ディーラーズ・バトル24:個人ブログ【ウルフ】

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19287.28 +152.58 +0.80%
TOPIX 1544.89 +9.48 +0.62%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.43)

■市場のテーマ
トランプ新政権の政策期待
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
22:30 (米)小売売上高
(米)小売売上高・除自動車
(米)生産者物価指数
23:30 (米)ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁の講演
00:00 (米)ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
00:00 (米)企業在庫
04:00 (米)財政収支

■今夜の売買戦略(ドル円)
 米経済指標で勝負

昨日の海外市場では、米長期金利の低下に連れ
ドル円は114円台半ばの水準から、一時113.70台
まで下押す展開となりました。NY午後に入り、ダウと
米長期金利が反発に転じると、ドル円は徐々に下げ幅を
縮小し、NYクローズでは114円台後半まで値を戻しました。
本日の東京市場では、堅調な日経平均を下支えにドル円は
午前中に115円台を回復しましたが、終盤で下落の転じ
再び115円を割り込みました。
東京市場大引け後に上昇に切り返した米10年債利回りは、
足元で低下基調に転じております。今夜の欧米市場では
米重要指標が控えており、発表後の米債券市場の動向に
注目が集まりそうです。
ドル円は昨日同様戻り売り方針を継続し、再び115円台を
回復する場面があれば、引き付けての売りを狙いたいと
思います。113円台半ば~115円台前半の値幅を想定して
おきます。

現在のレート
 ドル円:114.81

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19134.70 -229.97 -1.19%
TOPIX 1535.41 -14.99 -0.97%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.26)

■市場のテーマ
トランプ新政権の政策期待
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑


■本日の材料
21:30 (欧)ECB理事会議事要旨公表
22:30 (米)新規失業保険申請件数
(米)輸入物価指数
22:30 (加)新築住宅価格指数
(加)建設許可件数
22:30 (米)ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁の講演
02:30 (米)ロックハート・アトランタ連銀総裁の講演
03:00 (米)30年債入札
03:15 (米)ブラード・セントルイス連銀総裁の講演


■今夜の売買戦略(ドル円)
 ドル円は戻り売り

トランプ新大統領の会見は、具体的な政策に関する
言及は無く、為替相場はドル売りで反応。ドル円はNY午後に
一時114.20台
まで急落しました。下押し後は一時115.60台まで急反発
する展開となりましたが、上値は重く本日の東京市場では
114.30台まで反落し、昨夜の安値付近に面合わせする場面が
見られました。
昨年の大統領選以降、トランプラリーで目立った押し目
無く上昇して来た事を鑑みると、今回の会見を受け、市場が
調整モードに入っているとすれば、ある程度の下落は警戒して
おいた方が良いかもしれません。(就任式前ではありますが・・・)
目先は113円前半辺りまでの下押しを想定し、戻り売りを狙いたい
と思います。

現在のレート
 ドル円:114.35

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19364.67 +63.23 +0.33%
TOPIX 1550.40 +8.09 +0.52%
■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.49)
■市場のテーマ
トランプ新政権の政策期待
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
00:30 (米)週間原油在庫
03:00 (米)10年債入札
トランプ次期大統領記者会見

■今夜の売買戦略(ドル円)
 トランプ次期大統領の会見待ち

今夜は米トランプ次期大統領の記者会見が行われます。
日本時間の午前1時頃に会見が始まる予定との事で、
会見の始まりと同時に大きな値動きが期待出来そうです。
トランプ次期大統領の発言を受けた米債券市場の反応
を注視し、短期値幅取りで勝負したいと思います。
会見を待ちたいと思います。

現在のレート
 ドル円:115.84

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19301.44 -152.89 -0.79%
TOPIX 1542.31 -11.01 -0.71%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.56)

■市場のテーマ
トランプ新政権の政策期待
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑


■本日の材料
22:15 (加)住宅着工件数
22:30 (加)建設許可件数
00:00 (米)卸売売上高
(米)卸売在庫
(米)JOLT労働調査
03:00 (米) 3年債入札


■今夜の売買戦略(ドル円)
 トランプ新大統領の記者会見まで
 慎重姿勢となるか?


先週末の米雇用統計を好感したドル円の上昇は、
昨夜のメイ英首相の発言を受けたハードブレグジッド
リスク再燃により打ち消される展開となりました。
昨夜の欧州午前からジリジリと低下していた米長期金利
は、足元で小幅に切り替えす動きとなっており、
日中に一時115.10台まで下落したドル円は、115.70台まで
反発しております。
目先は今夜のNY市場次第となりそうですが、明日に
トランプ新大統領の記者会見が控えている事から、
様子見ムードによる方向感の乏しい展開となるかもしれ
ません。
ドル円は115円台を中心とした揉み合いを想定し、
市場のリスクセンチメントが拡大しない様であれば、
押し目を丁寧に拾う方針で臨みたいと思います。

現在のレート
 ドル円:115.75

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19454.33 -66.36 -0.34%
TOPIX 1553.32 -2.36 -0.15%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.67)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
トランプ新政権の政策期待

■本日の材料
22:30 (米) 非農業部門雇用者数
(米) 失業率
(米) 平均時給
(米) 貿易収支
(加) 就業者数
(加) 失業率
(加) 貿易収支
00:00 (米) 製造業受注指数
02:15 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁の講演
03:00 (米) ラッカー・リッチモンド連銀総の裁講演

■今夜の売買戦略(ドル円)
 米雇用統計で勝負

今夜は米雇用統計です。
NFPの市場予想は17.5万人。発表後のドル円は
結果に素直に反応する展開となるでしょうか。
ファーストアクション後の金利動向を睨みつつ
短期値幅取りで勝負したいと思います。
発表まで暫し様子をみるとします。

現在のレート
 ドル円:116.17

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19520.69 -73.47 -0.37%
TOPIX 1555.68 +1.20 +0.08%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.85)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
トランプ新政権の政策期待

■本日の材料
21:30 (米) チャレンジャー人員削減予定数
22:15 (米) ADP全国雇用者数
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数
23:45 (米) マークイット総合PMI
   (米) マークイットサービス業PMI
00:00 (米) ISM非製造業景況指数
01:00 (米) 週間原油在庫


■今夜の売買戦略(ドル円)
 米経済指標に注目

昨日の海外市場では、米10年国債が反発(金利は低下)
に転じ、為替市場は全般にドルが軟調に推移。
ドル円はNY時間で117円付近まで下落しました。
本日の東京市場では、米長期金利の低下基調が継続した
事から、ドル円は一時115.50台まで下げ幅を拡大する
展開となりました。
現在は米長期金利が反発に転じ、ドル円は116円台を回復
しております。
ドル円は金利主導の動きとなっており、今夜発表の米経済指標
を受けた米債券市場の動向が注目されます。
明日に本命を控え反応は限定的となりそうですが、短期値幅取り
には妙味がありそうです。ADPとISM発表後の値動きに的を絞り
勝負したいと思います。再び115円台半ば~前半付近まで下落する
局面があれば、押し目買いの好機となるでしょうか。

現在のレート
 ドル円:116.36

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

■アジア市場サマリー
日経平均 19594.18 +479.79 +2.51%
TOPIX 1554.48 +35.87 +2.36%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.85)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
トランプ新政権の政策期待

■本日の材料
17:55 (独) サービス業PMI
18:00 (欧) 総合PMI
18:00 (欧) サービス業PMI
18:30 (英) 建設業PMI
18:30 (英) 消費者信用残高
19:00 (欧) 消費者物価指数
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数
04:00 (米) FOMC議事録

■今夜の売買戦略(ドル円)
 引き付けての押し目買い 

昨日の海外市場では、欧米株高・米長期金利の上昇に
伴い、ドル円は118円台を示現。NY時間に発表された
ISM製造業景気指数が予想を上回ると、一時118.60台まで
上げ幅を拡大しました。高値示現後は、ダウ・米長期金利の
上げ幅縮小を受け117円前半まで急反落する場面
が見られましたが、下落一服後は小幅に値を戻し、NYクローズ
にかけて117円台後半の水準まで反発となりました。
大発会の東京市場では、日経平均が400円超の大幅高となり、
ドル円は午前中に118円台を回復しましたが、118円台前半
では上値が重く、午後に入ると118円を挟んでの揉み合いと
なりました。
2017年の株式市場は幸先の良いスタートを切りました。
ダウも2万ドルの大台が目前となり、2万ドル示現を試す公算は
高そうです。株式市場のラリーが継続する限り、ドル円も底堅い
展開が継続するでしょうから、今夜の欧米市場は流れに逆らわず、
基本は引き付けての押し目買いを狙う方針で勝負したいと
思います。明日以降の重要指標を前に、ポジションを傾け難い
面もあるかと思いますので、概ね昨夜のレンジ幅(117円台前半~
118円台半ば)内での値動きをイメージしております。

現在のレート
 ドル円:117.98

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19145.14 -256.58 -1.32%
TOPIX 1518.39 -18.41 -1.20%

■現況のセンチメント
 ややリスクオフ(VIX指数12.95)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
トランプ新政権の政策期待

■本日の材料
22:30 (米) 卸売在庫
01:00 (米) 週間原油在庫
03:00 (米) 7年債入札)

■今夜の売買戦略(ドル円)
米株・米金利動向に注目

昨日の海外市場では、ダウ・米長期金利ともに下落した事から、
ドル円はNY終盤で117円付近まで反落。NY終了後も下落基調は
継続し、本日の東京市場では、日経平均の大幅下落を受け、
一時116.50台まで下げ幅を広げました。
現在も米10年債は高止まりしており、今夜の欧米市場では、
米株と米債券市場の動向に市場の関心は集まるでしょうか。
ドル円は116円前後~117円前後の値幅を想定。米株と米金利
動向を睨み、目先の方向を判断したいと思います。流動性が
低い事から、想定外に値が振れる事も考えられますので、
警戒しておきたいと思います。

現在のレート
 ドル円:116.61

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19401.72 -1.34 -0.01%
TOPIX 1536.80 +0.58 +0.04%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.99)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
00:00 (米)中古住宅販売保留
03:00 (米)5年債入札

■今夜の売買戦略(ドル円)
 117円台での揉み合いか?

昨日の海外市場では、ロンドン市場が休場の為、全般に
動意薄の展開となりましたが、クリスマス開けのNY市場は
上昇でのスタートとなり、米長期金利も上昇した事から、
ドル円は117円台前半の水準から117.60台まで上昇。しかし
買いは続かず、NY午後には117.40台まで小反落する展開と
なりました。
本日の東京市場では、午前中に一時117.70台まで上げ幅
を広げたものの、上値は伸ばせず117.50-70台にて揉み合い
商状となりました。
本日からロンドン市場もクリスマス休暇から復帰となり
ますので、市場の流動性は少しは回復するでしょうか。
ただ、今年も残り2営業日となり、このタイミング
で積極的な取引を行う参加者は少ないでしょうから、
突発的なニュース等が出ない限り、本日も方向感の乏しい展開
となりそうです。
ドル円は117円台を中心とした揉み合いを想定。株価や米長期金利
の動向を注視しつつ、レンジディールに徹したいと思います。

現在のレート
 ドル円:117.51

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19396.64 -31.03 -0.16%
TOPIX 1538.14 -5.68 -0.37%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.44)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
経済指標の発表は無し


■今夜の売買戦略(ドル円)
様子見

今夜の欧米市場はクリスマスの振替休日につき、
休場となります。
動意の無い展開が予想されますので、様子見とします。

現在のレート
 ドル円:117.10

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19427.67 -16.82 -0.09%
TOPIX 1543.82 -1.12 -0.07%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数11.27)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料

22:30 (米)耐久財受注
      (米)新規失業保険申請件数
     (米)第3四半期GDP【確報値】
(米)第3四半期個人消費【確報値】
(米)第3四半期GDPデフレーター【確報値】
(米)第3四半期コアPCEデフレーター【確報値】
(米)シカゴ連銀全米活動指数
(加)消費者物価指数
(加)小売売上高
23:00 (米)住宅価格指数
00:00 (米)個人所得
     (米)個人消費支出
(米)コアPCEデフレーター
(米)景気先行指数
01:00 (米)カンザスシティ連銀製造業活動指数

■今夜の売買戦略(ドル円)
 米経済指標で勝負


昨日の海外市場では、米長期金利の低下を受け、ドル円はNY序盤で
一時117.08まで下落したものの、その後米経済指標の好結果を受け、
一時117.80台まで急反発する展開となりました。しかし薄商いの中
上値追いの動きは見られず、117円台半ばの水準でNYクローズとなり
ました。
本日の東京市場では、117円台半ばを中心とした揉み合いに終始しま
した。
さて、今夜のNYタイムは経済指標の発表が複数控えております。
流動性の乏しい中、結果次第ではプライスが上下に振れる展開が
予想されますので、短期値幅取りの機会と捉え、発表時間を待ちたいと
思います。117円台を中心とした揉み合いを想定しております。

現在のレート
 ドル円:117.68

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19444.49 -50.04 -0.26%
TOPIX 1544.94 -7.42 -0.48%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数11.45)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数
00:00 (米) 中古住宅販売件数
00:30 (米) 週間原油在庫


■今夜の売買戦略(ドル円)
 海外勢がクリスマス休暇入りで動意薄か

昨日の海外市場は、欧州午前にてBOJを受けた円売り優勢
の展開から、ドル円は一時118.20台まで上昇。
その後は動意乏しく、118円を挟んでの揉み合いとなり、
NY午後には117円台後半まで小幅に水準を切り下げました。
本日の東京市場では、午前中に一時117円前半まで下押す
場面が見られましたが、下げ幅は限定的となり、117円台
半ばを中心に方向感の乏しい展開となりました。
本日から海外勢のクリスマス休暇に伴い、流動性の一段の
低下が見込まれます。特段の材料が無ければ、主要通貨は揉み合い
商状が予想されますが、各国で発生しているテロや事件には
一応警戒しておきたいところです。
ドル円は117円台を中心とした揉み合いを想定。117円付近まで
下振れる局面があれば逆張りを狙いたいと思います。

現在のレート
 ドル円:117.56

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19494.53 +102.93 +0.53%
TOPIX 1552.36 +3.30 +0.21%

■現況のセンチメント
 中立か?(VIX指数11.71)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料
注目度の高い経済指標の発表は無し


■今夜の売買戦略(ドル円)
 揉み合い

昨日の海外市場では、トルコでロシア大使が射殺、
ベルリンでテロ等の事件が相次ぎ、リスク回避の動きから
ドル円は一時116.50台まで下落する場面がが見られました。
しかし下落一服後は急速に値を戻し、NY終盤には117円台
を回復する展開となりました。
BOJは金融政策の据え置を決定し、発表後、為替相場は円売り
で反応。ドル円は117円付近の水準から117.70台まで上昇
しました。
現在黒田総裁の会見が行われておりますが、今年最後の
イベントを通過し、ここから先は薄商いの地合が本格化する
でしょうか。
今夜の欧米市場では、ドル円は117円前後~118円前後の値幅
を想定。薄商いに乗じた仕掛け的な動きを警戒しつつ、
想定レンジ内でのjobbingで勝負したいと思います。


現在のレート
 ドル円:117.78

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19391.60 -9.55 -0.05%
TOPIX 1549.06 -1.61 -0.10%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数12.20)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料
23:45 (米) マークイットサービス業PMI
01:00 (独) ワイトマン独連銀総裁講演
03:30 (米) イエレンFRB議長の講演


■今夜の売買戦略(ドル円)
 上昇一服で揉み合いか?

先週末の海外市場では、中国が米無人潜水機を拿捕との
報道を受け市場はリスク回避の動きに傾斜し、米長期金利
が低下。ドル円は118円台前半の水準から、一時117.40台まで
急落する展開となりました。
週明けの東京市場では、ドル円は朝方から下値を切り下げる
展開となり、午後に入ると一時117.10台まで下落。大引け後
には一時117円を割り込む場面が見られました。
今年も残すところ2週間程となり、明日のBOJ通過後は年末の閑散相場
となります。流動性の低下に伴う想定外の値動きには、一応留意して
おきたいと思います。
今夜の欧米市場はイエレンFRB議長の講演以外、特に材料は無い
事から、ドル円は117円前後~118円台前後での揉み合いを
想定。米金利動向を横目に想定レンジ内での逆張りで短期値幅
取りを狙いたいと思います。


現在のレート
 ドル円:117.32

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19401.15 +127.36 +0.66%
TOPIX 1550.67 +7.95 +0.52%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.79)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料
22:30 (米) 住宅着工件数
     (米) 建設許可件数
02:30 (米) ラッカー・リッチモンド連銀総裁の講演


■今夜の売買戦略(ドル円)
 ドル円は118円台示現で、ラリー継続
 週末のポジション調整に注意したい

昨日の海外市場では、ダウ反発・米長期金利が2.63%台
まで上昇し、ドル円は一時118.60台まで上昇する場面が
ありました。現在米長期金利は時間外で2.57%まで低下し、
ドル円は118円付近での値動きとなっております。
今夜の欧米市場も引き続き"金利動向次第"となるでしょうか。
現状上昇一服となっている米長期金利が再び上昇に切り返せば、
ドル円も反発に転じると思われますが、週末のポジション調整を
鑑み、積極的に上値は追わず、押し目が入った局面での短期リバ
取りに徹したいと思います。

現在のレート
 ドル円:118.14

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19273.79 +20.18 +0.10%
TOPIX 1542.72 +4.03 +0.26%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数13.19)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料
18:30 (英)小売売上高
21:00 (英)BOE政策金利・議事録発表
22:30 (米)消費者物価指数
   (米)NY連銀製造業景況指数
(米)週間新規失業保険申請件数
(米)フィラデルフィア連銀製造業指数
(米)第3四半期経常収支
23:45 (米)マークイット製造業PMI
00:00 (米)NAHB住宅市場指数

■今夜の売買戦略(ドル円)
引き付けての押し目買い

FOMCは利上げを決定しました。利上げは自体は事前予想
通りですが、来年のドットが3回に修正された為、発表後
米長期金利が急騰し、為替相場はドル買いで反応。
ドル円は一時117.30台まで急騰する展開となりました。
本日の東京市場では、更にドル買いが進行し、一時117.80台
まで上値を拡大しております。
年内の重要イベントをほぼ全てこなし、一旦は調整が入っても
良さそうなものですが、米長期金利の上昇基調が継続する限り、
ドル円のラリーも継続するのかもしれません。
ただ、ここからの米株の動向には少々気掛かりな点もある為、
NY市場の動向は注視して行きたいと思います。
今夜のドル円は、流れに逆らわず押し目買い狙いを基本方針として、
値動きを監視したいと思います。米長期金利がもう一段の上昇と
なれば、118円を試す展開が見られるかもしれません。

現在のレート
 ドル円:117.67

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19253.61 +3.09 +0.02%
TOPIX 1538.69 -1.56 -0.10%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.72)

■市場のテーマ
米金融政策への思惑
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向


■本日の材料

21:00 (米)MBA住宅ローン申請指数
22:30 (米)小売売上高
   (米)生産者物価指数
23:15 (米)鉱工業生産
(米)設備稼働率
00:00 (米)企業在庫
00:30 (米)週間原油在庫
04:00 (米)FOMC政策金利発表
04:30 (米)イエレンFRB議長・記者会見


■今夜の売買戦略(ドル円)
米経済指標、FOMCで勝負

昨日の海外市場、並びに本日の東京市場でのドル円は、
今夜のFOMCを前にした様子見ムードの広がりから、115円台
前半の水準で方向感無く揉み合いに終始しております。
さて、今夜は今年最後の重要イベント・FOMCです。
25bpの利上げはほぼ確実視されており、市場の関心は
ドットプロットとイエレンFRB議長の会見に集まっております。
利上げ決定で、一時的に「sell the fact」の売りに押される
展開も想定されますが、その後の動きについては外部環境
(=金利・株価)次第となるでしょうから、事前にシナリオを
構築せず、取引は状況判断に委ねたいと思います。
(トランプ次期大統領のツイート情報も要チェックですね)
米経済指標、FOMCの発表に備えて、暫し英気を養うとします。

現在のレート
 ドル円:115.12

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19250.52 +95.49 +0.50%
TOPIX 1540.25 +8.82 +0.58%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.64)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
18:30 (英)消費者物価指数
(英)生産者物価指数
(英)小売物価指数
(英)小売物価指数
19:00 (独)ZEW景気期待指数
19:00 (独)ZEW現況指数 
19:00 (欧)ZEW景気期待指数
22:30 (米)輸入物価指数
03:00 (米)30年債入札


■今夜の売買戦略(ドル円)
 明日にFOMCを控え、一旦揉み合いか?

昨日の海外市場では、ドル円が欧州序盤で一時
116円台を示現したものの、NY市場に入ると米長期金利
が低下した事から、急速に上げ幅を縮め、NY午後には
一時115円を割り込む展開となりました。
本日の東京市場では、序盤で114.70台まで下げる場面が
見られましたが、下落一服後は切り返し、日経平均の
反発と共に115円を回復。午後に入ると115.30台まで
反発しました。
明日は今年最後のイベントとなるFOMCです。利上げは
ほぼ織り込まれており、焦点は来年の利上げペースと
なっている模様です。(加えて、FRB声明後のトランプ次期
大統領のツイートにも注目が集まっているとか・・・)
様々な思惑が交錯している様ですが、利上げは既に織り込まれて
いる以上、声明後の米株・債券市場がどの様に反応するかは
未知数ですから、今夜は積極的にポジションを構築する向き
は少なく、揉み合い商状になるとイメージしております。
ドル円は114円台半ば~115円台半ばの値幅を想定。米金利動向
を睨んで短期値幅取りに徹したいと思います。

現在のレート
 ドル円:115.16

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 19155.03 +158.66 +0.84%
TOPIX 1531.43 +6.07 +0.40%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.29)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
01:30 (米) 3年債入札
03:00 (米) 10年債入札

■今夜の売買戦略(ドル円)
 FOMCまでは底堅い動きとなるか?

米長期金利が一段高(2.5%台のせ)となり、
ドル円は東京市場大引け後、116円台を示現しました。
明後日のFOMCまでは、債券市場、為替相場共に動きが不安定
となる可能性がありますので、警戒しておきたいと思います。
ドル円は115円前後~116円台半ばの値幅を想定。FOMC前に
高値揉み合いとなる事も考えられますので、極力上値を追わず、
押し目を丁寧に拾う方針で臨みたいと思います。

現在のレート
 ドル円:115.97

欧米市場の戦略

テーマ:

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18996.37 +230.90 +1.23%
TOPIX 1525.36 +12.67 +0.84%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.62)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
18:30 (英) 貿易収支
18:45 (欧) ユンケル欧州委員長の講演
00:00 (米) ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
00:00 (米) 卸売売上高
   (米) 卸売在庫

■今夜の売買戦略(ドル円)
揉み合いか?

昨日の海外市場では、ECBが資産購入プログラムの減額と、
期間延長を発表し、テーパリングの思惑やそれを否定する
ドラギ総裁の発言を受け、ユーロが乱高下する展開となりました。
ドル円は米長期金利の上昇に伴い、113円台半ばの水準から急騰し、
一時114.30台まで上昇。その後はNY終盤にかけて113.90台まで
上げ幅を縮小する展開となりました。
本日の東京市場では、大幅高となった日経平均に連れ、再び上昇
基調に切り替えし、午前中に一時114.50台まで上げ幅を拡大しました。
日米株価はラリーが継続しており、米長期金利上昇の後押しさえあれば、
ドル円は115円台を試す展開となりそうです。
足元での米長期金利は2.42%台まで上昇しており、更なる上昇を示せば
ドル円は一気に上値拡大の展開となるかもしれません。
113円後半~115円前半の値幅を想定し、押し目買い主体の取引で勝負
したいと思います。

現在のレート
 ドル円:114.36

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18765.47 +268.78 +1.45%
TOPIX 1512.69 +22.07 +1.48%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数12.22)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料
21:45 (欧) ECB政策金利
22:15 (加) 住宅着工件数
22:30 (欧) ドラギECB総裁記者会見
   (米) 新規失業保険申請件数
(加) 10月新築住宅価格指数
(加) 10月建設許可件数


■今夜の売買戦略(ドル円)
揉み合いか?

昨日のNY市場では、ダウが一時300ドル超の大幅高と
なり、史上最高値を更新したものの、米長期金利の
低下を受け、ドル円は一時113.40台まで下落。
全般にドルが軟調な展開となりました。
本日の東京市場では、昨夜の流れを引き継ぎ、ドル円は
上値の重い展開となり、午後には一時113.10台まで下げ幅
を広げる場面が見られました。
足元では米金利低下の動きは一服している事から、ドル円
は113円台後半まで値を戻しております。
今夜の欧米市場は、ECB政策金利&ドラギ総裁の会見を受けた
債券市場の動向を睨んだ動きとなるでしょうか。
ドル円は113円台前半~114円台前半の値幅を想定し、金利・株価
の動きを捉えつつ、売り買い交えた取引で勝負します。

現在のレート
 ドル円:113.64

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18496.69 +136.15 +0.74%
TOPIX 1490.62 +13.42 +0.91%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数11.57)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料

21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数
00:00 (加) BOC政策金利
00:30 (米) 週間原油在庫
05:00 (米) 消費者信用残高


■今夜の売買戦略(ドル円)
 揉み合いか?

昨日の海外市場は、ダウが史上最高値を更新する一方で、
ドル円は方向感無く、114円を挟んでの揉み合いに終始
しました。
一夜明けた東京市場でも、日経平均が堅調な展開となる中、
ドル円は114円台前半の水準で膠着商状となっております。
日米株価ともに堅調な展開となり、外部環境はリスクオン傾向
となっておりますが、ドル円は上値を伸ばす事が出来ません。
115円に向けて上げ幅を拡大するには、やはり何らかの材料や
きっかけが必要なのかもしれません。
本日は注目すべき経済指標の発表は無く、手掛かりが乏しい
事から、昨日同様114円を挟んでの揉み合いを想定しております。
113円台半ば~114円台半ばの値幅を想定し、レンジ上下限での
逆張りを狙いたいと思います。

現在のレート
 ドル円:114.15

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18360.54 +85.55 +0.47%
TOPIX 1477.20 +10.24 +0.70%

■現況のセンチメント
 ややリスクオンか?(VIX指数12.14)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料

19:00 (欧)第3四半期GDP【確報値】
22:30 (米)貿易収支
   (米)第3四半期非農業部門労働生産性
   (米)単位労働費用
00:00 (米)製造業受注指数
   (米)BD/TIPP景気楽観指数
   (加)Ivey購買部協会指数


■今夜の売買戦略(ドル円)
 揉み合いか?

昨日の海外市場では、欧州午前で米長期金利が急上昇する
動きとなり、ドル円は113円台半ばの水準から、NY午前にかけて
114円台半ばまで上昇。その後発表されたISM非製造業景況指数が
予想を上回る結果になると、一時114.77まで上げ幅を拡大しましたが、
ISM発表後米長期金利が反落する動きを示した事から、急速に上げ幅
を縮小し、一時113.10台まで反落する荒れた展開となりました。
本日の東京市場では、113円台半ばを中心とした揉み合いに終始
しました。東京市場大引け後、ドル円は上昇に転じ、114円台を回復
しております。
昨夜のISMを受けた115円トライの動きは、米長期金利の低下に阻まれた
形となりました。114円台後半の水準から一気に113円前半まで叩き落と
された事から、上値トライの戦意は喪失してしまった感があり、目先は
113円~115円幅のレンジをイメージしております。
ドル円は113円半ば~114円後半の値幅を想定。株価並びに金利動向を
睨んで売り買い交えた取引で勝負します。

現在のレート
 ドル円:114.05

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18274.99 -151.09 -0.82%
TOPIX 1466.96 -11.02 -0.75%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数14.12)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料

18:30 (英)サービス業PMI
22:30 (米)ダドリーNY連銀総裁の講演
23:25 (米)エバンス・シカゴ連銀総裁の講演
23:45 (米)サービス業PMI
24:00 (米)ISM非製造業景況指数

■今夜の売買戦略(ドル円)
 ISM非製造業景況指数に注目 

イタリアの憲法改正を問う国民投票は、反対が賛成を
大きく上回り、レンツィ首相は辞任の意向を示しました。
これを受け、朝方の為替相場では円が急伸し、ドル円は一時
112.80台まで下落。しかし下落一服後は、一時113円台後半の
水準まで急速に値を戻す展開となりました。
日中は軟調な日経平均が重しとなり、113円台前半まで早朝
の上げ幅を縮小する場面が見られましたが、大引け後には
欧州株の上昇や米長期金利の上昇を手掛かりに114円台を回復
する展開となっております。
イベントをこなし、ドル円は元の円安ドル高基調に回帰出来るか
注目です。目先の方向は今夜発表のISM非製造業景況指数の結果
に委ねられるでしょうか。
ドル円は113円台半ば~114円台後半の値幅を想定。欧米市場の
動向を睨みつつ、押し目買い狙いで値動きを監視します。

現在のレート
 ドル円:114.06

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18426.08 -87.04 -0.47%
TOPIX 1477.98 -5.29 -0.36%

■現況のセンチメント
 中立(VIX指数14.37)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
イタリア国民投票への思惑

■本日の材料

22:30 (米)雇用統計
   (米)平均時給
22:45 (米)ブレイナードFRB理事の講演
03:00 (米)ラルーロFRB理事の講演


■今夜の売買戦略(ドル円)
 米雇用統計で勝負

昨日の海外市場では、米長期金利の上昇に伴いドル円は一時
114円台後半の水準まで上値を拡大しましたが、その後発表された
ISMが予想を上回る好結果となったにも関わらず、反応は限定的と
なり、NY終盤で上げ幅を縮小する動きから一時114円を割り込む
展開となりました。←少々気になる動きです。
本日の東京市場では、日経平均の下落と共にドル円は下値を試す展開
となり、ドル円は一時113.50台まで下落。一旦は114円台を回復する
動きを見せたものの、上値は重く大引けにかけて114円を挟んだ値動き
となりました。
今夜は米雇用統計です。NFPの市場予想は+18.0万人。ここ最近は、
経済指標で好調な結果が続いている事から、若干ハードルは高く
なっているかもしれません。4日にはイタリアの国民投票が控えて
おり、サプライズが出なければ値動きは限定的となる可能性も
ありますので、発表後の市場の反応をみながら、短期値幅取りに
徹したいと思います。
発表を待ちたいと思います。

現在のレート
 ドル円:113.76

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18513.12 +204.64 +1.12%
TOPIX 1483.27 +13.84 +0.94%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数13.33)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
イタリア国民投票への思惑

■本日の材料

22:00 (米)カプラン・ダラス連銀総裁の講演
22:30 (米)新規失業保険申請件数
   (米)メスター・クリーブランド連銀総裁の講演
22:45 (米)製造業PMI
24:00 (米)ISM製造業景況指数
   (米)建設支出


■今夜の売買戦略(ドル円)
 米経済指標で勝負

昨日の海外市場は、好調な米経済指標に加え、OPEC総会で減産合意が
成立し、原油相場並びに米長期金利が上昇。ドル円は114.50台まで
上値を拡大しました。高値示現後は米金利の反落を受け、一時114円
付近まで上げ幅を縮小する場面が見られたものの、114円台を維持した
ままNY引けとなりました。
本日の東京市場では、日経平均が大幅高でのスタートとなり、ドル円
は寄り付き直後に114.80台まで急騰。しかし上昇は続かず直ぐに114円台
半ばまで値を戻し、午後に入ると日経平均の上げ幅縮小に伴い、114円を
割り込む展開となりました。
今日から12月相場です。今夜の欧米市場は月初の重要指標、ISM製造業景況
指数が発表されます。(市場予想は52.5)明日に米雇用統計を控えている
事から、値動きは限定的となる事も想定される為、発表直後の市場全体
の反応を睨んで、短期決戦で勝負したいと思います。
ドル円は113円台半ば~114円台後半の値幅を想定。足元で米長期金利が
低下傾向となっている事を鑑み、引き付けての押し目買いを狙いたいと
思います。

現在のレート
 ドル円:113.91

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18308.48 +1.44 +0.01%
TOPIX 1469.43 +0.86 +0.06%

■現況のセンチメント
 中立か?(VIX指数12.90)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑
OPEC総会への思惑

■本日の材料

21:30 (欧)ドラギECB総裁の講演
22:00 (米)カプラン・ダラス連銀総裁の講演
22:15 (米)ADP全国雇用者数
22:30 (米)個人所得
   (米)個人支出
   (米)PCEデフレーター
   (加)第3四半期GDP
23:45 (米)シカゴ購買部協会景気指数
00:00 (米)中古住宅販売保留
00:30 (米)週間原油在庫
01:45 (米)パウエルFRB理事の講演
02:35 (米)メスター・クリーブランド連銀総裁の講演
04:00 (米)ベージュブック


■今夜の売買戦略(ドル円)
 米経済指標、OPEC総会を受けた市場の反応に注目

昨日の海外市場では、米GDP改定値が予想を上回る結果となり、
米長期金利が上昇。ドル円は一時113.30台まで上昇する展開と
なりました。しかし、その後米長期金利の上昇は続かず、
ドル円は112円台半ばの水準まで反落し、一旦は113円台を回復
する動きを見せるも、NY終盤にかけて112円台前半まで上げ幅を
縮小しました。
本日の東京市場では、日経平均の下落を受け、一時112円付近まで
下押す場面が見られましたが、時間外で米長期金利が上昇した事
を受け、急速に値を戻す展開となり、午後には一時112.90台まで
反発しました。
今夜の欧米市場は米重要指標に加え、OPEC総会やFRB関係者の講演等
材料に事欠きません。外部環境を睨みながらの短期値幅取りに妙味
のある地合となりそうです。
結果次第では、値幅が大きくなる可能性がありますので、予めレンジ
を想定せず、米金利や株価の動向を横目に臨機応変に対応したいと
思います。

現在のレート
 ドル円:112.74

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18307.04 -49.85 -0.27%
TOPIX 1468.57 -1.01 -0.07%

■現況のセンチメント
 ややリスクオンか?(VIX指数13.01)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料

22:30 (米)第3四半期GDP【改定値】
   (米)個人消費【改定値】
   (米)GDPデフレーター
   (米)コアPCEデフレーター
23:00 (米)S&P/ケース・シラー住宅価格指数
22:15 (米)ダドリーNY連銀総裁の講演
24:00 (米)消費者信頼感指数
02:40 (米)パウエルFRB理事の講演


■今夜の売買戦略(ドル円)
 米経済指標で勝負

現在米長期金利が上昇傾向となっており、ドル円は
112.60台まで上値を拡大しております。
本日は米重要指標が複数発表されますので、指標発表後
の株価や金利動向を睨んでの短期値幅取りに妙味がある
でしょうか。
ドル円は111円台後半~113円前後の値幅を想定して
おります。

現在のレート
 ドル円:112.56

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18356.89 -24.33 -0.13%
TOPIX 1469.58 +5.05 +0.34%

■現況のセンチメント
 中立か?(VIX指数12.34)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料

23:00 (欧)ECBドラギ総裁の議会証言
00:30 (米)ダラス連銀製造業活動指数


■今夜の売買戦略(ドル円)
 米長期金利と原油相場(30日OPEC総会)に注目


先週末の海外市場は、NY市場が感謝祭明けの短縮取引で
あった事から、ドル円は動意乏しく、113円前後の水準で
揉み合いに終始しました。その一方で、原油相場が3%の大幅下落
となり、30日に開催されるOPEC総会への不透明感が台頭。
米長期金利も低下傾向となりました。
週明けの東京市場では、米長期金利の低下や軟調な日経平均株価を
受け、ドル円は朝方から下値を試す展開となり、午前中に一時
111.30台まで下げ幅を拡大。午後に入ると切り返し、一時112円台を
回復する場面が見られました。
サウジアラビアが28日のOPEC会合に不参加との報道を受け、30日の
OPEC総会での減産合意に暗雲が立ち込めております。週末の米雇用統計、
12月4日のイタリア国民投票と、今週から来週にかけて市場の注目イベント
が複数控えている事から、これまでのリスクオンの流れが一服する可能性
に留意しておきたいところです。
目先は30日開催のOPEC総会を目前に控えた原油相場と米長期金利の動向
に注目でしょうか。
ドル円は111円前後~112円台半ばの値幅を想定し、原油相場と金利動向
を睨みながら、売り買い交えた取引で勝負したいと思います。

現在のレート
 ドル円:112.09

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

■アジア市場サマリー
日経平均 18381.22 +47.81 +0.26%
TOPIX 1464.53 +4.57 +0.31%

■現況のセンチメント
 リスクオン(VIX指数-)

■市場のテーマ
主要国の株価動向
米長期金利の動向
原油相場の動向
米金融政策への思惑

■本日の材料

18:30 (英)第3四半期GDP【改定値】
22:30 (米)卸売在庫
23:45 (米)サービス業PMI


■今夜の売買戦略(ドル円)
 揉み合いか?
 週末のポジション調整を警戒

昨日の海外市場は、欧州時間で一時112.60台まで下押す場面が
見られたものの、NY時間では113円台前半の水準で終始底堅い
展開となりました。
本日の東京市場でのドル円は、朝方に一時113.89まで上値を
拡大しましたが、その後は大引けにかけて上げ幅を縮小する
展開となりました。
今夜の欧米市場はNY市場が感謝祭明けで短縮取引となります。
流動性が乏しい地合い故、不安定な値動きが予想されますので、
注意したいと思います。
ドル円は引き続き、水準感に囚われず、株価や金利動向を睨んだ
取引を心掛けた方が良いでしょうか。週末のポジション調整を
考慮し、112円台前半~113円台半ばの値幅を想定。売り買い交えた
短期値幅取りに徹したいと思います。


現在のレート
 ドル円:113.07

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧