ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】:2013年05月

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 31日の東京市場は、堅調にスタートした日経平均株価や月末の決済ニーズの円売りに、ドル円、クロス円は堅調なスタートとなたったが、その後日経平均株価が上げ渋ったこと、週末を睨んだポジション調整の動きから、売りに押された。 ドル円は101.28まで上昇後100.51へ下落、ユーロドルも1.3060から1.3017まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が132.07から130.88、ポンド円が154.23から152.72、オージー円が97.91から96.53、NZD円が81.92から80.69、カナダ円が98.26から97.20、スイス円が106.12から105.28まで値を下げた。 

ランド円が

テーマ: モノローグ

だいまん

9.78まで下落。 弱いGDPを受けて、緊急利下げの噂。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=97.20-98.50)
戦略としては、97.65-75と98.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.25-30超えでの倍返しから、ターゲットは98.35-40、98.45-50と利食いで、売りは98.55-65、98.70-90と順次売り場を探して、ストップは99.00-10超えで、99.25-30ではCapを見て売っても、ストップは99.35-40超え。 99.50-55はCapを見て売り直しても、ストップは99.65-70超え、99.85-90、99.95-05、100.15-20と売り直して、100.25-30超えがストップで、100.40-45での倍返し。ターゲットは100.55-70での利食い&売りのストップは100.75-90超えや101.00-05超えでの倍返し。ターゲットは101.15-20、101.50前後、102円前後と利食い優先で、売りは103.05-10や103.40-45がストップとなる。 一方下値は97.55-60、97.40-50、97.15-25と買い下がって、ストップは97.00-10割れでの倍返し。 ターゲットは96.80-90や96.65-75の動向次第。割れても96.45-55での買い戻し&買い。 ストップは96.25-30や96.15-20割れで、96.05-10、95.95-00の買いのストップは95.75-85割れでの倍返し。ターゲットは、95.50-65、95.30-40と買い戻しで、買いは94.90-00、94.70-75と買い下がって、ストップは94.55-60割れで、94.45-55での買い直しのストップは94.20-30割れで、94.00-10、93.85-90、93.60-65と買い直して、ストップは93.40-45割れで、93.15-30、92.75-80と買い下がって、ストップは92.60-65割れでの倍返し。ターゲットは92.25-30、91.70-80と買い戻し&買い下がって、ストップは91.35-40割れや91.05-15われで、90.85-95割れでの倍返し。(予想時レート: 97.85 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3100)
戦略としては、1.3025-35と1.3045-50のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクでの順張り。 ターゲットは1.3005-10や1.2995-00での買い戻しで、買いはこの位置から1.2970-75と買い下がって、ストップは1.2940-45割れで、1.2925-35は維持を見て対応。維持では買ってもストップは、1.2915-20割れでの倍返し。ターゲットは1.2895-00、1.2880-90と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2860-65、1.2845-55と買い下がって、ストップは1.2835-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.2815-25や1.2795-05の動向次第。割れても1.2785-90、1.2765-80では買い戻し優先から、慎重に買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 一方上値は1.3085-95を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りは1.3105-10まで売り上がって、ストップは1.3115-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3140-60での利食い&売りで、ストップは1.3175-85超えや1.3190-00超えでの倍返しも、ターゲットは1.3215-20や1.3220-30の動向次第。超えても1.3240-55での利食いとなるが、超えて再順張りも検討される。この場合のターゲットは1.3265-80、1.3290-95と利食いで、売りは1.3305-10、1.3330-35、1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。(予想時レート:1.3040 予想時間 15:20)

時間外の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均先物が13500円近辺まで下落。円買いが強まる。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

月末で、ロンドン・フィキシング(24時)でのフローの動向に注目されるが、

ドル円では、NYカットで行使価格が100.50-101.00に相当集中していると模様。 と言うわけで、23時までは、このゾーンからは離れられないかも?

ただ、逆にブレイクすると注意な動きとなる。

特にフィキシングがどちらかは、大きな注目。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

  昨晩の海外市場は、米1-3月期国内総生産(GDP)・改定値や週間新規失業保険申請件数、米4月住宅販売保留指数などの米経済指標が、軒並み市場予想を下回ったことで、ドル売りが優勢となった。
 ユーロドルは1.3062まで上昇後も高値圏を維持、ドル円は、「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、リスクと期待収益のプロファイル変更を検討している」という報道を受けて、株式や外債投資拡大期待から、101.80まで買い戻しされた後は、米長期金利の下落を受けて、100.59まで再下落となった。
 クロス円では、NYダウが一時の92ドル高から値を消したことで、高値圏からは調整気味。 ユーロ円が131.95から131.24、ポンド円が154.02から153.14、オージー円が97.95から97.28、NZD円が82.28から81.16の日中安値まで下落、カナダ円が98.16から97.55、スイス円は一時105.99の高値まで上昇した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:01 (英) 5月GFK消費者信頼感調査 (前回-27 予想-26)
08:30 (日) 4月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.9% 予想-0.7%)
08:30 (日) 4月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.5% 予想-0.4%)
08:30 (日) 4月有効求人倍率 (前回0.86 予想0.87)
08:30 (日) 4月失業率 (前回4.1% 予想4.1%)
08:50 (日) 4月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.6%)
08:50 (日) 4月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-6.7% 予想-3.4%)
10:00 (NZ) 5月ANZ企業信頼感(前回32.3)
10:00 (NZ) 5月ANZ企業活動見通し(前回30.3)
15:00 (独) 4月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.3%(-0.5%) 予想+0.2%)
15:00 (独) 4月小売売上高指数 [前年比] (前回-2.8% 予想+1.1%)
15:45 (仏) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.9% 予想+1.6%)
16:00 (スイス) 5月KOF先行指数 (前回1.02 予想1.07)
17:30 (英) 4月消費者信用残高 (前回+5億GBP 予想+4億GBP)
17:30 (英) 4月マネーサプライM4 [前年比] (前回+0.3%)
18:00 (ユーロ圏) 5月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.4%)
18:00 (ユーロ圏) 4月失業率 (前回12.1% 予想12.2%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(4月26日~5月29日)
21:00 (南ア) 4月貿易収支(前回 -78億ZAR 予想-98億ZAR)
21:30 (加) 第1四半期GDP [前期比年率] (前回+0.6% 予想+2.2%)
21:30 (加) 3月GDP [前月比] (前回+0.3% 予想+0.1%)
21:30 (米) 4月個人所得 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 4月個人支出 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 4月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.0% 予想+0.8%)
21:30 (米) 4月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
21:30 (米) 4月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.1% 予想+1.0%)
22:45 (米) 5月シカゴ購買部協会景気指数 (前回49.0 予想50.0)
21:45 (米) ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演
22:55 (米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回83.7 予想83.7)
石油輸出国機構(OPEC)総会
高島暦:「押し目買い方針の日。突っ込み安は後引き返す」

6/01(土)
10:00 (中) 5月製造業PMI(前回50.6)

6/02(日)
バーナンキFRB議長講演

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 30日の東京市場は、日経平均株価の軟調な動きを受けて、ドル売り、円買いが強まった。 ユーロドルは、1.2934から1.2986まで上昇、ドル円は101.54まで上昇後100.46まで値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が131.47から130.20、ポンド円が153.46から152.22、オージー円が97.92から96.93、NZD円が82.28から81.50、カナダ円が97.96から97.10まで下落、スイス円は105.44から104.70でもみ合い気味の推移となった。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=129.50-131.30)
戦略としては、130.30-35と130.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は130.85-95、131.05-10、131.20-30と売り場を探して、ストップは131.45-50超えや131.60-70超えでの倍返し。 ターゲットは131.80-00での利食い&売りで、ストップは132.10-15超えでの倍返し。ターゲットは132.25-30、132.55-60の動向次第。越えての再順張りも検討されるが、ターゲットは132.65-70や132.85-90の動向次第。超えても133.05-20、133.25-40と利食い&売り直して、ストップは133.80-85超えで、再度134円のCapでは売り直し。ストップは134.35-40や134.55-60に置いて、売り上がりとなる。 一方下値はストップは130.20-25や130.05-10割れで、129.95-00を割れでの倍返し。 ターゲットは129.80-85や129.55-60の動向次第。 割れてターゲットは129.30-35、129.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは、128.95-00割れでの倍返し。 このターゲットは128.85-95、128.75-80と買い戻し&買い下がって、ストップは128.35-40割れでの倍返し。(予想時レート:130.45 予想時間 16:15)

オージー

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

豪州1-3月期豪民間設備投資(季節調整済み、実質)が、市場予想を下回ったことで、一時豪ドルは売りに晒されるも、同時に発表されたた豪4月住宅建設許可件数が、前月比で9.1%増と市場予想を上回ったことで、急速に買い戻された。
 オージードルは、0.9583まで下落後、0.9668まで反発。前日の戻り高値に上値を押さえられた。
 オージー円は、97.04から97.89まで反発した。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

100.60まで下落。株価の軟調を受けたもの。

ただ、現状は両方とも一旦下げ止まりを見せており、焦点はどこまで反発的できるかとなる。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:45 (NZ) 4月住宅建設許可 [前月比] (前回-9.1%)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:30 (豪) 第1四半期民間設備投資 (前回-1.2% 予想+0.5%)
10:30 (豪) 4月住宅建設許可件数 [前月比] (前回-5.5% 予想+4.0%)
12:45 (日) 日本2年国債入札(2兆9000億円)
14:45 (スイス) 第1四半期GDP [前期比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
14:45 (スイス) 第1四半期GDP [前年比] (前回+1.4% 予想+1.0%)
15:00 (英) 5月ネーションワイド住宅価格(前回-0.1%)〔+0.3%〕 
16:00 (ユーロ圏) スペイン第1四半期GDP・確報値[前期比](前回-0.5%)
16:00 (ユーロ圏) スペイン第1四半期GDP・確報値[前年比](前回-2.0%)
17:15 (日) 中曽日銀副総裁、2013年国際コンファランスで開会挨拶
17:30 (香港) 4月小売売上高-価格 [前年比] (前回+9.8% 予想+14.1%)
18:00 (ユーロ圏) 5月消費者信頼感・確報 (前回-21.9 予想-21.9)
18:00 (ユーロ圏) 5月経済信頼感(前回88.6 予想89.0)
18:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
18:15 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁、ガスパル・ポルトガル財務相講演
18:30 (南ア) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.7% 予想+5.6%)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.0万件 予想34.0万件)
21:30 (米) 第1四半期GDP・改定値 [前期比年率] (前回+2.5% 予想+2.5%)
21:30 (米) 第1四半期個人消費・改定値 [前期比] (前回+3.2% 予想+3.2%)
21:30 (加) 第1四半期経常収支 (前回-173億CAD 予想-153億CAD)
23:00 (米) 4月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+1.5% 予想+1.5%)
24:00 (米) 週間原油在庫(前回-33.8万バレル)
01:30 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
米7年国債入札(290億ドル)
ブラジル中銀政策金利発表 
高島暦:「弱体日にして安き日。吹き値売り方針」

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が130.41、ポンド円が152.25、オージー円が97.06、NZD円が81.86、カナダ円が97.03、スイス円が104.42まで一時下落後、現在は買い戻し的。 
 

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

一時170ドル近い下落となったNYダウが買い戻し気味。 マイナス60ドル台まで反発している。

ドル円は、一時100.71の安値まで下落後、反発を101.18で限定。

ユーロドルは、1.2978の高値まで上昇後、1.2919へ値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=104.00-105.50)
戦略としては、104.55-65と104.90-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、105.15-20、105.30-35と売り上がって、ストップは105.50-55超えで、105.75-80超えの倍返しも105.85-90はCapを見て対応。 利食い&売ってもストップは106.20-25超え、106.35-40での売りのストップは106.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは106.75-90、107.05-10と利食い&売り上がって、ストップは107.15-25超えでの倍返し。一方下値は104.40-45、104.20-25と買い戻し&買い下がって、ストップは104.00-05割れや103.80-90や103.75-80割れでの倍返し。ターゲットは103.45-60での買い戻し&買いでストップは103.30-40割れ。 103.05-10の維持での買い直しのストップは102.85-90割れで倍返しも、ターゲットは102.35-45での買戻し&買いで、ストップは101.90-00割れで、101.70-75の買いのストップは101.50-55割れで、101.20-30での買い直しのストップは100.75-90割れでの倍返し。ターゲットは100.10-30での買い戻し&買いも、ストップは99.85-00割れでの倍返し。(予想時レート:104.80 予想時間 13:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2780-1.2910)
戦略としては、1.2845-55と1.2860-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合下値は1.2835-45割れをストップ、1.2815-25は維持を見て対応。買い下がってもストップは、1.2795-05割れで、再度1.2785-90、1.2765-80は慎重に買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 一方上値は1.2875-80超えでの倍返し。ターゲットは1.2905-15、1.2925-35と利食い優先から、1.2940-45まで売り上がって、ストップは1.2950-60超えでの倍返し。ターゲットは1.2975-80の動向を見る形。1.2990-00を超えて、1.3025-35での利食いで、越えての再順張りも検討されるが、ターゲットは1.3040-45や1.3050-55の動向次第。超えて1.3085-95を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りは1.3105-10まで売り上がって、ストップは1.3115-25超えでの倍返し。(予想時レート:1.2855 予想時間 13:00)

今後は

テーマ: モノローグ

だいまん

株が堅調なら、ロンドン初頭に向けて、水曜日のバリュー替わりに伴う、クロス円などのショート・カバーが出易いので注意。

すいません

テーマ: モノローグ

だいまん

PCの調子が悪く、全て昨日の夕方時間でアップされていたようです。

現在修正しました。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米5月リッチモンド連銀製造業景気指数や5月消費者信頼感指数が、市場予想を上回り、米長期金利が上昇したことで、ドル買いが優勢となった。 ただ一時214ドル高でスタートしたNYダウが、高値を消したことで、更なる動きとならなかった。 
 ユーロドルは、1.2950から1.2850まで下落、ドル円は102.50まで上昇後101.86まで一時値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が132.14まで上昇後131.17、ポンド円が154.62から153.48、オージー円が99.07から98.23、NZD円が83.04から82.49、カナダ円が99.01から98.07、スイス円が105.55から104.64まで、欧州通貨の下落に売りに押された。

日経平均は

テーマ: モノローグ

だいまん

180円高スタートも、その後34円安まで調整。

案外弱く、これに順じてドル円も102円ロウまでの調整。

上値は重くなるので注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:00 (日) 黒田日銀総裁講演
16:55 (独) 5月失業者数 (前回+0.4万人 予想+0.5万人)
16:55 (独) 5月失業率 (前回6.9% 予想6.9%)
17:00 (ユーロ圏) 4月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+2.6% 予想+2.9%)
18:00 (世) OECD(経済協力開発機構)「経済見通し公表」
18:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
18:00 (ユーロ圏) ガスパル・ポルトガル財務相「議会で演説」
18:30 (英) 英国債入札(2015年償還・17.5億ポンド)
19:00 (英) 5月CBI流通取引調査(前回-1 予想+3)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-9.8%)
21:00 (独) 5月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回-0.5% 予想+0.2%)
21:00 (独) 5月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.3%)
23:00 (加) 加中銀政策金利発表
02:00 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
日銀「市場参加者と意見交換会を開催」
EU「欧州委員会が年次政策提言」
米5年国債入札(350億ドル)
高島暦:「不時安をみせる日。戻り売りで駆け引きせよ」

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

連休明けのNYダウは、一時214ドル高まで上昇。

直近高値の15542ドルに20ドル程度足りない状況から失速。

現状は15390ドル程度まで値を下げた(83ドル安)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が132.14まで上昇後131.28、ポンド円が154.62から153.63、オージー円が99.97から98.36、NZD円が83.04から82.49、カナダ円が99.01から98.31、スイス円が105.55から104.69まで、欧州通貨の下落に一時売りに押された。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.2950から1.2853まで下落、ドル円は102.50まで上昇後101.97まで値を下げた。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン午前の動向は、時間外の日経平均株価や欧州株式市場が堅調となったことで、円が軟調推移となった。
 ドル円は一時102.30まで上昇、ユーロドルは、1.2896から1.2932での推移となった。
 クロス円では、ユーロ円が132.03まで上昇後、131.53まで値を下げ、ポンド円が154.41、オージー円は98.97、NZD円が82.99、カナダ円が98.80、スイス円が105.55まで一時上昇した。

南アGDP

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

弱いGDPを受けて、ランド円は一時10.45まで下落。

次回の利下げの可能性が高まっているので注意。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=97.50-99.00)
戦略としては、98.35-40と98.60-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.70-75超えがストップで、98.90-95、99.00-10、99.25-30と売り上がって、ストップは99.35-40超え。 99.50-55はCapを見て売り直しても、ストップは99.65-70超え、99.85-90、99.95-05、100.15-20と売り直して、100.25-30超えがストップで、100.40-45での倍返し。ターゲットは100.55-70での利食い&売りのストップは100.75-90超えや101.00-05超えでの倍返し。ターゲットは101.15-20、101.50前後、102円前後と利食い優先で、売りは103.05-10や103.40-45がストップとなる。  一方下値は98.25-30割れでの倍返し。 ターゲットは98.05-10、97.85-90、97.65-75、97.50-60と買い戻し&買い下がって、ストップは97.35-40や97.25-30割れでの倍返し。ターゲットは97.10-15の動向次第。維持では買いもどし&買いも、のストップは96.80-90割れや96.65-75割れで倍返しも、96.45-55での買い戻し&買い。 ストップは96.25-30や96.15-20割れで、96.05-10、95.95-00の買いのストップは95.75-85割れでの倍返し。ターゲットは、95.50-65、95.30-40と買い戻しで、買いは94.90-00、94.70-75と買い下がって、ストップは94.55-60割れで、94.45-55での買い直しのストップは94.20-30割れで、94.00-10、93.85-90、93.60-65と買い直して、ストップは93.40-45割れで、93.15-30、92.75-80と買い下がって、ストップは92.60-65割れでの倍返し。(予想時レート: 98.55 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ:

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=153.00-154.50)
戦略としては、153.70-75と154.10-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップが154.30-40超えでの倍返し。ターゲットは154.60-65の動向次第。 154.75-80を越えて、154.85-90、155.00-05、155.25-30と利食い&売り場を探して、ストップは155.55-60超えで、155.75-00での売り直しのストップは156.10-15超え、156.20-35、156.45-50と売り直して、ストップは156.55-60超えや、156.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは157円前後から利食い&売り場を探して、ストップは157.50-55超えとなる。 一方下値は153.45-50割れが倍返しとなるが、ターゲットは153.15-20、152.85-90と買い戻しで、買いは152.60-80、152.45-50と買い下がっても、ストップは152.35-40や152.25-30割れでの倍返し。ターゲットは152円前後、151.75-80や151.60-65の動向次第。割れて151.20-30での買い戻し&買いで、ストップは150.85-95割れや150.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは150.35-45の動向次第。割れて150.10-20まで維持を見て買い戻し&買い場を探して、ストップは149.95-00割れや149.85-90割れでの倍返し。ターゲットは149.50-65、149.35-40と買い戻しで、買いは149.10-20、148.85-90と買い下がって、ストップは148.60-65割れや148.50-55割れでの倍返し。(予想時レート:154.05 予想時間 15:35)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 28日の東京市場は、日経平均株価が、一時250円高まで反発。 堅調な推移となったことで、円の売り戻しが優勢となった。
 ドル円は、101.00から102.20まで上昇、ユーロドルは1.2938から1.2884まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が130.59から131.85、ポンド円が152.47から154.29、オージー円が97.28から98.65、NZD円が81.63から82.75、カナダ円が97.67から98.67、スイス円が104.83から105.54まで上昇した。(16:30現在)

東京午前は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

円が軟調な動きも、ドル円は102円台が維持できていない。

今後も株価次第だが、押し目はビッドが入りそう。

休み明けのロンドン勢が、再度円ショート構築に動くか注目される。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

12:45 (日) 日本20年国債入札(1兆2000億円)
12:45 (日) 宮尾日銀審議委員講演(日本外国特派員協会)
15:00 (スイス) 4月貿易収支 (前回+19.0億CHF(+18.9億CHF) 予想+20.0億CHF)
15:00 (独) 4月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.1% 予想-0.4%)
15:45 (仏) 5月消費者信頼感指数(前回84)
18:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
18:30 (南ア) 第1四半期GDP [前年比] (前回+2.1% 予想+1.7%)
18:30 (南ア) 第1四半期GDP[前年比](前回+2.5% 予想+2.2%) 
21:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
21:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
22:00 (米) 3月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+9.32% 予想+10.20%)
23:00 (米) 5月リッチモンド連銀製造業指数 (前回-6 予想-5)
23:00 (米) 5月消費者信頼感指数 (前回68.1 予想70.5)
23:00 (米) 5月ダラス連銀製造業活動指数(前回-15.6)
米2年国債入札(350億ドル)
高島暦:「高日柄なれど前日来高きは吹き値売り方針」

日経平均株価は

テーマ: モノローグ

だいまん

時間外の日経平均株価は、東京終値から450円近い下落の13690台まで下落後、14000円近辺まで一時値を戻した。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円では、ユーロ円が130.41から130.89、カナダ円が97.53から97.98で揉み合い気味。 ポンド円が153.09から152.50、オージー円が97.60から97.19、NZD円が81.92から81.48、スイス円が105.25から104.76まで一時値を下げた。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午後は、ロンドンやNY市場休場のため、ほとんど動意の出ない状況。


ドル円は、ロンドン初頭に時間外の日経平均株価が、下落を続けたことで、一時100.75まで下落後101.15へ反発。 

ユーロドルは、1.2949から1.2922での揉み合い推移。ポンドドルが1.5087へ値を下げ、ドルスイスが0.9648まで値を上げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 東京市場は、日経平均株価が一時500円超えの下落となったことで、円の下値は底堅い動きとなった。ドル円は101.30から100.80へ下落、ユーロドルは1.2916から1.2944での揉み合い的な推移となった。クロス円も上値が重く、ユーロ円が131.06から130.27、ポンド円が153.25から152.51、オージー円は97.71から96.98、NZD円が82.05から81.33、カナダ円が98.17から97.59、スイス円が105.30から104.80まで値を下げた。(14:30現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=104.20-105.50)
戦略としては、104.70-80と105.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は105.40-50と売り上がって、ストップは105.75-80超えで、105.85-90はCapを見て対応。 売ってもストップは106.20-25超え、106.35-40での売りのストップは106.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは106.75-90、107.05-10と利食い&売り上がって、ストップは107.15-25超えでの倍返し。一方下値は順張りまたは、104.55-65、104.40-45、104.20-25と買い戻し&買い下がって、ストップは104.00-05割れや103.80-90や103.75-80割れでの倍返し。ターゲットは103.45-60での買い戻し&買いでストップは103.30-40割れ。 103.05-10の維持での買い直しのストップは102.85-90割れで倍返しも、ターゲットは102.35-45での買戻し&買いで、ストップは101.90-00割れで、101.70-75の買いのストップは101.50-55割れで、101.20-30での買い直しのストップは100.75-90割れでの倍返し。ターゲットは100.10-30での買い戻し&買いも、ストップは99.85-00割れでの倍返し。(予想時レート:104.95 予想時間 14:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=130.00-132.00)
戦略としては、130.25-40と130.65-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、130.90-95と売り上がって、ストップは131.05-10超えや131.20-25超えでの倍返しもターゲットは131.45-50、131.95-00と利食い優先から売りはこういった位置から132.25-30まで売り上がって、ストップは132.55-60超えでの倍返し。 ターゲットは132.65-70や132.85-90の動向次第。超えても133.05-20、133.25-40と利食い&売り直して、ストップは133.80-85超えで、再度134円のCapでは売り直し。ストップは134.35-40や134.55-60に置いて、売り上がりとなる。 一方下値はストップは130.05-10割れや129.95-00割れでの倍返し。ターゲットは129.80-85や129.55-60の動向次第。 割れてターゲットは129.30-35、129.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは、128.95-00割れでの倍返し。 このターゲットは128.85-95、128.75-80と買い戻し&買い下がって、ストップは128.35-40割れでの倍返し。 このターゲットは128.20-25、128.05-10、127.85-00と買い戻し&買い下がって、ストップは127.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは127.50-55、127.30-40は維持をみて対応。 買ってもストップは127.15-25割れや127.05-10割れでの倍返し。 ターゲットは126.75-80の動向次第。維持では買戻し&買いも、ストップは126.40-45割れでの倍返し。 (予想時レート:130.65 予想時間 13:20)

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 株価を睨んであれた動きが続いてる。
 ドル円は100.80、ユーロドルが1.2916まで値を下げ、ユーロ円が130.27、ポンド円が152.51、オージー円が96.98、NZD円が81.33、カナダ円が97.59、スイス円が104.80まで値を下げた。
 日経平均株価は、一時585円安も現在は14260円(352円安)まで反発気味。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ロンドン市場休場(レイト・メイ・バンクホリデー)、NY市場休場(メモリアル・デー)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(4月26日分)
15:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
17:30 (香港) 4月貿易収支 (前回-491億HKD 予想-464億HKD)
アストロ:NY株変化日

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月27日 05:49
EURUSD 1.2934-39
USDJPY 101.01-08
GBPUSD 1.5131-41
USDCHF 0.9608-26
USDCAD 1.0302-11
AUDUSD 0.9641-44
NZDUSD 0.8098-03
EURJPY 130.63-80
GBPJPY 152.83-05
AUDJPY 97.39-50
NZDJPY 81.80-91
CADJPY 97.96-10
CHFJPY 104.96-14
ZARJPY 10.49-58
EURGBP 0.8541-53
EURCHF 1.2434-48

今週もよろしく!

テーマ: モノローグ

だいまん

週初は、あまり変わらないレベルでスタート。今週は月末のフローを睨んだ動きとなりそうです。

後は、株価次第かなあ。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月27日 05:00
EURUSD 1.2932-37
USDJPY 101.23-28
GBPUSD 1.5126-47
USDCHF 0.9609-25
USDCAD 1.0301-14
AUDUSD 0.9639-46
NZDUSD 0.8097-06
EURJPY 130.89-05
GBPJPY 153.14-42
AUDJPY 97.-57-72
NZDJPY 81.97-11
CADJPY 98.12-31
CHFJPY 105.21-35
ZARJPY 10.52-60
EURGBP 0.8573-52
EURCHF 1.2434-47

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円101.23-28 ユーロドル1.2932-37 ユーロ円130.89-05 ポンド円153.14-42 オージー円97.62-72

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一時下落が100.66まで拡大も、101円台を回復。

ユーロ円も130.09レベルまで一時下ヒゲを描いた。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時プラス圏を回復。 引き続き案外堅い動きが続いている。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

101円割れが定着しない。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス93ドル・スタート

ロンドン朝

テーマ: モノローグ

だいまん

  ロンドン初頭の動きは、日経平均先物が、ナイト・セッションで、一時500円超の下落となっており、円の買い戻しが再度進んでいる。
 リスク回避目的の売りが出たほか、高く始まった欧州株相場が下げに転じたことが相場の重しとなった。
 ドル円が101.18、ユーロ円が131.20、ポンド円が153.02、オージー円が98.05、NZD円が81.89まで下落した。

若干揉み合いのロンドン

テーマ: モノローグ

だいまん

ただ、ドル円はしっかりと102円台へ乗せられず。

今日は、アストロ的にNYダウの変化日。

更に明日は満月なので、引き続きリスク回避の動きに注意。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 24日の東京市場は、日経平均株価の乱高下を受けて、円相場も上下に激しく揺れる動きとなった。上昇してスタートとした日経平均株価は、523円プラスから501円マイナスまで下落後、128円高で引けた。
 ドル円は、102.59から101.08まで一時下落、ユーロドルは、1.2905から1.2958での推移となった。
 クロス円では、ユーロ円が132.51まで上昇後130.71へ下落、ポンド円が154.76から152.68、オージー円が99.41から97.93、NZD円が83.01から81.88、カナダ円が99.37から97.87、スイス円が105.64から104.61での推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=81.45-83.00)
戦略として82.00-05と82.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は82.70-80、82.90-00、83.00-10と売り場を探してストップは、83.20-30超えでの倍返し。ターゲットは83.35-40、83.55-60、83.80-00、84.10-20と順次利食い&売り場を探して、ストップは84.35-45越えで、倍返しもターゲットは84.50-55、84.60-70のCapでは利食い&売り直し、ストップは84.80-90超え、84.90-00超えでの倍返しも、85.15-20、85.30-45と利食いで、売りはこういった位置から85.55-60、85.70-95と売り場を探して、ストップは86.00-05超えや86.20-30や86.35-40超えが倍返しも、ターゲットは86.50円前後、87円前後とCapを見て利食い優先から、売っても、各々タイト・ストップで対応。 一方下値は、81.85-90割れがストップ&倍返し。 ターゲットは81.75-80、81.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは81.10-15割れで、81.00-10、80.85-90、80.65-70は買い直し場を探して、ストップは80.50-55割れや80.40-50割れで、80.25-40、80.10-15での買いのストップは79.95-00割れや79.85-90割れでの倍返し。(予想時レート: 82.05 予想時間 16:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=101.00-102.00)
戦略としては、101.40-50と101.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りから102.15-20での利食いで、売りは102.30-40と売り上がって、ストップは102.55-60超えで、102.70-80、102.95-05、103.15-30、103.35-40と売り上がって、ストップは103.55-60超えや103.70-75超えでの倍返し。 ターゲットは104円を前に上げ渋りでは利食い優先となる。売りは104.10-20-30での売り直しのストップは、104.50超え。 一方下値は101.20-30と買い下がって、ストップは101.05-10割れでの倍返し。 ターゲットは101円前後、100.80-85の動向次第。割れると100.70-75、100.45-55と買い戻しで、維持では買っても、ストップは100.30-35割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは100円前後の維持では買い戻しから、買いはこういった位置から99.70-80と買い下がって、ストップは99.45-50割れまたは、更に買い下がっても、ストップは99.25-30や99.15-20割れ。 98.90-00、97.70-80の買いなおしのストップは、98.65-70割れや98.55-60割れでの倍返し。ターゲットは98.35-40、98.25-30と買い戻しで、買いは98.15-20と買い下がって、ストップは97.95-00割れや97.80-90割れでの倍返し。ターゲットは97.60-65、97.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは97.15-25割れや、97.00-10割れでの倍返し。(予想時レート:101.60 予想時間 15:25)

東京午後

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価が、マイナス240円超えの下落となり、円買いが強まる。
ドル円は、101.17、ユーロ円が130.80、ポンド円が152.74、オージー円が97.93、NZD円が81.88、カナダ円が97.99、スイス円が104.66まで下落。 荒れた展開となっている。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場では、アジア時間での、強いリスク回避の動きからは、NYダウが下げを限定したことで、巻き戻しの動きが中心となった。 NYダウは一時130ドル近い下落スタートとなったが、その後発表された米新築住宅販売が良好だったことから、一時プラス圏を回復した。
 ドル円は102.05、ユーロドルは1.2957まで一時上昇、クロス円でも、ユーロ円が129.96から131.98、ポンド円が151.78から154.18、オージー円が97.32から99.50、NZD円が81.13から83.16、カナダ円が97.30から99.03、スイス円が104.04から105.45まで一時反発した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

シンガポール市場休場(ベサックデー)
07:45 (NZ) 4月貿易収支 (前回+7.18億NZドル)
11:55 (日) 黒田日銀総裁講演
15:00 (独) 第1四半期GDP・確報 [前期比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
15:00 (独) 第1四半期GDP・確報 [前年比] (前回-0.2% 予想-0.2%)
15:00 (独) 第1四半期個人消費 [前期比] (前回+0.1%)
15:00 (独) 6月GFK消費者信頼感調査 (前回6.2 予想6.2)
15:45 (仏) 5月企業景況感(前回88)
16:00 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
17:00 (独) 5月ifo景況指数 (前回104.4 予想104.5)
17:00 (独) 5月ifo景気期待指数(前回101.6 予想101.6)
17:00 (独) 5月ifo現況指数(前回107.2 予想107.2)
19:00 (独) ワイトマン独連銀総裁講演
20:30 (英) キングBOE総裁、カタイネン・フィンランド首相、リーカネン・フィンランド中銀総裁「討論会」
21:30 (米) 4月耐久財受注 [前月比] (前回-5.7%(-5.8%) 予想+1.7%)
21:30 (米) 4月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回-1.4%(-1.5%) 予想+0.5%)
21:30 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
00:45 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
高島暦:「前後場逆行して動く日」
アストロ:NY株変化日(5月27日まで)

05/25 (土)
アストロ:変化日(満月)

5/26 (日)
12:50 (日) 黒田日銀総裁講演

NYの動向

テーマ: モノローグ

だいまん

 海外市場では、アジア時間での、強いリスク回避の動きからは、NYダウが下げを限定したことで、巻き戻しの動きが中心となった。
 ドル円は102.05、ユーロドルは1.2957まで一時上昇、クロス円でも、ユーロ円が129.96から131.98、ポンド円が151.78から154.18、オージー円が97.32から99.50、NZD円が81.13から83.16、カナダ円が97.30から99.03、スイス円が104.04から105.45まで一時反発した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

23日の東京市場は、日経平均株価が、一時の300円高から、1143円安で引けたことで、リスク回避の動きが強まった。終値ベースでの下げ幅の大きさは東日本大震災後に福島第一原発事故の状況が危機的となった2011年3月15日の1015円安を上回った。
 ドル円は103.57から101.43まで大きく値を下げ、ユーロドルも1.2859から1.2822まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が132.86から130.22、ポンド円が155.59から152.54、オージー円が100.05から97.49、NZD円が83.29から81.30、カナダ円が99.69から97.69、スイス円が100.51から104.04まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=152.55-155.30)
戦略としては152.85-90と153.35-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、153.55-60超えでの倍返し。ターゲットは154.15-20を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは154.55-70をストップ、154.85-90、155.00-05、155.25-30と順次売り場を探して、ストップは155.55-60超えで、155.75-00での売り直しのストップは156.10-15超え、156.20-35、156.45-50と売り直して、ストップは156.55-60超えや、156.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは157円前後から利食い&売り場を探して、ストップは157.50-55超えとなる。 一方下値は152.50-55割れがストップで、152.25-35、152.00-20、151.80-00と慎重に買い場を探して、ストップは151.60-65割れでの倍返し。ターゲットは151.20-30での買い戻し&買いで、ストップは150.85-95割れや150.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは150.35-45の動向次第。割れて150.10-20まで維持を見て買い戻し&買い場を探して、ストップは149.95-00割れや149.85-90割れでの倍返し。(予想時レート:152.95 予想時間 15:20)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2770-1.2920)
戦略としては、1.2835-40と1.2870-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合下値は1.2815-25割れがストップ、1.2795-05割れでの倍返し。ターゲットは1.2785-90、1.2765-80と買い戻し&買い直して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 一方上値は順張りからターゲットは1.2895-00、1.2915-35と利食いで、売りはこういった位置から1.2945-50、1.2970-80と売り場を探して、ストップは1.2995-00こえでの倍返し。 ターゲットは1.3025-35の動向次第。越えての再順張りも検討されるが、ターゲットは1.3040-45や1.3050-55の動向次第。超えて1.3085-95を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りは1.3105-10まで売り上がって、ストップは1.3115-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3140-60での利食い&売りで、ストップは1.3175-85超えや1.3190-00超えでの倍返しも、ターゲットは1.3215-20や1.3220-30の動向次第。超えても1.3240-55での利食いとなるが、超えて再順張りも検討される。(予想時レート:1.2845 予想時間 14:50)

日経平均は

テーマ: モノローグ

だいまん

1143円安で引ける。

終値ベースでの下げ幅の大きさは東日本大震災後に福島第一原発事故の状況が危機的となった2011年3月15日の1015円安を上回った。

日経平均は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

800円安。 やっぱり外人がリグッテるんでしょう? 

これだけ落ちるって。

暴落の予兆とは

テーマ: モノローグ

だいまん

言えないと思うけど、警戒心を持って対応したい。


ドル円が102.48、ユーロ円が131.75、ポンド円が154.18、オージー円が98.85、NZD円が82.31、カナダ円が98.81、スイス円が104.88まで下落した。

中国PMIをうけて

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

株式市場が荒れた動き。

昨晩のNYダウ同様、上昇後下げに転じる。

リスク回避はまだ続きそうだが、しっかりとバーゲンハント場を探したい。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:45 (中) 5月HSBC製造業PMI(前回50.4 予想50.3)
14:00 (日) 5月金融経済月報・基本的見解
16:00 (ユーロ圏) ノワイエ仏中銀総裁講演
16:30 (独) 5月PMI製造業・速報 (前回48.1 予想48.4)
16:30 (独) 5月PMIサービス業・速報 (前回49.6 予想49.9)
17:00 (ユーロ圏) 5月PMI製造業・速報 (前回46.7 予想47.0)
17:00 (ユーロ圏) 5月PMIサービス業・速報 (前回47.0 予想47.2 )
17:30 (英) 4月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.8% 予想+0.2%)
17:30 (英) 4月小売売上高指数 [前年比] (前回+0.4% 予想+1.9%)
17:30 (英) 第1四半期GDP・改定値 [前期比] (前回+0.3% 予想+0.3%)
17:30 (英) 第1四半期GDP・改定値 [前年比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
17:30 (英) 第1四半期個人消費 [前期比] (前回+0.2%(+0.4%) 予想+0.3%)
17:30 (ユーロ圏) スペイン国債入札
18:15 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁・記者会見
19:05 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
20:05 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.0万件 予想34.6万件)
21:50 (ユーロ圏) クーレECB理事講演
22:00 (米) 3月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.8%)
23:00 (米) 4月新築住宅販売件数 (前回41.7万件 予想42.5万件)
23:00 (米) 4月新築住宅販売件数 [前月比] (前回+1.5% 予想+1.9%)
23:00 (ユーロ圏) 5月消費者信頼感・速報 (前回-22.3 予想-22.0)
04:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
未 定 (南ア) SARB政策金利発表
米10年物インフレ連動国債入札
高島暦:「後場高の日なれど上放れた時は売り狙え」

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が133.80から131.97、ポンド円が156.10から154.55、オージー円が100.95から99.50、NZD円が84.36から82.82、カナダ円が100.30から98.92、スイス円が106.24から104.99まで値を下げた。 

米FOMC議事録を

テーマ: モノローグ

だいまん

受けて、急速に円買いが進む。

NYダウは一時の155ドル高から90ドル安へ。

日銀

テーマ: モノローグ

だいまん

黒田総裁の記者会見では、現状の長期金利の上昇や乱高下に対して、どういった分析を見せるか? また何か対策を示すか注目となるが、発言が現状の「インフレが高まれば、金利が上昇するのは自然」とか、「長期金利が大きく上昇するとは思わない」などとの発言にとどまれば、本来は失望だと思うけど。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 4月通関ベース貿易収支 (前回-3624億円(-3640億円) 予想-6845億円)
09:30 (豪) 5月ウエストパック消費者信頼感(前回-5.1%)
未 定 (日) 日銀金融政策決定会合
15:30 (日) 黒田日銀総裁・記者会見
17:00 (ユーロ圏) 3月経常収支 (前回+163億EUR)
17:00 (南ア) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.9% 予想+5.7%)
17:30 (英) BOE議事録(5月8-9日開催分)
17:30 (英) 4月財政収支(前回-167億ポンド)
18:30 (独) 独国債入札(50億ユーロ)
19:00 (英) 5月CBI製造業受注指数(前回-25 予想-18)
19:00 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-7.3%)
21:30 (加) 3月小売売上高 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.2%)
23:00 (米) バーナンキFRB議長「経済見通しについて議会証言」(米上下両院合同経済委員会)
23:00 (米) 4月中古住宅販売件数 (前回492万件 予想499万件)
23:00 (米) 4月中古住宅販売件数 [前月比] (前回-0.6% 予想+1.4% )
23:30 (米) 週間原油在庫(前回-62.4万バレル)
01:30 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
03:00 (米) FOMC議事録(4月30日-5月1日開催分)
欧州連合(EU)首脳会議
高島暦:「初安は買い、寄り高は売り」

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

10:30 (豪) RBA議事録(5月7日開催分)
12:45 (日) 40年国債入札(4000億円)
15:00 (独) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+0.4% 予想0.0%)
16:25 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
17:30 (英) 4月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
17:30 (英) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.8% 予想+2.7%)
17:30 (香港) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.6% 予想+3.6%)
17:30 (英) 4月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.3%)
17:30 (英) 4月小売物価指数 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.7%)
17:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:30 (ノルウェー) オルセン・ノルウェー中銀総裁「議会証言」
00:30 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
01:30 (加) カーニーBOC総裁講演
02:00 (米) ダドリー米NY連銀総裁講演
高島暦:「人気に逆行して前後歩調を変える日」

ハト派のエバンス発言にも

テーマ: モノローグ

だいまん

エバンス米シカゴ連銀総裁
「労働市場の改善が継続するかが重要な問題」
「インフレに対して神経質になるにはまだ早い」
「この先数カ月のデータを確認したい」
「労働市場の継続的な改善が確認されれば資産購入の縮小は受け入れ可能」
「今後数回以内の会合で、資産購入ペースの調整を検討する可能性排除せず」

ドルの買い戻しは限定されている。

ユーロドルは1.2901、ポンドドルが1.5282、オージードルは0.9828まで上昇、ドル円は102.16まで値を下げた。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

プラス43ドル高の15391ドルまで。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.2878の高値を再トライ。

オージードルが0.9816まで上昇。

ポンドドルが1.5245まで値を上げ、全体的にドル買いの修正が起きている。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

小康状態でスタート。ただ、上値は15350レベルが押さえている。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン午前の取引は、一時のドル売りも一服気味。 ユーロドルは1.2878まで上昇後、1.2845へ下落、ドル円は102.77から時間外の米国債利回りの下落を受けて102.33まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が132.12から131.56、ポンド円が156.04から155.58、オージー円が100.39から100.06へ値を下げ、カナダ円も99.45の安値まで下落、スイス円は105.70から106.09で上下したが、NZD円は一時83.70の日中高値まで値を上げた。 

東京概況

テーマ: 概況

だいまん

20日の東京市場は、甘利経済再生担当相が、週末「政府として一段と円安が進んだ場合、マイナスの影響を注視する姿勢」と述べたことで、早朝から円買いが拡大したが、下値ではバーゲン・ハント的な買いが支え、日経平均株価も堅調な上昇となったことで、円の売り戻しが優勢となった。
 ドル円は早朝102円割れまで下落した模様も、その後102.92まで反発。ユーロドルは1.2820から1.2853まで値を上げた。クロス円では、ユーロ円が131.50から132.10、ポンド円が156.20、オージー円が99.55から100.51、NZD円が83.45、カナダ円が100.15、スイス円が106.00まで一時値を戻した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=99.50-100.80)
戦略としては、100.30-40と100.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、100.60-80での利食い&売り上がって、ストップは100.85-90超え、100.95-00、101.10-20、101.30-45と売り直して、ストップは101.55-60超えで、101.70-75、101.85-90での売り直しのストップは、102.00-15超えや102.20-25超えでの倍返し。ターゲットは102.30-40、102.45-50の動向次第で、利食い&売りも102.55-65超えをストップ、102.65-70、102.90-95での売り直しのストップは、103.00-05超えが倍返し。 一方下値は100.10-20と買い下がって、ストップは100.00-05割れで、99.85-90での買い直しのストップは99.60-70割れで、99.45-50は維持を見て買っても、ストップは99.30-40割れでの倍返し。 ターゲットは99.15-20、98.85-90での買い戻し&買いで、ストップは98.70-75割れでの倍返し。ターゲットは98.45-50での買い戻し&買いで、ストップは98.25-30割れでの倍返し。ターゲットは97.45-55を前に下げ止まりでは買い戻しから、買いは97.10-20まで買い下がって、ストップは96.95-05割れ、96.85-95、96.75-85は維持を見て対応。 買いのストップを96.60-65割れとするか、96.45-50、96.20-35と買い下がって、ストップは96.15-20割れや96.00-05割れでの倍返し。 (予想時レート: 100.45 予想時間 13:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=155.00-156.50)
戦略としては、155.95-00と156.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は156.25-45と売り上がって、ストップは、156.55-60超えや、156.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは157円前後から利食い&売り場を探して、ストップは157.50-55超えとなる。 一方下値は順張りから、155.80-85、155.65-70と買い戻しで、買いはこういった位置から155.45-60と買い下がって、ストップは155.35-40割れで、155.25-35、155.05-10、154.95-00、154.75-80と慎重に買い場を探して、ストップは154.65-70割れでの倍返し。ターゲットは154.40-45や154円前後の動向次第。 買いはこういった位置から153.60-80買い場を探して、ストップは153.45-50割れや153.25-30割れでの倍返し。 (予想時レート:156.00 予想時間 13:45)

早朝の安値

テーマ: モノローグ

だいまん

 早朝の安値圏は、気配となるが、
ドル円 10.78-88
ユーロ円 130.70-80
ポンド円 154.65-75
オージー円 99.28-38
NZD円 82.35-45
カナダ円 105.00-10
スイス円 98.95-05

レベルまで。 現在は大きく戻っているが、既に動きは鈍い。 

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

102.70台まで反発。

瞬間

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は102円割れもあった模様。

7時になれば、東京勢のからのバーゲン・ハント的にな買いも想定される。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

102.10台まで下落の模様。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月20日 06:33
EURUSD 1.2741-45
USDJPY 102.61-65
GBPUSD 1.5194-97
USDCHF 0.9702-05
USDCAD 1.0281-85
AUDUSD 0.9750-53
NZDUSD 0.8086-91
EURJPY 131.76-82
GBPJPY 155.89-96
AUDJPY 100.04-09
NZDJPY 82.97-04
CADJPY 99.77-84
CHFJPY 105.73-78
ZARJPY 10.88-92
EURGBP 0.8448-52
EURCHF 1.2461-65

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

102.61-66レベルまで下落。

ユーロ円が131.78-89

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 金曜日の海外市場では、昨日からは一転堅調な米経済指標が続いたことで、ドル買い、円売りが優勢となった。 米5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値や米4月景気先行指数が、相次いで市場予想を上回り、NYダウが一時70ドル高まで上昇した。 
 ユーロドルは、1.2796まで下落後1.2840が上値を抑え、ドル円は103.31の高値まで値を上げた。 
一方クロス円も堅調に値を上げた。 ユーロ円が131.33の安値から132.55、ポンド円が155.69から156.70、オージー円は99.69から100.55、NZD円は82.78から83.31、カナダ円は99.37から100.43まで反発、スイス円は106.25から105.30で上下した。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月20日 05:58
EURUSD 1.2740-44
USDJPY 102.77-85
GBPUSD 1.5190-96
USDCHF 0.9695-09
USDCAD 1.0279-88
AUDUSD 0.9751-58
NZDUSD 0.8086-93
EURJPY 131.97-02
GBPJPY 156.11-18
AUDJPY 100.21-24
NZDJPY 83.10-15
CADJPY 99.85-96
CHFJPY 105.85-96
ZARJPY 10.90-94
EURGBP 0.8451-55
EURCHF 1.2456-66

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

チューリッヒ市場休場(聖霊降臨祭月曜日)、トロント市場休場(ビクトリアデー)
08:01 (英) 5月ライトムーブ住宅価格(前回+2.1%)
14:00 (日) 3月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回97.6)
14:00 (日) 3月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回93.3)
17:30 (香港) 4月失業率 (前回3.5% 予想3.5%)
21:30 (米) 4月シカゴ連銀全米活動指数(前回-0.23)
02:00 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演
06:15 (米) ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
月例経済報告
高島暦:「初め強いと後安の日。吹き値売り方針良し」

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

週末の終値からは若干円高。 

甘利明経済再生担当相
NHKの番組で、過度の円高是正が進んできたことを指摘する一方、政府として一段の円安が進んだ場合のマイナス影響を注視する姿勢を示した。
「(為替の水準について)私が言うときょうのトップニュースになるので言えないが、過度の円高の是正はかなりできたと世の中で言われている」と
「円安がどんどん進むと国民生活へのマイナスの影響が出てくる。それをどう最小限にするかがわれわれの仕事だ」

これが若干影響しているか?

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月20日 05:15
EURUSD 1.2734-40
USDJPY 102.90-94
GBPUSD 1.5172-88
USDCHF 0.9720-28
USDCAD 1.0283-91
AUDUSD 0.9740-45
NZDUSD 0.807-87
EURJPY 132.11-25
GBPJPY 156.12-35
AUDJPY 100.24-33
NZDJPY 83.08-24
CADJPY 99.96-09
CHFJPY 105.78-98
ZARJPY 10.91-96
EURGBP 0.8451-64
EURCHF 1.2467-82

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1,2829-34
ドル円 103.04-08
ユーロ円132.21-31

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

最近の傾向で、まちまちの動きとなるケースが多いが、総じて日中安値から高値の間で上下。 

ユーロ円が131.33の安値から132.16の高値、ポンド円が155.69から156.66、オージー円は99.69から100.34、NZD円は82.78から83.27、カナダ円は99.37から100.31まで反発、スイス円は106.25から105.30まで一時値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

昨日からは一転堅調な米経済指標が続いたことで、ドル買い、円売りが優勢となった。 

NYダウは、一時15305ドルの70ドル高まで上昇。
年初来高値を若干越える動きとなったが、高値圏は維持できてない。
 
 ユーロドルは、1.2796まで下落後1.2840が上値を抑え、ドル円は103.25の高値示現後102.89まで値を下げたが、再度103円台を回復。その後も103円を挟んだ動きが続いている。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 17日の東京市場は、堅調な株価を受けて、ドル円は反発も、弱い欧州通貨の動きを受けて、クロス円は軟調な推移となった。
 ドル円は102.09から102.57まで上昇、ユーロドルは、1.2890から1.2850まで下落した。クロス円では、ユーロ円が131.85から131.48、ポンド円が156.30から155.85、オセアニア通貨が弱く、オージー円は100.49から99.60、NZD円が83.59から82.73へ値を下げ、カナダ円が100.42から100.03、スイス円が106.07から105.70までの推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=82.50-84.00)
戦略として82.90-95と83.30-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は83.40-45と売り上がって、ストップは83.50-60超えで、83.65-85での売り直しのストップは、83.85-90での倍返し。 ターゲットは83.95-05、84.15-25、84.35-45と利食い&売り上がって、ストップは84.50-55超え。 84.60-70のCapでは売り直し、ストップは84.80-90超え、84.90-00超えでの倍返しも、85.15-20、85.30-45と利食いで、売りはこういった位置から85.55-60、85.70-95と売り場を探して、ストップは86.00-05超えや86.20-30や86.35-40超えが倍返しも、ターゲットは86.50円前後、87円前後とCapを見て利食い優先から、売っても、各々タイト・ストップで対応。 一方下値は82.65-75割れでの倍返し。ターゲットは82.50-60、82.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは82.20-25割れ、81.95-00割れが倍返しとなる。 ターゲットは81.70-75、81.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは81.25-30割れ。81.00-10、80.85-90、80.65-70での買い直しのストップは80.50-55割れや80.40-50割れで、80.25-40、80.10-15での買いのストップは79.95-00割れや79.85-90割れでの倍返し。(予想時レート: 83.15 予想時間 15:30)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=101.60-102.60)
戦略としては、102.20-25と102.35-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、102.55-65と売り上がって、ストップは102.65-70超え、102.75-80超えでの倍返し。ターゲットは102.95-00の動向い次第で利食いで、売りはCapを確認しての対応となるが、ストップはタイト気味で、更に103.10-20-30での売り直しのストップは103.50-60超えでの対応となる。 一方下値は102.10-15、101.95-05と買い下がっても、ストップは101.80-90割れでの倍返し。 ターゲットは101.65-70、101.50-60と買い戻し&買い下がって、ストップは101.35-40割れや101.25-30割れでの倍返し。ターゲットは、101.15-20や100.95-05の動向次第で買い戻し。 こういった位置から買いは100.80-90、100.70-80と買い下がって、ストップは100.45-55割れや100.30-35割れでの倍返し。 若干騙しに注意となるが、100円前後の維持では買い戻しから、買いはこういった位置から99.70-80と買い下がって、ストップは99.45-50割れまたは、更に買い下がっても、ストップは99.25-30や99.15-20割れ。(予想時レート:102.30 予想時間 14:55)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

香港、中国市場休場((ブッダ・バースデー)
07:00 (チリ) チリ国立銀行政策金利発表
07:45 (NZ) 第1四半期生産者物価 [前期比] (前回-0.1%)
08:50 (日) 3月機械受注 [前月比] (前回+7.5% 予想+2.2%)
08:50 (日) 3月機械受注 [前年比] (前回-11.3% 予想-6.3%)
18:00 (ユーロ圏) 3月建設支出 [前月比] (前回-0.8%)
18:15 (ユーロ圏) クーレECB理事講演
18:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
19:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行「LTRO返済予定額発表」
19:15 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
21:30 (加) 4月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
21:30 (加) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.0% 予想+0.9%)
21:30 (加) 3月卸売売上高 [前月比] (前回0.0% 予想+0.4%)
22:55 (米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回76.4 予想77.7)
23:00 (米) 4月景気先行指数 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.2%)
02:45 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁、イングベス・リクスバンク総裁講演
高島暦:「目先のポイントを作る注意日」

5/18(土)
24:00 (米) バーナンキFRB議長講演

午後の

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル買い戻しは、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁が「FRBは夏にも量的緩和(QE)を縮小し、年末までには停止する可能性がある」などと発言したことが要因の模様。

同氏は、ハト派的と見られて居ただけに、影響は想定外に大きいようだ。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

16日の東京市場は、日本株に利食い売りが強まったことで、一時円買いが強まる局面はあったが、その後は下げ止まった日経平均を受けて、買い戻し気味となっている。 ドル円は101.98に下落後102.41へ反発、ユーロドルは1.2890から1.2864へ値を下げた。 クロス円では、ユーロ円が131.29から131.78、ポンド円が155.36から155.87、NZD円が84.09から84.51、カナダ円が100.35から00.73、スイス円は105.60から105.98での揉み合い推移となったが、オージー円は101.31から100.64へ値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=100.00-102.00)
戦略としては、100.85-90と101.10-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は101.30-45と売り上がって、ストップは101.55-60超えで、101.70-75、101.85-90での売り直しのストップは、102.00-15超えや102.20-25超えでの倍返し。ターゲットは102.30-40、102.45-50の動向次第で、利食い&売りも102.55-65超えをストップ、102.65-70、102.90-95での売り直しのストップは、103.00-05超えが倍返し。 ターゲットは103.25-30と利食いで、売りは103.40-45と売り上がって、ストップは103.85-90超えで、104.00-20、104.40-45と売直しのストップは104.50-60超えで、104.75-80、105.00-05での売り直しのストップは、105.15-20超えとするか、105.25-30と売り上がって、ストップは105.40-50超えが倍返しも、ターゲットは105.70-80の動向次第で利食いで、売りのストップは106円超えで対応。 一方下値は100.75-80と買い下がって、ストップは100.65-70割れで、倍返しもターゲットは、100.40-50や100.20-30の動向次第。 割れて99.80-95での買い戻しで、買いは99.60-65、99.45-50と買い場を探して、ストップは99.30-40割れ。 99.15-20、98.85-90では維持を確認しながら買っても、ストップは98.70-75割れでの倍返し。(予想時レート: 101.55 予想時間 14:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2810-1.2930)
戦略としては、1.2865-70と1.2875-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合下値は1.2855-60と買い下がって、ストップは1.2840-50割れで、倍返しもターゲットは、1.2820-25、1.2795-1.2810と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2785-90、1.2765-80と買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 一方上値は1.2885-95超えでの倍返し。 ターゲットは1.2905-30では利食い優先から売り場探し。 ストップは1.2940-50超えや1.2955-60超えでの倍返し。 ターゲットは1.2965-70、1.2980-85と利食い&売り上がって、ストップは1.2995-00超えや1.3025-35超えでの倍返し。ターゲットは1.3040-45や1.3050-55の動向次第。超えて1.3085-95を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りは1.3105-10まで売り上がって、ストップは1.3115-25超えでの倍返し。(予想時レート:1.2875 予想時間 14:20)

円売り気味

テーマ: モノローグ

だいまん

5月5日―5月11日の国内勢の対外債券(中長期債)投資

1864億円の買い越しで、3週連続の買い越し。

生保も外債買ってるとの思惑なんでしょう? 

でも、先週は米国債オークションがあったから。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員「経済サミット出席」
07:30 (NZ) 4月企業景況感(前回53.4)
08:50 (日) 第1四半期GDP・一次速報 [前期比] (前回0.0% 予想+0.7%)
08:50 (日) 第1四半期GDP・一次速報 [前期比年率] (前回+0.2% 予想+2.7%)
08:50 (日) 第1四半期GDPデフレーター・1次速報値[前年比] (前回-0.9% 予想-0.7%)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
12:45 (日) 5年債入札(2兆7000億円)
13:30 (日) 3月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+0.2%)
13:30 (日) 3月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-7.3%)
15:45 (仏) 第1四半期非農業部門雇用者 [前期比] (前回-0.3%)
16:45 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
17:50 (仏) インフレ連動債入札
18:00 (ユーロ圏) 4月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.2%)
18:00 (ユーロ圏) 3月貿易収支 (前回+104億EUR)
18:30 (英) 英国債入札(25億ポンド)
20:00 (トルコ) トルコ中銀政策金利発表
20:45 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
21:30 (米) 4月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.2% 予想-0.2%)
21:30 (米) 4月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
21:30 (米) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.3%)
21:30 (米) 4月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+1.8%)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回32.3万件 予想33.0万件)
21:30 (米) 4月住宅着工件数 (前回103.6万件 予想98.0万件)
21:30 (米) 4月建設許可件数 (前回90.2万件(90.7万件) 予想94.0万件)
21:30 (加) 3月国際証券取引高(前回-63.1億加ドル)
22:00 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
22:30 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
23:00 (米) 5月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回1.3 予想2.5)
23:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
24:45 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長講演
04:05 (米) ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
決算発表:板硝子、ミズノ
高島暦:「初高後安の日。吹き値方針良し」

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

前日比変わらずのレベルまで下落。

ナスダックはマイナス圏へ。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

15233ドルまで高値を更新。

驚くべき強さ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一時101.885、ユーロ円が131.19レベルまで値を下げたが、現在は買い戻しが優勢。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時ドル買いからは、弱い米経済指標が続き一転ドルの売り戻しが優勢となった。 米5月NY連銀製造業景気指数や米4月鉱工業生産指数が、市場予想を下回り、NYダウ先物が売りに押された。 
 ユーロドルは、欧州圏の弱いGDPを受けて、1.2844まで下落後1.2890まで反発。ドル円は102.765の高値から102.11まで一時値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が131.57、ポンド円が156.45から155.55へ値を下げ、オージー円は101.59から101.14、NZD円が84.45から84.13、カナダ円が100.73から100.24、スイス円は105.40まで値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :
(予想レンジ=83.300-84.500)
戦略として83.75-85と84.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は84.20-25超えがストップで、84.35-40、84.60-70と売り上がって、ストップは84.80-90超え、84.90-00超えでの倍返し。 一方下値は83.50-65割れがストップで、83.40-45は維持を見て買っても、ストップは83.20-30割れで、82.95-05での買い直しのストップは、82.80-85割れや82.65-70割れでの倍返し。(予想時レート: 83.900 予想時間 15:13)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=131.500-133.000)
戦略としては、132.00-10と132.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は132.35-40、132.45-50と売り上がって、ストップは132.75-80超えで、133円を越えない売り直しで、ストップを133.50超えにおいて、133.20-40ゾーンまで売り上がりで対応。 一方下値は131.95-00、13170-85と買い下がって、ストップは131.50-55割れでの倍返し。ターゲットは131.25-30、131.00-10と買い戻し&買いで、ストップは130.75-80割れとなる。(予想時レート:132.170 予想時間 14:50)

仏GDP

テーマ: モノローグ

だいまん

1-3月期の仏国内総生産(GDP)速報値は、前期比0.2%減。

市場予想平均の前期比0.1%減を下回った。

国債利回りの上昇

テーマ: モノローグ

だいまん

 為替マーケットは、長期国債利回りの上昇を無視する動き。 5年物国債利回りが0.45%と2011年5月以来、10年物国債利回りが0.9%と2012年4月以来の水準へ上昇している。
 こういったの後で効いてくると思うけど。 また、黒田東彦日銀総裁が参院予算委員会に出席。午後2時10分から3時13分までで、桜井充委員(民主)の質問に答える予定で注意。 

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ドル買いが優勢。ドル円が102.40まで高値を更新。 ユーロドルは1.2931まで値を下げた。 クロス円では、NYダウが、年初来高値を更新して、15200ドルに迫る動きとなったことで、ロンドン初頭の調整からは反発した。 ユーロ円が131.53から132.77、ポンド円が154.98から156.06、オージー円が100.69から101.41、NZD円が83.54から84.10、カナダ円が100.00から100.89まで反発したが、、スイス円は16.65の高値から105.81まで調整した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 3月第3次産業活動指数(前回+1.1% 予想-0.7%)
14:30 (仏) 第1四半期GDP・速報値 [前年比] (前回-0.3%)
14:30 (仏) 第1四半期GDP・速報値[前期比](前回-0.3%)
15:00 (独) 第1四半期GDP・速報値 [前期比] (前回-0.6% 予想+0.3%)
15:00 (独) 第1四半期GDP・速報値 [前年比] (前回+0.4% 予想+0.2%)
15:45 (仏) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.0%)
17:00 (伊) 第1四半期GDP・速報値[前期比](前回-0.9%)
17:00 (伊) 第1四半期GDP・速報値[前年比](前回-2.8%)
17:30 (英) 4月失業率 (前回4.6% 予想4.6%)
17:30 (英) 4月失業保険申請件数 (前回-0.70万件 予想-0.40万件)
17:55 (アイスランド) アイスランド中銀、政策金利発表
18:00 (ユーロ圏) 第1四半期GDP・速報値 [前期比] (前回-0.6% 予想-0.1%)
18:00 (ユーロ圏) 第1四半期GDP・速報値 [前年比] (前回-0.9% 予想-0.9%)
18:30 (英) BOE四半期インフレレポート
18:30 (独) 独国債入札(50億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+7.0%)
20:00 (南ア) 3月実質小売売上高 [前年比] (前回+3.8%)
21:30 (米) 5月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回3.05 予想4.00 )
21:30 (米) 4月生産者物価指数 [前月比] (前回-0.6% 予想-0.6%)
21:30 (米) 4月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 4月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.1% 予想+0.8%)
21:30 (米) 4月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
21:30 (加) 3月製造業出荷(前回+2.6% 予想+0.5%)
22:00 (米) 3月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回-178億USD)
22:00 (米) 3月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+536億USD)
22:15 (米) 4月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.4% 予想-0.1%)
22:15 (米) 4月設備稼働率 (前回78.5% 予想78.3%)
23:00 (米) 5月NAHB住宅市場指数 (前回42 予想43)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回+23万バレル)
24:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
決算発表:東洋水産、日水、文化シャッター、アマダ、阪急阪神、東急、住友化、あおぞら銀行、テレ東HD、みずほ銀行、きんでん、サンリオ、三井住友銀行、第一生命、東ゼネ石、オリンパス、三菱UFJ銀行
高島暦:「相場の居所が安値にある時は急伸する」

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが、年初来高値を更新して、15200ドルに迫る動きとなったことで、ロンドン初頭の調整からは反発した。 
 ユーロ円が131.53から132.77、ポンド円が154.98から156.06、オージー円が100.69から101.41、NZD円が83.54から84.10、カナダ円が100.00から100.89まで反発したが、、スイス円は16.65の高値から105.81まで調整した。

ドル買いの動き

テーマ: モノローグ

だいまん

NY市場で、ドルが躍進。 ドル・インデックスは、2012年7月来の83.600まで値を上げている。

また、ドル円相場が102.40まで高値を更新。 ユーロドル相場が、1.2931まで値を下げ、ポンドドルが1.5220へ下落、ドルスイスが0.9661まで上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2915-1.3100)
戦略としては、1.3005-10と1.3025-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合下値は1.2985-90、1.2970-80と買いがって、ストップを1.2965-70とするか、更に買い下がってストップは、1.2930-45割れ。 1.29100-20での買い直しのストップは1.2900-05割れ。1.2885-90の維持では買い直しても、ストップは1.2875-80割れでの倍返し。ターゲットは1.2840-55、1.2820-25と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2795-1.2810、1.2785-90、1.2765-80と買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。一方上値は.3040-45まで売り上がって、ストップは1.3050-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3085-95を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りは1.3105-10まで売り上がって、ストップは1.3115-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3140-60での利食い&売りで、ストップは1.3175-85超えや1.3190-00超えでの倍返し。(予想時レート:1.3009 予想時間 13:50)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

12:45分の国債入札を前に、ショート・カバー気味。

国債市場は昨日売りに晒されており、一応利回り上昇からは、今日の30年国債の入札は無難に終了との見方。

ただ、来週以降、21日は40年債、28日は20年債と超長期国債の入札が続くので、波乱要因は残りそう。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

101.36まで一時下落。反発は101.60でCapされており、上値が重くなっている。

ただ、日経の戻りが想定されるので、突っ込み売りは避けたい。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、揉み合い気味の推移。 米4月小売売上高が、予想を上回るたことで一時ドル買いが強まったが、米3月企業在庫が市場予想を下回ったことやNYダウがマイナス圏で推移していることで、更なる動きとなっていない。
 ユーロドルは、ビスコ・イタリア中銀総裁が「経済が一段の支援を必要とすれば、ECBは預金金利をマイナスの領域に引き下げる可能性」、「個人的には預金金利の引き下げが効果的だと考えている」と発言したこともあり、1.2941まで下落後1.3000まで反発。 ドル円は101.52の安値から102.05まで一時値を戻した。
 クロス円では、ユーロ円が131.595から132.32、オージー円が101.20から101.72へ反発、カナダ円が100.33から101.04と一時日中高値を更新する動きとなり、スイス円が105.94から106.63まで値を上げたが、ポンド円は156.71へ上昇後155.57まで値を下げ、NZD円は83.84まで下落した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:45 (NZ) 第1四半期小売売上高指数 [前期比] (前回+2.1%)
08:01 (英) 4月RICS住宅価格(前回-1%)
12:45 (日) 30年債入札(5000億円)
15:00 (独) 4月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回-0.5% 予想-0.5%)
15:00 (独) 4月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.2%)
15:00 (米) プロッサー米フィラデルフィア連銀総裁講演
17:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
18:00 (独) 5月ZEW景況感調査 (前回36.3 予想38.0)
18:00 (独) 5月ZEW現況指数(前回+9.2 予想+7.0)
18:00 (ユーロ圏) 5月ZEW景況感調査 (前回24.9)
18:00 (ユーロ圏) 3月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
18:30 (豪) 政府予算発表
18:30 (英) 英国債入札(47.5億ポンド)
21:30 (米) 4月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.5% 予想-0.5%)
EU財務相会合(;ブリュッセル)
バルニエ欧州委員講演
決算発表:ユニチカ、大林組、鹿島、ヤマハ発動機、日清粉、森永乳、住友不、 洋インキHD、太平洋セメント、シャープ、横河電、双葉電、いすゞ、電通、コスモ石油、大京
高島暦:「初高いと下押し見せるが、安寄りしたら買い狙え」

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

まちまちの動き

ユーロ円が131.595から132.32、オージー円が101.20から101.72へ反発、

カナダ円が100.33から101.04と一時日中高値を更新する動きとなり、

スイス円が105.94から106.63まで値を上げた。

ポンド円は156.71へ上昇後155.57まで値を下げ、NZD円は83.84まで下落した。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午後は、若干揉み合い気味。 NYダウがマイナス圏で推移していることで、更なる動きとなっていない。
 ユーロドルは、1.2941から1.3000まで反発。 ドル円は101.52の安値から102.05まで一時値を戻した。
 またユーロポンドの買いが強まり、ポンドドルは、1.5277まで下落、ユーロポンドが0.8493の高値まで上昇、ドルスイスは0.9547から0.9593での揉合いとなった。

ユーロ売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ビスコ・イタリア中銀総裁
「個人的には、利下げが効果的と考えている」

ユーロドルが1,2952、ユーロ円が131.58まで下落。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 13日の東京市場は、週末のG7で日本の金融緩和に懸念が示されなかったこと、株価が堅調な上昇となってことで、一時円売りが拡大したが、その後は利食いも優勢となった。 ドル円は102.15まで上昇後101.54まで下落、ユーロドルは、1.2960から1.2988での小動きとなった。クロス円では、ユーロ円が132.40から131.87、ポンド円が156.76から1156.01、オージー円は102.03から101.45、カナダ円が100.99から100.31まで値を下げ、NZD円は、84.17まで下落後84.61まで反発、スイス円は10.09から106.48で揉み合いとなった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=155.00-156.50)
戦略としては、155.95-00と156.25-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、156.45-50と売り上がって、156.75-85超えでの倍返しも、157円前後から売り場を探して、ストップは157.50-55超えとなる。 一方下値は155.75-80と買い下がって、ストップは155.60-70割れでの倍返しも、ターゲットは155.20-35での買い戻し&買い直しで、ストップは155.05-10割れで、154.75-80、154.40-45、153.60-80と買い場を探して、ストップは153.45-50割れや153.25-30割れでの倍返し。 ターゲットは152.95-00や152.70-85の動向次第。割れても152.60-65や152.25-35での買い戻し。 割れて152.00-20、151.80-00での買い戻し&買い直しでストップは、151.60-65割れでの倍返し。ターゲットは151.20-30での買い戻し&買いで、ストップは150.85-95割れや150.75-80割れでの倍返し。 (予想時レート:156.10 予想時間 15:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2915-1.3045)
戦略としては、1.2950-65と1.2985-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合下値はストップが1.2930-40割れで、1.2910-20での買い直しのストップは1.2900-05割れ。 1.2885-90の維持では買い直しても、ストップは1.2875-80割れでの倍返し。ターゲットは1.2840-55、1.2820-25と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2795-1.2810、1.2785-90、1.2765-80と買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 一方上値は1.3000-05と売り上がって、ストップを1.3015-20超えとするか、1.3040-45まで売り上がって、ストップは1.3050-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3085-95を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りは1.3105-10まで売り上がって、ストップは1.3115-25超えでの倍返し。ターゲットは1.4140-60での利食い&売りで、ストップは1.3175-85超えや1.3190-00超えでの倍返しも、ターゲットは1.3215-20や1.3220-30の動向次第。超えても1.3240-55での利食いとなるが、超えて再順張りも検討される。この場合のターゲットは1.3265-80、1.3290-95と利食いで、売りは1.3305-10、1.3330-35、1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。(予想時レート:1.2980 予想時間 14:50)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

早朝に、102.05とか、102.21とかやったらしい。

今日は寝坊してわからなかったけど、その段階ではオプションの102円は、つけないルール。 改めて、東京スタート後、102.15の高値をつける段階で、オプションが成約となっている。

ちょっと変な動きもで、ここで、価格を維持できていないのはムードが悪い。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

102.15まで上昇。 

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月13日 06:10
EURUSD 1.2971-74
USDJPY 101.85-88
GBPUSD 1.5354-57
USDCHF 0.9583-88
USDCAD 1.0115-22
AUDUSD 1.0001-05
NZDUSD 0.8284-90
EURJPY 132.11-16
GBPJPY 156.31-40
AUDJPY 101.81-87
NZDJPY 84.34-424
CADJPY 100.56-67
CHFJPY 106.16-20
ZARJPY 11.15-19
EURGBP 0.8447-51
EURCHF 1.2434-39

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 4月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+3.0% 予想+3.0%)
10:30 (豪) 3月住宅ローン貸出(前回+2.0% 予想+2.5%)
10:30 (豪) 4月NAB企業景況感(前回-7)
10:30 (豪) 4月NAB企業信頼感(前回+2)
14:30 (中) 4月鉱工業生産[前年比](前回+8.9% 予想+9.4%)
14:30 (中) 4月小売売上高[前年比](前回+12.6% 予想+12.8%)
14:30 (中) 4月固定資産投資[前年比](前回+20.9% 予想+21.0%)
16:15 (スイス) 3月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.4%)
18:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
21:30 (米) 4月小売売上高 [前月比] (前回-0.4% 予想-0.3%)
21:30 (米) 4月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回-0.4% 予想-0.2%)
23:00 (米) 3月企業在庫 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.3%)
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
決算発表:小野薬、大成建、五洋建、熊谷組、パイオニア、シチズン、大日印、日本ハム
高島暦:「前場と後場と仕成りを異にして動く日」

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月13日 05:12
EURUSD 1.2955-63
USDJPY 101.82-85
GBPUSD 1.5355-62
USDCHF 0.9588-96
USDCAD 1.0107-18
AUDUSD 1.0005-09
NZDUSD 0.8274-82
EURJPY 131.92-09
GBPJPY 156.35-46
AUDJPY 101.88-99
NZDJPY 84.25-34
CADJPY 100.62-78
CHFJPY 106.11-27
ZARJPY 11.12-20
EURGBP 0.8434-44
EURCHF 1.2421-47

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.2965-68
ドル円 101.84-88
ユーロ円 132.02-11
ポンド円 156.40-50
オージー円 101.86-95

海外の動向

テーマ: モノローグ

だいまん

海外市場の動向は、経済指標の発表に薄い中、バーナンキFRB議長の講演では、「FRBは資産市場における過度のリスクテイクの兆候を注視」と述べられtが、市場は警戒を示さず、金融政策や経済見通しについて、特に言及しなかったこと、更にG7からの発言にも、反応は薄く、ドルが堅調な推移を継続した。
 ユーロドルは、1.2935まで下落後、反発が1.2995で限定され、ドル円は101.985の高値から101.50まで値を下げた。
 一方クロス円はまちまちの動き。 ユーロ円が131.56から132.25で底堅く推移し、ポンド円は156.68まで上昇後155.69へ値を下げ、オージー円が101.34から101.91で揉み合い、NZD円が84.68から83.99へ値を下げ、カナダ円は100.96まで上昇後100.17に下落、スイス円は105.74から106.49で上下した。

 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 10日の東京市場は、昨日来の円売り傾向が続いている。 日本の国際収支は予想を上回ったが、円買い材料とならず、堅調な株価を受けて、円売りが続いた。ただし、クロス円は、欧州通貨の下落に高値から値を消している。
 ドル円は100.54から101.37まで上昇、ユーロドルは1.3051から1.3005まで値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が131.07から131.94、ポンド円が152.30から156.31まで値を上げたが、オージー円は101.37から102.05まで上昇後売りに押され、NZD円が84.15から84.82、カナダ年が99.97から100.43、スイス円は、106.59まで上昇後、ユーロスイスの買いに105.91まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=154.50-156.50)
戦略としては、155.80-95と156.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも156.50前後と利食い優先で、売りは156.80-85超えがストップとなる。 一方下値は155.70-75と買い下がって、ストップは155.60-65割れでの倍返しも、ターゲットは155.20-35での買い戻し&買い直しで、ストップは155.05-10割れで、154.75-80、154.40-45、153.60-80と買い場を探して、ストップは153.45-50割れや153.25-30割れでの倍返し。 ターゲットは152.95-00や152.70-85の動向次第。割れても152.60-65や152.25-35での買い戻し。 割れて152.00-20、151.80-00での買い戻し&買い直しでストップは、151.60-65割れでの倍返し。ターゲットは151.20-30での買い戻し&買いで、ストップは150.85-95割れや150.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは150.35-45の動向次第。割れて150.10-20まで維持を見て買い戻し&買い場を探して、ストップは149.95-00割れや149.85-90割れでの倍返し。ターゲットは149.50-65、149.35-40と買い戻しで、買いは149.10-20、148.85-90と買い下がって、ストップは148.60-65割れや148.50-55割れでの倍返し。ターゲットは148.35-40、148.10-20での買い戻しで、買いは147.85-95まで買い下がって、ストップは147.55-60割れで、147.15-40、147.05-10と買い直して、ストップをタイトとするか、146.65-70まで買い下がって、ストップは146.35-40割れでの倍返し。(予想時レート:156.20 予想時間 16:20)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=130.50-132.50)
戦略としては、131.50-60と131.85-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、132円超えがストップも、132.20-30、132.50前後と利食い優先。 売りはCapを見ながら、133円をストップに売り上がりで対応。 一方下値は順張りから131.25-40、131.00-05での買い戻し&買いで、ストップは130.75-80割れでの倍返し。ターゲットは130.40-45を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から130.20-30、130.05-10、129.80-85と買い場を探して、ストップは129.55-60割れでの倍返し。このターゲットは129.30-35、129.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは、128.95-00割れでの倍返し。 このターゲットは128.85-95、128.75-80と買い戻し&買い下がって、ストップは128.35-40割れでの倍返し。 このターゲットは128.20-25、128.05-10、127.85-00と買い戻し&買い下がって、ストップは127.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは127.50-55、127.30-40は維持をみて対応。 買ってもストップは127.15-25割れや127.05-10割れでの倍返し。 ターゲットは126.75-80の動向次第。維持では買戻し&買いも、ストップは126.40-45割れでの倍返し。(予想時レート:131.80 予想時間 16:15)

そうそうと101円を超える

テーマ: モノローグ

だいまん

100円の上抜けには、1ヶ月かかったけど、流石に次はサイコロジカル的に軽いのだろうけど、101-102円ゾーンは月足のネック・ライン。

テクニカル的には、厳しい位置だけど、既にテクニカルが効かない状況が続いているから。

防戦は102、103円、一部に104円のダブル・ノータッチが噂されているが、信憑性は不明。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、週間新規失業保険申請件数が市場予想を上回ったこと、中国が外貨準備の運用先多様化見直しに伴い、ドル建て資産の割合を増やす可能性があるとの噂が出回り、ドル買いや高値を更新するNYダウを受けて、円売りが拡大した。 
ドル円は、モデル系ファンドの買いで、100.79まで一時上昇、ユーロドルは1.3010まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が131.75、ポンド円が155.83、オージー円が102.15、NZD円が84.75、カナダ円が100.28、スイス円が106.38まで上昇した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 3月経常収支 (前回+6374億円 予想+1兆2163億円)
08:50 (日) 3月貿易収支 (前回-6770億円 予想-2740億円)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:30 (豪) 豪準備銀行(RBA)金融政策決定理事会議事録公表(5月7日開催分)
14:00 (日) 4月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回57.3)
14:00 (日) 4月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回57.5)
14:30 (世) 篠原IMF副専務理事講演
15:00 (独) 3月貿易収支 (前回+168億EUR 予想+175億EUR)
15:00 (独) 3月経常収支 (前回+160億EUR 予想+195億EUR)
17:30 (英) 3月商品貿易収支 (前回-94.16億GBP 予想-90.00億GBP)
17:30 (香港) 第1四半期GDP [前年比] (前回+2.5% 予想+2.7%)
18:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行「LTRO返済予定額発表」
21:25 (米) エバンス米シカゴ連銀総裁講演
21:30 (加) 4月失業率 (前回7.2% 予想7.2%)
21:30 (加) 4月雇用ネット変化 (前回-5.45万人 予想+1.20万人)
22:30 (米) バーナンキFRB議長講演
03:00 (米) 4月月次財政収支 (前回-1065.0億USD 予想+1065.0億USD)
03:00 (米) ジョージ・カンザスシティ連銀講演
主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁(英アイルズベリ)
決算発表:ニコンミノルタ、リンナイ、大正薬HD、東 レ、三井化学、住友ベ、住軽金、森精機、東急建設、大和ハウス、川金HD、東京綱、国際帝石、ライオン、三菱マ、住友鉱、住友電、アサヒHD、日立製作所、日産自、島津製、NTT、パナソニック、りそなHD、東急不、堀場製
高島暦:「人気に逆行して不時の高下を見せる日」

5/11
主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁(英アイルズベリ)

ドル円100円乗せ

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は、100.73、ユーロ円が131.78、ポンド円が155.81、オージー円が102.14、NZD円が84.73、カナダ円が100.27、スイス円が106.73まで上昇した。

恐らく100.75にも防戦がある見込み。

なんで

テーマ: モノローグ

だいまん

このタイミングなのかなあ。。。。東京が寝てる時間帯に。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

一方クロス円では、ユーロ円が129.60まで下落後130.24まで上昇、ポンド円が153.99、オージー円が101.30、NZD円が83.91、カナダ円は年初来高値の99.06まで値を上げたが、スイス円は105.87まで上昇後105.44まで下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、週間新規失業保険申請件数が、市場予想を上回ったことでドル売りが優勢。 
 ドル円は、モデル系ファンドの買いで、99.41まで一時上昇、ユーロドルは1.3095まで下落した。また、ポンドドルは、英MPCでの資産買い入れの据え置きや英3月鉱工業生産が予想を上回ったことなどから1.5587まで上昇後1.5486まで下落した。

ドル買い

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

ドル円は99.41まで上昇、ユーロドルが1.3095まで下落した。

NYダウの高値更新もあるが、流石に神経質な動き。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

  ロンドン午前の動向は若干揉み合い推移。 
 ポンドドルは、英MPCでの資産買い入れの据え置きや英3月鉱工業生産が予想を上回ったことなどから1.552から1.5587、1.5585へ一時値を上げる動きも、更なる動きとならず、ユーロドルは1.3177から1.3135へ下落、ドル円も98.87から98.65まで一時値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が130.22から129.63、ポンド円が153.97から153.51、オージー円が100.88、NZD円が83.29、カナダ円が98.69から98.39まで値を下げ、スイス円が105.38から015.48-49との揉み合い推移となった。

 今後も材料難から動きは鈍そうだ。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=100.00-101.50)
戦略としては、100.80-85と101.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は101.35-40がストップで、101.45-55超えでの倍返し。 ターゲットは101.55-60、101.70-80と利食い&売り直しでストップは、101.85-90超えで、倍返しもターゲットは101.95-05、102.10-15と利食いで、売りは102.15-25まで売り上がって、ストップは102.30-40超えで、102.45-50は再度Capを見て対応。売っても102.55-65超えをストップ、102.65-70、102.90-95での売り直しのストップは、103.00-05超えが倍返し。  一方下値は100.55-65と買い下がって
、ストップは100.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは100.20-30の動向を見るが、割れると99.80-95、99.60-65、99.45-50と買い場を探して、ストップは99.30-40割れ。 99.15-20、98.85-90では維持を確認しながら買っても、ストップは98.70-75割れでの倍返し。ターゲットは98.45-50での買い戻し&買いで、ストップは98.25-30割れでの倍返し。ターゲットは97.45-55を前に下げ止まりでは買い戻しから、買いは97.10-20まで買い下がって、ストップは96.95-05割れ、96.85-95、96.75-85は維持を見て対応。 買いのストップを96.60-65割れとするか、96
.45-50、96.20-35と買い下がって、ストップは96.15-20割れや96.00-05割れでの倍返し。 (予想時レート: 101.05 予想時間 13:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=100.00-101.50)
戦略としては、100.80-85と101.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は101.35-40がストップで、101.45-55超えでの倍返し。 ターゲットは101.55-60、101.70-80と利食い&売り直しでストップは、101.85-90超えで、倍返しもターゲットは101.95-05、102.10-15と利食いで、売りは102.15-25まで売り上がって、ストップは102.30-40超えで、102.45-50は再度Capを見て対応。売っても102.55-65超えをストップ、102.65-70、102.90-95での売り直しのストップは、103.00-05超えが倍返し。  一方下値は100.55-65と買い下がって
、ストップは100.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは100.20-30の動向を見るが、割れると99.80-95、99.60-65、99.45-50と買い場を探して、ストップは99.30-40割れ。 99.15-20、98.85-90では維持を確認しながら買っても、ストップは98.70-75割れでの倍返し。ターゲットは98.45-50での買い戻し&買いで、ストップは98.25-30割れでの倍返し。ターゲットは97.45-55を前に下げ止まりでは買い戻しから、買いは97.10-20まで買い下がって、ストップは96.95-05割れ、96.85-95、96.75-85は維持を見て対応。 買いのストップを96.60-65割れとするか、96
.45-50、96.20-35と買い下がって、ストップは96.15-20割れや96.00-05割れでの倍返し。 (予想時レート: 101.05 予想時間 13:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3100-1.3230)
戦略としては、1.3145-55と1.3175-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3190-00超えでの倍返しも、ターゲットは1.3215-20や1.3220-30の動向次第。超えても1.3240-55での利食いとなるが、超えて再順張りも検討される。この場合のターゲットは1.3265-80、1.3290-95と利食いで、売りは1.3305-10、1.3330-35、1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。 一方下値は1.3135-40
と買い下がって、ストップは1.3120-30割れで、1.3100-05、1.3085-95を買いなおしても、ストップは1.3065-75割れでの倍返し。ターゲットは1.3050-55や1.3030-40の動向次第で買戻しも、割れる再順張りからターゲットは1.3015-25、1.3000-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2985-95割れや1.2970-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2945-55の動向次第。 割れて1.2930-40、1.2910-20と買い戻し&買い場を探してストップは1.2900-05割れで、1.2885-90の維持では買い直しても、ストップは1.2875-80割れでの倍返し。(予想時レート:1.3
160 予想時間 13:40)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、材料難もあり揉み合い気味。ただ、NYダウが堅調に高値を更新したことで、リスク志向の動きが継続した。
 ユーロドルは、独3月鉱工業生産が市場予想を上回ったことを受けて、1.31945まで上昇、ドル円は98.58まで一時下落したが、その後は買い戻しが優勢。 
一方クロス円では、ユーロ円は130.43、ポンド円は154.12、スイス円が105.88まで一時上昇、オージー円は101.00から100.45で揉み合いとなり、NZD円が82.69、カナダ円が98.06まで一時値を下げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

チューリッヒ市場休場(アセンション・デー)
07:45 (NZ) 第1四半期失業率 (前回6.9% 予想6.8%)
07:45 (NZ) 第1四半期就業者数[前期比](前回-1.0% 予想+1.0%)
10:30 (中) 4月消費者物価指数[前年比](前回+2.1% 予想+2.3%)
10:30 (中) 4月生産者物価指数[前年比](前回-1.9% 予想-2.3%)
10:30 (豪) 4月新規雇用者数 (前回-3.61万人 予想+1.10万人)
10:30 (豪) 4月失業率 (前回5.6% 予想5.6%)
14:00 (日) 3月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回97.6 予想97.7)
14:00 (日) 3月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回92.4 予想93.2)
17:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
17:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁、ガスパル・ポルトガル財務相講演
17:30 (英) 3月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.0% 予想+0.2%)
17:30 (英) 3月製造業生産高 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.3%)
17:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
20:00 (英) BOE政策金利発表
21:00 (米) ラッカー米リッチモンド米連銀総裁講演
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回32.4万件 予想33.4万件)
21:30 (加) 3月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
23:00 (米) 3月卸売在庫 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.4%)
23:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回+0.1%)
23:45 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁「TV出演」
02:15 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
未 定 (ユーロ圏) ギリシャ2月失業率(前回27.2%)
米30年国債入札(160億ドル)
決算発表: 旭化成、塩野義、 JXホールディング、三菱ガス、ローム、武田、ディスコ、ソニー、スズキ、ニコン、SBI、楽天、三井不、ガンホー
高島暦:「初め高いと後安し」

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :
(予想レンジ=104.50-106.00)
戦略としては、105.15-20と105.45-50のブレイクに注目してブレイクの場合、上値は順張りから、105.60-90での利食いで、売りは105.95-05、106.15-20と売り上がって、ストップは106.35-40超えや106.40-50超えでの倍返し。 一方下値は104.95-05と買い下がっても、ストップは104.85-90割れでの倍返し。ターゲットは104.60-80ゾーンでの買い戻し&買いも、ストップは104.40-45割れや104.30-35割れでの倍返し。 ターゲットは104.05-10での買い戻し&買いで、ストップは103.80-90割れや103.75-80割れでの倍返し。ターゲットは103.45-60での買い戻し&買いでストップは103.30-40割れ。
(予想時レート:105.30 予想時間 16:40)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

8日の東京市場は、早朝から、下値のストップ・ロスを狙った円買いが強まったが、その後日経平均株価が堅調な推移となったことや押し目買い意欲に、買い戻しが優勢となった。 ただし上値の重い状況が続いた。
 ドル円は98.70のストップ・ロスをヒットして、98.65まで下落後99.15まで反発、ユーロドルは、1.3072から1.3121まで反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が128.98まで下落後129.82へ反発、ポンド円が152.74から153.56、オージー円は予想を上回る中国貿易収支に100.42から101.02まで一時上昇、カナダ円が82.78から83.79、スイス円が104.85から105.42まで反発したが、NZD円は、ウィーラーNZ準備銀行総裁が、「RBNZはNZドル売りを実施」、「RBNZはさらなる介入が可能」などと発言したことを受けて、83.79から82.78まで急落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :
(予想レンジ=97.50-98.60)
戦略としては、98.25-30と98.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.55-60と売り上がって、ストップは98.70-80超えや98.85-90超えでの倍返しもターゲットは99円、99.50と利食い&売り場を探して、ストップは100円超えなどで対応。 一方下値は98.10-20割れでの倍返し。ターゲットは、98.05-10、97.90-00の動向次第。 割れてターゲットは97.35-40を前に下げ止まりでは買い戻しから、買いは97.10-15と買い下がって、ストップは96.80-90割れや96.65-75割れで倍返しも、96.45-55での買い戻し&買い。 ストップは96.25-30や96.15-20割れで、96.05-10、95.95-00の買いのストップは95.75-85割れでの倍返し。
(予想時レート: 98.45 予想時間 16:40)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

16:15 (スイス) 4月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.6% 予想-0.5%)
18:30 (英) 英インフレ連動債入札(11億ポンド)
18:30 (独) 独国債入札(50億ユーロ)
19:00 (独) 3月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.2%)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+1.8%)
21:00 (ノルウェー) ノルゲバンク政策金利発表
21:15 (加) 4月住宅着工件数 (前回18.40万件(18.09万件) 予想17.50万件)
21:30 (米) スタインFRB理事講演
23:30 (米) 週間原油在庫(前回+669.6万バレル)
00:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
未 定 (中) 4月貿易収支(前回-8.8億ドル 予想+160.0億ドル)
未 定 (波) ポーランド国立銀行政策金利発表
アスムセンECB理事、レーン欧州委員「議会証言」
米10年国債入札(240億ドル)
決算発表: 東芝、双日、丸紅、富士重、 HOYA、三菱商、味の素、伊藤忠、サッポロ、ハウス、ブリジストン、住友重、荏原、東芝、カシオ、トヨタ、ダイキン、新生銀
高島暦:「戻り売りの日。 高値のみ見計らいで売り方針」

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の動向は、一時NYダウが15024ドルと年初来高値を更新したことで、リスク志向の動きとなったが、その後金のスポット価格が、23ドル安の1443ドルへ下落。NYダウも高値から、50ドル近い下落となり、円の買い戻しやドル買いが強まった。
 ユーロドルは1.3132ら1.3082まで下落、ドル円が99.35から98.84へ値を下げ、ユーロ円が129.30、豪ドル円が100.32、ニュージー円が83.30まで下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

7日の東京市場は、日経平均株価の堅調な上昇を受けて、円売り気味でスタートしたが、GW明けて、国内輸出企業の売りが散見されたこと、99円ミドルから上値の重さに、大きな材料もない中、海外勢からの利食いが観測されたことなどから、円の買い戻しが強まった。 
 ドル円は99.43から98.82に下落、ユーロドル1.3068から1.3095での揉み合いとなった。 
 一方クロス円では、ユーロ円が130.00から129.23、ポンド円が154.50から153.65、オージー円は、豪州中銀が利下げを実施したことで、101.90から100.82まで下落、NZD円は84.66から83.97、カナダ円が98.73から98.14、スイス円が105.95から105.32まで一時値を下げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=104.60-106.20)
戦略としては、105.45-50と105.75-85のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合、上値は105.95-05、106.15-20と売り上がって、ストップは106.35-40超えや106.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは106.75-90、17.05-10と利食い&売り上がって、ストップは107.15-25超えでの倍返し。 ターゲットは107.35-45、107.50や108円での利食い優先。 売りは108.80-85をバックに、108.50まで売り場探しとなる。 一方下値は105.25-35割れがストップで、104.90-00割れで倍返し。ターゲットは104.60-80ゾーンでの買い戻し&買いも、ストップは104.40-45割れや104.30-35割れでの倍返し。 ターゲットは104.05-10での買い戻し&買いで、ストップは103.80-90割れや103.75-80割れでの倍返し。ターゲットは103.45-60での買い戻し&買いでストップは103.30-40割れ。 103.05-10の維持での買い直しのストップは102.85-90割れで倍返しも、ターゲットは102.35-45での買戻し&買いで、ストップは101.90-00割れで、101.70-75の買いのストップは101.50-55割れで、101.20-30での買い直しのストップは100.75-90割れでの倍返し。ターゲットは100.10-30での買い戻し&買いも、ストップは99.85-00割れでの倍返し。(予想時レート:105.55 予想時間 16:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=98.50-99.50)
戦略としては、99.00-05と99.20-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は99.30-40と売り上がって、ストップは99.45-55超えでの倍返し。ターゲットは99.60-70の動向次第。 Capでは利食い&売り直しも、ストップは99.70-80超えや99.85-00超えでの倍返しも、ターゲットは100.10-20-30での利食い&売り直しでストップは、100.50超えとなる。 一方下値は98.80-90割れでの倍返し。ターゲットは98.35-40を前に下げ渋りでは買い戻し優先で、買いはこの位置から98.25-30、98.15-20と買い下がって、ストップは97.95-00割れや97.80-90割れでの倍返し。ターゲットは97.60-65、97.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは97.15-25割れや、97.00-10割れでの倍返し。 ターゲットは96.85-90、96.60-75と買い戻し&買い下がって、ストップは96.50-55割れで、96.35-40、96.25-30、96.00-05と買い直して、ストップは95.80-85割れや95.65-75割れでの倍返し。 ターゲットは95.40-50での買い戻し&買いで、95.20-30と買い下がって、ストップは95円割れ。(予想時レート:99.10 予想時間 14:35)

結局

テーマ: モノローグ

だいまん

GW中に、98円ミドルから99.45までオファーを全部飲み込んだことで、輸出の売り大分履けたと思っていたけど、案外あったのか?

さもなくば、99.50から上値の売りオーダーに、海外勢が、ロングを利食い始めたことが影響か? 

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

東京午前の動向は、円の買い戻しが優勢。 日経平均株価は堅調な上昇も、GW明けて、国内輸出企業の売りが散見されたこと、99円ミドルから上値の重さに、海外勢からの利食いが観測されテいることなどから、円買いが強まっている。
 ドル円は98.82、ユーロ円が129.23、ポンド円が153.65、オージー円が101.21、NZD円が84.09、カナダ円が98.15、スイス円が105.32まで値を下げた。
 一方ユーロドルは、1.3068から1.3082でサイド・ライン気味の動きとなった。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、アジア夕方の円売りも一服気味の中、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、「ECBはデータを注視。再度行動する準備がある」と述べたことで、ユーロ売りが強まった。  
 ユーロドルは独・ユーロ圏4月サービス業PMI・確報値が、速報値を上回ったことで、1.3120まで反発後1.3054で下落、ドル円は、時間外の米10年物国債利回りの低下を受けて、一時99.45まで上昇後99.15まで下落したが、その後はこのレンジでの揉み合い推移となった。 
 一方クロス円では、ユーロ円が130.40から129.61へ下落、ポンド円が154.78から154.15、オージー円が102.11から101.44、NZD円が84.87から84.27、カナダ円が98.65から98.24、スイス円が106.12から105.70まで値を下げたが、NYダウが堅調を維持したとこと、買い戻し気味で引けた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

10:30 (豪) 3月貿易収支 (前回-1.78億AUD 予想0.00億AUD)
10:30 (豪) 第1四半期住宅価格指数 [前期比] (前回+1.6% 予想+1.8%)
13:30 (豪) RBAキャッシュターゲット発表
14:00 (ユーロ圏) クレディ・アグリコル・1-3月期決算発表
14:00 (独) コメルツ・1-3月期決算発表
14:45 (スイス) 4月失業率 (前回3.2% 予想3.1%)
15:45 (仏) 3月貿易収支 (前回-60.11億EUR 予想-55.00億EUR)
15:45 (仏) 3月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.7% 予想-0.2%)
18:30 (独) 独国債入札(10億ユーロ)
19:00 (独) 3月製造業受注 [前月比] (前回+2.3% 予想-0.5%)
20:00 (ユーロ圏) ソシエテ・ジェネラル・1-3月期決算発表
23:00 (米) 5月IBD/TIPP景気楽観度指数 (前回46.2 予想46.3)
23:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、カタイネン・フィンランド首相、講演
02:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事、講演
04:00 (米) 3月消費者信用残高 (前回+181.39億USD 予想+160.00億USD)
06:00 (NZ) RBNZ金融安定報告書公表
06:05 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁会見
未 定 (英) HSBC・1-3月期決算発表
バローゾ欧州委員長、レーン欧州委員、ダイセルブルーム・ユーログループ議長、メルシュECB理事講演
ダイセルブルーム・ユーログループ議長、バルニエ欧州委員、シェメタ欧州委員「議会証言」
米韓首脳会談
米国3年債入札(320億ドル)
決算発表:菱地所、 三井物、昭和シェル
高島暦:「案外高い日なり。逆に安きは翌日高し」

北朝鮮

テーマ: モノローグ

だいまん

ミサイルを発射台から2基下ろしたようだ。。。

NYダウは堅調

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は高値の99.45に面あわせ。

ユーロ円は129.70から130円近辺まで反発。

更にユーロは下落

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.3063、ユーロ円が129.70まで調整を深めている。

少し下げの状況を見ないと、買いは危険そう。

特に1.3030-40を割れるとストップが出易い。

ユーロ下落

テーマ: モノローグ

だいまん

ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
「ECBはデータを注視。再度行動する準備がある」
との発言を受けて、ユーロドルは、1.3067まで下落。

ユーロ円が129.78まで値を下げた。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン午前の動向は、一時の円売りも一服。 揉合い気味の展開が続いている。
 ドル円は、時間外の米10年物国債利回りの低下を受けて、一時99.45まで上昇後99.15まで下落、ユーロドルは、1.3093まで下落後、独・ユーロ圏4月サービス業PMI・確報値が速報を上回ったことで、1.3120まで反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が130.40から129.88、ポンド円が154.78から154.31、オージー円が102.11から101.67、NZD円が84.87から84.50、カナダ円が98.65から98.32、スイス円が106.12まで上昇後、105.75まで値を下げた。 

 

アジア午前

テーマ: モノローグ

だいまん

参加者が薄く動意に乏しい展開。

 豪3月小売売上高が、市場予想を下回り、一時オージードルが1.0268、オージー円が101.75まで値を下げたが、影響は軽微。
 ユーロドルが1.3140まで一時値を上げ、ドル円は99.20から99.06での推移となっている。

All Day

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=101.00-102.50)
戦略としては、101.85-00と102.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は102.45-50と売りあがって、102.55-65超えをストップ、102.65-70、102.90-95と売り上がって、ストップは、103.00-05超えが倍返し。 ターゲットは103.25-30と利食いで、売りは103.40-45と売り上がって、ストップは103.85-90超えで、104.00-20、104.40-45と売直しのストップは104.50-60超えで、104.75-80、105.00-05での売り直しのストップは、105.15-20超えとするか、105.25-30と売り上がって、ストップは105.40-50超えが倍返し。 一方下値は101.70-75割れで倍返しも、ターゲットは101.45-50の動向次第。割れて101円前後、100.75-85と買戻しで、買いは100.45-55まで買い下がって、ストップは100.20-30割れでの倍返し。ターゲットは、99.80-95、99.60-65、99.45-50と買い場を探して、ストップは99.30-40割れとなる。(予想時レート: 102.05 予想時間 08:55)

動きはほとんどない

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月06日 05:20
EURUSD 1.3109-20
USDJPY 99.13-19
GBPUSD 1.5552-82
USDCHF 0.9340-65
USDCAD 1.0068-99
AUDUSD 1.0307-14
NZDUSD 0.8514-50
EURJPY 129.95-16
GBPJPY 154.19-55
AUDJPY 102.18-29
NZDJPY 84.42-79
CADJPY 97.90-51
CHFJPY 105.85-21
ZARJPY 11.09-15
EURGBP 0.8411-38
EURCHF 1.2254-77

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月06日 04:45
EURUSD 1.3109-20
USDJPY 99.10-19
GBPUSD 1.5552-82
USDCHF 0.9340-65
USDCAD 1.0068-99
AUDUSD 1.0306-20
NZDUSD 0.8509-45
EURJPY 129.90-14
GBPJPY 154.16-52
AUDJPY 102.14-35
NZDJPY 84.30-79
CADJPY 97.90-51
CHFJPY 105.88-09
ZARJPY 11.09-15
EURGBP 0.8411-38
EURCHF 1.2254-77

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(こどもの日の振替休日)、ロンドン市場休場(アーリーメイ・バンクホリデー)
10:30 (豪) 3月小売売上高 [前月比] (前回+1.3% 予想+0.1%)
10:45 (中) 4月HSBCサービス業PMI(前回54.3)
16:55 (独) 4月サービス業PMI・確報値(前回49.2 予想49.2)
17:00 (ユーロ圏) 4月総合PMI・確報値(前回46.5 予想46.6)
17:00 (ユーロ圏) 4月サービス業PMI・確報値(前回46.6 予想46.6)
18:00 (ユーロ圏) 3月小売売上高 [前月比] (前回-0.3% 予想-0.1%)
18:00 (ユーロ圏) 3月小売売上高 [前年比] (前回-1.4% 予想-2.1%)
18:00 (ユーロ圏) レストイ・スペイン中銀副総裁講演
18:30 (南ア) 第1四半期失業率 (前回24.9% 予想25.2%)
21:30 (加) 3月住宅建設許可 [前月比] (前回+1.7% 予想+0.5%)
22:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
23:00 (加) 4月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回61.6 予想58.0)

もう

テーマ: モノローグ

だいまん

GWも早々と終了。 97円が堅く99円を再トライするとは、ちょっと想定外だが、GW中の課題だった「本邦不在中の100円上抜け」は、まだ実現していない。

さあ、今日はラスト・チャンスか?

欧州初動からの動きがポイントなるけど、今日はロンドンが休みだから、やっぱり動きは鈍そう。

NYも、株価睨みになりそう。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月06日 04:23
EURUSD 1.3109-20
USDJPY 99.08-18
GBPUSD 1.5552-82
USDCHF 0.9339-64
USDCAD 1.0068-99
AUDUSD 1.0306-20
NZDUSD 0.8509-45
EURJPY 129.89-14
GBPJPY 154.16-52
AUDJPY 102.15-34
NZDJPY 84.25-78
CADJPY 97.90-51
CHFJPY 105.87-19
ZARJPY 11.09-15
EURGBP 0.8411-38
EURCHF 1.2253-77

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月06日 04:15
EURUSD 1.3109-20
USDJPY 98.99-11
GBPUSD 1.5552-82
USDCHF 0.9339-64
USDCAD 1.0068-99
AUDUSD 1.0306-20
NZDUSD 0.8509-45
EURJPY 129.80-04
GBPJPY 154.07-39
AUDJPY 102.07-26
NZDJPY 84.23-70
CADJPY 97.90-51
CHFJPY 105.76-10
ZARJPY 11.09-15
EURGBP 0.8411-38
EURCHF 1.2253-77

早朝スタート

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年05月06日 04:02
EURUSD 1.3115-20
USDJPY 98.95-09

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 
 昨晩の海外市場は、米4月雇用統計で、非農業部門雇用者数が、前月比+16.5万人、失業率が7.5%と市場予想を上回ったこと、NYダウが一時178ドル高の15009ドルまで上昇したことなどを受けて、ドル売り、円売りのリスク志向が拡大した。 ただ、その後発表された米4月ISM非製造業指数が市場予想を下回ったことが重しとなった。
 ユーロドルは1.31595まで上昇が1.3102が下値を支え、ドル円は99.28へ上昇後98.89で下値を限定した。 
 一方クロス円では、ユーロ円が130.32、ポンド円が154.67、オージー円が102.32、NZD円が84.77、カナダ円が98.35、スイス円が106.38まで一時上昇した。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が130.32、ポンド円が154.67、オージー円が102.32、NZD円が84.77、カナダ円が98.35、スイス円が106.38まで一時上昇した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク志向が優勢。 米4月雇用統計で、非農業部門雇用者数が、前月比+16.5万人と市場予想を上回ったこと、NYダウが一時178ドル高の15009ドルまで上昇したことなどを受けて、ドル売り、円売りが拡大した。 

ただ、その後発表された米4月ISM非製造業指数が市場予想を下回ったことが重しとなった。

ユーロドルは1.31595まで上昇も高値を消し、ドル円は99.28まで上昇後、99円を割れた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=97.40-98.70)
戦略としては、98.00-10と98.25-30のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値はストップは98.35-40超えで、倍返しもターゲットは98.50-60、98.65-75と利食い&売り直しで、ストップは98.80-90超えとするか、売り上がって、99.10-15超えがストップ、99.25-35での売り直しは99.45-55をストップとするか、99.60-70と売り上がって、ストップは99.70-80超えや99.85-00超えでの倍返し。 一方下値は97.95-00と買い下がって、ストップは97.80-90割れで、倍返しもターゲットは97.60-65、97.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは97.15-25割れや、97.00-10割れでの倍返し。 (予想時レート:98.15 予想時間 17:30)

アジア概況

テーマ: モノローグ

だいまん

  3日のアジア市場は、本邦が休日で動意に薄い中、中国や欧州の株価の上昇やノボトニー・オーストリア中銀総裁が、「市場は預金金利のシグナルに過剰な解釈をしている」、「すぐにマイナス預金金利を実施すると予想せず」などと述べたで、ユーロ買いが活発化した。
 ユーロドルは、1.3056から1.3116、ドル円は97.90から98.25まで上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が127.86から128.84、ポンド円が152.04から152.63、オージー円が100.30から100.73、NZD円が83.14から83.62、カナダ円が96.74から97.05、スイス円が104.68から105.27まで値を上げた。

動意に薄く

テーマ: モノローグ

だいまん

手出しは難しいけど、案外底堅い感じ。

日経の先物が一時13964レベルまで上昇したけど、現在高値からは調整気味。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=127.00-129.00)
戦略としては、127.75-80と127.95-00のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は128.10-20超えでの倍返し。ターゲットは128.35-40、128.45-50の動向次第で利食い優先。売りはタイト・ストップで対応。 再度128.95-00方向での売り直しは、129.25-30をストップまたは、129.90-00を倍返しに置くなら、129円ミドル方向から売りあがり場を探す形となる。 また倍返しの場合のターゲットは130.10-35、130.50-55と利食い&売り上がって、ストップは130.65-70超えでの倍返し。 一方下値は127.50-55割れストップで、127.30-40は維持をみて対応。 買ってもストップは127.15-25割れや127.05-10割れでの倍返し。 ターゲットは126.75-80の動向次第。維持では買戻し&買いも、ストップは126.40-45割れでの倍返し。 126.15-25での買い戻し&買いで、ストップは125.95-05割れ。 125.65-85、125.50-55、125.15-20と順次買い場探しとなる。(予想時レート:127.95 予想時間 07:20)


All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3000-1.3150)
戦略としては、1.3050-55と1.3070-75のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、順張りまたは1.3090-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3115-20、1.3145-50と利食いで、売りはこういった位置から1.3155-60、1.3175-00と売り場を探して、ストップは1.3215-20超えや1.3220-30超えでの倍返し。ターゲットは1.3240-55の動向次第。 超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.3265-80、1.3290-95と利食いで、売りは1.3305-10、1.3330-35、1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。一方下値は1.3030-40割れでの倍返し。ターゲットは1.3015-25、1.3000-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2985-95割れや1.2970-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2945-55の動向次第。 割れて1.2930-40、1.2910-20と買い戻し&買い場を探してストップは1.2900-05割れで、1.2885-90の維持では買い直しても、ストップは1.2875-80割れでの倍返し。ターゲットは1.2840-55、1.2820-25と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2795-1.2810、1.2785-90、1.2765-80と買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。(予想時レート:1.3165 予想時間 07:10)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ECB理事会の決定やドラギ総裁発言を受けて、荒れた展開となった。
 ECB理事会では、政策金利を0.50%に引き下げ、中銀預金金利をこれまでの0%に据え置いたが、限界貸出金利を1.50%から1.00%に引き下げた。 発表直後は一定の織り込みの範囲での反応となったが、その後ドラギECB総裁が記者会見で、「ECBは必要があれば行動する準備が整っている」、「ECBはマイナスの預金金利に関してオープン」などと語ったことで、追加の金融緩和への思惑が高まり、ドル買いが強まった。
 ユーロドルは、発表直後1.3115まで値を下げた後、1.3220まで急上昇、その後0.25%まで利下げの協議されたとの噂で、1.3037まで下落した。 ドル円は、強い米週間新規失業保険申請件数もあり、98.40まで上昇。その後は97.60まで値を下げたて、98円前後の揉み合いに終始した。 
 クロス円もストレート通貨の動きに乱高下。 ユーロ円は129.91まで上昇後127.51下落、ポンド円が153.24から151.64、オージー円が100.89から99.92、NZD円は83.45か82.59、カナダ円は97.74から96.81、スイス円が106.01まで上昇後104.44まで一時値を下げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(憲法記念日)
10:00 (中) 4月非製造業PMI (前回55.6)
10:30 (豪) 第1四半期生産者物価指数 [前年比] (前回+1.0%)
14:00 (ユーロ圏) BNPパリバ・第1四半期決算発表
17:30 (英) 4月PMIサービス業 (前回52.4 予想52.1)
18:00 (ユーロ圏) 3月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.3% 予想+0.7%)
18:00 (ユーロ圏) 欧州委員会、春季経済見通し発表
19:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行LTRO返済予定額発表
21:30 (米) 4月非農業部門雇用者数 (前回+8.8万人 予想+14.5万人)
21:30 (米) 4月民間部門雇用者数 (前回+9.5万人 予想+17.0万人)
21:30 (米) 4月失業率 (前回7.6% 予想7.6%)
23:00 (米) 4月ISM非製造業景況指数 (前回54.4 予想54.0)
23:00 (米) 3月製造業受注指数 [前月比] (前回+3.0% 予想-2.4%)
01:30 (米) タルーロFRB理事講演
01:45 (米) ラッカー・リッチモンド米連銀総裁講演
02:05 (加) カーニーBOC総裁講演
企業決算:RBS・第1四半期決算発表

既に

テーマ: モノローグ

だいまん

兵どもが戦の後だね。。。。

動かない。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

堅調。 110ドル高。

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ストレート通貨の動きに乱高下。 

ユーロ円は129.91まで上昇後127.51下落、ポンド円が153.24から151.64、オージー円が100.89から99.92、NZD円は83.45か82.59、カナダ円は97.74から96.81、スイス円が106.01まで上昇後104.44まで値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 2日のNY市場は、ECB理事会の決定やドラギ総裁発言を受けて、荒れた展開となった。
 ユーロドルは、発表直後1.3115まで値を下げた後、1.3220まで急上昇。 その後1.3042まで下落した。 ドル円は、強い米週間新規失業保険申請件数もあり、98.40まで上昇後97.60まで値を下げたが、98台を回復した。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

2日の東京市場は、日経平均株価の軟調な動きや情報会社のマーケットニュース・インターナショナルが、中国関係者筋の話しとして「中国は、2014年のGDP伸び率の目標を7%に設定する公算」と報じたことで、一時円買いが強まるも、重要指標を控えて、動意に薄い展開となった。
 ユーロドルは、ECB理事会を控えたポジション調整で1.3190から1.3148まで下落、ドル円は97.42から97.10まで値を下げた。 
 クロス円では、ユーロ円が128.43から127.75、ポンド円が151.60から150.95、NZD円が82.82から82.24、カナダ円が96.65から96.26、スイス円が105.06から104.51まで一時値を下げ、オージー円は、豪3月豪住宅建設許可件数や中国4月HSBC製造業PMIが、市場予想を下回ったことで、100.12から99.30まで一時下落した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=150.00-152.00)
戦略としては、150.85-95と151.30-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は151.45-50と売り上がって、ストップは151.55-60超えで、151.80-85はCapを見て、売り直してストップを151.90-95超えとするか、152.00-15まで売り上がって、ストップは152.15-25超えでの倍返し。 ターゲットは、152.45-50での利食い&売りで、ストップは152.65-75とするか、更に売り上がって、ストップは152.80-85超えでの倍返し。 ターゲットは153.25-45、153.55-65、153.75-80と利食いで、売りは153.85-90超えが倍返しとなる。 一方下値は150.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは150.35-45の動向次第。割れて150.10-20まで維持を見て買い戻し&買い場を探して、ストップは149.95-00割れや149.85-90割れでの倍返し。ターゲットは149.50-65、149.35-40と買い戻しで、買いは149.10-20、148.85-90と買い下がって、ストップは148.60-65割れや148.50-55割れでの倍返し。ターゲットは148.35-40、148.10-20での買い戻しで、買いは147.85-95まで買い下がって、ストップは147.55-60割れで、147.15-40、147.05-10と買い直して、ストップをタイトとするか、146.65-70まで買い下がって、ストップは146.35-40割れでの倍返し。 このターゲットは146円前後の動向次第。維持では買っても、ストップは145.85-90割れでの倍返し。 (予想時レート:151.15 予想時間 15:30)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3080-1.3280)
戦略としては、1.3160-70と1.3185-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3200-15と売り上がって、ストップは1.3220-30超えや1.3245-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3265-80、1.3290-95と利食いで、売りは1.3305-10、1.3330-35、1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。 あくまで1.3430-35を超えて、ターゲットは1.3440-50、1.3455-70の動向次第で利食い優先。超えての再順張りも検討されるが、 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。 一方下値は1.3145-50をストップ、1.3135-40割れでの倍返し。ターゲットは1.3115-25、1.3085-90と買い戻しで、買いはこういった維持から1.3070-80、1.3060-70と買い下がって、ストップは1.3050-55や1.3040-45割れで、1.3030-40割れでの倍返し。ターゲットは1.3015-25、1.3000-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2985-95割れや1.2970-75割れでの倍返し。ターゲットは1.2945-55の動向次第。 割れて1.2930-40、1.2910-20と買い戻し&買い場を探してストップは1.2900-05割れで、1.2885-90の維持では買い直しても、ストップは1.2875-80割れでの倍返し。ターゲットは1.2840-55、1.2820-25と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2795-1.2810、1.2785-90、1.2765-80と買い場を探して、ストップは1.2745-50割れでの倍返し。(予想時レート:1.3170 予想時間 15:15)

案外やばいかも

テーマ: モノローグ

だいまん

マーケットニュースインターナショナル(MNI)が、

中国関係者筋の話しとして「中国は2014年のGDP伸び率の目標を7%に設定する公算」、「李克強中国首相は成長目標の引き下げに関して研究を要請」などと報じた模様。 

案外このニュースはやばいかも。 特にオージーには、悪影響がありそうだ。

豪州

テーマ:

だいまん

建設許可、輸出価格、中国PMI と悪い指標が続く

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 4月マネタリーベース [前年比] (前回+19.8%)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(4月3・4日分)
08:50 (日) 対外及び対内証券売買契約等の状況(指定報告機関ベ-ス)
10:30 (豪) 3月住宅建設許可件数 [前月比] (前回+3.1% 予想+1.5%)
10:30 (豪) 第1四半期輸入物価指数 [前期比] (前回+0.3% 予想-0.5%)
10:45 (中) 4月HSBC製造業PMI・改定値 (前回51.6 予想50.6
16:30 (スイス) 4月PMI製造業 (前回48.3)
16:55 (独) 4月製造業PMI・確報値 (前回47.9 予想47.9)
17:00 (ユーロ圏) 4月製造業PMI・確報値 (前回46.5 予想46.5)
17:30 (英) 4月PMI建設業 (前回47.2 予想48.0)
17:30 (香港) 3月小売売上高-価格 [前年比] (前回+22.7% 予想+14.0%)
17:50 (ユーロ圏) 仏国債入札
19:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
20:00 (チェコ) チェコ国立銀行政策金利発表
20:30 (米) 4月チャレンジャー人員削減予定数 [前年比](前回+30.0%)
20:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
21:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁記者会見
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.9万件 予想34.5万件)
21:30 (米) 3月貿易収支 (前回-430億USD 予想-420億USD)
21:30 (米) 第1四半期非農業部門労働生産性 [前期比] (前回-1.9% 予想+1.8%)
21:30 (米) 第1四半期単位労働費用 [前期比] (前回+4.6% 予想0.0%)
21:30 (加) 3月国際商品貿易 (前回-10.2億CAD 予想-7.0億CAD)
伊4月財政収支 (前回-214億ユーロ)
企業決算:(日)住友商、 アサヒ、出光興産
高島暦: 「突っ込んでも戻す日。悪目あれば買い方針良し」

ドル買い

テーマ: モノローグ

だいまん

FOMC声明
「少なくとも失業率が6.5%を上回り、今後1-2年のインフレが2.5%を上回らないと予想される限り、FF金利の誘導目標を0.0%から0.25%の範囲に維持することを決めた」
「雇用市場の見通しやインフレの変化に応じて、適切な政策緩和を維持するため、資産購入のペースを増加または減少させる用意がある」
「ジョージ米カンザスシティー連銀総裁は高水準の金融緩和の継続が将来の経済・財政的不均衡の危険性を増し、時間とともに長期インフレ予想の上昇を引き起こす可能性があるとして反対した」

なにも変わってないが、売りが溜まってたんだろうか、ドル買いで反応。

FOMCは

テーマ: モノローグ

だいまん

ハト派維持は織り込みなんだろうけど、再確認する動き?になるのか?

ともかく、ドル円の上値は重そう。

また、97-100円のバイナリー・オプションだが、30日に実際96.99まで下げているのでタッチしているはず。

なので、現状も97円に防戦があることはなさそう。

ただ、ビッドがいただけだと思う。

なので、次のトライは注意。

ダウは一時78ドル安

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円もロンドンでの買い戻しからは、一時大きく値を下げた。 

ユーロ円が128.92から128.07、ポンド円が152.23まで上昇後151.12、

オセアニアが安く、オージー円が101.12から99.77、NZD円が83.71から82.33、カナダ円が97.08から96.18、スイス円が105.19から104.71まで一時値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、米4月ADP全国雇用報告が、予想を下回ったことで一時ドル売りが強まったが、その後は米4月ISM製造業指数が予想を上回ったこともあり一服気味。 
 ユーロドルは1.3243の高値まで上昇後1.3187へ調整、ドル円は97.67から97.025まで下落後反転を97.39で限定した。またポンドドルは、強い英4月製造業PMIを受けて1.5594まで上昇、ドルスイスが09274まで下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 1日の東京市場は、メーデーで主要市場が休暇の中、中国4月製造業購買担当者指数(PMI)が、市場予想を下回ったことで、一時円買いが進んだが、手がかり難から、その後は揉み合いとなった。ドル円は、97.05まで下落後97.48まで反発、ユーロドルは1.3180から1.3161まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が127.87から128.36、ポンド円が150.85から151.48、オージー円が100.61から101.03、NZD円が83.13から83.55、カナダ円が96.41から96.81、スイス円が104.43から104.85での推移となった。(15:50現在) 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=83.00-84.50)
戦略として83.25-40と83.55-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は83.70-75をストップまたは、83.80-95まで売り上がって、ストップは84.05-10超えでの倍返し。ターゲットは84.25-35、84.55-65と利食いで、売りはこういった位置から84.75-80と売り場を探して、ストップは84.90-00超えで、再度85.15-20、85.30-45、85.55-60、85.70-95と売り上がって、ストップは86.00-05超えや86.20-30や86.35-40超えが倍返しも、ターゲットは86.50円前後、87円前後とCapを見て利食い優先から、売っても、各々タイト・ストップで対応。 一方下値は83.05-15がストップで、82.95-00は維持を見て買っても、ストップは82.75-85割れで、82.50-60での買い直しのストップは82.35-40割れで、倍返ししても82.20-30、81.95-00、81.70-75、81.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは81.25-30割れ。81.00-10、80.85-90、80.65-70での買い直しのストップは80.50-55割れや80.40-50割れで、80.25-40、80.10-15での買いのストップは79.95-00割れや79.85-90割れでの倍返し。ターゲットは79.40-50での買い戻しで買いはこの位置から79.10-15と買い下がって、ストップは78.95-00割れでの倍返し。(予想時レート: 83.50 予想時間 15:25)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=97.00-98.00)
戦略としては、97.20-25と97.35-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は97.45-55と売り上がって、97.60-65超えがストップ&倍返ししても97.75-80、97.85-00と利食い&売りで、ストップは98.10-15や98.20-25超えで、98.30-35超えでの倍返し。ターゲットは98.50-60、98.65-75と利食い&売り直しで、ストップは98.80-90超え、99.10-15、99.25-35での売りは99.45-55をストップとするか、99.60-70と売り上がって、ストップは99.70-80超えや99.85-00超えでの倍返しも、100.10-20-30での利食い&売り直しでストップは、100.50超えとなる。 一方下値は97.10-20と買い下がって、ストップは97.00-10割れで倍返しも、ターゲットは96.85-90、96.60-75と買い戻し&買い下がって、ストップは96.50-55割れで、96.35-40、96.25-30、96.00-05と買い直して、ストップは95.80-85割れや95.65-75割れでの倍返し。 ターゲットは95.40-50での買い戻し&買いで、95.20-30と買い下がって、ストップは95円割れで、94.60-70、94.40-50、94.15-20と買い下がって、ストップは93.95-05割れ、93.80-85での買い直しのストップは、ストップは93.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、93.05-15や92.95-00を前に買い戻しで、こういった位置まで買い下がって、ストップは92.80-90割れや92.65-75割れでの倍返し。(予想時レート:97.30 予想時間 14:50)

やっぱり

テーマ: モノローグ

だいまん

動かない。 でもアリーバードはいないけど、ロンドンはいるので、やっぱり夕方からは動くのかな?

後は、今日は水曜日で、GWで6日が休みだから、いつもより、バリュー替わりのストップが多くなるので、東京夕方からロンドンにかけては、クロス円などのショート・カバーはありそうだ。

中国製造業PMI

テーマ: モノローグ

だいまん

予想を下回るも反応は限定的。

事前に悪そうな雰囲気を織り込んだ感じ。

現状は日経平均株価にほぼ連動状態。

日経平均が

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調気味で、思ったより円買いが進む。

後は中国PMI次第かな? でも現在突っ込み売り過ぎなら反転もありそう。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米4月シカゴ購買部協会景気指数が、市場予想を大きく下回ったことで、NYダウが84ドル安のスタートとなったことなどでドル売りが一時強まったが、その後表された米4月消費者信頼感指数は市場予想を上回り、NYダウもプラス圏を回復したことで、更なる動きにはならなかった。
 ドル円は96.99まで一時下落後97.62を回復、ユーロドルは、ユーロ圏4月消費者物価指数が市場予想を下回ったことで1.3052まで下落後、月末のロンドン・フィキシングでの買いで1.3181まで値を上げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が127.20から128.52、スイス円が103.29から104.98まで上昇、ポンド円が151.85から150.76まで値を下げ、オージー円が100.52から101.21へ反発、NZD円が83.81から83.16まで下落後このレンジで推移、カナダ円が96.16から96.90まで反発した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

香港、中国市場休場(労働節) フランクフルト、パリ、チューリッヒ市場休場(レイバーデー)、南ア市場休場(ワーカーズ・デー)
10:00 (中) 4月製造業PMI (前回50.9 予想50.7)
12:25 (豪) エディRBA総裁補佐講演
12:45 (日) 10年債入札(2兆4000円)
15:00 (英) 4月ネーションワイド住宅価格 (前回±0.0% 予想+0.3%)
17:30 (英) 4月PMI製造業 (前回48.3 予想48.3)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+0.2%)
21:15 (米) 4月ADP全国雇用者数 (前回+15.8万人 予想+15.0万人)
23:00 (米) 4月ISM製造業景況指数 (前回51.3 予想51.0)
23:00 (米) 3月建設支出 [前月比] (前回+1.2% 予想+0.5%)
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+94.7万バレル)
03:00 (米) FOMC政策金利発表
06:50 (加) カーニーBOC総裁講演
企業決算:(日)小林製薬、大和証G
高島暦: 「目先のポイントを作る日」

NYダウは底堅い

テーマ: モノローグ

だいまん

84ドル安から12ドル安へ反発中。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

まちまちの動き。

ユーロ円が127.20から128.45、スイス円が103.29から104.89まで上昇、ポンド円が151.85から150.76まで値を下げ、オージー円が101.05から100.52、NZD円が83.81から83.16、カナダ円が96.83から96.16まで一時下落したが、その後はドル円の反発がに買い戻しが優勢となった。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、ドル売りが優勢。 
ドル円は97.01まで下落、ユーロドルが1.3181まで値を上げ、ポンドドルが1.5568へ上昇、ドルスイスは0.9279まで下落した。。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】2013年05月