ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】:2012年10月

NY株は

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウが80ドル高から、失速気味。 ナスダックはマイナス17ドル。

NY株は

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウが80ドル高から、失速気味。 ナスダックはマイナス17ドル。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが、上げ渋っていることで、一時の上昇から利食い気味。

ユーロ円が103.93、ポンド円が128.80、オージー円が82.99、NZD円が65.69、カナダ円が80.14、スイス円が86.05まで一時値を上げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、スペイン国債の利回り低下を受けて、1.30205まで上昇後、1.30割れに押し戻され、

ポドドルは1.6137の高値、ドルスイスは0.9276の安値からは利食いが強まっている。 

ドル円は79.95まで

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん


オージー円 :(予想レンジ=82.00-83.00)
戦略としては82.35-45と82.70-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りまたは82.80-85超えでの倍返し。 ターゲットは82.90-00、83.10-15と利食いで、売りはこういった位置から83.20-35と売り場を探してストップは83.45-50超えや83.55-60超えでの倍返し。一方下値は82.25-30、82.10-20と買い下がって、ストップは81.95-00割れで、81.80-90での買い直しのストップは81.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは81.50-60、81.35-40と買い戻しで、買いはこういった位置から81.25-30、81.00-10と買い場を探して、ストップは、80.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは80.55-65、80.45-50と買い戻しで、買いはこういった位置から80.20-35、80.05-15と買い下がって、ストップは79.90-00割れとなる。(予想時レート: 82.55 予想時間 13:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2915-1.3010)
戦略としては1.2955-60と1.2965-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.2980-85超えでの倍返し。 ターゲットは1.2990-00、1.3005-15と利食い&売り上がって、ストップは1.3020-30超えで、1.3040-55での売り直しのストップは1.3055-65超えや1.3075-85超えでの倍返し。 一方下値は1.2935-45、1.2925-35、1.2915-20を慎重に維持を見ながら買っても、ストップは1.2890-00割れや1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2860-65、1.2840-45と買い戻し&買い直し。ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2805-10の動向次第で、割れても1.2795-00での買い戻し&買い直しで、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。(予想時レート:1.2960 予想時間 12:05)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 9月住宅建設許可 [前月比] (前回+1.9% 予想+3.0%)
09:00 (米) コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁「タウンホール会合で挨拶」
09:01 (英) 10月GfK消費者信頼感(前回-28 予想-28)
09:01 (英) 10月GFK消費者信頼感調査 (前回-28 予想-28)
09:30 (豪) 9月住宅建設許可件数 [前月比] (前回+6.4%)
16:00 (英) バークレイズ・第3四半期決算発表
16:45 (仏) 9月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.6%(+2.5%))
18:00 (香港) 9月月次政府財政収支 (前回-144億HKD)
19:00 (ユーロ圏) 10月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.6% 予想+2.5%)
19:00 (ユーロ圏) 9月失業率 (前回11.4% 予想11.4%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(9月27日~10月29日)
19:30 (ユーロ圏) 独30年債入札(20億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-12.00%)
21:00 (南ア) 9月貿易収支 (前回-122億ZAR)
21:30 (加) 8月GDP [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
21:30 (米) 第3四半期雇用コスト指数[前期比] (前回0.50% 予想0.50%)
22:00 (ノルウェー) ノルゲバンク(ノルウェー中銀)政策金利発表
22:00 (米) 四半期国債定例入札「発行額公表」
22:15 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁「銀行同盟についての討論会参加」
22:30 (米) ラスキンFRB理事、会合で挨拶
22:45 (米) 10月シカゴ購買部協会景気指数 (前回49.7 予想51.4)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回+589.6万バレル)
01:45 (米) ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁て講演「金融政策と経済」
03:00 (スイス) ビドマーシュルンプフ・スイス財務相、講演
クーレECB理事「国際金融会議サイボスに出席」(大阪)
ポルトガル議会「予算案について審議・採決」
決算発表:京セラ、東京エレクトロン、パナソニック

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円も買い戻しが優勢。 ユーロ円が102.61から103.24、ポンド円が127.31から128.07、オージー円が82.29から82.59、NZD円が65.47から65.20、カナダ円が79.26から79.71、寿スイス円が84.85から85.41まで値を戻した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY市場の実質休場で、商いは薄いが、リスク回避の巻き戻し的な動き。 

ユーロドルは、7-9月期スペインGDPが、予想を上回り、1.2931から1.、2975まで一時反発、ポンドドルが1.6085へ値を上げ、ドルスイスが、0.9315へ値を下げ、ドル円は79.36から79.63まで上昇した。

白川方明日銀総裁

テーマ: モノローグ

だいまん

「(金融政策について)市場の動きや声に機械的に反応することはない」

こういうところが、馬鹿正直というか、駄目なんだよね。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

30日の東京市場では、日銀金融政策決定会合の決定を受けて、円が乱高下となった。 日銀金融政策決定会合では、資産買入基金の増額が11兆円と市場予想を上回ったが、リスク資産の買い入れ額が、1兆円に留まってことで、失望感となった。 
 ユーロドルは、1.2887から1.2941まで一時値を上げ、ドル円は発表前にショート・カバーで80.16の高値をつけた後は、79.275まで急落したが、下値は実需の買いに支えられた。
 一方クロス円もドル円同様に一時の上ヒゲから、下ヒゲを描く動きとなった。 ユーロ円が103.34から102.16、ポンド円が128.40から127.05、オージー円が82.84から81.99、NZD円が65.70から64.99、カナダ円が79.96から79.12、スイス円が85.51から84.55まで下落後は、買い戻しが優勢となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=79.00-80.00)
戦略としては、79.30-40と79.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は79.70-90と売り場を探して、ストップは79.95-05超えを倍返し。 ターゲットは80.25-30、80.35-45と利食い優先から、売りは80.50-55、80.65-75と売り上がって、ストップは80.80-90超えや81.00-15超えでの倍返し。一方下値は79.20-25と買い下がって、ストップは79.10-15割れで、78.95-05、78.85-90と買い直して、ストップは78.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは78.65-70、78.40-50での買い戻し&買い直しで、ストップは78.30-35割れまたは、78.15-20と買い下がるなら、ストップは78.05-10の割れでの倍返し。(予想時レート:79.50 予想時間 17:10)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=79.00-80.00)
戦略としては、79.35-40と79.50-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、79.65-70、79.80-95と売り上がって、ストップは80.10-20超えで、80.20-30の売り直しのストップは80.30-40超え。 80.45-50での再度の売りのトップは80.60-65超えでの倍返しとなる。一方下値は79.25-30割れがストップで、倍返ししても79.15-25、79.05-10と買い戻しから、買いは78.95-05と買い下がって、ストップは78.85-95割れで、再度78.70-85での買い直しのストップは、78.60-65割れでの倍返しとなる。 ターゲットは78.40-55、78.25-35と買い戻しで、買いはこういった位置から78.10-20、78.00-10と買い下がって、トップは、77.90-00割れとなる。(予想時レート:79.45 予想時間 15:50)

ETFは

テーマ: モノローグ

だいまん

5000億円。 合計は91兆円だから、

日銀声明「ETF買入れ枠を0.5兆円増額、REIT買入れ枠を0.01兆円増額、社債買入れ枠を0.3兆円増額、CP買入れ枠を0.1兆円増額」

日銀の結果が出てこない

テーマ: モノローグ

だいまん

うーん、今日もうな重の出前が遅れてるのかなあ。。。。

NYマンハッタンの

テーマ: モノローグ

だいまん

変電所で爆発があった模様。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀金融政策決定会合の結果を受けて相場が荒れそう。

場のコンセンサスは、10兆円の資産買い入れ増額。 これに対して、社債やETFなどリスク資産の買入を加えるかが大きな焦点となる。 
 
ただ、既にこういった面は、市場に織り込まれており、結果で、更なる対策を打ち出さないと失望感となることは明白。

逆のそれなりの追加対策を打ち出せば、サプライズとなるが、案外上値では、先週金曜日の売り遅れた人の売り待ちが控えてたりして。

一方下値は、トレンド的に円売り地合いなので、深い押し目では、買い場を率先して検討したい。 ただ、これもしっかりと下げ止まりを確認するのが安全。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (日) 9月失業率 (前回4.2% 予想4.2%)
08:30 (日) 9月有効求人倍率 (前回0.83 予想0.82)
08:50 (日) 9月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回-1.6% 予想-3.4%)
08:50 (日) 9月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-4.6% 予想-7.4%)
昼 頃 (日) 日銀金融政策決定会合
14:45 (スイス) UBS・第3四半期決算発表
15:00 (日) 日銀展望レポート(基本的見解)公表
15:30 (日) 白川日銀総裁記者会見
16:00 (豪) ロウRBA副総裁講演
16:00 (ユーロ圏) グリリ伊財務相「カンファレンス出席」
17:00 (ユーロ圏) スペイン・第3四半期GDP・速報値[前期比](前回-0.40% 予想-0.40%)
17:00 (ユーロ圏) スペイン・第3四半期GDP・速報値[前年比](前回-1.30% 予想-1.70%)
17:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相、ビスコ伊中銀総裁「世界経済フォーラム出席」
17:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
17:55 (独) 10月失業者数 (前回+0.9万人 予想+1.0万人)
17:55 (独) 10月失業率 (前回6.8% 予想6.9%)
19:00 (ユーロ圏) 10月消費者信頼感・確報(前回-25.6 予想-25.6)
19:00 (ユーロ圏) 10月経済信頼感(前回85 予想84.5)
19:00 (ユーロ圏) 伊中長期債入札(5年債、10年債)
19:30 (英) 英中期債入札(15億ポンド)
20:00 (英) 10月CBI流通取引調査(前回6)
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
22:00 (米) 8月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+1.20% 予想+1.90%)
23:00 (米) 10月消費者信頼感指数 (前回70.3 予想72.0)
01:30 (米) ダドリーNY連銀総裁講演「経済状況」
クーレECB理事「国際金融会議サイボス出席」(大阪)
スペイン9月財政収支[年初来] (前回-501.3億ユーロ)
ポルトガル議会「予算案について審議・採決」
ドイツ ドイツ銀行・第3四半期決算発表
決算発表:コマツ

ドル円の

テーマ: モノローグ

だいまん

月末スポット応答日の、ロンドン・フィキシングの買い。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が102.65から103.04、スイス円が84.79から85.23まで値を戻したが、オージー円は82.32から82.52で揉み合い推移、ポンド円が127.55、NZD円が65.16、カナダ円が79.52の日中安値まで一時値を下げた。 

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が102.65から103.04、スイス円が84.79から85.23まで値を戻したが、オージー円は82.32から82.52で揉み合い推移、ポンド円が127.55、NZD円が65.16、カナダ円が79.52の日中安値まで一時値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の動向は、ハリケーン「サンディ」の影響で、米国市場が休場状態となっていることで、動意に薄い展開が続いている。

ユーロドルは、欧州株やペイン国債の下落から1.2887の日中安値まで下落後、1.2924まで一時値を上げ、

ドル円も72.53からに東京を高値を若干更新する79.82まで上昇した。

その後

テーマ: モノローグ

だいまん

NY市場は、電子取引も取りやめとなる模様。

その面では、今リスク回避的な動きになっているかもしれない。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「Monday FX」です。

午後6時半からU-Stream版スタートしします。

こちら

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2840-1.3000)
戦略としては1.2915-20と1.2935-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.2955-65超えでの倍返し。 ターゲットは1.2975-80、1.2990-00と利食い優先から、売りはこういった位置から1.3005-15と売り上がって、ストップは1.3020-30超えで、1.3040-55での売り直しのストップは1.3055-65超えや1.3075-85超えでの倍返し。 一方下値は、慎重な順張りまたは1.2900-10と買い下がって、ストップは1.2890-95割れや1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2860-65、1.2840-45と買い戻し&買い直し。ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2805-10の動向次第で、割れても1.2795-00での買い戻し&買い直しで、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。(予想時レート:1.2920 予想時間 15:40)

ハリケーンの影響?

テーマ: モノローグ

だいまん


米国では、ハリケーン「サンディ」の接近に伴って、NY証券取引所(NYSE)、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が取引フロアの閉鎖を発表。米証券業金融市場協会(SIFMA)も、債券市場取引を通常より早い日本時間で終了する模様。 尚電子取引は通常通り実施するとした。
 
 こういった結果を受けて、NY市場では、相場が動かなくなる可能性がありそう。 ただし、逆に言うと商いが薄くなった場合、悪い材料が出ると、一方向に動くリスクもあることは考慮しておきたい。 


 また、恐らく大丈夫だと思うが、もし、ハリケーンの影響で、電気関係のトラブルがあったり、通信網がダウンするような事故があった場合、相場が大きく変動する可能性もあるので注意となる。 

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月29日 06:32
EURUSD 1.2939-45
USDJPY 79.59-63
GBPUSD 1.6092-07
USDCHF 0.9343-50
AUDUSD 1.0361-69
NZDUSD 0.8220-29
EURJPY 103.02-09
GBPJPY 128.11-22
AUDJPY 82.48-55
NZDJPY 65.42-53
CADJPY 79.70-81
CHFJPY 85.14-20
EURGBP 0.8036-44
EURCHF 1.2093-01
ZARJPY 9.14-24

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月29日 04:41
EURUSD 1.2947-59
USDJPY 79.63-67
GBPUSD 1.6106-16
USDCHF 0.9332-44
AUDUSD 1.0359-72
NZDUSD 0.8218-38
EURJPY 103.12-21
GBPJPY 128.26-35
AUDJPY 82.50-60
NZDJPY 65.44-63
CADJPY 79.75-89
CHFJPY 85.22-33
EURGBP 0.8032-41
EURCHF 1.2090-99
ZARJPY 9.16-27

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月29日 04:10
EURUSD 1.2959-67
USDJPY 79.62-69
GBPUSD 1.6104-23
USDCHF 0.9328-36
AUDUSD 1.0358-76
NZDUSD 0.8222-39
EURJPY 103.16-24
GBPJPY 128.23-36
AUDJPY 82.50-62
NZDJPY 65.43-62
CADJPY 79.71-90
CHFJPY 85.28-41
EURGBP 0.8037-46
EURCHF 1.2086-01
ZARJPY 9.13-27

シストレ研究のブログ

テーマ: モノローグ

だいまん

を始めました。

私もある意味で、こちらはシロートですが、それなりに試した結果を

アップして行こうと思います。

Algosの軌跡

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

英国および欧州市場冬時間移行
16:30 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁講演
18:30 (英) 9月消費者信用残高 (前回-1億GBP 予想+1億GBP)
18:30 (英) 9月マネーサプライM4 [前年比] (前回-4.1%)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(6カ月物)
21:30 (米) 9月個人所得 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.4%)
21:30 (米) 9月個人支出 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.6%)
21:30 (米) 9月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.5% 予想+1.6%)
21:30 (米) 9月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30 (米) 9月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.6% 予想+1.7%)
22:00 (独) 10月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回0.0% 予想0.0%)
22:00 (独) 10月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.0% 予想+1.9%)
23:30 (米) 10月ダラス連銀製造業活動指数(前回-0.9)
モンティ伊首相・ラホイ・スペイン首相会談

だいまんのウラ読み戦略

テーマ: モノローグ

だいまん

今週は日銀金融政策決定会合、米雇用統計が控え荒れそうです。

ウラ読み戦略では、毎週の見通しもアップしています。

特に日銀金融政策決定会合と雇用統計のウラ読みは、おもしろそうな展開が。

ご紹介ページ

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月29日 03:30
EURUSD 1.2939-51
USDJPY 79.62-65
GBPUSD 1.6099-20
USDCHF 0.9334-49
AUDUSD 1.0358-76
NZDUSD 0.8212-37
EURJPY 103.06-14
GBPJPY 128.20-36
AUDJPY 82.50-64
NZDJPY 65.39-62
CADJPY 79.71-92
CHFJPY 85.19-23
EURGBP 0.8028-39
EURCHF 1.2086-00
ZARJPY 9.13-28

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 金曜日の海外市場は、ロンドン初頭のユーロ売りからは、買い戻し優勢。 一時NYダウ60ドル超えの下落となり、円買いが拡大したが、その後前日比レベルを回復したことで、更なる動きとはならなかった。
 ドル円は、米7-9月期GDP・速報値が市場予想を上回ったことで、79.99まで反発後79.49まで下落し、安値圏で引けた。 ユーロドルは、1.2883の安値から欧州中央銀行(ECB)と欧州連合(EU)が、スペイン支援プログラムについての報告で、「バッドバンクについてスペイン政府と合意し、12月1日から稼動する」と発表、国際通貨基金(IMF)が「スペインの金融セクターの改革で重要な進展があった」との声明を発表したことなどを受けて、1.29555まで反発した。
 一方クロス円では、週末の利食いが強まり、ユーロ円が102.73から103.29まで反発後、102.70の安値、スイス円が85.43から84.91へ値を下げ、ポンド円が127.98の安値まで下落、オージー円は82.29から82.80、NZD円が65.22から65.71まで一時値を戻したが、カナダ円は80.30まで反発後79.62まで下落した。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上値の重い展開。 ユーロ円が102.73から103.29まで反発後、102.70の安値、スイス円が85.43から84.91へ値を下げ、ポンド円が127.98の安値まで下落、オージー円は82.29っから82.80、NZD円が65.22から65.71まで一時値を戻したが、カナダ円は80.30まで反発後79.68まで下落した。

NYダウは50ドル安へ

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は、米7-9月期GDP・速報値が市場予想を上回ったことで、79.99まで反発後、79.49まで下落、その後は79.70前後が重い。

ユーロドルは、1.2883の安値から、欧州中央銀行(ECB)と欧州連合(EU)が、スペイン支援プログラムについての報告で、「バッドバンクについてスペイン政府と合意し、12月1日から稼動する」と発表、国際通貨基金(IMF)が「スペインの金融セクターの改革で重要な進展があった」との声明を発表したことなどを受けて、1.29555まで反発したが、更なる状況となっていない。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=102.60-104.00)
戦略としては、103.15-25と103.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、103.55-65超えがストップで、103.80-95での売り直しのストップは104.00-05超えで、倍返しも104.15-20、104.30-35と利食い&売り上がって、ストップは104.40-50超えで、104.55-65超えでの倍返し。 ターゲットは105.10-35での利食い&売りで、ストップは105.55-60超えとなる。 一方下値は順張りまたは103.00-05割れでの倍返し。 ターゲットは102.80-90、102.70-75と買い戻しで、買いは102.55-65、102.45-50と買い下がって、ストップは102.25-35割れで、102.05-15、101.90-00での買い直しのストップは、101.75-80割れで、倍返しもターゲットは101.60-65、101.45-50と買い戻しで、買いは101.15-30と買い下がって、ストップは101.00-05割れでの倍返し。(予想時レート:103.40 予想時間 16:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=79.50-80.30)
戦略としては、79.75-85と80.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は80.10-15超えがストップも、80.15-25、80.25-30と売り上がって、ストップは80.30-40超え。 80.45-50での売り直しのストップは80.60-65超えでの倍返しとなる。ターゲットは80.70-80、80.85-95と利食い&売り上がって、ストップは81.00-05超えまた、81.10-20と売り上がって、ストップは81.20-25や81.30-35超えまたは、81.45-50と売り上がるなら、ストップは81.60-65超え、81.70-80超えでの倍返しとなる。 一方下値はストップを79.65-75割れでの倍返しとなるが、ターゲットは78.50-60、78.35-45と買い戻しで、買いはこういった位置から78.25-35と買い下がって、ストップは、78.15-25割れや78.05-10割れで、倍返しも78.95-05、78.85-95と買い戻しで、買いは78.70-85と買い下がって、ストップは78.60-65割れで、倍返しも78.40-55での買戻し&買い。 78.25-35割れがストップ&倍返しとなる。(予想時レート:79.90 予想時間 15:45)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん


  26日の東京市場は、日経平均株価や上海株式市場の軟調な動きを受けて、リスク志向に利食いが優勢となった。
 ユーロドルは、1.2956から1.2916まで下落、ドル円は80.38の直近高値後は、79.85まで値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が104.04から103.215、ポンド円が129.57から128.62、オージー円が83.23から82.39、NZD円が65.85から65.31、カンダ円が80.81から80.12、スイス円が85.99から85.28まで下落した。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

79.84レベルまで下落。大きな材料は出ていないが、上海株の下落を受けて、
下値のストップを誘発した模様。 既に80.00-05がCapされると重くとなる。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

シンガポール市場休場(ハリラヤハジ)
06:45 (NZ) 9月貿易収支 (前回-7.89億NZD)
08:30 (日) 9月全国消費者物価指数 [前年比](前回-0.4% 予想-0.4%)
08:30 (日) 9月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.3% 予想-0.2%)
08:30 (日) 10月東京都区部消費者物価指数 [前年比:除生鮮](前回-0.5% 予想-0.4%)
09:00 (NZ) 10月NBNZ企業活動見通し(前回29.3)
09:00 (NZ) 10月NBNZ企業活動見通し(前回17.0)
15:00 (独) 11月GFK消費者信頼感調査 (前回5.9 予想5.9)
16:00 (スイス) 10月KOF先行指数 (前回1.67)
17:00 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
18:00 (ユーロ圏) 伊ゼロクーポン債入札
20:30 (ユーロ圏) ザイベルト独首相主席報道官会見
21:30 (米) 第3四半期GDP・速報値 [前期比年率] (前回+1.3% 予想+1.8%)
21:30 (米) 第3四半期個人消費・速報値 [前期比] (前回+1.5% 予想+1.8%)
21:30 (米) 第3四半期GDPデフレーター・速報値[前期比年率] (前回+2.0% 予想+1.6%)
21:30 (米) 第3四半期コアPCEデフレーター・速報値[前期比年率] (前回+1.3% 予想+1.7%)
22:55 (米) 10月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回83.1 予想82.6)
23:00 (墨) メキシコ メキシコ銀行政策金利公表
米企業決算発表:アメリカン・エレクトリック・パワー、エクソンモービル、コカ・コーラ・エンタープライゼス
スプリント・ネクステル、ナスダックOMXグループ、フォード・モーター、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ
プロクター・アンド・ギャンブル、ボーイング、ムーディーズ、レイセオン、ロッキード・マーチン


10/28(日)
英国および欧州市場冬時間に移行

FT

テーマ:

だいまん

ギリシャ議会支援条件の合意できない

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが85ドル高から、マイナス圏へ下落したことで、利食いが優勢。

ユーロ円が104.42から103.52、ポンド円が129.64から128.85、オージー円が83.46から82.67、NZD円が66.17から65.55、カナダ円が81.00から80.36、スイス円が86.30から85.57まで値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドルはまちまちの動き。

ユーロドルは1.2944まで下落、ポンドドルは、強い英7-9月期GDPを受けて、ユーロポンドの売りから1.6144まで上昇、ユーロポンドは0.8029まで下落した。 またドルスイスが0.9345まで値を上げ、、ドル円は80.33の高値から、79.96まで一時値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドルはまちまちの動き。

ユーロドルは1.2944まで下落、ポンドドルは、強い英7-9月期GDPを受けて、ユーロポンドの売りから1.6144まで上昇、ユーロポンドは0.8029まで下落した。 またドルスイスが0.9345まで値を上げ、、ドル円は80.33の高値から、79.96まで一時値を下げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

25日の東京市場は、日経新聞が「日銀は30日の金融政策決定会合で、国債などの資産買入等の基金の規模を10兆円積み増す案を軸に検討する」、「社債やEFTなど比較的リスクの高い金融商品の買い入れも検討する」と報じたことを受けて、日経平均の上昇もあり、海外勢中心に円売りが拡大した。 
 ドル円81.195、ユーロドルが1.3015まで反発。クロス円では、ユーロ円が104.28、ポンド円が128.84、オージー円が83.19、NZD円が65.98、カナダ円が80.78、スイス円が86.16まで上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=82.50-83.50)
戦略としては82.85-95と83.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は83.30-40と売り上がって、ストップは83.55-60超えでの倍返し。 ターゲットは84円前後では利食い優先で、売りは84.10-15や84.45-50と売り場を探して、ストップは84.70-80超えとなる。 一方下値は82.75-80がストップで、倍返しもターゲットは82.65-70、82.50-60と買い戻し&買い下がって、ストップは82.35-45割れで、倍返しもターゲットは、82.20-25、82.00-15と買い戻し&買い下がって、ストップは81.80-90割れまたは、この位置まで買い下がっても、81.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは81.50-60、81.35-40と買い戻しで、買いはこういった位置から81.25-30、81.00-10と買い場を探して、ストップは、80.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは80.55-65、80.45-50と買い戻しで、買いはこういった位置から80.20-35、80.05-15と買い下がって、ストップは79.90-00割れとなる。(予想時レート: 83.15 予想時間 16:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=79.50-80.50)
戦略としては、79.95-00と80.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、80.35-40、80.45-50と売り上がって、ストップは80.60-65超えでの倍返しとなる。 一方下値は順張りから79.85-90割れがストップで、79.75-85の買いは、79.65-75割れをストップで、倍返しも78.50-60、78.35-45と買い戻しで、買いはこういった位置から78.25-35と買い下がって、ストップは、78.15-25割れや78.05-10割れとなる。(予想時レート:80.15 予想時間 15:40)

日経

テーマ: モノローグ

だいまん

30日の日銀金融政策決定会合では、10兆円の資産買い入れ規模で調整。

普通は、失望となるのだが、確率が高まったこと、その他EFTなどの

資産購入も検討するという記事で、ドル円は80円台乗せ。

Forex Radio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」U-Stream版は、午後2時30スタートです。 

今日は大塚君が休みなので、大橋さん、ひとりでやります。

ご視聴

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

97.985まで上昇。 既に時間の問題だが、

上がらないとヘタル局面もあるので、買うならそれ待ちが安全。

一方上抜けると、恐らく見えてない売りが、どどーっと利食いも含めて、出るんだろうけど。

その後80円台を維持すれば堅く、維持できなければ、逆に悪い方向というパターン。

ここで、やるもやらないも、お任せ。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

79.96まで上昇。海外勢の買いで、相変わらず。

東京時間にやるとなあ。。。。と思うけど。

オセアニアも上昇を強めているから、今日はドル円下げづらそうだ。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、ロンドン初頭のリスク回避的な動きからは、NYダウが上昇スタートとなったことで、巻き戻しも結局NY株式市場は、上昇を維持できず、相場も揉み合い気味の展開となった。 また、米FOMCでは、政策が据え置かれ、声明文も前回とほぼ変わらなかったことで、相場の影響は限定された。 
 ユーロドルは、独・ユーロ圏のPMIや独ifo景況感指数の悪化を受けて、1.2921まで下落後、「対ギリシャの支援条件で目標達成の期限は2年間延長される」とのトロイカとギリシャの合意文書草案が伝わると買い戻しが優勢となり、1.2984まで値を戻したが、その後はドイツ財務省報道官が「ユーロ圏財務相らはトロイカリポートに基づいてのみギリシャに関する決定を下すことが出来る。まだリポートは受け取っていない」との見解を示したこと、ショイブレ独財務相が「ギリシャの目標達成期限が2年延長されたか確認できていない」、ドラギECB総裁が、「ギリシャに関するトロイカリポートはまだ終わっていない」と発言したことで、上げ渋った。 またドル円はロンドン初頭の安値79.695から79.87まで一時値を戻したが、狭いレンジの動きに終始した。  
 一方クロス円もロンドン初頭の日中安値圏からは、買い戻しが優勢。 ユーロ円が102.99から103.65、ポンド円が127.11から128.09、オージー円が82.10から82.65、NZD円は、NZ中銀が金利を据え置いたが、声明で「市場のセンチメントは今年初めよりも改善した」とされたことで64.66から65.48まで値を上げ、スイス円が85.12から85.62まで一時反発したが、カナダ円は、カーニー加中銀総裁が、「金利引き上げについてはより切迫していない」との見解を示したことで、80.74から80.11まで下落した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
13:45 (スイス) クレディ・スイス・第3四半期決算発表
16:30 (スウェーデン) リクスバンク金利発表および金融政策報告発表
17:00 (ユーロ圏) 9月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+2.9% 予想+3.0%)
17:30 (英) 第3四半期GDP・速報値 [前期比] (前回-0.4%)
17:30 (英) 第3四半期GDP・速報値 [前年比] (前回-0.5%)
17:30 (香港) 9月貿易収支 (前回-360億HKD)
18:30 (南ア) 9月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.1% 予想+5.4%)
21:30 (米) 9月シカゴ連銀全米活動指数(前回-0.87)
21:30 (米) 9月耐久財受注 [前月比] (前回-13.2% 予想+6.5%)
21:30 (米) 9月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回-1.6% 予想+0.6%)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回38.8万件 予想36.5万件)
23:00 (米) 9月中古住宅販売成約 [前月比] (前回-2.6% 予想+2.0%)
日2年国債入札(2兆7000億円)、米7年国債入札(290億ドル)
米企業決算発表:アップル、 USスチール、アイロボット、アマゾン・ドット・コム、ダウ・ケミカル、デュポン、デルタ航空

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

上げ渋り。 一時の52ドル高から、15ドル高へ。

この後FOMCの発表が注意。

やっぱりね。

テーマ: モノローグ

だいまん

ドラギECB総裁
「ギリシャに関するトロイカリポートはまだ終わっていない」

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロ円が102.99から103.65、ポンド円が127.11から128.09、オージー円が82.10から82.61、NZD円が64.66から65.14、カナダ円が80.26から80.74、スイス円が85.12から85.62まで一時反発した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の取引は、一時のリスク回避の動きからは巻き戻しが優勢。
ユーロドルは、独・ユーロ圏のPMIや独ifo景況感指数の悪化を受けて、1.2921まで下落後1.2984まで値を戻したが、その後はドイツ財務省報道官が「ユーロ圏財務相らはトロイカリポートに基づいてのみギリシャに関する決定を下すことが出来る。まだリポートは受け取っていない」との見解を示したこと、ショイブレ独財務相が「ギリシャの目標達成期限が2年延長されたか確認できていない」と発言したことで、上げ渋った。

 ポンドドルは1.5950あkら1.6048まで上昇、ドルスイスは0.9372から0.9321まで下落、ドル円はロンドン初頭の安値79.695から79.87まで一時値を戻した。 

ユーロ買い

テーマ: モノローグ

だいまん

「対ギリシャの支援条件で目標達成の期限は2年間延長される」とのトロイカとギリシャの合意文書草案が伝わり、ユーロ買いに。 ユーロドルは、一時1.2984レベル、ユーロ円が103.65まで値を上げた。

ただし、ドイツ財務省報道官は「ユーロ圏財務相らはトロイカリポートに基づいてのみギリシャに関する決定を下すことが出来る。まだリポートは受け取っていない」、

ショイブレ独財務相は、「ギリシャの目標達成期限が2年延長されたか確認できていない」との見解を示した。

一体全体、どいつが正しいんだ?

Algos Trader

テーマ: モノローグ

だいまん

開発の動機やシミュレーションの進展などをアップするブログを立ち上げました。

Algos Traderの軌跡

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

密かに、じりじり下落。 今晩もNYダウが下げた場合に、価格を維持できるかは不透明。

流石にと思うが、焦点は79.60以下に控えるストップ・ロス・オーダー。 

ロンドン初頭

テーマ: モノローグ

だいまん

独・ユーロ圏10月製造業、サービス業PMIや独ifo景況感指数が、市場予想を下回りユーロ売り。

ユーロドルは、1.2932、ユーロ円が103.14まで下落。

一応ユーロドルは、1.29の防戦が想定されるでの、1.2910-20は支えらるか? 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

24日の東京市場は、豪州の7-9月期消費者物価が強かったこと、 HSBCの10月中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が、12ヶ月連続50を下回るも、前月から改善したこと、日経平均株価が、持ち直してことを受けて、クロス円の買い戻しが優勢となった。 
 ドル円は79.92から79.77まで下落、ユーロドルは1.2997まで上昇後、弱い独10月製造業やサービス業PMI・速報値を受けて、1.299675まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が103.82から103.515へ値を下げたが、ポンド円は127.16から127.67、オージー円が81.91から82.42まで一時値を上げ、NZD円が64.71から65.00、カナダ円が80.36から80.60、スイス円は85.51から85.75での堅調な推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=64.30-65.30)
戦略としては、64.70-80と65.00-10のブレイクに注目してブレイクの場合上値は65.25-35と売り上がって、65.45-50超えがストップも、65.50-60のCapでは売り直しで、ストップを65.70-75超えとするか、66円前後まで売り上がるならストップは66.15-25超え。 またはストップを66.45-50超えにおいて、慎重に売りあがる形となる。 一方下値は64.50-65割れでの倍返し。ターゲットは64.35-40、64.15-20と買い戻し&買い下がって、ストップは64.05-10割れや63.95-00割れで、63.80-90は維持を見て対応。買ってもストップは63.65-70割れや63.50-60割れでの倍返し。ターゲットは63.30-40、63.15-25と買い戻し&買っても、ストップは63.00-10割れや62.90-95割れとなる。(予想時レート: 64.95 予想時間 16:10)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2900-1.3050)
戦略としては1.2965-75と1.2995-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3005-30、1.3040-55と売り場を探して、ストップは1.3055-65超えや1.3075-85超えでの倍返し。 ターゲットは1.3090-95、1.3100-10、1.3115-20と利食い&売り場を探して、ストップは1.3125-30超えや1.3140-45超えでの倍返し。 一方下値は1.2950-55割れでの倍返し。 ターゲットは1.2940-45、1.2930-40の動向次第。 割れても1.2915-20、1.29と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2890-95割れでの倍返し。ターゲットは1.2875-85、1.2860-65、1.2840-45と買い戻し&買い直し。ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2805-10の動向次第で、割れても1.2795-00での買い戻し&買い直しで、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。 (予想時レート:1.2985 予想時間 15:50)

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

東京午前は、豪州の7-9月期消費者物価が強かったこと、 HSBCの10月中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が、12ヶ月連続50を下回るも、前月から改善したこと。 
 日経平均株価が、持ち直してことを受けて、ドル円、クロス円はしっかりとした動きとなっている。
 ドル円は79.795から79.92、ユーロドルは1.2993まで反発、ユーロ円も103.82、オージー円が82.42まで値を上げた。 


昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、NYダウが、弱い米決算発表を受けて、一時250ドル安の下落となったことで、リスク回避の動きが強まった。 
 ユーロドルは、1.2952の安値まで下落後、1.2987まで反発も上げ渋り、ドル円は、ロンドン初頭に79.71まで下落後、反発を79.95でCapされて、このレンジでの揉み合いとなった。  
 一方クロス円では、ユーロ円が103.285、ポンド円が126.94、オージー円が81.67、NZD円が64.62、スイス円が85.37まで一時下落、カナダ円は、カナダ中銀が金利を据え置いたが、声明で「時間の経過とともに、金融刺激策のいくぶんかの適度な解除が必要とされる見通し」と示されたことで、79.96から80.65まで一時上昇も、高値からは値を消した。  

まだ動きはないが

テーマ: モノローグ

だいまん

今日は、高島さんからは注意が必要となる日なので、その点は考慮して対応したい。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 第3四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.5%)
09:30 (豪) 第3四半期消費者物価 [前年比] (前回+1.2%)
10:45 (中) 10月HSBC・製造業PMI・速報値(前回47.8(47.9))
11:30 (豪) エリスRBA(豪準備銀行)金融安定局長講演
16:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相・ガブリエル独社会民主党党首会談
16:30 (独) 10月PMI製造業・速報 (前回47.4 予想47.9)
16:30 (独) 10月PMIサービス業・速報 (前回49.7 予想50.0)
17:00 (ユーロ圏) 10月PMI製造業・速報 (前回46.1 予想46.5)
17:00 (ユーロ圏) 10月PMIサービス業・速報 (前回46.1 予想46.4)
17:00 (独) 10月ifo景況指数 (前回101.4 予想101.7)
17:00 (独) 10月ifo景気期待指数(前回93.2 予想93.9)
17:00 (独) 10月ifo現況指数 (前回110.3 予想110.0)
17:00 (南ア) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.0% 予想+5.1%)
18:00 (ユーロ圏) 4-6月期政府債務
18:30 (ユーロ圏) 独10年債入札(40億ユーロ)
19:00 (英) 10月CBI製造業受注指数 (前回-8)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回-4.2%)
21:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁「欧州債務危機について」独議員に講義
23:00 (米) 9月新築住宅販売件数 (前回37.3万件 予想38.5万件)
23:00 (米) 9月新築住宅販売件数 [前月比] (前回-0.3% 予想+2.7%)
23:00 (米) 8月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2%)
23:30 (加) 加中銀マネタリーレポート
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+286.0万バレル)
03:15 (米) FOMC政策金利発表
05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート公表
米5年国債入札(350億ドル)
米企業決算発表:AT&T、イーライリリー、キンバリークラーク、シマンテック

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円も一旦下げ渋り。
ユーロ円が103.285、ポンド円が126.94、オージー円が81.67、NZD円が64.62、スイス円が85.37まで下落後、買い戻し気味。 

カナダ円は、カナダ中銀の声明を受けて、79.96から80.65まで一時上昇も、高値からは値を消している。 

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク回避も一服気味。

ユーロドルは、1.2952の安値から1.2982まで反発、ドル円は、ロンドン初頭に79.71まで下落後、反発を79.95でCapされて、このレンジでの揉み合い。

ポンドドルが1.5913へ下落、ドルスイスは0.9343まで反発した。 

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

79.72まで。 上値は79.80-85が重くなると厳しい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 23日の東京市場は、城島財務相が、政府が日銀に20兆円の基金増額など追加緩和を求めているとの一部報道に関して「そういう事実はない」と否定したこと、株価が上げ渋ったことなどで、若干円の買い戻しが強まったが、材料難から更なる動きとなっていない。
 ドル円は80.02まで上昇後79.798まで下落、ユーロドルは1.3076から1.3044まで値を下げた。 クロスでは、ユーロ円が104.59から104.14、ポンド円は128.18から127.77、オージー円が82.71から82.34、NZD円が65.45から65.15、カナダ円が80.64か80.40、スイス円が86.37から86.00での推移となった。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=79.80-80.80)
戦略としては、80.30-40と80.50-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、80.60-65超えがストップで、80.75-85、82円前後と売り直しのストップは81.25-30こえでの倍返し。ターゲットは81.40-45や81.50-55の動向次第で、超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは81.85-95での利食いで、売りはタイト。ストップで検討される。 一方下値はストップが80.20-25や80.00-10割れで、79.85-95、79.70-80と買い下がって、ストップは79.60-65割れも、79.50-60は維持みて対応。買ってもストップが79.30-40割れでの倍返し。 ターゲットは79.15-25や78.95-05の動向次第で、買い戻し&買いも、ストップは78.85-90割れや、78.75-80割れでの倍返し。 (予想時レート:80.45 予想時間 15:25)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=127.00-128.50)
戦略としては、127.75-80と128.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は128.15-25超えでの倍返し。 ターゲットは128.40-45、128.60-70と利食い&売り上がって、ストップは128.80-85超えで、128.85-95、129.00-10、129.25-30と再度売り上がって、ストップは129.35-45超えや129.55-60超えでの倍返し。 ターゲットは129.70-75、129.95-00と利食い優先から、売りはCapを見て対応。 ストップを130.00-10超えでの倍返しとするか、130.20-30まで売り上がって、ストップは130.40-45超えとなる。 一方下値は127.65-75割れでの倍返し。ターゲットは127.45-55、127.00-10での買い戻しで、買いはこういった位置からから126.85-95と買い下がって、ストップは126.65-75割れで、倍返しもターゲットは126.45-60の動向次第。維持では買い戻し&買いで、ストップは126.30-40割れでの倍返し。 ターゲットは126.00-15、125.90-95と買い戻しで、買いはこういった位置から125.65-75と買い下がって、ストップは125.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは125.20-25での買い戻し&買いで、125.05-10をストップとするか、124.95-05、124.80-85と買い下がって、ストップは124.70-75割れでの倍返し。(予想時レート:127.95 予想時間 15:10)

東京午前は

テーマ: モノローグ

だいまん

円売りも一服気味。

城島光力財務相が、政府が日銀に20兆円の基金増額など追加緩和を求めているとの一部報道に関して「そういう事実はない」と否定したこと。 

ドル円は、一時80円に達したが、一定の達成感。 まだ超えるには時期尚早か?

それでもまだ押し目は買い意欲だが、こういった買いがワークするか、更に一段投げさせられるか、よく眺めて対応したい。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

香港市場休場(重陽節)
16:00 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長「2013年欧州議会に行政計画を公表」
17:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(3カ月物、6カ月物)
18:00 (ユーロ圏) ショイブレ独財務相、メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁講演
20:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
21:30 (加) 8月小売売上高 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.3%)
22:00 (加) 加中銀政策金利発表
23:00 (ユーロ圏) 10月消費者信頼感・速報 (前回-25.9 予想-26.0)
23:00 (米) 10月リッチモンド連銀製造業指数 (前回4 予想4)
01:00 (米) グリーンスパン前FRB議長講演
07:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相・フェイマン・オーストリー首相会談
ポーランド ベルカ・ポーランド中銀総裁講演
米2年国債入札(350億ドル)
米企業決算発表:カーライル、スリーエム、ゼロックス、フェイスブック(クローズ後)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

株価の戻りから再度円売り気味。

ドル円は79.94レベルまで反発。

クロス円では、ユーロ円が104.45から104.11、ポンド円が128.17から127.71、オージー円が82.53から82.22、NZD円が65.37から65.12、スイス円が86.33から86.02まで下落後、値を戻している。

カナダ円だけが、80.09から80.49の日中高値。

ザイベルト独政府報道官は

テーマ: モノローグ

だいまん

「ドイツがEU首脳会議を妨げた可能性がある」との報道を否定した。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

U-Stream版スタートしています。

こちらです

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

79.85まで上昇。 70超えでストップが出た感じだが、

やはりスピード感は鈍いので、買い回転が安全そう。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

22日の東京市場では、スペインの地方選の結果が与党の勝利となり、一時下落した株価が持ち直したことで、リスク回避の巻き戻しが強まった。
 ドル円は、9月通関ベースの貿易収支が悪化も、材料とならなかったが、30日の日銀金融政策決定会合でも金融緩和期待が支え、79.22から79.675まで上昇、ユーロドルは1.3016から1.30655まで上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が103.14から104.05、ポンド円が126.70から127.75、オージー円が81.64から82.23、NZD円が64.56から65.19、カナダ円が79.64から80.28、スイス円が85.30から86.03まで値を戻した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=79.50-80.50)
戦略としては、80.10-15と80.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は80.35-50と売り上がって、ストップは80.55-65超えで、80.75-85、82円前後と売りあがって、ストップは81.25-30こえでの倍返し。ターゲットは81.40-45や81.50-55の動向次第で、超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは81.85-95での利食いで、売りはタイト。ストップで検討される。 一方下値は、順張りから79.85-95、79.70-80と買い戻し&買い下がって、ストップは79.60-65割れも、79.50-60は維持みて対応。買ってもストップが79.30-40割れでの倍返し。 ターゲットは79.15-25や78.95-05の動向次第で、買い戻し&買いも、ストップは78.85-90割れや、78.75-80割れでの倍返し。(予想時レート:80.25 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2985-1.3120)
戦略としては1.3045-55と1.3065-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3075-85超えでの倍返し。 ターゲットは1.3090-95、1.3100-10、1.3115-20と利食い&売り場を探して、ストップは1.3125-30超えや1.3140-45超えで、倍返ししても1.3150-60での利食い&売り直し。ストップは1.3165-75超え。 一方下値は1.3025-40と買い下がっても、ストップは1.3010-20割れでの倍返し。 ターゲットは1.3000-05、1.2985-90での買い戻し&買いで、ストップは1.2975-80割れで、1.2965-70、1.2950-60での買い直しは、1.2940-45をストップ、1.2930-40割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3055 予想時間 15:25)

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

スペイン・ガリシア州選挙でラホイ同国首相率いる与党・国民党勝利が確実となり、一定の安心感も、相場の動きは鈍い。 

ドル円は79.36、ユーロドルが1.3050、ユーロ円は103.54、
ポンド円が127.12、オージー円が81.91まで切り返えしている。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月22日 06:42
EURUSD 1.3021-27
USDJPY 79.26-29
GBPUSD 1.6005-16
USDCHF 0.9276-84
AUDUSD 1.0311-23
NZDUSD 0.8152-67
EURJPY 103.23-30
GBPJPY 126.89-99
AUDJPY 81.74-83
NZDJPY 64.63-77

今週もがんばりましょう!

テーマ: モノローグ

だいまん

でも、どうも私は風邪を引いたようです。

ここ数年、あまり風邪を引かなかったのですが、その分引くと酷い風邪になっています。
みなさんも、急に寒くなったので注意。

相場の方は、最近週初のギャップが出なくなっていますが、それだけ欧州の材料も、既にもう十分という雰囲気なのでしょうが、そろそろファンド勢も決算がらみなのかもしれません。

まあ、それでも一定の動きが出るので、今週は株価にらみで注意が必要そうです。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

まずは、スペイン地方選挙の結果がどうなるかですが。。。。


ウェリントン市場休場(レイバーデー)
08:50 (日) 9月通関ベース貿易収支 (前回-7541億円(-7559億円) 予想-5479億円)
09:30 (日) 白川日銀総裁「全国支店長会議で挨拶」
12:50 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
17:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
17:30 (香港) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.7% 予想+3.6%)
18:00 (ユーロ圏) 2011年政府債務[対GDP比] (前回 87.2%)
22:00 (ユーロ圏) グリリ伊財務相講演
22:30 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁「英議会金融規律委員会に出席」
01:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
01:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁「イベントに出席」
01:15 (スイス) シュナイダーアマン・スイス経済相 講演
02:30 (米) ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演「米決済システムについて」
米大統領選挙・第3回大統領候補討論会(フロリダ州ボカラトン)
米企業決算発表:ハネウェル・インターナショナル、キャタピラー、ヤフー

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月22日 04:33
EURUSD 1.3013-24
USDJPY 79.22-31
GBPUSD 1.6005-17
USDCHF 0.9280-90
AUDUSD 1.0307-18
NZDUSD 0.8146-63
EURJPY 103.17-24
GBPJPY 126.89-98
AUDJPY 81.72-81
NZDJPY 64.58-73
CADJPY 79.67-79
CHFJPY 85.33-43
EURGBP 0.8127-35
EURCHF 1.2083-93
ZARJPY 9.08-20

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.3014-24
ドル円 79.23-31
ユーロ円が103.17-24

ポンド円126.89-98
オージー円 81.72-81

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

200ドル安。 ブラックマンデー25周年を祝っているわけじゃないと思うが、来週は23日にアップルの決算が予定されており、なんか不安。

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

200ドル安。 ブラックマンデー25周年を祝っているわけじゃないと思うが、来週は23日にアップルの決算が予定されており、なんか不安。

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

180ドル安。 リスク回避の動きは一服しているが、既に参加者が少ないだけで、安易に考えない方が、良いような。。。。。 

来週の相場に、含みを残しそうだ。 

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY中盤の動向は、NYダウが150ドルを超える下落となったことで、リスク回避の動きが続いている。  
 ユーロドルは、EU首脳会合が失望となったこと、ラホイ・スペイン首相が欧州連合(EU)首脳会議後「支援を要請するかについてはまだ決定していない」と述べ、スペインのバレアレス諸島とアストゥリアス州が、中央政府に支援を要請したとの報道などから1.3013まで下落、ポンドドルが1.5996まで値を下げ、ドル円はロンドン時間に79.145の安値をつけた後は、米長期金利の下落にも、ドル買いが支援して79.435まで一時反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が103.15、ポンド円が126.77、オージー円が81.80、NZD円が64.59、カナダ円が79.75、スイス円が85.30まで値を下げた。 

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

160ドル安へ

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス130ドル台まで下落。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が103.18、ポンド円が126.94、オージー円が81.95、NZD円が64.81、カナダ円が79.98、スイス円が85.37まで値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル買いが優勢。 ユーロドルは1.3019、ポンドドルが1.6005まで下落、

ドル円は、ロンドン時間に79.145の安値をつけた後は、79.435まで反発、ドルスイスは0.9287まで上昇した。。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 19日の東京市場は、材料難から揉み合い推移。ドル円は79.26から79.41、ユーロドルは1.3059から1.3077、ユーロ円が103.54から103.79、ポンド円が127.12から127.51、オージー円が82.05から82.35、NZD円が64.81から65.11、カナダ円が80.38から80.62、スイス円が85.68から85.87の小動きに終始した。(15:00現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=85.00-86.30)
戦略としては、85.65-75と85.85-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、85.95-00と売り上がって、86.10-15をストップとしても、86.20-25、86.35-40と売り上がって、ストップは86.50-55超えでの対応となる。 一方下値は85.55-60と買い下がって、ストップは85.45-50割れで、倍返しも85.35-40、85.25-30、80.15-20と買い戻し&買い下がって、ストップは85.05-10割れでの倍返し。ターゲットは84.85-95、84.75-80と買い戻しで、買いはこういった維持から84.65-70、84.55-60と買い下がって、ストップは84.40-50や84.30-40割れで、84.15-25割れが倍返しとなる。(予想時レート:85.85 予想時間 15:00)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=103.00-104.00)
戦略としては、103.45-55と103.75-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は103.95-00と売り上がって、ストップは104.10-15超えでの倍返し。ターゲットは104.20-30、104.40-50と利食い&売り上がって、ストップは104.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは105.10-35での利食い&売りで、ストップは105.55-60超えとなる。 一方下値は103.25-35割れがストプで、倍返ししても103.15-20、103.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは102.80-95割れで、倍返ししても102.70-75、102.55-65と買い戻しから、102.45-50と買い下がって、ストップは102.25-35割れで、102.05-15、101.90-00での買い直しのストップは、101.75-80割れで、倍返しもターゲットは101.60-65、101.45-50と買い戻しで、買いは101.15-30と買い下がって、ストップは101.00-05割れでの倍返し。 ターゲットは100.85-90、100.70-75と買い戻し&買い下がって、ストップは100.60-65割れとするか、100.45-55まで買い下がるなら、100.15-25割れがストップで、倍返しも100.05-10、99.85-95と買い戻し&買い下がって、ストップは99.75-85割れや99.65-70割れでの倍返し。 (予想時レート:103.70 予想時間 14:40)

EU首脳会議から

テーマ: モノローグ

だいまん

発言が出て始めており、若干注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

14:00 (日) 8月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回93.6)
14:00 (日) 8月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回93.6)
15:00 (独) 9月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.6% 予想+1.6%)
15:45 (日) 白川総裁「全国信用組合大会において挨拶」
17:00 (ユーロ圏) 8月経常収支 (前回+97億EUR)
17:30 (英) 9月財政収支(前回-124億ポンド)
21:30 (加) 9月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.3%)
21:30 (加) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.2%)
23:00 (米) 9月中古住宅販売件数 (前回482万件 予想470万件)
23:00 (米) 9月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+7.8% 予想-2.5%)
EU首脳会議(ブリュッセル)

10/20
19:30 (ユーロ圏) クーン・ベルギー中銀総裁講演

10/21
スペイン地方選挙(ガリシア州・バスク州)

更に調整深まる

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルが1.3059、ドル円が79.09、ユーロ円が103.32、ポンド円が127.26、オージー円が81.95、NZD円が64.80、カナダ円が80.27、スイス円が85.50まで値を下げた。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午後の動向は、NYダウがマイナス圏へ突入、ナスダック指数も下げ幅を拡大したことで、全般に売りが強まっている。
 ユーロドルが1.3082、ドル円が79.09、ユーロ円が103.46、ポンド円が127.51、オージー円が82.03、NZD円が64.83、カナダ円が80.48、スイス円が85.59まで値を下げた。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス圏へ、ナスダックは28ドル安。

ドル円が79.10台へ突入、オージー円も82.10台まで調整している。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

米経済指標が強かったことで、一時上ヒゲを描いたが、一旦利食いに押される。

NYダウが揉合い気味なことも影響している。

ユーロ円が一時104.145の高値から103.66、
ポンド円が128.23、オージー円が82.49から82.15、NZD円が65.21から64.87、カナダ円が81.12から80.64、スイス円が86.11から85.75での推移。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

円は軟調気味だが、ストレートはまちまちの動き。

ユーロドルは、1.3129から1.3080まで下落後、このレンジでの動き。

1.3080の難さが際立つところ。

ドル円は79.465の高値をつけた後は失速も、79.20前後が支える形。

ポンドドルが1.6116から一時1.6171まで上昇後値を消し、

ドルスイスは0.9215の安値へ下落した。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3080が支えており、このブレイクを確認する必要がりそう。

1.3080から1.3060に断続的にストップ・ロス・オーダーの模様。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、中国のGDPは予想通りとなったが、小売売上高や鉱工業生産が予想を上回り、中国の景気減速懸念が後退したことで、一時リスク志向の動きが強まったが、欧州勢参入後は、EU首脳会議を控えてポジション調整の動きが強まった。 
 ドル円は78.92から79.22へ値を上げた後、79円割れに。 ユーロドルは1.3120から1.3083まで調整した。 クロス円では、ユーロ円が103.84へ上昇後103.38へ値を下げ、ポンド円が127.80から127.35、オージー円が81.87から82.32まで値を上げ後、一時82円割れ、NZD円が64.81から65.11、カナダ円が80.65から81.08で推移した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、中国のGDPは予想通りとなったが、小売売上高や鉱工業生産が予想を上回り、中国の景気減速懸念が後退したことで、一時リスク志向の動きが強まったが、欧州勢参入後は、EU首脳会議を控えてポジション調整の動きが強まった。 
 ドル円は78.92から79.22へ値を上げた後、79円割れに。 ユーロドルは1.3120から1.3083まで調整した。 クロス円では、ユーロ円が103.84へ上昇後103.38へ値を下げ、ポンド円が127.80から127.35、オージー円が81.87から82.32まで値を上げ後、一時82円割れ、NZD円が64.81から65.11、カナダ円が80.65から81.08で推移した。

急激に

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク・オフの動き。材料は出ていないが、やはりEU首脳会合を前に、ポジション調整が出易い。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=81.00-82.50)
戦略としては81.95-05と82.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも82.40-45、82.50-65と利食いで、売りはこういった位置から82.75-85と売り場を探して、ストップは82.90-00超えや83.05-10超えでの倍返しにおいて対応。 ターゲットは83.15-25、83.30-40と利食い&売り上がって、ストップは83.55-60超えでの倍返し。 一方下値は81.85-90割れをストップ、81.75-80、81.65-70、81.50-60と買いなおして、ストップは81.35-40割れとするか、81.25-30、81.00-10まで買い下がるなら、ストップは、80.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは80.55-65、80.45-50と買い戻しで、買いはこういった位置から80.20-35、80.05-15と買い下がって、ストップは79.90-00割れで、倍返しもターゲットは79.70-75、79.55-65、79.40-50の動向次第での買い戻し。 買いは維持を確認する必要があるので注意。 買ってもストップは79.30-40割れでの倍返し。(予想時レート: 82.10 予想時間 13:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3000-1.3150)
戦略としては1.3080-90と1.3105-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3110-20、1.3125-35と売り上がって、1.3140-45超えをストップとしても、1.3150-60での売り直し。ストップは1.3165-75超え。 倍返ししても1.3175-85、1.32のサイコロジカル前後では利食い優先から、売りは1.3220-30と売り上がって、ストップは1.3240-50超えなどで対応となる。 一方下値は慎重な順張りからターゲットは1.3055-65での買い戻し&買いで、1.3040-45割れがストップで、1.3030-35、1.3015-25、1.3000-10と買い下がって、ストップは1.2985-90割れや1.2975-80などが倍返し的となるが、倍返し不透明で、ストップ圏に留まることも一考。 1.2965-70、1.2950-60と買い場を探して、1.2940-45をストップ、1.2930-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.2915-20の動向次第で、維持では1.29まで買い下がっても、ストップは1.2890-95割れでの倍返し。ターゲットは1.2875-85、1.2860-65、1.2840-45と買い戻し&買い直し。ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2805-10の動向次第で、割れても1.2795-00での買い戻し&買い直しで、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。(予想時レート:1.3090 予想時間 13:10)

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」U-stream版スタートしています。

こちらから

リスク・オン気味

テーマ: モノローグ

だいまん

中国第3四半期GDPは、予想通りも、鉱工業生産や小売売上高が予想を上回る。 

前回:+7.6%(前期比)
予想:+7.4%
今回:+7.4%

中国・9月鉱工業生産(前年比)

前回:+8.9%
予想:+9.0%
今回:+9.2%

中国・9月小売売上高(前年比)

前回:+13.2%
予想:+13.2%
今回:+14.2%

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:45 (豪) エディRBA総裁補佐講演
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 第3四半期期NAB企業信頼感指数(前回-2)
11:00 (中) 第3四半期期GDP[前年比](前回+7.6% 予想+7.4%)
11:00 (中) 9月鉱工業生産[前年比](前回+8.9% 予想+9.0%)
11:00 (中) 9月小売売上高[前年比](前回+13.2% 予想+13.2%)
11:00 (中) 9月固定資産投資[前年比](前回+20.2% 予想+20.2%)
15:00 (スイス) 9月貿易収支 (前回+17.3億CHF)
16:00 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
16:00 (ユーロ圏) メルケル独首相講演
16:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長・労使組織代表らと会談
17:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
17:30 (英) 9月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.5%)
17:30 (英) 9月小売売上高指数 [前年比] (前回+3.1% 予想+2.6%)
17:30 (香港) 9月失業率 (前回3.2%)
17:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:00 (ユーロ圏) 仏長期債入札
18:30 (英) 英中期債入札(37.5億ポンド)
20:00 (トルコ) トルコ共和国中央銀行・政策金利
20:15 (米) モルガン・スタンレー・第3四半期期決算発表
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.9万件)
21:30 (加) 8月卸売売上高 [前月比] (前回-0.6% 予想+0.2%)
23:00 (米) 10月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-1.9 予想0.0)
23:00 (米) 9月景気先行指数 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.1%)
06:00 (チリ) チリ国立銀行政策金利発表
EU首脳会議(ブリュッセル)
日20年国債入札(1兆2000億円)、 米30年物インフレ連動国債入札(70億ドル)

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

前日終値を前に上げ渋り。

後は、引け際の動きが焦点となるが、いつものように持ち上げるのか?

落ちるのかはポイントとなりそうだ。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが、一時の70ドル安から値を戻していることで、堅調な推移。

ユーロ円が103.44、ポンド円が127.40、オージー円が81.72、NZD円が64.78、カナダ円が80.19、スイス円が85.43まで上昇したが、更なる動きとなってない。 
 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、スペイン国債の利回りの低下を受けて1.3093を支えて、一時1.3137の日中高値をつけ、ドル円は、78.61の日中安値に面あわせ後、米9月住宅着工件数や建設許可件数が、市場予想を大幅に上回ったことで、米10年債利回りが上昇。共同通信社が「日銀が追加金融緩和検討。30日の金融政策決定会合で国債など資産買い入れ基金増額を軸に検討か」と報じたことで、78.81レベルまで反発したが、揉み合いの範囲。 

ポンドドルは、雇用指数が強かったことや英MPC議事録が、前回全会一致で、金利据え置きを決定したことで1.6178へ値を上げ、ドルスイスが0.9214まで値を下げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 17日の東京市場は、早朝にムーディーズが、「スペイン格付け据え置きの確認」と表明したことを受けて、一時リスク志向が高まったが、その後は日経平均株価が堅調も、上海株の調整などを受けて、利食いが優勢となった。
 ユーロドルは1.3053から1.3125まで上昇後、1.3085で支えられ、ドル円は78.92から78.62まで下落後、買い戻しとなった。
 クロス円では、ユーロ円が103.51から102.92、ポンド円が127.31から126.77、オージー円が81.36から81.02、NZD円が64.55から64.20、カナダ円が80.03から79.65、スイス円が85.58から85.05まで一時値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=79.50-81.50)
戦略としては79.65-75と79.90-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、80.00-15、80.25-35と売り上がって、ストップは80.45-60超えや80.65-70超えでの倍返しもターゲットは80.75-90と利食い&売り上がって、ストップは80.95-00超えで、81.05-10、81.20-35は売り直して、ストップは81.40-45超えや81.50-55超えが倍返しとなる。 一方下値は79.50-60と買い下がって、ストップは79.30-40割れでの倍返し。 ターゲットは79.15-25や78.95-05の動向次第で、買い戻し&買いも、ストップは78.85-90割れや、78.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは78.65-70、78.40-50での買い戻し&買い直しで、ストップは78.30-35割れまたは、78.15-20と買い下がるなら、ストップは78.05-10の割れでの倍返し。(予想時レート:79.90 予想時間 16:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=78.40-79.00)
ソフトバンクのM&Aがらみのフローが30億ドル程度しか出てこないことが判明。 買いすぎの反動も、下値はストップ圏とした78.60-65を維持する形となった。 ただ、上値も若干重くなっており、総じて78.60-70と78.90-00の揉み合いで終わるかどうか? まずは78.60-65と78.70-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は78.85-90と売り上がって、ストップは79.95-00超えで、79.05-10はCapでは売り直しも、ストップは79.15-25超えで、倍返しもターゲットは79.25-35、79.35-40、79.45-50と利食い優先で、売りはこういった位置から79.50-60と売り上がって、トップは79.65-70越えに置いて対応。 倍返しも検討される。 ともかく上値は79.20-25と79.65-70超えが注意。 下値は78.25-30と77.90-00がキーとなる。 一方下値は、順張りまたは78.40-55と買い下がって、78.25-35割れがストップ&倍返し。 ターゲットは78.10-20、78.00-10と買い戻し&買い下がって、トップは、77.90-00割れとなる。(予想時レート:78.65 予想時間 15:10)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

78.62まで。 上値は78.75-85が重くなりそう。

ドル円の下げ

テーマ: モノローグ

だいまん

確固たる理由はない模様。79円を超えず、買いが溜まった反動のようだ。

下げの目処は、78円ミドルが維持できるか焦点かな?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

15:00 (日) 9月工作機械受注・確報値[前年比](前回-3.0%)
17:30 (英) 9月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
17:30 (英) 9月失業保険申請件数(前回 -1.50万件 予想0.00万件)
17:30 (英) BOE議事録(10月3-4日開催分)
18:00 (ユーロ圏) 8月建設支出 [前月比] (前回-0.3%)
18:30 (ユーロ圏) 独2年債入札(50億ユーロ)
18:30 (ユーロ圏) ポルトガル短期債入札(3カ月物、6カ月物、12カ月物)
19:00 (独) 独政府、秋季経済予測発表
20:00 (米) バンク・オブ・アメリカ・第3四半期期決算発表
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-1.2%)
20:00 (南ア) 8月実質小売売上高 [前年比] (前回+4.2% 予想+4.6%)
21:30 (米) 9月住宅着工件数 (前回75.0万件 予想77.0万件)
21:30 (米) 9月建設許可件数 (前回80.3万件(80.1万件)予想 81.0万件)
21:30 (米) ボルカー前FRB議長、英議会で証言
23:30 (米) 週間原油在庫(前回+167.2万バレル)
05:45 (NZ) イングリッシュNZ財務相講演

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が103.08、ポンド円が127.33、オージー円が81.19、NZD円が64.53、カナダ円が80.50、スイス円が85.25まで値を上げたが、上昇スピードは鈍っている。

NY午後は膠着

テーマ: モノローグ

だいまん

ただ、NYダウは120ドル高近辺で堅調。

ユーロドルは、一時1.3061まで上昇も、トロイカとギリシャの交渉の決裂の話で、1.3016まで値を下げたが、その後は買い戻し気味。

ドル円は78.77レベルを支え、78.97の日中高値へ上昇したが、こちらも上げ渋っている。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 16日の東京市場は、日経平均の123円高やアジア株の堅調を受けて、リスク志向の動きが強まった。
 ユーロドルは、1.2943から1.2996まで上昇、ドル円もソフトバンクのM&Aがらみの円売り期待から78.68から78.93まで値を上げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が101.85から102.54、ポンド円が126.40から126.97、オージー円は、RBA議事録のペシミスティクな内容を受けて、80.60まで下落後81.11まで上昇、NZD円が64.12から64.53、カナダ円が84.16から84.50、スイス円が84.27から84.84まで上昇した。(16:00現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=63.80-64.80)
戦略としては、64.25-35と64.50-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りから、ターゲットは64.65-75、64.80-85、64.90-05と利食い&売り上がって、ストップは65.10-15超えで、65.20-30、65.35-45、65.50-60と売り直し場を探して、ストップは65.70-75超えとなる。 一方下値は64.15-25と買い下がって、ストップは64.05-15割れで、63.90-00、63.80-90と買い直しで、ストップは63.65-70割れや63.50-60割れでの倍返し。ターゲットは63.30-40、63.15-25と買い戻し&買っても、ストップは63.00-10割れや62.90-95割れとなる。(予想時レート: 64.50 予想時間 15:40)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=126.00-127.50)
戦略としては、126.60-70と126.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は127.00-10をストップ、または127.15-25、127.30-40、127.45-55と売り上がってストップは127.80-85超え。 倍返ししてもターゲットは128.00-0での利食い&売り直しから、128.40-45、128.60-70と売り上がって、ストップは128.80-85超えとなる。 一方下値は126.45-60と買い下がって、ストップは126.30-40割れでの倍返し。 ターゲットは126.00-15、125.90-95と買い戻しで、買いはこういった位置から125.65-75と買い下がって、ストップは125.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは125.20-25での買い戻し&買いで、125.05-10をストップとするか、124.95-05、124.80-85と買い下がって、ストップは124.70-75割れでの倍返し。(予想時レート:126.90 予想時間 15:35)

RBA議事録

テーマ: モノローグ

だいまん

豪州中銀議事録は、相当弱めだが、豪ドルの下落は限定的。
オージー円は80.65レベル、オージードルは、

「来年は幾分弱めの経済成長となる可能性が高ま1.0242レベルまで一時下落。
「インフレ見通しは今後の利下げの余地を与える」
「過去の利下げの効果はまだ完全に出ていない」
「資源セクターの一部で投資意欲の顕著な落ち込みが見られる」

オージー円は

テーマ: モノローグ

だいまん

豪州中銀の理事会議事録を前に、これだけ上がると、

弱い内容で下げても買いに成りやすそうだ。

オージー円は

テーマ: モノローグ

だいまん

豪州中銀の理事会議事録を前に、これだけ上がると、

弱い内容で下げても買いに成りやすそうだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 第3四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.3%)
06:45 (NZ) 第3四半期消費者物価 [前年比] (前回+1.0%)
09:30 (豪) RBA議事録 (10月2日開催分)
09:30 (米) ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演「経済」
16:00 (ハンガリー) シモール・ハンガリー中銀総裁講演
17:30 (英) 9月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.4%)
17:30 (英) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.5% 予想+2.3%)
17:30 (英) 9月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.2% 予想+1.0%)
17:30 (英) 9月小売物価指数 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.5%)
17:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(12カ月物、18カ月物)
18:00 (独) 10月ZEW景況感調査 (前回-18.2 予想-15.5)
18:00 (独) 10月ZEW現況指数(前回+12.6 予想+11.0)
18:00 (ユーロ圏) 10月ZEW景況感調査 (前回-3.8)
18:00 (ユーロ圏) 9月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
18:00 (ユーロ圏) 8月貿易収支 (前回+156億EUR)
19:30 (ユーロ圏) ホノハン・アイルランド中銀総裁講演
20:30 (米) ゴールドマン・サックス・第3四半期期決算発表
21:30 (加) 8月国際証券取引高(前回+66.7億加ドル 予想+85.0億加ドル)
21:30 (加) 8月製造業出荷(前回-1.5% 予想+0.5%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.5%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.8%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+2.0%)
22:00 (ユーロ圏) 伊中銀・四半期経済報告公表
22:00 (米) 8月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+670億USD)
22:00 (米) 8月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+737億USD)
22:15 (米) 9月鉱工業生産 [前月比] (前回-1.2% 予想+0.2%)
22:15 (米) 9月設備稼働率 (前回78.2% 予想78.3%)
23:00 (米) 10月NAHB住宅市場指数 (前回40 41)
01:00 (米) ラスキンFRB理事
米大統領選挙・第2回大統領候補討論(ニューヨーク州ヘンプステッド)
日5年国債入札(2兆5000億円)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

  NY午後の動きは、NYダウが上げ渋っていることで小康状態。米小売売上高が、市場予想を上回ったことが好感され、一時NYダウは100ドル近い上昇も、その後は上げ渋っている。 
 ユーロドルは、1.2979の日中高値から1.2930レベルまで下落、ドル円は78.86の高値から78.65-70レベルが支えている。
 一方クロス円では、ユーロ円が102.28から101.79、ポンド円が126.70、オージー円が80.79、NZD円が64.54、カナダ円が80.71、スイス円が84.60まで一時上昇していた。

.

リスク・オンの動きも

テーマ: モノローグ

だいまん

またぞろ、欧州タイムだけなのかどうかだね。

NYも同じ動きなら、大きくなるだろうけど。

ともかくダウ次第だと思う。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

15日の東京市場は、材料難から揉み合い推移。ユーロドルは、1.2955から1.2891まで下落、特別大きな理由は見てない。 ドル円はクロス円の売りに78.33まで下落後、ソフトバンクのスプリント・ネクステル買収が近いとの報道を受けて78.61まで一時反発した。
 一方クロス円も朝方は売りが優勢となったが、その後は株価の戻りを受けて買い戻しが優勢。ユーロ円が101.61から101.04、ポンド円が126.16から125.55、オージー円は、強い豪住宅ローン貸し出しにも関わらず80.39から79.98まで値を戻したが、その後中国のCPIが予想通りとなったことで、買い戻し気味となり、NZD円が64.12から63.72、カナダ円が80.17から79.84、スイス円が84.07から83.63まで一時値を下げた後は、買い戻しが優勢となった。(16:00現在) 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=79.50-81.00)
戦略としては80.05-15と80.35-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は80.45-55、80.60-65と売り上がって、ストップは80.70-80超えでの倍返し。 ターゲットは80.90-00、81.05-15と利食い&売り直して、ストップは81.20-30超えでの倍返し。ターゲットは81.35-40、81.45-50の動向次第。 超えてターゲットは81.55-65、81.75-80と利食い優先から、売りはこういった位置から81.90-95、82.00-15と売り上がって、ストップは82.20-30超えとなる。 一方下値は79.90-00割れがストップで、倍返しもターゲットは79.70-75の動向次第。割れてターゲットは79.55-65、79.40-50での買い戻し。 買いは維持を確認する必要があるので注意。 買ってもストップは79.30-40割れでの倍返し。ターゲットは、79.15-25、79.00-10と買い戻し&買い下がって、ストップは78.85-90割れや78.65-75割れで倍返し。(予想時レート: 80.30 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2860-1.2970)
戦略としては1.2890-00と1.2915-20のブレイクに注目して、ブレイクでの順張りスタート。 上値は1.2930-35、1.2945-55と利食い&売り直しで、ストップを1.2960-70超えとするか、1.2975-80と売り上がって、ストップは1.2990-95超えでの倍返しも1.2995-1.3010、1.3010-20、1.3025-35利食いで、売りはこういった位置から1.3040-50と売り場を探して、ストップは1.3055-65超えまたは更に売り上がっても、ストップは1.3070-80超えでの倍返し。一方下値は、1.2875-85の動向次第で、割れて売り足しも検討課題。 ターゲットは1.2860-65、1.2840-45と買い戻し&買い直し。ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2805-10の動向次第で、割れても1.2795-00での買い戻し&買い直しで、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。(予想時レート:1.2910 予想時間 15:25)

中国CPIは

テーマ: モノローグ

だいまん

予想通り。 影響は出てない。

豪州

テーマ: モノローグ

だいまん

住宅ローン貸し出しが予想を上回るも軟調な動き。

弱い株価が影響しているとの話だが、次の中国の指標が10時半からあるので注意。

今週も

テーマ: モノローグ

だいまん

基本は、揉み合い気味の相場展開が続きそう。

後は株価がポイントだが、米決算をくぐりぬけて、上昇できるのか? 
それとも調整入りするのかが注目となりそうだ。

動きはない

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月15日 06:22
EURUSD 1.2951-57
USDJPY 78.42-45
GBPUSD 1.6067-76
USDCHF 0.9326-39
AUDUSD 1.0245-53
NZDUSD 0.8165-77
EURJPY 101.56-62
GBPJPY 126.01-10
AUDJPY 80.36-45
NZDJPY 64.03-14
CADJPY 80.04-17
CHFJPY 83.98-09
EURGBP 0.8056-63
EURCHF 1.2082-96
ZARJPY 8.90-00

今週もよろしく!

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月15日 05:32
EURUSD 1.2950-57
USDJPY 78.39-49
GBPUSD 1.6068-83
USDCHF 0.9326-40
AUDUSD 1.0248-57
NZDUSD 0.8170-80
EURJPY 101.58-64
GBPJPY 126.01-15
AUDJPY 80.39-46
NZDJPY 64.06-17
CADJPY 80.06-21
CHFJPY 83.99-10
EURGBP 0.8050-63
EURCHF 1.2082-97
ZARJPY 8.90-00

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:01 (英) 10月ライトムーブ住宅価格(前回-0.6%)
09:30 (豪) 8月住宅ローン貸出(前回-1.0% 予想+1.5%)
10:30 (中) 9月消費者物価指数[前年比](前回+1.9% 予想+2.0%)
10:30 (中) 9月生産者物価指数[前年比](前回-3.5% 予想-3.5%)
10:35 (日) 山口副総裁「創立50周年記念日本証券アナリスト大会で挨拶」
13:30 (日) 8月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回-1.3%)
13:30 (日) 8月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-4.3%)
13:30 (ユーロ圏) クノット・オランダ中銀総裁講演
21:00 (米) ダドリーNY連銀総裁講演
21:00 (米) シティグループ・第3四半期期決算発表
21:30 (米) 10月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回-10.41 予想-4.80)
21:30 (米) 9月小売売上高 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.7%)
21:30 (米) 9月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回+0.8% 予想+0.6%)
23:00 (米) 8月企業在庫 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.5%)
01:45 (米) ラッカー米リッチモンド連銀総裁講演「米経済について」
02:10 (米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演「米経済について」

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月15日 04:25
EURUSD 1.2952-66
USDJPY 78.43-45
GBPUSD 1.6066-91
USDCHF 0.9320-35
AUDUSD 1.0251-62
NZDUSD 0.8171-90
EURJPY 101.63-70
GBPJPY 125.98-15
AUDJPY 80.40-50
NZDJPY 64.09-25
CADJPY 80.11-26
CHFJPY 83.99-15
EURGBP 0.8051-65
EURCHF 1.2081-98
ZARJPY 8.89-00

ダウは20ドル安

テーマ: モノローグ

だいまん

弱いよね。。。。でも相場が崩れない不思議。 

そりゃ、QE3とかで支えているからね。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

東京引けからロンドン初頭の上値トライからは、若干利食いが優勢。 

NYダウが値を消し気味なのがマイナス。

ユーロ円が101.91から101.58、スイス円が84.25から84.00での推移、ポンド円が一時128.18の高値まで値を上げたが、オージー円が80.74から80.19へ下落、NZD円が64.14、カナダ円が79.98の安値まで値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

揉合い気味な推移。 強い米10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値も大きな材料となっていない。

週末ムードか? 

ユーロドルは1.2992まで上昇後1.2959へ値を下げ、ポンドドルは1.6098まで一時上昇、ドルスイスが0.9306まで値を下げ、ドル円は78.32から78.47での揉み合いが継続した。

斬新と言えば、斬新だが。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

ノルウェーのノーベル賞委員会は12日、欧州連合(EU)に12年のノーベル平和賞を授与すると発表した。長年の地域全体の平和や協調を図る取り組みが評価された

えーっ、みんなに大変な迷惑をかけているのに。。。。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=83.40-84.50)
戦略としては、83.70-80と83.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は84.10-20超えでの倍返し。ターゲットは84.25-30、84.35-50と利食い優先で、売りは84.55-75と売り上がって、ストップは84.80-85超え。84.90-95での売り直しのストップは85.05-10超え。一方下値は順張りからターゲットは83.40-45、83.30-35と買戻しで、買いは83.10-20、82.95-00と買い下がって、ストップは82.85-90割れで、82.75-80は維持を見て対応。買いってもストップは82.55-60割れや82.45-50割れでの倍返し。ターゲットは82.00-10、81.90-95の動向次第で買い戻し。 割れても81.70-85で買い戻し&買い直しで、ストップは81.55-65割れでの倍返し。 (予想時レート:83.90 予想時間 16:10)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=125.20-126.50)
戦略としては、125.50-60と125.75-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は125.85-95と売り上がって、ストップは125.95-00超えや126.05-15超えでの倍返し。 ターゲットは126.30-35、126.40-50と利食い&売り上がって、ストップは126.60-70超えで、126.75-90の売りは、127.00-10をストップ、127.15-25、127.30-40、127.45-55と売り直しのストップは127.80-85超え。 一方下値は順張りからターゲットは125.20-25を前に下げ止まりでは買い戻し。買いは125.05-10をストップとするか、124.95-05、124.80-85と買い下がって、ストップは124.70-75割れでの倍返し。 ターゲットは124.35-40、124.20-30と買い戻しで、買いはこういった位置から123.95-05、123.80-90と買い下がって、ストップは123.70-80割れでの倍返し。 (予想時レート:125.75 予想時間 15:30)

今日も

テーマ: モノローグ

だいまん

欧州はリスク志向からなのかなあ? 

ともかく、ちょっと売りは手控えて様子をみたい。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 9月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.4% 予想+2.4%)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 8月第3次産業活動指数(前回-0.8% 予想+0.4%)
09:00 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
18:00 (ユーロ圏) 8月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回+0.6%(+0.5%) 予想-0.3%)
20:00 (米) JPモルガン・チェース・7-9月期決算発表
21:00 (米) ウェルズ・ファーゴ・7-9月期決算発表
21:30 (米) 9月生産者物価指数 [前月比] (前回+1.7% 予想+0.7%)
21:30 (米) 9月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
21:30 (米) 9月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.0% 予想+1.7%)
21:30 (米) 9月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+2.5% 予想+2.5%)
22:55 (米) 10月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回78.3 予想77.8)
01:35 (米) ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演「経済」
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(東京)
ガイトナー米財務長官来日
ファンロンパイEU大統領・カタイネン・フィンランド首相会談
日本企業決算:イオン
米企業決算:グーグル

10/13(土)
19:00 (ユーロ圏) メルケル独首相演説
未 定 (中) 9月貿易収支(前回+266.6億ドル 予想+218.4億ドル)
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(東京)
ガイトナー米財務長官来日

10/14(日)
13:00 (日) 日銀・IMF共催のグローバル金融経済セミナー
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(東京)
白川日銀総裁講演
リトアニア議会選挙

クロス円も

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウが、80ドル高から値を消しており、利食いが優勢。

ユーロ円が101.72、ポンド円が126.12、オージー円が80.78、NZD円が64.33、カナダ円が80.41、スイス円が84.13まで一時上昇していた。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

一服気味。ドル円は78.59の高値まで上昇後78.29まで値を下げ、ユーロドルが1.2952、ポンドドルが1.6055の高値をつけた後は、利食いに押されている。 

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.2920、ポンドドルが1.2920、ドル円が78.44まで上昇。 ドルスイスは0.9348まで値を下げた。

一方クロス円では、ユーロ円が101.33、ポンド円が125.78、オージー円が80.65、NZD円が64.20、カナダ円が80.11、スイス円が80.84まで値を上げた。

M&A

テーマ: モノローグ

だいまん

ソフトバンクは、全米第3位の携帯電話会社スプリント・ネクステルの買収を検討しているとの報道。 

発行済み株式の3分の2超の取得を目指すもので、買収総額は1.5兆円を超えるとみられ、ドル円は78.44まで一時上昇。

ただ、まだ決まったわけでもなく、実際の買取はまだ先だけどね。

そういえば、ソフトバンクがボーダフォンを買ったのは、ポンド円が200円台だったけど。。。。。

最近のパターン

テーマ: モノローグ

だいまん

アジアで、リスク回避から、ロンドンからリスク・オン。

そして、後はNYダウ次第だが、NYでリスク・オフ。

Algos Trader

テーマ: モノローグ

だいまん

システム・トレードのバック・テスト用の斬新的なソフトです。

現在は、日足以降の対応ですが、この販売に絡んで、今週土曜日から
説明・予約販売会を、ForexRadioの事務所で開催します。

お時間があれば、ご参加ください。

詳細

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 11日の東京市場は、スペインの格下げを受けたリスク回避の動きも、更なる材料難から買い戻し気味。
 ユーロドルは、中国株の下落もあり1.28255まで下落後、200日移動平均で守られて1.2877まで反発、ドル円は78.22から77.95まで値を下げた。
クロス円でユーロ円が100.16から100.71、ポンド円が124.75から125.20、オージー円は、豪州9月雇用統計を受けて79.75から80.29へ上昇、NZD円が63.67から63.93、カナダ円が79.38から79.68、スイス円が82.89から83.27での推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=79.00-80.60)
戦略としては80.00-05と80.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値はストップが80.40-45超えで、80.55-60、80.75-80と売り場を探して、ストップは80.90-00超えで、倍返しもターゲットは81.05-15や81.20-30の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは81.35-40、81.45-50の動向次第。 超えてターゲットは81.55-65、81.75-80と利食い優先から、売りはこういった位置から81.90-95、82.00-15と売り上がって、ストップは82.20-30超えで、82.40-45、82.50-65、82.75-85と再度売り場を探して、ストップは82.90-00超えや83.05-10超えでの倍返しにおいて対応。 一方下値は79.70-75割れがストップで、79.55-65、79.40-50は維持を見て対応となるが、買っても79.30-40割れでの倍返し。ターゲットは、79.15-25、79.00-10と買い戻し&買い下がって、ストップは78.85-90割れや78.65-75割れで倍返し。 (予想時レート: 80.25 予想時間 14:00)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2770-1.2940)
戦略としては1.2845-55と1.2870-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2890-95と売り上がって、ストップは1.2900-05超えや1.2910-15超えでの倍返し。 ターゲットは1.2925-30、1.2935-40と利食い&売り上がって、ストップは1.2960-65超えで、1.2970-85での売り直しのストップは、1.2990-95超えや1.2995-1.3010ゾーン超えでの倍返し。一方下値は1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2805-10の動向次第で、割れても1.2795-00での買い戻し&買い直しで、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2715-20を前に、下げ止まりでは買い戻し優先から、買いは1.2700-05、1.2675-90と買い下がって、ストップは1.2665-70割れで、1.2645-50、1.2635-40での買い直しのストップは1.2620-30割れ、1.2605-10割れでの倍返し。(予想時レート:1.2865 予想時間 13:45)

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」スタートしています。

U-Stream版

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.2820-25の200日移動平気をまたまた維持。

でも、今回もこれで済むかは不透明。 戻りの具合次第かも。。。

豪雇用統計

テーマ: モノローグ

だいまん

豪・9月失業率は、前回:5.1%から予想:5.3%、結果は5.4%と悪いが、


豪・9月新規雇用者数は、予想の+5000人を上回る+1万4500人。

一旦豪ドル買いも、追いかける状況とは思われない。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

いやな感じの日。 高島さんは、「押し込むと小底入れ」と言っており、

その面では、押し込む可能性がまだありそう。

昨日駄目だったユーロドルの200日移動平均割れがリスクとなりそうだ。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

いやな感じの日。 高島さんは、「押し込むと小底入れ」と言っており、

その面では、押し込む可能性がまだありそう。

昨日駄目だったユーロドルの200日移動平均割れがリスクとなりそうだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:30 (NZ) 9月企業景況感(PMI)(前回47.2)
08:25 (豪) エリスRBA金融安定局長講演
08:50 (日) 8月機械受注 [前月比] (前回+4.6% 予想-2.1%)
08:50 (日) 8月機械受注 [前年比] (前回+1.7% 予想-4.2%)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(9月18・19日分)
09:30 (豪) 9月新規雇用者数(前回 -0.88万人 予想0.00万人)
09:30 (豪) 9月失業率(前回 5.1% 予想5.3%)
13:00 (ユーロ圏) ショイブレ独財務相会見
15:00 (独) 9月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回0.0% 予想0.0%)
15:00 (独) 9月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)
15:45 (仏) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.1%)
16:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、モンティ伊首相、バローゾ欧州委員長講演
16:30 (米) イエレンFRB副議長講演(東京)
17:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:00 (ユーロ圏) 伊長期債入札
18:30 (英) インフレ連動債入札(15億ポンド)
20:00 (南ア) 8月製造業生産(前回-1.1%)
21:30 (米) 8月貿易収支 (前回-420億USD 予想-440億USD)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.7万件 予想36.5万件)
21:30 (米) 9月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.7%)
21:30 (加) 8月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.1%)
21:30 (加) 8月国際商品貿易 (前回-23.4億CAD 予想-18.0億CAD)
23:00 (米) スタインFRB理事講演「金融政策」
24:00 (米) 週間原油在庫(前回-48.2万バレル)
00:15 (米) ラスキンFRB理事講演
01:30 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
02:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相「晩餐会に出席」(ブリュッセル)
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(東京)
G7財務相・中央銀行総裁会議
ガイトナー米財務長官来日
米大統領選挙・副大統領候補討論会(ケンタッキー州ダンヒル)
ギリシャ7月失業率(前回24.4%)
ブラジル ブラジル中央銀行(BCB)政策金利発表
日30年国債入札(7000億円)、米30年国債入札(130億ドル)
日本企業決算:ファーストリテイリング、ファミリーマート
米企業決算:チャールズ・シュワブ 米国

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

 引け間際に、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がスペインの格付けを「BBB+」から「BBB-」に引き下げ、格付け見通しを「ネガティブ」と発表。 

「政治的な支援やユーロ圏の支援が弱まれば、スペインの格付けを引き下げる可能性」としたことで、ユーロドルが1.2862、ユーロ円が100.52レベルまで下落した。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円は、ダウが128ドル安で、引けたこともあり、日中高値から売りに押された。 


ユーロ円が101.18から100.72、ポンド円が125.61から125.06、オージー円が80.41から79.93、NZD円が64.27から63.75、カナダ円が80.21から79.60の日中安値をつけ、スイス円が83.54から83.25まで値を下げて引けた。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.2913の高値まで上昇後、S&Pがスペインの格付けを「BBB-」に引き下げたこともあり1.2877まで下落、ポンドドルが1.6035の高値、ドルスイスが0.9375の安値をつけ、ドル円は78.37から78.125まで下落した。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.2913の高値まで上昇後、S&Pがスペインの格付けを「BBB-」に引き下げたこともあり1.2877まで下落、ポンドドルが1.6035の高値、ドルスイスが0.9375の安値をつけ、ドル円は78.37から78.125まで下落した。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

10日の海外市場は、軟調な株価を受けて、一時リスク回避的な動きも、その後は上海株がプラス圏で引けたことで、ショート・カバーが優勢となった。
 ユーロドルは、1.2885から1.2835まで一時下落後は、買戻しが優勢。 ドル円は米長期金利の上昇を受けて、78.19から78.36まで値を戻した。
 一方クロス円では、ユーロ円が100.43から100.86、ポンド円が124.99から125.47、オージー円が79.65から80.22、NZD円が63.71から64.08、カナダ円が79.81から80.12、スイス円が82.96から83.32まで値を回復した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=82.75-83.65)
戦略としては、83.05-15と83.30-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは83.45-50、83.60-70と利食い&売り上がって、ストップは83.70-80超えまたは、83.95-05超えがストップで、84.15-20での売り直しのストップを84.25-30超えとするか、84.35-50、84.55-75と売り上がって、ストップは84.80-85超え。84.90-95での売り直しのストップは85.05-10超え。一方下値は82.90-00割れがストップで、82.75-80の維持では買い直しも、ストップは82.55-60割れや82.45-50割れでの倍返し。ターゲットは82.00-10、81.90-95の動向次第で買い戻し。 割れても81.70-85で買い戻し&買い直しで、ストップは81.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは81.45-50、81.35-40と買い戻しで、買いは81.15-20、80.95-00と買い下がって、ストップは80.80-90割れで、80.60-70、80.55-60と買い下がって、ストップは80.35-40割れでの倍返し。(予想時レート:83.30 予想時間 16:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=100.00-101.50)
戦略としては、100.60-70と100.80-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、順張りから101.00-10、101.20-35と利食い&売り場を探して、ストップは101.45-50超えで、101.60-65、101.70-80での売り直しのストップは101.85-95超え、102.00-10超えが倍返しとなるが、102.15-25、102.30-40と利食い優勢から、売りはこういった位置から102.45-55と売り上がって、ストップは102.60-65超えや102.80-90超えでの倍返し。 一方下値は、100.35-45割れでの倍返し。ターゲットは100.05-25、99.85-95と買い戻し&買い下がって、ストップは99.75-85割れや99.65-70割れでの倍返し。 ターゲットは99.45-55の動向次第。 割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは99.25-30、99.05-20と買い戻し&買い下がって、ストップは、98.80-90割れとするか、98.70-80まで買い下がるなら、ストップは98.60-65割れでの倍返しとなる。(予想時レート:100.75 予想時間 16:30)

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

アジア株の軟調を受けて、リスク回避志向。

ユーロドルは1.2836レベル、ユーロ円が100.45、ポンド円が124.99、オージー円が79.65まで下落。 

ユーロドルは、直近安値の1.2804で、オプションの防戦に阻まれた形で、大きく戻したが、今夜はこれを潰しいくかが焦点。

特に昨日のユーロ売りに強い材料が感じられず、それだけ気味が悪い。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:00 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁、プラートECB理事講演
08:30 (豪) 10月ウエストパック消費者信頼感(前回+1.6%)
09:30 (米) イエレンFRB副議長講演(東京)
12:30 (ユーロ圏) ノワイエ仏中銀総裁講演
13:00 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演(東京)
15:00 (日) 9月工作機械受注・速報値[前年比](前回-2.7%)
15:45 (仏) 8月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.2%)
16:00 (ユーロ圏) 欧州議会委員会「銀行同盟に関する提案について審議」
18:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
18:30 (ユーロ圏) 独5年債入札(40億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+16.6%)
22:00 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
23:00 (米) 8月卸売在庫 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.4%)
03:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
03:45 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演
05:30 (米) タルーロFRB理事講演
05:45 (米) フィッシャー米ダラス連銀総裁講演
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(東京)
英保守党大会(バーミンガム)
ガイトナー米財務長官、インド中銀のスバラオ総裁と会談(ムンバイ)
日本企業決算:エービーシー・マート
米企業決算:シェブロン、米10年国債入札(210億ドル)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が100.60、ポンド円が124.95、オージー円が79.60、NZD円が63.83、カナダ円が79.74、スイス円が83.09まで一時値を下げた。 


NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、ロンドン・フィキシングに絡んだ売りで1.2859、ポンドドルが1.5976へ下落、ドルスイスが0.9416まで上昇、ドル円は78.15まで下落後も反発が78.26に限定されている。 

東京概況

テーマ: 戦略

だいまん

  9日の東京市場は、上海株の反発を受けて、一時リスク志向が高まったが、欧市場では、株価が軟調なスタート、スペイン国債利回りの上昇、ドラギECB総裁が、「欧州経済は引き続き難問に直面している」、「改革の頓挫はリスクとなる」と述べたことなどを受けて、巻き戻しの動きが強まった。 
 ユーロドルは、1.2991から1.2907へ下落、ドル円は78.24から78.44まで上昇後値を消した。
 クロス円では、ユーロ円が101.85から101.02、ポンド円が125.84から125.25、オージー円が80.29から79.77、NZD円が64.54から64.11、カナダ円が80.47から80.10、スイス円が84.05から83.40まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=79.50-80.50)
戦略としては80.00-05と80.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は80.25-30超えがストップで、再度80.35-45、80.55-60、80.75-80と売り場を探して、ストップは80.90-00超えで、倍返しもターゲットは81.05-15や81.20-30の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは81.35-40、81.45-50の動向次第。 超えてターゲットは81.55-65、81.75-80と利食い優先から、売りはこういった位置から81.90-95、82.00-15と売り上がって、ストップは82.20-30超え。 一方下値は79.90-95割れをストップ、79.75-85、79.60-70、79.45-50と買い下がっても、ストップは、79.40-45割れや79.30-40割れでの倍返し。ターゲットは、79.15-25、79.00-10と買い戻し&買い下がって、ストップは78.85-90割れや78.65-75割れで倍返し。 ターゲットは78.55-60、78.40-50、78.20-30と買い戻し&買い直しでストップは78.00-10割れ。 77.80-00での買い直しのストップは77.60-70割れでの倍返し。 (予想時レート: 80.10 予想時間 16:15)

London&NY(レンジが既に動いているので注意)

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2900-1.3050)
戦略としては1.2965-75と1.2990-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップを1.2995-1.3010ゾーン超えとするか、1.3010-20、1.3025-35、1.3040-50と売り場を探して、ストップは1.3055-65超えまたは売りあがっても、ストップは1.3070-80超えでの倍返し。一方下値は1.2955-70と買い下がっても、ストップは1.2945-50割れや1.2935-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.2920-30、1.2905-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2895-00や1.2885-90割れで、1.2875-80割れでの倍返しとなる。 ターゲットは1.2850-65、1.2835-40と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-30、1.2810-20と買い下がって、ストップは1.2805-10割れ。 1.2795-00の維持では買い直しも、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2715-20を前に、下げ止まりでは買い戻し優先から、買いは1.2700-05、1.2675-90と買い下がって、ストップは1.2665-70割れで、1.2645-50、1.2635-40での買い直しのストップは1.2620-30割れ、1.2605-10割れでの倍返し。 ターゲットは1.2590-95、1.2575-80と買い戻しで、買いは維持を見て対応も、ストップは1.2560-65割れでの倍返し。(予想時レート:1.2975 予想時間 15:50)

材料とならず

テーマ: モノローグ

だいまん

8月国際収支速報は、
経常黒字は4547億円、予想平均の4211億円前後の黒字より強い結果。
ただ、貿易収支が6445億円の赤字で、市場予想平均の6286億円前後の赤字より赤字額が拡大したが、ほとんど相場は反応無し。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:01 (英) 9月RICS住宅価格(前回-19% 予想-18%)
08:50 (日) 8月経常収支 (前回+6254億円 予想+3960億円)
08:50 (日) 8月貿易収支 (前回-3736億円 予想-6115億円)
08:50 (日) 白川日銀総裁「IMF・世銀総会の日銀視察プログラムで挨拶」
09:00 (世) IMF世界経済見通し
09:30 (豪) 9月NAB企業景況感(前回+1)
09:30 (豪) 9月NAB企業信頼感(前回-2)
10:00 (豪) ロウRBA副総裁講演
14:00 (日) 9月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回43.6)
14:00 (日) 9月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回43.6)
14:00 (日) 10月金融経済月報・基本的見解
15:45 (仏) 8月貿易収支 (前回-42.71億EUR)
17:30 (英) 8月鉱工業生産 [前月比] (前回+2.9% 予想-0.5%)
17:30 (英) 8月製造業生産高 [前月比] (前回+3.2% 予想-0.7%)
17:30 (英) 8月商品貿易収支(前回 -71.49億GBP 予想-83.00億GBP)
18:00 (ユーロ圏) 伊4-6月期財政赤字[対GDP比で年初来](前回+8.0%)
18:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
18:30 (英) 英長期債入札(17.5億ポンド)
21:10 (加) 9月住宅着工件数 (前回22.49万件(22.38万件) 予想20.00万件)
23:00 (米) 10月IBD/TIPP景気楽観度指数(前回51.8)
02:30 (英) キングBOE総裁「ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で講義」
国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会(東京)
欧州中央銀行(ECB)・米連邦準備制度理事会(FRB)の合同カンファレンス(ドイツ)
メルケル首相とサマラス・ギリシャ首相会談(アテネ)
仏・スペイン首脳会談、EU財務相理事会
英保守党大会(バーミンガム)
ガイトナー米財務長官・インドを訪問
日本企業決算:J.フロント・リテイリング
米企業決算:アルコア、米3年国債入札(320億ドル)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロ円が101.13から101.60、ポンド円が125.16から125.63、オージー円が79.41から79.99、NZD円が63.78から64.35、カナダ円が79.73から80.04、スイス円が83.53から83.97まで反発している。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが一時の下落幅を縮めていることで、ロンドン初頭の円買い、ドル買いからは売り戻が入っている。
 ユーロドルは、1.2938から1.2978、ドル円は、中尾財務官が日経新聞に対して「断固たる措置をとる日本政府の方針に変わりはない」と語ったことが伝わり78.08から78.35まで反発。 ポンドドルは、ユーロポンドの買いに1.6021まで下落、ユーロポンドは、0.8095へ上昇、ドルスイスは0.9358から0.9325まで値を下げた。 

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は78.13レベルまで値を下げたが、78.10のビッドに支えられる形。

ユーロドルは1.2938レベルまで値を下げた。

 その他ユーロ円が101.13、ポンド円が125.37、オージー円が79.41、NZD円が63.77、カナダ円が79.73、スイス円が83.53まで下落。 

アジア概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 動意に薄い中、休暇明けの中国株式市場が、国慶節休暇前に、政府の景気浮揚策の思惑が高まっていた反動が~下落したことで、リスク回避的な動きが強まっている。
 ドル円は78.30以下のストップ・ロスをヒットして、78.25、ユーロ円が101.50、ポンド円が125.84、オージー円が79.52、NZD円が63.82、カナダ円が79.91、スイス円が83.80まで下落、ユーロドルも1.2963レベルへ値を下げた。

アジア中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は78.51、ユーロ円が101.98、ポンド円が126.49、オージー円が79.75まで一時下落。
ユーロドルは1.2984レベルへ値を下げた。

休暇明けの中国株式市場の下落が要因。 国慶節休暇前に、政府の景気浮揚策の思惑が高まっていた悪影響のようだ。

アジア時間午前は

テーマ: モノローグ

だいまん

動意に薄い展開もユーロドルの上値が重い。

1.3025から1.2996まで値を下げる形。

ユーロ円は102.25まで。 オージー円も80.09から79.93で推移。

欧州勢の動きに注目となる。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

☆ユーロドル
予想レンジ=1.2900-1.3100
戦略=逆張りスタンス
まずは、1.3005-15と1.3025-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3040-50と売り上がって、ストップは1.3055-65超えまたは売りあがっても、ストップは1.3070-80超えでの倍返し。ターゲットは1.3085-90、1.3095-00、1.3115-25と利食い優先で、売りはこういった位置から1.3130-35、1.3150-60と売り上がって、ストップは1.3165-75超え。 下値は1.2990-00割れをストップとして、倍返ししても1.2965-75、1.2945-55と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2935-40割れまたは、思い切るなら1.2920-30、1.2905-10と買い場を探して、ストップは1.2895-00や1.2885-90割れで、1.2875-80割れでの倍返しとなる。 ターゲットは1.2850-65、1.2835-40と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-30、1.2810-20と買い下がって、ストップは1.2805-10割れ。 
(予想時レート:1.3015 予想時間 07:30)

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=78.00-79.00)
反発が78.85-90まで一時拡大も、更なる動きとならず、現状は78.60-65と78.70-75での揉合い気味。 ブレイクの場合下値は78.50-55の窓の下限、78.35-45の戻り安値が維持されると堅調も、78.25-30を割れると、78.10-20、78.00-10、77.90-00がターゲットとなるが、維持されると更に下落は進まないが、77.75-85の窓の上限割れからは、77.55-60の窓の下限まで視野となるが、買いが入り易い。 ただし77.45-50を割れると77.35-40が維持できるか焦点。 維持できない場合77.00-15ゾーンまで視野となるが、下げ止まりが見えるなら更に下落は進まない見通し。 注意は77円を維持できないケースで、その場合76.70-75、76.50-55、76.15-20までターゲットとなるが、買いが入り易い。リスクは76.00-10割れとなる。 一方上値は78.80-90がCapされると上昇も覚束ない。 超えて75-85、78.90-00、79.05-10が視野が視野となるが、売りが出易い。 79.15-25の窓の上限を超えて、79.25-35の戻り高値が視野となるが売りが出易い。 注意は79.35-40を超えるケースだが、それでも79.45-50、79.50-60と売りが出易い。 79.65-70を超えて79.75-80、79.95-05が視野となるが、売り直し位置。 80.10-15を超えて、80.20-30、80.35-40、80.45-50が視野となるが、売り直し位置となる。 あくまで80.60-65を超えて、一定の反発期待となり、80.70-80、80.85-95の戻り高値が視野となるが、売りが出易い。 81.00-05の節目を越えて、81.10-20の戻り高値なども再視野となるが、上抜けは不透明。 81.20-25や81.30-35の戻り高値を超えて、81.45-50の上抜けから、81.60-65の窓が視野となるが、未だ上抜けは不透明。 一定のアク抜けには81.70-80の戻り高値を超える動きが必要となる。 

ほとんど変化無し

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月08日 06:18
EURUSD 1.3021-27
USDJPY 78.64-68
GBPUSD 1.6129-39
USDCHF 0.9294-03
AUDUSD 1.0155-64
NZDUSD 0.8165-74
EURJPY 102.41-48
GBPJPY 126.87-96
AUDJPY 79.86-96
NZDJPY 64.22-33
CADJPY 80.38-52
CHFJPY 84.54-63
EURGBP 0.8068-74
EURCHF 1.2106-16
ZARJPY 8.88-01

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月08日 05:46
EURUSD 1.3021-28
USDJPY 78.63-68
GBPUSD 1.6128-37
USDCHF 0.9294-03
AUDUSD 1.0153-61
NZDUSD 0.8159-78
EURJPY 102.42-49
GBPJPY 126.86-95
AUDJPY 79.84-94
NZDJPY 64.18-33
CADJPY 80.39-53
CHFJPY 84.55-63
EURGBP 0.8069-75
EURCHF 1.2105-15
ZARJPY 8.89-99

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月08日 04:55
EURUSD 1.3023-30
USDJPY 78.65-68
GBPUSD 1.6122-37
USDCHF 0.9292-01
AUDUSD 1.0156-65
NZDUSD 0.8162-78
EURJPY 102.44-52
GBPJPY 126.84-97
AUDJPY 79.86-97
NZDJPY 64.20-35
CADJPY 80.36-52
CHFJPY 84.57-68
EURGBP 0.8071-80
EURCHF 1.2106-16
ZARJPY 8.90-01

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

シドニー市場・夏時間に移行
東京休場(体育の日)、トロント休場(サンクスギビングデー) 、米市場休場(コロンブス・デー、株式市場は開場)
08:00 (豪) スティーブンスRBA総裁、バッテリーノ前RBA副総裁「下院経済委員会で答弁」
14:45 (スイス) 9月失業率 (前回2.8% 予想2.8%)
15:00 (独) 8月経常収支 (前回+128億EUR 予想+130億EUR)
15:00 (独) 8月貿易収支 (前回+169億EUR 予想+156億EUR)
16:15 (スイス) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.5% 予想-0.6%)
19:00 (独) 8月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.3% 予想-0.5%)
23:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
欧州安定メカニズム(ESM)発足、初会合(ルクセンブルク)
ユーロ圏財務相会合
欧州中央銀行(ECB)・米連邦準備制度理事会(FRB)の合同カンファレンス(ドイツ)
ブラジル統一地方選挙・ブラジル全国市長・市議会議員選挙第1回投票
英保守党大会(バーミンガム)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月08日 04:20
EURUSD 1.3018-27
USDJPY 78.64-67
GBPUSD 1.6118-37
USDCHF 0.9294-04
AUDUSD 1.0149-59
NZDUSD 0.8162-75
EURJPY 102.41-40
GBPJPY 126.84-96
AUDJPY 79.82-97
NZDJPY 64.20-35
CADJPY 80.35-51
CHFJPY 84.54-65
EURGBP 0.8069-79
EURCHF 1.2105-16
ZARJPY 8.85-03

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.3018-27
ドル円   78.64-67
ユーロ円   102.41-49
ポンド円  126.81-96
オージー円 79.81-95

週間見通し

テーマ: モノローグ

だいまん

「だいまんのウラ読み戦略」では、月間見通しに加えて、週間見通しもアップしています。また休日もデイ戦略などを配信します。

来週は、週末の米9月雇用統計やNYダウの年初来高値更新を受けて、リスク志向が高まるか注目となりますが、米企業決算発表が続きことで、こういった面が価格を抑える可能性注意。 またイベントが多く、要人発言に注意となりそう。

その他テクニカル面では、ユーロクロスの買いが継続するか注目ですが、他方クロス円では、NZD円やオージー円、ランド円に悪いサインが見ていることは留意した方が、良さそうです。

詳細はこちら

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

どうにか、前日クローズ・レベルは守る形。

なんか、錬れなくなってしまった。。。。

月曜日は

テーマ: モノローグ

だいまん

コロンバス・デーでNY休日も、株式市場は空いているわけで、

ロング・ウィークエンドのポジション調整って訳でも、なさそうだが。。。。

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

前日比かわらずのレベルまで調整。 オージー円が80円を割り込む動き。

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の高値からは失速気味。
 
ユーロドルは1.3020台まで失速。

また、ランド円が急落。 一時8.87まで値を下げており、ちょっと危険な感じ。

値ごろ感の買いは、注意して対応したい。

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の高値からは失速気味。
 
ユーロドルは1.3020台まで失速。

また、ランド円が急落。 一時8.87まで値を下げており、ちょっと危険な感じ。

値ごろ感の買いは、注意して対応したい。

若干

テーマ: モノローグ

だいまん

既に膠着感。 NY午後は最近駄目なので、諦め気味に早寝しようかな?

大分涼しくなったので、寝易い。

ではでは、来週またよろしく。

ダウは85ドル高

テーマ: モノローグ

だいまん

今年に高値を更新。

ユーロドルは1.3072レベルまで。

1.31の防戦が次のキーとなる。

米失業率の大幅改善

テーマ: モノローグ

だいまん

66.66%がパート・タイムの伸びと指摘されている。

また、ロムニー米共和党大統領選候補が、米雇用統計の数字が操作されたと指摘している模様。

米労働省のヒルダ・ソリス氏は、CNBCとのインタビューで「政治的な目的で米失業率が操作されたとの考えはばかげている」との見解を示した。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

56ドル高スタート。 ただし、ドル円、クロス円は利食い優勢。

ユーロドルは、1.3050の防戦がCapされているが、時間の問題か?

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の取引は、米9月雇用統計を好感して、ダウ先物が上昇。 リスク・オンの動きが強まっている。
 ユーロドルは1.3042へ値を上げ、ポンドドルが1.6217、ドル円が78.88へ上昇、ドルスイスが0.9295まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が102.80、ポンド円が127.82、オージー円が80.93、NZD円が65.13、カナダ円が80.17、スイス円が84.79まで上昇した。

雇用統計を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウ先物が上昇。 円売りが拡大。 ユーロドルは、若干揉み合い推移。 

カナダ指標

テーマ: モノローグ

だいまん

カナダ9月失業率は7.4%と前月の7.3%から上昇も、新規雇用者数は、+5.2万人と市場予想を上回り、カナダ8月住宅建設許可件数も市場予想を上回ったことで、カナダドル買いが進む。
ドルカナダが0.9755へ下落、カナダ円は80.75まで値を上げた。

米9月雇用統計

テーマ: モノローグ

だいまん

米9月非農業部門雇用者数は。前月比+11.4万人、市場予想平均の+11.5万人とほぼ変わらず。

一方失業率は7.8%と市場予想の8.2%とより大幅に改善。 

南アランド売りが進む

テーマ: モノローグ

だいまん

鉱山ストライキが拡大しているとの憶測のよう。

ランド円は、9.06まで下落。 

南アランド売りが進む

テーマ: モノローグ

だいまん

鉱山ストライキが拡大しているとの憶測のよう。

ランド円は、9.06まで下落。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

5日の東京市場は、米雇用統計を控えて、動意に薄い展開も、日銀金融政策決定会合で、金融政策の据え置きが発表されたことで、若干円の買い戻しが強まった。 ドル円は、78.58から78.28、ユーロドルは1.3023から1.3006へ値を下げた。 クロス円では、ユーロ円が102.27から101.87、ポンド円が127.22から126.77、オージー円が80.65から80.33、NZD円が64.71から64.48、カナダ円が80.12から79.85、スイス円が84.44から84.09へ一時調整した。 (15:30現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=79.40-80.40)
戦略としては79.80-85と80.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は80.10-15超えをストップとするか、80.15-25と売り上がって、ストップは80.35-40超え、売り上がっても80.45-55超えでの倍返しとなる。ターゲットは80.65-75、80.80-85と利食い優先から、売りは80.85-90、80.95-00と売り上がって、ストップは81.05-10超え、81.20-35で売り直して、ストップは81.40-45超えや81.50-55超えが倍返しとなる。 一方下値はストップは79.70-75割れで、79.55-60、79.45-50、79.30-40と買い直して、ストップは79.15-25割れや78.95-05割れでの倍返し。 ターゲットは78.85-90、78.75-80の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは78.65-70、78.40-50での買い戻し&買い直しで、ストップは78.30-35割れまたは、78.15-20と買い下がるなら、ストップは78.05-10の割れでの倍返し。(予想時レート:79.95 予想時間 15:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=79.80-81.00)
戦略としては、80.35-40と80.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値はストップは80.60-70超えでの倍返し。ターゲットは80.70-80、80.90-00と利食い&売り上がって、ストップは81.05-15超えや81.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは81.35-40、81.45-50の動向次第。 超えてターゲットは81.55-65、81.75-80と利食い優先から、売りはこういった位置から81.90-95、82.00-15と売り上がって、ストップは82.20-30超えで、82.40-45、82.50-65、82.75-85と再度売り場を探して、ストップは82.90-00超えや83.05-10超えでの倍返しにおいて対応。一方下値は80.25-30、80.15-20、80.00-10と買い下がって、ストップは79.90-95割れや79.80-90割れで、79.65-75割れでの倍返し。ターゲットは79.45-50や79.30-40の動向次第で、維持では買い戻し。買っても、79.30-40を割れるなら止める形。 割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは、79.15-25、79.00-10と買い戻し&買い下がって、ストップは78.85-90割れや78.65-75割れで倍返し。(予想時レート: 80.45 予想時間 14:55)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

78.28まで下落。昨日の安値を若干割り込み、案外下がった感じ。

動きが鈍いので、ここから手出しは若干微妙か?

日銀金融政策決定会合は

テーマ: モノローグ

だいまん

今回据え置きが想定されており、誰も期待してない模様。

なので、特別大きな失望とならない見通しだが、海外勢の一部に期待感があると、
一定の下落はあるかも。。。。。

また、昼を過ぎても、結果が出ないと思惑的な円売りになるので注意。

以前11時台に出て、失望的な円買いになった経緯があるが、その点は
彼らも意識しているだろうね。。。。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、一時のドル売りも米FOMC議事録を受けて、更なる動きとならなかった。 米FOMCでは、「数人の参加者は追加の資産購入は刺激策の最終的な巻き戻しを複雑にさせる可能性があるとの懸念を繰り返し示した」と若干内部でQE3の拡大に否定的な意見が残ることや「オープンエンド型の量的緩和(QE)は管理可能」といつでもQE3を止めるスタンスが残っていることなどが嫌気された。
 ユーロドルは、欧州関係筋の話として、「スペイン国債を購入する投資家に損失保証を提供する形で同国を支援する案を検討している」との報道、ECB理事会で金利が据え置かれたこと、更にドラギECB総裁が、記者会見で「国債購入計画(OMT)は完全に効果的な防護策を与える」、「必要条件が整えば、国債購入計画を実施する用意がある」と述べたことで、1.3032まで上昇、ポンドドルが1.6202へ値を上げ、ドルスイスは0.9292、ドル円は78.302まで一時下落した。
 一方クロス円では、NYダウが一時100ドル近い上昇となり、ユーロ円が102.20、ポンド円が127.07、オージー円が80.50、NZD円が64.63、カナダ円が80.05、スイス円が84.36まで一時上昇したが、その後は利食いが優勢となった。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(国慶節・中秋節)
昼 頃 (日) 日銀金融政策決定会合結果発表
09:00 (米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演
14:00 (日) 8月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回93.0)
14:00 (日) 8月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回93.8)
15:30 (日) 白川日銀総裁・記者会見
15:30 (ユーロ圏) ショイブレ独財務相「朝食会に参加」
16:00 (スイス) スイス国立銀行(SNB)、外貨準備高公表
19:00 (独) 8月製造業受注 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.5%)
21:30 (米) 9月非農業部門雇用者数 (前回+9.6万人 予想+11.1万人)
21:30 (米) 9月民間部門雇用者数(前回+10.3万人 予想+12.5万人)
21:30 (米) 9月失業率 (前回8.1% 予想8.2%)
21:30 (加) 9月失業率 (前回7.3% 予想7.3%)
21:30 (加) 9月雇用ネット変化 (前回+3.43万人 予想+1.50万人)
21:30 (加) 8月住宅建設許可 [前月比] (前回-2.3%)
02:00 (ユーロ圏) メルケル独首相講演
02:00 (米) デュークFRB理事講演
04:00 (米) 8月消費者信用残高 (前回-32.76億USD 予想+75.00億USD)
モンティ伊首相「各国首脳と会談」

10/06(土)
02:00 (ユーロ圏) メルケル独首相講演

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが一時100ドル近い上昇となり、ユーロ円が102.20、ポンド円が127.07、オージー円が80.50、NZD円が64.63、カナダ円が80.05、スイス円が84.36まで一時上昇したが、その後は利食いが優勢となっている。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが一時100ドル近い上昇となり、ユーロ円が102.20、ポンド円が127.07、オージー円が80.50、NZD円が64.63、カナダ円が80.05、スイス円が84.36まで一時上昇したが、その後は利食いが優勢となっている。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

米FOMC議事録を受けて、ドルの買い戻しが出ている。
 ユーロドルは、ECB理事会の結果を受けて、1.3032まで上昇、ポンドドルが1.6202へ値を上げ、ドルスイスは0.9292、ドル円は78.302まで一時下落した。

東京概況

テーマ:

だいまん

 4日の東京市場は、時間外の米長期金利の上昇や日経平均株価が堅調な推移となったことで、円売りが優勢となった。 ドル円は78.43から78.72まで上昇、ユーロドルも1.2900から1.2954まで値を上げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が101.26から101.81、ポンド円が126.15から126.72、オージー円は、弱い豪経済指標を受けて、79.92に下落後80.47へ反発、NZD円が64.27から64.63、カナダ円が79.42から79.79、スイス円が83.61から84.00まで上昇した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=125.90-127.35)
戦略としては、126.30-40と126.60-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は126.70-75や126.80-85超えでの倍返し。 ターゲットは126.90-127.10、127.10-20と利食いで、売りはこういった位置から127.30-35と売り上がって、ストップは127.45-50超えでの倍返し。ターゲットは127.60-65や127.70-75の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは128.00-0での利食い&売り直しから、128.40-45、128.60-70と売り上がって、ストップは128.80-85超えで、128.85-95、129.00-10、129.25-30と再度売り上がって、ストップは129.35-45超えや129.55-60超えでの倍返し。 一方下値は126.15-25割れがストップで、126.05-10、125.95-00、125.85-90と買い場を探して、ストップは125.80-85割れや125.65-75割れでの倍返し。ターゲットは125.50-55や125.35-45の動向次第で、割れてもターゲットは125.25-30、125.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは124.85-95割れ。 124.70-75、124.50前後の買いのストップは124.35-40割れ。 124.20-30、123.95-05、123.80-90と買い下がって、ストップは123.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:126.55 予想時間 15:00)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2850-1.3000)
戦略としては1.2920-25と1.2930-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値はストップを1.2935-40超えとしても、1.2945-55のCapでは売り直し。このストップは1.2965-70超え、1.2970-80超えでの倍返し。ターゲットは1.2985-95、1.3000-10、1.3015-25と利食い&売り上がって、ストップは1.3040-50の倍返し。ターゲットは1.3055-60、1.3060-70と利食い優先。 超えてターゲットは1.3075-80、1.3085-90と利食いで、売りは1.3095-00、1.3115-25、1.3130-35、1.3150-60と売り上がって、ストップは1.3165-75超え。 一方下値は1.2905-10と買い下がって、1.2895-00割れをストップとするか、1.2885-90まで買い下がって、ストップは1.2875-80割れでの倍返し。 ターゲットは1.2850-65、1.2835-40と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-30、1.2810-20と買い下がって、ストップは1.2805-10割れ。 1.2795-00の維持では買い直しも、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2715-20を前に、下げ止まりでは買い戻し優先から、買いは1.2700-05、1.2675-90と買い下がって、ストップは1.2665-70割れで、1.2645-50、1.2635-40での買い直しのストップは1.2620-30割れ、1.2605-10割れでの倍返し。(予想時レート:1.2930 予想時間 14:45)

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」、U-Stream版、スタートしています。

こちらから

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(国慶節・中秋節)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:30 (豪) 8月小売売上高 [前月比] (前回-0.8%)
10:30 (豪) 8月住宅建設許可件数 [前月比] (前回-17.3%)
16:15 (スイス) 第2四半期鉱工業生産 [前年比] (前回+1.4%)
17:30 (香港) 8月小売売上高-価格 [前年比] (前回+3.8%)
17:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:00 (ユーロ圏) 仏長期債入札
20:00 (英) BOE政策金利発表
20:30 (米) 9月チャレンジャー人員削減予定数(前回-36.9%)
20:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
21:30 (ユーロ圏) ドラギECB)総裁・記者会見
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回35.9万件 予想36.5万件)
21:55 (加) マックレムBOC上級副総裁講演
23:00 (米) 8月製造業受注指数 [前月比] (前回+2.8% 予想-2.5%)
23:00 (加) 9月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回62.5)
03:00 (米) FOMC議事録(9月12日・13日分)
世界貿易機関(WTO)一般理事会(ジュネーブ)
日10年国債入札(2兆3000億円)

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

前日変わらずレベルまで失速。若干円買いとなっているが、現状動意は薄い感じ。 

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

 NYダウが50ドル近い上昇となり、買いが優勢。 ユーロ円が101.48、ポンド円が126.48、オージー円が80.33、NZD円が64.51、カナダ円が79.65、スイス円が83.85まで反発した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

米9月ADP全国雇用リポートや米9月ISM非製造業指数が、市場予想を上回ったことで、円が軟調な推移となった。 
 ドル円が78.59まで一時値を上げ、ユーロドルは、1.2937から1.2887で揉み合い気味、ポンドドルが1.6068まで値を下げ、ドルスイスは、0.9355から0.9395での推移となった。
 

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

今夜も昨日の安値1.2879を若干割れたが、騙し的状況。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=125.65-126.85)
戦略としては、126.00-05と126.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は126.30-35超絵がストップで、126.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは126.60-65、126.70-85の動向次第。超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは126.90-127.10、127.10-20と利食いで、売りはこういった位置から127.30-35と売り上がって、ストップは127.45-50超えでの倍返し。 一方下値は125.85-95、125.65-75と買い下がって、ストップは125.50-55割れや125.35-45割れでの倍返し。ターゲットは125.25-30、125.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは124.85-95割れ。 124.70-75、124.50前後の買いのストップは124.35-40割れ。 124.20-30、123.95-05、123.80-90と買い下がって、ストップは123.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:126.10 予想時間 12:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=79.40-80.60)
下落が79.85-90まで拡大も、更なる動きとなっていない。ただし、上値は既に80.00-10から80.15-20の窓がCapされると弱い。 80.25-35を超えて80.45-60の戻り高値が上値を抑えると上昇も覚束ない。80.65-70を超えても80.70-80のそれ以前の安値、80.90-00の上限が上値を抑える見通し。 81.05-15や81.20-30を超えて、81.35-40の窓の上限が視野となるが売りが出易い。 81.45-50を超えて、81.55-65、81.75-80から81.90-95の戻り高値、82.00-15の窓が視野となるが売り場探し。82.20-30を越えて、82.40-45、82.50-65、82.75-85が視野となるが、売り直し場で、82.90-00や83.05-10を超えて、83.15-25から83.30-40の窓が視野となるが、Capでは上昇も覚束ない。83.55-60を超えて、84.10-15、84.45-50がターゲットとなるが、これもそれ以前の高値圏となる84.70-80を超えるまでは売り直し位置となる。 一方下値は79.85-90は不透明な位置だが、維持できるか焦点。 維持できずに79.65-70の下ヒゲを割れるケースとなる。 その場合79.45-50や79.30-40の重要な日足の戻り安値までを視野となるが、下方ブレイクは不透明。 ただし、クリアに割れると相場は崩れ気味となり、下落が79.15-25、79.00-10なども視野となるが、一旦買いが入り易いが、これも78.85-90や78.65-75を割れると、78.55-60の戻り安値、更には78.40-50の下限、78.20-30、78.00-10、77.80-00なども視野となるが、買いが入り易い。 注意は77.60-70の戻り安値を割れてその場合下落が77.45-50の戻り安値、77.35-40の窓の上限を割れからは、76.95-05の窓の下限まで視野となるので注意となる。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(国慶節・中秋節)
10:00 (中) 9月非製造業PMI(前回56.3)
10:30 (豪) 8月貿易収支 (前回-5.56億AUD)
16:55 (独) 9月サービス業PMI・確報値(前回50.6 予想50.6)
17:00 (ユーロ圏) 9月総合PMI・確報値(前回45.9 予想45.9)
17:00 (ユーロ圏) 9月サービス業PMI・確報値(前回46.0 予想46.0)
17:30 (英) 9月PMIサービス業 (前回53.7 予想52.9)
17:55 (アイスランド) アイスランド中央銀行政策金利公表
18:00 (ユーロ圏) 8月小売売上高 [前月比] (前回-0.2% 予想-0.2%)
18:00 (ユーロ圏) 8月小売売上高 [前年比] (前回-1.7%(-1.8%)予想 -2.0%)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+2.8%)
21:15 (米) 9月ADP全国雇用者数 (前回+20.1万人 予想+14.0万人)
23:00 (米) 9月ISM非製造業景況指数 (前回53.7 予想53.2)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回-244.6万バレル)
米大統領選挙・第1回大統領候補討論(コロラド州デンバー)
ポーランド国立銀行・政策金利発表
世界貿易機関(WTO)一般理事会(ジュネーブ)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

まちまちの動き。

ユーロ円が101.19、スイス円が83.62まで値を上げ、ポンド円が126.45から125.87まで下落、資源国通貨が軟調で、オージー円が80.19、NZD円が64.62、カナダ円が79.30まで下落した。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午後の市場は、相場も一服気味。 一時NYダウが、90ドル近い下落となったが、下げ止まりを見せている。

ユーロドルは、米格付け会社ムーディーズが、「スペインの銀行資本の必要性や2013年の予算を評価している」と述べたこと、スペインが近く金融支援を要請するとの期待感から1.2968まで上昇したが、その後は利食いに1.2924まで値を下げ、ドル円は78.22から77.98まで下落後、78円台を回復した。
ポンドドルは、1.6131から一時1.6187へ上昇、ドルスイスは0.9332まで値を下げた。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

2日の東京市場は、材料難から揉み合い気味も、豪州準備銀行が、予想外に利下げを発表したことなどが、相場を圧迫した。 ユーロドルは、1.2918から1.2880まで下落、ドル円は77.97から78.16まで一時値を上げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が100.86から100.47、ポンド円が126.20から125.77、オージー円が81.08から80.32、カナダ円は79.62から79.34、スイス円は83.37か83.09まで値を下げたが、NZD円は、AUD/NZDでの買いに64.52から64.90まで値を上げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=63.90-65.00)
戦略としては、64.40-50と64.85-90のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、64.95-00超えがストップ、65.05-10での売り直しのストップは65.20-30超えで、65.35-45、65.50-60と売りが上がって、ストップは65.70-75超え。 一方下値は順張りから64.20-35、64.05-15と買い戻し&買い下がって、63.95-00割れがストップ、63.85-90、63.70-80と買い下がって、ストップは63.60-70割れや63.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは63.30-40、63.15-25と買い戻し&買っても、ストップは63.00-10割れや62.90-95割れ。(予想時レート: 64.80 予想時間 16:25)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2825-1.2950)
戦略としては1.2895-00と1.2915-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2920-30と売り上がって、1.2935-40超えがストップで、倍返ししてもターゲットは1.2945-50、1.2955-60の動向次第。越えての再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2970-80、1.2985-95、1.3000-10、1.3015-25と利食い&売り上がって、ストップは1.3040-50の倍返し。一方下値は、1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2850-65、1.2835-40と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-30、1.2810-20と買い下がって、ストップは1.2805-10割れ。 1.2795-00の維持では買い直しも、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2715-20を前に、下げ止まりでは買い戻し優先から、買いは1.2700-05、1.2675-90と買い下がって、ストップは1.2665-70割れで、1.2645-50、1.2635-40での買い直しのストップは1.2620-30割れ、1.2605-10割れでの倍返し。 (予想時レート:1.2890 予想時間 16:05)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米9月ISM製造業景気指数が、市場予想を上回ったことで、NYダウが160ドル近い上昇スタートとなり、一時リスク回避的な動き強まったが、その後はバーナンキFRB議長の講演内容が、新味に欠ける内容となり、株価が失速気味となったことで、売りに押される形となった。 
 ユーロドルは、デギンドス・スペイン財務相が「スペインは欧州中央銀行の支援案を分析している」と述べたことなどで、一時1.2939まで上昇後1.2877へ下落、ドル円は78.15まで一時上昇したが、米長期金利の下落を受けて更なる動きとならず、77.96が支える形となった。  
 一方クロス円では、ユーロ円が101.03、ポンド円が126.32、オージー円が81.23、NZD円が65.00、カナダ円が79.67、スイス円が83.49まで一時値を上げたが、その後は利食いが優勢となった。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

香港・中国市場休場(国慶節・中秋節)
13:30 (豪) RBAキャッシュターゲット発表
15:00 (英) 9月ネーションワイド住宅価格(前回+1.3% 予想±0.0%)
17:30 (英) 9月PMI建設業 (前回49.0 予想49.5)
18:00 (ユーロ圏) 8月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.8% 予想+2.5%)
18:30 (英) 英長期債入札(35億ポンド)

NYダウ失速

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の160ドル近い上昇から、プラス100ドル割れに下落。

バーナンキFRB議長の講演以降の動きということは。。。。。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が101.03、ポンド円が126.32、オージー円が81.23、NZD円が65.00、カナダ円が79.67、スイス円が83.49まで値を上げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

一時ドル売りからは、ドルの買い戻し気味。

米9月米ISM製造業景気指数が、市場予想を上回ったことで、NYダウが160ドル近い上昇となり、リスク・オンの動きとなっている。

ユーロドルは、一時1.2939まで上昇後下値を1.2896で支え、
ポンドドルが1.6175、ドル円が78.15まで一時上昇、ドルスイスは0.9352まで値を下げた。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 1日の東京市場は、中国市場が休場で、動きづらい展開の中、ギリシャやスペイン情勢の不透明感や軟調な株価など受けて、ドル買い、円買いが一時優勢気味となったが、材料難からその後は買い戻しが優勢。  
 ユーロドルは1.2804まで下落後、米ムーディーズが「スペインの銀行資本の増強は、格付けにとってプラス」との見解を示したことなどもあり、1.28の防戦に支えられてショート・カバー気味に1.2874まで反発した。ドル円は、日銀短観が弱い内容となったが、反応は出ず78.10から77.80まで一時値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が100.35から99.80、ポンド円が126.01から125.54、オージー円が80.88から80.48、NZD円が64.64から64.41、カナダ円が79.28から79.05、スイス円が82.92から82.56まで下落後買い戻しが優勢となっている。 

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「Monday FX」U-stream版、スタートしています。

こちらから

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=125.00-126.50)
戦略としては、125.50-55と125.65-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は125.75-85を倍返しとするか、126.00-15と売り上がって、ストップは126.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは126.35-50、126.60-65と利食い&売り上がって、ストップは126.70-85超えで、倍返しも検討されるが、ターゲットは126.90-127.10、127.10-20と利食いで、売りはこういった位置から127.30-35と売り上がって、ストップは127.45-50超えでの倍返し。一方下値は125.35-45割れでの倍返し。ターゲットは125.25-30、125.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは124.85-95割れ。 124.70-75、124.50前後の買いのストップは124.35-40割れ。 124.20-30、123.95-05、123.80-90と買い下がって、ストップは123.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:125.65 予想時間 15:10)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2755-1.2915)
200日移動平均や基準線を割れたが更なる動きとなっていない。騙し的な動きの場合、逆の方向へ動きが強まるリスクもあるので注意。 戦略としてはまずは、1.2825-35と1.2850-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも1.2860-70、1.2875-80と利食いで、売りは1.2890-95と売り上がって、ストップを1.2900-15とするか、1.2935-40、1.2945-50と売り上がって、ストップは1.2955-60超えでの倍返し。 ターゲットは1.2970-80の動向次第で、超えて1.2985-95、1.3000-10、1.3015-25と利食い&売り上がって、ストップは1.3040-50の倍返し。一方下値は、1.2810-20と買い下がっても、1.2805-10割れがストップで、1.2795-00の維持では買って、ストップは1.2765-75割れ、買い下がっても1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2715-20を前に、下げ止まりでは買い戻し優先から、買いは1.2700-05、1.2675-90と買い下がって、ストップは1.2665-70割れで、1.2645-50、1.2635-40での買い直しのストップは1.2620-30割れ、1.2605-10割れでの倍返し。(予想時レート:1.2845 予想時間 16:05)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

シドニー市場休場(レイバーデー)、香港・中国市場休場(国慶節・中秋節)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業製造業業況判断] (前回-1 予想-4)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業製造業先行き] (前回1 予想-5)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業非製造業業況判断] (前回8 予想6)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業非製造業先行き] (前回6 予想6)
08:50 (日) 日銀短観 [設備投資計画:前年比] (前回+6.2% 予想+5.0%)
10:00 (中) 9月製造業PMI (前回49.2 予想50.1)
16:15 (スイス) 8月実質小売売上高 [前年比] (前回+3.2% 予想+4.5%)
16:30 (スイス) 9月PMI製造業 (前回46.7 予想47.5)
16:55 (独) 9月製造業PMI・確報値(前回47.3 予想47.3)
17:00 (ユーロ圏) 9月製造業PMI・確報値(前回46.0 予想46.0)
17:30 (英) 9月PMI製造業 (前回49.5 予想49.0)
17:30 (英) 8月消費者信用残高 (前回-2億GBP 予想+1億GBP)
17:30 (英) 8月マネーサプライM4 [前年比] (前回-4.6% 予想-4.3%)
18:00 (ユーロ圏) 8月失業率 (前回11.3% 予想11.4%)
18:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
19:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
23:00 (米) 9月ISM製造業景況指数 (前回49.6 予想50.0)
23:00 (米) 8月建設支出 [前月比] (前回-0.9% 予想+0.5%)
01:00 (米) ウイリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演
01:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事、ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
01:30 (米) バーナンキFRB議長講演「金融政策」
02:00 (ユーロ圏) 伊9月財政収支(前回-60億ユーロ)
ギリシャ政府「緊縮財政の予算案を議会に提出」

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年10月01日 05:33
EURUSD 1.2843-51
USDJPY 77.96-02
GBPUSD 1.6143-53
USDCHF 0.9402-14
AUDUSD 1.0360-70
NZDUSD 0.8272-91
EURJPY 100.16-23
GBPJPY 125.88-98
AUDJPY 80.79-87
NZDJPY 64.54-69
CADJPY 79.17-31
CHFJPY 82.83-94
EURGBP 0.7952-59
EURCHF 1.2081-95
ZARJPY 9.32-43

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.2843-50
ドル円 77.96-02
ユーロ円 100.16-22
ポンド円 125.88-98
オージー円 80.78-87

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん】2012年10月