ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【コロフ】

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクして、そこからバンドウォークとなっています。バンド幅の拡大基調が強まっており、さらに上値を拡大する可能性が高まっています。現状はバンドの上下からの乖離も大きくなってきており、一時的な調整が入る可能性はありますが、バンドの下限の下落基調が継続する限りバンドウォークは維持されそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。これがこの水準を維持することができれば買い優勢の展開は続くでしょう。一方、中期線は底打ちから上昇となっています。プラス圏に浮上してきており、このまま高値圏まで上昇するでしょう。中長期的には底堅い動きが意識される状況であり、仮に短期線が天井打ちから下落となっても、調整は一時的で押し目買い勇勢の流れとなるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、一時中心線で支えられる動きを見せたが、再度下落してバンドの下限まで下落しています。ここをブレイクするかどうかに注目が集まる状況です。バンド幅は縮小傾向で、市場には徐々にエネルギーが蓄積されてきています。ただ、まだバンド幅はそこまで縮小していないので一時的には支えられるのではないかとみています。とはいえ、上値の重い展開は続きそうです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での推移です。下落の勢いはそれなりに強かったので、底打ちも早い可能性はありそうです。一方中期線は天井打ちから下落です。高値圏から外れてきていますが、まだプラス圏での動きです。一時的には調整の買いが入ってもおかしくはないのではないかとみています。ただ、徐々に戻り売り圧力が強まりそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きから上限まで上昇する動きとなっています。バンド幅は緩やかに拡大しており、ここからさらに拡大していけばバンドブレイクそしてバンドウォークといった動きになっていくでしょう。ただ、現状の下限の動きはそういった動きにはなっていません。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。これがこの水準を維持するか、天井打ちから下落となるかで流れが変わってくるでしょう。一方、中期線は底打ちから上昇となっています。下値圏からも外れてきており、中長期的には底堅い動きが意識されそうです。ただ、まだマイナス圏での動きですので、一時的には調整の動きが入ってもおかしくはないでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、一時バンドの中心線で支えられ撃動きを見せましたが、そこから再度下落となり、目先バンドの下限まで下落しての動きです。バンド幅は縮小傾向であり、大きな動きにはなりにくくなっていますが、逆に市場にはエネルギーが蓄積されてきており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要といった展開となっています。

RCIで見ると、短期線は底打ちから持ち直しての動きでしたが、目先横ばいでの動きです。下値圏での動きが維持されてしまっており、警戒感の強まる状況です。これが下値圏での動きを維持するのか、再度上昇の動きとなるのかに注目です。一方、中期線は天井打ちから下落しての動きです。ただ、まだ高値圏での動きであり、下値を支える動きとなってもおかしくはありません。とはいえ、中長期的には徐々に上値の重さが意識されるのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し基調となり、一時中心線で抑えられる場面もありましたが、ここにきて一気に上限を目指す動きが展開されています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、現状ではレンジ圏での動きが意識されやすいところです。バンド幅はそこまで狭いわけではありませんが、一応バンドの上限での動きには注意しておいた方が良さそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇しての動きです。高値圏での動きであり、この水準を維持することができるかがポイントになりそうです。一方、中期線は底打ちから上昇しての動きです。下値圏から外れてきており、ここから上昇基調を維持することができるかに注目が集まりそうです。一時的な調整の入る可能性は残りますが、下値は徐々に堅くなっていきそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられ、下限を目指しての動きとなっています。上値の重い展開となっており、警戒感の高まる状況です。バンドの上下限中心線はじり安基調です。上値の重さは意識されやすい状況ということができそうです。バンド幅は縮小傾向にあり、目先は大きな動きにはなりにくいものの、市場にはエネルギーが蓄積されてきているだけに、注意は必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下値圏に入っており、ここでの動きを維持するのか底打ちから持ち直すのかで流れが変わってくるでしょう。下落の勢いが強かったので意外とあっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は底打ちからじり高となっています。とはいえ、依然として下値圏での動きですので、中長期的な上値の重さは意識されている状況です。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入っていたものの、中心線に届かずに再度持ち直しての動きです。バンドの上限を目指す動きとなっていますが、直近の高値に抑えられているといった状況です。目先はやや上値の重さが意識されていますが、バンドの上下限中心線は上昇基調であり、トレンドそのものは上向きです。一時的に調整の動きが入っても底堅い動きが意識されやすい局面であることを考えると、直近の高値を抜けてバンドの上限まで到達する可能性は高いのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇して高値圏に入っています。上昇の勢いがかなり強いのであっさり天井打ちといった動きになる可能性はありそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。上昇基調から横ばいでの動きへと変化していますが、中長期的に見れば下値の堅さが意識されやすい状況ということができそうです。短期線の動き次第ではありますが、一時的に調整が入ってもしっかりとした動きが意識されやすいのではないかとみています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整が入る動きとなっています。下値の堅さは意識されていますが、目先は売り優勢の流れでバンドの中心線を目指す動きとなっています。ただ、バンドの上下限中心線はじり高基調であり、トレンドそのものは上向きです。先行きに関してもしっかりとした動きが意識されやすいのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下落の勢いは強いものの、まだ下値余地を残しているため目先は売り優勢でしょう。一方、中期線は上昇基調で高値圏での動きです。上値余地は少ないものの、上昇基調を維持しているため中長期的には底堅い動きとなりそうです。目先は調整売りが意識されるものの下値は堅く、徐々に押し目買い優勢となりそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きで、中心線を抜けて下限を目指す格好となっています。バンドは幅縮小傾向で市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの下限をブレイクするかどうかに注目が集まるところです。ただ、現状はまだバンド幅は縮小を続けているため、大きな動きにはなりにくいところではあります。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しています。そろそろ下値圏に入っていきそうです。一方、中期線は天井打ち気配からじり安です。ただ、まだ高値圏での動きであり、中長期的には底堅い動きが意識されやすい状況です。徐々に上値の重さが意識されていくものと思われますが、短期線の下落の勢いも強く意外とあっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうで、やはりバンドの下限では一時的に支えられるのではないでしょうか。とはいえ、流れは下向きですので戻りを待って売るといった展開かと思われます。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きから上限まで上昇する動きとなっています。バンド幅は緩やかに拡大していますが、基本的にはレンジ圏での動きが目先は意識されそうな状況です。バンドの下限の動き次第では上限をブレイクしてバンドウォークといった動きになる可能性はありそうです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。これが高値圏を維持できるか、天井打ちとなるかで流れが変わってきそうです。一方、中期線は底打ちから上昇しての動きです。中長期的には買い優勢の流れであり、一時的に調整の動きが意識されても底堅い動きが意識され、押し目買い優勢の流れとなるでしょう。このままバンドウォークの可能性も頭に入れておきたいところです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしての動きがみられたものの、そこから持ち直して中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅が狭い状況であり、レンジの動きが意識されています。バンドの上下限中心線も横ばいで、方向感の見えにくい動きです。まずは上限まで上昇する可能性が高いのではないでしょうか。バンド幅が狭いので市場にはエネルギーが蓄積されているところであり、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要です。

RCIで見ると、短期線は下落基調から持ち直しの動きが展開されています。中立準付近での動きで、方向感が見えにくい状況です。一方、中期線は天井打ちから下落基調となっています。ただ、目先は下落の勢いが落ちています。いずれも中立水準付近の動きであり、わかりにくい形です。バンド幅が狭い状況でRCIの動きも不安定となっているだけに、目先は形が落ち着いてくるまでは様子見が無難ではないかと思われます。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きとなっています。基本的にはレンジの動きであり、方向感は見えにくい状況です。バンドの上下限中心線は横ばいでバンド幅は狭い状況となっており、市場にはエネルギーが蓄積されています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、目先は下限で支えられる動きが展開されています。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇です。ただ、目先は腰折れ気味で再度下値圏での動きとなっています。上値の重さが意識されやすい状況です。一方、中期線は天井打ちから下落となっています。中長期的に見れば上値の重さが意識されやすい状況です。ただ、バンド幅が狭い状況ではRCIが効きにくいことも事実ですので、その点は頭の片隅に入れておきましょう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きで、方向感の見えにくい状況となっています。バンドの上下限中心線は横ばいであり、バンド幅も狭い局面です。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、どちらに動くかはまだ何とも言えないといったところです。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での動きです。この水準を維持することができるかどうかがポイントとなりそうです。一方中期線は下落しての動き。中長期的には売り優勢の展開で、上値の重さが意識されるでしょう。短期線が天井打ちから下落となれば売り圧力が一気に高まりそうで、そうなった場合はバンドの下限をブレイクしての動きということになりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限で支えられる動きとなり、中心線を目指しての動きです。基本的には狭いレンジでの動きが意識されており、方向感は見えにくいところです。バンドの上下限中心線は横ばいであり、さらにバンド幅も狭い状況です。市場にはエネルギーが蓄積されてきており、バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要ですが、まだどちらに動くかは見えにくいところです。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での横ばいです。一方、中期線は底打ちからじり高基調です。下値圏からは外れてきており、徐々に下値を固めてくるのではないかとみています。短期線が中期線につれる形で底打ちから上昇となる可能性も高く、目先は買われやすい地合いでバンドの上限まで上昇となるのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きで、バンドブレイクからバンドウォークといった展開となっています。バンド幅も拡大基調であり、さらに上値を追う可能性もありそうです。ただ、目先はバンドの上限からの乖離が大きくなったこともあり、小幅に調整の動きが入っています。ただ、まだバンドウォークの継続の可能性は十分にあるので、安易な戻り売りは危険でしょう。バンドの下限の下落の勢いが落ちてきていますが、この方向感を見極めながらの動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線は下落基調から持ち直し、高値圏での推移です。横ばいでの動きとなっており、しっかりとした動きが意識されています。一方、中期線は底打ちから上昇しての動きです。高値圏に入っており、しっかりとした動きが意識されやすい状況ということができそうです。短期線の動き次第ではありますが、一時的に調整の動きが入っても、しっかりとした動きは意識されやすい局面ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落しての動きです。大きな動きではないものの、じり安基調が意識されています。バンドの上下限中心線は横ばいでの動きで、レンジ圏での動きが意識されやすいところです。ただ、バンド幅は比較的狭く、バンドの上限もしくは下限での動きには注意は必要でしょう。

RCIで見ると、短期線は下落して下値圏での横ばいです。これが底打ちから上昇となってこないと買い意欲は強まらないでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落しての動きです。高値圏から外れてきており、上値の重さが意識される状況となっています。短期線の底打ちから一時的に持ち直す場面もありそうですが、戻り売りに抑えられそうです。バンドの下限で支えられて持ち直すものの、中心線で抑えられるといったところでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから、一気に下限まで下落する動きです。バンド幅がかなり狭いので動きそのものは大きくはなっていませんが、バンドの下限をブレイクしている状況であり、ここからさらにバンドウォークとなるかどうかに注目が集まります。バンドの上限がまだ横ばいであり、バンドウォークとなるかどうかは不透明です。バンドの上限の動きに注意しながらの対応となりそうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇していましたが、目先は腰折れからの下落となっています。このまま下値圏に向けて下落するかどうかに注目が集まります。一方、中期線は底打ちから上昇していましたが、こちらも中立水準に届かずに腰折れ気味です。まだ下落基調が強まっているわけではないので、中長期的な方向感は見えにくいところですが、先行きに警戒感は強まります。バンドウォークとなってもおかしくない形ですので、安易な押し目買いは危険でしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きからじり高となっての動きです。バンド幅は狭い状況で、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要です。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、現状ではまだ方向感は見えにくいといったところかと思います。

RCIで見ると、短期線は上昇して高値圏での横ばいです。この動きを維持したらバンドの上限をブレイクする可能性もあるでしょう。ただ、中期線が天井打ちから下落となっており、中長期的にはやや上値の重さも意識されるところです。中期線の下落の勢いは若干弱まっており、この動き次第では上方向に動いてもおかしくはないのですが、今のところ戻り売り圧力に抑えられそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限からの調整の動きで、中心線を意識しての動きです。バンド幅は比較的狭いので、バンドの下限まで下落する可能性もありそうです。現状バンド幅が縮小傾向にあり、市場にはエネルギーが蓄積されてきています。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要でしょう。ただ、目先はまだ方向感の見えにくい局面ということができるでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下落の勢いはかなり強いものの、下値余地を若干残しての動きです。短期的にはまだ下値余地があるといったところでしょう。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配があるものの、まだ中長期的にみれば下値の堅さが意識されやすい状況です。一時的には下落するものの、バンドの下限などでは支えられる展開となるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きで、中心線を意識しての動きとなっています。バンドの上下限中心線が横ばいでの動きであり、レンジ圏での動きが意識されやすい状況ということができそうです。まずは中心線を突破できるかどうかといったところですが、一時的には抑えられる可能性も高そうです。ただ、いずれにせよ大きな動きには目先なりにくいのではないかとみています。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。上昇の勢いは強いものの、まだ上値余地を十分に残しています。目先は買い優勢の展開となりそうです。一方、中期線は下値圏での横ばいです。中長期的にはまだ上値の重さが意識されるでしょう。短期線の上値余地を考えると、バンドの中心線を突破する可能性もあり、そうなった場合はバンドの上限を意識しての動きが展開されそうですが、上値は重そうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きで中心線を目指しての動きです。調整の動きが意識されており、目先は売り優勢の展開が継続するのではないでしょうか。ただ、バンドの上下限中心線は上昇基調となっており、中長期的には下値の堅さが意識されそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。高値圏から外れてきており、目先は売り優勢の展開となりそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。天井打ち気配があるものの、中長期的には依然として下値の堅さが意識されやすい状況ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きとなっています。バンドの1σで支えられてからの持ち直しであり、上値を拡大する展開です。バンドの上下限中心線は上昇基調であり、大きな動きにはなりにくいもののトレンドは上向きです。現状はバンドの上限に到達しているので、一時的な調整の動きが入る可能性はありますが、下値は堅いでしょう。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落していましたが、中立水準で持ち直しの動きを見せ、再度上昇して高値圏に入っています。中期線は高値圏での横ばいであり、しっかりとした動きが展開されています。短期線の動き次第ですが、一時的に調整の動きが入っても、底堅い動きは維持されそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられて下限まで下落したものの、そこで支えられて再度中心線を目指す動きとなっています。バンドの上下限中心線が下落しての動きで、トレンドそのものは下向きということになりそうです。戻り売り優勢の局面であり、再度バンドの下限まで下落する可能性が高そうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇となっています。上昇の勢いが強いものの、まだ多少の上値余地があります。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配があるもののまだ上値の重さが意識されそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入り、中心線を抜けて下落する動きとなっています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、バンド幅も比較的狭い状況です。市場にはエネルギーが蓄積されてきていますが、まだ方向感が見えにくいところです。バンドの上限もしくは下限での動きには注意が必要かと思われますが、現状はまだ様子見ムードが意識されそうです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落しての動きです。下落の勢いは強いものの、まだ下値余地を残しています。短期的には売られやすい地合いということができそうです。一方、中期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配が見えており、中長期的には徐々に上値の重さが意識されやすくなっていくのではないでしょうか。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から押し戻す動きで、ひげでは上限にタッチしています。ただ、そこからは調整の動きが強まり、逆にバンドの下限にひげでタッチする展開となっています。ただ、バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、基本的にはレンジ圏での動きが意識されそうな局面です。市場にはエネルギーが蓄積されてきていますので、バンドの上限もしくは下限での動きには注意しておいたほうが良さそうですが、目先は方向感は見えにくいところです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇しての動きです。しかし、やや腰折れ気味であり、先行きに対する警戒感が意識されます。一方、中期線は下値圏からの持ち直しが意識されていましたが、こちらも腰折れしての動きで、再度下値圏をうかがう状況です。短期線の持ち直し基調が継続できるかどうかがポイントになりそうですが、上値の重さが意識されやすい局面ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直し、目先中心線を意識しての動きとなっています。バンドの上下限中心線が下落する流れでしたが、下限が横ばいへと転じており、バンド幅が縮小傾向となっています。下落トレンドが一服する展開であり、レンジ圏での動きが意識されやすくなるでしょう。ただ、現状はバンドの中心線で抑えられる可能性が高そうです。

RCIで見ると、短期線は上昇基調で高値圏に入っています。上昇の勢いはそれなりに強かったので、あっさり天井打ちといった動きになる可能性はありそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配はありますが、まだ中長期的には上値の重さが意識されやすい状況といえそうです。短期線の動き次第ではありますが、目先は買戻し一服から抑えられる可能性が高いのではないかとみています。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクし、そのままバンドウォークする流れとなっています。バンド幅は緩やかに拡大していますが、下限の動きが鈍く、この動き次第で今後の流れが変わってきそうです。まだじり安基調ですのでバンドウォークの可能性が高そうですが、持ち直す動きを見せれば一時的には調整の動きが意識されるでしょう。

RCIで見ると、短期線は下落基調から反転上昇となっています。高値圏に入る動きであり、買い優勢の展開です。上昇の勢いが強いのであっさり天井打ちとなる可能性はありそうです。一方中期線は底打ちから上昇となっています。下値圏から外れる動きであり、徐々に下値は堅くなっていきそうです。一時的には調整の動きが入る可能性はありますが、中長期的には買い優勢の展開ということができそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を意識しての動きから下落し、下限をブレイクしての動きとなっています。ここからバンドウォークとなるかどうかに注目が集まるところです。バンドの上限は横ばいとなっており、この方向感が重要となりそうです。これが上昇となればバンドウォークが意識されるだけに警戒が必要です。バンド幅も比較的狭いので可能性は十分にあるでしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇基調から一転下落しています。短期的には売り優勢の流れです。一方、中期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配が見えており、徐々に上値の重さが意識される状況となるでしょう。短期線にも多少の下値余地があるので、目先は売り優勢の展開となりそうです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を一気にブレイクしての動きから、行き過ぎに対する修正が意識されての動きです。バンドの下限は下落基調となっていましたが、下落の勢いが落ちています。とはいえ、バンド幅の拡大基調は継続しているので、目先の調整が一時的なものとなり、バンドウォークとなる可能性はありそうです。

RCIで見ると、短期線は上昇基調でそろそろ高値圏に入っていきそうです。一方、中期線は下落基調から反転する動きです。ただ、まだ上昇の勢いは弱く、先行きには予断を許さないところです。短期線の動き次第ではありますが、目先はまだしっかりとした動きが展開されるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と下限で挟まれたレンジを動く展開です。上値の重い展開であり、目先も中心線で抑えられて下限まで下落する動きとです。バンドの上下限中心線がじり安基調となっているので、下限をブレイクしての動きとなるかは不透明で、上限の動き次第ということになるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は下落しての動きで、下値圏に入っています。下落の勢いが強かったので、あっさり底打ちといった動きになる可能性もありそうです。一方、中期線は下値圏での動きです。底打ち気配もあるのですが、上昇の勢いが弱く、上値の重さが意識されやすい状況ということができそうです。一時的な戻りはありそうですが、上値は抑えられやすいでしょう。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧