ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】:2013年03月

NY午前は

テーマ: モノローグ

だいまん

グッドフライデーで、主要市場や米株式・債券・商品市場が休場となっていることで、参加者が薄く、方向感のない揉み合い。 

ドル円は94.01から94.18へ値を上げ、

ユーロドルは1.2827から1.2812まで値を下げた。

クロス円では、ユーロ円が120.46から120.76、ポンド円が142.79から143.17、オージー円が97.99から98.06での推移に留まっている。 

今日は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

流石に動けないので、やらないほうが無難の晩。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 29日の東京市場は、期末を睨んで一時円売り気味も、主要海外市場がグッド・フライデーで休場となっていることもあり、動意に薄い展開が続いたが、午後には週末を睨んだポジション調整の売りが出た模様。  
 ユーロドルは1.2837から1.2792まで一時値を下げ、ドル円も94.30から93.98まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が120.85から120.30、ポンド円が143.28から142.76、オージー円が98.18から97.90、NZD円が78.97から78.64、カナダ円が92.79から92.49、スイス円が99.30から98.86へ一時下落した。 (15:30現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.00-79.20)
戦略としては78.60-70と78.80-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は78.95-05超えでの倍返し。ターゲットは79.05-10、79.15-20、79.25-35と利食い&売り上がって、ストップは79.45-50超えで、79.60-70、79.70-80、79.85-90、80円と売り直して、ストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は78.50-60割れがストップで、78.45-50割れで倍返しもターゲットは78.35-40、78.15-30と買い戻し&買い下がって、ストップは78.00-05割れで、77.90-95は維持をみて対応。 買ってもストップは77.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは77.50-60での買戻し&買い。 77.30-40割れがストップで、77.05-15での買いのストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 (予想時レート: 78.75 予想時間 14:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2720-1.2890)
戦略としては、1.2810-20と1.2830-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2845-60超えがストップで、1.2865-75超えでの倍返し。ターゲットは1.2890-00、1.2915-20、1.2940-50の動向次第で利食い。超えても1.2980-95、1.3000-05、1.3020-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3045-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3075-80や1.3085-90の動向次第。Capでは売っても、ストップは1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.2790-95割れをストップまたは、1.2770-80まで買い下がっても、ストップは1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 (予想時レート:1.2820 予想時間 14:45)

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

月末で需給面から荒れた展開が続くが、例年仲値に向けて思惑的な買いが入り易いく、早期には買いも検討される。 ただ逆に妙に価格を上げ過ぎるとその反動も出易い。 また、海外でも、ロンドン・フィキシング(日本時間翌午前1時)にも、日本株投資に絡む円買いが出易いと見られ、あくまで吹いたところがあれば、じっくりと売り場を探す形を想定したい。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん


 昨晩の海外市場は、独3月雇用統計が予想より弱い内容だったことで、一時リスク回避的な動きも、、欧州やNY株が堅調に推移したことで、巻き戻し的な動きで終了した。
 ユーロドルは、1.2755から1.2845まで上昇、ドル円は98.88から94.39まで一時反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が119.745から120.96、ポンド円が142.21から143.10、カナダ円が92.29から92.91まで反発したが、オージー円は97.82、NZD円が78.56まで一時安値を更新した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、南ア、トロント、NY市場休場(イースター休暇)
08:30 (日) 2月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.3% 予想-0.7%)
08:30 (日) 2月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.2% 予想-0.3%)
08:30 (日) 2月失業率 (前回4.2% 予想4.2%)
08:30 (日) 2月有効求人倍率 (前回0.85 予想0.86)
08:50 (日) 2月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+0.3% 予想+3.5%)
08:50 (日) 2月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-5.8%予想-7.8%)
16:45 (仏) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.4%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(2月27日~3月27日)
21:30 (米) 2月個人所得 [前月比] (前回-3.6% 予想+0.9%)
21:30 (米) 2月個人支出 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.6%)
21:30 (米) 2月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.2% 予想+1.4%)
21:30 (米) 2月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30 (米) 2月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.3% 予想+1.3%)
22:55 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回71.8 予想72.9)

3/31(日)
英国及び欧州夏時間に移行

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 28日の東京市場は材料難から揉み合いも期末を控えて、円の買い戻しが優勢となった。 ユーロドルは1.2774から1.2815へ上昇、ドル円は94.49から93.985まで下落した。クロス円ではユーロ円が120.79から120.14、ポンド円が142.96から142.25、オージー円が98.66から97.99、NZD円が79.60から78.55、カナダ円が92.98から92.44、スイス円が99.05から98.55まで一時値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=119.50-121.50)
戦略としては、120.35-40と120.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、120.70-80超えでの倍返し。ターゲットは121.00-05、121.15-20と利食いで、売りは121.50-60まで売り上がって、ストップは121.85-95超えでの倍返し。ターゲットは122.30-35での利食い&売りで、ストップを122.50-55超えとするか、122.70-75、122.95-05、123.30-40と売り場を探して、ストップは、123.50-55や123.65-75超えで、123.85-90超えが倍返し。ターゲットは124.00-05、124.20-25と利食い&売り上がって、ストップは124.35-40超えや124.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは124.80-90を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは124.90-05、125.10-15、125.35-40と利食い&売り上がって、125.60-75超えや125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。 一方下値は120.20-30と買い下がって、ストップは120.10-15割れや119.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは118.45-55、118.20-25と買い戻し&買いでストップは117.85-95や117.70-80割れ。117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40の維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:120.55 予想時間 15:40)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=98.00-99.40)
戦略としては、98.60-70と99.05-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りからターゲットは99.35-45での利食い&売りで、99.75-80まで売り上がって、ストップは99.95-00超えでの倍返し。ターゲットは100.15-20、100.25-40と利食いで、売りは100.45-70、100.80-95と順次売り場を探して、ストップは101.00-01や101.20-25超え、101.35-40超えでの倍返し。 ターゲットは101.50-65、101.65-75と利食い&売り上がって、ストップは101.90-00超えや102.20-30の超えでの倍返し。 ターゲットは102.60-65での利食い&売り直しで、ストップは102.80-85超えや103.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは103.15-20、103.35-45と利食い&売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値は98.40-50割れでの倍返し。ターゲットは、98.15-25、97.95-00、97.75-80と買い戻し場を探す形。 買いは維持でのケースのみで、ストップは97.40-45割れで、倍返しも97.25-35や97.10-20での買い戻しで、買いはこういった位置から96.85-95と買い下がって、ストップは96.65-75割れでの倍返し。ターゲットは96.40-50での買い戻し&買い。96.15-25がストップ。95.95-00、95.70-80、95.55-60、95.25-35と買い場を探して、ストップは94.95-05割れで、94.85-90の維持では買っても、ストップは94.65-70割れで、倍返しもターゲットは94.50-60や94.35-40の動向次第。 割れてターゲットは94.00-25での買い戻し&買いでストップは93.90-00割れでの倍返し。ターゲットは、93.70-75の動向次第。 割れると93.55-65、93.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは93.20-30割れで倍返しとなる。(予想時レート:98.75 予想時間 16:40)

思ったより

テーマ: モノローグ

だいまん

弱いドル円。以前のような、がんがん買いが入る感じがない。

想定外に下げる可能性もありそうだ。

日経が

テーマ: モノローグ

だいまん

調整気味で、若干の円買いも、今日は動きづらいでしょう?

既にディーラー達は、3月末を睨んでポジションは取らず、お客さんのポジションのカバー程度。

どうせやるなら明日の仲値なので、今日の東京はもう誰もやらないので、

ロンドン待ちとなる。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 2月住宅建設許可 [前月比] (前回-0.4%)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:01 (英) 3月GFK消費者信頼感調査 (前回-26 予想-27)
17:30 (香港) 2月月次政府財政収支 (前回+419億HKD)
17:55 (独) 3月失業者数 (前回-0.3万人 予想-0.1万人)
17:55 (独) 3月失業率 (前回6.9% 予想6.9%)
18:00 (ユーロ圏) 2月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.5% 予想+3.2%)
18:30 (南ア) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.8% 予想+5.7%)
21:00 (南ア) 2月貿易収支 (前回-245億ZAR 予想-127億ZAR)
21:00 (チェコ) チェコ国立銀行、政策金利発表 0.05%で据え置き 0.05%で据え置き
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.6万件 予想33.8万件)
21:30 (加) 1月GDP [前月比] (前回-0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回+0.1% 予想+0.5%)
21:30 (米) 第4四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
22:45 (米) 3月シカゴ購買部協会景気指数 (前回56.8 予想56.3)
日2年国債入札(2兆9000億円)、米7年国債入札(290億ドル)

下値拡大

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.2751、ドル円は94.03まで一時値を下げた。

一方クロス円ではユーロ円が119.96、ポンド円が142.04、オージー円は97.98、NZD円が78.48、カナダ円が92.32、スイス円が98.52まで一時下値を拡大した。 

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時のマイナス120ドル安から50ドル安へ値を戻す。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の取引は、イタリア国債の格下げ観測やECBの利下げの思惑、NYダウが100ドル近い下落スタートとなったことで、リスク回避の動きが強まった。
 ユーロドルは1.2756、ドル円は94.10まで一時値を下げた。
 クロス円ではユーロ円が120.10、ポンド円が142.09、オージー円は98.18、NZD円が78.58、カナダ円が75.58、スイス円が98.67まで下落した。

まだ

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルの1.28の防戦が効いている。

ただ、既に3度目だから。。。。。。50も超えないならと思うけど。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 27日の東京市場は、外貨建て投資信託絡みの円売り、権利落ちの日経平均株価が堅調な推移となったことで、円売りが優勢となった。 
 ドル円は、94.45から94.91まで一時上昇、「日銀が次回の金融政策決定会合で無期限緩和の前倒しや国債買い入れの一本化を検討する」との報道が伝わったが影響は薄くかった。 ユーロドルは、1.2867から1.2838まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円は121.39から121.87、ポンド円が143.14から143.79、オージー円が98.96から99.27、NZD円が79.19から79.47、カナダ円が92.88から93.27、スイス円が99.57から99.95まで一時値を上げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=98.60-99.80)
戦略としては、99.05-10と99.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、99.35-40をストップ、99.45-55はCapを見て対応。 売ってもストップは99.60-70や99.75-85超え、99.95-00超えで騙しに注意して慎重な倍返し。ターゲットは100.50前後または上げ渋りでは、利食い優先で、超えても100.70-80では利食い&売り場探し。 ストップは101円こえなどで対応。 一方下値は98.95-00と買い下がって、ストップは98.75-80割れで、または98.60-65まで買い下がって、ストップは98.40-50割れで、98.25-30、98.15-20、97.95-05での買い直しのストップは97.70-75割れでの倍返し。ターゲットは97.55-65の維持では買い戻しで、買ってもストップは97.30-40割れで、97.05-30、96.75-95と買い直して、ストップは96.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、96.45-50、96.20-35と買い戻し&買いで、ストップは96.00-20ゾーン割れ。 倍返しも検討されるが、ターゲットは95.80-90、95.55-70と買い戻しで、買いは95.25-40と買い下がって、ストップは95.15-25割れでの倍返し。 ターゲットは94.95-05、94.80-90の動向次第で買い戻し。買いは94.65-70と買い下がって、ストップは94.45-50割れや94.35-45割れでの倍返し。(予想時レート: 99.20 予想時間 15:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2795-1.2950)
戦略としては、1.2840-50と1.2865-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2890-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.2915-20、1.2940-50の動向次第で、利食い。超えても1.2980-95、1.3000-05、1.3020-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3045-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3075-80や1.3085-90の動向次第。Capでは売っても、ストップは1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.2835-40割れでの倍返し。ターゲットは1.2825-30の動向次第。割れて1.2810-20、1.2790-05と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60での買い直しの、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2850 予想時間 15:30)

仲値前に

テーマ: モノローグ

だいまん

若干売りが出るも大きな動きとなっていない。

株も権利落ち後も底堅い形。

ドル円は94.60台をすっきりと上抜けられるか?

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、NYダウが堅調に100ドルを超える上昇となり、リスク志向の動きが中心となった。
 ユーロドルは、欧州議会が、「新たな銀行整理法案のもとで、10万ユーロを超える預金者に負担を求める」と伝わったことで、1.2828まで下落後1.2890まで反発、ドル円は、米3月リッチモンド連銀製造業景気指数や米2月新築住宅販売件数、米3月消費者信頼感指数が、いずれも予想を下回ったことで、94.13まで下落後、日経新聞が「日銀は、デフレ脱却に向けて国債買い入れを拡大するため新たな購入目標を設ける」と報じたことで94.62まで反発した。
 クロス円では、ユーロ円が120.77から121.65、ポンド円が142.51から143.40、オージー円が99.18、NZD円が79.37、カナダ円が93.05、スイス円が99.75まで値を上げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:00 (NZ) 3月ANZ企業信頼感(前回39.4)
09:00 (NZ) 3月ANZ企業活動見通し(前回37.6)
16:00 (独) 4月GFK消費者信頼感調査 (前回5.9 予想6.0)
16:45 (ユーロ圏) 仏第4四半期GDP・確報値 [前年比] (前回-0.3%)
16:45 (ユーロ圏) 仏第4四半期GDP・確報値[前期比](前回-0.30%)
17:00 (スイス) 3月KOF先行指数 (前回1.03 予想1.03)
18:30 (英) 第4四半期GDP・確報値 [前期比] (前回-0.3% 予想-0.3%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・確報値 [前年比] (前回+0.3% 予想+0.3%)
18:30 (英) 第4四半期経常収支 (前回-128億GBP 予想-127億GBP)
19:00 (ユーロ圏) 3月消費者信頼感・確報 (前回-23.5 予想-23.5)
19:00 (ユーロ圏) 3月経済信頼感(前回91.1 予想91.2)
19:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 - -7.10%
21:30 (加) 2月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.7%)
21:30 (加) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.5% 予想+0.8%)
23:00 (米) 2月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+4.5% 予想+0.7%)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回-131万バレル)
24:30 (米) ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演
01:15 (米) ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演
02:00 (米) コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演
BRICS首脳会議(南ア)
米5年国債入札(270億ドル)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が120.77から121.65、ポンド円が142.51から143.40、オージー円が99.18、NZD円が79.37、カナダ円が93.05、スイス円が99.75まで値を上げた。

NYダウが100ドル超えの上昇

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.2828まで下落後1.2890まで反発も、その後はも揉み合い。

ドル円は94.13まで下落後、日経新聞が「日銀は、デフレ脱却に向けて国債買い入れを拡大するため新たな購入目標を設ける」と報じたことで94.62まで反発した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 26日の東京市場は、昨晩来のリスク回避の動きからは、外貨建て投信設定に絡んだ買いが下値を支え、黒田東彦日銀総裁が「日銀券のルールについては撤廃を含めて検討対象になる」と発言したこと、日経平均株価が立ち直り見せたことで、円売り気味となったが、その後は利食いも優勢となった。
 ドル円は93.87から94.455まで反発、ユーロドルは1.2845から1.2878までじりじり値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円は120.72から121.57、ポンド円が142.50から143.34、オージー円が98.26から98.82、NZD円が78.39から78.84、カナダ円が91.89から92.50、スイス円が99.00から99.57まで一時値を回復した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=142.00-144.00)
戦略としては142.75-85と143.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は143.30-35超えが倍返しもターゲットは143.60-75での利食い。 売りは143.85-90、144.00-05と売り上がって、ストップは144.40-55超えや144.65-70超えで、144.75-80超えでの倍がえしも、ターゲットは144.90-95での利食い&売り直しで、ストップは145.15-25超えでの倍返し。ターゲットは145.40-50での利食い&売り直しでストップは145.70-80超えや145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、148.50、149円と利食い優先から、売りは149.40-50をバックに検討される。 一方下値は142.45-50割れがストップ、142.20-40、141.95-00と買い場を探して、ストップは141.85-90割れでの倍返し。ターゲットは141.45-50を前に下げ止まりでは買い戻し。買いはこの位置から141.30-35、140.95-05、140.70-85と買い下がって、ストップは140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは1139.60-65、139.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは139.10-30割れで倍返し。 ターゲットは138.85-95、138.55-65と買い戻しで、買いは138.35-45と買い下がって、ストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返しも、135.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップを135.55-60割れとするか、更に買い下がっても135.35-45割れでの倍返し。ターゲットは134.95-05と買い戻し&買い下がって、ストップは134.70-85割れとなる。(予想時レート:143.10 予想時間 14:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=120.50-122.50)
戦略としては、121.05-10と121.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、121.40-50と売り上がって、ストップは121.55-60超えでの倍返し。ターゲットは121.90-95、122.30-35と利食い&売り上がって、ストップを122.50-55超えとするか、122.70-75、122.95-05、123.30-40と売り場を探して、ストップは、123.50-55や123.65-75超えで、123.85-90超えが倍返し。ターゲットは124.00-05、124.20-25と利食い&売り上がって、ストップは124.35-40超えや124.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは124.80-90を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは124.90-05、125.10-15、125.35-40と利食い&売り上がって、125.60-75超えや125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。 一方下値は120.95-00と買い下がって、ストップは120.65-75割れで、120.55-60、120.45-50と買い下がって、ストップは120.05-10割れでの倍返し。 ターゲットは119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは118.45-55、118.20-25と買い戻し&買いでストップは117.85-95や117.70-80割れ。117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40の維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:121.25 予想時間 14:35)

日経の反発を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

円売り。 

ドル円は94.41、ユーロ円が121.40、ポンド円が143.23、オージー円が98.78まで反発。 でも売りが出易いレベル。

私も含めて発言には気をつけましょう

テーマ: モノローグ

だいまん

ダイセイプルーム・オランダ財務相
(ユーログループ議長)
「私はキプロスとその他の国を関連付けなかった」
「政治家は率直にコミュニケーションすべき」
「本日の発言を後悔しない」

ダイセイプルーム・ユーログループ議長は、昨晩「キプロスの銀行リストラ計画は、その他のユーロ圏の前例と見なされるべきだ」と語り、キプロス以外のユーロ圏諸国にも金融不安が波及するとの見方が広がり、ユーロ売りに群がって経緯がある。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 2月貿易収支 (前回-3.05億NZD)
13:45 (豪) スティーブンスRBA総裁講演
17:30 (香港) 2月貿易収支 (前回-275億HKD 予想-401億HKD)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (ユーロ圏) カタイネン・フィンランド首相講演
19:30 (英) 英国債入札(2025年償還・10億ポンド)
20:00 (英) 3月CBI流通取引調査(前回13 8)
21:00 (トルコ) トルコ中銀、政策金利発表
21:30 (米) 2月耐久財受注 [前月比] (前回-5.2%(-4.9%) 予想+3.8%)
21:30 (米) 2月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.9%(+2.3%) 予想+0.9%)
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
22:00 (米) 1月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+6.84% 予想+7.90%)
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 (前回43.7万件 予想42.5万件)
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 [前月比] (前回+15.6% 予想-2.8%)
23:00 (米) 3月リッチモンド連銀製造業指数 (前回6)
23:00 (米) 3月消費者信頼感指数 (前回69.6 予想69.0)
01:30 (加) コテBOC副総裁講演
BRICS首脳会議(南ア)
米2年国債入札(350億ドル)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 25日の東京市場は、ユーロ圏財務相が、キプロスの銀行処理に関するEU・国際通貨基金(IMF)の計画を承認したと伝わったこと、日経平均株価が底堅く推移したことで、一時リスク志向が高まったが、その後は揉み合い気味の展開となった。
 ユーロドルは1.2960から1.3050まで一時上昇、ドル円も94.40から94.97まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が122.48から123.85、ポンド円が143.89から144.77、オージー円が98.70から99.26、NZD円が78.83から79.37、カナダ円が92.28から92.88、スイス円が100.31から101.36まで一時上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=143.00-145.00)
戦略としては144.35-45と144.65-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は144.75-80超えでの倍がえしも、ターゲットは144.90-95での利食い&売り直しで、ストップは145.15-25超えでの倍返し。ターゲットは145.40-50での利食い&売り直しでストップは145.70-80超えや145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。一方下値は順張りから144.15-20、144.05-10と買い戻しで、買いは143.85-90、143.75-80と買い下がって、ストップは143.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは143.40-45、143.10-30と利食い&買いで、ストップは143.00-05割れで、142.90-95、142.75-80、142.50-55と買い場を探して、ストップは142.35-40や142.20-25割れで、142.00-05は維持を見て買っても、ストップは141.90-95割れでの倍返し。ターゲットは141.45-50を前に下げ止まりでは買い戻し。買いはこの位置から141.30-35、140.95-05、140.70-85と買い下がって、ストップは140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。(予想時レート:144.35 予想時間 15:30)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.00-95.50)
戦略としては、94.65-75と94.95-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは95.10-20超えでの倍返し。ターゲットは95.35-50の動向次第。 Capでは利食い&売りも、ストップを95.65-70超えとして、95.80-00ゾーンでの売り直しのストップは、96.10-20や96.25-30超えで、96.30-40、96.50-55での売りは96.55-60超えがストップで、96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は94.50-55、94.35-45と買い下がって、94.20-30割れがストップで、倍返しも94.05-15の維持では買い戻し&買い直しでストップを93.90-95に置くか、93.75-85、93.60-70まで買い戻し&買い下がって、93.45-55をストップ。 93.20-30、93.05-15と買い直して、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。(予想時レート:94.80 予想時間 14:50)

26日に

テーマ: ニュース

だいまん

黒田新総裁の衆院での質疑が予定されている模様。

となると25-26日に臨時日銀金融政策決定会合は無理じゃない?

ユーロ圏財務相会合

テーマ: モノローグ

だいまん

声明を発表。

「キプロス・ポピュラー銀行は直ちに整理、株主・債券保有者・預金保険対象者以外の預金者が損失を負担する」
「キプロス銀行がキプロス・ポピュラー銀行が受けている緊急流動性支援の90億ユーロを引き継ぐ」
「ECBはキプロス銀行に対して流動性を供給へ」
「キプロス銀行の預金保険対象外の預金は資本再編まで凍結し、減額される可能性もある」

でも、案外厳しい内容かも。

リスクオン

テーマ: モノローグ

だいまん

一部通信社がEU当局者の話として報じたところによると、「キプロスとトロイカが原則合意に達した」ようだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

13:30 (加) フラハティ加財務相講演
19:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
20:00 (ユーロ圏) メルシュECB理事講演
21:30 (米) 2月シカゴ連銀全米活動指数(前回-0.32)
23:30 (米) 3月ダラス連銀製造業活動指数(前回2.2)
24:45 (スイス) ダンシンSNB副総裁講演
01:15 (米) ダドリー米NY連銀総裁講演
02:15 (米) バーナンキFRB議長、キングBOE総裁、ブランチャードIMFチーフエコノミスト講演
日・欧州連合(EU)首脳会議(東京)
=安倍首相、ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長会談
ECB「キプロス支援策の合意期限」

日経一面

テーマ: モノローグ

だいまん

年金積立金管理運用独立法人(GPIF)が、株式、海外のインフラ投資ファンドにも投資を増額。。。ただ、検討するの段階。

5年の一度の運用指針も毎年見直しとなるが、やはりスピード感は鈍い状況が続きそう。

ドル売りが

テーマ: モノローグ

だいまん

若干優勢なスタート。 

一応キプロス問題が落ち着きとの見方。

ただ、現在はまだユーロ圏財務相会合が行われている状況。

キプロス向け緊急流動性支援(ELA)を現在の水準またはプラス・アルファーで維持することかどうか? 

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月25日 03:23
EURUSD 1.2959-63
USDJPY 94.35-63
GBPUSD 1.5242-58
USDCHF 0.9422-43
USDCAD 1.0223-34
AUDUSD 1.0439-50
NZDUSD 0.8330-58
EURJPY 122.28-40
GBPJPY 143.96-29
AUDJPY 98.51-64
NZDJPY 78.61-89
CADJPY 92.19-33
CHFJPY 99.85-29
ZARJPY 10.10-17
EURGBP 0.8492-99
EURCHF 1.2207-35

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月25日 03:11
EURUSD 1.2962-69
USDJPY 94.31-44
GBPUSD 1.5243-52
USDCHF 0.9416-40
USDCAD 1.0222-31
AUDUSD 1.0437-56
NZDUSD 0.8321-54
EURJPY 122.18-48
GBPJPY 143.81-00
AUDJPY 98.35-63
NZDJPY 78.48-82
CADJPY 92.11-29
CHFJPY 99.75-22
ZARJPY 10.10-17
EURGBP 0.8489-98
EURCHF 1.2207-35

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.2969-89
ドル円 94.30-40
ユーロ円 122.30-62

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

  昨晩の海外市場は、キプロスの問題が、解決に向かうとの思惑やNYダウが100ドルに迫る上昇となったことで、リスク回避の巻き戻しの動きが強まった。 ただ一部で「キプロス議会委員会は、銀行法の変更を要請したが、欧州中央銀行は、これを拒否している」や「トロイカはキプロス金融支援の前提条件となる歳入確保の額を58億ユーロから67億ユーロに引き上げる」との報道を受けて、週末のポジション調整の利食いも優勢となった。 
 ユーロドルは、弱い独3月ifo景況感指数を受けて、1.2892まで下落後、セミ・オフィシャルの買いに支えられて1.30115まで反発、ドル円は94.195の安値から95.03まで上昇後、94.28まで再下落した。
 クロス円では、ユーロ円が121.44から123.46まで上昇後122.37へ値を下げ、ポンド円が143.12から144.13へ上昇後143.63、オージー円は98.30から99.12へ上昇後98.49、NZD円が78.42から79.10へ上昇後78.66、カナダ円が91.80から92.90へ上昇後92.15、スイス円が99.50から101.01へ上昇後100.10まで下落した後は買い戻し気味で引けた。 
 

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上下に激しい。

やはり、まだリスクを感じる向きがあることが要因。

ユーロ円が121.44から123.45まで上昇後122.73へ値を下げ、ポンド円が143.12から144.13へ上昇後143.65、オージー円は98.30から99.12へ上昇後98.49、NZD円が78.42から79.10へ上昇後78.66、カナダ円が91.80から92.90へ上昇後92.15、スイス円が99.50から101.01へ上昇後100.10まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

キプロスの問題が、解決に向かうとの思惑やNYダウが100ドルに迫る上昇となったことで、リスク回避の巻き戻しの動きが一時強まったが、その後は一部で「キプロス議会委員会は、銀行法の変更を要請したが、欧州中央銀行(ECB)は拒否している」との報道、NYダウが上げ渋ったこと、週末の利食いに上値は押さえられた。

 ユーロドルは、1.3011まで一時値を上げ、ドル円は94.20の安値から95.03まで一時上昇後94.28まで再下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 22日の東京市場は、材料難から揉み合い気味も引けにかけて日経平均株価が、300円近い下落となったことで、円の買い戻しが強まる形で引けた。
 ドル円は95.13から94.55まで下落、ユーロドルは1.2888から1.2925での揉み合いが継続した。 
 クロス円では、ユーロ円が122.70から121.90、ポンド円が144.30から143.54、オージー円が99.25から98.59、NZD円が79.09から78.70、カナダ円が92.82から92.28、スイス円が100.45から99.82まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=98.00-99.35)
戦略としては、98.55-60と98.90-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.15-20、98.25-35と売り上がって、ストップは99.60-70や99.75-85超え、99.95-00超えで騙しに注意して慎重な倍返し。ターゲットは100.50前後または上げ渋りでは、利食い優先で、超えても100.70-80では利食い&売り場探し。 ストップは101円こえなどで対応。 一方下値は98.45-55と買い下がって、ストップは98.25-30や98.15-20割れで、倍返しもターゲットは97.85-95での買い戻し&買いで、ストップは97.70-75割れも、97.55-65の維持では買い直し。 このストップは97.30-40割れで、97.05-30、96.75-95と買い直して、ストップは96.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、96.45-50、96.20-35と買い戻し&買いで、ストップは96.00-20ゾーン割れ。 倍返しも検討されるが、ターゲットは95.80-90、95.55-70と買い戻しで、買いは95.25-40と買い下がって、ストップは95.15-25割れでの倍返し。(予想時レート: 98.75 予想時間 15:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2800-1.3000)
戦略としては、1.2880-90と1.2905-15のブレイクに注目して、ホブレイクの場合上値は、1.2925-35超えでの倍返し。ターゲットは1.2940-45、1.2950-60の動向次第で、売りの場合ストップは1.2975-80超えでの倍返し。ターゲットは1.2995-05や1.3010-20の動向次第。 超えてターゲットは1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は順張りから1.2865-70は維持を見て対応。維持では買い戻し&買っても、1.2855-60割れがストップで、1.2840-45割れでの倍返し。 ターゲットは1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い場を探して、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60での買い直しの、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2900 予想時間 15:30)

週末のポジション調整に注意。

テーマ: モノローグ

だいまん

またアストロ的には、22-29日は為替の変化日。

更に25日がNYダウの変化日となっており、注意が必要。 

キプロス問題の混迷などを考えると、やはり今週の動きの巻き戻しリスクは残りそうだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:45 (豪) エディRBA総裁補佐講演
18:00 (独) 3月ifo景況指数 (前回107.4 予想107.5)
18:00 (独) 3月ifo景気期待指数(前回104.6 予想104.8)
18:00 (独) 3月ifo現況指数(前回110.2 予想110.5)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 デメトリアデス・キプロス中銀総裁が、銀行システムの解決プロセスとして「破綻を回避し、10万ユーロまでの預金者を保護する」との見解を示したことで、一旦下げ止まり。


 ユーロドルは1.2880まで下落、ドル円は94.57まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円は122.05、ポンド円が143.44、オージー円は98.73、NZD円が78.66、カナダ円が92.26、スイス円が99.90まで一時下落した。 

ユーロ売り

テーマ:

だいまん

独3月の製造業購買担当者景気指数・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値を受けて、ユーロ売り。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 21日の東京市場は、日経平均株価の反発を受けて、円安気味スタートも、麻生財務相が「今の段階で日銀法改正は必要ない」と発言したこと、上海株の調整、18時からの黒田日銀総裁の就任会見を見極めたいとの雰囲気から利食いも優勢となった。
 ドル円は96.11から95.67へ値を下げ、ユーロドルは、ロシアのメドベージェフ首相が、キプロスをめぐる混乱を受けて「ロシア中銀の外貨準備におけるユーロの比率を見直す可能性がある」との見解を示したこともあり、1.2955から1.2922まで下落した。 
 クロス円では、ユーロ円が124.38から123.77、ポンド円が145.22から144.62、オージー円は、豪ギラード首相が「与党労働党の党首選を本日実施する」との発言を受けた豪政局不安で、99.70から99.22まで下落、NZD円が79.50から78.84、カナダ円が93.69から93.27、スイス円が101.69から101.21まで値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=143.50-145.50)
戦略としては144.80-85と145.00-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は145.20-25超えでの倍返し。ターゲットは145.40-50での利食い&売り直しでストップは145.70-80超えや145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。一方下値は144.60-65割れでの倍返し。ターゲットは144.25-30を前に、下げ止まりでは買い戻しで、買いは144.25-30、143.80-85と買い下がって、ストップは143.30-35割れや143.15-25割れでの倍返し。 ターゲットは143.00-05、142.90-95と買い戻しで、買いはこういった位置から142.75-80、142.50-55と買い場を探して、ストップは142.35-40や142.20-25割れで、142.00-05は維持を見て買っても、ストップは141.90-95割れでの倍返し。(予想時レート:145.00 予想時間 16:30)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=123.00-125.00)
戦略としては、123.75-80と124.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は124.15-30と売り上がって、ストップは124.35-40超えや124.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは124.80-90を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは124.90-05、125.10-15、125.35-40と利食い&売り上がって、125.60-75超えや125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。一方下値は順張りからは123.65-70、123.45-50と買い戻しで、買いは123.25-40をストップ、123.00-10での買い直しはタイト・ストップとするか、122.75-90、122.65-70、122.45-60と買い場を探して、ストップは122.20-35や121.95-05割れまたは、更に買い下がって、ストップは121.80-85割れでの倍返し。ターゲットは121.60-65や121.45-55の動向次第。割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは121.35-40、121.25-30での買い戻し&買い下がって、ストップは121.10-20割れでの倍返し。ターゲットは120.95-00の動向を見る形だが、割れると120.70-75での買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。 割れても119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:124.00 予想時間 16:20)

黒田総裁

テーマ:

だいまん

の記者会見がある模様。時間は不明。

引き続き

テーマ: モノローグ

だいまん

海外円売り、東京円買いの流れ。。。。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

南ア市場休場(人権の日)
06:45 (NZ) 第4四半期GDP [前期比] (前回+0.2% 予想+0.9%)
06:45 (NZ) 第4四半期GDP [前年比] (前回+2.0% 予想+2.3%)
08:50 (日) 2月通関ベース貿易収支 (前回-1兆6294億円(-1兆6309億円) 予想-7226億円)
10:45 (中) 3月HSBC製造業PMI (前回50.4 予想50.9)
16:00 (スイス) 2月貿易収支 (前回+21.3億CHF(+21.2億CHF))
17:30 (独) 3月PMI製造業・速報 (前回50.3 予想50.6)
17:30 (独) 3月PMIサービス業・速報 (前回54.7 予想55.0)
17:30 (香港) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.0%)
17:30 (香港) 第4四半期経常収支 (前回+292.1億HKD(+238.4億HKD))
18:00 (ユーロ圏) 3月PMI製造業・速報 (前回47.9 予想48.1)
18:00 (ユーロ圏) 3月PMIサービス業・速報 (前回47.9 予想48.1)
18:30 (英) 2月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.5%)
18:30 (英) 2月小売売上高指数 [前年比] (前回+0.2%)
18:30 (英) 2月財政収支(前回+99億ポンド 予想-85億ポンド)
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英インフレ連動債入札
20:00 (英) 3月CBI製造業受注指数(前回-14 予想-15)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.2万件 予想34.3万件)
21:30 (加) 1月小売売上高 [前月比] (前回-2.1% 予想+0.6%)
21:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
22:00 (米) 1月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.7%)
23:00 (米) 3月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-12.5 予想-3.3)
23:00 (米) 2月中古住宅販売件数 (前回492万件 予想500万件)
23:00 (米) 2月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+0.4% 予想+1.4%)
23:00 (米) 2月景気先行指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.3%)
01:30 (加) コテBOC副総裁講演
02:00 (スイス) ツアブリュックSNB理事講演
05:00 (加) フラハティ加財務相「経済政策を提示」
米10年物価連動国債入札(130億ドル)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

96.13まで上昇。

ダウの再反発が要因だが、バーナンキFRB議長の「失業率の基準をさらに引き下げることが刺激策のひとつの手段となる可能性」発言が影響か?

思ったよりタカ派じゃない

テーマ: モノローグ

だいまん

FOMC当局者による金利解除予想時期
--------------前回----------今回
2013年=02人----------01人
2014年=03人----------04人
2015年=13人----------13人
2016年=01人----------01人

FOMC当局者による2015年末時点での適切なFF金利水準
--------------------前回--------今回
1%未満------------9人----------9人
1%以上2%未満-----5人----------6人
2%以上3%未満-----2人----------1人
3%以上4%未満-----2人----------2人
4%以上5%未満-----1人----------1人

米FOMCは

テーマ: モノローグ

だいまん

思ったよりハト派。 株が反転。リスクオンの動きに。

 ドル円は95.38まで下落後96.03まで上昇、

ユーロドルは1.2932から1.2978まで値を上げた。
 
 クロス円では、ユーロ円が124.49、ポンド円が145.23、オージー円が99.74、NZD円が79.03、カナダ円が93.73、スイス円が101.91まで上昇した。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

米FOMCが最大の焦点。強気が思惑だが、強気見通しを受けたNYダウが、どういった反応を示すか注目。

ドル買いとなっても、もし、緩和の早期解除の思惑が、株価を押し下げるとリスク・オフの可能性もあるので注意してみておきたい。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=92.25-93.40)
て戦略としては、92.40-45と92.65-70のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は92.80-85超えでの倍返し。ターゲットは92.95-00、93.10-30と利食いで、売りは93.35-40、93.50-60と売り上がって、ストップは93.65-70超えや93.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは93.95-00、94.10-15と利食い&売り上がって、ストップは94.35-40超えや94.45-50超えでの倍返し。 このターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は92.25-30割れをストップまたは、買い下がっても、ストップは92.10-20割れで、91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは92.85-90、92.70-75と買い戻しで、買いは92.55-60と買い下がって、92.25-35をストップ、92.05-15の維持では買い直し、ストップは91.95-05割れで、91.75-90、91.50-60と買い下がって、ストップは91.40-45や91.25-30割れまたは、91.05-15まで買い下がるなら、ストップは90.85-95割れで、倍返しも90.65-75での買戻し&買いで、ストップは90.50-55割れや90.40-45割れでの倍返し。ターゲットは90.10-15を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から89.80-00と買い下がって、ストップは89.50-65割れでの倍返し。 (予想時レート: 92.65 予想時間 16:20)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=77.90-79.00)
て戦略としては、78.00-05と78.25-35のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は78.40-50と売り上がって、ストップは78.50-55超え、78.65-70、78.85-00での売り直しのストップは、79.00-15超えでの倍返し。 ターゲットは79.40-50、79.60-70と利食いで、売りはこういった位置から79.70-80と売り上がって、ストップは79.85-90超え、80円はCapを見て対応。 売ってもストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は77.90-95と買い下がって、ストップは77.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは77.50-60での買戻し&買い。 77.30-40割れがストップで、77.05-15での買いのストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 (予想時レート: 78.30 予想時間 16:05)

アジア概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 20日のアジア市場は、材料難や東京勢不在で、薄商いの中、揉み合い気味も、引けにかけては買い戻しが優勢となった。
 ユーロドルは、1.2857から1.2906へ上昇、ドル円も94.83から95.27まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が122.03から122.92、ポンド円が143.23から143.85、オージー円が98.29から98.95、NZD円が78.904から78.55、カナダ円が92.33から92.77、スイス円が100.06から100.60まで値を上げた。(16:30現在)

本邦勢

テーマ: モノローグ

だいまん

不在もあり、ドル円、クロス円にビッドが入りづらそう。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2800-1.2950)
1.2855-60と1.2870-80のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は1.2900-05と売り上がって、ストップは1.2920-25超えで、倍返しも1.2940-45のCapでは利食い&売り直し。ストップは1.2955-65や1.2970-80超えで、倍返しも検討されるが、ターゲットは1.2995-05や1.3010-20の動向次第。 超えてターゲットは1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.2840-45割れがストップ、1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い場を探して、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60での買い直しの、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2860 予想時間 07:45)

All Day

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.50-94.60)

95.00-10と95.20-30のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は95.35-45と売りあがって、ストップは95.50-55超え。 95.55-65まで売り上がっても、ストップは95.70-75超えで、95.80-85、95.95-00での売り直しのストップは96.15-20超えや96.25-30超えが倍返し。 ターゲットは96.30-40、96.50-55と利食い&売り上がって、96.55-60超えがストップで、96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は94.80-95を買い下がって、ストップは94.70-75割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは94.50-60、94.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは94.30-35割れで、94.05-15での買い直しのストップは93.90-95に置くか、93.75-85、93.60-70まで買い下がって、93.45-55をストップ。 93.20-30、93.05-15と買い直して、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。 (予想時レート:95.15 予想時間 07:35)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、米2月米住宅着工件数や建設許可件数が、いずれも予想より強い結果となったものの、反応は限定的。 キプロス中銀が「銀行預金課税法案が議会を通過しなければ、キプロスはユーロを離脱する」との見解を示したとの噂が出回り、リスク回避の動きが一時強まった。ただ、その後は欧州中央銀行(ECB)が、「既存ルールの範囲内でキプロスに流動性を供給する」との見解を示したことなどから、更なる動きにはならなかった。 
 ユーロドルは、1.28555、ドル円は94.73まで一時値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が121.84、ポンド円が143.16、オージー円が98.18、NZD円が78.03、カナダ円が92.19、スイス円が99.92まで下落したが、その後は買い戻しの動きで引けた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(春分の日)
06:45 (NZ) 第4四半期経常収支 (前回-44.18億NZD 予想-29.00億NZD)
16:00 (独) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.5%)
17:00 (南ア) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.4% 予想+5.6%)
17:55 (アイスランド) アイスランド中銀政策金利発表
18:00 (ユーロ圏) 1月経常収支 (前回+139億EUR)
18:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
18:30 (英) 2月失業率 (前回4.7% 予想4.7%)
18:30 (英) 2月失業保険申請件数 (前回-1.25万件 予想-0.50万件)
18:30 (英) BOE議事録(3月6-7日開催分)
19:30 (独) 独10年債入札(40億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-4.7%)
20:30 (ユーロ圏) レーン欧州委員会見「EUの経済改革・金融支援スキーム」
21:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+262万バレル)
24:00 (ユーロ圏) 3月消費者信頼感・速報 (前回-23.6 予想-23.0)
03:00 (米) FOMC政策金利発表
03:00 (米) FRB「経済見通し及びFF金利見通し」公表
03:30 (米) バーナンキ米FRB議長会見
未 定 (南ア) SARB政策金利発表
オズボーン英財務相「2013年度予算案を議会に提示」
バルニエ欧州委員講演

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時62ドル高の14514ドルまで上昇も上がり切れなかった。

欧州中央銀行(ECB)

テーマ: モノローグ

だいまん

、「既存ルールの範囲内でキプロスに流動性を供給する」との見解を示した。

どうするの。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

キプロス議会は、銀行預金課税法案を否決した。

デギンドス・スペイン財務相

テーマ: モノローグ

だいまん

「キプロスは、ユーロ圏から離脱、できんどす」

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.28555、ドル円は94.73まで値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が122.01、ポンド円が143.22、オージー円が98.19、NZD円が78.05、カナダ円が92.19、スイス円が100.16まで下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

19日の東京市場は、材料難の中、堅調な株価を受けて、リスク回避の巻き戻し的な動きが続いた。ドル円は95.13から95.74まで上昇、ユーロドルは「キプロス議会は銀行課税を認めず、預金者への負担軽減を模索する見込み」との見解を示されたことで1.2969まで上昇後1.2935まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が123.22から124.13、ポンド円が143.69から144.64、オージー円が98.94から99.45、NZD円が78.61から79.00、カナダ円が93.06から93.08、スイス円が100.52から101.20まで一時値を上げたが、その後は利食いが優勢となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=92.50-94.00)
戦略としては、93.25-30と93.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は93.65-70超えがストップで、倍返ししても93.75-85、93.95-00と利食いで、売りは94.10-15と売り上がって、ストップは94.35-40超えや94.45-50超えでの倍返し。ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は93.15-20割れをストップ、積極的なら倍返しも、93.05-10、92.80-95と買い戻しで、買いは92.65-80と買い下がって、ストップは92.45-55割れで、92.20-35での買い直しのストップは、92.10-15割れや91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは92.85-90、92.70-75と買い戻しで、買いは92.55-60と買い下がって、92.25-35をストップ、92.05-15の維持では買い直し、ストップは91.95-05割れで、91.75-90、91.50-60と買い下がって、ストップは91.40-45や91.25-30割れまたは、91.05-15まで買い下がるなら、ストップは90.85-95割れで、倍返しも90.65-75での買戻し&買いで、ストップは90.50-55割れや90.40-45割れでの倍返し。(予想時レート: 93.40 予想時間 16:30)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2900-1.3050)
戦略としては、1.2930-35と1.2950-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2970-80と売り上がって、ストップは1.2995-05超えや1.3010-20超えでの倍返し。ターゲットは1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.2920-25割れでの倍返し。ターゲットは1.2905-10、1.2890-95と買い戻し&買いで、ストップは1.2875-85割れで、倍返ししても1.2860-70、1.2855-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2840-50割れ。 1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05での買い直しのストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2950 予想時間 15:55)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が「キプロス問題が他国に波及するとの懸念を抱く理由はない」と述べたこと、キプロスに関するユーロ圏財務相会合が終了し、「銀行預金への課徴金で一段の柔軟性を認める」、「ユーログループは10万ユーロ未満の預金を保護すべきとキプロスに提言へ」、「キプロスは小口預金者への課税条件を緩和する」、「キプロスの預金課税は1回限りと再確認」とユーロ圏財務相会合が声明を発表したこと、一時110ドル安でスタートしたNYダウが、下げ止まりを見せたことで、リスク回避の巻き戻し的な動きで終了した。 
ユーロドルは1.2920から1.2996まで反発、ドル円は94.83から95.60まで値を上げたが、ダウの振れる展開となった。  
 クロス円も株価につれて、一時調整が強まる局面があった。 ユーロ円は123.97まで上昇後122.87まで急速に値を下げ、ポンド円が144.34から143.46、オージー円が99.33から98.78、NZD円が78.87から78.35、カナダ円が93.40から92.94、スイス円が101.11から100.41まで一時下落したが、その後は買い戻しが優勢で引けた。 
 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:15 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
07:50 (豪) ロウRBA副総裁講演
09:30 (豪) RBA議事録(3月5日開催分)
14:00 (日) 1月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回96.3)
14:00 (日) 1月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回92.0)
18:30 (英) 2月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.5% 予想+0.6%)
18:30 (英) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.8%)
18:30 (英) 2月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.4%)
18:30 (英) 2月小売物価指数 [前月比](前回-0.4% 予想+0.9%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (独) 3月ZEW景況感調査 (前回48.2 予想46.0)
19:00 (独) 3月ZEW現況指数(前回+5.2 予想+6.0)
19:00 (ユーロ圏) 3月ZEW景況感調査 (前回42.4)
19:00 (ユーロ圏) 1月建設支出 [前月比] (前回-1.7%)
19:00 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁、クノット・オランダ中銀総裁、ラガルドIMF専務理事講演
21:30 (米) 2月住宅着工件数 (前回89.0万件 予想91.5万件)
21:30 (米) 2月建設許可件数 (前回92.5万件(90.4万件) 予想92.5万件)
21:30 (加) 1月卸売売上高 [前月比] (前回-0.9% 予想+0.3%)
21:30 (加) 1月製造業出荷(前回-3.1% 予想+0.5%)
日銀正副総裁退任

急速な買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーログループが、キプロスに、更に支援との話。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

63ドル安へ下落。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

は、堅調。

ユーロ円が122.56から123.565へ値を上げ、ポンド円が143.98から143.23での推移、スイス円は100.94から一時100.05まで値を下げ、オージー円が98.33から99.04、NZD円が78.08から78.62、カナダ円が92.54から93.19まで値を回復した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

若干揉み合い気味な展開。 

一時110ドル近く下落スタートとなったNYダウが、買い戻しとなったことで、リスク回避志向も一服。


ユーロドルは1.2920から1.2996まで反発、

ポンドドルは1.5144から1.5095での推移、

ドル円は95.195から94.83で揉み合い気味、

ドルスイスは、スイス国立銀行のトーマス・モセル理事が、「SNBはマイナス金利を排除しない」と発言したことで、一時0.9487まで上昇したが、更なる動きとなっていない。 

キプロス

テーマ: モノローグ

だいまん

て「キプロス議会は日本時間20日1時に銀行預金課税を巡る採決を延期」

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

18日の東京市場は早朝から、週末のニュースとなる「キプロスの預金閉鎖や銀行預金への課税」を受けて、リスク回避の動きが強まった。 ただ下値はバーゲン・ハント的な円売りが支えたが、結局日経平均株価が安値圏で終了したことで、上値の重い状況が継続した。
 ユーロドルは反発が1.2923で限定されて、1.2882まで下落、ドル円は早朝の薄商いの中、93.45まで下落したようだが、その後94.99まで一時値を戻し後は、再度売りに押された。
 クロス円では、ユーロ円が121.50前後から122.71、ポンド円は142.33レベルから143.61、オージー円は97.18から98.51、NZD円は77.43から78.32、カナダ円は92.03から92.92、スイス円が100.60まで一時値を戻すも、その後値を消した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2860-1.2990)
戦略としては、1.2875-85と1.2910-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2920-25超えでの倍返し。ターゲットは1.2955-70、1.2985-90と利食いで、売りはこういった位置から1.2995-05と売り上がって、ストップは1.3010-20超えで、倍返しも1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。 一方下値は1.2860-70、1.2855-60と買い下がって、ストップは1.2840-50割れで、1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05での買い直しのストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2905 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.00-95.00)
戦略としては、94.30-35と94.50-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は94.65-70と売り上がって、ストップは94.75-85超えや94.95-00超えが倍返しも、95.05-10、95.30-45と利食い&売り直しでストップは、95.55-65超え、95.80-85、95.95-00での売り直しのストップは96.15-20超えや96.25-30超えが倍返し。 ターゲットは96.30-40、96.50-55と利食い&売り上がって、96.55-60超えがストップで、96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は、94.05-15と買い下がって、ストップは93.90-95に置くか、93.75-85、93.60-70まで買い下がって、93.45-55をストップ。 93.20-30、93.05-15と買い直して、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。 (予想時レート:94.40 予想時間 15:35)

Ryuzさんの

テーマ: モノローグ

だいまん

言うとおり、バーゲン・ハント買いに晒され、よく戻った方。

ドル円はでも95円がCapされましたね。。。。

今後どこまで再度下げれるかですね。

今週もよろしく(荒れそうですが。。。)

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 04:47
EURUSD 1.2927-33
USDJPY 94.30-37
GBPUSD 1.5124-37
USDCHF 0.9431-37
USDCAD 1.0217-29
AUDUSD 1.0351-59
NZDUSD 0.8227-42
EURJPY 122.00-10
GBPJPY 142.68-91
AUDJPY 97.63-79
NZDJPY 77.58-81
CADJPY 92.22-41
CHFJPY 99.91-12
ZARJPY 10.18-27
EURGBP 0.8542-53
EURCHF 1.2199-64

落ち着いてきた

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 04:16
EURUSD 1.2938-42
USDJPY 94.21-25
GBPUSD 1.5129-35
USDCHF 0.9413-19
USDCAD 1.0217-28
AUDUSD 1.0353-59
NZDUSD 0.8231-40
EURJPY 121.75-83
GBPJPY 142.33-50
AUDJPY 97.38-54
NZDJPY 77.45-71
CADJPY 92.00-22
CHFJPY 99.84-14
ZARJPY 10.17-25
EURGBP 0.8547-56
EURCHF 1.2179-91

7時のよりまでだが、

テーマ: モノローグ

だいまん

バーゲン・ハントの買いを見越した動きがでるから、どこまで上がってるか、判らない。

更に株が下げるとの思惑もあり、2弾構えで考えておきたい。

Ryuzさん

テーマ: モノローグ

だいまん

心情察します。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 03:52
EURUSD 1.2944-52
USDJPY 94.14-23
GBPUSD 1.5122-35
USDCHF 0.9397-12
USDCAD 1.0216-28
AUDUSD 1.0338-43
NZDUSD 0.8223-32
EURJPY 121.75-94
GBPJPY 142.21-36
AUDJPY 97.18-34
NZDJPY 77.31-57
CADJPY 92.07-28
CHFJPY 99.69-92
ZARJPY 10.13-43
EURGBP 0.8552-66
EURCHF 1.2167-85

キプロス

テーマ: モノローグ

だいまん

欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合がキプロスへの財政支援と引き換えに全ての銀行預金への課税を決めたことを受け、キプロス政府は16日、全銀行口座からの引き出しを制限する預金封鎖を開始した。
18日はキプロスの休日で、同国議会は銀行が営業を再開する19日までに必要な法律を可決し、課税を完了する。
預金封鎖は全預金のうち、課税対象となる10%弱の部分が対象。預金への課税はこれまでギリシャなどでも行われなかった異例の措置だ。キプロスの銀行口座保有者の半数近くはロシア人とみられており、ロシアの富裕層や犯罪組織による脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)の可能性が指摘されている。

この下落を

テーマ: モノローグ

だいまん

指をくわえて眺めてなければ、ならないのは厳しい。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 03:21
EURUSD 1.2936-42
USDJPY 94.28-39
GBPUSD 1.5143-52
USDCHF 0.9400-14
USDCAD 1.0202-27
AUDUSD 1.0351-58
NZDUSD 0.8229-40
EURJPY 121.84-01
GBPJPY 142.63-82
AUDJPY 97.57-77
NZDJPY 77.61-78
CADJPY 92.12-49
CHFJPY 99.97-36
ZARJPY 10.34-39
EURGBP 0.8530-37
EURCHF 1.2165-80

キプロスで

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク・オフ・スタート。 確かに更なる波及を懸念する声もあるが、突っ込みたくない。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 03:09
EURUSD 1.2939-53
USDJPY 93.87-92
GBPUSD 1.5074-83
USDCHF 0.9414-24
USDCAD 1.0204-19
AUDUSD 1.0365-71
NZDUSD 0.8225-56
EURJPY 121.72-95
GBPJPY 141.55-86
AUDJPY 97.38-54
NZDJPY 77.32-64
CADJPY 91.91-20
CHFJPY 99.77-01
ZARJPY 10.34-92
EURGBP 0.8582-91
EURCHF 1.2187-90

クロス円も下落

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 121.32-6
GBPJPY 141.71-95
AUDJPY 97.54-76

大荒れスタート

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が94円前後、ユーロドルは1.2950前後から

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:01 (英) 3月ライトムーブ住宅価格(前回+2.8%)
17:30 (香港) 2月失業率 (前回3.4%)
18:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁、コエリョ・ポルトガル首相講演
18:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事、レグリング欧州安定メカニズムCEO「討論会に参加」
19:00 (ユーロ圏) 1月貿易収支 (前回+117億EUR 予想-13億EUR)
21:30 (加) 1月国際証券取引高(前回-19.2億加ドル)
22:30 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
23:00 (米) 3月NAHB住宅市場指数 (前回46 予想48)
23:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
23:00 (独) ショイブレ独財務相、ワイトマン独連銀総裁会見

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

金曜日の海外市場は、米2月消費者物価指数が、市場予想を上回ったが、米3月NY連銀製造業指数や米3月ミシガン大消費者信頼感指数が、予想を下回ったこと、米10年物国債利回りが低下、NYダウが値を下げたことなどを受けて、ドル売り、円買いが優勢となった。 
 ユーロドルは、1.3107まで上昇後、1.3046まで下落、ドル円はロンドンの高値96.25から95.075まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が125.795から124.22に一時下落、ポンド円が143.80、オージー円が98.92、NZD円が78.54、カナダ円が93.26、スイス円が101.26まで値を下げたが、ダウの下げ渋りなどもあり、買い戻しが優勢で引けた。  

今週は米FOMCが

テーマ: モノローグ

だいまん

やはり大きな材料となる。

今回の19-20日の米FOMCでは、米FRBが、四半期の経済見通しを公表、FOMCメンバーによるFF金利の見通しも公表される。 
 
 米経済の立ち直りや現在想定されている2015年までの低金利の維持などが、前倒しされるケースでは、米長期金利が上昇し、ドル買いが進むリスクが指摘される。 

 ただ、その後もバーナンキ米FRB議長の会見が控えており発言で、相場が更に大きく揺れそう。

 前月下旬の議会証言において同氏は、「金融当局は、金融引き締めに転じるための手段を持っている」、「FOMCは近い将来に出口戦略を検証」と述べ、ドル買いを誘った。 

 ただ、当時に「早急な利上げは経済成長を損なう恐れがある」と2枚舌発言となっているが、内心は、効果が出てきて、ほくそえんでも、折角の緩和策の効果が、ここで挫折しても困る。

 バーナンキFRB議長の、今週の発言が、相場の分水嶺となるかも知れない。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円買いも一服。

ドル円は95.08まで下落後、95.50台を回復。 

ユーロ円は124.23、ポンド円が143.85、オージー円が98.92、NZD円が78.54、カナダ円が93.26、スイス円が101.26まで値を下げた後は、買い戻しが優勢。 

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

現在戻り気味だけど、ドル円は95.40-50ゾーンはストップ圏なんで、注意。

いつもと

テーマ: モノローグ

だいまん

雰囲気が違うので注意。 案外落ちるかも。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス60ドルスタート。 円買い気味。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調な株価を受けて、 ドル円は95.64、ユーロ円が125.10、ポンド円が144.88、オージー円が99.26、NZD円が78.68、カナダ円が93.67、スイス円が101.30まで下落。

ダウ先物が

テーマ: モノローグ

だいまん

14500ドルを割り込む。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.15-79.50)
戦略としては78.65-70と78.95-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は79.10-15超えでの倍返し。ターゲットは79.40-50の動向次第。超えても79.60-70、79.70-80と利食い&売り直しでストップは79.85-90超え、80円はCapを見て対応。 売ってもストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は78.55-60と買い下がって、78.25-35割れがストップ、78.15-20の維持では買いっても、ストップは77.95-05割れ。77.70-80での買いのストップは77.50-60割れや77.30-40割れの倍返し。ターゲットは77.05-15での買い戻し&買いでストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。(予想時レート: 78.90 予想時間 16:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3100)
戦略としては、1.3000-10と1.3025-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りからターゲットは、1.3040-45の動向次第。超えて1.3065-70や1.3075-80では利食い優先で、売りはCapを見る形となるが、できれば超えて1.3080-90、1.3095-00、1.3110-15と売り場を探して、ストップは1.3135-45超えでの倍返し。ターゲットは1.3150-65の動向次第。超えると1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.2995-00割れがストップで、倍返ししても1.2985-90、1.2965-70と買い戻しで、買いは1.2955-60、1.2930-40と買い下がって、ストップは1.2910-15割れで、1.2895-05は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2875-85割れ、または1.2860-70、1.2855-60と買い下がって、ストップは1.2840-50割れで、1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05での買い直しのストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.3025 予想時間 16:05)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀正副総裁人事の決定を受けて、96.27まで上昇も、一定の織り込みから、株価の調整を受けて、売りが強まる。

下値は95.89まで。 ただ、現状更に大きな動きとなるとは想定できないが。。。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

3/15(金)
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.8% 予想+1.8%)
20:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行「LTRO(3年物長期資金供給オペ)返済予定額発表」
21:30 (米) 3月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回10.04 予想8.00)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想0.4%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.6% 予想+1.8%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+2.0%)
22:00 (米) 1月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+252億USD)
22:00 (米) 1月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+642億USD)
22:15 (米) 2月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.3%)
22:15 (米) 2月設備稼働率 (前回79.1% 予想79.3%)
22:30 (米) フィッシャー米ダラス連銀総裁講演
22:55 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回77.6 予想78.0)
23:30 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
01:15 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
EU首脳会議(於;ブリュッセル)
伊新議会召集

3/17(日)
中国全国人民代表大会閉幕

クロス円はまちまち

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は125.23から124.50まで下落、

ポンド円は144.83の高値まで上昇、

オージー円は99.96から99.55まで値を下げ、NZD円が78.75から79.11まで値を上げ、カナダ円は94.03から93.58へ下落、スイス円は100.97から101.38まで上昇した。 

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

ドルの売り戻しが優勢。

ユーロドルは、1.2911まで下落後、1.3033まで上昇、

ポンドドルが1.5102まで値を上げ、ドル円は96.595の高値から95.69まで値を下げ、ドルスイスも0.9487まで下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

14日の東京市場は、材料難も3月末に向けたレパトリの円買いが一時優勢となった。
 ドル円は、96.13から95.68まで下落後96.26まで反発、ユーロドルは1.2982から1.2944まで一時値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.59から124.05、ポンド円が143.59から143.02、NZD円が78.74から78.32、カナダ円が93.63から93.17、スイス円が100.93から100.52まで一時下落したが、その後は買い戻しが優勢。 豪ドル円は強い豪州2月雇用統計を受けて、98.82から99.75まで上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=123.50-125.00)
戦略としては、124.10-20と124.45-55のブレイクに注目して、上値は124.55-65超えで倍返し。 ターゲットは124.80-90、124.95-05、125.10-15と利食い&売り上がって、ストップは125.20-25超えでの倍返し。ターゲットは125.35-40、135.50-60と利食い&売り上がって、ストップは125.75-80超えでの倍返し。ターゲットは125.90-00超えや126.00-05の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。一方下値は124.05-10割れがストップで、倍返しもターゲットは124円前後や123.80-85の動向次第。 割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは123.65-70、123.45-55の維持では買い戻し。買いは122.90-95、122.70-75、122.45-55、122.30-35、122.00-05まで順次買い場を探して、ストップは121.90-95割れや121.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは121.45-60の動向次第。 割れて121.35-40と買い戻しで、買いはこの位置から121.25-30と買い戻し&買い下がっても、ストップは121.10-20割れでの倍返し。ターゲットは120.95-00の動向を見る形だが、割れると120.70-75での買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。 割れても119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:124.35 予想時間 13:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略としては93.25-35と93.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、93.65-70と売り上がって、ストップは93.75-80超えで、倍返しも93.85-00、94.05-10と利食い&売り上がって、ストップは94.20-30超えや94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は93.15-20や93.00-10割れがストップで、92.85-90割れでの倍返し。ターゲットは92.70-75、92.55-60と買い戻しで、買いは92.25-35をストップ、92.05-15の維持では買い直し、ストップは91.95-05割れで、91.75-90、91.50-60と買い下がって、ストップは91.40-45や91.25-30割れまたは、91.05-15まで買い下がるなら、ストップは90.85-95割れで、倍返しも90.65-75での買戻し&買いで、ストップは90.50-55割れや90.40-45割れでの倍返し。ターゲットは90.10-15を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から89.80-00と買い下がって、ストップは89.50-65割れでの倍返し。 ターゲットは89.20-25、89.00-05と買い戻し&買い下がって、ストップは88.70-75割れで、88.55-60割れや88.45-50割れでの倍返し。(予想時レート: 93.55 予想時間 16:05)

案外強気

テーマ: モノローグ

だいまん

ウィーラーNZ準備銀行総裁

「NZドルはいずれ下落すると見ている」
「過大評価された為替水準が経済に打撃与える」
「NZドル高が強まれば、政策金利を引き下げる機会が与えられる可能性がある」

豪雇用時計

テーマ: モノローグ

だいまん

2月の豪雇用統計
失業率は5.4%と前月の5.4%から横ばい。
市場予想平均の5.5%より強い。

新規雇用者数は7万1500人増と市場予想平均の1万人増を上回った。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 2月新規雇用者数 (前回+1.04万人 予想+1.00万人)
09:30 (豪) 2月失業率 (前回5.4% 予想5.5%)
13:30 (日) 1月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+1.0%)
13:30 (日) 1月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-5.1%)
16:00 (豪) ケントRBA総裁補講演
17:30 (スイス) スイス中銀政策金利発表
17:30 (香港) 第4四半期鉱工業生産 [前年比] (前回-0.1%)
17:30 (香港) 第4四半期生産者物価指数 [前年比] (前回-1.5%)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:00 (ノルウェー) ノルゲバンク政策金利発表
18:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.0万件)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.6%)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.4% 予想+1.7%)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.8% 予想+1.7%)
21:30 (米) 第4四半期経常収支 (前回-1075億USD -1128億USD)
21:30 (加) 第4四半期設備稼働率 (前回80.9%)
21:30 (加) 1月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2%)
22:00 (米) ラスキンFRB理事講演
05:30 (米) FRB「銀行の資本分析レポート発表」
06:30 (NZ) 2月企業景況感(前回55.2)
EU首脳会議(ブリュッセル)
ギリシャ10-12月期失業率(前回24.80%)
日20年国債入札(1兆2000億円)、米30年国債入札(130億ドル)

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

 まちまち。 

 ユーロ円が124.87から124.18へ下落後124.60へ反発、

 スイス円が弱く101.53から100.75の日中安値まで調整、

 ポンド円は142.65から143.81、オージー円が98.56から99.20、NZD円が78.81から79.36へ上昇、

カナダ円は93.05から93.76へ上昇後93.30まで値を下げた。 

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル買いも一服から既に揉み合い気味。 

ドル円は96.26まで一時反発後95.91へ調整も、底堅い動き。 

ユーロドルは、1.29235の安値から1.2966まで値を戻した。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 強い米2月小売売上高を受けて、ドル買い優勢。 ドル円は96.11まで一時反発。 ユーロドルは、1.2963まで下落した。
 クロス円は、まちまちだが、ユーロ円が124.87へ反発後124.33へ下落、スイス円が100.90から101.43へ上昇後100.94へ値を下げ、ポンド円は142.65から143.71、オージー円が98.56から99.15、NZD円が78.81から79.26、カナダ円が93.05から93.73へ値を上げた。

揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

うーん、下げも加速しない。

結局株価次第でしょうね。 ただ、リスクはやはり下方に見たいところ。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 13日の東京市場は、揉み合い気味も、みんなの党や維新の会が、中曽日銀副総裁候補には反対すると表明したこと、日経平均株価が、マイナス圏で引けたことなどから、円の買い戻し気味の展開となった。
 ドル円は96.10から95.59まで下落、ユーロドルは1.3023から1.3044で材料難から小動きとなった。
 クロス円では、ユーロ円が125.22から124.65、ポンド円が143.33から142.66、オージー円が99.22から98.56、NZD円が79.35から78.89は、カナダ円が93.65から93.17、スイス円が101.48から100.99まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.40-79.30)
戦略としては78.85-90と79.10-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は79.25-30と売り上がって、ストップは79.40-50超えで、79.60-70、79.70-80での売り直しのストップは79.85-90超え、80円はCapを見て対応。 売ってもストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は78.70-80割れでの倍返し。ターゲットは78.50-65、78.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは78.25-30割れで、78.15-20の維持では買いっても、ストップは77.95-05割れ。77.70-80での買いのストップは77.50-60割れや77.30-40割れの倍返し。ターゲットは77.05-15での買い戻し&買いでストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで倍返し。(予想時レート: 78.95 予想時間 14:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=95.00-96.00)
戦略としては、95.60-70と95.85-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合95.95-00と売り上がって、ストップは96.10-15超えや96.25-35超えでの倍返し。ターゲットは96.40-50、96.50-60と利食い&売りあがって、ストップは96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は慎重な順張りから、タートえっとは95.45-55の動向次第。割れて95.35-40、95.20-30と買い戻しで、買いはこういった維持から95.00-15と買い下がって、ストップは94.85-95や94.75-80とするか、94.65-70と買い下がって、ストップは94.35-45割れ、94.20-35での買い直しのストップは94.05-15や93.90-95割れで、93.75-85割れが倍返しとなるが、93.60-70の維持では買い戻しで、買いは93.45-55をストップとするか、93.20-30、93.05-15と買い下がって、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 (予想時レート:95.65 予想時間 14:30)

日銀総裁人事

テーマ: モノローグ

だいまん

みんなの党は、岩田日銀副総裁候補への賛成方針を決定したが、中曽日銀副総裁候補には反対する模様。維新の会も中曽日銀副総裁候補に反対。 

黒田日銀総裁候補については態度を明示しなかった。

一方民主党は、岩田日銀副総裁候補に反対。 14日の衆院投票は問題ないが、
15日まだ波乱があるかも。

ちょうどアストロ的にも水星の順行戻もあり、逆に荒れて欲しい?

そうなれば、買い場が訪れるシナリオ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (豪) 3月ウエストパック消費者信頼感(前回7.70%)
09:30 (豪) 1月住宅ローン貸出 (前回-1.50% 予想-0.50%)
18:00 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁講演
15:30 (仏) 第4四半期非農業部門雇用者・確報 [前期比] (前回-0.2%)
16:45 (仏) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.2%)
19:00 (ユーロ圏) 伊3年債入札
19:30 (英) 英国債入札(2052年償還・15億ポンド)
19:30 (ユーロ圏) 独2年債入札(50億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回14.80%)
20:00 (南ア) 1月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.3%)
21:30 (米) 2月小売売上高 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.5%)
21:30 (米) 2月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回+0.2% 予想+0.5%)
21:30 (米) 2月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.5%)
23:00 (米) 1月企業在庫 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.3%)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回+383万バレル)
05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート
周小川中国人民銀行総裁講演(全国人民代表大会)
米10年国債入札(210億ドル)

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

5ドル安へ。 まだ落ちてないが、火曜日のダウは、いやーな雰囲気なので注意。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

 一方クロス円では、NYダウが、31ドル高と堅調スタートとなったことで、買い戻しが優位。 ユーロ円が124.40から125.75、ポンド円が142.03から132.15、オージー円が98.48から99.45、NZD円が78.75から79.48、カナダ円が93.04から93.86、スイス円が100.87から101.91まで買い戻された。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは1.29915から1.3075へ上昇、ドル円も95.64の安値から96.25まで反発した。またポンドドルは、英1月鉱工業生産指数が予想より大幅に悪化したことで、1.4832まで下落ご1.4909へ反発、ドルスイスは0.9436まで値を下げた。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

12日の東京市場は、日経新聞が、最初の日銀金融政策決定会合を前に、「黒田氏が臨時会合を示唆」と報じたこと、日経平均株価が堅調なスタートとなったことで、一時円売りが拡大したが、岩田日銀副総裁候補が、リスク性資産の買い入れや臨時会合に否定的な見解を示したこと、その後日経平均株価がマイナス圏に下落、上海株式市場が下落したことなどから、一転円の買い戻しが強まった。 
 ドル円は96.71から96.28へ下落、ユーロドルも1.3047から1.3002まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が126.03から125.33、ポンド円が144.13から143.39、オージー円が99.57から98.93、NZD円が79.90から79.40、カナダ円が94.23から93.76、スイス円が102.00から101.47まで値を下げた。

London&Ny

テーマ:

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=142.50-144.00)
戦略としては143.35-40と143.75-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、144.00-05と売り上がって、ストップは144.10-15超えでの倍返し。 ターゲットは144.50前後と利食いで、売りのストップは144.65-70超えで、145.10-15超えが倍返し。 ターゲットは145.15-20、145.25-30、145.35-45と利食いで、売りはこういった位置から145.45-60、145.65-80と売り上がって、ストップは145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 一方下値は順張りからターゲットは143.05-20、142.90-00での買い戻し&買いで、ストップは、142.80-90割れや142.60-70割れでの倍返し。ターゲットは142.45-55の動向次第。維持では買っても、ストップは142.25-30割れで、142.05-15での買い直しのストップは、141.90-95割れが倍返しとなるが、ターゲットは141.45-50を前に下げ止まりでは買い戻し。買いはこの位置から141.30-35、140.95-05、140.70-85と買い下がって、ストップは140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは1139.60-65、139.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは139.10-30割れで倍返し。 ターゲットは138.85-95、138.55-65と買い戻しで、買いは138.35-45と買い下がって、ストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。(予想時レート:143.65 予想時間 16:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2920-1.3080)
戦略としては、1.3010-15と1.3025-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3035-40と売り上がって、ストップは1.3045-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3080-90を前に上げ渋りでは利食い優先。売りはこういった位置から1.3095-00、1.3110-15と売り上がって、ストップは1.3135-45超えでの倍返し。ターゲットは1.3150-65の動向次第。超えると1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.3000-05と買い下がって、ストップは1.2985-90や1.2975-80割れで、1.2955-60割れでの倍返し。ターゲットは、1.2935-45、1.2925-30と買い戻しで、買いは1.2915-25、1.2895-05と買い下がって、ストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.2855-60、1.2840-50と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.3020 予想時間 16:30)

岩田規久男・学習院大教授

テーマ: モノローグ

だいまん

参院理事会での所信聴取で
「当座預金の付利、なくても良いという気持ちはある」
「長期国債を買っていけば2年以内に物価2%に達するだろう」
「今の段階ではリスク性資産に踏み込む必要はないと思うが、排除はしない」

「今の段階ではリスク性資産に踏み込む必要はないと思う」がマイナスの影響。

阿波踊り相場

テーマ: モノローグ

だいまん

ただ、現在は阿波踊り相場なので、乗らなきゃ、そんそんというわけで。

日経新聞

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁
日銀総裁に就任すれば、早期に追加緩和に踏み切る考えを強調。

4月3-4日の新体制初の金融政策決定会合を待たずに、3月20日の就任後に速やかに臨時会合を開いて緩和策を打ち出す可能性を示唆したと報じた。

これで円売りが進んでいるが、何故昨日じゃないか?

つまり観測記事の範囲でしょう?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(2月13・14日分)
08:50 (日) 1月第3次産業活動指数(前回1.40% 予想-0.20%)
08:50 (日) 1-3月期景況判断BSI・大企業全産業(前回-5.5)
08:50 (日) 1-3月期景況判断BSI・大企業製造業(前回-10.3)
09:00 (日) 岩田規久男学習院大教授と中曽宏日銀理事「参院議院運営委員会で所信聴取」
09:01 (英) 2月RICS住宅価格(前回-4%)
09:30 (豪) 2月NAB企業景況感(前回-2)
09:30 (豪) 2月NAB企業信頼感(前回 3)
16:00 (独) 2月卸売物価指数 [前月比] (前回+0.3%)
16:00 (独) 2月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
16:00 (独) 2月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.5%)
17:00 (南ア) 第4四半期経常収支 (前回-2025億ZAR)
18:30 (英) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.1% 予想+0.3%)
18:30 (英) 1月製造業生産高 [前月比] (前回+1.6% 予想+0.1%)
18:30 (英) 1月商品貿易収支 (前回-88.97億GBP 予想-90.00億GBP)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (独) 2012年独連銀年次報告
19:30 (独) インフレ連動債入札(2023年償還・10億ユーロ)
23:30 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回±0.0%)
02:15 (スイス) ビドマー=シュルンプフ・スイス財務相講演
03:00 (米) 2月月次財政収支 (前回+28.8億USD 予想-2200.0億USD)
日5年国債入札(2兆7000億円)、米3年国債入札(320億ドル)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.2038、ドル円は96.36へ一時値を上げ、ユーロ円が125.54、ポンド円が143.74、オージー円が98.88、NZD円が79.56、カナダ円が93.91、スイス円が101.57まで上昇した。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

40ドル高へ

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

材料難から揉合い推移。 NYダウもマイナス24ドルからプラス31ドルの範囲で動意に薄い。
 ユーロドルは、1.2988から1.3016、ドル円は96.01から96.25へ一時値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.82から125.26、ポンド円が142.82から143.43、オージー円が98.20から98.77、NZD円が79.45、カナダ円が93.31から93.75、スイス円が100.98から101.33まで上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=97.55-98.65)
戦略としては、97.85-00と98.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.50-65と売り上がって、ストップは99.00-05超えで、倍返ししても99.50や100円で利食い優先。 一方下値は97.70-75がストップで、97.55-60での買い直しの場合97.35-40がストップで、97.05-30、96.75-95と買い下がって、ストップは96.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、96.45-50、96.20-35と買い戻し&買いで、ストップは96.00-20ゾーン割れ。 倍返しも検討されるが、ターゲットは95.80-90、95.55-70と買い戻しで、買いは95.25-40と買い下がって、ストップは95.15-25割れでの倍返し。 ターゲットは94.95-05、94.80-90の動向次第で買い戻し。買いは94.65-70と買い下がって、ストップは94.45-50割れや94.35-45割れでの倍返し。 (予想時レート: 98.25 予想時間 15:10)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=124.00-126.00)
戦略としては、124.80-85と125.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、125.15-20超えがストップで、倍返しも125.40-55での利食い&売りで、更に売り上がっても、ストップは125.90-00超えで、倍返しもターゲットは126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 一方下値は順張りから124.65-70、124.55-60と買い戻して、買いは124.40-45、124.15-20、124円前後と買い下がって、ストップは123.80-85割れで、倍返しも123.65-70、123.45-55の維持では買い戻し。買いは122.90-95、122.70-75、122.45-55、122.30-35、122.00-05まで順次買い場を探して、ストップは121.90-95割れや121.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは121.45-60の動向次第。 割れて121.35-40と買い戻しで、買いはこの位置から121.25-30と買い戻し&買い下がっても、ストップは121.10-20割れでの倍返し。ターゲットは120.95-00の動向を見る形だが、割れると120.70-75での買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。(予想時レート:125.00 予想時間 15:05

金曜日の海外

テーマ:

だいまん

 金曜日の海外市場は、米2月雇用統計で、非農業部門雇用者数が、前月比+23.6万人、更に失業率が7.7%に急改善したことで、ドル買い、円売りが優勢となった。ただ、週末のポジション調整もあり、その後は利食いに押された。 
 ドル円は96.60まで上昇後95.50まで下落、ユーロドルは1.2955から1.3018まで反発したが、格付け会社フィッチがイタリアを格下げしたことで、上値を抑えられた。
 一方クロス円では、ユーロ円が125.95から123.80へ一時へ値を下げ、ポンド円が144.08から142.67、オージー円が99.01から97.70、NZD円が79.78から78.28、スイス円が101.82から100.06まで値を下げたが、NYダウが堅調な推移を継続したことで、その後は買い戻し気味で引けた。 またカナダ円は強いカナダ雇用統計を受けて、94.28まで上昇後92.86まで一時下落した。


本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

米国及び加市場夏時間移行
08:50 (日) 2月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
08:50 (日) 1月機械受注 [前月比] (前回+2.8%予想 -1.7%)
08:50 (日) 1月機械受注 [前年比] (前回-3.4% 予想-0.3%)
09:00 (日) 黒田東彦アジア開発銀行総裁「参院議院運営委員会で所信聴取」
11:10 (日) 石田日銀審議委員「栃木県金融経済懇親会における挨拶」
16:00 (独) 1月貿易収支 (前回+120億EUR 予想+144億EUR)
16:00 (独) 1月経常収支 (前回+173億EUR 予想+105億EUR)
16:45 (仏) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.1% 予想-0.2%)
17:15 (スイス) 1月実質小売売上高 [前年比] (前回+5.1%)
18:00 (ユーロ圏) 伊10-12月期GDP・確報値[前期比](前回-0.90%)
18:00 (ユーロ圏) 伊10-12月期GDP・確報値[前年比](前回-2.70%)
18:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
21:00 (独) フィッチェン・ドイツ銀行共同会長、ショイブレ独財務相議会証言

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月11日 06:24
EURUSD 1.2990-92
USDJPY 96.02--04
GBPUSD 1.4914-20
USDCHF 0.9518-21
USDCAD 1.0285-89
AUDUSD 1.0209-12
NZDUSD 0.8200-04
EURJPY 124.72-76
GBPJPY 143.22-32
AUDJPY 98.02-06
NZDJPY 78.74-79
CADJPY 93.31-38
CHFJPY 100.84-90
ZARJPY 10.54-61
EURGBP 0.8704-10
EURCHF 1.2366-71

あまり

テーマ: モノローグ

だいまん

変化の無いレベルでスタート。 最近はギャップがあまり空かないので、ちょっと安心。 

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月11日 03:08
EURUSD 1.2986-02
USDJPY 95.82-07
GBPUSD 1.4910-41
USDCHF 0.9504-15
USDCAD 1.0287-00
AUDUSD 1.0206-12
NZDUSD 0.8185-97
EURJPY 124.50-88
GBPJPY 143.04-39
AUDJPY 97.78-08
NZDJPY 78.43-77
CADJPY 93.02-39
CHFJPY 100.61-13
ZARJPY 10.51-62
EURGBP 0.8691-20
EURCHF 1.2353-66

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月11日 03:05
EURUSD 1.2983-03
USDJPY 95.83-06
GBPUSD 1.4908-39
USDCHF 0.9508-33

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一時84ドル高のNYダウが、値を消したことで、利食いが優位。

ユーロ円が125.95から124.49へ値を下げ、ポンド円が144.08から143.26、オージー円が99.01から98.09、NZD円が79.78から78.61、スイス円が101.82まで上昇後100.66へ値を下げた。 

またカナダ円は強いカナダ雇用統計を受けて、94.28まで上昇後、93.36まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 強い米2月雇用統計を受けて、ドル買いが進むも、その後は週末の利食いが優勢。
 
 ドル円は96.60まで上昇後95.81まで下落、ユーロドルは1.2955の安値から1.3001まで反発した。 

TPPかな?

テーマ: モノローグ

だいまん

官邸の発表として「安倍晋三首相が11日16時30分に記者会見を開く」。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

8日の東京市場は、日経平均株価が315円高の上昇を示現したことで、円が軟調推移を継続している。 陳中国商務相が、「我々は競争的な通貨切り下げと戦うべき」と述べたが、反応は薄かった。 
 ドル円は94.79から95.44へ上昇も、95.50のオプションの防戦い上値を阻まれた。 ユーロドルは1.3116から1.3083まで下落した。 
 一方クロス円も軟調を維持して、ユーロ円が124.21から124.98、ポンド円が142.28から143.18、オージー円が97.35から97.74、NZD円が78.47から78.79、カナダ円が92.05から92.57、スイス円が100.53から101.04まで値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=99.50-101.40)
戦略としては、100.75-80と101.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りからターゲットは、101.35-40、101.55-65と利食い&売り直しで、ストップは101.80-85や101.95-00超えで、倍返しも102.15-20や102.25-35の動向次第で利食い優先。 超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは102.60-65での利食い&売り直しで、ストップは102.80-85超えや103.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは103.15-20、103.35-45と利食い&売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値は100.65-70と買い下がって、ストップは100.50-60割れとするか、100.45-50と買い下がって、ストップは100.15-25割れでの倍返し。ターゲットはなる99.75-80、99.55-60と買い戻しで、買いは99.30-40、99.05-20と買い下がって、 ストップは98.85-95割れや98.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは98.50-65での利食い&買いで、ストップは98.40-50割れでの倍返し。ターゲットは、98.15-25、97.95-00、97.75-80と買い戻し場を探す形。 買いは維持でのケースのみで、ストップは97.40-45割れで、倍返しも97.25-35や97.10-20での買い戻しで、買いはこういった位置から96.85-95と買い下がって、ストップは96.65-75割れでの倍返し。ターゲットは96.40-50での買い戻し&買い。96.15-25がストップ。95.95-00、95.70-80、95.55-60、95.25-35と買い場を探して、ストップは94.95-05割れで、94.85-90の維持では買っても、ストップは94.65-70割れで倍返し。(予想時レート:100.90 予想時間 16:00)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.65-95.80)
戦略としては、95.25-30と95.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は積極的なら順張りも、95.75-85での利食い優先から、売りは96円超えがストップで、96.10-20-30の売り直しは、96.50超えをストップに対応となる。 一方下値は95.00-15と買い下がって、ストップを94.85-95や95.75-80とするか、94.65-70と買い下がって、ストップは94.35-45割れで、94.20-35での買い直しのストップは94.05-15や93.90-95割れで、93.75-85割れが倍返しとなるが、93.60-70の維持では買い戻しで、買いは93.45-55をストップとするか、93.20-30、93.05-15と買い下がって、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。(予想時レート:95.35 予想時間 15:20)

一部では

テーマ:

だいまん

95円のドル円バリアーを超えた今、更なる上値には、これに順ずるような規模の防戦はないようだ。。。。

ということで、軽い? 

既に95.50はタッチするでしょう。

影響は軽微

テーマ: モノローグ

だいまん

陳中国商務相
「円などの主要通貨が中国に影響を与えるだろう」
「中国は各国がG20のコンセンサスを順守することを望む」
「我々は競争的な通貨切り下げと戦うべき」
「通貨安は市場が決めるべき」

甘利明経済再生担当相
「マインドの変化が実体経済に少しずつ反映しつつある」
「株価は高いに越したことはない」

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

260円の上昇となった日経平均株価を受けて、円が軟調推移。 
 ドル円が95.44レベルへ上昇、ユーロドルが1.3088まで下落。
 ユーロ円が124.98、ポンド円が143.18、オージー円が97.74、NZD円が78.79、カナダ円が92.57、スイス円が101.04まで値を上げた。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、円売り、ドル売りのリスク志向の動きが強まった。 ドル円は2009年8月18日以来の高値となる95.10へ上昇、ユーロドルは、ECB理事会が金利を据え置き、ドラギECB総裁の記者会見で、今後の利下げを示唆しなかったことで、1.31185の高値まで一時上昇した。また、ポンドドルは、英MPCで、資産買取プログラムの規模が据え置かれたことで、1.5082まで上昇後、1.5006まで値を下げた。 
 一方クロス円では、ユーロ円が124.56、ポンド円が143.00、オージー円が97.58、NZD円が78.63、カナダ円が92.30、スイス円が100.82の高値なで値を上げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 第4四半期GDP・二次速報 [前期比] (前回-0.1%)
08:50 (日) 第4四半期GDP・二次速報 [前期比年率] (前回-0.4%)
08:50 (日) 第4四半期GDPデフレーター・二次速報値[前年比](前回-0.60%)
08:50 (日) 1月経常収支 (前回-2641億円 予想-6263億円)
08:50 (日) 1月貿易収支 (前回-5676億円 予想-1兆5123億円)
14:00 (日) 2月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回49.5)
14:00 (日) 2月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回56.5)
14:00 (日) 3月金融経済月報・基本的見解
17:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員講演
17:15 (スイス) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.3%)
20:00 (独) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
20:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行「LTRO返済予定額発表」
20:00 (ユーロ圏) プラートECB理事、クーン・ベルギー中銀総裁講演
22:15 (加) 2月住宅着工件数 (前回16.06万件 17.予想20万件)
22:30 (米) 2月非農業部門雇用者数 (前回+15.7万人 予想+15.1万人)
22:30 (米) 2月民間部門雇用者数(前回+16.6万人 予想+16.6万人)
22:30 (米) 2月失業率 (前回7.9% 予想7.9%)
22:30 (加) 2月雇用ネット変化 (前回-2.19万人 予想+0.75万人)
22:30 (加) 2月失業率 (前回7.0% 予想7.1%)
22:30 (加) 第4四半期労働生産率 [前期比] (前回-0.5%)
24:00 (米) 1月卸売在庫 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.3%)
24:00 (墨) メキシコ銀行・政策金利発表
(中) 2月貿易収支(前回+291.5億ドル 予想-55.0億ドル)
日30年債入札(7000億円)

3/09
10:30 (中) 2月消費者物価指数[前年比](前回2.00% 予想3.10%)
10:30 (中) 2月生産者物価指数[前年比](前回-1.60% 予想-1.50%)
14:30 (中) 2月鉱工業生産[前年比](前回10.30% 予想10.10%)
14:30 (中) 2月小売売上高[前年比](前回15.20%)
14:30 (中) 2月固定資産投資[前年比](前回20.60% 予想20.90%)

3/10
米国・カナダ市場夏時間に移行

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が124.56、、ポンド円が143.00、オージー円が97.58、NZD円が78.63、カナダ円が92.30、スイス円が100.82まで値を上げた。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は、95.10へ上昇、ユーロドルは、ドラギECB総裁の、記者会見での発言受けた上昇が継続。 1.31185の高値まで一時上昇した。

 一方ポンドドルは、英MPCで、資産買取プログラムの規模が据え置かれたことで、1.5082まで上昇後、1.5017まで値を下げた。 

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」、U-Stream版は、午後6時半スタートです。


http://ustream.forexwave.net/

反応は鈍い

テーマ: モノローグ

だいまん

フランス1月貿易収支
58億6200万ユーロの赤字。市場予想は47億ユーロで、赤字幅拡大も。。。。

普段は動かない

テーマ: モノローグ

だいまん

16:45 (仏) 1月貿易収支 (前回-53.49億EUR) に注意。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=140.00-142.00)
戦略としては140.65-75と141.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、141.25-35と売り上がって、ストップは141.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは141.55-75、142円前後と利食いで、売りはこういった位置から142.30-45と売り場を探して、ストップは142.70-80超えや142.90-143.10超えでの倍返し。ターゲットは143.35-45、143.45-55と利食い&売り直しで、このストップは143.55-60超え、143.75-80、143.90-95での売りにストップは、144.15-25超えで、倍返し。 一方下値は140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは139.60-65、139.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは139.10-30割れで倍返し。 ターゲットは138.85-95、138.55-65と買い戻しで、買いは138.35-45と買い下がって、ストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返し。(予想時レート:140.90 予想時間 15:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2920-1.3060)
戦略としては、1.2980-90と1.2995-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りまたは、1.3010-20超えでの倍返し。ターゲットは1.3035-50での利食いで、売りは1.3055-60まで売りあがって、ストップは1.3070-80超えでの倍返し。ターゲットは1.3100-10の動向次第。 超えて1.3120-25、1.3135-45と利食い&売り上がって、ストップは1.3150-65超えでの倍返し。 ターゲットは、1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.2965-70割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2925-30割れ。 ただ、オプションの防戦からは、1.29を前に、1.2915-25は止まり易いので、ストップせずに1.2915-25を買うスタンスでも検討される。 また更に1.2895-05まで買い下がって、ストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。(予想時レート:1.2995 予想時間 15:30)

日経平均株価は

テーマ: モノローグ

だいまん

12000円台乗せも、SQを前に意図的な買いあがりもあるようで注意が必要との声も。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果公表
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 1月貿易収支 (前回-4.27億豪ドル 予想-5.00億豪ドル)
10:30 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁、講演
14:00 (日) 1月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回93.4)
14:00 (日) 1月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回92.6)
15:30 (仏) 第4四半期失業率 (前回10.3%)
15:30 (日) 白川日銀総裁記者会見
15:45 (スイス) 2月失業率 (前回3.4%)
16:45 (仏) 1月貿易収支 (前回-53.49億EUR)
17:30 (ユーロ圏) モスコヴィシ仏財務相、パドアン経済協力開発機構局長講演
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
19:30 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長、ケニー・アイルランド首相講演
20:00 (独) 1月製造業受注 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.7%)
20:15 (ユーロ圏) ケニー・アイルランド首相講演
20:30 (スイス) ジョーダンSNB総裁会見
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:30 (米) 2月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回-24.40%)
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁・記者会見
22:30 (米) 1月貿易収支 (前回-385億USD -430億USD)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.4万件 予想35.5万件)
22:30 (米) 第4四半期非農業部門労働生産性・確報 [前期比] (前回-2.0% 予想-1.5%)
22:30 (米) 第4四半期単位労働費用・確報 [前期比] (前回+4.5% 予想+4.1%)
22:30 (加) 1月国際商品貿易(前回 -9.0億CAD 予想-5.5億CAD)
22:30 (加) 1月住宅建設許可 [前月比] (前回-11.2%)
05:00 (米) 1月消費者信用残高 (前回+145.95億USD 予想+150.00億USD)
06:45 (NZ) 第4四半期製造業売上高 [前期比] (前回+1.6%)
FRB「金融機関ストレステスト結果発表」
ブラジル中央銀行・政策金利発表

ベージュブック

テーマ: モノローグ

だいまん

「2月の米経済は、控えめないし、穏やかな成長」
「12地区の大半が個人消費の伸びを報告」
「製造業は大半の地区で穏やかに改善した」
「大半の地区の自動車販売は力強い、ないし堅調」
「ほぼ全地区で住宅が上向いた」
「賃金圧力は総じて限定的」
「数地区で雇用は抑制」

ドル円が

テーマ: モノローグ

だいまん

94円台のせ。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円がロンドン初頭の高値122.02から121.55まで下落後122.01まで再上昇、

ポンド円が141.29から140.71、オージー円が96.27の日中高値から95.90、NZD円も78.04から77.54まで調整、スイス円が99.17から98.78での推移。

カナダ円は、カナダ中銀が政策金利を据え置いたが、声明がハト派的な内容であったことで、91.08から90.51まで下落後、買い戻し気味となった。

NY中盤まで

テーマ: モノローグ

だいまん

米2月ADP全国雇用リポートが、市場予想を上回ったことでドル買いが優勢となった。 

ユーロドルは、1.2983まで下落、ポンドドルが1.5016まで値を下げ、ドルスイスが0.9480、ドル円は93.93まで上昇した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 6日の東京市場は、昨晩のNYダウの史上高値更新を好感する動きも、実需の売りが上値を抑えた。 ただ、引けにかけて日経平均株価が250円近い上昇となったことで、下値を限定されたが、総じて揉合いの範囲を逸脱する動きとはならなかった。 
 ユーロドルは、1.3043から1.3071まで反発、ドル円は93.38から92.99まで一時値を下げた。 
 クロス円では、ユーロ円が121.85から121.51へ下落後、再度121.70台へ値を戻し、ポンド円が141.28から140.88、NZD円が77.70から77.43 カナダ円が90.90から90.66、スイス円が99.21から98.88での推移となったが、オージー円は堅調な豪GDPを受けて、95.60から95.91へ値を上げた。 (16:00現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=90.00-91.60)
戦略としては90.50-60と90.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は91.10-20超えでの倍返し。 ターゲットは91.30-45、91.55-85と利食い&売り直してストップは91.95-00超え、92.15-25、92.45-50と売り上がって、ストップは92.65-70超えや92.70-80超えの倍返し。ターゲットは92.90-00、93.00-30と利食いで、売りは93.35-45と売り上がって、93.50-60超えがストップで、93.70-80での売りはCapを見て対応。 売ってもストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は90.40-45割れでの倍返し。ターゲットは90.10-15を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から89.80-00と買い下がって、ストップは89.50-65割れでの倍返し。 ターゲットは89.20-25、89.00-05と買い戻し&買い下がって、ストップは88.70-75割れで、88.55-60割れや88.45-50割れでの倍返し。 ターゲットは88.35-40、88.20-25と買い戻しで、買いは88.05-10と買い下がって、ストップは87.95-00割れ、87.85-90割れでの倍返し。(予想時レート: 90.80 予想時間 15:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3025-1.3145)
戦略としては、1.3055-60と1.3070-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りからターゲットは1.3100-10の動向次第。 超えてターゲットは1.3120-25、1.3135-45と利食い&売り上がって、ストップは1.3150-65超えでの倍返し。 ターゲットは、1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.3045-50と買い下がって、ストップは1.3035-45割れで、1.3025-35での買い直しの場合、ストップは1.3010-20割れ、1.3000-05割れでの倍返し。ターゲットは1.2975-85や1.2965-70の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは、1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2925-30割れ。 ただ、オプションの防戦からは、1.29を前に、1.2915-25は止まり易いので、ストップせずに1.2915-25を買うスタンスでも検討される。 また更に1.2895-05まで買い下がって、ストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。(予想時レート:1.3065 予想時間 15:15)

岩田副総裁の

テーマ: モノローグ

だいまん

話というより、やはり3月末に向けてレパトリ気味の売りオーダーや実需売りが散見されるようだ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

先週から出来高が半減気味らしい。。。。。

理由は不明? 91-94円の注文がほとんど付いちゃったからかも。。。

案外

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円、クロス円の上値は重い感じ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 第4四半期GDP [前期比] (前回+0.5% +0.60%)
09:30 (豪) 第4四半期GDP [前年比] (前回+3.1% +3.00%)
16:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
18:45 (英) キングBOE総裁・議会証言
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値 [前期比] (前回-0.6% 予想-0.6%)
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値 [前年比] (前回-0.9% 予想-0.9%)
19:30 (ユーロ圏) 独5年債入札(40億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-3.80%)
22:15 (米) 2月ADP全国雇用者数 (前回+19.2万人 予想+16.2万人)
22:15 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
23:00 (ユーロ圏) トリシェ前ECB総裁講演
24:00 (加) 加中銀政策金利発表
24:00 (加) 2月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回58.9)
24:00 (米) 1月製造業受注指数 [前月比] (前回+1.8% 予想-2.2%)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回113.0万バレル)
04:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
ポーランド ポーランド国立銀行・政策金利発表

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが史上高値を更新後も底堅く推移。

リスク志向の動きが続いている。

ユーロドルは、ロンドン初頭の高値1.3076から1.3012まで下落後買い戻し気味。

ル円は92.94から93.52まで値を上げたが、案外上値が重い。

一方クロス円は、ユーロ円が121.26から121.82まで上昇も、ユーロ円も121.80台が重い感じ。

その他ポンド円が140.81から141.44、オージー円が95.17から95.71、NZD円gあ76.90から77.59、カナダ円が90.58から90.92、スイス円が98.80から99.25まで一時値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=76.75-77.75)
戦略としては76.95-05と77.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、77.35-45超えでの倍返し。 ターゲットは77.55-75、77.80-85と利食いで、売りは78.15-20と売り上がって、ストップを78.35-40超えとするか、78.55-65、78.75-80と更に売り上がって、ストップは79.00-10超えで倍返し。ターゲットは79.20-25や79.35-45、79.45-55や79.60-65の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは80円のサイコロジカル前後のCapでは利食い優先となる。 売りは80.20-25超えがストップ。 一方下値は76.75-90と買い下がって、ストップは76.60-65我や76.45-55割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは76.30-40,76.20-30の動向次第で、買い戻し&買い下がって、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 77.15 予想時間 15:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=120.00-122.00)
戦略としては、121.25-35と121.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は121.65-75と売り上がって、ストップは121.85-90超えで、倍返しもターゲットは121.90-00や122.10-20の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、この場合のターゲットは122.50前後と利食い&売りあがって、ストップは122.80-85超えや売りあがっても、ストップは123.25-35超えでの倍返し。 このターゲットは123.50、13.85-00と利食い&売りで、ストップはタイト気味で、再度124.80-85まで売り場を探して、ストップは125.05-10超えや125.15-25超えでの倍返し。 一方下値は121.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは120.95-00、120.70-75と買い戻し&買い場を探して、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。 割れても119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは118.45-55、118.20-25と買い戻し&買いでストップは117.85-95や117.70-80割れ。117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40の維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:121.35 予想時間 14:20)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

5日の東京市場は、日経平均株価が堅調な推移となったことで、一時は円売り気味も、次期日銀副総裁候補の岩田規久男・学習院大教授が、外債購入の必要性を否定、民主党の津村啓介衆院議員が岩田日銀副総裁案に反対する意向を示したことなどを受けて、一転円の買い戻しにつながった。
 ドル円は93.54から92.915まで下落、92.90に纏まったストップ・ロスが観測されている模様。 ユーロドルは1.3019から1.3046までじり高となった。
 一方クロス円では、ユーロ円が121.88から121.17へ下落、ポンド円が141.44かr140.58へ値を下げ、オージー円は豪準備銀行が、政策金利の据え置きを発表。声明では「現時点のインフレ見通しに基づくと、一段の金融緩和の余地ある」としたが、前回の声明と同様で、95.49から95.01の間で上下した。 またNZD円は77.42から77.05、カナダ円が91.10から90.56、スイス円が99.41から98.82まで値を下げた。 

円買い

テーマ: モノローグ

だいまん

岩田規久男学習院大学教授
「緩和をすればある程度の円安になるのは当然だ」
「外債、わざわざ買う必要はない」
「外債購入はせず、手段として取っておく」

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ダウがマイナス59ドルまで値を下げたことで、一時円買いとなったが、その後プラス圏を回復したことで、一過性の動きとなった。 ただ、材料難から、総じて揉み合いの域を出る動きとはなっていない。 ユーロドルは、イタリアの格下げの噂からイタリア10年物国債利回りが上昇したが反応は薄く、1.2983から1.3029での揉合いを続け、ドル円は93.69から93.18まで下落、ポンドドルは、1.5117まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円が121.91から121.13、スイス円が99.37から98.91、カナダ円が90.93から90.46まで一時値を下げた後は、買い戻しが優勢、ポンド円は140.97から141.27まで上昇、オージー円が引けにかけて95.34、NZD円が77.37まで値を上げた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 1月小売売上高 [前月比] (前回-0.2%)
09:30 (豪) 第4四半期経常収支 (前回-149.00億AUD)
10:30 (日) 岩田規久男学習院大教授と中曽宏日銀理事「衆院議院運営委員会で所信聴取」
10:45 (中) 2月HSBCサービスPMI (前回54)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット発表
17:55 (独) 2月サービス業PMI・確報値(前回54.1 予想54.1)
18:00 (ユーロ圏) 2月総合PMI・確報値(前回47.3)
18:00 (ユーロ圏) 2月サービス業PMI・確報値(前回47.3 予想47.3)
18:30 (英) 2月PMIサービス業(前回 51.5 予想51.3)
18:30 (南ア) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月小売売上高 [前月比] (前回-0.8%(-0.9%) 予想+0.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月小売売上高 [前年比] (前回-3.4%(-3.6%) 予想-2.9%)
24:00 (米) 2月ISM非製造業景況指数 (前回55.2 予想55.0)
04:00 (米) ラッカー・リッチモンド米連銀総裁講演
中国全国人民代表大会(全人代)開幕
EU財務相会合(ブリュッセル)
日10年債入札(2兆4000億円)

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

値を戻す。 大きな動きではないが、底堅い動きが続いてる。

またぞろ引けにかけて、上昇するのかも。。。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

材料難から揉み合い気味も、ダウがマイナス59ドルまで値を下げ、上値を押さえる形。 

ユーロドルは、イタリアの格下げの噂も反応は薄く、1.2983から1.3019での揉合い。 

ドル円は93.18まで下落、ポンドドルは、1.5089まで値を上げた。
 
 クロス円では、ユーロ円が121.13、スイス円が98.91、カナダ円が90.46まで値を下げ、

ポンド円は140.97から140.34の範囲で揉み合い、

オージー円は94.97、NZD円は77.03まで一時反発後売りに押された。 

キャンペーン

テーマ: モノローグ

だいまん

チャンスです。 インヴァスト証券さんのビッグ・キャンペーン。

みなさん応募してください。

http://www.invast.jp/highlow/?waad=TtmtmYvo

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「Monday FX」は、17時半からスタートです。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=75.80-77.05)
戦略としては76.45-55と76.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、77.00-05と売り上がって、ストップは77.15-25超えや77.30-35超えでの倍返し。ターゲットは77.55-75、77.80-85、78.15-20と利食い&売り上がって、ストップを78.35-40超えとするか、78.55-65、78.75-80と売り上がって、ストップは79.00-10超えで倍返し。 一方下値は76.30-40,76.20-30と買い下がっても、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 76.60 予想時間 15:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略としては、93.30-35と93.50-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は93.70-75をストップとしても、93.80-00での売り直し。ストップは94.10-15や94.25-30、94.50-55超え、更に売りあがっても94.75-80が倍返しとなる。ターゲットは94.95-00、95.10-20-30と利食い&売り直しが検討され、ストップは95.45-50超え。 一方下値は順張りも93.20-25、92.85-90と買い戻しで、買いは92.75-80と買い下がって、ストップは92.60-70や92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。(予想時レート:93.45 予想時間 14:40)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

4日の東京市場は、黒田東彦アジアADB総裁の所信聴取を受けて、日銀の追加金融緩和期待から一時円売りが進んだが、具体的な発言がなく、失望感が出たことや、大阪証券取引所のシステム・トラブルで、日経平均株価が上げ幅を縮めたこと、上海総合指数が大幅安となってことを受けて、円の買い戻し気味で引けた。
 ドル円は93.73から93.285まで下落、ユーロドルは1.3032から1.3002での小動きに終始したが、ユーロ円の売りが圧迫した。
 クロス円では、ユーロ円が121.98から121.38、ポンド円が140.87から140.21、オージー円が95.52から94.46、NZD円が77.19から76.53、カナダ円が91.16から90.54、スイス円が99.44から98.95へ一時値を下げた。 

日銀正副総裁人事

テーマ: モノローグ

だいまん

案外岩田さんのほうがもめるとの話もある。

理由は過去の発言に少し問題があるとか。。。

黒田氏

テーマ:

だいまん

質疑応答は非公開の模様。

ドル円は93.725まで

テーマ: モノローグ

だいまん

黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁
「デフレからの脱却はアジアにとっても重要であり、期待されている」
「物価の安定は中央銀行の責務だ」
「規模、具体的な買い入れ対象は目標達成に向けては不十分だ」
「やれる事は何でもやる姿勢を明確に打ち出していきたい」
「政府が賃金向上できれば、効果はより増すだろう」
「日銀は大胆な金融緩和で出来るだけ早期に目標を実現する」
「目標実現は可能であり日銀の使命」

「(日銀の金融政策について)為替下落を狙っているわけではないが、為替が下落する傾向がある」
この発言がマイナス。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 1月住宅建設許可件数 [前月比] (前回-4.4% 予想+2.8%)
09:30 (日) 黒田東彦アジア開発銀行総裁「衆院議院運営委員会で所信聴取」
15:30 (日) 岩田規久男学習院大学教授講演
17:30 (香港) 1月小売売上高-価格 [前年比] (前回+8.8% 予想+8.6%)
18:30 (英) 2月PMI建設業 (前回48.7 予想49.0)
19:00 (ユーロ圏) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.1%(+2.2%) 予想+1.9%)
22:00 (米) イエレンFRB副議長講演
01:45 (米) ボルカー元FRB議長講演
03:15 (米) パウエルFRB理事講演
中尾武彦財務官、トリシェ前ECB総裁「国際通貨研究所主催国際金融シンポジウム参加」
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
アストロ:為替変化日(14日まで)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月04日 03:45
EURUSD 1.3004-10
USDJPY 93.59-68
GBPUSD 1.5021-39
USDCHF 0.9425-44
USDCAD 1.0260-69
AUDUSD 1.0194-01
NZDUSD 0.8231-40
EURJPY 121.67-87
GBPJPY 140.63-79
AUDJPY 95.42-56
NZDJPY 77.04-19
CADJPY 91.14-30
CHFJPY 99.11-38
ZARJPY 10.29-35
EURGBP 0.8652-60
EURCHF 1.2265-80

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月04日 03:04
EURUSD 1.3008-91
USDJPY 93.60-70
GBPUSD 1.5033-39
USDCHF 0.9422-47
USDCAD 1.0266-76
AUDUSD 1.0190-98
NZDUSD 0.8239-65
EURJPY 121.72-98
GBPJPY 140.72-88
AUDJPY 95.38-53
NZDJPY 77.12-42
CADJPY 91.07-25
CHFJPY 99.04-46
ZARJPY 10.29-35
EURGBP 0.8648-62
EURCHF 1.2264-93

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 121.69-02
GBPJPY 140.61-85
AUDJPY 95.36-52
NZDJPY 77.09-36

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月04日 03:01
EURUSD 1.3006-14
USDJPY 93.51-70
GBPUSD 1.5017-42
USDCHF 0.9422-47

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

93.63まで上昇。 びっくり。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

フル・リトレースメント 117ドル安から14000ドルを回復。 プラス圏へ。。。

分け判らんが、ともかく株価連動の相場。 逆らえない。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が120.36から121.38、ポンド円が139.11から140.26、オージー円が94.46から95.35、NZD円が76.43から77.04、カナダ円が89.64から90.86、スイス円が98.2ら98.95まで上昇した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は、NYダウが反転。 93.49まで上昇、ユーロドルは、1.2967まで下落し、ポンドドルは、英2月製造業PMIが市場予想を下回ったことで1.4985まで値を下げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

1日東京市場は、堅調な株価を受けて、円が軟調気味も、米歳出強制削減への警戒感や週末を控えたポジション調整が上値を重くした。 ユーロドルは1.3052から1.3084まで上昇、ドル円は92.73まで反発後92.45まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が120.81から121.77、ポンド円が140.20から140.72、オージー円は弱い中国PMIにも、94.44から94.85での推移、NZD円が76.28から76.68、カナダ円が89.73から90.03、スイス円が98.72から99.05での狭いレンジでの推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=139.00-141.00)
戦略としては140.40-45と140.70-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は140.85-90超えでの倍返し。 ターゲットは141.00-05、141.55-75と利食いで、売りは142.30-45と売り場を探して、ストップは142.70-80超えや142.90-143.10超えでの倍返し。ターゲットは143.35-45、143.45-55と利食い&売り直しで、このストップは143.55-60超え、143.75-80、143.90-95での売りにストップは、144.15-25超えで、倍返しもターゲットは144.30-40、144.45-50、144.60-65と利食い&売り直して、ストップは144.70-80超えでの倍返し。一方下値は140.20-25をストップ、140.05-10、139.90-95と買い下がって、ストップは139.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは、139.45-50の動向次第で、割れるとターゲットは139.00-25での買い戻し&買いで、ストップは138.85-95割れで、138.55-65、138.35-45での買い直しのストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返し。(予想時レート:140.50 予想時間 15:00)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3150)
戦略としては、1.3065-75と1.3080-85のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は1.3090-95を売りあがって、ストップは1.3105-10超えとするか、1.3120-25、1.3135-45と売り上がって、ストップは1.3150-65超えでの倍返し。 ターゲットは、1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.3055-65を買い下がっても、ストップは13045-55割れでの倍返し。 ターゲットは1.3035-45、1.3015-20、1.2995-00の動向次第。 割れて1.2970-80、1.2955-60と買い戻しで、買いは1.2935-45と買い場を探して、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.2855-60、1.2840-50と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.3080 予想時間 14:55)

週末の

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、いやな雰囲気。 過去のパターンからは週末安値引けするケースが非常に多く、更にその場合月初がギャップ・ダウンになる。

1.30の防戦が案外強く支えており、チャート上はネック・ラインとして非常に重要な位置。 

割れて「騙し」のリスクの残るポイントで対応に注意が必要だが、

1.31台は中東筋が、大きく投売り玉をかましており、

やはりしっかりと割れると、それなりに大口のストップが出ることは考慮しておきたい。 

ドル円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ここ1ヶ月内での90-95円でのレンジ・バイナリーが人気。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (日) 1月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.1% 予想-0.2%)
08:30 (日) 1月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.2% 予想-0.3%)
08:30 (日) 2月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)[前年比](前回-0.50% 予想-0.50%)
08:30 (日) 1月失業率 (前回4.2% 予想4.2%)
08:30 (日) 1月有効求人倍率 (前回0.82 予想0.82)
08:50 (日) 第4四半期法人企業統計・設備投資[前年比](前回2.20% 予想-7.20%)
10:00 (中) 2月製造業PMI (前回50.4)
10:00 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演
10:45 (中) 2月HSBC製造業PMI・改定値
17:30 (スイス) 2月PMI製造業 (前回52.5 予想52.5)
17:55 (ユーロ圏) 独2月製造業PMI・確報値(前回50.1 予想50.1)
18:00 (ユーロ圏) 2月製造業PMI・確報値(前回47.8 予想47.8)
18:00 (ハンガリー) ハンガリー中央銀行・新総裁指名
18:30 (英) 2月PMI製造業 (前回50.8 予想51.3)
18:30 (英) 1月消費者信用残高 (前回+6億GBP)
18:30 (英) 1月マネーサプライM4 [前年比] (前回-1.0%)
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者物価指数・速報 [前年比](前回2.00% 予想2.00%)
19:00 (ユーロ圏) 1月失業率 (前回11.7% 予想11.8%)
20:00 (ユーロ圏) 伊2012年GDP(前回0.40%)
20:00 (ユーロ圏) 伊2012年政府債務・対GDP(前回3.90%)
22:30 (加) 12月GDP [前月比] (前回+0.3% 予想-0.1%)
22:30 (加) 第4四半期GDP [前期比年率] (前回+0.6% 予想+0.7%)
22:30 (米) 1月個人所得 [前月比] (前回+2.6% 予想-2.0%)
22:30 (米) 1月個人支出 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
22:30 (米) 1月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.3%)
22:30 (米) 1月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.4% 予想+1.3%)
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回76.3 予想76.3)
24:00 (米) 2月ISM製造業景況指数 (前回53.1 予想52.5)
24:00 (米) 1月建設支出 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.4%)
伊2月財政収支(前回-22億ユーロ)
米歳出削減の強制発動期限

3/02(土)
12:00 (米) バーナンキFRB議長講演
04:00 (ユーロ圏) クーレECB理事講演

3/03(日)
10:00 (中) 2月非製造業PMI (前回56.2)


昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

ドルが堅調な推移。 NYダウが一時年初来高値を更新も、引けにかけて米上院が、民主党が主導する強制歳出削減代替法案を採決するための動議を否決したことで、急速に値を消した。 
ユーロドルは、フィキシングでの買いから1.3138まで反発後1.3053まで下落、ドル円は92.00から日中高値を更新して92.85まで上げた。
 

 クロス円では、ユーロ円が120.53から121.46、ポンド円が139.81から140.86の日中高値まで反発し、オージー円は94.08から95.01、NZD円が76.39から76.89、カナダ円は89.51から90.16、スイス円が98.65から99.18まで一時値を戻したが、その後株の下落で売りに押された。

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

急速に高値から値を消す。

米上院は民主党が主導する強制歳出削減代替法案を採決するための動議を否決した。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】2013年03月