ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】:2013年02月

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

28日の東京市場は、日経平均株価の上昇や外貨建て投信設定に絡んだ円売りのフローが入ったことで、円が軟調な推移となった。
 ユーロドルは、1.3129から1.3162まで上昇、ドル円も92.16から92.67まで値を上げた。 クロス円ではユーロ円が121.03から121.81、ポンド円が139.73から140.50、オージー円が94.08から95.11、NZD円が76.20から76.92、カナダ円が90.05から90.58、スイス円が99.11から99.75まで一時上昇した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円
戦略としては94.70-75と94.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は95.05-15超えがストップで95.25-35超えでの倍返し。 ターゲットは95.45-55の動向次第。超えて95.90-95、96.05-10と利食い&売り上がって、96.15-20をストップまたは、96.40-50、96.60-80と売り上がって、ストップは96.95-00超えで倍返し。 一方下値は順張りから94.45-50での買い戻し&買いで、ストップは94.05-15割れで、再度93.75-85の買いは93.55-65割れをストップとするか、93.45-50、93.20-25と買い下がって、ストップは92.95-00割れや92.80-85割れでの倍返し。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル
戦略としては、1.3130-40と1.3155-65のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、順張りからターゲットは1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討される。 一方下値は1.3120-30割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは1.3090-05での買い戻し&買いで、買いは1.3070-80、1.3060-70、1.3045-55と買い下がって、ストップは1.3035-45割れや1.3015-20割れが倍返し。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

円売りが進むも一服。 今後も株価に注目されるが、外貨建て投信設定に絡んだ買いが入ったとの指摘があるが、もしそうだとしたら、逆にこの買いが一巡すると調整する可能性があるので注意。 

また通常今日の設定の場合、通常夕方に金額が確定するはずなので、こういった情報の信憑性は疑問も残る。 そ

の場合、午後3時半から4時頃に、円売りが出てくるはずと認識しているが、この辺は不透明。 ともかく、この時間帯のドル円、クロス円の動きには注意しておきたい。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米1月耐久財受注額が市場予想を下回ったことで、米長期金利が低下幅が拡大。 一時円買いが強まったが、その後発表された米1月住宅販売保留指数が、市場予想を上回ったこと、NYダウが年初来高値を更新したことで、逆に強い円の売り戻しとなった。 バーナンキFRB議長の下院での議会証言は前日と変わらず、影響は軽微となった。
 ユーロドルは、グリッロ氏が「民主党のベルサニ党首の内閣には信任票を投じない」との見解を示したことで1.3067まで下落後1.3147まで上昇、ドル円は91.14まで下落後92.44まで反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が119.23から141.45へ反発、ポンド円が138.16から139.97、オージー円が92.98から94.56、NZD円が75.10から76.48、カナダ円が88.73から90.30、スイス円が97.95から99.32まで買い戻された。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 1月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+2.4% 予想+1.4%)
08:50 (日) 1月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-7.9% 予想-4.8%)
09:00 (NZ) 2月ANZ企業信頼感(前回22.7)
09:00 (NZ) 2月ANZ企業活動見通し(前回31.4)
09:01 (英) 2月GFK消費者信頼感調査 (前回-26 予想-28)
09:30 (豪) 第4四半期民間設備投資 (前回+2.8%)
11:10 (日) 木内日銀審議委員「神奈川県金融経済懇談会における挨拶」
15:45 (スイス) 第4四半期GDP [前期比] (前回+0.6% 予想+0.1%)
15:45 (スイス) 第4四半期GDP [前年比] (前回+1.4% 予想+1.0%)
16:45 (仏) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.6%(+1.7%) )
17:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
17:00 (ユーロ圏) スペイン第4四半期GDP・確報値前期比](前回-0.70%)
17:00 (ユーロ圏) スペイン第4四半期GDP・確報値前年比](前回-1.80%)
17:30 (香港) 1月月次政府財政収支 (前回+517億HKD)
17:55 (独) 2月失業者数(前回 -1.6万人 予想-0.5万人)
17:55 (独) 2月失業率 (前回6.8% 予想6.8%)
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(1月30日~2月26日)
21:00 (南ア) 1月貿易収支 (前回-27億ZAR)
22:00 (独) 2月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回-0.5% 予想+0.8%)
22:00 (独) 2月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.8%)
22:15 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁「銀行関連会合で挨拶」
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.2万件 予想36.0万件)
22:30 (米) 第4四半期GDP・改定値 [前期比年率] (前回-0.1% 予想+0.5%)
22:30 (米) 第4四半期個人消費・改定値 [前期比] (前回+2.2% 予想+2.3%)
22:30 (加) 第4四半期経常収支 (前回-189億CAD 予想-169億CAD)
22:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、ギルモア・アイルランド副首相兼外務・貿易相講演
23:45 (米) 2月シカゴ購買部協会景気指数 (前回55.6 予想54.0)
02:30 (米) ラスキンFRB理事講演
アルムニア欧州委員、モンティ伊首相、プラートECB理事、モスコヴィシ仏財務相「欧州連合競争政策フォーラム出席」

また

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが14000ドルへタッチ。 

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

堅調に値を上げて、リスクオンの動き。

ユーロドルは、1.3120-25レベルを超えると大きくストップが出るので注意。 

一時の円買いも

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は91.14まで下落後91.68まで反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が119.23へ下落後120.03まで反発、

 ポンド円が138.16、オージー円が92.98、NZD円が75.10、カナダ円が88.73、スイス円が97.95まで一時下落後、大きく買い戻されている。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が91.28、ユーロ円が119.37、ポンド円が138.36、オージー円が93.05、NZD円が75.20、カナダ円が88.83、スイス円が98.06まで値を下げた。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

27日の東京市場は、材料難の中、日経平均株価の上昇に円が軟調気味となったが、月末を控えて、輸出企業の売りが出たことやその後は株価が軟調な推移となり、円の買い戻しも出る形。 ただし、総じて揉み合い範囲を逸脱する動きとはなっていない。 
 ドル円は92.27から91.63まで一時値を下げ、ユーロドルは1.3042から1.3085まで値を上げた。
 クロス円も揉合いで、ユーロ円が120.52から119.52、ポンド円が139.56から138.30まで値を下げ、オージー円が94.35から93.54、NZD円が76.20から75.53、カナダ円が89.94から89.26、スイス円が98.98から98.22での推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=138.00-140.00)
戦略としては138.25-30と138.65-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、138.90-05、139.15-30と売り上がって、ストップは139.55-60超えでの倍返しも、ターゲットは139.75-00での利食い&売りで、ストップは140.15-20超えでの倍返し。ターゲットは140.40-50の動向次第で利食い。 売りのストップは140.55-60超え、140.65-70が倍返しとなるが、ターゲットは141.00-05、141.55-75と利食いで、売りは142.30-45と売り場を探して、ストップは142.70-80超えや142.90-143.10超えでの倍返し。一方下値はストップは、137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返しも、135.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップを135.55-60割れとするか、更に買い下がっても135.35-45割れでの倍返し。ターゲットは134.95-05と買い戻し&買い下がって、ストップは134.70-85割れとなる。(予想時レート:138.45 予想時間 15:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3150)
戦略としては、1.3045-55と1.3080-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3085-00と売り上がって、ストップは1.3120-25超えでの倍返し。 ターゲットは1.3155-60での利食いで、売りはこういった位置から1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.3035-45割れがストップで、1.3015-20割れが倍返し。ターゲットは1.2995-00の動向次第。 割れると1.2970-80、1.2955-60と買い戻しで、買いは1.2935-45と買い場を探して、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.2855-60、1.2840-50と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返し。(予想時レート:1.3080 予想時間 15:40)

今夜は状況が状況なだけに

テーマ: モノローグ

だいまん

19:00のイタリアの国債入札には注目が集まっている。

当然利回りが上昇、入札不調ならユーロ売りになるので注意。

その場合全体的には、リスクオフになりそうです。

完全に

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均連動で動いてる感じ。

仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

輸出玉の売り

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

16:00 (独) 3月GFK消費者信頼感調査 (前回5.8 予想5.9)
17:00 (スイス) 2月KOF先行指数 (前回1.05 予想1.00)
17:30 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
18:00 (ユーロ圏) 1月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.3% 予想+3.1%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・改定値 [前期比] (前回-0.3% 予想-0.3%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・改定値 [前年比] (前回0.0% 予想+0.1%)
18:30 (英) 第4四半期個人消費 [前期比] (前回+0.6%(+0.4%) )
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・確報 (前回-23.6 予想-23.6)
19:00 (ユーロ圏) 2月経済信頼感(前回89.2 予想89.9)
19:00 (ユーロ圏) 伊中長期債入札
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-1.70%)
22:30 (米) 1月耐久財受注 [前月比] (前回+4.6%(+4.3%) 予想-4.7%)
22:30 (米) 1月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.3%(+1.0%) 予想+0.3%)
23:00 (ユーロ圏) メルシュECB専務理事講演
24:00 (米) 1月中古住宅販売成約 [前月比] (前回-4.3% 予想+1.8%)
24:00 (米) バーナンキFRB議長「下院金融委員会で証言」
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+414.3万バレル)
02:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
06:30 (米) フィッシャー米ダラス連銀総裁講演
06:45 (NZ) 1月住宅建設許可 [前月比] (前回+9.4%)
未 定 (香港) 第4四半期GDP [前年比] (前回+1.3% 予想+2.5%)
欧州中央銀行「第2回LTRO(3年物長期資金供給オペ)返済開始」
日2年債入札(2兆7000億円)、米7年国債入札(290億ドル)

ドル円が91.17まで下落

バーナンキFRB議長が、「金融当局は、金融引き締めに転じるための手段を持っている」

PCの環境によって異なるようです

ダウは高値を消す(127ドル高から46高へ)

と言うことで、暫く表題のみで対応させてください。

表題しか出ず、本文が消えます

現在、ソフトウェアの調子が悪いようです。

参考

テーマ: モノローグ

だいまん

昨日レンジ
高値 安値 半値
ドル円 94.77 90.85 92.81
ユーロ円 125.36 118.74 122.05
ポンド円 145.81 137.90 141.86
オージー円97.56 93.56 95.56
NZD円 79.04 76.08 77.56
カナダ円 92.45 88.52 90.49
スイス円 101.84 97.43 99.64
ユーロドル1.3319 1.3047 1.3183

昨日のレンジは重要で、この半値が上値を押さえると重くなる。

既に買戻しも

テーマ: モノローグ

だいまん

株の寄り前に一回売られ易そう。

株の寄りを見て対応したい。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:00 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
17:30 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
18:30 (南ア) 第4四半期GDP [前期比年率] (前回+1.2% 予想+1.8%)
18:30 (南ア) 第4四半期GDP[前年比](前回2.30% 予想2.10%)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (英) ビーンBOE副総裁、マカファーティー英MPC委員、マイルス英MPC委員講演
20:00 (英) 2月CBI流通取引調査(前回17)
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
23:00 (米) 12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+5.52% 予想+6.60%)
23:00 (米) 12月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
23:30 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁講演
24:00 (米) バーナンキFRB議長「上院銀行委員会で証言」
24:00 (米) 1月新築住宅販売件数 (前回36.9万件 予想38.0万件)
24:00 (米) 1月新築住宅販売件数 [前月比] (前回-7.3% 予想+3.0%)
24:00 (米) 2月リッチモンド連銀製造業指数 (前回-12)
24:00 (米) 2月消費者信頼感指数 (前回58.6 予想60.6)
01:00 (ユーロ圏) モスコヴィシ仏財務相講演
06:45 (NZ) 1月貿易収支(前回-4.86億NZD)
月例経済報告関係閣僚会議
米5年国債入札(350億ドル)

再急落

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が90.87、ユーロ円が118.82まで下落。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

92.30から92.90台まで回復後、安値を92.26まで再拡大。

チャート上は、92.10-25が鬼門の位置。

円急騰

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が92.31、ユーロドルは1.3079へ下落

ユーロ円が120.80、ポンド円が139.76、オージー円が94.92、NZD円が77.34、カナダ円が89.85、スイス円が99.11まで下落。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

25日の東京市場は、週末の「次期日銀総裁にADB総裁の黒田氏」と報道されたことを受けて、早朝から円売りが大きく加速したが、その後は利食いも優勢となった。
 日銀人事に関しては、アジア開発銀行総裁を務める黒田東彦氏を総裁に、学習院大学教授の岩田規久男氏と日銀の理事の中曽宏氏を副総裁として、国会への人事案として提示される模様。 ただし、参院両院での承認が必要で、未だ確定的ではない。
 ドル円は94.77まで上昇後93.97へ下落、ユーロドルもイタリア選挙を睨んで1.3240まで上昇後1.3182まで、ユーロ円の売りにつれて下落した。
 クロス円も早朝の商いの薄い時間帯に大きく値を上げ、ユーロ円が125.35レベルから123.90、ポンド円が143.10から141.92、オージー円が97.70から96.50、NZD円が79.25から78.54、カナダ円が92.70から91.82、スイス円が102.00から100.88まで一時値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=91.45-92.50)
戦略としては91.80-90と92.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は92.45-50と売り上がって、ストップは92.65-70超えや92.70-80超えの倍返し。ターゲットは92.90-00、93.00-30と利食いで、売りは93.35-45と売り上がって、93.50-60超えがストップで、93.70-80での売りはCapを見て対応。 売ってもストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は順張りからターゲットは91.55-60、91.45-50での買い戻し&買いで、ストップは91.20-30割れ。 91.00-05の維持では買い直しも、ストップは90.85-90割れでの倍返し。 ターゲットは90.70-85、90.55-70と買い戻しで、買いのストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。ターゲットは89.50-60、89.40-45と買い戻しから、買いは89.20-30、88.95-05と買い下がって、ストップは88.80-85または、88.55-60まで買い下がって、ストップは88.35-40割れ。 (予想時レート: 92.10 予想時間 15:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=91.45-92.50)
戦略としては91.80-90と92.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は92.45-50と売り上がって、ストップは92.65-70超えや92.70-80超えの倍返し。ターゲットは92.90-00、93.00-30と利食いで、売りは93.35-45と売り上がって、93.50-60超えがストップで、93.70-80での売りはCapを見て対応。 売ってもストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は順張りからターゲットは91.55-60、91.45-50での買い戻し&買いで、ストップは91.20-30割れ。 91.00-05の維持では買い直しも、ストップは90.85-90割れでの倍返し。 ターゲットは90.70-85、90.55-70と買い戻しで、買いのストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。ターゲットは89.50-60、89.40-45と買い戻しから、買いは89.20-30、88.95-05と買い下がって、ストップは88.80-85または、88.55-60まで買い下がって、ストップは88.35-40割れ。 (予想時レート: 92.10 予想時間 15:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3130-1.3280)
戦略としては、1.3175-85と1.3215-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3235-40超えでの倍返し。ターゲットは1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。 あくまで1.3430-35を超えて、ターゲットは1.3440-50、1.3455-70の動向次第で利食い優先。超えての再順張りも検討されるが、 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3160-70と買い下がって、ストップは、1.3140-50割れも、1.3130-35、1.3115-20は未だ買い下がって、ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60、1.3030-40の買い下がりのストップは、1.3015-25割れや1.2995-00割れで、騙しに注意して倍返し。このターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。(予想時レート:1.3190 予想時間 12:45)

どうしても捻くれてるので

テーマ: モノローグ

だいまん

今後のリスク。

1)黒田さんが辞意を示す
2)みなの党または、他の野党が反対する。
3)黒田さんが、外債購入に否定的な見解を示す。


NHK

テーマ: モノローグ

だいまん

次は、これだ。。。まったく分からない。

安倍晋三首相は、石破茂自民党幹事長と首相官邸で会談、

日銀総裁の後任にアジア開発銀行総裁を務める黒田東彦氏、副総裁に学習院大学教授の岩田規久男氏と日銀の理事の中曽宏氏を当てる意向を伝え、国会への人事案の提示に向けて野党側との調整を急ぐよう指示したという。

外出してから

テーマ: モノローグ

だいまん

分からなかったけど、
菅義偉官房長官
「日銀正副総裁候補への打診、まったくその段階ではない」
「日銀正副総裁人事の提示は国会の中で調整しながら行いたい」
「岩田氏へ首相が打診したとの報道は正式なものではない」
「国会への人事提示は今週中に行いたい」

こんなのが出てたので。。。?

岩田規久男・学習院大教授
「首相の訪米前に打診があり、謹んでお受けしますと回答した」
ってのは?

案外

テーマ: バトル

だいまん

ドル円は下げました。あとは黒田さんが、国会で受け入れられるのか?

ドル円の

テーマ: モノローグ

だいまん

高値は、94.77だが、安値も確か75.31で幻。

これが幻で終わるかどうか注目だね。

早朝の高値レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

早朝の高値
ドル円    94.75-80
ユーロドル 1.3235-40
ユーロ円  125.30-35
ポンド円  143.05-10
オージー円 97.65-70
NZD円  79.20-25
カナダ円  92.65-70
スイス円  101.95-00

ドル円の

テーマ: モノローグ

だいまん

高値気配は、94.75-80レベルまで

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 05:30
EURUSD 1.3211-16
USDJPY 94.65-72
GBPUSD 1.5086-90
USDCHF 0.9289-95
USDCAD 1.0217-24
AUDUSD 1.0305-08
NZDUSD 0.8356-66
EURJPY 125.07-21
GBPJPY 142.89-99
AUDJPY 97.57-64
NZDJPY 79.14-25
CADJPY 92.57-68
CHFJPY 101.80-96
ZARJPY 10.65-70
EURGBP 0.8756-62
EURCHF 1.2280-86

現在レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 05:26
EURUSD 1.3215-24
USDJPY 94.55-69
EURJPY 125.13-24
GBPJPY 142.85-99
AUDJPY 97.55-65
NZDJPY 79.13-2874

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

94.30テイクンの模様。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.21-28レベルまで

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.14-18レベルへ上昇。

ユーロ円が124.35-45

ユーロドルは1.3208-15

ユーロは

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.32台、ユーロ円が124円台回復。


これは、イタリア選挙というより、ユーロポンドの影響でしょう。。。。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.10テイクンみたい。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 03:17
EURUSD 1.3198-04
USDJPY 94.08-13
GBPUSD 1.5118-24
USDCHF 0.9284-92
USDCAD 1.0213-30
AUDUSD 1.0308-13
NZDUSD 0.8352-67
EURJPY 124.15-23
GBPJPY 142.08-32
AUDJPY 96.98-04
NZDJPY 78.55-74
CADJPY 91.92-15
CHFJPY 101.21-41
ZARJPY 10.58-66
EURGBP 0.8737-50
EURCHF 1.2258-74

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.05-10レベルの気配まで上昇。

ポンドは安い

テーマ: モノローグ

だいまん

週末の格下げの影響で、ポンドがやすく、ユーロポンドは0.8726-40レベル。 週末の終値から60BPほど上昇。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 03:11
EURUSD 1.3188-95
USDJPY 93.91-98
GBPUSD 1.5102-12
USDCHF 0.9294-04
USDCAD 1.0213-20
AUDUSD 1.0306-10
NZDUSD 0.8345-78
EURJPY 123.78-93
GBPJPY 141.92-05
AUDJPY 96.83-90
NZDJPY 78.38-74
CADJPY 91.83-02
CHFJPY 101.01-19
ZARJPY 10.57-64
EURGBP 0.8729-36
EURCHF 1.2259-66

円売りスタートも

テーマ: モノローグ

だいまん

なんか、違う気がするけど。。。

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 03:01
EURUSD 1.3163-87
USDJPY 93.80-88
GBPUSD 1.5136-42
USDCHF 0.9303-26
USDCAD 1.0204-16
AUDUSD 1.0302-12
NZDUSD 0.8344-80
EURJPY 123.57-77
GBPJPY 142.03-24
AUDJPY 96.78-87
NZDJPY 78.26-75
CADJPY 91.76-99
CHFJPY 101.53-04
ZARJPY 10.55-65
EURGBP 0.8695-15
EURCHF 1.2261-87

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

93.92-97レベルでスタート

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:15 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
10:45 (中) 2月HSBC製造業PMI (前回52.3 予想52.2)
17:30 (香港) 1月貿易収支 (前回-480億HKD 予想-290億HKD)
19:00 (ユーロ圏) 伊インフレ連動債入札
22:30 (米) 1月シカゴ連銀全米活動指数(前回0.02)
24:30 (米) 2月ダラス連銀製造業活動指数(前回5.5)
24:30 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁講演
02:15 (加) カーニーBOC総裁講演
03:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
06:15 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
朴槿惠・韓国第18代大統領就任式
伊総選挙(結果は日本時間26日未明)
米2年国債入札(350億ドル)

さて、

テーマ: モノローグ

だいまん

週末のニュースからは、黒田氏の日銀総裁候補が決定のようで、ドル円がどう動くか注目。。。。

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

今週も注目材料が多く荒れた動きが続きそう

イタリアの総選挙、バーナンキFRB議長の議会証言、日銀の総裁人事と波乱材料が続く。 

更に先週の土曜日かrはあ、アストロ的に水星の逆行がスタートしており、未だ荒れた相場展開が続きそうだ。 

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 金曜日の外国為替市場は、ドルが堅調な推移となった。 NYダウが米連銀総裁やFRB理事の発言で、金融緩和が維持されるとの思惑などから100ドル超えの上昇となったことで、円も売り戻しが進んだ。
 ユーロドルは、独2月ifo景況感指数が、予想を上回ったことで、1.3246まで反発後、欧州委員会が、2013年のユーロ圏成長率見通しを下方修正したこと、2回目の3年物長期資金供給オペ(LTRO)の返済額が予想を下回ったことで、1.3145まで下落した。 ドル円は若干揉み合い気味の中、日米首脳会談で、通貨に対する懸念が示されなかったことで93.52まで一時値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円が123.77から122.57まで下落後123.30まで反発、スイス円も100.49から99.94へ下落後値を戻し、オージー円が96.55、NZD円が78.40、カナダ円が91.55まで値を戻したが、ポンド円は142.93からムーディーズが英国の格下げを引き下げたことで、引け際に141.82まで下落した。

日銀総裁人事

テーマ: モノローグ

だいまん

元財務官の黒田東彦・アジア開発銀行総裁の起用を軸に調整される見通しとの報道。

以外な路線となったが、安部総理が不在の中の報道で、真偽は未だ疑問。

また、黒田氏本人は現職に満足とコメントしており、どうかなあ?

更に為替市場の反応は、中立かも。。。

お疲れ様でした。

テーマ: モノローグ

だいまん

相場は相変わらず荒れていますが、どうにかリスク・オフも小康状態。

来週は、さてどうなるでしょう?

週末から水星の逆行も始まるし、イタリア選挙やキプロスの選挙の結果もあるので、まだまだ荒れそうですね。

では、ゆっくりと体を休めて、来週に備えましょう。

日米首脳会談

テーマ: モノローグ

だいまん

オバマ米大統領(安倍首相との会談後に話した)
「日米同盟は、米国の対アジア政策の基盤を成している」
「安倍首相からは北朝鮮を含む安全保障についての話があった」
「米国と日本の最優先課題は経済成長である」
「歳出削減について議会への働きかけを続けていく」
「歳出の自動削減が世界の金融システムを脅かすことはない」
「期限前に合意できるとの希望を持っている」
(為替討議についてコメントを控えた)

安部首相(オバマ米大統領との会談後に話した)
「安全保障をめぐる環境は厳しさを増している」
「日本と米国は北朝鮮の核計画を容認しない」
(通貨については言及しなかった)

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

110ドル高、14000ドルにタッチ。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは1.3145まで下落、ドル円は一時93.52まで値を上げたが、さらに買いを進める展開にはならなかった。 

クロス円は週末を控えたポジション調整の売りが優勢。 

ユーロ円は122.57まで下落、ポンド円が142.15、オージーー円が96.02、NZD円が77.82、スイス円が99.94まで値を下げ、カナダ円は90.86の安値まで下落した。 

日米首脳会談

テーマ: モノローグ

だいまん

記者会見は、不明だが、日本時間23日午前2時以降との話。

ただ、一部では記者会見、見送りとの報道も。

ユーロ売り

テーマ: モノローグ

だいまん

「3年物長期資金供給オペ(LTRO)を通じた資金供給のうち、27日の返済額は9金融機関から611億ユーロ」となり、返済額が少なかったことで、失望のユーロ売り。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 22日の東京市場は、昨日のリスク回避の動きからは、日経平均株価が反発したことで、巻き戻しの展開となった。
 ドル円は92.93から93.42、ユーロドルは1.3183から1.3223へ上昇。クロス円では、ユーロ円が122.56から123.46、ポンド円が141.68から143.06、オージー円が92.29から96.36、NZD円が77.58から78.31、カナダ円が91.25から91.93、スイス円が99.79から100.56まで一時値を回復した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=77.45-78.60)
戦略としては78.00-10と78.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りをしても78.45-50、78.55-60と利食い&売り上がって、ストップは78.65-70超えが倍返しも、ターゲットは78.80-90、79.05-15と利食い&売り上がって、ストップが79.35-45超えで、倍返しもターゲットは79.45-55や79.60-65の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは80円のサイコロジカル前後のCapでは利食い優先となる。 売りは80.20-25超えがストップ。 一方下値は77.90-95割れがストップで、倍返しも77.65-70、77.55-60と買い戻しから77.45-50と買い下がって、ストップは77.30-40割れで、77.05-20、77.00-05と買い下がって、ストップは75.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは75.65-75、76.50-60、76.35-40と買い戻しで、買いはこういった維持から76.15-25、76.05-15、75.95-00と順次買い場を探して、ストップは75.70-80割れで、75.60-65は維持を見て対応。 買ってもストップは75.45-50割れで、75.30-35、75.20-30での買い直しのストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。(予想時レート: 78.10 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=122.00-124.00)
戦略としては、123.00-05と123.20-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りも123.40-50のCapでは利食いで、超えて再順張りも123.60-80での利食いで、売りは124.00-05まで売り上がって、ストップは124.10-20超えでの倍返し。ターゲットは124.30-40、124.60-75と利食いで、売りは124.85-90と売り上がって、ストップは125.20-25超え。125.30-45での売り直しのストップは、125.50-55超え。125.60-75の売りのストップは125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。 一方下値は122.85-90と買い下がって、ストップを122.55-60や122.45-50割れとするか、買い下がって、122.25-30割れがストップで、122.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは121.90-95、121.80-85での買い戻しで、買いは121.45-50まで買い下がって、ストップは121.20-25割れでの倍返し。ターゲットは、121.10-15、120.80-90と買い戻し&買いで、ストップは120.60-70割れでの倍返し。ターゲットは120.35-45、120.25-30と買い戻し&買い下がって、ストップは120.05-10割れ、買い下がっても、ストップは119.90-95割れでの倍返し。(予想時レート:123.25 予想時間 16:05)

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

やっぱりユーロが荒れそう。材料は

1) 独GDP
2) 独ifo景況指数
3) ECB「LTRO返済額発表」
4) 日米首脳会談
5) イタリア選挙

イメージは、独GDPやifoは買い戻し材料。

ただ、その後のLTROやイタリア選挙は、週末も絡めて売り材料となりそう。

また、イタリアの選挙は、24-25日で、結果が出るのは月曜日の午前というより、火曜日のなのかも知れないので注意。

また、ユーロ円は、日米首脳会談が、しゃんしゃんで終わるだろうから、このタイミングで買い戻しが強まる可能性があり注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:30 (豪) スティーブンスRBA総裁「半期議会証言」
11:15 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
16:00 (独) 第4四半期GDP・確報 [前期比] (前回-0.6%)
16:00 (独) 第4四半期GDP・確報 [前年比] (前回+0.4%)
16:00 (独) 第4四半期個人消費 [前期比] (前回+0.3%)
17:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員講演
17:30 (香港) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.7%)
18:00 (独) 2月ifo景況指数 (前回104.2 予想104.6)
18:00 (独) 2月ifo景気期待指数(前回100.5 予想100.8)
18:00 (独) 2月ifo現況指数(前回108 予想108)
19:00 (ユーロ圏) 欧州委員会「冬季経済予測発表」
20:00 (ユーロ圏) ECB「LTRO返済額発表」
20:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
22:30 (加) 1月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.6%)
22:30 (加) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.8%)
22:30 (加) 12月小売売上高 [前月比] (前回+0.2%)
24:30 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁、パウエルFRB理事「討論会に参加」
日米首脳会談

2/23(土)
08:30 (米) タルーロFRB理事講演
アストロ=水星の逆行スタート

2/24(日)
イタリア総選挙(25日まで)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、じりじりと値を下げ1.3161の安値まで。ただ、この位置からは買い戻し。 1.32台は回復できていない。

ドル円は93.30で反発を限定されて一時92.77まで下落後、93.20台を一時回復。 相変わらず買う。。。

ユーロ円も122.26から123円手前まで。 

ユーロ円は

テーマ:

だいまん

123.65-80の窓が重い位置。 124.10-20を超えて改善。

下値は122.90-95の下ヒゲ割れがリスク。

その場合、日足の基準線が122.35-40でターゲット。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

93.35-40がCapされると弱い。 93.50-55を超えると雰囲気が変わる。 下値は直近安値93.12を割れるかだが、93円ところは一旦堅いかも。。。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.32に防戦がありだが、割れない保障はない。。。

ただ、パターンは割れても90が維持されると一回は戻る。その後は、1.3235-55ゾーンの窓が再Capされるかが焦点。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

とにかく、やばそう。。。。。でも、突っ込み売りも危険だし、しっかりと戻りを待って売りたい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

21日の東京市場は、軟調な株式市場を受けて、リスク回避志向が強まった。
 ユーロドルは、1.3290から1.3236まで下落、ドル円は93.86から93.36まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.71から123.64、ポンド円が142.95から141.34、オージー円が96.19から95.55、NZD円が78.37から77.88、カナダ円が92.29から91.58、スイス円が101.19から100.37まで一時下落した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=141.00-143.00)
戦略としては141.50-55と142.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は142.15-25超えをストップで、倍返しも142.40-50での利食い&売り、ストップは142.60-70超えで、142.90-05での売りのストップは143.35-45超えで、143.45-55での売り直しのストップは、143.55-60超え、143.75-80、143.90-95での売りにストップは、144.15-25超えで、倍返しもターゲットは144.30-40、144.45-50、144.60-65と利食い&売り直して、ストップは144.70-80超えでの倍返し。ターゲットは144.95-00、145.10-15の動向次第。 超えてターゲットは145.15-20、145.25-30、145.35-45と利食いで、売りはこういった位置から145.45-60、145.65-80と売り上がって、ストップは145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、148.50、149円と利食い優先から、売りは149.40-50をバックに検討される。 一方下値は140.30-35割れがストップ、141.20-25は維持を見て対応。 買ってもストップは140.90-00割れでの倍返し。 ターゲットは140.60-65、140.15-25と買い戻し&買い下がって、ストップは139.85-95割れで、139.65-70、139.50-55での買い直しのストップは139.25-30割れで、139.00-20での買い直しのストップは138.85-90や138.65-70割れで倍返し。(予想時レート:141.85 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3200-1.3350)
戦略としては、1.3245-50と1.33265-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1,3280-85と売り上がって、ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。 あくまで1.3430-35を超えて、ターゲットは1.3440-50、1.3455-70の動向次第で利食い優先。超えての再順張りも検討されるが、 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3235-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 (予想時レート:1.3260 予想時間 16:15)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
16:00 (スイス) 1月貿易収支 (前回+10.0億CHF(+9.0億CHF) )
17:30 (独) 2月PMI製造業・速報 (前回49.8 予想50.0 )
17:30 (独) 2月PMIサービス業・速報 (前回55.7 予想55.2)
17:30 (香港) 1月失業率 (前回3.3%)
18:00 (ユーロ圏) 2月PMI製造業・速報 (前回47.9 予想48.4)
18:00 (ユーロ圏) 2月PMIサービス業・速報 (前回48.6 予想49.0)
18:30 (英) 1月財政収支(前回-132億ポンド)
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英国債入札(22.5億ポンド)
20:00 (英) 2月CBI製造業受注指数(前回-20 予想-16)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+1.8%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.1万件 予想36.0万件)
24:00 (米) 2月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-5.8 予想1.0)
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 (前回494万件 予想 490万件)
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 [前月比] (前回-1.0% 予想-0.8%)
24:00 (米) 1月景気先行指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.2%)
01:00 (米) 週間原油在庫(前回+56万バレル)
02:30 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
03:00 (米) ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
日20年債入札(1兆2000億円)、 米30年物価連動債入札(90億ドル)

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

100ドル近い下落。 FOMC議事録の悪影響か?

米FOMC議事録

テーマ: モノローグ

だいまん

「数人のメンバーは雇用の顕著な改善まで資産購入の継続を主張」
「幾人かのメンバーは、景気予測次第でQE(量的緩和)のペースを変更すべきと主張」
「複数のメンバーは、雇用市場が著しく改善する前にQE3の縮小、あるいは停止が必要な可能性を指摘」

と米金融緩和策が想定より早い時期に見直されるとの見方。

ユーロドルは1.3274まで下落も反発が鈍い。 

ドル円は93.70台が支える。

FOMC議事録を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル買い強まる。ドル円が94.03レベルへ上昇。

ユーロドルは、1.3289レベルまで下落。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が124.885から125.55でのの上下で動き、ポンド円は144.23から142.81まで下落後143.57へ値を戻した。 またオージー円が96.31まで下落、NZD円が78.16の安値から78.59まで反発し、スイス円は101.65から101.14で推移した。 

不思議なほどドルが強い

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、ドルが堅調。 

 特別の材料はないが、恐らく米FOMC議事録を睨んだ動き。 

ユーロドルは、1.34112から1.3338まで大きく値を下げた。 またポンドドルは、英MPC議事要旨で、資産買い入れプログラムの規模の維持を6対3で決定したことが判明。 前回より資産買入に2名の投票が入ってことで、1.5281まで下落、ドル円は93.77まで一時値を回復した。

ただs、これでは議事録が出た後は、ドル売りに一転しそう。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 20日の東京市場は、麻生太郎副総理兼財務・金融相が「財務省として外債を買うつもりはない」と発言、安倍晋三首相が、「官民外債ファンドの必要性は相当薄まってきている」、「水準でなくても為替について説明することには慎重であるべき」と態度を変更したことへの失望感から、円の買い戻しが進んだ。
 ドル円は、朝方読売新聞が、日銀総裁は、「岩田一政、岩田規久男、黒田、伊藤氏の4人に絞り込まれた」と伝わったことで、武藤氏が外されていることで、93.83まで上昇したが、その後93.12まで大きく値を下げた。 ユーロドルは1.3383から1.3434まで一時上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が125.88から124.90、ポンド円が144.74から143.75、オージー円が97.06から96.54、NZD円が79.37から78.31、カナダ円が92.73から92.04、スイス円が101.89から101.08まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=96.00-97.00)
戦略としては、96.45-55と96.70-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は96.80-85、96.95-00と売り上がって、ストップは97.05-10超えを倍返しとしても97.10-30のCapでは利食い&売り直しで、ストップは97.40-50超えで、倍返ししてもターゲットは97.55-60、97.70-80と利食い優先。売りは98円超えのストップなどで対応。 一方下値は順張りからターゲットは96.30-40での買い直しでストップは96.05-15割れで、95.90-00、95.70-80での買いは、95.45-55割れがストップ、95.35-45の維持では買い直しも、ストップは95.20-25や95.05-15割れで、倍返しもターゲットは94.95-00、94.75-80と買い戻しで、買いは94.65-70、94.45-50と買い下がって、94.20-35割れをストップ、更に買い下がっても、94.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。 (予想時レート: 96.65 予想時間 15:25)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=92.75-93.60)
戦略としては、93.15-20と93.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は93.45-50超えがストップで、93.55-70-80と売り直して、ストップは93.80-85超えでの倍返し。 ターゲットは93.90-00、94.00-10、94.10-20と利食い&売り直しで、ストップは、94.20-25や94.30-35超えで、94.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは94.65-75、94.75-85利食い&売り狙い。ストップは94.95-00超えとなるが、95.10-20-30での売り直しで、ストップは95.45-50超え。 一方下値は92.95-00、92.75-80と買い場を探して、ストップをタイト気味に置くか、92.45-60まで買い場を探すなら、ストップは92.10-25割れでの倍返しとなる。 このターゲットは91.95-00や91.70-80の動向次第で買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、91.60-65割れが倍返しとなるが、騙しに注意。 一応このターゲットは91.50-55、91.40-45と買い戻しで、買いは91.25-35、91.15-25、91.05-10と買い下がって、ストップは90.85-95割れや90.75-80割れでの倍返し。(予想時レート:93.25 予想時間 15:00)

みんなの党

テーマ: モノローグ

だいまん

中西健治議員が、自民とのしゃべり過ぎを批判。

国会で

テーマ: モノローグ

だいまん

為替に関する質問が集中。

麻生さんが、財務省として、「外債購入はしない」と述べてことで、円買い。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

何故か30近辺が堅い。。。。。恐らく大口のビッドが居るんだろうね。。。え。

今夜崩せるかどうかは、やはり海外勢次第でしょう。 

ドル円急落

テーマ: モノローグ

だいまん

材料は特別ない模様。

上値の重さが理由だが、大口の利食いが入ったようだ。

1月貿易収支

テーマ: モノローグ

だいまん

1月通関ベースの貿易収支は、
前回  -6415億円
予想-1兆3796億円
今回-1兆6294億円
悪化で一時円売り。 ドル円は93.82レベルまで。

昨日の仲値と一緒のレベル。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場では、東京時間の麻生財務相発言の影響から、円の買戻しの動きが優勢となったが、その後材料に薄く、NYダウが堅調な推移となったこともあり、売り戻し気味で引けた。
ドル円は93.36から96.68まで反発後、93.29まで値を下げ、ユーロドルは、強い独ZEW景況感指数を受けて、1.33735まで上昇後、英国が格下げされるとの噂もあり1.3329まで下落したが、その後買い戻しが強まり1.3396まで値を上げた。 ポンドドルは格下げの噂で、1.5415まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が124.575から125.35へ反発、スイス円が101.53から101.06で上下し、ポンド円が143.88まで下落、オージー円が96.48から96.92、NZD円が78.81から79.40まで上昇、カナダ円は弱いカナダ経済指標を受けて、92.57から92.14まで下落した。

本日の材料

テーマ:

だいまん

08:00 (ノルウェー) オルセン・ノルウェー中銀総裁講演
08:50 (日) 1月通関ベース貿易収支 (前回-6415億円(-6433億円) 予想-1兆4059億円)
08:50 (日) 1月通関ベース貿易収支 (前年同月-1兆4814億円 予想-1兆3751億円)
16:00 (独) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.2%)
11:10 (日) 森本日銀審議委員「高知県金融経済懇談会で挨拶」
11:30 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁講演
16:00 (独) 1月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回-0.5% 予想-0.5%)
16:00 (独) 1月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
16:45 (仏) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.3%)
17:00 (南ア) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.7% 予想+5.8%)
18:30 (英) 1月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
18:30 (英) 1月失業保険申請件数 (前回-1.21万件 予想-0.60万件)
18:30 (英) BOE議事録(2月6-7日開催分)
19:30 (ユーロ圏) 独10年債入札(50億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-6.40%)
22:30 (米) 1月住宅着工件数 (前回95.4万件 予想92.2万件)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [前月比] (前回-0.2% 予想+0.3%)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.3% 予想+1.5%)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+2.0% 予想+1.7%)
22:30 (米) 1月建設許可件数 (前回90.3万件(90.9万件) 予想92.0万件)
23:00 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
24:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・速報 (前回-23.9 予想-23.1)
04:00 (米) FOMC議事録(1月29・30日分)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=144.00-146.00)
戦略としては144.75-85と144.95-00ブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は145.05-20を売り上がって、ストップは145.25-30超えで、倍返しも145.35-45、145.45-60、145.65-80の動向次第で利食い優先。売りはCapを見ての対応となるが、ストップは145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、148.50、149円と利食い優先から、売りは149.40-50をバックに検討される。 一方下値は順張りまたは144.55-60割れでの倍返し。 ターゲットは144.00-10での買い戻しで、買いは143.65-70、143.55-60、143.35-40と順次買い場を探して、ストップは142.85-90割れや、142.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは142.45-50、142.35-40、142.20-25と買い戻し&買い下がって、ストップは142.00-05割れや141.85-95割れでの倍返しも、ターゲットは141.75-80、140.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップは140.50-55割れまたは、更に140.35-40、140.20-25と買い直して、ストプは140.90-00割れでの倍返し。(予想時レート:144.95 予想時間 15:20)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3250-1.3435)
戦略としては、1.3330-40と1.3360-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りからターゲットは1.3380-85や1.3390-95の動向次第。 超えてターゲットは1.3410-20、1.3420-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3440-50超えまたは、更に売り上がっても、ストップは1.3455-70超えでの倍返し。 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は、ストップが1.3320-25割れで1.3305-10割れが倍返し。ターゲットは1.3295-00の動向次第。 維持では買い戻しも、割れると1.3285-90や1.3265-70を睨んで対応。 こういった位置の買いは若干不透明で、注意が必要だが、維持では買っても、1.3255-60や1.3245-50割れが倍返しとなる。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。(予想時レート:1.3355 予想時間 14:55)

麻生太郎副総理兼財務・金融相

テーマ: モノローグ

だいまん

「外債を購入することはない」と述べたことで、ドル円が93.59、ユーロ円も125.05まで下落。

今後も上値は重くなりそう。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(1月21日・22日分)
09:30 (豪) RBA議事録(2月5日開催分)
14:00 (日) 12月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回93.4)
14:00 (日) 12月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回92.7)
16:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員講演
17:00 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
17:00 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (独) 2月ZEW景況感調査 (前回31.5 予想35)
19:00 (独) 2月ZEW現況指数 (前回7.1 予想7.5)
19:00 (ユーロ圏) 12月建設支出 [前月比] (前回-0.4%)
19:00 (ユーロ圏) 2月ZEW景況感調査 (前回31.2 予想35.0)
21:00 (トルコ) トルコ中銀・政策金利発表
22:30 (加) 12月国際証券取引高(前回+56.2億加ドル)
22:30 (加) 12月卸売売上高 [前月比] (前回+0.7%)
24:00 (米) 2月NAHB住宅市場指数 (前回47 48)
02:15 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演
04:15 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
06:45 (NZ) 第4四半期生産者物価 [前期比] (前回-0.9%)
日5年債入札(2兆7000億円)

クロス円

テーマ:

だいまん

揉合い気味で、ユーロ円が125.89から125.16、ポンド円が146.67から146.17、オージー円が96.90から96.67、、スイス円が102.16から101.49での推移となったが、NZD円は堅調を維持して、79.15から79.53まで上昇、カナダ円は軟調で93.43から92.81まで値を下げた。

NY午後

テーマ:

だいまん

NY市場休場のため動意なし。

ユーロドルは、ロンドン初頭の高値1.3366からドラギECB総裁の議会証言を受けて、1.3333まで値を下げるも、更なる動きとならず、ドル円は93.77から94.02で狭い範囲の動きに留まった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=100.50-102.50)
戦略としては、101.40-50と101.75-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、101.95-00超えでの倍返し。ターゲットは102.05-15や102.25-35の動向次第。 超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは102.60-65での利食い&売り直しで、ストップは102.80-85超えや103.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは103.15-20、103.35-45と利食い&売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値も順張りからターゲットは101.10-25の動向次第。 維持では買い戻しも、割れると100.75-80、100.50-55と買い戻しで、買いはこういった位置から100.20-35と買い下がって、ストップは99.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは99.85-90、99.75-80と買い戻し&買い下がっても、ストップは99.50-65割れでの倍返し。 ターゲットは99.20-25、98.95-05、98.70-85と買い戻しで、買いは98.55-60と買い下がって、98.45-50や98.35-40をストップとするか、思い切るなら98.25-30、98.00-10、98.80-85まで買い下がって、ストップは97.70-75割れや97.55-65割れでの倍返し。(予想時レート:101.60 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3250-1.3435)
戦略としては、1.3325-30と1.3345-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3355-65と売り上がって、ストップは1.3375-85超えや1.3390-95超えでの倍返し。 ターゲットは1.3410-20、1.3420-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3440-50超えまたは、更に売り上がっても、ストップは1.3455-70超えでの倍返し。 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は順張りまたは1.3305-10割れをストップ。 1.3295-00の維持では買い直しも、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れで、1.3255-60や1.3245-50割れが倍返しとなる。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、割れて再順張りも検討される。(予想時レート:1.3345 予想時間 15:05)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、日経平均株価の大幅反発や安倍晋三首相が、参院予算委員会で「金融緩和の手段として外債の購入という考え方もある」と述べたことで、一時円売りが拡大したが、その後「日銀総裁人事では、武藤敏郎大和総研理事長がリードしている模様」との一部報道を受けて利食いが強まった。 
 ドル円は93.68から94.22まで上昇、ユーロドルは1.3359から1.3326まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が125.01から125.67、ポンド円が145.03から145.88、オージー円が96.40から96.87、NZD円が79.10から79.50、カナダ円が93.54から92.98、スイス円が101.46から101.98まで一時上昇した。

パワートレンド

テーマ: モノローグ

だいまん

すいません。システムトラブルから、フォレックス・ラジオのいつものリンクからは駄目そうなので、U-Streamのページから「パワートレンド」検索してみてください。13:25分スタートとなります。

どういったロジックなのか?

テーマ: モノローグ

だいまん

安倍晋三首相は参院予算委員会で
「金融緩和の手段として外債の購入という考え方もある」
「為替操作しているわけではない」

と発言。 海外勢中心に円売り。。。。でも、外債購入がどういった緩和策になるの?


ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

2月からスタートした新番組。 伊藤智洋の「パワートレンド」は、午後1時からU-Stream版スタートです。 

どうもご迷惑をお掛けしました

テーマ: ご挨拶

だいまん

サーバーの入れ替えに伴い、一時原稿のアップができなかったようです。

これからは大丈夫です。これからもよろしくお願い申し上げます。

今週もお疲れ様でした

テーマ: モノローグ

だいまん

G20で荒れた動きとなりましたが、結果は行って来い。

ドル円がこういったレベルまで戻ってくると、来週も円安が続くと思うのが順当でしょうかが、次には日銀総裁人事が、鬼門となりそう。 

武藤さんなんて話が出てますが、これは紛糾の火種。国会でもめると

まだまだ安心するのは時期尚早のようです。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

93.75-80レベルまで。。。。。ここまで上がると異常な感じがするが、売ったら危ないのかもな嗚呼。

欧州通貨は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.3307から1.3369、ポンドドルが、1.5462から1.5518へ値を上げ、ドルスイスは0.9241から0.9210まで値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

G20筋の話として「G20は、声明を巡る協議で日本を名指ししなかった」などと伝えたことで、円売り、ドル売りが強まった。 
 ドル円は、93.55まで反発、ユーロ円が124.95、ポンド円が144.93、オージー円が96.56、NZD円が79.36、カナダ円が93.15、スイス円が101.54まで一時上昇した。 

用心発言

テーマ: モノローグ

だいまん

バイトマン独連銀総裁
「ユーロの為替レートは概ねファンダメンタルズに沿っている」
「ユーロは信頼感の回復や成長見通しの影響を反映している」

ショイブレ独財務相
「G20では見解の一致をみると信じている」
「為替市場への国の介入は望まない」
「市場原理に基づいた為替が望ましい」

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

92.50を割れて、戻り鈍くなっている。値ごろの買いが切れる動きに注意。

でも、

テーマ: モノローグ

だいまん

買うよね。。。。。。あんまり買うとと思うけど。。。。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ドイツやユーロ圏の10-12月期GDPが、予想より弱い内容となったことやコンスタンシオECB副総裁が「マイナス金利は常に可能だ」と発言したこと、更にG20の声明草案して「競争的な通貨安を控えることを確約」、「為替レートの不均衡を回避することにコミット」と報道されたことで、ドル買い、円買いが強まった。 
 ユーロドルは1.3315まで下落も、中東やロシア勢の買いに支えられた。 ドル円は、早朝の商いの薄い中、92.67まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が123.80、ポンド円が143.58、オージー円が96.00、カナダ円が92.56、スイス円が100.54まで下落、NZD円が78.45まで下落後、強い10-12月期NZ小売売上高指数を受けて、再び79円台まで買い戻された。


NY引け際

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円が92.67まで下落。 ユーロ円は安値123.82をまだ守っているが、ポンド円が143.58、オージー円が96.00、NZD円が78.63、カナダ円が92.56、スイス円が100.54まで下値を拡大した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(旧正月)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
13:30 (日) 12月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+2.5%)
13:30 (日) 12月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-7.8%)
14:00 (日) 2月金融経済月報・基本的見解
18:30 (英) 1月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.3%)
18:30 (英) 1月小売売上高指数 [前年比] (前回+1.1%)
19:00 (ユーロ圏) 12月貿易収支 (前回+137億EUR)
22:30 (米) 2月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回-7.78 予想-3.00)
23:00 (米) 12月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+523億USD)
23:00 (米) 12月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+278億USD)
23:15 (米) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
23:15 (米) 1月設備稼働率 (前回78.8% 予想78.9%)
23:50 (米) ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回73.8 予想74.5)
G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ)
企業決算発表:マブチモーター

02/16(土)
G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ)

02/17(日)
キプロス大統領選挙

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 14日の東京市場は、朝方日銀金融政策決定会合を控えて、ポジション調整の円買いが一時強まったが、日本のGDPが弱かったこと、次期日銀総裁候補の一人とされている岩田一政日本経済研究センター理事長が「将来の金融拡大策には、買い入れ国債の満期延長やリスク資産購入拡大などはいくつかの方法がある」、「1ドル=90円から100円程度までは均衡への回帰」との見解を示したことで、一転円売りが拡大した。ただ、日銀金融政策決定会合では、政策金利と資産買入等の基金の規模を全員一致で据え置いたと発表。市場の予想通りの結果となったことで、更なる動きは限定された。
 ドル円は93.14から93.72まで上昇、ユーロドルは1.3456から1.3383まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が125.96まで上昇後125.08、スイス円が102.09から101.40へ下落、ポンド円が144.67から145.38で推移し、オージー円は96.48から96.93、NZD円は78.74から79.37、カナダ円は92.99から93.33まで値を上げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=92.50-94.00)
戦略としては93.25-30と93.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、93.70-80と売り上がって、ストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は93.10-15と買い下がって、ストップは92.90-00割れで、倍返しもターゲットは92.60-70の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは94.45-50、92.20-40と買い戻し&買い下がって、ストップは91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは91.80-90、91.65-70、91.50-55と買い戻し&買いで91.30-40割れをストップ、91.15-20、91.00-05、90.90-95を買い下がって、ストップは90.70-85や90.55-70とするか、更に買い下がって、ストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。(予想時レート: 93.30 予想時間 16:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3315-1.3450)
戦略としては、1.3400-05と1.3420-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3440-50と売り上がって、ストップは1.3455-70超えで、倍返しも1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は順張りまたは1.3375-80の維持では買い下がっても、1.3355-65がストップで、1.3350-55割れでの倍返し。 ターゲットは1.3325-45、1.3310-20と買い戻しで、買いは1.3295-00の維持で買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。(予想時レート:1.3405 予想時間 16:10)

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」、午後2時半からU-Stream版スタートします。

こちらから

お知らせ

テーマ: モノローグ

だいまん

サーバー移転にともない、今週金曜日(15日)の午後6時~土曜日(16日)まで、書き込みができません。

従って、情報配信ができませんので、いつもご愛顧頂いているみなさまには、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくご理解を頂きたいと存じます。

日銀金融政策決定会合

テーマ: モノローグ

だいまん

は、毎度発表時間が問題となるが、12時前後に出ると普通。

過ぎると思惑が高まるが、最近は1時頃が多い。。。。

恐らく、お昼のうな重を食べてから発表するから、らしい?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(旧正月)
未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果公表
08:50 (日) 第4四半期GDP・一次速報 [前期比] (前回-0.9% 予想+0.1%)
08:50 (日) 第4四半期GDP・一次速報 [前期比年率] (前回-3.5% 予想+0.4%)
15:00 (ユーロ圏) BNPバリバ・決算発表
15:30 (日) 白川日銀総裁、記者会見
15:30 (仏) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回0.0%)
15:30 (仏) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.1%)
16:00 (独) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.2% 予想+0.5%)
16:00 (独) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回+0.9%)
16:45 (仏) 第4四半期非農業部門雇用者 [前期比] (前回-0.3%)
18:00 (ユーロ圏) 伊第4四半期GDP・速報値[前期比](前回-0.2%)
18:00 (ユーロ圏) 伊第4四半期GDP・速報値[前年比](前回-2.4%)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回-0.1% 予想-0.4%)
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回-0.6%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.6万件 予想36.0万件)
24:30 (ユーロ圏) タルーロFRB理事「議会証言」
02:50 (米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演
06:00 (チリ) チリ国立銀行・政策金利発表
06:45 (NZ) 第4四半期小売売上高指数 [前期比] (前回-0.4%)
ギリシャ・第4四半期GDP・速報値[前年比](前回-6.9%)
ギリシャ・11月失業率(前回26.8%)
欧州連合「11カ国の金融取引税について提案」
米30年国債入札(160億ドル)
企業決算発表:新日鉄住金、キリンホールディングス、堀場製作所
アストロ:NY株変化日

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調。マイナス圏へ。 ただ、まだ動きは大きくない。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、スイス政府が「住宅ローン関連で銀行に資本強化を義務付ける」と発表したことで、ユーロスイスの買いが強まり、1.3520まで一時上昇したが、独ビルト紙が「ECBは、ユーロ高が危機に見舞われる国の景気回復を損なうと懸念」と伝わったことで利食いが優勢がとなった。 

ドル円は、独当局者の話として「G7の中で、為替に関する不一致はない」、「為替水準は政策の目標ではなく、相場は市場で決定されることで一致した」と報道されたこともあり、93.78まで値を上げた。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 13日の東京市場は、昨晩のG7当局者の「投資家が声明を読み違えており、G7は過度の円の動きと円相場を誘導する日本の行為を懸念している」との発言の悪影響が残る形。また日経平均株価が下落に転じたことなどから、円買いが一時強まった。 
ドル円は93.51から92.83まで下落、ユーロドルは1.3459から1.3438での小動きが続いた。 クロス円では、ユーロ円が125.85から124.76、ポンド円が146.61から145.55、オージー円が96.57から96.06、NZD円が78.64から78.14、カナダ円が93.33から92.63、スイス円が101.95から101.13まで一時値を下げた。 (15:30現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=95.50-97.00)
戦略としては、96.00-10と96.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、96.55-60超えがストップで、倍返しも96.70-80のCapでは利食いで、売りは96.85-90超えでの倍返し。 ターゲットは97.00-05、97.10-20のCapでは利食い優先から売りのストップは97.40-50超えで、倍返ししてもターゲットは97.55-60、97.70-80と利食い優先。売りは98円超えのストップなどで対応。 一方下値は95.85-90と買い下がって、ストップは95.75-80割れでの倍返し。ターゲットは、95.60-70、95.45-50と買い戻しで、買いは95.35-45と買い下がって、ストップは95.20-25や95.05-15割れで、倍返しもターゲットは94.95-00、94.75-80と買い戻しで、買いは94.65-70、94.45-50と買い下がって、94.20-35割れをストップ、更に買い下がっても、94.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。(予想時レート: 96.25 予想時間 15:00)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=92.60-93.50)
東京レンジの半値93.17がCapされており、この動きが続くか焦点
戦略としては、92.80-85と93.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は93.20-30、93.35-40、93.40-50と売り上がって、ストップは93.55-65超えで、倍返しも93.80-85、94.00-05と利食いで、売りは94.10-20と順次売り場を探して、ストップは94.30-35超えや94.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは94.65-75、94.75-85利食い&売り狙い。ストップは94.95-00超えとなるが、95.10-20-30での売り直しで、ストップは95.45-50超え。 一方下値は、順張りも92.60-70、92.45-55と買い戻しで、買いはこういった位置から92.35-40と買い下がって、92.25-30割れストップとするか、さらに買い下がっても92.10-20割れでの倍返しとなる。 このターゲットは91.95-00や91.70-80の動向次第で買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、91.60-65割れが倍返しとなる。 このターゲットは91.50-55、91.40-45と買い戻しで、買いは91.25-35、91.15-25、91.05-10と買い下がって、ストップは90.85-95割れや90.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは90.60-70、90.45-50の動向次第で、買い戻しから維持では買っても、ストップは90.20-35割れでの倍返し。(予想時レート:92.95 予想時間 14:45)

東京午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は92.83、ユーロ円が124.75、ポンド円が145.55、オージー円が96.06、NZD円が78.14、カナダ円が92.63、スイス円が101.13まで下落した。

G7声明の不思議

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨日は、G7は、通貨安競争の回避に向けた緊急の共同声明を発表した。為替市場の動向について「緊密に協議し適切に協力」、「為替レートは市場において決定されるべきで、各国の財政・金融政策が為替レートを目標にしない」とした。 

 内容的には、今までのものと変わらないが、為替に関するG7の声明は、2011年9月に仏マルセイユ以来。 何故G20を控えて、このタイミングで発表されたのかは、よく考えておいた方がが良さそう。 

 確かにその後の、1人のG7当局者の発言として、「投資家が声明を読み違えており、G7は過度の円の動きと円相場を誘導する日本の行為を懸念している」は、若干不思議な感じは残るが、英国の当局者が、「声明は特定の国や通貨を指していない」としても、他の通貨が、それほど大きく動いていない現状、円がターゲットと見るのは自然。 また、最初のG7当局者が誰なのか、犯人探しがされているが、電話会議であっただろうことで、誰かは不透明も、ショイブレ、モスコビシはEUの会議でブリュッセルにいたし、ドラギ総裁はマドリード、カーニー加中銀総裁はカナダにいたようで、この話は、ワシントン発のようだ。

 もし、米国なら、そりゃ大変? と思うでしょう。 ただ、この辺は未だ不明。

 また、電話会議後、麻生太郎財務相は「デフレ不況対策の政策を、為替相場に使っているなどの話があったが、そうではないことを各国から正しく認識され、意味があった」と話しているが、「デフレ不況対策の政策を、為替相場に使っているなどの話があった」に、もっと反応しても良さそう。 つまり麻生さんは説明したが、理解はされていないのは間違いない。 

 更に今日は、中尾武彦財務官が「G7の考え方は声明にある通り」、「G7当局者の発言についてコメントしない」と述べていることからは、立場はまずそうだ。

 ともかく、海外当局筋は、懸念を強めていることは間違いなさそう。 それを口に出してストレートに言うかどうかは、国際問題に発展するので、差し控えている程度だろうが、G20でどうなるか、ロング筋はちょっと心配してそうだ。 

外銀筋の

テーマ: モノローグ

だいまん

話では、昨日のG7関係者やカナダ中銀総裁のコメントから、G20での懸念が急速に盛り上がっている模様。

売り注目が増えているようだ。

Asian Time

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.50-147.00)
戦略:戻り売り、深押しでの買い狙い

ストップ 149.40-50
売り 149.000
売り 148.50
倍返し 147.95-00
売り 147.75-80
売り 147.60-70
売り 147.40-45
売り 147.15-30
売り 146.85-90
レンジ 146.60-65
中心 146.40
レンジ 146.00-05
買い 145.65-75
買い 145.45-50
倍返し 145.25-30
買い戻し 145.05-10
買い戻しまたは順張り
144.80-95
買い 144.60-65
買い 144.40-45
買い 144.20-25
買い 144.05-10
買い 143.80-95
ストップ 143.55-70
倍返し 143.40-50
買い 144.60-65
倍返し 144.40-45
(予想時レート:146.40 予想時間 08:35)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=124.50-126.60)
戦略:戻り売り、深押しでの買い狙い

ストップ 128.00
売り 127.90-95
倍返し127.65-75
ストップ 127.45-50
売りまたストップ 127.30-35
売りまたはストップ 127.10-15
ストップ 126.85-95
売り 125.55-60
倍返し 126.20-25
売り 125.80-00
レンジ 125.65-70
中心 125.60
レンジ 125.20-30
倍返し 124.95-05
買い 124.50-55
ストップ 124.35-40
買い 124.00-05
ストップ 123.80-85
ストップ 123.60-70
倍返し 123.35-50
買い 123.15-20
買い 122.95-00(割れて順張り)
買い 122.70-85
ストップ 122.50-60
(予想時レート:125.60 予想時間 08:30)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

香港・中国市場休場(旧正月)
08:50 (日) 12月第3次産業活動指数(前回-0.3% 予想+0.7%)
09:30 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
09:30 (米) ラッカー・リッチモンド米連銀総裁講演
17:30 (スウェーデン) リクスバンク・金利発表および金融政策報告発表
19:00 (ユーロ圏) 12月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回-0.3% 予想-0.1%)
19:00 (ユーロ圏) 伊3年債入札
19:30 (英) BOE四半期インフレレポート
19:30 (ユーロ圏)独2年債入札(50億ユーロ)
20:00 (南ア) 12月実質小売売上高 [前年比] (前回+3.4% 予想+1.6%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+3.4%)
22:30 (米) 1月小売売上高 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回+0.3% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.9%)
24:00 (米) 12月企業在庫 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.3%)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+262.3万バレル)
01:10 (米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演
06:30 (NZ) 1月企業景況感(前回50.1)
ジャック・ルー次期米財務長官「公聴会出席」
日40年債入札(4000億円)、米10年国債入札(240億ドル)
企業決算発表:アサヒホールディング、スソシエテ・ジェネラル銀行

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

堅調に14000ドル台を回復。

為替の話は、蚊帳の外。 

ドル円の買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

英政府当局者の話として
「G7声明は単一の通貨や国についてのものでない」と伝わったことが要因。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

瞬間93.275まで下落した模様。 うーん、スピードが早くて、ついていけない。

なんか

テーマ: モノローグ

だいまん

相場がごちゃごちゃになってるぞ。。。。

円急騰

テーマ: モノローグ

だいまん

一部通信社がG7当局者の話として「G7声明は誤解されており、声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」などと伝えた模様。

円急騰

テーマ: モノローグ

だいまん

一部通信社がG7当局者の話として「G7声明は誤解されており、声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」などと伝えた模様。

NY早朝

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円売り、ユーロ買いも一服気味。 
ドル円は、G7財務相・中央銀行総裁会議は、「為替は市場で決定されるべき」、「為替市場での行動で緊密に協議することを再確認」との緊急共同声明を発表し、「日本の円安政策」を直接批判する文言がなかったことで、円売りが拡大し94.41の高値まで上昇も、その後は対ユーロでのドル売りが強まったこともあり、利食いが優勢となった。 

ユーロドルは、ジョーダンスイス国立銀行総裁が、「SNBはスイスフランの上限を抑える政策を維持する」、「追加的な政策を実施する準備がある」などと述べたことで、ユーロスイスでのユーロ買いが強まり、1.3365の安値から1.3467まで急反発したが、1.3428まで売りに押された。 

またユーロスイスは、1.2286の安値から1.2356まで急反発した。

これだけ発言が出ると

テーマ: モノローグ

だいまん

逆にそれだけ、気にしているってことじゃないかな?

ダイセイプルーム・ユーログループ議長
「ユーログループは為替を協議する適切な場ではない」
ショイブレ独財務相
「欧州では為替レートに関する問題は起きていない」
デギンドス・スペイン財務相
「ユーロ高は投資家の信頼を示している」
ジョーダンスイス国立銀行総裁
「スイスフランの上限を抑える政策を維持する」
「追加的な政策を実施する準備がある」

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ買いが進む。ジョーダンスイス国立銀行総裁が「スイスフランの上限を抑える政策を維持する」、「追加的な政策を実施する準備がある」と発言したことを受けて、ユーロドルは1.3460、ユーロ円が126.88まで上昇。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

12日の東京市場は、北朝鮮が核実験を実施したとの報道が、一時円の上値を抑えたが、日経平均株価が利食いに押さえると、円の買い戻しが強まった。 ただ、アジア市場が休場で、参加者が減少していることもあり、更なる動きとなっていない。
 ドル円は94.39から93.87まで下落、ユーロドルも1.3412から1.3379まで値を下げた。 クロス円では、ユーロ円が126.47から125.58、ポンド円が147.78から146.82、オージー円が96.87から96.20、NZD円が78.91から78.41、カナダ円が93.95から93.25、スイス円が102.54から101.93まで下落した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略としては93.20-30と93.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、93.65-70、93.75-85と売り上がって、ストップは93.95-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は順張りから92.85-95での買い戻し&買い下がって、ストップは92.70-80割れで、92.45-50、92.20-40ゾーンの買い直しは、91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは91.80-90、91.65-70、91.50-55と買い戻し&買いで91.30-40割れをストップ、91.15-20、91.00-05、90.90-95を買い下がって、ストップは90.70-85や90.55-70とするか、更に買い下がって、ストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。(予想時レート: 93.45 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=125.00-126.50)
戦略としては、125.55-60と125.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りも126.00-05、126.10-20と利食いで、売りは126.25-30と売り上がって、ストップは126.40-50超えや126.60-65超えがストップでの倍返し。 ターゲットは126.85-90、127.10-15と利食いで、売りは127.30-35と売り上がっても127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。一方下値は125.40-50と買い下がっても、ストップはタイトな倍返し。 ターゲットは124.95-05を前に下げ止まりでは買い戻しから、この位置の買いはタイト・ストップまたは、124.50-55方向まで買い場探しで、ストップは124.35-40割れで、倍返しも124.00-05での買い戻し&買い。 このストップは123.80-85や123.60-70割れで、123.35-50割れでの倍返し。(予想時レート:125.70 予想時間 15:30)

円の買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

大きな材料はないが、北朝鮮の問題で買ってしまったこと、更に利食いが出易い位置であったことなども影響している模様。今後戻り高値が押さえらるか大きな注目となる。

北朝鮮で

テーマ: モノローグ

だいまん

人工的な揺れ。。。。。核実験実施の模様から、円売り。

案外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩は、93円ミドルが買えないと言って、売りはしなかったが、そのまま寝たら、こんな相場に。。。。

ただ、市場が、これで「ブルぶる」になっているのが気にかかる。。。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

バイトマン独連銀総裁の「ユーロは著しく過大評価されていない」との発言やブレイナード米財務次官の「日本の成長促進、デフレ脱却への取り組みを支持」と発言を受けて、ユーロ買いや円売りが強まった。 
 ドル円は直近高値を超えて94.455、ユーロドルは1.3428まで上昇、ユーロ円が126.63、ポンド円が147.92、オージー円が96.89、NZD円が78.87、カナダ円が94.04、スイス円が102.74まで一時値を上げた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

シンガポール市場休場(旧正月)、香港・中国市場休場(旧正月)
08:50 (日) 1月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.6%)
09:01 (英) 1月RICS住宅価格(前回±0.0%)
09:30 (豪) 1月NAB企業景況感(前回-4)
09:30 (豪) 1月NAB企業信頼感(前回+3)
15:00 (日) 1月工作機械受注・速報値[前年比](前回-27.5%)
15:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁、コンスタンシオECB副総裁、クラウセン欧州銀行連盟会長講演
16:00 (英) バークレイズ・決算発表
17:15 (スイス) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.4% 予想-0.3%)
18:30 (英) 1月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.5%)
18:30 (英) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
18:30 (英) 1月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.5%)
18:30 (英) 1月小売物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.4%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演
19:30 (独) インフレ連動債入札(10億ユーロ)
22:45 (加) カーニーBOC総裁、マックレムBOC上級副総裁「下院財政委員会に出席」
01:30 (米) ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演
03:30 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
04:00 (米) 1月月次財政収支 (前回-2.6億USD 予想-320億USD)
06:00 (NZ) イングリッシュNZ財務相「議会証言」
EU財務相会合(ブリュッセル)
ラホイ・スペイン首相講演
オバマ米大統領、一般教書演説
米3年国債入札(320億ドル)
企業決算発表:オリンパス、ノーリツ、日本カーボン

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ブレイナード米財務次官の発言
「日本の成長促進、デフレ脱却への取り組みを支持」

をきっかけにドル円、クロス円が急伸。 なんか、日本の財務省が根回しした? 

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午後は、既に動意に薄い展開も、円の軟調が維持されている。
 ドル円は、一時93.555まで上昇、ユーロドルは、バイトマン独連銀総裁の「ユーロ安を目指すのはインフレの加速を招く恐れ」、「欧州中央銀行は債務危機への対応でこれ以上の行動をとるべきではない」と述べたことで1.3428の高値まで値を上げ、ユーロ円が125.50まで上昇したが、その後は小康状態。 ただ、NYダウは軟調で、マイナス圏が維持されている。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

相当良い位置まで戻っているが、なかなか下げない。
少なくとも買いづらい。

アジア概況

テーマ: モノローグ

だいまん

11日のアジア市場は、東京、中国市場が休場なため、参加者が少なく、黒田ADP総裁の「物価目標のため、日銀は年内の追加金融緩和を正当化できる」、「日銀が買える資産はいくらでもある」、「金融政策だけで物価目標の達成は可能」との発言で、円売り気味となる展開もあったが、材料難から保合い気味の相場が続いた。 
 ドル円は92.37から92.75、ユーロドルは、1.3364から1.3392での推移、クロス円では、ユーロ円が123.49から124.07、ポンド円が145.86から146.53、スイス円が100.65から101.13での動向となったが、ウェストミンスター通貨は弱く、オージー円が95.76から95.22、NZD円が77.56から77.04、カナダ円が92.47から92.06まで軟調に推移した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=76.50-78.00)
下落が77.00-05まで拡大も、更なる動きとなっていない。 上値は77.25-30、77.40-45がCapされると弱い。 77.50-60を超えて、77.70-80や77.85-95の上ヒゲ、78.00-05が視野となるが、レジスタンスが控える形。 78.15-25を超えて78.35-45、78.55-60や78.65-70を超えて、78.95-00が視野となるが、上抜けは不透明。 超えて79.05-10、79.20-30が視野となるが、売りが出易い。 79.40-45を超えて、週足からは80.20-25、81.55-65などが視野となる。 一方下値は77.00-05や76.85-95を割れると、下落が76.65-70、76.50-60、76.35-40、76.15-25、76.05-15、75.95-00が視野となるが、買いが入り易い。 リスクは75.70-80を割れるケースで、その場合も75.60-65が維持される更に突っ込み売りも厳しいが、75.45-50を割れると75.30-35、75.20-30なども視野となるが、買いが入り易い。ただし75.00-05や74.90-00の窓の上限を割れると、74.80-85のそれ以前の高値、74.60-70の下限、74.45-50、74.35-40、74.15-30が視野となるが維持されると堅調。 ただし74.00-05や73.90-00を割れると73.85-90、73.70-75が視野となるが維持すると堅調となる。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=92.00-93.00)
下落が92.35-40で維持されて揉み合い気味。上値は92.65-70、62.75-85がCapされるとレジスタンス的。92.90-95や93.00-05を超えて、93.20-25の窓の上限、93.30-45の窓、93.50-65などが視野となるが、売りが出易い。93.70-80や93.85-95の上抜けから、94.05-10を超えて週足からは94.95-00までポイントが薄くなるので注意。 一方下値は92.45-50が維持されると良いが、92.35-40や92.25-30を維持できずに、92.10-20を割れると、91.95-00、91.70-80の下ヒゲや91.60-65が視野となるが、下方ブレイクは不透明も、割れるケースはマイナスで、その場合下落が91.50-55の窓の下限、91.40-45を割れると、91.25-35、91.15-25、91.05-10などが視野となるが、サポートから堅調。リスクは90.85-95や90.70-80を割れるケースで、その場合90.60-70などが視野となるが、下方ブレイクは不透明。 ただし、90.45-50や90.20-35を割れると、その場合90.05-15、89.90-00なども視野となるが買いが入り易い。

これで若干円安

テーマ: モノローグ

だいまん

黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁
「物価目標のため、日銀は年内の追加金融緩和を正当化できる」
「日銀が買える資産はいくらでもある」
「金融政策だけで物価目標の達成は可能」
「私は現在の職務に満足。まだ4年任期がある」

アジア朝

テーマ: モノローグ

だいまん

一時円買いが強まったが、更なる動きとなっていない。

ドル円は92.37レベル、ユーロ円が123.49、ポンド円が145.86まで一時値を下げたが、現在は買い戻し気味。 既に更なる動きは出そうにない。。。

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 05:41
EURUSD 1.3350-60
USDJPY 92.71-79
GBPUSD 1.5792-07
USDCHF 0.9193-03
AUDUSD 1.0316-25
NZDUSD 0.8366-75
EURJPY 123.83-96
GBPJPY 146.49-65
AUDJPY 95.69-79
NZDJPY 77.59-71
CADJPY 92.44-59
CHFJPY 100.74-90
EURGBP 0.8447-58
EURCHF 1.2281-94
ZARJPY 10.37-49

後は変化なし

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 05:01
EURUSD 1.3353-66
USDJPY 92.72-79
GBPUSD 1.5792-06
USDCHF 0.9189-01
AUDUSD 1.0313-21
NZDUSD 0.8364-73
EURJPY 123.86-02
GBPJPY 146.49-65
AUDJPY 95.66-76
NZDJPY 77.57-70
CADJPY 92.41-61
CHFJPY 100.77-95
EURGBP 0.8450-61
EURCHF 1.2281-94
ZARJPY 10.37-50

All day

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.40-147.05)
戦略:クロスの買いの影響で、比較的堅調で、逆張りスタンス

ストップ 149.40-50
売り 149.000
売り 148.50
倍返し 147.95-00
売り 147.50-65
倍返し 147.10-30
売り 146.95-05
レンジ 146.80-85
中心 146.70
レンジ 146.25-35
買い146.05-10
買い 145.70-75
買い 145.40-55
ストップ 145.05-10
倍返し 144.80-95
買い 144.60-65
買い 144.40-45
買い 144.20-25
買い 144.05-10
買い 143.80-95
ストップ 143.55-70
倍返し 143.40-50
買い 144.60-65
倍返し 144.40-45
(予想時レート:146.70 予想時間 03:00)

All day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3295-1.3410)
戦略:突っ込み売りを避けて、戻り売り

倍返し 1.3595-00
ストップ 1.3575-85
売り 1.3545-60
売り 1.3515-20
売り 1.3500-05
倍返し 1.3475-80
売り 1.3460-65
売り 1.3460-65
倍返し 1.3420-35
ストップ 1.3405-10
売り 1.3385-95
レンジ 1.3375-80
中心 1.3365
レンジ 1.3350-55
買い戻し 1.3325-45
買い戻し 1.3310-20
買い 1.3295-00
ストップ 1.3285-90
倍返し 1.3265-70
買い戻し 1.3265-70
買い戻し 1.3255-60
様子見または順張り 1.3245-50
(予想時レート:1.3365 予想時間 03:00)

ユーロドルの下げは今のところ一過性

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 04:25
EURUSD 1.3353-65
USDJPY 92.73-78
GBPUSD 1.5794-08
USDCHF 0.9181-95
AUDUSD 1.0303-14
NZDUSD 0.8337-68
EURJPY 123.82-96
GBPJPY 146.47-61
AUDJPY 95.64-69
NZDJPY 77.35-74
CADJPY 92.41-61
CHFJPY 100.80-04
EURGBP 0.8449-58
EURCHF 1.2272-90
ZARJPY 10.37-50

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京休場(建国記念の日) 、シンガポール市場休場(旧正月)、香港・中国市場休場(旧正月)
09:30 (豪) 12月住宅ローン貸出(前回-0.5% 予想±0.0%)
16:45 (仏) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.2%)
03:00 (米) イエレン・FRB副議長講演
06:00 (加) レーンBOC副総裁講演
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
アストロ:メリマンの為替変化日(11日まで)
テクニカル:ドル円変化日(15日まで)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 03:25
EURUSD 1.3336-50
USDJPY 92.75-83
GBPUSD 1.5786-08
USDCHF 0.9179-03
AUDUSD 1.0301-17
NZDUSD 0.8336-62
EURJPY 123.70-90
GBPJPY 146.46-72
AUDJPY 95.61-77
NZDJPY 77.33-63
CADJPY 92.47-67
CHFJPY 100.82-09
EURGBP 0.8437-52
EURCHF 1.2251-71
ZARJPY 10.37-50

ユーロドルが

テーマ: モノローグ

だいまん

NYの安値を割れて、1.3324-42まで下落。

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 03:02
EURUSD 1.3351-72
USDJPY 92.73-79
GBPUSD 1.5788-19
USDCHF 0.9173-02
AUDUSD 1.0316-32
NZDUSD 0.8332-73
EURJPY 123.83-83
GBPJPY 146.41-78
AUDJPY 95.70-85
NZDJPY 77.27-71
CADJPY 92.42-65
CHFJPY 100.80-16
EURGBP 0.8446-67
EURCHF 1.2259-90
ZARJPY 10.37-50

来週は

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀金融政策決定会合がイベントとして重要。 ただ、既に緩和策としては、出るものは出尽くしている。 更に止めるのが決まってるから、白川総裁としてもがんばるのも難しそう。それより、自分の今後を考えると日銀マンとして、最後の体裁を保ちたいでしょう。。。。。

なので、結果は失望と思っているが、市場は来週週末にも発表になる可能性がある日銀総裁人事に注目しているようだ。

ただ、これもセンシティヴで、もし、与党に賛成の得られない人物が出てくると大変。

更に実際は新総裁が決定しても、その効果は4月4日の新総裁にとって最初の日銀金融政策決定会合まで出てこないが、ここも大きな失望に陥りそうだ。 

それまでは期待感だけが支える形は続きそうだ。、

NY午後は揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

でも、92円は割れず絶好の買い場にされた感じになりました。。。。
(期待してたんだけど)


ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

92円割れたら案外ストップ出そうかも。。。

でも、

テーマ: モノローグ

だいまん

結局よく買う。。。。から

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

案外大きく下げるかもね。。。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

8日の東京市場は、日本の経常収支が市場予想より悪化したが、材料とはならず、軟調気味な株価、3連休を前に利食い売りが優勢となったことで、上値の重い状況が続いた。
 ユーロドルは、1.3417から1.3382での推移、ドル円は93.74から93.14まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が125.58から124.69、ポンド円が147.30から146.39、NZD円が78.21から77.76、カナダ円が93.95から93.30、スイス円が102.07から101.44まで下落し、オージー円は、96.45から豪州準備銀行の四半期金融報告がハト派的な内容となったが、中国の貿易収支で輸入が拡大したことが好感されたが、ドル円の下落で94.86まで値を下げた。(16:15現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=101.00-102.50)
戦略としては、101.50-60と101.75-80のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、101.90-00と売り上がって、ストップは102.00-10超えでの倍返し。 ターゲットは102.20-35、102.40-45と利食い&売り上がって、ストップは102.65-70超えで、倍返しも103.00-05、103.15-20と利食いで、売りはこういった位置から103.35-45と売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値はストップは101.30-35割れで倍返しも、ターゲットは、101.15-20、100.85-00と買い戻しで、買いは100.60-80、100.45-50、100.25-30と順次に買い場を探して、ストップは100.00-10割れで、倍返しも99.85-90、99.75-80と買い戻し&買い下がっても、ストップは99.50-65割れで、倍返しも99.20-25、98.95-05、98.70-85と買い戻しで、買いは98.55-60と買い下がって、98.45-50や98.35-40をストップとするか、思い切るなら98.25-30、98.00-10、98.80-85まで買い下がって、ストップは97.70-75割れや97.55-65割れでの倍返し。(予想時レート:101.70 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=124.00-126.00)
戦略としては、124.70-85と125.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合は上値は125.35-50を売り上がって、ストップは125.55-60超えで、倍返しも125.65-70、125.85-90での利食い&売り。 ストップは126.15-20超えで、126.35-40、126.85-90と順次売り場を探して、ストップは127.10-15や127.30-35超え、または売り上がっても、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが、倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。一方下値はストップは124.50-55割れで、倍返しも124.40-45、124.15-20での買い戻し&買いで、このストップは123.95-05割れでの倍返し。 ターゲットは123.85-90、123.70-75と買い戻しで、買いは123.50-55、123.35-40と買い場を探して、ストップは123.15-20割れや122.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは122.70-85、122.50-60と買い戻しで、買いは122.40-45、122.25-35と買い下がって、ストップは122.10-15割れで、倍返しもターゲットは121.90-95、121.80-85での買い戻しで、買いは121.45-50まで買い下がって、ストップは121.20-25割れでの倍返し。(予想時レート:125.05 予想時間 15:35)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=95.50-97.20)
戦略:戻りは売り気味。深押しのケースのみ買い狙い

ストップ 98.00
売り 97.70-80
売り 97.55-60
倍返し 97.40-50
売り 97.10-20
ストップ 97.00-05
売り 96.75-90
売り 96.60-70
売り 96.45-55
レンジ 96.25-30
中心 96.20
レンジ 96.00-05
ストップ 95.80-85
買い 95.70-75
買い 95.50-55
ストップ 95.25-35
買い 95.05-20
買い 94.95-00
ストップ 94.75-80
ストップ 94.65-70
買い 94.45-50
ストップ 94.20-35
倍返し 94.10-15
(予想時レート: 96.20 予想時間 06:00)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3350-1.3465)
戦略:更に突っ込み売りは難しく、逆に押し目は買い向かいも、上値は重く上昇では売りあがり。

倍返し 1.3710-15
売り 1.3685-95
売り 1.3640-50
ストップ 1.3635-40
売り 1.3620-30
売り 1.3605-10
倍返し 1.3595-00
ストップ 1.3575-85
売り 1.3545-60
売り 1.3515-20
売り 1.3500-05
倍返し 1.3475-80
売り 1.3460-65
売り 1.3430-35
レンジ 1.3405-20
中心 1.3400
レンジ 1.3380-90
倍返し 1.3370-80
買い 1.3350-60
ストップまたは買い下がり 1.3325-45
ストップ 1.3310-20
買い 1.3295-00
ストップ 1.3285-90
倍返し 1.3265-70
買い戻し 1.3265-70
買い戻し 1.3255-60
様子見または順張り 1.3245-50
(予想時レート:1.3400 予想時間 06:20)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12月経常収支 (前回-2224億円 予想-1849億円)
08:50 (日) 12月貿易収支 (前回-8475億円)
09:30 (豪) 豪準備銀行・四半期金融政策報告
14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回45.8)
14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回51.0 )
14:30 (中) 1月消費者物価指数[前年比](前回+2.5% 予想+2.1%)
14:30 (中) 1月生産者物価指数[前年比](前回-1.9% 予想-1.6%)
15:45 (スイス) 1月失業率 (前回3.3% 予想3.4%)
16:00 (独) 12月貿易収支 (前回+170億EUR 予想+150億EUR)
16:00 (独) 12月経常収支 (前回+153億EUR 予想+180億EUR)
17:15 (スイス) 12月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.9%)
22:15 (加) 1月住宅着工件数 (前回19.80万件 予想19.50万件)
22:30 (米) 12月貿易収支 (前回-487億USD 予想-460億USD)
22:30 (加) 1月失業率 (前回7.1% 予想7.2%)
22:30 (加) 1月雇用ネット変化 (前回+3.98万人 予想+0.40万人)
22:30 (加) 12月国際商品貿易 (前回-19.6億CAD 予想-15.0億CAD)
24:00 (米) 12月卸売在庫 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.4%)
(中) 1月貿易収支(前回+316.2億ドル 予想+285.0億ドル)
EU首脳会議(ブリュッセル)
決算発表:日産自、東洋紡住軽金、 電通、三井金、ディスコ、荏原、横河電、いすゞ、凸版印、日産車体

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

100ドル近い下落スタート

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロが急落。 ECB理事会では、金利が据え置かれたが、理事会後の記者会見で、ドラギECB総裁が、ユーロ圏の景気見通しのリスクは下向きと述べたことやユーロ相場に懸念を示したとの見方から売りが強まった。

ユーロドルが1.3419、ポンドドルは、英中銀の政策の据え置きを受けて1.5768まで上昇後1.5683へ値を下げ、ドルスイスが0.9065から0.9145へ上昇、ドル円は93.38まで一時値を下げた。

理解に苦しむ

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ急落。 ユーロドルが1.2428、ユーロ円が125.55まで下落。

ドラギECB総裁が、「ユーロ高はユーロ圏への信認のあらわれである」が、、「市場の動きを注視したい」などと述べたが、ドラギ総裁が為替相場に言及したことが、懸念を示したと捉えられている模様。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.50-147.50)
戦略としては146.30-35と146.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は146.95-00と売り上がって、ストップは147.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは147.50、148円手前と上げ渋りでは利食い優先。 一方下値は146.05-15と買い下がって、ストップは145.90-00割れや145.75-90割れでの倍返し。ターゲットは145.25-30での買い戻し&買いで、ストップは144.80-95割れでの倍返し。 ターゲットは144.60-65、144.40-45と買い戻しで、買いは144.20-25、144.05-10、143.80-95と買い下がって、ストップは143.55-70割れや143.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは143.25-30、143.10-20と買い戻しで、買いはこういった位置から142.80-90と買い場を探して、142.70-75をストップ&倍返し。 ターゲットは142.45-50、142.35-40と買い戻しで、買いはこういった位置から142.20-25と買い下がって、ストップは142.00-05割れや141.85-95割れでの倍返し。(予想時レート:146.50 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3450-1.3600)
戦略としては、1.3510-25と1.3535-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3545-55と売り上がって、1.3560-65をストップとするか、思い切って1.3570-80、1.3580-90と売り上がって、ストップは1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3500-05割れがストップで、1.3490-95割れ倍返ししても、ターゲットは1.3480-90、1.3465-70と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3450-60割れでの倍返し。ターゲットは1.3440-45、1.3425-30と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 (予想時レート:1.3525 予想時間 16:30)

明日午後より

テーマ: モノローグ

だいまん

新メンバーが参入します。

元外銀ディーラーのRyuzさんです。ご期待ください。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

午後2時半より、U-Stream版「たらればFX」がスタートです。


ご視聴

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

揉み合い気味とみたが、高島暦いわく、案外安い日らしい。

Asian Time

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.50-147.00)
戦略:英BOE理事会のイベントがあり、思惑的には事前は売りも、結果は買い戻しで。 

ストップ 148.50
売り 148.00
売り 147.50
倍返し 147.20-30
売り 126.95-00
レンジ 146.70-75
中心 146.55
レンジ 146.35-40
買い 146.05-25
ストップ 145.90-00
倍返し 145.85-90
買い 145.25-30
倍返し 144.80-95
買い 144.60-65
買い 144.40-45
買い 144.20-25
買い 144.05-10
買い 143.80-95
ストップ 143.55-70
倍返し 143.40-50
(予想時レート:146.55 予想時間 07:50)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略: 93円台の推移か? 逆張りスタンス。

または95.00
ストップ 94.50
売り 94.20-30
倍返し 94.05-10
売り 93.85-95
売り 93.75-85
レンジ 93.60-70
中心 93.55
レンジ 93.40-50
倍返し 93.25-30
買い 93.05-15
倍返し 92.95-00
買い 92.70-75
買い 92.55-60
買い 92.45-50
ストップ 92.10-25
倍返し 91.95-00
(予想時レート:93.55 予想時間 07:30)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、リスク回避志向が優勢となった。 ベルルスコーニ元イタリア首相の支持率が上昇したことで、財政再建に対する懸念からイタリア国債利回りが上昇。 独株式指数やNYダウ先物の下落などを受けて、一時売りが強まった。ただし、一巡後はNYダウの立ち直りなどを受けて、買い戻しが優勢で引けた。 ユーロドルは、1.3493まで下落、ポンドドルはユーロポンドの売りで1.5678まで反発、ドルスイスも0.9150まで値を上げ、ドル円は93.28の安値まで値を下げた。 クロス円では、ユーロ円が125.945、ポンド円が145.93、オージー円が96.10、NZD円が78.01、カナダ円が93.42、スイス円が102.12まで一時下落した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 12月機械受注 [前月比] (前回+3.9% 予想-1.7%)
08:50 (日) 12月機械受注 [前年比] (前回+0.3%)
09:30 (豪) 1月新規雇用者数 (前回-0.55万人 予想+1.00万人)
09:30 (豪) 1月失業率 (前回5.4% 予想5.4%)
09:30 (豪) 第4四半期NAB企業信頼感指数(前回-2)
15:00 (日) 中原財務官「挨拶・討論会参加」(IMFセミナー)
14:00 (日) 12月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回92.1)
14:00 (日) 12月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回90.2)
16:45 (仏) 12月貿易収支 (前回-43.34億EUR)
18:30 (英) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
18:30 (英) 12月製造業生産高 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.6%)
18:30 (英) 12月商品貿易収支 (前回-91.64億GBP 予想-89.50億GBP)
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:45 (加) カーニーBOE次期総裁・議会証言
18:50 (ユーロ圏) フランス長期債入札
20:00 (独) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁・記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.8万件 予想36.0万件)
22:30 (米) 第4四半期非農業部門労働生産性 [前期比] (前回+2.9% 予想-0.5%)
22:30 (米) 第4四半期単位労働費用 [前期比] (前回-1.9% 予想+2.0%)
22:30 (加) 12月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.1%)
22:30 (加) 12月住宅建設許可 [前月比] (前回-17.9%)
23:30 (米) スタインFRB理事講演
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回-0.3%)
24:30 (ユーロ圏) クーレECB理事、ホノハン・アイルランド中銀総裁講演
05:00 (米) 12月消費者信用残高 (前回+160.45億USD 予想+150.00億USD)
EU首脳会議(ブリュッセル)
決算発表:ソニー、清水建、鹿島、東 レ、大成建、住友不、富士通、ミツミ、セコム、ヤマダ゙電、東急建設

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

93.30に大口のビッドがあるようです。

3回トライに失敗しています。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が125.93、ポンド円が146.10、オージー円が96.10、NZD円が78.42、カナダ円が93.42、スイス円が102.12まで一時下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の取引は、リスク回避志向が優勢。 ベルルスコーニ元イタリア首相の支持率が上昇したことで、財政再建に対する懸念から、イタリア国債利回りが上昇。 独株式指数やNYダウ先物の下落などを受けて、ユーロドルは、1.3494まで下落、ポンドドルはユーロポンドの売りで1.5678まで反発、ドルスイスも0.9150まで値を上げ、ドル円は93.31の安値まで値を下げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 6日の東京市場は、堅調な日経平均株価を受けて、円売りが一時拡大したが、その後は利食いが優勢となった。 ドル円は94.075の年初来高値まで値を上げたが、利食いに上げは一過性で終了した。 ユーロドルは、1.3596から1.3513まで下落した。 クロス円では、ユーロ円が127.71から126.52、ポンド円が147.24から146.34、オージー円が97.41から96.61、NZD円が79.41から79.79、カナダ円が94.35から93.86、スイス円が103.65から102.46まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.00-79.30)
戦略としては、78.55-70と79.00-05のブレイクに注目して、らブレイクの場合上値は、79.20-30と売り上がって、ストップは79.40-50超えで、倍返ししても80円のサイコロジカルと利食い優先となる。 売りはCapを見て80.20-25超えがストップ。 一方下値は78.25-35と買い下がって、ストップは78.15-20割れで、77.80-85での買い直しのストップは7.60-75割れや77.45-55割れでの倍返し。 ターゲットは77.30-40、77.15-20、77.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは75.85-95割れ。 75.65-75、76.50-60、76.35-40、76.15-25、76.05-15、75.95-00と買い場を順次探して、ストップは75.70-80割れで、75.60-65は維持を見て対応。 買ってもストップは75.45-50割れで、75.30-35、75.20-30での買い直しのストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。(予想時レート: 78.85 予想時間 17:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=126.00-127.50)
戦略としては、127.05-10と127.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合は、127.65-75超えでの倍返し。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。一方下値は順張りまたは126.85-90割れでの倍返し。ターゲットは126.65-80、126.50-55と買い戻しで、ストップはタイトまたは、126.20-25、125.95-00と買い下がって、ストップは125.70-75割れや125.45-50を買っても、ストップは125.25-30割れでの倍返し。 ターゲットは124.60-75、124.40-45と買い戻し&買いで、ストップは124.15-20割れや123.95-05割れでの倍返し。 ターゲットは123.85-90、123.70-75と買い戻しで、買いは123.50-55、123.35-40と買い場を探して、ストップは123.15-20割れや122.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは122.70-85、122.50-60と買い戻しで、買いは122.40-45、122.25-35と買い下がって、ストップは122.10-15割れで、倍返しもターゲットは121.90-95、121.80-85での買い戻しで、買いは121.45-50まで買い下がって、ストップは121.20-25割れでの倍返し。(予想時レート:127.40 予想時間 16:05)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=126.50-128.00)
戦略:押し目買い
ストップ 128.50-55
売り 128.20-30
売り 127.95-00
売り 127.65-70
ストップ 127.40-50
レンジ 127.25-30
中心 127.15
レンジ 126.85-90
買い 126.75-85
倍返し 126.50-55
買い 126.20-25
買い 125.95-00
ストップ 125.70-75
買い 125.45-55
倍返し 125.25-30
買い 124.60-75
買い 124.40-45
ストップ 124.15-20
倍返し 123.95-05
(予想時レート:127.15 予想時間 09:00)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3500-1.3650)
戦略:押し目買い
ストップ 1.3755
売り 1.3745-50
売り 1.3720-30
倍返し 1.3710-15
売り 1.3685-95
売り 1.3640-50
ストップ 1.3635-40
売り 1.3620-30
売り 1.3605-10
倍返し 1.3595-00
レンジ 1.3585-95
中心 1.3580
レンジ 1.3570-75
倍返し 1.3550-60
買い 1.3525-30
買い 1.3500-05
買い 1.3480-90
ストップ 1.3465-70
倍返し 1.3450-60
買い 1.3440-45
買い 1.3425-30
ストップ 1.3415-20
倍返し 1.3405-15
(予想時レート:1.3580 予想時間 06:30)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが100ドル超えの上昇となったことで、東京市場からのリスク回避志向の巻き戻しとなった。ユーロドルは、1.3459の安値からアジア中銀の大口の買い、スペインの1月サービス業PMIが、大幅に改善したことなどから1.3598まで反発。ただ、フィッチがオランダの格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことで利食いが優勢となった。 ドル円は白川方明日銀総裁の辞任報道を受けて93.66の高値まで上昇した。1月の非製造業部門指数は、総合指数(NMI)が55.2と前月の55.7から若干低下した。雇用が
 クロス円では、ユーロ円が127.24、ポンド円が147.26、オージー円が97.44、NZD円が79.20、カナダ円が94.07、スイス円が103.10まで上昇した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(ワイタンギデー)
09:30 (豪) 12月小売売上高 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.4%)
11:15 (日) 佐藤日銀審議委員「群馬県金融経済懇談会で挨拶」
17:55 (アイスランド) アイスランド中央銀行・政策金利公表
19:30 (独) 独5年債入札(40億ユーロ)
20:00 (独) 12月製造業受注 [前月比] (前回-1.8% 予想+0.5%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-8.1%)
21:00 (チェコ) チェコ国立銀行・政策金利発表
24:00 (加) 1月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回52.8 予想53.8)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+594.7万バレル)
24:30 (ユーロ圏) ユンケル・ルクセンブルク首相、トゥスク・ポーランド首相会談
01:45 (加) フラハティ加財務相講演
06:45 (NZ) 第4四半期失業率 (前回7.3% 予想7.1%)
06:45 (NZ) 第4四半期就業者数[前期比](前回-0.4% 予想+0.4%)
ポーランド ポーランド国立銀行・政策金利発表
決算発表:マツダ、三菱重、富士重、国際帝石、古河電、クボタ、アマノ、ローム、ヤマハ、三井不、NTT

高値更新

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が127円のバリアを超えて127.19まで。
ドル円は93.63まで

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が126.93、ポンド円が147.25、オージー円が97.11、NZD円が78.99、カナダ円が93.73、スイス円が102.96の高値をつけたが、その後は利食いが優勢となった。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウは100ドル高で堅調推移。

ユーロドルは、1.3459の安値から1.3598まで反発。 ドル円は白川方明日銀総裁の辞任報道を受けて93.52の高値まで上昇後は一服気味。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 5日の東京市場は、軟調スタートとなった株式市場を受けて、円の買い戻しが一時強まったが、その後は値ごろ感などの買い戻しも入ったが上値は重く揉み合いとなった。 ユーロドルは1.3521から1.3487まで下落。ドル円は91.96から92.56まで一時値を回復した。
 クロス円では、ユーロ円が124.17から125.00、ポンド円が144.86から145.85、NZD円が77.46から78.07、カナダ円が92.05から92.73、スイス円が101.20から101.72まで値を戻した。 また、オージー円は、強い12月豪貿易収支や豪住宅価格指数を受けて、95.98から96.69まで上昇も、豪州準備銀行が、政策金利据え置き、声明で「現時点のインフレ見通しに基づくと、一段の金融緩和の余地ある」としたことで、更なる動きとはならなかった。 (13:48現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=95.50-97.00)
豪州中銀が据え置きも、上値が重い。 未だリスクは下方にありそう。 
戦略としては、96.20-25と96.40-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は96.55-65と売り上がって、ストップは96.65-70超え、96.75-85での売り直しのストップは97.05-10超えでの倍返し。ターゲットは97.55-60、97.70-80と利食い優先。売りは98円超えのストップなどで対応。 一方下値は96.05-10と買い下がって、ストップは95.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは95.70-75、95.50-55と買い戻し&買い下がって、ストップは95.25-35割れで、95.05-20、94.95-00と買い下がって、ストップを94.75-80や94.65-70とするか、94.45-50まで買い下がるなら、94.20-35割れがストップで、94.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。(予想時レート: 96.35 予想時間 12:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=91.50-92.80)
91.60の下方ブレイクはイメージが変わるので注意。
戦略としては、92.35-40と92.45-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は92.55-60がストップで、92.60-70、92.70-80、92.90-00と順次売り場を探して、ストップは93.15-20超えで、93.20-30、93.45-50と売り上がって、ストップは93.60-65超えとなる。 一方下値は92.15-25、92.05-15と買い下がって、ストップは91.95-00割れで、倍返しもターゲットは91.70-80や91.60-65の動向次第。 割れて91.50-55の維持では買い戻し&買い。ストップは91.40-45割れで、91.25-35、91.15-25、91.05-10と買い下がって、ストップは90.85-95割れや90.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは90.60-70、90.45-50の動向次第で、買い戻しから維持では買っても、ストップは90.20-35割れでの倍返し。 このターゲットは90.05-15、89.90-00と買い戻し&買い直しで、ストップを89.80-90割れとするか、買い下がって、89.70-75割れで、倍返しもターゲットは89.60-65、89.45-55での買い戻しで、この位置の買いは89.20-25割れがストップ、89.05-10、88.95-00と買いなおして、ストップは88.80-85割れで、88.50-60での買い直しのストップは、88.35-45割れ、88.15-25と買い下がって、ストップは88.05-10割れで、87.95-00での買い直しのストップは87.70-85割れでの倍返し。 (予想時レート:92.35 予想時間 11:45)

豪州準備銀行は

テーマ: モノローグ

だいまん

政策金利据え置き。一時豪ドル買いが出るも、
 
声明では、「現時点のインフレ見通しに基づくと、一段の金融緩和の余地ある」
としたことで、更なる動きとなっていない。

ただ、「為替レートは輸出価格の下落を考慮すれば期待していたよりも高いままだ」、「緩和の完全な影響が明らかになるには依然として時間がかかるが、より緩和的な状況が期待された影響をいくぶん与えている兆しがある」
などとされており、上値追いには慎重。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

早朝に突っ込んだ後は、買い戻しが優勢。

ドル円は92.57、ユーロ円が125.01まで反発。 よく戻ったほうかも。。。。。さて、今後はこの高値を睨んで、株価次第でしょうか。

今日も

テーマ: モノローグ

だいまん

株価次第となりそう。 ただ、NYダウなどは14000ドルで一旦達成感の売りだけの可能性もあり、突っ込む状況ではなさそう。

日経もバーゲンハント的な買いもありそうだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 12月貿易収支 (前回-26.37億AUD 予想-7.50億AUD)
09:30 (豪) 第4四半期住宅価格指数 [前期比] (前回+0.3% 予想+0.1%)
10:45 (中) 1月HSBCサービス業PMI(前回51.7)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット
14:45 (スイス) UBS・第4四半期決算発表
17:55 (独) 1月サービス業PMI・確報値(前回55.3 予想55.3)
18:00 (ユーロ圏) 1月総合PMI・確報値(前回48.2)
18:00 (ユーロ圏) 1月サービス業PMI・確報値(前回48.3 48.3
16:00 (スイス) 12月貿易収支 (前回+29.5億CHF(+29.0億CHF))
18:30 (英) 1月PMIサービス業 (前回48.9 予想50.1)
19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前年比] (前回-2.6%)
19:30 (英) インフレ連動債入札(11億ポンド)
21:30 (スイス) ツアブリュックSNB理事講演
22:30 (米) デュークFRB理事講演
24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数 (前回56.1(55.7) 予想55.2)
日10年債入札(2兆4000億円)
決算発表: トヨタ、双日、旭化成、クラレ、三菱自、双葉電、大京

まだ調整はありそう

テーマ: モノローグ

だいまん

 軟調な株価を受けて、リスク回避の動きが続く。
 ユーロドルが1.3506へ下落、ドル円も92.27まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.66、ポンド円が145.20、オージー円が96.20、NZD円が77.82、カナダ円が92.36、スイス円が101.50まで下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

4日の東京市場は、実需筋の円買いが出たことや日経平均が上げ幅を縮めたことなどで、円の買い戻しが出たが、材料難から下げも限定され、総じて揉み合いで終始した。
 ドル円は92.91から92.50、ユーロドルが1.3661から1.3619まで値を下げ、ユーロ円が126.86から126.06、ポンド円が145.87から145.20、オージー円が96.78から96.39、NZD円が78.75から78.20、カナダ円が93.22から92.72、スイス円が102.28から101.80まで一時値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=144.50-146.00)
戦略としては145.10-20と145.65-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は145.85-90と売り上がって、ストップは145.95-05超えで、倍返ししてもターゲットは146.35-40や146.45-50の動向次第。超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは147円前後での利食いで、売りはCapのケースとなるが、ストップは147.25-30超えとなる。 一方下値は順張りからターゲットは、144.90-95、144.80-90、144.60-65と買い戻し&買い下がって、ストップは144.40-45割れでの倍返し。 ターゲットは144.20-25、144.05-10と買い戻しから買いは143.80-95と買い下がって、ストップは143.55-70割れや143.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは143.25-30、143.10-20と買い戻しで、買いはこういった位置から142.80-90と買い場を探して、142.70-75をストップ&倍返し。 ターゲットは142.45-50、142.35-40と買い戻しで、買いはこういった位置から142.20-25と買い下がって、ストップは142.00-05割れや141.85-95割れでの倍返しも、ターゲットは141.75-80、140.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップは140.50-55割れまたは、更に140.35-40、140.20-25と買い直して、ストプは140.90-00割れでの倍返し。 このターゲットは140.60-65、140.15-25と買い戻し&買い下がって、ストップは139.85-95割れで、139.65-70、139.50-55での買い直しのストップは139.25-30割れで、139.00-20での買い直しのストップは138.85-90や138.65-70割れで、倍返し。このターゲットは138.45-55の動向次第。維持では買戻し&買っても、ストップは138.20-30割れで、138.05-15割れでの倍返し。(予想時レート:145.45 予想時間 14:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3550-1.3700)
戦略としては、1.3615-20と1.3640-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3660-75、1.3685-95と売り上がって、ストップは1.3710-15超えで、倍返しもターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3600-05と買い下がって、ストップは1.3585-90割れで、1.3560-70を買い直しても、1.3540-50割れがストップ、1.3530-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.3515-25、1.3505-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.3490-00と買い下がって、ストップは1.3475-85割れで、積極的なら倍返しも1.3450-65での買い戻しで、買いはこの位置から1.3440-45、1.3425-30と買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3625 予想時間 14:40)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月04日 05:40
EURUSD 1.3640-48
USDJPY 92.76-81
GBPUSD 1.5688-97
USDCHF 0.9077-91
AUDUSD 1.0421-30
NZDUSD 0.8480-89
EURJPY 126.53-63
GBPJPY 145.51-62
AUDJPY 96.68-77
NZDJPY 78.66-77
CADJPY 93.00-15
CHFJPY 102.04-19
EURGBP 0.8681-98
EURCHF 1.2286-03
ZARJPY 10.40-54

NZ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

既に金曜日の高値を超える動き。 78.66-78レベルまで。

週末は

テーマ: モノローグ

だいまん

中国のPMIなどが強い内容となったが、影響は出ていない。

既に中国の改善もサプライズではなくなった感じ。

今週は材料は多いが、ビッグ・イベントは無く、フローや株価次第か?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 12月住宅建設許可件数 [前月比] (前回+2.9% 予想+1.0%)
16:30 (ユーロ圏) ケニー・アイルランド首相、バローゾ欧州委員長、ファンロンパイEU大統領会談
18:30 (英) 1月PMI建設業 (前回48.7 予想49.6)
19:00 (ユーロ圏) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
24:00 (米) 12月製造業受注指数 [前月比] (前回0.0% 予想+2.2%)
メルケル独首相、ラホイ・スペイン首相会見
決算発表:日立、 JAL、帝人、三菱電、菱地所、住友商、三井物、住友電、

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月04日 04:36
EURUSD 1.3638-48
USDJPY 92.78-87
GBPUSD 1.5686-98
USDCHF 0.9074-88
AUDUSD 1.0399-09
NZDUSD 0.8451-76
EURJPY 126.49-65
GBPJPY 145.50-70
AUDJPY 96.44-59
NZDJPY 78.38-66
CADJPY 92.96-16
CHFJPY 102.02-20
EURGBP 0.8686-98
EURCHF 1.2286-06
ZARJPY 10.40-55

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月04日 03:59
EURUSD 1.3636-45
USDJPY 92.79-84
GBPUSD 1.5691-02
USDCHF 0.9071-94
AUDUSD 1.0399-11
NZDUSD 0.8451-79
EURJPY 126.52-68
GBPJPY 145.61-75
AUDJPY 96.50-64
NZDJPY 78.42-72
CADJPY 92.98-19
CHFJPY 102.05-24
EURGBP 0.8685-95
EURCHF 1.2277-02
ZARJPY 10.45-55

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.3633-47
ドル円 92.80-86

ユーロ円 126.54-70
ポンド円 145.64-78
オージー円 96.52-66

今週もお疲れ様でした

テーマ: モノローグ

だいまん

円安が続いています。 高値警戒はあるも、押し目では買いが入り易い状況です。

来週も上下はありますが、株価を睨んで円が相場の主役となりそうです。

動くので、積極的にポジションを取って良さそうですね。 売り買い、両方ワークしますが、売りのストップは小幅、買いのストップは大きめで設定するのが良さそう。

ただ、再来週は日銀金融政策決定会合もあり、一旦調整のリスクとなることは留意しておきたいです。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米1月雇用統計において、非農業部門雇用者数は、前月比+15.7万人、市場予想平均の前月比+16.5万人より弱く、失業率も7.9%と市場予想の7.8%より弱かったことで、一時ドル売りとなったが、過去4カ月分が上方修正されたこと、NYダウが反転したことやその後発表された米1月ミシガン大消費者信頼感・確報や米1月ISM製造業景気指数が強かったことで、リスク志向が高まる形となった。 ただ、週末のポジション調整の利食いも入ったが、NYダウが終値ベースで14000ドル台で引けたことで、堅調なレベルを維持した。
 ドル円が92.20台から91.86へ下落後92.97まで上昇、ユーロドルは、1.3633から1.37のオプションの防戦を超えて1.3711まで一時値を上げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が126.97、ポンド円が146.48、オージー円が96.71、NZD円が78.51、カナダ円が993.19、スイス円が102.62まで上昇した。

後は

テーマ: モノローグ

だいまん

ポジション調整タイムとなるので注意。 

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が126.94、ポンド円が146.48、オージー円が96.34、NZD円が78.24、カナダ円が92.73、スイス円が102.61まで上昇した。

上値拡大

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が92.65まで上昇、ユーロドルは、1.3633から1.37のオプションの防戦を超えて1.3705まで一時値を上げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 米1月雇用統計では、非農業部門雇用者数は、前月比+15.7万人、市場予想平均の前月比+16.5万人より弱かった。 また、失業率も7.9%と市場予想の7.8&より弱かったことで、一時ドル売りも、過去4カ月分が上方修正されたことで、買い戻し。
 ドル円が92.20台から91.86へ下落、ユーロドルが1.3633から1.3672まで値を上げ、ユーロ円が125.31へ下落後125.88へ値を戻した。
 NYダウ先物は、発表後上下するも、13980ドルまで値を上げた。

今夜

テーマ: モノローグ

だいまん

一応米雇用統計は強い想定だけど、ヘッド・ラインで相場は上下するでしょう?

想像は付かないので出てから考える方が良さそうだが、失業率も注意。

基本は、やっぱり数字次第だが、逆張りスタンスを考えたいが、特に大きくドル円、クロス円が下げるなら買い向かいを検討したい。


後、続いてISMが発表されることも忘れず。

それから最後は週末のポジション調整の動きにも配慮したい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 1日の東京市場は、日経平均株価の堅調を受けて円売りが継続した。ドル円は81,61から92.29、ユーロ円が124.40から125.80、ポンド円が145.19から146.48、オージー円が95.43から96.01、NZD円が76.87から77.76、カナダ円が91.83から92.52、スイス円が100.03101.54まで上昇、ユーロドルも1.3574から1.2640まで値を上げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=76.50-78.00)
戦略としては、77.45-50と77.75-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は78円と売り上がって、ストップは78.10-15超え、78.50前後からの売りは78.90-00超えがストップとなる。 一方下値は77.15-20、77.05-10と買い下がって、ストップは75.85-95割れて、75.65-75、76.50-60、76.35-40、76.15-25、76.05-15、75.95-00と買い下がって、ストップは75.70-80割れで、75.60-65は維持を見て対応。 買ってもストップは75.45-50割れで、75.30-35、75.20-30での買い直しのストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 77.65 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3500-1.3700)
戦略としては、1.3610-20と1.3630-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りとなるが、1.3650前後のCapでは利食い&売りも、ストップはタイト気味で、1.3670-80での売り直し野ストップは1.37超え。 一方下値は1.3600-05割れをストップまたは倍返しも、1.3580-95、1.3560-75と買い戻し&買いで、1.3540-50割れがストップ、1.3530-40割れでの倍返しもターゲットは1.3515-25、1.3505-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.3490-00と買い下がって、ストップは1.3475-85割れで、積極的なら倍返しも1.3450-65での買い戻しで、買いはこの位置から1.3440-45、1.3425-30と買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3620 予想時間 15:45)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

思ったより重い。 防戦もあるが、週末で利食いもあるかも。

東京朝

テーマ: モノローグ

だいまん


 ドル円は91.84、ユーロドルが1.3168、ユーロ円が124.93、ポンド円が145.65、オージー円が95.76、NZD円が77.24、カナダ円が92.10、スイス円が100.96まで一時上昇した。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、大きな円売り材料不在の中、テクニカルな円売りが優勢となった。 米1月シカゴ購買部協会景気指数が市場予想を上回ったが、NYダウはマイナス50ドルで引けており、こういった悪影響は見えず、日経225先物の堅調などが円の売り戻しを誘発した模様。  
 ドル円は、90.92からロンドン・フィキシングでの買い、91.50のオプションの満期が明けたことなどで、上値が軽くならい91.79まで上昇。 ユーロドルは、独2月小売売上高指数が、市場予想を下回ったことを受けて1.3541まで下落後、1.3595まで反発した。 
 クロス円では、ユーロ円が122.98から124.60まで上昇、ポンド円が145.53、オージー円が95.68、NZD円が76.99、カナダ円は強いカナダGDPを受けて91.99まで上昇、スイス円は99.62から100.83まで引け際にショート・カバー気味に値を上げて取引を終了した。

クローズに向けて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は、91.79レベル、ユーロ円が124.60、ポンド円が145.53、オージー円が95.68、NZD円が76.99、カナダ円が91.99、スイス円が100.83レベルまで、ショート・カバー気味に上昇した。

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が91.545、ユーロ円が124.32、ポンド円が145.18、オージー円が95.47、NZD円が76.91、カナダ円が91.75、スイス円が100.58まで上昇。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (日) 12月失業率 (前回4.1% 予想4.1%)
08:30 (日) 12月有効求人倍率 (前回0.80 予想0.81)
08:50 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁講演
09:30 (豪) 第4四半期生産者物価指数 [前年比] (前回+1.1%)
10:00 (中) 1月製造業PMI (前回50.6 予想51.0)
10:45 (中) 1月HSBC製造業PMI・改定値 (前回51.9 予想52.0)
17:55 (独) 1月製造業PMI・確報値 (前回48.8 予想48.8)
18:00 (ユーロ圏) 1月製造業PMI・確報値 (前回47.5 予想47.5)
17:30 (スイス) 1月PMI製造業 (前回49.5)
18:30 (英) 1月PMI製造業 (前回51.4 予想51.0)
19:00 (日) 黒田ADB総裁会見
19:00 (ユーロ圏) 12月失業率 (前回11.8% 予想11.9%)
22:30 (米) 1月非農業部門雇用者数 (前回+15.5万人 予想+15.5万人)
22:30 (米) 1月民間部門雇用者数(前回+16.8万人 予想+16.2万人)
22:30 (米) 1月失業率 (前回7.8% 予想7.8%)
23:55 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回71.3 予想71.3)
24:00 (米) 1月ISM製造業景況指数 (前回50.7 予想50.5)
24:00 (米) 12月建設支出 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.5%)
02:00 (ユーロ圏) 伊1月財政収支(前回+141億ユーロ)

2/03(日)
イタリア・ラツィオ州議会選挙
米NFLスーパーボウル
10:00 (中) 1月非製造業PMI (前回56.1)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が123.19から124.84まで上昇、ポンド円が144.26、オージー円が95.16、NZD円が786.60、カナダ円は、強いカナダGDPを受けて91.20まで上昇、スイス円は99.62から100.08まで値を上げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

Y午前の取引は、円売りが優勢もドルは揉合い。
 ドル円は90.92から91.24まで上昇、ユーロドルは1.3542から1.3585での推移、ポンドドルが1.5775まで値を下げ、ドルスイスは0.9121が上値を抑える形。 
 また強いカナダGDPを受けて、ドルカナダが0.9995まで値を下げた。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】2013年02月