ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】:2013年01月

東京概況

テーマ:

だいまん

31日の東京市場は、軟調な株価を受けて円の買い戻しが優勢。 ドル円は国内輸出企業の売りが散見されたこともあり、91.15から90.75まで下落、ユーロドルは1.3584から1.3547まで下落した。 クロス円ではユーロ円が123.72から122.99、ポンド円が123.72から122.99、オージー円はS&Pが、「豪州は減速リスクに対してぜい弱」との見解を示したことを嫌気して95.01から94.25まで値を下げ、NZD円が76.21から75.73、カナダ円が91.01から90.45、スイス円が100.10から99.65まで値を下げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3500-1.3630)
戦略としては、1.3550-60と1.3570-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は1.3585-90超えが倍返しも、ターゲットは1.36、1.3620-30などの動向次第で利食い優先。 売りのストップは1.3650超えとなる。 一方下値は順張りまたは1.3530-40割れがストップ&倍返しも1.3515-25、1.3505-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.3490-00と買い下がって、ストップは1.3475-85割れで、積極的なら倍返しも1.3450-65での買い戻しで、買いはこの位置から1.3440-45、1.3425-30と買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3570 予想時間 14:25)

ForexRaido

テーマ: モノローグ

だいまん

今日のラジオは、ゲストはキャプテン大倉。 「為替で大儲け」での放送枠で、午後6時半スタートです。 

今回からU-Steamの入室には、PWが必要です。 HPからご参照ください

今日の東京は

テーマ: モノローグ

だいまん

月末だし、仲値までやったら、後は動きでなさそうだ。。

仲値

テーマ: モノローグ

だいまん

月末で、SBの買いの思惑があるようだが。。。出るのか? 思惑だけなら注意。 

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ストップ 1.3650
売り 1.3620-30
ストップ 1.3595-00
レンジ 1.3580-90
中心 1.3565
レンジ 1.3550-60
倍返し 1.3530-40
買い 1.3515-25
買い 1.3505-10
買い 1.3490-00
倍返し 1.3475-85
買い 1.3450-65
買い 1.3440-45
買い 1.3425-30
ストップ 1.3415-20
倍返し 1.3405-15
(予想時レート:1.3565 予想時間 06:50)

Asian Time

テーマ: 戦略

だいまん

ストップ92.45-55
売り 92.10-20-30
ストップ 92.00
売り 91.75-85
ストップ 90.40-50
レンジ 91.25-30
中心 91.05
レンジ 90.95-00
倍返し 90.80-90
買い 90.70-80
買い 90.60-70
倍返し 90.45-50
買い戻し90.20-35
割れると順張り
買い 90.05-15
買い 89.90-00
ストップ 89.80-90
倍返し 89.70-75
買い 89.60-65
買い 89.45-55
ストップ 89.20-25
(予想時レート:91.05 予想時間 06:40)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 12月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回-1.4% 予想+4.9%)
08:50 (日) 12月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-5.5% 予想-5.6%)
09:01 (英) 1月GFK消費者信頼感調査 (前回-29 予想-29)
09:30 (豪) 第4四半期輸入物価指数 [前期比] (前回-2.4%)
10:40 (日) 山口日銀副総裁「長崎県金融経済懇談会における挨拶」
13:00 (独) ドイツ銀行・10-12月期決算発表
16:00 (英) 1月ネーションワイド住宅価格(前回-0.1%)
16:45 (仏) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.9%)
17:30 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
17:30 (香港) 12月月次政府財政収支 (前回+248億HKD)
17:30 (香港) 12月小売売上高-価格 [前年比] (前回+9.5%)
17:55 (独) 1月失業者数 (前回+0.3万人 予想+0.8万人)
17:55 (独) 1月失業率 (前回6.9% 予想6.9%)
18:30 (南ア) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.3%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況
21:00 (南ア) 12月貿易収支 (前回-79億ZAR)
21:30 (米) 1月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回-22.1%)
22:00 (独) 1月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回+0.9% 予想-0.6%)
22:00 (独) 1月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.1% 予想+1.9%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.0万件 予想35.5万件)
22:30 (加) 11月GDP [前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月個人所得 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.8%)
22:30 (米) 12月個人支出 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
22:30 (米) 12月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.4% 予想+1.4%)
22:30 (米) 12月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (米) 12月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.5% 予想+1.5%)
23:45 (米) 1月シカゴ購買部協会景気指数 (前回51.6 予想51.0)
コンスタンシオECB副総裁、リーカネン・フィンランド中銀総裁、バルニエ欧州委員講演
日2年国債入札(2兆7000億円)

米FOMCでは

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル売りも限定的。事前に織り込んだ感じ。 NZ中銀は事前にポジション調整が出ていたこともあり、タカ派気味もあって、買い戻しとなった。

ドル買い気味

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.3575まで高値を更新。 恐らく米FOMCを睨んだ動き。

午前概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は91.40から90.86レベルまで下落、ユーロドルは1.3563から1.3533へ値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が123.86から123.02レベル、ポンド円が144.18から143.30、オージー円が95.45から94.70、NZD円が76.28から75.60、カナダ円が91.20から90.51、スイス円が99.87から99.25まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

0-12月期の米国内総生産(GDP)速報値は実質で前期比年率0.1%減となり、市場予想平均の1.1%増に反して減少した

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円91.41、ユーロドルが1.3560まで上昇。

クロス円では、ユーロ円は123.83、ポンド円が144.05、オージー円が95.45、NZD円が76.28、カナダ円が91.20、スイス円が99.62まで上昇した。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

30に大口のオファーの話だけど、やるんかいね。。。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 30日の東京市場は、日経平均株価が、200円超えの堅調な上昇となったことで、円売りが進んだ。 ドル円は、シカゴ筋の買いで90.66から91.03まで一時上昇、ただ91円には月末満期のバニラ・オプションの設定が多く、91円台では売りに押された。 ユーロドルは、1.35のオプションの防戦に対する警戒感から1.3485から1.3496での動意に薄い展開が続いた。 
 クロス円ではユーロ円が122.29から122.83、ポンド円が142.89から143.44、オージー円が94.88から95.34、NZD円が75.96から76.77、カナダ円が90.53から90.89、スイス円が98.37から98.71まで一時上昇した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=94.00-95.50)
戦略としては、95.10-20と95.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも95.50を前後、95.70-80と上げ渋りでは利食い優先から、売りは96円超えをストップまたは、96.40-45をバックに売り上がりでの対応となる。 一方下値は95.00-10割れがストップで、倍返ししても94.85-95、94.75-85と利食いで、買いは94.65-70をストップとするか、94.55-60、94.45-50と買い下がって、94.35-40がストップで、94.10-20割れが倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。 ターゲットは92.45-55での買い戻し。買いは維持を見て対応となるが、買ってもストップは92.30-35割れで、92.10-20、91.95-00と買い直しのストップは91.75-80割れとするか、思い切るなら91.60-70、91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップで、積極的なら倍返し。(予想時レート: 95.15 予想時間 14:25)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=90.60-91.20)
戦略としては、90.80-90と91.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップを91.05-10や91.10-20超えとするか、売り上がって見て、ストップは91.25-30超えでの倍返し。 ターゲットは91.45-50の動向次第で、慎重に売ってみる形。 ストップはタイトで、91.75-85の売り直しは、92円超えをストップとして、92.10-20-30の売りは92.45-55をストップに対応。 一方下値は90.80-90割れで順張りとなるが、90.70-80、90.60-70と買い下がって、ストップは90.45-50割れで、倍返しもターゲットは90.20-35の動向次第。割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは90.05-15、89.90-00と買い戻し&買い直しで、ストップを89.80-90割れとするか、買い下がって、89.70-75割れで、倍返しもターゲットは89.60-65、89.45-55での買い戻しで、この位置の買いは89.20-25割れがストップ、89.05-10、88.95-00と買いなおして、ストップは88.80-85割れで、88.50-60での買い直しのストップは、88.35-45割れ、88.15-25と買い下がって、ストップは88.05-10割れで、87.95-00での買い直しのストップは87.70-85割れでの倍返し。(予想時レート:90.90 予想時間 13:55)

日経平均は強いが

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は上げ渋り。 ユーロドルの1.35が案外近くて遠いのが要因。

またドル円が91円台にしっかりと乗せられなかったことで、一部に嫌がる向きもある模様。

やっぱりロンドンが来ないと、何も始まらない。

自分も喋ってなかったけ?

テーマ: モノローグ

だいまん

甘利明経済再生担当相
「内閣府の西村副大臣は円の具体的な水準について話すべきではない」
「通貨は財務大臣の責任である」

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価が、126円高。 円売りが進んでいる。ドル円は91.02、ユーロ円が122.76、ポンド円が143.39、オージー円が95.28まで上昇。 

ともかく、振り落とされないようにしたい。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価が、126円高。 円売りが進んでいる。ドル円は91円タッチ、ユーロ円が122.76、ポンド円が143.39、オージー円が95.28まで上昇。 

ともかく、振り落とされないようにしたい。

ユーロドルの

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3500はきっかけの問題だけのような気がするが、材料が今のところなさそう。

そうなるとADPや米GDP待ち? またはFOMCか?

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、アジアの円買いからは、堅調なNY株価を受けて、巻き戻しの動きが優勢となった。 一時「ソフトバンクと米携帯電話3位のスプリント・ネクステル合併買収に関し、米司法省が米連邦通信委員会(FCC)に措置延期を要請した」との報道を受けて、上げ渋る局面はあったが、その後クロス円などは戻り高値を更新した。 
 ドル円が90.33の安値から90.82まで反発、 ユーロドルは、1.3415へ下落後、ECBのフィキシングに向けた買いなどから1.3498まで反発したが、1.35のオプションの防戦に阻まれた。またポンドドルが1.5773へ上昇、ドルスイスが0.9193まで値を下げ、全般的にドル売りが優勢となった。
 クロス円では、ユーロ円が121.22から122.56まで値を回復し、ポンド円が142.05から143.12、オージー円が94.39から95.03、NZD円が75.58から76.16、カナダ円が89.77から90.61、スイス円が97.77から98.65まで一時上昇した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:00 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長・オルバン・ハンガリー首相会談
17:00 (ユーロ圏) スペイン10-12月期GDP・速報値[前期比](前回-0.3%)
17:00 (ユーロ圏) スペイン10-12月期GDP・速報値[前年比](前回-1.6%)
17:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁、フェクター・オーストリー財務相講演
17:00 (スイス) 1月KOF先行指数 (前回1.28 予想1.20)
18:30 (英) 12月消費者信用残高 (前回+1億GBP 予想+3億GBP)
18:30 (英) 12月マネーサプライM4 [前年比] (前回-2.8%)
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者信頼感・確報 (前回-23.9 予想-23.9)
19:00 (ユーロ圏) 伊中長期債入札(5年・10年債)
19:30 (独) 30年債入札(20億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+7.0%)
22:15 (米) 1月ADP全国雇用者数 (前回+21.5万人 予想+16.3万人)
22:30 (米) 第4四半期GDP・速報値 [前期比年率] (前回+3.1% 予想+1.2%)
22:30 (米) 第4四半期個人消費・速報値 [前期比] (前回+1.6% 予想+1.8%)
22:30 (米) 第4四半期GDPデフレーター・速報値[前期比年率](前回+2.7% 予想+1.5%)
22:30 (米) 第4四半期コアPCEデフレーター・速報値[前期比年率](前回+1.1% 予想+1.0%)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+281.3万バレル)
03:00 (独) ワイトマン独連銀総裁講演
04:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相講演
04:15 (米) FOMC政策金利発表
05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート
欧州中央銀行「第1回LTROの前倒し返済開始」
米7年債入札(290億ドル)

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.35を食べに行きそうだけど。。。。しぶとい。

ソフトバンク

テーマ: モノローグ

だいまん

ソフトバンクと米スプリント・ネクステル合併買収に関して、米司法省が米連邦通信委員会(FCC)に措置延期を要請した」との報道。


忘れてたけど、これって海外では影響はまだ軽微だけど、東京で引きづられそうな話題。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が121.22から122.44まで値を回復し、ポンド円が142.05から143.07、オージー円が94.39から94.93、NZD円が75.58から75.99、カナダ円が89.77から90.38、スイス円が97.77から98.65まで上昇した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円買いからは巻き戻しの動きとドル売りが優勢。 

ドル円が90.33の安値から90.77まで反発、 
ユーロドルは、1.3415へ下落後1.3496まで反発。またポンドドルが1.5773へ上昇、ドルスイスが0.9193まで値を下げた。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

121.22で下ヒゲになりました。。。ここからは反転ですが、121.55-65のそれ以前の安値が焦点。

まだ

テーマ: モノローグ

だいまん

下ヒゲが出てないので注意。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

円買いが進む。

ドル円が90.41、ユーロ円が121.37、ポンド円が141.89、スイス円が97.58まで下落。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

29日の東京市場は、株価の下落スタートを受けて、円の買い戻しが一時強まったが、その後日経平均がプラス圏を回復。 買い戻しが優勢となった。 ただ、日経平均株価の上昇も一過性となってことで、更なる動きとなっていない。 ドル円は90.40まで下落後、90.01まで反発、ユーロドルは1.3443から1.3461での小動きに終始した。 
 クロス円では、ユーロ円が121.54から122.43、ポンド円が141.89から142.88、オージー円が94.20から94.97、NZD円が75.34から76.09、カナダ円が89.86から90.51、スイス円が97.58から98.21まで反発した。 (16:00現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=74.75-76.20)
戦略としては、75.60-80と76.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は75.15-25と売り上がって、ストップは76.30-40超えでの倍返し。 ターゲットは76.50や77円では利食い優先となる。 一方下値は75.30-50、75.20-30と買い下がって、ストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 75.85 予想時間 14:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=121.00-123.00)
戦略としては、122.00-05と122.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合は、上値は122.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは122.60-65、122.75-80では利食い&売り直しも、ストップは122.90-95超えでの倍返し。 ターゲットは123円前後から利食い場を探す形。 売りのストップは123.30-35超えで倍返しも123.50前後、124円手前と利食い優先となる。 売りのストップはパターン的には、124.20-30超えや124.50超えでの設定となる。 一方下値は121.85-90割れをストップ、121.75-80での買い直し、ストップは121.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは121.35-40、121.10-15と買い戻し&買い下がって、ストップは120.80-90割れや120.60-70割れでの倍返し。ターゲットは120.35-45、120.25-30と買い戻し&買い下がって、ストップは120.05-10割れ、買い下がっても、ストップは119.90-95割れでの倍返し。ターゲットは119.50-60での買い戻し&買い。このストップは119.40-45や119.20-25割れ、119.00-10の買いのストップは118.80-85割れでの倍返し。ターゲットは118.45-55での買い戻し&買い。 ストップは118.20-25割れ、117.85-95、117.70-80割れで、 117.50-60割れで倍返し。(予想時レート:122.15 予想時間 14:15)

またぞろ

テーマ: モノローグ

だいまん

上値トライかと思いきや、調整的なドル円、クロス円。。。。
日経平均があげしぶっったこともあるが、若干奇妙な展開。

日経225先物が

テーマ: モノローグ

だいまん

10900円台を回復。円売りに

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん


 東京午前は、株価の下落を受けて、円買いからスタートも、その後日経平均がプラス圏を回復。 買い戻しが優勢となっている。
 ドル円は90.41から90.82へ値を戻し、ユーロドルは1.3443から1.3457での小動きに終始。 
 クロス円では、ユーロ円が121.54から122.19、ポンド円が141.89から142.62、オージー円が94.20から94.89、NZD円が75.34から76.01と大きく値を戻し、カナダ円が89.86から90.32、スイス円が97.58から98.06まで上昇した。

株の寄りを

テーマ: モノローグ

だいまん

睨んだ動き。 寄り後は一定の反発も想定されるが、上値は重そうだ。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、ロンドン市場で進んだ円の買い戻しも、米12月耐久財受注額が、市場予想を上回ったことで一時巻き戻しが強まったが、上値では戻り売り意欲に抑えられた。 
 ドル円は90.57から91.10まで一時反発も、再度90.62レベルまで押し戻され、ユーロドルは1.3425から1.3477まで反発した。
 クロス円では、ユーロ円が121.62から122.60まで上昇後121.83へ下落、ポンド円が143.23から142.19まで値を落とし、オージー円が94.10から94.69、NZD円が75.13から75.50、カナダ円が89.68から90.34、スイス円が97.57から98.10の間で上下した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 12月NAB企業景況感(前回-5)
09:30 (豪) 12月NAB企業信頼感(前回-9)
16:00 (独) 2月GFK消費者信頼感調査 (前回5.6 予想5.7)
17:00 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長講演
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(6カ月物・85億ユーロ)
20:00 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀・政策金利発表
23:00 (米) 11月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+4.31% 予想+5.60%)
24:00 (米) 1月消費者信頼感指数 (前回65.1 予想64.0)
03:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
06:45 (NZ) 12月住宅建設許可 [前月比] (前回-5.4%)
米5年債入札(350億ドル)

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

高値13915ドルを示現後、30ドル安まで下落したが、その後プラス圏を再回復も、動きは鈍い。

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

一旦安値から反発も、上値を抑えれ、現状は揉み合い気味。

ユーロ円が121.62から122.60まで上昇後121.83へ下落、ポンド円が143.23から142.19まで値を落とし、オージー円が94.10から94.69、NZD円が75.13かsら75.50、カナダ円が89.68から90.34、スイス円が97.57から98.10の間で上下した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ロンドン市場で進んだ円の買い戻しも、米12月耐久財受注額が、市場予想を上回ったことで巻き戻しとなったが、上値では戻り売り意欲に抑えられた。 


ドル円は90.57から91.10まで一時反発後90.62レベルまで押し戻され、ユーロドルは1.3425から1.3477まで反発した。

ポンドドルは英国の格下げの噂で1.5677まで下落した。

リスク志向

テーマ: モノローグ

だいまん

12月米耐久財受注額が前月比4.6%増と予想を上回ったことなどで、円売りが再拡大している。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が90.57、ユーロ円が121.62、ポンド円が142.46まで一時下落。

一旦良い位置へ下げた感じもあり、ここからは揉み合い気味か?

ドル円は90.75-80、ユーロ円は122.10-15の上抜けが焦点だが、越えても未だ売りが優勢となりそうだ。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 28日の東京市場は、堅調な株価を見越した動きなどから、円売り気味のスタートとなったが、その後。安倍首相の所信表明演説に、新味が薄く、日経平均株価が100円超安で終了したことで、円の買い戻しが強まった。
 ドル円は90.26の高値から90.69へ下落、ユーロドルも1.3471から1.3444まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円122.90から121.92、ポンド円が143.98から142.86、オージー円が95.01から94.55、NZD円が76.24から75.82、カナダ円が90.59から89.93、スイス円が98.38から97.66まで下落した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=75.20-76.20)
戦略としては、75.85-95と76.05-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、76.15-25超えがストップで、76.30-40超えでの倍返し。 ターゲットは76.50や77円では利食い優先となる。 一方下値は順張りから74.75-80、74.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは74.55-60割れや74.45-50割れで、倍返しも74.25-30、74.15-20と買い戻し&買い下がって、ストップは74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。 (予想時レート: 75.90 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3350-1.3500)
戦略としては、1.3450-55と1.3460-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3470-80超えが倍返しも1.3485-90、1.35のサイコロジカルのCapでは利食い優先。超えて1.3520-30での売りのストップは1.3545-50超えや売り上がっても、1.3565-70が倍返しとなる。 一方下値は順張りから1.3440-45、1.3430-35と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3405-15割れで、倍返しもターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 (予想時レート:1.3455 予想時間 13:20)

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は朝方91.26まで上昇も、91.30にまとまって控える売り注文や株価の調整で、90.84まで下落も下げは限定的。
 一部では90.25までビッドが並んでいるとの指摘 これはそれ以前の高値で、逆に割れるとストップが出易い。
 
 麻生太郎副総理兼財務・金融相は、「たかだか10-15円程度戻したのを文句を言ってくるのはおかしい」と言ったらしいが、ドル円が10-15円下げたときはどうだろう。 それもたがだかなのか。。。?
 
 尚日米首脳会談は、2月21-22日で最終調整の模様。 うーん、引き伸ばされているような。。。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

金曜日の高値91.20を更新して、91.26まで。

今週は

テーマ: モノローグ

だいまん

米FOMC、米雇用統計と米国の2大イベントが控えて、相場がどう動くか注目。

円に関しては、両指標とも円買いとなりづらいとの見通しが主流。 

米FOMCは、金融緩和解除の時期が前倒しにされるとの思惑。

米雇用統計は、強いとの見方だろうが、なんか、そうなると逆の展開を考ええてしまう。
まあ、今後の織り込み度合いを見てからだが。。。。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 06:25
EURUSD 1.3454-62
USDJPY 91.03-06
GBPUSD 1.5761-70
USDCHF 0.9270-80
AUDUSD 1.0409-22
NZDUSD 0.8350-61
EURJPY 122.50-60
GBPJPY 143.48-58
AUDJPY 94.78-90
NZDJPY 76.03-15
CADJPY 90.42-56
CHFJPY 98.11-22
EURGBP 0.8534-41
EURCHF 1.2477-88
ZARJPY 10.12-23

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(オークランド記念日)、 シドニー市場休場(オーストラリアデー)
16:00 (独) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想-0.1%)
17:45 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
18:00 (ユーロ圏) 12月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.8% 予想+3.9%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中期債入札(67.5億ユーロ)
23:30 (ユーロ圏) ドスサントス・ポルトガル財務相講演
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比] (前回+0.7%(+0.8%) 予想+1.9%)
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.6% 予想+0.9%)
24:00 (米) 12月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+1.7% 予想+0.4%)
03:00 (ユーロ圏) ファンアケレ財務相、クレイトン・アイルランド欧州問題担当相講演
06:45 (NZ) 12月貿易収支 (前回-7.00億NZD 予想-1.05億NZD)
通常国会召集「安倍首相が所信表明演説」
IMF「銀行改革に関してスペイン訪問」、金融安定理事会(FSB)総会
米2年債入札(350億ドル)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 04:31
EURUSD 1.3443-55
USDJPY 90.98-03
GBPUSD 1.5763-72
USDCHF 0.9270-91
AUDUSD 1.0411-23
NZDUSD 0.8354-66
EURJPY 122.32-47
GBPJPY 143.42-58
AUDJPY 94.71-85
NZDJPY 76.00-15
CADJPY 90.34-51
CHFJPY 97.96-15
EURGBP 0.8525-37
EURCHF 1.2474-90
ZARJPY 10.11-23

週末のニュース

テーマ: モノローグ

だいまん

 ダボス会議で、中国の政府系ファンド(SWF)、中国投資有限責任公司(CIC)やフランスのモスコビシ経済・財務相、ドイツ銀行の共同最高経営責任者(CEO)などが、米国の緩和的な金融政策に対する懸念が示された。 米国の量的緩和策から、ユーロが過大評価され始めているとしている。

 イタリア第3位の銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナで、過去のデリバティブ取引に絡む損失が発覚、最大7億2000万ユーロの損失を計上する可能性が明らかになった。  同国中央銀行の監督体制を疑問視する声が高まるとともに、来月のイタリアの総選挙にも影響する可能性が指摘されている。


ただ、こういった結果を受けても、今の所ユーロ売りは強まっていない。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 03:31
EURUSD 1.3445-72
USDJPY 90.93-07
GBPUSD 1.57781-93
USDCHF 0.9250-79
AUDUSD 1.0415-28
NZDUSD 0.8357-76
EURJPY 122.29-68
GBPJPY 143.55-79
AUDJPY 94.74-94
NZDJPY 76.00-27
CADJPY 90.32-55
CHFJPY 97.98-39
EURGBP 0.8516-33
EURCHF 1.2455-80
ZARJPY 10.11-23

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(オークランド記念日)、 シドニー市場休場(オーストラリアデー)
16:00 (独) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想-0.1%)
17:45 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
18:00 (ユーロ圏) 12月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.8% 予想+3.9%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中期債入札(67.5億ユーロ)
23:30 (ユーロ圏) ドスサントス・ポルトガル財務相講演
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比] (前回+0.7%(+0.8%) 予想+1.9%)
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.6% 予想+0.9%)
24:00 (米) 12月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+1.7% 予想+0.4%)
03:00 (ユーロ圏) ファンアケレ財務相、クレイトン・アイルランド欧州問題担当相講演
06:45 (NZ) 12月貿易収支 (前回-7.00億NZD 予想-1.05億NZD)
通常国会召集「安倍首相が所信表明演説」
IMF「銀行改革に関してスペイン訪問」、金融安定理事会(FSB)総会
米2年債入札(350億ドル)

まだ定まらないが

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 03:05
EURUSD 1.3444-73
USDJPY 90.95-02
GBPUSD 1.5790-20
USDCHF 0.9250-79
AUDUSD 1.0405-34
NZDUSD 0.8357-87
EURJPY 122.38-73
GBPJPY 143.59-97
AUDJPY 94.73-98
NZDJPY 76.04-37
CADJPY 90.35-55
CHFJPY 98.05-47
EURGBP 0.8504-31
EURCHF 1.2455-80
ZARJPY 10.08-23

ドル円は若干ビッド気味。

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 03:00
EURUSD 1.3444-73
USDJPY 91.00-10
GBPUSD 1.5790-20
USDCHF 0.9264-73

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

  NY午前の取引は、一時の円売りも、米12月新築住宅販売件数が、市場予想を下回ったことやNYダウが一時59ドル高まで上昇後、伸び悩みを見せていることで、利食いが優勢となった。
 ドル円は、91.20、ユーロドルは、欧州系金融機関がLTROを早期償還することでバランス・シートの改善が見込まれることなどから懸念だった1.3400を上抜け、1.3480レベルまで上昇した。
 一方クロス円では、ユーロ円が122.76、ポンド円が144.24、オージー円が95.08、NZD円が76.37、スイス円が98.65まで一時値を上げたが、その後は利食いに押された。 またカナダ円は、カナダ12月消費者物価指数が市場予想平均を下回ったことで、90.64の高値から89.92まで一時値を下げた。

今週もお疲れ様でした。

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウは13900ドルへ迫る上昇で終了。

為替もリスク・オン状態が続いています。 この動きは既に疑う余地はないのかも知れません。

では、来週もよろしく。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が122.76、ポンド円が144.24、オージー円が95.08、NZD円が76.37、スイス円が98.65まで一時値を上げたが、その後は利食いに押されている。

またカナダ円は、カンダ12月消費者物価指数が市場予想平均を下回ったことで、90.64から89.92まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円売りも、米12月新築住宅販売件数が、市場予想を下回ったことやNYダウが一時59ドル高まで上昇後、伸び悩みを見せていること、週末のポジション調整もあり、利食いが優勢となった。

ドル円は、91.20、ユーロドルは1.3475まで上昇した。

ユーロ円も

テーマ: モノローグ

だいまん

121.50超えから跳ねないね。。。。注意注意。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

懸念の1.34を超えて上昇。強気のシグナルも1.3450にオプションの防戦があるようだ。

恐らくまたifoのリークがあったのかも。。。。となると結果がで、利食いが出る局面は注意しておきたい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 25日の東京市場は、日経平均株価が高く始まるとの思惑やドル円の90.75のオプションの防戦に向けた仕掛け買いで、円売りスタートとなったが、防戦を破ることができずに、一旦利食い売りが優勢となった。
 ただ、日経平均株価が堅調な上昇で終了したことで、その後は買い戻し気味。 ドル円は90.695の高値から90.30まで一時下落、ユーロドルは、1.3350から1.3419まで上昇し、ユーロ円は121.32の高値から120.67まで下落後、121.42まで上昇した。 その他のクロス円では、ポンド円が143.11、オージー円が94.74、NZD円が75.86、カナダ円が90.45、スイス円が97.55まで一時上昇後売りに押されたが、こちらもその後は買い戻し気味の展開となっている。  

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=93.50-95.50)
戦略としては、94.30-40と94.65-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値はストップは94.85-95超えや95.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは95.50を前後、95.70-80と上げ渋りでは利食い優先から、売りは96円超えをストップまたは、96.40-45をバックに売り上がりでの対応となる。 一方下値は順張りから94.15-25、94.00-05と買い戻しで、買いは93.85-90、93.75-80と買い下がって、ストップを93.50-60割れとするか、93.25-35と買い下がって、ストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。 ターゲットは92.45-55での買い戻し。買いは維持を見て対応となるが、買ってもストップは92.30-35割れで、92.10-20、91.95-00と買い直しのストップは91.75-80割れとするか、思い切るなら91.60-70、91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップ。(予想時レート: 94.60 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=89.90-91.00)
戦略としては、90.35-40と90.60-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップは90.75-80超えがストップで、越えて91円の前後、91.20-30と売り上がって、91.45-50超えをストップする形。 一方下値は90.20-30割れがストップで、倍返しは積極的なら、90.05-15、89.90-00と買い戻し&買い直しで、ストップを89.80-90割れとするか、買い下がって、89.70-75割れで、倍返しもターゲットは89.60-65、89.45-55での買い戻しで、この位置の買いは89.20-25割れがストップ、89.05-10、88.95-00と買いなおして、ストップは88.80-85割れで、88.50-60での買い直しのストップは、88.35-45割れ、88.15-25と買い下がって、ストップは88.05-10割れで、87.95-00での買い直しのストップは87.70-85割れでの倍返し。 (予想時レート:90.50 予想時間 15:20)

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

東京午前の動向は、日経平均株価が高く始まるとの思惑やドル円の90.75のオプションの防戦に向けた仕掛け買いで、円売りスタートとなったが、防戦を破ることができずに、一旦利食い売りが優勢となった。
 ただ、日経平均株価は、211円高で堅調な引け。
 ドル円は90.695の高値から90.30まで下落、ユーロドルは、1.3350-80レンジでの揉み合い。 ユーロ円が121.32の高値から120.67で下値を支えた。
 他の クロス円では、ポンド円が143.11、オージー円が94.71、NZD円が75.86、カナダ円が90.45、スイス円が97.55まで一時上昇した。 
 一応ドル円は、90.20-30、ユーロ円は121.60-70のそれ以前の高値を支えていることで堅調だが、海外に向けて割り込む動きがあれば注意。 確か先週金曜日も週末は結局、利食い売りに押された経緯があるが、もう一回上昇したからと行って、更に上抜けは不透明。 
 要人発言では、
甘利明経済再生担当相
「為替をめぐる海外での懸念は一部のことであり、懸念ないように説明したい」
麻生太郎副総理兼財務・金融相
「為替操作の批判は当たらない」「これまで一方的に行き過ぎた円高の修正の動きの局面」

こうなるとどのレベルが円高なのか、円安なのかの感覚の問題でしょうね。

6時から来た。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は90.55まで、ユーロ円が121.06まで一時上昇。

ただ、やはり90.75の防戦が気になるところ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

高値90.25に迫る上昇も上げ渋り。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ブラジル市場休場(サンパウロ市創立記念日)
08:30 (日) 12月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.2% 予想-0.2%)
08:30 (日) 12月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.1% 予想-0.2%)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(12月19・20日分)
18:00 (独) 1月ifo景況指数 (前回102.4 予想103.0)
18:00 (独) 1月ifo景気期待指数(前回97.9 予想99.0)
18:00 (独) 1月ifo現況指数(前回107.1 予想107.0)
18:30 (英) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.9% 予想-0.2%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回0.0% 予想+0.2%)
22:30 (加) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.2%予想-0.2%)
22:30 (加) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.8% 予想-1.2%)
24:00 (米) 12月新築住宅販売件数 (前回37.7万件 予想38.2万件)
24:00 (米) 12月新築住宅販売件数 [前月比] (前回+4.4% 予想+1.3%)
世界経済フォーラム年次総会(ダボス)
米企業決算発表: イー・トレード・ファイナンシャル、キンバリークラーク、シェブロン、スターバックス、ゼロックス、デルタ航空、ハネウェル・インターナショナル、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、ボーイング、 レイセオン、ロッキード・マーチン

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が120.58、ポンド円が142.25、オージー円が94.31、NZD円が75.57、カナダ円が89.89、スイス円が97.01まで一時上昇したが、同様に利食いが出ている。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円売りも一服気味。

NYダウが一時100ドル高の13879ドルまで上昇も、利食い売りが出ていることが要因

ドル円は90.14の高値、ユーロドルも1.3393まで一時上昇したが、現在はドルンは89.80台、ユーロドルは1.3360台まで調整。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

24日の東京市場は、荒れた動きとなった。一時は日経平均株価が軟調となり円買いが進んだが、その後は中国HSBC製造業PMIが強かったことで、日経平均がプラス圏を回復。円の売り戻しとなった。
 ユーロドルは、仏やドイツのPMIを受けて乱高下、1.3374まで上昇後1.3280まで下落、ドル円は、88.42から安倍晋三首相が「大胆な金融緩和をこれから進めていく必要があり、日銀法改正も視野に入れていきたい」との見解を示したこともあり、89.46まで上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が117.59から119.30、ポンド円が139.87から141.69、オージー円が93.03から94.12、NZD円が74.39から75.47、カナダ円が88.83から89.46、スイス円が95.03から96.66まで一時大きく値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=117.50-119.50)
戦略としては、119.05-10と119.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、119.35-45超がストップ&倍返しも119.55-75、119.85-90と利食いで、売りはこういった位置から119.95-00と売り上がって、ストップは120.15-25こえでの倍返し。 ターゲットは120.35-45のCapでは利食い&売り直しでストップは、120.65-75超えでの倍返し。 ターゲットは121.00-05を前に利食い優先で、売りはCapを見て対応。 ストップを121.50超えとするか、121.80-90をバックに売りあがりでの対応となる。 一方下値は118.80-85割れがストップで、倍返しも118.45-55での買い戻し&買い。 ストップは118.20-25割れ、117.85-95、117.70-80割れで、 117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40は維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは114.70-75、114.60-65と買い戻し&買いで、ストップは114.40-45割れでの倍返し。ターゲットは114.25-30、114.15-20と買い戻しで、買いは114.00-10割れがストップ、 113.90-95、113.75-85と買い下がって、ストップは113.50-60割れで、倍返しも113.40-50、113.25-30と買い戻し&買い直して、ストップは113.15-20割れ。 112.95-05、112.75-80での買い直しのストップは112.55-65割れ。 112.40-45、112.25-35での買いのストップは、112.15-25割れとなる。(予想時レート:119.15 予想時間 16:50)

London&NY(荒れているので注意)

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3250-1.3400)
戦略としては、1.3320-30と1.3345-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップは1.3355-60超えでの倍返し。ターゲットは1.3370-80の動向次第。Capでは利食い&売りも、ストップは1.3395-05超えでの倍返し。 ターゲットは1.3420-30、1.3450前後と利食い優先から慎重に売り場探し。 ストップは1.3485-90超えで対応となる。 一方下値は1.3305-10がストップで、1.3295-00割れでの倍返しも、1.3285-90、1.3275-80では買い戻し。買いは維持を見て対応。 ストップは1.3265-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向次第。割れると1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2790-05と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2785-90、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで、倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。 ターゲットは再度1.2635-40、1.2620-30と買い戻しで、買いは1.2605-10まで買い下がって、ストップは、1.2590-95割れ。 1.2575-80の買いは維持を見て対応も、ストップは1.2560-65割れでの倍返し。ターゲットは1.2545-50、1.2530-35、1.2510-15と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2500-05割れや1.2485-95割れでの倍返し。 ターゲットは1.2475-80、1.2455-65の動向次第で買い戻し。 買いは維持を確認して1.2430-35まで検討課題となるが、割れるなら止める形。 割れての1.2420-25、1.2400-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2380-85割れとなる。(予想時レート:1.3330 予想時間 16:40)

日経平均がプラス圏で

テーマ: モノローグ

だいまん

引けたことを受けて、円売り。

ドル円は、88.91、ユーロ円が118.45レベルまで上昇。

株価を

テーマ: モノローグ

だいまん

睨んで神経質な動きが続いている。

ただ、上値は重そうで、以前のような円売り一辺倒では太刀打ち出来ない感じ。

アップルの決算

テーマ: モノローグ

だいまん

1株営業利益は13.81ドル、市場予想平均の13.522ドルを上回る。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12月通関ベース貿易収支(前回 -9534億円(-9548億円) 予想-5284億円)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:45 (中) 1月HSBC製造業PMI(前回51.5)
17:30 (独) 1月PMI製造業・速報 (前回46.0 予想46.5)
17:30 (独) 1月PMIサービス業・速報 (前回52.0 予想51.8)
17:30 (香港) 12月貿易収支 (前回-441億HKD 予想-504億HKD)
18:00 (ユーロ圏) 1月PMI製造業・速報 (前回46.1 予想46.8)
18:00 (ユーロ圏) 1月PMIサービス業・速報 (前回47.8 予想48.0)
18:00 (ユーロ圏) 11月経常収支 (前回+39億EUR)
20:00 (英) 1月CBI流通取引調査(前回+19 予想+15)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.5万件)
24:00 (米) 12月景気先行指数 [前月比] (前回-0.2% 予想+0.3%)
01:00 (米) 週間原油在庫(前回-95.1万バレル)
未 定 (南ア) SARB政策金利発表
世界経済フォーラム年次総会(ダボス)
日20年国債入札(1兆2000億円)、 米10年物インフレ連動国債入札(150億ドル)
米企業決算発表:マイクロソフト、3M、AT&T、ヤフー、スリーエム、デュポン

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウが堅調でリスク志向が一時高まったが、ユーロ圏1月景況感指数が、市場予想を下回ったことで、ユーロ売りが強まった。

ユーロドルhが1.3265、ユーロ円は117.53まで値を下げた。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン市場午前の動向は一時円買い、ドル買いも、巻き戻しが優勢。
 ユーロドルは、1.3286から1.3345まで反発、ポンドドルは、英中銀金融政策委員会議事録では「マイルズ委員が250億ポンドの資産買い入れプログラムの規模拡大を主張」したが、英12月雇用統計が市場予想を上回ったことで、1.5802を安値に1.5884まで値を上げ、ドル円は88.06から88.47まで上昇した。
 クロス円も一時の下落からは買い戻しが優勢。ユーロ円が117.06から117.99へ上昇、ポンド円は139.26から140.43、オージー円が92.82から93.42、NZD円が74.04から74.58、カナダ円が88.68から89.28、スイス円が94.70から95.13まで値を上げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

23日の東京市場は、早期には円の売り戻しが強まったが、その後は日経平均株価が軟調な推移を継続したことで、再度円の買い戻しが強まった。
 ドル円は88.80から88.25まで下落、ユーロドルは1.3301から1.3300での保合いが継続した。 
 一方クロス円では、ユーロ円が118.33から117.48、ポンド円が140.65から139.69、オージー円は、弱い豪州第4四半期CPI受けて93.87から93.00へ下落、NZD円が74.75から74.20、カナダ円が89.50から88.87、スイス円が95.57から94.91まで値を下げた。 (14:40現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん


スイス円 :(予想レンジ=94.50-96.00)
戦略としては、95.05-10と95.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は95.55-60超えがストップも、95.70-75、95.80-95と売り上がって、ストップは96.00-05超えで、倍返しも96.15-20、96.35-40と利食い&売り上がって、ストップは96.45-50超えでの倍返し。ターゲットは96.55-60、96.65-70の動向次第。超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは96.80-00での利食いで、売りは97.20-25超えでの倍返しも、97.40-50、97.65-75と利食いで、売りはこういった位置から97.85-90、98.00-10と売り上がって、ストップは98.20-25超え、98.35-40を倍返しとしても、98.50、99円と利食いで、売りは99.35-40がストップとなる。 一方下値94.95-00がストップ、94.70-80は買い直しもストップは94.50-60割れや94.35-40割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-25での買い戻し&買いでストップは93.90-00割れでの倍返し。ターゲットは、93.70-75の動向次第。 割れると93.55-65、93.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは93.20-30割れで、倍返しも92.90-00、92.80-85と買い戻しで、買いは92.65-70、92.40-50と買い場を探して、92.30-35をストップ、92.10-20、92.00-10と買い直して、ストップは91.95-00割れで、91.85-90、91.70-80の買い直しのストップは91.60-65割れでの倍返し。 91.50-55、91.35-45と買い戻しで、買いは91.15-25まで買い下がって、ストップは91.00-10割れで倍返し。(予想時レート:95.10 予想時間 14:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=88.00-89.00)
戦略としては、88.35-45と88.50-60のブレイクに注目して、らブレイクの場合上値は88.60-70と売り上がって、ストップは88.75-85超えで、倍返しも88.85-90、88.95-00と利食い優先。売りは89.15-20と売り上がって、ストップは89.35-45超えで倍返しも検討されるが、ターゲットは89.65-70、89.80-85と利食いで、売りはこういった位置から89.95-00と売り上がって、ストップは、90.10-20超えや90.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは90.45-55の動向次第で、利食い&売り直しでストップは90.75-80超えなどで対応となる。 越えて91円の前後の売りは、91.20-30や91.45-50超えをストップで検討される。 一方下値は慎重な順張りが検討されるが、ターゲットは88.25-30、88.10-15と買い戻し。買いは87.95-00まで買い下がって、ストップは87.70-85割れでの倍返し。 ターゲットは87.55-65、87.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは87.35-45割れでの倍返し。 このターゲットは87.20-25、87.10-15と買い戻しから買いはこういった位置から86.95-00と買い下がって、ストップは86.75-85割れでの倍返し。ターゲットは86.45-55、86.25-30と買い戻しで、買いはこういった位置から86.15-20、86.00-10、85.90-00と順次買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 85.60-65割れが積極的なら倍返しとなるが、ターゲットは85.40-50、85.25-35買い戻し&買い下がって、85.10-15割れがストップで、85.00-10、84.85-95と買い直して、ストップは84.70-80割れや84.65-70割れでの倍返し。(予想時レート:89.45 予想時間 13:35)

今日の東京は

テーマ: モノローグ

だいまん

兵どもが夢の後で、揉み合い気味を想定したい。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、一時の円の売り戻しからは、株価が堅調な推移となったことで、円の買い戻し気味で終了した。 米1月米リッチモンド連銀製造業景気指数や米12月中古住宅販売件数が、市場予想を下割ったこと、ドイツキリスト教民主同盟のマイスター議員が「ドイツは、G20円相場を取り上げる可能性」と話ことなどが嫌気された。
 ドル円は88.37から88.98まで反発後88.51へ再調整、ユーロドルは、1.3267から独ZEW景況感調査が強い内容となったことで1.3368まで上昇後1.3279へ再下落した。 
 一方クロス円も、ユーロ円が117.32から118.70へ上昇後117.58へ値を下げ、ポンド円が139.78から141.15へ上昇後140.35、オージー円が94.00から93.39、NZD円が74.91から74.33、カナダ円が89.62から89.06、スイス円が95.74から95.30へ再度値を下げた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 第4四半期消費者物価 [前期比] (前回+1.4% 予想+0.4%)
09:30 (豪) 第4四半期消費者物価 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.4%)
14:00 (日) 1月金融経済月報・基本的見解
17:00 (南ア) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.6% 予想+5.7%)
18:30 (英) 12月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
18:30 (英) 12月失業保険申請件数 (前回-0.30万件 予想+0.15万件)
18:30 (英) BOE議事録(1月9-10日開催分)
19:00 (ユーロ圏) 7-9月期政府債務
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+15.2%)
22:30 (世) パドアン経済協力開発機構(OECD)主任エコノミス講演
23:00 (米) 11月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.7%)
24:00 (加) 加中銀政策金利発表
24:00 (ユーロ圏) 1月消費者信頼感・速報 (前回-26.5 予想-25.8)
01:15 (加) カーニーBOC総裁会見
06:30 (NZ) 12月企業景況感(前回48.8)
月例経済報告関係閣僚会議
世界経済フォーラム年次総会(ダボス)
IMF世界経済見通し(改訂版)公表
米企業決算発表:アップル、マクドナルド、アムジェン、シマンテック、フェイスブック、

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が117.32から118.70へ上昇後117.58へ値を下げ、ポンド円が139.78から141.15へ上昇後140.35、オージー円が94.00から93.39、NZD円が74.91から74.33、カナダ円が89.62から89.06、スイス円が95.74から95.30へ再度値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

再度円の買い戻し。 

ドル円は88.37から88.98まで反発後88.51へ再調整、

ユーロドルは、1.3267から1.3368まで上昇後1.3279へ再下落した。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 22日の東京市場は、上下に荒れた動きとなった。 日銀金融政策決定会合の結果を前に、麻生太郎副総理兼財務・金融相が「物価目標2%は日銀決定会合で意見が割れる可能性がある」と述べたで、サプライズ的な円買いが強まったが、その後に日銀金融政策決定会合で、「物価安定の目標」を採用、資産買入等基金で「期限を定めない資産買い入れ方式」の導入を決めたことで、買戻しが強まった。 ただし「無期限の資産買い入れについては2014年以降とされ、基金増額ペースが鈍化する」として、失望売りが広がった。また、白川方明日銀総裁が記者会見で「付利撤廃は市場機能や金融機関の収益に悪影響を及ぼす」と述べたことで、反発も限定された。
 ドル円は、90.10から88.89まで下落、ユーロドルは1.3301から1.3372まで値を上げた。 クロス円では、ユーロ円が120.15から118.61、ポンド円が142.73から140.90、オージー円が94.88から93.69、NZD円が75.62から74.67、カナダ円が90.81から89.17、スイス円が96.49から95.50まで下落した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=74.00-75.45)
戦略としては、74.85-90と75.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、75.20-30、75.40-45と売り上がって、ストップは75.60-65超え、75.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは76円前後のCapでは利食い&売り。 ストップは76.20-25超え。 一方下値は74.60-75割れがストップで、倍返しもターゲットは74.45-50、74.25-35と買い戻しで、買いは74.10-15と買い下がって、ストップは73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直しのストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは71.85-95、71.70-75と買い戻し&買い下がって、ストップは71.45-55割れで倍返し。(予想時レート: 74.90 予想時間 16:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3300-1.3400)
戦略としては、1.3340-45と1.3370-80のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は順張りまたは1.3395-05超えでの倍返し。 ターゲットは1.3420-30、1.3450前後と利食い優先から慎重に売り場探し。 ストップは1.3485-90超えで対応となる。 一方下値は1.3325-30、1,3315-25と買い下がって、ストップは1.3305-10割れや1.3295-05割れでの倍返し。ターゲットは1.3280-85、1.3270-75の動向次第。 維持では買い戻し&買っても、ストップは1.3255-60割れや1.3245-50割れでの倍返し。 ターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。(予想時レート:1.3365 予想時間 16:15)

時間外の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経225先物が10620円前後まで下落。 

日銀金融政策決定会合

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀声明
「ゼロ金利と資産買い入れを必要と判断されるまで継続」

が円売りか? ユーロ円は120.05、ドル円は90.10レベルまで上昇?

失望期待の円買いがあぶりだされた形。 

まだ

テーマ: モノローグ

だいまん

何も出てない模様。

インターバンクは

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀金融政策決定会合は、想定範囲が織り込みで、更に昨日や今日既に一定の調整が出ているので、あまり大きな動きに繋がらないとみている向きが多い模様。 

安値は

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が89.27、ユーロ円118.82、ポンド円が131.37まで。

昨日の安値を割り込むも更に調整が加速しない。 日銀金融政策決定会合の結果が出てないオからか。。。。。

麻生発言

テーマ: モノローグ

だいまん

円高は大分修正されつつある を受けて。

最近は

テーマ: モノローグ

だいまん

朝買いは、あまりワークしない。。。。というか株の寄りを睨んでの動き。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

出ないと思ったが、毎度7時台の「朝買い」が出る。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

14:00 (日) 11月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回91.9)
14:00 (日) 11月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回90.1)
15:30 (日) 白川日銀総裁記者会見
18:30 (英) 12月財政収支(前回-153億ポンド)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(3カ月物・6カ月物)
19:00 (独) 1月ZEW景況感調査 (前回6.9 予想11.3)
19:00 (独) 1月ZEW現況指数(前回+5.7 予想+5.7)
19:00 (ユーロ圏) 1月ZEW景況感調査 (前回7.6)
20:00 (英) 1月CBI製造業受注指数(前回-10 予想-12)
21:00 (トルコ) トルコ共和国中央銀行・政策金利公表
22:30 (米) 12月シカゴ連銀全米活動指数(前回+0.10)
22:30 (加) 11月小売売上高 [前月比] (前回+0.7% 予想-0.2%)
24:00 (米) 12月中古住宅販売件数 (前回504万件 予想510万件)
24:00 (米) 12月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+5.9% 予想+1.2%)
24:00 (米) 1月リッチモンド連銀製造業指数 (前回5)
03:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果公表
EU財務相会合(ブリュッセル)
イスラエル議会総選挙
米企業決算発表:アドバンスト・マイクロ・デバイス、グーグル、ジョンソン・エンド・ジョンソン、テキサス・インスツルメンツ、ベライゾン・コミュニケーションズ、IBM、トラベラーズ

静かな商いも

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が89.89、ユーロ円が119.68、ポンド円が142.42、オージー円が94.46、NZD円が75.11、カナダ円が90.51、スイス円が96.42まで値を回復した。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

買い戻しが優勢。

ユーロ円が118.90から119.40、ポンド円が141.76から142.33、オージー円が93.95から94.34、NZD円が74.67から75.00、カナダ円が90.00から90.34、スイス円が95.77から96.23まで値を回復した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

米国市場がキング牧師誕生日で休場。 

参加者も少なく動意に薄い展開。

 
 ユーロドルは、1.3330から1.3300まで下落、ドル円は89.34の安値から89.69まで値を回復した。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

この後は動きが鈍くなりそう。 その面では、売りも一巡気味。

ロンドン朝

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は89.25、ユーロ円が118.89、ポンド円が141.76まで下値拡大も、更に下落は進んでいない。 

またぞろ、買いが入り易いんだろうが、明日を考えると上昇も限界がありそう。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

21日の東京市場は、5-10日要因など円売りからスタートもその後日経平均株価が、明日の日銀金融政策の結果発表を前に、利食いに押されたことで、円の買い戻しが優勢となった。
 ドル円は90.25と直近高値を更新後、89.44まで下落、ユーロドルは1.3302から1.3331での小動きに終始した。
 クロス円では、ユーロ円が120.25から119.09、ポンド円が143.07から141.82、オージー円が94.82から94.00、NZD円が75.48から74.60、カナダ円が90.95から90.13、スイス円が96.59から95.75まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=89.70-90.85)
戦略としては、90.20-25と90.40-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、90.55-65超えがストップで、90.70-85で売り直しのストップは、90.90-00超え、再度91.10-20、91.30-35と売り上がって、ストップは91.40-50超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、92円での利食い&売り場探しとなる。ストップは92.50-55をバックに売り上がりが検討される。 一方下値は90.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは89.95-00、89.65-80と買い戻しで、買いは89.45-50、89.35-40と順次買い場を探して、ストップは89.25-30割れでの倍返し。ターゲットは89.05-10、88.90-00の動向次第。 割れてターゲットは88.70-85、88.55-60買い戻し&と買い下がって、ストップは88.45-50割れで。(予想時レート: 90.35 予想時間 15:20)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=141.00-143.00)
戦略としては141.95-00と142.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、142.45-50超えがストップ、倍返ししても142.70-80、142.80-90と利食い&売り直しでストップは、143.05-10超えで、143.25-30での売り直しの、ストップは143.50-55超え、143.75-80、143.95-00と売り上がってストップは144.05-15超えや144.20-25超えでの慎重な倍返し。 ターゲットは144.30-35、144.45-50と利食い&売り直して、ストップは144.60-75超えや144.80-85超えで、倍返しは若干不透明も、その場合ターゲットは144.90-95、145.50前後と利食い優先で、売りは145.95-00をバックに検討される。 一方下値は141.80-85割れでの倍返し。 ターゲットは142.40-55、142.00-25と買い戻しで、買いは141.60-70がストップ、141.10-15での買い下がりのストップは、140.85-90割れで、140.75-80は維持を見て買っても、ストップは140.50-60割れや140.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは140.15-20、139.90-00、139.55-70と買い戻し&買い下がって、ストップは139.35-40割れで倍返し。(予想時レート:142.10 予想時間 15:00)

ドル円、クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上値が重くなっており、現状の安値割れのリスク。

特にロンドン勢は、下値をストップを狙いにくる可能性に注意となる。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

東京午前の動向は、日経平均株価が、明日の日銀金融政策決定会合を前に、利食いに押されたことで、円の買い戻しが強まった。
ドル円は、89.43、ユーロ円が119.10、ポンド円が141.83、オージー円が94.00、NZD円が74.60、カナダ円が90.13、スイス円が95.89まで下落した。

日経平均

テーマ: モノローグ

だいまん

失速。 45円安

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

90.25まで。 ただ、高値更新後は慎重。

円売り気味

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 06:08
EURUSD 1.3305-11
USDJPY 90.16-19
GBPUSD 1.5837-47
USDCHF 0.9345-61
AUDUSD 1.0506-15
NZDUSD 0.8360-69
EURJPY 119.95-03
GBPJPY 142.77-88
AUDJPY 94.72-80
NZDJPY 75.36-47
CADJPY 90.85-96
CHFJPY 96.32-47
EURGBP 0.8397-04
EURCHF 1.2437-57
ZARJPY 10.09-21

現在レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 05:39
EURUSD 1.3304-11
USDJPY 90.09-14
GBPUSD 1.5835-45
USDCHF 0.9346-62
AUDUSD 1.0506-16
NZDUSD 0.8360-70
EURJPY 119.89-97
GBPJPY 142.72-82
AUDJPY 94.67-76
NZDJPY 75.33-45
CADJPY 90.77-91
CHFJPY 96.26-42
EURGBP 0.8397-04
EURCHF 1.2437-57
ZARJPY 10.09-21

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 04:21
EURUSD 1.3303-10
USDJPY 90.03-10
GBPUSD 1.5841-53
USDCHF 0.9343-65
AUDUSD 1.0505-15
NZDUSD 0.8361-73
EURJPY 119.80-91
GBPJPY 142.71-85
AUDJPY 94.60-71
NZDJPY 75.28-45
CADJPY 90.71-90
CHFJPY 96.17-35
EURGBP 0.8392-01
EURCHF 1.2436-59
ZARJPY 10.05-22

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(ウェリントン記念日)、 NY市場休場(キング牧師生誕記念日)
09:01 (英) 1月ライトムーブ住宅価格(前回-3.3%)
16:00 (独) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.4% 予想+1.7%)
17:15 (スイス) 第3四半期鉱工業生産 [前年比] (前回+4.6%)
17:30 (香港) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.7% 予想+3.8%)
22:30 (加) 11月卸売売上高 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.3%)
03:00 (独) バイトマン独連銀総裁講演
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
オバマ米大統領・就任式

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 03:40
EURUSD 1.3308-21
USDJPY 90.00-07
GBPUSD 1.5853-64
USDCHF 0.9336-60
AUDUSD 1.0502-14
NZDUSD 0.8356-72
EURJPY 119.80-98
GBPJPY 142.75-91
AUDJPY 94.56-70
NZDJPY 75.22-45
CADJPY 90.68-88
CHFJPY 96.17-44
EURGBP 0.8391-00
EURCHF 1.2435-59
ZARJPY 10.02-21

変化のないスタート

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 03:05
EURUSD 1.3305-25
USDJPY 89.93-01
GBPUSD 1.5856-81
USDCHF 0.9333-62
AUDUSD 1.0491-19
NZDUSD 0.8334-75
EURJPY 119.68-92
GBPJPY 142.66-91
AUDJPY 94.39-65
NZDJPY 74.94-41
CADJPY 90.61-82
CHFJPY 96.09-40
EURGBP 0.8381-00
EURCHF 1.2425-59
ZARJPY 10.10-22

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 03:04
EURUSD 1.3305-25
USDJPY 89.93-01
GBPUSD 1.5856-81
USDCHF 0.9333-62

既に動意は薄い

テーマ: モノローグ

だいまん

月曜日はNYホリデーもあり、既に参加意欲は鈍い。

NYダウは堅調なレベルを維持。ドル円は90円、ユーロ円が120円レベルで終わる感じでしょうか? それでも強い引けとなりそう。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が119.37、ポンド円が142.54、オージー円が94.18、NZD円が74.82、カナダ円90.28、スイス円は95.68まで値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、フィキシングの売りで1.3281へ下落、ドル円は89.70から90.06での揉合い。

相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

揉合い入り。 週末の欧州勢の利食いが優勢となった後は、新規にポジション構築する向きも少ないようだ。

後はNY勢待ち。 NYダウ先物は、現在13600ドルで、前日比変わらずのレベルで推移。

相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

揉合い入り。 週末の欧州勢の利食いが優勢となった後は、新規にポジション構築する向きも少ないようだ。

後はNY勢待ち。 NYダウ先物は、現在13600ドルでの推移。

ユーロスイスは

テーマ: モノローグ

だいまん

「スイス政府がスイス国立銀行(SNB)にユーロスイスフランの下限を1.2000スイスフランから1.2500スイスフランに引き上げるよう要請している」との噂で、上昇した反動で、1.2456まで下落、ドルスイスも0.9335まで値を下げた。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん


総じて東京のリスク志向の動きからは、利食いが優勢となった。
 ユーロドルは、1.3335まで下落後1.3368へ反発、ドル円が89.70へ値を下げた。
 ユーロ円が120.71から119.65へ値を下げ、ポンド円が142.94、オージー円が94.18、NZD円が74.82、カナダ得んが90.63、スイス円は96.27まで上昇後95.87まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=143.00-145.00)
戦略としては143.45-50と144.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は144.20-25超えが慎重な倍返しも144.30-35、144.45-50と利食い&売り直して、ストップは144.60-75超えや144.80-85超えで、倍返しは若干不透明も、その場合ターゲットは144.90-95、145.50前後と利食い優先で、売りは145.95-00をバックに検討される。 一方下値は143.25-30と買い下がって、ストップは142.90-05割れで、142.70-85での買い直しのストップは142.40-55割れで、倍返しも142.00-25での買い戻しから、買いは141.60-70がストップ、141.10-15での買い下がりのストップは、140.85-90割れで、140.75-80は維持を見て買っても、ストップは140.50-60割れや140.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは140.15-20、139.90-00、139.55-70と買い戻し&買い下がって、ストップは139.35-40割れで倍返し。(予想時レート:143.95 予想時間 15:20)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、円が軟調な推移を継続した。 ただ、上昇したドル円、クロス円には、週末のポジション調整的な売りが一時強まったが、浜田内閣官房参与が「ドル円の95円から100円への円安進行は懸念する必要ない」と述べたことで、再度円売りが拡大した。 また、303円高で終了した日経平均株価なども下支えとなった。
 ドル円は89.64へ下落後、90.20まで上値を拡大、ユーロドルは1.3362から1.3392での小動きに終始。 クロス円では、ユーロ円が119.80から120.71、ポンド円が143.11から144.11、オージー円が94.37から95.01、NZD円が74.87から75.37、カナダ円が90.87から91.42、スイス円が95.68、96.57まで一時値を上げた。(16:00現在)

日経平均株価は

テーマ: モノローグ

だいまん

303円高。 10913円で終了。 

仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

売りが優勢となりそう。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 第4四半期輸入物価指数 [前期比] (前回-2.4%)
11:00 (中) 10-12月期GDP[前年比](前回7.40% 予想7.80%)
11:00 (中) 12月鉱工業生産[前年比](前回10.10% 予想10.20%)
11:00 (中) 12月小売売上高[前年比](前回14.90% 予想15.10%)
11:00 (中) 12月固定資産投資[前年比](前回20.70% 予想20.70%)
13:30 (日) 11月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回-1.7%)
13:30 (日) 11月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-5.8%)
18:30 (英) 12月小売売上高指数 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
18:30 (英) 12月小売売上高指数 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)
22:30 (加) 11月製造業出荷(前回-1.40% 予想0.40%)
23:55 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回72.9 予想75.0)
24:00 (メキシコ) メキシコ中銀政策金利公表
05:10 (ユーロ圏) ベルルスコーニ前伊首相「TV番組に出演」
安倍首相「ベトナム、タイ、インドネシア歴訪」
米決算発表:アメリカン・エキスプレス、グーグル、ステート・ストリート、ゼネラル・エレクトリック、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、モルガン・スタンレー

1/20(日)
独ニーダーザクセン州議会選挙

東京時間どころか

テーマ: モノローグ

だいまん

NYで早々と90円やってしまったのね。。。。

ここは売るにも買うにもやりづらい。。。。ただ、早朝にまたぞろ本邦からの買い仕掛けが入るか注意。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

再度高値となる89.56を目指す動き。 こんな動きが続くなら14日の高値89.68を超える上昇が、東京時間にもありそうで注意。 
ともかく現状レベルからショートは禁じ手。 

ドル売り

テーマ: モノローグ

だいまん

米フィラデルフィア連銀1月製造業景気指数は、マイナス5.8、12月改定値のプラス4.6から悪化。市場予想平均プラス6.0を下回った。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇スタート。

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の取引はリスク志向が高まっている。
 ユーロドルが1.3378、ドル円が89.56まで上昇、クロス円では、ユーロ円が119.75、ポンド円が143.54、オージー円が94.37、NZD円が75.23、カナダ円が90.87、スイス円が96.22まで上昇。 
 ただ、押し目もほとんど作らず上昇している感じがあり、更なる上値追いは厳しい。 
 NYダウは13537ドル、前日比26ドル高で推移。 

株の下落

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

円高のせいか? 為替は株のせいだと言うし、実態は不明。

ただ、来週の日銀を控えて、週末がらみでポジション調整と考えれば、妥当かも。。。。

(実際市場参加者は、日銀が2%目標を入れても、実行する手段がないのは、誰でもしってるからね。)

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

昨日荒れた動きとなったが、現状の為替相場は一服気味。

相変わらず買いが強いが、それも株価次第。

ドル円は88円台のイメージだが、ユーロドルが1.32ミドルを守るうちは底堅く、

ユーロ円は、今日も荒れるのか? 注意となる。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、大きな材料に薄い中、株価につれて相場が上下に荒れた動きとなった。 ユーロドルは、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が、「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」などと発言したことを受けて、1.3325まで上昇後、1.3257まで下落、ドル円は87.86から88.67まで値を上げた。 
クロス円も荒れた動きとなったが、株価が堅調レベルを維持してことで、一時の安値からは買い戻しが優勢となった。 ユーロ円は116.46から118.03まで上昇、ポンド円が140.51の安値から141.93、オージー円が92.48から93.62、NZD円が73.47から74.57、カナダ円が88.95から90.01、スイス円が94.41から95.32まで値を回復した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 11月第3次産業活動指数(前回-0.10% 予想0.10%)
09:30 (豪) 12月新規雇用者数 (前回+1.39万人)
09:30 (豪) 12月失業率 (前回5.2%)
17:30 (香港) 12月失業率 (前回3.4%)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:50 (ユーロ圏) フランス 仏長期債入札
19:00 (ユーロ圏) 11月建設支出 [前月比] (前回-1.6%)
19:30 (英) 英インフレ連動債入札(2029年償還物・10億ポンド)
21:00 (米) バンク・オブ・アメリカ・10-12月期決算発表
22:00 (米) シティグループ・10-12月期決算発表
22:30 (米) 12月住宅着工件数 (前回86.1万件 予想89.0万件)
22:30 (米) 1/12までの週の新規失業保険申請件数 (前回37.1万件 予想36.8万件)
22:30 (米) 12月建設許可件数(前回89.9万件(90.0万件) 予想90.4万件)
24:00 (米) 1月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回8.1(4.6) 予想5.6)
02:05 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
03:30 (独) メルケル独首相「ニーダーザクセン州議会選挙キャンペーンで演説」
06:00 (チリ) チリ国立銀行政策金利発表
06:45 (NZ) 第4四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.3%)
06:45 (NZ) 第4四半期消費者物価 [前年比] (前回+0.8%)
安倍首相「ベトナム、タイ、インドネシア歴訪」

ユーロ円

テーマ: モノローグ

だいまん

117.83まで上昇。これでトータル6円09銭の動き。 

で、今日の高値118.26まで上昇したら、行って来いになるが。。。。

それはお笑いというより、怖い。。。。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

強い方向感が欠如する中、株価につれて相場が上下する形。 

ユーロドルは、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が、「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」などと発言したことを受けて、1.3325まで上昇後、1.3257まで下落。

ドル円は87.86から88.48まで値を上げた。 

レンジは

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が118.26から116.46として、中心が117.36か?

今後の上げの目処となるか?

今日のユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

朝の118.26→116.87(1.39)
116.87→117.36(0.49)
117.36→116.46(0.90)
116.46→117.64(1.18)
117.64→116.67(0.94)
116.67→?

既に合計4.93円も上下に動いている。歯向かうには危険すぎる。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

下げもすごいが、上げも恐ろしい。

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13450ドルまで下落。

ユーロ再度急落

テーマ: モノローグ

だいまん

大きな材料はない模様。

ダウ先物の下落、買いすぎの反動。ポンドの下落などが要因として指摘されている。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

さすがに118円は無理だったけど、今度は117円割れ? 

上下に振れるから。。。安心できない。

ユーロ買いは

テーマ: モノローグ

だいまん

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」
があったのね。

ともかく

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は117.60-70がストップ圏なので注意。

まさか。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が118円手前まで上がったらびっくり。

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

10620円まで回復。円売り要因。

アンド、ショート・カバーだなあ。。。。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 16日の東京市場は、 軟調な日経平均株価、自民党の石破茂幹事長が、「(最近の円安は)産業によっては困る企業も出てくる」と述べたことから、円の買い戻しが強まった。 
 ドル円は、88.87から87.95、ユーロ円が118.26から116.87、ポンド円が142.78から142.20、オージー円が93.88から92.77、NZD円が74.74から73.82、カナダ円が90.30から89.25、スイス円は95.38から94.35まで一時下落した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=140.50-142.50)
戦略としては141.30-35と141.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は141.65-70超えでの倍返し。ターゲットは141.90-00、142.10-15と利食いで、売りはこういった位置から142.25-30、142.50-55と利食い&売り直し。ストップは142.70-85超えで、142.95-00、143.15-25での売り直しのストップは143.30-40超えでの倍返しも、ターゲットは143.60-70、143.75-80と利食い優先で、売りは143.95-00まで売り上がって、ストップは144.15-25超えで、144.30-35、144.45-50と売り直して、ストップは144.60-75超えや144.80-85超えで、倍返しは若干不透明も、その場合ターゲットは144.90-95、145.50前後と利食い優先で、売りは145.95-00をバックに検討される。 一方下値は141.15-20割れがストップも、140.85-00、140.75-80、140.60-65と順次買い場を探して、ストップは140.40-55割れで、140.15-20、139.90-00、139.55-70と買い下がって、ストップは139.35-40割れで、倍返しも139.00-20での買い戻し&買いで、ストップは138.85-90や138.65-70割れで、倍返し。このターゲットは138.45-55の動向次第。維持では買戻し&買っても、ストップは138.20-30割れで、138.05-15割れでの倍返し。(予想時レート:141.45 予想時間 15:40)

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

10560円へ下落。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3200-1.3350)
戦略としては、1.3270-75と1.3295-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3310-20超えがストップで、倍返しもターゲットは1.3325-35、1.3340-50と利食い&売り上がって、ストップは1.3355-65超えで、倍返しも1.3375-85のCapでは利食い&売り。 ストップは1.3390-00超えや1.3400-05超えでの慎重な倍返し。ターゲットは1.3420-30、1.3450前後と利食い優先から慎重に売り場探し。 ストップは1.3485-90超えで対応となる。 一方下値はストップが1.3260-65割れ、1.3245-50割れでの倍返し。 このターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3285 予想時間 15:30)

今日は水曜日のなので

テーマ: モノローグ

だいまん

これからの動きは注意。

ユーロ円

テーマ: モノローグ

だいまん

117円割れを3回トライも割れず。テクニカル的に強いこともあるが、ドル円やユーロドルがついて行ってないことが気にかかるところ。

午後の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均は200円超えの下げ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

転換線を割れているが、直ぐに下落は拡大していない。

ただし、87.85-90の上昇スタート位置を割り込むと86.70-90、更に86.50-55もターゲットとなるが、可能性としては、86円に控える基準線まではあるかも。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

現在117円が支えるとも116.80-85レベルが重要となりそう。

まず日足の一目均衡表の転換線が116.80-85、フィボナッチ・リトレースメント(113.55-120.13)の半値が116.84で、しっかりと割れるとそれ以前の高値116円、日足の窓の下限からは115円などがターゲットとなる。

更なるストップ圏は、114.75-80の上昇スタート位置。

なんか

テーマ: モノローグ

だいまん

似たようなレベルだが、
ドル円は88.15-20と88.40-45、
ユーロ円は117.15-20と117.40-45の攻防。

後場の日経平均の

テーマ: モノローグ

だいまん

寄り付きに注意となりそう。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調な日経平均株価を受けて、円の買い戻しが一時強まる。
 ドル円が88.05、ユーロ円が117.01、ポンド円が141.50、オージー円が93.00、NZD円が74.01、カナダ円が 89.43、スイス円が94.60まで一時下落した。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、一時の円買いから政府と日銀の共同文書の草案として「日銀は2%のインフレ目標にコミットする」と報じられたことで、巻き戻しとなったが、買い戻しが一服すると揉み合い気味の推移となった。 
 ドル円は88.28の安値から88.94まで上昇、ユーロドルも1.3310から1.3358まで一時値を戻したが、その後ユンケル・ユーログループ議長が、「ユーロの為替レートは相場は危険すぎるほど高い」と述べたこことで、1.3264まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が117.65から118.74、ポンド円が141.65かsら142.83、オージー円が93.10から93.78、カナダ円が89.57から90.35、スイス円が95.16から95.85へ一時値を戻したが、その後売りに押され、NZD円は74.17から74.60まで反発後74.13と安値を若干更新した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (豪) 1月ウエストパック消費者信頼感(前回-4.10%)
08:50 (日) 11月機械受注 [前月比] (前回+2.6% 予想+0.2%)
08:50 (日) 11月機械受注 [前年比] (前回+1.2% 予想-6.8%)
17:15 (スイス) 11月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.7%)
17:20 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.2%)
19:30 (独) 10年債入札(50億ユーロ)
20:00 (南ア) 11月実質小売売上高 [前年比] (前回+1.0% 予想+0.7%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回11.70%)
21:00 (米) JPモルガン・チェース・10-12月期決算発表
21:30 (米) ゴールドマン・サックス・10-12月期決算発表
22:00 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演「金融政策」
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.3% 予想0.0%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.8% 予想+1.8%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+2.0%)
23:00 (米) 11月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+13億USD)
23:00 (米) 11月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回-567億USD)
23:15 (米) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.1% 予想+0.2%)
23:15 (米) 12月設備稼働率 (前回78.4% 予想78.5%)
24:00 (米) 1月NAHB住宅市場指数 (前回47 予想48 )
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+131.4万バレル)
02:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
04:00 (米) 地区連銀報告(ベージュブック)
安倍首相「ベトナム、タイ、インドネシア歴訪」
ブラジル ブラジル中央銀行政策金利発表
日5年国債入札(2兆5000億円)
米決算発表:USB USバンコープ、イーベイ、チャールズ・シュワブ

ユーロ

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.3264、ユーロ円は一時117.60まで安値を更新した。

ユーロ急落

テーマ: モノローグ

だいまん

ユンケル・ユーログループ議長
「ユーロの為替レートは危険なほど高い」

ユーロ急落

テーマ:

だいまん

ユンケル・ユーログループ議長
「ユーロの為替レートは危険なほど高い」

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が117.65から118.74、ポンド円が141.65かsら142.83、オージー円が93.10から93.78、カナダ円が89.57から90.35、スイス円が95.16から95.85へ一時値を戻したが、NZD円は74.17から74.60まで反発後74.13と安値を若干更新した。 

NY中盤まで

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円買いから、政府と日銀の共同文書の草案として「日銀は2%のインフレ目標にコミットする」と報じられたことで、巻き戻しとなったが、買い戻しが一服するとその後は揉み合い気味の展開。


 ドル円は88.28の安値から88.94まで上昇、ユーロドルも1.3310から1.3358まで一時値を戻したが、現状はこのレンジ内での推移。

ユーロスイスが1.2414まで上昇し、ドルスイスは0.9309まで値を上げた。

ロンドン午前

テーマ:

だいまん

若干揉み合いの様相。

ユーロドルは、1.3338の安値から1.3388まで一時値を戻したが、その後値を消し、ドル円は88.60-65から88.85-95でのレンジ推移。

ユーロ円は118.98まで一時値を戻したが、現在は安値圏トライ中。

アジアの安値118.28を割り込むか注目となるが、割れても「ちょっとだけよ!」があるから注意。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

15日の東京市場は、日経平均株価が一時10952円まで拡大したことで、円売りが強まる形でスタートとなったが、その後甘利明経済再生担当相が、「円安は、国民生活にマイナスの影響も」と述べたことで、大きく円の買い戻しに群がった。ドル円は89.63から88.63まで下落、ユーロドルも1.3394から1.3339まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が119.98から118.28、ポンド円が144.18から142.47、オージー円が94.65から93.49まで下落、NZD円が74.44、カナダ円が90.02、スイス円が95.88まで下落した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=93.00-94.35)
戦略としては、93.65-70と93.90-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、94.00-10をストップとしても、94.30-35、94.45-55と売り直して、ストップは94.60-65超えで、94.70-80のCapでは売り直しで、ストップは95円超えなどで対応。 再度95.50、96円方向での売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は93.50-55割れでの倍返し。ターゲットは93.10-45と買い戻し&買い下がって、ストップは92.90-00割れで、92.75-85、92.55-65、92.30-45と買い下がって、ストップは92.10-20割れで、91.95-00での買い直しのストップは、91.75-80割れで、91.60-70、91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップで、積極的なら倍返し、ターゲットは90.85-00の動向次第。 割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは90.30-35を前に下げ止まりでは買い戻しから買いは、89.90-00と買い下がって、ストップは89.70-80割れで、倍返し。(予想時レート: 93.75 予想時間 15:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=118.00-119.50)
戦略としては118.70-75と118.90-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、119.05-10超えが一旦倍返しも、ターゲットは119.15-25、119.25-35と利食いで、売りはこういった位置から119.40-55、119.60-80と売り場を探して、ストップは119.95-00超えや120.10-15超えでの倍返し。ターゲットは120.20-30、120.50前後とCapで利食い優先から売りは121.00-05をバックに、120.80-90と売り場探しとなる。 一方下値は118.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは118.20-30、118.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは117.60-70割れでの倍返しとなる。 ターゲットは117.45-55、117.35-40と買い戻しで、買いは116.95-05まで維持を見ながら買い下がって、116.80-85をストップ、116.50-65での買いのストップは、116.40-45割れ。 116.00-10、115.75-80、115.50-55での買いのストップは115.30-40割れ。 115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:118.85 予想時間 15:05)

なんか、今日相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

あんまりだ!。。。って言ってる人がいるけど。。。

現状の安値

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が88.62、ユーロ円が118.53、ポンド円が142.62、オージー円が93.54、NZD円が74.55、カナダ円が90.10、スイス円が96.02まで一時下落したが、現状は買い戻しが優勢となっている。

確かに正しい

テーマ: モノローグ

だいまん

甘利明経済再生担当相「円安は、国民生活にマイナスの影響も」

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価は一時132円高。 ドル円が89.63、ユーロ円が119.98、ユーロドルが1.3394、ポンド円が」144.18、オージー円が94.65まで上昇。
 相場としては昨日の高値、ドル円の89.67、ユーロ円の120.13、ユーロドルの1.3404を上抜けることができるかが焦となるが、今後も日経平均株価の行方次第か? 

朝方の買いも

テーマ: モノローグ

だいまん

今日は相場を押し上げる力不足。

本邦から利食いも出易いか?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
09:01 (英) 12月RICS住宅価格(前回-9%)
09:30 (日) 白川日銀総裁「日銀支店長会議にて挨拶」
16:00 (独) 12月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.9%)
16:00 (独) 12月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
17:00 (独) 2012年GDP(年間成長率) 0.80% 3.00%
18:30 (英) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.5%)
18:30 (英) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
18:30 (英) 12月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.4%)
18:30 (英) 12月小売物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想+0.4%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(12カ月物・18カ月物)
19:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 11月貿易収支 (前回+102億EUR 予想+100億EUR)
22:00 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演「経済見通し」
22:30 (米) 1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回-8.10 予想-1.00)
22:30 (米) 12月小売売上高 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回0.0% 予想+0.3%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [前月比] (前回-0.8% 予想-0.1%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.4%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+2.2% 予想+2.1%)
22:50 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演「金融政策」
24:00 (米) 11月企業在庫 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
02:30 米国 プロッサー・フィラデルフィア連銀講演「経済見通し」
日本銀行支店長会議
アジア金融フォーラム(香港)
世界銀行「経済見通しを発表」

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

11000円にタッチしている。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が89.10、ユーロ円が119.67から118.89、ポンド円が142.94、オージー円が94.08、NZD円が74.77、カナダ円が90.32、スイス円が96.96まで下落した。

ただ、

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウの先物は、13480ドル台まで下落している。高値圏から50ドルぐらい安いレベル。 

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン午前の取引は、一時の円の買い戻しも一服気味。 ドル円は89.23まで下落、ユーロ円が119.19、ポンド円が143.57、オージー円が94.08、NZD円が74.77、カナダ円が90.63、スイス円が97.20まで値を下げたが、その後は買い戻し優勢。
 ユーロドルは、1.3348から1.3390まで値を戻したが、更なる動きとなっていない。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3280-1.3400)
上昇が1.3400-05でCapされており、上値は1.3370-80がCapされると上昇も厳しい。 1.3390-00や1.3390-00が再Capされると上値追いできない。 1.3400-05を超えて、1.3450のサイコロジカルでは売りが出易い。 一方下値は1.3340-55の窓の維持では良いが、1.3330-35や1.3320-25の窓の上限割れからは、下限となる1.3280-85、1.3265-70の上昇スタート位置が視野となるが、買いが入り易い。 リスクは1.3245-50を割れるケースで、その場合窓の下限となる1.3215-25、1.3200-10が視野となるが買いが入り易い。この注意は1.3170-85の次の窓の上限割れで、その場合1.3115-20の下限、更に1.3090-00を割れると1.3075-80、1.3050-60が視野となるが、買い場探し。 このリスクは1.3135-45を割れるケースで、その場合1.3015-25や1.2995-00も割れると下落が1.2980-90から1.2970-75の窓が視野となるが、下方ブレイクは不透明も、維持できない場合1.2955-60、1.2935-45の窓の下限なども視野となるが買い直し位置となる。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=88.90-89.80)
上昇が89.60-70でCapされて、下落が89.35-40まで拡大。上値は89.50-60が再Capされると上昇も厳しい。89.60-70を超えて、90円のオプションの防戦を睨む展開だが、89.75-85などが傍線から売りが出易いと見られる。 ただ越えると週足からは91.45-50、92.10-15、92.85-00、93.60-65などが順次ターゲットとなるが、94.95-00を越えるまではやはり売りが出易い。 一方方下値は89.35-40を割れると、89.20-25、89.10-15、89.00-05、88.85-90が順次視野となるが、買いが入り易い。 ただし88.70-80を割れると88.50-60の窓の上限、88.25-35のそれ以前の高値が視野となるが、買いが入り易い。このリスクは88.10-15の戻り安値や87.95-00を割れるケースで、その場合も87.85-90の窓の下限の維持では更に突っ込み売りも難しい。 ただし87.70-75を割れると87.55-65の更なる窓の下限、87.45-50のサポートと買いが入り易い。 注意は87.35-45の次の窓の上限を割れて、その場合下限となる87.20-25、87.10-15の戻り安値から86.95-00が視野となるが、買い直し位置となる。 このリスクは、86.75-85を割れるケースとなる。

円の買い戻しの要因?

テーマ: モノローグ

だいまん

中尾武彦財務官
「円安はこれまでの行き過ぎた円高の調整」
「安倍首相の発言が円下落のきっかけに一助になった」
「安倍首相の発言だけが円下落の理由ではない」
「円安は欧州の安定を受けたもの」
「円安は米国が回復している兆しのあらわれ」
「円安は米『財政の崖』回避の結果」

流石にユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上値を追えない。 でも売るのも躊躇したら、120円われに。  

ユーロ円が

テーマ: モノローグ

だいまん

120.13レベルまで上昇。

発言には注意して貰いたい

テーマ: モノローグ

だいまん

甘利明経済再生担当相
「(為替相場について)かなり良いところまで来た」
「1ドル=100円を超えると輸入価格の上昇が国民にのしかかる」

一応100円と遠いレベルで話たので、悪影響は軽微だが、もし、90円とか言ってたから、下げてたかも。

心配は、為替は、当局が困ると言うと、そういったレベルをトライしてしまうひねくれ物だということ。

安部政権のやりすぎ責任も出るか? 

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3404レベルまで。

下値は1.3375-85が逆サポートすると堅調が続く。

川口は

テーマ: モノローグ

だいまん

雪が強くなっています。。。。ユーロ円120円はつかなかったが。。。

既に119.70-80が支えると堅調が続きそう。

こういった発言も若干の影響か?

テーマ: モノローグ

だいまん

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「過度の緊縮策の早すぎる実施は悪影響を与える可能性がある」
「政府が財政赤字に対応する間、FRBの支援が必要になる」

NYダウ先物

テーマ: モノローグ

だいまん

13509ドルまで上昇。週末比21ドル高。

オージー円は

テーマ: モノローグ

だいまん

弱い豪州住宅ローン貸出を受けて、94.47から94.14レベルまで弱含み。

All Day

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=118.00-120.00)

売り 120.80-00
倍返し 120.50
売り 120.00-30
レンジ 119.75-85
中心 119.65
レンジ 119.50-60
ストップ 119.35-40
買い 119.15-20
買い 118.95-05
ストップ 118.85-90
ストップ 118.75-80
倍返し 118.55-60
買い 118.20-30
買い 118.05-10
倍返し 117.60-70

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3280-1.3400)

戦略
ストップ 1.3485-90
売り 1.3450
売り 1.3420-30
売り 1.3400
売り 1.3380-90
倍返し 1.3365-70
レンジ 1.3350-55
中心 1.3345
レンジ 1.3330-35
倍返し 1.3320-25
買い 1.3280-85
買い 1.3265-70
倍返し 1.3245-50
買い 1.3215-25
買い 1.3200-10
倍返し 1.3170-85
買い 1.3150
買い 1.3115-20
ストップ 1.3090-00
買い 1.3075-80
買い 1.3050-60
倍返し 1.3035-40
(予想時レート:1.3345 予想時間 NYクローズ)

早朝

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は89.67、ユーロ円は119.82レベルまで上昇。

ただ、商いが薄いことで、値動きは荒いので注意。

現在レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 89.25-38
ユーロドル 1.3357-63
ユーロ円は119.24-30
ポンド円は143.94-03
オージー円が94.16-23

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク志向の動きが継続した。 ユーロドルは、大手米銀がユーロ買いを推奨したことやロンドン・フィキシングの買いで、1.3366まで上昇、その後も高値圏で推移した。 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇後は89円前半に押し戻されて引けた。
 一方クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京休場(成人の日)
09:30 (豪) 11月住宅ローン貸出(前回0.10%)
10:20 (米) エバンス米シカゴ連銀総裁「討論会に出席」
16:00 (独) 12月卸売物価指数 [前月比] (前回-0.7%)
19:00 (ユーロ圏) 11月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回-1.4% 予想+0.2%)
01:55 (米) ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
02:40 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
04:30 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
06:00 (米) バーナンキFRB議長講演
アジア金融フォーラム(香港)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月15日 03:41
EURUSD 1.3332-46
USDJPY 89.19-27
GBPUSD 1.6116-33
USDCHF 0.9129-46
AUDUSD 1.0532-44
NZDUSD 0.8359-83
EURJPY 118.94-11
GBPJPY 143.78-99
AUDJPY 94.01-15
NZDJPY 74.59-86
CADJPY 90.58-78
CHFJPY 97.58-80
EURGBP 0.8267-78
EURCHF 1.2180-98
ZARJPY 10.17-29

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月15日 03:03
EURUSD 1.3329-48
USDJPY 89.15-33
GBPUSD 1.6114-32
USDCHF 0.9133-47
AUDUSD 1.0527-56
NZDUSD 0.8366-83
EURJPY 118.86-17
GBPJPY 143.76-99
AUDJPY 93.93-21
NZDJPY 74.63-84
CADJPY 90.57-78
CHFJPY 97.53-74
EURGBP 0.8266-80
EURCHF 1.2187-97
ZARJPY 10.16-29

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

まだ広い。

ドル円 89.24-35
ユーロドル 1.3332-53
ユーロ円 118.99-25

ご案内

テーマ: モノローグ

だいまん

「だいまんのMorning/EveningFX」の申し込みを開始しました。
毎日朝晩の2回、その日の相場戦略や見通しを音声でお伝えします。
お申し込みは1ヶ月から可能です。 また、同時に配信している
「だいまんのウラ読み戦略」でも、「Morning/EveningFX」を聞くことが
できます。こちらは毎日2回の一般のリポート、週間・月間リポートなども
ご購読できます

 ごあんあい

テーマ:

だいまん

「だいまんのMorning/EveningFX」の申し込みを開始しました。
毎日朝晩の2回、その日の相場戦略や見通しを音声でお伝えします。
お申し込みは1ヶ月から可能です。 また、同時に配信している
「だいまんのウラ読み戦略」でも、「Morning/EveningFX」を聞くことが
できます。こちらは毎日2回の一般のリポート、週間・月間リポートなども
ご購読できます

金曜日の海外市場

テーマ: モノローグ

だいまん

週末で動きづらい中、リスク志向の動きが継続した。 ただしNYダウは揉合い気味の推移で、更なる大きな動きは繋がらなかった。
 ユーロドルは、大手米銀がユーロ買いを推奨したことやロンドン・フィキシングの買いで、1.3366まで上昇、その後も高値圏で推移した。 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇後は89円前半に押し戻されて引けた。
 一方クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時円が軟調な推移も、NYダウが軟調スタートとなったことで、週末の利食いも優勢となった。 ただその後はダウの持ち直しを受けて、再度買い戻しが優勢となった。
 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時円が軟調な推移も、NYダウが軟調スタートとなったことで、週末の利食いも優勢となった。 ただその後はダウの持ち直しを受けて、再度買い戻しが優勢となった。
 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時円が軟調な推移も、NYダウが軟調スタートとなったことで、週末の利食いも優勢となった。 ただその後はダウの持ち直しを受けて、再度買い戻しが優勢となった。
 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

10860円まで値を更新している。

ロンドン勢は

テーマ: モノローグ

だいまん

買い気味から入ってきましたが、まだ方向感が出るような状況ではなさそう。
ユーロドルは1.3245-50と1.3275-85
ドル円は88.75-85と89.10-15
ユーロ円は117.85-95と117.25-35などのブレイクを見る形となる。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

奇妙に1.3245-50が堅い。 ショート・カバー意欲なのか?

ほんちゃんのビッドなのか? ともかくこれを割れないと駄目そう。

でも割れるとストップはあるでしょう?

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

  11日の東京市場は、海外市場の流れを受けて、円売りが拡大した。 特に貿易収支や経常収支が共に弱い結果となったことで、 一時大きく円売りが強まったが、その後は高値警戒感やファンド勢の利食いが優勢となった。
 ドル円は89.35の高値をつけた後88.76まで一時値を落とし、ユーロドルは1.3280から1.3251まで下落した。 
 クロス円では、ユーロ円が118.58の高値から117.67までげらく、ポンド円が144.42、オージー円が94.51、NZD円が75.39、カナダ円が90.86、スイス円が97.73まで一時上昇したが、その後利食いに押された。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3100-1.3300)
戦略としては、1.3245-55と1.3265-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3280-85超えをストップで、倍返ししてもターゲットは1.3290-00や1.3300-10の動向次第。 超えると再順張りとなるが、騙しのリスクは勘案して対応。 ターゲットは1.3320-30、1.3345-50と利食いで、この売りのストップは1.3365-70超え、再度1.3380-90などの売りは1.34超えなどで対応。または、1.3485-90をストップとするなら、1.3420-30、1.3450前後と売りあがりとなる。 一方下値は順張りからターゲットは、1.3210-25での買い戻しで、買いは1.32前後まで買い下がって、ストップは1.3170-85割れで、倍返しもターゲットは1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。(予想時レート:1.3160 予想時間 13:30)

流石に

テーマ: モノローグ

だいまん

調整気味。 特に89や90円は一旦ターゲットなので、週末もあり落ち始めると注意。

朝方また

テーマ: モノローグ

だいまん

買ってる向きがいるようだ。 値ごろのうりは 危険そう。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.89レベル、ユーロ円が117.93まで上昇。

防戦が89円、118円で押さえることができるか焦点。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 11月経常収支 (前回+3769億円 予想+415億円)
08:50 (日) 11月貿易収支 (前回-4503億円 予想-8129億円)
10:00 (米) コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演
10:30 (中) 12月消費者物価指数[前年比](前回+2.0% 予想+2.3%)
10:30 (中) 12月生産者物価指数[前年比](前回-2.2% 予想-1.8%)
14:00 (日) 12月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回40.0)
14:00 (日) 12月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回41.9)
16:00 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
17:15 (スイス) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.4% 予想-0.3%)
18:30 (英) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.8% 予想+0.8%)
18:30 (英) 11月製造業生産高 [前月比] (前回-1.3% 予想+0.5%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中期債入札
22:00 (米) ウェルズ・ファーゴ・10-12月期決算発表
22:30 (米) 11月貿易収支 (前回-422億USD 予想-412億USD)
22:30 (米) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.9% 予想+0.1%)
22:30 (加) 11月国際商品貿易 (前回-1.7億CAD)
23:30 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演 「経済見通し」
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回+0.1%)
03:30 (独) ショイブレ独財務相講演
04:00 (米) 12月月次財政収支 (前回-1721億USD 予想-225億USD)
アルムニア欧州委員講演

1/12(日)
バローゾ欧州委員長講演
チェコ チェコ大統領選挙

日経225先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

10765円まで上昇

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が116.61、ポンド円が142.19、オージー円が93.42、NZD円が74.57、カナダ円89.62、スイス円が96.28まで一時上昇した。 

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の50ドル高からマイナス圏に。 原因は不明。 

ECB理事会

テーマ: モノローグ

だいまん

ドラギ欧州中央銀行総裁
「利下げの要請はなかった」
で、ユーロは買いが強る。

ユーロドルは、1.3196、ユーロ円が116.47まで上昇。

英MPC

テーマ: モノローグ

だいまん

据え置き ポンドドルは1.6070まで上昇後、 1.6043-65で上下。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

スペイン国債の入札や利回りの低下を受けて、1.3110、ユーロ円が115.57まで上昇。

総じて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円、クロス円は一旦上値がついた感じのチャート。 後は押し目をどこまで作れるか? ただ、買い方のストップをヒットすると案外下げるケースも想定して対応したい。

ポンド円

テーマ: モノローグ

だいまん

141.35-40がCapされると弱そう。 140.80-00のサポート圏の維持などに注目。 割れると140円ミドル方向。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.05-15、87.95-00が維持すると強いが、割れると80方向への調整も想定したい。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一旦40を超えず調整気味も、115.10-15のそれ以前の高値が維持すると強いが、115円を割れると、調整気味となりそう。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=73.30-74.50)
戦略としては、73.90-95と74.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りも74.50-55での利食い&売り直しは、慎重に75円まで売り上がって、ストップはタイトまたは、75.50超えなどに置いて対応。 一方下値73.75-80と買い下がって、ストップは73.55-65割れや73.45-50割れでの倍返し。 ターゲットは73.25-30での買い戻し&買い直しで、ストップは73.00-05割れで、72.75-80と買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。(予想時レート: 74.15 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3000-1.3125)
ECBで何もでなければ、やっぱり買いが優勢となりそう。 ただ、テクニカル的に上値は重くなっており、しっかりと利食いたい。またドラギ総裁が、どういった発言をするか不透明。 発言後の荒れた動きに注意となる。 
戦略としては、1.3035-40と1.3055-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3065-75と売り上がって、1.3080-85超えがストップで1.3085-95超えでの倍返し。 ターゲットは1.3095-05、1.3105-10、1.3115-25利食い&売り場を探して、ストップは1.3130-35超えや1.3140-50超えでの倍返し。 ターゲットは1.3170-75や1.3195-00の動向次第で利食い。 超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは1.3230-45を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りはこの位置から1.3260-65、1.3270-85と売り上がって、ストップは1.3290-00超えや1.3300-10超えでの倍返し。 一方下値は順張りからターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3055 予想時間 15:45)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 10日の東京市場は、5-10日での仲値に向けた買いや堅調な日経平均株価、12月中国貿易収支が予想より強かったこと、一部通信社が緊急経済対策の政府文書として「外為特会を活用した新たな為替安定策を検討する」とされたことなどを受けて、じりじりと円が軟調な推移となった。 
 ドル円は87.88から88.30レベルへ上昇、ユーロドルも1.3039から1.3075まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が114.78から115.39、ポンド円が140.78から141.48、オージー円が93.25から93.34、NZD円が73.76から74.26、カナダ円が88.95から89.51、スイス円が94.93から95.44まで上昇した。

仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.20で決定。 一旦落ちましたが、88円を割れない。

この状況が継続するかでしょうか?

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

仲値決定後の推移に注目となる。

超えない状況なら上値追いはできず。越えると強気が見える可能性に注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12/29までの対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 1/5までの対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 11月住宅建設許可件数[前月比] (前回-7.6% 予想+3.0%)
14:00 (日) 11月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回92.8)
14:00 (日) 11月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回90.7)
16:45 (仏) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.4%)
16:45 (仏) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.7%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン中長期債入札(2015年・2018年・2026年償還)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(3カ月物・12カ月物)
20:00 (南ア) 11月製造業生産(前回+1.2%)
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁・記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回37.2万件 予想36.1万件)
22:30 (加) 11月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2%)
22:30 (加) 11月住宅建設許可 [前月比] (前回+15.0%)
24:00 (米) 11月卸売在庫 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.3%)
02:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
03:10 (米) ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演「経済見通し」
04:00 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演「経済」
06:00 (加) マックレム・カナダ銀行上級副総裁講演
ギリシャ10月失業率(前回26.0%)
バローゾ欧州委員長、ケニー・アイルランド首相会見
米30年国債入札(130億ドル)

ダウ失速

テーマ: モノローグ

だいまん

プラス41ドルの13370ドル近辺まで下落。

ダウが堅調

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.98、ユーロ円が115.00、ユーロドルが1.3079まで値を回復。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

87.95まで上昇。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円では、ロンドン初頭に売りが強まった後は買い戻しが優勢。 


ユーロ円が114.78から114.06まで下落後、114.68まで買い戻され、ポンド円が140.88から139.98、スイス円が94.95から94.33へ下落後買戻しが優勢。 オージ円は91.74から92.49、NZD円が73.05から73.85、カナダ円が88.47から89.11まで値を上げた。  

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、NYダウが堅調に84ドル高まで上昇、ドル買い、円売りの相場展開となっている。
 ドル円は、87.39から87.88まで一時値を上げ、ドルスイスが0.9274へ上昇、ユーロドルは、1.3037、ポンドドルが1.5993まで下落した。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

調整もスピード感が鈍い。

50にビッドありか?

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13330ドル台まで下落。 ドル円、クロス円も一旦上値つき感。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

9日の東京市場は、NYダウの下落を受けたリスク回避の動きが、日経平均株価が下落してスタートしたことで、更に拡大したが、その後日経平均株価がプラス圏を回復したことで、巻き戻しの動きとなった。
 ドル円は86.83まで下落後、フィッチが「債務についての行動がなければ、日本の格下げを検討する」との見解を示したこと、菅義偉官房長官が、「日銀総裁は、安倍首相の目指す方向に理解をいただける方を中心に選定する」と述べたことなどもあり、87.55まで反発、ユーロ円が113.55から114.52、ポンド円139.40から140.49、オージー円が91.23から91.94、NZD円が72.64から73.43、カナダ円が87.98から88.68、スイス円が93.92から94.72まで値を回復した。 一方ユーロドルは、1.3067から1.3091でサイド・ライン的な動きに終始した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=91.30-92.45)
戦略としては、91.65-70と91.85-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は91.95-00と売り上がって、ストップは92.10-25超えとするか、92.30-45、92.50-60と売り場を探して、ストップは92.80-85超え。 93円前後の売りはCapを確認する必要があるが、ストップは93.30-35超えとなる。 一方下値は91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップで、積極的なら倍返し、ターゲットは90.85-00の動向次第。 割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは90.30-35を前に下げ止まりでは買い戻しから買いは、89.90-00と買い下がって、ストップは89.70-80割れで、倍返し。(予想時レート: 91.85 予想時間 14:25)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=87.00-88.00)
戦略としては、87.35-40と87.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は87.55-60超えが倍返しも、87.65-70、87.70-80と利食いで、売りはこういったCapから87.95-05、88.10-25と売り場を探して、ストップは88.35-45超えや88.45-55超えでの倍返し。ターゲットは88.75-85での利食いで、89円前後の売りのストップは89.15-20超えとするか、慎重に89.45-55超えをストップに売りあがりでの対応となる。 一方下値は順張りから87.20-25、87.10-15と買い戻しから買いはこういった位置から86.95-00と買い下がって、ストップは86.75-85割れでの倍返し。ターゲットは86.45-55、86.25-30と買い戻しで、買いはこういった位置から86.15-20、86.00-10、85.90-00と順次買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 (予想時レート:87.45 予想時間 13:10)

日経平均が

テーマ: モノローグ

だいまん

強い。 ちょっと円売りが続きそう。

今日からスタートしました

テーマ: モノローグ

だいまん

「だいまんのMorning/EveningFX」今日から申し込みを開始致します。

毎日朝晩の2回、その日の相場戦略や見通しを音声でお伝えします。
お申し込みは1ヶ月から可能です。 また、同時に配信している
「だいまんのウラ読み戦略」でも、「Morning/EveningFX」を聞くことが
できます。こちらは毎日2回の一般のリポート、週間・月間リポートなども
ご購読できます。

詳細

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ここから、88円を回復とは思わないが、87円は堅くなりそう。

一目均衡表の日足の転換線(86.95-00)を若干割れて反発ってよくあるケース。
ただ、今後は下値を86.75-85として、上値の88.45-50の中心。87.65をアペックスに、上下すると三角保合い形成になるが、その場合は、ダイヤモンドになると、高値つきの可能性が高まるので、ざっくり60銭の上下として、87.05-88.25レンジか?

これも影響か?

テーマ: モノローグ

だいまん

菅義偉官房長官「日銀総裁は、安倍首相の目指す方向に理解をいただける方を中心に選定する」

前場終了で一旦垂れそう

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が87.50、ユーロ円が114.44、ポンド円が140.47、オージー円が91.88、NZD円が73.43、カナダ円が88.64、スイス円が94.7まで上昇。

ここまで

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇するとは。。。。

株関係の人は、為替を見て日経が上がってるって言うし、為替の人は株見て上がっているというし、どっちだ?

今日の東京は

テーマ: モノローグ

だいまん

奇妙に買いも入るけど、やっぱり上値は重いと見ておきたい。

買戻しが入るとすれば、レベル感は別として、東京夕方からロンドンの初頭の水曜日のバリュー替わりの伴うケースか?

東京朝

テーマ: モノローグ

だいまん

 早朝の動きは、ドル円は86.83、ユーロ円が113.55、ポンド円139.40、オージー円が91.23、NZD円が72.64、カナダ円が87.98、スイス円が93.92まで下落後、反発したが、日経平均の寄り安を睨んで、再度売りが強まった。 ただ日経平均株価は、100円安程度で寄りつき、現状は買い戻しが優勢。
今日もあれた展開が続きいそう。

株の寄付きを睨んで

テーマ: モノローグ

だいまん

買い方の利食いがでている感じ。

日経平均もスタートは弱そうだが。。。。

朝の動き

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が113.55、ドル円は86.83まで一時下落。 

朝の動き

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が113.55、ドル円は86.83まで一時下落。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 11月小売売上高 [前月比] (前回0.0% 予想+0.3%)
18:00 (ユーロ圏) 伊7-9月期財政赤字対GDP比[年初来] (前回+5.0%)
18:30 (英) 11月商品貿易収支 (前回-95.39億GBP 予想-90.00億GBP)
19:30 (独) 独5年債入札(50億ユーロ)
20:00 (独) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回-2.6% 予想+1.0%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-10.4%)
22:15 (加) 12月住宅着工件数 (前回19.61万件)
24:30 (米) 週間原油在庫
06:45 (NZ) 11月貿易収支 (前回-7.18億NZD 予想-6.70億NZD)
ポーランド ポーランド国立銀行・政策金利発表
米10年国債入札(210億ドル)

既に

テーマ: モノローグ

だいまん

若干動きが止まった感じ。
ドル円は87.30-35、ユーロ円は114.15-20で反発が限定されており、こういった位置がを超えないと上昇も覚束ない。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が113.63、ポンド円が139.48、オージー円が91.20、NZD円が72.56、カナダ円が88.07、スイス円が94.01まで下落した。
 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウの下落を受けて、リスク回避の動き。一旦買いになり易いレベルまで。

ドル円が76.98、ユーロ円が113.63、ユーロドルが1.3060まで下落。

揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

方向感は見出し難く、ジョビングぐらいしか出来ない。 

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13375ドル程度まで反発。

ユーロ圏の指標は大きな材料とならず

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ圏・11月失業率

前回:11.7%
予想:11.8%
今回:11.8%

ユーロ圏・11月小売売上高(前月比)

前回:-1.2%
予想:+0.3%
今回:+0.1%

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 8日の東京市場は、一部報道で「安倍首相の求める物価目標に関し、日銀は達成時期を明記しない」と報じられたことや日経平均株価が軟調に推移したことなどで一時円売りが拡大したが、その後麻生太郎副総理兼財務・金融相が、「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」と発言したことで、巻き戻しとなった。 ただ、「ESM債、購入額を決めたわけではない」とも述べており、その後はじりじりと円の買い戻しとなった。
 ドル円は87.22から87.82まで一時反発、ユーロドルは、1.3140の高値まで上昇した。
 一方クロス円では、ユーロ円が114.47から115.23、ポンド円が140.66から141.44、スイス円が94.72から95.32まで一時反発後値を落とし、オージー円が92.12から91.54、NZD円が73.43から72.99まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=113.75-115.50)
戦略としては114.70-75と114.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、115.10-15と売り上がって、ストップは115.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは115.40-50と利食い&売り上がって、ストップは115.55-65超え。115.75-85での売り直しのストップは115.95-00超えでの倍返し。 ターゲットは116.50、117.00などを睨んで利食い優先となる。 一方下値は114.45-55割れがストップ、114.30-40は維持を見て買っても、ストップは114.20-25割れや114.10-15割れでの倍返し。 このターゲットは113.95-00、113.75-80の動向次第で買い戻し。 買いは維持を見る必要があるが、ストップは113.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは113.50-55、113.40-50と買い戻しで、買いは113.25-30と買い下がって、ストップは113.15-20割れで、112.95-05、112.75-80での買い直しのストップは112.55-65割れ。 112.40-45、112.25-35での買いのストップは、112.15-25割れなどでの対応となる。(予想時レート:114.85 予想時間 14:20)

後場の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経は高く始まらないようだ。。。。

金額までは

テーマ: モノローグ

だいまん

考えてないようだが、既存の外貨準備中のユーロで買うなら、為替市場には影響がない。。。。

新規にユーロを買うなら別だが。。。

円売り材料

テーマ: モノローグ

だいまん

麻生太郎副総理兼財務・金融相
「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」
「ESM債、購入額を決めたわけではない」

甘利明経済再生担当相
「緊急経済対策の骨子案は再生本部で了承された」
「経済対策はかなり大胆な規模になる」

麻生太郎副総理兼財務・金融相

テーマ: モノローグ

だいまん

「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

今まではどこまで上がるか、判らずがむしゃらに買っていたが、

今後は、下がるまえに利食いたいとみんなが思うかどうかがポイントかも。

豪貿易収支

テーマ: モノローグ

だいまん

予想より悪化。若干のオージー売りに。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

直近、朝は円売りが出る傾向があったが、本邦は売りからのようだ。。。。

注意注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 11月貿易収支 (前回-20.88億AUD 予想-23.00億AUD)
15:45 (スイス) 12月失業率 (前回3.1% 予想3.3%)
16:00 (独) 11月貿易収支 (前回+158億EUR)
16:00 (独) 11月経常収支 (前回+136億EUR)
16:45 (仏) 11月貿易収支 (前回-46.85億EUR)
17:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、パホル・スロベニア新大統領と会談
19:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 11月小売売上高 [前月比] (前回-1.2%)
19:00 (ユーロ圏) 11月小売売上高 [前年比] (前回-3.6%)
19:00 (ユーロ圏) 11月失業率 (前回11.7%)
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者信頼感・確報 (前回-26.6)
19:00 (ユーロ圏) 12月経済信頼感(前回85.7 予想86.2)
19:30 (英) 英長期債入札(2030年償還物・15億ポンド)
20:00 (独) 11月製造業受注 [前月比] (前回+3.9% 予想-1.5%)
05:00 (米) 11月消費者信用残高 (前回+141.58億USD 予想+120.00億USD)
05:00 (米) ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演「経済見通し」
05:45 (NZ) 11月住宅建設許可 [前月比] (前回-1.5%)
レーン欧州委員「エコノミック・サミットに出席」(ベルリン)
ファンロンパイEU大統領「アイルランド政府当局者と会談」
日10年国債入札(2兆3000億円)、米3年国債入札(320億ドル)

その他

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.63から87.96まで一時値を戻したが。このレンジでの揉み合い。

クロス円では、ポンド円が140.50から141.32、カナダ円が88.70から89.11、スイス円が94.39から95.25まで反発、オージー円は91.78から92.35まで反発も上値が重く、NZD円は72.66の安値から日中高値圏となる73.54まで値を戻した後は、上値を抑えられた。 

ユーロ買い

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.3114、ユーロ円が115.16まで一時上昇。

主だった材料は見えてない。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス78ドルからスタートも、現在は買い戻し気味。

Choppyな動きが

テーマ: モノローグ

だいまん

続いてるが、ユーロの買戻しは、一部通信社が「イタリアのベルルスコーニ前首相は首相に立候補しないことで合意した」と報じたことが要因。 

言ってる先から

テーマ: モノローグ

だいまん

114.75-80レベルまでユーロ円は上昇。

114.50-55、114.35-45が支えると堅調に変わる。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

114.60-70がCapされて、再度114.20レベルまで下落。 上値は114.45-55がCapされると上昇も覚束ない。

東京概況

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=88.00-89.50)
戦略としては、88.70-75と89.05-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は89.25-35、89.40-45と売り上がって、ストップは89.55-65超えでの倍返しも90円を前に上げ渋りでは利食い優勢。 売りはCapのケースで、90.55-60などをストップに検討される。 一方下値は慎重な順張りまたは、88.45-50、88.40-45と買い戻しで、88.20-30、88.00-10と買い場を探して、ストップは87.95-00割れで、87.85-90割れでの倍返し。ターゲットは、87.45-50、87.35-40と買い戻し&買い下がって、ストップは87.00-05割れや86.90-00割れでの倍返し。 このターゲットは、86.60-70、86.40-50と買い戻しで、買いは86.15-30、まで買い下がっても、ストップは85.85-90割れや85.75-85割れでの倍返し。(予想時レート: 88.80 予想時間 15:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

従って戦略としては、114.40-45と114.65-70のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合の上値は114.75-80をストップ、114.95-00での売り直しのストップは115.05-10超え、115.15-20、115.25-30、115.40-50で売り上がって、ストップは115.55-65超え。115.75-85での売り直しのストップは115.95-00超えでの倍返し。 ターゲットは116.50、117.00などを睨んで利食い優先となる。 一方下値は114.25-30割れでの倍返し。ターゲットは、114.10-20や113.95-00の動向次第で、買い戻しで、買いのストップは、113.75-80割れや113.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは113.50-55、113.40-50と買い戻しで、買いは113.25-30と買い下がって、ストップは113.15-20割れで、112.95-05、112.75-80での買い直しのストップは112.55-65割れ。 
(予想時レート:114.50 予想時間 14:50)

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

上値は1.3065-75が抑える形。 1.3080-85や1.3090-95を超えて、一定の反発期待。

下値は1.3045-50が支えると良いが、1.3030-40を割れて1.3015-25を割れると厳しい。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.38から87.97へ調整後、反発が88.23でCapされると形。

やはり下値は87.95-05の再維持が焦点。割れると87.75-85などがターゲットで、更に87.60の金曜日の安値割れがストップ圏となる。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

案外動きが激しい。

115.55まで上昇後、114.80を維持も、反発が115.22でCapされる形。 下値は114.95-00が再維持できるか焦点。 114.80を割れると114.50-60方向への調整も視野。

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月07日 06:45
EURUSD 1.3072-80
USDJPY 88.10-13
EURJPY 115.20-28
GBPJPY 141.60-69
AUDJPY 92.30-39

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

欧州市場から強い米雇用統計を見越したリスク志向が強まったが、米12月雇用統計では、非農業部門雇用者数は、前月比でプラス15.5万人となり、予想を下割る形から、更に失業率が7.8%と悪化したことで、全般的に巻き戻しが優勢となったが、NYダウが堅調な推移したことで円売り地合いは変わらず、円は再度売り戻されて週末の取引を終了した。 
 ユーロドルは、1.2998から1.3090へ反発、ドル円は88.405から87.60まで値を下げた後88.36まで反発した。 
 クロス円では、ユーロ円が114.28まで下落後115.40日中高値へ上昇、ポンド円が140.53から141.80、オージー円が91.59から92.47、スイス円が94.50から95.50、NZD円は72.40から73.38まで値を上げ、カナダ円は、強いカナダ雇用統計を受けて、88.89から89.63まで一時上昇した。 
 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

18:30 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長講演
19:00 (ユーロ圏) 11月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.6% 予想+2.4%)
24:00 (加) 12月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回47.5)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月07日 06:00
EURUSD 1.3079-85
USDJPY 88.12-15
GBPUSD 1.6072-81
USDCHF 0.9238-46
AUDUSD 1.0467-77
NZDUSD 0.8299-12
EURJPY 115.26-33
GBPJPY 141.64-74
AUDJPY 92.26-34
NZDJPY 73.14-26
CADJPY 89.24-35
CHFJPY 95.32-40
EURGBP 0.8133-44
EURCHF 1.2086-96
ZARJPY 10.23-34

今週は

テーマ: モノローグ

だいまん

ロイターの記事で、今週にも90円を目指すとの見通しが出始めているのはいやだね。

ただ、28日、4日と早朝に大口円売りが出て、相場が持ち上がる現象が出ているが、
週初で、またぞろそういったフローが出てくるのか見てから対応したい。

材料的には、今週はECBなどはあるが、その他では材料も薄く、若干落ち着いた相場が見えてくるのかと思っている。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

びっくり、日中高値を越える115.09まで反発。

確かに円売りだろうが、そこまで上がるとは。。。

 クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が115.06から114.28まで下落、ポンド円が141.79から140.53、オージー円が92.18から91.59、スイス円が95.15から94.50まで下落したが、NZD円は72.40から72.83まで値を上げ、カナダ円は、強いカナダ雇用統計を受けて、88.89から89.33まで値を上げた。 


NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

米12月雇用統計を受けて、全般的にドル売り、円買いが一時;優勢となった。 
 ユーロドルは、1.2998から1.3064へ反発、ドル円は88.405から87.60まで値を下げた。

米雇用統計を受けて、

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.60レベル、ユーロ円114.28レベルまで下落。

ユーロドルは一時1.3059まで反発した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 4日の東京市場は、大発会の東京株式市場が、大きく値を上げたこと、米12月雇用統計が強いとの見方から、円売り、ドル買いが加速した。
 ユーロドルは、1.3054から1.3006まで下落、ドル円は、ヘッジ・ファンドなどの買いで、87.26から88.12まで上昇した。 
 クロス円では、ユーロ円が113.84から114.71、ポンド円が140.42から141.60、オージー円が91.30から91.96、カナダ円が88.30から89.02、スイス円が94.15から94.89まで値を上げたが、NZD円は72.70から72.14まで値を下げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2995-1.3110)
戦略としては、1.3025-35と1.3050-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3065-70超えがストップで、倍返しも1.3080-05、1.3105-15と利食い&売り上がって、ストップは1.3120-25超えで、1.3130-35、1.3145-50での売り直しのストップは、1.3170-75超えや1.3195-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3230-45を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りはこの位置から1.3260-65、1.3270-85と売り上がって、ストップは1.3290-00超えや1.3300-10超えでの倍返し。 一方下値は、1.3015-25割れでの倍返し。ターゲットは1.300-15、1.2995-00と買い戻し&買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。(予想時レート:1.3045 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=87.40-88.30)
戦略としては、87.70-75と87.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りも88円前後、88.10-15、88.20-30と利食い&売り場を探して、ストップは88.45-55超えなどで対応。 一方下値は87.55-65割れがストップで、倍返しもターゲットは87.40-45や87.25-30の動向次第で買い戻し。買いは87.25-30をストップとするか、87.15-20、87.05-10、86.95-00と買い下がって、ストップは86.85-90割れや86.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは86.45-55、86.25-30と買い戻しから、86.15-20、86.00-10、85.90-00と買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 85.60-65割れが積極的なら倍返しとなる。(予想時レート:87.75 予想時間 15:40)

気のせいか

テーマ: モノローグ

だいまん

オプションのパターンとしても、いつもほどドル円の上昇スピードが鈍い感じがするのは、私だけでしょうか?

荷モタレが出ると注意じゃないかな?

欧州スタートは

テーマ: モノローグ

だいまん

完全にドル買いの雰囲気。米雇用統計を見越した動きなら、結果では、強弱感があっても、注意となりそうだ。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.83、ユーロ円は114.40まで一時上昇。

ただ、高値は維持できていない。次は88円の防戦ラインが勝負。

日経平均

テーマ: モノローグ

だいまん

209円高で寄り付く。

ドル円は87.77、ユーロ円が114.38まで上昇。
ユーロドルは、1.3023まで下落した。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、一時の円買いもNYダウの反発や米FOMC議事録を受けたドル買いが優勢となった。米12月ADP全米雇用報告が市場予想を上回ったが、週間新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことで、米経済指標に対する反応は限定的となった。 米12月FOMC議事録では、「数人のメンバーが、2013年末より前の時点での量的緩和(QE)の縮小もしくは停止が適切と判断した」ことが示されると、米長期金利の上昇を受けて、ドルを買う動きが広がった。 
 ユーロドルは1.3170から1.3047へ下落、ドル円は86.77から87.35まで一時値を戻した。
 一方クロス円では、ユーロ円が113.65から114.22、ポンド円が140.18から140.70、オージー円が91.13から91.60、カナダ円が87.97から88.50、スイス円が93.97から94.42まで一時値を回復、ンZD円は72.63から72.18まで下値を拡大した。  

Nikkei225は

テーマ: モノローグ

だいまん

年初からの高値10820近辺から10720円まで調整も、年末の終値10400台からは、大幅に上昇してスタートする可能性がありそう。

その面では、早朝は9時の寄り付きまで、円買いは若干危険。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

17:55 (独) 12月サービス業PMI・確報値(前回52.1)
18:00 (ユーロ圏) 12月総合PMI・確報値(前回47.3 予想47.3)
18:00 (ユーロ圏) 12月サービス業PMI・確報値(前回47.8 予想47.8)
18:30 (英) 12月PMIサービス業 (前回50.2 予想50.2)
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.1%)
22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数 (前回+14.6万人 予想+14.5万人)
22:30 (米) 12月民間部門雇用者数(前回+14.7万人 予想+14.5万人)
22:30 (米) 12月失業率 (前回7.7% 予想7.7%)
22:30 (加) 12月雇用ネット変化 (前回+5.93万人 予想0.00万人)
22:30 (加) 12月失業率 (前回7.2% 予想7.3%)
24:00 (米) 12月ISM非製造業景況指数 (前回54.7 予想54.3)
24:00 (米) 11月製造業受注指数 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.5%)
01:00 (米) 週間原油在庫
03:15 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
05:30 (米) イエレンFRB副議長講演
東京株式市場大発会

米FOMC議事録を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

「数人のメンバーは2013年末より前の時点での量的緩和の縮小もしくは停止が適切と判断した」
との報道で、ドル買いに。

米FOMC議事録を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

「数人のメンバーは2013年末より前の時点での量的緩和(QE)の縮小もしくは停止が適切と判断した」ことが明らかになると、全般ドルを買い戻す動きが出た。ドル円は一時87.25円付近まで上昇した一方、ユーロドルは一時1.3080ドルと日通し安値を付けた。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウがマイナス50ドルからプラス8ドルまで反発したことで、買い戻し気味も、揉み合いが継続している。 ユーロ円が113.65から114.11へ一時値を戻し、ポンド円が140.18から140.72、オージー円が91.13から91.56、NZD円が72.23から72.63、カナダ円が87.97から88.41、スイス円が93.97から94.38ので推移となっている。  


NY中盤まで

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の動向は、一時の円買いも、若干揉合い気味。 米12月ADP全米雇用報告が市場予想を上回ったが、週間新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことで、ドル買いも一過性のとなった。 
 ユーロドルは、1.3082の安値から1.3121へ反発も、このレンジでの推移、ドル円は87.11まで反発後、86.77まで一時下値を拡大した。

ポンド円は

テーマ: モノローグ

だいまん

140.45-55の戻り安値が現在支える形。これが窓の上限となるので、割れると下限となる139.50-55で、日足の一目均衡表の転換線が139.30-35で、こういった位置は良いターゲット。 

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

113.80の現状の安値を割れると、これも日足の一目均衡表の転換線が113.300-35にあり、ターゲットとなるか? 注目。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

既に日足の転換線の1.3090-95に達しており、更に突っ込みは不透明。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

安値の86.89から反発が87.05に限定される形。

次のブレイクが焦点となるが、85.45-55に節目があるが、日足の一目均衡表の転換線が85.60-65にあり、こういった位置がターゲットとなるか注目。

ユーロ円の

テーマ: モノローグ

だいまん

このちょっとだけ、安値を割れて反発って、要注意。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3150の大口のソブリンの買いオーダーを消化して、ストップをつける形。

現状安値は1.3124レベル、ユーロ円が114.46まで。

ユーロ売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.31335まで下落。 材料は不明。

明日の

テーマ: モノローグ

だいまん

東京勢が戻ってくる日が、鬼門だよね。。。。

日経は高いとしても、為替は利食いが出易いし、輸出の売りも出るかも知れない。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

87.35まで上昇も案外上値が重い

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

308ドル高で引ける。 ドル円は87.35レベルまで高値更新。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(正月)
10:00 (中) 12月非製造業PMI(前回55.6)
16:00 (英) 12月ネーションワイド住宅価格(前回±0.0% 予想±0.0%)
17:00 (スイス) 12月KOF先行指数 (前回1.50 予想1.40)
17:30 (スイス) 12月PMI製造業 (前回48.5 予想48.4)
17:30 (香港) 11月小売売上高-価格 [前年比] (前回+4.0% 予想+4.2%)
17:55 (独) 12月失業者数 (前回+0.5万人)
17:55 (独) 12月失業率 (前回6.9%)
18:00 (ユーロ圏) 11月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.9% 予想+3.8%)
18:30 (英) 12月PMI建設業 (前回49.3 予想49.5)
18:30 (英) 11月消費者信用残高 (前回-5億GBP -1億GBP)
18:30 (英) 11月マネーサプライM4 [前年比] (前回-3.2%)
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英中期債入札(37.5億ポンド)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-12.3%)
21:30 (米) 12月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回+34.4%)
22:15 (米) 12月ADP全国雇用者数 (前回+11.8万人 予想+13.7万人)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回35.0万件)
04:00 (米) FOMC議事録(12月11-12日分)
米議会開会

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロ円が115.64から114.83まで下落、ポンド円が141.47、NZD円が72.57、スイス円が94.93まで下落。 オージー円は91.73の高値をつけた後、91.29まで値を下げ、カナダ円も一時88.61の日中高値まで値を上げた。

NY午前

テーマ:

だいまん

 ユーロドルは、1.3185まで下落、ドル円は86.96から87.23まで反発もクロス円の売りに上値を抑えられた。

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の270ドル高も上げ渋り

揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

結局ダウ次第の展開となりそう。

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

高値から50ドルぐらい調整の13250ドル近辺。

少し調整の雰囲気があるので注意。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 米財政の崖が、回避されたことで、欧州株先物やNYダウ先物が上昇も、利食いが優勢となった。
 ユーロドルは、1.3234、ドル円は86.99まで値を下げた。 
 クロス円では、ユーロ円が115.17、ポンド円が141.74、オージー円が91.14、NZD円が72.65、スイス円が95.26まで下落、カナダ円だけは、88.56まで高値を更新した。

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

先物は一時13310ドルまで上昇。

アジア市場概況

テーマ: モノローグ

だいまん

2日のアジア市場は、米財政の崖問題の共和党の投票を控えて、上院が可決した年収45万ドル超の世帯を対象とした増税案に、下院での共和党議員の過半数が、賛成票を投じるとの思惑から、円売りが拡大した。 ただし、下院で可決が決定した後は、利食いが優勢となった。 ユーロドルは、1.3300、ドル円が87.33、ユーロ円が115.99、ポンド円が142.75、オージー円が91.51、NZD円が73.12、カナダ円が88.48、スイス円は96.03まで一時上昇した。 (15:45現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=141.00-143.00)
上昇が142.75-80まで拡大も、上げ渋っており、上値は142.60-65が再Capされると上値追いも出来ない。超えて週足からは、 144.90-95が視野となるが、145.95-00を超えるまでは売りが出易い。 一方下値は142.25-35、142.05-15が維持すると良いが、141.95-00を割れると141.75-80から141.60-65の節目、更には141.00-10なども視野となるが、買いが入り易い。 リスクは13、140.55-65を割れるケースとなる。 その場合140.35-40、140.10-15から139.90-95の窓が視野となるが、買いが入り易い。(予想時レート:142.40 予想時間15:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=86.75-87.50)
戦略としては、87.10-15と87.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りも87.45-50のCapでは利食い優先。 売りはCapを確認して対応。 ストップはタイト気味で、再度87.75-85、88円までの売りは、88.10-15が超えがストップとなる。 一方下値は86.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは86.85-90、86.75-80と買い下がって、ストップは86.45-55割れで、倍返しも86.25-30、86.15-20での買い戻しで、買いはこういった位置から86.00-10、85.90-00と買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 85.60-65割れが積極的なら倍返しとなるが、ターゲットは85.40-50、85.25-35買い戻し&買い下がって、85.10-15割れがストップで、85.00-10、84.85-95と買い直して、ストップは84.70-80割れや84.65-70割れでの倍返し。(予想時レート:87.15 予想時間 14:50)

オバマ大統領は、

テーマ: モノローグ

だいまん

大した話もせず、休暇中のハワイへ戻る模様。

オバマ大統領は

テーマ: モノローグ

だいまん

日本時間1時20分に声明を発表する。


なんか、これが「スカルプD」なるかも。。。

下院で

テーマ: モノローグ

だいまん

可決。

海外に向けての戦略

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=71.50-73.50)
戦略としては、72.80-85と72.95-05のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、73.10-15超えがストップで、73.35-40、や74円までの売り場探しのストップは74.05-10超え。 一方下値は72.65-70割れでの倍返し。ターゲットは72.30-35、72.15-25と買い戻し。買いは71.85-95、71.70-75など買い下がって、ストップは71.45-55割れで、倍返し。 ターゲットは70.95-71.10、70.70-80と買い戻し&買い下がって、ストップは70.65-70割れで、70.45-50、70.25-30と買い下がって、70.10-15割れがストップ&倍返し。(予想時レート: 72.95 予想時間 12:45)

海外に向けて

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=90.00-92.00)
戦略としては、90.95-00と91.40-50のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は慎重な順張りをしても、防戦からは91.70-80、92円を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りはCapを確認する必要があるが、92.50などをバックに検討する形となる。 一方下値は90.85-90割れでの倍返し。ターゲットは90.30-35を前に下げ止まりでは買い戻しから買いは、89.90-00と買い下がって、ストップは89.70-80割れで、倍返しも89.45-55での買いもどし&買い直しのストップは89.25-30割れで、88.95-00での買いのストップは、88.75-80割れでの倍返しとなる。(予想時レート: 91.35 予想時間 12:50)

ユーロドルの

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇は、どうみてもユーロ円に振らされているだけだよね。。。。

やりすぎ感は

テーマ: モノローグ

だいまん

相当あるけど、年初は変動率が高いから、まだ注意。

イメージー的には、下院の投票結果で、賛成となったあたりがピークとなる可能性があるので、レベル感だけでは、厳しい。

アジア午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 
 アジア午前の取引は、米財政の崖問題の共和党の投票を控えて、上院が可決した年収45万ドル超の世帯を対象とした増税案に、下院での共和党議員の過半数が、賛成票を投じるとの思惑から、円売りが拡大している。 ユーロドルは、1.3287、ドル円が86.96、ユーロ円が115.49、ポンド円が142.16、オージー円が91.01、NZD円が72.89、カナダ円が88.07、スイス円は95.67まで上昇した。 
 今後は日本時間午後01時15分の投票開始が焦点。 結果は不透明だが、円売りが拡大しており、結果で一旦利食いが出る可能性には注意して対応したい。
 ドル円は87円、ユーロ円も115.50の防戦をつける動きに注意となる。 

CNN

テーマ: モノローグ

だいまん

下院の投票は日本時間午後1時15分以降(米東部時間午後11時15分以降)といっているようです。 すません。事前の情報はちょっと違うような。

結果は未だ

テーマ: モノローグ

だいまん

不透明だが、大分円売りも進んでおり、結果で利食いが出るリスクは考慮しておきたい。

下院

テーマ: モノローグ

だいまん

上院の財政法案を日本時間11時から開始。

共和党は、

テーマ: モノローグ

だいまん

上院の法案に修正を加えることを断念する模様。

コール下院議員

テーマ: モノローグ

だいまん

共和党の過半数が財政法案に賛成する

下院

テーマ: モノローグ

だいまん

「下院共和党は財政法案に関して2つの選択肢を計画」と報道。

ということは、悪い方向か?

下院での審議が続く中

テーマ: モノローグ

だいまん

米民主党のリード上院院内総務

「米上院は3日朝まで休会する」
発言を嫌気か?

下院での審議が続く中

テーマ: モノローグ

だいまん

米民主党のリード上院院内総務(一部通信社が伝える)「米上院は3日朝まで休会する」

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

86.84まで。

ユーロ円は114.70台の高値

現在

テーマ:

だいまん

ドル円は86.70レベル
ユーロ円は、114.40台。

早朝レンジ

テーマ: モノローグ

だいまん

EURUSD 1.3173-1.3223
USDJPY 85.44-80
GBPUSD 1.6214-1.6320
USDCHF 0.9134-65
AUDUSD 1.0380-1.418
NZDUSD 0.8242-78
EURJPY 113.99-114.67
GBPJPY 140.47-141.36
AUDJPY 89.51-90.30
NZDJPY 71.47-95
CADJPY 86.36-87.41
CHFJPY 94.33-93
EURGBP 0.8094-0.8134
EURCHF 1.2067-88

ただし、スプレッドが開いているので、正確とはいえないので注意。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月02日 06:00
EURUSD 1.3192-94
USDJPY 85.57-58
GBPUSD 1.6227-42
USDCHF 0.9161-63
AUDUSD 1.0391-99
NZDUSD 0.8256-91
EURJPY 114.21-24
GBPJPY 140.65-73
AUDJPY 89.98-02
NZDJPY 71.58-94
CADJPY 87.12-18
CHFJPY 94.53-56

ユーロ円

テーマ: モノローグ

だいまん

114.22-27レベルへ下落。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

86.53-80ゾーンでの推移。 現在86.60レベル

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月02日 05:52
EURUSD 1.3173-01
USDJPY 85.67-74
GBPUSD 1.6238-42
USDCHF 0.9162-62
AUDUSD 1.0393-96
NZDUSD 0.8273-77
EURJPY 114.36-58
GBPJPY 140.85-91
AUDJPY 90.05-25
NZDJPY 71.58-63
CADJPY 87.14-49
CHFJPY 94.65-93
EURGBP 0.8098-21
EURCHF 1.2082-85

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 114.36-58
GBPJPY 140.85-91
AUDJPY 90.05-25
NZDJPY 71.58-63
CADJPY 87.14-49
CHFJPY 94.65-93

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月02日 05:48
EURUSD 1.3173-01
USDJPY 85.68-80
GBPUSD 1.6246-51
USDCHF 0.9144-71

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(ニューイヤーズホリデー)、東京市場休場(正月)、チューリッヒ市場休場(ベルヒトルドの日)
17:55 (独) 12月製造業PMI・確報値(前回46.3)
18:00 (ユーロ圏) 12月製造業PMI・確報値(前回46.3 予想46.3)
18:30 (英) 12月PMI製造業 (前回49.1 予想49.1)
19:30 (独) 2年債入札(50億ユーロ)
22:00 (独) 12月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回-0.1%)
22:00 (独) 12月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.9%)
24:00 (米) 12月ISM製造業景況指数 (前回49.5 予想50.1)
24:00 (米) 11月建設支出 [前月比] (前回+1.4% 予想+0.6%)
02:00 (ユーロ圏) 伊12月財政収支(前回-43億ユーロ)

ただ、

テーマ: モノローグ

だいまん

下院が、合意できずに、上院に差し戻すと大変なことになるけど。。。。

財政の崖

テーマ: モノローグ

だいまん

ベイナー下院議長は、法案をそのまま受け入れるか修正するか、内容を見たうえで判断するとしている。 
現在下院で審議中だが、下院で可決されれば、オバマ大統領が速やかに署名して成立する見通し。 
その場合、財政の崖は避けられるとの見方となる模様。
(期限がころころ変わるから、よくわからん)

早朝の

テーマ: モノローグ

だいまん

シドニー市場で、ドル円は86.80の高値をつけている模様。

現状は、

テーマ: モノローグ

だいまん

CNNでは、上院で法案が可決。 今後は下院の審議に懸かっている。

 上院が可決した法案には、強制的な歳出削減開始の2カ月先送りが盛り込まれた。

年収40万ドル超の個人および同45万ドル超の世帯を対象とした増税で、最高税率が現在の35%から39.6%に引き上げられる。この層については、キャピタルゲイン税や配当税も15%から20%に戻す。遺産税については、1000万ドル以上を対象とした税率を35%から40%に引き上げる。

ということで、週末大きく反発したNY株市場にプラスかどうかは不透明な感じ。

1月2日の取引は

テーマ: モノローグ

だいまん

午前7時からとなります。

減税失効と歳出の強制削減が年明けに重なる「財政の崖」回避に向けた協議は、期限となる米東部時間1月1日午前零時(日本時間午後2時)の数時間前に超党派合意に達したが、議会の法案採決は期限に間に合わなかった。
 米上院は1日未明にも法案を可決する見込みで、下院も早急に可決できれば、全世帯で増税となる「財政の崖からの転落」は一時的な事態で終わることになる模様。 
 ただ、現状はその後の報道は入ってきていない。 

年初の取引がどういったレベルでスタートするかは不透明ですね。

明けましておめでとうございます。

テーマ: モノローグ

だいまん

 旧年中は、多大なご愛顧を頂き、大変ありがとうございました。
 メンバー一同、今年も尚一層努力して、より良い情報をお伝えできるように心がけて行く所存です。
 皆様の更なるご発展をお祈りしております。
 今年もがんばりましょう!!

予想外にのんき?

テーマ: モノローグ

だいまん

オバマ米大統領
「『財政の崖』合意が視野に入ってきたようだが、依然として解決すべき問題がある」
「議会での合意成立は可能と期待しているが、合意はまだなされていない」
「財政での規模の大きな合意が望ましい」
「財政赤字は段階的に対応することが可能だ」

恐らく大したことない

テーマ: モノローグ

だいまん

米ホワイトハウスは31日、「オバマ大統領は日本時間1日3時30分に財政に関する声明を発表する」とした。

上値を若干拡大。

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は、86.69、ユーロ円が114.43、ポンド円が140.95、オージー円が90.15、NZD円が71.62、カナダ円が87.39、スイス円が94.78まで値を伸ばした。

財政の崖

テーマ: モノローグ

だいまん

「増税の対象は年所得45万ドル以上となる」

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の動向は、円売りが拡大。 米「財政の崖」回避に向けた協議が合意にかなり近づいているとの報道を受けて、米長期金利が上昇したことなどが要因。 ただ、NYダウは、揉み合い推移を継続している。 
 ドル円は、86.67、ユーロ円が114.27、ポンド円が140.93、オージー円が90.02、NZD円が71.62、カナダ円が87.37、スイス円が94.66まで値を上げた。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】2013年01月