ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【コロフ】

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きで、小動きとなっています。狭いレンジでの動きで、方向感の見えにくい状況です。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きです。バンド幅は比較的狭い状況ですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、目先はまだどちらにバンドブレイクするかは判断しにくいところです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。上昇の勢いが強かったので、あっさり天井打ちといった動きになる可能性はありそうです。一方、中期線は上昇基調で、そろそろ高値圏に入りそうです。中長期的にはしっかりとした動きが意識されそうで、底堅い動きとなるでしょう。短期線が天井打ちとなるかどうかによるところではありますが、仮に一時的に売り圧力が強まっても、底堅い動きが意識されそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きで、方向感の見えにくい状況となっています。バンド幅が縮小傾向であり、市場にはエネルギーが蓄積されてきており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要といったところです。ただ、まだどちらに動くのかが見えにくいところであり、動き出すのを待つといったところではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。高値圏から外れてきており、目先は売り圧力が強まりやすい状況となっています。一方、中期線は上昇基調です。上昇の勢いが落ちてきているのは気がかりですが、そろそろ高値圏に入っていきそうで、中長期的には底堅い動きが展開されやすい状況です。短期線の動き次第ではありますが、先行きに関してはしっかりとした動きが意識されやすく、上値を追いやすい状況ではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きで中心線を割り込む動きを見せましたが、バンドの下限までには至らずに中心線まで押し戻す動きを見せています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、方向感は見えにくい状況です。とりあえずはレンジ圏での動きが意識されるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。短期的には売られやすい地合いです。一方、中期線は高値圏での動きから下落したものの、底堅い動きが展開されています。これの方向感にもよりますが、目先はまだ下値の堅い動きが意識されやすい状況ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、中心線で一時支えられたものの再度下落して下限まで到達しています。下限では支えられており、レンジ圏での動きが意識されています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きとなっており、基本的には方向感の見えにくい展開となりやすいところです。ただ、バンド幅は比較的狭いので、上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏での動きです。下落の勢いが強かったのであっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は天井打ちから下落しての動きです。中長期的には上値の重い展開が意識されそうで、一時的に押し戻す動きがあっても上値の重さが意識されるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から押し戻し、中心線を意識しての動きとなっています。上値の重さが意識された場面もありましたが、目先は中心線を挟んでの横ばいです。方向感の見えにくい動きが展開されています。バンド幅は緩やかに縮小しています。市場には徐々にエネルギーが蓄積されてきている状況ですが、まだ様子見ムードといった状況です。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇基調です。上昇の勢いが弱く、まだ高値圏には到達していません。短期的には底堅い動きが展開されやすい状況です。一方、ちゅき線は上昇基調が腰折れする流れとなっています。中立水準を意識しての動きであり、方向感の見えにくいところですが、このまま下落ということになれば中長期的には上値の重い展開となるでしょう。全体的に動きが鈍く、やはり様子見ムードが意識されやすい局面ということができそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしての下落基調です。バンドの上下限中心線は下落基調であり、トレンドそのものが下向きとなっています。ただ、形としては大きな動きにはなりにくいので、現状のバンドブレイクはやや行き過ぎではないかとみています。一時的には押し戻すものの、上値の重さが意識されるといった動きになるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。下落の勢いが強かったので、あっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。ただ、中期線は下値圏での動きであり、中長期的には売り優勢の局面です。一時的に持ち直す動きを見せたとしても、再度上値を抑えられ、戻り売り圧力が強まるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きが意識され、中心線まで下落し、そこから持ち直す動きとなっています。再度バンドの上限まで上昇する可能性が高そうです。バンド幅は縮小傾向に入っており、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。ただ、目先はまだ大きな動きにはなりにくいのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。上昇の勢いはかなり強い状況で、そろそろ高値圏に入っていきそうです。そこからの動きに注目が集まるところではありますが、上昇の勢いが強い時は意外とあっさり天井打ちといった動きになることも多いので、その点は頭に入れておきたいところです。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配からじり安ですが、まだ中長期的には下値の堅さが意識されやすいところではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線付近から下落して下限を意識しての動きです。ただ、下限では持ち直しており、レンジ圏での動きが意識されてきています。バンドの上下限中心線も横ばい基調であり、大きな動きにはなりにくい状況ということができるでしょう。目先は下限からの戻りであり、まずは中心線まで上昇する展開となりそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下落の勢いはかなり強いところですが、まだ多少の下値余地を残しています。一方、中期線は上昇基調でしたが、目先はやや上値の重さが意識されています。中立水準を意識しての動きであり、ここからの方向感に注目といったところでしょう。目先は支えられていますが、上値の重さが意識されやすい状況となっています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線付近で支えられて持ち直す動きとなっています。現状はバンドの上限まで上昇しており、ここからさらに上値を拡大することができるかどうかに注目が集まります。バンドの下限がほぼ横ばいでの動きとなっていることもあり、一時的には調整の動きが入る可能性もありそうです。ただ、下限が下落する展開となったら、一気に上値を拡大する展開が意識されるので、その点は頭には入れておきたいところです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。ただ、中立水準で持ち直す動きとなっています。再度高値圏に入っていきそうで、短期的にしっかりとした動きが展開されそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的に買い優勢の展開であり、底堅い動きとなりそうです。短期線の動き次第では一時的に調整の動きが入る可能性はありそうですが、押し目買い優勢の流れということができそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです、バンドブレイクからの動きでしたが、目先は押し戻す動きもみられており、横ばいでの動きです。バンドの上限も横ばいへと変化しており、流れとしては調整の動きが意識されやすくなってきています。ただ、ここから上値の重い展開となれば、再度売り圧力が強まる可能性が高まるので注意が必要です。流れとしてはレンジ圏での動きが意識されやすくなってきていますが、頭には入れておきたい動きです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。底打ち気配が見えており、このまま上昇基調を強めれば持ちなす可能性が高まるでしょう。一方、中期線は下落基調となっています。下値圏に入っており、中長期的には売り優勢の流れです。一時的には戻す可能性が高まりつつありますが、上値の重さが意識されやすく、バンドの中心線では抑えれられるのではないかとみています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きから下落し、バンドの下限を意識しての動きとなっています。バンドブレイクからバンドウォークが意識されています。バンドの上限は上昇基調となっており、バンド幅の拡大を伴いながらの動きです。ここからさらに下値を拡大する可能性も高いのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下落基調で下値圏に入っています。下落の勢いが強いので、あっさり底打ちといった可能性もありそうです。一方、中期線は天井打ちから下落となっています。下落の勢いがつよまっていますが、まだ下値余地を残している状況です。短期線の動き次第ではありますが、基本的には売り優勢の状況であり、さらに下値を拡大する可能性が高そうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きが展開され、目先は中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅は緩やかに縮小傾向であり、徐々に市場にはエネルギーが蓄積されてきています。ただ、まだ方向感の見えにくい状況は続いており、中心線を抜けて下限まで下落するかどうかにまずは注目でしょう。まだ大きな動きにはなりにくいのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。ただ、目先は中立水準を挟んでの動きとなっており、やや珍しい動きです。方向感が見えにくいため、目先は様子見ムードといったところでしょう。短期線の方向感を見定めてからの対応となりそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配がありますが、中長期的には底堅い動きが意識されやすいでしょう。一時的にはバンドの上限まで押し戻す可能性は高そうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きです。戻りの弱さが意識されていましたが、目先はバンドの中心線まで押し戻しています。ここで抑えられるかどうかに注目といったところではないでしょうか。バンド幅は縮小傾向で、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。目先はまだ大きな動きにはなりにくそうですが、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇基調でしたが、高値圏に入る前に横ばいでの動きとなっています。これが再度上昇して高値圏に入っていくのか、下落するのかで短期的な流れが変わってきそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。中長期的には売り優勢の流れであり、仮に短期線が上昇しても上値は抑えられそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落する動きとなっています。中心線を抜けており、下限を意識しての動きとなってきています。バンドの下限をブレイクするかどうかどうかに注目が集まりそうです。バンド幅が狭い状況ですので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要です。現状では下限をブレイクしての動きとなる可能性が高そうで、バンドの上限の動きに注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下落の勢いは強いものの、まだ多少下値余地を残しています。一方、中期線も天井打ちから下落しています。高値圏から外れてきており中長期的には上値の重さが意識されやすい状況となっています。短期線の動き次第ではありますが、やはりバンドの下限をブレイクして下値を拡大する可能性が高いのではないかとみています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きです。バンド幅が狭い状況での動きが続いており、狭いレンジの中を動いています。市場にはエネルギーが蓄積されていますが、まだ方向感の見えにくい状況であり、様子見ムードといったところでしょう。バンドの上下限での動きには注意する必要がありそうで、バンドブレイクからバンドウォークといった動きになる可能性もあるでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。一時持ち直したのですが、目先は下落基調です。まだ下値余地を残しているので、流れとしては売り優勢といったところです。一方中期線は上昇して高値圏での動きです。中長期的には底堅い動きが意識されやすい局面です。短期線の戻りがあるかどうかといったところですが、徐々に下値の堅さが意識され、上方向に動きやすい状況といえそうです。ただ、バンド幅が狭い局面はRCIが効きにくいこともあるので、その点は頭の片隅に入れておいた方が良さそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で支えられて上昇したものの、上限で抑えられて再度下落する動きとなっています。やや荒っぽい動きですが、基本的にはバンドの上限と中心線で挟まれたレンジを意識しての動きとなっています。バンドの上下限中心線は上昇基調にあり、トレンドとしては上向きといったところではないでしょうか。中心線で支えられるかどうかが目先のポイントとなりそうですが、底堅い動きが意識されるのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。高値圏から外れてきており、目先は売り優勢の流れということができそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。中長期的には買い優勢の流れが意識されそうであり、一時的に下落する流れとなっても、底堅い動きが展開されるのではないでしょうか。短期線の下落の勢いも強いので、意外とあっさり底打ちといった動きになってもおかしくはなさそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、中心線まで上昇したものの、そこから上値の重さが意識される状況となっています。再度バンドの下限まで下落する可能性はありそうです。バンドの上限は下落し、下限は横ばいとなっています。バンド幅の縮小傾向が意識されており、市場には徐々にエネルギーの蓄積が意識される状況です。ただ、まだ方向感の見えにくいレンジ圏での動きが意識されそうで、様子見ムードが強まりそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇していましたが、高値圏に入る前に腰折れ気味の展開です。このまま下落するのかどうかに注目が集まりそうです。一方、中期線は下値圏での動きであり、中長期的には上値の重さが意識されやすい状況です。売り圧力が強まりやすい状況であり、まずはバンドの下限まで楽する可能性が高いのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークが展開されています。バンドの下限も下落基調であり、バンド幅の拡大を伴いながらの動きです。やや上限からの乖離が大きくなってきているのでその分の調整が入る可能性はありそうですが、現状においては基本的に買い優勢の流れでバンドウォークが維持されるのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これが高値圏での動きを維持するのか、天井打ちから下落となるのかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は底打ちから上昇となっています。まだ上値余地を残しており、中長期的には底堅い動きが意識されるでしょう。短期線の動き次第ではありますが、バンドブレイクが意識されていることを考えると、上値を拡大しやすい状況ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの下落基調が継続する展開です。バンドの下限まで下落し、ここからの動きに注目といったところでしょう。バンドの下限はやや下落基調でsづが、上限はほぼ横ばいであり、バンドブレイクからバンドウォークといった動きになるかは不透明なところです。バンドの上限の動きに注意が必要ですが、目先は押し戻される可能性も高いでしょう。

RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいです。これが横ばいでの動きを維持するのか、底打ちから上昇となるかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は天井打ちから下落基調となっています。高値圏からは外れてきていますが、まだプラス圏での動きです。一時的には買い支えられる可能性もありそうで、バンドの中心線までは押し戻す可能性が高いのではないかとみています。ただ、上値の重さは意識されるでしょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられて下落し、バンドの下限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンドの上限は上昇基調にあり、バンド幅の拡大を伴いながらの動きとなっています。ここからさらに下値を追う可能性もあるので注意が必要でしょう。バンドの上限の動きに注意しながらの対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での横ばいです。これが底打ちから上昇となってこない限りは売り圧力が意識されるでしょう。一方、中期線は上昇基調から中立水準前後の水準で腰折れし、下落する流れとなっています。そろそろ下値圏に入っていきそうで、流れの悪さが意識される状況です。仮に短期線が底打ちしても戻りは一時的で上値の重い展開となりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きです。方向感の見えにくい状況が続いていましたが、ここにきてやや売り圧力が強まっています。バンド幅は縮小傾向であり、目先は大きな動きとはなりにくい状況です。ただ、市場にはエネルギーが蓄積されてきていますので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落しています。下落の勢いは強いもののまだ下値余地を残しているところです。短期的にはまだ売られやすい状況ということができそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ちからじり安となっていますが、中長期的にはまだ底堅い動きが意識されやすいのではないかと思っています。目先は売り優勢ながら、積極的に売り込む流れにはなっていないといった展開かと思われます。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられて下落する動きとなっています。目先バンドの下限まで下落しており、ここからバンドブレイク、そしてバンドウォークとなるかに注目です。バンドの上限が横ばいとなっており、まだ大きな動きにはなりにくい状況です。バンドの上限の動きに注意しながらの対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落し、下値圏での動きです。下落の勢いが強かったのであっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は下落基調です。一時持ち直す場面もあったのですが、再度下落しての動きです。上値の重さが意識されそうですが、短期線の動き次第で一時的に持ち直し、その後再度上値を抑えられるといった動きになる可能性が高いように思われます。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限と中心線で挟まれたレンジでの動きとなっています。下値の堅い動きではありますが、バンドの上限をブレイクしての動きといった展開にはまだなりにくいところです。バンドの下限が横ばいであり、この動きに注目といったところでしょう。目先はレンジ圏での動きが継続しそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していましたが、中立水準で持ち直し、再度高値圏での動きとなっています。上値余地はほとんどない状況ですが、高値圏での動きが維持されるか、天井打ちから下落するかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は高値圏での横ばいです。中長期的には底堅い動きが意識されそうで、仮に短期線が天井打ちから下落となっても押し目買いの流れが強まりそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです。バンドウォークが意識される展開です。バンドの上限が上昇しており、バンド幅の拡大を伴いながらの動きとなっています。ここからさらに下値を拡大する可能性があります。バンドの上限の動きに注意しながらの対応となりそうです。ただ、一時的に調整の買戻しが入っても、トレンドは下向きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。これが底打ちするかどうかがポイントになりそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。まだ多少下値余地がありますが、現段階でも中長期的に見て上値の重さが意識されやすい状況であり、短期線が底打ちから上昇となっても、上値を抑えられやすい状況ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きで、狭いレンジが意識されている状況です。方向感は見えにくいところで、目先は様子見ムードが意識されるのではないでしょうか。バンド幅は比較的狭い状況ではありますが、市場にはそこまでエネルギーが蓄積されているといった雰囲気はありません。バンドの上下限中心線もほぼ横ばいであり、方向感の見えにくい状況ということができそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下値圏に入りそうで、売り圧力が意識されています。一方、中期線は下落基調です。中長期的にも上値の重さが意識されやすい状況となっています。短期線の動き次第ではありますが、底打ちから上昇となっても一時的な戻りで、上値の重い展開が維持されるのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きです。バンドウォークといった動きになっていますが、バンドの上限はじり安基調であり、ここからさらにバンドウォークといった動きになるかは不透明です。バンド幅は拡大している状況であり、一時的には持ち直す可能性も高いでしょう。ただ、トレンドは下向きであり、一時的に戻りがあっても上値は重いでしょう。

RCIで見ると、短期線は下値圏での動きです。下値圏での横ばいから下落に転じており、短期的な流れの悪さが意識されています。一方中期線は下落して下値圏での動きです。中長期的には売り優勢の流れであり、仮に短期線が持ち直しても戻り売り優勢の展開が意識されそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で支えられて上限まで上昇する動きとなっています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きであり、目先は大きな動きにはなりにくいところではあります。ただ、バンド幅は比較的狭く、バンドブレイクからバンドウォークといった動きになる可能性も十分にあるでしょう。現状はバンドの上限を意識しての動きですので、バンドの下限の動きに注意しておいた方が良いでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していましたが、中立水準で持ち直しの動きを見せています。ここから高値圏へと突っ込んでいくのかに注目です。現状の動きから考えると、短期的には買い優勢といったところです。一方、中期線は上昇して高値圏での動きです。しっかりとした動きが意識されており、中長期的にも底堅い動きが展開されやすいでしょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしてのバンドウォークとなっています。バンド幅の拡大基調が意識されており、さらに下値を拡大する可能性が高まっています。バンドの上限の動きに注意しての対応ということになりそうです。現状はやや行き過ぎ感があるので若干の持ち直しはあるかもしれませんが、基本的には売り優勢の局面と言えそうです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。目先下落基調は継続しており、売り優勢の展開といったところです。一方、中期線は下落しての動きです。まだ中立水準が意識されており、下値余地を残しています。中長期的にも上値の重さが意識されそうで、かりに短期線が底打ちから持ち直しても戻り売り圧力に上値を抑えられるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し基調が継続する動きです。--1σや中心線で抑えられる場面もありましたが、現状は上限を目指しての動きです。バンド幅は縮小傾向にあり、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。目先はまだ大きな動きにはなりにくそうな状況ですが、上限を意識しての動きとなった場合はバンドブレイクからバンドウォークといった動きになる可能性がありますので、その点は十分に注意しての対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。一時横ばいでの動きとなりましたが、目先はさらに上値を追う動きとなっています。短期的にしっかりとした動きが継続する局面です。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ちから上昇基調となってきていますが、まだ上値の重さも意識されやすい状況ということができそうです。短期線が天井打ちから下落となれば、バンドの上限で抑えられるといった動きもありそうで、短期線の方向感に注目してみていきたいところです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線から下落し、下限を意識しての動きとなっています。バンド幅が狭い状況であり、ここからバンドブレイクそしてバンドウォークといった動きとなる可能性もありそうです。ただ、目先バンドの上限の動きが横ばいからじり高であり、これが上昇の勢いを強めてこないと大きな動きにはなりにくいでしょう。横ばいでの動きとなった場合はバンドの下限で支えられる動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での動きです。底打ち気配がありますが、方向感としてはまだ上値の重さが意識されやすい状況でしょう。これの上昇の勢いがつよまるかどうかに注目です。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的には売り優勢の流れであり、仮に短期線が持ち直しても戻り売り優勢の展開となるのではないかとみています。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧