ディーラーズ・バトル24:2013年03月

結局

テーマ: 概況

コロフ

多少円安に振れていた相場も戻してきています。さすがに今日に関しては積極的にリスクを取りに行く必要はないという判断でしょう。キプロス問題で大きな窓を開けたことがトラウマとなっているのか、スロベニアに対する警戒感もあり、ポジションを持ち越すことはリスクとなりかねない、という思惑もありそうです。

東京夜中の3時半前ですが・・

テーマ: 独り言

Ryuz

クロス円がスルスルと上がって来ています・・
ユーロ円は120.80台、ポンド円は143.20台、豪ドル円は98.10台へ。。

米株、債券、商品市場も開いてない本日、理由を見つけるのは難しく・・
と言うか、理由はなくフローが何か出て動いてる、
としか言いようがない日です。

ドル円はBID気配のクロス円に引っ張られる形で94.20台で堅調に推移。。

来週月曜もシドニー市場は休場のため、薄商いかと思われます。

NY午前は

テーマ: モノローグ

だいまん

グッドフライデーで、主要市場や米株式・債券・商品市場が休場となっていることで、参加者が薄く、方向感のない揉み合い。 

ドル円は94.01から94.18へ値を上げ、

ユーロドルは1.2827から1.2812まで値を下げた。

クロス円では、ユーロ円が120.46から120.76、ポンド円が142.79から143.17、オージー円が97.99から98.06での推移に留まっている。 

今日は

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

流石に動けないので、やらないほうが無難の晩。

ポンドドルの1.52

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは1.52付近で膠着。
ここは2011年から1.63~1.52で大きなレンジだったところで、
今年の2月に下抜けて、現在は戻してきています。
ここから上になると、再び広いレンジに戻ってしまいますし、
本格的にブレークしたなら、ここがレジスタンスになると思われます。
ポンドドルの1.52付近は大きなレンジが続くか、
ブレークかの見極めとして重要と思っています。

NY Timeに入っても・・

テーマ: 独り言

Ryuz

動きなし・・・。
切っ掛け待ち・・・。
このまま寝ちゃっても良さそう・・。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

今週はドル買いが進みながらも、少し戻す動きとなっている。
しかし、メイントレンドはドル買いでここからは再びドル買いとなる可能性がありそう。
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDは下落、USDCHFは上昇になるかもしれない。
ただドル円は円の買い戻しが強く、上値は重いままと考えている。

フランス財政赤字

テーマ: 経済指標

YEN蔵

フランス国立統計局は2012年の財政赤字をGDP比4.8%で前年の5.3%から低下したが目標の4.5%に届かなかったと発表。
経済情勢が厳しい中、デクシア銀行の救済が赤字拡大の原因に。
今年も景気減速で財政赤字のGDP比3%の達成が難しい状況
どこもかしこも先進国は財政赤字が膨らんでいる状況
この状況だと緩和の継続はしばらく続くのだろう

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限で支えられて、中心線に向けて戻しを演じている状況です。1.28ドルが下値として意識されての動きであり、目先は持ち直し基調が強まっています。中心線をブレイクすることができるかどうか、といったとこが今後の注目となっていくでしょう。バンド幅は横ばいとなっており、方向感は見えにくくなってきています。状況としては抑えられてもおかしくはないところです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっており、上値余地を残しています。目先は買われやすく、バンドの中心線をブレイクする可能性が高まっています。一方、中期線は下落基調となっていることから、中長期的には抑えられやすい状況ということができるでしょう。バンドの中心線で抑えられるか、上限まで戻すか、といったところですが、先行きは上値の重い店会となるのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と下限とで挟まれたレンジでの動きとなっています。バンドの中心線で抑えられており、上値の重さが意識されている。バンドの上下限・中心線はゆるやかに下落する展開となっている。ゆるやかな下落トレンドとなっており、バンドの下限まで下落する可能性が高そうです。となると、94円割れの水準が意識されることになりそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっていましたが、中立水準で再度押し戻される動きとなっています。中期線は下落基調を維持し、下値圏に入る動きを見せていることから流れは売り優勢といった状況となっています。短期線がしっかりとした下落となり、そのまま下値圏に突っ込む展開となれば、バンドの下限をブレイクしての動きとなる可能性もあるだけに、注意が必要な局面と言うことができそうです。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 29日の東京市場は、期末を睨んで一時円売り気味も、主要海外市場がグッド・フライデーで休場となっていることもあり、動意に薄い展開が続いたが、午後には週末を睨んだポジション調整の売りが出た模様。  
 ユーロドルは1.2837から1.2792まで一時値を下げ、ドル円も94.30から93.98まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が120.85から120.30、ポンド円が143.28から142.76、オージー円が98.18から97.90、NZD円が78.97から78.64、カナダ円が92.79から92.49、スイス円が99.30から98.86へ一時下落した。 (15:30現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.00-79.20)
戦略としては78.60-70と78.80-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は78.95-05超えでの倍返し。ターゲットは79.05-10、79.15-20、79.25-35と利食い&売り上がって、ストップは79.45-50超えで、79.60-70、79.70-80、79.85-90、80円と売り直して、ストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は78.50-60割れがストップで、78.45-50割れで倍返しもターゲットは78.35-40、78.15-30と買い戻し&買い下がって、ストップは78.00-05割れで、77.90-95は維持をみて対応。 買ってもストップは77.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは77.50-60での買戻し&買い。 77.30-40割れがストップで、77.05-15での買いのストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 (予想時レート: 78.75 予想時間 14:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2720-1.2890)
戦略としては、1.2810-20と1.2830-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2845-60超えがストップで、1.2865-75超えでの倍返し。ターゲットは1.2890-00、1.2915-20、1.2940-50の動向次第で利食い。超えても1.2980-95、1.3000-05、1.3020-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3045-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3075-80や1.3085-90の動向次第。Capでは売っても、ストップは1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.2790-95割れをストップまたは、1.2770-80まで買い下がっても、ストップは1.2750-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.2735-40、1.2715-20と買い戻しで、買いはこの位置から1.2705-10と買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。ストップは1.2660-70割れとなるが、1.2650-55での買い直しで、ストップは1.2625-30割れなどでの対応となる。 (予想時レート:1.2820 予想時間 14:45)

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:12397.91(61.95)

今日の東京市場は上昇しての引けとなりました。ダウが高値を更新するなか、日本株にも買いの流れが強まりました。仲値に向けて下げる動きもあり、一時マイナス圏に沈む場面もありましたが、そこからは持ち直して、後場に入り一段高となりました。

為替相場はそれほど大きな動きではないのですが、若干円高、ドル高と言った動きになっています。取り敢えず日本の年度末を越えての動きではありますが、あまりインパクトはありませんでした。今日は欧米市場が休みとなるところも多く、ここからの動きはそれほど大きなものにはならないかもしれません。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足は本日も25*5DMAの下側で推移。
このラインは10/3の上抜けからサポートされてきたラインなので、
昨日安値を終値で下抜けるようだと、円買いの可能性が高まる。
但し、4/4の決定会合までは動きにくく、短期的には戻しもあり得る。
しばらくは方向感が弱く、十分なサインを見てからとなりそう。

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

後場から上昇
+44 で12380円
株式市場は真円度入りモードか?
為替は反応がない

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足は昨日重要ラインを下抜けて終わった。
これは昨年の10/3以来で、ドル円は下落に転ずる可能性が強くなっている。
このため、まずは本日の終値がどうなるかが4月相場に大きく影響しそう。
ドル円の買い方は本格調整の可能性を考慮した方が良さそう。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

月末で需給面から荒れた展開が続くが、例年仲値に向けて思惑的な買いが入り易いく、早期には買いも検討される。 ただ逆に妙に価格を上げ過ぎるとその反動も出易い。 また、海外でも、ロンドン・フィキシング(日本時間翌午前1時)にも、日本株投資に絡む円買いが出易いと見られ、あくまで吹いたところがあれば、じっくりと売り場を探す形を想定したい。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん


 昨晩の海外市場は、独3月雇用統計が予想より弱い内容だったことで、一時リスク回避的な動きも、、欧州やNY株が堅調に推移したことで、巻き戻し的な動きで終了した。
 ユーロドルは、1.2755から1.2845まで上昇、ドル円は98.88から94.39まで一時反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が119.745から120.96、ポンド円が142.21から143.10、カナダ円が92.29から92.91まで反発したが、オージー円は97.82、NZD円が78.56まで一時安値を更新した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、南ア、トロント、NY市場休場(イースター休暇)
08:30 (日) 2月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.3% 予想-0.7%)
08:30 (日) 2月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.2% 予想-0.3%)
08:30 (日) 2月失業率 (前回4.2% 予想4.2%)
08:30 (日) 2月有効求人倍率 (前回0.85 予想0.86)
08:50 (日) 2月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+0.3% 予想+3.5%)
08:50 (日) 2月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-5.8%予想-7.8%)
16:45 (仏) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.4%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(2月27日~3月27日)
21:30 (米) 2月個人所得 [前月比] (前回-3.6% 予想+0.9%)
21:30 (米) 2月個人支出 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.6%)
21:30 (米) 2月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.2% 予想+1.4%)
21:30 (米) 2月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
21:30 (米) 2月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.3% 予想+1.3%)
22:55 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回71.8 予想72.9)

3/31(日)
英国及び欧州夏時間に移行

NY概況

テーマ: モノローグ

ウルフ

ダウは現在30ドル高の水準にて小動き。
為替相場は全般に動意薄く、ドル円は94円付近にて
揉み合いの動きに終始しております。
明日からイースター休暇という事で、やる気無いのですかね。

ドル円はNYタイムに入り94円割れ試すも、売りが続かず
直ぐに値を戻す展開。
袋小路に入ってしまった感がありますが、
それだけエネルギーを蓄積しているとも言えそうで・・・
明日は週末・月末・年度末。
ここ数年は、特別荒れたという印象はありませんが、
少なくともリーマンショック前までの年度末は、個人的には
大きなイベント日と位置づけしておりましてので、少なからず
期待しております。流動性の低下で、思わぬ値動きが発生する
可能性もあり、注意したいところですね。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気、目先は強気で相反で狙いにくい。

米経済指標

テーマ: 概況

コロフ

GDP改定値、新規失業保険申請件数、さらにシカゴ購買部協会景気指数ともに予想に届かない状況となったにもかかわらず、株価の堅調地合いが継続しています。米経済に対する懸念が無視される格好であり、逆流した時には一気に下落となりかねいないので注意が必要でしょう。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で売りすぎのゾーンに到達し、
目先は上向きを保って底堅い配置。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:35.7万人
 予想:34.0万人

第4四半期GDP【確報値】
 結果:+0.4%
 予想:+0.5%

個人消費【確報値】
 結果:+1.8%
 予想:+2.1%

予想を下回る結果を受け、発表後は小幅にドル売りで反応。

ユーロポンド

テーマ: 独り言

YEN蔵

0.8420付近から0.8470付近まで急騰
月末に絡む買いという噂も
0.85付近が重要なレジスタンス

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

現状は基調目先とも下向きで重い配置だが、
今日のポイントは93.80でまだ切れていない。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.24%
英FT +0.26%
フランスCAC +0.3%
イタリアFTSEMIB +0.64%
スペインIBEX -0.27%
ギリシャGD.AT +1.66%

全般的に堅調 

ユーロ、ショートカバー優勢

テーマ: 独り言

Ryuz

キプロスの銀行再開で特に目立った混乱がなかったことを好感したのか、売り込まれていたユーロが急速に買い戻されて来ている。

ユーロドルは1.28台を回復し、1.2808/10、ユーロ円は120.60台へ急反発。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下限まで一気に下落し、バンドブレイクの動きも見られましたが、そこから持ち直しての動きとなっています。現状はバンドの中心線を意識しての動きとなっており、ここからの動きには注意が必要でしょう。バンド幅は多少拡大しましたが、それほど拡大しているわけでもなく、方向感は見えにくい所です。こうした中での展開であるだけに、バンドの上限まで上昇する可能性はあるでしょう。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入ってきています。これが底打ちすることができるかどうかがポイントになりそうです。下値圏での横ばいとなるのであれば、バンドの中心線で抑えられる動きとなるでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落していましたが、ここに来て反転してきています。短期線が戻る前に反転する動きとなっており、やや珍しい格好です。中長期的には下値の堅さが意識されそうな状況となってきています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で押さえられての動きで、下限まで下落し、そこから持ち直しての動きとなっています。バンドの下限をブレイクする動きが見られただけに警戒感が高まりましたが、現状はバンド幅も縮小傾向にあり、方向感は見えにくくなってきています。まずはバンドの中心線まで戻してから、といった動きになるものと思われますが、そこで抑えられるかどうかがポイントとなりそうです。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏での動きとなっています。これが底打ちすることができるかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下値圏での動きではありますが、やや底打ち基調となっています。流れとしては底入れの可能性が高まってきています。一時的にはバンドの中心線で押さえられる場面もありそうですが、下値は徐々に堅くなっていくのではないでしょうか。RCI短期線の動きには注意ですが、押し目買い優勢となりそうです。

ユーロ売り一服

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドルは1.2755/57、ユーロ円は119.74/76まで続落後、キプロスの銀行再開を前にショートカバーが持ち込まれ、ユーロドル1.2775近辺、ユーロ円120.15近辺へ値を戻している。

ユーロ売り

テーマ: 概況

Ryuz

弱い独雇用統計を受け、ユーロは対ドルで1.2755/57、対円で120.05/07へ下落。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 28日の東京市場は材料難から揉み合いも期末を控えて、円の買い戻しが優勢となった。 ユーロドルは1.2774から1.2815へ上昇、ドル円は94.49から93.985まで下落した。クロス円ではユーロ円が120.79から120.14、ポンド円が142.96から142.25、オージー円が98.66から97.99、NZD円が79.60から78.55、カナダ円が92.98から92.44、スイス円が99.05から98.55まで一時値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=119.50-121.50)
戦略としては、120.35-40と120.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、120.70-80超えでの倍返し。ターゲットは121.00-05、121.15-20と利食いで、売りは121.50-60まで売り上がって、ストップは121.85-95超えでの倍返し。ターゲットは122.30-35での利食い&売りで、ストップを122.50-55超えとするか、122.70-75、122.95-05、123.30-40と売り場を探して、ストップは、123.50-55や123.65-75超えで、123.85-90超えが倍返し。ターゲットは124.00-05、124.20-25と利食い&売り上がって、ストップは124.35-40超えや124.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは124.80-90を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは124.90-05、125.10-15、125.35-40と利食い&売り上がって、125.60-75超えや125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。 一方下値は120.20-30と買い下がって、ストップは120.10-15割れや119.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは118.45-55、118.20-25と買い戻し&買いでストップは117.85-95や117.70-80割れ。117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40の維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:120.55 予想時間 15:40)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=98.00-99.40)
戦略としては、98.60-70と99.05-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りからターゲットは99.35-45での利食い&売りで、99.75-80まで売り上がって、ストップは99.95-00超えでの倍返し。ターゲットは100.15-20、100.25-40と利食いで、売りは100.45-70、100.80-95と順次売り場を探して、ストップは101.00-01や101.20-25超え、101.35-40超えでの倍返し。 ターゲットは101.50-65、101.65-75と利食い&売り上がって、ストップは101.90-00超えや102.20-30の超えでの倍返し。 ターゲットは102.60-65での利食い&売り直しで、ストップは102.80-85超えや103.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは103.15-20、103.35-45と利食い&売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値は98.40-50割れでの倍返し。ターゲットは、98.15-25、97.95-00、97.75-80と買い戻し場を探す形。 買いは維持でのケースのみで、ストップは97.40-45割れで、倍返しも97.25-35や97.10-20での買い戻しで、買いはこういった位置から96.85-95と買い下がって、ストップは96.65-75割れでの倍返し。ターゲットは96.40-50での買い戻し&買い。96.15-25がストップ。95.95-00、95.70-80、95.55-60、95.25-35と買い場を探して、ストップは94.95-05割れで、94.85-90の維持では買っても、ストップは94.65-70割れで、倍返しもターゲットは94.50-60や94.35-40の動向次第。 割れてターゲットは94.00-25での買い戻し&買いでストップは93.90-00割れでの倍返し。ターゲットは、93.70-75の動向次第。 割れると93.55-65、93.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは93.20-30割れで倍返しとなる。(予想時レート:98.75 予想時間 16:40)

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは昨日下げたが、戻る気配。
欧州は明日から週末入りなので、キプロス問題も終息しつつあり、
ここからユーロドルは1.2850~70ぐらいまで戻る可能性がある。
ただ、さらに上げて1.2890を上抜けると
ユーロ売りの流れが変わる可能性があり注意したい。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

午前中の120.70台高値からズルズルと軟化。。120.20では下げ渋りを見せているものの、戻り40/50が重いようなら昨日安値TRYの可能性も。ドル円は94円台をしっかり割れてくるようだと、前回安値93.45も視野。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は94円~95円のレンジ。
これを終値でどちらに抜けるかに注目。
ただ上値は重いので、個人的には下目線で、
上げたら逃げれる準備をしつつ、短期的には円買い。

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:12298.61(-195.18)

今日の東京市場は大幅下落となって前引けとなりました。円高基調が強まったことや、キプロス問題を背景に欧州株が軟調となったことが嫌気されての動きとなっています。朝方は50円弱の下げ幅でしたが、ほぼ一貫しの下げとなり、結局200円弱の下げ幅で、12300円台を割り込みました。

為替相場は円高基調が強まる一方で、ドルは小幅に売られている状況です。ドルはここまでの買いに対する調整が入っています。ただ、今日はキプロスの銀行が制限付きながらも営業を再開します。ここでどういった動きになるのかが注目です。

思ったより

テーマ: モノローグ

だいまん

弱いドル円。以前のような、がんがん買いが入る感じがない。

想定外に下げる可能性もありそうだ。

日経が

テーマ: モノローグ

だいまん

調整気味で、若干の円買いも、今日は動きづらいでしょう?

既にディーラー達は、3月末を睨んでポジションは取らず、お客さんのポジションのカバー程度。

どうせやるなら明日の仲値なので、今日の東京はもう誰もやらないので、

ロンドン待ちとなる。 

コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁

テーマ: 概況

コロフ

コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁はミネソタ州で発言しています。その中で、「失業率はFOMCに行動を促す引き金にならない」と言っていますが、6.5%の数字を決定したはずですが、更に先送りする必要性があるということでしょうか。ただ、「インフレ予測が2.5%を突破したらゼロ金利解除」とも言っています。インフレに関しては現状が2.0%であり、そちらの方に軸足を置くということでしょうか。FRBの使命からすると、やや違和感のある発言です。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 2月住宅建設許可 [前月比] (前回-0.4%)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:01 (英) 3月GFK消費者信頼感調査 (前回-26 予想-27)
17:30 (香港) 2月月次政府財政収支 (前回+419億HKD)
17:55 (独) 3月失業者数 (前回-0.3万人 予想-0.1万人)
17:55 (独) 3月失業率 (前回6.9% 予想6.9%)
18:00 (ユーロ圏) 2月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.5% 予想+3.2%)
18:30 (南ア) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.8% 予想+5.7%)
21:00 (南ア) 2月貿易収支 (前回-245億ZAR 予想-127億ZAR)
21:00 (チェコ) チェコ国立銀行、政策金利発表 0.05%で据え置き 0.05%で据え置き
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.6万件 予想33.8万件)
21:30 (加) 1月GDP [前月比] (前回-0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 第4四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回+0.1% 予想+0.5%)
21:30 (米) 第4四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
22:45 (米) 3月シカゴ購買部協会景気指数 (前回56.8 予想56.3)
日2年国債入札(2兆9000億円)、米7年国債入札(290億ドル)

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は94.15付近にある日足の25DMAでサポートされている。
この動きは2/25のイタリア選挙後で急落した後と同じで
このときは4日サポートされてから急騰して96.70の高値へ。
今回は今日もサポートされると3日続いており、明日に注目。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気の中、日足のポイント93.95は保たれた。
しばらくさげにくいのではないか。

下値拡大

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.2751、ドル円は94.03まで一時値を下げた。

一方クロス円ではユーロ円が119.96、ポンド円が142.04、オージー円は97.98、NZD円が78.48、カナダ円が92.32、スイス円が98.52まで一時下値を拡大した。 

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時のマイナス120ドル安から50ドル安へ値を戻す。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の取引は、イタリア国債の格下げ観測やECBの利下げの思惑、NYダウが100ドル近い下落スタートとなったことで、リスク回避の動きが強まった。
 ユーロドルは1.2756、ドル円は94.10まで一時値を下げた。
 クロス円ではユーロ円が120.10、ポンド円が142.09、オージー円は98.18、NZD円が78.58、カナダ円が75.58、スイス円が98.67まで下落した。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

直近安値120.08TRYも割り込めずに120.60台は小反発。
一旦買戻しの動きも見られてはいるが、依然として戻り売りが優勢。
120.00/10を下抜け出来るかに注目。

ユーロ円・オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

どちらもポイントを切れてうまく下落、
目先売りすぎに到達したところで利食い。
最近はいまひとつ方向感が定まらないので、
いきすぎになったら閉じるスタンスにして奏功している。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のポイントは1.04あたり。

ユーロドル下落③

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドル 1.2775割れ
ユーロ円 120.35割れ

ユーロドルは目先、昨年11月21日安値1.2736、同19日安値1.2730がターゲットか。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

60で目先下向きとなって下落。
ポイントがまず94.21-26にあり、サポートは93.95.
基調はまだ強気。
下げにはこの下に入ってくることがまず必要。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.78%
英FT -0.17%
フランスCAC -1.29%
イタリアFTSEMIB -1.59%
スペインIBEX -1.34%
ギリシャGD.AT -2.4%

リスクオフの流れが加速

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

98.75のポイントをきれてきた。

ユーロ続落②

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロは戻り鈍い展開。対ドルで1.28台割れ、対円で121円台割れと安値を更新中

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先の60のポイントはきれてきた。
基調目先とも下向きで重い配置。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先買いすぎとなり反落、目先のサポートの40付近はきれてきた

ユーロ続落

テーマ: 独り言

Ryuz

イタリア格下げの噂がまた流れている模様。
ユーロドルは1.2816/18、ユーロ円は121.26/28へ。
ドル円はユーロ円売り絡みで94.56/58へ値を下げている。

まだ

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルの1.28の防戦が効いている。

ただ、既に3度目だから。。。。。。50も超えないならと思うけど。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 27日の東京市場は、外貨建て投資信託絡みの円売り、権利落ちの日経平均株価が堅調な推移となったことで、円売りが優勢となった。 
 ドル円は、94.45から94.91まで一時上昇、「日銀が次回の金融政策決定会合で無期限緩和の前倒しや国債買い入れの一本化を検討する」との報道が伝わったが影響は薄くかった。 ユーロドルは、1.2867から1.2838まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円は121.39から121.87、ポンド円が143.14から143.79、オージー円が98.96から99.27、NZD円が79.19から79.47、カナダ円が92.88から93.27、スイス円が99.57から99.95まで一時値を上げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=98.60-99.80)
戦略としては、99.05-10と99.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、99.35-40をストップ、99.45-55はCapを見て対応。 売ってもストップは99.60-70や99.75-85超え、99.95-00超えで騙しに注意して慎重な倍返し。ターゲットは100.50前後または上げ渋りでは、利食い優先で、超えても100.70-80では利食い&売り場探し。 ストップは101円こえなどで対応。 一方下値は98.95-00と買い下がって、ストップは98.75-80割れで、または98.60-65まで買い下がって、ストップは98.40-50割れで、98.25-30、98.15-20、97.95-05での買い直しのストップは97.70-75割れでの倍返し。ターゲットは97.55-65の維持では買い戻しで、買ってもストップは97.30-40割れで、97.05-30、96.75-95と買い直して、ストップは96.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、96.45-50、96.20-35と買い戻し&買いで、ストップは96.00-20ゾーン割れ。 倍返しも検討されるが、ターゲットは95.80-90、95.55-70と買い戻しで、買いは95.25-40と買い下がって、ストップは95.15-25割れでの倍返し。 ターゲットは94.95-05、94.80-90の動向次第で買い戻し。買いは94.65-70と買い下がって、ストップは94.45-50割れや94.35-45割れでの倍返し。(予想時レート: 99.20 予想時間 15:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2795-1.2950)
戦略としては、1.2840-50と1.2865-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2890-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.2915-20、1.2940-50の動向次第で、利食い。超えても1.2980-95、1.3000-05、1.3020-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3045-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3075-80や1.3085-90の動向次第。Capでは売っても、ストップは1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.2835-40割れでの倍返し。ターゲットは1.2825-30の動向次第。割れて1.2810-20、1.2790-05と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60での買い直しの、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2850 予想時間 15:30)

ロンドン勢参入後

テーマ: 独り言

Ryuz

昨日安値を更新し1.2821/23へ下落。
ユーロ円は121.85/90が重い展開となっており、ユーロドル売りに短期筋の売りが加わり121.36/38へ値を下げている。
ドル円は94.90近辺が依然としてキャップされているものの、ユーロ円の下げでも94.65近辺までと限定的。
イースター休暇を控えてポジション調整が活発化すれば動きだすか。

ドル円

テーマ:

YEN蔵

予定道理94.60~65がサポート
まだ欧州が来てないので、欧州次第だが
95付近を抜ければ95.25~30付近が次にレジスタンス
ただ95円付近の売りも厚そうなので、60~90のレンジか

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの上限まで上昇し、そこから下落する展開となり、現状は中心線を意識しての動きとなっています。ここで支えられるのかどうか、といったところが注目ではありますが、バンド幅の縮小傾向もあり、大きな動きにはなりにくくなってきています。現状では支えられる可能性が高いのではないかと見ていますが、上値は徐々に重くなっていきそうです。直近の高値更新は目先は難しそうです。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落し、下値圏での動きとなっています。一方、中期線は高値圏での動きではありますが、天井打ちの気配が見える状況となっています。流れとしては一時的に持ち直す可能性はあるものの、上値は重くなるといった状況でしょう。短期線が下値圏での横ばいといった動きになれば、バンドの下限まで下落といった展開も考えられます。短期線の動きの見極めが重要と思われますが、中期線の形からすると、底打ちの可能性が高そうです。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

95円付近は売りも並びいったん反転
昨日のニューヨーク後場の高値94.60~65付近が 目先のサポート
ここを抜けてしまうと94.40、94.20付近が短期のサポート
94.60~65がサポートできれば60~90のレンジとみるが

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに上向きで上昇、
現状は目先が買いすぎのゾーンに到達し反落。
今日のポイントは94.2025。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は想定通り94.80-95.00の抵抗帯で上昇が止められている。
このあと欧州序盤で上抜けできないと、下方向のリスクが出てきそう。
上抜ければ96円の可能性があり、ここでの攻防に注目している。

東京市場後場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は前日終値付近を挟んでの動きとなっています。キプロス問題に対する一服感が出る一方で、思った以上に上値に対する警戒感が残るといったところでしょうか。ダウが史上最高値を更新し、ドル円が95円を目指す中での動きであることを考えると、思った以上に上値の重い展開ということが出来そうです。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

Long Weekendを控え、実質的には明日までと思われるマーケットでは、
ドルが買われる動きとなってきている。
USDJPY、USDCHFが上昇、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDなどが下落。
中でもAUDUSDは下げやすく1.04ぐらいまでは下げそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は国債購入拡大の報道で買われており、
日足は安値を切り上げてきている。
これは2/25のイタリア選挙で急落後の動きと同じで、
このまま95円台に乗せると96円に向かう可能性があるが、
まずは94.80-95.00に抵抗があり注目。

仲値前に

テーマ: モノローグ

だいまん

若干売りが出るも大きな動きとなっていない。

株も権利落ち後も底堅い形。

ドル円は94.60台をすっきりと上抜けられるか?

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、NYダウが堅調に100ドルを超える上昇となり、リスク志向の動きが中心となった。
 ユーロドルは、欧州議会が、「新たな銀行整理法案のもとで、10万ユーロを超える預金者に負担を求める」と伝わったことで、1.2828まで下落後1.2890まで反発、ドル円は、米3月リッチモンド連銀製造業景気指数や米2月新築住宅販売件数、米3月消費者信頼感指数が、いずれも予想を下回ったことで、94.13まで下落後、日経新聞が「日銀は、デフレ脱却に向けて国債買い入れを拡大するため新たな購入目標を設ける」と報じたことで94.62まで反発した。
 クロス円では、ユーロ円が120.77から121.65、ポンド円が142.51から143.40、オージー円が99.18、NZD円が79.37、カナダ円が93.05、スイス円が99.75まで値を上げた。

NYダウ

テーマ: 概況

コロフ

NYダウは結局史上最高値を更新し、高値圏での引けとなりました。米経済指標が良くない中で、引けにかけて上値を追う格好となっており、かなりの強さを感じさせる局面となっています。ユーロドルは年初来安値を更新するなど、相場の景色がだいぶ変わっているので、注意が必要でしょう。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:00 (NZ) 3月ANZ企業信頼感(前回39.4)
09:00 (NZ) 3月ANZ企業活動見通し(前回37.6)
16:00 (独) 4月GFK消費者信頼感調査 (前回5.9 予想6.0)
16:45 (ユーロ圏) 仏第4四半期GDP・確報値 [前年比] (前回-0.3%)
16:45 (ユーロ圏) 仏第4四半期GDP・確報値[前期比](前回-0.30%)
17:00 (スイス) 3月KOF先行指数 (前回1.03 予想1.03)
18:30 (英) 第4四半期GDP・確報値 [前期比] (前回-0.3% 予想-0.3%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・確報値 [前年比] (前回+0.3% 予想+0.3%)
18:30 (英) 第4四半期経常収支 (前回-128億GBP 予想-127億GBP)
19:00 (ユーロ圏) 3月消費者信頼感・確報 (前回-23.5 予想-23.5)
19:00 (ユーロ圏) 3月経済信頼感(前回91.1 予想91.2)
19:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 - -7.10%
21:30 (加) 2月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.7%)
21:30 (加) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.5% 予想+0.8%)
23:00 (米) 2月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+4.5% 予想+0.7%)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回-131万バレル)
24:30 (米) ローゼングレン米ボストン連銀総裁講演
01:15 (米) ピアナルト米クリーブランド連銀総裁講演
02:00 (米) コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演
BRICS首脳会議(南ア)
米5年国債入札(270億ドル)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が120.77から121.65、ポンド円が142.51から143.40、オージー円が99.18、NZD円が79.37、カナダ円が93.05、スイス円が99.75まで値を上げた。

NYダウが100ドル超えの上昇

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.2828まで下落後1.2890まで反発も、その後はも揉み合い。

ドル円は94.13まで下落後、日経新聞が「日銀は、デフレ脱却に向けて国債買い入れを拡大するため新たな購入目標を設ける」と報じたことで94.62まで反発した。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先のサポートをきれず、基調も強含みで、売りは弛緩。

日経電子版

テーマ:

YEN蔵

国債購入拡大
基金と通常の国債買い入れ枠を統合

これでドル円上昇

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きを保っている。
全体でも下ひげが多く底堅い。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ弱気で上値は重い状態。
目先は60にサポートで、下に入ってくると下の芽。

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

底堅いながらも上値も重い・・・
膠着状態ですね。

日銀決定会合に期待を寄せる向きが少なからずいる一方で、
一部海外の投機筋で円ショートを手仕舞う動きも出ている模様で、
先のユーログループ議長による寝耳に原爆発言の様に、インパクトの
ある材料出なければ身動き取れない状況になっている感じです。

個人的には、そろそろマーケットはアベノミクスに対して食傷気味
になるのでは?と勝手に妄想している事から、
もう一段の調整が入るのでは等と思ったりもしますが、
下押し局面での髭をつけての反発を見ると、やはり円売り圧力は
根強いとの印象も拭えずで、上下どちらもイメージ沸きません。

今週末に期待を寄せながら、今暫くヘッドラインを受けた値動きを
狙って、JOBBINGに徹するとします。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のポイントは1.2925で、この下ではあがりにくい。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押したが目先はまだ上向きで反発。

米経済指標

テーマ: 概況

ウルフ

新築住宅販売件数
 結果:41.1万件
 予想:42.0万件

消費者信頼感指数
 結果:59.7
 予想:67.5

リッチモンド連銀製造業指数
 結果:+3
 予想:+6

予想を下回る結果を受け、発表後マーケットは
小幅にドル売りで反応。しかし、反応は限定的。

1月ケースシラー

テーマ: 経済指標

YEN蔵

20都市 前月比1% 前回0.9%を上回るが予想通り
20都市 前年比8.1% 前回6.8%を上回るが予想の8.2%は下回る

住宅価格の上昇は継続

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

94.15~45の狭いレンジに
94、94.30のオプションエクスパイアリーの噂もあり
そうするとニューヨークカットの23時まではこのレンジか

オプションがなくなればどちらかに走りそうだが

ドル円 その4

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は短期的に上昇の可能性があり、
94.40-50を上抜けると、94.80-95.00ぐらいまで上昇しそう。
ただ95円手前は売られやすく、大きく上伸するかは疑問。

米国指標

テーマ: 経済指標

YEN蔵

2月の米耐久財受注は前月比+5.7% 1月の-3.8%予想+3.9%を上回る
輸送関連を除く部分前月比-0.5% 1月の+2.9%予想の+0.6%を下回る

輸送用機器が+21.7%と1月の-17.8%から大幅に増加
自動車、部品が+3.8%
航空機が+95.3% と大きく増加した

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円同様、投信絡みの買いの噂から121.00前後では底堅い。ただ、121.50/60では上値重いため、121.00/50で上下往復する荒っぽい展開。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

朝方93.85/87近辺へ下落後は、94.00/45内でユーロ円の動きに左右される展開。94.40/50にはまとまったオファーがあるが、上抜けるとストップロス観測も。東京時間で持ち込まれていた投信絡みのクロス円買いが明日も予定されているとの噂もあり、ドル円の下値を支えている模様。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

耐久財受注
 結果:+5.7%
 予想:+3.9%

耐久財受注【除輸送機器】
 結果:-0.5%
 予想:+0.6%

強弱混合の結果により、マーケットの反応は限定的。

ケーブル

テーマ: 独り言

YEN蔵

CBI(英国産業連盟)の3月の小売売上高は0となり前月の8から低下
予想の13も大きく下回った
この数字を受けて1.5150付近まで下落
昨日の1.5140付近が短期のサポート、
ここを抜けると1.5070~80付近が次にターゲットに

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下げきらず膠着。
94.50付近には重要なラインがあり、
ここを上抜けると95円に戻す可能性がある。
ただそれでも流れは下向きで、
3月の高値を更新するまでの上昇はないと考えている。
94.50付近に注目。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

上値は重いが、今日のポイントは93.80でその上では反発の芽が残る。
現状基調は弱気で上値は重いが、目先は上向きで底堅く相反。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上下限を意識しての動きとなっています。一時下限を大きくブレイクしたのですが、そこから押し戻し、現状はバンドの上限を意識しての動きとなっています。逆にバンドの上限をブレイクする可能性があるので、注意が必要となってきそうです。バンド幅はどちらかと言うと縮小傾向にあるので目先は大きな動きには形憎い所ではあるのですが、逆にエネルギーが溜まっているとも言えるので、意識はしておきたい所です。

RCIで見ると、短期線が下落基調でしたが、中立水準で下げ渋っている状況です。ただ、中期線が天井打ち気配となっているので、中長期的な流れは下向きとなっています。そう考えると、バンドの上限で抑えられての動きとなる可能背位が高いようにも思われます。いずれにせよ、やや方向感の見えにくい状況となっていますので、柔軟に対応していったほうがいいでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上下限を意識してのレンジを動いています。バンド幅自体がそれほど大きなものではなく、動きそのものは落ち着いています。ただ、現状はバンドの上限から下落してきて、バンドの下限をひげで意識して、といった動きになっています。バンドの下限をブレイクしてバンドウォークとなる可能性がないわけではないので、頭にいれておいたほうがいいでしょう。

RCIで見ると、短期線が下落基調となっています。持ち直しての動きだったのですが、中立水準での腰折れとなっています。中期線も天井打ちから下落してきており、流れは売り優勢の状況となっています。短期線はそろそろ下値圏に入るところですが、中長期的にも売り優勢であり、仮にバンドの下限で支えられたとしても、上値の重さが意識され、中心線では再度抑えられる動きになるのではないでしょうか。価格としては94.20円が中心線です。

ユーロ反落

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドルは中東筋の売りや買われていたユーロ円に売りが持ち込まれたことで1.2883/85から1.2838/40へ下落。
ユーロ円はショートカバー優勢地合いとなっていたが、ユーロドル反落と同時に短期筋の利食い売りも入り121.63/65から120.86/88へ急落。
ドル円もユーロ円売りを受け94.40/42から94.00/02へ値を下げている。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 26日の東京市場は、昨晩来のリスク回避の動きからは、外貨建て投信設定に絡んだ買いが下値を支え、黒田東彦日銀総裁が「日銀券のルールについては撤廃を含めて検討対象になる」と発言したこと、日経平均株価が立ち直り見せたことで、円売り気味となったが、その後は利食いも優勢となった。
 ドル円は93.87から94.455まで反発、ユーロドルは1.2845から1.2878までじりじり値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円は120.72から121.57、ポンド円が142.50から143.34、オージー円が98.26から98.82、NZD円が78.39から78.84、カナダ円が91.89から92.50、スイス円が99.00から99.57まで一時値を回復した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=142.00-144.00)
戦略としては142.75-85と143.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は143.30-35超えが倍返しもターゲットは143.60-75での利食い。 売りは143.85-90、144.00-05と売り上がって、ストップは144.40-55超えや144.65-70超えで、144.75-80超えでの倍がえしも、ターゲットは144.90-95での利食い&売り直しで、ストップは145.15-25超えでの倍返し。ターゲットは145.40-50での利食い&売り直しでストップは145.70-80超えや145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、148.50、149円と利食い優先から、売りは149.40-50をバックに検討される。 一方下値は142.45-50割れがストップ、142.20-40、141.95-00と買い場を探して、ストップは141.85-90割れでの倍返し。ターゲットは141.45-50を前に下げ止まりでは買い戻し。買いはこの位置から141.30-35、140.95-05、140.70-85と買い下がって、ストップは140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは1139.60-65、139.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは139.10-30割れで倍返し。 ターゲットは138.85-95、138.55-65と買い戻しで、買いは138.35-45と買い下がって、ストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返しも、135.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップを135.55-60割れとするか、更に買い下がっても135.35-45割れでの倍返し。ターゲットは134.95-05と買い戻し&買い下がって、ストップは134.70-85割れとなる。(予想時レート:143.10 予想時間 14:55)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=120.50-122.50)
戦略としては、121.05-10と121.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、121.40-50と売り上がって、ストップは121.55-60超えでの倍返し。ターゲットは121.90-95、122.30-35と利食い&売り上がって、ストップを122.50-55超えとするか、122.70-75、122.95-05、123.30-40と売り場を探して、ストップは、123.50-55や123.65-75超えで、123.85-90超えが倍返し。ターゲットは124.00-05、124.20-25と利食い&売り上がって、ストップは124.35-40超えや124.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは124.80-90を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは124.90-05、125.10-15、125.35-40と利食い&売り上がって、125.60-75超えや125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。 一方下値は120.95-00と買い下がって、ストップは120.65-75割れで、120.55-60、120.45-50と買い下がって、ストップは120.05-10割れでの倍返し。 ターゲットは119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは118.45-55、118.20-25と買い戻し&買いでストップは117.85-95や117.70-80割れ。117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40の維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:121.25 予想時間 14:35)

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月26日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月26日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は当面94.00~94.20付近を下抜けできないと、上方向に戻る可能性が高まる。
逆に下抜けて93円台となると、ドル円は大きく調整に傾く可能性が高まる。
上値は97円で止められており、一旦は調整される動きになりそうだが、
それがイースター前か、決定会合後か、というところか。

黒田・日銀総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆景気は年央頃持ち直しの動きがはっきりしてくる
☆消費者物価は目先数か月はマイナス
☆日本経済を巡る不確実性引き続き大きい
☆消費者物価は当面マイナス、その後緩やかな上昇
☆デフレからの早期脱却は日本経済の最大の課題
☆量的・質的にも大胆な金融緩和推進する必要
☆やれることは何でもやる姿勢打ち出して行きたい
☆政府が中期的な財政再建に取り組むこと重要
☆市場への影響見極めつつ何が最も効果的か検討する
☆総裁として最大の使命は物価安定
☆物価安定目標の実現のため、出来ることは何でもやる
☆物価と賃金はほぼ同時的に動いている
☆買入国債の年限拡大、当然検討対象になる
☆あらゆる選択肢が検討対象に
☆2%の物価目標ー2年程度を念頭に置いている
☆政府としてもきちんと実現してほしい
☆期待をデフレからインフレに変えることで消費プラス
☆バランス取れた形でイールドカーブ全体を下げる
☆撤廃を含めて検討対象になるー日銀券ルール
☆撤廃すると言ったことはないー日銀券ルール
☆出口戦略は時期尚早もリスクは十分勘案する必要
☆強いコミットメントにより期待に働きかける
☆様々な工夫で緩和効果を実体経済に浸透させる
☆マネタリーベース増加だけで直ちに物価上昇は困難

テーマ: 概況

Ryuz

日経平均反発や短期筋のショートカバーが優勢となり、
ドル円は朝方の93.85/87から94.43/46
ユーロ円は120.72/74から121.55/57まで上昇中。

日経の反発を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

円売り。 

ドル円は94.41、ユーロ円が121.40、ポンド円が143.23、オージー円が98.78まで反発。 でも売りが出易いレベル。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨夜の下落で94円割れまで下落。
この動きで日足のボリンジャーバンドの中心線を下抜けています。
このまま95円台に戻せないと、ドル円は下方向へ転換しそうです。
ただドル円は下がると買う勢力も多く、ドル円は95円に注目しています。

私も含めて発言には気をつけましょう

テーマ: モノローグ

だいまん

ダイセイプルーム・オランダ財務相
(ユーログループ議長)
「私はキプロスとその他の国を関連付けなかった」
「政治家は率直にコミュニケーションすべき」
「本日の発言を後悔しない」

ダイセイプルーム・ユーログループ議長は、昨晩「キプロスの銀行リストラ計画は、その他のユーロ圏の前例と見なされるべきだ」と語り、キプロス以外のユーロ圏諸国にも金融不安が波及するとの見方が広がり、ユーロ売りに群がって経緯がある。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 2月貿易収支 (前回-3.05億NZD)
13:45 (豪) スティーブンスRBA総裁講演
17:30 (香港) 2月貿易収支 (前回-275億HKD 予想-401億HKD)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (ユーロ圏) カタイネン・フィンランド首相講演
19:30 (英) 英国債入札(2025年償還・10億ポンド)
20:00 (英) 3月CBI流通取引調査(前回13 8)
21:00 (トルコ) トルコ中銀、政策金利発表
21:30 (米) 2月耐久財受注 [前月比] (前回-5.2%(-4.9%) 予想+3.8%)
21:30 (米) 2月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.9%(+2.3%) 予想+0.9%)
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
22:00 (米) 1月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+6.84% 予想+7.90%)
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 (前回43.7万件 予想42.5万件)
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 [前月比] (前回+15.6% 予想-2.8%)
23:00 (米) 3月リッチモンド連銀製造業指数 (前回6)
23:00 (米) 3月消費者信頼感指数 (前回69.6 予想69.0)
01:30 (加) コテBOC副総裁講演
BRICS首脳会議(南ア)
米2年国債入札(350億ドル)

全体的に

テーマ: 概況

コロフ

やっと落ち着いてきた状況です。様々な要人発言に右往左往する展開でしたが、まずは現状の水準が明日以降意識されそうです。ドル円は94円、ユーロ円は121円、ユーロドルは1.285ドルといったところでしょうか。NY引けに向けての動きには注意が必要ですが、それほど荒れる展開にはならないと思われます。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

明日は94.20と93.80にポイントで、下に入れば下落リスクに留意。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

前回安値の1.2830~40が再びサポート
ただ下落前の戻り高値1.2390~95までは届かず
1.2350~80のレンジか

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時93.50台まで下落。
ユーロ円も120円付近まで下落し本日安値を更新しております。

現在ダウの反発をきっかけに、ドル円は93.80台まで急反発する
動きとなっております。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

きれて順調に下落。
基調目先ともに下向きで重い配置。

ダウ80ドル安

テーマ: 概況

ウルフ

米10年債利回りもじりじりと低下。

為替相場はリスクオフに傾斜し、ドル円は一時97.30台まで、ユーロ円は
121.40台まで反落する展開。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

99.00の小さなポイントをきれてきた。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

早朝安値122.10を割り込み121.62/64まで続落中。
ユーロドルは1.2863/65へ下落。

ユーロ売り圧力は依然高い。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

122.10→123.85の61.8%戻し122.77をクリアーに割り込むと下げが加速。
現状122.50/60が重くなりつつあり、この水準がレジスタンスになるようだと早朝安値をTRYか。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

123ハイのレジスタンスは超えず、122ミドルのポイントを切れてきたが、
まだ基調は強きーこちらも弱気になると下方向を狙いやすくなるところ。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きで底堅い。
基調の弱気はとれつつある。

大型週末

テーマ: 独り言

田向宏行

今週は金曜日がイースター前の金曜日(聖金曜日:Good Friday)で
4/1の月曜日が復活祭(EASTER)となり、欧米主要国はロングウィークエンド。
このため、木曜までにポジション調整が起こりやすく、
方向感は出にくいマーケットとなりそう。
さらに今週は日本の期末でもあり、要注意の週となりそう。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向で強い配置から上昇。
大枠ではここから買いすぎのゾーンに入るが、
いまのところは勢いは弱くない。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

一時122.83/85まで反落も、早朝安値→東京高値の61.8%戻し(75/77)がサポートされ12337/39へ値を戻している。
東京時間帯でサポートされていた35/40では上げ渋っているが、現況123.20が底堅い展開。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.52ミドルにポイントで、この下ではまだ上がっていきにくい。
現状は、大枠で買いすぎのゾーンに到達し、
目先も下向きで重い配置。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

123.30がブレークし下落が加速
122.70~80がサポートできるかどうか

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 25日の東京市場は、ユーロ圏財務相が、キプロスの銀行処理に関するEU・国際通貨基金(IMF)の計画を承認したと伝わったこと、日経平均株価が底堅く推移したことで、一時リスク志向が高まったが、その後は揉み合い気味の展開となった。
 ユーロドルは1.2960から1.3050まで一時上昇、ドル円も94.40から94.97まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が122.48から123.85、ポンド円が143.89から144.77、オージー円が98.70から99.26、NZD円が78.83から79.37、カナダ円が92.28から92.88、スイス円が100.31から101.36まで一時上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=143.00-145.00)
戦略としては144.35-45と144.65-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は144.75-80超えでの倍がえしも、ターゲットは144.90-95での利食い&売り直しで、ストップは145.15-25超えでの倍返し。ターゲットは145.40-50での利食い&売り直しでストップは145.70-80超えや145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。一方下値は順張りから144.15-20、144.05-10と買い戻しで、買いは143.85-90、143.75-80と買い下がって、ストップは143.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは143.40-45、143.10-30と利食い&買いで、ストップは143.00-05割れで、142.90-95、142.75-80、142.50-55と買い場を探して、ストップは142.35-40や142.20-25割れで、142.00-05は維持を見て買っても、ストップは141.90-95割れでの倍返し。ターゲットは141.45-50を前に下げ止まりでは買い戻し。買いはこの位置から141.30-35、140.95-05、140.70-85と買い下がって、ストップは140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。(予想時レート:144.35 予想時間 15:30)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは急落しての動きとなり、バンドの中心線をブレイクして、バンドの下限を目指す格好となっています。1.30ドルを割り込んでの動きとなっているだけに、警戒感の高まる状況となっています。バンド幅は上限が下落に転じているため縮小傾向にはありますが、依然として広い状況です。バンドの下限である1.2976ドル前後の水準までは下落する動きとなっていきそうです。そこで支えられるかがポイントとなるでしょう。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入ってきています。下値余地はほとんどありません。これが底打ちするかどうかといったところでしょう。一方、中期線は天井打ちから下落基調となりそうです。先行きに関しては懸念が強まります。仮にバンドの下限で支えられて押し戻しても、中長期的な流れが悪く、再度押し込まれる動きとなりやすい状況です。戻り売り優勢であり、そのポイントの見極めが重要でしょう。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.00-95.50)
戦略としては、94.65-75と94.95-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは95.10-20超えでの倍返し。ターゲットは95.35-50の動向次第。 Capでは利食い&売りも、ストップを95.65-70超えとして、95.80-00ゾーンでの売り直しのストップは、96.10-20や96.25-30超えで、96.30-40、96.50-55での売りは96.55-60超えがストップで、96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は94.50-55、94.35-45と買い下がって、94.20-30割れがストップで、倍返しも94.05-15の維持では買い戻し&買い直しでストップを93.90-95に置くか、93.75-85、93.60-70まで買い戻し&買い下がって、93.45-55をストップ。 93.20-30、93.05-15と買い直して、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。(予想時レート:94.80 予想時間 14:50)

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整が入り、中心線をもブレイクしての動きとなっています。バンド幅は縮小傾向にあり、大きな動きにはなり悪いところですが、バンドの下限までは下落してもおかしくない状況ということができるでしょう。価格としては94.58円前後の水準となっています。そこからさらにバンドブレイクからバンドウォークとなる可能性もあるので、その点は注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入っています。ここで底打ちするかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は高値圏まで上昇し、そこから調整が入る動きとなっています。中長期的な形が悪いので、上値を抑えられやすい状況ということができるでしょう。バンドの下限で仮に支えられても、中心線では再度売られやすい状況となっていきそうです。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

95.00/05の壁厚く、94.65/67へ反落。
ユーロ円上昇が一服していることも背景にあるが、95.00/05にはかなりまとまったオファー観測の模様。
暫く、94円台前半~後半でのレンジ相場か。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

123.30~35が短期サポートになっている
ここを抜けると122.70~80付近ぐらいまでの下落が考えられる
上値は123.75~80がレジスタンスなっており、123円台中盤でのレンジ
になっている

東京市場大引け

テーマ: 戦略

コロフ

日経平均株価は200円以上の上昇となって終了しました。後場に入り一段高となりましたが、引けの動きで調整が入った状況です。とは言え、大幅上昇であることに違いはなく、キプロス問題が山を越えたとの思惑が強まっているようです。為替相場は比較的落ち着いた動きとなっており、状況はそこまで好転しているとは言いがたいのではないかと見ています。この辺りの水準は日足のポイントであり、重要な価格帯ということができるでしょう。

26日に

テーマ: ニュース

だいまん

黒田新総裁の衆院での質疑が予定されている模様。

となると25-26日に臨時日銀金融政策決定会合は無理じゃない?

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月25日

テーマ: モノローグ

ゴルフ


こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月25日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

キプロス問題が決着に向かって、ユーロ買戻しの動き。
しかし、まだチャートの大きな流れは下向きなので、
1.3070付近の上抜けに注目している。
その上には3/15の1.31060があり、ここを上抜けると
下目線は一旦ニュートラルになりそう。

ユーロ圏財務相会合

テーマ: モノローグ

だいまん

声明を発表。

「キプロス・ポピュラー銀行は直ちに整理、株主・債券保有者・預金保険対象者以外の預金者が損失を負担する」
「キプロス銀行がキプロス・ポピュラー銀行が受けている緊急流動性支援の90億ユーロを引き継ぐ」
「ECBはキプロス銀行に対して流動性を供給へ」
「キプロス銀行の預金保険対象外の預金は資本再編まで凍結し、減額される可能性もある」

でも、案外厳しい内容かも。

日経平均株価、一時12500円を回復

テーマ: 概況

コロフ

今日の東京市場は日経平均株価が一時12500円を回復するなど、堅調な推移となっています。現状は割り込んでいますが、100円以上の大幅上昇となっています。キプロスの問題は依然として不透明であり、警戒感は高い状況ですが、キプロスとトロイカが原則合意といった報道も入ってきており、警戒感は和らいでいます。また、先週末の下落に対する調整の動きやダウが堅調なことも好感される所です。

為替相場はリスク回避的な動きが後退しています。キプロス問題はまだもうひとやまありそうですが、現状は原則合意報道が好感されています。日足で見ると、ドル円もユーロドルも重要なポイントに差し掛かっているだけに、注意が必要でしょう。

日経平均株価

テーマ:

コロフ

ユーロ

テーマ: 概況

Ryuz

『キプロスとトロイカが原則合意』報道を受け、ユーロが急上昇。
ユーロドルは1.29台ミドルから1.30台ミドルへ、ユーロ円は122円台前半から123.75近辺まで上昇。

リスクオン

テーマ: モノローグ

だいまん

一部通信社がEU当局者の話として報じたところによると、「キプロスとトロイカが原則合意に達した」ようだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

13:30 (加) フラハティ加財務相講演
19:00 (ユーロ圏) 伊国債入札
20:00 (ユーロ圏) メルシュECB理事講演
21:30 (米) 2月シカゴ連銀全米活動指数(前回-0.32)
23:30 (米) 3月ダラス連銀製造業活動指数(前回2.2)
24:45 (スイス) ダンシンSNB副総裁講演
01:15 (米) ダドリー米NY連銀総裁講演
02:15 (米) バーナンキFRB議長、キングBOE総裁、ブランチャードIMFチーフエコノミスト講演
日・欧州連合(EU)首脳会議(東京)
=安倍首相、ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長会談
ECB「キプロス支援策の合意期限」

日経一面

テーマ: モノローグ

だいまん

年金積立金管理運用独立法人(GPIF)が、株式、海外のインフラ投資ファンドにも投資を増額。。。ただ、検討するの段階。

5年の一度の運用指針も毎年見直しとなるが、やはりスピード感は鈍い状況が続きそう。

ドル売りが

テーマ: モノローグ

だいまん

若干優勢なスタート。 

一応キプロス問題が落ち着きとの見方。

ただ、現在はまだユーロ圏財務相会合が行われている状況。

キプロス向け緊急流動性支援(ELA)を現在の水準またはプラス・アルファーで維持することかどうか? 

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月25日 03:23
EURUSD 1.2959-63
USDJPY 94.35-63
GBPUSD 1.5242-58
USDCHF 0.9422-43
USDCAD 1.0223-34
AUDUSD 1.0439-50
NZDUSD 0.8330-58
EURJPY 122.28-40
GBPJPY 143.96-29
AUDJPY 98.51-64
NZDJPY 78.61-89
CADJPY 92.19-33
CHFJPY 99.85-29
ZARJPY 10.10-17
EURGBP 0.8492-99
EURCHF 1.2207-35

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月25日 03:11
EURUSD 1.2962-69
USDJPY 94.31-44
GBPUSD 1.5243-52
USDCHF 0.9416-40
USDCAD 1.0222-31
AUDUSD 1.0437-56
NZDUSD 0.8321-54
EURJPY 122.18-48
GBPJPY 143.81-00
AUDJPY 98.35-63
NZDJPY 78.48-82
CADJPY 92.11-29
CHFJPY 99.75-22
ZARJPY 10.10-17
EURGBP 0.8489-98
EURCHF 1.2207-35

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.2969-89
ドル円 94.30-40
ユーロ円 122.30-62

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

  昨晩の海外市場は、キプロスの問題が、解決に向かうとの思惑やNYダウが100ドルに迫る上昇となったことで、リスク回避の巻き戻しの動きが強まった。 ただ一部で「キプロス議会委員会は、銀行法の変更を要請したが、欧州中央銀行は、これを拒否している」や「トロイカはキプロス金融支援の前提条件となる歳入確保の額を58億ユーロから67億ユーロに引き上げる」との報道を受けて、週末のポジション調整の利食いも優勢となった。 
 ユーロドルは、弱い独3月ifo景況感指数を受けて、1.2892まで下落後、セミ・オフィシャルの買いに支えられて1.30115まで反発、ドル円は94.195の安値から95.03まで上昇後、94.28まで再下落した。
 クロス円では、ユーロ円が121.44から123.46まで上昇後122.37へ値を下げ、ポンド円が143.12から144.13へ上昇後143.63、オージー円は98.30から99.12へ上昇後98.49、NZD円が78.42から79.10へ上昇後78.66、カナダ円が91.80から92.90へ上昇後92.15、スイス円が99.50から101.01へ上昇後100.10まで下落した後は買い戻し気味で引けた。 
 

ポンド急落

テーマ: 概況

コロフ

フィッチが英国の格付けをウォッチネガティブにしたことを受け、ポンドが対ドルで一時1.52ドル割れと急落しました。ただ、売りは続かず、再度回復しての動きとなっています。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上下に激しい。

やはり、まだリスクを感じる向きがあることが要因。

ユーロ円が121.44から123.45まで上昇後122.73へ値を下げ、ポンド円が143.12から144.13へ上昇後143.65、オージー円は98.30から99.12へ上昇後98.49、NZD円が78.42から79.10へ上昇後78.66、カナダ円が91.80から92.90へ上昇後92.15、スイス円が99.50から101.01へ上昇後100.10まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

キプロスの問題が、解決に向かうとの思惑やNYダウが100ドルに迫る上昇となったことで、リスク回避の巻き戻しの動きが一時強まったが、その後は一部で「キプロス議会委員会は、銀行法の変更を要請したが、欧州中央銀行(ECB)は拒否している」との報道、NYダウが上げ渋ったこと、週末の利食いに上値は押さえられた。

 ユーロドルは、1.3011まで一時値を上げ、ドル円は94.20の安値から95.03まで一時上昇後94.28まで再下落した。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.51ミドルのポイントはサポートとしてきき、
現状は基調目先ともに上向きで強い配置。
レジスタンスは1.53.

ユーロ上昇

テーマ: 概況

ウルフ

キプロスの一部議員から、法案通過を楽観視する
コメントが出た事から、ユーロが上値を拡大。
ユーロドルは一時1.3を回復。ユーロ円も123円台を回復し
一時123.40台まで急騰する動きとなっております。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは寄りつきから上昇してスタートし、現在60ドル高の水準。
序盤下落していた欧州株も反発する動きとなっており、
マーケットはややリスクオンに傾斜している感じです。

為替相場は円売り優勢の展開で、ドル円は一時95円台を回復。
94円台の底堅さを確認して事もあり、上昇に弾みがつきやすい
地合かもしれませんね。
キプロス絡みのヘッドラインを警戒しつつ、
ドル円は株価を睨みながら、94円台は押し目を拾うスタンスで
ワークしそうです。


ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は少し上昇の動き。
95円付近に抵抗があり、ここを上抜けると95円20-30に向かいそう。
但し、今夜はキプロスでの採決があり、この結果でキプロスの行方が決まるだけに、
結果次第では大きく荒れる可能性もあり注意したい。
週末だし、早目に止めるのもいいと思っている。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下げたが月曜の安値は下抜けず、下げ止まっている。
大きな流れはまだ上昇方向のドル円だが、上値は重く、
来週以降は下げるか93-97のレンジになる可能性がありそう。
来週は本邦の年度末もあし、買いは慎重にしたいと考えている。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクし、バンドウォークとなっています。バンド幅も拡大基調であり、さらに上値を目指す可能性が高まっています。こうなると注意しなければならないのがバンドの下限の動きです。現状は下落基調となっていますが、これが勢いがなくなったり、上昇に転じた場合は調整が入りやすくなっていきます。目先はやや勢いが落ちてきているようにも見えるので、調整の可能性も見ておいたほうが無難です。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入り、やや天井打ち気配となっています。中期線は上昇基調となっていますが、思った以上に勢いがない状況です。バンドブレイクからの動きの割りには思った以上に伸び悩んでいる所です。基調そのものは悪くなさそうですが、一時的な調整がありえる所です。問題は中期線で、この上昇の勢いが落ちてくると大きな流れ自体に変化が生じるところとなるだけに、注目しておきたい所です。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識してのバンドウォークを継続していましたが、ここに来て若干持ち直してきています。バンドの上限が腰折れして下落基調に入っており、調整が入りやすい格好となっています。ただ、バンドの上下限が下落に転じてきていることも有り、流れとしては下落トレンドということが出来るだけに、戻り売りが優勢の状況ということができるでしょう。戻りのメドはバンドの中心線である94.72円前後の水準といった所ではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が底打ち気配ですが、まだ下値圏での推移を継続しています。中期線は下落基調で下値圏に入っています。下値余地はありませんが、これが転換するかどうか、といったところでしょう。短期線の動き次第ですが、多少の上昇は期待できそうです。ただ、中期線が下値圏での動きとなりそうで、上値は重そうです。やはり一時的な戻りはあっても、上値の重さが意識され、再度押し込まれそうです。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.47%
フランスCAC -0.52%
英FT -0.09%
イタリアFTSEMIB +0.09%
スペインIBEX -0.93%
ギリシャGD.AT -0.96%

キプロス問題、ifoが弱かった割には下げ渋っている

ドイツ指標

テーマ: 独り言

YEN蔵

ifo企業景況感指数は106.7と予想の107.8を下回る
ユーロドルは1.2920付近から1.2900付近に下落
1.2880~1.2930のレンジがブレークできるかどうか

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 22日の東京市場は、材料難から揉み合い気味も引けにかけて日経平均株価が、300円近い下落となったことで、円の買い戻しが強まる形で引けた。
 ドル円は95.13から94.55まで下落、ユーロドルは1.2888から1.2925での揉み合いが継続した。 
 クロス円では、ユーロ円が122.70から121.90、ポンド円が144.30から143.54、オージー円が99.25から98.59、NZD円が79.09から78.70、カナダ円が92.82から92.28、スイス円が100.45から99.82まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=98.00-99.35)
戦略としては、98.55-60と98.90-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.15-20、98.25-35と売り上がって、ストップは99.60-70や99.75-85超え、99.95-00超えで騙しに注意して慎重な倍返し。ターゲットは100.50前後または上げ渋りでは、利食い優先で、超えても100.70-80では利食い&売り場探し。 ストップは101円こえなどで対応。 一方下値は98.45-55と買い下がって、ストップは98.25-30や98.15-20割れで、倍返しもターゲットは97.85-95での買い戻し&買いで、ストップは97.70-75割れも、97.55-65の維持では買い直し。 このストップは97.30-40割れで、97.05-30、96.75-95と買い直して、ストップは96.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、96.45-50、96.20-35と買い戻し&買いで、ストップは96.00-20ゾーン割れ。 倍返しも検討されるが、ターゲットは95.80-90、95.55-70と買い戻しで、買いは95.25-40と買い下がって、ストップは95.15-25割れでの倍返し。(予想時レート: 98.75 予想時間 15:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2800-1.3000)
戦略としては、1.2880-90と1.2905-15のブレイクに注目して、ホブレイクの場合上値は、1.2925-35超えでの倍返し。ターゲットは1.2940-45、1.2950-60の動向次第で、売りの場合ストップは1.2975-80超えでの倍返し。ターゲットは1.2995-05や1.3010-20の動向次第。 超えてターゲットは1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は順張りから1.2865-70は維持を見て対応。維持では買い戻し&買っても、1.2855-60割れがストップで、1.2840-45割れでの倍返し。 ターゲットは1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い場を探して、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60での買い直しの、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2900 予想時間 15:30)

ユーロ急落後

テーマ: 独り言

Ryuz

安値圏からは小反発も、

ユーロドル 1.2903/05
ユーロ円 122.23/25
ドル円 94.73/75

までと戻りは鈍い。欧州勢参入後、もう一押し下げあるか。

だいまんさんの言う通り

テーマ: 独り言

Ryuz

何か円高方向へ、キケンな値動きになってきましたね・・・。

裏読み詳しく読みたいなー(有料の方)
フリートライアルとかないんですか!?(笑)

サリス・キプロス財務相

テーマ: 概況

Ryuz

『キプロスは要請したロシアの金融支援得られなかった』

この報道を受け、ユーロドルは1.2920/22から1.2891/93 ユーロ円は122.50/52から121.88/90へ急落。
ドル円はユーロ円売りの影響で94.80/82から94.54/56へ下落。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日からジワジワ下げる動き。
黒田総裁も就任し、sell the factという動きか。
それでも月曜の安値を下抜けるとは考えにくく、
日足のボリンジャー中心線の94.43付近に注目。
RCI日足も短期線だけが底にあり、ここから上昇の可能性もある。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経 -189.01 12446.68 -1.5%
TOPIX -9.94  1048.16 -0.94%
JASDAQ -0.79  1779.83 -0.04%
マザーズ -5.2 614.45  -0.84%

昨晩の海外市場のリスクオフの流れを受け下落
日経平均は昨日の上和尚分の+167を帳消しに

週末のポジション調整に注意。

テーマ: モノローグ

だいまん

またアストロ的には、22-29日は為替の変化日。

更に25日がNYダウの変化日となっており、注意が必要。 

キプロス問題の混迷などを考えると、やはり今週の動きの巻き戻しリスクは残りそうだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:45 (豪) エディRBA総裁補佐講演
18:00 (独) 3月ifo景況指数 (前回107.4 予想107.5)
18:00 (独) 3月ifo景気期待指数(前回104.6 予想104.8)
18:00 (独) 3月ifo現況指数(前回110.2 予想110.5)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 デメトリアデス・キプロス中銀総裁が、銀行システムの解決プロセスとして「破綻を回避し、10万ユーロまでの預金者を保護する」との見解を示したことで、一旦下げ止まり。


 ユーロドルは1.2880まで下落、ドル円は94.57まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円は122.05、ポンド円が143.44、オージー円は98.73、NZD円が78.66、カナダ円が92.26、スイス円が99.90まで一時下落した。 

S&P、キプロスの格付けをCCCへと格下げ

テーマ: 概況

コロフ

S&Pはキプロスの格付けをCCCへと格下げしました。見通しはネガティブ。

ドル円

テーマ: 概況

Ryuz

米ダウ安やユーロ円売りを受け94.55/57まで下落。
その後、ユーロ円の反発に連れ92.82/84へ値を戻している。

ダウが14400ドル割れ

テーマ: 概況

コロフ

ダウが14400ドル割れとなり、ドル円も下げ幅を拡大する動きとなっています。キプロス問題が意外と足を引っ張る状況で、利食いを誘発している。

キプロス中央銀行総裁声明

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆法案で10万ユーロまでの預金は保証される
☆銀行改革法案通れば、銀行は26日営業再開出来る
☆銀行法案通らなければポピュラー銀行は閉鎖へ

キプロス中央銀行

テーマ: 要人発言

Ryuz

ポピュラー銀行、ATMでの一日の引き出し額を260ユーロに限定

往来

テーマ: 概況

コロフ

キプロス問題を受けて相場は行きつ戻りつを繰り返しながら、現状はリスク回避的な動きが強まっている状況です。ドル円は95円台を割り込んでの動きとなってます。

キプロス中央銀行

テーマ:

Ryuz

『ポピュラー銀行、バットバンクとそれ以外に分割へ』報道を否定

ユーロドル 1.2941/43 → 1.2912/14
ユーロ円 123.42/44 → 122.64/66

キプロス情勢

テーマ: ニュース

ウルフ

ユーロ圏財務相が日本時間AM3:00からキプロス問題
に関して電話会議。

公表後、円とドルが売り戻される動きとなり、
ドル円は95.30台、ユーロ円は123円台を回復し、
123.40まで反発。
ダウも下げ幅を縮小しております。

キプロスでの世論調査で、ユーロ圏離脱を支持するが67%に
達したとの事。
マーケットはキプロス問題に関して、やや楽観視している様に
も感じられますが、テールリスクとして意識しておいた方が
良いかもしれませんね。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

底堅い状態でポイントも保たれ反発。
目先ポイントは35あたり。

ダイセイプルーム・オランダ財務相(ユーログループ議長)

テーマ: 要人発言

Ryuz

『ユーロ圏財務相はキプロスを巡り日本時間2時から電話会合を開く』

これを受け、ユーロドルは1.2900/02 → 1.2930台
ユーロ円は122.80/82 → 123.30台へ上昇。
ドル円はユーロ円買いを受け95.35近辺へ値を上げている。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

戻すが目先下向きを保って重い。
今のところは基調はまだ強きで相反。
ポイントは1.2869。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

フィラデルフィア連銀景況指数
 結果:+2.0
 予想:-3.0

景気先行指数
 結果:+0.4%
 予想:+0.4%

中古住宅販売件数
 結果:498万件
 予想:500万件

発表直後は小幅にドル買いで反応。
しかし、米株式の下落を受け直ぐに反落する展開。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きになって反落し、
売りすぎのゾーンに到達して下げ止まり。
基調は強気を保って底堅い状態で、まだ反発の芽は残す。
94.94のポイントを切れると重く感じる。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置からうまく上昇。
目先は買いすぎのゾーンで一部でも利食いも可。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:33.6万件
 予想:34.0万件

発表後、小幅にドル買いで反応したものの、
反応は限定的。

円買戻し加速

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 → 95.07/09
ユーロ円 → 122.76/78 とそれぞれ安値更新。

ただ、短期筋の買戻しも入っていて下げ渋り。

戻りの鈍さが確認されれば円買い再開となりそうだが・・

黒田・日銀総裁④

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆インフレ期待・ネガティブな状況から転換しつつある
☆ゼロ金利下で量的・質的緩和進めるには、期待が果たす役割大きい

黒田・日銀総裁③

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆金融緩和すれば為替は下落傾向にある
☆金融政策は為替相場の目標とは全くしていない
☆為替だけを頼りにしたデフレ脱却は適当ではない
☆現時点では円高修正はデフレ脱却に貢献する
☆自主的な国債買入は財政ファイナンスにならず
☆財政規律はあくまで政府の責任

日銀副総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

岩田氏

☆インフレ目標2%は世界で実績積んだ国際水準
☆達成時期のコミット基に量的緩和を進めて行くべき

中曽氏

☆物価目標2%に向けて全力尽くしたい
☆これまでの金融政策に工夫の余地あった
☆金融政策がデフレ克服に果たす役割大きい

ドル円

テーマ: 概況

Ryuz

18時過ぎ、黒田日銀総裁の会見が遅れていたことを嫌気した売りやユーロドル下落によるユーロ円売りの影響もあり、95.20/22まで下落。その後、95.30/50で落ち着いた値動きとなっていたが、黒田日銀総裁が改めて緩和姿勢を示したことで95.65/67へ上昇。だが、東京時間サポートされていた95.65/70が逆にレジスタンスになると、材料出尽くし感から95.30/32へ反落。

岩田・日銀副総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆2%の物価目標達成出来なければ辞任
☆まずは説明責任果たす

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

サポートされていた95.65~70付近がブレーク、
短期的にはここら辺がレジスタンスに
前回安値の94.75~80付近がサポートできるかどうか

黒田・日銀総裁②

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆円安は誘導していない、円安がどこまで行くかコメント出来ない
☆為替安定の責任は財務省にある
☆中銀が自主的に国債を市場から買うこと、財政ファイナンスではない
☆無期限緩和含め、前倒しであろうと何でも検討する
☆バランスシートの動き、分かり易い政策運営必要
☆経済はグローバル化しており、政策の対外説明にこれまでの経験やネットワークが役に立つ
☆現在の株価上昇は不思議でないし、経済にとってプラス

黒田・日銀総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆デフレ脱却に向けてやれることは何でもやる
☆不可能ではないが有無は言うべきではないー臨時会合
☆2年程度で物価目標達成出来れば非常に好ましい
☆具体的政策は政策委員会で議論して決める

ドル円 95.37/39 → 95.65/67
ユーロ円 123.17/19 → 123.52/54

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足は強含み。
現状も、基調目先とも上向きで5560でうえぬけの形。

ユーロ売り

テーマ:

だいまん

独3月の製造業購買担当者景気指数・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)速報値を受けて、ユーロ売り。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 21日の東京市場は、日経平均株価の反発を受けて、円安気味スタートも、麻生財務相が「今の段階で日銀法改正は必要ない」と発言したこと、上海株の調整、18時からの黒田日銀総裁の就任会見を見極めたいとの雰囲気から利食いも優勢となった。
 ドル円は96.11から95.67へ値を下げ、ユーロドルは、ロシアのメドベージェフ首相が、キプロスをめぐる混乱を受けて「ロシア中銀の外貨準備におけるユーロの比率を見直す可能性がある」との見解を示したこともあり、1.2955から1.2922まで下落した。 
 クロス円では、ユーロ円が124.38から123.77、ポンド円が145.22から144.62、オージー円は、豪ギラード首相が「与党労働党の党首選を本日実施する」との発言を受けた豪政局不安で、99.70から99.22まで下落、NZD円が79.50から78.84、カナダ円が93.69から93.27、スイス円が101.69から101.21まで値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=143.50-145.50)
戦略としては144.80-85と145.00-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は145.20-25超えでの倍返し。ターゲットは145.40-50での利食い&売り直しでストップは145.70-80超えや145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。一方下値は144.60-65割れでの倍返し。ターゲットは144.25-30を前に、下げ止まりでは買い戻しで、買いは144.25-30、143.80-85と買い下がって、ストップは143.30-35割れや143.15-25割れでの倍返し。 ターゲットは143.00-05、142.90-95と買い戻しで、買いはこういった位置から142.75-80、142.50-55と買い場を探して、ストップは142.35-40や142.20-25割れで、142.00-05は維持を見て買っても、ストップは141.90-95割れでの倍返し。(予想時レート:145.00 予想時間 16:30)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=123.00-125.00)
戦略としては、123.75-80と124.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は124.15-30と売り上がって、ストップは124.35-40超えや124.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは124.80-90を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りは124.90-05、125.10-15、125.35-40と利食い&売り上がって、125.60-75超えや125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。一方下値は順張りからは123.65-70、123.45-50と買い戻しで、買いは123.25-40をストップ、123.00-10での買い直しはタイト・ストップとするか、122.75-90、122.65-70、122.45-60と買い場を探して、ストップは122.20-35や121.95-05割れまたは、更に買い下がって、ストップは121.80-85割れでの倍返し。ターゲットは121.60-65や121.45-55の動向次第。割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは121.35-40、121.25-30での買い戻し&買い下がって、ストップは121.10-20割れでの倍返し。ターゲットは120.95-00の動向を見る形だが、割れると120.70-75での買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。 割れても119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:124.00 予想時間 16:20)

ロシア外貨準備

テーマ:

YEN蔵

メドベージェフ首相は、ロシア中銀の外貨準備でユーロ比率の見直しに言及
キプロス問題に対する脅しでしょうか
ユーロはやや下落ですが、あまり影響はなし

東京市場後場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経  +167.46 12635.69 +1.34%
TOPIX +12.21 1058.10 +1.17%
JASDAQ +23.54 1780.62  +1.34%
マザーズ -4.48 619.65  -0.72%

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は96円台に乗せたものの上値は重く、ここからは買いにくい。
本日は黒田新総裁の会見が18時にあるようで、これまでは動きにくくなりそう。
株価が上がっているが、総裁会見を控えているので、円売りはしにくくなっている。
こうなると逆に下方向のリスクがあるかもしれない。

黒田総裁

テーマ:

だいまん

の記者会見がある模様。時間は不明。

引き続き

テーマ: モノローグ

だいまん

海外円売り、東京円買いの流れ。。。。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

南ア市場休場(人権の日)
06:45 (NZ) 第4四半期GDP [前期比] (前回+0.2% 予想+0.9%)
06:45 (NZ) 第4四半期GDP [前年比] (前回+2.0% 予想+2.3%)
08:50 (日) 2月通関ベース貿易収支 (前回-1兆6294億円(-1兆6309億円) 予想-7226億円)
10:45 (中) 3月HSBC製造業PMI (前回50.4 予想50.9)
16:00 (スイス) 2月貿易収支 (前回+21.3億CHF(+21.2億CHF))
17:30 (独) 3月PMI製造業・速報 (前回50.3 予想50.6)
17:30 (独) 3月PMIサービス業・速報 (前回54.7 予想55.0)
17:30 (香港) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.0%)
17:30 (香港) 第4四半期経常収支 (前回+292.1億HKD(+238.4億HKD))
18:00 (ユーロ圏) 3月PMI製造業・速報 (前回47.9 予想48.1)
18:00 (ユーロ圏) 3月PMIサービス業・速報 (前回47.9 予想48.1)
18:30 (英) 2月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.5%)
18:30 (英) 2月小売売上高指数 [前年比] (前回+0.2%)
18:30 (英) 2月財政収支(前回+99億ポンド 予想-85億ポンド)
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英インフレ連動債入札
20:00 (英) 3月CBI製造業受注指数(前回-14 予想-15)
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.2万件 予想34.3万件)
21:30 (加) 1月小売売上高 [前月比] (前回-2.1% 予想+0.6%)
21:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
22:00 (米) 1月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.7%)
23:00 (米) 3月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-12.5 予想-3.3)
23:00 (米) 2月中古住宅販売件数 (前回492万件 予想500万件)
23:00 (米) 2月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+0.4% 予想+1.4%)
23:00 (米) 2月景気先行指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.3%)
01:30 (加) コテBOC副総裁講演
02:00 (スイス) ツアブリュックSNB理事講演
05:00 (加) フラハティ加財務相「経済政策を提示」
米10年物価連動国債入札(130億ドル)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

96.13まで上昇。

ダウの再反発が要因だが、バーナンキFRB議長の「失業率の基準をさらに引き下げることが刺激策のひとつの手段となる可能性」発言が影響か?

思ったよりタカ派じゃない

テーマ: モノローグ

だいまん

FOMC当局者による金利解除予想時期
--------------前回----------今回
2013年=02人----------01人
2014年=03人----------04人
2015年=13人----------13人
2016年=01人----------01人

FOMC当局者による2015年末時点での適切なFF金利水準
--------------------前回--------今回
1%未満------------9人----------9人
1%以上2%未満-----5人----------6人
2%以上3%未満-----2人----------1人
3%以上4%未満-----2人----------2人
4%以上5%未満-----1人----------1人

クロス円・ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ユーロ円、オージー円ともレジスタンスの上にのせて期待した上昇。
ドル円も95ローのゾーンを固めて上昇、レジスタンスは96.37。

米FOMCは

テーマ: モノローグ

だいまん

思ったよりハト派。 株が反転。リスクオンの動きに。

 ドル円は95.38まで下落後96.03まで上昇、

ユーロドルは1.2932から1.2978まで値を上げた。
 
 クロス円では、ユーロ円が124.49、ポンド円が145.23、オージー円が99.74、NZD円が79.03、カナダ円が93.73、スイス円が101.91まで上昇した。

ドル円

テーマ: 概況

コロフ

ドル円が96円台を回復するなど、リスク志向の動きで円安といった状況です。目先は若干抑えられていますが、引けにかけての動き次第といったところでしょうか。そもそも欧州問題もあり、積極的に買い進むべきか、若干迷う所ではあります。

FOMC声明

テーマ: ニュース

ウルフ

「長期国債450億ドルとMBS400億ドルの購入継続」
「2013年の実質GDPは2.3-2.8%増に下方修正」

発表後マーケットはドル売りで反応。
但し、現状ドル売りは限定的。

FOMC

テーマ: 概況

コロフ

FOMC
「金利誘導目標を現行の0-0.25%に据え置く事を決定」
「月間850億ドルのMBSと米国債購入を継続する」
「財政政策はやや一段と引き締め的になってきた」

FOMC経済予測
「2013年の失業率は7.3-7.5%に下方修正」
「2013年のコアPCEインフレ1.5-1.6%上昇」
「2013年の実質GDPは2.3-2.8%増に下方修正」
「2013年のPCEインフレ1.3-1.7%上昇」

これらの結果を受けて、ドル円は乱高下しながらも上昇しています。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

戻り高値の95.65~70を回復
ここを完全に上抜けできれば96.25~30がターゲットに

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は買いすぎのゾーンで調整。
基調は強気になっており、
1.2910が保たれれば、上の芽。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は95.60~80の抵抗にあっている。
ここを上抜けできないと、再び下方向の可能性も出てくる。
ドル円が上昇するなら、今日か明日なので、今夜のFOMCに注目。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気、目先は上向きで相反。
はさまれた動き。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のさぽーと98.07で下げ止まり、
レジスタンスの99.07も越えて強い。
目先は買いすぎで調整もあろうが、基調は強含み。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置から48のレジスタンスをこえてこちらも上昇。
目先は買いすぎでやや重い。
27-48のゾーンを固めると強い、執着しないスタンス。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの123を越えてうまく上昇してきた。
目先はかいすぎのゾーンに到達し、一部でも利食い可。
基調は強含み。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のサポートの122はきっちりサポートされ、
ポイントの123円も越えてきて強い。
現状は目先は強気、基調は弱気で相反。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きから急激な調整が入りバンドの中心線まで下落し、そこから再度上限まで持ち直す動きとなるなど、やや荒っぽい動きとなっています。とは言え、バンド幅がそもそも狭い状況であり、価格水準としては1.29ドルを挟んでの動きということになっています。現状はバンドの上下限・中心線がゆるやかに上昇していることもあり、緩やかな上昇トレンドに入っている局面と言うことができそうです。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落しているものの、下落の勢いが落ちています。現状は高値圏にありますが、このまま下落を継続するのかどうかに注目です。一方、中期線は高値圏での推移となっており、中長期的には買い優勢といったところです。ただこちらも高値圏での水準を維持することができるかがポイントとなっていきそうです。流れとしては底堅い動きが期待できる状況ということができそうです。

ユーロ円

テーマ: 概況

Ryuz

欧州勢参入後、アジア市場のレジスタンス122.45を上抜けると買い戻しが加速。一時123.25/27までの上昇となった。一旦122.78/80へ緩む場面もあったが、ショートカバーの押し目買いが優勢で123円台前半で堅調な展開。

ドル円はユーロ円の買い戻しを受け95.45/47へ値を上げている。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をバンドウォークしていた流れから調整が入る展開となっています。買い一巡からの動きであり、まだ下値余地はありそうです。バンドの下限が横ばいとなっており、調整がうまく入らない可能性もありますが、目先の上値は重そうです。現状バンドの中心線は95.13円前後の水準にあります。この辺りまでは下値を見ておいたほうがいいでしょう。

RCIで見ると、短期線が天井打ちの動きとなっています。まだ高値圏に位置しており、下値余地は十分にあります。短期的には売られやすい地合いということが出来そうです。ただ、中期線は上昇基調にあり、中長期的には下値の堅い展開となる可能性が高そうです。バンドの中心線ではやはり支えられる展開となりそうです。ただ、中期線も高値圏に入ってきており、これが天井打ちから下落となれば、流れが変わってくるので、その点は注意が必要でしょう。

ポンド

テーマ: 概況

Ryuz

BOEがポンド安について言及したため、ポンドは対主要通貨に対し上昇。

ポンドドル 1.5038/40→1.5148/50
ユーロポンド 0.8578/80→0.8524/26
ポンド円 143.40/42→144.42/44

英2月雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

失業率4.7%(予想通り)
失業者数 1500人減(予想5千人減)

英MPC議事録

テーマ: 概況 要人発言

Ryuz

☆6対3で資産購入枠の据え置きを決定
☆9対0で金利据え置きを決定

キング総裁、マイルズ・フィッシャーの両委員は250億ポンドの拡大を主張

BOE、ポンド安がインフレ目標達成信頼性低下を反映か監視へ

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上昇中だが、95.60~80が上値抵抗となりやすい。
昨日高値付近を上抜けると96円台乗せとなってきそう。
ただ上値は重く、上伸しても96円ミドルぐらいまでかもしれない。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保ち、目先も上向きで強い配置。
ポイントの27を越え、48のポイントも超えてくると上の芽が出てもいいところ。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

米FOMCが最大の焦点。強気が思惑だが、強気見通しを受けたNYダウが、どういった反応を示すか注目。

ドル買いとなっても、もし、緩和の早期解除の思惑が、株価を押し下げるとリスク・オフの可能性もあるので注意してみておきたい。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=92.25-93.40)
て戦略としては、92.40-45と92.65-70のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は92.80-85超えでの倍返し。ターゲットは92.95-00、93.10-30と利食いで、売りは93.35-40、93.50-60と売り上がって、ストップは93.65-70超えや93.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは93.95-00、94.10-15と利食い&売り上がって、ストップは94.35-40超えや94.45-50超えでの倍返し。 このターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は92.25-30割れをストップまたは、買い下がっても、ストップは92.10-20割れで、91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは92.85-90、92.70-75と買い戻しで、買いは92.55-60と買い下がって、92.25-35をストップ、92.05-15の維持では買い直し、ストップは91.95-05割れで、91.75-90、91.50-60と買い下がって、ストップは91.40-45や91.25-30割れまたは、91.05-15まで買い下がるなら、ストップは90.85-95割れで、倍返しも90.65-75での買戻し&買いで、ストップは90.50-55割れや90.40-45割れでの倍返し。ターゲットは90.10-15を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から89.80-00と買い下がって、ストップは89.50-65割れでの倍返し。 (予想時レート: 92.65 予想時間 16:20)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=77.90-79.00)
て戦略としては、78.00-05と78.25-35のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は78.40-50と売り上がって、ストップは78.50-55超え、78.65-70、78.85-00での売り直しのストップは、79.00-15超えでの倍返し。 ターゲットは79.40-50、79.60-70と利食いで、売りはこういった位置から79.70-80と売り上がって、ストップは79.85-90超え、80円はCapを見て対応。 売ってもストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は77.90-95と買い下がって、ストップは77.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは77.50-60での買戻し&買い。 77.30-40割れがストップで、77.05-15での買いのストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 (予想時レート: 78.30 予想時間 16:05)

アジア概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 20日のアジア市場は、材料難や東京勢不在で、薄商いの中、揉み合い気味も、引けにかけては買い戻しが優勢となった。
 ユーロドルは、1.2857から1.2906へ上昇、ドル円も94.83から95.27まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が122.03から122.92、ポンド円が143.23から143.85、オージー円が98.29から98.95、NZD円が78.904から78.55、カナダ円が92.33から92.77、スイス円が100.06から100.60まで値を上げた。(16:30現在)

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

ショートカバー優勢。暫く122.50がキャップされていたが、上抜けると122.61/63へ上昇。122.20台が底固くなってきているが、昨晩安値121.82/84からの戻り高値122.75/77がレジスタンスとしてワークするようなら、122.20/70レンジの様相。

ニュージーランドドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

イングリッシュ・ニュージーランド財務相はニュージーランドドルは15%程度過大評価とのRBNZの予想をコメント
この発言もありキウィは0.8230付近から下落
短期的には0.82付近がサポート
ブレークすれば14日の安値0.8150~60付近まで下落か

ニュージーランド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

78.30~35が短期レジスタンスになっている
79円付近からの下落だが、78円がサポートとされ、
反発も78.30~35までとなっている
78を割れると77.65~70付近まで下落の可能性

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

早朝から円買い優勢。ユーロ円売りが持ち込まれると、東京勢不在で薄商いの中、95.20近辺から94.82/84へ下落。
だが、94.70/80台ではBIDも厚く、逆にユーロ円にショートカバーが入ると95円台を回復。
依然として不透明なキプロス関連のヘッドライン相場となっており、ユーロ円中心の値動きとなりそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは錯そうするキプロスのヘッドラインで売られ過ぎていて、
一度は1.29~1.2930ぐらいまで戻す可能性がある。
ユーロは売られる動きだが、戻りを確かめたい。

本邦勢

テーマ: モノローグ

だいまん

不在もあり、ドル円、クロス円にビッドが入りづらそう。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2800-1.2950)
1.2855-60と1.2870-80のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は1.2900-05と売り上がって、ストップは1.2920-25超えで、倍返しも1.2940-45のCapでは利食い&売り直し。ストップは1.2955-65や1.2970-80超えで、倍返しも検討されるが、ターゲットは1.2995-05や1.3010-20の動向次第。 超えてターゲットは1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.2840-45割れがストップ、1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い場を探して、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60での買い直しの、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2860 予想時間 07:45)

All Day

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.50-94.60)

95.00-10と95.20-30のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りから、ブレイクの場合上値は95.35-45と売りあがって、ストップは95.50-55超え。 95.55-65まで売り上がっても、ストップは95.70-75超えで、95.80-85、95.95-00での売り直しのストップは96.15-20超えや96.25-30超えが倍返し。 ターゲットは96.30-40、96.50-55と利食い&売り上がって、96.55-60超えがストップで、96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は94.80-95を買い下がって、ストップは94.70-75割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは94.50-60、94.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは94.30-35割れで、94.05-15での買い直しのストップは93.90-95に置くか、93.75-85、93.60-70まで買い下がって、93.45-55をストップ。 93.20-30、93.05-15と買い直して、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。 (予想時レート:95.15 予想時間 07:35)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、米2月米住宅着工件数や建設許可件数が、いずれも予想より強い結果となったものの、反応は限定的。 キプロス中銀が「銀行預金課税法案が議会を通過しなければ、キプロスはユーロを離脱する」との見解を示したとの噂が出回り、リスク回避の動きが一時強まった。ただ、その後は欧州中央銀行(ECB)が、「既存ルールの範囲内でキプロスに流動性を供給する」との見解を示したことなどから、更なる動きにはならなかった。 
 ユーロドルは、1.28555、ドル円は94.73まで一時値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が121.84、ポンド円が143.16、オージー円が98.18、NZD円が78.03、カナダ円が92.19、スイス円が99.92まで下落したが、その後は買い戻しの動きで引けた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(春分の日)
06:45 (NZ) 第4四半期経常収支 (前回-44.18億NZD 予想-29.00億NZD)
16:00 (独) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.5%)
17:00 (南ア) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.4% 予想+5.6%)
17:55 (アイスランド) アイスランド中銀政策金利発表
18:00 (ユーロ圏) 1月経常収支 (前回+139億EUR)
18:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
18:30 (英) 2月失業率 (前回4.7% 予想4.7%)
18:30 (英) 2月失業保険申請件数 (前回-1.25万件 予想-0.50万件)
18:30 (英) BOE議事録(3月6-7日開催分)
19:30 (独) 独10年債入札(40億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-4.7%)
20:30 (ユーロ圏) レーン欧州委員会見「EUの経済改革・金融支援スキーム」
21:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+262万バレル)
24:00 (ユーロ圏) 3月消費者信頼感・速報 (前回-23.6 予想-23.0)
03:00 (米) FOMC政策金利発表
03:00 (米) FRB「経済見通し及びFF金利見通し」公表
03:30 (米) バーナンキ米FRB議長会見
未 定 (南ア) SARB政策金利発表
オズボーン英財務相「2013年度予算案を議会に提示」
バルニエ欧州委員講演

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時62ドル高の14514ドルまで上昇も上がり切れなかった。

欧州中央銀行(ECB)

テーマ: モノローグ

だいまん

、「既存ルールの範囲内でキプロスに流動性を供給する」との見解を示した。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

本日の下落前の下限1.2925~30付近まで反発したが、再び下落
1.29台前半がレジスタンスになっつてしまい、再び安値をためしに
行く可能性も

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

弱い配置からうまく下落、目先売りすぎに到達し反発の動き。
基調はまだ弱気で上値は重い状態。
98円前後にポイント。

キプロス否決

テーマ: ニュース

YEN蔵

議会は預金課税法案を否決

どうするの。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

キプロス議会は、銀行預金課税法案を否決した。

キプロスの銀行預金課税法案が否決

テーマ: 概況

コロフ

キプロスの銀行預金課税法案が否決されたようです。

デギンドス・スペイン財務相

テーマ: モノローグ

だいまん

「キプロスは、ユーロ圏から離脱、できんどす」

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.28555、ドル円は94.73まで値を下げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が122.01、ポンド円が143.22、オージー円が98.19、NZD円が78.05、カナダ円が92.19、スイス円が100.16まで下落した。

キプロス

テーマ: 独り言

田向宏行

キプロスの情勢が不安定でニュースも錯そう。
EUとロシアの問題も絡んできて、混迷してきている。
マーケットは不透明を嫌うので、ユーロは売られる動き。
リスク回避から円買い・ドル買いにもなってきている。
ドル円、ユーロ円、豪ドル円は大きく下げる可能性がある。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

この時間米株の小幅反落を受け、やや円買いに傾斜する展開。
ドル円は98.12まで、ユーロ円は123円を割り込み122.95
まで下押ししております。

本日は手掛かり薄く、株価に連れた動きとなりそうです。

現在のレート
 ドル円:95.17

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

住宅着工件数
 結果:91.7万件
 予想:91.5万件

建設許可件数
 結果:94.6万件
 予想:92.3万件

発表後、小幅にドル買いで反応。
しかし、今のところドルの上値は限定的。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は95.80付近を上抜けできずに下落へ。
94.94付近が本日のpivotなので、この95円割れまでの下落を想定。
そこから下は、状況を見てまた考えよう。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

午前中の高値95.73/75からジリ安。
95.30を瞬間割り込んだが、この水準は押し目買いも強い。
95円台前半から後半でのレンジ相場の様相で、
ドル円単体の動きというよりはクロス円中心の値動きに左右されそう。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

少し円買いの動きが出て、ドル円が下げつつあり、クロス円は下げる動きとなりそうだが、
まだ大きな動きは円売りで、円ペアは下げても大きくは下げにくい。
高値圏でのレンジのイメージを持っている。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気、目先も下向きで弱い配置。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクする動きとなっています。バンド幅は縮小傾向から拡大へと向かう雰囲気を出してきており、警戒感が高まります。ただ、上限の動きはまだ鈍く、これがどういった動きをするかで急激な下落となるか、一時的に戻すか、といった分かれ目になっていきそうです。エネルギー自体は蓄積されており、動き出したら大きなものとなる可能性は高そうです。

RCIで見ると、短期線が下値圏での動きで、底打ち気配があったのですが、再度下落に転じています。短期的な形は悪く、先行きに警戒感が高まります。さらに中期線も中立水準で堅調な動きを見せていましたが、ここに来て再度下落する動きとなっています。中長期的にも売られやすい地合いであり、仮にバンドの下限で支えられても、戻り売り優勢の地合いとなりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、中心線で支えられる動きを一時見せましたが、そこから再度下落し、現状は下限を目指す動きとなっています。バンド幅は縮小傾向にあり、大きな動きにはなりにくい所ではありますが、バンドブレイクからの動きには注意が必要といったところでしょう。バンド幅が拡大に向かうかどうかに注目しながらの展開となっています。

RCIで見ると、短期線は底打ち気配から再度下落する動きとなっています。流れは依然として売り優勢と言った状況になっています。一方、中期線も高値圏での横ばいの動きから、天井打ち気配となっています。中長期的な流れも悪くなってきており、先行きに対する警戒感が高まります。短期線の動き次第ではバンドブレイクからバンドウォークとなる可能性もあるでしょう。そうなった場合は95円前後の水準まで押し込まれそうです。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

19日の東京市場は、材料難の中、堅調な株価を受けて、リスク回避の巻き戻し的な動きが続いた。ドル円は95.13から95.74まで上昇、ユーロドルは「キプロス議会は銀行課税を認めず、預金者への負担軽減を模索する見込み」との見解を示されたことで1.2969まで上昇後1.2935まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が123.22から124.13、ポンド円が143.69から144.64、オージー円が98.94から99.45、NZD円が78.61から79.00、カナダ円が93.06から93.08、スイス円が100.52から101.20まで一時値を上げたが、その後は利食いが優勢となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=92.50-94.00)
戦略としては、93.25-30と93.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は93.65-70超えがストップで、倍返ししても93.75-85、93.95-00と利食いで、売りは94.10-15と売り上がって、ストップは94.35-40超えや94.45-50超えでの倍返し。ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は93.15-20割れをストップ、積極的なら倍返しも、93.05-10、92.80-95と買い戻しで、買いは92.65-80と買い下がって、ストップは92.45-55割れで、92.20-35での買い直しのストップは、92.10-15割れや91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは92.85-90、92.70-75と買い戻しで、買いは92.55-60と買い下がって、92.25-35をストップ、92.05-15の維持では買い直し、ストップは91.95-05割れで、91.75-90、91.50-60と買い下がって、ストップは91.40-45や91.25-30割れまたは、91.05-15まで買い下がるなら、ストップは90.85-95割れで、倍返しも90.65-75での買戻し&買いで、ストップは90.50-55割れや90.40-45割れでの倍返し。(予想時レート: 93.40 予想時間 16:30)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2900-1.3050)
戦略としては、1.2930-35と1.2950-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2970-80と売り上がって、ストップは1.2995-05超えや1.3010-20超えでの倍返し。ターゲットは1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.2920-25割れでの倍返し。ターゲットは1.2905-10、1.2890-95と買い戻し&買いで、ストップは1.2875-85割れで、倍返ししても1.2860-70、1.2855-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2840-50割れ。 1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05での買い直しのストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2950 予想時間 15:55)

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上げてきているが、95.80付近い抵抗があり止められている。
この後、本日高値を上抜けできないと、一度は95円割れまで下げる可能性がある。
下げる動きとなった場合、ドル円が再び上昇して96円台に乗せてくるのは、
明日になるのではないかと思っている。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月19日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月19日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

東京市場は株価が大幅反発して引けるなど、昨日の動きが巻き戻される動きとなりました。荒い動きが続いており、手掛け難い所ではありますが、キプロスの問題が取り敢えず小康状態であり、その様子を見極めたいとの思惑から、ポジション調整を行なっているものと思われます。今日の戻しはそれなりに好感されそうですが、状況が劇的に改善しているわけではなく、先行きに関しては予断を許さないところです。

為替相場はドルが上昇しています。昨日の段階でそれなりの巻き戻しが見られただけに、それほど大きな動きになっているわけではありませんが、ドル円は堅調、ユーロドルは軟調といった動きになっています。ただ、ユーロ絡みでリスク回避的な動きが見られた状況で、ドル円が大きく下げたというのは頭に入れておいてもいいかもしれません。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

昨晩高値を更新し124.12/14まで上昇。
金曜日のNYクローズ124.55/60まで戻して窓埋めするのか!?
ひとまず124円台乗せでは短期筋の利食い売りが持ち込まれている模様。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が「キプロス問題が他国に波及するとの懸念を抱く理由はない」と述べたこと、キプロスに関するユーロ圏財務相会合が終了し、「銀行預金への課徴金で一段の柔軟性を認める」、「ユーログループは10万ユーロ未満の預金を保護すべきとキプロスに提言へ」、「キプロスは小口預金者への課税条件を緩和する」、「キプロスの預金課税は1回限りと再確認」とユーロ圏財務相会合が声明を発表したこと、一時110ドル安でスタートしたNYダウが、下げ止まりを見せたことで、リスク回避の巻き戻し的な動きで終了した。 
ユーロドルは1.2920から1.2996まで反発、ドル円は94.83から95.60まで値を上げたが、ダウの振れる展開となった。  
 クロス円も株価につれて、一時調整が強まる局面があった。 ユーロ円は123.97まで上昇後122.87まで急速に値を下げ、ポンド円が144.34から143.46、オージー円が99.33から98.78、NZD円が78.87から78.35、カナダ円が93.40から92.94、スイス円が101.11から100.41まで一時下落したが、その後は買い戻しが優勢で引けた。 
 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:15 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
07:50 (豪) ロウRBA副総裁講演
09:30 (豪) RBA議事録(3月5日開催分)
14:00 (日) 1月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回96.3)
14:00 (日) 1月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回92.0)
18:30 (英) 2月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.5% 予想+0.6%)
18:30 (英) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.8%)
18:30 (英) 2月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.4%)
18:30 (英) 2月小売物価指数 [前月比](前回-0.4% 予想+0.9%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (独) 3月ZEW景況感調査 (前回48.2 予想46.0)
19:00 (独) 3月ZEW現況指数(前回+5.2 予想+6.0)
19:00 (ユーロ圏) 3月ZEW景況感調査 (前回42.4)
19:00 (ユーロ圏) 1月建設支出 [前月比] (前回-1.7%)
19:00 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁、クノット・オランダ中銀総裁、ラガルドIMF専務理事講演
21:30 (米) 2月住宅着工件数 (前回89.0万件 予想91.5万件)
21:30 (米) 2月建設許可件数 (前回92.5万件(90.4万件) 予想92.5万件)
21:30 (加) 1月卸売売上高 [前月比] (前回-0.9% 予想+0.3%)
21:30 (加) 1月製造業出荷(前回-3.1% 予想+0.5%)
日銀正副総裁退任

急速な買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーログループが、キプロスに、更に支援との話。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

63ドル安へ下落。

金に対して買い

テーマ: 概況

コロフ

ダウは一時プラス圏に押し戻すなど思った以上に堅調ですが、目先は下げ幅を再度拡大しての動きとなっています。一方、金価格が上昇するなど、市場にはリスク回避的な動きが強まっている状況です。為替相場においてもドル円は伸び悩んでいますし、やはり調整が入りやすい所となっているようです。

豪ドル円

テーマ:

YEN蔵

早朝のギャップの上限99.10~20をブレーク
金曜日の戻り高値99.35~40付近まで上昇
このレベルが短期的なレジスタンス

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

ドル円は95.50付近まで上昇きてきた
金曜日の戻り高値95.60~70付近が短期のレジスタンス
抜ければ96円付近まで上昇しそうだが

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

98ハイのポイント越えで強い、レジスタンスは99ミドル。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

95.40台まで上昇し、早朝の窓を埋める展開。

ダウは現在20ドル安の水準にて小動き。
キプロスに関するNY市場の反応が限定的となっている事で、
買い戻しが入っているのでしょうか?

しかし、上昇を支援する材料出なければ、95円midから上は
追いかけたく無い感じ。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

買いきった感が無かったなりに、ポイント越えの動き。
まだ買いすぎではない。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

は、堅調。

ユーロ円が122.56から123.565へ値を上げ、ポンド円が143.98から143.23での推移、スイス円は100.94から一時100.05まで値を下げ、オージー円が98.33から99.04、NZD円が78.08から78.62、カナダ円が92.54から93.19まで値を回復した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

若干揉み合い気味な展開。 

一時110ドル近く下落スタートとなったNYダウが、買い戻しとなったことで、リスク回避志向も一服。


ユーロドルは1.2920から1.2996まで反発、

ポンドドルは1.5144から1.5095での推移、

ドル円は95.195から94.83で揉み合い気味、

ドルスイスは、スイス国立銀行のトーマス・モセル理事が、「SNBはマイナス金利を排除しない」と発言したことで、一時0.9487まで上昇したが、更なる動きとなっていない。 

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押していたが目先は上向きを保って堅く反発。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きで上値を伸ばしたが、ポイントの95.21はこえず、
ここまではいい戻し。

キプロス

テーマ: モノローグ

だいまん

て「キプロス議会は日本時間20日1時に銀行預金課税を巡る採決を延期」

ドル円 その4

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は底堅くなってきており、94.80付近を下抜けなければ、
ここから上昇の可能性が高くなってきている。
このまま95.30-40付近の抵抗を上抜けるかに注目している。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きに転換し底堅い状態に。

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は週明けの急落から上に戻しているが、
95.30-50が上値抵抗帯となる。
ここを上抜けて、95.60をクリアに上抜ければ、
再び96円が見えてくるが、ここを上抜けできないと、
まだ下の可能性が高くなりそう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先の下落バイアスはなくなりつつある。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはかなり大きな窓を開けたためにチャートが見えづらくなっていますが、急激なバンド幅の拡大、さらにここに来て急激な縮小となっています。そうした中で、現状は上昇してバンドの上限に達しています。ここをブレイクするかどうかといった状況です。バンドの下限は急激な上昇で、ここから再反転して急落、といった動きとなるかどうかに注目です。ただ、窓埋めは遠すぎるため、しばらくは難しいところです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇し、高値圏に入っています。これが横ばいとなるのか、天井打ちとなるのかで先行きの流れが変わります。ただ、中期線は下値圏での動きから持ち直してきています。そう考えると、中長期的には買われやすい状況であり、買い優勢と言った状況になってきています。短期線が高値圏での動きを維持出来れば、バンドブレイクからの上昇が期待できるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは朝方の大きな窓を埋めることなく下落トレンドを継続する展開となっています。バンドの中心線が意識されての動きであり、抑えられています。現状は中心線まで戻してきているので、ここからの動きが重要となりそうです。バンド幅が急激に縮小してきていることを考えると、一時的には中心線をブレイクする可能性もありそうですが、バンドの上限が95.02円であり、窓埋めには届かない状況となっているのが懸念される所で、戻り売りが優勢の状況です。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっており、方向感は上向きとなっています。中期線は下値圏での動きですが、底打ちの気配を見せている状況です。中期線が上昇へと転じれば、底堅い動きへと変化する可能性はありますが、短期線が再度腰折れとなると、中期線にも悪影響を及ぼしそうです。ただ、短期線は上値余地を残しており、まだ上値を追いそうな状況です。そう考えると、目先はバンドの上限を目指しての買い局面という事になりそうです。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

18日の東京市場は早朝から、週末のニュースとなる「キプロスの預金閉鎖や銀行預金への課税」を受けて、リスク回避の動きが強まった。 ただ下値はバーゲン・ハント的な円売りが支えたが、結局日経平均株価が安値圏で終了したことで、上値の重い状況が継続した。
 ユーロドルは反発が1.2923で限定されて、1.2882まで下落、ドル円は早朝の薄商いの中、93.45まで下落したようだが、その後94.99まで一時値を戻し後は、再度売りに押された。
 クロス円では、ユーロ円が121.50前後から122.71、ポンド円は142.33レベルから143.61、オージー円は97.18から98.51、NZD円は77.43から78.32、カナダ円は92.03から92.92、スイス円が100.60まで一時値を戻すも、その後値を消した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2860-1.2990)
戦略としては、1.2875-85と1.2910-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.2920-25超えでの倍返し。ターゲットは1.2955-70、1.2985-90と利食いで、売りはこういった位置から1.2995-05と売り上がって、ストップは1.3010-20超えで、倍返しも1.3045-55での利食い&売り直し。 ストップは1.3075-80や1.3085-90超え、1.3105-15超えでの倍返し。ターゲットは、1.3135-45や1.3150-65の動向次第で利食い優先。売りはこういった位置はCapを確認して、更に1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。 一方下値は1.2860-70、1.2855-60と買い下がって、ストップは1.2840-50割れで、1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05での買い直しのストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.2905 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.00-95.00)
戦略としては、94.30-35と94.50-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は94.65-70と売り上がって、ストップは94.75-85超えや94.95-00超えが倍返しも、95.05-10、95.30-45と利食い&売り直しでストップは、95.55-65超え、95.80-85、95.95-00での売り直しのストップは96.15-20超えや96.25-30超えが倍返し。 ターゲットは96.30-40、96.50-55と利食い&売り上がって、96.55-60超えがストップで、96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は、94.05-15と買い下がって、ストップは93.90-95に置くか、93.75-85、93.60-70まで買い下がって、93.45-55をストップ。 93.20-30、93.05-15と買い直して、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。 (予想時レート:94.40 予想時間 15:35)

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月18日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月18日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの95.20の下に入って下落リスク。
現状は基調目先ともに下向きの配置。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は安値引けとなりました。ダウが久しぶりに下げたことと、キプロスの問題でユーロ安が急激に進んだことで、反射的に円高が進行したことが重しとなり、300円以上の大幅安となりました。ここから大きく流れが変わるのかどうかが注目ですが、窓埋めが困難な状況となりつつあり、警戒感が強まる状況にはなりつつあります。

円買い再開

テーマ: 独り言

Ryuz

軟調な株式市場を材料に円買いの動きへ。。

ドル円は93.50台へ、ユーロ円は121.75近辺へ下落。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経 -2.1%
TOPIX -1.71%
JASDAQ +0.3%
マザーズ+1.61%

新興市場は堅調で循環が効いている

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

下げると買われるドル円だが、95.60付近を上抜けないと、下方向の可能性が継続。
現状の94.85付近に日足の一目均衡表の転換線があり、ここから上昇しないと、
転換線を下抜ける形となり、その下の93.75付近には日足の基準線があり、
ここまでの下落は考えた方が良さそう。
基準線も下抜けると、ドル円の調整は大きくなりそうで注意したい。

今朝の安値

テーマ: 概況

Ryuz

ドル円 93.45
ユーロドル 1.2888
ユーロ円 121.45
(インターバンク情報)

予想通り・・

テーマ: 独り言

Ryuz

バーゲンハント的な買い → 94.98/00まで反発

ドル円ショート → 閉めれず → 94円台後半でショート積み増し

金曜日NYクローズ上抜けしてきたらロスカットです。

為替は、1に我慢2に我慢、3も4も5も我慢です。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

キプロスのニュースでドル円の週明けは窓を空けて急落。
ただ94円ミドルは2月に何度も上昇を止めた付近で
サポートとなりやすい。
また今朝の安値94.10付近は、日足のボリンジャーの中心線付近であり、
ボリンジャーは上向きなので、ここから上昇するのかに注目。
逆に上値が重いと、本格的下落に転換する可能性が出てくる。

Ryuzさんの

テーマ: モノローグ

だいまん

言うとおり、バーゲン・ハント買いに晒され、よく戻った方。

ドル円はでも95円がCapされましたね。。。。

今後どこまで再度下げれるかですね。

ユーロドルの戻りは鈍い

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の戻しを眺めて、クロス円は若干持ち直してきていますが、ユーロドルの戻りは弱い状況が継続しています。1.29ドルが取り敢えずの下値として支えていますが、さすがに上値の重い状況となっています。日足で見る限り、下値余地は残っており、窓を開けているとはいえ、目先の買いは控えたほうが無難ではないかと見ています。

東京7時

テーマ: 概況

Ryuz

ドル円 94.75/80
ユーロ円 122.42/47

まで反発。

今週もよろしく(荒れそうですが。。。)

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 04:47
EURUSD 1.2927-33
USDJPY 94.30-37
GBPUSD 1.5124-37
USDCHF 0.9431-37
USDCAD 1.0217-29
AUDUSD 1.0351-59
NZDUSD 0.8227-42
EURJPY 122.00-10
GBPJPY 142.68-91
AUDJPY 97.63-79
NZDJPY 77.58-81
CADJPY 92.22-41
CHFJPY 99.91-12
ZARJPY 10.18-27
EURGBP 0.8542-53
EURCHF 1.2199-64

落ち着いてきた

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 04:16
EURUSD 1.2938-42
USDJPY 94.21-25
GBPUSD 1.5129-35
USDCHF 0.9413-19
USDCAD 1.0217-28
AUDUSD 1.0353-59
NZDUSD 0.8231-40
EURJPY 121.75-83
GBPJPY 142.33-50
AUDJPY 97.38-54
NZDJPY 77.45-71
CADJPY 92.00-22
CHFJPY 99.84-14
ZARJPY 10.17-25
EURGBP 0.8547-56
EURCHF 1.2179-91

ドル円S閉めたいのに・・

テーマ: 独り言

Ryuz

だいまんさん、

はい、見てるだけって辛いっす。。

東京7時、ドル円L・ユーロ円Lのカット玉も入るんだろうけど、それ以上のバーゲンハント買いが出そうな・・

93円台、Lのカットは仕方ないけど、新規でSは出来ないですね。。

7時のよりまでだが、

テーマ: モノローグ

だいまん

バーゲン・ハントの買いを見越した動きがでるから、どこまで上がってるか、判らない。

更に株が下げるとの思惑もあり、2弾構えで考えておきたい。

Ryuzさん

テーマ: モノローグ

だいまん

心情察します。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 03:52
EURUSD 1.2944-52
USDJPY 94.14-23
GBPUSD 1.5122-35
USDCHF 0.9397-12
USDCAD 1.0216-28
AUDUSD 1.0338-43
NZDUSD 0.8223-32
EURJPY 121.75-94
GBPJPY 142.21-36
AUDJPY 97.18-34
NZDJPY 77.31-57
CADJPY 92.07-28
CHFJPY 99.69-92
ZARJPY 10.13-43
EURGBP 0.8552-66
EURCHF 1.2167-85

キプロス

テーマ: モノローグ

だいまん

欧州連合(EU)ユーロ圏財務相会合がキプロスへの財政支援と引き換えに全ての銀行預金への課税を決めたことを受け、キプロス政府は16日、全銀行口座からの引き出しを制限する預金封鎖を開始した。
18日はキプロスの休日で、同国議会は銀行が営業を再開する19日までに必要な法律を可決し、課税を完了する。
預金封鎖は全預金のうち、課税対象となる10%弱の部分が対象。預金への課税はこれまでギリシャなどでも行われなかった異例の措置だ。キプロスの銀行口座保有者の半数近くはロシア人とみられており、ロシアの富裕層や犯罪組織による脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)の可能性が指摘されている。

リスクオフでスタート

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円、94円台割れ。。ユーロ円、121円台ミドル。。

多くの日本の業者がスタートする7時までまだ時間あります。。
それまでどこまで落ちるのか。。

バーゲンハントの買いで7時からはドル円、クロス円買いからか!?

金曜NYクローズからのギャップオープンが広過ぎてまだ寝ている人はとまどうかもね。。

この下落を

テーマ: モノローグ

だいまん

指をくわえて眺めてなければ、ならないのは厳しい。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 03:21
EURUSD 1.2936-42
USDJPY 94.28-39
GBPUSD 1.5143-52
USDCHF 0.9400-14
USDCAD 1.0202-27
AUDUSD 1.0351-58
NZDUSD 0.8229-40
EURJPY 121.84-01
GBPJPY 142.63-82
AUDJPY 97.57-77
NZDJPY 77.61-78
CADJPY 92.12-49
CHFJPY 99.97-36
ZARJPY 10.34-39
EURGBP 0.8530-37
EURCHF 1.2165-80

キプロスで

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク・オフ・スタート。 確かに更なる波及を懸念する声もあるが、突っ込みたくない。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月18日 03:09
EURUSD 1.2939-53
USDJPY 93.87-92
GBPUSD 1.5074-83
USDCHF 0.9414-24
USDCAD 1.0204-19
AUDUSD 1.0365-71
NZDUSD 0.8225-56
EURJPY 121.72-95
GBPJPY 141.55-86
AUDJPY 97.38-54
NZDJPY 77.32-64
CADJPY 91.91-20
CHFJPY 99.77-01
ZARJPY 10.34-92
EURGBP 0.8582-91
EURCHF 1.2187-90

クロス円も下落

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 121.32-6
GBPJPY 141.71-95
AUDJPY 97.54-76

大荒れスタート

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が94円前後、ユーロドルは1.2950前後から

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:01 (英) 3月ライトムーブ住宅価格(前回+2.8%)
17:30 (香港) 2月失業率 (前回3.4%)
18:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁、コエリョ・ポルトガル首相講演
18:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事、レグリング欧州安定メカニズムCEO「討論会に参加」
19:00 (ユーロ圏) 1月貿易収支 (前回+117億EUR 予想-13億EUR)
21:30 (加) 1月国際証券取引高(前回-19.2億加ドル)
22:30 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
23:00 (米) 3月NAHB住宅市場指数 (前回46 予想48)
23:00 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
23:00 (独) ショイブレ独財務相、ワイトマン独連銀総裁会見

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

金曜日の海外市場は、米2月消費者物価指数が、市場予想を上回ったが、米3月NY連銀製造業指数や米3月ミシガン大消費者信頼感指数が、予想を下回ったこと、米10年物国債利回りが低下、NYダウが値を下げたことなどを受けて、ドル売り、円買いが優勢となった。 
 ユーロドルは、1.3107まで上昇後、1.3046まで下落、ドル円はロンドンの高値96.25から95.075まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が125.795から124.22に一時下落、ポンド円が143.80、オージー円が98.92、NZD円が78.54、カナダ円が93.26、スイス円が101.26まで値を下げたが、ダウの下げ渋りなどもあり、買い戻しが優勢で引けた。  

今週は米FOMCが

テーマ: モノローグ

だいまん

やはり大きな材料となる。

今回の19-20日の米FOMCでは、米FRBが、四半期の経済見通しを公表、FOMCメンバーによるFF金利の見通しも公表される。 
 
 米経済の立ち直りや現在想定されている2015年までの低金利の維持などが、前倒しされるケースでは、米長期金利が上昇し、ドル買いが進むリスクが指摘される。 

 ただ、その後もバーナンキ米FRB議長の会見が控えており発言で、相場が更に大きく揺れそう。

 前月下旬の議会証言において同氏は、「金融当局は、金融引き締めに転じるための手段を持っている」、「FOMCは近い将来に出口戦略を検証」と述べ、ドル買いを誘った。 

 ただ、当時に「早急な利上げは経済成長を損なう恐れがある」と2枚舌発言となっているが、内心は、効果が出てきて、ほくそえんでも、折角の緩和策の効果が、ここで挫折しても困る。

 バーナンキFRB議長の、今週の発言が、相場の分水嶺となるかも知れない。

キプロスの預金封鎖

テーマ: 独り言

田向宏行

報道によれば、ユーロ圏は欧州の小国キプロスへの支援を決定したが、
その条件としてキプロスの銀行に預金する預金者から課徴金を徴収するようで、
キプロスでは銀行預金やATM、ネットバンキングなどが停止している模様。
週末で詳細は不明ですが、月曜のユーロは要注意と思われます。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強気の配置をずっと保って強い動き。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーンに到達し、
目先は下向きに転換して反落。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円買いも一服。

ドル円は95.08まで下落後、95.50台を回復。 

ユーロ円は124.23、ポンド円が143.85、オージー円が98.92、NZD円が78.54、カナダ円が93.26、スイス円が101.26まで値を下げた後は、買い戻しが優勢。 

ユーロオージー

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日レジスタンスになっていた1.2540~50付近まで下落してきたが
レジスタンスを上抜けしてサポートになるパターン
ここがサポートできれば1.2540~1.2620のレンジ
抜ければ1.2500付近まで下落か

ユーロ円

テーマ:

Ryuz

124.52/54まで反発も、55/60はサポートだったこともあり、今は短期レジスタンスとしてwork中。
この水準を上抜けてくればまたショートカバー入りそうだが、抜けれないようだと再度下値トライの可能性も。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

95.07まで下げ幅を拡大。
外部環境に特に変化は無く、相変わらず良く分からない動き・・・
一旦円ショートを手仕舞う動きが出たのかも。

円買い加速

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は95.07/09、ユーロ円は124.21/23、ポンド円は143.84/86、豪ドル円は98.95/97へそれぞれ下落。
特段ニュースが出たわけではないが、ロンドン仲値にかけて円買いが持ち込まれていた模様。
ロンドン仲値後は、ドル円95.23/25、ユーロ円124.32/34と小反発中。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

鉱工業生産
 結果:0.7%
 予想:0.4%

設備稼働率
 結果:79.6%
 予想:79.4%

ミシガン大学消費者信頼感指数
 結果:71.8
 予想:78.0

鉱工業生産の好結果の反応は限定的となり、
ミシガンではドルが下押しする展開。
ドル円は95.50台まで下落しております。

何だか円売りに疲れ気味といった雰囲気も
感じられますが・・・

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

現在戻り気味だけど、ドル円は95.40-50ゾーンはストップ圏なんで、注意。

いつもと

テーマ: モノローグ

だいまん

雰囲気が違うので注意。 案外落ちるかも。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス60ドルスタート。 円買い気味。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは日足のボリンジャーバンド中心線がある1.3110付近で止められた。
日足のボリンジャーバンドは下向きで、バンド幅も変わらず
バンドウォークしていたので、中心線まで戻すと再び下げる可能性がある。
大きな流れは依然として下方向と考えている。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調な株価を受けて、 ドル円は95.64、ユーロ円が125.10、ポンド円が144.88、オージー円が99.26、NZD円が78.68、カナダ円が93.67、スイス円が101.30まで下落。

ダウ先物が

テーマ: モノローグ

だいまん

14500ドルを割り込む。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

NY連銀製造業景気指数
 結果:+9.24
 予想:+10.00

CPI【前月比】
 結果:+0.7%
 予想:+0.5%

CPI【前年比】
 結果:+2.0%
 予想:+1.9%

CPIコア【前月比】
 結果:+0.2%
 予想:+0.2%

CPIコア【前年比】
 結果:+2.0%
 予想:+2.0%

発表後マーケットはドル売りで反応。
ドル円は一時96円を割り込む展開。

ユーロ円

テーマ: 概況

Ryuz

一時124.91/93まで緩んだが、ユーロドル上昇と共に上げに転じ、125.40近辺まで上昇。
ユーロドルは1.3050近辺へ値を上げている。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で支えられての動きとなっています。それほど大きな動きになっているわ毛ではありませんが、堅調な推移を継続している状況です。バンドの上下限・中心線はゆるやかに上昇しており、方向としては上向きです。ただ、バンド幅は比較的狭く、大きな動きには目先なりにくい状況ということができるでしょう。狭いレンジでの動きをどちらにブレイクするかがポイントになっていきそうです。

RCIで見ると、短期線は高値圏での動きとなっています。一時的に下落する場面もあったのですが、堅調な推移となっています。中期線は高値圏での横ばいとなっています。中長期的には依然として買い優勢の状況となっています。短期線が高値圏にあり、これが本格的に天井打ちから下落となると警戒感が高まります。バンドの上限をブレイクするかとなると、なかなか難しそうで、そのタイミングで下落に転じる可能性が高いようにも思われます。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、下限まで下落した後に中心線まで戻しが入ったが、再度そこから売られる展開となっている。上値の重さが意識される中で、96円を挟んでの動きとなっている。バンド幅の拡大はそれほど見られないため、大きな動きにはなり憎いところだが、上値の重さが意識される状況となっている。再度バンドの下限まで下落するかどうかがポイントとなりそう。

RCIで見ると、短期線が底打ちからの動きとなっている。ただ、中期線は下落基調となっていることから、先行きに対する警戒感は根強い。一時的な戻しがあったとしても、再度売られる動きとなる可能性が高い。バンドの下限をひげでタッチしてからの動きで、中心線を目先は目指している状況だが、そこで抑えられてバンドの下限まで下落といった動きとなりやすい。ただ、現状のバンドの下限は95.92円とそれほど下値余地があるわけでもない。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.08%
英FT -0.05%
フランスCAC40 -0.34%
イタリアFTSEMIB+0.05%
スペインIBEX -0.45%
ギリシャGD.AT -0.23%

小幅下落

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

やや下落傾向
1.3000付近が短期のサポート、ここ抜けるかどうか

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.15-79.50)
戦略としては78.65-70と78.95-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は79.10-15超えでの倍返し。ターゲットは79.40-50の動向次第。超えても79.60-70、79.70-80と利食い&売り直しでストップは79.85-90超え、80円はCapを見て対応。 売ってもストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は78.55-60と買い下がって、78.25-35割れがストップ、78.15-20の維持では買いっても、ストップは77.95-05割れ。77.70-80での買いのストップは77.50-60割れや77.30-40割れの倍返し。ターゲットは77.05-15での買い戻し&買いでストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。(予想時レート: 78.90 予想時間 16:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3100)
戦略としては、1.3000-10と1.3025-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りからターゲットは、1.3040-45の動向次第。超えて1.3065-70や1.3075-80では利食い優先で、売りはCapを見る形となるが、できれば超えて1.3080-90、1.3095-00、1.3110-15と売り場を探して、ストップは1.3135-45超えでの倍返し。ターゲットは1.3150-65の動向次第。超えると1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.2995-00割れがストップで、倍返ししても1.2985-90、1.2965-70と買い戻しで、買いは1.2955-60、1.2930-40と買い下がって、ストップは1.2910-15割れで、1.2895-05は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2875-85割れ、または1.2860-70、1.2855-60と買い下がって、ストップは1.2840-50割れで、1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05での買い直しのストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.3025 予想時間 16:05)

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

0.82ミドルにポイントで、越えてくると上の芽がでてもいいところ。
現状は基調目先ともに強い配置。

ポンドドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

GBPUSDは昨日から上昇中。
日足のRCI短期線が上昇しているが、現在はまだゼロレベル。
ここからプラス100近くまで上昇する場合、1.53ぐらいまでの上昇が考えられそう。
短期線が下がるとしても、そのあとで来週の動きとなりそう。

東京市場後場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は上値を伸ばす展開となっています。12500円を回復し、さらに上値を追う動きです。為替相場のドル円の堅調地合いを眺めていることもあり、株価もしっかりとした動きとなっています。引けにかけてさらに上値を追う可能性もありますが、150円以上の上昇となっていることや、週末ということもあり、さすがに買い一服となる可能性のほうが高いように思っています。

円軟調

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は95.70割れがサポートとなっており、午前には90割れの段階で押し目買いが殺到。
96.30近辺では売りも観測されてはいるが、堅調なクロス円に支えられ96.50を目指す展開か。

ユーロ円はユーロドル上昇もあり125.25/30のレジスタンスを上抜けて来た。
ユーロドルがこのまま1.3050を越えて行くようだと、ユーロ円も125円台後半への上昇も。

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆マネタリーベースを増やすだけではだめだ
☆今の景気の気の部分が昨年までと全く違う
☆波及効果生むようにしないといけない、第2第3の柱が大事
☆具体的な政策の手法は日銀が決める
☆マネタリーベース増加だけでは10年前と同じことになる
☆日銀が財政ファイナンスの疑念もたれると格付けに影響
☆疑念持たれぬよう、極めて慎重にやらないといけない

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は100円以上の上昇となり、一時12500円台を回復する動きとなりました。そこからは若干押し戻されての前引けとなりましたが、NYダウの上昇などを背景に買い優勢の状況となっています。ドル円はそれほど大きな動きにはなっていませんが、日銀の体制が整うこともあり、やや円安に振れやすい状況となっています。週末ということもあり、後場は懸念もありますが、しっかりとした動きは継続されそうです。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ずっと売られてきたGBPUSDが昨日は上昇し1.51をつけた。
この動きで日足のRCIは3重底から短期線が上昇中。
この短期線が下げ始めると、再び下方向の可能性。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀正副総裁人事の決定を受けて、96.27まで上昇も、一定の織り込みから、株価の調整を受けて、売りが強まる。

下値は95.89まで。 ただ、現状更に大きな動きとなるとは想定できないが。。。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

3/15(金)
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.8% 予想+1.8%)
20:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行「LTRO(3年物長期資金供給オペ)返済予定額発表」
21:30 (米) 3月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回10.04 予想8.00)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想0.4%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.6% 予想+1.8%)
21:30 (米) 2月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+2.0%)
22:00 (米) 1月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+252億USD)
22:00 (米) 1月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+642億USD)
22:15 (米) 2月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.3%)
22:15 (米) 2月設備稼働率 (前回79.1% 予想79.3%)
22:30 (米) フィッシャー米ダラス連銀総裁講演
22:55 (米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回77.6 予想78.0)
23:30 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
01:15 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
EU首脳会議(於;ブリュッセル)
伊新議会召集

3/17(日)
中国全国人民代表大会閉幕

ドル円日足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円は横ばいでの調整が続いています。調整が入りやすい状況ながら、下値が堅すぎて下げて来ないといった状況となています。このまま下げ渋る状況となったら、一気に上値を追う動きとなる可能性を秘めているだけに注意が必要でしょう。RCI短期線は天井打ちから下落基調であり、目先は下げやすいものの、中期線は上昇基調にあり、下値の堅さは意識される状況となっています。

NY終了

テーマ: モノローグ

ウルフ

ダウは14,539 +83.86で引けました。
いやー強いですねぇ。10連騰です。

ドル円は96円台を回復。ユーロドルは1.3030台まで反発後、
再び1.3を割り込む動きとなっております。
為替相場の方は正直良く分からない動きですが、ドル円はまた
レンジ相場に入ってしまった感。
先月同様に、材料出るまでエネルギーを溜め込む展開となるの
でしょうか?

年度末という事で・・・、用心ですね。


オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きで上昇していたが、
基調はまだ弱気で上値重く、目先は買いすぎから下向きで少し重い。

クロス円はまちまち

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は125.23から124.50まで下落、

ポンド円は144.83の高値まで上昇、

オージー円は99.96から99.55まで値を下げ、NZD円が78.75から79.11まで値を上げ、カナダ円は94.03から93.58へ下落、スイス円は100.97から101.38まで上昇した。 

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

ドルの売り戻しが優勢。

ユーロドルは、1.2911まで下落後、1.3033まで上昇、

ポンドドルが1.5102まで値を上げ、ドル円は96.595の高値から95.69まで値を下げ、ドルスイスも0.9487まで下落した。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

96円台を割り込み、一時95.80台まで下落。
特に材料が出ている訳ではなさそうですが、
ユーロドルは1.3、ポンドドルは1.51台を回復しており、
他のストレートでのドル売りに押された形でしょうか。

ダウは現在60ドル高の水準にて推移。米10年債利回りは
小幅に低下しております。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドルが売られる動き。
ポンドドルは1.50を回復し、AUDUSDの1.04に接近。
EURUSDも1.30に接近してドルが売られています。
ただ、大きな流れは依然ドル買いと考えており、
ここまでのドル買いの調整とのスタンス。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

オージードルに比べると重いが、
目先は強気を保って93で上抜けの形。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

124.40でうえぬけの形だが、
そのレベルが堅い事を確認後の反発で、上昇にはよい。
きれると重く感じる。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先はやや重いが、基調は強きで底堅い。
1.0330に目先のポイントでこの上の位置では反発しやすい。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:33.2万件
 予想:35.0万件

発表後、マーケットはドル買いで反応。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットのテーマがハッキリしないなか、ドル買いだけが目立つ展開。
ユーロドル、ポンドドルは下落、ドル円、ドルスイスは上昇。
ユーロポンドが下げてポンドドルが下げにくくなっているが、
大きな動きはドル買いなので、ユーロ売りが弱まると、
ポンドドルも下げる動きになるのではないかと思っている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きを保って底堅い。
基調はまだ弱気で上値は重い状態。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

98円ローにポイントでこのうえでは上値を狙いやすい位置。
現状は、目先は上向きを保って上昇してきたが、基調は弱気、
こちらも強気になると、再上昇に向かいやすくなるところ。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

Ryuz

ECB月報での景気見通しに対する慎重な見方からユーロ売りが優勢に。
対円買いで1.2970台へ値を上げていたユーロドルは、1.2930割れに下落。
対ポンドでは0.86台ミドル、対円は125.23/25の高値から124.50/52への反落となっている。

円売り加速

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は96.52/54、ユーロ円は125.23/25まで続伸。
ショートカバー優勢。押し目なく買いが買いを呼ぶ展開。

米系リポート2

テーマ: 独り言

YEN蔵

米系のドル円の買いの噂
このリポートを読んだのかな

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

14日の東京市場は、材料難も3月末に向けたレパトリの円買いが一時優勢となった。
 ドル円は、96.13から95.68まで下落後96.26まで反発、ユーロドルは1.2982から1.2944まで一時値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.59から124.05、ポンド円が143.59から143.02、NZD円が78.74から78.32、カナダ円が93.63から93.17、スイス円が100.93から100.52まで一時下落したが、その後は買い戻しが優勢。 豪ドル円は強い豪州2月雇用統計を受けて、98.82から99.75まで上昇した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=123.50-125.00)
戦略としては、124.10-20と124.45-55のブレイクに注目して、上値は124.55-65超えで倍返し。 ターゲットは124.80-90、124.95-05、125.10-15と利食い&売り上がって、ストップは125.20-25超えでの倍返し。ターゲットは125.35-40、135.50-60と利食い&売り上がって、ストップは125.75-80超えでの倍返し。ターゲットは125.90-00超えや126.00-05の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。一方下値は124.05-10割れがストップで、倍返しもターゲットは124円前後や123.80-85の動向次第。 割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは123.65-70、123.45-55の維持では買い戻し。買いは122.90-95、122.70-75、122.45-55、122.30-35、122.00-05まで順次買い場を探して、ストップは121.90-95割れや121.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは121.45-60の動向次第。 割れて121.35-40と買い戻しで、買いはこの位置から121.25-30と買い戻し&買い下がっても、ストップは121.10-20割れでの倍返し。ターゲットは120.95-00の動向を見る形だが、割れると120.70-75での買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。 割れても119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。(予想時レート:124.35 予想時間 13:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略としては93.25-35と93.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、93.65-70と売り上がって、ストップは93.75-80超えで、倍返しも93.85-00、94.05-10と利食い&売り上がって、ストップは94.20-30超えや94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は93.15-20や93.00-10割れがストップで、92.85-90割れでの倍返し。ターゲットは92.70-75、92.55-60と買い戻しで、買いは92.25-35をストップ、92.05-15の維持では買い直し、ストップは91.95-05割れで、91.75-90、91.50-60と買い下がって、ストップは91.40-45や91.25-30割れまたは、91.05-15まで買い下がるなら、ストップは90.85-95割れで、倍返しも90.65-75での買戻し&買いで、ストップは90.50-55割れや90.40-45割れでの倍返し。ターゲットは90.10-15を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から89.80-00と買い下がって、ストップは89.50-65割れでの倍返し。 ターゲットは89.20-25、89.00-05と買い戻し&買い下がって、ストップは88.70-75割れで、88.55-60割れや88.45-50割れでの倍返し。(予想時レート: 93.55 予想時間 16:05)

米系レポート

テーマ: 独り言

YEN蔵

25日に臨時政策決定会合で追加緩和という観測記事
これで円安、株高に

東京株式市場後場

テーマ: 独り言

YEN蔵

日経 92.01 +0.75%
TOPIX +2.52 +0.25%
JASDAQ +10.28 +0.6%
マザーズ +18.67 +3.17%

後場から上昇加速
新興市場の強さが目立つ

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

午前中にタッチした1.2980近辺をトップに現状1.2945近辺へ緩んでいる。
昨日安値1.2923/25を下抜けるようだと下押しリスクも。。

ユーロオージー

テーマ: 独り言

YEN蔵

サポートされていた1.2550がブレーク
1.2650あたりが短期のレジスタンス
短期のサポートは1.2350
ここら辺まで落ちそうだが

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルが1.2950を下抜け、ユーロクロスでもユーロが下げている。
ユーロは売られる動きで、直近はユーロドルとユーロポンドが下げそう。
ここからしばらくはユーロ売りの流れとなりそう。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月14日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月14日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↑
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

案外強気

テーマ: モノローグ

だいまん

ウィーラーNZ準備銀行総裁

「NZドルはいずれ下落すると見ている」
「過大評価された為替水準が経済に打撃与える」
「NZドル高が強まれば、政策金利を引き下げる機会が与えられる可能性がある」

豪雇用時計

テーマ: モノローグ

だいまん

2月の豪雇用統計
失業率は5.4%と前月の5.4%から横ばい。
市場予想平均の5.5%より強い。

新規雇用者数は7万1500人増と市場予想平均の1万人増を上回った。

東京市場スタート

テーマ:

コロフ

日経平均株価は上昇しての寄り付きとなっています。12300円台を回復しての動きであり、しっかりとした動きとなっています。NYダウが堅調な推移を見せ、史上最高値を更新する中で、ドル円も上値は重いものの96円台を維持しての動きとなっていることが好感されている状況です。

為替相場はそれほど大きな動きにはなっていません。ドルに対する買いは目先一服となっていますが、ユーロドルに関しては依然として下値余地がありそうです。取り敢えずは様子見ムードが強まっている状況です。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 2月新規雇用者数 (前回+1.04万人 予想+1.00万人)
09:30 (豪) 2月失業率 (前回5.4% 予想5.5%)
13:30 (日) 1月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+1.0%)
13:30 (日) 1月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-5.1%)
16:00 (豪) ケントRBA総裁補講演
17:30 (スイス) スイス中銀政策金利発表
17:30 (香港) 第4四半期鉱工業生産 [前年比] (前回-0.1%)
17:30 (香港) 第4四半期生産者物価指数 [前年比] (前回-1.5%)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:00 (ノルウェー) ノルゲバンク政策金利発表
18:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
21:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.0万件)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.6%)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.4% 予想+1.7%)
21:30 (米) 2月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.8% 予想+1.7%)
21:30 (米) 第4四半期経常収支 (前回-1075億USD -1128億USD)
21:30 (加) 第4四半期設備稼働率 (前回80.9%)
21:30 (加) 1月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2%)
22:00 (米) ラスキンFRB理事講演
05:30 (米) FRB「銀行の資本分析レポート発表」
06:30 (NZ) 2月企業景況感(前回55.2)
EU首脳会議(ブリュッセル)
ギリシャ10-12月期失業率(前回24.80%)
日20年国債入札(1兆2000億円)、米30年国債入札(130億ドル)

ユーロオージー

テーマ: 独り言

YEN蔵

サポートされていた1.2600~50が完全にブレーク
1.2500付近を下抜けできれば1.2350付近がターゲットに

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

 まちまち。 

 ユーロ円が124.87から124.18へ下落後124.60へ反発、

 スイス円が弱く101.53から100.75の日中安値まで調整、

 ポンド円は142.65から143.81、オージー円が98.56から99.20、NZD円が78.81から79.36へ上昇、

カナダ円は93.05から93.76へ上昇後93.30まで値を下げた。 

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル買いも一服から既に揉み合い気味。 

ドル円は96.26まで一時反発後95.91へ調整も、底堅い動き。 

ユーロドルは、1.29235の安値から1.2966まで値を戻した。 

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は96円台に乗せてきており、
今度は逆に96円にサポートされていれば上昇の可能性。
ただ昨日安値を一度下抜けているし、昨日高値は上抜けていないので、
ここから大きく上昇するとは考えにくく、ロングはストップ管理に注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

96.25/27まで値を戻すも、L勢の戻り売りが20台では優勢。
また、ユーロ下落を受け対円でも売りが持ち込まれたこともドル円の頭を重くしている。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

米小売り前の1.3010近辺から1.2950のバリアも粉砕して1.2924/26までの続落となっている。
1.2950がレジスタンスになってしまうようだと1.2880/90近辺が視野に。。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 強い米2月小売売上高を受けて、ドル買い優勢。 ドル円は96.11まで一時反発。 ユーロドルは、1.2963まで下落した。
 クロス円は、まちまちだが、ユーロ円が124.87へ反発後124.33へ下落、スイス円が100.90から101.43へ上昇後100.94へ値を下げ、ポンド円は142.65から143.71、オージー円が98.56から99.15、NZD円が78.81から79.26、カナダ円が93.05から93.73へ値を上げた。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

米小売り後、一時124.90台を回復もドル円の戻り売り、またユーロドルげらく加速もあり124.35近辺へ反落。
指標前の安値124.31/33を下抜けて行くようだと124.00トライか。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

米小売り発表後、96.10近辺へ反発もその水準では戻り売り優勢。
昨日からのロングポジションの逃げ遅れオファーが下がって来ている模様。
ただ、下値も限定的なため95.65/96.15でレンジの様相。。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気、目先も終始下向きを保って重い配置。
今日のポイントは遠いが123円ロー。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.2950付近を下抜けると、日足の一目均衡表の
遅行スパンが雲から下抜けして、やっと下げる動きとなりそう。
下抜けできないと遅行スパンは再び雲の中で方向感が弱くなる。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

小売売上高
 結果:+1.1%
 予想:+0.5%

小売売上高(除自動車)
 結果:+1.0%
 予想:+0.5%

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ドル円は96円台を回復し、ユーロドルは1.3を割り込み
1.2970台まで急反落する展開。

ダウ先物は急騰。米10年債利回りも急上昇する動きとなって
おります。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保ち、基調も弱含みに。

揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

うーん、下げも加速しない。

結局株価次第でしょうね。 ただ、リスクはやはり下方に見たいところ。

ポンド

テーマ: 概況

Ryuz

対ユーロで強含んでいて、0.87台を割り込んでいる。
対円では143円台ミドルを回復。
ポンドドルはこの動きを受け1.4980近辺へ上昇。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気に転換して強さが見えている。
現状は、目先も上向きで強い配置。
レジスタンスは1.5。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーンに到達し、
目先も下向きで重い配置。
今日のポイントは1.02ミドル。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置から45まで下落し、ドルロングが軽くなっている。
95.95-00に目先レジスタンス。
越えてくると上の芽がでやすい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は96円台に乗せられないと、下方向の可能性が高いと考えている。
ただ、下げるには条件が揃っておらず、今夜遅くか明日になると思われる。
下値はひとまず95円ぐらいのイメージ。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX 0.21%
英FT -0.62%
フランスCAC40 -0.37%
イタリアFTSEMIB -0.58%
スペインIBEX -0.66%

アジア株の下落の流れを受け全般的に下落

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日の高値1.3070~75が再びレジスタンスになり1.30前半に下落
1.2980~90付近がブレークすると重要サポートの1.2950付近を
試しにいきそうだ

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

95.54/56まで下落も95.50にはビッド観測。
その下95.40はストップロスとの噂。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

現状は基調目先ともに下向きで重い配置。
今日のポイントは95円前後。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 13日の東京市場は、揉み合い気味も、みんなの党や維新の会が、中曽日銀副総裁候補には反対すると表明したこと、日経平均株価が、マイナス圏で引けたことなどから、円の買い戻し気味の展開となった。
 ドル円は96.10から95.59まで下落、ユーロドルは1.3023から1.3044で材料難から小動きとなった。
 クロス円では、ユーロ円が125.22から124.65、ポンド円が143.33から142.66、オージー円が99.22から98.56、NZD円が79.35から78.89は、カナダ円が93.65から93.17、スイス円が101.48から100.99まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.40-79.30)
戦略としては78.85-90と79.10-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は79.25-30と売り上がって、ストップは79.40-50超えで、79.60-70、79.70-80での売り直しのストップは79.85-90超え、80円はCapを見て対応。 売ってもストップは80.20-25超えとなる。 一方下値は78.70-80割れでの倍返し。ターゲットは78.50-65、78.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは78.25-30割れで、78.15-20の維持では買いっても、ストップは77.95-05割れ。77.70-80での買いのストップは77.50-60割れや77.30-40割れの倍返し。ターゲットは77.05-15での買い戻し&買いでストップは76.85-95割れで、76.75-80、76.60-65、76.45-55、76.30-40,76.20-30と順次買い場を探して、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで倍返し。(予想時レート: 78.95 予想時間 14:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=95.00-96.00)
戦略としては、95.60-70と95.85-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合95.95-00と売り上がって、ストップは96.10-15超えや96.25-35超えでの倍返し。ターゲットは96.40-50、96.50-60と利食い&売りあがって、ストップは96.65-75での倍返し。ターゲットは96.80-90から97円手前では利食い優先で、売りは97円超えをストップに対応となるが、再度97.10-20-30の売り直しは、97.50超えがストップとなる。 一方下値は慎重な順張りから、タートえっとは95.45-55の動向次第。割れて95.35-40、95.20-30と買い戻しで、買いはこういった維持から95.00-15と買い下がって、ストップは94.85-95や94.75-80とするか、94.65-70と買い下がって、ストップは94.35-45割れ、94.20-35での買い直しのストップは94.05-15や93.90-95割れで、93.75-85割れが倍返しとなるが、93.60-70の維持では買い戻しで、買いは93.45-55をストップとするか、93.20-30、93.05-15と買い下がって、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 (予想時レート:95.65 予想時間 14:30)

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月13日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月13日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

日銀総裁人事

テーマ: モノローグ

だいまん

みんなの党は、岩田日銀副総裁候補への賛成方針を決定したが、中曽日銀副総裁候補には反対する模様。維新の会も中曽日銀副総裁候補に反対。 

黒田日銀総裁候補については態度を明示しなかった。

一方民主党は、岩田日銀副総裁候補に反対。 14日の衆院投票は問題ないが、
15日まだ波乱があるかも。

ちょうどアストロ的にも水星の順行戻もあり、逆に荒れて欲しい?

そうなれば、買い場が訪れるシナリオ。

ドル円

テーマ: 概況

Ryuz

96.00を挟んで静かなスタート。。
9時前にはクロス円売りを材料に95.73/75まで緩む場面もあったが、仲値直前には96円台を回復。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (豪) 3月ウエストパック消費者信頼感(前回7.70%)
09:30 (豪) 1月住宅ローン貸出 (前回-1.50% 予想-0.50%)
18:00 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁講演
15:30 (仏) 第4四半期非農業部門雇用者・確報 [前期比] (前回-0.2%)
16:45 (仏) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回+0.7% 予想+0.2%)
19:00 (ユーロ圏) 伊3年債入札
19:30 (英) 英国債入札(2052年償還・15億ポンド)
19:30 (ユーロ圏) 独2年債入札(50億ユーロ)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回14.80%)
20:00 (南ア) 1月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.3%)
21:30 (米) 2月小売売上高 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.5%)
21:30 (米) 2月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回+0.2% 予想+0.5%)
21:30 (米) 2月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.5%)
23:00 (米) 1月企業在庫 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.3%)
23:30 (米) 週間原油在庫(前回+383万バレル)
05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート
周小川中国人民銀行総裁講演(全国人民代表大会)
米10年国債入札(210億ドル)

ポンド

テーマ: 概況

Ryuz

対ユーロでポンド売り。
ロンドン市場で付けた0.8720近辺からNY市場前半で0.8795近辺まで上げた後、今度は0.8740割れ。対円でもポンド買い戻しの動きが強まっている。
ポンドドルは1.4855/57→1.4913/15まで反発。

NY概況

テーマ: 概況

ウルフ

本日も材料乏しく、円相場は米株に連れた動きです。
ダウはこの時間再びマイナス圏に反落し、ドル円も
96円台を維持できず95.70台まで反落。
ユーロ円も124.70台まえ下押しとなっております。

ダウは7連騰後とあって、注意したいところですね。
仮に大き目の調整が入って引けた場合、明日の東京市場にも
影響ありそうで、最近は株価との相関が薄れつつあるとは言え、
円相場も短期筋の利食いやストップハントが出てくる可能性も
あり注意したいところです。


NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

5ドル安へ。 まだ落ちてないが、火曜日のダウは、いやーな雰囲気なので注意。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

調整売りの後、1円強もどしたが、
基調目先ともに下向きを保って重く反落。

円買い再開

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 96.70/72→95.63/65→96.27/29→95.87/89
ユーロ円 126.03/05→124.38/40→125.78/80→124.95/97

一旦収まりかけた円買いも反発の水準を見極めていた海外勢から円買いが持ち込まれている模様。。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

 一方クロス円では、NYダウが、31ドル高と堅調スタートとなったことで、買い戻しが優位。 ユーロ円が124.40から125.75、ポンド円が142.03から132.15、オージー円が98.48から99.45、NZD円が78.75から79.48、カナダ円が93.04から93.86、スイス円が100.87から101.91まで買い戻された。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは1.29915から1.3075へ上昇、ドル円も95.64の安値から96.25まで反発した。またポンドドルは、英1月鉱工業生産指数が予想より大幅に悪化したことで、1.4832まで下落ご1.4909へ反発、ドルスイスは0.9436まで値を下げた。 

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

レジスタンスになっていた1.3020をブレークして上昇
昨日の高値1.3050~55付近まできている
1.3070~75付近を完全に抜ければ1.31台中盤まで上昇とみている

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

0.8285に今日のポイント、この下ではまだ上がりにくい。
目先はまだ下向き。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドル上昇を受け、ユーロ円も買戻しが活発。
今日の高値→安値の38.2%戻し、125.40/42を上抜けて行くようだと更なるショートカバーも。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きで押していたが、基調は強気を保って反発。

ショートカバー

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロが対ドルで1.3040台を回復。
対円は124.38/40から125.30への反発となっている。

特段材料はないものの、クロス中心に買戻しが優勢に。

ケーブル

テーマ: 見通し

YEN蔵

1.4830付近まで下落後、1.4860~65付近まで反発
昨日の安値でサポートになっていた、1.4860~65が短期のレジスタンス
ここを抜ければ1.4915~20の下落前のレベルへ戻る可能性があるが
抜けなければ再度下値トライ

ドル円の下値 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日の日足のPivot96.192を下抜けて下落。
現在は本日のS3(LBOP)の95.607の手前で下げ止まっている。
ここはブレイクアウトポイントなので、この95.60付近を下抜けると、
95.20付近までの下落が視野に入ってくる。
まずはここでサポートされるか下抜けるかに注目。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.49ミドルにレジスタンス。
現状は基調は弱気を保って上値重く、目先も下向きで重い配置。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.8295にレジスタンスでこの下では重い。
現状は目先は下向きで重い印象、基調はまだ強気で相反で狙いにくい。

ドル円の下値 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日のPIVOTを下抜けて下落。
しかし下げると買いも入り、なかなか下げにくい。
それでもドル円は昨日安値を下抜けており、
ここからさらに下げるとしたら、95.20付近が下値となりそう。
さらに下げて、95円を割り込むようなら
ドル円上昇のシナリオは少し見直しが必要になりそう。

クロス円下落

テーマ: 独り言

Ryuz

マクロ系ファンドの円買いや短期筋のストップロス売りも入り、ドル円は95.80割れ。。
クロス円にも断続的に売りが持ち込まれている模様で、ポンド円は142.35近辺、ユーロ円は124.60近辺へ下落。
対円売りを受けポンドドルは1.4835近辺へ急落。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.0260に今日のポイントで、その上では底堅い。
現状は基調は強き、目先は下向きで相反。

ポンド

テーマ: 経済指標

YEN蔵

1月英貿易収支 81.95億ポンドの赤字 12月改定値87.38億ポンド、予想89.5億ポンドを上回る
1月の鉱工業生産は前月比-1.2% 予想の+0.1%を下回る
1月の製造業生産指数は前月比-1.5% 予想の0%を下回る

弱い数字にケーブルは昨日の1.4865~70をブレーク、ポンド円も142.80~85付近をブレーク
安値を更新中

ドル円

テーマ: 概況

YEN蔵

民主党が黒田氏、中曽氏容認、岩田氏反対の決定
外個人はシンプルに円買い

円買戻し

テーマ: 概況

Ryuz

民主党が岩田氏反対の意向を示したことを海外勢が嫌気し、ドル円は96.02/04、ユーロ円は124.76/78まで下落。
売り一巡後は96.20台、125.10台へ回復。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

12日の東京市場は、日経新聞が、最初の日銀金融政策決定会合を前に、「黒田氏が臨時会合を示唆」と報じたこと、日経平均株価が堅調なスタートとなったことで、一時円売りが拡大したが、岩田日銀副総裁候補が、リスク性資産の買い入れや臨時会合に否定的な見解を示したこと、その後日経平均株価がマイナス圏に下落、上海株式市場が下落したことなどから、一転円の買い戻しが強まった。 
 ドル円は96.71から96.28へ下落、ユーロドルも1.3047から1.3002まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が126.03から125.33、ポンド円が144.13から143.39、オージー円が99.57から98.93、NZD円が79.90から79.40、カナダ円が94.23から93.76、スイス円が102.00から101.47まで値を下げた。

London&Ny

テーマ:

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=142.50-144.00)
戦略としては143.35-40と143.75-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、144.00-05と売り上がって、ストップは144.10-15超えでの倍返し。 ターゲットは144.50前後と利食いで、売りのストップは144.65-70超えで、145.10-15超えが倍返し。 ターゲットは145.15-20、145.25-30、145.35-45と利食いで、売りはこういった位置から145.45-60、145.65-80と売り上がって、ストップは145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 一方下値は順張りからターゲットは143.05-20、142.90-00での買い戻し&買いで、ストップは、142.80-90割れや142.60-70割れでの倍返し。ターゲットは142.45-55の動向次第。維持では買っても、ストップは142.25-30割れで、142.05-15での買い直しのストップは、141.90-95割れが倍返しとなるが、ターゲットは141.45-50を前に下げ止まりでは買い戻し。買いはこの位置から141.30-35、140.95-05、140.70-85と買い下がって、ストップは140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは1139.60-65、139.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは139.10-30割れで倍返し。 ターゲットは138.85-95、138.55-65と買い戻しで、買いは138.35-45と買い下がって、ストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。(予想時レート:143.65 予想時間 16:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2920-1.3080)
戦略としては、1.3010-15と1.3025-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3035-40と売り上がって、ストップは1.3045-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3080-90を前に上げ渋りでは利食い優先。売りはこういった位置から1.3095-00、1.3110-15と売り上がって、ストップは1.3135-45超えでの倍返し。ターゲットは1.3150-65の動向次第。超えると1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.3000-05と買い下がって、ストップは1.2985-90や1.2975-80割れで、1.2955-60割れでの倍返し。ターゲットは、1.2935-45、1.2925-30と買い戻しで、買いは1.2915-25、1.2895-05と買い下がって、ストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.2855-60、1.2840-50と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.3020 予想時間 16:30)

南アフリカ

テーマ: 経済指標

YEN蔵

10~12月期の経常収支は2126億ポンド赤字で予想の2031億ランドを上回る
ドルランドは9.1ランドから9.21ランドへ上昇、レジスタンスだった9.17
付近が短期的なサポートに

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしての動きとなっています。ただ、バンドウォークとなるかはまだはっきりしない所でもあります。現状のバンドの下限は下落基調となっていますが、上限が横ばいでの動きとなっており、バンド幅の拡大が緩やかとなっている点に懸念が生じる所です。上限が上昇基調になるかどうかに注目が集まる所です。上限が横ばいから下落となれば、調整が入りやすくなるでしょう。その場合のメドとしてはバンドの中心線である1.3025ドル前後の水準です。

RCIで見ると、短期線が下値圏での動きとなっています。一時持ち直すかに見えましたが、再度下落する流れとなっています。一方、中期線も下値圏での動きとなっています。流れは下向きです。短期線の方向感には注意が必要ですが、目先は売り優勢の状況となっています。これを書いている間に1.30ドルを割り込んでの動きとなり、バンドの上限が上昇に向かっています。バンドブレイクからバンドウォークの可能性が高まってきている状況となっています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、中心線をブレイクして下限まで下落する展開となっています。バンド幅はゆるやかに拡大しているものの、目先は下限で支えられている状況となっています。ただ、現状も下限を意識しており、ここをブレイクしての下落となると、スピードが早くなる可能性が高まるので注意が必要でしょう。バンド幅も狭い状況からの動きとなっているだけに、バンドブレイクからの動きとなる可能性は残っています。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇していましたが、下値圏で再度腰折れ気配となっています。中期線は下落基調であり、中長期的には売り優勢の状況ということができるでしょう。短期線が再度下落となって下値圏での横ばいとなれば、目先も売り優勢となるところです。現状はバンドブレイクからバンドウォークとなるかどうかに関して、ややわかりにくい所ではありますが、上値の重さは意識されており、戻り売り優勢と言った状況となっています。

ドル円の下値

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日高値更新してから下落。
昨日の高値・安値・終値でPivotを計算すると、
R2の96.609を越えてから下げており、
当面の目標は本日のPIVOT96.192
ここまで下げないようだと、再び上値更新に向かう可能性。

東京市場前場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は堅調な推移となっています。ただ、一時の高値からは押し戻され、さらに12400円を割り込む時間帯が出るなど、思った以上に上値の重さも意識されています。為替相場でドル円がしっかりとした動きを見せているだけに、ちょっと意外な感じのする動きです。上値に対する警戒感か、利益確定の動きか、といったところとは思いますが、後場に向けて再度持ち直すことができるか、といったところでしょう。とは言え、少なくとも今日に関しては心配することはないとは思っています。

岩田規久男・学習院大教授

テーマ: モノローグ

だいまん

参院理事会での所信聴取で
「当座預金の付利、なくても良いという気持ちはある」
「長期国債を買っていけば2年以内に物価2%に達するだろう」
「今の段階ではリスク性資産に踏み込む必要はないと思うが、排除はしない」

「今の段階ではリスク性資産に踏み込む必要はないと思う」がマイナスの影響。

中曽・次期日銀副総裁候補

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆我が国の景気は下げ止まっている
☆日銀の経験活かし全力で総裁支える
☆2%物価目標の実現に向けて前例にとらわれず新しい発想で

岩田・次期日銀副総裁候補

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆全力で職務を遂行していきたい
☆デフレ予想を持つと実際にデフレに陥る悪循環に陥っている
☆アベノミクスの3本の矢の要は金融政策
☆すでにゼロ金利なので量的緩和を進めて行く必要がある
☆大胆な金融緩和が当分の間、必要だ

阿波踊り相場

テーマ: モノローグ

だいまん

ただ、現在は阿波踊り相場なので、乗らなきゃ、そんそんというわけで。

日経新聞

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行総裁
日銀総裁に就任すれば、早期に追加緩和に踏み切る考えを強調。

4月3-4日の新体制初の金融政策決定会合を待たずに、3月20日の就任後に速やかに臨時会合を開いて緩和策を打ち出す可能性を示唆したと報じた。

これで円売りが進んでいるが、何故昨日じゃないか?

つまり観測記事の範囲でしょう?

ドル円高値更新中

テーマ: 独り言

Ryuz

早朝から円売り加速。
ドル円は2009年8月以来の高値となる96.65近辺へ上昇。
ユーロ円は125.95近辺へ値を上げている。

日銀による早期緩和期待が高まっていることが背景。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(2月13・14日分)
08:50 (日) 1月第3次産業活動指数(前回1.40% 予想-0.20%)
08:50 (日) 1-3月期景況判断BSI・大企業全産業(前回-5.5)
08:50 (日) 1-3月期景況判断BSI・大企業製造業(前回-10.3)
09:00 (日) 岩田規久男学習院大教授と中曽宏日銀理事「参院議院運営委員会で所信聴取」
09:01 (英) 2月RICS住宅価格(前回-4%)
09:30 (豪) 2月NAB企業景況感(前回-2)
09:30 (豪) 2月NAB企業信頼感(前回 3)
16:00 (独) 2月卸売物価指数 [前月比] (前回+0.3%)
16:00 (独) 2月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
16:00 (独) 2月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.5%)
17:00 (南ア) 第4四半期経常収支 (前回-2025億ZAR)
18:30 (英) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.1% 予想+0.3%)
18:30 (英) 1月製造業生産高 [前月比] (前回+1.6% 予想+0.1%)
18:30 (英) 1月商品貿易収支 (前回-88.97億GBP 予想-90.00億GBP)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (独) 2012年独連銀年次報告
19:30 (独) インフレ連動債入札(2023年償還・10億ユーロ)
23:30 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回±0.0%)
02:15 (スイス) ビドマー=シュルンプフ・スイス財務相講演
03:00 (米) 2月月次財政収支 (前回+28.8億USD 予想-2200.0億USD)
日5年国債入札(2兆7000億円)、米3年国債入札(320億ドル)

ポンド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

東京時間の高値143.60付近をブレーク
ここをサポートできれば144付近を試しにいきそうだが

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.2038、ドル円は96.36へ一時値を上げ、ユーロ円が125.54、ポンド円が143.74、オージー円が98.88、NZD円が79.56、カナダ円が93.91、スイス円が101.57まで上昇した。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

40ドル高へ

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保って、目先も強含みで強い。

ニュージーランド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

2月の高値79.70付近が金曜日もレジスタンスになり
このレベルが短期的には重要なレベルか

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

98.40~50のレジスタンスを抜け上昇
金曜日の高値98.90付近に面合わせ
このレベルが短期のレジスタンスに

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

材料難から揉合い推移。 NYダウもマイナス24ドルからプラス31ドルの範囲で動意に薄い。
 ユーロドルは、1.2988から1.3016、ドル円は96.01から96.25へ一時値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.82から125.26、ポンド円が142.82から143.43、オージー円が98.20から98.77、NZD円が79.45、カナダ円が93.31から93.75、スイス円が100.98から101.33まで上昇した。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.02のポイントの上、かつ目先上向きでうまく上昇。
上のポイントは70前後。
基調はまだ弱気。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.02にポイントでその上で底堅い。
現状は目先だけ上向きで少し強さが見えているところ。
基調はまだ弱気。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドが売られる動き。
ポンド円は143.30、ポンドドルは1.49を上抜けなけば、
下方向の可能性が高いと考えている。
円買いやドル買いの動きになれば、さらに大きく下げるかもしれない。

レンジ相場

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 95.95/96.15
ユーロドル 1.2990/1.3010
ユーロ円 124.80/125.15

ここ数時間レンジ内で方向感のない動きが続いている。
今晩は経済指標もなく、米株動向が動く切っ掛けとなるか。

ポンド下落

テーマ: 概況

Ryuz

ポンドが対ユーロで下落。0.87ミドルを伺う展開に。。
対ドルでは1.49台を割り込み、1.4875近辺へ値を下げている。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、中心線をブレイクしての動きとなっています。中心線がちょうど1.30ドル前後の水準だったこともあり、先行きに対する警戒感はかなり高まることになっています。バンド幅は横ばいから縮小傾向に入ってきています。そもそもバンド幅自体は狭く、方向感は見えにくい状況ではありますが、そうしたなかで下限を目指す動きとなっています。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落となっています。勢いが急なので、下値圏まで到達するとしてもそれほど時間はかからないでしょう。一方、中期線は上昇基調で高値圏に入っていますが、腰折れ気味となっています。このまま中期線が天井打ちから下落ということになったら、中長期的な売り局面が意識されるだけに注意が必要です。目先はやや上値の重さが意識されての動きということが出来そうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と下限で挟まれたレンジを動いています。バンド幅がかなり狭い状況で、しかも横ばいとなっているため、方向感は見えにくい状況です。96.00円と96.25円のレンジが意識されており、このどちらをブレイクするかがポイントとなってきています。現状ではどちらとも言いがたい状況となっています。ただ、目先はバンドの中心線を上抜けている状況にはあります。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっています。その一方で、中期線は天井打ちから下落基調となっています。目先は上昇する可能性が高いところですが、先行きは上値の重さが意識されることになるのではないでしょうか。そうなると、バンドの上限で抑えられての下落といった動きになる可能性が高そうです。RCI短期線が天井打ちし、中期線が現状の基調を維持することになれば、バンドの下限をブレイクする可能性が高まるだけに、注意が必要でしょう。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=97.55-98.65)
戦略としては、97.85-00と98.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は98.50-65と売り上がって、ストップは99.00-05超えで、倍返ししても99.50や100円で利食い優先。 一方下値は97.70-75がストップで、97.55-60での買い直しの場合97.35-40がストップで、97.05-30、96.75-95と買い下がって、ストップは96.60-65割れでの倍返し。ターゲットは、96.45-50、96.20-35と買い戻し&買いで、ストップは96.00-20ゾーン割れ。 倍返しも検討されるが、ターゲットは95.80-90、95.55-70と買い戻しで、買いは95.25-40と買い下がって、ストップは95.15-25割れでの倍返し。 ターゲットは94.95-05、94.80-90の動向次第で買い戻し。買いは94.65-70と買い下がって、ストップは94.45-50割れや94.35-45割れでの倍返し。 (予想時レート: 98.25 予想時間 15:10)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=124.00-126.00)
戦略としては、124.80-85と125.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、125.15-20超えがストップで、倍返しも125.40-55での利食い&売りで、更に売り上がっても、ストップは125.90-00超えで、倍返しもターゲットは126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 一方下値は順張りから124.65-70、124.55-60と買い戻して、買いは124.40-45、124.15-20、124円前後と買い下がって、ストップは123.80-85割れで、倍返しも123.65-70、123.45-55の維持では買い戻し。買いは122.90-95、122.70-75、122.45-55、122.30-35、122.00-05まで順次買い場を探して、ストップは121.90-95割れや121.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは121.45-60の動向次第。 割れて121.35-40と買い戻しで、買いはこの位置から121.25-30と買い戻し&買い下がっても、ストップは121.10-20割れでの倍返し。ターゲットは120.95-00の動向を見る形だが、割れると120.70-75での買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。(予想時レート:125.00 予想時間 15:05

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

96.10を挟んで上下15銭程度の小動き。。
95.90台は堅いが96.20台は重く、方向感がない。
ユーロドルを中心としたクロス円中心の値動きとなりそう。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は後場に入り、上値の重さが意識される展開となりました。状況は悪くないのですが、利益確定の動きに上値を抑えられた格好です。ドル円の上昇が一服していることなども嫌気されたようで、一時12300円割れ目前の水準まで下落しました。しかし、そこから売り込むにも材料不足であり、引けにかけて若干持ち直しての動きとなりました。結局12349.05円となって終了しました。

為替相場は動きの少ない展開となっています。ドル円は96円が、ユーロドルは1.30ドルが意識されての動きとなっています。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円・クロス円は金曜に急騰。
しかし本日は上値も重く、ここから短期的には少し下げる可能性もある。
ただ大きな流れは上昇なので、押し目を確かめる動きとなりそう。

東京市場前場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価はじりじりと水準を上げて、上昇幅が100円を突破する展開となっています。それほど急激な動きではないものの、先週末の雇用統計の好調を背景に買い優勢の展開となっています。12400円が後場は意識されながらの展開となることが予想される所です。後はドル円次第といったところでしょう。

そのドル円ですが、現状は96円台前半での動きとなっています。下値の堅さは意識されていますが、96.25円前後の水準がやや重いといったところとなっています。ただ、下値を切り上げてきての動きだけに、ブレイクすると大きな動きとなる可能性もありそうです。逆に下値をブレイクされても大きくなりそうです。雇用統計後の材料出尽くし感は現状ではあまり意識されていないようです。欧州時間での動き次第でしょう。

黒田・日銀総裁候補④

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆外債購入は今検討する必要はない
☆国債のより長期のものを大胆に購入していくこと必要
☆外債購入、為替に対する影響も考慮すべき
☆質的な緩和も考えていく必要ある
☆為替の安定は政府の責任
☆付利撤廃、機能維持に重要との意見もある
☆付利撤廃の問題、欧米ではマイナス金利の議論も
☆付利撤廃、現時点では考えていないが十分に議論されるべき
☆金融政策の運営、スピード感が非常に重要
☆実際に雇用や賃金が改善しないと生活水準は改善しない

ドル円の長期

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は2007年の124.13から2011年に75.56まで下落。
この間はずっと円高の流れでした。
これが戻っていますが、38.2%戻しは94.114で
先週の上昇は水曜から木曜にかけてここで一度とまりましたが、
すぐに上昇を再開し96円ミドルまで上げました。
これだけの大きな動きの中では、1日程度は止まったと言えず、
50%戻しが99.845なのでここを目指すかもしれませんが、
先週の動きが円売りではなく、ドル買い主導である点を考えると、
ドル円が買われ過ぎている可能性も考慮する必要がありそうです。

テーマ: 概況

Ryuz

金曜日からの円安の流れを受け、東京7時過ぎから円売り再開。
ドル円は95.98/00から96.25/27、ユーロ円は124.70/72から125.02/04まで上昇。だが、9時を以降は輸出筋の円買いや短期筋の利食いが出て95.96/98、124.63/65へ反落。その後、黒田次期日銀総裁候補が更なる金融緩和について述べたことを受け、96.20台、125円台を回復。

黒田・日銀総裁候補③

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆行き過ぎた円高が是正される過程にある
☆緩和は貸出だけでなく他のルート通じ影響与えるの重要
☆円安の副作用、十分注意深く見ていかないといけない
☆為替相場、実態経済に即して推移するのが望ましい
☆日銀の現在の金融緩和で2%目標を早期実現は難しい
☆当然、さらなる金融緩和が必要である

黒田・日銀総裁候補②

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆為替や実態経済のすべてに中銀が責任負うわけでない
☆物価が先に上がり、その後、賃金が上がるケースが多い
☆2%物価目標、必ずや実現するつもりでいる
☆早急に具体的な緩和を審議決定したい
☆デリバティブ市場に出て行くことも検討していく
☆2%の物価目標は一種のアンカー
☆物価目標、市場の中期的な物価のアンカーを設定する機能ある
☆2%物価目標自体が簡単に変わるとは思わない

黒田・日銀総裁候補

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆日本がデフレ脱却するのはアジア、世界から期待
☆デフレ脱却は最大の課題
☆15年もデフレが続いているのは異例
☆政府・日銀の共同声明はデフレ脱却に向けた大きな一歩
☆物価目標は極めて画期的
☆物価目標を1日も早く実現することが使命
☆やれることは何でもする姿勢を明確に打ち出していきたい
☆政府と日銀とのより密接な意思疎通が大切

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

今日の東京市場は上昇してのスタートとなっています。ただ、現状は寄り付きが高値となっており、先行きに対しては利益確定の動きなどが意識される可能性はありそうです。そもそも雇用統計を通過して材料の出尽くし感が意識される可能性があるだけに、注意が必要ではあるでしょう。とは言え、雇用統計が良かったこともあり、下値は堅そうです。為替相場もドル円が堅調な動きを見せるなど、まずまず落ち着いた動きということができるでしょう。

金曜日の海外

テーマ:

だいまん

 金曜日の海外市場は、米2月雇用統計で、非農業部門雇用者数が、前月比+23.6万人、更に失業率が7.7%に急改善したことで、ドル買い、円売りが優勢となった。ただ、週末のポジション調整もあり、その後は利食いに押された。 
 ドル円は96.60まで上昇後95.50まで下落、ユーロドルは1.2955から1.3018まで反発したが、格付け会社フィッチがイタリアを格下げしたことで、上値を抑えられた。
 一方クロス円では、ユーロ円が125.95から123.80へ一時へ値を下げ、ポンド円が144.08から142.67、オージー円が99.01から97.70、NZD円が79.78から78.28、スイス円が101.82から100.06まで値を下げたが、NYダウが堅調な推移を継続したことで、その後は買い戻し気味で引けた。 またカナダ円は強いカナダ雇用統計を受けて、94.28まで上昇後92.86まで一時下落した。


AUD&NZD

テーマ: 独り言

Ryuz

今朝は特に大きなギャップもなくオープン。ただ、週末の中国指標を受けてAUDとNZDが20-30ポイント下でスタート。中国指標は鉱工業生産と小売売上の弱さが目立った。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

米国及び加市場夏時間移行
08:50 (日) 2月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
08:50 (日) 1月機械受注 [前月比] (前回+2.8%予想 -1.7%)
08:50 (日) 1月機械受注 [前年比] (前回-3.4% 予想-0.3%)
09:00 (日) 黒田東彦アジア開発銀行総裁「参院議院運営委員会で所信聴取」
11:10 (日) 石田日銀審議委員「栃木県金融経済懇親会における挨拶」
16:00 (独) 1月貿易収支 (前回+120億EUR 予想+144億EUR)
16:00 (独) 1月経常収支 (前回+173億EUR 予想+105億EUR)
16:45 (仏) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.1% 予想-0.2%)
17:15 (スイス) 1月実質小売売上高 [前年比] (前回+5.1%)
18:00 (ユーロ圏) 伊10-12月期GDP・確報値[前期比](前回-0.90%)
18:00 (ユーロ圏) 伊10-12月期GDP・確報値[前年比](前回-2.70%)
18:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
21:00 (独) フィッチェン・ドイツ銀行共同会長、ショイブレ独財務相議会証言

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月11日 06:24
EURUSD 1.2990-92
USDJPY 96.02--04
GBPUSD 1.4914-20
USDCHF 0.9518-21
USDCAD 1.0285-89
AUDUSD 1.0209-12
NZDUSD 0.8200-04
EURJPY 124.72-76
GBPJPY 143.22-32
AUDJPY 98.02-06
NZDJPY 78.74-79
CADJPY 93.31-38
CHFJPY 100.84-90
ZARJPY 10.54-61
EURGBP 0.8704-10
EURCHF 1.2366-71

あまり

テーマ: モノローグ

だいまん

変化の無いレベルでスタート。 最近はギャップがあまり空かないので、ちょっと安心。 

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月11日 03:08
EURUSD 1.2986-02
USDJPY 95.82-07
GBPUSD 1.4910-41
USDCHF 0.9504-15
USDCAD 1.0287-00
AUDUSD 1.0206-12
NZDUSD 0.8185-97
EURJPY 124.50-88
GBPJPY 143.04-39
AUDJPY 97.78-08
NZDJPY 78.43-77
CADJPY 93.02-39
CHFJPY 100.61-13
ZARJPY 10.51-62
EURGBP 0.8691-20
EURCHF 1.2353-66

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月11日 03:05
EURUSD 1.2983-03
USDJPY 95.83-06
GBPUSD 1.4908-39
USDCHF 0.9508-33

ユーロ円 124円割れ

テーマ: 概況

ウルフ

イタリアの格下げが調整のきっかけとなって
しまった感じです。

ユーロ円主導の円買いで、ドル円は一時95.40台まで
下押しする展開。

現状イタリア国債は急落から反発(金利は低下)する動きと
なっている事から、ここからドル円・クロス円の突っ込み売りは
避けた方が良さそう。


フィッチ イタリアを格下げ

テーマ: ニュース

ウルフ

ユーロが急落。
ユーロドルは1.3を回復後、1.2950台まで急反落。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.0245のポイントで上値を押さえ、
基調目先とも下向きで重い。
1.02にポイント。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一時84ドル高のNYダウが、値を消したことで、利食いが優位。

ユーロ円が125.95から124.49へ値を下げ、ポンド円が144.08から143.26、オージー円が99.01から98.09、NZD円が79.78から78.61、スイス円が101.82まで上昇後100.66へ値を下げた。 

またカナダ円は強いカナダ雇用統計を受けて、94.28まで上昇後、93.36まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 強い米2月雇用統計を受けて、ドル買いが進むも、その後は週末の利食いが優勢。
 
 ドル円は96.60まで上昇後95.81まで下落、ユーロドルは1.2955の安値から1.3001まで反発した。 

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

125円台が重くなってきた。
ドル円が何とか下げ渋ってはいるが、ユーロドルの重さが気になるところ。。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きに、割と重い。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強き、目先は売りすぎのゾーンで反発。

NYスタート

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは寄り付きから80ドル高まで上昇し、14,400ドル台に
のせる展開。
雇用の改善を受けた緩和解除の前倒し観測や週末要因、材料出尽くし等
による反落リスクは一応意識しておいた方が良いかもしれませんね。
その場合、クロス円の下落に引っ張られてドル円の上値も重くなる
可能性があり注意したいところです。

現在のレート
 ドル円:90.25

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

ストップ的な売りがでたもよう
1.29中盤を抜けると12月の安値1.2870~80付近が
ターゲットに

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

96.50台示現後、96.05まで反落。
ここまで大分期待で上げてきましたので、一旦利食いが
出たのでしょうか。

ただ、他に材料出ない限り、下げたら押し目買いが入る動きとなりそう。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

雇用統計後のドル円上昇を受け125.90/00まで上昇。
その後、ドル円が96円台ミドルが抑えられ、ユーロドル下落加速もあり125円台割れへ。
この水準ではドル円の押し目買いも強いこともあり、下げ渋っている。

米雇用統計

テーマ: 経済指標

YEN蔵

2月の非農業部門雇用者数は23.6万人と予想の16万を上回る
1月分は15.7万人→11.9万人に下方修正
2月分は19.6万人→21.9万人に上方修正
平均週労働時間、時間当たり賃金も上昇

家計調査は
労働人口は 13万人減少
就業者数は17万人増加
失業者数は30万人減少

U6失業率14.3%(1月14.4%)
長期失業者数 479.7万人(1月470.8万人)

良い数字なのだが労働人口は減少、長期失業者は増加

米雇用統計

テーマ: 経済指標

ウルフ

NFPは+23.6万人!(予想:16.5万人)
失業率は7.7%に低下。(予想:7.9%)
久々の強烈な結果を受け、マーケットはドル買いで反応。
米10年債利回りは急騰。ダウ先物も上振れとなりましたが、
FRBの出口戦略が意識されたのか、上昇は今のところ限定的と
なっております。

ドル円は一時96.50台まで上昇。ユーロドルは1.3010台まで急落して
おります。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

雇用統計の結果次第だが、豪ドルが買われる兆しがある。
AUDUSDが上昇しそうで、EURAUDは下げるかもしれない。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

0.82ミドルと0.82ハイにポイントでその中での動き。
外側に入れば、そちらのリスクに備える。

ポンド円

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンド円は先週計算した週足のシングルペネトレーションで
137.80付近から上昇し、目標値の144円に接近。
ここから上にさらに買いあがるとは考えにくく、
想定目標で利確が賢明と思っている。
雇用統計では逆転する可能性にも注意しておきたい。

テーマ: 独り言

Ryuz

東京午前中に95円台にしっかりと乗せ、現状95.50近辺で依然として底固い展開。

外人勢を中心として押し目買い意欲は強いが、米NFPを控えているためここからは買いにくい。
ユーロ円は2月25日高値(シドニー市場での125.36)を意識。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの95.03を超えて上昇リスク。
この上では素直に上方向に備え、きれでは押しに備える。
現状は買いすぎでも、上向きの配置。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限と中心線とで挟まれたレンジを動いている状況です。目先は下限から中心線に向けて上昇している動きで、中心線をブレイクすることができるかどうかに注目が集まります。価格としては1.3095ドル前後の水準となっています。バンド幅が狭いので、ブレイクしても大きな動きにはなりにくい状況ではないかと見ています。ややオーバーシュート気味に見て、1.31ドルが意識されそうな局面と言うことができるでしょう。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇基調となっています。目先はまだ買われやすいところであり、バンドの中心線をブレイクする可能性も十分にあります。一方、RCI中期線は下値圏での動きで、底打ちの気配もあります。中期線が底打ちから上昇となれば、大きな基調が変わる可能性が出てくるだけに注意が必要でしょう。そうなった場合はバンドの上限まで上昇といった動きが出てくる可能性が高まるところです。とは言え、価格的には1.3108ドル前後と上値余地は大きくはありません。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限で抑えられて中心線を目指しての下落となりましたが、中心線まで下落せずに再度持ち直す動きとなっています。再度バンドの上限を試すかがここからのポイントになりそうです。試すと日中高値を更新する動きとなります。バンド幅は縮小傾向に入ってきていますが、全体的にはまだ上昇基調といった状況になっています。まだ下値は堅く、買い優勢と言った状況です。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇しており、勢いもあります。一方、中期線は天井打ちからの動きでしたが、高値圏で再度持ち直すという、中長期的にかなり強い状況となっています。流れとしては依然として買い優勢と言った状況です。短期線がすぐに高値圏に入ってきそうで、そこからどういった動きになるのかが注目でしょう。高値圏での動きを維持するのか、天井打ちとなるかですが、バンド幅の縮小などを考えると、積極的には買いにくくなっていきそうです。

オプションバリアー

テーマ: 独り言

YEN蔵

95、95.25とバリアーを粉砕
いまは95.50のバリアーをせめているが、ここが抜けても
95.75、96.00が残っている
指標前にどこまでやるか

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経 +315.54 12283.62 +2.64%
TOPIX +16.15 1020.50 +1.61%
JASDAQ +8.79 1713.38  +0.52%
マザーズ -13.85 614.58 -2.2%
 
日経は7日続伸 300円を超える上昇でリーマンショック前の12214.76を
上抜け

TPPかな?

テーマ: モノローグ

だいまん

官邸の発表として「安倍晋三首相が11日16時30分に記者会見を開く」。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

8日の東京市場は、日経平均株価が315円高の上昇を示現したことで、円が軟調推移を継続している。 陳中国商務相が、「我々は競争的な通貨切り下げと戦うべき」と述べたが、反応は薄かった。 
 ドル円は94.79から95.44へ上昇も、95.50のオプションの防戦い上値を阻まれた。 ユーロドルは1.3116から1.3083まで下落した。 
 一方クロス円も軟調を維持して、ユーロ円が124.21から124.98、ポンド円が142.28から143.18、オージー円が97.35から97.74、NZD円が78.47から78.79、カナダ円が92.05から92.57、スイス円が100.53から101.04まで値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=99.50-101.40)
戦略としては、100.75-80と101.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りからターゲットは、101.35-40、101.55-65と利食い&売り直しで、ストップは101.80-85や101.95-00超えで、倍返しも102.15-20や102.25-35の動向次第で利食い優先。 超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは102.60-65での利食い&売り直しで、ストップは102.80-85超えや103.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは103.15-20、103.35-45と利食い&売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値は100.65-70と買い下がって、ストップは100.50-60割れとするか、100.45-50と買い下がって、ストップは100.15-25割れでの倍返し。ターゲットはなる99.75-80、99.55-60と買い戻しで、買いは99.30-40、99.05-20と買い下がって、 ストップは98.85-95割れや98.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは98.50-65での利食い&買いで、ストップは98.40-50割れでの倍返し。ターゲットは、98.15-25、97.95-00、97.75-80と買い戻し場を探す形。 買いは維持でのケースのみで、ストップは97.40-45割れで、倍返しも97.25-35や97.10-20での買い戻しで、買いはこういった位置から96.85-95と買い下がって、ストップは96.65-75割れでの倍返し。ターゲットは96.40-50での買い戻し&買い。96.15-25がストップ。95.95-00、95.70-80、95.55-60、95.25-35と買い場を探して、ストップは94.95-05割れで、94.85-90の維持では買っても、ストップは94.65-70割れで倍返し。(予想時レート:100.90 予想時間 16:00)

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月8日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月8日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=94.65-95.80)
戦略としては、95.25-30と95.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は積極的なら順張りも、95.75-85での利食い優先から、売りは96円超えがストップで、96.10-20-30の売り直しは、96.50超えをストップに対応となる。 一方下値は95.00-15と買い下がって、ストップを94.85-95や95.75-80とするか、94.65-70と買い下がって、ストップは94.35-45割れで、94.20-35での買い直しのストップは94.05-15や93.90-95割れで、93.75-85割れが倍返しとなるが、93.60-70の維持では買い戻しで、買いは93.45-55をストップとするか、93.20-30、93.05-15と買い下がって、93.00-05割れがストップ、92.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは92.75-80、92.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。(予想時レート:95.35 予想時間 15:20)

一部では

テーマ:

だいまん

95円のドル円バリアーを超えた今、更なる上値には、これに順ずるような規模の防戦はないようだ。。。。

ということで、軽い? 

既に95.50はタッチするでしょう。

影響は軽微

テーマ: モノローグ

だいまん

陳中国商務相
「円などの主要通貨が中国に影響を与えるだろう」
「中国は各国がG20のコンセンサスを順守することを望む」
「我々は競争的な通貨切り下げと戦うべき」
「通貨安は市場が決めるべき」

甘利明経済再生担当相
「マインドの変化が実体経済に少しずつ反映しつつある」
「株価は高いに越したことはない」

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

260円の上昇となった日経平均株価を受けて、円が軟調推移。 
 ドル円が95.44レベルへ上昇、ユーロドルが1.3088まで下落。
 ユーロ円が124.98、ポンド円が143.18、オージー円が97.74、NZD円が78.79、カナダ円が92.57、スイス円が101.04まで値を上げた。 

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上昇に当面の目標値95円に到達。
本日はその後も上昇しているが、今夜は雇用統計!
ドル円買いに傾いているので、結果が良ければもう一段だが、
弱いと、急落の可能性もあり、ここではリスクを取りたくない。
落ち着いて待つ、というのが大事と言い聞かせている。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、円売り、ドル売りのリスク志向の動きが強まった。 ドル円は2009年8月18日以来の高値となる95.10へ上昇、ユーロドルは、ECB理事会が金利を据え置き、ドラギECB総裁の記者会見で、今後の利下げを示唆しなかったことで、1.31185の高値まで一時上昇した。また、ポンドドルは、英MPCで、資産買取プログラムの規模が据え置かれたことで、1.5082まで上昇後、1.5006まで値を下げた。 
 一方クロス円では、ユーロ円が124.56、ポンド円が143.00、オージー円が97.58、NZD円が78.63、カナダ円が92.30、スイス円が100.82の高値なで値を上げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 第4四半期GDP・二次速報 [前期比] (前回-0.1%)
08:50 (日) 第4四半期GDP・二次速報 [前期比年率] (前回-0.4%)
08:50 (日) 第4四半期GDPデフレーター・二次速報値[前年比](前回-0.60%)
08:50 (日) 1月経常収支 (前回-2641億円 予想-6263億円)
08:50 (日) 1月貿易収支 (前回-5676億円 予想-1兆5123億円)
14:00 (日) 2月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回49.5)
14:00 (日) 2月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回56.5)
14:00 (日) 3月金融経済月報・基本的見解
17:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員講演
17:15 (スイス) 2月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.3%)
20:00 (独) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
20:00 (ユーロ圏) 欧州中央銀行「LTRO返済予定額発表」
20:00 (ユーロ圏) プラートECB理事、クーン・ベルギー中銀総裁講演
22:15 (加) 2月住宅着工件数 (前回16.06万件 17.予想20万件)
22:30 (米) 2月非農業部門雇用者数 (前回+15.7万人 予想+15.1万人)
22:30 (米) 2月民間部門雇用者数(前回+16.6万人 予想+16.6万人)
22:30 (米) 2月失業率 (前回7.9% 予想7.9%)
22:30 (加) 2月雇用ネット変化 (前回-2.19万人 予想+0.75万人)
22:30 (加) 2月失業率 (前回7.0% 予想7.1%)
22:30 (加) 第4四半期労働生産率 [前期比] (前回-0.5%)
24:00 (米) 1月卸売在庫 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.3%)
24:00 (墨) メキシコ銀行・政策金利発表
(中) 2月貿易収支(前回+291.5億ドル 予想-55.0億ドル)
日30年債入札(7000億円)

3/09
10:30 (中) 2月消費者物価指数[前年比](前回2.00% 予想3.10%)
10:30 (中) 2月生産者物価指数[前年比](前回-1.60% 予想-1.50%)
14:30 (中) 2月鉱工業生産[前年比](前回10.30% 予想10.10%)
14:30 (中) 2月小売売上高[前年比](前回15.20%)
14:30 (中) 2月固定資産投資[前年比](前回20.60% 予想20.90%)

3/10
米国・カナダ市場夏時間に移行

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が124.56、、ポンド円が143.00、オージー円が97.58、NZD円が78.63、カナダ円が92.30、スイス円が100.82まで値を上げた。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は、95.10へ上昇、ユーロドルは、ドラギECB総裁の、記者会見での発言受けた上昇が継続。 1.31185の高値まで一時上昇した。

 一方ポンドドルは、英MPCで、資産買取プログラムの規模が据え置かれたことで、1.5082まで上昇後、1.5017まで値を下げた。 

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

95円台見たことで、一旦、やりきった感は感じられる。
まだ押し目あれば拾うだろうが、95.00はまだ高過ぎる。
明日の米雇用統計を前に少し買い過ぎのイメージ。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

レジスタンスに到達、
大枠でも目先も買いすぎのゾーンに到達。

ドル円95円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

95円台示現後は直ぐに売りに押される展開。

ドル円が95円台

テーマ: 概況

コロフ

ドル円が95円台に突入しました。ストップなどを巻き込んで、一時95.10円前後の水準まで上昇しています。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは50ドル高まで上昇。
ADP・ベージュブック・新規失業保険申請と良い材料が続いた
事に加えこの株高です。
現状円を買う理由は無いといった感じで、ドル円はついに
93円midのレジスタンスを突破し93.80台まで上値を拡大。
ユーロ円も124円台を回復する等、円全面安の展開となっております。

マーケットは明日の雇用統計についても、かなり楽観視している様で、
いよいよ95円台が視野に入って来た感じでしょうか。
雇用統計の結果を見る前に95円台を示現してしまいそうな値動きですが
95円前後はかなり売りが厚いとの観測もありますので、高値掴みには
気をつけたいところです。

現在のレート
 ドル円:94.80

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向となり上昇、
まだ勢いはあるが買いすぎのゾーンに入ってきた。
レジスタンスは95円。

ポンド円

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンド円は137円台を底に上昇していて、現在は142円台。
3/5にも書いたが、週足で計算するとポンド円は144円まで上昇する予測で、
週足なので時間がかかっているものの、その方向へ動いている。
現在の上昇はポンド買いが牽引しているようで、この動きが続くか注目。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

123ハイに今日のポイント。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押したが目先は上向きを保ち、基調も上向きに。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:34.0万件
 予想:35.5万件

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ドル円は94.60台を示現し、本日高値を更新。

ドル円 その4

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上昇。
ドル円は前回2/25の高値が業者やインターバンクで違うので、
これをいくつで取るかによりフィボナッチの計算値も違ってくるが、
だいたい94.87から95円というところ。
当面は94円後半が目標値となりやすい。

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は17時台に上値が伸びず、このまま上がらないと思っていたが、18時台に急騰。
その後も下げずに、上値トライしそうな展開。
当面、本日安値を下抜けなければ上方向の可能性が高そうだが、
まずはこの後のイベントに注目。

あと10分でBOE

テーマ: 独り言

Ryuz

本日のBOEは政策金利0.50%据え置き、QE規模250億ポンドの拡大が焦点。

QE規模拡大については予想が分かれている状況。

独1月製造業受注

テーマ: 経済指標

Ryuz

前月比-1.9%(予想+0.6%)

ユーロは対ドルで1.3020→07/09
対円で122.60→46/48へ下落。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

まだ基調が弱気の中、日足ポイントにぶつかって反落。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

続伸。

125.36→118.74の61.8%戻し=122.83もクリア。
BOE後のポンド絡みの動き、ECB後のユーロ絡みの動き、ますます要注意。

スペイン国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

2015年償還 平均落札利回り2.632% 前回2.713% 5.69億ユーロ 応札倍率4.9倍 前回2倍
2018年償還 平均落札利回り3.572% 前回4.122% 20.26億ユーロ 応札倍率2.3倍 前回2.2倍
2023年償還 平均落札利回り4.917% 前回5.202% 24億ユーロ 応札倍率2.3倍 前回1.6倍

好調な入札でスペイン10年国債利回りは3.95%付近まで低下
ユーロドルも1.3040付近まで上昇

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

85でうえぬけの形で目先は上向きとなり反発。
基調はまだ強気ではない、
今日のポイントは1.30ミドルで、越えてくると上の芽。

ユーロポンド

テーマ: 独り言

YEN蔵

レジスタンスになっていた0.8360~65付近を上方ブレークし
0.8685~90付近まで上昇
英系銀行の買いが目立っていたようだ
0.8690~95付近が50%戻し(2月25日0.8812~26日0.8573)
ここがレジスタンスになっているが、抜ければ61.8%が
0.8720~25付近

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」、U-Stream版は、午後6時半スタートです。


http://ustream.forexwave.net/

ユーロ上昇

テーマ: 概況

Ryuz

ECBアナウンスを控え、ユーロが買われている。

対円では早朝の高値を超えると122.40台へ上昇。
対ポンドでは3/1高値0.8685近辺まで値を上げている。

反応は鈍い

テーマ: モノローグ

だいまん

フランス1月貿易収支
58億6200万ユーロの赤字。市場予想は47億ユーロで、赤字幅拡大も。。。。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は93.80割れぐらいまで下げたが、想定の93円ミドルまで下げなかった。
それでも一旦は下げ止まって上方向に動いているように見えるが、
ドル円は十分に買いの流れとは言えず、手を出さない方が無難と思っている。

普段は動かない

テーマ: モノローグ

だいまん

16:45 (仏) 1月貿易収支 (前回-53.49億EUR) に注意。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=140.00-142.00)
戦略としては140.65-75と141.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、141.25-35と売り上がって、ストップは141.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは141.55-75、142円前後と利食いで、売りはこういった位置から142.30-45と売り場を探して、ストップは142.70-80超えや142.90-143.10超えでの倍返し。ターゲットは143.35-45、143.45-55と利食い&売り直しで、このストップは143.55-60超え、143.75-80、143.90-95での売りにストップは、144.15-25超えで、倍返し。 一方下値は140.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは140.30-40、140.20-25と買い戻しで、買いは維持を見て対応だが、ストップは139.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは139.60-65、139.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは139.10-30割れで倍返し。 ターゲットは138.85-95、138.55-65と買い戻しで、買いは138.35-45と買い下がって、ストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返し。(予想時レート:140.90 予想時間 15:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2920-1.3060)
戦略としては、1.2980-90と1.2995-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りまたは、1.3010-20超えでの倍返し。ターゲットは1.3035-50での利食いで、売りは1.3055-60まで売りあがって、ストップは1.3070-80超えでの倍返し。ターゲットは1.3100-10の動向次第。 超えて1.3120-25、1.3135-45と利食い&売り上がって、ストップは1.3150-65超えでの倍返し。 ターゲットは、1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.2965-70割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2925-30割れ。 ただ、オプションの防戦からは、1.29を前に、1.2915-25は止まり易いので、ストップせずに1.2915-25を買うスタンスでも検討される。 また更に1.2895-05まで買い下がって、ストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。(予想時レート:1.2995 予想時間 15:30)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限までは届いていなかったものの、下落基調の動きから反転上昇し、バンドの中心線をブレイクしての動きとなっています。バンドの上限を試す動きとなりましたが、現状では届いていません。上値の重さが意識されている状況で、逆に押し込まれる可能性が高まっています。まずはバンドの中心線までの下落といった動きになっていきそうです。バンド幅はゆるやかに拡大していますが、今のところ特に注目しなくてもよさそうです。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落する動きとなっています。目先は売られやすい地合いとなっています。一方、中期線は上昇基調を維持しており、中長期的には底堅い動きが期待される所です。一時的に下落基調となっても、押し目買いが優勢となっていくでしょう。バンドの中心線では支えられやすい状況となっています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から持ち直しての動きとなっており、バンドの中心線まで押し戻す動きとなっています。ここからさらに上昇し、中心線をブレイクすることができるかどうかがポイントになりそうです。バンド幅が縮小しており、可能性がないわけでは無さそうですが、大きな動きにはなりにくそうで、抑えられる可能性のほうが高いようにも思われます。 抑えられるとバンドの下限である93.82円前後の水準まで下落といった動きになるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。これが高値圏での動きを維持するのか、天井打ちとなるのかで方向感は変わってきそうです。一方中期線は下落基調で下値圏に入っています。中長期的には売られやすい地合いとなっています。そう考えると、短期線が天井打ちして下落する可能性が高いということが出来そうです。現状は戻してきていますが、バンドの中心線で抑えられて再度下落といった動きになりやすいのではないでしょうか。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月7日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月7日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

日銀アナウンス後や米ダラス連銀総裁発言もあり、ドル円は93.80を割り込んだが、まだ押し目買い意欲は強い。

現状93.60/70がサポート、割り込むようだと93.35/45が視野に入ってくるが、今晩のECB理事会や明日の米雇用統計を控えてか売買交錯の様相。

フィッシャー・米ダラス連銀総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆安倍首相による日銀の政治利用を懸念

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は94円をつけたが、94円台には売りも多い模様。
93.80-75付近を下抜けると、93円ミドルまで下げる可能性がある。
93円ミドルで下げ止まるかどうかに注目している。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日はドル買いで、USDJPY、USDCHFが上昇、
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが下落。
このうち、円とポンド、ユーロは本日金融政策を発表。
日銀は既に据え置きを発表しており、今夜はBOEと、ECBだが、
昨日がここでの動きを期待したものだと、今日は動きにくい。
ひとまず、ドル買いは一旦様子見。

日経平均株価は

テーマ: モノローグ

だいまん

12000円台乗せも、SQを前に意図的な買いあがりもあるようで注意が必要との声も。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果公表
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 1月貿易収支 (前回-4.27億豪ドル 予想-5.00億豪ドル)
10:30 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁、講演
14:00 (日) 1月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回93.4)
14:00 (日) 1月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回92.6)
15:30 (仏) 第4四半期失業率 (前回10.3%)
15:30 (日) 白川日銀総裁記者会見
15:45 (スイス) 2月失業率 (前回3.4%)
16:45 (仏) 1月貿易収支 (前回-53.49億EUR)
17:30 (ユーロ圏) モスコヴィシ仏財務相、パドアン経済協力開発機構局長講演
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
19:30 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長、ケニー・アイルランド首相講演
20:00 (独) 1月製造業受注 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.7%)
20:15 (ユーロ圏) ケニー・アイルランド首相講演
20:30 (スイス) ジョーダンSNB総裁会見
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:30 (米) 2月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回-24.40%)
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁・記者会見
22:30 (米) 1月貿易収支 (前回-385億USD -430億USD)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.4万件 予想35.5万件)
22:30 (米) 第4四半期非農業部門労働生産性・確報 [前期比] (前回-2.0% 予想-1.5%)
22:30 (米) 第4四半期単位労働費用・確報 [前期比] (前回+4.5% 予想+4.1%)
22:30 (加) 1月国際商品貿易(前回 -9.0億CAD 予想-5.5億CAD)
22:30 (加) 1月住宅建設許可 [前月比] (前回-11.2%)
05:00 (米) 1月消費者信用残高 (前回+145.95億USD 予想+150.00億USD)
06:45 (NZ) 第4四半期製造業売上高 [前期比] (前回+1.6%)
FRB「金融機関ストレステスト結果発表」
ブラジル中央銀行・政策金利発表

ベージュブック

テーマ: モノローグ

だいまん

「2月の米経済は、控えめないし、穏やかな成長」
「12地区の大半が個人消費の伸びを報告」
「製造業は大半の地区で穏やかに改善した」
「大半の地区の自動車販売は力強い、ないし堅調」
「ほぼ全地区で住宅が上向いた」
「賃金圧力は総じて限定的」
「数地区で雇用は抑制」

円安

テーマ: 概況

コロフ

ドル円が94円台に乗せたことを背景に、クロス円も今日の高値圏での動きとなっています。特に資源国通貨である豪ドル、カナダドルが上げ幅を拡大しての動きとなっています。ベージュブックでも米国の堅調が示されており、期待感が支配する状況となっています。

ドル円が

テーマ: モノローグ

だいまん

94円台のせ。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円がロンドン初頭の高値122.02から121.55まで下落後122.01まで再上昇、

ポンド円が141.29から140.71、オージー円が96.27の日中高値から95.90、NZD円も78.04から77.54まで調整、スイス円が99.17から98.78での推移。

カナダ円は、カナダ中銀が政策金利を据え置いたが、声明がハト派的な内容であったことで、91.08から90.51まで下落後、買い戻し気味となった。

NY中盤まで

テーマ: モノローグ

だいまん

米2月ADP全国雇用リポートが、市場予想を上回ったことでドル買いが優勢となった。 

ユーロドルは、1.2983まで下落、ポンドドルが1.5016まで値を下げ、ドルスイスが0.9480、ドル円は93.93まで上昇した。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

ドルが全般的に強い中で、ドル円も上昇
4日の高値93.70付近をブレークし2月25日以来の高値に上昇
93円台中盤がサポートされれば、93.50~94のレンジれ推移か

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きを保ち、基調も強含みに。
ポイントの66も抜けてきた。

カナダドル

テーマ: 概況

コロフ

カナダドルが経済指標が予想に届かなかったことを受けて、売られやすい地合いとなっています。日中の安値圏に入っており、先行きにも警戒感が高まる状況となっています。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、目先は下向きを保って
重い配置から下落。
1.0240にポイント。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

ADPを受けたダウ先物・米長期金利の上振れを受けても、
上値を伸ばしきれず、93.60台示現後はほぼ行って来いの展開。

しかし、上値思いですねぇ。こうなると再び下落リスクが頭を
もたげたりもしますが、現状円買いを仕掛ける理由も無く、
袋小路に入ってしまった感じです。

今しばらくレンジ相場は続きそうですね。
材料出るまでじっと我慢します。

現在のレート
 ドル円:93.48

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きから上昇したが、基調は強気にはならず。
今日のポイントも93.66にある。

ドル円 その4

テーマ: 独り言

田向宏行

ADPの結果を受けてドル円は上昇。
93.50付近を上抜け、3/4の高値93.70に向かう。
ここを上抜けると、94円が見えてくるが、
ここからは売りも多く上値も重くなりそう。
ドル円の新規買いは控えた方がいいかもしれない。

ドル買い

テーマ: 独り言

Ryuz

米ADPの良い数字を受けドル買い加速。

ドル円は93.60台へ上昇。ユーロドルは東京後場の1.3070台から20台へ下落。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP雇用統計
 結果:19.8万人
 予想:17.0万人

発表後、マーケットはドル買いで反応。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きで少し下げたが基調は強気を保って底堅い。
ポイントも1.30ローにある。

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はこのあと数時間で93.50を上抜けできないと、
93.30付近を下抜け、一旦は下げるかもしれない。
その場合は93円台でサポートされるかに注目。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

超短期的には、東京の安値1.3040をブレークして下落しているが
1.3030付近がサポートされ1.3030~40で推移
1.3030が下抜けすれば昨日の安値1.3005~10付近がサポート
1.3040を上抜けすれば、東京の高値1.3065~70がレジスタンスの
レンジになろう

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーンに到達し
目先は下向きを保って重い配置。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は93.50、93.70を上抜けできるかに注目。 
ここを抜けると94円台も視野に入るが、上値は重そう。 
上抜けできないと、93.70~92.80の狭いレンジをどちらに抜けるかになりそう。

欧州株式市場序盤

テーマ: 独り言

YEN蔵

ドイツDAX +0.8%
フランスCAC40 +0.3%
英FT +0.27%
イタリアFTSEMIB +0.11%
スペインIBEX +0.43%
ギリシャGD.AT +0.78%

アジア時間の流れを受けて総じて堅調

クロス円上昇

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロ円は122.07/09、豪ドル円は95.99/01、ポンド円は141.28/30へ値を上げている。

ドル円は堅調なクロス円を受け93.40台でしっかりの展開。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整が入り、中心線では支えられる動きを見せましたが、再度下落して一時下限まで下落するなど、下落幅を拡大する展開となっています。バンド幅は縮小傾向であり、方向感は見えにくい状況ですが、下限をブレイクする可能性もあるので、その点は頭に入れておきましょう。現状の下限は1.3043ドル前後の水準です。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏での動きとなっています。底打ち気配もあったのですが、現状は下値圏で横ばいとなっています。これが持ち直せば、バンドの下限にタッチしているだけに、調整の上昇といった動きになるでしょう。ただ、RCI中期線は天井打ちから下落基調となっており、中長期的には売られやすい地合いとなっています。一時的に戻しても売り優勢と言った状況ということができるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは東京時間帯で一時93円割れを試す動きとなりましたが、そこから持ち直しての動きとなっています。バンドの下限から上昇し、中心線で押さえられる時間が続きましたが、ブレイクして上限を目指す格好となっています。ただ、上限には届かず目先は下落する動きとなっており、上値の重さも意識される状況となっています。バンド幅は横ばいで、大きな動きにはなりにくい状況です。

RCIで見ると、短期戦が上昇して高値圏での動きとなっています。これが下落するのか、この水準を維持するのかがポイントになりそうです。一方、中期線は底打ちから上昇となっており、中長期的には買い優勢の状況ということができるでしょう。目先は調整の可能性も出てきていますが、基本的には押し目買い優勢といったところではないかと思います。ちなみにバンドの中心線は93.21円前後の水準となっています。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 6日の東京市場は、昨晩のNYダウの史上高値更新を好感する動きも、実需の売りが上値を抑えた。 ただ、引けにかけて日経平均株価が250円近い上昇となったことで、下値を限定されたが、総じて揉合いの範囲を逸脱する動きとはならなかった。 
 ユーロドルは、1.3043から1.3071まで反発、ドル円は93.38から92.99まで一時値を下げた。 
 クロス円では、ユーロ円が121.85から121.51へ下落後、再度121.70台へ値を戻し、ポンド円が141.28から140.88、NZD円が77.70から77.43 カナダ円が90.90から90.66、スイス円が99.21から98.88での推移となったが、オージー円は堅調な豪GDPを受けて、95.60から95.91へ値を上げた。 (16:00現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=90.00-91.60)
戦略としては90.50-60と90.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は91.10-20超えでの倍返し。 ターゲットは91.30-45、91.55-85と利食い&売り直してストップは91.95-00超え、92.15-25、92.45-50と売り上がって、ストップは92.65-70超えや92.70-80超えの倍返し。ターゲットは92.90-00、93.00-30と利食いで、売りは93.35-45と売り上がって、93.50-60超えがストップで、93.70-80での売りはCapを見て対応。 売ってもストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は90.40-45割れでの倍返し。ターゲットは90.10-15を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いはこの位置から89.80-00と買い下がって、ストップは89.50-65割れでの倍返し。 ターゲットは89.20-25、89.00-05と買い戻し&買い下がって、ストップは88.70-75割れで、88.55-60割れや88.45-50割れでの倍返し。 ターゲットは88.35-40、88.20-25と買い戻しで、買いは88.05-10と買い下がって、ストップは87.95-00割れ、87.85-90割れでの倍返し。(予想時レート: 90.80 予想時間 15:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3025-1.3145)
戦略としては、1.3055-60と1.3070-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は順張りからターゲットは1.3100-10の動向次第。 超えてターゲットは1.3120-25、1.3135-45と利食い&売り上がって、ストップは1.3150-65超えでの倍返し。 ターゲットは、1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.3045-50と買い下がって、ストップは1.3035-45割れで、1.3025-35での買い直しの場合、ストップは1.3010-20割れ、1.3000-05割れでの倍返し。ターゲットは1.2975-85や1.2965-70の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは、1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2925-30割れ。 ただ、オプションの防戦からは、1.29を前に、1.2915-25は止まり易いので、ストップせずに1.2915-25を買うスタンスでも検討される。 また更に1.2895-05まで買い下がって、ストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。(予想時レート:1.3065 予想時間 15:15)

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は92.85付近を下抜けなければ、ここからは上昇の可能性。
94円ミドルぐらいを目指すと思われる。
逆に下抜けると、前回の90円台の可能性があるが、
それよりさらに下は考えにくい。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月6日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月6日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

岩田副総裁の

テーマ: モノローグ

だいまん

話というより、やはり3月末に向けてレパトリ気味の売りオーダーや実需売りが散見されるようだ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

先週から出来高が半減気味らしい。。。。。

理由は不明? 91-94円の注文がほとんど付いちゃったからかも。。。

豪10-12月期GDP

テーマ: 経済指標

Ryuz

前期比+0.6%(予想+0.6%)
前年比+3.1%(予想+3.0%)

豪ドルは1.0275/80へ上昇。

案外

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円、クロス円の上値は重い感じ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 第4四半期GDP [前期比] (前回+0.5% +0.60%)
09:30 (豪) 第4四半期GDP [前年比] (前回+3.1% +3.00%)
16:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁講演
18:45 (英) キングBOE総裁・議会証言
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値 [前期比] (前回-0.6% 予想-0.6%)
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・改定値 [前年比] (前回-0.9% 予想-0.9%)
19:30 (ユーロ圏) 独5年債入札(40億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-3.80%)
22:15 (米) 2月ADP全国雇用者数 (前回+19.2万人 予想+16.2万人)
22:15 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
23:00 (ユーロ圏) トリシェ前ECB総裁講演
24:00 (加) 加中銀政策金利発表
24:00 (加) 2月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回58.9)
24:00 (米) 1月製造業受注指数 [前月比] (前回+1.8% 予想-2.2%)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回113.0万バレル)
04:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
ポーランド ポーランド国立銀行・政策金利発表

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが史上高値を更新後も底堅く推移。

リスク志向の動きが続いている。

ユーロドルは、ロンドン初頭の高値1.3076から1.3012まで下落後買い戻し気味。

ル円は92.94から93.52まで値を上げたが、案外上値が重い。

一方クロス円は、ユーロ円が121.26から121.82まで上昇も、ユーロ円も121.80台が重い感じ。

その他ポンド円が140.81から141.44、オージー円が95.17から95.71、NZD円gあ76.90から77.59、カナダ円が90.58から90.92、スイス円が98.80から99.25まで一時値を上げた。 

ユーロオージ

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.2660付近がサポートされた後、1.2660~1.2900のレンジ
になっているが、下攻めしたそうにしている
1.2550~1.2600のゾーンを完全に抜ければ、中期的には
ダウントレンド継続になり1.2~1.25のレンジに戻ると思っている
ここが抜けられるかどうか、サポートされれば1.25~1.3継続

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強気の配置を保ってまだ上値を狙いやすい配置。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

0.9300-05にポイント。
この上にのってくると上の芽がでてくるところ。
基調は強き。

オセアニア通貨堅調

テーマ: 概況

コロフ

市場全体のリスク志向の動きを受けて、オセアニア通貨が堅調な地合いとなっている。豪ドルは対円、対ユーロで今日の高値が意識されている状況で、NZドルもしっかりとした動きを展開している。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置から日足のレジスタンスまで上昇し、
そこでとめられて反落、目先は弱含みに。
サポートは1.30ローと、1.29ハイ。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

米2月ISM非製造業景況指数の好結果を受け次第にドル買い地合いに。。

93.50台を回復し、クロス円もじり高。。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保ち、目先も強い含み、ポイントの37もこえてきた。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM非製造業景況指数
 結果:56.0
 予想:55.0

発表後、マーケットはドル買いで反応。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が91円から94円でレンジになっているため、
クロス円もレンジで動きがない。
ボラティリティも低く、当面、円は手を出しにくい。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保って重い。
基調は方向感さぐっているところではっきりしない。

今晩のオプションNYカット

テーマ:

Ryuz

大きいところでは、ユーロドルの1.3000 / 1.3050、ドル円の94.00

といったところ。

ポンドドル

テーマ: 独り言

Ryuz

1.5197/99を高値に1.5156/58へ反落。

明後日のBOEを控え、緩和観測の根強い通貨だけに1.52台では戻り売りが優勢か。。
昨日の安値からほぼ200 pip上げてますしね。。

豪ドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

RBA後の下落で1.02割れがサポートされ
1.0220~25付近のレジスタンスをブレークして、
現在ここがサポートレベルになっている
1.0250~55付近をブレークすれば、短期的には1.0285~90付近が
次のレジスタンスに

ポンド円

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドが買われ、ポンド円も上昇の動き。
週足の計算値では144円まで上昇する可能性があり、
ドル円が上昇に転じると、ここからさらに上げると考えている。

ポンドドル

テーマ: 概況

Ryuz

英サービス業PMIの好結果を受け、ポンド買い強まる。

対ドル 1.5130→1.5198/00
対ユーロ 0.8630→0.8589/91
対円 140.85→141.41/43

とポンド買いが優勢。。

ユーロドル

テーマ:

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きとなっています。バンドブレイクからバンドウォークとなるかどうかに注目が集まります。ただ、バンドの下限がほぼ横ばいとなっており、急激な動きには現状ではなりにくいといった所ではないでしょうか。一時的な調整が入る可能性もありそうで、その点は意識しておいたほうが良さそうです。調整が入るとしたら、バンドの中心線である1.3034ドル前後の水準といった所ではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落していたものの、再度持ち直しての動きとなっています。中期線は高値圏での横ばいとなっており、方向感としては買い優勢の状況が継続されている状況です。問題は短期線が高値圏に入ってきていますが、これが天井打ちとなるのか、横ばいとなるのか、といったところでしょう。高値圏での横ばいとなれば、一気にバンドブレイクからバンドウォークとなる可能性が高まるので注意が必要でしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクして下落する動きから調整が入ったものの、中心線まで届かずに再度下落する流れとなっています。バンドの下限が今日の安値水準であるだけに、警戒感が強まる状況ということが出来そうです。バンドの上下限が下落基調となっていることを考えると、大きな動きにはなりにくいものの、下落トレンドを継続する展開となる可能性が高いでしょう。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっていますが、中立水準に届かない段階で横ばいへと変化しています。これが再度下落となったら危険です。中期線は下落基調で下値圏での動きとなっています。中長期的にも売り優勢と言ったところです。問題は短期線の動きですが、バンドの下限まで下落してきているだけに、再度持ち直す可能性が高いのではないでしょうか。ただ、流れは下向きで、再度安値を目指す動きとなりそうです。92円台後半を下にブレイクできるかがポイントでしょう。

注目通貨

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットの注目は円から欧州通貨へ移ってきていそう。
このディーラーズバトルの書き込みにも円ペアは減っていて、
欧州通貨や豪ドルが増えており、複数の書き手が
同じような通貨を見ている点からも、円はしはらく外されそう。
今週はBOE、ECBの金融政策発表があり、
BOJもあるが注目はされていなさそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

レジスタンス1.3050TRY中。。クリアーに上抜ければ1.3100台も。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日の近くのポイントは1.30ローと1.30ハイ。
現状は強気の配置。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調も目先も上向きを保って強い配置。
94.90にサポート。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経 +31.16 11683.45 +0.27%
TOPIX -3.63 988.62  -0.37%
JASDAQ +5.46 1663.25 +0.33%
マザーズ -1.7 610.68  -0.28%

朝方は11,767.68の昨年来高値を上回ったが、
日銀副総裁の所信聴取終了などから利食いなど一服感
ドル円の93円割れなどで、後場にかけては下落

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調も強気になり、強い配置から反発してきた。
目先は買いすぎのゾーンで反落。
1.0275にレジスタンスで、この下ではまだあがりにくい。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=76.75-77.75)
戦略としては76.95-05と77.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、77.35-45超えでの倍返し。 ターゲットは77.55-75、77.80-85と利食いで、売りは78.15-20と売り上がって、ストップを78.35-40超えとするか、78.55-65、78.75-80と更に売り上がって、ストップは79.00-10超えで倍返し。ターゲットは79.20-25や79.35-45、79.45-55や79.60-65の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは80円のサイコロジカル前後のCapでは利食い優先となる。 売りは80.20-25超えがストップ。 一方下値は76.75-90と買い下がって、ストップは76.60-65我や76.45-55割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは76.30-40,76.20-30の動向次第で、買い戻し&買い下がって、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 77.15 予想時間 15:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=120.00-122.00)
戦略としては、121.25-35と121.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は121.65-75と売り上がって、ストップは121.85-90超えで、倍返しもターゲットは121.90-00や122.10-20の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、この場合のターゲットは122.50前後と利食い&売りあがって、ストップは122.80-85超えや売りあがっても、ストップは123.25-35超えでの倍返し。 このターゲットは123.50、13.85-00と利食い&売りで、ストップはタイト気味で、再度124.80-85まで売り場を探して、ストップは125.05-10超えや125.15-25超えでの倍返し。 一方下値は121.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは120.95-00、120.70-75と買い戻し&買い場を探して、ストップは120.45-50割れや120.35-40割れでの倍返し。ターゲットは120.20-25や120.05-10の動向次第。 割れても119.85-90、119.55-60と買い戻し&買い下がって、ストップは119.20-25割れや、118.95-00や118.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは118.45-55、118.20-25と買い戻し&買いでストップは117.85-95や117.70-80割れ。117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40の維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:121.35 予想時間 14:20)

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11683.45 (+31.16)

今日の東京市場は日経平均株価が上昇しての引けとなりました。米国市場の持ち直しを眺めて堅調な動きとなりました。一時11700円台後半まで上昇しましたが、引けにかけて押し戻されて、高値からは100円前後押し込まれての引けとなりました。為替相場での円高進行が上値を抑える状況です。ドル円が現状で93円を割り込んでの動きとなっており、警戒感は高まるところです。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

5日の東京市場は、日経平均株価が堅調な推移となったことで、一時は円売り気味も、次期日銀副総裁候補の岩田規久男・学習院大教授が、外債購入の必要性を否定、民主党の津村啓介衆院議員が岩田日銀副総裁案に反対する意向を示したことなどを受けて、一転円の買い戻しにつながった。
 ドル円は93.54から92.915まで下落、92.90に纏まったストップ・ロスが観測されている模様。 ユーロドルは1.3019から1.3046までじり高となった。
 一方クロス円では、ユーロ円が121.88から121.17へ下落、ポンド円が141.44かr140.58へ値を下げ、オージー円は豪準備銀行が、政策金利の据え置きを発表。声明では「現時点のインフレ見通しに基づくと、一段の金融緩和の余地ある」としたが、前回の声明と同様で、95.49から95.01の間で上下した。 またNZD円は77.42から77.05、カナダ円が91.10から90.56、スイス円が99.41から98.82まで値を下げた。 

円買い優勢

テーマ: 独り言

Ryuz

後場に入り、ドル円は93円台を割り込み92.91/93まで下落。
ユーロ円は朝方の121.87/89高値から、前日安値に近付く121.17/19へ反落。
RBAアナウンス後、95.45/47まで上げていた豪ドル円だが、95.50が重く伸び悩んでいる。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月5日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月5日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

豪ドル

テーマ: 概況

Ryuz

豪ドルはアナウンス直後は『必要なら緩和余地』との声明で1.0195近辺へ下落も、『中国経済に対しポジティブな発言』があり買戻しが優勢に。

対ドルで1.0240、対円で95.45へ上昇。

RBA(豪準備銀行)声明

テーマ: 概況

Ryuz

☆世界成長の下振れリスクは過去数か月に後退
☆インフレ見通しで、必要なら緩和余地
☆中国の成長はかなり力強いペースで安定
☆インフレ率は目標と一致している
☆資源投資はピークに近付いている

RBA(豪準備銀行)

テーマ: 概況

Ryuz

政策金利の据え置き(3.0%)を決定。(市場予想通り)

アナウンス直前 1.0212/15
アナウンス直後 1.0193/96

豪ドルはアナウンス直後下落も、すぐに1.0226/29へ上昇。

円買い

テーマ: モノローグ

だいまん

岩田規久男学習院大学教授
「緩和をすればある程度の円安になるのは当然だ」
「外債、わざわざ買う必要はない」
「外債購入はせず、手段として取っておく」

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ダウがマイナス59ドルまで値を下げたことで、一時円買いとなったが、その後プラス圏を回復したことで、一過性の動きとなった。 ただ、材料難から、総じて揉み合いの域を出る動きとはなっていない。 ユーロドルは、イタリアの格下げの噂からイタリア10年物国債利回りが上昇したが反応は薄く、1.2983から1.3029での揉合いを続け、ドル円は93.69から93.18まで下落、ポンドドルは、1.5117まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円が121.91から121.13、スイス円が99.37から98.91、カナダ円が90.93から90.46まで一時値を下げた後は、買い戻しが優勢、ポンド円は140.97から141.27まで上昇、オージー円が引けにかけて95.34、NZD円が77.37まで値を上げた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 1月小売売上高 [前月比] (前回-0.2%)
09:30 (豪) 第4四半期経常収支 (前回-149.00億AUD)
10:30 (日) 岩田規久男学習院大教授と中曽宏日銀理事「衆院議院運営委員会で所信聴取」
10:45 (中) 2月HSBCサービスPMI (前回54)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット発表
17:55 (独) 2月サービス業PMI・確報値(前回54.1 予想54.1)
18:00 (ユーロ圏) 2月総合PMI・確報値(前回47.3)
18:00 (ユーロ圏) 2月サービス業PMI・確報値(前回47.3 予想47.3)
18:30 (英) 2月PMIサービス業(前回 51.5 予想51.3)
18:30 (南ア) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月小売売上高 [前月比] (前回-0.8%(-0.9%) 予想+0.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月小売売上高 [前年比] (前回-3.4%(-3.6%) 予想-2.9%)
24:00 (米) 2月ISM非製造業景況指数 (前回55.2 予想55.0)
04:00 (米) ラッカー・リッチモンド米連銀総裁講演
中国全国人民代表大会(全人代)開幕
EU財務相会合(ブリュッセル)
日10年債入札(2兆4000億円)

豪ドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.0100付近がサポートされ反発
先週までサポートされていた1.0170~80付近を回復している
ここがサポートできれば1.0230~40付近のレジスタンスを
試しにいく可能性も

NZドル買い

テーマ: 概況

コロフ

ここに来てNZドルに対する買い圧力が強まっています。対円で77円を突破してから勢いがついた格好となっています。今日は77円を一瞬つける場面もあったが、そこでは抑えられたことを考えると、ストップが入った可能性もありそうです。

ダウ プラ転

テーマ: 株式市場

ウルフ

24ドル高まで反発。
為替相場は小幅に円とドルが売られる展開。

現在のレート
 ドル円:93.38

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

値を戻す。 大きな動きではないが、底堅い動きが続いてる。

またぞろ引けにかけて、上昇するのかも。。。

小動き

テーマ: 概況

コロフ

今日は特段大きな材料がない中で、ダウが下落するなど、調整の動きが強まっています。とは言え、方向感は見えにくい状況です。イタリアの格下げの噂もありましたが、ここまでの動きを見る限り、ユーロの下落の後付けでは、といった噂が強まっています。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

材料難から揉み合い気味も、ダウがマイナス59ドルまで値を下げ、上値を押さえる形。 

ユーロドルは、イタリアの格下げの噂も反応は薄く、1.2983から1.3019での揉合い。 

ドル円は93.18まで下落、ポンドドルは、1.5089まで値を上げた。
 
 クロス円では、ユーロ円が121.13、スイス円が98.91、カナダ円が90.46まで値を下げ、

ポンド円は140.97から140.34の範囲で揉み合い、

オージー円は94.97、NZD円は77.03まで一時反発後売りに押された。 

イタリア格下げの噂

テーマ:

Ryuz

一部噂ベースで市場に流れている模様。

ユーロは対ドルで1.3005付近だが対円では本日安値を更新中。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

本日NYカット@1.3000の影響からか、ロンドン時間では1.3000を挟んで20 pip程度の動きに終始。

明日のNYカットでも@1.3000が存在するとのこと。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは寄付きから下落し、現在50ドル安の水準にて推移。
米10年債利回りも株安を受け小幅に低下する展開。

為替相場は株安を受けやや円が強含んでいるものの、
材料乏しく動意の薄い展開が続いております。

NYタイムに入り、イタリアの長期金利が上昇し始めており
注意が必要でしょうか。

本日は注目される経済指標の発表は無く、材料難から
株価に連動した動きに終始する展開となりそうです。

現在のレート
 ドル円:93.35

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きを保って底堅い、
1.3015に目先ポイント。

現状弱気の基調が強気になると、上方向のリスク。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

オージーとともに反発中。
0.8260前後にポイント。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きとなり反発継続。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは先週、2011年から続いていた1.63~1.52のレンジを下抜け。
先週急激に下げて、現状は下げ過ぎているので、
この後は、1.52近くまで戻す可能性がある。
ユーロポンドも下げており、しばらくポンドは買われやすいと考えている。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

円に方向感がない中、豪ドル円は下げる可能性が高い。
94.40付近を下抜けると、再び下げる動きとなりやすく、
豪ドルはAUDUSDもAUDJPYも下げやすいと考えている。
ここ数日で下方向へ動くと考えている。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置から下落していたが、売りすぎのゾーンに到達し反発の動き。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

121.25/30~121.90/95の間でもみ合い。

122.00のオファーを越えて行くとストップ買いが入りそうだが、手前がやはり重く簡単には抜けそうもない。
反面、121.30割れると買いが持ち込まれており、今のところ121.00を割れて行く動きにはなっていない。

ユーロ圏財務相会合での要人発言に要注意。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

121ローにポイントでその上では下げにくい。
現状は目先は下向きでやや重いが、基調は強きを保って底堅い状態。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

本日はユーロ圏財務相会合が開催され、キプロス支援や、
イタリア総選挙のついて話し合われる見通し。
ユーロはじり安で、ユーロポンド、ユーロドルが下落の動き。
ただユーロオージーや、ユーロ円はまだ下げていない。
本日23時(日本時間)からの財務相会合に注目。

キャンペーン

テーマ: モノローグ

だいまん

チャンスです。 インヴァスト証券さんのビッグ・キャンペーン。

みなさん応募してください。

http://www.invast.jp/highlow/?waad=TtmtmYvo

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「Monday FX」は、17時半からスタートです。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしてのバンドウォークであり、バンド幅の拡大を伴っていることから、依然として売り優勢の局面と言うことができるでしょう。ただ、問題としては価格帯が1.30ドルを割り込んでの動きということで、これまでもこの水準では押し戻されているので、今回、さらなる下落となるかどうかといったところに注目です。ただ、バンドウォークをしていることを考えると、安易な押し目買いは危険でしょう。

RCIで見ると、短期線が下落基調で下値圏に入っています。これが転換するかどうかといったところに注目が集まるでしょう。一方、中期線も下落基調で下値圏に入ってきています。中長期的にみても売り優勢と言った状況です。問題は短期線が底打ちするか横ばいとなるか、といった所です。底打ちとなれば調整が入ることが考えられます。現状ではRCI短期線の方向感と、バンドの上限が上昇を継続することができるかどうか、といったところに注意して臨みたいところです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限と中心線とで挟まれたレンジを動いています。中心線で抑えられての動きとなっており、上値の重さが意識される状況となっている。バンド幅はそれ程動きがない状況で、大きな動きには目先なりにくいが、エネルギーが溜まってきている状況となっているだけに、警戒は必要な局面。特にバンドの中心線で抑えられての動きとなっているだけに下値波乱には注意。現状の下限は93.26円前後の水準となっています。

RCIで見ると、短期線が高値圏まで上昇し、そこから抑えられての動きとなっています。中期線は下落して下値圏での動きとなっており、流れとしては売り優勢の状況ということができるでしょう。目先は若干戻してきていますが、バンドの中心線である93.45円前後の水準では抑えられて、再度下値追いといった流れになるのではないでしょうか。特にRCI短期線の動きが維持された場合はバンドの下限をブレイクする可能性も出てくるだけに、注意が必要でしょう。

中尾財務官

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆日本経済により多くの注意が払われている

岩田・次期日銀副総裁候補

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆日本経済の問題を解決する魔法の棒はない
☆インフレ心理に転換なら円安・株高
☆インフレ2%なら名目は4%経路へ
☆企業のセンチメント改善には時間を要する

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=75.80-77.05)
戦略としては76.45-55と76.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、77.00-05と売り上がって、ストップは77.15-25超えや77.30-35超えでの倍返し。ターゲットは77.55-75、77.80-85、78.15-20と利食い&売り上がって、ストップを78.35-40超えとするか、78.55-65、78.75-80と売り上がって、ストップは79.00-10超えで倍返し。 一方下値は76.30-40,76.20-30と買い下がっても、ストップは76.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは75.75-85、75.45-60と買い戻しで、買いは75.30-35と買い下がって、ストップは、75.00-10割れ。 74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 76.60 予想時間 15:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略としては、93.30-35と93.50-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は93.70-75をストップとしても、93.80-00での売り直し。ストップは94.10-15や94.25-30、94.50-55超え、更に売りあがっても94.75-80が倍返しとなる。ターゲットは94.95-00、95.10-20-30と利食い&売り直しが検討され、ストップは95.45-50超え。 一方下値は順張りも93.20-25、92.85-90と買い戻しで、買いは92.75-80と買い下がって、ストップは92.60-70や92.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは92.10-30の動向次第。 維持では買っても、ストップは91.90-00割れで、91.75-85割れが倍返し。 ターゲットは91.60-65、91.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは91.10-20割れでの倍返し。 ターゲットは90.95-05の動向次第。 維持では買っても90.85-90割れがストップ。 90.75-80、90.60-70、90.45-50と買い直して、ストップは90.20-35割れでの倍返し。(予想時レート:93.45 予想時間 14:40)

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経 +45.91 11652.29 +0.4%
TOPIX +7.92 992.25 +0.8%
JASDAQ +19.94 1657.79 +1.22%
マザーズ +13.66 612.38 +2.28%

大証のシステム障害、中国株の下落にもかかわらず
日本株は続伸
マザーズ指数は2008年6月以来の600ポイント台回復

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

4日の東京市場は、黒田東彦アジアADB総裁の所信聴取を受けて、日銀の追加金融緩和期待から一時円売りが進んだが、具体的な発言がなく、失望感が出たことや、大阪証券取引所のシステム・トラブルで、日経平均株価が上げ幅を縮めたこと、上海総合指数が大幅安となってことを受けて、円の買い戻し気味で引けた。
 ドル円は93.73から93.285まで下落、ユーロドルは1.3032から1.3002での小動きに終始したが、ユーロ円の売りが圧迫した。
 クロス円では、ユーロ円が121.98から121.38、ポンド円が140.87から140.21、オージー円が95.52から94.46、NZD円が77.19から76.53、カナダ円が91.16から90.54、スイス円が99.44から98.95へ一時値を下げた。 

中国株

テーマ: 株式市場

YEN蔵

上海総合は3.3%、ハンセンは1.6%ほど下落

住宅価格抑制政策の発表により、不動産関連銘柄の下げが目立つ

円買い戻し

テーマ: 概況

Ryuz

ドル円は一時1週間ぶりの高値となる93.72/74まで上昇も、次第に利食い売りが優勢となり93.27/29へ反落。

ユーロ円は122台を試すも122.00のオファー厚く、ドル円と共に値を下げ始め121.36/38へ下落。

方向としてはまだ円安を見込んでいるものの、一旦調整の円買いが持ち込まれている模様。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月4日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月4日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

日銀正副総裁人事

テーマ: モノローグ

だいまん

案外岩田さんのほうがもめるとの話もある。

理由は過去の発言に少し問題があるとか。。。

黒田氏

テーマ:

だいまん

質疑応答は非公開の模様。

ドル円は93.725まで

テーマ: モノローグ

だいまん

黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁
「デフレからの脱却はアジアにとっても重要であり、期待されている」
「物価の安定は中央銀行の責務だ」
「規模、具体的な買い入れ対象は目標達成に向けては不十分だ」
「やれる事は何でもやる姿勢を明確に打ち出していきたい」
「政府が賃金向上できれば、効果はより増すだろう」
「日銀は大胆な金融緩和で出来るだけ早期に目標を実現する」
「目標実現は可能であり日銀の使命」

「(日銀の金融政策について)為替下落を狙っているわけではないが、為替が下落する傾向がある」
この発言がマイナス。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 1月住宅建設許可件数 [前月比] (前回-4.4% 予想+2.8%)
09:30 (日) 黒田東彦アジア開発銀行総裁「衆院議院運営委員会で所信聴取」
15:30 (日) 岩田規久男学習院大学教授講演
17:30 (香港) 1月小売売上高-価格 [前年比] (前回+8.8% 予想+8.6%)
18:30 (英) 2月PMI建設業 (前回48.7 予想49.0)
19:00 (ユーロ圏) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.1%(+2.2%) 予想+1.9%)
22:00 (米) イエレンFRB副議長講演
01:45 (米) ボルカー元FRB議長講演
03:15 (米) パウエルFRB理事講演
中尾武彦財務官、トリシェ前ECB総裁「国際通貨研究所主催国際金融シンポジウム参加」
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
アストロ:為替変化日(14日まで)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月04日 03:45
EURUSD 1.3004-10
USDJPY 93.59-68
GBPUSD 1.5021-39
USDCHF 0.9425-44
USDCAD 1.0260-69
AUDUSD 1.0194-01
NZDUSD 0.8231-40
EURJPY 121.67-87
GBPJPY 140.63-79
AUDJPY 95.42-56
NZDJPY 77.04-19
CADJPY 91.14-30
CHFJPY 99.11-38
ZARJPY 10.29-35
EURGBP 0.8652-60
EURCHF 1.2265-80

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月04日 03:04
EURUSD 1.3008-91
USDJPY 93.60-70
GBPUSD 1.5033-39
USDCHF 0.9422-47
USDCAD 1.0266-76
AUDUSD 1.0190-98
NZDUSD 0.8239-65
EURJPY 121.72-98
GBPJPY 140.72-88
AUDJPY 95.38-53
NZDJPY 77.12-42
CADJPY 91.07-25
CHFJPY 99.04-46
ZARJPY 10.29-35
EURGBP 0.8648-62
EURCHF 1.2264-93

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 121.69-02
GBPJPY 140.61-85
AUDJPY 95.36-52
NZDJPY 77.09-36

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年03月04日 03:01
EURUSD 1.3006-14
USDJPY 93.51-70
GBPUSD 1.5017-42
USDCHF 0.9422-47

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置を保っている、まだ買いすぎでもない。

オージー¥

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のレジスタンスは96円手前。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先はげむきになっていたが、基調は終始上向きを保って底堅く、
現状も目先も上向きで強い配置。
ポイントの121ミドルもぬけてきた。

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

93.63まで上昇。 びっくり。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

フル・リトレースメント 117ドル安から14000ドルを回復。 プラス圏へ。。。

分け判らんが、ともかく株価連動の相場。 逆らえない。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が120.36から121.38、ポンド円が139.11から140.26、オージー円が94.46から95.35、NZD円が76.43から77.04、カナダ円が89.64から90.86、スイス円が98.2ら98.95まで上昇した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は、NYダウが反転。 93.49まで上昇、ユーロドルは、1.2967まで下落し、ポンドドルは、英2月製造業PMIが市場予想を下回ったことで1.4985まで値を下げた。

ドル円一段高

テーマ: 概況

Ryuz

93円台にしっかり乗せてくると93.50手前まで続伸。

ユーロ円は121.35近辺へ急反発。

ドル円、93円台へ

テーマ: 概況

Ryuz

強いISMの数字やクロス円買戻しを材料にドル円は93.05/07へ上昇。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM製造業景況指数
 結果:54.2
 予想:52.5

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ただ、今のところドルの上値は限定的。

ダウ14,000ドル割れ

テーマ:

ウルフ

100ドル超安の展開。

為替相場は円とドルが小幅に買われる動きです。
まずはISMの結果ですね。

形待ちのドル円

テーマ:

KC

ドル円は急落した後、まだ頑張って維持しているといったところでしょうか。
日足で見ると、3日連続陽線になっています。

15分足で見ると、92.70ラインがチェックポイントとしてありましたが、先ほど93円まできましたね。大きく見ると、90.75-94.60までのボックスで、戻り売りの場所作りをしている最中なのか、今の時点ではまだはっきり下げの形には見えません。

近いところだと、もう少し上の93.15が次のチェックポイントになるので、ここでどういう動きをするのか、また下へ行ったとしても92.45辺りで支持されるのか、見ていきたいと思います。
92円を割れて維持なら、下げ継続の形もできそうです。

ユーロ下落

テーマ: 概況

Ryuz

ユーロドルは1.3000のバリアを下抜け1.2985/87へ下落。
ユーロ円は昨日安値を割り込み120.43/45へ下落。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

昨晩ロンドンFIXの安値120.51/53を割り込むようだとストップ絡みの売りが入る可能性。

ユーロドルが1.3020/25で下げ渋るようだとユーロ円の下げも一服か。。

ユーロポン

テーマ: 独り言

YEN蔵

25日の下落後の戻り高値0.8675~80付近の攻防戦だが
25日の高値0.8810~15~26日の安値0.8570~75の50%戻し
0.8690~95がまだレジスタンスとして機能している

英経済指標

テーマ: 概況

ウルフ

英製造業PMI
 結果:47.9
 予想:51.0

発表後、ポンドが急落。
ポンドドルは1.5080台、ポンド円は139.70台まで下落。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

スペインPMI強めで上昇もイタリアPMI弱く反落。

経済指標で一喜一憂相場の様相。
現状1.3000/1.3100の大枠レンジで次の動向待ち。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ強気だが、
今日のポイントの121ミドル前後は重く、この下では下落リスク。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

1日東京市場は、堅調な株価を受けて、円が軟調気味も、米歳出強制削減への警戒感や週末を控えたポジション調整が上値を重くした。 ユーロドルは1.3052から1.3084まで上昇、ドル円は92.73まで反発後92.45まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が120.81から121.77、ポンド円が140.20から140.72、オージー円は弱い中国PMIにも、94.44から94.85での推移、NZD円が76.28から76.68、カナダ円が89.73から90.03、スイス円が98.72から99.05での狭いレンジでの推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=139.00-141.00)
戦略としては140.40-45と140.70-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は140.85-90超えでの倍返し。 ターゲットは141.00-05、141.55-75と利食いで、売りは142.30-45と売り場を探して、ストップは142.70-80超えや142.90-143.10超えでの倍返し。ターゲットは143.35-45、143.45-55と利食い&売り直しで、このストップは143.55-60超え、143.75-80、143.90-95での売りにストップは、144.15-25超えで、倍返しもターゲットは144.30-40、144.45-50、144.60-65と利食い&売り直して、ストップは144.70-80超えでの倍返し。一方下値は140.20-25をストップ、140.05-10、139.90-95と買い下がって、ストップは139.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは、139.45-50の動向次第で、割れるとターゲットは139.00-25での買い戻し&買いで、ストップは138.85-95割れで、138.55-65、138.35-45での買い直しのストップは138.15-20割れや137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返し。(予想時レート:140.50 予想時間 15:00)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3150)
戦略としては、1.3065-75と1.3080-85のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は1.3090-95を売りあがって、ストップは1.3105-10超えとするか、1.3120-25、1.3135-45と売り上がって、ストップは1.3150-65超えでの倍返し。 ターゲットは、1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで倍返し。 一方下値は1.3055-65を買い下がっても、ストップは13045-55割れでの倍返し。 ターゲットは1.3035-45、1.3015-20、1.2995-00の動向次第。 割れて1.2970-80、1.2955-60と買い戻しで、買いは1.2935-45と買い場を探して、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.2855-60、1.2840-50と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。(予想時レート:1.3080 予想時間 14:55)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下落し、バンドの中心線を一気にブレイクしたのですが、そこからはバンドの下限までは届かずに、若干押し戻しています。ただ、上値の重さが意識される中で、さらにバンド幅も縮小傾向にあることを考えると、バンドの下限まで下落する可能性が高いように思われます。価格としては1.3055ドル前後の水準が意識されるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落基調となっています。目先は売り優勢の状況ということが出来そうです。一方、中期線は上昇基調を維持しており、中長期的には押し目買い優勢の状況です。バンド幅が狭いので、バンドの上下限を意識しての動きとなりそうで、そうなるとバンドの下限では支えられやすい状況ということになりそうです。中期線が現状の基調を維持出来れば、再度バンドの上限まで上昇といった動きも考えられるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きとなっています。上限からじりじりと下落する動きとなっており、ここからさらに下落してバンドブレイクからバンドウォークとなるかどうかに注目が集まります。バンド幅自体は狭い状況で、エネルギーは溜まっているようにも見えますが、上限が下落基調であり、拡大といった動きには目先なっていません。である以上、支えられる可能性も十分にあるでしょう。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入っています。底打ちの気配もあるだけに注意が必要です。ただ、中期線は下落基調を維持しており、まだ下値余地もあることから、中長期的には売られやすい地合いということができるでしょう。バンドの中心線まで戻しで再度下値追いと言った動きになる可能性もありそうです。現状の中心線は92.59円前後の水準です。仮にバンドブレイクからバンドウォークとなれば、まずは92.30円前後の水準までは下落する展開となりそうです。

金利マーケット

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

債券先物3月限は145.05銭と3銭高
日銀の緩和期待と、米国の歳出削減の発動を回避するための案が否決され
トリガー条項が発動され歳出強制削減になる可能性から債券買いに
10年債利回りは一時0.64%と2003年6月以来の水準

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +47.02 11606.38 +0.41%
TOPIX +8.67 984.33 +0.89%
JASDAQ  +10.49 1637.85 +0.64%
マザーズ  +24.88 598.72 +4.35%

不動産、鉄道など含み資産のある内需株が上昇
為替がやや円高に振れ、外部環境が不透明な中、内需関連が堅調に
週末にかけやや利食い売りもでる
新興市場は引き続き、バイオ関連などが上昇

最近は為替と株価の連動性が薄れてきており、為替の円安が調整する中
株価は堅調になっている

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11606.38(+47.02)

東京市場は上昇して11600円を回復しての引けとなった。朝方は米株の下落を背景に売り優勢の展開となったが、そこから持ち直しての動きとなった。全体的にはそれほど大きな動きになったわけではないが、じりじりと上値を追う動きとなった。下値の堅さが意識されている状況。

為替相場は動きの鈍い展開となっている。ドル円はやや上値の重さが意識されているが、欧州時間でどういった動きになるのかが注目となりそう。ユーロドルは目先は堅調な動きとなっているが、ここまでかなり下落してきていることから自律反発している状況で、再度大きく下げる可能性も否定出来ない状況。

『ゴルフ流FX売買シグナル』3月1日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年3月1日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

週末の

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、いやな雰囲気。 過去のパターンからは週末安値引けするケースが非常に多く、更にその場合月初がギャップ・ダウンになる。

1.30の防戦が案外強く支えており、チャート上はネック・ラインとして非常に重要な位置。 

割れて「騙し」のリスクの残るポイントで対応に注意が必要だが、

1.31台は中東筋が、大きく投売り玉をかましており、

やはりしっかりと割れると、それなりに大口のストップが出ることは考慮しておきたい。 

ドル円訂正

テーマ: 独り言

田向宏行

今朝ドル円のエントリーは表現が間違ってました。

ドル円日足の一目均衡表は基準線が上昇して転換線と接触する位置。
ここからロウソク足が上昇すると、三役好転となります。

ドル円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ここ1ヶ月内での90-95円でのレンジ・バイナリーが人気。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

イタリア選挙結果で一気に円買いに傾いたが、
その後は緩やかに円安方向に戻してきている。
ドル円日足の一目が分岐点にきており、
クロス円も含め円は昨日の高値を上抜けるかに注目している。
上抜けできないと、再び円買い方向の可能性があると考えている。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円日足の一目均衡表は基準線が上昇して転換線と接触する位置。
ここから上昇して基準線が転換線を上抜けると、
三役好転となり、上昇のサインが点灯。
また日足の25*5DMAもこの付近にあり、
一目均衡表とディナポリチャートは
ドル円の上昇をサポートする可能性が出てきている。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (日) 1月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.1% 予想-0.2%)
08:30 (日) 1月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.2% 予想-0.3%)
08:30 (日) 2月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)[前年比](前回-0.50% 予想-0.50%)
08:30 (日) 1月失業率 (前回4.2% 予想4.2%)
08:30 (日) 1月有効求人倍率 (前回0.82 予想0.82)
08:50 (日) 第4四半期法人企業統計・設備投資[前年比](前回2.20% 予想-7.20%)
10:00 (中) 2月製造業PMI (前回50.4)
10:00 (米) エバンス・シカゴ連銀総裁講演
10:45 (中) 2月HSBC製造業PMI・改定値
17:30 (スイス) 2月PMI製造業 (前回52.5 予想52.5)
17:55 (ユーロ圏) 独2月製造業PMI・確報値(前回50.1 予想50.1)
18:00 (ユーロ圏) 2月製造業PMI・確報値(前回47.8 予想47.8)
18:00 (ハンガリー) ハンガリー中央銀行・新総裁指名
18:30 (英) 2月PMI製造業 (前回50.8 予想51.3)
18:30 (英) 1月消費者信用残高 (前回+6億GBP)
18:30 (英) 1月マネーサプライM4 [前年比] (前回-1.0%)
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者物価指数・速報 [前年比](前回2.00% 予想2.00%)
19:00 (ユーロ圏) 1月失業率 (前回11.7% 予想11.8%)
20:00 (ユーロ圏) 伊2012年GDP(前回0.40%)
20:00 (ユーロ圏) 伊2012年政府債務・対GDP(前回3.90%)
22:30 (加) 12月GDP [前月比] (前回+0.3% 予想-0.1%)
22:30 (加) 第4四半期GDP [前期比年率] (前回+0.6% 予想+0.7%)
22:30 (米) 1月個人所得 [前月比] (前回+2.6% 予想-2.0%)
22:30 (米) 1月個人支出 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
22:30 (米) 1月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.3%)
22:30 (米) 1月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.4% 予想+1.3%)
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回76.3 予想76.3)
24:00 (米) 2月ISM製造業景況指数 (前回53.1 予想52.5)
24:00 (米) 1月建設支出 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.4%)
伊2月財政収支(前回-22億ユーロ)
米歳出削減の強制発動期限

3/02(土)
12:00 (米) バーナンキFRB議長講演
04:00 (ユーロ圏) クーレECB理事講演

3/03(日)
10:00 (中) 2月非製造業PMI (前回56.2)


昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

ドルが堅調な推移。 NYダウが一時年初来高値を更新も、引けにかけて米上院が、民主党が主導する強制歳出削減代替法案を採決するための動議を否決したことで、急速に値を消した。 
ユーロドルは、フィキシングでの買いから1.3138まで反発後1.3053まで下落、ドル円は92.00から日中高値を更新して92.85まで上げた。
 

 クロス円では、ユーロ円が120.53から121.46、ポンド円が139.81から140.86の日中高値まで反発し、オージー円は94.08から95.01、NZD円が76.39から76.89、カナダ円は89.51から90.16、スイス円が98.65から99.18まで一時値を戻したが、その後株の下落で売りに押された。

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

急速に高値から値を消す。

米上院は民主党が主導する強制歳出削減代替法案を採決するための動議を否決した。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足のポイント1.30ミドルの下には入れず反発。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

ロンドン仲値近辺で一時120.51/53まで下落も、昨晩レジスタンスとしてワークしていた50/55をブレークして跳ねた水準は現在逆サポートとなっている。

ユーロドル

テーマ:

千秋先輩

目先下向きを保って、1.3117と1.3083のサポートをブレーク。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足のレジスタンスゾーンでおさえられて、
目先は下向きになり下落。
基調はまだ強気で相反。

シカゴPMI

テーマ: 概況

コロフ

シカゴPMIは市場予想よりも良かったものの、雇用指数が悪化していたこともあり、それ程買い材料視されていない、といった話が市場には出ているようです。ダウは現状でマイナス圏での動きとなっています。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2013年3月   >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:2013年03月