ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【だいまん氏】

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

08:00 (米) ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁講演
16:00 (独) 12月消費者物価指数・確報値 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
17:00 (南ア) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+6.6% 予想+6.4%)
18:30 (英) 12月失業者数 (前回+0.24万人 予想+0.50万人)
18:30 (英) 12月失業率 (前回2.3% 予想2.3%)
18:30 (英) 9-11月ILO失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
19:00 (ユーロ圏) 11月建設支出 [前月比] (前回+0.8%)
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数(HICP)・確報 [前年比] (前回+1.1%(+0.6%) 予想+1.1%)
20:00 (南ア) 11月小売売上高 [前年比] (前回-0.2%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+5.8%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.3%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数・コア [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+2.1%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数・コア [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
23:15 (米) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.4% 予想+0.7%)
23:15 (米) 12月設備稼働率 (前回75.0% 予想75.5%)
00:00 (加) 加中銀政策金及び金融政策報告公表 (現状0.50%)
00:00 (米) 1月NAHB住宅市場指数 (前回70 予想69)
01:00 (米) カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁講演
04:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
05:00 (米) イエレンFRB議長講演
06:00 (米) 11月対米証券投資 (前回+94億USD)
06:30 (NZ) 12月企業景況感 (前回54.4)
06:45 (NZ) 11月住宅建設許可 [前月比] (前回+2.6%)
メルケル首相「英国EU離脱に関して閣僚と会合」
世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス)
米企業決算:ゴールドマン・サックス、シティ・グループ、ネットフリックス、USバンコープ

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 昨晩の海外市場は、メイ英首相の演説を受けたポンドの買い戻しやトランプ次期大統領のドル高けん制発言を受けた、円買い、ドル売りが優勢となった。
 ドル円は112.75の安値から113.59まで反発後、112.62まで安値を更新、ユーロドルが1.0720、ポンドドルが1.2415まで買い戻された。
 クロス円では、ユーロ円が120.50から121.40まで上昇後再度売りに晒され、ポンド円が137.05から140.14まで急反発後も高値圏で推移、オージー円は85.60から85.00まで下落、NZD円が81.50から81.05まで値を下げ、このレンジで推移したが、カナダ円は86.95から86.25まで売りに押された。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん氏

ユーロドル :(予想レンジ=1.0620-1.0750)
(基本戦略:売り場探し)
戦略としては1.0685-95と1.0715-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りから1.0740-50での利食いで、売りは1.0775-85、1.0795-10、1.0845-55まで売り場を探して、ストップは1.0870-80越えでの倍返し。ターゲットは1.0895-05の動向次第。超えて1.0915-30、1.0945-55のCapでは利食いや売り狙いも、ストップは1.0965-70越えで倍返し。一方下値も順張りから1.0665-70、1.0655-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.0635-45割れでの倍返し。ターゲットは1.0615-25、1.0595-05と買い戻しで、買いは1.0585-95と買い下がって、ストップは1.0575-85割れで、1.0565-75の維持では買っても、1.0555-60をストップ、または更に買い下がっても、1.0535-45での倍返し。(予想時レート:1.0711 予想時間 06:56)

All Day

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル円 (予想レンジ=112.20-113.50)
(基本戦略:押し目買い)
戦略としては112.55-65と112.85-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は113.05-15、113.15-25、113.40-50と売り上がって、ストップは113.65-75越えでの倍返し。ターゲットは113.75-90、114.05-15と利食い&売り上がって、ストップは114.25-30越えや114.35-40越えが倍返しも、114.45-60、114.65-70、114.75-80と利食いで、売りは114.95-00、115.05-10、115.20-30まで売り上がって、ストップは115.40-50超えや115.55-65や115.65-75越えでの倍返し。一方下値は112.35-40、112.15-20と買い下がって、ストップは112.05-10とするか、更に111.85-95まで買い下がって、ストップは111.60-70割れで、111.45-55の維持では買っても、ストップは111.35-40割れでの倍返し。ターゲットは111.25-30、111.05-15と買い戻しで、買いは110.95-00と買い下がって、ストップは110.80-90割れ。110.65-75での買いのストップは110.55-60割れでの倍返し。(予想時レート:112.70 予想時間 06:36)

ドル円は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ここは慎重に押し目買いで、トランプの就任でのショート・カバー狙い。

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ユーロ円が120.50から121.40、ポンド円が137.05から140.14まで急反発、オージー円は85.60から85.00まで下落、NZD円が81.50から81.05、カナダ円が86.95から86.32まで売りに押された。

NY中盤

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ドル売りが続く。ドル円は112.75の安値から113.59まで反発後、再度113円を割れて、112.68まで安値を更新、ユーロドルが1.0720、ポンドドルが1.2397まで買い戻された。

メイ首相の演説は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

日本時間午後8時45分からの見込み。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん氏

ユーロドル :(予想レンジ=1.0550-1.0650)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては1.0595-00と1.0615-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.0625-35をストップ、1.0635-40、1.0645-55と売り上がって、1.0665-70をストップ、1.0675-80のCapでは売っても、ストップは1.0685-90越えでの倍返し。ターゲットは1.0695-05、1.0740-50と利食いや売りで、売りは1.0775-85、1.0795-10、1.0845-55まで売り場を探して、ストップは1.0870-80越えでの倍返し。一方下値は1.0585-95と買い下がって、ストップは1.0575-85割れで、1.0565-75の維持では買っても、1.0555-60をストップ、または更に買い下がっても、1.0535-45での倍返し。ターゲットは1.0495-05での買い戻しで、買いは1.0465-75と買い下がって、ストップは1.0450-60割れ。(予想時レート:1.0614 予想時間 09:26)

All Day

テーマ: 戦略

だいまん氏

ドル円 (予想レンジ=113.50-114.50)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては113.85-95と114.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は114.25-35と売り上がって、114.35-40をストップ、114.45-60越えでの倍返しも、114.65-70、114.75-80と利食いで、売りは114.95-00、115.05-10、115.20-30と売り上がって、ストップは115.40-50超えや115.55-65や115.65-75越えでの倍返し。一方下値は113.75-80と買い下がって、ストップは113.55-65割れでの倍返し。このターゲットは113.45-55、113.35-45での買い戻しや買いで、ストップは113.25-30や113.10-20割れで、112.95-00の維持では買っても、このストップは112.85-90割れでの倍返し。ターゲットは112.55-70、112.35-40と買い戻しで、買いは112.15-20と買い下がって、ストップは112.05-10割れ。111.85-95のと買い下がって、ストップは111.60-70割れ。(予想時レート:113.95 予想時間 09:10)

All Day

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

オージー円 :(予想レンジ=84.70-86.00)
(基本戦略:押し目買い)
戦略としては85.05-20と85.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は85.55-65順張りまたは、85.55-65、85.75-90と売り上がって、85.95-00をストップ、86.05-10のCapでは売り直して、このストップは86.25-30超えでの倍返し。ターゲットは86.40-50、86.55-65と利食いで、売りは86.75-80、86.95-00、87.05-10、87.15-25、87.30-40と順次売り場を探して、ストップは87.45-55越えでの倍返し。87.65-75、87.75-85と利食いで、売りは87.90-00、88.00-15と売り場を探して、このストップは88.15-30越え、88.45-55や88.55-65越えでの倍返し。一方下値は84.95-05をストップ、84.65-75の維持では買っても、ストップは84.55-60割れでの倍返し。ターゲットは84.40-50、84.25-35と買い戻し&買い下がって、84.15-25がストップ、83.95-05、83.80-90での買いのストップは、83.65-75割れでの倍返し。(予想時レート:85.29 予想時間 08:58)

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

09:30 (豪) 11月住宅ローン貸出 [前月比] (前回-0.8% 予想0.0%)
12:45 (日) 20年債入札(1兆1000億円)
13:30 (日) 11月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+1.5%)
18:30 (英) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.4%)
18:30 (英) 12月小売物価指数 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
18:30 (英) 12月小売物価指数 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.4%)
18:30 (英) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.3% 予想+2.9%)
19:00 (独) 1月ZEW景気期待指数 (前回13.8 予想19.0)
19:00 (独) 1月ZEW景気期待指数 (前回+13.8 予想+16.0) 
19:00 (独) 1月ZEW現況指数 (前回+63.5 予想+64.3) 
19:00 (ユーロ圏) 1月ZEW景気期待指数 (前回18.1)
22:30 (米) 1月NY連銀製造業景況指数 (前回9.00 予想8.00)
22:45 (米) ダドリーNY連銀総裁講演
メイ首相演説「EU離脱に関して」
世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス)
米企業決算:モルガン・スタンレー、ユナイティド・ヘルス
高島暦:「吹き値売り方針の日。但し急突っ込みは買い狙え」

NY午前

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

NY市場の休場から揉み合い。
ドル円は114.40近辺まで一時反発したが、114円割れに再度押しこまれ、ユーロドルは1.0579まで下落、ポンドドルは1.2085まで反発した。
 

All Day

テーマ: 戦略

だいまん氏

ユーロドル :(予想レンジ=1.0500-1.0700)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては1.0590-00と1.0635-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.0645-55と売り上がって、1.0665-70をストップ、1.0675-80のCapでは売っても、ストップは1.0685-90越えでの倍返し。ターゲットは1.0695-05、1.0740-50と利食いや売りで、売りは1.0775-85、1.0795-10、1.0845-55まで売り場を探して、ストップは1.0870-80越えでの倍返し。ターゲットは1.0895-05の動向次第。超えて1.0915-30、1.0945-55のCapでは利食いや売り狙いも、ストップは1.0965-70越えで倍返し。一方下値は順張り気味も1.0575-85、1.0565-75と買い戻し&買い下がって、1.0555-60をストップ、または更に買い下がっても、1.0535-45での倍返し。ターゲットは1.0495-05での買い戻しで、買いは1.0465-75と買い下がって、ストップは1.0450-60割れ。1.0335-40での買いのストップは1.0420-30割れとするか、1.0415-20、1.0495-00まで買い下がるなら、ストップは1.0385-95や1.0375-80割れ。(予想時レート:1.0618 予想時間 11:04)

All Day

テーマ: 戦略

だいまん氏

ドル円 (予想レンジ=113.50-115.30)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては114.05-15と114.45-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は114.65-70をストップ、114.75-80越えでの倍返しも、114.95-00、115.05-10、115.20-30と利食いや売りで、ストップは115.40-50超えや115.55-65や115.65-75越えでの倍返しも、115.95-05での利食いで、売りこういった位置から116.55-65まで売り場を探して、ストップは116.85-90越え。117.00-10の売り直しのストップは117.15-20越えでの倍返し。一方下値は113.95-00と買い下がって、ストップは113.75-85割れでの倍返し。このターゲットは113.45-55、113.35-45での買い戻しや買いで、ストップは113.25-30や113.10-20割れで、112.95-00の維持では買っても、このストップは112.85-90割れでの倍返し。(予想時レート:114.22 予想時間 08:23)

ポンド売り

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

17日のメイ首相の声明を前に、英紙サンデー・タイムズが、メイ英首相が「ハードブレグジット計画」を発表すると報じた。、

現在気配

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

2017年01月16日 06:34
USDJPY 114.25-28
EURUSD 1.0598-01
GBPUSD 1.1989-94

EURJPY 121.10-14
GBPJPY 136.985-05

一部報道

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

トランプ次期大統領、早期にプーチン・ロシア大統領と会談と報道も、否定されている。

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

NY市場休場(キング牧師誕生日)
08:50 (日) 11月機械受注 [前月比] (前回+4.1% 予想-1.4%)
08:50 (日) 11月機械受注 [前年比] (前回-5.6% 予想+8.1%)
09:01 (英) 1月ライトムーブ住宅価格 (前回-2.1%)
09:30 (日) 黒田日総裁挨拶 (支店長会議)
13:30 (日) 11月第3次産業活動指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
16:00 (トルコ) 10月失業率 (前回11.3%)
17:00 (ユーロ圏) ビルロワドガロー仏中銀総裁講演
19:00 (ユーロ圏) 11月貿易収支・季調前 (前回+201億EUR 予想+240億EUR)
03:30 (英) カーニーBOE総裁講演
国際通貨基金(IMF)「世界経済見通し公表」
高島暦:「逆行性の強い日」

ドル円は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

114.09-14 レベルが現在までの安値

ポンドドルが

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

1.20割れに。 現在1.1991-94 ポン出おん 136.85-96

現在気配

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

2017年01月16日 05:09
USDJPY 114.26-32
EURUSD 1.0608-13
GBPUSD 1.2006-09
USDCHF 1.0098-11
USDCAD 1.3134-385
AUDUSD 0.7490-93
NZDUSD 0.7106-10
EURJPY 121.20-27
GBPJPY 137.15-29
AUDJPY 85.55-71
NZDJPY 81.19-29
CADJPY 87.01-10
CHFJPY 113.02-24
ZARJPY 8.42-47
EURGBP 0.8829-37
EURCHF 1.0718-29
TRYJPY 30.60-72

現在気配

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

2017年01月16日 05:09
USDJPY 114.36-39
EURUSD 1.0608-11
GBPUSD 1.2008-12

EURJPY 121.34-39
GBPJPY 137.29-42

金曜日の海外市場は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 米12月小売売上高は予想を下回ったが、強い米12月生産者物価指数やミシガン大消費者信頼感指数を受けてドル買いが強まるも、米国の3連休を控えて、失速気味て引けた。
 ドル円は114.19から115.45まで反発後、再度114円ミドルまで売りに押され、ユーロドルは1.0673から1.0596まで下落後、このレンジでの推移。ポンドドルは1.2233から1.2122で上下した。
 クロス円では、ユーロ円が122.42、ポンド円が140.58、オージー円が86.19、NZD円が81.83、カナダ円が87.75まで一時上昇後は、ドル円の下落に売りが優勢となった。

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

ユーロ円が122.42、ポンド円が140.58、オージー円が86.19、NZD円が81.83、
カナダ円が87.75から売りに押された。


NY午後

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 既に小動きだが、ドルの売り戻しが優勢。強い米経済指標を受けたドル買いも、米3連休を控えて、売り戻し。
 ドル円は115.45まで反発したが、再度114.55まで売りに押された。ユーロドルは1.0673から1.0596、ポンドドルは1.2233から1.2122で上下した。

米指標

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

小売売上高が弱く、一時ドル売りも、生産者物価指数が堅調で、ドルの巻き戻し。

ただ、ドル円は115円台は回復せず、再度114円ミドルに。

今夜は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

米国3連休を控えて、ポジション調整が出易いが、注目は米12月小売売上高。

クリスマス商戦がアマゾンの一人勝ちで、またBOAが発表している消費者信頼感が、予想以上の落ち込んでおり、12月の小売売上高が予想外に弱い内容となるリスクには注意しておきたい。

まだ一時的なドル売りがありそうだ。

東京概況

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん氏

 13日の東京市場は、日経平均株価が堅調な推移も、円売りは限定された。中国12月貿易収支は、市場予想の黒字額を下回ったが、週末ムードもあって、反応は鈍い。
 ドル円は115.18を高値に114.54まで下落、ユーロドルは1.0664まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円が122.15、ポンド円139.98、オージー円が86.28から、NZD円が81.92まで一時買われたが、その後は売りに押された。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん氏

ユーロドル :(予想レンジ=1.0470-1.0680)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては1.0595-00と1.0625-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.0645-55、1.0665-70、1.0675-80と売り上がって、ストップは1.0685-90越えでの倍返し。ターゲットは1.0695-05、1.0740-50と利食いや売りで、売りは1.0775-85、1.0795-10、1.0845-55まで売り場を探して、ストップは1.0870-80越えでの倍返し。ターゲットは1.0895-05の動向次第。超えて1.0915-30、1.0945-55のCapでは利食いや売り狙いも、ストップは1.0965-70越えで倍返し。一方下値は1.0575-85、1.0565-75と買い下がって、1.0555-60をストップ、または更に買い下がっても、1.0535-45での倍返し。ターゲットは1.0495-05での買い戻しで、買いは1.0465-75と買い下がって、ストップは1.0450-60割れ。1.0335-40での買いのストップは1.0420-30割れとするか、1.0415-20、1.0495-00まで買い下がるなら、ストップは1.0385-95や1.0375-80割れで、1.0345-55の維持では買っても、ストップは1.0335-45割れで倍返しし。(予想時レート:1.0611 予想時間 09:32)

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧