ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【ウルフ】:2013年05月

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 1377.54 +185.51
TOPIX 1135.78 +1.36 +0.12%

日経平均は反発。上昇幅は一時300円を超える場面もありましたが、
14,000円の大台を前に失速。本日は終日プラス圏での推移となり
ましたが、引き続き先物主導で上下に振れる値動きとなりました。
本日はJGBも堅調な動きとなりました。

ドル円は101円を挟んだ値動きとなりましたが、101円台を維持できず
終盤にかけて軟調な展開となりました。

さて、本日の欧米市場は・・・
ドル円は徐々に下値リスクが高まっている雰囲気ですね。
100円付近では分厚い買いが並んでいるとの観測もありますが、
堅調な米株が崩れる展開となれば、一気に100円割れを試す展開も
ありそうで、引き続き欧米株の動向には注目でしょうか。
月末のフローに絡み荒い値動きも予想されますので、用心して
望みたいと思います。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 13589.03 -737.43 -5.15%
TOPIX 1134.42 -44.45 -3.77%

日経平均は今年2番目の下落幅。本日も後場後半に先物主導で
下げ幅を拡大する展開となり、東証33業種全てが下落。
5.23ショックから一週間が経ち、未だ余震が続いております。

円相場は後場日経平均の下げ幅拡大に伴い、円買い優勢の展開
となり、ドル円は101円台から再び100.50台まで急反落する
動きとなりました。大引け後再び反発する動きを見せたものの、
欧米株先物の下押しを受け、一時100.50を割り込む動きとなり
ました。

さて、本日の欧米市場は・・・
現在ダウ先物は下落一服し、小幅に反発する動き。相変わらず
米株は底堅い動きとなっており、ドル円も100円台では底堅い
動きとなりそうです。米株がザラ場でプラス圏の動きとなれば、
ドル円は101円mid辺りまで反発となりそう。
本日は米経済指標の発表が複数予定されており、市場のセンチメント
が悪化している中注目を集めそうで、目先の動向の決め手となり
そうです。

日経平均600円超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

ドル円は100.70台まで反落する展開。

東京市場午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 13932.92 -393.54 -2.57%
TOPIX 1154.07 -24.80 -2.10%

日経平均前引けは大幅反落。
序盤は一時400円超安まで急落。その後ドル円の101円台回復を
受け、下げ幅を縮小する場面も見られましたが、先物の売買に
振らされた結果、前場は14,000円台を割り込んで引けております。
セクターでは不動産、証券商先の下げが目立つ展開。
東京午前のJGBはやや軟調ながらも落ち着いた動き。

ドル円は寄付きでの株価急落を受け、一時100.50台まで下押し後、
101.50台まで急反発。短時間で1円近い値動きを示し、荒れた動き
となりました。100円mid付近での押し目買い意欲は相当なものですが、
目先101円台を維持できるかは、後場の株価動向に依拠しそうです。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14326.46 +14.48 +0.10%
TOPIX 1178.87 +10.60 +0.91%

日経平均は小幅続伸。後場に入り再び上値を試す展開となり
一時100円超高まで上昇しましたが、引け際に先物が
急落した事を受け一気にマイナス圏まで売られ、その後小幅
反発し終了となりました。

ドル円は東京午後も102円台前半にて揉み合いの展開。
引け際の株価急落を受け102円付近まで小幅に下押しする
動きとなりました。

さて、本日の欧米市場は・・・
欧州株の下落を受け、ドル円は現在101.50台まで急反落しております。
ダウ先物も下げ幅を拡大しており、欧米株の動向は引き続き注視したい
ところです。ドル円は暫く102円を中心としたレンジとなりそうな
感じですね。引き続き、下落リスクを意識しつつ、株価を睨んでの
jobbingに徹したいと思います。

東京市場午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14,325.64 +13.66 +0.10%
TOPIX 1180.09 +11.82 +1.01%

東京市場序盤は昨日の米株高や円安進行を受け
一時200円高まで上昇。その後先物の値動きに振らされ、
マイナス圏に沈む場面が見られる等、本日も不安定な地合いと
なっております。値下がりセクターは不動産・鉄鋼・紙パルプで
長期金利の上昇を受け不動産株の下落が目立つ展開となりました。

円相場は朝方株価上昇とともみ円が一段安となり、ドル円は
一時102.50をつける動きが見られましたが、上昇は
続かず、東京午前は102円前半での揉み合いに終始する
動きとなりました。
JGBは朝方下押しとなり、長期金利は上昇。現在は反発する
動きとなっております。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14,311 +169.33 +1.20%
TOPIX 1168.27 +14.20 +1.23%

日経平均は反発。後場は底堅く推移し、一時200円高超えまで
上昇する場面も見られましたが、引けにかけて小幅に反落し
25日移動平均を超えられず終了。
東証1部騰落数は、値上がり893銘柄 値下がり737銘柄 
変わらず85銘柄となりました。
JGBは東京市場終盤に売り込まれ、長期金利は再び0.9%台に
上昇しました。

為替相場では、日経平均の上昇に合わせドル円・クロス円が上値を拡大。
ドル円は102円台を回復し、大引け後一時102.20台を示現しております。

さて、本日の欧米市場は・・・
株次第でしょうか(としか言い様がございません・・・)
また、23:00に経済指標の発表がありますので、久しぶりの指標
という事で発表後動意付くかもしれませんね。
ただ、日本株が未だ不安定な状態という事もあり、暫くは101-102円間
での値動きが続きそうな気がしております。
現在ダウ先物は堅調推移。日経平均先物も夜間取引で上昇しており
ます。
ところで、米株の本格調整はいつ来るのでしょうかね??

東京市場午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14,223 +80 +0.57%
TOPIX 1,158 +4.70 +0.41%

日経平均前場は寄付きから下落し、一時14,000円の大台を
割り込み、下げ幅は200円に迫る展開。その後切り替えし
前日比220円まで上昇と、本日も先物主導で荒い値動きと
なっております。セクターでは円安が急速に進行した事を
受け、自動車・電機等輸出関連が大きく上昇。不動産・電気ガスが
弱い展開となりました。

ドル円は朝方日経平均の急反発とともに急騰し、一時102円をつける
動きとなりました。現在上昇は一服し、101.80台にて小動きと
なっております。
JGBは朝方から軟調な展開。現在小幅に反発しております。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14,142 -469 -3.22%
TOPIX 1,154 -40 -3.35%

日経平均は本日も大幅反落。先週の大幅下落を受け、主力銘柄を
中心に換金売り優勢の展開となりました。後場一時下げ幅を
縮小する場面もありましたが、先週末同様引けにかけて先物
主導で下げ幅を拡大。不動産を除く全セクターが下落しました。
JGBは本日もやや軟調推移となってものの、日中は全般に落ち着いた
動きとなりました。

ドル円は引け際の日経平均の下落を受け小幅に下落し、再び
100.80台まで下落。今のところ下値は限定的となっております。

さて、本日の欧米タイムは・・・
ロンドン・NYが休場という事で、鈍い動きとなりそうですが、
日経平均先物がイブニング取引で14,000を割れており、
不穏な空気が漂っている事も事実。ドル円・クロス円は下値リスクが
高まっている状況かもしれませんね。
ただ、ドル円は100円付近では輸入や個人の買いオーダーがかなり
分厚く並んでいるとの観測もある事から、下値目処としては
100円前半くらいまでを想定しておきたいところ。
恐らくマーケットにおける日本株の注目度はかなり高まっている
でしょうから、日経先物の動きは注視した方が良さそうです。

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14,157 -455 -3.11%
TOPIX 1,163 -30 -2.53%

日経平均は寄付きから下落し、一時585円安と節目の14,000円台
に接近する場面が見られましたが、その後個別で押し目買いが入り
一時300円安の水準まで値を戻す展開。前引け間際に先物主導で
反落し、前場引け値は455円安となりました。
東証33業種中、不動産を除く32業種が先週末比でマイナスとなりました。

為替相場では、ドル円は101円を挟んでの値動き。引き続き株価を
睨んでの値動きとなりそうです。

さて、午後の展開は・・・
日経平均は下値は14,000円台、上値は25日移動平均の位置する14,300円付近
を目先意識する展開となりそう。仮に14,000円台を割り込む展開となれば
ドル円も100円mid辺りまでの下押しがあるかもしれませんね。
ただ、株価の方は個別で底堅い動きを示しているものが多く見られる事から、
外部環境に大きな変化が無ければ、後場下値は限定的になると踏んでおり
ますが、果たして・・・

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

耐久財受注
 結果:+3.3%
 予想:+1.5%

耐久財受注【除輸送機器】
 結果:+1.3%
 予想:+0.5%

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ドル円は20ポイント程上振れする展開。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

東京市場は本日も大荒れ。
日経平均は247円高で寄り付き、前場は買い戻し先行。
上げ幅は500円を超え、一時15,000円台を回復しました。
しかし、後場に入ると一転先物主導で急反落となり
一時500円安から14,000円を割り込む場面も見られ、
上下の値幅は1,000円を超える荒れた展開となりました。
終盤乱高下を繰り返しながらもプラス圏に切り返し、
引け間際に上げ幅を拡大。128円高で引けました。
JGBは本日も朝から売り込まれ、午後に急反発といつもと
同じパターンの値動きとなりました。

為替相場(ドル円)は、午前中は102円前半にて揉み合い推移と
なっておりましたが、午後の株価下落とともに急反落。
101円付近まで下落し、その後101円後半まで急反発とこちらも
荒れた展開となりました。

さて、本日の欧米市場は・・・
米国は3連休前の週末ですね。本日も為替相場は株価に翻弄
される展開となりそうで、特に波乱泣ければ102円か101円後半
を中心としたレンジとなりそう。
という事で、注目の米株ですが、昨日は序盤こそ大きく売られた
ものの、終値は12ドル安と欧州株の大幅下落を尻目に波乱無く
終了しました。
日経平均も一応反発したし、本日も底堅く・・・って、一抹の不安
を感じているのは私だけでしょうか?
ダウと日経平均のチャート、昨年の11月以降からよく似た形を
しております。
ただ、ダウは昨日の日経平均の様な大陰線がまだ出現して
いないので、本日に限らずそろそろ大きめの調整があっても
良さそうなものですが・・・
調整が起こるかは分かりませんが、一応留意しておいた方が
良いかもしれませんね。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:34.0万件
 予想:34.5万件

発表後マーケットはドル買いで反応。
ドル円は101.70台まで上振れする展開。

ドル円 一時101円割れ

テーマ: 株式市場

ウルフ

欧州株が下げ幅を拡大し、独DAXは200ポイント超安。
ダウ先物も下げ幅を広げ、ドル円は一時100.80台まで下落する展開。
日経平均先物も300円安を超えてますね。

やっぱりsell in Mayなんでしょうか・・・

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 14,483 ―1,143 -7.32%
TOPIX 1,188 -87 -6.87%

本日の東京市場は大荒れとなりました。
序盤は堅調スタートで、一時300円高の水準まで上昇し16,000円台を
窺う展開となりましたが、その後下げに転じマイナス圏に急反落。
後場に入るとさらに下げ幅を拡大。日経225先物はサーキットブレーカーが
発動され、日経平均は600円超安となりました。一時的に値を戻す場面が
あったものの、終盤にかけて下げ幅を拡大。1,000円超安にて引けました。
売買代金は過去最高。大震災を上回る下落幅となりました。
JGBも朝から売り込まれ、長期金利は一時1%にのせる展開。10年国債もまた
サーキットブレーカーが発動され、債券市場も荒れた展開となりました。

為替相場は円全面高の展開。ドル円は東京市場大引け後102円台を割り込み、
売りが加速。一時101.40台まで急落しております。

さて、本日の欧米市場は・・・
ドル円は高値から2円以上の下落とあって、急速に値を戻し一時102円台を回復して
おります。ここから先は欧米市場次第となりそうですが、先程のドル円の
急速な反発にて垣間見られた様に、依然円売り圧力も強そうな事から
リスクオフとの狭間で円相場は非常に不安定な動きとなりそう。

株価反発局面に連れ、ドル円・クロス円も急反発する可能性がありますので、
安易な突っ込み売りは避け、株価動向を見ながら、引き付けての戻り売り
スタンスが安全でしょうか。
現在ダウ先物は100ドル安、独DAXは-167ポイント-1.97%の水準にてそれぞれ
推移しており、今のところパニック的な動きにはなっておりません。
暫く様子を見た方が良いかもしれませんね。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

FRB議長の発言を受け、一旦は102.60台まで下落したものの
その後直ぐに反発し103円台を回復。米長期金利の急騰を受けてか
一時103.60台まで上振れする展開となりました。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 15,627 +246 +1.60%
TOPIX 1,276 +5.64 +0.44%

日経平均は前場59円で寄り付き、その後じりじりと上げ幅を拡大。
一時200円近くまで上昇し、商社・非鉄等の出遅れ銘柄の上昇が目立つ
展開となりました。
後場に入っても買い意欲は衰えず、終盤で一時300円超高まで上昇。
セクターでは空運・非鉄・建設・陸運等が強い展開。今週は出遅れ
セクターに資金が集中する日替わり物色が顕著な地合が続いております。
JGBは朝から弱含む動きで、決定会合を受け下げ幅を拡大。現在下落は
一服しております。

為替相場は夜にイベントを控え特に目立った動向は無く、ドル円は102円mid
を中心としたレンジでの動きに終始する展開。日銀の決定会合もほぼNon eventとなりました。

さて、今夜の欧米市場は・・・
FRB議長の議会証言待ちですね。ここまで、FOMC委員達は様々なコメントを発し、
市場の反応を窺っていた節がありますが、本命のバーナンキ議長に関しては、
マーケットの過剰反応を避ける為、これまで通り出口に関する具体的な言及は避け、中立のスタンスを表明するのではないでしょうか。
ただ、その場合の為替相場(ドル円)の反応は、ストレートに円買い戻しなのか、
株価が上昇してリスクオンの円売りなのか判断が難しいところ。
注目度が大きいだけに、ある程度の値動きが出てくるでしょうから、株価や金利動向を睨みながらjobbingで流れについて行けばそこそこワークしそうですね。
結局は102円台のレンジに戻る可能性もありそうで、深追いは禁物かもしれ
ませんが、果たして・・・

東京市場概況

テーマ:

ウルフ

日経平均 15,381 +20 +0.13%
TOPIX 1,270 +0.88 +0.07%

日経平均は寄り付き後90円安まで下落した後反発。
ザラ場では前日終値前後での動きに終始し、引け際に買い優勢となり
年初来高値を更新しました。
業種では鉄鋼セクターが値上がり率トップ。個別では政府が太陽光パネル
設置企業に対する低融資の新制度をつくるとの報道を受け、関連銘柄が
大きく上昇する展開となりました。また、本日もJGBは売り優勢の展開。
現在小幅に反発しておりますが、不安定な動きが続いております。

為替相場は全般に方向感無く、ドル円は朝方102円付近まで下押しする
局面があったものの、直ぐに102円後半まで反発。下値での押し目買い意欲
は依然強いですね。しかしながら、FRB議長の議会証言やFOMC議事録を控え
積極的に流れを作る展開には至らない状況です。

さて、本日の欧米市場は・・・
様子見となりそうですね。明け方ダラス連銀総裁がCNBCの
インタビューにてQE縮小を支持するコメントを発しましたが、予想外に
為替相場の反応は限定的であった事も、マーケットが明日まで様子見を
決め込んでいる事の証左かもしれません。
特に材料出なければ、ドル円は102.50を中心に据えたレンジ取引
でワークしそう。ただ、株価に関しては明日のイベントを前に調整が
進む可能性があり、その場合円相場も上昇圧力がかかりそうで
注意したいところです。

東京市場概況

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均:15,360 +222 +1.47%
TOPIX:1,269 +16 +1.30%

日経平均は続伸。寄付きから終始堅調推移となりました。
米国が天然ガスの対日輸出を解禁との報道を受け、海上輸送拡大
に思惑から海運株の強さが目立つ地合いでした。

為替相場は、昨日のNHKでの甘利大臣の発言が報道され、早朝にドル円が
102円まで急落する局面が見られました。
報道内容はやや歪曲されていた様で、
「これから円安がどんどん進むと国民生活にマイナスの影響が出てくる。
 それをどう最小限にとどめるかが我々の仕事だ。」
との発言内容に対し行間を読んでいない英訳の為、「円安が・・・マイナス
の影響・・・」の部分に海外勢が過剰反応した様です。

その後、誤報!?であった事が伝わったのか、直ぐに103円手前まで
急反発する動きとなりましたが、1円以上の下落で出鼻をくじかれたのか、
東京市場は102円後半にて揉み合いに終始する展開となりました。

さて、本日の欧米市場は・・・
注目される経済指標等は無い為、基本株価を意識した展開となりそう。
また、22日にバーナンキ議長の議会証言が控えており、出口戦略に関する
思惑の交錯から、不安定な値動きも予想されます。
ドル円は基本底堅く推移しそうですが、まずは欧州勢の出方を待ちたいと
思います。

東京午後

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均 15,138 +100 +0.67%
TOPIX 1,253 +8.01 +0.64%
ともに年初来高値を更新。
前場はマイナス圏での推移でしたが、後場からプラス圏に浮上。
終盤にかけて上げ幅を拡大する展開となりました。
長期金利の低下及びREIT指数の上昇を受け、不動産株が物色され
堅調に推移する展開となりました。

為替相場は豪ドルの下落以外は特に目立った動きは無く、
ドル円は相変わらず102円前半にてもみ合いの動き。東京市場の引け際
にかけて、102円midを試す動きとなりました。
豪ドル円は99.50台をつけ安値を更新。GOLDが再び下値を試す動きと
なっており、コモディティが軟調な事も豪ドル売りを支援しているのかも
しれません。

さて、今夜の欧米市場は・・・
米経済指標はミシガンの速報値が発表となりますが、昨日のフィリー指数
は-5.2、その前のNY連銀指数は-1.43と、相変わらずセンチメント系指標
で冴えない結果が続いておりますので、その点を留意して臨みたいところ。
マーケットは冴えない結果をある程度織り込んでいる可能性があり、
仮にポジティブサプライズが出れば103円台を試す動きが出てくる
かもしれませんね。ただ、ドル売りのオーダーが102円後半に落ちてきて
いるとの観測もあり、そう易々と突破できるかは微妙なところ。

弱い結果となった場合、素直にドル売りで反応となりそうで、
一旦は101円mid辺りまでの調整があっても良さそうなものですが、
何分ドル買い需要が旺盛な事に加え、ここ最近は経済指標の
反応が限定的(というか弱い結果は殆ど無視に近い状態)となっている事
からやはり下値は限定的となるでしょうか。
強弱どちらにせよ、もう暫く102円台での動きが継続しそうな気が
しておりますが、果たして・・・

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均前引  15,019 -17.69 -0.12%
TOPIX 1,248 +3.11 +0.25%

寄り付きから下落し、一時14,902円まで下押後反発し15,000円台を
回復。その後は15,000円台を維持する値動きとなりました。
セクターでは不動産・その他金融が買われる展開となっております。

ドル円は引き続き102円台前半にて揉み合いの動き。
目立ったところではオセアニア通貨が大きく売られ、豪ドル円は
一時99.70台まで下落。
昨夜のSF連銀総裁の発言が尾を引いているのか、全般にドルが堅調
推移となっております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

フィラデルフィア連銀景況指数
 結果:-5.2
 予想:2.0

発表後ドル円は102円割れ。ユーロドルは1.29を回復し
一時1.2950台まで上伸。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:36.0万件
 予想:33.0万件

住宅着工件数
 結果:85.3万件
 予想:97.0万件

建設許可件数
 結果:101.7万件
 予想:94.1万件

発表後ドルは急落。ドル円は102.10台まで下落する動きとなっております。

東京午後

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均は15,037 -58 -0.39%で大引け。
前場で一時200円安まで下落し、後場も14,900円台にて
揉み合いの動きとなっておりましたが、引け際にかけて急速に
下落幅を縮める展開となりました。本日は一時的に大きめの調整が入った
ものの、下値での押し目買い意欲は強く、株高の勢いはまだまだ衰えてい
ない印象を植え付ける展開となりました。

為替相場では東京市場引け際の動きと歩調を合わせ円売りが再開し、
ドル円は102円前半の揉み合いから102円midの水準まで上値を
拡大。欧州午前に入ると欧米株と米債利回りの底堅い動きを確認する
形で円は下げ幅を拡大し、ドル円は102.60台、ユーロ円は132.10
台までそれぞれ上昇しております。

欧州株は現在、
英FT 6,693 +0.43 +0.01%
独DAX 8843 -19.38 -0.23% にて推移。 
独DAXは寄り付き後下げ幅を拡大したものの、直ぐに反発し今のところ
底堅い動きとなっております。
株価の高値警戒感が世界的に燻っている事もあり、欧米株も
東京市場の調整の流れを引継ぐ展開となれば、ドル円・クロス円の上値抑制
要因となるかもしれませんので、引き続き株価動向を注視しています。

現在のレート
 ドル円:102.62

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円は一時102円を割り込む場面がありましたが、
直ぐに買い戻される動き。全般に動意の薄い展開となりました。

日経平均は163円安の14,932 -1.08%で前引け。
プラスのセクターは不動産・証券・電気ガス・精密機械の4業種。
新興の下げがきつくマザーズは崩壊状態となっております。

現在ドル円は102.20台まで値を戻している事から、日経後場は
底堅い動きとなるかもしれませんが、欧米株が調整相場を引き継ぐ
展開となれば、円買戻しの動きが出てくる可能性があり、この後の
株式動向に注目したいところです。

現在のレート
 ドル円:102.20

ドル円 一時102円割れ

テーマ: 概況

ウルフ

一時101.80台まで下押しする展開。
ダウは寄付きから軟調推移で、現在20ドル安。
米国債は買い戻される動きとなっております。
(日本の長期国債も買い戻されております。)

一時的な調整かもしれませんが、株も為替も一本調子の
動きが続いてきただけに、予想外に深い押し目を形成する
可能性もあり、注意したいところです。
・・・と書き込んでいる間にダウは前日終値付近まで
反発。ドル円も102.10台まで値を戻しております。
いやー、株が強いです。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

小売売上高
 結果:+0.1%
 予想:-0.3%

小売売上高【除自動車】
 結果:-0.1%
 予想:-0.2%

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ドル円は再び102円台をつける展開。

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

NYタイム以降米長期金利がじりじりと上昇しており、
ドル円も底堅い動きとなっております。

ダウは現在マイナス圏での推移。G7を控えた週末という事で、
高値警戒感もありそうですが、米長期金利が更なる上昇を示せば
高値更新の動きが出てくるかもしれません。
ただし、ここから先は米長期債の売りも一服する可能性もある事から、
上値追いは慎重に臨みたいところです。

現在のレート
 ドル円:101.69

ダウ30ドル安

テーマ: 株式市場

ウルフ

ドル円も再び98.60台まで小幅反落。
米10年債利回りがじりじりと低下しているのが少々
気になるところですが、目先ダウが15,000ドル台を維持できれば
ドル円は底堅い動きとなるでしょうか。

本日は材料乏しいので、意表を付く動きに期待したい
ところですが・・・

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時99円を割り込み98.80台まで下押しする動き。
先週の米雇用統計や日経14,000円台示現等のサポート要因が
出ているものの、ここへ来て99円台の維持も危うい雰囲気
です。

やはり100円台到達には「何か」が必要なのでしょうか。
株価が崩れない限りは底堅い動きは継続しそうですが・・・
市場が楽観的なムードに傾斜しているだけに、逆の「何か」が
出た際のリスクは大きなものになりそうで、一応意識しておいた
方が良いかもしれません。

現在のレート
 ドル円:99.01

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM非製造業景況指数
 結果:53.1
 予想:54.0

発表後マーケットはドル売りで反応。
ドル円は一時99円を割り込む展開。

米雇用統計

テーマ: 経済指標

ウルフ

NFP・失業率ともに予想を上回り、ドル急騰・円急落の展開。
NFPは予想から大きく乖離した結果ではありませんが、
マーケットは弱い結果を見込んでいたのかもしれませんね。
ダウ先物は急騰し、米10年債利回りも上昇が止まりません。

ドル円は1円以上急騰し、一時99.10台まで、ユーロ円は
129.50台まで上昇しております。

ユーロ急反落

テーマ: 概況

ウルフ

ドラギ総裁がマイナス預金金利に関して予断を持たないと
発言した事からユーロが急落。

ユーロドルは1.3210台の高値から、1.3070台まで、
ユーロ円は129.90の高値から127.90台までそれぞれ
急反落する動きとなっております。

ドル円はユーロ円の下落に引っ張られる形で、98.30台から
97.70台まで値を戻す展開。

荒れております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 
 結果:32.4万件
 予想:34.5万件

貿易収支
 結果:-388億ドル
 予想:-423億ドル

指標を好感し、発表後円売りが加速。
ドル円は98円台を示現、ユーロ円は129円後半まで上値を拡大する展開。

ECB政策金利

テーマ: ニュース

ウルフ

政策金利を0.50%に引き下げ。

事前に織り込まれていたとは言え、発表直後はユーロ売りで反応。
その後急速に買い戻される展開。

ダウ先物も上振れする動きとなっております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM製造業景況指数
 結果:50.7
 予想:50.6

建設支出
 結果:-1.7%
 予想:+0.6%

発表後、ダウ・米10年債利回りは小幅に上昇。
為替相場もドルが小幅に買い戻されましたが、反応は限定的。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP全国雇用者数
 結果:+11.9万人
 予想:+15.0万人

発表後マーケットは小幅にドル売りで反応。
ユーロドルは1.3230台まで上値を拡大し本日高値を更新。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【ウルフ】2013年05月