ディーラーズ・バトル24:2013年02月

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

GDP(4Q)【改定値】
 結果:+0.1%
 予想:+0.5%

個人消費【改定値】
 結果:+2.1%
 予想:+2.3%

新規失業保険申請件数
 結果:34.4万件
 予想:36.0万件

発表後、マーケットは小幅にドル売りで反応。

ユーロ その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが下げず、下目線は中断。
ユーロポンドはポンドが買われ下落。
しかしユーロドルは下げ止まっており、ユーロ円も上昇。
月曜のドル買い円買いが少し戻されている模様。
ただ欧州のヘッドラインで振られやすそうで注意したい。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロポンド、ユーロオージーが下げる動きとなり、
ユーロが全般に売られる動き。
これにつれてユーロドルも下げ始めると、
月曜の安値に向けた動きになりそう。
短期ではユーロ売りスタンス。

豪ドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.0295~00付近が短期のレジスタンス
抜ければ1.0345~50付近が次のレジスタンス
短期のサポートは1.0230~35
ここを抜ければ1.0175~80の昨日安値付近が
重要サポート

JGB

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

債券先物は145.02で引け、前日終値よろ3銭上昇
10年債利回りは0.655%
債券市場では金融緩和を織り込んで、利回りがじわじわと低下している

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

21日の安値122.10~15が依然として短期のレジスタンス
一方、昨日上方ブレークした120.45~50付近がサポート
抜ければ走りそうだが

オランダ格下げの噂

テーマ:

Ryuz

や、マクロ系ファンドのユーロ円売りもあり、ユーロ円は120.64/66まで続落。
ドル円はユーロ円売り絡みで92.00/02へ下落。

92.00割れにはSL観測もあったが今のところは下げ渋りを見せている。
ユーロドルの1.3100にもビッド観測。

独2月雇用統計

テーマ: 経済指標

Ryuz

失業率 6.9%(予想6.8%)
失業者数3000人減(予想横ばい)

と弱い結果に。

ユーロは対ドルで1.3132/34→1.3106/08
対円で121.37/39→120.90/92へ下落。

ドル円はユーロ円売りに連れ92.40近辺から92.23/25へ緩んでいる。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンド幅が縮小する中で、バンドの中心線を意識しての動きとなっています。方向感が見えにくい状況で、様子見ムードとなっています。現状はバンドの下限から中心線まで戻す動きで、ここをブレイクできるかどうかといった状況となっています。エネルギーは溜まっていそうで、バンドブレイクからの動きには警戒を要する所ではありますが、どちらにブレイクするかは現状ではわかりにくい所です。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっています。上値余地も残っているので、目先は買い優勢の状況と言っていいでしょう。ただ、中期線が天井打ちから下落基調を鮮明にしていることから、中長期的には売り優勢といった状況となっています。仮にバンドの上限まで到達しても、そこから戻り売りが優勢となっていくのではないでしょうか。上値の重さが意識される局面となりそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンド幅が縮小傾向に入っており、方向感の見えにくい状況となっています。バンドの中心線が意識されており、底堅い状況となっているようにも見えるところです。ただ、方向感は殆ど無く、状況としては様子見といったところでしょう。市場にエネルギーが溜まっているだけに、バンドの上下限に来た際はバンドブレイクからバンドウォークの展開に注意したほうがいいでしょう。

RCIで見ると、短期線が上昇基調から天井打ち気配となっています。このまま下落すれば目先は売り優勢と言った状況となるでしょう。しかも、中期線は天井打ちからの下落基調を継続しており、中長期的にも上値の重い地合いとなっています。短期線がこのまま下落となれば、バンドの下限まで下落し、そこからバンドブレイクといった動きになってもおかしくはないので、頭に入れておいたほうが良さそうです。

スペイン10-12月期GDP確報値

テーマ: 経済指標

Ryuz

前期比-0.8%(予想-0.7%)
前年比-1.9%(予想-1.8%)

となり弱い結果に。

これを受けユーロは対ドル対円で小緩んでいる。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

28日の東京市場は、日経平均株価の上昇や外貨建て投信設定に絡んだ円売りのフローが入ったことで、円が軟調な推移となった。
 ユーロドルは、1.3129から1.3162まで上昇、ドル円も92.16から92.67まで値を上げた。 クロス円ではユーロ円が121.03から121.81、ポンド円が139.73から140.50、オージー円が94.08から95.11、NZD円が76.20から76.92、カナダ円が90.05から90.58、スイス円が99.11から99.75まで一時上昇した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円
戦略としては94.70-75と94.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は95.05-15超えがストップで95.25-35超えでの倍返し。 ターゲットは95.45-55の動向次第。超えて95.90-95、96.05-10と利食い&売り上がって、96.15-20をストップまたは、96.40-50、96.60-80と売り上がって、ストップは96.95-00超えで倍返し。 一方下値は順張りから94.45-50での買い戻し&買いで、ストップは94.05-15割れで、再度93.75-85の買いは93.55-65割れをストップとするか、93.45-50、93.20-25と買い下がって、ストップは92.95-00割れや92.80-85割れでの倍返し。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル
戦略としては、1.3130-40と1.3155-65のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、順張りからターゲットは1.3190-00、1.3205-10と利食い&売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討される。 一方下値は1.3120-30割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは1.3090-05での買い戻し&買いで、買いは1.3070-80、1.3060-70、1.3045-55と買い下がって、ストップは1.3035-45割れや1.3015-20割れが倍返し。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均は300円を超す上昇となって引けました。ダウの堅調や円高一服といった状況下での急騰となっています。ドル円相場を見る限り、一方的に上昇しているわけではなく、そう考えると、日経平均の強さが伺える状況となっています。問題は欧州時間帯の円の動向といったところでしょうか。後は、ダウの14000ドル超えの流れがさらに強化されるのか、といったところでしょう。史上最高値を目指す展開となるのかどうかに注目です。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向で強い配置。
日足も売りすぎのゾーンに到達して反発の力はもっている。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向きの配置で強いが、
1.0285-00にポイント。
越えてくれば上の芽。

ポンド円週足

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンド円週足チャートで計算すると、
終値で137円ミドルから138円ミドルを下抜けていなと、
144円ぐらいまでの戻りが考えられる。
しかし上に戻すにも短い時間軸ではまず141円付近に抵抗があり、
まずはここを上抜けるかに注目している。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

円売りが進むも一服。 今後も株価に注目されるが、外貨建て投信設定に絡んだ買いが入ったとの指摘があるが、もしそうだとしたら、逆にこの買いが一巡すると調整する可能性があるので注意。 

また通常今日の設定の場合、通常夕方に金額が確定するはずなので、こういった情報の信憑性は疑問も残る。 そ

の場合、午後3時半から4時頃に、円売りが出てくるはずと認識しているが、この辺は不透明。 ともかく、この時間帯のドル円、クロス円の動きには注意しておきたい。 

『ゴルフ流FX売買シグナル』2月28日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月28日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

発言

テーマ: 要人発言

Ryuz

麻生財務相
『為替に直結の日銀の外債購入は避けねばならない』

安倍首相
『金融緩和の手段として外債購入と申しただけ』

白川日銀総裁
『介入目的での売買は日銀独自は出来ない』
『潤沢な資金供給を続けて行くことに変わりない』

木内日銀審議委員
『必要に応じ追加緩和を果断に応じることを検討』
『2%の物価目標への政策運営に責任を持って取り組む』
『物価目標の達成が容易でないとの考えに変わりはない』
『財政の健全化により、日銀が国債を買い入れる余地は広がる』
『(日銀の)見通しメインシナリオに対して、私自身は下振れリスクをやや大きめに考えている』
『最大の懸念は海外経済の下振れ』
『日本経済を巡る不確実性は引き続き大きい』

ドル円日足

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日も日足の一目均衡表基準線を終値で下抜けせず。
ただ上値は92.30付近の転換線で抑えられている。
当面はこの基準線と転換線のどちらを抜けるかだが、
転換線を上抜ければ、三役好転となり再び上昇の可能性。
本日は月末特有のフローもありそうで注意したい。

RBA(豪準備銀行)

テーマ: 要人発言

Ryuz

『(モデルが示す)豪ドルは4-15%過大評価されている模様』

audusdは1.0228/30→1.0195/97
audyenは94.35/37→94.07/09 へ下落。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米1月耐久財受注額が市場予想を下回ったことで、米長期金利が低下幅が拡大。 一時円買いが強まったが、その後発表された米1月住宅販売保留指数が、市場予想を上回ったこと、NYダウが年初来高値を更新したことで、逆に強い円の売り戻しとなった。 バーナンキFRB議長の下院での議会証言は前日と変わらず、影響は軽微となった。
 ユーロドルは、グリッロ氏が「民主党のベルサニ党首の内閣には信任票を投じない」との見解を示したことで1.3067まで下落後1.3147まで上昇、ドル円は91.14まで下落後92.44まで反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が119.23から141.45へ反発、ポンド円が138.16から139.97、オージー円が92.98から94.56、NZD円が75.10から76.48、カナダ円が88.73から90.30、スイス円が97.95から99.32まで買い戻された。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 1月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+2.4% 予想+1.4%)
08:50 (日) 1月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-7.9% 予想-4.8%)
09:00 (NZ) 2月ANZ企業信頼感(前回22.7)
09:00 (NZ) 2月ANZ企業活動見通し(前回31.4)
09:01 (英) 2月GFK消費者信頼感調査 (前回-26 予想-28)
09:30 (豪) 第4四半期民間設備投資 (前回+2.8%)
11:10 (日) 木内日銀審議委員「神奈川県金融経済懇談会における挨拶」
15:45 (スイス) 第4四半期GDP [前期比] (前回+0.6% 予想+0.1%)
15:45 (スイス) 第4四半期GDP [前年比] (前回+1.4% 予想+1.0%)
16:45 (仏) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.6%(+1.7%) )
17:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
17:00 (ユーロ圏) スペイン第4四半期GDP・確報値前期比](前回-0.70%)
17:00 (ユーロ圏) スペイン第4四半期GDP・確報値前年比](前回-1.80%)
17:30 (香港) 1月月次政府財政収支 (前回+517億HKD)
17:55 (独) 2月失業者数(前回 -1.6万人 予想-0.5万人)
17:55 (独) 2月失業率 (前回6.8% 予想6.8%)
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況(1月30日~2月26日)
21:00 (南ア) 1月貿易収支 (前回-27億ZAR)
22:00 (独) 2月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回-0.5% 予想+0.8%)
22:00 (独) 2月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.8%)
22:15 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁「銀行関連会合で挨拶」
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.2万件 予想36.0万件)
22:30 (米) 第4四半期GDP・改定値 [前期比年率] (前回-0.1% 予想+0.5%)
22:30 (米) 第4四半期個人消費・改定値 [前期比] (前回+2.2% 予想+2.3%)
22:30 (加) 第4四半期経常収支 (前回-189億CAD 予想-169億CAD)
22:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、ギルモア・アイルランド副首相兼外務・貿易相講演
23:45 (米) 2月シカゴ購買部協会景気指数 (前回55.6 予想54.0)
02:30 (米) ラスキンFRB理事講演
アルムニア欧州委員、モンティ伊首相、プラートECB理事、モスコヴィシ仏財務相「欧州連合競争政策フォーラム出席」

中銀

テーマ: 概況

コロフ

中銀の動きが為替相場を動かしている状況となっています。バーナンキ議長の発言に関して、出口が近いのでは、といった思惑から、ドル円が大きく上昇する展開となっています。それにつれる格好でクロス円も上昇幅を拡大する展開となっています。

ダウ160ドル高

テーマ: 株式市場

ウルフ

ドル円は一時92.40台まで上値を拡大。
ユーロ円も121円台を回復し、一時121.30まで上昇。

円売り

テーマ: 概況

Ryuz

堅調なダウにサポートされ、円は対ドル対他通貨で弱い動き。

ドル円 92.33/35
ユーロ円 121.25/27
豪ドル円 94.34/36
ポンド円 139.78/80

と高値を更新。

NY市場中盤

テーマ: 独り言

Ryuz

ドラギECB総裁の講演内容も特段動きがなく、全般的に小動きとなっている。

ドル円は91.75/95間でもみ合いとなっているが、91.80/85が既に底固く推移しているため、92円台回復が視野に。

ユーロドルは、一時1.3130近辺へ上昇も、戻り売りや短期筋の利食い売りに上値を抑えられ1.31台を割り込んでいる。

ドル円92.00に目先抵抗

ドラギECB総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆金融政策には明確な限界がある

☆ユーロ防衛するECB措置、納税者のリスク削減にもつながる

☆ユーロ圏の国債市場は改善も、域内全般で与信状況は極めて断片的な状況が続いている

☆一部の国では、融資を受けること依然困難で、これまで講じてきた痛みを伴う措置の恩恵はまだ現実のものとなっていない

テーマ: 独り言

Ryuz

ドラギ講演前にクロス円に買い戻しが入っている。

119.21/23まで下落していたユーロ円は、東京市場に付けた高値に迫る120.49/51へ
一時93円台を割り込んだ豪ドル円は、92.96/98の安値から93.82/84へ
ポンド円は、138.14/16から139.25/27へ、それぞれ反発。

クロス円の買い戻しを受け、ドル円は91.93/95へ上昇。91円台前半の底固さを印象付ける動きとなっている。

また

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが14000ドルへタッチ。 

この後

テーマ: 独り言

Ryuz

午前2時半からドラギECB総裁講演が予定されています。

18日に行われた欧州議会での公聴会ではユーロ圏の銀行業界にリスクは依然存在と発言していました。

その発言を裏付ける形で22日に発表されたLTROの返済額は市場予想を大きく下回って発表されています。

来週7日には次回ECB理事会が行われますが市場では近い将来利下げするとの思惑がくすぶっているようで、イタリア選挙後の講演という事もあり注目です。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

堅調に値を上げて、リスクオンの動き。

ユーロドルは、1.3120-25レベルを超えると大きくストップが出るので注意。 

オージードル目先強含み

一時の円買いも

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は91.14まで下落後91.68まで反発した。
 一方クロス円では、ユーロ円が119.23へ下落後120.03まで反発、

 ポンド円が138.16、オージー円が92.98、NZD円が75.10、カナダ円が88.73、スイス円が97.95まで一時下落後、大きく買い戻されている。

メルシュECB理事

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆銀行同盟はユーロを強くする
☆非標準的な手法は一時的なもの

ドル円目先上向きで底堅い状態

ドル円サポートは91.39

AUDUSDの下値

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルが弱く下落。
1.02を割込み、当面の目標は1.015付近を想定。
大きくは1.003ぐらいがあると考えている。

イタリア国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

5年債 平均落札利回り 3.59% 前回2.94% 応札倍率1.61倍 前回1.3倍
10年債 平均落札利回り 4.83% 前回4.17% 応札倍率1.65倍 前回1.32倍

65億ユーロの目標達成
10年債利回りは直前に4.86%付近まで低下 まずまずの入札

BOE副総裁発言

テーマ: 独り言

YEN蔵

ビーンBOE副総裁は 正当化されれば一段の行動をとる酔いがあると発言、
これでケーブルは1.51付近まで下落したが、
一転して直ちにマイナス金利を導入する計画はないと発言し、これで
1.5165付近まで反発

要人発言で乱高下だがレンジをブレークできない

ユーロドル 目先は上向きを保ち強い

ユーロ圏経済指標

テーマ: 経済指標

Ryuz

ユーロ圏2月経済信頼感指数 91.1(予想89.9)

ユーロ圏2月消費者信頼感指数・確報値 -23.6(予想通り)

ビーンBOE副総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆BOEは必要とあらばさらなる行動取る準備ある
☆金融政策に期待し過ぎるのもリスクがある

ポンドドルは発言を受け、1.5130近辺から1.5100/02へ下落。

ケーブル

テーマ: 独り言

YEN蔵

英10~12月期のGDP改定値は前期比+0.3% 前年同期比+0.3%と
予想の-0.3%、横ばいを上回る

強い指標にやや上昇し本日東京時間の高値1.5135付近を上回るが
1.5135~40が依然としてレジスタンスに
このレベルを抜けられれば1.5160~65付近が短期のレジスタンスになる

一方1.5110~15付近が短期のサポートになっているが、
ここを抜けると、再び1.5075~80の安値を試しに行く可能性が

英10-12月期GDP改定値

テーマ: 経済指標

Ryuz

改定値 前期比-0.3%(予想-0.3%)
改定値 前年比+0.3%(予想0.0%)

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

暫く120.00を挟んで30銭レンジが続いている。荒っぽくプライスが飛ぶ場面もあるが、最終的に同じレンジ内に収まっている。

この後のイタリア5年物・10年物入札が注目されており、ユーロ円はユーロドルの動きに左右されそうだ。

オージードル 下向きの配置。

欧州株式市場序盤

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が91.28、ユーロ円が119.37、ポンド円が138.36、オージー円が93.05、NZD円が75.20、カナダ円が88.83、スイス円が98.06まで値を下げた。 

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

27日の東京市場は、材料難の中、日経平均株価の上昇に円が軟調気味となったが、月末を控えて、輸出企業の売りが出たことやその後は株価が軟調な推移となり、円の買い戻しも出る形。 ただし、総じて揉み合い範囲を逸脱する動きとはなっていない。 
 ドル円は92.27から91.63まで一時値を下げ、ユーロドルは1.3042から1.3085まで値を上げた。
 クロス円も揉合いで、ユーロ円が120.52から119.52、ポンド円が139.56から138.30まで値を下げ、オージー円が94.35から93.54、NZD円が76.20から75.53、カナダ円が89.94から89.26、スイス円が98.98から98.22での推移となった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=138.00-140.00)
戦略としては138.25-30と138.65-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、138.90-05、139.15-30と売り上がって、ストップは139.55-60超えでの倍返しも、ターゲットは139.75-00での利食い&売りで、ストップは140.15-20超えでの倍返し。ターゲットは140.40-50の動向次第で利食い。 売りのストップは140.55-60超え、140.65-70が倍返しとなるが、ターゲットは141.00-05、141.55-75と利食いで、売りは142.30-45と売り場を探して、ストップは142.70-80超えや142.90-143.10超えでの倍返し。一方下値はストップは、137.80-95割れでの倍返し。ターゲットは137.60-65、137.40-45、137.25-35での買い戻し&買いでストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返しも、135.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップを135.55-60割れとするか、更に買い下がっても135.35-45割れでの倍返し。ターゲットは134.95-05と買い戻し&買い下がって、ストップは134.70-85割れとなる。(予想時レート:138.45 予想時間 15:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2950-1.3150)
戦略としては、1.3045-55と1.3080-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3085-00と売り上がって、ストップは1.3120-25超えでの倍返し。 ターゲットは1.3155-60での利食いで、売りはこういった位置から1.3190-00、1.3205-10と売り上がって、ストップは1.3225-30超えで、倍返しもターゲットは1.3235-40や1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。一方下値は1.3035-45割れがストップで、1.3015-20割れが倍返し。ターゲットは1.2995-00の動向次第。 割れると1.2970-80、1.2955-60と買い戻しで、買いは1.2935-45と買い場を探して、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.2855-60、1.2840-50と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2825-35、1.2810-20、1.2790-05と買い下がって、ストップは1.2785-90割れ、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで倍返し。(予想時レート:1.3080 予想時間 15:40)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上下限を意識したレンジ圏での動きから、バンドの上限を意識しての動きとなっています。バンド幅に拡大の気配が見られるので、ここから一気にバンドブレイクして、バンドウォークといった展開となる可能性も出てきています。特にバンドの下限に注意して見ていく必要がありますが、仮にバンドウォークとなった場合は1.31ドル前後の水準まで戻してもおかしくはないでしょう。

RCIで見ると、短期線が高値圏での横ばいの動きとなっています。ただ、上値余地を多少残しての動きであり、方向感が重要となってくるでしょう。天井打ちとなるとバンドの上限での調整といった動きとなるでしょう。ただ、RCI中期線が上昇基調で多少の上値余地を残していることを考えると、下値は堅そうで、調整が入ってもバンドの中心線である1.3061ドル前後の水準で支えられる可能性が高いでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられてバンドの下限を目指す動きとなっています。バンド幅はゆるやかに拡大していますが、バンドの上限が横ばいとなっているので、目先は未だ大きな動きにはなりにくい状況となっています。一時的にはバンドの中心線まで戻す可能性はありそうです。ちなみに、バンドの下限は91.61円前後の水準、中心線は91.91円前後の水準となっています。

RCIで見ると、短期線が急落して下値圏に入っています。これが転換するかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は下落基調を継続しており、下値余地も残しています。状況としては短期線が底打ちすれば一時的には調整の上昇となるものの、中期線の基調が悪く、戻り売り優勢の局面となる可能性が高いでしょう。バンドの中心線まで上昇した場合は売られやすくなりそうです。

東京市場後場の動き

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は上値の重い展開となっています。円安が一服していることなどが嫌気されている状況です。ダウが100ドル以上も戻している中での動きであり、買われ過ぎ感が意識されてきている可能性もあるので、頭には入れておきたい状況です。

為替相場はドル円が現状92円を挟んでの動きとなっています。全体的には小幅な値動きとなっており、方向感は見えにくい状況です。欧州時間帯でどういった動きをするかといったところでしょう。今日は米国で耐久財受注などが発表されます。指標は全体的に良い流れとなっており、予想のハードルも低いことからある程度は期待できるでしょう。そうなった場合のダウの動きに注意といったところでしょうか。

今夜は状況が状況なだけに

テーマ: モノローグ

だいまん

19:00のイタリアの国債入札には注目が集まっている。

当然利回りが上昇、入札不調ならユーロ売りになるので注意。

その場合全体的には、リスクオフになりそうです。

完全に

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均連動で動いてる感じ。

イタリア情勢

テーマ:

Ryuz

『グリッロ氏とベルサニ氏が連立を組む』との噂が流れている模様。

テーマ: 独り言

Ryuz

仲値以降、輸出筋の断続的な売りや早朝に買い上げていた短期筋の投げ売りも入り、ドル円は91.62/64、ユーロ円は119.51/53まで下落。

その後、海外勢の円売りフローが持ち込まれるとじり高となり、92.07/09、120.20/22まで値を戻している。

ニュースヘッドラインやフロー主導の動きとなっており、突発的な一方向への動きが依然続いている。

ドル円

テーマ:

田向宏行

ドル円は日足の基準線を終値で下抜けず、
この付近には25*5DMAもありサポートされている。
これらを下抜けないと円買いは進まない。
昨日の高安値のどちらを抜けるかに注目している。

ユーロドル

テーマ:

田向宏行

ユーロドル日足は一目均衡表の雲の下限にあり、
ここを下抜けると三役逆転する。
下限が1.3030付近なので、ここに注目している。

仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

輸出玉の売り

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

16:00 (独) 3月GFK消費者信頼感調査 (前回5.8 予想5.9)
17:00 (スイス) 2月KOF先行指数 (前回1.05 予想1.00)
17:30 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
18:00 (ユーロ圏) 1月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.3% 予想+3.1%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・改定値 [前期比] (前回-0.3% 予想-0.3%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・改定値 [前年比] (前回0.0% 予想+0.1%)
18:30 (英) 第4四半期個人消費 [前期比] (前回+0.6%(+0.4%) )
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・確報 (前回-23.6 予想-23.6)
19:00 (ユーロ圏) 2月経済信頼感(前回89.2 予想89.9)
19:00 (ユーロ圏) 伊中長期債入札
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-1.70%)
22:30 (米) 1月耐久財受注 [前月比] (前回+4.6%(+4.3%) 予想-4.7%)
22:30 (米) 1月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.3%(+1.0%) 予想+0.3%)
23:00 (ユーロ圏) メルシュECB専務理事講演
24:00 (米) 1月中古住宅販売成約 [前月比] (前回-4.3% 予想+1.8%)
24:00 (米) バーナンキFRB議長「下院金融委員会で証言」
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+414.3万バレル)
02:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
06:30 (米) フィッシャー米ダラス連銀総裁講演
06:45 (NZ) 1月住宅建設許可 [前月比] (前回+9.4%)
未 定 (香港) 第4四半期GDP [前年比] (前回+1.3% 予想+2.5%)
欧州中央銀行「第2回LTRO(3年物長期資金供給オペ)返済開始」
日2年債入札(2兆7000億円)、米7年国債入札(290億ドル)

豪ドル円

ドル円基調は弱気、目先は上向きで相反

ダウ、下げ一巡

テーマ: 概況

Ryuz

この動きを受けて、クロス円が反発。

ユーロ円が119.70を上抜けて来ており、ドル円は91.75へ上昇。

ドル円、小反発

テーマ: 概況

Ryuz

ポンドが対ドル、対円で上昇したことを受け、ユーロ円も119.60/62まで値を戻している。

ドル円はクロス円の買い戻しや91円台前半の底堅さを好感した買いで91.63/65へ上昇。

テーマ: 独り言

Ryuz

安値圏から反発はしているものの、ドル円・ユーロ円共に91.50/119.50を越えて行く動きとはなっていない。
また目先は下方向だが、NY市場が安値引けするようだとまたバーゲンハンティングの買いが出る可能性も。

荒い動き

テーマ: 概況

コロフ

バーナンキ議長の発言を受けて、荒っぽい動きが展開されています。ドル円は一時91円台前半まで押し込まれていましたが、目先は若干持ち直しています。ただ、再度下落といった動きになる可能性は高そうです。ダウも一時の高値からは上値を抑えられており、期待薄の状況となっています。ただ、ドル円などは91円割れの水準は日足のバンドの下限であり、ここをブレイクして、バンドウォークとなる可能性は低いと見ています。

円買い・ドル買い

テーマ: 概況

Ryuz

バ議長の発言を受け、ドル円は91.15/17、ユーロ円は118.97/99まで続落。

ドル円が91.17まで下落

バーナンキFRB議長が、「金融当局は、金融引き締めに転じるための手段を持っている」

PCの環境によって異なるようです

ダウは高値を消す(127ドル高から46高へ)

バーナンキFRB議長

大きく動いたドル円

テーマ:

KC

週明け値飛びして始まったドル円ですが、2010年の4月頃からの抵抗線に抑えられた形になりました。25日の15:00に少し高くなりそうな雰囲気は出ましたが、94.30で止められ上昇とはならず、長めでのいい売りポイントを作ってくれたと思います。最近では珍しく、短期で大きく動いてくれました。
今後のトレード計画作りとしては、戻りが92.75までだったので、一旦の目安としてここを超えていくのか、チェックしておきたいです。順調に超えていくのであれば、方向性を再度確認する為、この後作られるかもしれない抵抗線と支持線も合わせてチェックが必要ですね。

豪ドル

テーマ: 独り言

Ryuz

田向宏行

リスク回避的な動きのためか、豪ドルは売られやすくなっている。 EURAUDも上昇の兆しがあり、豪ドルは売られやすいと考えている。 AUDUSDもAUDJPYも本日安値を下抜けるかに注目。

豪ドル

ベルサニ氏記者会見

テーマ: 独り言

Ryuz

ロンドン16時(東京25時)から予定されている模様。

その前、東京24時からはバーナンキ議長の議会証言も。

ユーロ円

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

本日、シドニー市場の118円台後半→東京市場の121円台前半→ロンドン市場初盤の119円台前半→同市場の中盤121円台前半、と大荒れ相場が続いている。

大きな反発はあるが、買い一巡後は売りが優勢という展開。シドニー市場でつけた安値が幻となるのか否か、注目したい。

イタリア国債入札

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンド幅がヨコバイとなる中で、上限と中心線とで挟まれたレンジでの動きとなっています。上限を目指しての動きとなっており、価格としては1.31ドルを突破する可能性が高いでしょう。ただ、そこからバンドブレイク、そしてバンドウォークとなるかどううかは不透明です。バンドの下限の動きに注意しながらの対応となるのではないでしょうか。可能性がないわけではないでしょうけど、まだ低いといったところかと見ています。

RCIで見ると、短期線が上昇基調で高値圏に入る一方、中期線も上昇基調を維持しています。短期線の動きに注目といった所ではないでしょうか。これが高値圏での動きを維持することができるかどうかといったところに注目です。ただ、これが天井打ちとなっても中期線の形が良く、上昇余地も残していることを考えると、底堅い動きが展開されるのではないでしょうか。

ドル円

テーマ:

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは昨日の急激な下落に対する反動が出ている状況ですが、ここに来てやや落ち着いてきているといえるかもしれません。バンド幅は縮小傾向に入っており、バンドの下限まで押し込まれたものの、そこから戻してきて、現状はバンドの中心線を意識しての動きとなっています。ただ、ここで再度抑えられると、今日の安値まで下落する展開となりそうで、その意味で重要な価格帯ということが出来そうです。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇基調で、そろそろ高値圏に入ってきます。しかし、中期線は上昇基調が腰折れしてしまっており、先行きには警戒感が高まります。短期線が現状の基調を維持できるかがポイントになりそうですが、中期線の形を見る限り、天井打ちから下落となる可能性が高く、そうなった場合はやはりバンドの下限である91.50円前後の水準が意識される動きとなっていくでしょう。

と言うことで、暫く表題のみで対応させてください。

表題しか出ず、本文が消えます

現在、ソフトウェアの調子が悪いようです。

欧州株

ユーロ

テーマ: 独り言

Ryuz

イタリア債売りを材料に、ユーロは対ドルで1.3017/19、対円で119.03/05まで下落。

共に大台手前では買い戻しも観測され、19時からのイタリア短期債入札を見極めたいとのことからショートカバー優勢となり、1.3075/77、120.25/27まで値を戻した。ユーロ円はドル円の買いも入ったことで安値から1円超戻る荒い値動きとなっている。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11398.81(-263.71)

今日の東京市場は大幅安での引けとなった。終値で11400円を割り込んでの動き。海外株安や円安修正が相場を押し下げる要因となった。かなり厳しい下落であり、警戒感が高まる状況となっている。ただ、日中は一時11500円台まで持ち直す時間もあるなど、動きそのものが荒れ気味となった。

為替相場も荒れ気味の動きとなっている。現状は92円を挟んでの動きとなっているが、一時92円台後半まで上昇するなど、乱高下する動きとなっている。ただ、上値は抑えられており、先行きに関しては警戒感が高まる状況にある。ただ、日足では91円割れの水準は支えられやすいところであり、判断が難しい所。

反発後、円買い

テーマ: 独り言

Ryuz

早朝からの反発で92.73/75、121.34/36へ値を戻すも、買い一服後は円買い一色。

ドル円は91.87/89、ユーロ円は119.80/82へ下落。

92円台割れ、120円台割れは買いも湧いてくるが戻り鈍いようなら欧州勢参入後の動きに注意。

参考

テーマ: モノローグ

だいまん

昨日レンジ
高値 安値 半値
ドル円 94.77 90.85 92.81
ユーロ円 125.36 118.74 122.05
ポンド円 145.81 137.90 141.86
オージー円97.56 93.56 95.56
NZD円 79.04 76.08 77.56
カナダ円 92.45 88.52 90.49
スイス円 101.84 97.43 99.64
ユーロドル1.3319 1.3047 1.3183

昨日のレンジは重要で、この半値が上値を押さえると重くなる。

ドル円の戻り

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜の急落からドル円の戻りは弱く、現在までの高値は92.75付近。
ここは日足の転換線付近でもあり、ここを上抜け21SMAのある93円台に乗らないと、
ドル円は下方向の可能性が高くなる。
日足の基準線は91.30付近で、ここを終値で下抜けると明確に下方向となりそう。
1時間の一目は三役逆転して下向きなので、これが続くか注目。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -160.22  11502.30 -1.37%
TOPIX -6.28    974.42 -0.64%
JASDAQ -10.13   1604.62 -0.64%
マザーズ  -2.51   562.49 -0.44%

円高の流れを受け日経平均は一時280円超の下落となったが、
ドル円、クロス円が戻すと反発

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は急落。
しかし日足の終値はボリンジャーバンドのマイナス1シグマ付近。
まだボリンジャーは上向きなので、ミドルラインのある93円に戻せるかに注目。

日経平均

テーマ: 株式市場

ウルフ

現在250円安。
CMEでは11,100円台まで下落しておりましたので、
円相場の持ち直しで何とか踏み止まっている感じです。

この後アジア市場がどう引き継ぐかもポイントとなりそう。

現在のレート
 ドル円:92.52

既に買戻しも

テーマ: モノローグ

だいまん

株の寄り前に一回売られ易そう。

株の寄りを見て対応したい。

大きく動いた後

テーマ: 独り言

Ryuz

さすがにバーゲンハンティング的な買いが出てもおかしくはないが、この下げで基調が変わったとするなら大きな反発は望めないか。。

戻り売り狙いだとしても値幅が大きすぎるので細かく指して行きたいところ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:00 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
17:30 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
18:30 (南ア) 第4四半期GDP [前期比年率] (前回+1.2% 予想+1.8%)
18:30 (南ア) 第4四半期GDP[前年比](前回2.30% 予想2.10%)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (英) ビーンBOE副総裁、マカファーティー英MPC委員、マイルス英MPC委員講演
20:00 (英) 2月CBI流通取引調査(前回17)
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
23:00 (米) 12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+5.52% 予想+6.60%)
23:00 (米) 12月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
23:30 (ユーロ圏) リンデ・スペイン中銀総裁講演
24:00 (米) バーナンキFRB議長「上院銀行委員会で証言」
24:00 (米) 1月新築住宅販売件数 (前回36.9万件 予想38.0万件)
24:00 (米) 1月新築住宅販売件数 [前月比] (前回-7.3% 予想+3.0%)
24:00 (米) 2月リッチモンド連銀製造業指数 (前回-12)
24:00 (米) 2月消費者信頼感指数 (前回58.6 予想60.6)
01:00 (ユーロ圏) モスコヴィシ仏財務相講演
06:45 (NZ) 1月貿易収支(前回-4.86億NZD)
月例経済報告関係閣僚会議
米5年国債入札(350億ドル)

ダウ200ドル超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

引け際にかけ下げが加速しております。
ドル円は再び91円割れとなりましたが、直ぐに買い戻される
展開。下値では「この時を待っていた」向きも多そうで、
突っ込み売りは避けた方が良さそう。

再急落

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が90.87、ユーロ円が118.82まで下落。

ドル円急落

テーマ: 概況

コロフ

ドル円が一時91円を割り込む状況となった。イタリアの選挙や日銀総裁人事などを背景に、ここまでの円安の流れが一気に巻き戻されての動きとなっている。現状は91円台を回復しているが、91円を再度割り込むかどうかに注目が集まりそう。

ドル円 91円割れ

テーマ: 概況

ウルフ

一時90.80台まで下押しする展開。
ユーロ円は119円を割り込み、一時118.80台まで下落。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

92.30から92.90台まで回復後、安値を92.26まで再拡大。

チャート上は、92.10-25が鬼門の位置。

円急騰

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が92.31、ユーロドルは1.3079へ下落

ユーロ円が120.80、ポンド円が139.76、オージー円が94.92、NZD円が77.34、カナダ円が89.85、スイス円が99.11まで下落。 

ユーロドル、一気に1.31ドル割れ

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルが一気に1.31ドルを割り込む動きとなっています。ストップを巻き込んでの動きとなっていますが、さすがに行き過ぎ感も出てきています。

ユーロ/ドル、下げ幅拡大

テーマ: 概況

コロフ

ユーロ/ドルが下げ幅を拡大する展開となっています。ダウもそれに連れて下げており、先行きに対する警戒感が強まる状況です。イタリアの選挙に対する思惑から、下値の見えにくい状況となっています。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

124.20のサポートきれ、かつ目先下向きでうまく下落。
122.75にポイントで、そこで下げ止まって反発。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

124.20の目先サポートきれ。

イタリアの選挙

テーマ: 概況

コロフ

イタリアの上院選挙において、ベルルスコーニ氏が優勢といった報道が出たことで、ユーロに対する調整の動きが強まっています。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

戻していたが目先下向きを保ち反落。
基調はまだ強気で相反。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

0.84ローのポイントで上値をおさえられて反落。

ユーロ

テーマ: 独り言

Ryuz

特段ニュースが出ているわけでもないが、ユーロは対ドルで1.3317/19、対円で125.21/23まで続伸。

ドル円はユーロ円買いに連れ高も94円台前半では戻り売り観測も。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先も上向きになり、強い配置。
キウイはすでに強い配置。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きで、少し重い印象はある。
基調はまだ強気。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押したが基調は強気を保って底堅い。
目先はまだ弱気だが、こちも上向きになれば上を狙いやすくなるところ。
今日のポイントは1.03ミドル。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

週初オープンから円売りで、ドル円・クロス円はいずれも大きく窓開け。
移動平均線や一目均衡表などのテクニカルは、今朝の上昇で上向きとなり、
上昇を示唆するものの、大きな窓開けとなっているうえ、
ドル円が95円目前でもあり、買いはしにくい。
少しおさまるまで様子見したい。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

一時94.30まで戻すも、ユーロ円が124.65近辺から124.25割れになると、定位置!?94.05/10 zoneへ。。
ユーロドルの動きに対円でも連れ易いため、ユーロの動向にも要注意。

東京株式市場後場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均  +276.58  11662.52 +2.43%
TOPIX +17.22 980.70 +1.79%
JASDAQ   +16.49   1614.75  +1.03%
マザーズ  +35.66   565    +6.74%

日経平均は2008年9月29日以来の高値引け
新興市場も堅調、バイオ、ソーシャル系が上昇

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

海外勢は買いから
金曜日の戻り高値1.3225~30付近が短期のレジスタンス
ここを抜けると金曜日の高値1.3245~50付近が次のレジスタンス
1.32台中盤を抜けると1.33付近まで反発しそうだが

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

25日の東京市場は、週末の「次期日銀総裁にADB総裁の黒田氏」と報道されたことを受けて、早朝から円売りが大きく加速したが、その後は利食いも優勢となった。
 日銀人事に関しては、アジア開発銀行総裁を務める黒田東彦氏を総裁に、学習院大学教授の岩田規久男氏と日銀の理事の中曽宏氏を副総裁として、国会への人事案として提示される模様。 ただし、参院両院での承認が必要で、未だ確定的ではない。
 ドル円は94.77まで上昇後93.97へ下落、ユーロドルもイタリア選挙を睨んで1.3240まで上昇後1.3182まで、ユーロ円の売りにつれて下落した。
 クロス円も早朝の商いの薄い時間帯に大きく値を上げ、ユーロ円が125.35レベルから123.90、ポンド円が143.10から141.92、オージー円が97.70から96.50、NZD円が79.25から78.54、カナダ円が92.70から91.82、スイス円が102.00から100.88まで一時値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=91.45-92.50)
戦略としては91.80-90と92.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は92.45-50と売り上がって、ストップは92.65-70超えや92.70-80超えの倍返し。ターゲットは92.90-00、93.00-30と利食いで、売りは93.35-45と売り上がって、93.50-60超えがストップで、93.70-80での売りはCapを見て対応。 売ってもストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は順張りからターゲットは91.55-60、91.45-50での買い戻し&買いで、ストップは91.20-30割れ。 91.00-05の維持では買い直しも、ストップは90.85-90割れでの倍返し。 ターゲットは90.70-85、90.55-70と買い戻しで、買いのストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。ターゲットは89.50-60、89.40-45と買い戻しから、買いは89.20-30、88.95-05と買い下がって、ストップは88.80-85または、88.55-60まで買い下がって、ストップは88.35-40割れ。 (予想時レート: 92.10 予想時間 15:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=91.45-92.50)
戦略としては91.80-90と92.15-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は92.45-50と売り上がって、ストップは92.65-70超えや92.70-80超えの倍返し。ターゲットは92.90-00、93.00-30と利食いで、売りは93.35-45と売り上がって、93.50-60超えがストップで、93.70-80での売りはCapを見て対応。 売ってもストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は順張りからターゲットは91.55-60、91.45-50での買い戻し&買いで、ストップは91.20-30割れ。 91.00-05の維持では買い直しも、ストップは90.85-90割れでの倍返し。 ターゲットは90.70-85、90.55-70と買い戻しで、買いのストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。ターゲットは89.50-60、89.40-45と買い戻しから、買いは89.20-30、88.95-05と買い下がって、ストップは88.80-85または、88.55-60まで買い下がって、ストップは88.35-40割れ。 (予想時レート: 92.10 予想時間 15:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3130-1.3280)
戦略としては、1.3175-85と1.3215-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3235-40超えでの倍返し。ターゲットは1.3245-55の動向次第で、超えて再順張りも検討されるがターゲットは1.3265-80での利食い&売り直し。 ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。 あくまで1.3430-35を超えて、ターゲットは1.3440-50、1.3455-70の動向次第で利食い優先。超えての再順張りも検討されるが、 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3160-70と買い下がって、ストップは、1.3140-50割れも、1.3130-35、1.3115-20は未だ買い下がって、ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60、1.3030-40の買い下がりのストップは、1.3015-25割れや1.2995-00割れで、騙しに注意して倍返し。このターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れや1.2860-70割れでの倍返し。(予想時レート:1.3190 予想時間 12:45)

もみあい続く

テーマ: 概況

Ryuz

ドル円は、早朝高値94.77→93.96/98
ユーロ円は、125.37→123.89/91 へ反落後は94.05/15、124.00/20間でのもみ合いとなっている。

今後は、イタリア総選挙の行方やが波乱要因となりそう。

どうしても捻くれてるので

テーマ: モノローグ

だいまん

今後のリスク。

1)黒田さんが辞意を示す
2)みなの党または、他の野党が反対する。
3)黒田さんが、外債購入に否定的な見解を示す。


NHK

テーマ: モノローグ

だいまん

次は、これだ。。。まったく分からない。

安倍晋三首相は、石破茂自民党幹事長と首相官邸で会談、

日銀総裁の後任にアジア開発銀行総裁を務める黒田東彦氏、副総裁に学習院大学教授の岩田規久男氏と日銀の理事の中曽宏氏を当てる意向を伝え、国会への人事案の提示に向けて野党側との調整を急ぐよう指示したという。

外出してから

テーマ: モノローグ

だいまん

分からなかったけど、
菅義偉官房長官
「日銀正副総裁候補への打診、まったくその段階ではない」
「日銀正副総裁人事の提示は国会の中で調整しながら行いたい」
「岩田氏へ首相が打診したとの報道は正式なものではない」
「国会への人事提示は今週中に行いたい」

こんなのが出てたので。。。?

岩田規久男・学習院大教授
「首相の訪米前に打診があり、謹んでお受けしますと回答した」
ってのは?

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均  +221.76 11607.70 +1.95%
TOPIX +16.57 980.05 +1.72%
JASDAQ   +13.27 1611.53  +0.83%
マザーズ   +25.63 554.97  +4.84%

東証一部出来高 17.41億株

案外

テーマ: バトル

だいまん

ドル円は下げました。あとは黒田さんが、国会で受け入れられるのか?

東京市場前場、急騰

テーマ: 概況

コロフ

東京市場は日経平均株価が一時200円高となり、11600円を回復する場面がありました。現在はそこから調整が入っているものの、円安・海外株高などを背景に急騰しています。リスク志向の動きが強まっており、先行きに対する期待感が相場を押し上げています。ただ、ダウの14000ドル上がどう意識されるのかがはっきりしない点は目先、注意すべきところではないかと思います。先週末に14000ドルに乗せていますが、この上の水準となると、なかなか伸び切れない状況が続いています。

為替相場は円安が強まり、朝方の気配で95円に迫っています。現状はそこから押し戻されており、94円台を維持できるかどうか、といった動きになっています。こちらも重要な価格帯では売り圧力が強まる状況で、期待感と警戒感が入り混じる状況です。逆にそういった場面では上値を追いやすいのかもしれませんが、窓を開けてのオーバーシュート気味の展開となっているだけに、警戒も高まりそうです。今日の欧州時間帯で再度上値を追うなどの展開がない場合は警戒したほうがいいかもしれません。

ドル円の

テーマ: モノローグ

だいまん

高値は、94.77だが、安値も確か75.31で幻。

これが幻で終わるかどうか注目だね。

早朝の高値レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

早朝の高値
ドル円    94.75-80
ユーロドル 1.3235-40
ユーロ円  125.30-35
ポンド円  143.05-10
オージー円 97.65-70
NZD円  79.20-25
カナダ円  92.65-70
スイス円  101.95-00

ドル円の

テーマ: モノローグ

だいまん

高値気配は、94.75-80レベルまで

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 05:30
EURUSD 1.3211-16
USDJPY 94.65-72
GBPUSD 1.5086-90
USDCHF 0.9289-95
USDCAD 1.0217-24
AUDUSD 1.0305-08
NZDUSD 0.8356-66
EURJPY 125.07-21
GBPJPY 142.89-99
AUDJPY 97.57-64
NZDJPY 79.14-25
CADJPY 92.57-68
CHFJPY 101.80-96
ZARJPY 10.65-70
EURGBP 0.8756-62
EURCHF 1.2280-86

現在レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 05:26
EURUSD 1.3215-24
USDJPY 94.55-69
EURJPY 125.13-24
GBPJPY 142.85-99
AUDJPY 97.55-65
NZDJPY 79.13-2874

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

94.30テイクンの模様。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.21-28レベルまで

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.14-18レベルへ上昇。

ユーロ円が124.35-45

ユーロドルは1.3208-15

ユーロは

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.32台、ユーロ円が124円台回復。


これは、イタリア選挙というより、ユーロポンドの影響でしょう。。。。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.10テイクンみたい。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 03:17
EURUSD 1.3198-04
USDJPY 94.08-13
GBPUSD 1.5118-24
USDCHF 0.9284-92
USDCAD 1.0213-30
AUDUSD 1.0308-13
NZDUSD 0.8352-67
EURJPY 124.15-23
GBPJPY 142.08-32
AUDJPY 96.98-04
NZDJPY 78.55-74
CADJPY 91.92-15
CHFJPY 101.21-41
ZARJPY 10.58-66
EURGBP 0.8737-50
EURCHF 1.2258-74

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

94.05-10レベルの気配まで上昇。

ポンドは安い

テーマ: モノローグ

だいまん

週末の格下げの影響で、ポンドがやすく、ユーロポンドは0.8726-40レベル。 週末の終値から60BPほど上昇。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 03:11
EURUSD 1.3188-95
USDJPY 93.91-98
GBPUSD 1.5102-12
USDCHF 0.9294-04
USDCAD 1.0213-20
AUDUSD 1.0306-10
NZDUSD 0.8345-78
EURJPY 123.78-93
GBPJPY 141.92-05
AUDJPY 96.83-90
NZDJPY 78.38-74
CADJPY 91.83-02
CHFJPY 101.01-19
ZARJPY 10.57-64
EURGBP 0.8729-36
EURCHF 1.2259-66

円売りスタートも

テーマ: モノローグ

だいまん

なんか、違う気がするけど。。。

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月25日 03:01
EURUSD 1.3163-87
USDJPY 93.80-88
GBPUSD 1.5136-42
USDCHF 0.9303-26
USDCAD 1.0204-16
AUDUSD 1.0302-12
NZDUSD 0.8344-80
EURJPY 123.57-77
GBPJPY 142.03-24
AUDJPY 96.78-87
NZDJPY 78.26-75
CADJPY 91.76-99
CHFJPY 101.53-04
ZARJPY 10.55-65
EURGBP 0.8695-15
EURCHF 1.2261-87

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

93.92-97レベルでスタート

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:15 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演
10:45 (中) 2月HSBC製造業PMI (前回52.3 予想52.2)
17:30 (香港) 1月貿易収支 (前回-480億HKD 予想-290億HKD)
19:00 (ユーロ圏) 伊インフレ連動債入札
22:30 (米) 1月シカゴ連銀全米活動指数(前回0.02)
24:30 (米) 2月ダラス連銀製造業活動指数(前回5.5)
24:30 (ユーロ圏) ワイトマン独連銀総裁講演
02:15 (加) カーニーBOC総裁講演
03:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
06:15 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
朴槿惠・韓国第18代大統領就任式
伊総選挙(結果は日本時間26日未明)
米2年国債入札(350億ドル)

さて、

テーマ: モノローグ

だいまん

週末のニュースからは、黒田氏の日銀総裁候補が決定のようで、ドル円がどう動くか注目。。。。

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

今週も注目材料が多く荒れた動きが続きそう

イタリアの総選挙、バーナンキFRB議長の議会証言、日銀の総裁人事と波乱材料が続く。 

更に先週の土曜日かrはあ、アストロ的に水星の逆行がスタートしており、未だ荒れた相場展開が続きそうだ。 

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 金曜日の外国為替市場は、ドルが堅調な推移となった。 NYダウが米連銀総裁やFRB理事の発言で、金融緩和が維持されるとの思惑などから100ドル超えの上昇となったことで、円も売り戻しが進んだ。
 ユーロドルは、独2月ifo景況感指数が、予想を上回ったことで、1.3246まで反発後、欧州委員会が、2013年のユーロ圏成長率見通しを下方修正したこと、2回目の3年物長期資金供給オペ(LTRO)の返済額が予想を下回ったことで、1.3145まで下落した。 ドル円は若干揉み合い気味の中、日米首脳会談で、通貨に対する懸念が示されなかったことで93.52まで一時値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円が123.77から122.57まで下落後123.30まで反発、スイス円も100.49から99.94へ下落後値を戻し、オージー円が96.55、NZD円が78.40、カナダ円が91.55まで値を戻したが、ポンド円は142.93からムーディーズが英国の格下げを引き下げたことで、引け際に141.82まで下落した。

日銀総裁人事

テーマ: モノローグ

だいまん

元財務官の黒田東彦・アジア開発銀行総裁の起用を軸に調整される見通しとの報道。

以外な路線となったが、安部総理が不在の中の報道で、真偽は未だ疑問。

また、黒田氏本人は現職に満足とコメントしており、どうかなあ?

更に為替市場の反応は、中立かも。。。

ムーディーズ

テーマ: 概況

コロフ

ムーディーズが英国債を格下げし、ポンドが急落する展開となっています。

お疲れ様でした。

テーマ: モノローグ

だいまん

相場は相変わらず荒れていますが、どうにかリスク・オフも小康状態。

来週は、さてどうなるでしょう?

週末から水星の逆行も始まるし、イタリア選挙やキプロスの選挙の結果もあるので、まだまだ荒れそうですね。

では、ゆっくりと体を休めて、来週に備えましょう。

日米首脳会談

テーマ: モノローグ

だいまん

オバマ米大統領(安倍首相との会談後に話した)
「日米同盟は、米国の対アジア政策の基盤を成している」
「安倍首相からは北朝鮮を含む安全保障についての話があった」
「米国と日本の最優先課題は経済成長である」
「歳出削減について議会への働きかけを続けていく」
「歳出の自動削減が世界の金融システムを脅かすことはない」
「期限前に合意できるとの希望を持っている」
(為替討議についてコメントを控えた)

安部首相(オバマ米大統領との会談後に話した)
「安全保障をめぐる環境は厳しさを増している」
「日本と米国は北朝鮮の核計画を容認しない」
(通貨については言及しなかった)

ダウ・・・

テーマ: 概況

コロフ

ダウが上昇幅を拡大し、13970ドル台に乗せてきています。再度14000ドルを回復するのかどうかといったところに注目が集まりそうです。調整が入りそうで、ほとんどはいらない状況であり、かなりの強さを感じさせる相場となっています。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

122.60割れまで下落していたユーロ円だが、売りが一服すると次第に買い戻し優勢となり、123.10台を回復。

ドル円も歩調と合わせ、93.20割れから45近辺へ値を戻し高値圏で推移。

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

110ドル高、14000ドルにタッチ。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは1.3145まで下落、ドル円は一時93.52まで値を上げたが、さらに買いを進める展開にはならなかった。 

クロス円は週末を控えたポジション調整の売りが優勢。 

ユーロ円は122.57まで下落、ポンド円が142.15、オージーー円が96.02、NZD円が77.82、スイス円が99.94まで値を下げ、カナダ円は90.86の安値まで下落した。 

日米首脳会談

テーマ: モノローグ

だいまん

記者会見は、不明だが、日本時間23日午前2時以降との話。

ただ、一部では記者会見、見送りとの報道も。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先のサポートは15あたり、まだ上向き。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上昇バイアスはなくなってきた。

ユーロ下落

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロは対円売りに連れ1.3144/46まで下落。
ユーロ円は123.23/25まで反発していたが、122.59/61へ急落。

93.50台を回復していたドル円はユーロ円売りを受け93.23/25へ緩んでいる。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

依然として1.3155/60~1.3195/00レンジとなっている。
ユーロ円買い入るも1.32台回復せず、反面、売りにもなっておらず膠着状態。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

122.70の目先サポートの上に位置して上向きを保ち底堅い状態。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下げても目先上向きを保って底堅く反発。

ドル円の今後の見どころ

テーマ:

KC

ドル円はゆっくりな動きですね。
前回チェックポイントとして挙げていた92.80ラインに届いた後、現在は少し戻されています。もしこの動きのまま上昇なら、93.50が次のチェックポイントとなります。
現在の注目ラインは92.80と94.20で、この間でどう動いてくれるのかが今後の見どころですね。

再び92.80をトライして下抜けると安くなるかなと思いますが、どちらに向かうのか楽しみにしましょう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気で上値は重い状態。
目先は上向きを保って相反。
上は重い印象。

LTRO返済予定額

テーマ: 概況

Ryuz

27日のLTRO早期返済、2回目分は356金融機関611億ユーロ=ECB
27日のLTRO早期返済、1回目分は9金融機関17.44億ユーロ =ECB

アナウンスが予定よりも数分遅れたことで、待ちきれずに1.3225までユーロドルを買い向かうも、予想よりも軟調な数字に1.3157まで急落。。

ユーロ円は、ユーロドル上昇で123.12/14→123.44/46も、
その後のユーロドル急落を受け122.70割れ。

ドル円は、ユーロ円買いに連れ93.22/24→93.34/36も、93.14/16へ下落。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

短期的には1.3260~70付近、中期的には1.3320~25がレジスタンス
1.3付近が中期的なサポートになり1.3~1.3320のレンジ形成と思われる

ユーロ急落

テーマ: ニュース

ウルフ

ECBが第2回LTROの初回返済額が611億ユーロと公表
した事を受け、市場予想(1200億ユーロ)を大きく下回った
事からユーロが急落。

ユーロドルは一時1.3150台まで、ユーロ円は122.60台まで
下押しとなりました。

ユーロ売り

テーマ: モノローグ

だいまん

「3年物長期資金供給オペ(LTRO)を通じた資金供給のうち、27日の返済額は9金融機関から611億ユーロ」となり、返済額が少なかったことで、失望のユーロ売り。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

高値圏93.46/48から小反落も、93.20近辺では底固い展開。
早朝から93円台割れ、93.10台、そして20台とサポート水準が切りあがって来ている。

ただ、日米首脳会談を控えてポジション調整的な円買いの動きも依然として観測されており、方向感がつかめない。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

独IFO後の高値から反落。

対ドル1.3244/46→1.3198/00
対円123.75/77→123.03/05

ただ、まだ共に1.3200 / 123.00手前では押し目買いも優勢地合い。。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気、目先は買いすぎとなって自然反落。

ユーロ上昇

テーマ: 概況

Ryuz

強い独IFOを受け、ユーロは対ドルで1.3245、対円で123.75近辺へ続伸。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 22日の東京市場は、昨日のリスク回避の動きからは、日経平均株価が反発したことで、巻き戻しの展開となった。
 ドル円は92.93から93.42、ユーロドルは1.3183から1.3223へ上昇。クロス円では、ユーロ円が122.56から123.46、ポンド円が141.68から143.06、オージー円が92.29から96.36、NZD円が77.58から78.31、カナダ円が91.25から91.93、スイス円が99.79から100.56まで一時値を回復した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=77.45-78.60)
戦略としては78.00-10と78.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りをしても78.45-50、78.55-60と利食い&売り上がって、ストップは78.65-70超えが倍返しも、ターゲットは78.80-90、79.05-15と利食い&売り上がって、ストップが79.35-45超えで、倍返しもターゲットは79.45-55や79.60-65の動向次第。超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは80円のサイコロジカル前後のCapでは利食い優先となる。 売りは80.20-25超えがストップ。 一方下値は77.90-95割れがストップで、倍返しも77.65-70、77.55-60と買い戻しから77.45-50と買い下がって、ストップは77.30-40割れで、77.05-20、77.00-05と買い下がって、ストップは75.85-95割れでの倍返し。 ターゲットは75.65-75、76.50-60、76.35-40と買い戻しで、買いはこういった維持から76.15-25、76.05-15、75.95-00と順次買い場を探して、ストップは75.70-80割れで、75.60-65は維持を見て対応。 買ってもストップは75.45-50割れで、75.30-35、75.20-30での買い直しのストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。(予想時レート: 78.10 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=122.00-124.00)
戦略としては、123.00-05と123.20-25のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りも123.40-50のCapでは利食いで、超えて再順張りも123.60-80での利食いで、売りは124.00-05まで売り上がって、ストップは124.10-20超えでの倍返し。ターゲットは124.30-40、124.60-75と利食いで、売りは124.85-90と売り上がって、ストップは125.20-25超え。125.30-45での売り直しのストップは、125.50-55超え。125.60-75の売りのストップは125.85-90超えでの倍返し。ターゲットは125.95-00、126.10-25、126.35-40と利食い&売り場を探して、ストップは126.55-60超えでの倍返し。ターゲットは126.85-95での利食いから、売りは127.10-15、127.30-35と売り上がって、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。 一方下値は122.85-90と買い下がって、ストップを122.55-60や122.45-50割れとするか、買い下がって、122.25-30割れがストップで、122.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは121.90-95、121.80-85での買い戻しで、買いは121.45-50まで買い下がって、ストップは121.20-25割れでの倍返し。ターゲットは、121.10-15、120.80-90と買い戻し&買いで、ストップは120.60-70割れでの倍返し。ターゲットは120.35-45、120.25-30と買い戻し&買い下がって、ストップは120.05-10割れ、買い下がっても、ストップは119.90-95割れでの倍返し。(予想時レート:123.25 予想時間 16:05)

ユーロ円、123.50上抜け

テーマ: 独り言

Ryuz

独IFO前にユーロが対ドル対円で上昇中。
ドル円は93.45近辺へ値を上げている。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足の基本サポートで下げとまっている状態。
大枠でうりすぎまで到達し、目先は上向きに転換して上昇中。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは狭いバンド幅の中で、上限から中心線まで下落する展開となっています。中心線で支えられるかどうかがポイントとなっていきそうです。現状の中心線は1.3202ドル前後の水準であり、1.32ドルが意識される状況ということになりそうです。ここで支えられないと、先行きに関しては懸念が強まります。とは言え、支えられる可能性が高いのではないかと見ています。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落基調となっています。目先は依然として売り優勢と言ったところです。一方、中期線は高値圏での横ばいとなっています。中長期的には買い優勢といったところでしょう。となると、バンドの中心線までは下落するものの、そこでは支えられるといった動きになるのではないでしょうか。ただ、上値自体もそれ程期待しにくい所ではないでしょうか。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

昨夕下抜けした123.50がレジスタンスとしてworkしてはいるが、123.00/10の水準も底固い。

独IFO後のユーロドルの動きに注目

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から中心線まで下落しての動きとなっています。中心線をブレイクするかどうかがこれからのポイントとなっていきそうです。ひげでは抜けた時間帯もありましたが、現状は支えられています。バンド幅が縮小傾向に入ってきているので、何れにしてもそれほど大きな動きにはならないものと思われますが、抜けるとバンドの下限が93.00円にあるだけに注意が必要でしょう。

RCIで見ると、短期線が下落基調となっています。そろそろ下値圏に入っていきそうです。一方中期線は高値圏での横ばいとなっています。天井打ち気配もありますが、現状においては、まだ中長期的には堅調な地合いとなりそうです。短期線が底打ちしてくれば、バンドの中心線で支えられて上限までといった動きになるでしょう。ただ、そこからさらに上値を目指すといった動きにはなりにくいでしょう。

ポンドドル

テーマ: 独り言

Ryuz

東京ランチタイムの薄い時間帯を狙ってか、ポンドドルに仕掛け的な動きが連日観測されている。

昨日は1.5205/10→1.5135/40への下落。
今日は1.5265/70→1.5320/25への上昇。

ポンドドルのカバーをユーロポンドでも見受けられ(ユーロポンド売り+同時にユーロドル買い=ポンドドル買い)、
ユーロドルは1.3210前後でもみ合い。

ユーロポンドは0.8655から30pip下落。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

早朝から92.90/93.40内レンジとなっているが、クロス円の上下に振らされている。。
欧州勢参入後はユーロドルの動きに注意、指標もありユーロ円が連れて動くとドル円には影響。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -56.72 11252.41 -0.5%
TOPIX -8.44  954.42  -0.88%
JASDAQ -5.18  1592.27 -0.32%
マザーズ  +9.24  525.79 +1.79%

日経平均は11175.67の安値を付けた後に反発
ドル円も93円台を回復

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

やっぱりユーロが荒れそう。材料は

1) 独GDP
2) 独ifo景況指数
3) ECB「LTRO返済額発表」
4) 日米首脳会談
5) イタリア選挙

イメージは、独GDPやifoは買い戻し材料。

ただ、その後のLTROやイタリア選挙は、週末も絡めて売り材料となりそう。

また、イタリアの選挙は、24-25日で、結果が出るのは月曜日の午前というより、火曜日のなのかも知れないので注意。

また、ユーロ円は、日米首脳会談が、しゃんしゃんで終わるだろうから、このタイミングで買い戻しが強まる可能性があり注意。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日ポンドドルは売られ過ぎて、1.53~1.53ミドルまでの戻しを考えたが、
1.52後半で時間調整されている模様。
このため、本日は再び下げる可能性が出てきており、
昨日高値を上抜けない限り、下げる可能性が高いと考えている。

スティーブンスRBA総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆為替は想定より高い水準
☆中国経済の減速は終わった

中国経済への言及が豪ドル上昇の材料に

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

07:30 (豪) スティーブンスRBA総裁「半期議会証言」
11:15 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
16:00 (独) 第4四半期GDP・確報 [前期比] (前回-0.6%)
16:00 (独) 第4四半期GDP・確報 [前年比] (前回+0.4%)
16:00 (独) 第4四半期個人消費 [前期比] (前回+0.3%)
17:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員講演
17:30 (香港) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.7%)
18:00 (独) 2月ifo景況指数 (前回104.2 予想104.6)
18:00 (独) 2月ifo景気期待指数(前回100.5 予想100.8)
18:00 (独) 2月ifo現況指数(前回108 予想108)
19:00 (ユーロ圏) 欧州委員会「冬季経済予測発表」
20:00 (ユーロ圏) ECB「LTRO返済額発表」
20:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
22:30 (加) 1月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.6%)
22:30 (加) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.8%)
22:30 (加) 12月小売売上高 [前月比] (前回+0.2%)
24:30 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁、パウエルFRB理事「討論会に参加」
日米首脳会談

2/23(土)
08:30 (米) タルーロFRB理事講演
アストロ=水星の逆行スタート

2/24(日)
イタリア総選挙(25日まで)

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、じりじりと値を下げ1.3161の安値まで。ただ、この位置からは買い戻し。 1.32台は回復できていない。

ドル円は93.30で反発を限定されて一時92.77まで下落後、93.20台を一時回復。 相変わらず買う。。。

ユーロ円も122.26から123円手前まで。 

連銀総裁

テーマ: 概況

コロフ

ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁はニューヨークで「雇用とインフレの両方が力強い景気刺激の必要性示す」「債券購入、今年早々には不要にならない」「力強い景気刺激が必要」

ブラード・セントルイス連銀総裁は「ゼロ金利、14年6月までに上昇する可能性も」「失業率、14年6月までに6.5%になると予想」

などといったように、各連銀総裁が発言しています。この辺りは各地区によって状況が異なっているだけに、判断が難しい所ではありますが、出口戦略に対する思惑を強める可能性がある点は注意したほうがいいかもしれません。昨日のFOMC議事録でも思った以上にタカ派、といったイメージとなっているだけに、なおのこと意識はしておきたい所です。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

1月10日以来のサポートレベル1.3250がブレーク
次のサポートは1.3140~50、ここが抜けると
1月4日の安値1.3付近が重要なレベル

ゴールド

テーマ:

YEN蔵

2011年7月以来のサポートレベル1520付近が重要
ここを抜ける1460、1430付近が次のサポート

NY概況

テーマ: 概況

ウルフ

ダウが再び70ドル安の水準まで反落した事に連れ、
ドル円は一時92.70台まで下落し、本日安値を更新。
ユーロ円も122.40台まで下押しとなっていますが、
今のところ安値を更新する動きにはなっていません。

さて、ドル円はレンジ下限を試す動きとなるか注目です。
終盤にかけてのダウの動きは要注意ですね。
ただ、下値では押し目買いを狙っている向きも多そうで、
下落を仕掛けられたとしても、何らかの大きな材料が出ない
限り、一時的な動きで終わりそうな気がします。

現状マーケットの関心は円からポンドやユーロにシフトしている
感があり、ドル円のレンジ取引はもう暫く続くのではないで
しょうか。

現在のレート
 ドル円:92.83

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置を保って重い。
93.58の下では下落リスク。

原油

テーマ: 概況

コロフ

原油価格が続落しています。下げ幅も大きく、ここに来て調整の勢いが強まっています。株価も上値の重い状況となっており、先行きに対する警戒感が強まりそうです。

オージー¥

テーマ: テクニカル

千秋先輩

弱い配置からうまく下落。
下向きではあるが、売りすぎのゾーン。
ポイントは94円ハイ。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

中古住宅販売件数
 結果:492万件
 予想:490万件

フィラデルフィア連銀景況指数
 結果:-12.5
 予想:+1.1

景気先行指数
 結果:+0.2%
 予想:+0.2%

フィリーのネガティブサプライズを受け、発表後マーケットは
ドル売りで反応。

NY序盤

テーマ: 概況

ウルフ

欧米株の下落は一服したものの、米10年債利回りが
指標発表後、再び低下する動きとなっており、センチメント
はリスクオフモードを維持している感じです。

現状ダウ先物は反発を示していますが、この後の中古住宅販売
やフィラデルフィア連銀指数の結果次第では、再び下値トライと
なる可能性があり、注目したいところです。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:36.2万件
 予想:35.5万件

発表直後、マーケットの反応は限定的。

ジョイブレ独財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

『ユーロは現時点で容認可能な水準にある』

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは大きな流れが下向きで、売られる流れにあるが、
本日は少し売られ過ぎている模様。
このため、1.53~1.53ミドルぐらいまでは戻す可能性があり、
戻りを確かめてから売るスタンス。
現在の1.52ミドルはまだ売られ過ぎレベルと考えている。

ドル円、93円台割れ

テーマ: 独り言

Ryuz

軟調なクロス円の影響を受け、ドル円は93円台を割り込んでいる。

先週金曜日、ユーロ円買いで上昇し始めた92.70近辺が近いサポート、次いで92.50近辺か。

ドル買い・円買いの流れを変えるほどの材料なく、依然として戻り鈍い。。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が昨日安値を下抜けて下落。
現在は93円をかろうじて維持しているが、ここを下抜けると
92円20付近に向けて下げる可能性が高まる。
前回もこの92.20付近で止まっているので、ここに注目。

ユーロ円は

テーマ:

だいまん

123.65-80の窓が重い位置。 124.10-20を超えて改善。

下値は122.90-95の下ヒゲ割れがリスク。

その場合、日足の基準線が122.35-40でターゲット。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

93.35-40がCapされると弱い。 93.50-55を超えると雰囲気が変わる。 下値は直近安値93.12を割れるかだが、93円ところは一旦堅いかも。。。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.32に防戦がありだが、割れない保障はない。。。

ただ、パターンは割れても90が維持されると一回は戻る。その後は、1.3235-55ゾーンの窓が再Capされるかが焦点。

リスク回避?

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ圏の製造業PMI、サービス業PMIが弱く
ユーロは全面的に売られる状況。
円買いドル買いにもなっていて、リスク回避的な動きだが、
PMIは50を割っておらず、この動きが続くのか、少し疑問。
しかしチャートは下げを示唆しており、ドル買い・円買いスタンス。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

とにかく、やばそう。。。。。でも、突っ込み売りも危険だし、しっかりと戻りを待って売りたい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

21日の東京市場は、軟調な株式市場を受けて、リスク回避志向が強まった。
 ユーロドルは、1.3290から1.3236まで下落、ドル円は93.86から93.36まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.71から123.64、ポンド円が142.95から141.34、オージー円が96.19から95.55、NZD円が78.37から77.88、カナダ円が92.29から91.58、スイス円が101.19から100.37まで一時下落した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=141.00-143.00)
戦略としては141.50-55と142.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は142.15-25超えをストップで、倍返しも142.40-50での利食い&売り、ストップは142.60-70超えで、142.90-05での売りのストップは143.35-45超えで、143.45-55での売り直しのストップは、143.55-60超え、143.75-80、143.90-95での売りにストップは、144.15-25超えで、倍返しもターゲットは144.30-40、144.45-50、144.60-65と利食い&売り直して、ストップは144.70-80超えでの倍返し。ターゲットは144.95-00、145.10-15の動向次第。 超えてターゲットは145.15-20、145.25-30、145.35-45と利食いで、売りはこういった位置から145.45-60、145.65-80と売り上がって、ストップは145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、148.50、149円と利食い優先から、売りは149.40-50をバックに検討される。 一方下値は140.30-35割れがストップ、141.20-25は維持を見て対応。 買ってもストップは140.90-00割れでの倍返し。 ターゲットは140.60-65、140.15-25と買い戻し&買い下がって、ストップは139.85-95割れで、139.65-70、139.50-55での買い直しのストップは139.25-30割れで、139.00-20での買い直しのストップは138.85-90や138.65-70割れで倍返し。(予想時レート:141.85 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3200-1.3350)
戦略としては、1.3245-50と1.33265-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1,3280-85と売り上がって、ストップは1.3290-95超えでの倍返し。ターゲットは1.3305-10、1.3330-35と利食いで、売りは1.3345-50と売り上がって、ストップは1.3355-60超えで、1.3365-75、1.3385-90での売り直しのストップは、1.3395-00超えで、倍返しもターゲットは1.3405-15、1.3420-25の動向次第。 あくまで1.3430-35を超えて、ターゲットは1.3440-50、1.3455-70の動向次第で利食い優先。超えての再順張りも検討されるが、 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3235-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 (予想時レート:1.3260 予想時間 16:15)

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

EURAUDが1.2930付近をしっかり下抜けできずに戻す動き。
このため買われていた豪ドルも買いが鈍くなりそう。
EURADUが1.2950付近を大きく上抜けるようだと、
豪ドルは再び売られる動きとなりやすい。

ドル円

テーマ:

田向宏行

ドル円は少し下げる動きだが、まだ方向感が弱い。
昨日安値やその下の93円を下抜けるようだと、92円前半まで下げる可能性があるが、
まだ昨日安値をすんなり下抜けられそうもなく、手を出しにくい。
クロス円も下げているので、ドル円は下方向でタイミングを待ちたい。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルが1.33を割り込んで下落し、1.32ミドルとなり、
ユーロクロスも全面的に下落。
EURAUDも下げる動きになりつつあり、
豪ドルは下げ止まるかもしれない。
引き続き、ユーロに注目。

ケーブル

テーマ: 独り言

YEN蔵

2012年6月1日の安値1.5265を下抜け
戻りは1.5245付近までで、当面ここが短期的にはレンジスタンスになるだろう

ドル買い・円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルが下落し、ユーロクロスも下落。
しかしポンドドルや、オージードルも下げていてドル買いの動き。
これもあってか、クロス円も下げていて、ドル買い・円買い。
このためドル円は方向感なく動きにくい。
ドル円を除くドルストレートとクロス円の1時間は
下向きの虹になっていて、この動きが確認できる。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きを保って重い配置。
日足ポイントトライの動き。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -92 11376.28 -0.8%
TOPIX -5.89 967.81 -0.6%
JASDAQ +5.96 1590.99 +0.38%
マザーズ +10.81 515.25  +2.14%

FOMC議事要旨を受けた米国株の下落を受け日経平均は下落
11500円を付けた達成感から利食いも出て一時100円超の下げとなったが
後半は下げ渋り

中小小型株は堅調に推移し、資金の循環が効いている

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下は93.50-60にまず抵抗。

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11376.28(-92.00)

今日の東京市場は下落しての前引けとなっています。ダウの軟調や、ドル円の下落などが重しとなっています。ダウの先行きに対する警戒感が強まっており、日本株にも警戒感が強まる状況となっています。一時100円安水準まで下落しての動きとなっています。日銀正副総裁人事に関しては依然としてはっきりしないところがあり、現状ではそれ程材料視はされていません。

為替相場はドル円が仲値に向けて上昇したものの、その後は押し戻されています。ユーロドルは比較的落ち着いた動きとなっています。ここからは欧州時間に向けて様子見ムードが強まる可能性が高そうです。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
16:00 (スイス) 1月貿易収支 (前回+10.0億CHF(+9.0億CHF) )
17:30 (独) 2月PMI製造業・速報 (前回49.8 予想50.0 )
17:30 (独) 2月PMIサービス業・速報 (前回55.7 予想55.2)
17:30 (香港) 1月失業率 (前回3.3%)
18:00 (ユーロ圏) 2月PMI製造業・速報 (前回47.9 予想48.4)
18:00 (ユーロ圏) 2月PMIサービス業・速報 (前回48.6 予想49.0)
18:30 (英) 1月財政収支(前回-132億ポンド)
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英国債入札(22.5億ポンド)
20:00 (英) 2月CBI製造業受注指数(前回-20 予想-16)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
22:30 (米) 1月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+1.8%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.1万件 予想36.0万件)
24:00 (米) 2月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-5.8 予想1.0)
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 (前回494万件 予想 490万件)
24:00 (米) 1月中古住宅販売件数 [前月比] (前回-1.0% 予想-0.8%)
24:00 (米) 1月景気先行指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.2%)
01:00 (米) 週間原油在庫(前回+56万バレル)
02:30 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演
03:00 (米) ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
日20年債入札(1兆2000億円)、 米30年物価連動債入札(90億ドル)

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

100ドル近い下落。 FOMC議事録の悪影響か?

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ弱気で上値重く、目先も買いすぎのゾーンであがりにくいところ。

ダウ70ドル安

テーマ: 株式市場

ウルフ

米10年債利回りは反発し、ほぼ行って来いの展開。
ドル円は一時93.70台まで反落し、現在93.80台にて
揉み合いの動き。

ダウは14,000ドル台を維持出来ずですね。
2週間近く大台前後での推移が続いており、反落リスクは
意識しておきたいところです。

現在のレート
 ドル円:93.82

米FOMC議事録

テーマ: モノローグ

だいまん

「数人のメンバーは雇用の顕著な改善まで資産購入の継続を主張」
「幾人かのメンバーは、景気予測次第でQE(量的緩和)のペースを変更すべきと主張」
「複数のメンバーは、雇用市場が著しく改善する前にQE3の縮小、あるいは停止が必要な可能性を指摘」

と米金融緩和策が想定より早い時期に見直されるとの見方。

ユーロドルは1.3274まで下落も反発が鈍い。 

ドル円は93.70台が支える。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きを保ち、基調も弱含みに。

FOMC議事録を受けて

テーマ: 概況

コロフ

FOMC議事録を受けて、ドルが上昇する展開となっています。景気の先行きに対する楽観的な見方が示され、ドル高、株高といった状況となっている。米国外の流れであり、ドル円は94円を意識し、ユーロドルは1.33ドルを割り込む展開となっています。

FOMC議事録

テーマ: ニュース

ウルフ

「幾人かの参加者は景気予測次第でQEペース変更を主張」
「他の幾人かは雇用の顕著な改善まで資産購入の継続を主張」

発表後、米10年債利回りは急上昇し、為替相場はドル買いで反応。
ドル円は一時94円台を示現。ユーロドルは1.3280台まで下落し、
本日安値を更新。

FOMC議事録を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル買い強まる。ドル円が94.03レベルへ上昇。

ユーロドルは、1.3289レベルまで下落。

未確認の噂

テーマ: 概況

コロフ

未確認の噂ではありますが、商品系ファンドが破産・精算するとの噂が流れています。これにより原油・貴金属が下げ幅を拡大している状況で、さらに問題を抱えているファンドがアセットを売却しているといった噂も流れています。これに伴い、米国株も素材・エネルギー関連銘柄主導で下げる状況です。米国株の下落がリスク回避的な思惑を強め、ドルに対する買い圧力を強めているようです。

ダウ一時14,000ドル割れ

テーマ: 株式市場

ウルフ

40ドル安まで下落。
米10年債利回りも低下し、ドル円は一時93.49まで下落。
ただ、今のところ下値は限定的です。
材料乏しく目先株価に連れた動きとなっております。

現在のレート
 ドル円:93.53

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が124.885から125.55でのの上下で動き、ポンド円は144.23から142.81まで下落後143.57へ値を戻した。 またオージー円が96.31まで下落、NZD円が78.16の安値から78.59まで反発し、スイス円は101.65から101.14で推移した。 

不思議なほどドルが強い

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、ドルが堅調。 

 特別の材料はないが、恐らく米FOMC議事録を睨んだ動き。 

ユーロドルは、1.34112から1.3338まで大きく値を下げた。 またポンドドルは、英MPC議事要旨で、資産買い入れプログラムの規模の維持を6対3で決定したことが判明。 前回より資産買入に2名の投票が入ってことで、1.5281まで下落、ドル円は93.77まで一時値を回復した。

ただs、これでは議事録が出た後は、ドル売りに一転しそう。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向き、基調も弱含み。
日足ポイントは124円あたり。

オージー¥

テーマ: テクニカル

千秋先輩

重い配置から下落中。日足ポイントは96円あたり。
切れてくると、下方向の芽。

ニュージーランド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

2月11日以降の安値78.00~10がサポートレベルに
ここを抜けると2月11日の上昇前の安値77付近が中期的なサポートに

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保って重い状態。

ケーブル

テーマ:

YEN蔵

MPC議事要旨でサポートされていた1.54をブレークし急落
戻りも1.53台前半が重い
2012年6月1日の安値1.5265~70がサポートレベル

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保ち、日足ポイント1.34が重い事を確認して下落。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保ち、基調も下向きになり下落中。
日足のポイント切れの動き。

NY序盤

テーマ: 概況

ウルフ

指標発表後、ダウ先物・米10年債利回りの上昇を受け、
為替相場は円とドルが小幅に売られる展開。

ドル円は93.60台、ユーロ円は125.30台まで
反発する動きとなっております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

住宅着工件数
 結果:89.0万件
 予想:92.0万件

建設許可件数
 結果:92.5万件
 予想:92.0万件

発表後、マーケットの反応は限定的。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルの日足は下向きとなってきて、4時間がもみ合っているが
1時間でも下向きとなってきている。
下げ基調となってきており、本日高値を越える動きにならないと、
下げる動きが強まりそう。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

弱い配置から下落、目先は売り過ぎのゾーン。
0.83前後と、0.8260にサポート。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎから反落。
1.0325-1.0295にサポートゾーン。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先買いすぎのゾーンから下向きに転換し、自然反落。

ポンド売り

テーマ: 独り言

田向宏行

昨年からの円売りの流れが終わりつつあり、
マーケットの次のターゲットはポンドの模様。
ポンド売りの流れができつつある。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 20日の東京市場は、麻生太郎副総理兼財務・金融相が「財務省として外債を買うつもりはない」と発言、安倍晋三首相が、「官民外債ファンドの必要性は相当薄まってきている」、「水準でなくても為替について説明することには慎重であるべき」と態度を変更したことへの失望感から、円の買い戻しが進んだ。
 ドル円は、朝方読売新聞が、日銀総裁は、「岩田一政、岩田規久男、黒田、伊藤氏の4人に絞り込まれた」と伝わったことで、武藤氏が外されていることで、93.83まで上昇したが、その後93.12まで大きく値を下げた。 ユーロドルは1.3383から1.3434まで一時上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が125.88から124.90、ポンド円が144.74から143.75、オージー円が97.06から96.54、NZD円が79.37から78.31、カナダ円が92.73から92.04、スイス円が101.89から101.08まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=96.00-97.00)
戦略としては、96.45-55と96.70-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は96.80-85、96.95-00と売り上がって、ストップは97.05-10超えを倍返しとしても97.10-30のCapでは利食い&売り直しで、ストップは97.40-50超えで、倍返ししてもターゲットは97.55-60、97.70-80と利食い優先。売りは98円超えのストップなどで対応。 一方下値は順張りからターゲットは96.30-40での買い直しでストップは96.05-15割れで、95.90-00、95.70-80での買いは、95.45-55割れがストップ、95.35-45の維持では買い直しも、ストップは95.20-25や95.05-15割れで、倍返しもターゲットは94.95-00、94.75-80と買い戻しで、買いは94.65-70、94.45-50と買い下がって、94.20-35割れをストップ、更に買い下がっても、94.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。 (予想時レート: 96.65 予想時間 15:25)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=92.75-93.60)
戦略としては、93.15-20と93.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は93.45-50超えがストップで、93.55-70-80と売り直して、ストップは93.80-85超えでの倍返し。 ターゲットは93.90-00、94.00-10、94.10-20と利食い&売り直しで、ストップは、94.20-25や94.30-35超えで、94.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは94.65-75、94.75-85利食い&売り狙い。ストップは94.95-00超えとなるが、95.10-20-30での売り直しで、ストップは95.45-50超え。 一方下値は92.95-00、92.75-80と買い場を探して、ストップをタイト気味に置くか、92.45-60まで買い場を探すなら、ストップは92.10-25割れでの倍返しとなる。 このターゲットは91.95-00や91.70-80の動向次第で買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、91.60-65割れが倍返しとなるが、騙しに注意。 一応このターゲットは91.50-55、91.40-45と買い戻しで、買いは91.25-35、91.15-25、91.05-10と買い下がって、ストップは90.85-95割れや90.75-80割れでの倍返し。(予想時レート:93.25 予想時間 15:00)

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

93.10/20 bid しっかり。
クロス円の買い戻しが入れば93円台ミドルを越えそうだが、早朝高値近辺はまだ重いか。
93円台前半~後半レンジ、しばらく続きそう。。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気をもたち、目先は買いすぎのゾーンだが、
日足ポイント1.34を上ブレークして上昇リスクの状態で強い。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +95.94 +0.84% 11468.28
TOPIX +10.09 +1.05% 973.70
JASDAQ  +18   +1.15% 1585.03
マザーズ +11.49  +2.33% 504.44
東証1部出来高は28億株
エネルギーは減少

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整が入り、中心線まで下落したものの、そこから再度持ち直しての動きとなっています。再度バンドの上限を試す可能性が高くなっています。バンドの上下限・中心線が上昇基調となっていることから、大きな動きにはなりにくいものの、しっかりとした上昇トレンドを継続する可能性が高まっています。バンドの上限は1.3433ドルにあり、今日の高値を意識した動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっています。上値余地は残っているものの、上昇の勢いは急で、すぐに高値圏に入ってきそうです。一方、中期線は天井打ち気配から緩やかに下落していましたが、再度持ち直しての動きとなっています。高値圏での動きを継続しており、中長期的にも買い優勢の状況ということができるでしょう。やはりバンドの上限までは上昇といった動きになりそうですが、RCI短期線の動きには注意しておきましょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きで、バンド幅の拡大も見られることから、さらにバンドウォークとなって下落といった展開が考えられる所です。バンドの上限の動きを見極めながら売り、といった状況になっています。今日の安値を更新しながらの動きとなっているだけに、93円を割り込む可能性が強まっている所です。調整が入るとしたらバンドの中心線である93.51円前後の水準が意識されそうです。

RCIで見ると、短期線が下値圏から持ち直す動きを見せています。中期線は下落基調を維持していますが、一時的には調整の買い戻しが入る可能性が高まっています。バンドウォークからの調整の動きも意識せざるをえず、ややわかりにくさを感じさせる所です。ただ、中期線の下値余地が残っているので、調整の買い戻しがあった場合は、戻り売りのポイントを探すといった状況となるでしょう。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11468.28(+95.94)

今日の東京市場は株価が上昇しての引けとなりました。100円高水準には届かなかったものの、引けにかけて持ち直しての動きとなりました。為替相場でドル円の上値が重かったものの、しっかりとした動きとなりました。ダウの堅調地合いを受けていたとはいえ、好感できる動きと言うことができそうです。

為替相場はドル円が押し込まれる一方で、ユーロドルがここに来て堅調な動きを見せています。欧州時間帯に入ることから、ここからの動きには注目が集まります。ドル円はちょっと危ないかもしれません。

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

『外債購入する気ない』
『デフレ脱却の結果としての円安』

みんなの党

テーマ: モノローグ

だいまん

中西健治議員が、自民とのしゃべり過ぎを批判。

安倍首相

テーマ: 要人発言

Ryuz

『外債ファンドを検討する必要性は薄まった』

ドル円は93.30のサポートを割り込む展開。
ユーロ円は125.35から125.05へ下落。

国会で

テーマ: モノローグ

だいまん

為替に関する質問が集中。

麻生さんが、財務省として、「外債購入はしない」と述べてことで、円買い。

東京市場後場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は堅調な推移を継続しています。100円高に届くかどうか、といったところになっていますが、目先は円安が修正されている状況ですので、流れとしては若干厳しい所はあります。上値を抑えられがちな展開となる可能性が高そうです。引けにかけて下落といった流れになると危険が増します。とは言え、ダウは14000ドルを超えて堅調な推移を見せてきており、日経平均のもう一段高を期待する向きもありそうです。下値では買いが入りやすい局面は依然として継続しています。ダウが再度14000ドル割れ、といった動きになると、上値の重さが意識されるところです。現状の日経平均はドル円の動きが非常に重要ですが、ダウが崩れると元も子もなくなるので、その点は注意が必要でしょう。まだしばらくは堅調を維持しそうな動きではありますが、材料の出尽くし感もあり、少なくともポジションは小さくしておきたい所です。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は94.50~92.10のレンジになっている。
それでも上値が伸びにくく、下値トライに傾いているが、
下限を割るまでは買いもありそうで、売りにくいが、
目線は既に下向きで、ショートスタンス。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

何故か30近辺が堅い。。。。。恐らく大口のビッドが居るんだろうね。。。え。

今夜崩せるかどうかは、やはり海外勢次第でしょう。 

ドル円急落

テーマ: モノローグ

だいまん

材料は特別ない模様。

上値の重さが理由だが、大口の利食いが入ったようだ。

ウイーラー・RBNZ総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆NZドルは著しく過大評価されている
☆必要となれば為替市場に介入する用意

NZドルは0.8470近辺から0.8415近辺へ、NZドル円は79.15近辺から78.65近辺へ下落。

ドル円はNZドル円売り絡みから93.40を割り込む。

森本・日銀審議委員

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆景気の先行きは当面横ばい後、緩やかな回復経路に
☆先行きも適宜適切な政策判断していく
☆今年はかつてなく極めて大規模な金融緩和が進行していく
☆財政からの信任揺らげば金利上昇し財政運営厳しくなる

ドル円

テーマ: 概況

Ryuz

NY市場中盤に93.30をつける場面もあったが、堅調な米ダウに支えられ93.60を回復し終了。
その後東京市場に入ると、『日銀新総裁候補から武藤氏が外れる』、との新聞報道を受け本邦貿易収支発表前に93.80台へ上昇。
1月貿易収支は予想を上回る赤字となったが円の動き自体は乏しく、ユーロが対ドルで1.3430台への上昇となったことで対円でも
125.90の高値を付けた。ドル円は93.60/80内でのもみ合いとなっている。

1月貿易収支

テーマ: モノローグ

だいまん

1月通関ベースの貿易収支は、
前回  -6415億円
予想-1兆3796億円
今回-1兆6294億円
悪化で一時円売り。 ドル円は93.82レベルまで。

昨日の仲値と一緒のレベル。

1月貿易収支

テーマ: 経済指標

ウルフ

結果:-1兆6294億円
予想:-1兆3796億円

発表後、マーケットは小幅に円売りで反応。

一部報道で、日銀総裁候補が4名に絞り込まれ、
武藤氏は候補から外れているとの報道が出た事から、
発表前に円売りが進んでいた事もあり、反応は限定的
となりました。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場では、東京時間の麻生財務相発言の影響から、円の買戻しの動きが優勢となったが、その後材料に薄く、NYダウが堅調な推移となったこともあり、売り戻し気味で引けた。
ドル円は93.36から96.68まで反発後、93.29まで値を下げ、ユーロドルは、強い独ZEW景況感指数を受けて、1.33735まで上昇後、英国が格下げされるとの噂もあり1.3329まで下落したが、その後買い戻しが強まり1.3396まで値を上げた。 ポンドドルは格下げの噂で、1.5415まで下落した。
 一方クロス円では、ユーロ円が124.575から125.35へ反発、スイス円が101.53から101.06で上下し、ポンド円が143.88まで下落、オージー円が96.48から96.92、NZD円が78.81から79.40まで上昇、カナダ円は弱いカナダ経済指標を受けて、92.57から92.14まで下落した。

本日の材料

テーマ:

だいまん

08:00 (ノルウェー) オルセン・ノルウェー中銀総裁講演
08:50 (日) 1月通関ベース貿易収支 (前回-6415億円(-6433億円) 予想-1兆4059億円)
08:50 (日) 1月通関ベース貿易収支 (前年同月-1兆4814億円 予想-1兆3751億円)
16:00 (独) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.2%)
11:10 (日) 森本日銀審議委員「高知県金融経済懇談会で挨拶」
11:30 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁講演
16:00 (独) 1月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回-0.5% 予想-0.5%)
16:00 (独) 1月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
16:45 (仏) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.3%)
17:00 (南ア) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.7% 予想+5.8%)
18:30 (英) 1月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
18:30 (英) 1月失業保険申請件数 (前回-1.21万件 予想-0.60万件)
18:30 (英) BOE議事録(2月6-7日開催分)
19:30 (ユーロ圏) 独10年債入札(50億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-6.40%)
22:30 (米) 1月住宅着工件数 (前回95.4万件 予想92.2万件)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [前月比] (前回-0.2% 予想+0.3%)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.3% 予想+1.5%)
22:30 (米) 1月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+2.0% 予想+1.7%)
22:30 (米) 1月建設許可件数 (前回90.3万件(90.9万件) 予想92.0万件)
23:00 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
24:00 (ユーロ圏) 2月消費者信頼感・速報 (前回-23.9 予想-23.1)
04:00 (米) FOMC議事録(1月29・30日分)

クロス円

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の上値の重さを意識して、クロス円も全般的に売り優勢となっています。ユーロ円は125円割れ、ポンド円も144円を割り込んでの動きとなっています。ただ、利下げに対する期待感の後退から、豪ドルは下げ渋る動きが見られています。

ケーブル

テーマ:

YEN蔵

ロンドン16時のフィキシングで売りがでたという噂もあるが、
サポートされていた1.5450付近をブレークし1.5420~25まで下落
2012年7月12日の安値1.5490~95付近が短期のサポート

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

クロス円の買いにつられて堅かったが、
まだ弱い配置を保って重い。

強い動き

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ユーロドルも、オージードルも強い配置を保って反発中。
ユーロドルは明日はレジスタンスが1.34あたりにさがる。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気に転換、目先も上向きで強い配置。
1.0330の日足ポイント越えの動き。

ダウ50ドル高

テーマ: 概況

ウルフ

連休明けの米株は欧州株の流れを引き継ぎ堅調に推移。
為替相場もダウの上昇に連れ、膠着状態から円売り・ドル売りへ
傾斜する展開となっております。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先はいったりきたりだが、基調は終始強気を保って底堅い。
1.33と1.3430に日足ポイント。

そろそろ反転も視野に・・・

テーマ:

KC

ドル円の動きを見ていますと、上昇も少し頭打ちの感じが出てきています。94円ミドルは意識されやすい位置で、最近はもみ合いの動きが続いていますね。
現在は三尊の形を作りつつありますので、今週の動きは大事です。
ここから下方向なら、93.25-30あたりの動きは重要になると思います。更に下なら92.80ですね。91.75~92.20には重要支持線が集まっていますので、時間を使ってその支持線を突破すると下落に入る可能性があるので注目しておきたいです。
今はこの動きの中で枚数を抑えて、売り長めの立ち回りが良さそうです。
ただ逆に94.20への上昇だと、また高値へ向かう動きになりますので、気持ちをフラットにしてどちらにも対応できるようにしておきたいです。

格下げの噂

テーマ:

Ryuz

S&PによるUK格下げの噂があり、ポンド売りになっている模様

ドル円、狭いレンジ内の動き

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドル上昇時に93.67/69まで上げたドル円だが、その後、ユーロドル失速と共にユーロ円反落となり、
93.50割れ。。だが、依然として狭いレンジ内でもみあい。。

クロス円次第だが、崩れるようだと93.30近辺が意識されそう。。

ユーロ円

テーマ:

YEN蔵

結局行ってこいになり125円台の重さが目立った
124.40~45付近はストップがありそうな雰囲気もし
このサポートが割れたら124円割れ付近まで走りそうだ

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは2/15の高値1.33927と、安値1.33056の間で推移している。
この中間(半値)は1.33491で、ここを中心に上下に動いている状態。
ユーロドルは下げる方向と考えており、1.33割れに注目している。

スペイン短期債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

3か月、9か月物入札で予定の40億ユーロを調達
3か月物 平均落札利回り0.421%(前回0.441%)応札倍率5.8倍(前回4.2倍)
9か月物 平均落札利回り1.144% 応札倍率2.3倍

独経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ZEW景況感調査
 結果:+48.2
 予想:+35.0

発表後、マーケットはユーロ買いで反応。
ユーロドルは一時1.3370台まで上昇。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロが対ドルで上昇中。
対円でも124.90台へ反発しており、ドル円も連れ高。
93.50台を回復も依然上値は重い。
93.60/70がTOPになるようだと93.30割れSLを試しに行く可能性も。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円の1時間足は三役逆転して下落。
現在は雲の中に入っており、雲の下限は93.20付近。
4時間足では逆に転換線が基準線の上にあるうえ、
雲の上限で下落が止めらているし、
遅行スパンは実体と絡んで方向感がない。
日足は93.30付近にある転換線の上にある状況。
まだ方向感のない展開が続きそうで、手を出しにくい。

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

『予想外に円が安くなったのは結果論』

ドル円は93.65 → 93.43
ユーロ円は125.00 → 124.65へ下落。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=144.00-146.00)
戦略としては144.75-85と144.95-00ブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は145.05-20を売り上がって、ストップは145.25-30超えで、倍返しも145.35-45、145.45-60、145.65-80の動向次第で利食い優先。売りはCapを見ての対応となるが、ストップは145.85-95超えでの倍返し。 ターゲットは146.30-50の動向次第。Capでは利食い&売りもストップは146.60-65超えでの倍返し。 ターゲットは146.85-90、147.15-30と利食いで、売りは147.40-45、147.60-70、147.75-80と売り上がってストップは147.95-00超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、148.50、149円と利食い優先から、売りは149.40-50をバックに検討される。 一方下値は順張りまたは144.55-60割れでの倍返し。 ターゲットは144.00-10での買い戻しで、買いは143.65-70、143.55-60、143.35-40と順次買い場を探して、ストップは142.85-90割れや、142.70-80割れでの倍返し。 ターゲットは142.45-50、142.35-40、142.20-25と買い戻し&買い下がって、ストップは142.00-05割れや141.85-95割れでの倍返しも、ターゲットは141.75-80、140.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップは140.50-55割れまたは、更に140.35-40、140.20-25と買い直して、ストプは140.90-00割れでの倍返し。(予想時レート:144.95 予想時間 15:20)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3250-1.3435)
戦略としては、1.3330-40と1.3360-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りからターゲットは1.3380-85や1.3390-95の動向次第。 超えてターゲットは1.3410-20、1.3420-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3440-50超えまたは、更に売り上がっても、ストップは1.3455-70超えでの倍返し。 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は、ストップが1.3320-25割れで1.3305-10割れが倍返し。ターゲットは1.3295-00の動向次第。 維持では買い戻しも、割れると1.3285-90や1.3265-70を睨んで対応。 こういった位置の買いは若干不透明で、注意が必要だが、維持では買っても、1.3255-60や1.3245-50割れが倍返しとなる。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。(予想時レート:1.3355 予想時間 14:55)

東京株式市場後場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -35.53 11372.34 -0.31%
TOPIX +0.92  963.61  +0.1%
JASDAQ +10.16 1567.03 +0.65%
マザーズ  +2.8 492.95 +0.57%
出来高は26億株
売買代金は1兆6800億円

新興市場は上昇するが出来高減少、売買代金の減少で
市場のエネルギーが減速

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整が入っています。バンド幅が狭い状況で、バンド幅の拡大が意識されていたことから、バンドブレイクからの動きとなる可能性が高まっていましたが、バンドウォークとならずに調整が入っています。ただ、バンド幅の拡大は依然として見られていることから、急激な動きとなる可能性は残っている状況です。問題は一気に下限まで下落する可能性も残っているといったところでしょうか。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入り、中期線も上昇基調となっています。短期線がいつ天井打ちするかといったところに注目が集まりそうです。ただ、中期線が上昇基調を鮮明とする中で、中長期的には買い優勢といったところでしょう。そう考えると、一時的な下落はあっても、バンドの上限をブレイクしての動きとなる可能性が高いということが出来そうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限まで下落し、そこから持ち直す動きとなっています。バンドの中心線を目指しての動きとなっています。バンドの上下限・中心線は下落基調にあり、方向感としては売り優勢と言ったところでしょう。バンドの中心線では抑えられやすい格好で、そこから再度バンドの下限を目指すといった動きになりやすい字ょ右京となっています。ちなみにバンドの下限は93.54円前後の水準です。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっています。目先は買われやすい地合いとなっています。一方、中期線は下落基調で下値圏に入っています。これが底打ちから上昇となってこない限りは中長期的には売り優勢といった局面となっています。流れとしてはバンドの中心線では抑えられて、再度下落となる可能性が高いのではないかと思われます。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は下落しての引けとなりました。後場に入っても一進一退の狭いレンジでの動きとなりましたが、10400円が目先重くなり、方向感の見えにくい状況となりました。昨日のNY市場が休場となったことで、手掛かり材料難から様子見ムードが強まりました。為替相場も円高基調ではあるものの、それほど大きな動きになっておらず、株価への影響も限定的なものとなりました。

東京市場

テーマ:

コロフ

東京市場後場は日経平均が上値の重い展開を強いられています。寄り付きにつけた安値からは戻す動きで、底堅いことは事実ですが、プラス圏に浮上すると売りに押し込まれる状況となっており、伸び切れない状況です。基本的には為替相場の動向に左右されている局面となっているだけに、ドル円の上値の重さが意識される中では、なかなか上昇とは行かない所です。ただ、ドル円が94円を割り込んでの動きでじり安となる中では底堅いということができるかもしれません。

RBA議事録

テーマ: 概況

Ryuz

☆一段の緩和余地
☆利下げが機能している兆候、一段の利下げ余地
☆インフレ見通しで一段の利下げ余地

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

125円台割れ、124.90へ続落。

ドル円は93.56/58へ下落、麻生発言後、売り圧力高まる。

麻生太郎副総理兼財務・金融相

テーマ: モノローグ

だいまん

「外債を購入することはない」と述べたことで、ドル円が93.59、ユーロ円も125.05まで下落。

今後も上値は重くなりそう。

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

『外債購入することない』

ドル円93.91/93 → 93.58/60
ユーロ円125.42/44 → 125.03/05

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(1月21日・22日分)
09:30 (豪) RBA議事録(2月5日開催分)
14:00 (日) 12月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回93.4)
14:00 (日) 12月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回92.7)
16:00 (ユーロ圏) アルムニア欧州委員講演
17:00 (ユーロ圏) バルニエ欧州委員講演
17:00 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (独) 2月ZEW景況感調査 (前回31.5 予想35)
19:00 (独) 2月ZEW現況指数 (前回7.1 予想7.5)
19:00 (ユーロ圏) 12月建設支出 [前月比] (前回-0.4%)
19:00 (ユーロ圏) 2月ZEW景況感調査 (前回31.2 予想35.0)
21:00 (トルコ) トルコ中銀・政策金利発表
22:30 (加) 12月国際証券取引高(前回+56.2億加ドル)
22:30 (加) 12月卸売売上高 [前月比] (前回+0.7%)
24:00 (米) 2月NAHB住宅市場指数 (前回47 48)
02:15 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演
04:15 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
06:45 (NZ) 第4四半期生産者物価 [前期比] (前回-0.9%)
日5年債入札(2兆7000億円)

クロス円

テーマ:

だいまん

揉合い気味で、ユーロ円が125.89から125.16、ポンド円が146.67から146.17、オージー円が96.90から96.67、、スイス円が102.16から101.49での推移となったが、NZD円は堅調を維持して、79.15から79.53まで上昇、カナダ円は軟調で93.43から92.81まで値を下げた。

NY午後

テーマ:

だいまん

NY市場休場のため動意なし。

ユーロドルは、ロンドン初頭の高値1.3366からドラギECB総裁の議会証言を受けて、1.3333まで値を下げるも、更なる動きとならず、ドル円は93.77から94.02で狭い範囲の動きに留まった。 

さすがに

テーマ:

コロフ

全体的に動きの少ない状況が継続されています。ドラギECB総裁の発言を受けて、若干動いた時間もありましたが、結局は行って来いの動きとなりました。ドル円も94円を割り込んでいるものの、そこから積極的に売り込む展開にはなっておらず、目先は動き難い状況となっています。今日の所はそういった動きが継続する可能性が高そうです。

米国休場で

テーマ:

コロフ

米国市場がプレジデント・デーで休場ということもあり、市場は全体的に方向感が見えにくい状況です。ドラギECB総裁の発言があり、ややユーロが売られる場面もありましたが、結局は押し戻しての動きとなっており、調整の動きが入りやすい局面と言うことができそうです。ここからもそれ程大きな動きにはなりにくいでしょう。

ドラギECB総裁②

テーマ: 要人発言

Ryuz

『ユーロ相場の上昇、下向きのインフレリスクを示唆』

為替レートは政策目標ではない、と言いながらもユーロの上昇はインフレリスクを示唆・・・

やはりユーロ高けん制!?

ユーロドルは1.3358/60 → 1.3333/35と小反落となりましたが、すぐに持ち直す展開。

ドラギECB総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

『為替レートはECBの政策目標ではない』

ノボトニー・ECB理事(オーストリア中銀総裁)

テーマ: 要人発言

Ryuz

『ECBは現時点で為替介入の必要性認めず』

ユーロは対ドルで10pips、対円で15銭買われた。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.32ハイと1.34ミドルのポイントの間。
小さなポイントの1.33ミドル越えトライだが勢いはない。
現状は基調目先ともに強含み。

この後の予定

テーマ: 独り言

Ryuz

NY / TOR市場お休みとあって経済指標の発表はありませんが、欧州要人の講演予定があります。

20:00 バルニエ欧州委員
22:00 ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長
22:30 ドラギECB総裁

買われたユーロもジリジリ軟化・・。1.3345 / 125.47近辺まで緩んでます。

買い手はアジア系中銀(前述)だのロシア筋だの色々飛び交ってますが、ホントのところは who knows (誰も知らない)。


ユーロはアジア系中銀の買い!?

テーマ:

Ryuz

ユーロは対ドルで1.3379/81、対円で125.89/91まで上昇。

ユーロ円は126円台間近も125.90近辺ではオファーがかぶさってきた模様。。

アジア系中銀に買いでユーロは上昇したとの噂だが、1.33台前半・125円台前半でも買っていたとの話しも。

ドル円はその間、94.04/12と蚊帳の外。。

ユーロ円、高値更新

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドル上昇に連れユーロ円は125.38/40から125.89/91まで上昇。

126円台乗せ間近。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

暫く94.00を挟んで10~15銭レンジが続いている。

右往左往する様を見ていると、上にも下にも行きそうな気迷い相場の様相。。

本日はNY休場のため、更に値が飛び易い展開も。。

基本はbuy on dipsも、93.70割れで一旦撤退。

ユーロドル30分足

テーマ:

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンド幅が狭い状況下であり、方向感は見えにくくなっています。バンドの上下限が意識されており、レンジ圏での動きとなりそうです。ただ、バンド幅が縮小しているだけに、バンドブレイクからの動きには警戒を要する所でしょう。今のところ、バンドの上限から下落して、下限を意識しての動きとなっています。ここから持ち直すのか、バンドブレイクからの動きとなるのかに注目です。ちなみに、バンドの下限は1.3324ドル前後の水準です。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落しており、目先の流れは下向きです。ただ、下落の勢いが強いので、そろそろ下値圏に入りそうです。これが横ばいとなるのか、持ち直すのかは重要ですが、中期線を見ると、底打ちからの動きとなっており、底堅い動きが展開される可能性が高まっています。まだ中期線の上昇の勢いは弱く、支えられるかどうかには懸念も残りますが、短期線が底打ちすれば、中期線の上昇にも勢いが出そうです。短期線の動き次第ですが、底堅い動きとなる可能性が高そうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整が入り、中心線を意識しての動きとなっています。中心線がじり高基調にあったので、価格もやや上昇といった状況でしたが、目先はバンドの上下限・中心線が横ばいへと変化してきており、全体的な動きも鈍くなってきています。ここからはそれほど大きな動きにはなりにくい状況ということができそうです。バンドの中心線で支えられているだけに、上限まで上昇してもおかしくはないところですが、今日の高値がまずは天井となりそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちからの上昇基調を継続しており、目先は買い優勢の状況です。ただ、中期線が天井打ちから下落となっており、中長期的には上値の重さが意識される状況ということができるでしょう。そうなると、短期線が天井打ちといった展開となった場合、バンドの上限である94.24円前後の水準が高値となり、その後は押し戻されて94円割れ、といった動きになるのではないでしょうか。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

96.50~60がサポートされている
2月7日の高値97円付近がレジスタンス。
ここを抜ければ97.40~50付近が次のレジスタンスに

ユーロドルの下げ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルはここから緩やかに下げる可能性。
ただ大きな流れはまだ上方向なので、戻りや調整の範囲。
金曜日には1.33が底堅く、本日ここを下抜けても1.327付近までと考えている。
この1.327や1.32ミドルを下抜けると大きく下げる可能性があり注目。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=100.50-102.50)
戦略としては、101.40-50と101.75-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、101.95-00超えでの倍返し。ターゲットは102.05-15や102.25-35の動向次第。 超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは102.60-65での利食い&売り直しで、ストップは102.80-85超えや103.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは103.15-20、103.35-45と利食い&売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値も順張りからターゲットは101.10-25の動向次第。 維持では買い戻しも、割れると100.75-80、100.50-55と買い戻しで、買いはこういった位置から100.20-35と買い下がって、ストップは99.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは99.85-90、99.75-80と買い戻し&買い下がっても、ストップは99.50-65割れでの倍返し。 ターゲットは99.20-25、98.95-05、98.70-85と買い戻しで、買いは98.55-60と買い下がって、98.45-50や98.35-40をストップとするか、思い切るなら98.25-30、98.00-10、98.80-85まで買い下がって、ストップは97.70-75割れや97.55-65割れでの倍返し。(予想時レート:101.60 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3250-1.3435)
戦略としては、1.3325-30と1.3345-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3355-65と売り上がって、ストップは1.3375-85超えや1.3390-95超えでの倍返し。 ターゲットは1.3410-20、1.3420-35と利食い&売り上がって、ストップは1.3440-50超えまたは、更に売り上がっても、ストップは1.3455-70超えでの倍返し。 ターゲットは1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は順張りまたは1.3305-10割れをストップ。 1.3295-00の維持では買い直しも、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れで、1.3255-60や1.3245-50割れが倍返しとなる。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、割れて再順張りも検討される。(予想時レート:1.3345 予想時間 15:05)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、日経平均株価の大幅反発や安倍晋三首相が、参院予算委員会で「金融緩和の手段として外債の購入という考え方もある」と述べたことで、一時円売りが拡大したが、その後「日銀総裁人事では、武藤敏郎大和総研理事長がリードしている模様」との一部報道を受けて利食いが強まった。 
 ドル円は93.68から94.22まで上昇、ユーロドルは1.3359から1.3326まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が125.01から125.67、ポンド円が145.03から145.88、オージー円が96.40から96.87、NZD円が79.10から79.50、カナダ円が93.54から92.98、スイス円が101.46から101.98まで一時上昇した。

武藤さん

テーマ: ニュース

YEN蔵

日銀総裁人事で武藤氏リードの報道でやや円高
ドル円は朝方の93.65~70付近が短期的にはサポート

パワートレンド

テーマ: モノローグ

だいまん

すいません。システムトラブルから、フォレックス・ラジオのいつものリンクからは駄目そうなので、U-Streamのページから「パワートレンド」検索してみてください。13:25分スタートとなります。

どういったロジックなのか?

テーマ: モノローグ

だいまん

安倍晋三首相は参院予算委員会で
「金融緩和の手段として外債の購入という考え方もある」
「為替操作しているわけではない」

と発言。 海外勢中心に円売り。。。。でも、外債購入がどういった緩和策になるの?


『ゴルフ流FX売買シグナル』2月18日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月18日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

2月からスタートした新番組。 伊藤智洋の「パワートレンド」は、午後1時からU-Stream版スタートです。 

どうもご迷惑をお掛けしました

テーマ: ご挨拶

だいまん

サーバーの入れ替えに伴い、一時原稿のアップができなかったようです。

これからは大丈夫です。これからもよろしくお願い申し上げます。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時94.15まで上昇し、本日高値を更新。
ユーロ円は125.50台まで上伸。
日経平均も一時250円高まで上昇しております。

ドル円、94円台へ

テーマ: 独り言

Ryuz

やはり流れは円売りなのか?
ドル円は93.70近辺が底固く、クロス円上昇と共に94円台乗せ。。

まだ売りは厚いようだが下げも限定的で円売り圧力強い。

円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

金曜日のラガルド発言でひっくり返り、本日も円安の動き。
ドル円は再び95円アタックの可能性があり、
まずは先週月曜(2/11)の94.44の上抜けに注目。
本日は米国が休みなので、勝負は欧州時間までだが、
週初のアジア時間の動きは要注意したいところ。

今週もお疲れ様でした

テーマ: モノローグ

だいまん

G20で荒れた動きとなりましたが、結果は行って来い。

ドル円がこういったレベルまで戻ってくると、来週も円安が続くと思うのが順当でしょうかが、次には日銀総裁人事が、鬼門となりそう。 

武藤さんなんて話が出てますが、これは紛糾の火種。国会でもめると

まだまだ安心するのは時期尚早のようです。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

93.75-80レベルまで。。。。。ここまで上がると異常な感じがするが、売ったら危ないのかもな嗚呼。

このままだと・・

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円・クロス円高値引けの可能性も!?

まだNY終盤残ってますが、月曜日はNYお休みということで半ドンにしてるプレイヤーもいるのでは!? 

そして、週末G20出て、月曜日早朝、(ほとんどの業者がオープンする)7時には既にひと勝負終わってるかもですね。。

上?下?どっちに窓空くんでしょうか? 

ユーロ円 125円台回復

テーマ: 概況

ウルフ

この時間円が一段安となり、ドル円は93.60台、ユーロ円は125.20台
まで上値を拡大しております。

先の声明に関する報道で、再び円売りが息を吹き返している感じですが、
舞台はG20という事で、新興国サイドから日・米・英等の量的緩和
拡大にクレームが出てくる可能性もあり、少なくとも閉幕するまでは
慎重に対応した方が良いかもしれません。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

125.20台まで続伸。

124.50も割り込めずに一段高。
ポンド円は145円台ミドル手前まで値を上げている。

欧州通貨は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.3307から1.3369、ポンドドルが、1.5462から1.5518へ値を上げ、ドルスイスは0.9241から0.9210まで値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

G20筋の話として「G20は、声明を巡る協議で日本を名指ししなかった」などと伝えたことで、円売り、ドル売りが強まった。 
 ドル円は、93.55まで反発、ユーロ円が124.95、ポンド円が144.93、オージー円が96.56、NZD円が79.36、カナダ円が93.15、スイス円が101.54まで一時上昇した。 

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ミシガン大学消費者信頼感指数
 結果:76.3
 予想:74.8

発表後、マーケットは小幅に円売りで反応。

指標結果は好調ながら今のところダウは上値を伸ばせない
展開となっており、ややリスクオンの流れは頭打ちとなっております。

ラガルドIMF専務理事

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆日本の緩和的な金融政策を歓迎
☆ユーロ上昇、円下落は歓迎すべき政策の展開

ユーロ円は124.95近辺まで続伸中

ドル円は93.53/55へ上昇。。

米経済指標

テーマ: 概況

ウルフ

NY連銀製造業景気指数
 結果:10.04
 予想:-2.00

ポジティブサプライズで円売りが加速する展開。
ドル円は93.40台まで一段高。

あれ・・

テーマ: 独り言

Ryuz

サーバーメンテナンスで投稿出来ないかと思い控えておりました、失礼!

今日も当局者の発言で動いてます。。

もう疲れ果ててますが、タロー大臣のロビー活動が功を奏して、かの発言になったのでしょうか?? ユーロ円、まだ買われてます。。最後の一吹きなのか、それとも。。

G20

テーマ: 独り言

YEN蔵

G20声明の草案で日本を名指しにしないことが伝わり
ドル円はレジスタンスの93.75~80のブレークし93円台前半に
昨日の高値93.70~80が短期のレジスタンス

G20

テーマ: ニュース

ウルフ

声明では日本を名指ししないとの報道が伝わり円が急落。
ドル円は93円台を回復し、一時93.20台まで、
ユーロ円も一時124.30台まで急伸しております。

円売りに一先ず安心感が広がった感じでしょうか。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.21%
フランスCAC +0.08%
英FT -0.14%
イタリアFTSEMIB +0.06%
スペインIBEX -0.48%
ギリシャGD.AT -0.02%
小動き

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下抜けした1.33ハイが重い事を確認して、
基調は弱気から下落。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイント93.17の下で下落リスク。
基調目先ともに下向きを保って重い。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

下げてきたが、このまま下げるのかちょっと疑問。
売るなら昨日安値を下抜けないと売りにくい。
やっぱり動きが定まらない感じがする。

ユーロドル30分足

テーマ:

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンド幅の狭い状況からバンドの上限をブレイクしての動きが見られましたが、すぐに抑えられての動きとなっており、方向感の見えにくい状況となってしまっています。ただ、それでも再度バンドの上限まで持ち直すなど、比較的堅調な動きとなっています。1.34ドルが意識されての動きとなっているだけに、ここから再度持ち直すかどうかは重要な状況でしょう。バンド幅の拡大は現在も見られるので、可能性は残っている所です。

RCIで見ると、短期線が上昇基調で高値圏に入りそうです。一方中期線h天井打ちから下落となっていましたが、下落基調が落ち着き、高値圏での横ばいとなっています。再度持ち直すかどうかは重要なところですが、思った以上にしっかりとした動きです。短期線が天井打ちとなるかどうかといったところに懸念があるところであり、仮に短期線が天井打ちとなると中期線の形も悪くなりそうで、警戒感は強いものの、バンドウォークをしているだけに、積極的には売りにくい所です。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの下限まで下落し、そこからバンドの中心線まで戻したものの、再度下落する動きとなっています。バンド幅はほぼ横ばいとなっていますが、下限がやや下向きの動きとなっているのは気になるとことです。バンドの下限までは一時的には下落する可能性が高いのではないでしょうか。そうなると92.25円前後の水準が意識されるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が上昇基調で高値圏に入っています。これが天井打ちとなるかどうかがポイントになりそうです。一方、中期線は下値圏での動きですが、底打ち気配が見えてきています。現状では下値波乱は無さそうな状況になってきています。今日の安値圏に迫る可能性はあるものの、そこをブレイクして、といった動きには目先なりにくいでしょう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日中に本日高値の93.10か、そもそも93円に乗せられないと、
来週以降、下方向への動きに転換する可能性がある。
ただ92.15付近を下抜けず、週末のG20で円安容認となると、
逆にもう一段上もありそう。
方向感が弱く、転換となる可能性にも注意したい。

用心発言

テーマ: モノローグ

だいまん

バイトマン独連銀総裁
「ユーロの為替レートは概ねファンダメンタルズに沿っている」
「ユーロは信頼感の回復や成長見通しの影響を反映している」

ショイブレ独財務相
「G20では見解の一致をみると信じている」
「為替市場への国の介入は望まない」
「市場原理に基づいた為替が望ましい」

ユーロ

テーマ: 独り言

Ryuz

バイトマン発言でユーロは上昇

対ドル 1.3351/53から1.3392/94
対円 123.47/49から124.13/15
対ポンド 0.8608/10から0.8631/33
対スイス 1.2310/12から1.2330/32

へそれぞれ上昇。。

ドル円はユーロ円買いに連れ高となり92.48/50から92.71/73へ値を上げた。

バイトマン独連銀総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆ECBはユーロ安のためだけに利下げせず

☆ECBはユーロの為替レート操作は慎む

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

11100をサポートし、11161に
週末、G20を控えたロングの調整はここまでか

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

92.50を割れて、戻り鈍くなっている。値ごろの買いが切れる動きに注意。

円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が下落し、円買いの動き。
ドル円は日足の転換線を久々に下抜けて下落。
2/8の安値92.15付近を下抜けるかに注目。
下抜ければ下げは日足の基準線91.15付近に向かいそう。
下げ止まるまではショート目線。

『ゴルフ流FX売買シグナル』2月15日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月15日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↑
EURCHF ↓
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

どうやら

テーマ:

Ryuz

武藤さんを次期総裁の軸に・・という報道!?で円買いとのこと

ほらね、やっぱり・・

テーマ: 独り言

Ryuz

という声が聞こえてきそうな、この動き

ドル円が92.75近辺から55割れ、
ユーロ円が123.90近辺から70割れ・・

誰かの発言でショート切らされた後なので余計に落ちる気配が漂って来てますが・・
ユーロ円は発言前の安値割り込むか?

ドル円は92.20/30がサポート。

議員さん、マーケットからは名前覚えられましたよ、たぶん。。

円急落

テーマ: 概況

ウルフ

山本幸三・元経済産業副大臣の発言を受けて、ドル円は
一時93円台を回復。
ただ、今のところ円の下値は限定的。

山本幸三さん・・・って誰?

Ryuzさんのコメントに吹いてしまいました(笑)

誰だか知らない人の発言で

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 92.73/75から93.02/04
ユーロ円 123.80/82から124.21/23

まで反発。

その後は誰!?という空気の中ジリ安に。。

誰?

テーマ: 要人発言

Ryuz

山本幸三・元経済産業副大臣

『通貨安競争は問題ない、1ドル95円~100円が適正水準』

日経平均 100円超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

現在114円安。
ドル円は92.60台まで下押しする展開。
円高・株安のスパイラルがどこまで続くか。

日経平均は上値が重く、注視ですね。

仲値前に・・

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円、失速の巻

まだ1~2分前まで分からないけど・・

これで仲値で売りたい派増えたかな。。

でも、

テーマ: モノローグ

だいまん

買うよね。。。。。。あんまり買うとと思うけど。。。。

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は下落してのスタートとなっています。ドル円で円安修正が起こったことを背景に、株価の上値が抑えられる状況となっています。ただ、それほど大きな動きになっているわけではなく、目先はやや下げ渋っての動きとなっています。週末ということもあり、ポジション調整を絡めながらの動きとなることも予想されます。

為替相場はドル円が93円を再度回復しての動きとなっています。ここからの戻りがあるかどうかは株価にとっても重要な所でしょう。ただ、やや上値の重さが意識されやすいのでは、と見ています。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、ドイツやユーロ圏の10-12月期GDPが、予想より弱い内容となったことやコンスタンシオECB副総裁が「マイナス金利は常に可能だ」と発言したこと、更にG20の声明草案して「競争的な通貨安を控えることを確約」、「為替レートの不均衡を回避することにコミット」と報道されたことで、ドル買い、円買いが強まった。 
 ユーロドルは1.3315まで下落も、中東やロシア勢の買いに支えられた。 ドル円は、早朝の商いの薄い中、92.67まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が123.80、ポンド円が143.58、オージー円が96.00、カナダ円が92.56、スイス円が100.54まで下落、NZD円が78.45まで下落後、強い10-12月期NZ小売売上高指数を受けて、再び79円台まで買い戻された。


今日は

テーマ: 独り言

Ryuz

5・10日、まあ一般的!?には不足でしょうから朝方の92.80近辺では仲値上昇期待からの買いが持ち込まれていた模様。。ただ、どこまで戻れるか。。月曜日、NYはお休み。センチメント的には円売りポジションの調整が外人勢から観測されており、戻りが鈍いようだと連休前ということもあり、ドル円・クロス円共に売りが入るか、注目。

ユーロドルはNY終盤から対クロス買い戻しが入っているが、1.3375/85のレジスタンスを上抜け出来るか。。

NY引け際

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円が92.67まで下落。 ユーロ円は安値123.82をまだ守っているが、ポンド円が143.58、オージー円が96.00、NZD円が78.63、カナダ円が92.56、スイス円が100.54まで下値を拡大した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(旧正月)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
13:30 (日) 12月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+2.5%)
13:30 (日) 12月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-7.8%)
14:00 (日) 2月金融経済月報・基本的見解
18:30 (英) 1月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.3%)
18:30 (英) 1月小売売上高指数 [前年比] (前回+1.1%)
19:00 (ユーロ圏) 12月貿易収支 (前回+137億EUR)
22:30 (米) 2月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回-7.78 予想-3.00)
23:00 (米) 12月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+523億USD)
23:00 (米) 12月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+278億USD)
23:15 (米) 1月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
23:15 (米) 1月設備稼働率 (前回78.8% 予想78.9%)
23:50 (米) ピアナルト・クリーブランド連銀総裁講演
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回73.8 予想74.5)
G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ)
企業決算発表:マブチモーター

02/16(土)
G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ)

02/17(日)
キプロス大統領選挙

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

暫く93.05を挟んで10銭程度のレンジ相場となっているが、92.80/93.30が下値上値のポイントとなりそう。直近安値92.82近辺を割り込んで来るようだと92円台ミドルが見えてくる。一方、93円台割れを固めてくるようだとNY終盤にショートカバーが入り易い。

いずれにしろ、方向感を見極めるまで手が出にくい状況。

ユーロドルの上値重く、下がるならユーロ円の可能性も。。

G20草案

テーマ: 要人発言

Ryuz

G20、

☆通貨安競争の会費を確約 
☆為替レートの『不均衡』を回避へ 
☆あらゆる形式の『保護主義』を拒絶へ 
☆通貨安競争を回避へ 
☆G20諸国は世界経済の成長が依然弱いと認識
☆日米は財政の不透明感解消を

00時前からこの草案が流れ出し、ドル円は93円台割れに。。
その後は93.20にも戻れずも93円台割れでは押し目買いも強く狭い中でのもみ合い。。

円買い強い

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は93円台を割り込み92.95へ下落。
ユーロ円は123.85近辺へ続落。

下落→反発→下落を繰り返しながら着実に戻りが鈍くなってきている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気で上値は重い。
目先も一回目は下向きを保ち、その意味では売り思考だが、
今日のポイントが92.93にあり、
この上では反発のリスクを頭に入れながら。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.03ハイにポイントで、この下ではあがっていきにくい位置。
目先は下向き、基調はまだ強気で相反。

ユーロ円

テーマ: 概況

コロフ

ユーロ円は124円割れ目前まで下落したものの、そこからは持ち直しての動きとなっています。ただ、ダウ先物が下落していることなどを考えると、米国時間帯に下値を追う可能性が残る所です。ロンドンフィキシング前後の動きには注意といった所でしょうか。

ドル買い、円買い

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロドルは続落、1.3320割れ
ドル円には外人勢からの断続的な売りが持ち込まれており、ユーロ円売り絡みもあり93.10割れ。ユーロ円は124.05割れと一段安。。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気を保って上値は重い状態。
目先の上昇バイアスはなくなりつつある。

ECBコンスタンチオ

テーマ: 要人発言

Ryuz

ポルトガルのコンスタンチオECB副総裁がネガティブ金利の可能性に言及し、ユーロ下落の一因となってます。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.33ハイで下に切れた形。
きょうの下のポイントは1.32ハイ。

ユーロクロス売り

テーマ: 独り言

Ryuz

円が強いとかドルが強いとかではなく、ユーロ売り・・

対ドル1.3325割れ
対円124.60割れ
対ポンド0.8600割れ
対スイス1.2315割れ

ドル円蚊帳の外。。

ドル買いと言うより

テーマ: 独り言

田向宏行

先ほどはドル買いになるかと思っていましたが、
ドル買いというより、ECB月報なども影響してユーロ売りとなりました。
EURUSDは予想通り下がりましたが、GBPUSDはわずかな動き、
AUDUSDはEURAUDが下落して動きません。
USDCHFは上昇してドル買いですが、スイスが売られているのかもしれません。
ドルよりユーロや円がマーケットの主役であることに変わりがないようです。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントは1.34ローで下回る動きだが、
基調はまだ強気を保っており、売りは狙いにくい配置。
目先も売りすぎのゾーンに到達。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 14日の東京市場は、朝方日銀金融政策決定会合を控えて、ポジション調整の円買いが一時強まったが、日本のGDPが弱かったこと、次期日銀総裁候補の一人とされている岩田一政日本経済研究センター理事長が「将来の金融拡大策には、買い入れ国債の満期延長やリスク資産購入拡大などはいくつかの方法がある」、「1ドル=90円から100円程度までは均衡への回帰」との見解を示したことで、一転円売りが拡大した。ただ、日銀金融政策決定会合では、政策金利と資産買入等の基金の規模を全員一致で据え置いたと発表。市場の予想通りの結果となったことで、更なる動きは限定された。
 ドル円は93.14から93.72まで上昇、ユーロドルは1.3456から1.3383まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が125.96まで上昇後125.08、スイス円が102.09から101.40へ下落、ポンド円が144.67から145.38で推移し、オージー円は96.48から96.93、NZD円は78.74から79.37、カナダ円は92.99から93.33まで値を上げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=92.50-94.00)
戦略としては93.25-30と93.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、93.70-80と売り上がって、ストップは93.85-00超えや94.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は93.10-15と買い下がって、ストップは92.90-00割れで、倍返しもターゲットは92.60-70の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは94.45-50、92.20-40と買い戻し&買い下がって、ストップは91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは91.80-90、91.65-70、91.50-55と買い戻し&買いで91.30-40割れをストップ、91.15-20、91.00-05、90.90-95を買い下がって、ストップは90.70-85や90.55-70とするか、更に買い下がって、ストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。(予想時レート: 93.30 予想時間 16:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3315-1.3450)
戦略としては、1.3400-05と1.3420-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3440-50と売り上がって、ストップは1.3455-70超えで、倍返しも1.3480-90、1.3495-00と利食い&売り上がって、ストップは1.3520-25超えでの倍返し。ターゲットは1.3545-60のCapでは利食い&売りで、ストップは1.3575-85超えや1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は順張りまたは1.3375-80の維持では買い下がっても、1.3355-65がストップで、1.3350-55割れでの倍返し。 ターゲットは1.3325-45、1.3310-20と買い戻しで、買いは1.3295-00の維持で買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。(予想時レート:1.3405 予想時間 16:10)

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

現状93.50をベースに40/60レンジ。。

売っても買っても動かないため、様子見が続いている。。

欧州通貨メインの動きなので、クロス円の上下でドル円は動くか。。

ユーロドル、1.34台割れ

テーマ: 独り言

Ryuz

独GDP悪化を材料にユーロドルは売りが優勢に。。

1.3385を割り込んで来ているが、1.3350をサポート出来るか、注目。。

対円でも利食い売りが観測されており、ユーロドルの上値を重くしている。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きに。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

独10月~12月期GDPが予想より弱く、ユーロドルは1.3435/40から1.3405/10へ下落。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保って底堅く、目先も強含みで強い配置。

ドル買い?

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはドル買いに傾く兆しが出てきている。
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが下落、USDCHFは上昇。
こうなるとUSDJPYも上昇か。
ただこれまでの動きはドル円を除き、
ドル売りだったので、少し調整の動きかもしれない。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」、午後2時半からU-Stream版スタートします。

こちらから

BOJ後

テーマ: 独り言

Ryuz

アナウンス直後、ドル円は93.30へ小反落もすぐ93.55近辺まで値を戻している。午前中の岩田発言で動いた後だけにアナウンスでは今一つなプライスアクション。

15時半からの総裁会見が待たれるところ。。

『ゴルフ流FX売買シグナル』2月14日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月14日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↓
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

お知らせ

テーマ: モノローグ

だいまん

サーバー移転にともない、今週金曜日(15日)の午後6時~土曜日(16日)まで、書き込みができません。

従って、情報配信ができませんので、いつもご愛顧頂いているみなさまには、ご迷惑をお掛けしますが、よろしくご理解を頂きたいと存じます。

日銀金融政策決定会合

テーマ: モノローグ

だいまん

は、毎度発表時間が問題となるが、12時前後に出ると普通。

過ぎると思惑が高まるが、最近は1時頃が多い。。。。

恐らく、お昼のうな重を食べてから発表するから、らしい?

ユーロポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロは買いが抑えられてきているが、
ユーロポンドは上昇の可能性をチャートが示している。
このため、この後ユーロ買いかポンド売りとなるかもしれない。
EURGBPは。まず今週の高値更新に注目だが
その上の2/1の高値付近はブルトラップに注意したい。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

岩田さんはもともと外債購入論者

岩田発言でも、昨日の高値93.70~75を超えられない
93.35~40付近が短期のサポートになっており、日銀政策決定会合の結果発表まで
レンジになるだろう

岩田発言

テーマ: 要人発言

YEN蔵

岩田元日銀副総裁は 物価上昇2%の達成には円高是正が必要でドル円は上昇

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

プラス圏マイナス圏を往復する小幅な動き
TOPIXは-0.23%
銀行株が2%ほどの下落

JASDAQ -0.12%
マザーズ +1.42%

バイオ関連の上昇を受け新興市場は堅調

GDP

テーマ: 経済指標

YEN蔵

10~12月期のGDPは前期比-0.1%と3期連続でマイナス(予想+0.1%)
民間所費は+0.4% 冬物衣料が好調
公共事業も下支え
設備投資は四半期連続マイナス
外需もマイナス
輸出の低迷が足かせに

東京市場スタート

テーマ:

コロフ

日経平均株価は小幅に上昇してのスタートとなりました。円安が修正される一方で、昨日の下げに対する買い戻しの動きも見られ、方向感の見えにくい状況となっています。ただ、GDPが良くなかったことは懸念されそうで、上値を抑える可能性が高いでしょう。

為替相場はやや円高が進んでいますが、目先はそれ程大きな動きにはなっていません。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

中国市場休場(旧正月)
未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果公表
08:50 (日) 第4四半期GDP・一次速報 [前期比] (前回-0.9% 予想+0.1%)
08:50 (日) 第4四半期GDP・一次速報 [前期比年率] (前回-3.5% 予想+0.4%)
15:00 (ユーロ圏) BNPバリバ・決算発表
15:30 (日) 白川日銀総裁、記者会見
15:30 (仏) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回0.0%)
15:30 (仏) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.1%)
16:00 (独) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.2% 予想+0.5%)
16:00 (独) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回+0.9%)
16:45 (仏) 第4四半期非農業部門雇用者 [前期比] (前回-0.3%)
18:00 (ユーロ圏) 伊第4四半期GDP・速報値[前期比](前回-0.2%)
18:00 (ユーロ圏) 伊第4四半期GDP・速報値[前年比](前回-2.4%)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回-0.1% 予想-0.4%)
19:00 (ユーロ圏) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回-0.6%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.6万件 予想36.0万件)
24:30 (ユーロ圏) タルーロFRB理事「議会証言」
02:50 (米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演
06:00 (チリ) チリ国立銀行・政策金利発表
06:45 (NZ) 第4四半期小売売上高指数 [前期比] (前回-0.4%)
ギリシャ・第4四半期GDP・速報値[前年比](前回-6.9%)
ギリシャ・11月失業率(前回26.8%)
欧州連合「11カ国の金融取引税について提案」
米30年国債入札(160億ドル)
企業決算発表:新日鉄住金、キリンホールディングス、堀場製作所
アストロ:NY株変化日

ダウ 一時70ドル安

テーマ: 株式市場

ウルフ

終盤に入りじりじりと下げ幅を拡大しております。

NY午後は特に目立った材料や要人発言は無く、
主要通貨は揉み合いに終始する展開。

昨日と打って変ってやる気が感じられない地合ですね。
NY大引けまでボーっとモニター眺めるとします。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日上方ブレークした1.3420~25付近が短期的にサポート
一方本日上昇後に下方ブレークした1.3460~65が短期のレジスタンスになっている

ポンド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

1月31日にブレークして以降サポートされている144.80~85が今日もサポートされている
ここを抜ける144.10~20付近までの下落のリスクがあるとみている

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向を保って反発。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調。マイナス圏へ。 ただ、まだ動きは大きくない。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先かいすぎから反落で、弱含み。
基調はまだ強気。

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはヘッドラインで振り回されながらも、
影響が少ない豪ドル円が上昇しています。
96.30付近を下抜けなければ、上昇の可能性。
まずは月曜の高値を上抜けるかに注目。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、スイス政府が「住宅ローン関連で銀行に資本強化を義務付ける」と発表したことで、ユーロスイスの買いが強まり、1.3520まで一時上昇したが、独ビルト紙が「ECBは、ユーロ高が危機に見舞われる国の景気回復を損なうと懸念」と伝わったことで利食いが優勢がとなった。 

ドル円は、独当局者の話として「G7の中で、為替に関する不一致はない」、「為替水準は政策の目標ではなく、相場は市場で決定されることで一致した」と報道されたこともあり、93.78まで値を上げた。 

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

小売売上高
 結果:+0.1%
 予想:+0.1%

小売売上高【除自動車】
 結果:+0.2%
 予想:+0.1%

発表後、マーケットの反応は限定的。

ユーロ高懸念

テーマ: 要人発言

Ryuz

ECBは景気回復を損なうかもしれないユーロ高を懸念している

この発言でユーロドルは1.3519/21から1.3474/76へ下落
ユーロ円は126.55/57から125.86/88へ下落

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のポイント1.34ミドルを上抜けして上昇リスク。
基調目先とも上向きで買いには追い風。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きとなり、
NY時間のポイントの93.50を越えてきた。

円売り

テーマ: 独り言

Ryuz

ロシア高官発言もあり、円売り優勢地合い。。

ドル円は93.70 bid
ユーロ円は126.40 bid

ユーロが対ポンド絡みの買いもあり堅調に推移しているため、ユーロ円は昨日のG7筋発言で暴落したスタート地点である126.55/65も視野に。。

ロシア高官発言

テーマ: 独り言

YEN蔵

今年のG20議長国はロシア
そのロシア財務省高官が「円は明らかに過大評価されてきた、状況を注視する必要。日本が介入していないことが重要と認識している」と発言

援護射撃だろうか

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強きを保ち、目先も上向きに転換し強い配置。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

BOEキング総裁の発言でポンドが急落。
ポンドドルは今年になってから売られ続けており、
大きな流れはポンド売り。
しかし直近はまだ方向感が弱く、
上に戻される場面も想定した方がよさそう。

ユーロドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは上下しつつも上昇する可能性が高くなってきた。
目標値は1.3650ではなく、1.3570付近。
それでも現在から100ポイント上にあり、
直近の動きを見極めてからでも利益はとれそう。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

暫く93.20/40内でのもみ合いが続いているが、堅調なクロス円に支えられている。。

明日のBOJを控えてまだ荒っぽい値動きとなりそう。。

ユーロドルのレジスタンス

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.3435~40付近がサポートされ1.3480~90付近まで反発
2月1日の戻り高値1.3710~2月8日の安値1.3350付近の
フィボナッチリトレースメント23.6%が1.3435~40付近、
38.2%付近が1.3480~90
50%が1.3530~40
61.8%が1.3570~80

ここら辺が戻りの目途になるかもしれない

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしての動きで、バンドウォークとなっています。バンド幅の拡大も見られ、さらに上値を追う動きが期待される状況となっています。バンドの下限はまだ下落基調となっていることから、バンドウォークの継続が意識されています。バンドの下限が横ばいから上昇となってこない限りにおいては値頃感からの売りは危険な状況となっています。

RCIで見ると、短期線が上昇基調で、高値圏に入っています。一方、中期線も上昇基調を維持しており、上値余地が残っている状況です。1.35ドルに到達するかどうかがポイントになっていきそうです。RCI短期線が天井打ちとなるかどうかといったところに注目です。流れとしては依然として上値を追いやすい格好ということができるでしょう。仮に調整が入っても、中期線の上昇基調を背景に下値は堅そうです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

Ryuz

2月7日以来の1.35台が目前。。

対円でもショートカバー絡みの買いが入っており、ユーロドルは堅調地合い。

1.3430/40サポがワークしていて、目先強含む展開。。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限からの戻しを演じたものの、バンドの上限まで届かずに上値の重さが意識されている状況です。一時93円を割り込み、そこから戻している点に関しては底堅さを感じさせるものの、現状の上値の重さは、先行きに再度の93円割れを意識させる動きとなっています。現状はバンドの中心線を目指しての動きとなっていますが、そこを割り込むと厳しい状況となるでしょう。バンド幅は縮小傾向にあり、方向感は見えにくくなっていきそうです。

RCIで見ると、短期線が高値圏まで上昇し、やや天井打ち気配となっています。これが下落基調を強めるかどうかといったところに注目が集まるところです。一方、中期線は底打ちから上昇基調となっています。中長期的には上昇しやすい格好となっています。底堅さは意識されるものの、バンドの下限まで下落ということになると、93円割れが意識されるだけに、注意はしておきたい所です。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.1%
フランスCAC40 -0.07%
英FT -0.21%
イタリアFTSEMIB +0.04%
スペインIBEX +0.46%
ギリシャGD.AT +0.26%

やや堅調なスタート

ショートカバー

テーマ: 独り言

Ryuz

短期プレイヤーの買戻しが断続的に持ち込まれ、ドル円は93.35近辺へ上昇。

ユーロドルが昨日の高値を伺う動きとなったこともあり、ユーロ円は125.75近辺へ値を上げ、安値からほぼ1円の反発となっている。。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 13日の東京市場は、昨晩のG7当局者の「投資家が声明を読み違えており、G7は過度の円の動きと円相場を誘導する日本の行為を懸念している」との発言の悪影響が残る形。また日経平均株価が下落に転じたことなどから、円買いが一時強まった。 
ドル円は93.51から92.83まで下落、ユーロドルは1.3459から1.3438での小動きが続いた。 クロス円では、ユーロ円が125.85から124.76、ポンド円が146.61から145.55、オージー円が96.57から96.06、NZD円が78.64から78.14、カナダ円が93.33から92.63、スイス円が101.95から101.13まで一時値を下げた。 (15:30現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=95.50-97.00)
戦略としては、96.00-10と96.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、96.55-60超えがストップで、倍返しも96.70-80のCapでは利食いで、売りは96.85-90超えでの倍返し。 ターゲットは97.00-05、97.10-20のCapでは利食い優先から売りのストップは97.40-50超えで、倍返ししてもターゲットは97.55-60、97.70-80と利食い優先。売りは98円超えのストップなどで対応。 一方下値は95.85-90と買い下がって、ストップは95.75-80割れでの倍返し。ターゲットは、95.60-70、95.45-50と買い戻しで、買いは95.35-45と買い下がって、ストップは95.20-25や95.05-15割れで、倍返しもターゲットは94.95-00、94.75-80と買い戻しで、買いは94.65-70、94.45-50と買い下がって、94.20-35割れをストップ、更に買い下がっても、94.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。(予想時レート: 96.25 予想時間 15:00)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=92.60-93.50)
東京レンジの半値93.17がCapされており、この動きが続くか焦点
戦略としては、92.80-85と93.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は93.20-30、93.35-40、93.40-50と売り上がって、ストップは93.55-65超えで、倍返しも93.80-85、94.00-05と利食いで、売りは94.10-20と順次売り場を探して、ストップは94.30-35超えや94.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは94.65-75、94.75-85利食い&売り狙い。ストップは94.95-00超えとなるが、95.10-20-30での売り直しで、ストップは95.45-50超え。 一方下値は、順張りも92.60-70、92.45-55と買い戻しで、買いはこういった位置から92.35-40と買い下がって、92.25-30割れストップとするか、さらに買い下がっても92.10-20割れでの倍返しとなる。 このターゲットは91.95-00や91.70-80の動向次第で買い戻しで、買いは維持を見る必要があるが、91.60-65割れが倍返しとなる。 このターゲットは91.50-55、91.40-45と買い戻しで、買いは91.25-35、91.15-25、91.05-10と買い下がって、ストップは90.85-95割れや90.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは90.60-70、90.45-50の動向次第で、買い戻しから維持では買っても、ストップは90.20-35割れでの倍返し。(予想時レート:92.95 予想時間 14:45)

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は100円超の下落となって大引けとなりました。後場に入り下げ幅を拡大する天会となっており、先行きに警戒感が高まる状況となっています。ドル円が一時93円を割り込んだことが嫌気されての動きですが、現状は持ち直しの動きを見せています。ドル円に関しては95円が意識されての下落となっていますが、思った以上に底堅い状況でもあります。下値では買いたいとの思惑が強すぎて怖さを感じる所ではあります。

東京午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は92.83、ユーロ円が124.75、ポンド円が145.55、オージー円が96.06、NZD円が78.14、カナダ円が92.63、スイス円が101.13まで下落した。

円買い優勢

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円92.90割れ、ユーロ円124.90割れ・・・

押し目買いも入ってはいるが重い。。

東京市場前場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11344.45(-24.67)

東京市場前場は小幅に下落しての引けとなりました。円安一服が嫌気される状況であり、ダウの14000ドル回復に関してはそれ程材料視されていない状況です。ドル円との相関がかなり強い状況となっており、それ以外の材料は現状では意識されていないだけに、逆にドル円の調整が強まった場合に警戒感が高まる状況に有りそうです。

その為替相場ですが、ドル円はじりじりと下落する動きが継続しています。朝方に瞬間つけた安値を試す状況となっているように思われます。そこを割り込むと欧州時間帯で93円割れが意識される可能性が高まるだけに、注意が必要かと思います。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

93円台割れではdip待ちの動きもあるが、依然上値は重い。。

早朝の93.50bidになってから売りをかぶせて来ており、現状手前の40台が売り場となっている。発言で動く相場上では、あまり上下に固執せず利食えるならポケットに入れておいた方が賢明。

ただ海外勢からの円売りポジションの解消売りが本格化するようだとG20前に大きく崩れる可能性もある。

93円台割れから93.70にも戻せていないので、戻りの鈍さを感じさせる値動き。

G7声明の不思議

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨日は、G7は、通貨安競争の回避に向けた緊急の共同声明を発表した。為替市場の動向について「緊密に協議し適切に協力」、「為替レートは市場において決定されるべきで、各国の財政・金融政策が為替レートを目標にしない」とした。 

 内容的には、今までのものと変わらないが、為替に関するG7の声明は、2011年9月に仏マルセイユ以来。 何故G20を控えて、このタイミングで発表されたのかは、よく考えておいた方がが良さそう。 

 確かにその後の、1人のG7当局者の発言として、「投資家が声明を読み違えており、G7は過度の円の動きと円相場を誘導する日本の行為を懸念している」は、若干不思議な感じは残るが、英国の当局者が、「声明は特定の国や通貨を指していない」としても、他の通貨が、それほど大きく動いていない現状、円がターゲットと見るのは自然。 また、最初のG7当局者が誰なのか、犯人探しがされているが、電話会議であっただろうことで、誰かは不透明も、ショイブレ、モスコビシはEUの会議でブリュッセルにいたし、ドラギ総裁はマドリード、カーニー加中銀総裁はカナダにいたようで、この話は、ワシントン発のようだ。

 もし、米国なら、そりゃ大変? と思うでしょう。 ただ、この辺は未だ不明。

 また、電話会議後、麻生太郎財務相は「デフレ不況対策の政策を、為替相場に使っているなどの話があったが、そうではないことを各国から正しく認識され、意味があった」と話しているが、「デフレ不況対策の政策を、為替相場に使っているなどの話があった」に、もっと反応しても良さそう。 つまり麻生さんは説明したが、理解はされていないのは間違いない。 

 更に今日は、中尾武彦財務官が「G7の考え方は声明にある通り」、「G7当局者の発言についてコメントしない」と述べていることからは、立場はまずそうだ。

 ともかく、海外当局筋は、懸念を強めていることは間違いなさそう。 それを口に出してストレートに言うかどうかは、国際問題に発展するので、差し控えている程度だろうが、G20でどうなるか、ロング筋はちょっと心配してそうだ。 

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

EURUSDは1.3430付近を下抜けなければ、上昇の可能性。
目標値は1.3650付近で、達成するなら今週中と考えている。

外銀筋の

テーマ: モノローグ

だいまん

話では、昨日のG7関係者やカナダ中銀総裁のコメントから、G20での懸念が急速に盛り上がっている模様。

売り注目が増えているようだ。

Asian Time

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.50-147.00)
戦略:戻り売り、深押しでの買い狙い

ストップ 149.40-50
売り 149.000
売り 148.50
倍返し 147.95-00
売り 147.75-80
売り 147.60-70
売り 147.40-45
売り 147.15-30
売り 146.85-90
レンジ 146.60-65
中心 146.40
レンジ 146.00-05
買い 145.65-75
買い 145.45-50
倍返し 145.25-30
買い戻し 145.05-10
買い戻しまたは順張り
144.80-95
買い 144.60-65
買い 144.40-45
買い 144.20-25
買い 144.05-10
買い 143.80-95
ストップ 143.55-70
倍返し 143.40-50
買い 144.60-65
倍返し 144.40-45
(予想時レート:146.40 予想時間 08:35)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=124.50-126.60)
戦略:戻り売り、深押しでの買い狙い

ストップ 128.00
売り 127.90-95
倍返し127.65-75
ストップ 127.45-50
売りまたストップ 127.30-35
売りまたはストップ 127.10-15
ストップ 126.85-95
売り 125.55-60
倍返し 126.20-25
売り 125.80-00
レンジ 125.65-70
中心 125.60
レンジ 125.20-30
倍返し 124.95-05
買い 124.50-55
ストップ 124.35-40
買い 124.00-05
ストップ 123.80-85
ストップ 123.60-70
倍返し 123.35-50
買い 123.15-20
買い 122.95-00(割れて順張り)
買い 122.70-85
ストップ 122.50-60
(予想時レート:125.60 予想時間 08:30)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

香港・中国市場休場(旧正月)
08:50 (日) 12月第3次産業活動指数(前回-0.3% 予想+0.7%)
09:30 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
09:30 (米) ラッカー・リッチモンド米連銀総裁講演
17:30 (スウェーデン) リクスバンク・金利発表および金融政策報告発表
19:00 (ユーロ圏) 12月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回-0.3% 予想-0.1%)
19:00 (ユーロ圏) 伊3年債入札
19:30 (英) BOE四半期インフレレポート
19:30 (ユーロ圏)独2年債入札(50億ユーロ)
20:00 (南ア) 12月実質小売売上高 [前年比] (前回+3.4% 予想+1.6%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+3.4%)
22:30 (米) 1月小売売上高 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回+0.3% 予想+0.1%)
22:30 (米) 1月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.9%)
24:00 (米) 12月企業在庫 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.3%)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+262.3万バレル)
01:10 (米) ブラード米セントルイス連銀総裁講演
06:30 (NZ) 1月企業景況感(前回50.1)
ジャック・ルー次期米財務長官「公聴会出席」
日40年債入札(4000億円)、米10年国債入札(240億ドル)
企業決算発表:アサヒホールディング、スソシエテ・ジェネラル銀行

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

反発は今のところ93円midまで。
依然底堅い動きは継続しているものの、
ここ2~3日は大分上下の振幅が激しくなって来ましたね。

そもそも、先のG7に関するコメントは、それ自体インパクトの
ある内容とは思えず(これまでの延長上の話に過ぎないのでは?)、
ここ最近の極端な反応を見るに、どうもマーケットが調整のきっかけを
求めているのではないかと思ったりもします。
今週は日銀の決定会合やG20等のイベントを控えており
何とも言えませんが、これまで長く続いた上昇トレンドがそろそろ
一服となる事を示唆しているのかもしれません。

各イベントの内容によっては、比較的大きな調整が入るかもしれず、
円安に対する過剰な期待は一旦抑制すべきタイミングに差し掛かって
いるのかもしれません。

現在のレート 
 ドル円:93.53

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

堅調に14000ドル台を回復。

為替の話は、蚊帳の外。 

ドル円の買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

英政府当局者の話として
「G7声明は単一の通貨や国についてのものでない」と伝わったことが要因。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ強気で反発。

ドル円 一時93円割れ

テーマ: 概況

ウルフ

円ショートの投げが出た感じですね。
しかし、直ぐに93円台を回復する値動きとなっております。

欧米株は堅調推移で、米債利回りも上昇基調となっており、
外部環境は円売りをサポートする状況となっているものの、
先のG7声明は膨らんだ円ショートの調整に良いきっかけと
なってしまった感じです。

今朝のブレイナード米財務次官の声明は何だったのでしょうねぇ。
G7声明対アメリカとなれば、そりゃアメリカの意向が強いでしょうと
いう事で、ここから先は押し目買い目線で行きたいところ。

ただ、少々気が早いですが、明日の日経平均は下げそうですね・・・
(NY終値次第ではありますが)株安→円高のスパイラルにも一応
留意しておきたいところで、深追いは禁物かもしれません。


ドル円、93円台割れ

テーマ: 独り言

Ryuz

小反発を繰り返しながらも次第にレジスタンスが切り下がり、92.95近辺まで下落。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押しが入っても上向きの配置を保って反発。
あとは80あたりをクリアするかどうか。

大台割れ寸前

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円93.00、ユーロ円125.00割れ手前まで続落

外人勢からの利食い売りが優勢となっているが、短期スペックの買いもカウンターで持ち込まれていて値が飛び易い。。

ドラギECB総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆スペインは2011年11月以降に多大な前進
 
☆ユーロの為替レートは長期平均付近

☆ユーロ高がインフレリスクに影響するか検証の必要ある

☆G7から通貨戦争との宣言はない

ユーロドルは1.3420/25から45近辺まで上昇も50/55では依然上値重い展開

円買い再燃

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円・ユーロ円共に歩調を合せ発言後の安値近辺まで下落。

だがdip待ちの動きも観測される。。

依然として荒いプライスアクションが続いている。。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

125.10近辺安値から、30分ほどで126.20台へ反発

プライスアクションが速すぎてドタバタするといくらでもやられる相場

落ち着くまで様子見が賢明。。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

瞬間93.275まで下落した模様。 うーん、スピードが早くて、ついていけない。

なんか

テーマ: モノローグ

だいまん

相場がごちゃごちゃになってるぞ。。。。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きを保って自然反落、
基調は強気でまだ底堅い状態。

結果的に・・

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円・ユーロ円共に、早朝の米財務次官発言で上げたスタート地点まで戻した格好。。

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 94.25 → 93.30

ユーロ円 126.65 → 125.10

発言を受け急落

円急騰

テーマ: モノローグ

だいまん

一部通信社がG7当局者の話として「G7声明は誤解されており、声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」などと伝えた模様。

円急騰

テーマ: モノローグ

だいまん

一部通信社がG7当局者の話として「G7声明は誤解されており、声明は円の過度な動きに関する懸念を示唆した」などと伝えた模様。

G7高官

テーマ: 要人発言

Ryuz

G7声明は解釈ミス、声明は円の過度な変動への懸念を示唆

G7当局者

テーマ: 概況

ウルフ

「G7声明は誤解されている」
「声明は行過ぎた円の動きへの懸念を示唆」

円が急騰する展開。
ドル円は一時93.30台まで急落。

カウンターパンチですね。

円売り再開!?

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は、ポジ調整の売りにも94.15近辺が底堅い。

ユーロ円は126.40へ反落後、126.80台まで回復。

利食い売りや調整の売りをこなした後はdip待ちの参加者からの買いでドル円、ユーロ円共に高値更新を伺う展開か。。

NY早朝

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円売り、ユーロ買いも一服気味。 
ドル円は、G7財務相・中央銀行総裁会議は、「為替は市場で決定されるべき」、「為替市場での行動で緊密に協議することを再確認」との緊急共同声明を発表し、「日本の円安政策」を直接批判する文言がなかったことで、円売りが拡大し94.41の高値まで上昇も、その後は対ユーロでのドル売りが強まったこともあり、利食いが優勢となった。 

ユーロドルは、ジョーダンスイス国立銀行総裁が、「SNBはスイスフランの上限を抑える政策を維持する」、「追加的な政策を実施する準備がある」などと述べたことで、ユーロスイスでのユーロ買いが強まり、1.3365の安値から1.3467まで急反発したが、1.3428まで売りに押された。 

またユーロスイスは、1.2286の安値から1.2356まで急反発した。

これだけ発言が出ると

テーマ: モノローグ

だいまん

逆にそれだけ、気にしているってことじゃないかな?

ダイセイプルーム・ユーログループ議長
「ユーログループは為替を協議する適切な場ではない」
ショイブレ独財務相
「欧州では為替レートに関する問題は起きていない」
デギンドス・スペイン財務相
「ユーロ高は投資家の信頼を示している」
ジョーダンスイス国立銀行総裁
「スイスフランの上限を抑える政策を維持する」
「追加的な政策を実施する準備がある」

☆一息☆

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロ買いが落ち着くと、NY勢参入前に軽いポジション調整の動き。。

ドル円 94.40/42 → 94.14/16
ユーロドル 1.3465/67 → 1.3441/43
ユーロ円 126.93/95 → 126.55/57
ユーロポンド 0.8630/32 → 0.8610/12

NY市場もドル売り円売りの動きになるか、注目。。

ユーロの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロポンドが目標値を達成。
SNB総裁の発言などもあり、ユーロドルやユーロクロスもついてきたが、
ここからは方向感が弱くなると考えている。
ユーロ買いスタンスながら、ちょっと調整もありそう。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ買いが進む。ジョーダンスイス国立銀行総裁が「スイスフランの上限を抑える政策を維持する」、「追加的な政策を実施する準備がある」と発言したことを受けて、ユーロドルは1.3460、ユーロ円が126.88まで上昇。

ジョーダンSNB総裁

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆スイスフランの上限設定を制限なく維持していく

☆スイスフランは依然として過大評価されている

☆インフレは近い将来リスクとはならない

☆第四四半期の経済成長は緩やかだが、まだ楽観的

☆スイス経済はよく持ちこたえた

ユーロスイスは1.2310→1.2356へ急上昇後、1.2310台へ反落と行って来いの動き。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.3480前後にレジスタンス。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先も強含みに。

ユーロクロス堅調

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロ円は早朝の高値を更新、126.80近辺まで上昇中。

ユーロポンドはしっかりと0.86台に乗せ、ユーロスイスは1.2350台へ上昇。。

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆中央銀行として日銀が最も安定した銀行の1つと思っている

☆日本が働き掛けたというより各国が協議したーG7声明

☆為替市場での行動に関し緊密に今後とも各国が協議と再確認

☆デフレ政策を為替操作に使っていないことを各国が正しく認識。
 為替目的でないと評価された。

銀行ストラテジスト『これで日本が為替目的でなく国内目的のために財政・金融政策を遂行していることをG7が認めたことになる』との意見も。

ドル円

テーマ: 独り言

Ryuz

G7声明後は目立った動きはなかったが、ユーロ円が高値を伺う動きとなったことで94.30台を回復。。

ユーロ円126.40台、ポンド円147.10台、豪ドル円96.50台へ上昇中

イタリア国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

平均落札利回り1.094% 
応札倍率 1.382倍
85億ユーロ調達

G7声明

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆為替に関して緊密に連絡し続ける

☆為替政策に関して適宜行動し続ける

☆変動激しい、行き過ぎた為替の動きは悪影響もたらし得る

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆デフレ政策を為替操作に使っていないこと各国認識

☆G20に先立ちG7として統一的考え方を示した

☆為替レートは市場において決定

G7声明

テーマ: 要人発言

Ryuz

☆市場が決定する為替相場の尊重を再確認

☆為替レートを目標にしない

☆財政と金融政策は国内政策に向けられる

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保ち、まだ買いにくい配置。

スペイン国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

6か月、12か月政府短期証券入札で55.7億ユーロ調達成功
6か月物応札倍率2.9倍(前回3.8倍)
12か月物応札倍率2倍(前回2.2倍)

G7

テーマ: 要人発言

Ryuz

もうすぐ19時から為替についての声明を出す、とのこと

ユーポン

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロポンド、0.86台乗せ

ポンドドル ↓ 1.5585割れ
ユーロドル ↑ 1.3405乗せ

と、完全にまた裂き攻撃となってます。。

ユーポンはこれが怖い。。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押したが基調は強気を保って底堅い状態から反発。
目先はまだ下向きで、
こちらも上向きになると、上値を狙いやすくなるところ。
ポイントは1.30ハイ。

円弱い・・

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 ↓ 93.90割れ
ユーロ円 ↓ 125.60割れ、は絶好の買い場だったのか!?

と思わせるような94.20台、126.20台回復。。

この様な荒いプライスアクションならまだまだdipはありそうだが、買い遅れまいと高値追いだけはしたくない・・・(からまだ上がるのかもしれない)

ユーロポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドが売られてユーロポンドが上昇している。
EURGBPは0.8610まで上昇する計算なので、
ユーロクロス全体も少し上昇しそう。
ただ、ユーロドルに方向感がなく振られやすいので、
目標値達成後は注意したい。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

125.60割れは買いが湧いてくる動きだが、126円台乗せでは売り叩かれている。。

125.50/60 zoneをクリアに割り込めるかがKEY

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先買いすぎから下向きとなり調整売り。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしての動きとなっています。バンド幅の拡大も見られることから、先行きに関しては急激な売り局面となる可能性も高いでしょう。ここまでバンド幅は縮小傾向にあっただけに、エネルギーが蓄積されており、動き出したら思わぬ安値を出す可能性もあるだけに、注意が必要な局面と言うことができそうです。目標としては1.335ドル前後の水準が意識されることになりそうです。

RCIで見ると、短期線が持ち直しの動きを見せていましたが、ここにきて横ばいへと変化しています。依然として下値圏での動きとなっていますが、これが再度下落に転じるようなことになると危険です。中期線も下値圏での横ばいとなっており、状況は良くない所です。短期線が横ばいから再度状況といった動きになるのかどうかがポイントになりそうです。流れとしてはバンドブレイクをしているだけに、売り優勢ということが出来そうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限まで下落した後に持ち直し、中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅は縮小傾向から横ばいへと変化しており、中心線で押さえられている状況を考えると、バンドの下限までは下落する可能性が高そうです。そうなると、94円を再度割り込んでの動きということになりそうです。そこからバンドブレイクするかどうかといったところに注目が集まりそうです。

RCIで見ると、短期線が持ち直しての動きとなっています。まだ多少の上値余地を残しての動きとなっています。一方、中期線は下落基調となっており、中長期的には売り優勢と言った状況となっています。流れとしては短期線の天井打ちを待っての売り局面と言うことができそうです。仮にバンドの下限を意識している時に短期線が下落基調を強めるといった場面となれば、バンドの下限をブレイクしてといった動きが見込まれるだけに、警戒を要する状況となってきています。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

12日の東京市場は、北朝鮮が核実験を実施したとの報道が、一時円の上値を抑えたが、日経平均株価が利食いに押さえると、円の買い戻しが強まった。 ただ、アジア市場が休場で、参加者が減少していることもあり、更なる動きとなっていない。
 ドル円は94.39から93.87まで下落、ユーロドルも1.3412から1.3379まで値を下げた。 クロス円では、ユーロ円が126.47から125.58、ポンド円が147.78から146.82、オージー円が96.87から96.20、NZD円が78.91から78.41、カナダ円が93.95から93.25、スイス円が102.54から101.93まで下落した。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略としては93.20-30と93.50-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、93.65-70、93.75-85と売り上がって、ストップは93.95-05超えでの倍返し。 ターゲットは94.10-15、94.25-35と利食い&売り上がって、ストップは94.45-50超えでの倍返し。 ターゲットは95円のサイコロジカルでは利食い優先。売りは95.65-70などをストップに検討する形となる。 一方下値は順張りから92.85-95での買い戻し&買い下がって、ストップは92.70-80割れで、92.45-50、92.20-40ゾーンの買い直しは、91.95-00割れでの倍返し。ターゲットは91.80-90、91.65-70、91.50-55と買い戻し&買いで91.30-40割れをストップ、91.15-20、91.00-05、90.90-95を買い下がって、ストップは90.70-85や90.55-70とするか、更に買い下がって、ストップは90.45-50割れで、90.30-40、90.00-20、89.85-95と買い下がって、ストップは89.75-80割れや89.65-70割れでの倍返し。(予想時レート: 93.45 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=125.00-126.50)
戦略としては、125.55-60と125.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りも126.00-05、126.10-20と利食いで、売りは126.25-30と売り上がって、ストップは126.40-50超えや126.60-65超えがストップでの倍返し。 ターゲットは126.85-90、127.10-15と利食いで、売りは127.30-35と売り上がっても127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。一方下値は125.40-50と買い下がっても、ストップはタイトな倍返し。 ターゲットは124.95-05を前に下げ止まりでは買い戻しから、この位置の買いはタイト・ストップまたは、124.50-55方向まで買い場探しで、ストップは124.35-40割れで、倍返しも124.00-05での買い戻し&買い。 このストップは123.80-85や123.60-70割れで、123.35-50割れでの倍返し。(予想時レート:125.70 予想時間 15:30)

円の買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

大きな材料はないが、北朝鮮の問題で買ってしまったこと、更に利食いが出易い位置であったことなども影響している模様。今後戻り高値が押さえらるか大きな注目となる。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

94.10~15割れからストップポイ売りが出てのだろう
ただ94円割れの93.85~90がサポート
これで93.80、94.20 ブレークが次の大きなトレンドか
欧州待ちに

一旦調整

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は93.90割れ、ユーロ円は125.60割れ

北朝鮮で

テーマ: モノローグ

だいまん

人工的な揺れ。。。。。核実験実施の模様から、円売り。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

NY終盤の126円台乗せ後、大台を割ることなく堅調に推移。。現状、126.20/40間でもみ合いが続いているが、ドル円と同じく上値を追う展開になりそう。。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロは昨夜のバイトマン独連銀総裁や、
ユーログループ議長に就任したダイセルブルームの発言で上昇。
しかしユーロドルは方向感が弱く、
ユーロを買うならユーロクロスの方が良さそう。
特にユーロ円は円売りもあって伸びやすいと考えている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

93.60-94.00のポイントを超えて94ミドルをターゲットにしていたが、
イメージどおりに上昇した。一部利食い。

さすがに

テーマ: 概況

コロフ

東京市場は大幅上昇となっています。日経平均が250円程度の上昇となっています。円安が進行していることが好感されての動きであり、目先のドル円の堅調地合いを背景に、この上昇の流れは継続しそうです。

為替相場はドル円に関しては堅調な動きとなっていますが、取り敢えずは上昇一服といった思惑もありそうです。東京時間帯ということもあり、方向感は見えにくくなっていくのではないかと見ています。

案外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩は、93円ミドルが買えないと言って、売りはしなかったが、そのまま寝たら、こんな相場に。。。。

ただ、市場が、これで「ブルぶる」になっているのが気にかかる。。。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

バイトマン独連銀総裁の「ユーロは著しく過大評価されていない」との発言やブレイナード米財務次官の「日本の成長促進、デフレ脱却への取り組みを支持」と発言を受けて、ユーロ買いや円売りが強まった。 
 ドル円は直近高値を超えて94.455、ユーロドルは1.3428まで上昇、ユーロ円が126.63、ポンド円が147.92、オージー円が96.89、NZD円が78.87、カナダ円が94.04、スイス円が102.74まで一時値を上げた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

シンガポール市場休場(旧正月)、香港・中国市場休場(旧正月)
08:50 (日) 1月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.6%)
09:01 (英) 1月RICS住宅価格(前回±0.0%)
09:30 (豪) 1月NAB企業景況感(前回-4)
09:30 (豪) 1月NAB企業信頼感(前回+3)
15:00 (日) 1月工作機械受注・速報値[前年比](前回-27.5%)
15:00 (ユーロ圏) リーカネン・フィンランド中銀総裁、コンスタンシオECB副総裁、クラウセン欧州銀行連盟会長講演
16:00 (英) バークレイズ・決算発表
17:15 (スイス) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.4% 予想-0.3%)
18:30 (英) 1月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.5%)
18:30 (英) 1月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
18:30 (英) 1月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.5%)
18:30 (英) 1月小売物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.4%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札
19:00 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演
19:30 (独) インフレ連動債入札(10億ユーロ)
22:45 (加) カーニーBOC総裁、マックレムBOC上級副総裁「下院財政委員会に出席」
01:30 (米) ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演
03:30 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
04:00 (米) 1月月次財政収支 (前回-2.6億USD 予想-320億USD)
06:00 (NZ) イングリッシュNZ財務相「議会証言」
EU財務相会合(ブリュッセル)
ラホイ・スペイン首相講演
オバマ米大統領、一般教書演説
米3年国債入札(320億ドル)
企業決算発表:オリンパス、ノーリツ、日本カーボン

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ブレイナード米財務次官の発言
「日本の成長促進、デフレ脱却への取り組みを支持」

をきっかけにドル円、クロス円が急伸。 なんか、日本の財務省が根回しした? 

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時94.47まで上値を拡大。

最近この時間は良く動きますね。
現在は94.20台まで小幅に反落しております。

さて、連休明けの東京市場。
円安進行を受けて、日経平均がどう反応するでしょうか。
先週末の下落を一気に取り戻す動きとなれば、
リスクオンで円が一段安!って、そんなに単純に行くかなぁ等と
思いつつ注目しております。

95円台が視野に入って参りました。上下の振れ幅が拡大する可能性
がありますので、ひたすらJobbingで対応したいと思います。

円売り

テーマ: 概況

ウルフ

米財務次官の発言とダウの反発を受け、
NY終盤は円売りが加速。

ドル円は94円手前まで、ユーロ円は125.90台まで上昇しております。

「日本の努力を支持」って、お墨付きという事??
財務次官の発言ってどうなんでしょう?

ただ、米サイドのコメントという事で、少なからず影響はありそうです。

ブレイナード米財務次官

テーマ: ニュース

ウルフ

「日本の成長支援・デフレ脱却に向けた措置を指示」

上記発言を受け、ドル円は93.80台まで上昇。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ここまでは強い動き。
明日は93.30-50にポイントで、慣性で上抜けしてもいい形。
現状はまだ基調は弱気。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午後は、既に動意に薄い展開も、円の軟調が維持されている。
 ドル円は、一時93.555まで上昇、ユーロドルは、バイトマン独連銀総裁の「ユーロ安を目指すのはインフレの加速を招く恐れ」、「欧州中央銀行は債務危機への対応でこれ以上の行動をとるべきではない」と述べたことで1.3428の高値まで値を上げ、ユーロ円が125.50まで上昇したが、その後は小康状態。 ただ、NYダウは軟調で、マイナス圏が維持されている。

G7声明

テーマ: 独り言

YEN蔵

G7が週内に市場原理に基づく為替相場へのコミットメントを再表明する声明を
発表することを検討という報道

今更為替に関する声明なら円か、ドルがターゲットになるのか?

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強含みで自然な上昇。

ECB バイトマン

テーマ: 要人発言

Ryuz

『ユーロは著しく過大評価されていない』

ユーロドル、1.3378/80 → 1.3418/20
ユーロ円、124.88/90 → 125.38/40

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

50程度押したが、目先は上向きを保ち、
基調も下落バイアスはなくなりつつある。

ダウ マイナススタート

テーマ: 株式市場

ウルフ

現在40ドル安の水準にて推移。
先物は欧州株の上昇と歩調を合わせ堅調推移となっておりましたが、
寄り付きで下押しする動きとなっております。

ダウの下落に連れ、ドル円は93.40台から93.20台まで反落。
ユーロ円も124.60台まで下落しております。

現在ダウの下落は一服。
さて、ここからの動きに注目ですね。

ポンドドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは1.5780を下抜けて下落。
現在下げ止まっているが、1.57を上抜けなければ、
もう一段下げる可能性がありそう。
ショートスタンスだが大きくは方向性がなく、深追いはしたくない。

円買い戻し

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は93.40近辺、ユーロ円は125.05近辺から反落。

ユーロ円は124.70サポから切り替えして上値を追う展開かと思われたが、一転して124.70を割り込む荒い動きに。短期筋の調整売りだと思われるが、124.40近辺を割り込んで来るようだと行って来いの可能性も。。

ドル円は93.50/60はかなりレジスタンスとして意識されており、ドルが対ユーロ、対ポンドで買われている動きにも93.50を上抜けて行く動きとはまだなっていない。=ユーロ円、ポンド円に調整売りが入り易くなっている。

ユーロ円、再上昇の兆し

テーマ: 独り言

Ryuz

短期的サポートとして意識されていた124.70を割り込めなかったことで、125円台をすぐに回復。

ドル円が依然として堅調推移の中、ユーロ円も上昇センチメントが強くなってきている。

マーケットが落ち着けば、124.70/125.40(現状125.05が真ん中)といったレンジで方向感を探る展開か。

ユーロ円の高値

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ円日足はシングルペネトレーションしていて、123円ミドルから上昇中。
一旦抵抗に合って止まっているが、計算では126円までの上昇を予想。
124.70付近がサポートされれば、再び上方向と考えている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気、目先は買いすぎのゾーンから反落。

ユーロ円、小反落中

テーマ: 独り言

Ryuz

125.00をようやく割り込み124.70 aroundの短期サポで下げ渋るかどうか・・

ポンドがユーロポンド買い絡みから弱い展開となっており、対円で買われていたユーロドルが緩みだすとユーロ円も125円台前半TOPで落ち着くか。。

ドル円は動意なし。クロス円反落も、依然高値圏で推移。

結局は

テーマ: 概況

コロフ

全体的に円安基調となる一方で、ポンドが売られている状況となっています。ドル円の上昇で、ポンド円に関しては下げ渋っていますが、ポンドドルは大きく売られています。先週末に買われていたポンドですが、結局は押し戻される展開となっています。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

相当良い位置まで戻っているが、なかなか下げない。
少なくとも買いづらい。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

8日NY終盤に抑えられていた125.55/60が目先きのレジスタンス

一旦125.36/38が高値となってはいるが、125.00がサポートされるようだと高値TRYの可能性も。。

ただ、薄商いの中安値から2円弱上げてきているため、売りが被さってくるようだと一転反落も。

ユーロドル・ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

まだ基調は弱気で上値重い。ドル円もつられる形。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

92.55-27のサポートゾーンを保ち、
目先上向きから上昇。
上は93.60-94.00にポイント、
基調も強気になれば、超えても驚きはないところ。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

123.50-70のサポートを保って、目先も上向きから上昇。
基調も上向きになればさらに上値を狙いやすくなる。
日足は押しも入ってあがりやすい形。

円売り

テーマ: 独り言

Ryuz

欧州勢参入後も92.50/70でもみ合っていたドル円だが、クロス円に買いが入ると93円台を回復。

その後も断続的なクロス円買いを受け93.20近辺まで続伸。早朝の安値92.36/38が遠のく大きな買戻しとなっている。

ユーロ円は、124.05を上抜けてからはショートカバーが優勢となり124.75近辺までの急騰。ポンド円は146.75近辺、豪ドル円は95.75近辺へそれぞれ上昇。

特段ニュースが出ていたわけではないが、ファンド筋からの買いにショートに傾けていた短期筋の買戻しがメインかと思われる動き。。

アジア概況

テーマ: モノローグ

だいまん

11日のアジア市場は、東京、中国市場が休場なため、参加者が少なく、黒田ADP総裁の「物価目標のため、日銀は年内の追加金融緩和を正当化できる」、「日銀が買える資産はいくらでもある」、「金融政策だけで物価目標の達成は可能」との発言で、円売り気味となる展開もあったが、材料難から保合い気味の相場が続いた。 
 ドル円は92.37から92.75、ユーロドルは、1.3364から1.3392での推移、クロス円では、ユーロ円が123.49から124.07、ポンド円が145.86から146.53、スイス円が100.65から101.13での動向となったが、ウェストミンスター通貨は弱く、オージー円が95.76から95.22、NZD円が77.56から77.04、カナダ円が92.47から92.06まで軟調に推移した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=76.50-78.00)
下落が77.00-05まで拡大も、更なる動きとなっていない。 上値は77.25-30、77.40-45がCapされると弱い。 77.50-60を超えて、77.70-80や77.85-95の上ヒゲ、78.00-05が視野となるが、レジスタンスが控える形。 78.15-25を超えて78.35-45、78.55-60や78.65-70を超えて、78.95-00が視野となるが、上抜けは不透明。 超えて79.05-10、79.20-30が視野となるが、売りが出易い。 79.40-45を超えて、週足からは80.20-25、81.55-65などが視野となる。 一方下値は77.00-05や76.85-95を割れると、下落が76.65-70、76.50-60、76.35-40、76.15-25、76.05-15、75.95-00が視野となるが、買いが入り易い。 リスクは75.70-80を割れるケースで、その場合も75.60-65が維持される更に突っ込み売りも厳しいが、75.45-50を割れると75.30-35、75.20-30なども視野となるが、買いが入り易い。ただし75.00-05や74.90-00の窓の上限を割れると、74.80-85のそれ以前の高値、74.60-70の下限、74.45-50、74.35-40、74.15-30が視野となるが維持されると堅調。 ただし74.00-05や73.90-00を割れると73.85-90、73.70-75が視野となるが維持すると堅調となる。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=92.00-93.00)
下落が92.35-40で維持されて揉み合い気味。上値は92.65-70、62.75-85がCapされるとレジスタンス的。92.90-95や93.00-05を超えて、93.20-25の窓の上限、93.30-45の窓、93.50-65などが視野となるが、売りが出易い。93.70-80や93.85-95の上抜けから、94.05-10を超えて週足からは94.95-00までポイントが薄くなるので注意。 一方下値は92.45-50が維持されると良いが、92.35-40や92.25-30を維持できずに、92.10-20を割れると、91.95-00、91.70-80の下ヒゲや91.60-65が視野となるが、下方ブレイクは不透明も、割れるケースはマイナスで、その場合下落が91.50-55の窓の下限、91.40-45を割れると、91.25-35、91.15-25、91.05-10などが視野となるが、サポートから堅調。リスクは90.85-95や90.70-80を割れるケースで、その場合90.60-70などが視野となるが、下方ブレイクは不透明。 ただし、90.45-50や90.20-35を割れると、その場合90.05-15、89.90-00なども視野となるが買いが入り易い。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きで弱い配置だが、ポイントは94ハイ。
この上ではまだ反発の芽を持っている。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

金曜日の安値95.10~15まで下落している
ここを抜けてしまうと1月31日の安値94.20~25がターゲットと
みているが

レンジ相場

テーマ: 独り言

YEN蔵

東京休日、中国も春節ということでアジア市場が閑散とした中、
欧州市場に期待したいところだが、本日は大きな指標もない

金曜日の安値を意識し下抜けして調整が加速するか、ポイントになろう

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは横ばいの動きから、バンドの上限をブレイクする動きとなっています。ここからバンドウォークとなる可能性はありそうです。問題はバンドの下限がまだ横ばいとなっていることです。これが下向きに動きだしたら一気に上昇といった動きになりそうです。そうなれば1.34ドルを回復する展開も見えてきます。バンド幅はもともと狭かっただけに、エネルギーは溜まっています。

RCIで見ると、短期線が上昇基調で高値圏に入っています。中期線は高値圏での横ばいとなっています。買われ過ぎ感は意識されるものの、天井打ちするまでは買い優勢の展開ということができるでしょう。問題は短期線の動きでしょう。これが天井打ちとなるとバンドの中心線まで押し戻される動きとなっていくでしょう。状況としてはバンドの下限とRCI短期線の動きに注意しながら、買い優勢といった所ではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線を挟んでの動きで、方向感は見えにくい状況となっています。ただ、上昇していた所で、バンドの上限に届かずに腰折れしているだけに、先行きに関しては懸念が広がる状況ということができるでしょう。バンド幅が縮小傾向に入っているだけに、大きな動きには目先はなりにくいものの、エルギーが溜まってきているだけに、バンドブレイクからの動きには警戒が必要な状況ということができるでしょう。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。これが天井打ちとなるかどうかに注目が集まる所です。一方、中期線は底入れ感があったものの、再度押し戻される動きが見られていることから、中長期的な持ち直しに対する懸念が強まっています。仮に中期線の持ち直しが腰折れし、短期線が天井打ちということになれば、一気に下値追いといった動きになりかねないので注意が必要でしょう。

これで若干円安

テーマ: モノローグ

だいまん

黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁
「物価目標のため、日銀は年内の追加金融緩和を正当化できる」
「日銀が買える資産はいくらでもある」
「金融政策だけで物価目標の達成は可能」
「私は現在の職務に満足。まだ4年任期がある」

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

GBPUSDのチャートは上昇を示すが、なんか上がらない。
1.5780付近を下抜けるようなら、一旦上目線はやめた方がよさそう。
今日のアジア時間は参加者がいないから、欧州の動きに注目。

ドル円、上値重い

テーマ: 独り言

Ryuz

早朝安値の92.36/38から92.75近辺を回復後、92.50を挟んだもみ合いが続いている

G20を控えてか積極的に上値を追う展開ともなっておらず、次第に戻りが鈍くなってくるようだと仕掛け的な動きに要注意。。

ただ、92円台前半~後半でのレンジなので現在のミドル水準では様子見が順当

欧州勢の初動に注目

落ち着いた様子

テーマ: 独り言

Ryuz

下→上と動き、ようやく朝7時台の水準でマーケット、落ち着いてきた模様。。

ドル円は92円台後半、ユーロ円は124円台前半が重い展開は変わらず。
戻り売り優勢ではあるが朝の突っ込み売りの買戻しがまだあるならもう少し上で売れそう。。

アジア朝

テーマ: モノローグ

だいまん

一時円買いが強まったが、更なる動きとなっていない。

ドル円は92.37レベル、ユーロ円が123.49、ポンド円が145.86まで一時値を下げたが、現在は買い戻し気味。 既に更なる動きは出そうにない。。。

何事もなかったかのように・・

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は15分かけて92.70/72→92.36/38へ下落後、27分で92.36/38→92.60/62へ戻してます。。

ユーロ円は、123.53/55安値から123.81/83へ。。

リクイディティのなさがプライスアクションに表れてますね

ドル円下落

テーマ: 独り言

Ryuz

薄商いの中、ドル円はクロス円売りから92.70→92.35近辺まで下落

ユーロ円は123.90→123.55へ

ドル円はまだ92円台前半~後半のレンジ内だが早朝高値が重くなるようだと安値TRYの可能性も・・。

今日は

テーマ: 概況

コロフ

今日は建国記念日で東京市場は休場です。さらに中国・香港なども春節で休場となっています。ユーロドルなどに調整が入っていますが、ダウは持ちこたえて、さらに上値を伺う状況となっています。この流れが今週も続くのかに注目ですが、個人的には危ないのでは、と見ています。

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 05:41
EURUSD 1.3350-60
USDJPY 92.71-79
GBPUSD 1.5792-07
USDCHF 0.9193-03
AUDUSD 1.0316-25
NZDUSD 0.8366-75
EURJPY 123.83-96
GBPJPY 146.49-65
AUDJPY 95.69-79
NZDJPY 77.59-71
CADJPY 92.44-59
CHFJPY 100.74-90
EURGBP 0.8447-58
EURCHF 1.2281-94
ZARJPY 10.37-49

後は変化なし

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 05:01
EURUSD 1.3353-66
USDJPY 92.72-79
GBPUSD 1.5792-06
USDCHF 0.9189-01
AUDUSD 1.0313-21
NZDUSD 0.8364-73
EURJPY 123.86-02
GBPJPY 146.49-65
AUDJPY 95.66-76
NZDJPY 77.57-70
CADJPY 92.41-61
CHFJPY 100.77-95
EURGBP 0.8450-61
EURCHF 1.2281-94
ZARJPY 10.37-50

All day

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.40-147.05)
戦略:クロスの買いの影響で、比較的堅調で、逆張りスタンス

ストップ 149.40-50
売り 149.000
売り 148.50
倍返し 147.95-00
売り 147.50-65
倍返し 147.10-30
売り 146.95-05
レンジ 146.80-85
中心 146.70
レンジ 146.25-35
買い146.05-10
買い 145.70-75
買い 145.40-55
ストップ 145.05-10
倍返し 144.80-95
買い 144.60-65
買い 144.40-45
買い 144.20-25
買い 144.05-10
買い 143.80-95
ストップ 143.55-70
倍返し 143.40-50
買い 144.60-65
倍返し 144.40-45
(予想時レート:146.70 予想時間 03:00)

All day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3295-1.3410)
戦略:突っ込み売りを避けて、戻り売り

倍返し 1.3595-00
ストップ 1.3575-85
売り 1.3545-60
売り 1.3515-20
売り 1.3500-05
倍返し 1.3475-80
売り 1.3460-65
売り 1.3460-65
倍返し 1.3420-35
ストップ 1.3405-10
売り 1.3385-95
レンジ 1.3375-80
中心 1.3365
レンジ 1.3350-55
買い戻し 1.3325-45
買い戻し 1.3310-20
買い 1.3295-00
ストップ 1.3285-90
倍返し 1.3265-70
買い戻し 1.3265-70
買い戻し 1.3255-60
様子見または順張り 1.3245-50
(予想時レート:1.3365 予想時間 03:00)

ユーロドルの下げは今のところ一過性

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 04:25
EURUSD 1.3353-65
USDJPY 92.73-78
GBPUSD 1.5794-08
USDCHF 0.9181-95
AUDUSD 1.0303-14
NZDUSD 0.8337-68
EURJPY 123.82-96
GBPJPY 146.47-61
AUDJPY 95.64-69
NZDJPY 77.35-74
CADJPY 92.41-61
CHFJPY 100.80-04
EURGBP 0.8449-58
EURCHF 1.2272-90
ZARJPY 10.37-50

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京休場(建国記念の日) 、シンガポール市場休場(旧正月)、香港・中国市場休場(旧正月)
09:30 (豪) 12月住宅ローン貸出(前回-0.5% 予想±0.0%)
16:45 (仏) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.2%)
03:00 (米) イエレン・FRB副議長講演
06:00 (加) レーンBOC副総裁講演
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
アストロ:メリマンの為替変化日(11日まで)
テクニカル:ドル円変化日(15日まで)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 03:25
EURUSD 1.3336-50
USDJPY 92.75-83
GBPUSD 1.5786-08
USDCHF 0.9179-03
AUDUSD 1.0301-17
NZDUSD 0.8336-62
EURJPY 123.70-90
GBPJPY 146.46-72
AUDJPY 95.61-77
NZDJPY 77.33-63
CADJPY 92.47-67
CHFJPY 100.82-09
EURGBP 0.8437-52
EURCHF 1.2251-71
ZARJPY 10.37-50

ユーロドルが

テーマ: モノローグ

だいまん

NYの安値を割れて、1.3324-42まで下落。

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月10日 03:02
EURUSD 1.3351-72
USDJPY 92.73-79
GBPUSD 1.5788-19
USDCHF 0.9173-02
AUDUSD 1.0316-32
NZDUSD 0.8332-73
EURJPY 123.83-83
GBPJPY 146.41-78
AUDJPY 95.70-85
NZDJPY 77.27-71
CADJPY 92.42-65
CHFJPY 100.80-16
EURGBP 0.8446-67
EURCHF 1.2259-90
ZARJPY 10.37-50

明日のアジア市場・・

テーマ: 独り言

Ryuz

オープンしてるのはシドニー市場だけデス。。

TOK HK SGP KOR クローズなので薄商いが予想されます、ご注意を!

来週は

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀金融政策決定会合がイベントとして重要。 ただ、既に緩和策としては、出るものは出尽くしている。 更に止めるのが決まってるから、白川総裁としてもがんばるのも難しそう。それより、自分の今後を考えると日銀マンとして、最後の体裁を保ちたいでしょう。。。。。

なので、結果は失望と思っているが、市場は来週週末にも発表になる可能性がある日銀総裁人事に注目しているようだ。

ただ、これもセンシティヴで、もし、与党に賛成の得られない人物が出てくると大変。

更に実際は新総裁が決定しても、その効果は4月4日の新総裁にとって最初の日銀金融政策決定会合まで出てこないが、ここも大きな失望に陥りそうだ。 

それまでは期待感だけが支える形は続きそうだ。、

NY午後は揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

でも、92円は割れず絶好の買い場にされた感じになりました。。。。
(期待してたんだけど)


ダウの14000ドル

テーマ: 概況

コロフ

ダウは14000ドルを挟んでの動きとなっています。下げ渋るものの上値は重いといった状況で、今週は方向感を出さないまま終了といった展開となり、結論はまた来週、といった動きになりそうです。引けにかけて動き出す可能性はありますが、可能性は低そうです。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置を保って重い。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

買いすぎのゾーンに到達し、弱含み。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

まだ下向きの配置で重い。

EUサミット

テーマ: 概況

コロフ

EUサミット後の各国首脳の話を聞くと、合意がなされ、今後に向けて努力していこう、といった意思表示をしています。ただ、緊縮財政下ということもあり、初めて予算削減という結果となりました。英国首相に押し切られる格好です。この結果を受けて、といったわけではないのでしょうけど、現状はダウが14000ドルを割り込んでの動きとなっています。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

4日の安値91.95~92がとりあえずサポート
しかし93円がレジスタンスになっており、92~93のレンジか

NYカット

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円 93.00
ユーロドル 1.3375&1.3400 

計算すると、ユーロ円 124.39&124.62

それぞれピンがあるそうで、マーケットの動き的にもその方向に向かっているっぽい

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウはプラス圏でのスタートとなり、米債利回りは上昇。
欧州株も堅調推移で株・金利ともに円売りをサポートする動きです。

ドル円・クロス円はリスクオンムードを背景に一気に上値を伸ばす展開。
ドル円は92.80台、ユーロ円は124.40台まで上昇。

ダウは強いですね。目先14,000ドルの大台を上抜け出来るか注目です。

ユーロドル・ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ユーロドルは目先堅く、ドル円も強い動き。

ユーロ円

テーマ: 独り言

Ryuz

まだ124.10/20は重い展開だが、次第にサポートが切りあがって来ている・・

目先123.80割れないとショートカバー入る可能性も。。

現状123.80/124.20 rangeなので無理せず抜けてから考えます

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押しているが、まだ目先上向きを保って堅い。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

貿易収支
 結果:-385億ドル
 予想:-460億ドル

発表後、マーケットの反応は限定的。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

レジスタンスの92.80をくったが下向きの配置を保って反落。
目先は売りすぎのゾーンに入り、一部でも利食い可。

ユーロドルが重ければ、ドル円もつられる芽は残っている。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

92円割れたら案外ストップ出そうかも。。。

でも、

テーマ: モノローグ

だいまん

結局よく買う。。。。から

安倍首相

テーマ: 要人発言

Ryuz

『為替の水準について言うつもりない』

NYも円買いから

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円、クロス円売り先行

NYは夕方から大雪警報らしく、午後は閑散相場が予想されます。。
で、早めの仕掛け!? 

かなりマクロ系ファンドetc etcから買い入っていたドル円ですが、じわりじわりと視線がまた下方向に向きつつあります・・

ドル円、もみ合い続く

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は92.20割れから93円台回復、そして現状92.35/65間でレンジ相場となってます。

買い遅れの参加者がいる一方で、92円台後半では戻り売りも優勢とあって売買交錯といったところ。。

(熱を冷ます意図があったのか!?)麻生財務相発言でも大崩れしないとなれば、次第に押し目買いが強くなりそうなセンチメント・・ですかね。

ユーロ円

テーマ: 独り言

田向宏行

円買いの動きとなっていますが、
ユーロ円はユーロが買われる動きとなる兆しがあり、
ここからはあまり下げなくなると考えています。
ユーロ円のショートは注意した方が良さそう。

ドル円 週足

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円の週足は92.74の週初オープンより下げて陰線に。
このままのレベルであれば陽線の7連騰はなくなる可能性。
ただ円安の流れが転換するかの可能性は低く、
大きな下落はないと考えている。
本日の安値92.20付近は日足の転換線なので、
ここを大きく下抜ける動きになるのか注目。

麻生財務相

テーマ: 要人発言

Ryuz

「円安ペースが速すぎる」

荒い値動き

テーマ: 独り言

Ryuz

下げも速いが戻りも速い・・

戻り売り、このあたりで・・なんて売っていたらそのまま串刺しになってもおかしくない

ひとまずは93円台に戻れるかどうか。。

ドル円が動くとマーケットが活気づくのは確か・・
良いことだ。。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置からうまく下落した。
92円前後にサポート、目先レジスタンスは92.80.

円全面高

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円は一時92.10台、ユーロ円は123.50台まで急落。
円相場はやや調整の動きが出ていたところへ、

麻生財務相
「為替がわれわれの意図せざるぐらいに円安に振れた」

この発言をきっかけに急速に円を買い戻す動きが入った模様。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

案外大きく下げるかもね。。。

円買い優勢

テーマ: 独り言

Ryuz

ユーロ円が124円台を割り込み123.70近辺まで続落。。

ただピッチが速いため、急反発に注意

ドル円はサポートだった92.70が逆レジスタンスになるか注目

92.70割れ

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円は短期プレイヤーの投げ売りが92.70で入り92.55付近まで続落中

ユーロ円も124円台割れがまもなく・・

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

8日の東京市場は、日本の経常収支が市場予想より悪化したが、材料とはならず、軟調気味な株価、3連休を前に利食い売りが優勢となったことで、上値の重い状況が続いた。
 ユーロドルは、1.3417から1.3382での推移、ドル円は93.74から93.14まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が125.58から124.69、ポンド円が147.30から146.39、NZD円が78.21から77.76、カナダ円が93.95から93.30、スイス円が102.07から101.44まで下落し、オージー円は、96.45から豪州準備銀行の四半期金融報告がハト派的な内容となったが、中国の貿易収支で輸入が拡大したことが好感されたが、ドル円の下落で94.86まで値を下げた。(16:15現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=101.00-102.50)
戦略としては、101.50-60と101.75-80のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、101.90-00と売り上がって、ストップは102.00-10超えでの倍返し。 ターゲットは102.20-35、102.40-45と利食い&売り上がって、ストップは102.65-70超えで、倍返しも103.00-05、103.15-20と利食いで、売りはこういった位置から103.35-45と売り上がっても、ストップは103.45-50超えや103.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは104円、104.50前後と利食い優先となる。 売りは104.55-60をストップに検討される。 一方下値はストップは101.30-35割れで倍返しも、ターゲットは、101.15-20、100.85-00と買い戻しで、買いは100.60-80、100.45-50、100.25-30と順次に買い場を探して、ストップは100.00-10割れで、倍返しも99.85-90、99.75-80と買い戻し&買い下がっても、ストップは99.50-65割れで、倍返しも99.20-25、98.95-05、98.70-85と買い戻しで、買いは98.55-60と買い下がって、98.45-50や98.35-40をストップとするか、思い切るなら98.25-30、98.00-10、98.80-85まで買い下がって、ストップは97.70-75割れや97.55-65割れでの倍返し。(予想時レート:101.70 予想時間 15:55)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=124.00-126.00)
戦略としては、124.70-85と125.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合は上値は125.35-50を売り上がって、ストップは125.55-60超えで、倍返しも125.65-70、125.85-90での利食い&売り。 ストップは126.15-20超えで、126.35-40、126.85-90と順次売り場を探して、ストップは127.10-15や127.30-35超え、または売り上がっても、127.45-50超えがストップ、127.65-75超えが、倍返しとなる。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。一方下値はストップは124.50-55割れで、倍返しも124.40-45、124.15-20での買い戻し&買いで、このストップは123.95-05割れでの倍返し。 ターゲットは123.85-90、123.70-75と買い戻しで、買いは123.50-55、123.35-40と買い場を探して、ストップは123.15-20割れや122.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは122.70-85、122.50-60と買い戻しで、買いは122.40-45、122.25-35と買い下がって、ストップは122.10-15割れで、倍返しもターゲットは121.90-95、121.80-85での買い戻しで、買いは121.45-50まで買い下がって、ストップは121.20-25割れでの倍返し。(予想時レート:125.05 予想時間 15:35)

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

海外勢は売りで参入
この92.60~70がサポートできないと2月4日の安値91.95~92.00付近までの
下落リスクも

92.70がポイント

テーマ: 独り言

Ryuz

ドル円はポイントの手前で何とか下げ渋り・・
でも、93.00にさえ戻れないようだと戻りを叩かれそう。。

92.70 SLで短期ロングの投げ観測アリ

初めまして☆

テーマ: ご挨拶

Ryuz

ディーラーズバトル24をご覧の皆さん、

初めまして・・Ryuz(リューズ)です。

今日からこちらで為替に関する投稿をUPしていきます。

マーケットセンチメントや情報などディーラー仲間から仕入れたネタ中心です、
どうぞよろしくお願いします。

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -203.91 11153.16 -1.8%
TOPIX -11.83  957.35  -1.22%
JASDAQ -9.22  1603.79  -0.57%
マザーズ  -9.89  525.27  -1.85%

東証1部は42億株 

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は週足が7連騰したことはなかったはず。
今週が7週目なので、週初オープンの92.74より下げる可能性。
ここからNYクローズまでに下げるか注目。

東京市場

テーマ: 概況

コロフ

東京市場は日経平均が大きく下げての動きとなっています。ダウが下落したことや、ドル円が94円で抑えられたことなどが要因となっていますが、水曜日の400円高の反動がやはりまだ見られる状況となっています。週末ということでポジション調整も意識されています。とは言え、NYダウの先物は堅調な動きを見せており、リスク志向の動きの巻き戻しは依然として弱い状況にあると言えそうです。

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=95.50-97.20)
戦略:戻りは売り気味。深押しのケースのみ買い狙い

ストップ 98.00
売り 97.70-80
売り 97.55-60
倍返し 97.40-50
売り 97.10-20
ストップ 97.00-05
売り 96.75-90
売り 96.60-70
売り 96.45-55
レンジ 96.25-30
中心 96.20
レンジ 96.00-05
ストップ 95.80-85
買い 95.70-75
買い 95.50-55
ストップ 95.25-35
買い 95.05-20
買い 94.95-00
ストップ 94.75-80
ストップ 94.65-70
買い 94.45-50
ストップ 94.20-35
倍返し 94.10-15
(予想時レート: 96.20 予想時間 06:00)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3350-1.3465)
戦略:更に突っ込み売りは難しく、逆に押し目は買い向かいも、上値は重く上昇では売りあがり。

倍返し 1.3710-15
売り 1.3685-95
売り 1.3640-50
ストップ 1.3635-40
売り 1.3620-30
売り 1.3605-10
倍返し 1.3595-00
ストップ 1.3575-85
売り 1.3545-60
売り 1.3515-20
売り 1.3500-05
倍返し 1.3475-80
売り 1.3460-65
売り 1.3430-35
レンジ 1.3405-20
中心 1.3400
レンジ 1.3380-90
倍返し 1.3370-80
買い 1.3350-60
ストップまたは買い下がり 1.3325-45
ストップ 1.3310-20
買い 1.3295-00
ストップ 1.3285-90
倍返し 1.3265-70
買い戻し 1.3265-70
買い戻し 1.3255-60
様子見または順張り 1.3245-50
(予想時レート:1.3400 予想時間 06:20)

ダウは下げ渋る

テーマ: 概況

コロフ

ダウは結局下げ渋っての引けとなりました。一時13900ドルを割り込み、100ドル超の下落となりましたが、終わってみれば42ドル安の13944ドルといった引けとなりました。思った以上に底堅い動きで週末に入る事になりました。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12月経常収支 (前回-2224億円 予想-1849億円)
08:50 (日) 12月貿易収支 (前回-8475億円)
09:30 (豪) 豪準備銀行・四半期金融政策報告
14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回45.8)
14:00 (日) 1月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回51.0 )
14:30 (中) 1月消費者物価指数[前年比](前回+2.5% 予想+2.1%)
14:30 (中) 1月生産者物価指数[前年比](前回-1.9% 予想-1.6%)
15:45 (スイス) 1月失業率 (前回3.3% 予想3.4%)
16:00 (独) 12月貿易収支 (前回+170億EUR 予想+150億EUR)
16:00 (独) 12月経常収支 (前回+153億EUR 予想+180億EUR)
17:15 (スイス) 12月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.9%)
22:15 (加) 1月住宅着工件数 (前回19.80万件 予想19.50万件)
22:30 (米) 12月貿易収支 (前回-487億USD 予想-460億USD)
22:30 (加) 1月失業率 (前回7.1% 予想7.2%)
22:30 (加) 1月雇用ネット変化 (前回+3.98万人 予想+0.40万人)
22:30 (加) 12月国際商品貿易 (前回-19.6億CAD 予想-15.0億CAD)
24:00 (米) 12月卸売在庫 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.4%)
(中) 1月貿易収支(前回+316.2億ドル 予想+285.0億ドル)
EU首脳会議(ブリュッセル)
決算発表:日産自、東洋紡住軽金、 電通、三井金、ディスコ、荏原、横河電、いすゞ、凸版印、日産車体

持ち直しているが

テーマ: 概況

コロフ

ダウは現状13900ドルを回復しての動きからしっかりとした動きとなっています。後は引けに向けて再度売り込まれないかどうかといった状況になっています。ただ、ユーロドルなどの形を見ると、下落する可能性が高そうで、ダウも依然として危険な状況にあることは事実ではないかと見ています。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気を保って上値重く、
目先も下向きで弱い配置。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きだが、
日足ポイントの93.02の上に位置してまだ下げにくい。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置から下落。
慣性を利用して126.10のサポート切れでショートした分は、
私的にターゲットとした124.70でクローズした。

ダウ100ドル超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

米10年債利回りも低下し、マーケットは円買い・ドル買い優勢。
ドル円は一時93.10台まで下落。またユーロ売りも止まらず、
ユーロドルは1.3380台、ユーロ円は一時124.80台まで下押しと
なっております。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

100ドル近い下落スタート

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

下げて本日安値も更新。
上に戻すかと思っていたが、違う展開。
大きな流れは引き続き円売りと考えるが、
まずはどこまで下げるか見極め。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置からうまく下落。
下は1.33ハイに日足ポイント。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロが急落。 ECB理事会では、金利が据え置かれたが、理事会後の記者会見で、ドラギECB総裁が、ユーロ圏の景気見通しのリスクは下向きと述べたことやユーロ相場に懸念を示したとの見方から売りが強まった。

ユーロドルが1.3419、ポンドドルは、英中銀の政策の据え置きを受けて1.5768まで上昇後1.5683へ値を下げ、ドルスイスが0.9065から0.9145へ上昇、ドル円は93.38まで一時値を下げた。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

BOEやECBの動きで円買いに動いたが、
ユーロ円、スイス円を除き、本日安値を下抜けなければ
この数時間で上昇に転換する可能性がありそう。
ただ、上値も伸びにくく、高値圏でのレンジになるかもしれない。

理解に苦しむ

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ急落。 ユーロドルが1.2428、ユーロ円が125.55まで下落。

ドラギECB総裁が、「ユーロ高はユーロ圏への信認のあらわれである」が、、「市場の動きを注視したい」などと述べたが、ドラギ総裁が為替相場に言及したことが、懸念を示したと捉えられている模様。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.3510-30のサポートを切れて下落。
下向きの配置。

ユーロ、急落

テーマ: 概況

コロフ

ユーロが急落する展開となっている。ドラギ総裁の発言が嫌気される展開となっており、対円で一時126円を割り込む動きを見せた。インフレ率の低下に対する懸念や成長リスクに対する発言が相場を押し下げている状況となっている。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:36.6万件
 予想:36.0万件

発表後、マーケットの反応は限定的。

英中銀

テーマ: 概況

コロフ

英中銀は政策金利を0.50%に据え置き。資産購入プログラムの規模を3750億ポンドに据え置き。さらに緩慢だが持続する英景気回復を予想。などといった声明を出しています。

ケーブル

テーマ: 独り言

YEN蔵

カーニー発言で、1.5765~70付近まで上昇したが、一昨日の高値1.58付近は超えられず反転
1.5680~90付近がサポートされているが、昨日のレンジの上限がサポートに

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きで91までつけたが、
基調はまだ弱気でのびていきにくい状態。

ポンド!

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドが急騰!
次期BOE総裁となる、
BOC総裁のカーニー氏の公聴会での証言が
効いている模様。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.50-147.50)
戦略としては146.30-35と146.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は146.95-00と売り上がって、ストップは147.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは147.50、148円手前と上げ渋りでは利食い優先。 一方下値は146.05-15と買い下がって、ストップは145.90-00割れや145.75-90割れでの倍返し。ターゲットは145.25-30での買い戻し&買いで、ストップは144.80-95割れでの倍返し。 ターゲットは144.60-65、144.40-45と買い戻しで、買いは144.20-25、144.05-10、143.80-95と買い下がって、ストップは143.55-70割れや143.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは143.25-30、143.10-20と買い戻しで、買いはこういった位置から142.80-90と買い場を探して、142.70-75をストップ&倍返し。 ターゲットは142.45-50、142.35-40と買い戻しで、買いはこういった位置から142.20-25と買い下がって、ストップは142.00-05割れや141.85-95割れでの倍返し。(予想時レート:146.50 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3450-1.3600)
戦略としては、1.3510-25と1.3535-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3545-55と売り上がって、1.3560-65をストップとするか、思い切って1.3570-80、1.3580-90と売り上がって、ストップは1.3595-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3605-10、1.3620-30と利食い優先から、売りは1.3635-40超えがストップで、1.3640-50、1.3660-75、1.3685-95での売り直しのストップは1.3710-15での倍返し。 ターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3500-05割れがストップで、1.3490-95割れ倍返ししても、ターゲットは1.3480-90、1.3465-70と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3450-60割れでの倍返し。ターゲットは1.3440-45、1.3425-30と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 (予想時レート:1.3525 予想時間 16:30)

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.35前後のサポートがきいている。
目先は上向き、基調はまだ弱気だがこちらも強気になれば、
上値を狙いやすくなるところ。

明日午後より

テーマ: モノローグ

だいまん

新メンバーが参入します。

元外銀ディーラーのRyuzさんです。ご期待ください。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

午後2時半より、U-Stream版「たらればFX」がスタートです。


ご視聴

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経   -89.49 11374.26 -0.78%
TOPIX    +0.27 969.09 +0.03%
JASDAQ  -0.43 1609.76 -0.03%
マザーズ -11.88 533.25 -2.18%

下落となりましたが、銀行株が強くTOPIXは上昇
出来高も28億株とこちらも多く、市場のエネルギーは健在

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

BOEとECBを控え方向感のない展開が続いている。
円は買われる動きもでやすいが、まだ大きな流れは円売り。
このため、安易にショートすると踏まれやすそうで気を付けたい。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

揉み合い気味とみたが、高島暦いわく、案外安い日らしい。

Asian Time

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=145.50-147.00)
戦略:英BOE理事会のイベントがあり、思惑的には事前は売りも、結果は買い戻しで。 

ストップ 148.50
売り 148.00
売り 147.50
倍返し 147.20-30
売り 126.95-00
レンジ 146.70-75
中心 146.55
レンジ 146.35-40
買い 146.05-25
ストップ 145.90-00
倍返し 145.85-90
買い 145.25-30
倍返し 144.80-95
買い 144.60-65
買い 144.40-45
買い 144.20-25
買い 144.05-10
買い 143.80-95
ストップ 143.55-70
倍返し 143.40-50
(予想時レート:146.55 予想時間 07:50)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=93.00-94.00)
戦略: 93円台の推移か? 逆張りスタンス。

または95.00
ストップ 94.50
売り 94.20-30
倍返し 94.05-10
売り 93.85-95
売り 93.75-85
レンジ 93.60-70
中心 93.55
レンジ 93.40-50
倍返し 93.25-30
買い 93.05-15
倍返し 92.95-00
買い 92.70-75
買い 92.55-60
買い 92.45-50
ストップ 92.10-25
倍返し 91.95-00
(予想時レート:93.55 予想時間 07:30)

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

11386.84と安値でオープンしたが、11446.91まで上昇
みずほは+3.47%と本日も堅調に推移、TOPIXは+0.45%となっている

全体的にやや下落しているが、TOPIXをみると反発の可能性も

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、リスク回避志向が優勢となった。 ベルルスコーニ元イタリア首相の支持率が上昇したことで、財政再建に対する懸念からイタリア国債利回りが上昇。 独株式指数やNYダウ先物の下落などを受けて、一時売りが強まった。ただし、一巡後はNYダウの立ち直りなどを受けて、買い戻しが優勢で引けた。 ユーロドルは、1.3493まで下落、ポンドドルはユーロポンドの売りで1.5678まで反発、ドルスイスも0.9150まで値を上げ、ドル円は93.28の安値まで値を下げた。 クロス円では、ユーロ円が125.945、ポンド円が145.93、オージー円が96.10、NZD円が78.01、カナダ円が93.42、スイス円が102.12まで一時下落した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 12月機械受注 [前月比] (前回+3.9% 予想-1.7%)
08:50 (日) 12月機械受注 [前年比] (前回+0.3%)
09:30 (豪) 1月新規雇用者数 (前回-0.55万人 予想+1.00万人)
09:30 (豪) 1月失業率 (前回5.4% 予想5.4%)
09:30 (豪) 第4四半期NAB企業信頼感指数(前回-2)
15:00 (日) 中原財務官「挨拶・討論会参加」(IMFセミナー)
14:00 (日) 12月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回92.1)
14:00 (日) 12月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回90.2)
16:45 (仏) 12月貿易収支 (前回-43.34億EUR)
18:30 (英) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
18:30 (英) 12月製造業生産高 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.6%)
18:30 (英) 12月商品貿易収支 (前回-91.64億GBP 予想-89.50億GBP)
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:45 (加) カーニーBOE次期総裁・議会証言
18:50 (ユーロ圏) フランス長期債入札
20:00 (独) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.1%)
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁・記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.8万件 予想36.0万件)
22:30 (米) 第4四半期非農業部門労働生産性 [前期比] (前回+2.9% 予想-0.5%)
22:30 (米) 第4四半期単位労働費用 [前期比] (前回-1.9% 予想+2.0%)
22:30 (加) 12月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.1%)
22:30 (加) 12月住宅建設許可 [前月比] (前回-17.9%)
23:30 (米) スタインFRB理事講演
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回-0.3%)
24:30 (ユーロ圏) クーレECB理事、ホノハン・アイルランド中銀総裁講演
05:00 (米) 12月消費者信用残高 (前回+160.45億USD 予想+150.00億USD)
EU首脳会議(ブリュッセル)
決算発表:ソニー、清水建、鹿島、東 レ、大成建、住友不、富士通、ミツミ、セコム、ヤマダ゙電、東急建設

ダウ

テーマ: 概況

コロフ

ダウは結局プラス圏での引けとなりました。欧州株がここまで下落する中での動きとなっているだけにさすがに驚きましたが、下値の堅さが強く意識されています。やはり問題は14000ドルをシッカリと突破するかどうか、といった状況になってきています。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保って重いが、基調はまだ強気で底堅い状態。
日足ポイント93.20も保っている。

ここに来て

テーマ: 概況

コロフ

ここに来てややリスク志向の動きが一服している状況となっています。ダウは14000ドル目前での失速で、それを受けて円売りが巻き戻され、ユーロドルなども下落する動きとなっています。特段大きな材料は無さそうですが、30分足を見ても上値の重さが意識されており、下値余地が残る状況となっています。

明日のECB

テーマ: 独り言

田向宏行

明日にECB理事会を控えて、方向感のない動き。
先月ECBがLTROの早期償還を発表した後の理事会なので、
ECBが出口戦略を検討するか、が注目されているかもしれない。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は売りすぎとなり反発。目先は35が抵抗。

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

93.30に大口のビッドがあるようです。

3回トライに失敗しています。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が125.93、ポンド円が146.10、オージー円が96.10、NZD円が78.42、カナダ円が93.42、スイス円が102.12まで一時下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の取引は、リスク回避志向が優勢。 ベルルスコーニ元イタリア首相の支持率が上昇したことで、財政再建に対する懸念から、イタリア国債利回りが上昇。 独株式指数やNYダウ先物の下落などを受けて、ユーロドルは、1.3494まで下落、ポンドドルはユーロポンドの売りで1.5678まで反発、ドルスイスも0.9150まで値を上げ、ドル円は93.31の安値まで値を下げた。

リスクオフ

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州株が軟調なためか、為替マーケットは
ドル買い・円買いで、リスクオフ的な動き。
ただ円買いの勢いは残っており、ドル円が下げ止まると、
クロス円も反転する可能性があり、ショートはしにくい。
円買いよりドル買いの方がいいかもしれない。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均の大幅上昇を原動力とした強力な買い圧力から
一転、欧州タイムは上値の重い展開となっております。

欧州株は英FTはプラス圏を維持しているものの、独・伊・西の株価
指数は軟調推移となっており、リスクオンのセンチメントはやや後退
している感じです。

最近のドル円の動きは外部環境の影響度がより高まっている事から、
ここから先も米株式に振らされる展開となりそう。

現在ダウ先物は小幅安にて推移。
因みに独DAXは100ポイント超安となっております。

現在のレート
 ドル円:93.57

欧州株、上値重い

テーマ: 概況

コロフ

欧州株は上値の重い展開となっています。日本株が400円以上の上昇となるなど、アジア市場は堅調地合いとなりましたが、今日は調整といった動きになりそうです。となるとダウも上値の重い展開となりそうで、荒っぽい動きが継続することになりそうです。

ニュージーランド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日の高値78.70~80付近がサポとされている
ここを抜けると78.40~50付近が次のサポートに

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

明日のECB理事会へ向けての調整かもしれないが、
これまで買われていたユーロが売られる動き。
昨夜は一時戻す動きもあったが上値は伸びずに、
本日は再び下げており、ユーロの下落に注意したい。

豪ドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

11月中旬以降サポートされていた1.0330~40付近がブレーク
11月16日の安値1.0280~90付近が次のサポート

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きでやや緩んでいるが、
基調は強気で底堅い状態。
ポイントは93.1520でこの上では上昇リスク。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 6日の東京市場は、堅調な日経平均株価を受けて、円売りが一時拡大したが、その後は利食いが優勢となった。 ドル円は94.075の年初来高値まで値を上げたが、利食いに上げは一過性で終了した。 ユーロドルは、1.3596から1.3513まで下落した。 クロス円では、ユーロ円が127.71から126.52、ポンド円が147.24から146.34、オージー円が97.41から96.61、NZD円が79.41から79.79、カナダ円が94.35から93.86、スイス円が103.65から102.46まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=78.00-79.30)
戦略としては、78.55-70と79.00-05のブレイクに注目して、らブレイクの場合上値は、79.20-30と売り上がって、ストップは79.40-50超えで、倍返ししても80円のサイコロジカルと利食い優先となる。 売りはCapを見て80.20-25超えがストップ。 一方下値は78.25-35と買い下がって、ストップは78.15-20割れで、77.80-85での買い直しのストップは7.60-75割れや77.45-55割れでの倍返し。 ターゲットは77.30-40、77.15-20、77.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは75.85-95割れ。 75.65-75、76.50-60、76.35-40、76.15-25、76.05-15、75.95-00と買い場を順次探して、ストップは75.70-80割れで、75.60-65は維持を見て対応。 買ってもストップは75.45-50割れで、75.30-35、75.20-30での買い直しのストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。(予想時レート: 78.85 予想時間 17:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=126.00-127.50)
戦略としては、127.05-10と127.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合は、127.65-75超えでの倍返し。 ターゲットは127.90-00の動向次第で利食い優先。売りは128.35-40をストップまたは、128.45-55超えなどをストップで対応となる。一方下値は順張りまたは126.85-90割れでの倍返し。ターゲットは126.65-80、126.50-55と買い戻しで、ストップはタイトまたは、126.20-25、125.95-00と買い下がって、ストップは125.70-75割れや125.45-50を買っても、ストップは125.25-30割れでの倍返し。 ターゲットは124.60-75、124.40-45と買い戻し&買いで、ストップは124.15-20割れや123.95-05割れでの倍返し。 ターゲットは123.85-90、123.70-75と買い戻しで、買いは123.50-55、123.35-40と買い場を探して、ストップは123.15-20割れや122.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは122.70-85、122.50-60と買い戻しで、買いは122.40-45、122.25-35と買い下がって、ストップは122.10-15割れで、倍返しもターゲットは121.90-95、121.80-85での買い戻しで、買いは121.45-50まで買い下がって、ストップは121.20-25割れでの倍返し。(予想時レート:127.40 予想時間 16:05)

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.36のレジスタンスが利いて、
基調・目先とも下向きで反落。
下のポイントは1.35ロー。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経 +416.83 11463.75 +3.77%
TOPIX +29.12 968.82 +3.1%
JASDAQ +14.68 1610.19 +0.92%
マザーズ +8.16 545.13 +1.52%

大型のど真中の銘柄が上昇
日本株式会社の復活か

ドル円 94円示現

テーマ: 概況

ウルフ

バリア突破しました。
しかし、その後93.60台まで急反落。
津波警報に、A.Iが反応してしまったのでしょうか??

『ゴルフ流FX売買シグナル』2月6日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月6日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↑
CADJPY ↓
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=126.50-128.00)
戦略:押し目買い
ストップ 128.50-55
売り 128.20-30
売り 127.95-00
売り 127.65-70
ストップ 127.40-50
レンジ 127.25-30
中心 127.15
レンジ 126.85-90
買い 126.75-85
倍返し 126.50-55
買い 126.20-25
買い 125.95-00
ストップ 125.70-75
買い 125.45-55
倍返し 125.25-30
買い 124.60-75
買い 124.40-45
ストップ 124.15-20
倍返し 123.95-05
(予想時レート:127.15 予想時間 09:00)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3500-1.3650)
戦略:押し目買い
ストップ 1.3755
売り 1.3745-50
売り 1.3720-30
倍返し 1.3710-15
売り 1.3685-95
売り 1.3640-50
ストップ 1.3635-40
売り 1.3620-30
売り 1.3605-10
倍返し 1.3595-00
レンジ 1.3585-95
中心 1.3580
レンジ 1.3570-75
倍返し 1.3550-60
買い 1.3525-30
買い 1.3500-05
買い 1.3480-90
ストップ 1.3465-70
倍返し 1.3450-60
買い 1.3440-45
買い 1.3425-30
ストップ 1.3415-20
倍返し 1.3405-15
(予想時レート:1.3580 予想時間 06:30)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが100ドル超えの上昇となったことで、東京市場からのリスク回避志向の巻き戻しとなった。ユーロドルは、1.3459の安値からアジア中銀の大口の買い、スペインの1月サービス業PMIが、大幅に改善したことなどから1.3598まで反発。ただ、フィッチがオランダの格付けの見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことで利食いが優勢となった。 ドル円は白川方明日銀総裁の辞任報道を受けて93.66の高値まで上昇した。1月の非製造業部門指数は、総合指数(NMI)が55.2と前月の55.7から若干低下した。雇用が
 クロス円では、ユーロ円が127.24、ポンド円が147.26、オージー円が97.44、NZD円が79.20、カナダ円が94.07、スイス円が103.10まで上昇した。

上値は重い?

テーマ: 概況

コロフ

NYダウ工業株30種:13979.30(+99.22)

米国株式市場は上昇しての引けとなりましたが、引けにかけて若干押し込まれる動きとなり、100ドル高水準を割り込んでの引けとなっています。利益確定の動きが出やすい局面は依然として意識されている状況と言えるのか、判断が難しいところですが、ダウは思った以上に14000ドルが重い状況です。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(ワイタンギデー)
09:30 (豪) 12月小売売上高 [前月比] (前回-0.1% 予想+0.4%)
11:15 (日) 佐藤日銀審議委員「群馬県金融経済懇談会で挨拶」
17:55 (アイスランド) アイスランド中央銀行・政策金利公表
19:30 (独) 独5年債入札(40億ユーロ)
20:00 (独) 12月製造業受注 [前月比] (前回-1.8% 予想+0.5%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-8.1%)
21:00 (チェコ) チェコ国立銀行・政策金利発表
24:00 (加) 1月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回52.8 予想53.8)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+594.7万バレル)
24:30 (ユーロ圏) ユンケル・ルクセンブルク首相、トゥスク・ポーランド首相会談
01:45 (加) フラハティ加財務相講演
06:45 (NZ) 第4四半期失業率 (前回7.3% 予想7.1%)
06:45 (NZ) 第4四半期就業者数[前期比](前回-0.4% 予想+0.4%)
ポーランド ポーランド国立銀行・政策金利発表
決算発表:マツダ、三菱重、富士重、国際帝石、古河電、クボタ、アマノ、ローム、ヤマハ、三井不、NTT

高値更新

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が127円のバリアを超えて127.19まで。
ドル円は93.63まで

ダウの14000ドル

テーマ: 概況

コロフ

ダウは14000ドルを挟んでの動きとなっています。昨日の下げから一気に戻したので、もう少し上値を追う可能性もあるかと思ったのですが、思った以上に上値の重い状況となっています。とは言え、大きく下げるわけでもなく、底堅いことは底堅いのですが。

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が126.93、ポンド円が147.25、オージー円が97.11、NZD円が78.99、カナダ円が93.73、スイス円が102.96の高値をつけたが、その後は利食いが優勢となった。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウは100ドル高で堅調推移。

ユーロドルは、1.3459の安値から1.3598まで反発。 ドル円は白川方明日銀総裁の辞任報道を受けて93.52の高値まで上昇後は一服気味。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押しでは目先上向きを保って反発。
ポイントは1.36前後。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強含みに。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置から、
1.57割れにあったポイントを切れて下落。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM非製造業景況指数
 結果:55.2
 予想:55.0

発表後、マーケットの反応は限定的。

円の動き その2

テーマ: 独り言

田向宏行

白川総裁辞任で急騰したドル円・クロス円ですが
一旦は小さな押し目になりそうな動き。
ここで下げ止まれば、再び上昇の可能性がある。
円売りの流れが続く可能性が高いと思っている。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気のまま、目先は買いすぎとなり、反落の動き。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

0.8446-65のポイントが重くなっている。
基調目先ともに弱含み。

ユーロの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロは買われる動きとなっており、ユーロクロスも上昇。
おそらくユーロ円の上昇がユーロクロス全体を引き上げた模様。
しかし対円を除くユーロは買われ過ぎていて、
ここからは下げる可能性があり、
ユーロロングは注意したい。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円の調整は白川総裁辞任の報道で終了。
ここからは円売りが再開する可能性が高い。
円は売られるが欧州通貨は売られやすく、
この動きによってはクロス円の上値は
伸びにくいかもしれない。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

欧米株の反発を受けて買い戻される中、白川日銀総裁の辞任報道を受け
円売りが加速。一時93円台まで急騰する動きとなりました。

ただ、現在欧州株の上昇は一服している為、93円前後での上値追いは
株価の上値拡大が見られなければ、一旦様子を見た方が良さそう。

現在のレート
 ドル円:92.94

白川総裁辞任

テーマ: ニュース

YEN蔵

3月19日の2人の副総裁の任期切れの時に辞任

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの下には入らず、
ユーロドルにつられ、ドル円も目先上向きに。
レジスタンスポイントは92.98-93.20.

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置から下落していたが、
1.3515の抵抗を越え、目先も上向きに。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

アジア系ソブリンネームの買いの噂もあり1.3450がサポート

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.08%
フランスCAC +0.34%
英FT +0.28%
イタリアFTSEMIB +0.58%
スペインIBEX +0.45%

堅調なスタートで、ユーロドルも反発

日経平均は・・・

テーマ: モノローグ

ウルフ

終値は11,046 -213 -1.90%
上げ幅、下げ幅ともに大きいですね。

アジア株も軒並み軟調推移となっております。

世界的な株安の連鎖を受け、現在のところ円買い・ドル買いが優勢展開。
ユーロドルは1.3460台、ユーロ円は124.20台まで下落。
ドル円は92.20台での推移となっております。

さて、この後欧州株が流れを引き継ぐかがポイントとなりそうですね。
現在独DAXは先物で小幅安です。

円相場に関しては、ある意味ヘルシーな調整局面とも言えそうですが、
ここまでの動きが急速だった事を鑑みると、もう一段の調整があっても
良さそうな反面、買い遅れた向きも非常に多そうな事から、
案外調整は限定的となる可能性もあり、目先の動向が読み難いところです。

個人的にはドル円に関しては一旦ニュートラルとし、まずは
欧州勢の出方を見たいと思います。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先売りすぎからいったん反発したが、
基調目先とも下向きを保って重い配置。
今日のポイントは92.17と91ミドル。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ここまでのユーロ買いの調整と思われるが、直近はユーロ売りの動き。
今週は木曜日にECB理事会を控えているので、それまではユーロが売られやすい。
このためポンドは買われやすく、一時的にポンド買いにもなりそう。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 5日の東京市場は、軟調スタートとなった株式市場を受けて、円の買い戻しが一時強まったが、その後は値ごろ感などの買い戻しも入ったが上値は重く揉み合いとなった。 ユーロドルは1.3521から1.3487まで下落。ドル円は91.96から92.56まで一時値を回復した。
 クロス円では、ユーロ円が124.17から125.00、ポンド円が144.86から145.85、NZD円が77.46から78.07、カナダ円が92.05から92.73、スイス円が101.20から101.72まで値を戻した。 また、オージー円は、強い12月豪貿易収支や豪住宅価格指数を受けて、95.98から96.69まで上昇も、豪州準備銀行が、政策金利据え置き、声明で「現時点のインフレ見通しに基づくと、一段の金融緩和の余地ある」としたことで、更なる動きとはならなかった。 (13:48現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=95.50-97.00)
豪州中銀が据え置きも、上値が重い。 未だリスクは下方にありそう。 
戦略としては、96.20-25と96.40-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は96.55-65と売り上がって、ストップは96.65-70超え、96.75-85での売り直しのストップは97.05-10超えでの倍返し。ターゲットは97.55-60、97.70-80と利食い優先。売りは98円超えのストップなどで対応。 一方下値は96.05-10と買い下がって、ストップは95.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは95.70-75、95.50-55と買い戻し&買い下がって、ストップは95.25-35割れで、95.05-20、94.95-00と買い下がって、ストップを94.75-80や94.65-70とするか、94.45-50まで買い下がるなら、94.20-35割れがストップで、94.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。(予想時レート: 96.35 予想時間 12:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=91.50-92.80)
91.60の下方ブレイクはイメージが変わるので注意。
戦略としては、92.35-40と92.45-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は92.55-60がストップで、92.60-70、92.70-80、92.90-00と順次売り場を探して、ストップは93.15-20超えで、93.20-30、93.45-50と売り上がって、ストップは93.60-65超えとなる。 一方下値は92.15-25、92.05-15と買い下がって、ストップは91.95-00割れで、倍返しもターゲットは91.70-80や91.60-65の動向次第。 割れて91.50-55の維持では買い戻し&買い。ストップは91.40-45割れで、91.25-35、91.15-25、91.05-10と買い下がって、ストップは90.85-95割れや90.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは90.60-70、90.45-50の動向次第で、買い戻しから維持では買っても、ストップは90.20-35割れでの倍返し。 このターゲットは90.05-15、89.90-00と買い戻し&買い直しで、ストップを89.80-90割れとするか、買い下がって、89.70-75割れで、倍返しもターゲットは89.60-65、89.45-55での買い戻しで、この位置の買いは89.20-25割れがストップ、89.05-10、88.95-00と買いなおして、ストップは88.80-85割れで、88.50-60での買い直しのストップは、88.35-45割れ、88.15-25と買い下がって、ストップは88.05-10割れで、87.95-00での買い直しのストップは87.70-85割れでの倍返し。 (予想時レート:92.35 予想時間 11:45)

豪州準備銀行は

テーマ: モノローグ

だいまん

政策金利据え置き。一時豪ドル買いが出るも、
 
声明では、「現時点のインフレ見通しに基づくと、一段の金融緩和の余地ある」
としたことで、更なる動きとなっていない。

ただ、「為替レートは輸出価格の下落を考慮すれば期待していたよりも高いままだ」、「緩和の完全な影響が明らかになるには依然として時間がかかるが、より緩和的な状況が期待された影響をいくぶん与えている兆しがある」
などとされており、上値追いには慎重。

『ゴルフ流FX売買シグナル』2月5日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月5日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↓
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -147.91  11112.44 -1.31%
TOPIX -8.63    947.12  -0.9%
JASDAQ +3.57    1597.23 +0.22%
マザーズ +6.28    539.44  +1.18%

新興市場が堅調
海外を受けて、売り先行でしたが、下げ渋り

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

早朝に突っ込んだ後は、買い戻しが優勢。

ドル円は92.57、ユーロ円が125.01まで反発。 よく戻ったほうかも。。。。。さて、今後はこの高値を睨んで、株価次第でしょうか。

今日も

テーマ: モノローグ

だいまん

株価次第となりそう。 ただ、NYダウなどは14000ドルで一旦達成感の売りだけの可能性もあり、突っ込む状況ではなさそう。

日経もバーゲンハント的な買いもありそうだ。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 12月貿易収支 (前回-26.37億AUD 予想-7.50億AUD)
09:30 (豪) 第4四半期住宅価格指数 [前期比] (前回+0.3% 予想+0.1%)
10:45 (中) 1月HSBCサービス業PMI(前回51.7)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット
14:45 (スイス) UBS・第4四半期決算発表
17:55 (独) 1月サービス業PMI・確報値(前回55.3 予想55.3)
18:00 (ユーロ圏) 1月総合PMI・確報値(前回48.2)
18:00 (ユーロ圏) 1月サービス業PMI・確報値(前回48.3 48.3
16:00 (スイス) 12月貿易収支 (前回+29.5億CHF(+29.0億CHF))
18:30 (英) 1月PMIサービス業 (前回48.9 予想50.1)
19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
19:00 (ユーロ圏) 12月小売売上高 [前年比] (前回-2.6%)
19:30 (英) インフレ連動債入札(11億ポンド)
21:30 (スイス) ツアブリュックSNB理事講演
22:30 (米) デュークFRB理事講演
24:00 (米) 1月ISM非製造業景況指数 (前回56.1(55.7) 予想55.2)
日10年債入札(2兆4000億円)
決算発表: トヨタ、双日、旭化成、クラレ、三菱自、双葉電、大京

まだ調整はありそう

テーマ: モノローグ

だいまん

 軟調な株価を受けて、リスク回避の動きが続く。
 ユーロドルが1.3506へ下落、ドル円も92.27まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が124.66、ポンド円が145.20、オージー円が96.20、NZD円が77.82、カナダ円が92.36、スイス円が101.50まで下落した。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時92.29まで下落。
ユーロ円は124.70台まで下げ幅を拡大しております。
現在ダウは130ドル安の水準にて推移。一時140ドル安まで
下落しており、今のところ安値を更新する動きにはなって
おりません。

ユーロが下げ止まりませんね。クライマックス感の無いじり下げ推移
でとっつき難い展開です。引け際にかけて株価が持ち直す様であれば、
一気に買い戻される可能性があり注意したいところ。
また、その場合はドル円も一旦92円mid辺りまでの反発もありそうで、
明日の日経平均の下落で再度下値アタックというシナリオを描いて
おりますが、果たして・・・

現在のレート
 ドル円:92.32

リスク回避

テーマ: 概況

コロフ

リスク回避的な動きが強まり、再度円買いの地合いとなって、ユーロ円が125円を割り込んでの動きとなっています。ドル円の上値も重く、特段材料はないものの、円買が強まる流れとなっています。

問題は・・・

テーマ: 概況

コロフ

現状、リスク志向の巻き戻しの動きが継続していますが、ダウは取り敢えず下げ渋って気ている状況です。13900ドルに再度迫ってきており、ここから引けにかけての動きは重要でしょう。引けにかけて日中安値を更新して下落ということになれば、明日以降の動きにも警戒感が高まりそうです。利益確定のポイントを探っていた買い方からすれば、雇用統計で材料の出尽くし感が意識されてきているだけに、売りを入れやすい所ではないでしょうか。そういった動きから下落となれば、まだ下値余地はありそうです。

明日の日経平均は・・・

テーマ: 株式市場

ウルフ

大き目の調整が入るかもしれませんね。
(ダウの終値を見なければ何とも言えませんが・・・)

欧州株も大幅安で、独DAXは7,638 -195 -2.49%と
下げ止まらずの展開。

為替相場は円とドルが上値を拡大。ユーロドルは1.3520台、ユーロ円は
125.10台まで下落。ドル円も92.50台のサポート水準にて何とか踏みとど
まっている状況です。

明日の日本株の事を考えるとドル円・クロス円は買いは
リスクが高そうで、戻り売りのjobbingに妙味がありそうです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

サポートされていた、金曜日の雇用統計後の安値1.3580付近がブレークし
その後このレベルがレジスタンスになっている
1.35、1.3460~70付近が短期的なサポート

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

125ローにサポート。
切れれば下方向に留意。

ダウが下げ幅拡大

テーマ: 概況

コロフ

ダウが下げ幅を拡大しての動きとなっています。13900ドル前後の動きから、一段安となっており、先行きにも警戒感が高まる状況です。利食い売りが優勢で、大きな流れが変わったかどうか、といった所には疑問も残りますが、警戒は必要でしょう。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.3570のサポートを切れ、
基調目先とも下向きで伸ばしている。
日足サポートポイントは1.3460.

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は買いすぎ、基調は弱気のままで反落。
日足も下向き。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

動きは弱いが、まだ基調は強気で、堅い状態。

リスクオフ

テーマ: 概況

ウルフ

欧州株は軒並み大幅安となっており、ダウ先物も100ドル近く下落。
米10年国債も反発しており、マーケットは全般にリスク回避傾向
となっております。

為替相場は宴会戻しが優勢の展開。ドル円は一時92.50台まで反落
する展開。

まもなくNY市場がスタートしますが、ダウは100ドル近い下落で
のスタートとなるかもしれません。14,000ドルの大台を達成した
事もあり、利益確定の動きから下げ幅を拡大するか、14,000ドル台を
回復する動きとなるか注目です。
ドル円の押し目買いは一旦自重すべき局面でしょうか。ダウの値動きを
注視したいところです。

欧州株が大幅安へ

テーマ: 概況

コロフ

欧州株が大幅安となっています。特にドイツ株は2%に迫る状況で、調整の動きが加速する展開となっています。先週までの動きから、材料出尽くし感を受けて一転してリスク回避的な動きが強まっています。問題はダウの動きとなりそうですが、さすがに上値を抑えられそうです。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

重め配置、
日足ポイント77のほかに、目先は60にサポート。

下に入ってくれば、調整に留意。

方向感なく

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が93円台をつけたりしているが、
金曜日に動いたこともあり、マーケットは方向感がない。
いずれかに動き出さないと手を出しにくい相場になっている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、目先は下向きを保って反落。
ポイントは92.77にあり、この上ではまだ下げにくい。

ドル円、抑えられる

テーマ: 概況

コロフ

ドル円は上値を抑えられる動きとなっています。米国債利回りの上昇が一服したことや、欧州株の下落などを眺めて、92円台を割り込む動きとなっています。30分足でもボリンジャーバンドの中心線を目指しての動きで、下値余地はありそうです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

金曜日の雇用統計後の安値1.3580~85付近がサポートされているが
ここを抜けてしまうと1.35台前半まで下落リスク

ドル円 93円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

欧米株や米債利回りの反発局面を狙って一気に
買い上げる値動きとなっております。
円売り圧力は衰えを知らずです。

現在のレート
 ドル円:93.10

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

4日の東京市場は、実需筋の円買いが出たことや日経平均が上げ幅を縮めたことなどで、円の買い戻しが出たが、材料難から下げも限定され、総じて揉み合いで終始した。
 ドル円は92.91から92.50、ユーロドルが1.3661から1.3619まで値を下げ、ユーロ円が126.86から126.06、ポンド円が145.87から145.20、オージー円が96.78から96.39、NZD円が78.75から78.20、カナダ円が93.22から92.72、スイス円が102.28から101.80まで一時値を下げた。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=144.50-146.00)
戦略としては145.10-20と145.65-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は145.85-90と売り上がって、ストップは145.95-05超えで、倍返ししてもターゲットは146.35-40や146.45-50の動向次第。超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは147円前後での利食いで、売りはCapのケースとなるが、ストップは147.25-30超えとなる。 一方下値は順張りからターゲットは、144.90-95、144.80-90、144.60-65と買い戻し&買い下がって、ストップは144.40-45割れでの倍返し。 ターゲットは144.20-25、144.05-10と買い戻しから買いは143.80-95と買い下がって、ストップは143.55-70割れや143.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは143.25-30、143.10-20と買い戻しで、買いはこういった位置から142.80-90と買い場を探して、142.70-75をストップ&倍返し。 ターゲットは142.45-50、142.35-40と買い戻しで、買いはこういった位置から142.20-25と買い下がって、ストップは142.00-05割れや141.85-95割れでの倍返しも、ターゲットは141.75-80、140.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップは140.50-55割れまたは、更に140.35-40、140.20-25と買い直して、ストプは140.90-00割れでの倍返し。 このターゲットは140.60-65、140.15-25と買い戻し&買い下がって、ストップは139.85-95割れで、139.65-70、139.50-55での買い直しのストップは139.25-30割れで、139.00-20での買い直しのストップは138.85-90や138.65-70割れで、倍返し。このターゲットは138.45-55の動向次第。維持では買戻し&買っても、ストップは138.20-30割れで、138.05-15割れでの倍返し。(予想時レート:145.45 予想時間 14:50)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3550-1.3700)
戦略としては、1.3615-20と1.3640-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3660-75、1.3685-95と売り上がって、ストップは1.3710-15超えで、倍返しもターゲットは1.3720-30、1.3745-55と利食い優先で、売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は1.3600-05と買い下がって、ストップは1.3585-90割れで、1.3560-70を買い直しても、1.3540-50割れがストップ、1.3530-40割れでの倍返し。 ターゲットは1.3515-25、1.3505-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.3490-00と買い下がって、ストップは1.3475-85割れで、積極的なら倍返しも1.3450-65での買い戻しで、買いはこの位置から1.3440-45、1.3425-30と買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3625 予想時間 14:40)

東京株式市場後場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +69.01 11260.35 +0.62%
TOPIX +13.1 955.75 +1.39%
JASDAQ +11.83 1593.66 +0.75%
マザーズ  -16.14 533.16  -2.94%

44億株の大商い

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11260.35(+69.01)

今日の東京市場は上昇しての大引けとなりました。先週末のダウが大きく上昇したことや、円安修正がそれ程起こっていないことを背景に、下値では支えられる動きとなりました。ここから欧州時間帯に入り、どういった動きとなるかは先行きを考える上では重要なポイントになりそうで、調整の動きが強まれば、株価にも影響しそうな局面ではあります。

『ゴルフ流FX売買シグナル』2月4日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年2月4日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↑
EURCHF ↓
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +54.03 11245.37 +0.48%
TOPIX +10.08 952.73 +1.07%
JASDAQ  +10.78 1592.61 +0.68%
マザーズ  -8.55 540.75 -1.56%

ドル円、クロス円の下落にもかかわらず、日経平均、TOPIXは堅調で
むしろ新興市場が弱い展開に
銀行、証券セクターが上昇。収益改善の評価でパナソニックが急騰したことも
市場全体をサポート

東京市場前場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:11245.37(+54.03)

今日の東京市場は上昇しての前引けとなっています。ダウが大きく上昇したものの、やや円安修正が入っていることが嫌気される状況となっています。ECB、ISMなどは残るものの先週末で重要イベントを通過し、取り敢えず一服感が出ている状況です。ただ、それでも株価は上昇しているわけですし、為替相場も調整が入っているとはいえ下げ渋っているわけですので、その意味でも本格的にここから下落するのかどうかは不透明です。問題は欧州時間帯の動きといったところでしょう。

調整

テーマ: 独り言

田向宏行

このところ週の前半に調整が入りやすい。
本日も月曜の東京時間だが、先週買われたユーロが売られやすく、
先週売られた円が買い戻されやすくなっている。
ユーロクロス、クロス円が下げやすく、豪ドルは買われやすいかもしれない。
ただし、調整なので大きくは下げないので売りは慎重になる。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月04日 05:40
EURUSD 1.3640-48
USDJPY 92.76-81
GBPUSD 1.5688-97
USDCHF 0.9077-91
AUDUSD 1.0421-30
NZDUSD 0.8480-89
EURJPY 126.53-63
GBPJPY 145.51-62
AUDJPY 96.68-77
NZDJPY 78.66-77
CADJPY 93.00-15
CHFJPY 102.04-19
EURGBP 0.8681-98
EURCHF 1.2286-03
ZARJPY 10.40-54

NZ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

既に金曜日の高値を超える動き。 78.66-78レベルまで。

週末は

テーマ: モノローグ

だいまん

中国のPMIなどが強い内容となったが、影響は出ていない。

既に中国の改善もサプライズではなくなった感じ。

今週は材料は多いが、ビッグ・イベントは無く、フローや株価次第か?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 12月住宅建設許可件数 [前月比] (前回+2.9% 予想+1.0%)
16:30 (ユーロ圏) ケニー・アイルランド首相、バローゾ欧州委員長、ファンロンパイEU大統領会談
18:30 (英) 1月PMI建設業 (前回48.7 予想49.6)
19:00 (ユーロ圏) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
24:00 (米) 12月製造業受注指数 [前月比] (前回0.0% 予想+2.2%)
メルケル独首相、ラホイ・スペイン首相会見
決算発表:日立、 JAL、帝人、三菱電、菱地所、住友商、三井物、住友電、

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月04日 04:36
EURUSD 1.3638-48
USDJPY 92.78-87
GBPUSD 1.5686-98
USDCHF 0.9074-88
AUDUSD 1.0399-09
NZDUSD 0.8451-76
EURJPY 126.49-65
GBPJPY 145.50-70
AUDJPY 96.44-59
NZDJPY 78.38-66
CADJPY 92.96-16
CHFJPY 102.02-20
EURGBP 0.8686-98
EURCHF 1.2286-06
ZARJPY 10.40-55

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年02月04日 03:59
EURUSD 1.3636-45
USDJPY 92.79-84
GBPUSD 1.5691-02
USDCHF 0.9071-94
AUDUSD 1.0399-11
NZDUSD 0.8451-79
EURJPY 126.52-68
GBPJPY 145.61-75
AUDJPY 96.50-64
NZDJPY 78.42-72
CADJPY 92.98-19
CHFJPY 102.05-24
EURGBP 0.8685-95
EURCHF 1.2277-02
ZARJPY 10.45-55

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル 1.3633-47
ドル円 92.80-86

ユーロ円 126.54-70
ポンド円 145.64-78
オージー円 96.52-66

今週もお疲れ様でした

テーマ: モノローグ

だいまん

円安が続いています。 高値警戒はあるも、押し目では買いが入り易い状況です。

来週も上下はありますが、株価を睨んで円が相場の主役となりそうです。

動くので、積極的にポジションを取って良さそうですね。 売り買い、両方ワークしますが、売りのストップは小幅、買いのストップは大きめで設定するのが良さそう。

ただ、再来週は日銀金融政策決定会合もあり、一旦調整のリスクとなることは留意しておきたいです。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.58の日足ポイントも切れ、
基調も弱気に転換し、
重い配置から下値を伸ばしている。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米1月雇用統計において、非農業部門雇用者数は、前月比+15.7万人、市場予想平均の前月比+16.5万人より弱く、失業率も7.9%と市場予想の7.8%より弱かったことで、一時ドル売りとなったが、過去4カ月分が上方修正されたこと、NYダウが反転したことやその後発表された米1月ミシガン大消費者信頼感・確報や米1月ISM製造業景気指数が強かったことで、リスク志向が高まる形となった。 ただ、週末のポジション調整の利食いも入ったが、NYダウが終値ベースで14000ドル台で引けたことで、堅調なレベルを維持した。
 ドル円が92.20台から91.86へ下落後92.97まで上昇、ユーロドルは、1.3633から1.37のオプションの防戦を超えて1.3711まで一時値を上げた。
 一方クロス円では、ユーロ円が126.97、ポンド円が146.48、オージー円が96.71、NZD円が78.51、カナダ円が993.19、スイス円が102.62まで上昇した。

後は

テーマ: モノローグ

だいまん

ポジション調整タイムとなるので注意。 

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が126.94、ポンド円が146.48、オージー円が96.34、NZD円が78.24、カナダ円が92.73、スイス円が102.61まで上昇した。

上値拡大

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が92.65まで上昇、ユーロドルは、1.3633から1.37のオプションの防戦を超えて1.3705まで一時値を上げた。

ダウ14,000ドル台示現

テーマ: 株式市場

ウルフ

ドル円は92.65まで上昇。
ユーロドルは1.37を窺う展開となっております。

円売りが止まりません。

そういえば、サブプライムショック前のドル円ってほんの数時間で
3~4円動く事が珍しくなかったんですよねぇ・・・
本来!?の動きを取り戻し始めたのかもしれません。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気のまま126.20の抵抗も超えて、
目先も上向きに。

NY概況

テーマ: 概況

ウルフ

ISM製造業景況指数
 結果:53.1
 予想:50.6

ISMの強い結果を受けダウは上値を拡大し、現在130ドル高の水準
まで上昇。
為替相場は再び円売り・ドル売りが活発化しドル円は92.60台、
ユーロドルは1.37手前の水準まで上伸しております。

現在のレート
 ドル円:92.60

ポンドドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは、計算通りに1.58732から1.57494まで下落。
ここで利確してこれ以上の深追いはやめておくのが賢明。
さすがにシングルペネトレーションの確率は高い。
今週はこれでおしまい。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気で反発し、25を回復して強い。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

25のサポートを切れて目先も下向きで弱い動き。

雇用統計はまちまち

テーマ: 経済指標

YEN蔵

一応15万人は超えましたが、 建設業は+2.8万人でまあま
製造業は+4000人で少ない、前回分も2.4万人から8000人に下方修正

家計調査では労働人口は7000人とわずかに増加
就業者数は11万人減少、失業者は11.7万人増加

緩やかに改善はしていますが、今回はそれほどよくない感じ

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーンで、目先下向きで重め。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

126手前でサポートがれジスタンスに転換し重くなっている。
目先弱含み。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 米1月雇用統計では、非農業部門雇用者数は、前月比+15.7万人、市場予想平均の前月比+16.5万人より弱かった。 また、失業率も7.9%と市場予想の7.8&より弱かったことで、一時ドル売りも、過去4カ月分が上方修正されたことで、買い戻し。
 ドル円が92.20台から91.86へ下落、ユーロドルが1.3633から1.3672まで値を上げ、ユーロ円が125.31へ下落後125.88へ値を戻した。
 NYダウ先物は、発表後上下するも、13980ドルまで値を上げた。

雇用統計後

テーマ: モノローグ

ウルフ

発表後マーケットはドル売りで反応したものの、
ドルの下値は限定的。
ダウ先物は下振れ後直ぐに反発。米10年債利回りは反落
しております。

しかし、ここまで小動きとは・・・

この後のISMに期待ですね。

雇用統計詳細

テーマ: 概況

コロフ

非農業部門雇用者数:15.7万人(事前予想:16.5万人)
民間部門雇用者数:16.6万人(事前予想:16.8万人)
失業率:7.9%(事前予想:7.8%)
時間あたり平均賃金(前月比):0.2%(事前予想:0.1%)
週間平均労働時間:34.4(事前予想:34.5)

米株指数先物は上値を追う展開となっており、やや違和感のある状況です。市場の雰囲気からすると、思った以上に悪くない、という反応となっています。

雇用統計は・・・

テーマ: 経済指標

ウルフ

NFP +15.7万人(予想16.5万人)
失業率 7.9%(予想7.8%)

と予想よりも小幅に悪化。しかし前回が上方修正されているので
注意。

ドル円

テーマ: 概況

コロフ

ドル円は雇用統計が予想よりも悪かったkとを受けて、一気に92円割れ。ただ、米株指数先物が持ち直していることを背景に、思った以上に下げ渋っている。

米雇用統計

テーマ: 概況

コロフ

非農業部門雇用者数:15.7万人(市場予想:16.5万人)
失業率:7.9%(市場予想:7.8%)

米雇用統計は予想に届かずとなった。この結果を受けて、円高が進行する展開となっている。ただ、ユーロドルなどは上昇している。米株し指数先物も伸び悩み。

まもなく

テーマ: モノローグ

ウルフ

米雇用統計です。
それにしても月に一度のビックイベントを前にしてこの動き。

昨夜のNYでは、欧米株式が下落、米債利回りも反落気味の動きと
なっていたにも関わらず、ドル円・クロス円はぐいぐい上値を
拡大し、東京市場でも円売りの勢いは衰えず、ドル円は殆ど調整無く
92円台を示現。ユーロ円に至っては126円台に到達してしまいました。
特に円売りを後押しする材料が出た訳でも無く、フロー・ドリブンの展開
といった感じです。

さて、注目のNFP。
ドル円に関しては、プライスアクションを見るに、もはや「目をつぶって
買い!」という雰囲気が感じられ、余程のサプライズとならない限り、
大きな波乱は無く、むしろ小幅悪化で下押しとなった場合には
押し目買いチャンス!?と踏んでいたのですが・・・
どうしてくれんのよ!この伸びきったチャート!(特に週足)

まあ、発表直後は結果が強ければ買い、弱ければ売りと素直な
反応を示しそうですが、問題はその後の動き。
円キャリー全盛の頃を彷彿とさせるこの反り上がったチャートを見るに、
仮に強い結果が出た場合、積極的に上値を追うのはためらいを感じて
しまいまし、(でも売るのはもっと怖い・・・)弱い結果となった場合は
売りも買いも怖い・・・

通常は発表直後からJobbingでポジション取り捲るのですが、
今日に関しては、暫く様子を見てから参入したいと思います。

結果は如何に・・・


今夜

テーマ: モノローグ

だいまん

一応米雇用統計は強い想定だけど、ヘッド・ラインで相場は上下するでしょう?

想像は付かないので出てから考える方が良さそうだが、失業率も注意。

基本は、やっぱり数字次第だが、逆張りスタンスを考えたいが、特に大きくドル円、クロス円が下げるなら買い向かいを検討したい。


後、続いてISMが発表されることも忘れず。

それから最後は週末のポジション調整の動きにも配慮したい。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

雇用統計を前にポンドドルが下落。
シングルペネトレーションの動きで、
1.5870ぐらいまで上昇して下げる展開。
この先は1.57ミドルが目標値となる。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 1日の東京市場は、日経平均株価の堅調を受けて円売りが継続した。ドル円は81,61から92.29、ユーロ円が124.40から125.80、ポンド円が145.19から146.48、オージー円が95.43から96.01、NZD円が76.87から77.76、カナダ円が91.83から92.52、スイス円が100.03101.54まで上昇、ユーロドルも1.3574から1.2640まで値を上げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=76.50-78.00)
戦略としては、77.45-50と77.75-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は78円と売り上がって、ストップは78.10-15超え、78.50前後からの売りは78.90-00超えがストップとなる。 一方下値は77.15-20、77.05-10と買い下がって、ストップは75.85-95割れて、75.65-75、76.50-60、76.35-40、76.15-25、76.05-15、75.95-00と買い下がって、ストップは75.70-80割れで、75.60-65は維持を見て対応。 買ってもストップは75.45-50割れで、75.30-35、75.20-30での買い直しのストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 77.65 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3500-1.3700)
戦略としては、1.3610-20と1.3630-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りとなるが、1.3650前後のCapでは利食い&売りも、ストップはタイト気味で、1.3670-80での売り直し野ストップは1.37超え。 一方下値は1.3600-05割れをストップまたは倍返しも、1.3580-95、1.3560-75と買い戻し&買いで、1.3540-50割れがストップ、1.3530-40割れでの倍返しもターゲットは1.3515-25、1.3505-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.3490-00と買い下がって、ストップは1.3475-85割れで、積極的なら倍返しも1.3450-65での買い戻しで、買いはこの位置から1.3440-45、1.3425-30と買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3620 予想時間 15:45)

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +52.68 11191.34 +0.47%
TOPIX +2.4 942.65 +0.26%
JASDAQ +4.85 1581.83 +0.31%
マザーズ  +17.65 549.30 +3.32%

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先に続き、基調も強気に転換し、順調に上昇。
ここからは買いすぎのゾーン。
日足ポイントは92.55-60.

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

92円のオプションバリアーをあっさりと粉砕
これで90円のサポートも遠くなってしまった感じがする
当面90~93円のレンジか

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

思ったより重い。 防戦もあるが、週末で利食いもあるかも。

東京朝

テーマ: モノローグ

だいまん


 ドル円は91.84、ユーロドルが1.3168、ユーロ円が124.93、ポンド円が145.65、オージー円が95.76、NZD円が77.24、カナダ円が92.10、スイス円が100.96まで一時上昇した。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、大きな円売り材料不在の中、テクニカルな円売りが優勢となった。 米1月シカゴ購買部協会景気指数が市場予想を上回ったが、NYダウはマイナス50ドルで引けており、こういった悪影響は見えず、日経225先物の堅調などが円の売り戻しを誘発した模様。  
 ドル円は、90.92からロンドン・フィキシングでの買い、91.50のオプションの満期が明けたことなどで、上値が軽くならい91.79まで上昇。 ユーロドルは、独2月小売売上高指数が、市場予想を下回ったことを受けて1.3541まで下落後、1.3595まで反発した。 
 クロス円では、ユーロ円が122.98から124.60まで上昇、ポンド円が145.53、オージー円が95.68、NZD円が76.99、カナダ円は強いカナダGDPを受けて91.99まで上昇、スイス円は99.62から100.83まで引け際にショート・カバー気味に値を上げて取引を終了した。

クローズに向けて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は、91.79レベル、ユーロ円が124.60、ポンド円が145.53、オージー円が95.68、NZD円が76.99、カナダ円が91.99、スイス円が100.83レベルまで、ショート・カバー気味に上昇した。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

91.70台まで急騰。
ユーロ円は124.60まで上振れしております。

オセアニアタイムで仕掛けてくる事が多いですね。
日経平均の上昇を先取りしているのでしょうか?

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が91.545、ユーロ円が124.32、ポンド円が145.18、オージー円が95.47、NZD円が76.91、カナダ円が91.75、スイス円が100.58まで上昇。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (日) 12月失業率 (前回4.1% 予想4.1%)
08:30 (日) 12月有効求人倍率 (前回0.80 予想0.81)
08:50 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁講演
09:30 (豪) 第4四半期生産者物価指数 [前年比] (前回+1.1%)
10:00 (中) 1月製造業PMI (前回50.6 予想51.0)
10:45 (中) 1月HSBC製造業PMI・改定値 (前回51.9 予想52.0)
17:55 (独) 1月製造業PMI・確報値 (前回48.8 予想48.8)
18:00 (ユーロ圏) 1月製造業PMI・確報値 (前回47.5 予想47.5)
17:30 (スイス) 1月PMI製造業 (前回49.5)
18:30 (英) 1月PMI製造業 (前回51.4 予想51.0)
19:00 (日) 黒田ADB総裁会見
19:00 (ユーロ圏) 12月失業率 (前回11.8% 予想11.9%)
22:30 (米) 1月非農業部門雇用者数 (前回+15.5万人 予想+15.5万人)
22:30 (米) 1月民間部門雇用者数(前回+16.8万人 予想+16.2万人)
22:30 (米) 1月失業率 (前回7.8% 予想7.8%)
23:55 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回71.3 予想71.3)
24:00 (米) 1月ISM製造業景況指数 (前回50.7 予想50.5)
24:00 (米) 12月建設支出 [前月比] (前回-0.3% 予想+0.5%)
02:00 (ユーロ圏) 伊1月財政収支(前回+141億ユーロ)

2/03(日)
イタリア・ラツィオ州議会選挙
米NFLスーパーボウル
10:00 (中) 1月非製造業PMI (前回56.1)

クロス円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ユーロ円も、オージー円も日足のポイントの上に位置して
上昇リスクで、本日の上昇は自然な動きといえる。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの90.80前後は強い状態で、
目先上向きになり順調に上昇。

目先は買いすぎのゾーンに入ってきた。
基調はまだ弱気のままで上値は重い状態。

ソフトバンク

テーマ: ニュース

YEN蔵

報道によると為替ヘッジはすべて終了
コストは82.20
78円付近で買収発表があったんで、そこから買ったんだろう

ユーロ円 一時124円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円は91.30台まで上伸。
クロス円主導で円売りが拡大している感じ。

ダウは現在30ドル安の水準まで軟化。米10年債利回りも
特に目立った動きはありませんが・・・
意表を付いた動きですね。

ユーロ円は124.15まで上昇後は124円を割り込む動きと
なっております。

現在のレート
 ユーロ円:123.97

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が123.19から124.84まで上昇、ポンド円が144.26、オージー円が95.16、NZD円が786.60、カナダ円は、強いカナダGDPを受けて91.20まで上昇、スイス円は99.62から100.08まで値を上げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

Y午前の取引は、円売りが優勢もドルは揉合い。
 ドル円は90.92から91.24まで上昇、ユーロドルは1.3542から1.3585での推移、ポンドドルが1.5775まで値を下げ、ドルスイスは0.9121が上値を抑える形。 
 また強いカナダGDPを受けて、ドルカナダが0.9995まで値を下げた。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2013年2月   >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:2013年02月