ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【ウルフ】:2013年01月

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

シカゴ購買部協会景気指数
 結果:55.6
 予想:50.5

発表後ダウは上伸し、為替相場は円とドルが一段安の展開。
ドル円は91.20台まで上値を拡大。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:36.8万件
 予想:35.1万件

個人所得
 結果:+2.6%
 予想:+0.8%

個人支出
 結果:+0.2%
 予想:+0.3%

発表後、マーケットは小幅にドル売りで反応。
しかし値動きは限定的。

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

91円を挟んで膠着しております。
上か下かは明日の雇用統計の結果次第なんでしょうか?
チャートを見る限りにおいては、下落リスクが高そうに見える
のですけどねぇ・・・
チャート自体が機能不全を起こしている嫌いがあり、どちらに
振れるのか皆目見当が付きません。

ただ、株価にある程度の相関が見られる事を踏まえると、
欧米株式はここまでの行け行けモードが一服し、
やや上値が重くなっている事から、何らかのきっかけで
比較的大きな調整が入る可能性が考えられますので、
ドル円の上値を重くする要因として意識しておいた方が
良いかもしれません。

まずは、この後の新規失業保険に注目ですね。
また、ロンドンフィックス時の月末のフローにも注意したいところです。


現在のレート
 ドル円:91.00

FOMC声明後

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは反落。米10年債利回りも低下。
為替相場は円売り・ドル売り反応し、ユーロドルは1.3880台まで
上昇し本日高値を示現。ドル円は一時91円を割り込む局面も
ありましたが、方向感無く91円前半にて揉み合いの展開。

主要通貨は上下に振れながらも、結局は元の鞘に納まる値動きと
なりました。

現在のレート
 ドル円:91.09

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

GDP速報値(4Q)
 結果:-0.1%
 予想:+1.1%

個人消費
 結果:+2.2%
 予想:+2.1%

発表後、ドルが急落。
ドル円は91円を割り込み、90.80台まで下落。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP雇用統計
 結果:+19.2万人
 予想:+16.5万人

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ダウ先物・米10年債利回りも上振れで反応したものの、
直ぐに反落する展開となり、ドル買いは限定的となっております。

ダウ70ドル高

テーマ: 株式市場

ウルフ

ダウは午後に入ってもじり高推移となっており、
現在13,955 +73の水準にて推移。

ダウの上昇に合わせユーロドルは再び1.35の大台を窺う展開。
ドル円は90.60-70にて小動きとなっております。

ユーロドルはNY引け後の薄商いで1.35を突破してくる可能性も
ありそう。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

消費者信頼感指数
 結果:58.6
 予想:64.0

発表後、マーケットは小幅にドル売りで反応。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

&P/ケース・シラー住宅価格指数
前月比
 結果:+0.63%
 予想:+0.70%

前年比
 結果:+5.52%
 予想:+5.50%

発表後、マーケットは反応薄。

欧州午前

テーマ: 概況

ウルフ

欧米株は軟調推移。

英FT:6,286 -8.37
独DAX :7,813 -19.37

株価下落に連れ、米10年債利回りも低下基調。
為替相場は円とドルがじり高で推移する展開。

ドル円は90.30台、ユーロ円は121.20台まで反落しております。

明日以降の重要イベントを前にした調整の動きでしょうか?
株価も下値を探る動きとなっていない事から、
NYスタートまではドル円・クロス円の下落は限定的と
なりそうで、突っ込み売りは控えた方が良さそう。

現在のレート
 ドル円:90.35

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

週半ばに重要イベントを控え、現状は手掛かり薄い状況
となっており、円相場は比較的株価や金利動向に敏感に反応
する地合となっております。
現在ダウ先物、米債利回りは耐久財受注の好結果を受け上昇となって
おり、ドル円・クロス円をサポートする展開。

さて、まもなくNY市場がスタートとなり、ここから先も株価動向を睨んでの
動きとなりそう。

その米株式ですが、現状6連騰中!
流石に一旦調整が入っても良さそうで、ドル円・クロス円は積極的に上値を
追うのは目先リスクがありそうです。
勿論、13,900ドルを超えて14,000ドルの大台をトライする展開となれば、
ドル円・クロス円は高値更新を目指す動きとなるかもしれません。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

耐久財受注 
 結果:+4.6%
 予想:+2.0%

耐久財受注【除輸送機器】
 結果:+1.3%
 予想:+0.8%

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ドル円は91円台を回復する展開。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新築住宅販売件数
 結果:36.9万件
 予想:38.5万件

発表後、ダウは反落。為替相場は円買い・ドル買いで反応。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

90.80台まで上値を拡大し、本日高値を更新。
DNT突破?
買い圧力はかなり強烈です。
91円台を狙う動きですが、一気に利食いに押される局面
も出てきそうで、手が出し難い・・・

現在のレート
 ドル円:90.83

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

90.20台まで上昇し本日高値を更新。
ダウが再び70ドル高の水準まで上昇。
円売りが止まりません。

ジョージ・ソロス
「円は下落し、ユーロは上昇する」

ソロスって円相場で損失出しまっくってた様な・・・
目先円売りはピークかも(笑)

ダウ70ドル高

テーマ: 概況

ウルフ

ダウが強いですね。
米10年債利回りの上昇も止まりません。

為替相場は円売り・ドル売り優勢の展開で、
ドル円は89.90台、ユーロ円は120.10台まで上値を拡大しております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

景気先行指数
 結果:+0.5%
 予想:+0.4%

発表後の反応は限定的。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:33.0万件
 予想:35.5万件

発表後、マーケットは円売りで反応。
ドル円は89.80台まで上昇し本日高値を更新。

ドイツ経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

製造業PMI
 結果:48.8
 予想:46.8

非製造業
 結果:55.3
 予想:52.0

発表後、ユーロが反発。
ユーロドル、ユーロ円はいって来いの展開。

欧州経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

フランス
製造業PMI
 結果:42.9
 予想:44.9

非製造業PMI
 結果:43.6
 予想:45.5

スペイン
失業率(4Q)
 結果:26.02%
予想:26.00%


上記結果を嫌気してユーロが急反落。
ユーロドルは1.33を割り込み、一時1.3280台まで、
ユーロ円は118.60台まで下落しました。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時89.30まで上昇。ストップをヒットしたか?
日経平均は一時140円高まで上昇。欧米の株先物や金利動向等の
外部環境に特に大きな変動はありませんが・・・

日本株サイドは円安で株価上昇と言い、為替サイドは株高で円売り
加速って・・・どっちなのよ?

米債利回りがここ数日低下基調にも関わらず、ドル円は非常に底堅い動き
となっておりましたので、依然として円売り圧力は潜在的に衰えていない
のかもしれません。

調整一服で、一旦は89円を挟んでのレンジ相場入りとなりそうな気がし
ております。

現在のレート
 ドル円:89.20

東京午後

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均は後場に入り100円超高まで上昇。
ドル円は89円台を回復し、一時89.20まで上値を拡大しております。

日経平均222円安

テーマ: 株式市場

ウルフ

10,500円を割り込んで引けました。

大引け後、ドル円は88.10台まで下落し本日安値を更新。
88円割れを視野に入れている状況です。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

中古住宅販売件数
 結果:494万件
 予想:510万件

リッチモンド連銀製造業指数
 結果:-12
 予想:+5

発表後、マーケットは円買いで反応。

欧米株 下落は一服

テーマ: 独り言

ウルフ

独連銀が総裁辞任の噂を否定した模様。
ドルストレート・クロス円も反発する動きとなっております。

何だかフェイクっぽいですが、株価の急落にA.Iが反応してしまった
のでしょうか。

独DAX100ポイント超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

独連銀総裁辞任や欧州企業がデリバティブで巨額損失との
噂がマーケットに流れている模様。
ZEWを前にした調整もあるのかもしれませんが、かなり急速な下落となりました。

ダウ先物等も連れた動きとなり、マーケットはリスクオフに傾斜。
ドル円は一時88.30台、ユーロ円は117.30台、ユーロドルは1.3260台まで
急落する動きとなっております。

ダウ先物

テーマ: 株式市場

ウルフ

ダウ先物・欧州株、並びに米10年債利回りが急反落した事を
きっかけに、マーケットは円とドルが上値を拡大。

ドル円は88.80まで、ユーロ円は118.40台まで下落しております。

欧州序盤

テーマ: 概況

ウルフ

欧州勢は円買戻しで参入。
ドル円は再び89円割れとなりましたが、またもや89円台に
買い戻されております。

今のところ底堅い動きが続いており、押し目買いを狙っている
向きが多いのかもしれませんね。

ただ、上値が切り下がっている事もあり、少なくとも88.80台辺りまでの
下押しはありそうですが・・・現状米10年債利回りがじり高推移となって
いる事もドル円をサポートしているのかもしれません。
金利反落と株安となれば、もう一段の下押しがあるかもしれません。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

決定会合の公表を受け一時90.10台まで急騰。
その後は利益確定の売りに押されてか、89円割れとなりました。

現状88円台では押し目買い意欲が強く、直ぐに89円台を回復する
動きとなっております。

さて、ここからは、
一応緩和策の無制限化も決定しておりますし、スペック勢の円ショートも
それ程拡大していなかった事を鑑みると、円の買戻しは限定的となりそうな
気がして来ました。

まずは、欧州勢がどう出てくるかですね。

現在のレート
 ドル円:89.17

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均は100円超安まで下落。
ドル円は一時89.40台まで反落する動きとなりました。

現在日経平均は90円安の水準まで小幅に反発。ドル円も
89.60台まえ値を戻しております。

明日に決定会合を控え、思惑交錯により目先の方向を占う
のは難しいところですが、
テクニカル的には、ここ数日強力に機能してきた
89.80前後のサポートを割り込んだ事もあり、これまでの
ゾンビ的な押し目買い意欲は若干後退する可能性はありそう。

市場の相場予測は調整リスクに言及しながらも、ほぼ円売り一色の
状態となっており、市場のセンチメントが一方向に傾き過ぎて
いる感も拭えず、やはりそういった時は一旦様子を見るのが
セオリーなのかもしれません。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ミシガン大学消費者信頼感指数
 結果:71.3
 予想:75.0

発表後、マーケットの反応は限定的。

ドル円

テーマ: 独り言

ウルフ

来週の日銀決定会合までは底堅く推移し、
決定会合後は利益確定の売りに押される

といった(ある意味王道的な)相場観が目立っておりますが、
米市場は3連休前という事もあり、NY午後あたりで一足先に意表を
ついた売り攻勢、なんて展開もありそう。

個人的には90円付近、又は90円より上の水準では戻り売りスタンス
のjobbingに妙味ありと踏んでおりますが、果たして・・・

ドル円

テーマ: ニュース

ウルフ

内閣官房参与 浜田氏
 「円安は1ドル100円くらいが良い水準ではないか」

上記発言を受け円が下押しする展開。
ドル円は90.20まで上昇し本日高値を更新。

引き続き要人発言に注意ですね。

中国経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

実質GDP(第4四半期)
 結果 7.9%
 予想 7.8% 

鉱工業生産(12月)

 結果 10.3%
 予想 10.2% 


小売売上高(12月)
 結果 15.2%
 予想 15.1% 

発表後、マーケットは小幅に円売り・ドル売りで反応。
只、値動きは限定的。

そういえば・・・

テーマ: 独り言

ウルフ

セントルイス連銀総裁の発言以降、米当局は円相場に対して
何らコメントを発しておらず、少々不気味な感じ・・・

ある程度の円高是正は容認する構えを採っているのかもしれませんが、
米自動車業界からは不満の声も出始めており、90円をしっかりと超えた
際には警戒が必要かもしれません。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円はNY終盤にて90円台示現。
ついに石破レンジ(85~90円)の上限に到達致しました。
90.10台まで上昇後は、89.80台まで反落。しかし、89.80台は
非常に底堅く、きっちりとサポートされております。
(と書き込みしている間に89.60台まで下押しする動きとなりました)

現状非常に底堅い動きが継続しておりますが、一方で長らく意識された
大台到達の達成感も出てきそうで、ここからは90円前後で不安定な動きと
なるかもしれません。

目先はこの後の中国のGDPを見極めたいとの思惑もありそうで、
発表後の動きには注意したいところです。


ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時89.90台まで上値を拡大。
日銀が無制限緩和検討との報道がきっかけとなった様です。

90円の大台が意識されているだけに、一旦はそこに到達しなければ気が済まない
という「相場の意思」の様なものを感じたりもしますが・・・

流石に90円手前からの上値追いは躊躇するところで、ここから先は戻り売りに
妙味がありそう。


米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

CPI
【前月比】
 結果:±0.0%
 予想:±0.0%

【前年比】
 結果:+0.1%
 予想:+1.8%

CPIコア
【前月比】
 結果:+0.1%
 予想:+0.2%

【前年比】
 結果:+1.9%
 予想:+1.9%

発表後、マーケットの反応は限定的

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

大分調整圧力が強い感じ。
欧州勢の参入で一旦88円割れも意識しておいた方が良い
かもしれませんね。

現在のレート
 ドル円:88.13

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円は一時88.05まで下落。
ユーロ円も一時117円付近まで下押しとなりました。
日経平均も調整が進み、一時180円安の水準まで下落しております。

ある意味健全な調整と言えそうですが、少なくとも日銀の決定会合前後までは
押し目買い意欲も維持されそうで、突っ込んでの売りは控えた方が
良さそうです。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

小売売上高
 結果:+0.5%
 予想:+0.2%

小売売上高【除自動車】
 結果:+0.3%
 予想:+0.2%

NY連銀製造業景気指数
 結果:-7.78
 予想:±0.00

発表後、マーケットは小幅にドル買いで反応。

円買戻し

テーマ: 概況

ウルフ

米10年債利回りが低下し、ドル円は89.30台まで反落。
また、イタリア・スペインの利回り上昇に圧迫されている
のか、ユーロが軟調となっておりユーロ円は119.50台まで
急反落する動きとなっております。

欧米株式に特に目立った動きは見られませんが・・・
少々不穏な動きな為、警戒しておきたいところです。

ユーロ円 120円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

120円台を突破し、120.10台まで上昇。
ドル円も再び89.60台まで上昇しております。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

円売りの勢いが衰えませんね。
世界的な株高によるリスクオン・米長期金利の上昇基調に加え、
朝発表の本邦経常収支の大幅悪化と、円売りを支援する外部環境は
磐石となっております。
ドル円は欧州タイムで一時88.70台まで押したものの、直ぐに反発し
89円台を回復。値動きからも円売り圧力の強さを確認出来ます。

ただ、ここまで円安が急ピッチに進むと、やはり出てきますね。
 セントルイス連銀ブラード総裁
 「日本の為替政策に若干困惑している」

現状マーケットは全く意に介しておりませんが、90円台が射程に入った事
もあり、アメリカサイドの牽制が色々出てくるかもしれず、注意が必要ですね。
(現状円安を抑制する外部要因はこれくらいしか思い浮かばない・・・)

90円台という心理的節目を前に、ここから先は少々不安定な動きと
なる可能性があり、その点も留意しておきたいところです。

現在のレート
 ドル円:89.18

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

貿易収支
 結果:-487億ドル
 予想:-413億ドル

発表後、ドルは小幅に軟化。値動きは限定的でした。

ドル円 89円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

ユーロ円は一時118.20台、ポンド円は144円台まで上昇。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

ドラギ総裁の会見を終え、一時88円を割り込みましたが、
直ぐに反発する展開。依然、円売り並びにドル買い圧力が強い状況で、
まさに「押し目待ちに押し目無し」と言った感じですね。
何らかの材料出れば一気に高値更新をトライする雰囲気となっております。

ダウは現在40ドル高の水準にて推移。米長期金利も反発気味で
外部環境もドル円をサポートする状況。
一方で88円midでは売り圧力も強く、ドル円は下げ足が速いだけに
やはり上値を追いは引き続き慎重に臨みたいところです。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:37.1万件
 予想:36.5万件

発表後、マーケットは殆ど反応せず。
ドラギ総裁待ちですね。

ECB政策金利

テーマ: ニュース

ウルフ

0.75%に据え置きで、ユーロが上振れる展開。

ユーロドルは1.3110台、ユーロ円は115.70台まで上昇。

米10年債入札

テーマ: 債券・金利動向

ウルフ

最高落札利回り  1.863%
応札倍率      2.83倍(前回2.95倍)

発表後、米10年債利回りは上昇。
ドル円は一時88円台を示現。

ダウ50ドル高

テーマ: 株式市場

ウルフ

先物は小幅高でしたが、ザラ場で一気に買い上げて来ました。
為替相場は円が小幅に下落し、ドル円は87.77まで上昇。

さて、ここからの株価動向に注目です。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

87円後半では上値の重い展開。
期待先行の行け行けムードも沈静化しつつあり、
調整色が高まっている感じです。

引き続き円売り圧力は継続となりそうですが、
米長期金利の上昇が一服している事や、90円付近までの
上昇を見込んでいた本邦輸出等も、調整地合の中オファーの
水準を88円付近まで下げてくる可能性もあり、短期的には
かなりインパクトのある支援材料が無い限り、88円から更に上を
目指す展開は難しい局面に入っているかもしれません。

上値の重い展開の継続となれば、大きな(ある意味健全な)調整リスク
も高まってくるでしょうから、87円後半からの円ショートはポジションを
軽めにし、88円から上の水準では積極的な上値追いは控えた方が
無難そうです。

期待から実態へという事で、目先米企業決算に注目でしょうか。

現在のレート
 ドル円:87.55

ダウ60ドル超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

寄り付き後の下げ渋りから、下値を拡大する展開。
独DAXも下押しとなっております。

為替相場は円買い・ドル買い優勢となり、ドル円は一時87円付近まで、
ユーロ円は114円を割り込み一時113.70台までそれぞれ下押しと
なっております。

ある程度値動きが落ち着き、株価反発となれば円を売り遅れた向きが
沸いて出てきそう。
米債利回りの低下基調は引き続き気になるところですが、
buy on dips で着実に利食って利益を積み上げたいところ。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

欧州株は独DAXが一時プラス圏に浮上したものの、再びマイナス圏に
失速。ダウ先物も軟調で、ダウはマイナス圏からのスタートとなりそうです。
米10年債利回りは低下傾向が継続。マーケットはややリスクオフに傾斜しており、
ドル円・クロス円は上値の重い展開。

ただ、株価軟調と言っても、一時的な冷却期間と雰囲気で、
円売りが大きく巻き戻される事は無さそう。今のところ、ドル円・クロス円は下げた局面での
押し目買いを回転させる取引がワークしそうです。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

徐々に上値を切り下げ現在87.65に位置しております。
87.60台は底堅くしっかりサポートされている感じですが、
流石にここまで上昇を鑑みると、少なくとも一時的に87円台前半までの
調整はあってもよさそうで、安易な押し目買いは躊躇するところ。

米債利回りも僅かながら低下している事もあり、ここはじっくりと
押し目買いのチャンスを待ちたいと思います。


NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは本日安値から反発基調で、現在40ドル安の水準にて
小動きの展開。
為替相場は全般に落ち着いた動きとなっておりますが、
目立つところではユーロが買い戻されており、ユーロドルは
一時1.31台を回復。ユーロ円も115円を回復する動き。
ドル円は87.70-90間での揉み合いが継続しており、
目先の方向が見え難い状況となっております。

本日は特に注目される材料は無く、株価や金利を手掛かりとした
展開となりそう。
ダウがここから更に下げ幅を縮める動きとなれば、ユーロがもう一段
上値を伸ばす可能性があり注目したいところです。

現在のレート
 ドル円:87.80

米雇用統計

テーマ: 概況

ウルフ

ほぼ市場予想通りの結果となりましたが、
マーケットはドル売りで反応。

ドル円は87.80台まで下押しする展開となっております。
事前の期待も然る事ながら、やはり失業率が0.1%の悪化とは言え、
改善していない事が失望を招いたのかもしれません。

発表後、ダウ先物は一旦下振れしたものの直ぐに反発。米10年債利回りの
低下も今のところ限定的となっており、ドル円をサポートしている感じです。

統計の微妙な結果に加え、ISMを控えている事もあり市場全体がやや気迷い
ムードを醸し出しております。
一旦様子を見るとします。

遅れ馳せながら・・・

テーマ: 概況

ウルフ

明けましておめでとうございます。m(_ _)m
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、年明けから円相場は熱い展開となっております。

円安地合の中でFOMC議事録を受けたドル買いが加わり、
ドル円はついに88円の大台を突破。一時88.20台まで上値を
拡大する展開となっております。
米雇用統計前にしてはやや意表をついた動きですね。
マーケットは結果を楽観視しているのでしょうか・・・

世界的な株高に加え、米債利回りの上昇基調も継続とあって、
ドル円に関しては現状売り材料が見当たらないといった
感じです。
ただ、そろそろ短期筋の利食いも出てきそうで、雇用統計の結果を
見るまでは深追いは避けたいところでしょうか。

現在のレート
 ドル円:88.21

FOMC議事録

テーマ: 概況

ウルフ

「数人は13年末より前の時点でQE縮小・停止を考慮」

ダウは反落し、一時20ドル安の水準まで下落。
米10年債利回りは大きく上昇して反応。

為替相場は主要通貨に対してドルが全面高の動きとなり、
ドル円は一時83.35まで上昇。ユーロドルは1.3050台まで下押しと
なり本日安値を更新する展開。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:37.2万件
 予想:36.0万件

マーケットは小幅に円買い買い戻される展開。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP雇用統計
 結果:+21.5万人
 予想:+14.0万人

発表後、ダウ先物・米10年債利回りは上振れし、
マーケットは円売りで反応。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【ウルフ】2013年01月