダなどは下落、ドルスイスはスイス売りの方が強いようです。
これらを見るとドルが売られていて、ドル売りにも思えます。
ユーロドルはギリシャ採決後に下げましたが1.4339付近を下抜けず、
上昇に戻っており、しかし1.4440を明確に上抜けていませんので、
ドル買いの大きな流れの中での戻し局面かもしれません。
判断に迷う分岐点なので、どちらの流れになるのか、
慎重に見極めたいと思います。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャの緊縮財政案が可決され、マーケットはそれまでの
噂で買って、事実で売られる展開になっています。
議決までは買いが強く、リスクオンのように上昇し、1.4440付近まで上昇しましたが、
現在は下げていて、このまま下げるなら、ドル買いの流れがあると考えています。
当面は1.4339付近か、先ほど1度急落した1.4327付近を
下抜けるかに注目しています。
ギリシャは明日にも関連法案の採決があり、まだ目を離せません。

リスクオン!

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャの野党議員から、緊縮財政案を支持するとのニュースもあり、
これまでリスクオフで買われていた、ドル、円、スイスなどが売られている。
ユーロドルは注目の1.4440に迫っており、ここを上抜けると、
ユーロショートは少し考え直すことになりそう。
マーケットは、リスクオンの動きになってきたが、急激な動きなので、
注意も必要かも知れない。

ギリシャの採決

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜のギリシャ国会での緊縮財政法案について、マーケットは
可決される見通しから楽観的な動きになっている。
関連法案の採決もあり、ギリシャは予断は許さないと思っているが、
マーケットでは、ひとまずは噂で買う状態になっているのかもしれない。
入るタイミングを間違えると火傷しそうで注意したい。

ドルスイス

テーマ: 独り言

田向宏行

ドルスイスは下方向。
4時間はもちろん、日足でも下向きの虹になっていて、売りが継続。
ここではドルより、スイスの方が強い。
見渡せば、ユーロはギリシャ問題などで買えず、
円も震災や貿易赤字になり買えず、
ドルもQE2は終了するが出口は見えず買いにくく、
不美人投票の結果、スイスが買われる展開か。
スイス自身も経常黒字国であり、輸出も好調らしく、買われる要素が強い。
ドルスイスも戻り売りスタンスだが、戻りを見つけにくいかも。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルはポンド売り、ドル買い方向と考えている。
4時間チャートは下向きの虹になっていて下方向への動きが継続。
戻す動きも直近は1.60付近で抑えられていて、流れは下と予測。
1.60ミドルを上抜けなければ、ドル買いで売りスタンス継続。
良いポイントを探して戻り売り。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

流れはユーロ売り、ドル買いに傾いていると考えているが、
直近はギリシャの議決を控え方向感なく、動けない状態。
4時間チャートは虹になっていないが7本線の配列は下向きを示し、
もし上昇するなら、6月22日の1.4440付近、6月14日の1.45付近を上抜けないと、
本格的にユーロを買うことはできないと考えている。
一方、下は6月16日の1.4070付近を下抜けると、本格的に下落しそうだが、
まずは昨日の安値1.4102付近を下抜けないと動けない。

ギリシャの採決

テーマ: 独り言

田向宏行

日本時間今夜のギリシャ緊縮財政案の採決にマーケットの注目が集まり、
動きにくい状態が続いている。
しかし、緊縮財政案が可決しても、翌日には具体的な財政手段の法案採決があるようで、
ここが決まらないとギリシャは前に進めないと思われる。
当面ギリシャ情勢で神経質な動きになりそうで、注意したいところです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

大きな流れはドル買いと思われるが、直近は戻されドル売りとなっている。
先ほどはドル買いの流れに戻るかと思われたが、戻らず、
現状はさらにドル売りが加速し、ユーロドル、ポンドドルは上昇、
ドルスイスは下落している。
ユーロドルはウィークリー・ピボットが1.4252付近にあり、
ここを上抜けてさらに上昇するのか、この付近でドル買いに戻るのかに注目。

と書いているうちにピボット通過。
ギリシャ動向を睨みつつ、戻りが強いかも知れない。
まだ買いはできないが、売りも慎重に行きたい。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

昼過ぎに虹色チャートで予測したように、
ドル買いの動きは欧州時間に少し戻されましたが、
ここからは再びドル買いとなる兆し。
まだ明確にドル買いに戻ったとまでは言えず、慎重さが必要ですが、
ドル売りの動きは抑えられてきており、ドル買いに戻りそうです。
明日のギリシャの議決が気になるところですが、
直近では再びドル買いが明確になるかに注目しています。

ドル売りですが

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州時間にドルが売られる展開になっています。
この戻りは予想通りですが、ここからどこまで戻るのかに注目。
流れはドル買いに傾いていると考えているので、
再びドル買いの動きになれば、乗っていきたいところです。
ただ、6月末を控え、期末、月末要因には注意したいところ。

ドル買いの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは徐々にドル買いに傾いてきた。
ユーロドル、ポンドドル、オージードルは4時間チャートでも
下向きの虹が現れてきて、下落の流れ。
但し、現在は少し売られ過ぎレベルで、少し戻される可能性も。
逆に戻しが少なければ、ドル買いが強いと言うことに。
ドル円、ドルスイスでは、円買い、スイス買いも強く、ドル買いは伸びていない。
金曜の動きについていくのは好まないので、欧州時間の動きに注目。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日のドル買い方向への動きになっているが、
まだ動くには十分な力がなさそう。
ユーロドル、ポンドドル、オージードルは下方向の流れだが、
昨日安値を下抜けないと進みそうもない。
ドルスイスは少しドル買いだが、大きな流れはスイス買いで下落。
ドル円は方向感なく、手を出しにくい。
ドル買い方向を基本としつつ、今日は大きく動かずに終わりそう。

クリスマスか?

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットが全然動きません。
まるでクリスマス当日のような全く動かない相場で、
手の出しようもありません。
今夜のEU首脳会議を待っているのか、材料がないのか、
昨日の動きで、なにかきっかけがないと動けない状況になっています。
どちらかわからない時に手を出すことはできないので、
動き出しを確かめて、自分のシナリオと合っていれば参戦し、
違うならもう今週は終わりかも知れません。

往って来い

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日はドル買い・円買いが進みましたが、その後戻されて、
結果的には往って来いの相場になってしまいました。
戻り売りや押し目買いを考えていたら、ほとんど戻ってしまった、というところです。
ただ大きな流れはまだ昨日の動き方向と考えており、
ここから大きく逆に行く展開にはなりにくいと考えています。
昨日の方向への動きが確かめられたら、再びトライだと思っています。

ドル買い・円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

NY株価の下落やWTIの下落で、ドル買い・円買いの動き。
しかし直近は進みすぎていて、少し戻るかもしれない。
戻りの程度にドル買い・円買いの強さが現れると考えており、
この後の動きの予測に役立ちそう。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

FOMCが終了し、ドル買いの流れ。
ユーロドルは1.42を下抜け、ポンドドルは1.6を下抜け、
オージードルは1.05を割り込み、いずれも下落。
ドル円、ドルスイスは上昇で、ドルが全面高。
この後の、新規失業保険申請件数が気になる。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは売られる展開。
オージードルもオージー円も1時間は下向きの虹となり下落。
オージードルは4時間も下向きに虹が出て下落中。
オージードルの1.05、オージー円の84円にトライ中。
ここは何度も止められているので、下抜けると大きいかもしれない。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜注目の1.43ミドルを下抜け、ユーロドルは下方向へ。
マーケットはドル買い、ユーロ売りとなっていて、
ユーロドルはしばらく下落の可能性が強い。
15分足は下向きの虹になっており、
このまま下落すると1時間も虹になりさらに下落しそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

本日高値を更新し上昇の動き。
FOMCが気になるところだが、昨日から上昇の動きとなっていて、
このまま1.47に向かう可能性が高いと考えている。
直近の安値1.43ミドル付近がサポートされれば、上方向継続と考える。
押し目となれば、買いたいところ。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドは弱く売られる展開だが、直近は売られ過ぎて戻している。
流れはポンド売りに傾いていて、対ドル、対円、対スイスで売られやすい。
ポンドドルはこの後のFOMCやバーナンキ会見で
ドルの動きで左右されるかもしれず、注意したい。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のユーロドルは1.4330付近でギリシャ議会で信任投票となり時間切れ。
信任可決を見込んでの買いはここで終了で、今は下げている。
1時間チャートは上昇の流れになりつつあり、
昨日安値の1.43付近がサポートされれば、この後も上昇か。
逆にここを下抜けてしまうと、わからなくなる。
いずれにせよ、今夜のFOMCとバーナンキ会見待ちか。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

80円が底堅いが、流れは下方向。
一気に下抜けしにくそうだが、上値も重く、
まずは80円付近と次は79円50付近が注目される。
6月後半の期末を考えると、買いはしにくく、戻り売りスタンスか。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

緩やかに上昇の動き。
しかし上値は少し重くなってきているが、まだ上昇と考える。
このまま1.44を越えて行けば、6月14日の1.45付近へ向かう動き。
それでも明朝のギリシャ信任投票には注目が集まっていると思われ注意したい。

待つ相場

テーマ: 独り言

田向宏行

今日の虹色ブログにも書いたが、マーケットは方向感なく、
今夜のギリシャ信任投票と、明日のFOMC待ちといったところ。
債務状況を考えるとこのタイミングで信任投票が否決されることはないだろう
と思いつつも、ギリシャなら平気でやりかねない、との思惑もあるだろう。
まずは東京時間明朝に結果の出る信任投票待ちで様子見。

巻き戻し

テーマ: 独り言

田向宏行

先週後半のドル買い・円買いの動きが巻き戻されて、
ドル売り・円売りとなってきている。
もっとも先週も前半はドル売り・円売りになってから、
ギリシャ問題でドル買い・円買いになっており、
今週もギリシャの信任やユーロ問題で
再びドル買い・円買いになるかもしれない。
基本的にはドル買い・円買いスタンスなので、
戻しが終わるのを見極めたい。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州時間で戻されている。
オージードルの1.05、オージー円の84円が堅い。
しかし下方向へのトライが続いており、スタンスはショート。
やはりギリシャの動きに注目か。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州時間前にクロス円が売られましたが、ドル円が下げきらず、
クロス円も少し戻しています。
そのなかで、豪ドルは売られているようです。
オージードルは下落、オージー円も84.40付近の注目ポイントを下抜けており、
豪ドルは下げる展開になりそうですが、まずは欧州の動きに注目したいと思います。

ショート・カバー

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル買い、円買いの動きが戻されています。
ドイツ・メリケル首相のユーロについての発言や、
ロシアの豪ドル買いの発言などが意識されているかもしれません。
ドル売り、円売りとなって、ドルストレート、クロス円は上昇ですが、
ドル円が下げているので、クロス円は注意が必要かもしれません。
方向感がなくなったので、手出ししない方がよさそうです。

ユーロは売れず

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャの財政や政治問題に絡み、ユーロを売ってやろうと
みんなが身構えてたせいか、(私のようなアマチュアまで構えていたぐらいだし)
ユーロは下げていかず、欧州時間では買われる動き。
現在ユーロドルは昨日高値を更新、本日高値も更新して上昇。
ひとまずギリシャへのつなぎ融資120億ユーロで今回のテーマは消失かも。
マーケットは難しいが、虹のチャートに沿ってトレードするのみ、というところかな。

ギリシャ待ち?

テーマ: 独り言

田向宏行

このあと15時(ギリシャ時間9時)にパパンドレウ首相が内閣改造を発表の予定。
昨日の発表は緊縮財政策で野党と一致できず、
また突然の大連立構想だったこともあり、延期になっており、
この問題が解決するのか、先に進むのか注目が集まる。
マーケットはアジア時間だからか、ギリシャ待ちなのか、動いていないが、
現状のチャートはドル買いへの兆しを示しており、どう動き出すか注目している。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル買いの動きが弱まって少し戻しているが、
大きな流れはドル買い継続と考えている。
欧州からはギリシャについての要人発言が続いており、
ユーロドルは動きに迷いがあり、1時間では上下にヒゲが出ている。
ユーロドルは売られ過ぎていることから、1.42台へ戻る可能性も意識しつつ、
本来の流れであるドル買いがしっかりと再開するのを待ちたい。
ドル円、ドルスイスは上昇、ユーロドル、ポンドドル、オージードルは下落のイメージ。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

1.4070付近で止められている。
ここは18時台、19時台にも止められていて、
前回は売りの勢いのみだったが、今回は順調に下落中。
下抜けできるかに注目。

満月のロンドン

テーマ: 独り言

田向宏行

今日は満月です。
サンゴの産卵や、人の出産も満月に多いと言われます。
小説ジキルとハイドの舞台もロンドンの満月の夜ですし、
切り裂きジャックも満月のロンドン。
特に英国では満月の夜が意識されているのかもしれません。
元ディーラーの方で、ロンドンに駐在していた方からも
満月や月齢を意識することがある、と聞いたことがあります。
満月のロンドン市場は波乱があるかもしれませんね。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日からユーロが売られている。
ユーロドルも下落の流れだが、現在は1.41付近で膠着。
日足では昨日から売られ過ぎていて、今日の日足5EMAから離れている。
このため1.42ミドルぐらいまでの戻りの可能性もあり、強い戻りには警戒したい。
戻らなければ、現在のレベルで膠着か、
さらに大きく1.40へ向けての下落がありうる展開が考えられる。
ギリシャの動向に注目が集まっている模様。

円の評価

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜は欧州から信用不安が伝わり、NYダウも大幅下落、
為替市場でもドル買い・円買いでリスク回避の動きとなりました。
しかし、ドル円は上昇。
クロス円は下落しましたが、円買いというより、
ドルストレートで欧州通貨や資源国が売られたため
円が買われたような印象。
リスク回避での円買いにはなりにくくなっているのかもしれません。
まずは82円20付近の5月のドル円の高値に注目ですが、
ドル円の下値も切り上げており、円が弱くなる気配かも知れません。

ギリシャ首相 辞任申し入れの報道

テーマ: 独り言

田向宏行

ギリシャのパパンドレウ首相が統一内閣を作るため野党に辞任を申し入れたとの報道。
このためリスク回避的にドル買い・円買いの動きとなり、
これまでの動きが加速している。
誤報であれば、急に戻る可能性もあり、注意したい。

ドル買い方向

テーマ: 独り言

田向宏行

本日は、東京時間からドル買い方向で、
ユーロドル、ポンドドル、オージードルは下げ、ドル円は上げる展開。
このためクロス円も下方向で推移している。
1時間では虹が現れているペアもあるが、続かないのが最近の動き。
4時間がどちらかに傾くのを確かめてからの方が安心に思える。

ドル主導か

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは方向感なく、上げたり下げたり。
4時間チャートに虹はなく、7本のラインが集束して煮詰まってきている。
ラインの集束は市場参加者の多くが方向感を失っている現れでもあり、
近ごろの相場の動きを視覚化している。
このあと、ドル買いとなりそうな気配もあるが、動き出さないとわからない。
QE2でのドル売り相場が終了してドル買いの流れになるのか、
再びドルが売られる展開に戻るのか、
ドルの方向性がマーケットの動きを左右しそう。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りの動きで、ユーロドル、ポンドドル、オージードルなどは上昇してきたが、
そろそろ上値が重くなってきている。
ここからもう一段上昇の可能性もあるが、直近は下方向を考える。
ここで下がらずに横這いのレベルなら、その後は上昇の可能性。
下げ始めれば、ドル買いに戻る可能性が高いと考えている。
まずは米株の動きか。

方向感

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは方向感の定まりにくい状況が続いていて、4時間、1時間では方向感がない。
先ほどは1時間からドル売り・円売りの流れになるかと思いきや続かず。
明確なのは日足でのスイス買い、ドル円の売りだが、
直近の4時間や1時間は方向感がなくなっていて、日足方向に動くかに注目。
まずはこの後の米小売売上高で動きだすか。

流れ

テーマ: 独り言

田向宏行

中国人民銀行の預金準備率引き上げで、ドル売り、円売りは冷や水を浴びたが、
流れはそちらに傾いているので、再びドル売り、円売りへ。
流れとはこういうもの。
ただし、もっと大きな流れはドル買い、円買いと思われ、
現在の流れが継続するかは疑問。

欧州序盤

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはドル売り、円売り、スイス売りの動き。
金曜の動きの巻き戻しが続いている。

ドルストレート

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜日に大きくドル買いに動いたユーロドル、ポンドドル、オージードルなどは
金曜日に下がり過ぎたため今日は日足の5EMAに戻る動き。
ポンドドルはほぼ戻しが終了し、ユーロドルもオージードルもまもなく戻し終わりそう。
注目はここからで、再びドル買いとなるのか、さらにドル売りが続くのか。
日足では方向感がないが、4時間はドル買いに傾いていて、
これがこのまま継続していくかに注目している。
一方、ドル円だけは、まだ円買いの動きが強く、若干ドル買いとなってきたが、
流れはまだ下方向で円買いだと考えている。

動かず

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜日に大きく動いたこともあり、今日の為替市場は緩やかな動き。
欧州時間にスイスが買われたり、ポンドが買われる動きはあるものの、
それが大きな流れになるほどではない様子。
明日にECB財務相会合があり、
またNYダウ先物も12000ドル割れの水準で小動き。
まずは米国時間での株価や商品価格の動きを待つ状況かも。

米株に注目

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜日はNYダウが12000ドルを割り込み、為替市場も大きく動きました。
NYダウは6週連続で下落しており2002年以来の下落基調。
12000ドル割れで一旦下げが終了するのか、さらに下落か、
米株の動きに金融市場も大きく左右されそうです。

米株下落

テーマ: 独り言

田向宏行

NYダウは寄りつきから下げて、100ドル以上の下落。
12000ドルを割り込みそうなレベルになっており、
為替市場はドル買い、円買い、スイスが買われ、
ユーロ、ポンド、オージーなどが売られ、リスク回避の動き。

円買いは弱い

テーマ: 独り言

田向宏行

クロス円が下落し、ドル円も80円を割れて下げるかと考えていましたが、
ドル円の80円割れでは買いも多いようで、下がりません。
全般に円買いは弱いようで、ドル円・クロス円は下向きと考えていますが、
なかなか下がらず、戻されてしまいます。
ドル円の1時間チャートの虹は集束して方向感がないので、
これが下向きにならないと、クロス円も安心して売れないようです。

円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

ドルストレートが下げ、クロス円も下げています。
ドル買い・円買いという動きになっており、ドル円は膠着。
円買いが本格化し、ドル円が80円を再び割れてくると、
クロス円も大きく下げそうです。
ドル円の80円付近に注目しています。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のトリシェ総裁の発言からユーロが売られユーロドルは下落。
一旦は下げ止まりましたが、ここからはドル買いとなって下げているようです。
ユーロドル、ポンドドル、オージードルなどは下落の流れになり、
ドルスイスは上昇、ドルが買われています。
ユーロドルは落ち着くとドル売りに戻り上昇と考えていましたが、
ドル買いの動きでしばらく下げて行きそうです。

トリシェ総裁

テーマ: 独り言

田向宏行

インフレ抑制のため強い警戒しなければならない、と発言。
マーケットは来月のECB会合で利上げの可能性が濃厚となった。
現在はユーロは売られているが、下げ止まれば買いと考える。
チャートも大きな流れはユーロ買いで、これが崩れない限りは
ユーロ買いスタンス。

イベント待ち

テーマ: 独り言

田向宏行

まだアジア時間だからか、今夜のBOEとECBの金融政策発表を控えてか、
マーケットは膠着していて、方向感もない。
先ほどはポンドが買われ、ポンドドル上昇、ユーロポンド下落で、
ここからユーロが売られる展開になるかと思ったが、これも動きそうにない。
昨夜のドイツ財務相の発言などもあり、この後の欧州時間に注目か。

ユーロの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日ギリシャについてネガティブなニュースもありユーロは下落。
ユーロドル、ユーロスイス、ユーロポンド、ユーロ円など、軒並み下げたが、
その後少し回復してきている。
しかし、まだ下方向への動きが強そうで、積極的に買えるとは思えない。
まずはユーロドルが先週の高値1.4640付近を上抜けていかないと、
ユーロは弱いままと思っているが、売るタイミングでもなく、
このレベルからどちらに行くか様子見。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロポンドが昨日安値を割り込み下落。
ユーロドルも1.46を割り込み、昨日安値に向けて下落中。
ユーロ円は既に昨日安値を下抜け、ユーロスイスも下落し、
ユーロが売られる展開だが、まだ本格的なユーロ売りとは思えない。
明日のECBを控えての調整かもしれない。

ドル円下落

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が下落し、再び79円台。
5月5日の安値79円55付近に注目。
NYダウ先物の下落で、円が買われているのか。
現在は79円75付近。
ドル円、クロス円は下方向。

スイスフラン

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日売られたスイスフランが、今日は買われる兆し。
ドルスイス、ポンドスイス、ユーロスイスはもう少し下げたら
短期も下への動きが明確になりそう。
大きな流れはスイスフラン買いなので、昨日は戻りだったかも。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

明朝に日本の国際収支の発表を控え、円の動きを再確認。
ドル円はあまり動いていないが基本的には下方向。
ポンド円は下向きから本日上昇したが、まだ上向きとは言えず方向感ない。
ユーロ円は本日も上昇し、上方向。
豪ドル円は方向感ないなか、ドル円と同様に下方向。
スイス円は本日下落したが、基本的にはまだ上方向。
円が主として買われたり売られたりしているのではなく、
ペアの通貨の強弱で動いているという認識。

日本の国際収支

テーマ: 独り言

田向宏行

明日の午前8時50分に、日本の国際収支(経常収支・貿易収支)の発表があります。
震災の影響で前回より黒字が大幅に減る、または赤字になる見通しで、
これをきっかけに円売りとなる可能性もあり、注意したいと思います。

スイス売り

テーマ: 独り言

田向宏行

スイスフランが売られています。
これまでずっと買われて来ましたが、ここで小休止。
ドルスイス、ポンドスイス、ユーロスイスは前日高値を越えて上昇。
本日発表のスイスの消費者物価が横這いで、
利上げ期待が薄れたのかもしれません。
しかし、ここまでのスイス買いの大きな流れが簡単変わるとも思えず、
これが調整なのか、本格的転換の兆しか、少し様子見したいと思います。

RBA

テーマ: 独り言

田向宏行

RBAは政策金利を据え置き、年4.75%を維持。
「現在の適度に引き締め的な金融政策が依然適切」とし、
マーケットは豪ドル売りとなり、AUDUSDは昨日安値も下抜け。

ポンドの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

インヴァスト証券でキャンペーン中のポンドですが、
ポンドは弱く、ドルに次いで売られやすい。
ユーロポンドは上昇、ポンド円、ポンドスイスは下落方向、
ポンドドルは上向きだったが方向感がなくなってきている。
木曜にBOEの金融政策発表も控え、動く可能性もあると考える。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

どっちへ行くか迷っている様子。
流れはドル売りユーロ買いと考えるが、金曜日に上がり過ぎていて、
1.45前半ぐらいまでの戻しがあっていいと考えている。
しかし、金曜もそう思っている以上に買いが強く上昇したので、
流れは上と考えつつ、しっかり動き出してからでないと乗りにくいか。

行き過ぎ

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜日はマーケットが大きく動きましたが、
今朝の状況は売られ過ぎ、買われ過ぎのレベル。
このためアジア時間を中心にどの通貨も戻りの動きになりやすく注意したい。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

この時間、ドル円・クロス円が下げているが、円買いではなく、
ドル売り、ポンド売りなどによるものと思われる。
このため、ユーロは堅調なため、ユーロ円は下がらず。
この後、ユーロドルが上昇するようだと、ユーロ円も上昇の可能性。
当面は円の動きは円買いではなく、ペアの通貨次第という感じ。

ドルスイス

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りの流れの中、ドルスイスは一昨日史上最安値を記録。
売られ過ぎたため、昨日と今日は膠着して動いていない。
流れはドル売りであるため、雇用統計の結果によっては、
さらに一段の下落が考えられる。
一昨日の売られ過ぎはこの2日の膠着でほぼ解消されているので、
雇用統計をきっかけに戻し始めたら、0.87ぐらいまでの調整になるかもしれない。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日のギリシャ関連ニュースの安心感から、ユーロが全面的に買われた。
ドル売りの流れに、ユーロ買いも加わり、ユーロドルは1.45台をつけた。
現在は1.45手前で膠着しているが、買われ過ぎのレベルにあり、
1.44ぐらいまでの戻りは考慮すべき範囲。
今夜の雇用統計の結果ではこのレベルまで戻すか、
逆に跳ねると1.46への動きになりそう。

ユーロとスイス

テーマ: 独り言

田向宏行

明日に雇用統計を控えてか、昨日少し動いたためか、方向感がない。
テーマが見つけにくいマーケットで、ユーロとスイスが比較的に買われている。
一方、ドルとポンドが売られ、円も弱い。
ここからは明日の雇用統計を控えて動きが鈍くなりそうで、
深追いしない方がよさそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日から下方向が明確となり下落。
本日は一旦81円30付近まで戻したが、
流れが下方向なので、現在は再び80円60に向かっている。
昨日下抜け出来なかったこのレベルを下抜けるかに注目。

スイスフラン

テーマ: 独り言

田向宏行

方向感のないなか、明確な流れができているのがスイスフラン。
4時間チャートでは虹の流れが明確で、スイスフラン買い。
ドルスイス、ユーロスイス、ポンドスイスは下落、スイス円は上昇。
昨日少し大きく動いたので若干の調整はあるかもしれないが、
安心して取り引きできるのはスイスフランだけかもしれない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

直近は売られ過ぎて戻しもあるが、流れは徐々に下方向。
80円60付近を下抜けると、80円15付近、
そしてレンジの下限79円50付近が目標か。
円が買われているわけではないので、動きは緩やかになりそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

注目の1.4440をつけたが、欧州時間前で続かず。
このあとADPでのドルの動き次第だが、少し買われすぎレベルなので、
1.43前半への戻りもありそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日はムーディーズの格下げ見通しに反応して円安に動いたが、
それでも81円後半までで1円程度。
大きな流れはドル売り・円買いで、下方向だが、強くはない。
直近も下げており、ドル円は下方向の可能性が強いが、
円買いが強いわけではないので、方向感は弱く、円は取引しにくい。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【田向宏行】2011年06月