ディーラーズ・バトル24:2013年01月

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

シカゴ購買部協会景気指数
 結果:55.6
 予想:50.5

発表後ダウは上伸し、為替相場は円とドルが一段安の展開。
ドル円は91.20台まで上値を拡大。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

抵抗の90が堅い事を確認後、目先は上向きで少し堅さが見える。

ダウはやっぱり堅調か・・・

テーマ: 概況

コロフ

欧州株は上値の重い展開となっていますが、ダウは相変わらず堅調な推移となっています。決算や経済指標が下支えしての動きとなっています。とりあえず14000ドルを目指す動きとなっている可能性は高そうです。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は1時間の雲に沿って上昇。
1時間足ですら、雲の中に入れないので、ここからは上昇の可能性。
4時間や日足は三役好転しており、このあと1時間が三役好転すれば、
上昇に向かう可能性が高くなるが、まだ二役も揃ってないので、様子見。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

07までいったが、下向きの配置のまま反落。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:36.8万件
 予想:35.1万件

個人所得
 結果:+2.6%
 予想:+0.8%

個人支出
 結果:+0.2%
 予想:+0.3%

発表後、マーケットは小幅にドル売りで反応。
しかし値動きは限定的。

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

91円を挟んで膠着しております。
上か下かは明日の雇用統計の結果次第なんでしょうか?
チャートを見る限りにおいては、下落リスクが高そうに見える
のですけどねぇ・・・
チャート自体が機能不全を起こしている嫌いがあり、どちらに
振れるのか皆目見当が付きません。

ただ、株価にある程度の相関が見られる事を踏まえると、
欧米株式はここまでの行け行けモードが一服し、
やや上値が重くなっている事から、何らかのきっかけで
比較的大きな調整が入る可能性が考えられますので、
ドル円の上値を重くする要因として意識しておいた方が
良いかもしれません。

まずは、この後の新規失業保険に注目ですね。
また、ロンドンフィックス時の月末のフローにも注意したいところです。


現在のレート
 ドル円:91.00

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先の抵抗の95は超えて強い。
配置はまだ下向き。

ユーロポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロポンドが下げているが、本日は月末。
このためいつもの月末フローの動きかもしれない。
ショートで追いかけ過ぎると危ないかも。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.27%
フランスCAC40 -0.63%
英FT -0.34%
イタリアFTSEMIB -0.97%
スペインIBEX -1.58%
ギリシャGD.AT -1.12%

ドル円オプション

テーマ: 独り言

YEN蔵

91.50のバリアーも噂されているが、
91.00、91.50、90.50.90のオプションエクスパイアリー(期日)が到来
そうなるとニューヨークカットまでは91を挟んだ展開かな

ただ明日は雇用統計なんで、雇用統計を含んだオプションもあるんじゃないかと
予想しているのだが

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をバンドウォークしていましたが、バンド幅の拡大自体が緩やかであったことを受けて、それ程大きな下落とはならず、目先は持ち直しの動きを見せています。ただ、バンドの中心線で抑えられており、上値の重さが意識されています。バンドの上限が横ばいとなっており、下限の下落も緩やかになっていることから、ここから方向感は見出しにくい状況となるでしょう。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏での動きとなっています。底打ち気配もあったのですが、現状は横ばいでの動きとなっています。また、中期線は下落基調で、下値余地も残っていることを考えると、状況としては上値の重さが意識されるでしょう。短期線の動き次第ではありますが、バンドの下限と中心線を意識してのレンジ圏での動きとなっていくのではないかと見ています。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

91.00付近で下に切れた形。
現状は基調目先ともに下向きで弱い配置。

東京概況

テーマ:

だいまん

31日の東京市場は、軟調な株価を受けて円の買い戻しが優勢。 ドル円は国内輸出企業の売りが散見されたこともあり、91.15から90.75まで下落、ユーロドルは1.3584から1.3547まで下落した。 クロス円ではユーロ円が123.72から122.99、ポンド円が123.72から122.99、オージー円はS&Pが、「豪州は減速リスクに対してぜい弱」との見解を示したことを嫌気して95.01から94.25まで値を下げ、NZD円が76.21から75.73、カナダ円が91.01から90.45、スイス円が100.10から99.65まで値を下げた。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられる動きとなっています。バンドの上下限・中心線が下落している状況で、それ程大きな動きにはなりにくい状況ながら、上値の重さが意識されている展開となっています。ただ、バンドの下限も下落の勢いが落ちてきているので、再度バンドの下限を目指す動きとなっても下値を更新するかどうか、といったレベルで支えられる可能性も高いでしょう。

RCIで見ると、短期線が上昇基調で高値圏に入りそうな状況です。一方、中期線は下値圏での横ばいとなっており、短期線が天井打ちということになれば一気に下値追い、といった流れになるでしょう。ここから中期線が底打ち気配ということになれば、一時的な調整が入っても底堅い動きとなって逝くでしょう。可能性としてはそちらのほうが高いように思われます。流れとしては一時的な下落でバンドの下限、そこで支えられて再度持ち直し、といった動きになるのではないでしょうか。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3500-1.3630)
戦略としては、1.3550-60と1.3570-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合、上値は1.3585-90超えが倍返しも、ターゲットは1.36、1.3620-30などの動向次第で利食い優先。 売りのストップは1.3650超えとなる。 一方下値は順張りまたは1.3530-40割れがストップ&倍返しも1.3515-25、1.3505-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.3490-00と買い下がって、ストップは1.3475-85割れで、積極的なら倍返しも1.3450-65での買い戻しで、買いはこの位置から1.3440-45、1.3425-30と買い下がって、ストップは1.3415-20割れや、1.3405-15割れでの倍返しとなる。 このターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3570 予想時間 14:25)

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州序盤はユーロが下げている。
これまでのユーロクロス上昇の主役だったユーロポンドが下げており、
他のユーロクロスも少し下げる動き。
しかし大きな流れはユーロ買いで、
EURGBPも1/29の0.8527は下抜けないと考えている。

豪ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドル円1時間の一目均衡表は三役逆転し下落。
現在少し上昇しているが、94.70付近に雲の下限があり、
ここを上抜けて雲に入っていかなければ再び下げる可能性。
ここ数時間の動きに注目している。

シンクロ

テーマ:

シーマスター

ドル円91円と日経平均1万1000円はシンクロしている状態。
ここは注意深く動向は見て行きたいと考えています。

東京株式市場では、前引け後に四半期発表商船三井並びに造船株に注目しています。

豪ドル S&Pネタ

テーマ: ニュース

YEN蔵

S&Pが豪州は減速リスクに脆弱という見方で豪ドルは下落
確かに豪ドルはリスクオン、オフの流に左右されやすい通貨だが

1.0425付近から1.0385~9付近まで下落
28日の安値1.0380~85に接近しているが、ここを抜けると
1.0335~40付近まで下落のリスクも

豪ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円の下げる動きと、豪ドルの下落で、豪ドル円が大きく下げそう。
ドル円は1時間足では下げ止まりのようにも見えるが、まだ下がありそう。
豪ドルが売られる動きでAUDUSD、AUDJPYが下落。
このため、AUDJPYが一番下げやすくなっている。

ForexRaido

テーマ: モノローグ

だいまん

今日のラジオは、ゲストはキャプテン大倉。 「為替で大儲け」での放送枠で、午後6時半スタートです。 

今回からU-Steamの入室には、PWが必要です。 HPからご参照ください

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月31日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月31日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↑
CADJPY ↓
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

東京株式市場 前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -67.1 11046.24 -0.61%
TOPIX -0.9  933.77 -0.1%
JASDAQ +1.27 1573.63 +0.08%
マザーズ  -6.15  528.19 -1.15%

銀行や証券が堅調な中 昨日高値を付けた反動、米国株の下落の影響など
鉱工業生産の下振れも重しに

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はここから少し下げる可能性があり、
90円ぐらいまでの調整となる可能性も考慮している。
ただそうした調整を意識しつつも下がらないのが今のドル円なので、
まずは昨日安値を下抜けできるかに注目している。
短期的にはドル円・クロス円は押し目になると思っている。

今日の東京は

テーマ: モノローグ

だいまん

月末だし、仲値までやったら、後は動きでなさそうだ。。

仲値

テーマ: モノローグ

だいまん

月末で、SBの買いの思惑があるようだが。。。出るのか? 思惑だけなら注意。 

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ストップ 1.3650
売り 1.3620-30
ストップ 1.3595-00
レンジ 1.3580-90
中心 1.3565
レンジ 1.3550-60
倍返し 1.3530-40
買い 1.3515-25
買い 1.3505-10
買い 1.3490-00
倍返し 1.3475-85
買い 1.3450-65
買い 1.3440-45
買い 1.3425-30
ストップ 1.3415-20
倍返し 1.3405-15
(予想時レート:1.3565 予想時間 06:50)

Asian Time

テーマ: 戦略

だいまん

ストップ92.45-55
売り 92.10-20-30
ストップ 92.00
売り 91.75-85
ストップ 90.40-50
レンジ 91.25-30
中心 91.05
レンジ 90.95-00
倍返し 90.80-90
買い 90.70-80
買い 90.60-70
倍返し 90.45-50
買い戻し90.20-35
割れると順張り
買い 90.05-15
買い 89.90-00
ストップ 89.80-90
倍返し 89.70-75
買い 89.60-65
買い 89.45-55
ストップ 89.20-25
(予想時レート:91.05 予想時間 06:40)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 12月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回-1.4% 予想+4.9%)
08:50 (日) 12月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-5.5% 予想-5.6%)
09:01 (英) 1月GFK消費者信頼感調査 (前回-29 予想-29)
09:30 (豪) 第4四半期輸入物価指数 [前期比] (前回-2.4%)
10:40 (日) 山口日銀副総裁「長崎県金融経済懇談会における挨拶」
13:00 (独) ドイツ銀行・10-12月期決算発表
16:00 (英) 1月ネーションワイド住宅価格(前回-0.1%)
16:45 (仏) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.9%)
17:30 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
17:30 (香港) 12月月次政府財政収支 (前回+248億HKD)
17:30 (香港) 12月小売売上高-価格 [前年比] (前回+9.5%)
17:55 (独) 1月失業者数 (前回+0.3万人 予想+0.8万人)
17:55 (独) 1月失業率 (前回6.9% 予想6.9%)
18:30 (南ア) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+5.2%)
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.3%)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況
21:00 (南ア) 12月貿易収支 (前回-79億ZAR)
21:30 (米) 1月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回-22.1%)
22:00 (独) 1月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回+0.9% 予想-0.6%)
22:00 (独) 1月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.1% 予想+1.9%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.0万件 予想35.5万件)
22:30 (加) 11月GDP [前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月個人所得 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.8%)
22:30 (米) 12月個人支出 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
22:30 (米) 12月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.4% 予想+1.4%)
22:30 (米) 12月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (米) 12月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.5% 予想+1.5%)
23:45 (米) 1月シカゴ購買部協会景気指数 (前回51.6 予想51.0)
コンスタンシオECB副総裁、リーカネン・フィンランド中銀総裁、バルニエ欧州委員講演
日2年国債入札(2兆7000億円)

米FOMCでは

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル売りも限定的。事前に織り込んだ感じ。 NZ中銀は事前にポジション調整が出ていたこともあり、タカ派気味もあって、買い戻しとなった。

FOMC声明後

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは反落。米10年債利回りも低下。
為替相場は円売り・ドル売り反応し、ユーロドルは1.3880台まで
上昇し本日高値を示現。ドル円は一時91円を割り込む局面も
ありましたが、方向感無く91円前半にて揉み合いの展開。

主要通貨は上下に振れながらも、結局は元の鞘に納まる値動きと
なりました。

現在のレート
 ドル円:91.09

FOMCを受けて

テーマ: 概況

コロフ

FOMC:政策金利を0-0.25%に維持。

FOMCの発表を受けて、ユーロ/ドル、ドル/円などが若干上昇する場面も合ったが、現状は押し戻されている。株価はやや上値の重い展開へ。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きに、基調もまだ下落バイアスのままで重い。

FOMC待ちか

テーマ: 概況

コロフ

そろそろFOMC待ちと言った状況になってきているようです。ダウは前日比ほぼ変わらず前ごの水準での推移となっています。ドル円は91円が下値で支えられていますが、上値を追う動きにもなっていません。ここから思惑的な動きがあるかどうか、といったところですが、まだ多少時間があるので、様子見ムードかな、と思っています。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

は日足も上昇にはいい形で、
順調に強い配置から上値を伸ばしている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先のサポートは90.80前後。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも弱気で下落中。
ポイントは0.82ロー。

ドル買い気味

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.3575まで高値を更新。 恐らく米FOMCを睨んだ動き。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円・クロス円はここから少し下げる動きとなりそう。
大きな流れは依然円売りと考えるが、
ドル円・クロス円の買いは少し押し目が入ってからにしたい。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気、
目先はかいすぎの調整を入れながら、こちらも上向きを保って
底堅い配置。

だが買いの力強さもあまり感じられない。

午前概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は91.40から90.86レベルまで下落、ユーロドルは1.3563から1.3533へ値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が123.86から123.02レベル、ポンド円が144.18から143.30、オージー円が95.45から94.70、NZD円が76.28から75.60、カナダ円が91.20から90.51、スイス円が99.87から99.25まで下落した。

GDPは悪いのか?

テーマ: 経済指標

YEN蔵

4Qは-0.1%でドル円は急落ですが3Q 確報の+3.1%の反動?
個人消費支出が+2.2%(3Q+1.6%)
耐久財受注+13.9%!!! (3Q+8.9%)
民間設備投資 +8.4%  (3Q-1.8%)
政府兆調達  -6.6% (3Q+3.9%)

これは個人も、企業もいい数字なのに政府が-で足引っ張った?
財政の崖のせいでしょうか?
ならば一時的要因?
詳しい数字わからんので、わかる範囲で直観的感想です

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

0-12月期の米国内総生産(GDP)速報値は実質で前期比年率0.1%減となり、市場予想平均の1.1%増に反して減少した

ドル円オプション

テーマ: 独り言

YEN蔵

米国指標で上下に振れてるが、
これ91~91.50にかけてバニラオプション持ってれば、その分売って
91円割れ買い戻して、上がってきたらまた売ってと、絶好のマーケットに
なっているような気がする

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

GDP速報値(4Q)
 結果:-0.1%
 予想:+1.1%

個人消費
 結果:+2.2%
 予想:+2.1%

発表後、ドルが急落。
ドル円は91円を割り込み、90.80台まで下落。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP雇用統計
 結果:+19.2万人
 予想:+16.5万人

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ダウ先物・米10年債利回りも上振れで反応したものの、
直ぐに反落する展開となり、ドル買いは限定的となっております。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円91.41、ユーロドルが1.3560まで上昇。

クロス円では、ユーロ円は123.83、ポンド円が144.05、オージー円が95.45、NZD円が76.28、カナダ円が91.20、スイス円が99.62まで上昇した。

ユーロ円の上値

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ円は123.88の目標値に接近。
ここは利確もありそうで、ここからの上値追いは気を付けたい。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは欧州時間に入り、急上昇して1.35ドルをつけ、そこから調整が入ったものの、再度上昇する展開となっています。バンドの上限を意識しての動きとなっており、日中高値を超えての推移となっています。バンド幅は再度拡大傾向に入っており、強気相場が継続する状況となっています。バンドブレイクしているだけに、さらに上値を追う可能性も高まっています。

RCIで見ると、短期線は上昇基調を維持しての動きで、高値圏での動きとなっています。これが天井打ちするまでは買い優勢といった展開となっています。一方、中期線も下落基調から持ち直しての動きとなっており、短期線が天井打ちし、一時的に調整の動きが入ったとしても、中長期的胃は買い優勢と言った状況になる可能性が高まっています。押し目買いが出来れば一番良さそうですが、バンドウォークの可能性も高い状況です。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を位置しての動きとなっています。バンド幅は拡大基調にありましたが、ここに来てバンドの下限が上昇となっています。このままバンド幅の拡大が見られないようであれば、一時的には調整の動きが入り屋少なっテクるでしょう。そうなった場合はバンドの中心線が調整のめどとなってくるでしょう。現状は90.95円前後ですが、中心線も上昇しているので、91円前後がポイントになってきそうです。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。上値余地はありませんが、このまま高値圏での横ばいとなるのか、天井打ちとなるのかで流れが大きく変わってくるので、その点は注意が必要です。中期線は高値圏での横ばいを継続しており、中長期的にはまだ買い優勢と言った状況です。一時的な調整が入っても、底堅い動きとなる可能性は高いでしょう。

ユーロ円

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ円はユーロ買いで上昇。
2011年4月11日の高値123.319に接近。
ここを上抜けると2011年の最高値も上抜ける。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

30に大口のオファーの話だけど、やるんかいね。。。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

噂されていた1.3500のオプションバリアーを粉砕
このレベルは2012年2月の高値1.3485~95レベル
2011年5月の高値1.4940~2012年7月の安値1.2040の50%戻し
61.8%戻しは1.3830~40付近

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 247.23 11113.95 +2.28%
TOPIX  13.91   934.67 +1.51%
JASDAQ 8.39 1572.36 +0.54%
マザーズ -6.58   534.34 -1.22%

終値ベースで2010年4月30依頼の終値での11000円越え
一方マザーズ指数は続落、昨日に続きバイオ関連株の下落が目立つ

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロクロスが上昇する可能性があるので、
EURAUDの上昇でAUDUSDは下落の可能性。
ただAUDJPYは円も売られ、豪ドルも売られるので、動きにくい。
EURAUDの上昇とAUDUSDの下落に注目している。

ドル売り・円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜にADPとFOMC、金曜に雇用統計を控え動きにくいが、
現状のチャートからはドル売り、円売りに向かう可能性が高い。
特にユーロが買われやすく、ユーロクロスの上昇も注目。
まずはこのあとの欧州勢の動き出しを確かめたい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 30日の東京市場は、日経平均株価が、200円超えの堅調な上昇となったことで、円売りが進んだ。 ドル円は、シカゴ筋の買いで90.66から91.03まで一時上昇、ただ91円には月末満期のバニラ・オプションの設定が多く、91円台では売りに押された。 ユーロドルは、1.35のオプションの防戦に対する警戒感から1.3485から1.3496での動意に薄い展開が続いた。 
 クロス円ではユーロ円が122.29から122.83、ポンド円が142.89から143.44、オージー円が94.88から95.34、NZD円が75.96から76.77、カナダ円が90.53から90.89、スイス円が98.37から98.71まで一時上昇した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=94.00-95.50)
戦略としては、95.10-20と95.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも95.50を前後、95.70-80と上げ渋りでは利食い優先から、売りは96円超えをストップまたは、96.40-45をバックに売り上がりでの対応となる。 一方下値は95.00-10割れがストップで、倍返ししても94.85-95、94.75-85と利食いで、買いは94.65-70をストップとするか、94.55-60、94.45-50と買い下がって、94.35-40がストップで、94.10-20割れが倍返し。 ターゲットは94.00-05、93.85-90と買い戻し&買い直して、ストップは93.75-80割れ。 93.50-60、93.25-35での買いのストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。 ターゲットは92.45-55での買い戻し。買いは維持を見て対応となるが、買ってもストップは92.30-35割れで、92.10-20、91.95-00と買い直しのストップは91.75-80割れとするか、思い切るなら91.60-70、91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップで、積極的なら倍返し。(予想時レート: 95.15 予想時間 14:25)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=90.60-91.20)
戦略としては、90.80-90と91.00-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップを91.05-10や91.10-20超えとするか、売り上がって見て、ストップは91.25-30超えでの倍返し。 ターゲットは91.45-50の動向次第で、慎重に売ってみる形。 ストップはタイトで、91.75-85の売り直しは、92円超えをストップとして、92.10-20-30の売りは92.45-55をストップに対応。 一方下値は90.80-90割れで順張りとなるが、90.70-80、90.60-70と買い下がって、ストップは90.45-50割れで、倍返しもターゲットは90.20-35の動向次第。割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは90.05-15、89.90-00と買い戻し&買い直しで、ストップを89.80-90割れとするか、買い下がって、89.70-75割れで、倍返しもターゲットは89.60-65、89.45-55での買い戻しで、この位置の買いは89.20-25割れがストップ、89.05-10、88.95-00と買いなおして、ストップは88.80-85割れで、88.50-60での買い直しのストップは、88.35-45割れ、88.15-25と買い下がって、ストップは88.05-10割れで、87.95-00での買い直しのストップは87.70-85割れでの倍返し。(予想時レート:90.90 予想時間 13:55)

日経平均は強いが

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は上げ渋り。 ユーロドルの1.35が案外近くて遠いのが要因。

またドル円が91円台にしっかりと乗せられなかったことで、一部に嫌がる向きもある模様。

やっぱりロンドンが来ないと、何も始まらない。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日90.30付近まで下げたが、一旦は下げ止まり。
しかし調整されるなら1/23の安値と1/28の高値の38.2%である
90円ぐらいまでの下落がありそう。
本日はADPとFOMCがあり、ここでのドルの動向に注目している。
直近は方向感なく手を出しにくい。

自分も喋ってなかったけ?

テーマ: モノローグ

だいまん

甘利明経済再生担当相
「内閣府の西村副大臣は円の具体的な水準について話すべきではない」
「通貨は財務大臣の責任である」

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月30日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月30日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価が、126円高。 円売りが進んでいる。ドル円は91.02、ユーロ円が122.76、ポンド円が143.39、オージー円が95.28まで上昇。 

ともかく、振り落とされないようにしたい。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価が、126円高。 円売りが進んでいる。ドル円は91円タッチ、ユーロ円が122.76、ポンド円が143.39、オージー円が95.28まで上昇。 

ともかく、振り落とされないようにしたい。

ユーロドルの

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3500はきっかけの問題だけのような気がするが、材料が今のところなさそう。

そうなるとADPや米GDP待ち? またはFOMCか?

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、アジアの円買いからは、堅調なNY株価を受けて、巻き戻しの動きが優勢となった。 一時「ソフトバンクと米携帯電話3位のスプリント・ネクステル合併買収に関し、米司法省が米連邦通信委員会(FCC)に措置延期を要請した」との報道を受けて、上げ渋る局面はあったが、その後クロス円などは戻り高値を更新した。 
 ドル円が90.33の安値から90.82まで反発、 ユーロドルは、1.3415へ下落後、ECBのフィキシングに向けた買いなどから1.3498まで反発したが、1.35のオプションの防戦に阻まれた。またポンドドルが1.5773へ上昇、ドルスイスが0.9193まで値を下げ、全般的にドル売りが優勢となった。
 クロス円では、ユーロ円が121.22から122.56まで値を回復し、ポンド円が142.05から143.12、オージー円が94.39から95.03、NZD円が75.58から76.16、カナダ円が89.77から90.61、スイス円が97.77から98.65まで一時上昇した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:00 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長・オルバン・ハンガリー首相会談
17:00 (ユーロ圏) スペイン10-12月期GDP・速報値[前期比](前回-0.3%)
17:00 (ユーロ圏) スペイン10-12月期GDP・速報値[前年比](前回-1.6%)
17:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁、フェクター・オーストリー財務相講演
17:00 (スイス) 1月KOF先行指数 (前回1.28 予想1.20)
18:30 (英) 12月消費者信用残高 (前回+1億GBP 予想+3億GBP)
18:30 (英) 12月マネーサプライM4 [前年比] (前回-2.8%)
19:00 (ユーロ圏) 1月消費者信頼感・確報 (前回-23.9 予想-23.9)
19:00 (ユーロ圏) 伊中長期債入札(5年・10年債)
19:30 (独) 30年債入札(20億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+7.0%)
22:15 (米) 1月ADP全国雇用者数 (前回+21.5万人 予想+16.3万人)
22:30 (米) 第4四半期GDP・速報値 [前期比年率] (前回+3.1% 予想+1.2%)
22:30 (米) 第4四半期個人消費・速報値 [前期比] (前回+1.6% 予想+1.8%)
22:30 (米) 第4四半期GDPデフレーター・速報値[前期比年率](前回+2.7% 予想+1.5%)
22:30 (米) 第4四半期コアPCEデフレーター・速報値[前期比年率](前回+1.1% 予想+1.0%)
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+281.3万バレル)
03:00 (独) ワイトマン独連銀総裁講演
04:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相講演
04:15 (米) FOMC政策金利発表
05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート
欧州中央銀行「第1回LTROの前倒し返済開始」
米7年債入札(290億ドル)

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.35を食べに行きそうだけど。。。。しぶとい。

ダウ70ドル高

テーマ: 株式市場

ウルフ

ダウは午後に入ってもじり高推移となっており、
現在13,955 +73の水準にて推移。

ダウの上昇に合わせユーロドルは再び1.35の大台を窺う展開。
ドル円は90.60-70にて小動きとなっております。

ユーロドルはNY引け後の薄商いで1.35を突破してくる可能性も
ありそう。

ソフトバンク

テーマ: モノローグ

だいまん

ソフトバンクと米スプリント・ネクステル合併買収に関して、米司法省が米連邦通信委員会(FCC)に措置延期を要請した」との報道。


忘れてたけど、これって海外では影響はまだ軽微だけど、東京で引きづられそうな話題。

米司法省

テーマ: 概況

コロフ

米司法省がソフトバンクとスプリントの合併に対してFCCに措置延期を要請、との報道を受けてか、円高が進行する展開となっています。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が121.22から122.44まで値を回復し、ポンド円が142.05から143.07、オージー円が94.39から94.93、NZD円が75.58から75.99、カナダ円が89.77から90.38、スイス円が97.77から98.65まで上昇した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円買いからは巻き戻しの動きとドル売りが優勢。 

ドル円が90.33の安値から90.77まで反発、 
ユーロドルは、1.3415へ下落後1.3496まで反発。またポンドドルが1.5773へ上昇、ドルスイスが0.9193まで値を下げた。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先かいすぎから調整が入ったが目先は上向きを保ち、
基調も強含み。
きょうのポイントの0.86ミドルにものりつつある。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気の中、1.0440のポイントを保ち、
目先も上向きを保って強い配置。

ダウ、上値追い

テーマ: 概況

コロフ

ダウが上値を追う展開となっています。消費者信頼感が悪かったにもかかわらず、関係なく上昇しているのにはさすがに驚くところですが、14000ドルを目指しての動きということになるのでしょう。今週は重要指標を控えているので、調整が入りやすいかと思っていたのですが、そういった展開にはなりにくい状況です。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

消費者信頼感指数
 結果:58.6
 予想:64.0

発表後、マーケットは小幅にドル売りで反応。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

戻したがまだ基調目先とも下向きで重い配置。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

&P/ケース・シラー住宅価格指数
前月比
 結果:+0.63%
 予想:+0.70%

前年比
 結果:+5.52%
 予想:+5.50%

発表後、マーケットは反応薄。

ユーロ その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロの下落は20時の安値を下抜けない限り終息の可能性。
この22時台か23時台には上昇に変わる可能性がある。
ユーロショートは撤退しないと危なさそう。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

121.22で下ヒゲになりました。。。ここからは反転ですが、121.55-65のそれ以前の安値が焦点。

欧州午前

テーマ: 概況

ウルフ

欧米株は軟調推移。

英FT:6,286 -8.37
独DAX :7,813 -19.37

株価下落に連れ、米10年債利回りも低下基調。
為替相場は円とドルがじり高で推移する展開。

ドル円は90.30台、ユーロ円は121.20台まで反落しております。

明日以降の重要イベントを前にした調整の動きでしょうか?
株価も下値を探る動きとなっていない事から、
NYスタートまではドル円・クロス円の下落は限定的と
なりそうで、突っ込み売りは控えた方が良さそう。

現在のレート
 ドル円:90.35

まだ

テーマ: モノローグ

だいまん

下ヒゲが出てないので注意。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

円買いが進む。

ドル円が90.41、ユーロ円が121.37、ポンド円が141.89、スイス円が97.58まで下落。

イタリア国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

平均落札利回り0.731%で前回0.949%から低下
応札倍率は1.65倍で前回の1.57倍から上昇

ユーロ売り その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロは本日高値を上抜けできず再び下方向。
これまでユーロの上昇を主導したEURGBP、EURAUDなどが下落し、
ユーロは売られる動きが続いている。
大きな流れはユーロ買いなので慎重さが必要だが、ユーロ売りは継続。
対ドルよりクロスでの下げを期待している。

イタリア国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

イタリア6か月物短気証券入札 予定85億ユーロ 
結果 10:05GMT頃

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をバンドウォークしていた相場が、一気に上昇してバンドの上限を意識しての動きとなっています。このまま東京時間の高値を突破することができるのかがポイントになっていきそうです。バンド幅の拡大は目先は見られず、レンジ圏での動きとなる可能性も十分に有りそうです。そうなった場合はバンドの上限である1.3460ドル前後の水準が意識されての下落と言った動きになりそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっており、上昇の勢いはかなり強いものの、上値余地を十分に残しての動きとなっています。中期線も下落基調から急反転しており、流れは買い優勢といった状況です。この流れが維持されるのであれば、バンドの上限をブレイクしてのバンドウォークとなる可能性があり、その点は注意が必要でしょう。後はバンドの下限が下落するのか、横ばいとなるのかで流れが変わってきそうです。ただ、目先はバンドの上限で抑えられる可能性のほうが高いように思われます。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限から上限まで上昇し、91円台を回復したものの、そこからは押し込まれて中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅はほぼ変わらずで、ヨコバイの動きとなっていることを考えると、目先は方向感の見えにくいところですが、取り敢えずは中心線で支えられていることを考えると、再度上限を目指す可能性もありそうで、そうなれば91円台といった動きになるでしょう。

RCIで見ると、短期線は下落基調から底打ちとなっています。これが本格的な上昇となるかどうかがポイントとなりそうです。一方、中期線は上昇基調だったものが腰折れして、ゆるやかに下落する展開となっています。現状は中立水準であり、ここからの方向感が見えにくいところですが、このままゆるやかに下落といった展開となれば、中長期的には売り優勢といった状況となるでしょう。先行きに関しては上値が重くなる可能性を見ておいたほうが良さそうです。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロは少しだけ下げたが大きくは下がらず。
本日高値を上抜けるようなら、大した調整にならなかったことに。
ユーロドル週足の一目均衡表は三役好転しており、
ユーロは大きくは買われる動き。
明日にはLTROの早期返済もあり、メイントレンドはユーロ買いか。

ユーロオージー

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日の1.2955~60を高値にユーロオージーは1.28台前半まで下落した
昨年10月の高値1.2820~30を一昨日上方ブレークしたが、再び以前の
レジ時スタンスレベルに戻ってきた
レジスタンスが抜けてサポートになるセオリーが一応機能して1.2820~30付近が
サポートされている

このレベルがサポートできるかどうか中長期的に重要なレベル


東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

29日の東京市場は、株価の下落スタートを受けて、円の買い戻しが一時強まったが、その後日経平均がプラス圏を回復。 買い戻しが優勢となった。 ただ、日経平均株価の上昇も一過性となってことで、更なる動きとなっていない。 ドル円は90.40まで下落後、90.01まで反発、ユーロドルは1.3443から1.3461での小動きに終始した。 
 クロス円では、ユーロ円が121.54から122.43、ポンド円が141.89から142.88、オージー円が94.20から94.97、NZD円が75.34から76.09、カナダ円が89.86から90.51、スイス円が97.58から98.21まで反発した。 (16:00現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=74.75-76.20)
戦略としては、75.60-80と76.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は75.15-25と売り上がって、ストップは76.30-40超えでの倍返し。 ターゲットは76.50や77円では利食い優先となる。 一方下値は75.30-50、75.20-30と買い下がって、ストップは75.00-05割れや74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。(予想時レート: 75.85 予想時間 14:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=121.00-123.00)
戦略としては、122.00-05と122.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合は、上値は122.40-50超えでの倍返し。 ターゲットは122.60-65、122.75-80では利食い&売り直しも、ストップは122.90-95超えでの倍返し。 ターゲットは123円前後から利食い場を探す形。 売りのストップは123.30-35超えで倍返しも123.50前後、124円手前と利食い優先となる。 売りのストップはパターン的には、124.20-30超えや124.50超えでの設定となる。 一方下値は121.85-90割れをストップ、121.75-80での買い直し、ストップは121.50-60割れでの倍返し。 ターゲットは121.35-40、121.10-15と買い戻し&買い下がって、ストップは120.80-90割れや120.60-70割れでの倍返し。ターゲットは120.35-45、120.25-30と買い戻し&買い下がって、ストップは120.05-10割れ、買い下がっても、ストップは119.90-95割れでの倍返し。ターゲットは119.50-60での買い戻し&買い。このストップは119.40-45や119.20-25割れ、119.00-10の買いのストップは118.80-85割れでの倍返し。ターゲットは118.45-55での買い戻し&買い。 ストップは118.20-25割れ、117.85-95、117.70-80割れで、 117.50-60割れで倍返し。(予想時レート:122.15 予想時間 14:15)

東京株式市場後場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均  +42.41 10866.72 +0.39%
TOPIX +6.98 920.76 +0.76%
JASDAQ -11.26 1563.97  -0.71%
マザーズ  -46.08  540.92  -7.85%

日経平均は伸び悩むが,銀行株が上昇しTOPIXは堅調
昨日まで相場をけん引してきたバイオ関連株の急落で、
新興市場は急落

またぞろ

テーマ: モノローグ

だいまん

上値トライかと思いきや、調整的なドル円、クロス円。。。。
日経平均があげしぶっったこともあるが、若干奇妙な展開。

日経225先物が

テーマ: モノローグ

だいまん

10900円台を回復。円売りに

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん


 東京午前は、株価の下落を受けて、円買いからスタートも、その後日経平均がプラス圏を回復。 買い戻しが優勢となっている。
 ドル円は90.41から90.82へ値を戻し、ユーロドルは1.3443から1.3457での小動きに終始。 
 クロス円では、ユーロ円が121.54から122.19、ポンド円が141.89から142.62、オージー円が94.20から94.89、NZD円が75.34から76.01と大きく値を戻し、カナダ円が89.86から90.32、スイス円が97.58から98.06まで上昇した。

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月29日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月29日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↓


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ユーロ売り

テーマ: 独り言

田向宏行

本日はこれまで買われてきたユーロが、調整されそう。
大きな流れはユーロ買いながらも、直近はユーロが売られる可能性。
このためユーロクロスは下落し、EURAUDも下げて、
豪ドルは買われる動きになりそう。
EURUSDは1.34~1.3350ぐらいの調整を考えている。

株の寄りを

テーマ: モノローグ

だいまん

睨んだ動き。 寄り後は一定の反発も想定されるが、上値は重そうだ。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、ロンドン市場で進んだ円の買い戻しも、米12月耐久財受注額が、市場予想を上回ったことで一時巻き戻しが強まったが、上値では戻り売り意欲に抑えられた。 
 ドル円は90.57から91.10まで一時反発も、再度90.62レベルまで押し戻され、ユーロドルは1.3425から1.3477まで反発した。
 クロス円では、ユーロ円が121.62から122.60まで上昇後121.83へ下落、ポンド円が143.23から142.19まで値を落とし、オージー円が94.10から94.69、NZD円が75.13から75.50、カナダ円が89.68から90.34、スイス円が97.57から98.10の間で上下した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 12月NAB企業景況感(前回-5)
09:30 (豪) 12月NAB企業信頼感(前回-9)
16:00 (独) 2月GFK消費者信頼感調査 (前回5.6 予想5.7)
17:00 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長講演
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(6カ月物・85億ユーロ)
20:00 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀・政策金利発表
23:00 (米) 11月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+4.31% 予想+5.60%)
24:00 (米) 1月消費者信頼感指数 (前回65.1 予想64.0)
03:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
06:45 (NZ) 12月住宅建設許可 [前月比] (前回-5.4%)
米5年債入札(350億ドル)

2年債入札結果

テーマ: 概況

コロフ

米財務省は2年債入札の最高落札利回りが0.288%、応札倍率が3.77倍となったと発表した。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

高値13915ドルを示現後、30ドル安まで下落したが、その後プラス圏を再回復も、動きは鈍い。

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

一旦安値から反発も、上値を抑えれ、現状は揉み合い気味。

ユーロ円が121.62から122.60まで上昇後121.83へ下落、ポンド円が143.23から142.19まで値を落とし、オージー円が94.10から94.69、NZD円が75.13かsら75.50、カナダ円が89.68から90.34、スイス円が97.57から98.10の間で上下した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ロンドン市場で進んだ円の買い戻しも、米12月耐久財受注額が、市場予想を上回ったことで巻き戻しとなったが、上値では戻り売り意欲に抑えられた。 


ドル円は90.57から91.10まで一時反発後90.62レベルまで押し戻され、ユーロドルは1.3425から1.3477まで反発した。

ポンドドルは英国の格下げの噂で1.5677まで下落した。

円の動き その2

テーマ: 独り言

田向宏行

円買いは一旦止まったものの、方向感も弱い。
ドル円・クロス円は本日安値を下抜けるか、
22時台の高値を上抜けるかに注目している。
直近は方向感が弱く、見極めた方が良さそう。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

週半ばに重要イベントを控え、現状は手掛かり薄い状況
となっており、円相場は比較的株価や金利動向に敏感に反応
する地合となっております。
現在ダウ先物、米債利回りは耐久財受注の好結果を受け上昇となって
おり、ドル円・クロス円をサポートする展開。

さて、まもなくNY市場がスタートとなり、ここから先も株価動向を睨んでの
動きとなりそう。

その米株式ですが、現状6連騰中!
流石に一旦調整が入っても良さそうで、ドル円・クロス円は積極的に上値を
追うのは目先リスクがありそうです。
勿論、13,900ドルを超えて14,000ドルの大台をトライする展開となれば、
ドル円・クロス円は高値更新を目指す動きとなるかもしれません。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.33ハイのポイントの上では上昇リスクがある。
基調は強きで底堅い状態から、反発。
目先はまだ下向きで重い。

伸び悩み

テーマ: 概況

コロフ

米耐久財受注は良かったものの、全体的に市場は伸び悩む状況となっている。さすがに買われ過ぎ感が強まる局面で、かりにネガティブサプライズには大幅安となって反応する可能性が高まっている。ダウ先物は比較的堅調な動きを継続しているが、これがマイナス圏に転落するような事になれば、調整の勢いが増しかねず、警戒を要する局面となっている。

リスク志向

テーマ: モノローグ

だいまん

12月米耐久財受注額が前月比4.6%増と予想を上回ったことなどで、円売りが再拡大している。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

耐久財受注 
 結果:+4.6%
 予想:+2.0%

耐久財受注【除輸送機器】
 結果:+1.3%
 予想:+0.8%

発表後、マーケットはドル買いで反応。
ドル円は91円台を回復する展開。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きの状態から、
日足ポイント0.83ローをブレークして下落。
シンプルな形。

現状は売りすぎのゾーンにはいっている。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円は今朝のチャートから短期的に円買いとなったが、
大きな流れは依然円安方向なので、円ペアは大きくは下げにくい。
ドル円・クロス円の直近は下げ止まる動きとなっており、ショートは一旦撤収か。
まだ下げる余地があるが、タイミングを見てからの方がよさそう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きで56まで落ちたが、
基調は強きで底堅い状態から反発。
目先はまだ下向き。
ポイント90.29の上ではまだ下げていきにくい。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が90.57、ユーロ円が121.62、ポンド円が142.46まで一時下落。

一旦良い位置へ下げた感じもあり、ここからは揉み合い気味か?

ドル円は90.75-80、ユーロ円は122.10-15の上抜けが焦点だが、越えても未だ売りが優勢となりそうだ。

欧州株式市場

テーマ: 独り言

YEN蔵

ドイツDAX +0.09%
フランスCAC +0.05% 
英FT +0.05%
イタリアFTSEMIB +0.49%
スペインIBEX -0.09%
ギリシャGD.AT +0.64%

全般的堅調

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

あっさり122割れたが121.50~60がサポ-ト

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 28日の東京市場は、堅調な株価を見越した動きなどから、円売り気味のスタートとなったが、その後。安倍首相の所信表明演説に、新味が薄く、日経平均株価が100円超安で終了したことで、円の買い戻しが強まった。
 ドル円は90.26の高値から90.69へ下落、ユーロドルも1.3471から1.3444まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円122.90から121.92、ポンド円が143.98から142.86、オージー円が95.01から94.55、NZD円が76.24から75.82、カナダ円が90.59から89.93、スイス円が98.38から97.66まで下落した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=75.20-76.20)
戦略としては、75.85-95と76.05-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、76.15-25超えがストップで、76.30-40超えでの倍返し。 ターゲットは76.50や77円では利食い優先となる。 一方下値は順張りから74.75-80、74.60-70と買い戻し&買い下がって、ストップは74.55-60割れや74.45-50割れで、倍返しも74.25-30、74.15-20と買い戻し&買い下がって、ストップは74.90-00割れでの倍返し。ターゲットは74.80-85、74.60-70と買い戻し。 買いは74.45-50、74.35-40、74.15-30と買い下がって、ストップは74.00-05割れや73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直してストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。 (予想時レート: 75.90 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3350-1.3500)
戦略としては、1.3450-55と1.3460-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、1.3470-80超えが倍返しも1.3485-90、1.35のサイコロジカルのCapでは利食い優先。超えて1.3520-30での売りのストップは1.3545-50超えや売り上がっても、1.3565-70が倍返しとなる。 一方下値は順張りから1.3440-45、1.3430-35と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3405-15割れで、倍返しもターゲットは1.3380-85、1.3350-60と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3325-45割れまたは、1.3310-20割れで対応。 ただし、倍返しは不透明で、1.3295-00の維持などでは買い戻し&買っても、ストップは1.3285-90割れや1.3265-70割れでの倍返し。ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向を見る形となるが、割れてからの再順張りも検討される。 この場合のターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 (予想時レート:1.3455 予想時間 13:20)

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

短期的には122.55~60付近がレジスタンス
122.00~10付近をブレークすると121.40~50付近に下落とみているが

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -102.34 10824.31 -0.94%
TOPIX -3.31   913.78 -0.36%
JASDAQ +18.10  1575.23 +1.16%
マザーズ +41.95  587   +7.7%

今日も円高、大型株下落、新興市場上昇の流れに
マザーズはバイオ関連が軒並み新値となり上昇をけん引

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10824.31(-102.34)

今日の東京市場は株価が大きく下落しての終了となりました。買われ過ぎ感や、ドル円の上値の重さが意識されての動きとなっています。利益確定の動きが出やすくなっており、寄り付き高値で引けが安値となりました。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は朝方91.26まで上昇も、91.30にまとまって控える売り注文や株価の調整で、90.84まで下落も下げは限定的。
 一部では90.25までビッドが並んでいるとの指摘 これはそれ以前の高値で、逆に割れるとストップが出易い。
 
 麻生太郎副総理兼財務・金融相は、「たかだか10-15円程度戻したのを文句を言ってくるのはおかしい」と言ったらしいが、ドル円が10-15円下げたときはどうだろう。 それもたがだかなのか。。。?
 
 尚日米首脳会談は、2月21-22日で最終調整の模様。 うーん、引き伸ばされているような。。。

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月28日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月28日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドは先週発表の4QのGDPがマイナスとなり売られやすい。
英国の2012年はオリンピック効果で3Qこそプラス1.0だったが
1Q、2Q、4Qはマイナスとなり、リセッション入りの思惑もありそう。
ポンドは対ドル、対ユーロ、対スイスで売られやすいが
ポンド円は円が弱く別の動きになっている。
円が強くなると、ポンド円は大きく下げそう。

円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

週明けの東京市場は円買いの動きに向かいやすくなっている。
ドル円・クロス円は大きな流れが円売りながらも、
短期的には円買いに向かいやすく、
まずは金曜の安値を下抜けるかに注目している。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

金曜日の高値91.20を更新して、91.26まで。

今週は

テーマ: モノローグ

だいまん

米FOMC、米雇用統計と米国の2大イベントが控えて、相場がどう動くか注目。

円に関しては、両指標とも円買いとなりづらいとの見通しが主流。 

米FOMCは、金融緩和解除の時期が前倒しにされるとの思惑。

米雇用統計は、強いとの見方だろうが、なんか、そうなると逆の展開を考ええてしまう。
まあ、今後の織り込み度合いを見てからだが。。。。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 06:25
EURUSD 1.3454-62
USDJPY 91.03-06
GBPUSD 1.5761-70
USDCHF 0.9270-80
AUDUSD 1.0409-22
NZDUSD 0.8350-61
EURJPY 122.50-60
GBPJPY 143.48-58
AUDJPY 94.78-90
NZDJPY 76.03-15
CADJPY 90.42-56
CHFJPY 98.11-22
EURGBP 0.8534-41
EURCHF 1.2477-88
ZARJPY 10.12-23

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(オークランド記念日)、 シドニー市場休場(オーストラリアデー)
16:00 (独) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想-0.1%)
17:45 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
18:00 (ユーロ圏) 12月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.8% 予想+3.9%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中期債入札(67.5億ユーロ)
23:30 (ユーロ圏) ドスサントス・ポルトガル財務相講演
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比] (前回+0.7%(+0.8%) 予想+1.9%)
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.6% 予想+0.9%)
24:00 (米) 12月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+1.7% 予想+0.4%)
03:00 (ユーロ圏) ファンアケレ財務相、クレイトン・アイルランド欧州問題担当相講演
06:45 (NZ) 12月貿易収支 (前回-7.00億NZD 予想-1.05億NZD)
通常国会召集「安倍首相が所信表明演説」
IMF「銀行改革に関してスペイン訪問」、金融安定理事会(FSB)総会
米2年債入札(350億ドル)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 04:31
EURUSD 1.3443-55
USDJPY 90.98-03
GBPUSD 1.5763-72
USDCHF 0.9270-91
AUDUSD 1.0411-23
NZDUSD 0.8354-66
EURJPY 122.32-47
GBPJPY 143.42-58
AUDJPY 94.71-85
NZDJPY 76.00-15
CADJPY 90.34-51
CHFJPY 97.96-15
EURGBP 0.8525-37
EURCHF 1.2474-90
ZARJPY 10.11-23

週末のニュース

テーマ: モノローグ

だいまん

 ダボス会議で、中国の政府系ファンド(SWF)、中国投資有限責任公司(CIC)やフランスのモスコビシ経済・財務相、ドイツ銀行の共同最高経営責任者(CEO)などが、米国の緩和的な金融政策に対する懸念が示された。 米国の量的緩和策から、ユーロが過大評価され始めているとしている。

 イタリア第3位の銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナで、過去のデリバティブ取引に絡む損失が発覚、最大7億2000万ユーロの損失を計上する可能性が明らかになった。  同国中央銀行の監督体制を疑問視する声が高まるとともに、来月のイタリアの総選挙にも影響する可能性が指摘されている。


ただ、こういった結果を受けても、今の所ユーロ売りは強まっていない。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 03:31
EURUSD 1.3445-72
USDJPY 90.93-07
GBPUSD 1.57781-93
USDCHF 0.9250-79
AUDUSD 1.0415-28
NZDUSD 0.8357-76
EURJPY 122.29-68
GBPJPY 143.55-79
AUDJPY 94.74-94
NZDJPY 76.00-27
CADJPY 90.32-55
CHFJPY 97.98-39
EURGBP 0.8516-33
EURCHF 1.2455-80
ZARJPY 10.11-23

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(オークランド記念日)、 シドニー市場休場(オーストラリアデー)
16:00 (独) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想-0.1%)
17:45 (ユーロ圏) コスタ・ポルトガル中銀総裁講演
18:00 (ユーロ圏) 12月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.8% 予想+3.9%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中期債入札(67.5億ユーロ)
23:30 (ユーロ圏) ドスサントス・ポルトガル財務相講演
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比] (前回+0.7%(+0.8%) 予想+1.9%)
22:30 (米) 12月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.6% 予想+0.9%)
24:00 (米) 12月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+1.7% 予想+0.4%)
03:00 (ユーロ圏) ファンアケレ財務相、クレイトン・アイルランド欧州問題担当相講演
06:45 (NZ) 12月貿易収支 (前回-7.00億NZD 予想-1.05億NZD)
通常国会召集「安倍首相が所信表明演説」
IMF「銀行改革に関してスペイン訪問」、金融安定理事会(FSB)総会
米2年債入札(350億ドル)

まだ定まらないが

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 03:05
EURUSD 1.3444-73
USDJPY 90.95-02
GBPUSD 1.5790-20
USDCHF 0.9250-79
AUDUSD 1.0405-34
NZDUSD 0.8357-87
EURJPY 122.38-73
GBPJPY 143.59-97
AUDJPY 94.73-98
NZDJPY 76.04-37
CADJPY 90.35-55
CHFJPY 98.05-47
EURGBP 0.8504-31
EURCHF 1.2455-80
ZARJPY 10.08-23

ドル円は若干ビッド気味。

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月28日 03:00
EURUSD 1.3444-73
USDJPY 91.00-10
GBPUSD 1.5790-20
USDCHF 0.9264-73

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

  NY午前の取引は、一時の円売りも、米12月新築住宅販売件数が、市場予想を下回ったことやNYダウが一時59ドル高まで上昇後、伸び悩みを見せていることで、利食いが優勢となった。
 ドル円は、91.20、ユーロドルは、欧州系金融機関がLTROを早期償還することでバランス・シートの改善が見込まれることなどから懸念だった1.3400を上抜け、1.3480レベルまで上昇した。
 一方クロス円では、ユーロ円が122.76、ポンド円が144.24、オージー円が95.08、NZD円が76.37、スイス円が98.65まで一時値を上げたが、その後は利食いに押された。 またカナダ円は、カナダ12月消費者物価指数が市場予想平均を下回ったことで、90.64の高値から89.92まで一時値を下げた。

今週もお疲れ様でした。

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウは13900ドルへ迫る上昇で終了。

為替もリスク・オン状態が続いています。 この動きは既に疑う余地はないのかも知れません。

では、来週もよろしく。

ドル円

テーマ: 概況

コロフ

ドル円がじりじりと抑えられて、91円を割り込んできている。日足では91円上の水準がバンドの上限であり、バンドブレイクからバンドウォークといった動きにはなりにくい格好となっており、一時的には調整が入りやすい状況となっています。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

買いすぎのゾーンに入って反落。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

反落し、目先は弱含みに。
日足も重い状態。

ダウは堅調

テーマ: 概況

コロフ

ダウは堅調な地合いを継続している。新築住宅販売件数が予想よりも悪かったが、下値は堅い状況となっている。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が122.76、ポンド円が144.24、オージー円が95.08、NZD円が76.37、スイス円が98.65まで一時値を上げたが、その後は利食いに押されている。

またカナダ円は、カンダ12月消費者物価指数が市場予想平均を下回ったことで、90.64から89.92まで下落した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円売りも、米12月新築住宅販売件数が、市場予想を下回ったことやNYダウが一時59ドル高まで上昇後、伸び悩みを見せていること、週末のポジション調整もあり、利食いが優勢となった。

ドル円は、91.20、ユーロドルは1.3475まで上昇した。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新築住宅販売件数
 結果:36.9万件
 予想:38.5万件

発表後、ダウは反落。為替相場は円買い・ドル買いで反応。

ドル円

テーマ: モノローグ

千秋先輩

91円まで伸ばしてきた。
まだ買い切ってない印象。

ダブルノータッチオプション?

テーマ: 概況

コロフ

DNPは何だったのか、といった感じの局面ですが、特にオプションに関しては実体はよくわからないのものであり、特段驚くものでもないでしょう。日足では91円上の水準が一応の抵抗帯となりそうですが、月足では調整が入っても95円程度はありそうなので、その点は注意が必要かな、と思っています。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの89.80の上で、基調も強気のまま上昇。
すでに買いすぎのゾーンに入っているが、
まだ買ってしまったという感じはしない。

ユーロ円

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロ買いで、ユーロドルやユーロクロスが急騰。
円売りも継続しており、ユーロ円は122円台へ。
円はドル円のDNPを突破したと思われるが急伸せず、
ユーロの動きも特殊なフローかもしれず、
円売りもユーロ買いも慌てて飛び乗るのは危なさそう。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

90.80台まで上値を拡大し、本日高値を更新。
DNT突破?
買い圧力はかなり強烈です。
91円台を狙う動きですが、一気に利食いに押される局面
も出てきそうで、手が出し難い・・・

現在のレート
 ドル円:90.83

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足のポイント1.32ハイはサポートされ、
基調目先ともに上向きで強い配置から上昇。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で売りすぎとなり、目先も上向きで堅さが見えている。

ユーロ円も

テーマ: モノローグ

だいまん

121.50超えから跳ねないね。。。。注意注意。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

懸念の1.34を超えて上昇。強気のシグナルも1.3450にオプションの防戦があるようだ。

恐らくまたifoのリークがあったのかも。。。。となると結果がで、利食いが出る局面は注意しておきたい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 25日の東京市場は、日経平均株価が高く始まるとの思惑やドル円の90.75のオプションの防戦に向けた仕掛け買いで、円売りスタートとなったが、防戦を破ることができずに、一旦利食い売りが優勢となった。
 ただ、日経平均株価が堅調な上昇で終了したことで、その後は買い戻し気味。 ドル円は90.695の高値から90.30まで一時下落、ユーロドルは、1.3350から1.3419まで上昇し、ユーロ円は121.32の高値から120.67まで下落後、121.42まで上昇した。 その他のクロス円では、ポンド円が143.11、オージー円が94.74、NZD円が75.86、カナダ円が90.45、スイス円が97.55まで一時上昇後売りに押されたが、こちらもその後は買い戻し気味の展開となっている。  

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=93.50-95.50)
戦略としては、94.30-40と94.65-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値はストップは94.85-95超えや95.00-05超えでの倍返し。 ターゲットは95.50を前後、95.70-80と上げ渋りでは利食い優先から、売りは96円超えをストップまたは、96.40-45をバックに売り上がりでの対応となる。 一方下値は順張りから94.15-25、94.00-05と買い戻しで、買いは93.85-90、93.75-80と買い下がって、ストップを93.50-60割れとするか、93.25-35と買い下がって、ストップは93.00-05割れや92.80-85割れでの倍返し。 ターゲットは92.45-55での買い戻し。買いは維持を見て対応となるが、買ってもストップは92.30-35割れで、92.10-20、91.95-00と買い直しのストップは91.75-80割れとするか、思い切るなら91.60-70、91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップ。(予想時レート: 94.60 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=89.90-91.00)
戦略としては、90.35-40と90.60-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップは90.75-80超えがストップで、越えて91円の前後、91.20-30と売り上がって、91.45-50超えをストップする形。 一方下値は90.20-30割れがストップで、倍返しは積極的なら、90.05-15、89.90-00と買い戻し&買い直しで、ストップを89.80-90割れとするか、買い下がって、89.70-75割れで、倍返しもターゲットは89.60-65、89.45-55での買い戻しで、この位置の買いは89.20-25割れがストップ、89.05-10、88.95-00と買いなおして、ストップは88.80-85割れで、88.50-60での買い直しのストップは、88.35-45割れ、88.15-25と買い下がって、ストップは88.05-10割れで、87.95-00での買い直しのストップは87.70-85割れでの倍返し。 (予想時レート:90.50 予想時間 15:20)

ドル円オプション

テーマ: 独り言

YEN蔵

90.75のDNT(ダブルノータッチ)の手前はいわゆる防戦売りか
一旦抑えられているが、戻しも90.20も抜けない状況
この付近は前回の高値付近で、短期的にサポートになっつてしまっている

東京株式市場後場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +305.78 10926.65 +2.88%
TOPIX +19.47 917.09 +2.17%
JASDAQ +9.93 1557.13 +0.64%
マザーズ +8.44 545.05 +1.57%

15日の高値10952.31には届かなかったが、終値としては2010年4月30日以来の高値
円安を拝見に自動車、ハイテクなどの輸出関連株が上昇

来週から本価格かする決算を前に出遅れ感からの買いが週末にもかかわらず
大幅上昇の原因に

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

東京午前の動向は、日経平均株価が高く始まるとの思惑やドル円の90.75のオプションの防戦に向けた仕掛け買いで、円売りスタートとなったが、防戦を破ることができずに、一旦利食い売りが優勢となった。
 ただ、日経平均株価は、211円高で堅調な引け。
 ドル円は90.695の高値から90.30まで下落、ユーロドルは、1.3350-80レンジでの揉み合い。 ユーロ円が121.32の高値から120.67で下値を支えた。
 他の クロス円では、ポンド円が143.11、オージー円が94.71、NZD円が75.86、カナダ円が90.45、スイス円が97.55まで一時上昇した。 
 一応ドル円は、90.20-30、ユーロ円は121.60-70のそれ以前の高値を支えていることで堅調だが、海外に向けて割り込む動きがあれば注意。 確か先週金曜日も週末は結局、利食い売りに押された経緯があるが、もう一回上昇したからと行って、更に上抜けは不透明。 
 要人発言では、
甘利明経済再生担当相
「為替をめぐる海外での懸念は一部のことであり、懸念ないように説明したい」
麻生太郎副総理兼財務・金融相
「為替操作の批判は当たらない」「これまで一方的に行き過ぎた円高の修正の動きの局面」

こうなるとどのレベルが円高なのか、円安なのかの感覚の問題でしょうね。

ドル円のDNT

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は買いが優勢で90.75のダブルノータッチに
タッチしようかという動きで、90.70付近まで上昇。
しかし期限が2月末か3月1日付近との情報もあり、まだ一カ月以上ある。
現在はここで攻防しているが、メインは欧州時間か。
週末でもあり、ドル円、クロス円は要注意で手を出しにくい。

東京株式市場前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +211.61 10832.48 +1.99%
TOPIX +14.82 912.44 +1.65%
JASDAQ +7.84 1555.04 +0.51%
マザーズ  +3.53 540.14 +0.66%

本日は大型株の上昇が目立つ、円安の流れに乗る動き

6時から来た。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は90.55まで、ユーロ円が121.06まで一時上昇。

ただ、やはり90.75の防戦が気になるところ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

高値90.25に迫る上昇も上げ渋り。

ドル円

テーマ: モノローグ

ウルフ

90.20台まで上昇し本日高値を更新。
ダウが再び70ドル高の水準まで上昇。
円売りが止まりません。

ジョージ・ソロス
「円は下落し、ユーロは上昇する」

ソロスって円相場で損失出しまっくってた様な・・・
目先円売りはピークかも(笑)

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ブラジル市場休場(サンパウロ市創立記念日)
08:30 (日) 12月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.2% 予想-0.2%)
08:30 (日) 12月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回-0.1% 予想-0.2%)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(12月19・20日分)
18:00 (独) 1月ifo景況指数 (前回102.4 予想103.0)
18:00 (独) 1月ifo景気期待指数(前回97.9 予想99.0)
18:00 (独) 1月ifo現況指数(前回107.1 予想107.0)
18:30 (英) 第4四半期GDP・速報値 [前期比] (前回+0.9% 予想-0.2%)
18:30 (英) 第4四半期GDP・速報値 [前年比] (前回0.0% 予想+0.2%)
22:30 (加) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.2%予想-0.2%)
22:30 (加) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+0.8% 予想-1.2%)
24:00 (米) 12月新築住宅販売件数 (前回37.7万件 予想38.2万件)
24:00 (米) 12月新築住宅販売件数 [前月比] (前回+4.4% 予想+1.3%)
世界経済フォーラム年次総会(ダボス)
米企業決算発表: イー・トレード・ファイナンシャル、キンバリークラーク、シェブロン、スターバックス、ゼロックス、デルタ航空、ハネウェル・インターナショナル、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、ボーイング、 レイセオン、ロッキード・マーチン

ダウが13800ドル割れ

テーマ: 概況

コロフ

ダウが一時13800ドルを割り込む展開となっています。NASDAQの下げ幅も拡大してきており、警戒感が若干高まる状況です。マイナス圏に転落するかどうかといったところですが、一時的には可能性がありそうです。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が120.58、ポンド円が142.25、オージー円が94.31、NZD円が75.57、カナダ円が89.89、スイス円が97.01まで一時上昇したが、同様に利食いが出ている。

さすがに

テーマ: 概況

コロフ

若干だれてきた感じです。それでもダウは50ドル弱の上昇ではありますが、NASDAQの下げ幅が拡大してきています。一方、ドル円も90円を割り込んでの動きとなっています。ユーロドルは比較的落ち着いていますが、それでも上値は抑えられてきています。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円売りも一服気味。

NYダウが一時100ドル高の13879ドルまで上昇も、利食い売りが出ていることが要因

ドル円は90.14の高値、ユーロドルも1.3393まで一時上昇したが、現在はドルンは89.80台、ユーロドルは1.3360台まで調整。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.3340の抵抗が堅い事を確認して上昇。
基調目先ともに上向きで強い配置。

ダウ70ドル高

テーマ: 概況

ウルフ

ダウが強いですね。
米10年債利回りの上昇も止まりません。

為替相場は円売り・ドル売り優勢の展開で、
ドル円は89.90台、ユーロ円は120.10台まで上値を拡大しております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

景気先行指数
 結果:+0.5%
 予想:+0.4%

発表後の反応は限定的。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:33.0万件
 予想:35.5万件

発表後、マーケットは円売りで反応。
ドル円は89.80台まで上昇し本日高値を更新。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

89.50~60のレジスタンスをブレーク
90円をトライしに行く流れに

円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円1時間足は昨日、一目均衡表の基準線を転換船がクロスして上昇。
現在は雲も上抜けて、円売りの動きが継続。
クロス円もほぼ同様の動きで、円は売られる動きになってきている。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

24日の東京市場は、荒れた動きとなった。一時は日経平均株価が軟調となり円買いが進んだが、その後は中国HSBC製造業PMIが強かったことで、日経平均がプラス圏を回復。円の売り戻しとなった。
 ユーロドルは、仏やドイツのPMIを受けて乱高下、1.3374まで上昇後1.3280まで下落、ドル円は、88.42から安倍晋三首相が「大胆な金融緩和をこれから進めていく必要があり、日銀法改正も視野に入れていきたい」との見解を示したこともあり、89.46まで上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が117.59から119.30、ポンド円が139.87から141.69、オージー円が93.03から94.12、NZD円が74.39から75.47、カナダ円が88.83から89.46、スイス円が95.03から96.66まで一時大きく値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=117.50-119.50)
戦略としては、119.05-10と119.25-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、119.35-45超がストップ&倍返しも119.55-75、119.85-90と利食いで、売りはこういった位置から119.95-00と売り上がって、ストップは120.15-25こえでの倍返し。 ターゲットは120.35-45のCapでは利食い&売り直しでストップは、120.65-75超えでの倍返し。 ターゲットは121.00-05を前に利食い優先で、売りはCapを見て対応。 ストップを121.50超えとするか、121.80-90をバックに売りあがりでの対応となる。 一方下値は118.80-85割れがストップで、倍返しも118.45-55での買い戻し&買い。 ストップは118.20-25割れ、117.85-95、117.70-80割れで、 117.50-60割れで倍返し。 ターゲットは117.30-40は維持を見て買っても、ストップは117.15-20割れや117.00-10割れでの倍返し。ターゲットは116.80-90、116.65-70などの動向次第で買い戻しで、買いは116.45-50を割れがストップ&倍返し。 ターゲットは116.00-10、115.75-80、115.50-55と買い戻し&買い場探しで、ストップは115.30-40割れ、115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。 ターゲットは114.70-75、114.60-65と買い戻し&買いで、ストップは114.40-45割れでの倍返し。ターゲットは114.25-30、114.15-20と買い戻しで、買いは114.00-10割れがストップ、 113.90-95、113.75-85と買い下がって、ストップは113.50-60割れで、倍返しも113.40-50、113.25-30と買い戻し&買い直して、ストップは113.15-20割れ。 112.95-05、112.75-80での買い直しのストップは112.55-65割れ。 112.40-45、112.25-35での買いのストップは、112.15-25割れとなる。(予想時レート:119.15 予想時間 16:50)

London&NY(荒れているので注意)

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3250-1.3400)
戦略としては、1.3320-30と1.3345-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、ストップは1.3355-60超えでの倍返し。ターゲットは1.3370-80の動向次第。Capでは利食い&売りも、ストップは1.3395-05超えでの倍返し。 ターゲットは1.3420-30、1.3450前後と利食い優先から慎重に売り場探し。 ストップは1.3485-90超えで対応となる。 一方下値は1.3305-10がストップで、1.3295-00割れでの倍返しも、1.3285-90、1.3275-80では買い戻し。買いは維持を見て対応。 ストップは1.3265-70割れでの倍返し。 ターゲットは1.3255-60や1.3245-50の動向次第。割れると1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2790-05と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2785-90、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れで、倍返しも1.2715-20、1.2705-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2690-00割れで、1.2670-80は維持を見て対応。 買ってもストップは1.2660-70割れや1.2645-55割れでの倍返し。 ターゲットは再度1.2635-40、1.2620-30と買い戻しで、買いは1.2605-10まで買い下がって、ストップは、1.2590-95割れ。 1.2575-80の買いは維持を見て対応も、ストップは1.2560-65割れでの倍返し。ターゲットは1.2545-50、1.2530-35、1.2510-15と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2500-05割れや1.2485-95割れでの倍返し。 ターゲットは1.2475-80、1.2455-65の動向次第で買い戻し。 買いは維持を確認して1.2430-35まで検討課題となるが、割れるなら止める形。 割れての1.2420-25、1.2400-10と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2380-85割れとなる。(予想時レート:1.3330 予想時間 16:40)

ドイツ経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

製造業PMI
 結果:48.8
 予想:46.8

非製造業
 結果:55.3
 予想:52.0

発表後、ユーロが反発。
ユーロドル、ユーロ円はいって来いの展開。

欧州経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

フランス
製造業PMI
 結果:42.9
 予想:44.9

非製造業PMI
 結果:43.6
 予想:45.5

スペイン
失業率(4Q)
 結果:26.02%
予想:26.00%


上記結果を嫌気してユーロが急反落。
ユーロドルは1.33を割り込み、一時1.3280台まで、
ユーロ円は118.60台まで下落しました。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +133.88 10620.87 +1.28%
TOPIX +9.83 897.62 +1.11%
JASDAQ  +12.22 1547.20 +0.8%
マザーズ  +21.53 536.61 +4.18%

大きく上昇
マザーズ指数も大幅高、バイオ関連の人気が継続

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日4時間の雲を下抜けできず、再び雲に入り、本日は上抜けている。
1時間の雲の上限が89.30付近にあり、ここは4時間の25DMAとも一致。
このため、89.30付近を明確に上抜けると、上昇の可能性が高まりそう。
ドル円はしばらく方向感がないかもしれない。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

89円のストップをつけ89円台を回復
目先の短期ショートはこれでショートカバーされたか
89.40~50のレジスタンスを抜けないと、さらに上昇は難しいところ
日経平均も+97円と上げ幅を縮小
89円台前半の動きになるか

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時89.30まで上昇。ストップをヒットしたか?
日経平均は一時140円高まで上昇。欧米の株先物や金利動向等の
外部環境に特に大きな変動はありませんが・・・

日本株サイドは円安で株価上昇と言い、為替サイドは株高で円売り
加速って・・・どっちなのよ?

米債利回りがここ数日低下基調にも関わらず、ドル円は非常に底堅い動き
となっておりましたので、依然として円売り圧力は潜在的に衰えていない
のかもしれません。

調整一服で、一旦は89円を挟んでのレンジ相場入りとなりそうな気がし
ております。

現在のレート
 ドル円:89.20

東京午後

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均は後場に入り100円超高まで上昇。
ドル円は89円台を回復し、一時89.20まで上値を拡大しております。

日経平均がプラス圏で

テーマ: モノローグ

だいまん

引けたことを受けて、円売り。

ドル円は、88.91、ユーロ円が118.45レベルまで上昇。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

88.70超えからライトストップで上昇
短期筋の買戻しが中心
レジスタンスになっていた89.00~10付近にはストップもあるようだ
このレベルを完全に超え89円台を固められるかどうか
89円台が堅められれば調整終了となりそうだが

東京前場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 +37.75 10524.74 +0.36%
TOPIX +1.6 889.39 +0.18%
JASDAQ +5.59 1540.57 +0.36%
マザーズ  +13.76 528.84  +2.67%

相変わらず新興市場は堅調
ただドル円が反転しだして、引きにかけて日経平均も上昇
ソニーなど主力株も上昇、外国人の買いがでているのだろうか?

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10524.74(+37.75)

今日の東京市場は上昇しての前引けとなっています。アップルの決算が嫌気される中、中国のPMIが市場予想を上回ったことを背景に買いが入る展開となっています。ただ、日本の貿易赤字拡大などを考えると、市場にはやはり警戒感が漂う状況となっています。

為替相場も中国のPMI発表を受けて円安が進行する展開となっています。とは言え、それ程大きな動きになっているわけではなく、ドル円は88.75円前後の水準が意識されている状況です。ここをブレイクすることができるかが後場のポイントになりそうです。

中国指標

テーマ: 経済指標

YEN蔵

HSBCが発表した1月のPMI(製造業購買担当指数)速報値は51.9
2年ぶりの高水準

強い数字に円売り、日本株も堅調になってきた

株価を

テーマ: モノローグ

だいまん

睨んで神経質な動きが続いている。

ただ、上値は重そうで、以前のような円売り一辺倒では太刀打ち出来ない感じ。

アップルの決算

テーマ: モノローグ

だいまん

1株営業利益は13.81ドル、市場予想平均の13.522ドルを上回る。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12月通関ベース貿易収支(前回 -9534億円(-9548億円) 予想-5284億円)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
10:45 (中) 1月HSBC製造業PMI(前回51.5)
17:30 (独) 1月PMI製造業・速報 (前回46.0 予想46.5)
17:30 (独) 1月PMIサービス業・速報 (前回52.0 予想51.8)
17:30 (香港) 12月貿易収支 (前回-441億HKD 予想-504億HKD)
18:00 (ユーロ圏) 1月PMI製造業・速報 (前回46.1 予想46.8)
18:00 (ユーロ圏) 1月PMIサービス業・速報 (前回47.8 予想48.0)
18:00 (ユーロ圏) 11月経常収支 (前回+39億EUR)
20:00 (英) 1月CBI流通取引調査(前回+19 予想+15)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回33.5万件)
24:00 (米) 12月景気先行指数 [前月比] (前回-0.2% 予想+0.3%)
01:00 (米) 週間原油在庫(前回-95.1万バレル)
未 定 (南ア) SARB政策金利発表
世界経済フォーラム年次総会(ダボス)
日20年国債入札(1兆2000億円)、 米10年物インフレ連動国債入札(150億ドル)
米企業決算発表:マイクロソフト、3M、AT&T、ヤフー、スリーエム、デュポン

債務上限問題

テーマ: 概況

コロフ

米下院が債務上限引き上げ法案を可決し、取り敢えず債務上限問題は先送りされることになりました。その結果を受けてダウはさらに堅調な推移となっています。この動きを受けて円安が若干進み、ユーロ円は118円を再度回復するかどうか、といった水準にまで持ち直しています。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.32ハイと1.33ハイのポイントにはさまれた状態。

ニュージーランドドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

0.8440~45のレジスタンを抜けられずに0.8415~20付近に下落
2012年2月以降の高値0.8470~80付近が長期的なレジスタンスとして機能している

オージーキウィも1.25割れがサポートされており、0.84台後半はキウィの
中期的な売りゾーンになる可能性もある

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.0520に日足ポイントで、その上で、基調も強気のまま反発。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下げたがまだ基調は強きで、
60に日足ポイントがあり、
底堅い状態から反発。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きで66まで反発。
ポイントは88.70-80。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウが堅調でリスク志向が一時高まったが、ユーロ圏1月景況感指数が、市場予想を下回ったことで、ユーロ売りが強まった。

ユーロドルhが1.3265、ユーロ円は117.53まで値を下げた。

ダウが強い

テーマ: 概況

コロフ

ダウが本当に強い状況となっています。企業決算において、市場の予想のハードルが低く、それが安心感となって株買いへと突き進ませている状況です。米景気に対する警戒感は依然として根強く残っているものの、足元の景気指標は概ね良好となるなかで、あまり悲観的な見方をすべきではないのかもしれません。ただ、この動きと為替がいまいち連動していない点は注意が必要でしょう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

88ハイのポイントをブレークして下落したが、
大枠で売りすぎのゾーンに到達し、目先は上向きで強い動き。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン市場午前の動向は一時円買い、ドル買いも、巻き戻しが優勢。
 ユーロドルは、1.3286から1.3345まで反発、ポンドドルは、英中銀金融政策委員会議事録では「マイルズ委員が250億ポンドの資産買い入れプログラムの規模拡大を主張」したが、英12月雇用統計が市場予想を上回ったことで、1.5802を安値に1.5884まで値を上げ、ドル円は88.06から88.47まで上昇した。
 クロス円も一時の下落からは買い戻しが優勢。ユーロ円が117.06から117.99へ上昇、ポンド円は139.26から140.43、オージー円が92.82から93.42、NZD円が74.04から74.58、カナダ円が88.68から89.28、スイス円が94.70から95.13まで値を上げた。

豪ドル円のレジスタンス

テーマ: 独り言

YEN蔵

短期的には93.45~50レベルがレジスタンス
抜ければ94.00付近まで反発の可能性

サポートは93.00付近、抜ければ安値の93.70~75付近が
次のサポートに

ユーロ円のサポート

テーマ: 独り言

YEN蔵

2009年6月の高値139.20付近~2012年7月安値94.10付近の
50%戻しは116.60~70付近
1月10日にこのレベルを抜けて以来サポートレベルになっている
ここがホールドできるかどうか中期的に重要なレベル

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.21%
英FT +0.16%
フランスCAC -0.09%
イタリアFTSEMIB -0.22%
スペインIBEX -0.26%
ギリシャGD.AT +0.66%

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限を意識しての動きとなっています。バンド幅の拡大が一時見られたのですが、現在はバンドの上限が下落に転じてきており、大きな動きにはなりにくくなってきています。一時的には調整が入ってもおかしくはない状況ということができるでしょう調整が入るとしたらバンドの中心線である1.3312ドル前後の水準が意識されることになりそうです。ただ、流れは戻り売り優勢といった局面です。

RCIで見ると、短期線が下値圏での横ばいの動きで、底打ち気配があったのですが、まだ上昇には勢いが弱いといった所です。中期線は下落基調を継続し、下値圏に入ってきています。流れは売り優勢の局面となっており、先行きに対する警戒感が強まる状況となっています。ここから再度バンドウォークとなる可能性も出てきており、そうなった場合は下げ幅を拡大し、直近の安値を更新といった動きになってもおかしくはないでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をバンドウォークする展開から、若干持ち直しての動きとなっています。バンドの上限が上昇から下落に転じてきており、流れとしては調整が入りやすい状況となっています。目標としてはバンドの中心線である88.1円前後の水準ですが、最近は1σ前後で抑えられる可能性もあるので、その点は注意が必要でしょう。バンドの上下限・中心線が下落基調にあることを考えると、目先は戻り売りが優勢といった局面です。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇気配となっています。まだ下値圏での動きですが、この流れを維持できるかがポイントとなりそうです。ただ、中期線は依然として下落基調を継続しており、下値圏に入ってきています。基調が変わるにはこの中期線が底打ちしてこないと行けないわけで、中長期的にはまだ上値の重い展開となるのではないでしょうか。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は4時間足の一目均衡表の雲を下抜け。
この下には特に抵抗はないが、4時間の遅行スパンが雲に入りそうで
ここから少し動きが悪くなるかもしれない。
それでも86.75のDNTに向けて下げる可能性が強まっていて、
まずは88円割れに注目している。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -222.94 10486.99 -2.08%
TOPIX -13.36  887.79  -1.48%
JASDAQ +1.35 1534.98 +0.09%
マザーズ  +6.57  515.08  +1.29%

日経平均は2%を超える下落で調整が続いている
しかしJASDAQ,マザーズは上昇、新興市場の強さが継続している
円安局面 大型株、円高局面 中小小型株の動きで
株式市場内の資金循環が続いている

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

23日の東京市場は、早期には円の売り戻しが強まったが、その後は日経平均株価が軟調な推移を継続したことで、再度円の買い戻しが強まった。
 ドル円は88.80から88.25まで下落、ユーロドルは1.3301から1.3300での保合いが継続した。 
 一方クロス円では、ユーロ円が118.33から117.48、ポンド円が140.65から139.69、オージー円は、弱い豪州第4四半期CPI受けて93.87から93.00へ下落、NZD円が74.75から74.20、カナダ円が89.50から88.87、スイス円が95.57から94.91まで値を下げた。 (14:40現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん


スイス円 :(予想レンジ=94.50-96.00)
戦略としては、95.05-10と95.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は95.55-60超えがストップも、95.70-75、95.80-95と売り上がって、ストップは96.00-05超えで、倍返しも96.15-20、96.35-40と利食い&売り上がって、ストップは96.45-50超えでの倍返し。ターゲットは96.55-60、96.65-70の動向次第。超えて再順張りも検討されるが、ターゲットは96.80-00での利食いで、売りは97.20-25超えでの倍返しも、97.40-50、97.65-75と利食いで、売りはこういった位置から97.85-90、98.00-10と売り上がって、ストップは98.20-25超え、98.35-40を倍返しとしても、98.50、99円と利食いで、売りは99.35-40がストップとなる。 一方下値94.95-00がストップ、94.70-80は買い直しもストップは94.50-60割れや94.35-40割れでの倍返し。 ターゲットは94.00-25での買い戻し&買いでストップは93.90-00割れでの倍返し。ターゲットは、93.70-75の動向次第。 割れると93.55-65、93.40-45と買い戻し&買い下がって、ストップは93.20-30割れで、倍返しも92.90-00、92.80-85と買い戻しで、買いは92.65-70、92.40-50と買い場を探して、92.30-35をストップ、92.10-20、92.00-10と買い直して、ストップは91.95-00割れで、91.85-90、91.70-80の買い直しのストップは91.60-65割れでの倍返し。 91.50-55、91.35-45と買い戻しで、買いは91.15-25まで買い下がって、ストップは91.00-10割れで倍返し。(予想時レート:95.10 予想時間 14:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=88.00-89.00)
戦略としては、88.35-45と88.50-60のブレイクに注目して、らブレイクの場合上値は88.60-70と売り上がって、ストップは88.75-85超えで、倍返しも88.85-90、88.95-00と利食い優先。売りは89.15-20と売り上がって、ストップは89.35-45超えで倍返しも検討されるが、ターゲットは89.65-70、89.80-85と利食いで、売りはこういった位置から89.95-00と売り上がって、ストップは、90.10-20超えや90.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは90.45-55の動向次第で、利食い&売り直しでストップは90.75-80超えなどで対応となる。 越えて91円の前後の売りは、91.20-30や91.45-50超えをストップで検討される。 一方下値は慎重な順張りが検討されるが、ターゲットは88.25-30、88.10-15と買い戻し。買いは87.95-00まで買い下がって、ストップは87.70-85割れでの倍返し。 ターゲットは87.55-65、87.45-50と買い戻し&買い下がって、ストップは87.35-45割れでの倍返し。 このターゲットは87.20-25、87.10-15と買い戻しから買いはこういった位置から86.95-00と買い下がって、ストップは86.75-85割れでの倍返し。ターゲットは86.45-55、86.25-30と買い戻しで、買いはこういった位置から86.15-20、86.00-10、85.90-00と順次買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 85.60-65割れが積極的なら倍返しとなるが、ターゲットは85.40-50、85.25-35買い戻し&買い下がって、85.10-15割れがストップで、85.00-10、84.85-95と買い直して、ストップは84.70-80割れや84.65-70割れでの倍返し。(予想時レート:89.45 予想時間 13:35)

日経平均222円安

テーマ: 株式市場

ウルフ

10,500円を割り込んで引けました。

大引け後、ドル円は88.10台まで下落し本日安値を更新。
88円割れを視野に入れている状況です。

ポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドは弱含んでいるが、ドルが売られる動きになる可能性があり、
ポンドドルより、ポンド円の方が下げやすいかもしれない。
金曜の英国GDPに注目だが、本日はBOEの議事録があり、
まずはここに注目か。

今日の東京は

テーマ: モノローグ

だいまん

兵どもが夢の後で、揉み合い気味を想定したい。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日のBOJ決定会合から円は調整入りしつつあり、買い戻される動き。
ドル円の4時間は雲の中に入っていて、88.20付近の下限に注目している。
昨日安値を下抜け、雲の下限も下抜けると、クロス円も下げる動きとなりそう。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、一時の円の売り戻しからは、株価が堅調な推移となったことで、円の買い戻し気味で終了した。 米1月米リッチモンド連銀製造業景気指数や米12月中古住宅販売件数が、市場予想を下割ったこと、ドイツキリスト教民主同盟のマイスター議員が「ドイツは、G20円相場を取り上げる可能性」と話ことなどが嫌気された。
 ドル円は88.37から88.98まで反発後88.51へ再調整、ユーロドルは、1.3267から独ZEW景況感調査が強い内容となったことで1.3368まで上昇後1.3279へ再下落した。 
 一方クロス円も、ユーロ円が117.32から118.70へ上昇後117.58へ値を下げ、ポンド円が139.78から141.15へ上昇後140.35、オージー円が94.00から93.39、NZD円が74.91から74.33、カナダ円が89.62から89.06、スイス円が95.74から95.30へ再度値を下げた。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 第4四半期消費者物価 [前期比] (前回+1.4% 予想+0.4%)
09:30 (豪) 第4四半期消費者物価 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.4%)
14:00 (日) 1月金融経済月報・基本的見解
17:00 (南ア) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.6% 予想+5.7%)
18:30 (英) 12月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
18:30 (英) 12月失業保険申請件数 (前回-0.30万件 予想+0.15万件)
18:30 (英) BOE議事録(1月9-10日開催分)
19:00 (ユーロ圏) 7-9月期政府債務
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+15.2%)
22:30 (世) パドアン経済協力開発機構(OECD)主任エコノミス講演
23:00 (米) 11月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.7%)
24:00 (加) 加中銀政策金利発表
24:00 (ユーロ圏) 1月消費者信頼感・速報 (前回-26.5 予想-25.8)
01:15 (加) カーニーBOC総裁会見
06:30 (NZ) 12月企業景況感(前回48.8)
月例経済報告関係閣僚会議
世界経済フォーラム年次総会(ダボス)
IMF世界経済見通し(改訂版)公表
米企業決算発表:アップル、マクドナルド、アムジェン、シマンテック、フェイスブック、

米企業決算

テーマ: 概況

コロフ

グーグル、IBMの決算が予想よりも良かったことで、米株が時間外で上昇するてんかいとなっています。

キング総裁の

テーマ: 概況

コロフ

キングBOE総裁の追加刺激の用意、との発言を受けて、ポンドは上値が重い状況になっていますが、さすがに今日の安値水準には届いていません。さすがに売り材料の出尽くし感や、調整の買い戻しに支えられやすくなってきている可能性はありそうです。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

再び118円台を回復しつつある
118.40~50付近のレジスタンスを抜けられれば、再び119円台を試しに行くだろうが
この付近がレジスタンスになると、短期的には117.50~118.50のレンジに

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

89円台がレジスタンスになっている
短期的には88.50付近がサポートだが、抜ければ88円台前半を試しに行くだろう
87.70~80付近が中期的に重要なサポートとみている

クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が117.32から118.70へ上昇後117.58へ値を下げ、ポンド円が139.78から141.15へ上昇後140.35、オージー円が94.00から93.39、NZD円が74.91から74.33、カナダ円が89.62から89.06、スイス円が95.74から95.30へ再度値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

再度円の買い戻し。 

ドル円は88.37から88.98まで反発後88.51へ再調整、

ユーロドルは、1.3267から1.3368まで上昇後1.3279へ再下落した。 

ポンド円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

米国時間はユーロが売られる動き。
このためユーロポンドも下落し、ポンド買いが起こっている。
ポンド円も下げ足が弱くなり、下げにくくなっているが、
今週の英国GDPを控えポンドは売られやすいと考えている。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

中古住宅販売件数
 結果:494万件
 予想:510万件

リッチモンド連銀製造業指数
 結果:-12
 予想:+5

発表後、マーケットは円買いで反応。

ダウは

テーマ: 概況

コロフ

じり高スタートから下落して、現状は前日比変わらず前後の水準を動いています。依然としてしっかりとした動きが継続される状況です。企業決算が全体的には悪くないというのも好感される要因となっているようです。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気を保ったまま反落。目先も弱含み。

オセアニア

テーマ: テクニカル

千秋先輩

継続して強い動き。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押しの場面では、目先は上向きを保って堅く反発。
基調はまだ弱気で相反。

ポンド円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円、ユーロ円、豪ドル円は4時間の雲の上限で止められている。
しかし、ポンド円はポンドが弱いため下げていて、日足の基準線付近。
ポンド円はここを下抜けると大きく下げる可能性が高くなる。
今後もポンド売りは続きそうで、ポンド円は下目線となっている。

欧米株 下落は一服

テーマ: 独り言

ウルフ

独連銀が総裁辞任の噂を否定した模様。
ドルストレート・クロス円も反発する動きとなっております。

何だかフェイクっぽいですが、株価の急落にA.Iが反応してしまった
のでしょうか。

独DAX100ポイント超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

独連銀総裁辞任や欧州企業がデリバティブで巨額損失との
噂がマーケットに流れている模様。
ZEWを前にした調整もあるのかもしれませんが、かなり急速な下落となりました。

ダウ先物等も連れた動きとなり、マーケットはリスクオフに傾斜。
ドル円は一時88.30台、ユーロ円は117.30台、ユーロドルは1.3260台まで
急落する動きとなっております。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をバンドウォークする動きから一気に下落し、バンドの下限まで動いている状況です。下限をオーバーシュート気味にブレイクしたものの、現状は下限の中に収まっている状況となっています。1.33ドルを割り込んでの動きとなっているだけに、警戒感が根強い状況です。現状で、バンドの下限が下落に転じており、このままバンドウォークとなる可能性も否定出来ない所です。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから急下落となっています。中期線も上昇基調から一転して天井打ちから下落、といった動きになっています。短期線の下落の勢いがかなり強いので、すぐに下値圏に入ってくるものと思われますが、そこからの動きに注目といった所でしょう。底打ちすることが出来れば、バンドの下限で支えられる動きとなっていくでしょう。下値圏で這う動きになればバンドブレイクからバンドウォークとなりかねない所です。何れにしても中期線の形が悪くなっているので、売り優勢ではあるでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクして一気に下落する動きとなっています。一時持ち直す時間もあったのですが、急激な下落となって動いている状況となっています。88円台半ばまでの下落であり、バンドの上限が下落基調から再度上昇に転じるなど、バンド幅の拡大も見られることから、流れはかなり悪いということが出来るでしょう。現状は下限を大きくブレイクしている事から、一時的には調整が入ってもおかしくはないところですが、依然として売り優勢といった所でしょう。

RCIで見ると、短期線が上昇基調から中立水準まで戻せずに押し戻されています。中期線も下落の流れを維持し、いずれも下値圏に入る動きとなっています。短期線が底打ちしてこないことには流れは変わってこないでしょう。下値余地はあまりない状況ではありますが、下落基調を継続している事を考えると、依然として売り優勢の状況ということができるでしょう。バンドブレイクからの動きで、下値が見えにくくなっている状況です。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先かいすぎとなり、基調も弱気を保って自然反落。

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はその後も下げて、現在は4時間の雲の上限付近。
ここの雲は比較的薄く、88.20付近が下限なので、
ここを下抜けるかに注目している。
この4時間の雲を下抜けると、
日足の基準線のある87円割れが意識されそう。

ダウ先物

テーマ: 株式市場

ウルフ

ダウ先物・欧州株、並びに米10年債利回りが急反落した事を
きっかけに、マーケットは円とドルが上値を拡大。

ドル円は88.80まで、ユーロ円は118.40台まで下落しております。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 22日の東京市場は、上下に荒れた動きとなった。 日銀金融政策決定会合の結果を前に、麻生太郎副総理兼財務・金融相が「物価目標2%は日銀決定会合で意見が割れる可能性がある」と述べたで、サプライズ的な円買いが強まったが、その後に日銀金融政策決定会合で、「物価安定の目標」を採用、資産買入等基金で「期限を定めない資産買い入れ方式」の導入を決めたことで、買戻しが強まった。 ただし「無期限の資産買い入れについては2014年以降とされ、基金増額ペースが鈍化する」として、失望売りが広がった。また、白川方明日銀総裁が記者会見で「付利撤廃は市場機能や金融機関の収益に悪影響を及ぼす」と述べたことで、反発も限定された。
 ドル円は、90.10から88.89まで下落、ユーロドルは1.3301から1.3372まで値を上げた。 クロス円では、ユーロ円が120.15から118.61、ポンド円が142.73から140.90、オージー円が94.88から93.69、NZD円が75.62から74.67、カナダ円が90.81から89.17、スイス円が96.49から95.50まで下落した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=74.00-75.45)
戦略としては、74.85-90と75.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、75.20-30、75.40-45と売り上がって、ストップは75.60-65超え、75.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは76円前後のCapでは利食い&売り。 ストップは76.20-25超え。 一方下値は74.60-75割れがストップで、倍返しもターゲットは74.45-50、74.25-35と買い戻しで、買いは74.10-15と買い下がって、ストップは73.90-00割れで、73.85-90、73.70-75と買い直しのストップは73.45-50割れで、倍返しも73.25-30、73.00-05での買い戻しで、買いは72.75-80まで買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは71.85-95、71.70-75と買い戻し&買い下がって、ストップは71.45-55割れで倍返し。(予想時レート: 74.90 予想時間 16:40)

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きで弱い配置。
NY時間のポイントは89.30台にあり、
この下では下落リスクの状態で、ミドルを越えると弛緩する。

下は88.60にポイントで、切れて落ちてもいいと見ている。

欧州序盤

テーマ: 概況

ウルフ

欧州勢は円買戻しで参入。
ドル円は再び89円割れとなりましたが、またもや89円台に
買い戻されております。

今のところ底堅い動きが続いており、押し目買いを狙っている
向きが多いのかもしれませんね。

ただ、上値が切り下がっている事もあり、少なくとも88.80台辺りまでの
下押しはありそうですが・・・現状米10年債利回りがじり高推移となって
いる事もドル円をサポートしているのかもしれません。
金利反落と株安となれば、もう一段の下押しがあるかもしれません。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3300-1.3400)
戦略としては、1.3340-45と1.3370-80のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は順張りまたは1.3395-05超えでの倍返し。 ターゲットは1.3420-30、1.3450前後と利食い優先から慎重に売り場探し。 ストップは1.3485-90超えで対応となる。 一方下値は1.3325-30、1,3315-25と買い下がって、ストップは1.3305-10割れや1.3295-05割れでの倍返し。ターゲットは1.3280-85、1.3270-75の動向次第。 維持では買い戻し&買っても、ストップは1.3255-60割れや1.3245-50割れでの倍返し。 ターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。(予想時レート:1.3365 予想時間 16:15)

時間外の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経225先物が10620円前後まで下落。 

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

決定会合を受けて、ドル円は下げたものの、
現在は1時間の雲の下限付近。
ここを下抜けると、4時間の雲の上限が88.80付近にあり、
下落もこの付近がメドとなりそう。
但し、さらに下げて4時間の雲の下限88.20付近を下抜けると、
前回の配信程度の下落もありえそう。

東京株式市場

テーマ: 独り言

YEN蔵

日経平均 -37.81 10709.93 -0.35%
TOPIX  -4.01  901.15  -0.44%
JASDAQ +2.81  1533.63 +0.18%
マザーズ +3.63  508.51  +0.72%

日銀の決定後は乱高下したが、結局小幅下落
ただ本日も中小小型は堅調
円安の時は大型、円高ならば中小小型の縦貫が続いているが

取り敢えず

テーマ: 概況

コロフ

日銀の金融政策決定会合で乱高下をしましたが、目先は徐々に落ち着いた動きとなってきています。88円台まで進行した円高も、まずは押し戻す動きとなっています。欧州勢の動きは機になるところですが、まずはポジション調整をしながら、といった所でしょう。個人的には円高修正が入ってもおかしくはないと思っています。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

決定会合の公表を受け一時90.10台まで急騰。
その後は利益確定の売りに押されてか、89円割れとなりました。

現状88円台では押し目買い意欲が強く、直ぐに89円台を回復する
動きとなっております。

さて、ここからは、
一応緩和策の無制限化も決定しておりますし、スペック勢の円ショートも
それ程拡大していなかった事を鑑みると、円の買戻しは限定的となりそうな
気がして来ました。

まずは、欧州勢がどう出てくるかですね。

現在のレート
 ドル円:89.17

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気で、上値の重さを確認した状態。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きを保って反発。
ポンドドルも1.58ローのポイントでは大枠で売りすぎとなり
こちらも底堅い。

日銀金融政策決定会合

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀声明
「ゼロ金利と資産買い入れを必要と判断されるまで継続」

が円売りか? ユーロ円は120.05、ドル円は90.10レベルまで上昇?

失望期待の円買いがあぶりだされた形。 

まだ

テーマ: モノローグ

だいまん

何も出てない模様。

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

プラスに転じ +20.49 10768
期待感からなのだろうか
いずれにせよ、決定後の動きが重要

インターバンクは

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀金融政策決定会合は、想定範囲が織り込みで、更に昨日や今日既に一定の調整が出ているので、あまり大きな動きに繋がらないとみている向きが多い模様。 

安値は

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が89.27、ユーロ円118.82、ポンド円が131.37まで。

昨日の安値を割り込むも更に調整が加速しない。 日銀金融政策決定会合の結果が出てないオからか。。。。。

麻生発言

テーマ: モノローグ

だいまん

円高は大分修正されつつある を受けて。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は決定会合を前に前日安値を下抜けて下落。
ただ、4時間足はまだ下方向を示しておらず、
少なくとも89円が割れないと売りにくい。
そもそもテクニカルは前回のECBでもそうだったが、
こうした重要指標などの急激な動きに対応しにくく、
慌てるとろくなことがない。

最近は

テーマ: モノローグ

だいまん

朝買いは、あまりワークしない。。。。というか株の寄りを睨んでの動き。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

出ないと思ったが、毎度7時台の「朝買い」が出る。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

14:00 (日) 11月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回91.9)
14:00 (日) 11月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回90.1)
15:30 (日) 白川日銀総裁記者会見
18:30 (英) 12月財政収支(前回-153億ポンド)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(3カ月物・6カ月物)
19:00 (独) 1月ZEW景況感調査 (前回6.9 予想11.3)
19:00 (独) 1月ZEW現況指数(前回+5.7 予想+5.7)
19:00 (ユーロ圏) 1月ZEW景況感調査 (前回7.6)
20:00 (英) 1月CBI製造業受注指数(前回-10 予想-12)
21:00 (トルコ) トルコ共和国中央銀行・政策金利公表
22:30 (米) 12月シカゴ連銀全米活動指数(前回+0.10)
22:30 (加) 11月小売売上高 [前月比] (前回+0.7% 予想-0.2%)
24:00 (米) 12月中古住宅販売件数 (前回504万件 予想510万件)
24:00 (米) 12月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+5.9% 予想+1.2%)
24:00 (米) 1月リッチモンド連銀製造業指数 (前回5)
03:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁講演
未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果公表
EU財務相会合(ブリュッセル)
イスラエル議会総選挙
米企業決算発表:アドバンスト・マイクロ・デバイス、グーグル、ジョンソン・エンド・ジョンソン、テキサス・インスツルメンツ、ベライゾン・コミュニケーションズ、IBM、トラベラーズ

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

119円割れがサポートされ反発したが、
119.65~70がレジスタンスになっている
アジア時間の下落後も、このレベルがレジスタンスになり
欧州時間に119割れまで下落した
このレベルを完全に上抜けできないと再び119円台前半~中盤の動きが
継続となるだろう

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きを保ち、基調も強含みに。
日足もまだ強気の状態で底堅い。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は強含みの配置に。

静かな商いも

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が89.89、ユーロ円が119.68、ポンド円が142.42、オージー円が94.46、NZD円が75.11、カナダ円が90.51、スイス円が96.42まで値を回復した。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

88まで戻したが、基調は弱気で上値は重い状態で、
ポイントも90にありまだキャップされている。

ドル買い戻しへ

テーマ: 概況

コロフ

ドルが買い戻されている状況となっている。一時80を割り込んだドルインデックスも80を回復しての動きとなっている。対ポンド、対円での動きが特に目立つ状況。ただ、今日は米国が休日であり、大きな方向感は見えにくくなりそう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

小さなポイントが89.51にあったが、
オーバーシュートで下げ止まり反発。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

買い戻しが優勢。

ユーロ円が118.90から119.40、ポンド円が141.76から142.33、オージー円が93.95から94.34、NZD円が74.67から75.00、カナダ円が90.00から90.34、スイス円が95.77から96.23まで値を回復した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

米国市場がキング牧師誕生日で休場。 

参加者も少なく動意に薄い展開。

 
 ユーロドルは、1.3330から1.3300まで下落、ドル円は89.34の安値から89.69まで値を回復した。

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は89円30までで下げ止まり。
やはり下げる動きになるなら明日の決定会合を受けての動きになりそう。
日足の38.2%は86円付近なので、これまでの円安が大きく調整されれば
DNTを粉砕するかが注目される。
但し、大きな流れは依然として上方向。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

この後は動きが鈍くなりそう。 その面では、売りも一巡気味。

ロンドン朝

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は89.25、ユーロ円が118.89、ポンド円が141.76まで下値拡大も、更に下落は進んでいない。 

またぞろ、買いが入り易いんだろうが、明日を考えると上昇も限界がありそう。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日安値を下抜けたものの、走らない。
89円を割り込まないと下げないが、短期的には下向きになってきた。
円は明日の決定会合に注目しており、その前は傾けにくいと思われる。
なお、決定会合は開始時間が早まった模様。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

21日の東京市場は、5-10日要因など円売りからスタートもその後日経平均株価が、明日の日銀金融政策の結果発表を前に、利食いに押されたことで、円の買い戻しが優勢となった。
 ドル円は90.25と直近高値を更新後、89.44まで下落、ユーロドルは1.3302から1.3331での小動きに終始した。
 クロス円では、ユーロ円が120.25から119.09、ポンド円が143.07から141.82、オージー円が94.82から94.00、NZD円が75.48から74.60、カナダ円が90.95から90.13、スイス円が96.59から95.75まで値を下げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=89.70-90.85)
戦略としては、90.20-25と90.40-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、90.55-65超えがストップで、90.70-85で売り直しのストップは、90.90-00超え、再度91.10-20、91.30-35と売り上がって、ストップは91.40-50超えでの慎重な倍返し。ターゲットは、92円での利食い&売り場探しとなる。ストップは92.50-55をバックに売り上がりが検討される。 一方下値は90.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは89.95-00、89.65-80と買い戻しで、買いは89.45-50、89.35-40と順次買い場を探して、ストップは89.25-30割れでの倍返し。ターゲットは89.05-10、88.90-00の動向次第。 割れてターゲットは88.70-85、88.55-60買い戻し&と買い下がって、ストップは88.45-50割れで。(予想時レート: 90.35 予想時間 15:20)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=141.00-143.00)
戦略としては141.95-00と142.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、142.45-50超えがストップ、倍返ししても142.70-80、142.80-90と利食い&売り直しでストップは、143.05-10超えで、143.25-30での売り直しの、ストップは143.50-55超え、143.75-80、143.95-00と売り上がってストップは144.05-15超えや144.20-25超えでの慎重な倍返し。 ターゲットは144.30-35、144.45-50と利食い&売り直して、ストップは144.60-75超えや144.80-85超えで、倍返しは若干不透明も、その場合ターゲットは144.90-95、145.50前後と利食い優先で、売りは145.95-00をバックに検討される。 一方下値は141.80-85割れでの倍返し。 ターゲットは142.40-55、142.00-25と買い戻しで、買いは141.60-70がストップ、141.10-15での買い下がりのストップは、140.85-90割れで、140.75-80は維持を見て買っても、ストップは140.50-60割れや140.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは140.15-20、139.90-00、139.55-70と買い戻し&買い下がって、ストップは139.35-40割れで倍返し。(予想時レート:142.10 予想時間 15:00)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で支えられて上限を意識しての動きとなっています。バンド幅は横ばいで、やや拡大の気配も見えますが、まだはっきりとはしていないところであり、バンドブレイクからの動きとなるかは不透明です。バンドの下限の動きに注目しながら見ていくことになりそうです。現状の1.3330ドル前後の水準は、ここまでも意識され、抑えられている水準であるだけに、逆にブレイクしたら大きな動きとなりそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇となっており、中期線は中立水準での動きで方向感は見えにくいものの、持ち直しの動きとなっています。流れとしては上向きということになりそうです。ただ、短期線の上昇の勢いが急であることや、中期線の方向感が若干見えにくいところなど、懸念が残ることも事実です。両方が上昇しているうちに上値をブレイクして上昇出来るかどうかがやはりポイントになりそうですが、抑えられる可能性のほうが若干高いように思っています。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

短期的には94.25~30、94.45~50付近がレジスタンスになっている
94付近が中期的に重要なサポート
抜ければ93.40~45付近まで下落のリスクとみている

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしてのバンドウォークからの持ち直しの動きが入っています。ただ、上値の重さが意識されており、横ばいでの修正といった状況で、再度下値を追う可能性が高まっています。一時的にバンドの中心線をタッチする可能性はありますが、そこから下落して、バンドの下限まで下落といった動きになるのではないでしょうか。価格としては89.28円前後の水準を意識しておきましょう。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇し、上値を抑えられて下落した後、再度持ち直しての動きとなっています。まだ上値余地は残っており、底堅い展開となりそうです。ただ、中期線は下落基調を維持しており、中長期的には戻り売り優勢といった状況になっています。短期線が上昇して天井打ちといった展開になった場合に下落の勢いが強まりそうで、やはりバンドの下限まで下落といった動きになるでしょう。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

高値が切り下がり119.45~50付近がレジスタンスになってきている
11日に上昇後118.80~90付近がサポートになっており、
このレベルを抜けると118円台前半までの下落のリスクありとみている

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -165.56 10747.74 -1.52%
TOPIX -6.28   905.16 -0.69%
JASDAQ +10.83 1530.82 +0.71%
マザーズ +20.76  504.88  +4.29%

日経平均の下落に比べTOPIXが下げ渋り
中小小型株の堅調も目立ち、株式市場が全般的に下落という流れではない

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10747.74(-165.56)

今日の東京市場は大幅安となって終了しました。ドル円も下落する流れとなっており、調整の動きが強まっています。日銀の金融政策決定会合を前に、ポジションを調整したいとの思惑からの動きとなっています。

ドル円、クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上値が重くなっており、現状の安値割れのリスク。

特にロンドン勢は、下値をストップを狙いにくる可能性に注意となる。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が下げているが、本日は大きくは下げないと考えている。
チャートからは、下げるなら明日になりそうで、
その場合は87円台か86円台ぐらいが考えられそう。
まだ月曜の東京時間で、しかも本日は米国が休日。
焦る必要はなさそう。

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

日経平均は100円超安まで下落。
ドル円は一時89.40台まで反落する動きとなりました。

現在日経平均は90円安の水準まで小幅に反発。ドル円も
89.60台まえ値を戻しております。

明日に決定会合を控え、思惑交錯により目先の方向を占う
のは難しいところですが、
テクニカル的には、ここ数日強力に機能してきた
89.80前後のサポートを割り込んだ事もあり、これまでの
ゾンビ的な押し目買い意欲は若干後退する可能性はありそう。

市場の相場予測は調整リスクに言及しながらも、ほぼ円売り一色の
状態となっており、市場のセンチメントが一方向に傾き過ぎて
いる感も拭えず、やはりそういった時は一旦様子を見るのが
セオリーなのかもしれません。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

東京午前の動向は、日経平均株価が、明日の日銀金融政策決定会合を前に、利食いに押されたことで、円の買い戻しが強まった。
ドル円は、89.43、ユーロ円が119.10、ポンド円が141.83、オージー円が94.00、NZD円が74.60、カナダ円が90.13、スイス円が95.89まで下落した。

日経平均

テーマ: モノローグ

だいまん

失速。 45円安

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

90.25まで。 ただ、高値更新後は慎重。

円売り気味

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 06:08
EURUSD 1.3305-11
USDJPY 90.16-19
GBPUSD 1.5837-47
USDCHF 0.9345-61
AUDUSD 1.0506-15
NZDUSD 0.8360-69
EURJPY 119.95-03
GBPJPY 142.77-88
AUDJPY 94.72-80
NZDJPY 75.36-47
CADJPY 90.85-96
CHFJPY 96.32-47
EURGBP 0.8397-04
EURCHF 1.2437-57
ZARJPY 10.09-21

現在レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 05:39
EURUSD 1.3304-11
USDJPY 90.09-14
GBPUSD 1.5835-45
USDCHF 0.9346-62
AUDUSD 1.0506-16
NZDUSD 0.8360-70
EURJPY 119.89-97
GBPJPY 142.72-82
AUDJPY 94.67-76
NZDJPY 75.33-45
CADJPY 90.77-91
CHFJPY 96.26-42
EURGBP 0.8397-04
EURCHF 1.2437-57
ZARJPY 10.09-21

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 04:21
EURUSD 1.3303-10
USDJPY 90.03-10
GBPUSD 1.5841-53
USDCHF 0.9343-65
AUDUSD 1.0505-15
NZDUSD 0.8361-73
EURJPY 119.80-91
GBPJPY 142.71-85
AUDJPY 94.60-71
NZDJPY 75.28-45
CADJPY 90.71-90
CHFJPY 96.17-35
EURGBP 0.8392-01
EURCHF 1.2436-59
ZARJPY 10.05-22

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(ウェリントン記念日)、 NY市場休場(キング牧師生誕記念日)
09:01 (英) 1月ライトムーブ住宅価格(前回-3.3%)
16:00 (独) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.4% 予想+1.7%)
17:15 (スイス) 第3四半期鉱工業生産 [前年比] (前回+4.6%)
17:30 (香港) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.7% 予想+3.8%)
22:30 (加) 11月卸売売上高 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.3%)
03:00 (独) バイトマン独連銀総裁講演
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
オバマ米大統領・就任式

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 03:40
EURUSD 1.3308-21
USDJPY 90.00-07
GBPUSD 1.5853-64
USDCHF 0.9336-60
AUDUSD 1.0502-14
NZDUSD 0.8356-72
EURJPY 119.80-98
GBPJPY 142.75-91
AUDJPY 94.56-70
NZDJPY 75.22-45
CADJPY 90.68-88
CHFJPY 96.17-44
EURGBP 0.8391-00
EURCHF 1.2435-59
ZARJPY 10.02-21

変化のないスタート

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 03:05
EURUSD 1.3305-25
USDJPY 89.93-01
GBPUSD 1.5856-81
USDCHF 0.9333-62
AUDUSD 1.0491-19
NZDUSD 0.8334-75
EURJPY 119.68-92
GBPJPY 142.66-91
AUDJPY 94.39-65
NZDJPY 74.94-41
CADJPY 90.61-82
CHFJPY 96.09-40
EURGBP 0.8381-00
EURCHF 1.2425-59
ZARJPY 10.10-22

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月21日 03:04
EURUSD 1.3305-25
USDJPY 89.93-01
GBPUSD 1.5856-81
USDCHF 0.9333-62

既に動意は薄い

テーマ: モノローグ

だいまん

月曜日はNYホリデーもあり、既に参加意欲は鈍い。

NYダウは堅調なレベルを維持。ドル円は90円、ユーロ円が120円レベルで終わる感じでしょうか? それでも強い引けとなりそう。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が119.37、ポンド円が142.54、オージー円が94.18、NZD円が74.82、カナダ円90.28、スイス円は95.68まで値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、フィキシングの売りで1.3281へ下落、ドル円は89.70から90.06での揉合い。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

弱い配置から下落中。ポイントは1.3285あたり。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ミシガン大学消費者信頼感指数
 結果:71.3
 予想:75.0

発表後、マーケットの反応は限定的。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きを保ってだめだった。基調は弱含み。

ユーロドル・ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ユーロドルなどが緩んでドル円も弱かったが、
ユーロなど少し堅さも見え、ドル円の押し上げに寄与。
ユーロドルはまだ基調は強きを保っている。

ドル円は89ミドルの上ではまだ上の芽を持っており、
あと1円ぐらいあっても驚かないところ。

ニュージーランド円

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日ブレークするまでのレジスタンス74.70~75付近が短期のサポート
短期的には74.70~75.20のレンジに

74.70をブレークすれば74.35~40付近がサポートに

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

アジア系中銀の買いの噂で1.33台前半から1.3365~70付近まで反発
1.3330~70のレンジで推移している
1.3370付近が上抜けすれば1.34トライとなるが
逆に1.3330付近を割れると1.33トライに
狭いレンジ内の動きに

相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

揉合い入り。 週末の欧州勢の利食いが優勢となった後は、新規にポジション構築する向きも少ないようだ。

後はNY勢待ち。 NYダウ先物は、現在13600ドルで、前日比変わらずのレベルで推移。

相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

揉合い入り。 週末の欧州勢の利食いが優勢となった後は、新規にポジション構築する向きも少ないようだ。

後はNY勢待ち。 NYダウ先物は、現在13600ドルでの推移。

ユーロスイスは

テーマ: モノローグ

だいまん

「スイス政府がスイス国立銀行(SNB)にユーロスイスフランの下限を1.2000スイスフランから1.2500スイスフランに引き上げるよう要請している」との噂で、上昇した反動で、1.2456まで下落、ドルスイスも0.9335まで値を下げた。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん


総じて東京のリスク志向の動きからは、利食いが優勢となった。
 ユーロドルは、1.3335まで下落後1.3368へ反発、ドル円が89.70へ値を下げた。
 ユーロ円が120.71から119.65へ値を下げ、ポンド円が142.94、オージー円が94.18、NZD円が74.82、カナダ得んが90.63、スイス円は96.27まで上昇後95.87まで値を下げた。 

ドル円

テーマ: 独り言

ウルフ

来週の日銀決定会合までは底堅く推移し、
決定会合後は利益確定の売りに押される

といった(ある意味王道的な)相場観が目立っておりますが、
米市場は3連休前という事もあり、NY午後あたりで一足先に意表を
ついた売り攻勢、なんて展開もありそう。

個人的には90円付近、又は90円より上の水準では戻り売りスタンス
のjobbingに妙味ありと踏んでおりますが、果たして・・・

ドル円 利益確定売り?

テーマ: 独り言

シーマスター

私の思惑とは、逆にドル円は反落。
ちょっと欲張りすぎたかな・・(笑)
ナンピン作戦か、それともユーロドルにトレードの目先を変えるか悩みどころ。

ドル円 利益確定売り?

テーマ: 独り言

シーマスター

私の思惑とは、逆にドル円は反落。
ちょっと欲張りすぎたかな・・(笑)
ナンピン作戦か、それともユーロドルにトレードの目先を変えるか悩みどころ。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=143.00-145.00)
戦略としては143.45-50と144.00-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は144.20-25超えが慎重な倍返しも144.30-35、144.45-50と利食い&売り直して、ストップは144.60-75超えや144.80-85超えで、倍返しは若干不透明も、その場合ターゲットは144.90-95、145.50前後と利食い優先で、売りは145.95-00をバックに検討される。 一方下値は143.25-30と買い下がって、ストップは142.90-05割れで、142.70-85での買い直しのストップは142.40-55割れで、倍返しも142.00-25での買い戻しから、買いは141.60-70がストップ、141.10-15での買い下がりのストップは、140.85-90割れで、140.75-80は維持を見て買っても、ストップは140.50-60割れや140.40-50割れでの倍返し。 ターゲットは140.15-20、139.90-00、139.55-70と買い戻し&買い下がって、ストップは139.35-40割れで倍返し。(予想時レート:143.95 予想時間 15:20)

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.03%
英FT +0.14%
フランスCAC +0.07%
イタリアFTSEMIB -0.22%
スペインIBEX +0.13%
ギリシャGD.AT 1.1%

小幅上昇

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

88円ローから買いあがった分は、90円前後で半分おとした。
もうひとふきあってもいいが、
89.66越の時点ですでに上昇波は完成している。
89ミドルきれでは反落に備えるスタンス。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から一気に下限まで下落し、さらにバンドブレイクからの動きとなっています。日中の安値をブレイクしての動きであり、バンド幅の拡大を伴っての動きとなっているだけに、警戒感が高まる状況となっています。さらに下値を追う可能性が高まっています。バンド幅自体はそれなりに拡大していることを考えると、バンドの上限の動きには注意が必要と言うことはできるでしょう。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落基調となっており、中期線もゆるやかな下落から、ここに来て下落の勢いが増してきている状況です。短期線には多少の下値余地が残っていることを考えると、まだ売り優勢の局面ということができるでしょう。中期線の下落基調から考えると、中長期的にも売られやすい地合いということが出来そうです。短期線が底打ちから持ち直してもバンドの中心線である1.3357ドル前後の水準が意識されることになりそうです。

ユーロドルのレジスタンス

テーマ: 独り言

YEN蔵

2011年10月の高値1.4245~2012年7月の安値1.2040の61.8%が
1.3395~1.3400付近
このレジスタンスが子の上昇局面で機能している

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限と中心線のレンジ圏の動きとなっています。バンド幅は大きな動きとなっておらず、全体的な流れも横ばいとなっています。現状はバンドの上限から調整が入り、中心線を意識しての動きとなっています。中心線で支えられるかどうか、といったところが注目です。バンドが横ばいとなっていることから、バンドの下限まで下落する可能性も高そうです。価格としては下限は89.72円前後の水準となっています。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落してきたが、中立水準で反転する動きとなっている。中期線も下落基調から反転する動きとなっており、現状の下落基調から考えると、完全に反する動きとなっています。バンドの中心線で支えられて再度上昇する動きとなるのかどうかに注目が集まる所です。特に短期線の動きには注目ですが、中長期的な基調の改善が見られるだけに、底堅い動きになりそうです。

欧州時間に入っても

テーマ: 独り言

シーマスター

欧州時間に入ってもドル円は90.00円が非常に堅い。
もう一回上を試すような気が・・・・(16:40)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、円が軟調な推移を継続した。 ただ、上昇したドル円、クロス円には、週末のポジション調整的な売りが一時強まったが、浜田内閣官房参与が「ドル円の95円から100円への円安進行は懸念する必要ない」と述べたことで、再度円売りが拡大した。 また、303円高で終了した日経平均株価なども下支えとなった。
 ドル円は89.64へ下落後、90.20まで上値を拡大、ユーロドルは1.3362から1.3392での小動きに終始。 クロス円では、ユーロ円が119.80から120.71、ポンド円が143.11から144.11、オージー円が94.37から95.01、NZD円が74.87から75.37、カナダ円が90.87から91.42、スイス円が95.68、96.57まで一時値を上げた。(16:00現在)

日経平均株価は

テーマ: モノローグ

だいまん

303円高。 10913円で終了。 

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10913.30(+303.66)

今日の東京市場は大幅上昇となって終了しました。ドル円が90円台に突っ込んでの推移となっていることが好感される状況となっています。さらに海外株式市場も堅調な推移となっており、相場を押し上げる展開となりました。

為替相場はドル円が90円台での推移となり、クロス円も上昇する動きとなっています。ユーロドルは比較的動きの小さい展開となっており、目先は様子見ムードとなっています。ダウがさらに上値を追うかどうか、といった所でしょう。

ドル円

テーマ: ニュース

ウルフ

内閣官房参与 浜田氏
 「円安は1ドル100円くらいが良い水準ではないか」

上記発言を受け円が下押しする展開。
ドル円は90.20まで上昇し本日高値を更新。

引き続き要人発言に注意ですね。

政府・日銀三者会談

テーマ: ニュース

YEN蔵

白川・日銀総裁、麻生財務相、甘利経済再生担当相とのデフレ脱却に向けた
政府・日銀の共同文書をめぐる協議では結論は出ず

甘利大臣は 日銀政策決定会合で決定があれば
何らかの形で公表と語っている

中国経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

実質GDP(第4四半期)
 結果 7.9%
 予想 7.8% 

鉱工業生産(12月)

 結果 10.3%
 予想 10.2% 


小売売上高(12月)
 結果 15.2%
 予想 15.1% 

発表後、マーケットは小幅に円売り・ドル売りで反応。
只、値動きは限定的。

そういえば・・・

テーマ: 独り言

ウルフ

セントルイス連銀総裁の発言以降、米当局は円相場に対して
何らコメントを発しておらず、少々不気味な感じ・・・

ある程度の円高是正は容認する構えを採っているのかもしれませんが、
米自動車業界からは不満の声も出始めており、90円をしっかりと超えた
際には警戒が必要かもしれません。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円はNY終盤にて90円台示現。
ついに石破レンジ(85~90円)の上限に到達致しました。
90.10台まで上昇後は、89.80台まで反落。しかし、89.80台は
非常に底堅く、きっちりとサポートされております。
(と書き込みしている間に89.60台まで下押しする動きとなりました)

現状非常に底堅い動きが継続しておりますが、一方で長らく意識された
大台到達の達成感も出てきそうで、ここからは90円前後で不安定な動きと
なるかもしれません。

目先はこの後の中国のGDPを見極めたいとの思惑もありそうで、
発表後の動きには注意したいところです。


ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨夜90円に乗せ90.13まで上昇。
今朝は再び上値トライするも越えられず。
このため本日は金曜日でもあるし、一旦は達成感から下げる可能性が出ている。
89.20付近を下抜けると、大きく下げるかもしれず、注目している。

仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

売りが優勢となりそう。

朝から

テーマ: 概況

コロフ

日経平均は朝から急騰し、現状250円弱の上昇となっています。ドル円が一時90円台を回復する中で一気に上値を追う展開となっています。10900円がまずは目標となりそうですが、一時的には調整の動きが入ってもおかしくは無さそうです。問題は為替相場で再度90円台を回復することができるか、といった所でしょう。日足で見ると、目標は91円前後の水準であり、上値余地が残っている状況です。となると、一時的な調整が入っても買い優勢ということになりそうです。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 第4四半期輸入物価指数 [前期比] (前回-2.4%)
11:00 (中) 10-12月期GDP[前年比](前回7.40% 予想7.80%)
11:00 (中) 12月鉱工業生産[前年比](前回10.10% 予想10.20%)
11:00 (中) 12月小売売上高[前年比](前回14.90% 予想15.10%)
11:00 (中) 12月固定資産投資[前年比](前回20.70% 予想20.70%)
13:30 (日) 11月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回-1.7%)
13:30 (日) 11月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-5.8%)
18:30 (英) 12月小売売上高指数 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
18:30 (英) 12月小売売上高指数 [前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)
22:30 (加) 11月製造業出荷(前回-1.40% 予想0.40%)
23:55 (米) 1月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回72.9 予想75.0)
24:00 (メキシコ) メキシコ中銀政策金利公表
05:10 (ユーロ圏) ベルルスコーニ前伊首相「TV番組に出演」
安倍首相「ベトナム、タイ、インドネシア歴訪」
米決算発表:アメリカン・エキスプレス、グーグル、ステート・ストリート、ゼネラル・エレクトリック、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、モルガン・スタンレー

1/20(日)
独ニーダーザクセン州議会選挙

東京時間どころか

テーマ: モノローグ

だいまん

NYで早々と90円やってしまったのね。。。。

ここは売るにも買うにもやりづらい。。。。ただ、早朝にまたぞろ本邦からの買い仕掛けが入るか注意。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

120円とほぼ下落を全戻し
120が完全に抜けサポートされるようだと
2011年4月の高値123.30がターゲットになるのだが

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

一時89.90台まで上値を拡大。
日銀が無制限緩和検討との報道がきっかけとなった様です。

90円の大台が意識されているだけに、一旦はそこに到達しなければ気が済まない
という「相場の意思」の様なものを感じたりもしますが・・・

流石に90円手前からの上値追いは躊躇するところで、ここから先は戻り売りに
妙味がありそう。


ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調も強気になり、期待した上昇。
目先は買いすぎのゾーンに入る。
ここからは利食いを入れるスタンス。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

再度高値となる89.56を目指す動き。 こんな動きが続くなら14日の高値89.68を超える上昇が、東京時間にもありそうで注意。 
ともかく現状レベルからショートは禁じ手。 

ドル売り

テーマ: モノローグ

だいまん

米フィラデルフィア連銀1月製造業景気指数は、マイナス5.8、12月改定値のプラス4.6から悪化。市場予想平均プラス6.0を下回った。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ弱気で上値重く、反落。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇スタート。

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の取引はリスク志向が高まっている。
 ユーロドルが1.3378、ドル円が89.56まで上昇、クロス円では、ユーロ円が119.75、ポンド円が143.54、オージー円が94.37、NZD円が75.23、カナダ円が90.87、スイス円が96.22まで上昇。 
 ただ、押し目もほとんど作らず上昇している感じがあり、更なる上値追いは厳しい。 
 NYダウは13537ドル、前日比26ドル高で推移。 

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

88.10-30の上では上昇リスクなりに上昇してきた。
基調は下落バイアスはなくなりつつあり、
上向きになるとさらに上を狙いやすくなる。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.32%
英FT -0.09%
フランスCAC +0.36%
イタリアFTSEMIB +0.66%
スペインIBEX +0.37%
ギリシャGD.AT +0.1%

ドイツDAXを除き全般的に堅調な動き

スペイン国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

2015、2018、2041年償還の国債入札で45億ユーロの調達成功(予定35~45億ユーロ)
2015年 利回り2.713%(前回3.258%)応札倍率2倍(前回4.8倍)
2018年 利回り3.77%(前回3.988%)応札倍率2.3倍(前回2.6倍)
2041年 利回り5.696%(前回5.893%)応札倍率2倍(前回2倍)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

それではユーロドルの30分足を見てみましょう。

まず、ボリンジャーバンドでは一気に上昇してバンドブレイクからバンドウォークとなる動きとなっています。バンドの下限が下向きになっていることを考えると、さらに上値を追う可能性もあるでしょう。レンジ圏をブレイクしての動きとなっているだけに、警戒感は高まる状況となっています。1.335ドル前後の水準では目先抑えられているようにも見えますが、バンドウォークとなれば、再度試す展開も考えられるところでしょう。

RCIで見ると、短期線が急上昇して高値圏を意識しての動きとなっています。天井打ちとなるかどうかがポイントとなっていきそうです。一方、中期線も持ち直しの動きから高値圏を目指す格好となっています。このまま上昇基調を維持することになれば、中長期的にも買い優勢ということになるでしょう。とりあえずは短期線の動きに注目ではありますが、一時的に調整が入っても、しっかりとした動きが予想されるところではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

それでは現状のドル円の30分足を見てみましょう。

まず、ボリンジャーバンドではバンドの中心線で支えられての持ち直しの動きとなっています。そのままバンドの上限まで上昇する動きとなっており、かなりの強気相場であることがうかがえます。バンドブレイクからの動きがあるかどうかといったところです。一時的には調整が入るのかと思ったのですが、そういった展開にはならない可能性も見ておく必要があるでしょう。少なくとも売りは仕掛けにくい所ではあります。それでも一時的には調整が入るとみているのですが、それは日足での話ですからね。

RCIで見ると、天井打ちしていた短期線が横ばいでの動きへと変化しています。ほぼ高値圏での動きであり、再度持ち直すようなことがあるのかどうかがポイントになっていきそうです。中期線が持ち直しており、上昇基調を継続していることを考えると、動きとしてはかなり強い状況にあることが分かります。そう考えると、短期線も持ち直す可能性があり、さらに上値追いといった動きも頭には入れておきたいところです。バンドブレイクからバンドウォークとなるかどうか、といった状況です。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

も目先上向きを保って反発。
現状は基調はまだ弱気、こちらも強気になれば
さらに上を狙いやすくなるところ。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

昨日から目先上向きを保って、下の固さを確認している形。
基調はまだ弱気で相反。

ユーロポンド

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロポンドは本日安値を下抜けなけれ上昇になりそう。
その場合、昨日の高値、今週の高値が目標でこれらをクリアに上抜けできなと、
その後大きく下げる可能性も出てくる。
まずは上昇の動きが昨日高値や今週高値に向かうか注目している。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のポイント88.11はサポートされ、
目先上向きを保って反発。
基調は弱気でまだ上値は重い状態。
88.10-30の上では反発の芽を持っている。

株の下落

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

円高のせいか? 為替は株のせいだと言うし、実態は不明。

ただ、来週の日銀を控えて、週末がらみでポジション調整と考えれば、妥当かも。。。。

(実際市場参加者は、日銀が2%目標を入れても、実行する手段がないのは、誰でもしってるからね。)

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円買いの動きは昨日でいったん中断し、昨夜から少し円安へ。
先ほど円買いの動きがあったが、これが続くかどうかは
ドル円・クロス円が昨日安値を抜けるまで判断保留。
円は方向感がなくなってきて、ちょっと手を出しにくい。

東京市場

テーマ: 概況

コロフ

東京市場はレンジの動きとなっており、前日終値付近がレンジの下限といった状況となっています。現状はその下限付近での動きで前引けとなっていますが、ここからの下押しがあるのかどうか、といったところに注目が集まりそうです。後場に入り、上値の重い展開となれば、前場の安値をブレイクして、マイナス幅を拡大といった展開も考えられる所です。ここ最近の調整の流れが強いだけに、警戒を要する状況にあることは事実でしょう。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

昨日荒れた動きとなったが、現状の為替相場は一服気味。

相変わらず買いが強いが、それも株価次第。

ドル円は88円台のイメージだが、ユーロドルが1.32ミドルを守るうちは底堅く、

ユーロ円は、今日も荒れるのか? 注意となる。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、大きな材料に薄い中、株価につれて相場が上下に荒れた動きとなった。 ユーロドルは、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が、「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」などと発言したことを受けて、1.3325まで上昇後、1.3257まで下落、ドル円は87.86から88.67まで値を上げた。 
クロス円も荒れた動きとなったが、株価が堅調レベルを維持してことで、一時の安値からは買い戻しが優勢となった。 ユーロ円は116.46から118.03まで上昇、ポンド円が140.51の安値から141.93、オージー円が92.48から93.62、NZD円が73.47から74.57、カナダ円が88.95から90.01、スイス円が94.41から95.32まで値を回復した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 11月第3次産業活動指数(前回-0.10% 予想0.10%)
09:30 (豪) 12月新規雇用者数 (前回+1.39万人)
09:30 (豪) 12月失業率 (前回5.2%)
17:30 (香港) 12月失業率 (前回3.4%)
18:00 (ユーロ圏) ECB月例報告
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
18:50 (ユーロ圏) フランス 仏長期債入札
19:00 (ユーロ圏) 11月建設支出 [前月比] (前回-1.6%)
19:30 (英) 英インフレ連動債入札(2029年償還物・10億ポンド)
21:00 (米) バンク・オブ・アメリカ・10-12月期決算発表
22:00 (米) シティグループ・10-12月期決算発表
22:30 (米) 12月住宅着工件数 (前回86.1万件 予想89.0万件)
22:30 (米) 1/12までの週の新規失業保険申請件数 (前回37.1万件 予想36.8万件)
22:30 (米) 12月建設許可件数(前回89.9万件(90.0万件) 予想90.4万件)
24:00 (米) 1月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回8.1(4.6) 予想5.6)
02:05 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
03:30 (独) メルケル独首相「ニーダーザクセン州議会選挙キャンペーンで演説」
06:00 (チリ) チリ国立銀行政策金利発表
06:45 (NZ) 第4四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.3%)
06:45 (NZ) 第4四半期消費者物価 [前年比] (前回+0.8%)
安倍首相「ベトナム、タイ、インドネシア歴訪」

米銀決算 GS

テーマ: ニュース

YEN蔵

ゴールドマンは利益が28億ドルと前年同期比3倍 1株利益5.6ドルに(予想3.78)
収入は53%増の92億ドル

債券トレーディング部門の信用商品と住宅ローン事業収入が大幅増に


ユーロ円

テーマ: モノローグ

だいまん

117.83まで上昇。これでトータル6円09銭の動き。 

で、今日の高値118.26まで上昇したら、行って来いになるが。。。。

それはお笑いというより、怖い。。。。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

強い方向感が欠如する中、株価につれて相場が上下する形。 

ユーロドルは、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が、「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」などと発言したことを受けて、1.3325まで上昇後、1.3257まで下落。

ドル円は87.86から88.48まで値を上げた。 

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で売りすぎとなり、目先も上向きに転換し、
堅さがみえている。
レジスタンスは88.30-50でこれを超えてくると、
上の芽がでやすいところ。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

EURAUDが下げる気配。
本日安値付近を下抜けると、もう一段下げる可能性が高まる。
その場合は豪ドル買いになるので、AUDUSDは下げずに上がる可能性が高い。
AUDUSDは方向感が弱いので、注目の1.0520を前に上がるかもしれない。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

CPI
【前月比】
 結果:±0.0%
 予想:±0.0%

【前年比】
 結果:+0.1%
 予想:+1.8%

CPIコア
【前月比】
 結果:+0.1%
 予想:+0.2%

【前年比】
 結果:+1.9%
 予想:+1.9%

発表後、マーケットの反応は限定的

レンジは

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が118.26から116.46として、中心が117.36か?

今後の上げの目処となるか?

今日のユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

朝の118.26→116.87(1.39)
116.87→117.36(0.49)
117.36→116.46(0.90)
116.46→117.64(1.18)
117.64→116.67(0.94)
116.67→?

既に合計4.93円も上下に動いている。歯向かうには危険すぎる。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

下げもすごいが、上げも恐ろしい。

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13450ドルまで下落。

ユーロ再度急落

テーマ: モノローグ

だいまん

大きな材料はない模様。

ダウ先物の下落、買いすぎの反動。ポンドの下落などが要因として指摘されている。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

さすがに118円は無理だったけど、今度は117円割れ? 

上下に振れるから。。。安心できない。

円の動き その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円・クロス円は下げたが先ほどから少し戻している。
しかし、流れは下向きで円買い方向継続と思われ、
20時台が戻り高値だったかもしれない。
この後22時台に下げるようなら、円買いが再開しそう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置のままで上値重く、
NYのポイントの88.30-50で止まり反落。

ユーロ買いは

テーマ: モノローグ

だいまん

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
「ユーロ相場は現在主要な懸念事項ではない」
があったのね。

ともかく

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は117.60-70がストップ圏なので注意。

まさか。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が118円手前まで上がったらびっくり。

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

10620円まで回復。円売り要因。

アンド、ショート・カバーだなあ。。。。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

昨日の89.20のポイント切れでのドルショートは
目処とした88円割れでクローズした。

今日のポイントは89.50で、
この下ではまだ重くなる可能性があるが、
すでに大枠で売りすぎのゾーンに到達しており、
現状下向きの目先も上向きになると
反発の芽がでてくるところ。
今は固めるかどうかを見ている。

AUDUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは少し方向感がないなかで下落してきている。
AUDUSDは本日の安値を更新しており、
先週の安値1.0520付近を下抜けると、
下げ足が早まる可能性があり注目している。

欧州国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

ドイツ2023年償還 1.5%クーポン 50億ユーロ 結果19時30分ごろ

ポルトガル2013年4月償還、2014年7月償還 Tビル 22.5~25億ユーロ 結果19時45分頃

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.19%
英FT -0.48%
フランスCAC40 -0.34%
イタリアFTSEMIB -0.96%
スペインIBEX -0.61%
ギリシャGD.AT +0.55%

アジアの流れ引き継ぎ弱含み

円の動き その2

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州時間も円買いが継続。
ジム・オニールの発言は調整のきっかけとなった模様。
ドル円は当面87円ミドルが目標だが、その下は86円台入り。
日足のボリンジャー中心線がこの86円後半にあり、
ここまでの下落は考えておきたい。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 16日の東京市場は、 軟調な日経平均株価、自民党の石破茂幹事長が、「(最近の円安は)産業によっては困る企業も出てくる」と述べたことから、円の買い戻しが強まった。 
 ドル円は、88.87から87.95、ユーロ円が118.26から116.87、ポンド円が142.78から142.20、オージー円が93.88から92.77、NZD円が74.74から73.82、カナダ円が90.30から89.25、スイス円は95.38から94.35まで一時下落した。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられての下落となっています。バンドの下限まで下落してきており、先行きに対する警戒感は根強い状況です。バンド幅は縮小傾向にあり、バンドの下限で支えられる可能性も高い状況ですが、上限が下落から横ばい基調に変化しているのは一応頭に入れておきましょう。ここから上昇となった場合は危険です。上値の重さが意識されているだけに、戻してもバンドの中心線といったところとなりそうです。

RCIで見ると、短期線が上昇基調から腰折れして急落しています。中期線も底打ち基調からの下落であり、下値圏での動きを強いられています。流れは下向きであり、さらに下方向を目指す可能性が高まっています。バンドの下限に到達している状況でのRCIの形の悪さであり、バンドブレイクからバンドウォークして下値を追う、といった動きも十分にありえるでしょう。そうなった場合は1.3250ドル前語の水準が意識されることになりそうです。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=140.50-142.50)
戦略としては141.30-35と141.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は141.65-70超えでの倍返し。ターゲットは141.90-00、142.10-15と利食いで、売りはこういった位置から142.25-30、142.50-55と利食い&売り直し。ストップは142.70-85超えで、142.95-00、143.15-25での売り直しのストップは143.30-40超えでの倍返しも、ターゲットは143.60-70、143.75-80と利食い優先で、売りは143.95-00まで売り上がって、ストップは144.15-25超えで、144.30-35、144.45-50と売り直して、ストップは144.60-75超えや144.80-85超えで、倍返しは若干不透明も、その場合ターゲットは144.90-95、145.50前後と利食い優先で、売りは145.95-00をバックに検討される。 一方下値は141.15-20割れがストップも、140.85-00、140.75-80、140.60-65と順次買い場を探して、ストップは140.40-55割れで、140.15-20、139.90-00、139.55-70と買い下がって、ストップは139.35-40割れで、倍返しも139.00-20での買い戻し&買いで、ストップは138.85-90や138.65-70割れで、倍返し。このターゲットは138.45-55の動向次第。維持では買戻し&買っても、ストップは138.20-30割れで、138.05-15割れでの倍返し。(予想時レート:141.45 予想時間 15:40)

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

10560円へ下落。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3200-1.3350)
戦略としては、1.3270-75と1.3295-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3310-20超えがストップで、倍返しもターゲットは1.3325-35、1.3340-50と利食い&売り上がって、ストップは1.3355-65超えで、倍返しも1.3375-85のCapでは利食い&売り。 ストップは1.3390-00超えや1.3400-05超えでの慎重な倍返し。ターゲットは1.3420-30、1.3450前後と利食い優先から慎重に売り場探し。 ストップは1.3485-90超えで対応となる。 一方下値はストップが1.3260-65割れ、1.3245-50割れでの倍返し。 このターゲットは1.3215-25、1.3200-10での買い戻し&買いで、ストップは1.3170-85割れでの倍返しもターゲットは、1.3150前後、1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3285 予想時間 15:30)

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの下限をバンドウォークする動きから調整が入ったものの、バンドの中心線までは届かずに押し戻されている状況となっています。流れとしては再度バンドの下限を目指す可能性が高く、88円を割り込んでの動きとなりやすいところです。バンドの上下限中心線は下落基調となっており、大きな動きにはなりにくいものの、下落トレンドが継続されやすい局面といえそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇基調となっていましたが、中立水準で腰折れ気味となっています。一方、中期線は下落基調が継続されており、下値圏に入っています。中長期的に見ても売り優勢の局面であり、短期線の腰折れから下落といった動きが継続されるのであれば、やはりバンドの下限まで下落する可能性が高いでしょう。価格としては87.80円全語の水準であり、今日の安値を突破するでしょう。

今日は水曜日のなので

テーマ: モノローグ

だいまん

これからの動きは注意。

ユーロ円

テーマ: モノローグ

だいまん

117円割れを3回トライも割れず。テクニカル的に強いこともあるが、ドル円やユーロドルがついて行ってないことが気にかかるところ。

日経平均下げ幅拡大

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価が下げ幅を拡大し、250円安水準まで下落する展開となっています。一時的な調整の動きが強まっており、警戒感は根強い状況です。この流れで欧州時間に突っ込むと危険かも知れません。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

88円割れは一旦サポートされたが、損切りが出た88.20付近もレジスタンスになっている
短期的にはどっちに抜けるかだが

東京市場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は一時200円安水準まで下落し、そこから下げ渋る展開となっています。ただ、引けにかけて一段安となる可能性もあり、警戒感は高まっています。為替相場の円安修正や、買われすぎ感が意識されているだけに、しっかりとした調整が入る展開を視野に入れて、ただ、押してきたところは拾っていくというのもいいかもしれません。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

大分調整圧力が強い感じ。
欧州勢の参入で一旦88円割れも意識しておいた方が良い
かもしれませんね。

現在のレート
 ドル円:88.13

午後の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均は200円超えの下げ。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

転換線を割れているが、直ぐに下落は拡大していない。

ただし、87.85-90の上昇スタート位置を割り込むと86.70-90、更に86.50-55もターゲットとなるが、可能性としては、86円に控える基準線まではあるかも。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

現在117円が支えるとも116.80-85レベルが重要となりそう。

まず日足の一目均衡表の転換線が116.80-85、フィボナッチ・リトレースメント(113.55-120.13)の半値が116.84で、しっかりと割れるとそれ以前の高値116円、日足の窓の下限からは115円などがターゲットとなる。

更なるストップ圏は、114.75-80の上昇スタート位置。

なんか

テーマ: モノローグ

だいまん

似たようなレベルだが、
ドル円は88.15-20と88.40-45、
ユーロ円は117.15-20と117.40-45の攻防。

後場の日経平均の

テーマ: モノローグ

だいまん

寄り付きに注意となりそう。

東京午前

テーマ: 概況

ウルフ

ドル円は一時88.05まで下落。
ユーロ円も一時117円付近まで下押しとなりました。
日経平均も調整が進み、一時180円安の水準まで下落しております。

ある意味健全な調整と言えそうですが、少なくとも日銀の決定会合前後までは
押し目買い意欲も維持されそうで、突っ込んでの売りは控えた方が
良さそうです。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

本日も円買いが継続。
ドル円もクロス円も昨日安値をすでに下抜けており、
ここからさらに下げると、本格的な調整となる可能性が出てくる。
円売り推奨していたジム・オニールも「円はやや売られ過ぎ」と発言し、
円は買い戻されやすくなっている。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

軟調な日経平均株価を受けて、円の買い戻しが一時強まる。
 ドル円が88.05、ユーロ円が117.01、ポンド円が141.50、オージー円が93.00、NZD円が74.01、カナダ円が 89.43、スイス円が94.60まで一時下落した。 

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、一時の円買いから政府と日銀の共同文書の草案として「日銀は2%のインフレ目標にコミットする」と報じられたことで、巻き戻しとなったが、買い戻しが一服すると揉み合い気味の推移となった。 
 ドル円は88.28の安値から88.94まで上昇、ユーロドルも1.3310から1.3358まで一時値を戻したが、その後ユンケル・ユーログループ議長が、「ユーロの為替レートは相場は危険すぎるほど高い」と述べたこことで、1.3264まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が117.65から118.74、ポンド円が141.65かsら142.83、オージー円が93.10から93.78、カナダ円が89.57から90.35、スイス円が95.16から95.85へ一時値を戻したが、その後売りに押され、NZD円は74.17から74.60まで反発後74.13と安値を若干更新した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (豪) 1月ウエストパック消費者信頼感(前回-4.10%)
08:50 (日) 11月機械受注 [前月比] (前回+2.6% 予想+0.2%)
08:50 (日) 11月機械受注 [前年比] (前回+1.2% 予想-6.8%)
17:15 (スイス) 11月実質小売売上高 [前年比] (前回+2.7%)
17:20 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.2%)
19:30 (独) 10年債入札(50億ユーロ)
20:00 (南ア) 11月実質小売売上高 [前年比] (前回+1.0% 予想+0.7%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回11.70%)
21:00 (米) JPモルガン・チェース・10-12月期決算発表
21:30 (米) ゴールドマン・サックス・10-12月期決算発表
22:00 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演「金融政策」
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.3% 予想0.0%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.8% 予想+1.8%)
22:30 (米) 12月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.9% 予想+2.0%)
23:00 (米) 11月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+13億USD)
23:00 (米) 11月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回-567億USD)
23:15 (米) 12月鉱工業生産 [前月比] (前回+1.1% 予想+0.2%)
23:15 (米) 12月設備稼働率 (前回78.4% 予想78.5%)
24:00 (米) 1月NAHB住宅市場指数 (前回47 予想48 )
24:30 (米) 週間原油在庫(前回+131.4万バレル)
02:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
04:00 (米) 地区連銀報告(ベージュブック)
安倍首相「ベトナム、タイ、インドネシア歴訪」
ブラジル ブラジル中央銀行政策金利発表
日5年国債入札(2兆5000億円)
米決算発表:USB USバンコープ、イーベイ、チャールズ・シュワブ

ユーロ

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルが1.3264、ユーロ円は一時117.60まで安値を更新した。

ユーロ急落

テーマ: モノローグ

だいまん

ユンケル・ユーログループ議長
「ユーロの為替レートは危険なほど高い」

ユーロ急落

テーマ:

だいまん

ユンケル・ユーログループ議長
「ユーロの為替レートは危険なほど高い」

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きで下げやすい配置から、
「ユーロドルは危険なほど高い」のコメントで下落。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きで下値を伸ばしていたが、目先は上向きに、
下は堅い印象。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が117.65から118.74、ポンド円が141.65かsら142.83、オージー円が93.10から93.78、カナダ円が89.57から90.35、スイス円が95.16から95.85へ一時値を戻したが、NZD円は74.17から74.60まで反発後74.13と安値を若干更新した。 

ご無沙汰しておりました 今週~来週の戦略

テーマ: ご挨拶 戦略 株式市場 独り言

シーマスター

皆様、長らくご無沙汰しておりました。

現在新しいビジネスに取り組んでおりまして、コチラへの投稿相当期間、おざなりになっておりました。大変申し訳ございませんでした。

相場自体は、頻繁にトレードをしておりましたが、なかなか記述の時間が取れなくて・・・
現在は、ひと段落して時間が取れるようになって来ましたので、再度こちらでお役に立てる情報発信をしていきたいと考えておりますので、末永くよろしくお願いします。

さて、皆様はこの株高・円安のワンウェイ相場で収益を得ることができましたか?

ワンウェイの相場もご存知のように21・22日に行われる日銀金融政策決定会合が、大きな節目になるのではないか?と考えています。
本日もありましたが、日本の政府要人発言も過度の円安期待を煽らないようにブレーキをかける発言などが頻繁に出るようになり、マスコミに対して事前に情報を流す事をしている感さえします。
そうなりますと、会合終了後はまさしく「噂で買って・・・・」の典型的なパターンとなり長期的なベクトルは、さておき会合までは底堅く円安で推移していくと予想しています。
会合までの間、円安推移となれば日経も底堅いわけで、それまでは様子見と行く予定です。

米国株式市場では明日GS、JPモルガン、明後日はシティG、バンカメなどの金融機関の決算が発表となり、結果次第では大きく米株相場に影響を与えそうです。また明後日は新規失業保険申請件数、住宅着工/建設許可件数なども発表が控えており株式市場にとっては大きく動く可能性が高いと見ております。
さらに先の話ではありますが、来月には中国の旧正月を控えて、中国株式を現金化するシーズンが到来する時期でもあります。
従いまして個人的な戦略としては、今週~1月月末にかけて少しづつインデックスを売り増しをしていく作戦をとりたいと思います。
ただ、リスク回避の円買いという選択肢がなくなった現在、対象とするインデックスは日経平均先物ではなく、ダウを中心に行いたいと思います。
(インヴァスト証券さんではCFDで対応可能です)
また、実需において供給過多になっている原油相場も株式市場に連動して上昇していますが、いったん調整がはいると睨んで、こちらもショートポジションをメイクしていく予定です。

なお、余談ですが安部総理の「アベノミクス」の期待は、日本国内よりもむしろ欧州などの諸外国の方が期待が大きいと聞きます。欧州自体の経済のみならず、中国経済も疲弊してきている現在、世界景気上昇に日本に対して、相当の期待と関心を持っているようです。
今まで日本の株式市場は、米国株式市場に大きく左右される展開が多かったですが、日本の株式市場が主導する日もそう遠くないかもしれません。


日銀

テーマ: ニュース

YEN蔵

政府日銀の共同文書草案で、日銀が中期的な2%のインフレ目標にコミットと報道があり
ドル円が反発

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの1.6020がきいて反発。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先売りすぎから反発、まだ下向き。

スイス売り

テーマ: 独り言

田向宏行

EURCHFが1.24台に乗り、スイスフラン売りが継続。
USDCHF、GBPCHFも上昇、CHFJPYは下落。
ユーロスイスの巻き戻しが本格化するとスイスは大きく下げそう。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

小売売上高
 結果:+0.5%
 予想:+0.2%

小売売上高【除自動車】
 結果:+0.3%
 予想:+0.2%

NY連銀製造業景気指数
 結果:-7.78
 予想:±0.00

発表後、マーケットは小幅にドル買いで反応。

ユーロドル その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは注目の1.3330を下抜けて下落。
大きな流れはまだユーロ買いと思われるが、
1.32ミドルぐらいの下落はありそう。
ただそれでも大きな流れはユーロ買い継続の可能性がありそう。

円の動き その2

テーマ: 独り言

田向宏行

円買いが継続。
甘利大臣の発言もあるが、GSAMのジム・オニールの発言が効いていそう。
11月からの円安相場も彼の発言が効いており、
円安の動きが大きく巻き戻される可能性もある。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下向きの配置から順調に下落。
ここからは目先売りすぎのゾーンにはいる。
一部でも利食いも。

NY中盤まで

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の円買いから、政府と日銀の共同文書の草案として「日銀は2%のインフレ目標にコミットする」と報じられたことで、巻き戻しとなったが、買い戻しが一服するとその後は揉み合い気味の展開。


 ドル円は88.28の安値から88.94まで上昇、ユーロドルも1.3310から1.3358まで一時値を戻したが、現状はこのレンジ内での推移。

ユーロスイスが1.2414まで上昇し、ドルスイスは0.9309まで値を上げた。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きで重い配置。
ポイントは1.3280あたり。

ロンドン午前

テーマ:

だいまん

若干揉み合いの様相。

ユーロドルは、1.3338の安値から1.3388まで一時値を戻したが、その後値を消し、ドル円は88.60-65から88.85-95でのレンジ推移。

ユーロ円は118.98まで一時値を戻したが、現在は安値圏トライ中。

アジアの安値118.28を割り込むか注目となるが、割れても「ちょっとだけよ!」があるから注意。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

本日は円買いの動きとなっているが、
そろそろこの円買いも一服となりそう。
それでも短期的には円買い方向なので
安易な円売りは危なさそう。
ここからの動きは慎重に行きたい。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともまだ下向き。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.2%
英FT -0.1%
フランスCAC40 -0.08%
イタリアFTSEMIB -0.17%
スペインIBEX -0.5%
ギリシャGD.AT -1.24%

欧州株式市場は全般的に下落

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

昨日は89.05がサポートされて反発したが、
今日は89.20のサポート切れで予測した動き。
現状は基調目先とも下向きで重い配置。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

15日の東京市場は、日経平均株価が一時10952円まで拡大したことで、円売りが強まる形でスタートとなったが、その後甘利明経済再生担当相が、「円安は、国民生活にマイナスの影響も」と述べたことで、大きく円の買い戻しに群がった。ドル円は89.63から88.63まで下落、ユーロドルも1.3394から1.3339まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が119.98から118.28、ポンド円が144.18から142.47、オージー円が94.65から93.49まで下落、NZD円が74.44、カナダ円が90.02、スイス円が95.88まで下落した。

ユーロドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下げてきて昨日安値付近。
1時間足では遅行線もロウソクを下抜けており、
短期的な流れは下向き。
この1.3330付近を下抜けると、
1.32ミドルへの動きを期待。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=93.00-94.35)
戦略としては、93.65-70と93.90-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、94.00-10をストップとしても、94.30-35、94.45-55と売り直して、ストップは94.60-65超えで、94.70-80のCapでは売り直しで、ストップは95円超えなどで対応。 再度95.50、96円方向での売りはタイト・ストップで検討される。 一方下値は93.50-55割れでの倍返し。ターゲットは93.10-45と買い戻し&買い下がって、ストップは92.90-00割れで、92.75-85、92.55-65、92.30-45と買い下がって、ストップは92.10-20割れで、91.95-00での買い直しのストップは、91.75-80割れで、91.60-70、91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップで、積極的なら倍返し、ターゲットは90.85-00の動向次第。 割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは90.30-35を前に下げ止まりでは買い戻しから買いは、89.90-00と買い下がって、ストップは89.70-80割れで、倍返し。(予想時レート: 93.75 予想時間 15:40)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=118.00-119.50)
戦略としては118.70-75と118.90-95のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、119.05-10超えが一旦倍返しも、ターゲットは119.15-25、119.25-35と利食いで、売りはこういった位置から119.40-55、119.60-80と売り場を探して、ストップは119.95-00超えや120.10-15超えでの倍返し。ターゲットは120.20-30、120.50前後とCapで利食い優先から売りは121.00-05をバックに、120.80-90と売り場探しとなる。 一方下値は118.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは118.20-30、118.05-10と買い戻し&買い下がって、ストップは117.60-70割れでの倍返しとなる。 ターゲットは117.45-55、117.35-40と買い戻しで、買いは116.95-05まで維持を見ながら買い下がって、116.80-85をストップ、116.50-65での買いのストップは、116.40-45割れ。 116.00-10、115.75-80、115.50-55での買いのストップは115.30-40割れ。 115.05-20、114.90-00の買いは、114.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:118.85 予想時間 15:05)

なんか、今日相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

あんまりだ!。。。って言ってる人がいるけど。。。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

甘利発言で下落後の戻り高値119.15~20、2度目の戻りも119.05~10と
切り下げてきている
やはりやや高値圏でのロングが切りきれていない印象
118.50付近が完全にブレークすれば調整がやや長引く可能性も

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下げる動き。
昨日安値の1.3330付近を下抜けると、
金曜の安値1.32ミドルぐらいまで下げる可能性がありそう。
この後の欧州勢がどう動くかが注目される。

現状の安値

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が88.62、ユーロ円が118.53、ポンド円が142.62、オージー円が93.54、NZD円が74.55、カナダ円が90.10、スイス円が96.02まで一時下落したが、現状は買い戻しが優勢となっている。

確かに正しい

テーマ: モノローグ

だいまん

甘利明経済再生担当相「円安は、国民生活にマイナスの影響も」

スイス円

テーマ: 独り言

田向宏行

スイス円は96円70付近を下抜けると、下げる可能性があるが、
日足からは大きく下げるのは明日か明後日になるかもしれない。
その場合は97円50付近か、昨日高値が上値を抑えそう。

スイスフラン売り

テーマ: 独り言

田向宏行

先週のECB理事会とドラギ総裁の会見は
ユーロ不安を大きく払拭するもので、ユーロは買い戻されている。
このためEURCHFにも大きな巻き戻しが起こりスイスフランが売られる動き。
スイスフランは対ドル、対ポンド、でも売られており、
CHFJPYの動きにも注目したい。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

日経平均株価は一時132円高。 ドル円が89.63、ユーロ円が119.98、ユーロドルが1.3394、ポンド円が」144.18、オージー円が94.65まで上昇。
 相場としては昨日の高値、ドル円の89.67、ユーロ円の120.13、ユーロドルの1.3404を上抜けることができるかが焦となるが、今後も日経平均株価の行方次第か? 

朝方の買いも

テーマ: モノローグ

だいまん

今日は相場を押し上げる力不足。

本邦から利食いも出易いか?

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
09:01 (英) 12月RICS住宅価格(前回-9%)
09:30 (日) 白川日銀総裁「日銀支店長会議にて挨拶」
16:00 (独) 12月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回+0.9% 予想+0.9%)
16:00 (独) 12月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.1% 予想+2.1%)
17:00 (独) 2012年GDP(年間成長率) 0.80% 3.00%
18:30 (英) 12月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.5%)
18:30 (英) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.7%)
18:30 (英) 12月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.4%)
18:30 (英) 12月小売物価指数 [前月比] (前回0.0% 予想+0.4%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(12カ月物・18カ月物)
19:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 11月貿易収支 (前回+102億EUR 予想+100億EUR)
22:00 (米) ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演「経済見通し」
22:30 (米) 1月ニューヨーク連銀製造業景気指数 (前回-8.10 予想-1.00)
22:30 (米) 12月小売売上高 [前月比] (前回+0.3% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月小売売上高 [前月比:除自動車] (前回0.0% 予想+0.3%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [前月比] (前回-0.8% 予想-0.1%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.1% 予想+0.2%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.4%)
22:30 (米) 12月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+2.2% 予想+2.1%)
22:50 (米) コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演「金融政策」
24:00 (米) 11月企業在庫 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
02:30 米国 プロッサー・フィラデルフィア連銀講演「経済見通し」
日本銀行支店長会議
アジア金融フォーラム(香港)
世界銀行「経済見通しを発表」

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

11000円にタッチしている。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は売りすぎとなり、
1.6015の今日のポイントを保って反発。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントはホールドされ、基調も強気を保って反発。

二ューヨークダウ

テーマ: 株式市場

YEN蔵

オープン後13459.84ドルまで下落したが、その後反転
ようやくプラスに転じ10ドル高に
クロス円も堅調に

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

119のオプションカットがあり119円をめぐる攻防戦だったが
118.70~80レベルはシドニーであけたギャップの下限付近がサポートされた

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日あたりから反落に入りやすい見方。
私的には、下からのドルロングは半分にした。

近くは小さなポイントが89.00-05。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が89.10、ユーロ円が119.67から118.89、ポンド円が142.94、オージー円が94.08、NZD円が74.77、カナダ円が90.32、スイス円が96.96まで下落した。

円の動き その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は89円前半に下げているが、そろそろ下げ止まりの可能性。
ドル円が下げ止まると、ユーロ円、豪ドル円も下げ止まりそう。
ただ、ポンド円はポンドが弱く、もう少し下げる可能性がありそう。

ただ、

テーマ: モノローグ

だいまん

ダウの先物は、13480ドル台まで下落している。高値圏から50ドルぐらい安いレベル。 

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ロンドン午前の取引は、一時の円の買い戻しも一服気味。 ドル円は89.23まで下落、ユーロ円が119.19、ポンド円が143.57、オージー円が94.08、NZD円が74.77、カナダ円が90.63、スイス円が97.20まで値を下げたが、その後は買い戻し優勢。
 ユーロドルは、1.3348から1.3390まで値を戻したが、更なる動きとなっていない。 

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドはユーロポンドの上昇などもあり弱含み。
1.60を割り込み先週の安値を下抜けたら、本格的に下げそう。
ただその動きはここ数日になりそうで、
一旦は現状で止まる可能性も考慮しておきたい。
基本的にはポンド売りスタンス。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

それではユーロドルを30分足で見てみましょう。

まず、バンドの上限からの下落基調からバンドの中心線をブレイクしてバンドの下限まで下落する動きとなりました。底からバンドブレイクすることなく中心線まで戻す動き戻す動きとなっています。ここをブレイクして再度高値を追うかどうかがポイントとなります。バンド幅が狭い状況を維持していることから、上限まで上昇する可能性も十分にあるでしょう。ただ、中心線で抑えられると、再度バンドの下限まで下落といった動きになりそうです。

RCIで見ると、短期線が下落して、下値圏での動きとなっていましたが、ここにきて底打ちの動きとなっています。目先は上昇しやすい地合いとなっています。しかし、中期線は天井打ちから下落する流れとなっており、中長期的には戻り売り優勢といった動きになるでしょう。バンドの中心線、もしくは上限では抑えられやすく、そのあたりでの売りは仕掛けやすいでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

それではドル円の30分足を見てみましょう。

現状の動きはバンドの中心線をブレイクして下限を意識しての動きとなっています。下限からは支えられていますが、ほぼ横ばいでの動きとなっており、上値の重さも意識される状況となっている。今日の朝方にあけた窓を支えられるかどうかといったところですが、中心線で抑えられて再度下落という流れになったら危険でしょう。そうなれば、今日の窓を埋めての動きとなってもおかしくはありません。

RCIで見ると、現状は短期線が下値圏まで下落して、底打ち基調となっています。ここからしっかりと上昇できるかどうかがポイントになりそうです。ただ、中期線は下落基調を継続しており、中長期的には戻り売り優勢の局面となっています。そう考えるとバンドの中心線で抑えられて下落といった流れになる可能性は高いでしょう。ちなみに中心線の価格は89.50円前後の水準となっています。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

シドニー時間でギャップを開けたギャップの下限1.3340~45がサポート

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3280-1.3400)
上昇が1.3400-05でCapされており、上値は1.3370-80がCapされると上昇も厳しい。 1.3390-00や1.3390-00が再Capされると上値追いできない。 1.3400-05を超えて、1.3450のサイコロジカルでは売りが出易い。 一方下値は1.3340-55の窓の維持では良いが、1.3330-35や1.3320-25の窓の上限割れからは、下限となる1.3280-85、1.3265-70の上昇スタート位置が視野となるが、買いが入り易い。 リスクは1.3245-50を割れるケースで、その場合窓の下限となる1.3215-25、1.3200-10が視野となるが買いが入り易い。この注意は1.3170-85の次の窓の上限割れで、その場合1.3115-20の下限、更に1.3090-00を割れると1.3075-80、1.3050-60が視野となるが、買い場探し。 このリスクは1.3135-45を割れるケースで、その場合1.3015-25や1.2995-00も割れると下落が1.2980-90から1.2970-75の窓が視野となるが、下方ブレイクは不透明も、維持できない場合1.2955-60、1.2935-45の窓の下限なども視野となるが買い直し位置となる。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円売りが巻き戻されているが、大きな流れは依然円安。
ドル円は少し下げているが、89円を割り込まなければ、
再び上昇の可能性があり、そうなるとクロス円も上がりそう。
ここ数時間で押し目となるか、注目している。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=88.90-89.80)
上昇が89.60-70でCapされて、下落が89.35-40まで拡大。上値は89.50-60が再Capされると上昇も厳しい。89.60-70を超えて、90円のオプションの防戦を睨む展開だが、89.75-85などが傍線から売りが出易いと見られる。 ただ越えると週足からは91.45-50、92.10-15、92.85-00、93.60-65などが順次ターゲットとなるが、94.95-00を越えるまではやはり売りが出易い。 一方方下値は89.35-40を割れると、89.20-25、89.10-15、89.00-05、88.85-90が順次視野となるが、買いが入り易い。 ただし88.70-80を割れると88.50-60の窓の上限、88.25-35のそれ以前の高値が視野となるが、買いが入り易い。このリスクは88.10-15の戻り安値や87.95-00を割れるケースで、その場合も87.85-90の窓の下限の維持では更に突っ込み売りも難しい。 ただし87.70-75を割れると87.55-65の更なる窓の下限、87.45-50のサポートと買いが入り易い。 注意は87.35-45の次の窓の上限を割れて、その場合下限となる87.20-25、87.10-15の戻り安値から86.95-00が視野となるが、買い直し位置となる。 このリスクは、86.75-85を割れるケースとなる。

円買戻し

テーマ: 概況

ウルフ

米10年債利回りが低下し、ドル円は89.30台まで反落。
また、イタリア・スペインの利回り上昇に圧迫されている
のか、ユーロが軟調となっておりユーロ円は119.50台まで
急反落する動きとなっております。

欧米株式に特に目立った動きは見られませんが・・・
少々不穏な動きな為、警戒しておきたいところです。

円の買い戻しの要因?

テーマ: モノローグ

だいまん

中尾武彦財務官
「円安はこれまでの行き過ぎた円高の調整」
「安倍首相の発言が円下落のきっかけに一助になった」
「安倍首相の発言だけが円下落の理由ではない」
「円安は欧州の安定を受けたもの」
「円安は米国が回復している兆しのあらわれ」
「円安は米『財政の崖』回避の結果」

流石にユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上値を追えない。 でも売るのも躊躇したら、120円われに。  

ユーロ円が

テーマ: モノローグ

だいまん

120.13レベルまで上昇。

ユーロ円 120円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

120円台を突破し、120.10台まで上昇。
ドル円も再び89.60台まで上昇しております。

発言には注意して貰いたい

テーマ: モノローグ

だいまん

甘利明経済再生担当相
「(為替相場について)かなり良いところまで来た」
「1ドル=100円を超えると輸入価格の上昇が国民にのしかかる」

一応100円と遠いレベルで話たので、悪影響は軽微だが、もし、90円とか言ってたから、下げてたかも。

心配は、為替は、当局が困ると言うと、そういったレベルをトライしてしまうひねくれ物だということ。

安部政権のやりすぎ責任も出るか? 

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3404レベルまで。

下値は1.3375-85が逆サポートすると堅調が続く。

川口は

テーマ: モノローグ

だいまん

雪が強くなっています。。。。ユーロ円120円はつかなかったが。。。

既に119.70-80が支えると堅調が続きそう。

こういった発言も若干の影響か?

テーマ: モノローグ

だいまん

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「過度の緊縮策の早すぎる実施は悪影響を与える可能性がある」
「政府が財政赤字に対応する間、FRBの支援が必要になる」

NYダウ先物

テーマ: モノローグ

だいまん

13509ドルまで上昇。週末比21ドル高。

オージー円は

テーマ: モノローグ

だいまん

弱い豪州住宅ローン貸出を受けて、94.47から94.14レベルまで弱含み。

All Day

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=118.00-120.00)

売り 120.80-00
倍返し 120.50
売り 120.00-30
レンジ 119.75-85
中心 119.65
レンジ 119.50-60
ストップ 119.35-40
買い 119.15-20
買い 118.95-05
ストップ 118.85-90
ストップ 118.75-80
倍返し 118.55-60
買い 118.20-30
買い 118.05-10
倍返し 117.60-70

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3280-1.3400)

戦略
ストップ 1.3485-90
売り 1.3450
売り 1.3420-30
売り 1.3400
売り 1.3380-90
倍返し 1.3365-70
レンジ 1.3350-55
中心 1.3345
レンジ 1.3330-35
倍返し 1.3320-25
買い 1.3280-85
買い 1.3265-70
倍返し 1.3245-50
買い 1.3215-25
買い 1.3200-10
倍返し 1.3170-85
買い 1.3150
買い 1.3115-20
ストップ 1.3090-00
買い 1.3075-80
買い 1.3050-60
倍返し 1.3035-40
(予想時レート:1.3345 予想時間 NYクローズ)

テーマ: 概況

コロフ

今日は朝方から窓を開けての動きとなっていますが、この窓を埋めるかどうかは意外と重要かも知れません。窓を埋めずに上値を一気に追う動きとなっていくのか、さすがにそろそろ上値を意識しての動きとなるのか、といった分岐点となる可能性もあるでしょう。

早朝

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は89.67、ユーロ円は119.82レベルまで上昇。

ただ、商いが薄いことで、値動きは荒いので注意。

現在レベル

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 89.25-38
ユーロドル 1.3357-63
ユーロ円は119.24-30
ポンド円は143.94-03
オージー円が94.16-23

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク志向の動きが継続した。 ユーロドルは、大手米銀がユーロ買いを推奨したことやロンドン・フィキシングの買いで、1.3366まで上昇、その後も高値圏で推移した。 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇後は89円前半に押し戻されて引けた。
 一方クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京休場(成人の日)
09:30 (豪) 11月住宅ローン貸出(前回0.10%)
10:20 (米) エバンス米シカゴ連銀総裁「討論会に出席」
16:00 (独) 12月卸売物価指数 [前月比] (前回-0.7%)
19:00 (ユーロ圏) 11月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回-1.4% 予想+0.2%)
01:55 (米) ウイリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁講演
02:40 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
04:30 (ユーロ圏) プラートECB理事講演
06:00 (米) バーナンキFRB議長講演
アジア金融フォーラム(香港)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月15日 03:41
EURUSD 1.3332-46
USDJPY 89.19-27
GBPUSD 1.6116-33
USDCHF 0.9129-46
AUDUSD 1.0532-44
NZDUSD 0.8359-83
EURJPY 118.94-11
GBPJPY 143.78-99
AUDJPY 94.01-15
NZDJPY 74.59-86
CADJPY 90.58-78
CHFJPY 97.58-80
EURGBP 0.8267-78
EURCHF 1.2180-98
ZARJPY 10.17-29

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月15日 03:03
EURUSD 1.3329-48
USDJPY 89.15-33
GBPUSD 1.6114-32
USDCHF 0.9133-47
AUDUSD 1.0527-56
NZDUSD 0.8366-83
EURJPY 118.86-17
GBPJPY 143.76-99
AUDJPY 93.93-21
NZDJPY 74.63-84
CADJPY 90.57-78
CHFJPY 97.53-74
EURGBP 0.8266-80
EURCHF 1.2187-97
ZARJPY 10.16-29

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

まだ広い。

ドル円 89.24-35
ユーロドル 1.3332-53
ユーロ円 118.99-25

ご案内

テーマ: モノローグ

だいまん

「だいまんのMorning/EveningFX」の申し込みを開始しました。
毎日朝晩の2回、その日の相場戦略や見通しを音声でお伝えします。
お申し込みは1ヶ月から可能です。 また、同時に配信している
「だいまんのウラ読み戦略」でも、「Morning/EveningFX」を聞くことが
できます。こちらは毎日2回の一般のリポート、週間・月間リポートなども
ご購読できます

 ごあんあい

テーマ:

だいまん

「だいまんのMorning/EveningFX」の申し込みを開始しました。
毎日朝晩の2回、その日の相場戦略や見通しを音声でお伝えします。
お申し込みは1ヶ月から可能です。 また、同時に配信している
「だいまんのウラ読み戦略」でも、「Morning/EveningFX」を聞くことが
できます。こちらは毎日2回の一般のリポート、週間・月間リポートなども
ご購読できます

金曜日の海外市場

テーマ: モノローグ

だいまん

週末で動きづらい中、リスク志向の動きが継続した。 ただしNYダウは揉合い気味の推移で、更なる大きな動きは繋がらなかった。
 ユーロドルは、大手米銀がユーロ買いを推奨したことやロンドン・フィキシングの買いで、1.3366まで上昇、その後も高値圏で推移した。 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇後は89円前半に押し戻されて引けた。
 一方クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

13500ドル

テーマ: 概況

コロフ

ダウがじり高となり、13500ドルを目指す動きとなっています。週末の調整が入るかと思ったのですが、経済指標の好調を受けて、想像以上に堅調な動きとなっています。S&P500もプラス圏を意識しての動きとなっています。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時円が軟調な推移も、NYダウが軟調スタートとなったことで、週末の利食いも優勢となった。 ただその後はダウの持ち直しを受けて、再度買い戻しが優勢となった。
 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時円が軟調な推移も、NYダウが軟調スタートとなったことで、週末の利食いも優勢となった。 ただその後はダウの持ち直しを受けて、再度買い戻しが優勢となった。
 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

NY

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、一時円が軟調な推移も、NYダウが軟調スタートとなったことで、週末の利食いも優勢となった。 ただその後はダウの持ち直しを受けて、再度買い戻しが優勢となった。
 ドル円は88.75から89.45まで一時上昇、ユーロドルは1.33655まで値を上げた。 
 クロス円では、ユーロ円は119.34から118.57まで下落後119.23まで再反発、ポンド円が143.01から144.21、オージー円は94.36から93.81まで値を下げ、NZD円も74.46まで下落、カナダ円が91.03へ上昇、スイス円は96.78から97.53まで値を上げた。 
 

オセアニア

テーマ: テクニカル

千秋先輩

こちらは、基調目先ともに下向きで重い配置。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先はまだ下向き。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

円売りの勢いが衰えませんね。
世界的な株高によるリスクオン・米長期金利の上昇基調に加え、
朝発表の本邦経常収支の大幅悪化と、円売りを支援する外部環境は
磐石となっております。
ドル円は欧州タイムで一時88.70台まで押したものの、直ぐに反発し
89円台を回復。値動きからも円売り圧力の強さを確認出来ます。

ただ、ここまで円安が急ピッチに進むと、やはり出てきますね。
 セントルイス連銀ブラード総裁
 「日本の為替政策に若干困惑している」

現状マーケットは全く意に介しておりませんが、90円台が射程に入った事
もあり、アメリカサイドの牽制が色々出てくるかもしれず、注意が必要ですね。
(現状円安を抑制する外部要因はこれくらいしか思い浮かばない・・・)

90円台という心理的節目を前に、ここから先は少々不安定な動きと
なる可能性があり、その点も留意しておきたいところです。

現在のレート
 ドル円:89.18

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

貿易収支
 結果:-487億ドル
 予想:-413億ドル

発表後、ドルは小幅に軟化。値動きは限定的でした。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.31ミドルの上で、
1.3290のレジスタンスもブレークし強い動き。

ユーロドル

テーマ:

YEN蔵

米系銀行のユーロの買い推奨が出ているようだ
ターゲットは1.37

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、目先も下向きでこちらも重い。
今日のポイントは遠いが1.31ミドル。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、目先は下向きで重さが見える配置。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

GBPUSDは指標発表後下げたが、
昨日の安値と本日の高値の38.2%付近。
ここで下げ止まれば、再び上昇する可能性が高く、
1.61ミドルぐらいの上昇はありそう。

日経225先物

テーマ: モノローグ

だいまん

10860円まで値を更新している。

リスクオン

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のドラギECB総裁の会見でマーケットはリスクオン。
欧州の不安も減少し、円売りとあいまって、マーケットはドル売り・円売り。
本日も欧州時間からこの流れが継続する可能性が高そう。
唯一、本日が金曜なので、週末前のポジション調整がありそうだが、
マーケット全体がリスクオンに傾いているとそれも少ないかもしれない。

キウィ

テーマ: 独り言

YEN蔵

0.8450付近を高値に下落しているが、0.8380付近が短期のサポートとみている
抜けると0.8330~4付近への下落も

ロンドン勢は

テーマ: モノローグ

だいまん

買い気味から入ってきましたが、まだ方向感が出るような状況ではなさそう。
ユーロドルは1.3245-50と1.3275-85
ドル円は88.75-85と89.10-15
ユーロ円は117.85-95と117.25-35などのブレイクを見る形となる。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

奇妙に1.3245-50が堅い。 ショート・カバー意欲なのか?

ほんちゃんのビッドなのか? ともかくこれを割れないと駄目そう。

でも割れるとストップはあるでしょう?

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドが全体的に横ばいとなる中で、バンドの下限で支えられて中心線を目指す動きとなっています。バンド幅が狭いので、上限まで上昇する可能性は十分にあるので、その点は注意が必要でしょう。ただ、まずは中心線をイシキしての動きとなりソうです。価格としては中心線が1.3260ドル、上限が1.3273ドル前後の水準となっています。

RCIで見ると、短期線が天井打ち化ら下落しており、そろそろ下値圏に入りそうです。中期線も下落基調を継続しており、流れとしては売り優勢の局面となっています。そう考えると、目先の戻りも一時的なもので、再度売られる流れとなる可能性が高いでしょう。短期線の動きに注目ですが、これが底打ちして上昇しても、再度天井打ちとなった場面がやはり警戒すべき状況ということになるでしょう。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

  11日の東京市場は、海外市場の流れを受けて、円売りが拡大した。 特に貿易収支や経常収支が共に弱い結果となったことで、 一時大きく円売りが強まったが、その後は高値警戒感やファンド勢の利食いが優勢となった。
 ドル円は89.35の高値をつけた後88.76まで一時値を落とし、ユーロドルは1.3280から1.3251まで下落した。 
 クロス円では、ユーロ円が118.58の高値から117.67までげらく、ポンド円が144.42、オージー円が94.51、NZD円が75.39、カナダ円が90.86、スイス円が97.73まで一時上昇したが、その後利食いに押された。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3100-1.3300)
戦略としては、1.3245-55と1.3265-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3280-85超えをストップで、倍返ししてもターゲットは1.3290-00や1.3300-10の動向次第。 超えると再順張りとなるが、騙しのリスクは勘案して対応。 ターゲットは1.3320-30、1.3345-50と利食いで、この売りのストップは1.3365-70超え、再度1.3380-90などの売りは1.34超えなどで対応。または、1.3485-90をストップとするなら、1.3420-30、1.3450前後と売りあがりとなる。 一方下値は順張りからターゲットは、1.3210-25での買い戻しで、買いは1.32前後まで買い下がって、ストップは1.3170-85割れで、倍返しもターゲットは1.3115-20を前に下げ止まりでの買い戻し&買い。 ストップは1.3090-00割れで、1.3075-80、1.3050-60の買い直しのストップは、1.3035-45割れでの倍返し。 このターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。(予想時レート:1.3160 予想時間 13:30)

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクして、バンドウォークしていた相場に調整が入り、バンドの中心線の上の水準で支えられていましたが、ここに来てバンドの中心線をブレイクしての動きとなっています。89円を割り込んでの動きで、やや警戒感が高まる所です。バンド幅は縮小傾向に入っており、まずはバンドの下限を試す可能性がありそうです。価格としては88.63円前後の水準といったところでしょうか。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから急激な下落を見せています。勢いがかなり急なので、下値圏への到達も早そうですが、現状ではまだ下値余地があります。中期線も天井打ちから下落となっており、先行きに関しても上値が重くなる可能性はありそうです。中期線に関してはまだ高値圏にあるので、その辺りがどういった動きとなるかに注目ではあります。ここからバンドの下限まで行く可能性は高いと見ていますが、そこからさらに下値追い、といった展開にはならないのでは、と見ています。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10801.57(+148.93)

今日の東京市場は大幅上昇となって終了しました。朝方に円が急落したことや、ダウの上昇を背景に買い圧力が強まる展開となり、寄り付きから大きく上昇しての動きとなりました。しかし、日中はダウ先物の上値が抑えられたことなどもあり、大きな動きにはなりませんでした。

為替相場は円安が目先は一服していますが、それでもドル円、クロス円は底堅い動きが展開されています。金曜のポジション調整がここからあるかどうかがポイントになってきそうです。欧州時間帯の動きは注目といったところでしょう。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均+148.93 10801.57 
10800円台は震災前の2月以来の水準

TOPIX +9.67 898.69

流石に

テーマ: モノローグ

だいまん

調整気味。 特に89や90円は一旦ターゲットなので、週末もあり落ち始めると注意。

ドル円 89円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

ユーロ円は一時118.20台、ポンド円は144円台まで上昇。

朝方また

テーマ: モノローグ

だいまん

買ってる向きがいるようだ。 値ごろのうりは 危険そう。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.89レベル、ユーロ円が117.93まで上昇。

防戦が89円、118円で押さえることができるか焦点。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 11月経常収支 (前回+3769億円 予想+415億円)
08:50 (日) 11月貿易収支 (前回-4503億円 予想-8129億円)
10:00 (米) コチャラコタ米ミネアポリス連銀総裁講演
10:30 (中) 12月消費者物価指数[前年比](前回+2.0% 予想+2.3%)
10:30 (中) 12月生産者物価指数[前年比](前回-2.2% 予想-1.8%)
14:00 (日) 12月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回40.0)
14:00 (日) 12月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回41.9)
16:00 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
17:15 (スイス) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.4% 予想-0.3%)
18:30 (英) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.8% 予想+0.8%)
18:30 (英) 11月製造業生産高 [前月比] (前回-1.3% 予想+0.5%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中期債入札
22:00 (米) ウェルズ・ファーゴ・10-12月期決算発表
22:30 (米) 11月貿易収支 (前回-422億USD 予想-412億USD)
22:30 (米) 12月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.9% 予想+0.1%)
22:30 (加) 11月国際商品貿易 (前回-1.7億CAD)
23:30 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演 「経済見通し」
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回+0.1%)
03:30 (独) ショイブレ独財務相講演
04:00 (米) 12月月次財政収支 (前回-1721億USD 予想-225億USD)
アルムニア欧州委員講演

1/12(日)
バローゾ欧州委員長講演
チェコ チェコ大統領選挙

円安が強まる

テーマ: 概況

コロフ

朝方から円が急落する展開となっています。日銀が失業率目標の導入をするとの思惑を受けての円売りが起こっているといった噂があります。ドル円は2010年7月以来の水準まで上昇していますが、テクニカル的にはまだ上値余地はありそうです。

米財務長官人事

テーマ: 概況

コロフ

オバマ大統領は米財務長官にルー氏を指名しましたが、これに対して、FRBは財務省における協力者を失うことを意味する、との思惑が出ています。バーナンキ議長とガイトナー長官の関係の深化を考えると、今後のFRBの金融政策に対する議会などからの圧力を懸念する意見が出ているようです。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

レジスタンスになっていた116円をブレーク
2011年6月の高値118円付近が、重要なレジスタンスレベル

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

代務前から上昇先行していたため、上げは鈍い。

ドル、大幅下落

テーマ: 概況

コロフ

ドルがさらに下値を拡大する展開となっています。対ユーロ、対ポンドなどで売り圧力が増す状況となっています。ドルインデックスは80を割り込み、さらに下値をおう状況となっています。それに呼応する格好で、ダウは上値を追う展開となっています。

日経225先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

10765円まで上昇

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が116.61、ポンド円が142.19、オージー円が93.42、NZD円が74.57、カナダ円89.62、スイス円が96.28まで一時上昇した。 

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の50ドル高からマイナス圏に。 原因は不明。 

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

ドラギ総裁の会見を終え、一時88円を割り込みましたが、
直ぐに反発する展開。依然、円売り並びにドル買い圧力が強い状況で、
まさに「押し目待ちに押し目無し」と言った感じですね。
何らかの材料出れば一気に高値更新をトライする雰囲気となっております。

ダウは現在40ドル高の水準にて推移。米長期金利も反発気味で
外部環境もドル円をサポートする状況。
一方で88円midでは売り圧力も強く、ドル円は下げ足が速いだけに
やはり上値を追いは引き続き慎重に臨みたいところです。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上値の重さを確認してやや重い、
基調はまだ強気。

ユーロ円も

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置から順調に上昇、
こちらも目先は買いすぎのゾーンまで到達。

ECB理事会

テーマ: モノローグ

だいまん

ドラギ欧州中央銀行総裁
「利下げの要請はなかった」
で、ユーロは買いが強る。

ユーロドルは、1.3196、ユーロ円が116.47まで上昇。

ユーロ

テーマ: 概況

コロフ

ユーロが一気に急騰しています。ECBのドラギ総裁の利下げ要請がなかったとの発言を受けての展開で、対ドルで1.32ドルを目指す動きとなっています。対スイスフランでは30分足が一気に壊れてしまっています。1.20フランを回復する動きです。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置から順調に上昇中。
ユーロドルは1.31ミドルのポイントも超えている。
大枠ではまだ買いすぎではなく余地はあるが、
目先は買いすぎのゾーン、一部でも利食いも可。

EURAUD

テーマ: 独り言

田向宏行

EURAUDは少し戻して上昇したが、大きな流れは下向き。
1.2440付近を上抜けなければ、下げる可能性が高いと考えている。
EURAUDが下げると豪ドルは買われるので、
AUDUSDやAUDJPYでは上昇の可能性が高まる。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:37.1万件
 予想:36.5万件

発表後、マーケットは殆ど反応せず。
ドラギ総裁待ちですね。

リスク志向

テーマ: 概況

コロフ

欧州中銀が金利を現状維持で据え置いたことなどが好感され、ユーロに対する買い圧力が強まっています。円はそうしたなかで下落する動きとなっており、株価の動きと相まってリスク志向の動きが強まる状況となっています。

ECB政策金利

テーマ: ニュース

ウルフ

0.75%に据え置きで、ユーロが上振れる展開。

ユーロドルは1.3110台、ユーロ円は115.70台まで上昇。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.31に乗せたものの上値は重くなっている。
このあとECB理事会だが、日足チャートは下げても不思議ではなく、
上方向だけでなく、下方向への意識もした方がよさそう。

英MPC

テーマ: モノローグ

だいまん

据え置き ポンドドルは1.6070まで上昇後、 1.6043-65で上下。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

スペイン国債の入札や利回りの低下を受けて、1.3110、ユーロ円が115.57まで上昇。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

昨日は基調が弱気でいったんは緩んだが、
今日は114ハイのポイントの上で、
基調も強気に転換し、順調に上昇。

スペイン国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

2015年償還、2018年、2026年償還のリオープンで40~50億ユーロ調達予定
2年債が中心
昨日10年債利回りは55付近から5.15%付近へ上昇、2年債は昨日2.5%付近
結果はGMT9:40 日本時間18時40分ごろ

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保って底堅く、目先も現状上向きで強い配置。
ポイントの1.2980の上ではまだ反発の芽。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限と中心線で挟まれたレンジをブレイクして、上限を意識しての動きとなっています。バンドブレイクからバンドウォークとなる可能性もあったのですが、目先はバンド幅の拡大は緩やかであり、さらに上限をブレイクしてからの動きは弱い状況となっています。そう考えると、調整が入りやすい状況ということができるでしょう。バンドの中心線は1.3051ドル前後の水準にあり、ここまでは調整が入ってもおかしくはない状況です。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。これが横ばいとなるのか、天井打ちとなるのかがポイントになっていきそうです。天井打ちとなれば一時的には調整が入りやすい所です。一方、中期線は上昇基調に入っており、上値余地も残しているだけに、中長期的には底堅い動きが予想される所です。バンド幅がそれ程拡大していないので、バンドの下限まで下落する可能性もありますが、押し目買い優勢の状況ということができるのではないでしょうか。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX  -0.03%
英FT +0.04%
フランスCAC -0.43%
イタリアFTSEMIB  -0.33%
スペインIBEX -0.46%

小動きなスタート

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と上限とで形成されたレンジの中を動いており、じりじりと上値を追う展開となっています。ただ、直近の動きは上限から一気に中心線まで下落する動きとなっており、バンド幅の縮小や、バンド全体の上昇基調が緩んでいることなどもあり、上昇基調は終了したようにも見える状況です。ただ、バンドの中心線で目先は支えられており、ここを維持することができるかどうかがポイントになりそうです。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落する動きとなっており、下値余地も十分に残っていることから、さらに下げる可能性もあるでしょう。ただ、中期線は依然として高値圏での横ばいとなっており、底堅い動きとなることが予想される所です。バンドの下限で支えられれば88円台という状況であり、底堅さが強く意識されるでしょう。依然として円を買うという動きは弱そうです。

総じて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円、クロス円は一旦上値がついた感じのチャート。 後は押し目をどこまで作れるか? ただ、買い方のストップをヒットすると案外下げるケースも想定して対応したい。

ポンド円

テーマ: モノローグ

だいまん

141.35-40がCapされると弱そう。 140.80-00のサポート圏の維持などに注目。 割れると140円ミドル方向。 

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.05-15、87.95-00が維持すると強いが、割れると80方向への調整も想定したい。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一旦40を超えず調整気味も、115.10-15のそれ以前の高値が維持すると強いが、115円を割れると、調整気味となりそう。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=73.30-74.50)
戦略としては、73.90-95と74.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りも74.50-55での利食い&売り直しは、慎重に75円まで売り上がって、ストップはタイトまたは、75.50超えなどに置いて対応。 一方下値73.75-80と買い下がって、ストップは73.55-65割れや73.45-50割れでの倍返し。 ターゲットは73.25-30での買い戻し&買い直しで、ストップは73.00-05割れで、72.75-80と買い下がって、ストップは72.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは72.35-45、72.25-30と買い戻しで、買いは維持を見て、ストップは72.10-15割れでの倍返し。(予想時レート: 74.15 予想時間 16:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3000-1.3125)
ECBで何もでなければ、やっぱり買いが優勢となりそう。 ただ、テクニカル的に上値は重くなっており、しっかりと利食いたい。またドラギ総裁が、どういった発言をするか不透明。 発言後の荒れた動きに注意となる。 
戦略としては、1.3035-40と1.3055-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3065-75と売り上がって、1.3080-85超えがストップで1.3085-95超えでの倍返し。 ターゲットは1.3095-05、1.3105-10、1.3115-25利食い&売り場を探して、ストップは1.3130-35超えや1.3140-50超えでの倍返し。 ターゲットは1.3170-75や1.3195-00の動向次第で利食い。 超えての再順張りも検討されるが、ターゲットは1.3230-45を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りはこの位置から1.3260-65、1.3270-85と売り上がって、ストップは1.3290-00超えや1.3300-10超えでの倍返し。 一方下値は順張りからターゲットは1.3015-25や1.2995-00の動向次第。 割れるとこのターゲットは1.2980-90、1.2975-85での買い戻しで、買いは割れて再順張りも検討されるが、ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3055 予想時間 15:45)

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

ロンドン8時に向けて115.15~20を抜けて115.35~40付近まで上昇
7日の高値115.50~55が短期のレジスタンス、ここを抜けられれば
前回高値の116付近を試しに行きそうだが

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 10日の東京市場は、5-10日での仲値に向けた買いや堅調な日経平均株価、12月中国貿易収支が予想より強かったこと、一部通信社が緊急経済対策の政府文書として「外為特会を活用した新たな為替安定策を検討する」とされたことなどを受けて、じりじりと円が軟調な推移となった。 
 ドル円は87.88から88.30レベルへ上昇、ユーロドルも1.3039から1.3075まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が114.78から115.39、ポンド円が140.78から141.48、オージー円が93.25から93.34、NZD円が73.76から74.26、カナダ円が88.95から89.51、スイス円が94.93から95.44まで上昇した。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はここから上昇し本日高値更新にトライ。
その上にはずっと止められている88.40があり、
ここにアタックするか注目している。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

93円のオプションバリアーを粉砕したが、
ここから上値をはやや重い感じもするが

仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.20で決定。 一旦落ちましたが、88円を割れない。

この状況が継続するかでしょうか?

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

仲値決定後の推移に注目となる。

超えない状況なら上値追いはできず。越えると強気が見える可能性に注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 12/29までの対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 1/5までの対外及び対内証券売買契約等の状況
09:30 (豪) 11月住宅建設許可件数[前月比] (前回-7.6% 予想+3.0%)
14:00 (日) 11月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回92.8)
14:00 (日) 11月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回90.7)
16:45 (仏) 12月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.4%)
16:45 (仏) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回-0.7%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン中長期債入札(2015年・2018年・2026年償還)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(3カ月物・12カ月物)
20:00 (南ア) 11月製造業生産(前回+1.2%)
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁・記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回37.2万件 予想36.1万件)
22:30 (加) 11月新築住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2%)
22:30 (加) 11月住宅建設許可 [前月比] (前回+15.0%)
24:00 (米) 11月卸売在庫 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.3%)
02:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
03:10 (米) ジョージ・カンザスシティ連銀総裁講演「経済見通し」
04:00 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演「経済」
06:00 (加) マックレム・カナダ銀行上級副総裁講演
ギリシャ10月失業率(前回26.0%)
バローゾ欧州委員長、ケニー・アイルランド首相会見
米30年国債入札(130億ドル)

ダウが上値を削る

テーマ: 概況

コロフ

ダウは上値を削る動きとなっています。特段大きな材料は無さそうですが、買われ過ぎ感が意識されているようで、利益確定の動きが強まっています。こうした流れを受けて、一時88円をつけたドル円なども上値が重くなってきています。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は買いすぎ、基調は弱気の配置から自然反落。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

115トライでは基調は弱気を保ってまだ上がりにくい配置。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

115円付近まで上昇後、ユーロの下落で114.70~75付近まで下落
114.65~70のサポートを抜けると114.35~40付近まで下落のリスクも

米10年債入札

テーマ: 債券・金利動向

ウルフ

最高落札利回り  1.863%
応札倍率      2.83倍(前回2.95倍)

発表後、米10年債利回りは上昇。
ドル円は一時88円台を示現。

ダウ失速

テーマ: モノローグ

だいまん

プラス41ドルの13370ドル近辺まで下落。

ユーロドルは戻すも

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルは30分足のボリンジャーバンドの中心線をブレイクしたものの、そこから上値を抑えられる展開となっています。ダウがやや上値を抑えられているのが警戒されている状況です。欧州債券市場で利回りが全体的に低下傾向となっていることも嫌気される状況です。

ダウが堅調

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.98、ユーロ円が115.00、ユーロドルが1.3079まで値を回復。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

今日のポイントの87ローを上抜けしてからは
そのレベルが堅くなって上昇にはいい形。

現状弱気の基調が強気になれば
さらに上向きの力がかかってくる。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

87.95まで上昇。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円では、ロンドン初頭に売りが強まった後は買い戻しが優勢。 


ユーロ円が114.78から114.06まで下落後、114.68まで買い戻され、ポンド円が140.88から139.98、スイス円が94.95から94.33へ下落後買戻しが優勢。 オージ円は91.74から92.49、NZD円が73.05から73.85、カナダ円が88.47から89.11まで値を上げた。  

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、NYダウが堅調に84ドル高まで上昇、ドル買い、円売りの相場展開となっている。
 ドル円は、87.39から87.88まで一時値を上げ、ドルスイスが0.9274へ上昇、ユーロドルは、1.3037、ポンドドルが1.5993まで下落した。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

まだ基調は弱気だが、目先は上向きを保って底堅い。
114.90あたりにポイントで、この上にのってくると
上昇リスクがでやすいところ。

ダウ堅調

テーマ: 概況

コロフ

ダウが堅調な展開となっています。現状で50ドル強の上昇となっており、13400ドルに突っ込む可能性も高そうです。ただ、そうした中で、ドルに対する買い圧力が強いのはやや気がかりな所です。為替相場は最近株式市場と違った動きを見せることも多いですが、やはり警戒はしておいたほうがいいでしょう。

ダウ50ドル高

テーマ: 株式市場

ウルフ

先物は小幅高でしたが、ザラ場で一気に買い上げて来ました。
為替相場は円が小幅に下落し、ドル円は87.77まで上昇。

さて、ここからの株価動向に注目です。

クロス円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が上昇しているが、円売りではなくドル買いの模様。
EURUSD、GBPUSDが下落、USDCHF、USDJPYが上昇。
このためクロス円は方向感がなく手を出すと危なさそう。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円の直近は上昇の可能性が出てきている。
特に本日高値を上抜けると、ひとまず88円乗せにトライしそう。
それでも88.40は重く、一気に上抜けできるとまでは考えていないので、
短期勝負か。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

87円後半では上値の重い展開。
期待先行の行け行けムードも沈静化しつつあり、
調整色が高まっている感じです。

引き続き円売り圧力は継続となりそうですが、
米長期金利の上昇が一服している事や、90円付近までの
上昇を見込んでいた本邦輸出等も、調整地合の中オファーの
水準を88円付近まで下げてくる可能性もあり、短期的には
かなりインパクトのある支援材料が無い限り、88円から更に上を
目指す展開は難しい局面に入っているかもしれません。

上値の重い展開の継続となれば、大きな(ある意味健全な)調整リスク
も高まってくるでしょうから、87円後半からの円ショートはポジションを
軽めにし、88円から上の水準では積極的な上値追いは控えた方が
無難そうです。

期待から実態へという事で、目先米企業決算に注目でしょうか。

現在のレート
 ドル円:87.55

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

調整もスピード感が鈍い。

50にビッドありか?

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13330ドル台まで下落。 ドル円、クロス円も一旦上値つき感。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

年初以来の安値91円付近をサポートした豪ドル円は92円台前半に反発
92.20~25付近のレジスタンスを抜ければ92.60~70前回の高値をためしに
いくだろう
サポートレベルは91.65~70付近

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 10578.57 +0.67%
TOPIX 879.05 +0.82%
JASDAQ  1464.20 +0.51%
マザーズ  442.33 +0.92%

朝方ドル円が86円台にっ込むと日経平均100円超の下落だったが、10500台を回復し
3日ぶりの反発
売買代金は1.93兆円と活況
昨日先物を売っていたCTAなどからの先物の買い戻しも出ていたもよ
孫への教育資金の贈与に対する一定額の非課税枠を政府が検討中と伝わると
教育関連株が急騰

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

9日の東京市場は、NYダウの下落を受けたリスク回避の動きが、日経平均株価が下落してスタートしたことで、更に拡大したが、その後日経平均株価がプラス圏を回復したことで、巻き戻しの動きとなった。
 ドル円は86.83まで下落後、フィッチが「債務についての行動がなければ、日本の格下げを検討する」との見解を示したこと、菅義偉官房長官が、「日銀総裁は、安倍首相の目指す方向に理解をいただける方を中心に選定する」と述べたことなどもあり、87.55まで反発、ユーロ円が113.55から114.52、ポンド円139.40から140.49、オージー円が91.23から91.94、NZD円が72.64から73.43、カナダ円が87.98から88.68、スイス円が93.92から94.72まで値を回復した。 一方ユーロドルは、1.3067から1.3091でサイド・ライン的な動きに終始した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=91.30-92.45)
戦略としては、91.65-70と91.85-90のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は91.95-00と売り上がって、ストップは92.10-25超えとするか、92.30-45、92.50-60と売り場を探して、ストップは92.80-85超え。 93円前後の売りはCapを確認する必要があるが、ストップは93.30-35超えとなる。 一方下値は91.30-45と買い下がって、91.10-25割れがストップで、積極的なら倍返し、ターゲットは90.85-00の動向次第。 割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは90.30-35を前に下げ止まりでは買い戻しから買いは、89.90-00と買い下がって、ストップは89.70-80割れで、倍返し。(予想時レート: 91.85 予想時間 14:25)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=87.00-88.00)
戦略としては、87.35-40と87.45-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は87.55-60超えが倍返しも、87.65-70、87.70-80と利食いで、売りはこういったCapから87.95-05、88.10-25と売り場を探して、ストップは88.35-45超えや88.45-55超えでの倍返し。ターゲットは88.75-85での利食いで、89円前後の売りのストップは89.15-20超えとするか、慎重に89.45-55超えをストップに売りあがりでの対応となる。 一方下値は順張りから87.20-25、87.10-15と買い戻しから買いはこういった位置から86.95-00と買い下がって、ストップは86.75-85割れでの倍返し。ターゲットは86.45-55、86.25-30と買い戻しで、買いはこういった位置から86.15-20、86.00-10、85.90-00と順次買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 (予想時レート:87.45 予想時間 13:10)

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10578.57(+70.51)

今日の東京市場は上昇しての大引けとなりました。ダウの下落を受けて寄り付きこそ下げての動きとなりましたが、そこから持ち直しての動きとなりました。日銀の金融政策決定会合に対する期待感や、アルコア決算に対する安心感などが相場を支える展開となりました。

為替相場もドル円が上昇する展開となっています。87円割れの水準での買い戻しが見られたことで、下値の堅さが意識される展開となりました。日経平均の上昇とあわせての上昇となり、先行きに対する安心感が広がる展開となりました。

日経平均が

テーマ: モノローグ

だいまん

強い。 ちょっと円売りが続きそう。

ドル円オプション

テーマ: 概況

YEN蔵

86.75~90.75のダブルノータッチの噂があったが
やはり87円割れは防戦買いもありサポートされ反発

短期筋は87円台前半から買ったが、一部87.50手前で
一部利食いも

今日からスタートしました

テーマ: モノローグ

だいまん

「だいまんのMorning/EveningFX」今日から申し込みを開始致します。

毎日朝晩の2回、その日の相場戦略や見通しを音声でお伝えします。
お申し込みは1ヶ月から可能です。 また、同時に配信している
「だいまんのウラ読み戦略」でも、「Morning/EveningFX」を聞くことが
できます。こちらは毎日2回の一般のリポート、週間・月間リポートなども
ご購読できます。

詳細

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月9日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月9日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↑
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP →
EURCHF →
GBPCHF ↑

以上です。


*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ここから、88円を回復とは思わないが、87円は堅くなりそう。

一目均衡表の日足の転換線(86.95-00)を若干割れて反発ってよくあるケース。
ただ、今後は下値を86.75-85として、上値の88.45-50の中心。87.65をアペックスに、上下すると三角保合い形成になるが、その場合は、ダイヤモンドになると、高値つきの可能性が高まるので、ざっくり60銭の上下として、87.05-88.25レンジか?

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は86円80台まで下げてから上昇していて、
下げれば買うという動きになっている。
しかし87.60~80を上抜けできないと、まだ下げる可能性が強い。
逆にここを上抜けて88円台に乗せれば、
88.40の高値抜けにアタックしそう。

これも影響か?

テーマ: モノローグ

だいまん

菅義偉官房長官「日銀総裁は、安倍首相の目指す方向に理解をいただける方を中心に選定する」

前場終了で一旦垂れそう

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が87.50、ユーロ円が114.44、ポンド円が140.47、オージー円が91.88、NZD円が73.43、カナダ円が88.64、スイス円が94.7まで上昇。

ここまで

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇するとは。。。。

株関係の人は、為替を見て日経が上がってるって言うし、為替の人は株見て上がっているというし、どっちだ?

今日の東京は

テーマ: モノローグ

だいまん

奇妙に買いも入るけど、やっぱり上値は重いと見ておきたい。

買戻しが入るとすれば、レベル感は別として、東京夕方からロンドンの初頭の水曜日のバリュー替わりの伴うケースか?

東京朝

テーマ: モノローグ

だいまん

 早朝の動きは、ドル円は86.83、ユーロ円が113.55、ポンド円139.40、オージー円が91.23、NZD円が72.64、カナダ円が87.98、スイス円が93.92まで下落後、反発したが、日経平均の寄り安を睨んで、再度売りが強まった。 ただ日経平均株価は、100円安程度で寄りつき、現状は買い戻しが優勢。
今日もあれた展開が続きいそう。

株の寄付きを睨んで

テーマ: モノローグ

だいまん

買い方の利食いがでている感じ。

日経平均もスタートは弱そうだが。。。。

朝の動き

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が113.55、ドル円は86.83まで一時下落。 

朝の動き

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が113.55、ドル円は86.83まで一時下落。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 11月小売売上高 [前月比] (前回0.0% 予想+0.3%)
18:00 (ユーロ圏) 伊7-9月期財政赤字対GDP比[年初来] (前回+5.0%)
18:30 (英) 11月商品貿易収支 (前回-95.39億GBP 予想-90.00億GBP)
19:30 (独) 独5年債入札(50億ユーロ)
20:00 (独) 11月鉱工業生産 [前月比] (前回-2.6% 予想+1.0%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-10.4%)
22:15 (加) 12月住宅着工件数 (前回19.61万件)
24:30 (米) 週間原油在庫
06:45 (NZ) 11月貿易収支 (前回-7.18億NZD 予想-6.70億NZD)
ポーランド ポーランド国立銀行・政策金利発表
米10年国債入札(210億ドル)

リスク回避だが

テーマ: 概況

コロフ

ダウは一時13300ドルを割り込んでの動きとなったが、米国の消費者信用残高が市場予想よりも良かったことなどを背景に買い戻しが入っての引けとなりました。アルコアの決算が市場予想よりも良かった事を背景に、意外と底堅い動きとなる可能性もあるので、東京市場のダウの先物が持ち直す展開も頭には入れておいた方が良さそうです。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

113.60付近まで下落したが、3日の安値付近がサポートされた
当面113.50~60をサポートに114.40~50をレジスタンスにした
レンジ内の動きとなろう

既に

テーマ: モノローグ

だいまん

若干動きが止まった感じ。
ドル円は87.30-35、ユーロ円は114.15-20で反発が限定されており、こういった位置がを超えないと上昇も覚束ない。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

いまのところはポイントの20ポイント程度の
オーバーシュート領域で下げ止まっている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

いまのところは20ポイント程度の
オーバーシュート領域で下げ止まっている。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が113.63、ポンド円が139.48、オージー円が91.20、NZD円が72.56、カナダ円が88.07、スイス円が94.01まで下落した。
 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウの下落を受けて、リスク回避の動き。一旦買いになり易いレベルまで。

ドル円が76.98、ユーロ円が113.63、ユーロドルが1.3060まで下落。

ダウ、13300ドルの攻防へ

テーマ: 概況

コロフ

ダウは13300ドルを維持できるかどうかといった攻防となっています。ここまでの買われ過ぎ感が意識されての動きであり、警戒感が高まる状況ではありますが、現状ではまだ割り込んでいません。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先も下向きに転換し、重い配置になり、
ポイントの87.17切れの動き。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きで重い配置に。

ダウ60ドル超安

テーマ: 株式市場

ウルフ

寄り付き後の下げ渋りから、下値を拡大する展開。
独DAXも下押しとなっております。

為替相場は円買い・ドル買い優勢となり、ドル円は一時87円付近まで、
ユーロ円は114円を割り込み一時113.70台までそれぞれ下押しと
なっております。

ある程度値動きが落ち着き、株価反発となれば円を売り遅れた向きが
沸いて出てきそう。
米債利回りの低下基調は引き続き気になるところですが、
buy on dips で着実に利食って利益を積み上げたいところ。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは日足のボリンジャーバンド中心線付近。
この中心線もフラットで方向感が弱く、今週のECB理事会に注目。
直近では本日の高値と安値のどちらを抜けるかが
動き出すきっかけになるかもしれないと考えている。

ユーロ売り一服

テーマ: 概況

コロフ

フランスの格下げに対する噂でユーロ相場がやや揺れ動きましたが、現状では政府が否定しており、それに伴うユーロ売りが巻き戻されている状況です。ドル買いもここに来て一服しており、全体的に戻してきている状況です。

そうした中で始まった米国株式市場ですが、ダウが20ドル前後の下落、NASDAQは上昇といった動きになっています。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

欧州株は独DAXが一時プラス圏に浮上したものの、再びマイナス圏に
失速。ダウ先物も軟調で、ダウはマイナス圏からのスタートとなりそうです。
米10年債利回りは低下傾向が継続。マーケットはややリスクオフに傾斜しており、
ドル円・クロス円は上値の重い展開。

ただ、株価軟調と言っても、一時的な冷却期間と雰囲気で、
円売りが大きく巻き戻される事は無さそう。今のところ、ドル円・クロス円は下げた局面での
押し目買いを回転させる取引がワークしそうです。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイント87.17の上の位置で、目先は強含みで少し堅さが見える。
基調はまだ下向きで上値は重い状態。

揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

方向感は見出し難く、ジョビングぐらいしか出来ない。 

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13375ドル程度まで反発。

ユーロ圏の指標は大きな材料とならず

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ圏・11月失業率

前回:11.7%
予想:11.8%
今回:11.8%

ユーロ圏・11月小売売上高(前月比)

前回:-1.2%
予想:+0.3%
今回:+0.1%

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.18%
フランスCAC +0.21%
英FT +0.1%
イタリアFTSEMIB +0.4%
スペインIBEX +0.08%
ギリシャGD.AT -0.18%

オープン直後からはやや反発しているが。全般的に小動き

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

ロンドン序盤1.3120~25の上値は重く、やや下攻め気味だが
1.3100がサポートされている
1.31付近を完全にブレークすれば1.3065~70付近までの下落に
なり、昨日のベルルスコーニニュースの上げ分を帳消しになるのでは

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から下限まで下落しての動きとなっています。ここからバンドブレイク、そしてバンドウォークとなるかどうかに注目が集まります。バンドブレイクからの動きとなれば1.31ドルを割り込む動きも見られるでしょう。それにはバンドの上限の上昇に伴うバンド幅の拡大が必要となりますが、目先はそういった動きにはなっていません。バンドの上限に注目しながら見ていく格好となりそうです。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入っています。これが反転できるかどうかといったところですが、中期線も下落基調に入っていることから、仮に戻すことができても上値の重さが意識される展開となるのではないでしょうか。バンドの中心線では抑えられやすい展開となっています。バンド幅が狭いだけに、動き出したら大きくな利安いので注意です。現状水準は今日の安値であり、その点でもポイントとなっていきそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられる動きとなっています。下限を目指す動きとなっていますが、下限は今日の安値水準であり、ここで支えられるかどうかがポイントとなっていきそうです。バンド幅はゆるやかに縮小していることもあり、状況としては支えられる可能性が高いのではないかと見ています。価格としては87.25円前後の水準が意識されることになりそうです。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入っています。底打ち気配もありますが、まだはっきりとはしていない所です。一方、中期線は下値余地を若干残していますが、下値圏での横ばいの動きとなっています。中長期的には依然として上値の重い状況となっています。バンドの中心線で押さえられる可能性もありそうです。ただ、バンド幅事態は縮小傾向に入っており、そうした動きからバンドの上限まで上昇といった動きも頭には入れておきたい所です。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 8日の東京市場は、一部報道で「安倍首相の求める物価目標に関し、日銀は達成時期を明記しない」と報じられたことや日経平均株価が軟調に推移したことなどで一時円売りが拡大したが、その後麻生太郎副総理兼財務・金融相が、「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」と発言したことで、巻き戻しとなった。 ただ、「ESM債、購入額を決めたわけではない」とも述べており、その後はじりじりと円の買い戻しとなった。
 ドル円は87.22から87.82まで一時反発、ユーロドルは、1.3140の高値まで上昇した。
 一方クロス円では、ユーロ円が114.47から115.23、ポンド円が140.66から141.44、スイス円が94.72から95.32まで一時反発後値を落とし、オージー円が92.12から91.54、NZD円が73.43から72.99まで下落した。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=113.75-115.50)
戦略としては114.70-75と114.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、115.10-15と売り上がって、ストップは115.20-30超えでの倍返し。 ターゲットは115.40-50と利食い&売り上がって、ストップは115.55-65超え。115.75-85での売り直しのストップは115.95-00超えでの倍返し。 ターゲットは116.50、117.00などを睨んで利食い優先となる。 一方下値は114.45-55割れがストップ、114.30-40は維持を見て買っても、ストップは114.20-25割れや114.10-15割れでの倍返し。 このターゲットは113.95-00、113.75-80の動向次第で買い戻し。 買いは維持を見る必要があるが、ストップは113.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは113.50-55、113.40-50と買い戻しで、買いは113.25-30と買い下がって、ストップは113.15-20割れで、112.95-05、112.75-80での買い直しのストップは112.55-65割れ。 112.40-45、112.25-35での買いのストップは、112.15-25割れなどでの対応となる。(予想時レート:114.85 予想時間 14:20)

東京市場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は一時プラス圏に持ち直す時間帯もありましたが、後場で一時100円安水準に沈むなど上値の重さが意識される展開となりました。結局は90円安での引けとなり、リスク志向の動きが巻き戻されています。ただ、昨日のダウは下落していただけに、このプラス圏に持ち直す動きは、依然として株に対する期待感に見えるところです。

為替相場はドル円が下落、ユーロドルは変わらずといった動きとなっています。欧州時間でこれがどうなっていくのかが注目ですが、ドル円に関しては今日の安値が支えられるかどうかがポイントになりそうです。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は短期的に下げる動きとなっているが、
本日安値を下抜けできないと、まだ上昇の可能性が高い。
大きな流れは依然円売りで、円買いは一時的。
ドル円ショートはストップ管理して損の出ないようにしたい。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きで、上値の重さを確認している形。
ポイントは114ロー。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きを保って下落中。
ポイントは87.17。

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

後場に入り下げ幅を拡大し、一時100円超の下落で10494.14まで
4日の大発会の窓を開けた窓の下限が10430円付近
当面ここが重要なサポートレベルか

後場の

テーマ: モノローグ

だいまん

日経は高く始まらないようだ。。。。

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月8日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月8日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↑
EURJPY ↓
GBPUSD ↑
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD →
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF →


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

麻生大臣らの発言で少し円安に動いているが、
88円台に乗せられなければ、まだ調整下落の可能性が高い。
特に87円20付近を下抜けると、下げが大きくなりそう。
短期的には円買いスタンス。

金額までは

テーマ: モノローグ

だいまん

考えてないようだが、既存の外貨準備中のユーロで買うなら、為替市場には影響がない。。。。

新規にユーロを買うなら別だが。。。

円売り材料

テーマ: モノローグ

だいまん

麻生太郎副総理兼財務・金融相
「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」
「ESM債、購入額を決めたわけではない」

甘利明経済再生担当相
「緊急経済対策の骨子案は再生本部で了承された」
「経済対策はかなり大胆な規模になる」

麻生太郎副総理兼財務・金融相

テーマ: モノローグ

だいまん

「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」

ユーロ買い

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロが買い戻されています。
ユーロは今週のECB理事会での利下げの思惑で下げる動きでしたが、
利下げの可能性が低いとのコンセンサスになりつつあり、買戻しの動き。
しかし、まだ不透明で方向感のない展開が続きそう。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

今まではどこまで上がるか、判らずがむしゃらに買っていたが、

今後は、下がるまえに利食いたいとみんなが思うかどうかがポイントかも。

豪貿易収支

テーマ: モノローグ

だいまん

予想より悪化。若干のオージー売りに。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

直近、朝は円売りが出る傾向があったが、本邦は売りからのようだ。。。。

注意注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 11月貿易収支 (前回-20.88億AUD 予想-23.00億AUD)
15:45 (スイス) 12月失業率 (前回3.1% 予想3.3%)
16:00 (独) 11月貿易収支 (前回+158億EUR)
16:00 (独) 11月経常収支 (前回+136億EUR)
16:45 (仏) 11月貿易収支 (前回-46.85億EUR)
17:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領、パホル・スロベニア新大統領と会談
19:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
19:00 (ユーロ圏) 11月小売売上高 [前月比] (前回-1.2%)
19:00 (ユーロ圏) 11月小売売上高 [前年比] (前回-3.6%)
19:00 (ユーロ圏) 11月失業率 (前回11.7%)
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者信頼感・確報 (前回-26.6)
19:00 (ユーロ圏) 12月経済信頼感(前回85.7 予想86.2)
19:30 (英) 英長期債入札(2030年償還物・15億ポンド)
20:00 (独) 11月製造業受注 [前月比] (前回+3.9% 予想-1.5%)
05:00 (米) 11月消費者信用残高 (前回+141.58億USD 予想+120.00億USD)
05:00 (米) ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演「経済見通し」
05:45 (NZ) 11月住宅建設許可 [前月比] (前回-1.5%)
レーン欧州委員「エコノミック・サミットに出席」(ベルリン)
ファンロンパイEU大統領「アイルランド政府当局者と会談」
日10年国債入札(2兆3000億円)、米3年国債入札(320億ドル)

やや円売り

テーマ: 概況

コロフ

ここに来てやや円売りの動きとなっています。特段材料は無さそうですが、ここまでのリスク志向の巻き戻しが一服し、買い戻しが入っているようです。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

徐々に上値を切り下げ現在87.65に位置しております。
87.60台は底堅くしっかりサポートされている感じですが、
流石にここまで上昇を鑑みると、少なくとも一時的に87円台前半までの
調整はあってもよさそうで、安易な押し目買いは躊躇するところ。

米債利回りも僅かながら低下している事もあり、ここはじっくりと
押し目買いのチャンスを待ちたいと思います。


ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

ベルルスコーニ首相が首相に立候補しないことでユーロの買戻しが加速
昨日の高値1.3080~85付近を抜けたところでストップ的な買いで上昇したが
次のレジスタンスは1.3120~25付近

その他

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.63から87.96まで一時値を戻したが。このレンジでの揉み合い。

クロス円では、ポンド円が140.50から141.32、カナダ円が88.70から89.11、スイス円が94.39から95.25まで反発、オージー円は91.78から92.35まで反発も上値が重く、NZD円は72.66の安値から日中高値圏となる73.54まで値を戻した後は、上値を抑えられた。 

ユーロ買い

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.3114、ユーロ円が115.16まで一時上昇。

主だった材料は見えてない。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは本日安値から反発基調で、現在40ドル安の水準にて
小動きの展開。
為替相場は全般に落ち着いた動きとなっておりますが、
目立つところではユーロが買い戻されており、ユーロドルは
一時1.31台を回復。ユーロ円も115円を回復する動き。
ドル円は87.70-90間での揉み合いが継続しており、
目先の方向が見え難い状況となっております。

本日は特に注目される材料は無く、株価や金利を手掛かりとした
展開となりそう。
ダウがここから更に下げ幅を縮める動きとなれば、ユーロがもう一段
上値を伸ばす可能性があり注目したいところです。

現在のレート
 ドル円:87.80

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ弱気だが、まずは目先売りすぎから強含みに。

ユーロ/ドル、買い戻し継続

テーマ: 概況

コロフ

ベルルスコーニ氏が出馬断念か、といった報道からユーロに対する買い戻しが進み、ユーロドルは現在1.31ドル台を回復しての動きとなっています。

ユーロ/ドル、買い戻し継続

テーマ: 概況

コロフ

ベルルスコーニ氏が出馬断念か、といった報道からユーロに対する買い戻しが進み、ユーロドルは現在1.31ドル台を回復しての動きとなっています。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

マイナス78ドルからスタートも、現在は買い戻し気味。

方向感

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは今週のECB理事会での利下げの思惑もくすぶっていて
しばらくは方向感なく、これが水曜か木曜まで続くかもしれない。
一方ドル円も今月の決定会合でインフレ目標や追加緩和の思惑で、
円売り継続しつつも、利確のきっかけを探る動きもありそうで、
方向感がなくなりつつあるかもしれない。

リスク回避

テーマ: 概況

コロフ

ダウは軟調な展開となっています。さすがにここまでの上昇に対する利益確定の動きが強まっている状況です。ただ、積極的には売り込む動きになっておらず、思った以上に下値の堅さも意識されているように見えます。

Choppyな動きが

テーマ: モノローグ

だいまん

続いてるが、ユーロの買戻しは、一部通信社が「イタリアのベルルスコーニ前首相は首相に立候補しないことで合意した」と報じたことが要因。 

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足のポイント1.30ローの上で、
現状も基調目先ともに強含み。

言ってる先から

テーマ: モノローグ

だいまん

114.75-80レベルまでユーロ円は上昇。

114.50-55、114.35-45が支えると堅調に変わる。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

114.60-70がCapされて、再度114.20レベルまで下落。 上値は114.45-55がCapされると上昇も覚束ない。

ドル円 その4

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は88円台に乗せられず、再び下げる動き。
前回配信の通り88.20を上抜けできなけれは下の可能性が強くなり、
特に金曜の安値を下抜けると87円ぐらいまで下げる可能性がありそう。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

EURAUDが下げていて、豪ドルは買われる動き。
EURAUDは現在1.2410付近だが1.23付近まで下げる可能性があり、
豪ドルはさらに買われる可能性が出てくる。
このため、ドルストレートやクロス円でも
豪ドルは他のペアと違う動きになりやすく注意したい。

ドル円 その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は雇用統計後の安値である87.60を下抜けできず、
再び上昇してきている。
この先は88.20付近を上抜けて行くと、
再び上昇に向かう可能性が高いと考えており、
その上の金曜の高値を上抜けるかが注目される。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはそれほど大きな動きになっているわけではありませんが、じり安基調を継続している状況です。目先はバンドの下限から持ち直して中心線を目指す動きとなっていますが、バンド幅は縮小傾向に入っており、中心線で抑えられる可能性が高そうです。バンドの下限が持ち直しの気配を見せていることからとりあえずは下値も支えられていきそうですが、上値の重さが意識される中で方向感が見えにくくなっていきそうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇に転じています。上値余地も残っていることから、目先は一時的に持ち直す動きが継続しそうです。現状のバンドの中心線は1.3053ドル前後の水準であり、ここがまずはポイントになりそうです。一方、RCI中期線は下落基調を維持しており、下値圏に入ってきているとはいえ、すぐに底打ちといった動きにはなりにくそうで、やはり上値の重い展開が予想される所です。

東京概況

テーマ: 戦略

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=88.00-89.50)
戦略としては、88.70-75と89.05-15のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は89.25-35、89.40-45と売り上がって、ストップは89.55-65超えでの倍返しも90円を前に上げ渋りでは利食い優勢。 売りはCapのケースで、90.55-60などをストップに検討される。 一方下値は慎重な順張りまたは、88.45-50、88.40-45と買い戻しで、88.20-30、88.00-10と買い場を探して、ストップは87.95-00割れで、87.85-90割れでの倍返し。ターゲットは、87.45-50、87.35-40と買い戻し&買い下がって、ストップは87.00-05割れや86.90-00割れでの倍返し。 このターゲットは、86.60-70、86.40-50と買い戻しで、買いは86.15-30、まで買い下がっても、ストップは85.85-90割れや85.75-85割れでの倍返し。(予想時レート: 88.80 予想時間 15:40)

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線で抑えられて下落し、一気にバンドブレイクからバンドウォークの展開となりました。ここに来てバンドの下限から外れて持ち直す動きを見せています。バンドの上限も上昇から下落に転じており、調整が入りやすい状況となっています。ただ、バンドの上下限・中心線が下落する格好となりそうで、流れとしては下落トレンドを形成する可能性が高いでしょう。現状の中心線は88.05円前後の水準ですが、88円がここからのポイントになりそうです。

RCIで見ると、短期線・中期線共に下落基調を継続する展開となり、下値圏での動きとなっています。短期線がここから持ち直す事ができるかどうかがポイントになっていきそうです。下値圏に入っているだけに底打ちしてもおかしくはないのですが、まだ底打ちにはなっていないので、即断は危険でしょう。そもそも中期線が下値圏での動きとなっているだけに、中長期的には上値の重さが意識されやすい状況にあることは事実です。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は87.90付近を下抜けて下落。
しかし注目の87.60を前に下げ足が弱まってきている。
この後の欧州時間でここを下抜けできるか注目。

雇用統計後の安値

テーマ: 独り言

YEN蔵

金曜日の雇用統計後の安値は
ドル円が87.55~60付近
ユーロ円が114.25~30付近
豪ドル円が91.55~60付近

とりあえずこのレベルが短期のサポートレベルか

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は100円弱の下落と名って終了しました。円安が一服したことや、リスク志向の動きの巻き戻しなどから利益確定の動きとなりました。為替相場に関しては正月明けの国内輸出企業からの売りが持ち込まれた、などといった噂もあるようです。寄り付きが高かっただけに、この下落が欧州株、米国株に対して思惑的な売りを誘う可能性もありそうです。一時的には調整が入るタイミングなのか、見極めが重要となりそうです。

東京株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

日経平均 -89.1 10599.01
TOPIX -7.45 881.09

引けにかけて下落幅を拡大し、ドル円、ユーロ円も下落
一方
JASDAQ +18.14 1454.03
マザーズ +18.45 433.49
中朝小型株は上昇し、大型売りの小型買いの循環が効いた1日に
この流は今週続くのだろうか

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

従って戦略としては、114.40-45と114.65-70のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合の上値は114.75-80をストップ、114.95-00での売り直しのストップは115.05-10超え、115.15-20、115.25-30、115.40-50で売り上がって、ストップは115.55-65超え。115.75-85での売り直しのストップは115.95-00超えでの倍返し。 ターゲットは116.50、117.00などを睨んで利食い優先となる。 一方下値は114.25-30割れでの倍返し。ターゲットは、114.10-20や113.95-00の動向次第で、買い戻しで、買いのストップは、113.75-80割れや113.60-70割れでの倍返し。 ターゲットは113.50-55、113.40-50と買い戻しで、買いは113.25-30と買い下がって、ストップは113.15-20割れで、112.95-05、112.75-80での買い直しのストップは112.55-65割れ。 
(予想時レート:114.50 予想時間 14:50)

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は上値が重くなりつつあり、
87.90付近を下抜けると下げる動きとなりそう。
ただ金曜の下げも87.60付近で止められたので、
まずはここと、金曜の安値を下抜けるかに注目。

『ゴルフ流FX売買シグナル』1月7日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2013年1月7日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP →
EURCHF →
GBPCHF ↑

以上です。


*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ソフトバンクの買収差し止め要請

テーマ: ニュース

YEN蔵

ソフトバンクの買収先のスプリント・ネクステルがクリアワイヤの未保有株を取得する計画につき、クリアワイヤの大株主のクレスト・ファイナンシャルはFCC(連邦通信委員会)に買収差し止めを求める考えを表明。
合わせてソフトバンクのスプリント買収も差し止める方針とのニュース

大型買収に暗雲が立ち込めるとドル円の取っては円売り材料が一つ減るが....
今日も朝の円買いは、このニュースをやや気にしているのかもしれない

東京午前

テーマ: 概況

YEN蔵

ドル円は88円前半、ユーロ円は115円中盤からやや下落
ファンド勢からの利食い夷、輸出勢の売りもでた模様
日経平均もやや下落し、やや利食い先行モードの週明けとなった
とはいえ日経平均も下げ幅を縮小、午後の動きが期待される

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

上値は1.3065-75が抑える形。 1.3080-85や1.3090-95を超えて、一定の反発期待。

下値は1.3045-50が支えると良いが、1.3030-40を割れて1.3015-25を割れると厳しい。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

88.38から87.97へ調整後、反発が88.23でCapされると形。

やはり下値は87.95-05の再維持が焦点。割れると87.75-85などがターゲットで、更に87.60の金曜日の安値割れがストップ圏となる。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

案外動きが激しい。

115.55まで上昇後、114.80を維持も、反発が115.22でCapされる形。 下値は114.95-00が再維持できるか焦点。 114.80を割れると114.50-60方向への調整も視野。

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月07日 06:45
EURUSD 1.3072-80
USDJPY 88.10-13
EURJPY 115.20-28
GBPJPY 141.60-69
AUDJPY 92.30-39

金曜日の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

欧州市場から強い米雇用統計を見越したリスク志向が強まったが、米12月雇用統計では、非農業部門雇用者数は、前月比でプラス15.5万人となり、予想を下割る形から、更に失業率が7.8%と悪化したことで、全般的に巻き戻しが優勢となったが、NYダウが堅調な推移したことで円売り地合いは変わらず、円は再度売り戻されて週末の取引を終了した。 
 ユーロドルは、1.2998から1.3090へ反発、ドル円は88.405から87.60まで値を下げた後88.36まで反発した。 
 クロス円では、ユーロ円が114.28まで下落後115.40日中高値へ上昇、ポンド円が140.53から141.80、オージー円が91.59から92.47、スイス円が94.50から95.50、NZD円は72.40から73.38まで値を上げ、カナダ円は、強いカナダ雇用統計を受けて、88.89から89.63まで一時上昇した。 
 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

18:30 (ユーロ圏) バローゾ欧州委員長講演
19:00 (ユーロ圏) 11月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.6% 予想+2.4%)
24:00 (加) 12月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回47.5)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月07日 06:00
EURUSD 1.3079-85
USDJPY 88.12-15
GBPUSD 1.6072-81
USDCHF 0.9238-46
AUDUSD 1.0467-77
NZDUSD 0.8299-12
EURJPY 115.26-33
GBPJPY 141.64-74
AUDJPY 92.26-34
NZDJPY 73.14-26
CADJPY 89.24-35
CHFJPY 95.32-40
EURGBP 0.8133-44
EURCHF 1.2086-96
ZARJPY 10.23-34

今週は

テーマ: モノローグ

だいまん

ロイターの記事で、今週にも90円を目指すとの見通しが出始めているのはいやだね。

ただ、28日、4日と早朝に大口円売りが出て、相場が持ち上がる現象が出ているが、
週初で、またぞろそういったフローが出てくるのか見てから対応したい。

材料的には、今週はECBなどはあるが、その他では材料も薄く、若干落ち着いた相場が見えてくるのかと思っている。

ダウは結局

テーマ: 概況

コロフ

堅調な動きとなって終了しました。50ドル弱の上昇での引けです。NASDAQもプラス圏での引けとなっており、思った以上にしっかりとした動きとなっています。ISM非製造業景況指数が相場を支えた状況で、経済環境の好転が意識されての動きです。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気のままで底堅い状態から反発。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

びっくり、日中高値を越える115.09まで反発。

確かに円売りだろうが、そこまで上がるとは。。。

 クロス円では

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が115.06から114.28まで下落、ポンド円が141.79から140.53、オージー円が92.18から91.59、スイス円が95.15から94.50まで下落したが、NZD円は72.40から72.83まで値を上げ、カナダ円は、強いカナダ雇用統計を受けて、88.89から89.33まで値を上げた。 


FXとは関係が薄いけど

テーマ: 概況

コロフ

FXとは関係が薄いのですが、米国の原油在庫が1112万バレル減(事前予想100万バレル減)となったようです。ガソリン、留出油は積み増しとなっていますが、それでも減少があまりに多いところです。原油価格は動いていませんが、経済が動き出している可能性はあるのでしょうか。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

米12月雇用統計を受けて、全般的にドル売り、円買いが一時;優勢となった。 
 ユーロドルは、1.2998から1.3064へ反発、ドル円は88.405から87.60まで値を下げた。

米雇用統計を受けて、

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.60レベル、ユーロ円114.28レベルまで下落。

ユーロドルは一時1.3059まで反発した。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は雇用統計後に少し下げたが、
1時間のボリンジャーバンドのミドルラインで止められている。
ここがサポートされるなら、クロス円も上昇の可能性が高く、
円売りの動きはまだ続きそう。
逆にここが下抜けるようだと、少し調整されるかもしれない。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きを保って、少し下を固めた形。

米雇用統計

テーマ: 概況

ウルフ

ほぼ市場予想通りの結果となりましたが、
マーケットはドル売りで反応。

ドル円は87.80台まで下押しする展開となっております。
事前の期待も然る事ながら、やはり失業率が0.1%の悪化とは言え、
改善していない事が失望を招いたのかもしれません。

発表後、ダウ先物は一旦下振れしたものの直ぐに反発。米10年債利回りの
低下も今のところ限定的となっており、ドル円をサポートしている感じです。

統計の微妙な結果に加え、ISMを控えている事もあり市場全体がやや気迷い
ムードを醸し出しております。
一旦様子を見るとします。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先かいすぎからサポートの10を切れてきた。

雇用統計は

テーマ: 概況

コロフ

非農業部門雇用者数が+15.5万人(事前予想+15.2万人)失業率は7.8%(事前予想7.7%)となりました。期待が高かっただけに、失業率の悪化は先行きに懸念を抱かせます。ここまで期待感で上昇していた相場だけに、上値を抑えられる可能性もありそうです。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはドル買いでAUDUSDも下げる動き。
このためEURAUDは上昇しており、
ドルの動きでEURAUDも動きそう。
この後は雇用統計なので、
ここでのドルの動きに注目している。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの1.04ミドルの下に入り、
現状下向きの配置から下落中。

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

今夜に雇用時計を控えつつもマーケットはドル買いの動き。
USDJPY、USDCHFは上昇、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDは下落。
ドル円上昇でクロス円も上げるが、ドルストレートは下げるため
クロス円の上げ足は弱くなっていて、ドルの動きに注目している。

遅れ馳せながら・・・

テーマ: 概況

ウルフ

明けましておめでとうございます。m(_ _)m
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、年明けから円相場は熱い展開となっております。

円安地合の中でFOMC議事録を受けたドル買いが加わり、
ドル円はついに88円の大台を突破。一時88.20台まで上値を
拡大する展開となっております。
米雇用統計前にしてはやや意表をついた動きですね。
マーケットは結果を楽観視しているのでしょうか・・・

世界的な株高に加え、米債利回りの上昇基調も継続とあって、
ドル円に関しては現状売り材料が見当たらないといった
感じです。
ただ、そろそろ短期筋の利食いも出てきそうで、雇用統計の結果を
見るまでは深追いは避けたいところでしょうか。

現在のレート
 ドル円:88.21

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの86.56の上では上昇リスクなりに上昇中。
83ローを固めた時点からのドルロング志向はそのまま。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 4日の東京市場は、大発会の東京株式市場が、大きく値を上げたこと、米12月雇用統計が強いとの見方から、円売り、ドル買いが加速した。
 ユーロドルは、1.3054から1.3006まで下落、ドル円は、ヘッジ・ファンドなどの買いで、87.26から88.12まで上昇した。 
 クロス円では、ユーロ円が113.84から114.71、ポンド円が140.42から141.60、オージー円が91.30から91.96、カナダ円が88.30から89.02、スイス円が94.15から94.89まで値を上げたが、NZD円は72.70から72.14まで値を下げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2995-1.3110)
戦略としては、1.3025-35と1.3050-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3065-70超えがストップで、倍返しも1.3080-05、1.3105-15と利食い&売り上がって、ストップは1.3120-25超えで、1.3130-35、1.3145-50での売り直しのストップは、1.3170-75超えや1.3195-00超えでの倍返し。 ターゲットは1.3230-45を前に上げ渋りでは利食い優先で、売りはこの位置から1.3260-65、1.3270-85と売り上がって、ストップは1.3290-00超えや1.3300-10超えでの倍返し。 一方下値は、1.3015-25割れでの倍返し。ターゲットは1.300-15、1.2995-00と買い戻し&買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。(予想時レート:1.3045 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=87.40-88.30)
戦略としては、87.70-75と87.80-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りも88円前後、88.10-15、88.20-30と利食い&売り場を探して、ストップは88.45-55超えなどで対応。 一方下値は87.55-65割れがストップで、倍返しもターゲットは87.40-45や87.25-30の動向次第で買い戻し。買いは87.25-30をストップとするか、87.15-20、87.05-10、86.95-00と買い下がって、ストップは86.85-90割れや86.75-80割れでの倍返し。 ターゲットは86.45-55、86.25-30と買い戻しから、86.15-20、86.00-10、85.90-00と買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 85.60-65割れが積極的なら倍返しとなる。(予想時レート:87.75 予想時間 15:40)

気のせいか

テーマ: モノローグ

だいまん

オプションのパターンとしても、いつもほどドル円の上昇スピードが鈍い感じがするのは、私だけでしょうか?

荷モタレが出ると注意じゃないかな?

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

再び87.80台に
88まではオプションバリアーに絡む売りや、短期筋の利食いの売りがあるようだが、底堅い

欧州スタートは

テーマ: モノローグ

だいまん

完全にドル買いの雰囲気。米雇用統計を見越した動きなら、結果では、強弱感があっても、注意となりそうだ。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は87.83、ユーロ円は114.40まで一時上昇。

ただ、高値は維持できていない。次は88円の防戦ラインが勝負。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

仲値に向けて87.70台を再びトライしたが重たい感じ
87.80~88は重要なレベル

日経平均

テーマ: 株式市場

YEN蔵

高値は10734.23
震災前の高値は10891.6

日経平均

テーマ: モノローグ

だいまん

209円高で寄り付く。

ドル円は87.77、ユーロ円が114.38まで上昇。
ユーロドルは、1.3023まで下落した。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

昨晩の海外市場は、一時の円買いもNYダウの反発や米FOMC議事録を受けたドル買いが優勢となった。米12月ADP全米雇用報告が市場予想を上回ったが、週間新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことで、米経済指標に対する反応は限定的となった。 米12月FOMC議事録では、「数人のメンバーが、2013年末より前の時点での量的緩和(QE)の縮小もしくは停止が適切と判断した」ことが示されると、米長期金利の上昇を受けて、ドルを買う動きが広がった。 
 ユーロドルは1.3170から1.3047へ下落、ドル円は86.77から87.35まで一時値を戻した。
 一方クロス円では、ユーロ円が113.65から114.22、ポンド円が140.18から140.70、オージー円が91.13から91.60、カナダ円が87.97から88.50、スイス円が93.97から94.42まで一時値を回復、ンZD円は72.63から72.18まで下値を拡大した。  

結局ダウは

テーマ: 概況

コロフ

13400ドルを割り込んでの引けとなりました。FOMC議事録などが嫌気されての動きではあるものの、雇用統計に対する期待感から下値を追う動きにはなりませんでした。

Nikkei225は

テーマ: モノローグ

だいまん

年初からの高値10820近辺から10720円まで調整も、年末の終値10400台からは、大幅に上昇してスタートする可能性がありそう。

その面では、早朝は9時の寄り付きまで、円買いは若干危険。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

17:55 (独) 12月サービス業PMI・確報値(前回52.1)
18:00 (ユーロ圏) 12月総合PMI・確報値(前回47.3 予想47.3)
18:00 (ユーロ圏) 12月サービス業PMI・確報値(前回47.8 予想47.8)
18:30 (英) 12月PMIサービス業 (前回50.2 予想50.2)
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.1%)
22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数 (前回+14.6万人 予想+14.5万人)
22:30 (米) 12月民間部門雇用者数(前回+14.7万人 予想+14.5万人)
22:30 (米) 12月失業率 (前回7.7% 予想7.7%)
22:30 (加) 12月雇用ネット変化 (前回+5.93万人 予想0.00万人)
22:30 (加) 12月失業率 (前回7.2% 予想7.3%)
24:00 (米) 12月ISM非製造業景況指数 (前回54.7 予想54.3)
24:00 (米) 11月製造業受注指数 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.5%)
01:00 (米) 週間原油在庫
03:15 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
05:30 (米) イエレンFRB副議長講演
東京株式市場大発会

FOMC議事録

テーマ: 概況

ウルフ

「数人は13年末より前の時点でQE縮小・停止を考慮」

ダウは反落し、一時20ドル安の水準まで下落。
米10年債利回りは大きく上昇して反応。

為替相場は主要通貨に対してドルが全面高の動きとなり、
ドル円は一時83.35まで上昇。ユーロドルは1.3050台まで下押しと
なり本日安値を更新する展開。

米FOMC議事録を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

「数人のメンバーは2013年末より前の時点での量的緩和の縮小もしくは停止が適切と判断した」
との報道で、ドル買いに。

米FOMC議事録を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

「数人のメンバーは2013年末より前の時点での量的緩和(QE)の縮小もしくは停止が適切と判断した」ことが明らかになると、全般ドルを買い戻す動きが出た。ドル円は一時87.25円付近まで上昇した一方、ユーロドルは一時1.3080ドルと日通し安値を付けた。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウがマイナス50ドルからプラス8ドルまで反発したことで、買い戻し気味も、揉み合いが継続している。 ユーロ円が113.65から114.11へ一時値を戻し、ポンド円が140.18から140.72、オージー円が91.13から91.56、NZD円が72.23から72.63、カナダ円が87.97から88.41、スイス円が93.97から94.38ので推移となっている。  


雇用統計待ち

テーマ: 独り言

YEN蔵

ユーロ円は113.50~60がサポートされやや持ち直し
米国株も小動きで、このまま明日の雇用統計待ちになりそうだ

ドル円

テーマ: 概況

コロフ

ドル円は87円が目先どうにも重い状況。30分足バンドの中心線が抑える格好となっています。下値の堅さが意識されているものの、伸び切れない所。

NY中盤まで

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の動向は、一時の円買いも、若干揉合い気味。 米12月ADP全米雇用報告が市場予想を上回ったが、週間新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことで、ドル買いも一過性のとなった。 
 ユーロドルは、1.3082の安値から1.3121へ反発も、このレンジでの推移、ドル円は87.11まで反発後、86.77まで一時下値を拡大した。

ADPの結果を受けて

テーマ: 概況

コロフ

ADP雇用統計の結果を受けて、一部の大手金融機関で非農業部門雇用者数の予想を引き上げたところもあるようです。で、結局予想に届かず、急落といった展開にならないか、心配似なる状況ではあります。とりあえず、ADPはNFPに近付くように修正はされていますが・・・

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:37.2万件
 予想:36.0万件

マーケットは小幅に円買い買い戻される展開。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP雇用統計
 結果:+21.5万人
 予想:+14.0万人

発表後、ダウ先物・米10年債利回りは上振れし、
マーケットは円売りで反応。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きの状態で、
日足ポイントの1.6190の下に入ってきた、

全体的に

テーマ: 概況

コロフ

上値の重い状況が継続しています。今週は雇用統計などもあるので、その警戒感などもありそうです。さらに米債務上限引き上げに合意に至らないとの懸念も出ているようですが、それに関しては問題ないように思っていますが、一応頭に入れておいたほうがいいかもしれませんね。

ポンド円は

テーマ: モノローグ

だいまん

140.45-55の戻り安値が現在支える形。これが窓の上限となるので、割れると下限となる139.50-55で、日足の一目均衡表の転換線が139.30-35で、こういった位置は良いターゲット。 

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

113.80の現状の安値を割れると、これも日足の一目均衡表の転換線が113.300-35にあり、ターゲットとなるか? 注目。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

既に日足の転換線の1.3090-95に達しており、更に突っ込みは不透明。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

安値の86.89から反発が87.05に限定される形。

次のブレイクが焦点となるが、85.45-55に節目があるが、日足の一目均衡表の転換線が85.60-65にあり、こういった位置がターゲットとなるか注目。

ユーロドル その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.3140付近のフィボナッチ・ポイントで下げ止まったものの、
その後は再び下げる展開になっている。
この下は、1.3050~40付近にフィボナッチの抵抗があり、
ここで下げ止まるかが注目される。
年明けのマーケットは、ドル買い・円買いに動くのかもしれない。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

豪ドルは買われる動き。
EURAUDが下落しており、AUDUSD、AUDJPYは上昇への動き。
AUDJPYは円売りが落ち着いてきて、上昇も少し弱く、
AUDUSDの方が上がりやすいかもしれない。

ユーロ円の

テーマ: モノローグ

だいまん

このちょっとだけ、安値を割れて反発って、要注意。

ユーロドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.3150のレンジの下限を下抜けたものの、
1.3140付近のフィボナッチ・ポイントで下げ止まっている。
ここ強力な抵抗帯になっており、ここから反発の可能性もある。
もしここを大きく下抜けるなら下値目標は1.30ミドルになりそう。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

弱い配置から下値を伸ばしてきた。
1.3085-1.3115にポイントで、
この上ではまだ反発を頭に入れながら。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日の朝、財政の崖回避で暴騰したスタート店の114.25~30付近は
一旦サポートされている
ここを抜けると114円割れ付近までの下落がありそうだ
一方114.80~85レベルが短期のレジスタンスに

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.3150の大口のソブリンの買いオーダーを消化して、ストップをつける形。

現状安値は1.3124レベル、ユーロ円が114.46まで。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

サポートされていた1.3140~50がブレーク
1.31割れ位まで下落しそうだが

ユーロ売り

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.31335まで下落。 材料は不明。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは昨夜下落したものの、レンジの下限1.3150で止まっている。
ここを下抜けてレンジブレークするか、再び上昇するかに注目している。
下げきらず上昇の場合は、欧州時間に入ってからになりそう。

明日の

テーマ: モノローグ

だいまん

東京勢が戻ってくる日が、鬼門だよね。。。。

日経は高いとしても、為替は利食いが出易いし、輸出の売りも出るかも知れない。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

87.35まで上昇も案外上値が重い

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

308ドル高で引ける。 ドル円は87.35レベルまで高値更新。

引けにかけて

テーマ: 概況

コロフ

ダウが引けにかけて上値を伸ばし、300ドル高で13400ドルを回復する展開となって引けた。かなり強気で、去年の高値を超えてくる可能性が高いものと思われますが、再度の財政の崖の問題など、市場には楽観を許さない状況であることも事実でしょう。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(正月)
10:00 (中) 12月非製造業PMI(前回55.6)
16:00 (英) 12月ネーションワイド住宅価格(前回±0.0% 予想±0.0%)
17:00 (スイス) 12月KOF先行指数 (前回1.50 予想1.40)
17:30 (スイス) 12月PMI製造業 (前回48.5 予想48.4)
17:30 (香港) 11月小売売上高-価格 [前年比] (前回+4.0% 予想+4.2%)
17:55 (独) 12月失業者数 (前回+0.5万人)
17:55 (独) 12月失業率 (前回6.9%)
18:00 (ユーロ圏) 11月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.9% 予想+3.8%)
18:30 (英) 12月PMI建設業 (前回49.3 予想49.5)
18:30 (英) 11月消費者信用残高 (前回-5億GBP -1億GBP)
18:30 (英) 11月マネーサプライM4 [前年比] (前回-3.2%)
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英中期債入札(37.5億ポンド)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-12.3%)
21:30 (米) 12月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回+34.4%)
22:15 (米) 12月ADP全国雇用者数 (前回+11.8万人 予想+13.7万人)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回35.0万件)
04:00 (米) FOMC議事録(12月11-12日分)
米議会開会

ユーロドル他

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きになって下落、基調も下向きで重い配置だが、
日足のポイントは1.31前後でまだその上に位置し、
売りは狙いにくいところ。

落ち着いた動きへ

テーマ: 概況

コロフ

ダウの急騰やユーロドルの急落などがあったが、目先は落ち着いた動きになってきています。とは言え、ダウは下げ渋り、ユーロドルは上値が重いといった状況となっています。リスクに対する見方に差異があるだけに、先行きに関しては注意しておいたほうが無難でしょう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

ロンドン16時にフィキシングでユーロ売りが加速したが
1.3140~50付近のサポートが維持されている
1.3150~1.3300のレンジで推移しているが、このサポートを
下抜けした場合1.30中盤あたりまでの下落がありそうだ

ユーロドル、下値拡大

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルが下値を拡大する展開となっている。30分足のバンドブレイクからバンドウォークの形であり、バンド幅の拡大を伴っているだけに先行きには依然警戒感が強い状況。特段材料は無さそうだが、日中安値を突破したことなどで投げが出ている。財政の崖の回避でダウが買われているが、知ったらしまいという流れになる可能性もある。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロ円が115.64から114.83まで下落、ポンド円が141.47、NZD円が72.57、スイス円が94.93まで下落。 オージー円は91.73の高値をつけた後、91.29まで値を下げ、カナダ円も一時88.61の日中高値まで値を上げた。

NY午前

テーマ:

だいまん

 ユーロドルは、1.3185まで下落、ドル円は86.96から87.23まで反発もクロス円の売りに上値を抑えられた。

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

一時の270ドル高も上げ渋り

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

115.05-10の目先サポートをきれてきた。

ダウ上値追い

テーマ: 概況

コロフ

ダウは上値を追う展開となっている。経済指標は建設支出が予想に届かず、ISM製造業景況指数が予想を上回る展開となり、相殺される格好となっている。財政の崖に対する懸念は後退したことで、ここまでの売り圧力が一気に開放される状況であり、買い優勢の地合いはまだ続きそう。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは引き続き1.3150~1.33のレンジ。
このどちらかを抜けるまでは方向感がないが、
上方向に抜ける可能性が高そう。
よって、下げてくれば買いスタンス。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

終始基調は上向きを保って底堅い状態から、
1.04ローにあったポイントを超えて強い。
この上ではさげにくい。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.3285の抵抗にもとどかず、目先は弱含みに。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きで押しが入っているが、
基調は強気で底堅い状態。

堅調

テーマ: 概況

コロフ

ダウの先物もしっかりとした動きとなるなか、ダウは大きく上昇する見込みとなっています。財政の崖の問題で下げていた相場であるだけに、回避したことでまだ上値は有りそうだが、先々に関しては懸念が残ることも事実で、知ったらしまいの状況も頭には入れておきたい。

揉み合い

テーマ: モノローグ

だいまん

結局ダウ次第の展開となりそう。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強き、目先もまだ上向きから反発の動き。
まだ上値を狙いやすい。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ひたすら上昇するドル円は、86円90付近を下抜けなければ
引き続き上昇の可能性が高いと考えられる。
しかし、買われ過ぎ感が強いこともあり、下げ始めたら用心したい。
また当面の上値は87円ミドルから88円と考えており、
本日は87.30台まで上げているので、上は限定的と考えている。

ダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

高値から50ドルぐらい調整の13250ドル近辺。

少し調整の雰囲気があるので注意。

ロンドン午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 米財政の崖が、回避されたことで、欧州株先物やNYダウ先物が上昇も、利食いが優勢となった。
 ユーロドルは、1.3234、ドル円は86.99まで値を下げた。 
 クロス円では、ユーロ円が115.17、ポンド円が141.74、オージー円が91.14、NZD円が72.65、スイス円が95.26まで下落、カナダ円だけは、88.56まで高値を更新した。

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

先物は一時13310ドルまで上昇。

ドル売り・円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

昨年後半からクリスマスも年末年始もない動きで
ドル売り・円売りが続いている。
大した押し目もなく上昇していて違和感もあるが、
上がる相場なら買いスタンスにせざるを得ず、
小さく下げたポイントの下にストップを置いて買い向かい。
下手にショートするとすぐに踏まれる相場になっている。

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの1.31ローは保たれ、
基調目先とも上向で強い配置。

アジア市場概況

テーマ: モノローグ

だいまん

2日のアジア市場は、米財政の崖問題の共和党の投票を控えて、上院が可決した年収45万ドル超の世帯を対象とした増税案に、下院での共和党議員の過半数が、賛成票を投じるとの思惑から、円売りが拡大した。 ただし、下院で可決が決定した後は、利食いが優勢となった。 ユーロドルは、1.3300、ドル円が87.33、ユーロ円が115.99、ポンド円が142.75、オージー円が91.51、NZD円が73.12、カナダ円が88.48、スイス円は96.03まで一時上昇した。 (15:45現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=141.00-143.00)
上昇が142.75-80まで拡大も、上げ渋っており、上値は142.60-65が再Capされると上値追いも出来ない。超えて週足からは、 144.90-95が視野となるが、145.95-00を超えるまでは売りが出易い。 一方下値は142.25-35、142.05-15が維持すると良いが、141.95-00を割れると141.75-80から141.60-65の節目、更には141.00-10なども視野となるが、買いが入り易い。 リスクは13、140.55-65を割れるケースとなる。 その場合140.35-40、140.10-15から139.90-95の窓が視野となるが、買いが入り易い。(予想時レート:142.40 予想時間15:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=86.75-87.50)
戦略としては、87.10-15と87.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りも87.45-50のCapでは利食い優先。 売りはCapを確認して対応。 ストップはタイト気味で、再度87.75-85、88円までの売りは、88.10-15が超えがストップとなる。 一方下値は86.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは86.85-90、86.75-80と買い下がって、ストップは86.45-55割れで、倍返しも86.25-30、86.15-20での買い戻しで、買いはこういった位置から86.00-10、85.90-00と買い場を探して、ストップは85.80-90割れ。 85.60-65割れが積極的なら倍返しとなるが、ターゲットは85.40-50、85.25-35買い戻し&買い下がって、85.10-15割れがストップで、85.00-10、84.85-95と買い直して、ストップは84.70-80割れや84.65-70割れでの倍返し。(予想時レート:87.15 予想時間 14:50)

ハンセン指数

テーマ: 株式市場

YEN蔵

米財政の崖回避法案通過で一段高で+2% 
2011年6月以来の高値

日本がいない間に世界は株高、円安に

オバマ大統領は、

テーマ: モノローグ

だいまん

大した話もせず、休暇中のハワイへ戻る模様。

法案通過

テーマ: 独り言

YEN蔵

財政の崖回避に向けた法案は下院を通過
期待で上昇した分、一旦セルオンファクトか

オバマ大統領は

テーマ: モノローグ

だいまん

日本時間1時20分に声明を発表する。


なんか、これが「スカルプD」なるかも。。。

下院で

テーマ: モノローグ

だいまん

可決。

海外に向けての戦略

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=71.50-73.50)
戦略としては、72.80-85と72.95-05のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は、73.10-15超えがストップで、73.35-40、や74円までの売り場探しのストップは74.05-10超え。 一方下値は72.65-70割れでの倍返し。ターゲットは72.30-35、72.15-25と買い戻し。買いは71.85-95、71.70-75など買い下がって、ストップは71.45-55割れで、倍返し。 ターゲットは70.95-71.10、70.70-80と買い戻し&買い下がって、ストップは70.65-70割れで、70.45-50、70.25-30と買い下がって、70.10-15割れがストップ&倍返し。(予想時レート: 72.95 予想時間 12:45)

海外に向けて

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=90.00-92.00)
戦略としては、90.95-00と91.40-50のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合上値は慎重な順張りをしても、防戦からは91.70-80、92円を前に上げ渋りでは利食い優先。 売りはCapを確認する必要があるが、92.50などをバックに検討する形となる。 一方下値は90.85-90割れでの倍返し。ターゲットは90.30-35を前に下げ止まりでは買い戻しから買いは、89.90-00と買い下がって、ストップは89.70-80割れで、倍返しも89.45-55での買いもどし&買い直しのストップは89.25-30割れで、88.95-00での買いのストップは、88.75-80割れでの倍返しとなる。(予想時レート: 91.35 予想時間 12:50)

ユーロドルの

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇は、どうみてもユーロ円に振らされているだけだよね。。。。

やりすぎ感は

テーマ: モノローグ

だいまん

相当あるけど、年初は変動率が高いから、まだ注意。

イメージー的には、下院の投票結果で、賛成となったあたりがピークとなる可能性があるので、レベル感だけでは、厳しい。

アジア午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 
 アジア午前の取引は、米財政の崖問題の共和党の投票を控えて、上院が可決した年収45万ドル超の世帯を対象とした増税案に、下院での共和党議員の過半数が、賛成票を投じるとの思惑から、円売りが拡大している。 ユーロドルは、1.3287、ドル円が86.96、ユーロ円が115.49、ポンド円が142.16、オージー円が91.01、NZD円が72.89、カナダ円が88.07、スイス円は95.67まで上昇した。 
 今後は日本時間午後01時15分の投票開始が焦点。 結果は不透明だが、円売りが拡大しており、結果で一旦利食いが出る可能性には注意して対応したい。
 ドル円は87円、ユーロ円も115.50の防戦をつける動きに注意となる。 

CNN

テーマ: モノローグ

だいまん

下院の投票は日本時間午後1時15分以降(米東部時間午後11時15分以降)といっているようです。 すません。事前の情報はちょっと違うような。

結果は未だ

テーマ: モノローグ

だいまん

不透明だが、大分円売りも進んでおり、結果で利食いが出るリスクは考慮しておきたい。

下院

テーマ: モノローグ

だいまん

上院の財政法案を日本時間11時から開始。

共和党は、

テーマ: モノローグ

だいまん

上院の法案に修正を加えることを断念する模様。

コール下院議員

テーマ: モノローグ

だいまん

共和党の過半数が財政法案に賛成する

下院

テーマ: モノローグ

だいまん

「下院共和党は財政法案に関して2つの選択肢を計画」と報道。

ということは、悪い方向か?

下院での審議が続く中

テーマ: モノローグ

だいまん

米民主党のリード上院院内総務

「米上院は3日朝まで休会する」
発言を嫌気か?

下院での審議が続く中

テーマ: モノローグ

だいまん

米民主党のリード上院院内総務(一部通信社が伝える)「米上院は3日朝まで休会する」

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

86.84まで。

ユーロ円は114.70台の高値

現在

テーマ:

だいまん

ドル円は86.70レベル
ユーロ円は、114.40台。

早朝レンジ

テーマ: モノローグ

だいまん

EURUSD 1.3173-1.3223
USDJPY 85.44-80
GBPUSD 1.6214-1.6320
USDCHF 0.9134-65
AUDUSD 1.0380-1.418
NZDUSD 0.8242-78
EURJPY 113.99-114.67
GBPJPY 140.47-141.36
AUDJPY 89.51-90.30
NZDJPY 71.47-95
CADJPY 86.36-87.41
CHFJPY 94.33-93
EURGBP 0.8094-0.8134
EURCHF 1.2067-88

ただし、スプレッドが開いているので、正確とはいえないので注意。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月02日 06:00
EURUSD 1.3192-94
USDJPY 85.57-58
GBPUSD 1.6227-42
USDCHF 0.9161-63
AUDUSD 1.0391-99
NZDUSD 0.8256-91
EURJPY 114.21-24
GBPJPY 140.65-73
AUDJPY 89.98-02
NZDJPY 71.58-94
CADJPY 87.12-18
CHFJPY 94.53-56

ユーロ円

テーマ: モノローグ

だいまん

114.22-27レベルへ下落。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

86.53-80ゾーンでの推移。 現在86.60レベル

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月02日 05:52
EURUSD 1.3173-01
USDJPY 85.67-74
GBPUSD 1.6238-42
USDCHF 0.9162-62
AUDUSD 1.0393-96
NZDUSD 0.8273-77
EURJPY 114.36-58
GBPJPY 140.85-91
AUDJPY 90.05-25
NZDJPY 71.58-63
CADJPY 87.14-49
CHFJPY 94.65-93
EURGBP 0.8098-21
EURCHF 1.2082-85

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 114.36-58
GBPJPY 140.85-91
AUDJPY 90.05-25
NZDJPY 71.58-63
CADJPY 87.14-49
CHFJPY 94.65-93

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2013年01月02日 05:48
EURUSD 1.3173-01
USDJPY 85.68-80
GBPUSD 1.6246-51
USDCHF 0.9144-71

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン市場休場(ニューイヤーズホリデー)、東京市場休場(正月)、チューリッヒ市場休場(ベルヒトルドの日)
17:55 (独) 12月製造業PMI・確報値(前回46.3)
18:00 (ユーロ圏) 12月製造業PMI・確報値(前回46.3 予想46.3)
18:30 (英) 12月PMI製造業 (前回49.1 予想49.1)
19:30 (独) 2年債入札(50億ユーロ)
22:00 (独) 12月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回-0.1%)
22:00 (独) 12月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.9%)
24:00 (米) 12月ISM製造業景況指数 (前回49.5 予想50.1)
24:00 (米) 11月建設支出 [前月比] (前回+1.4% 予想+0.6%)
02:00 (ユーロ圏) 伊12月財政収支(前回-43億ユーロ)

ただ、

テーマ: モノローグ

だいまん

下院が、合意できずに、上院に差し戻すと大変なことになるけど。。。。

財政の崖

テーマ: モノローグ

だいまん

ベイナー下院議長は、法案をそのまま受け入れるか修正するか、内容を見たうえで判断するとしている。 
現在下院で審議中だが、下院で可決されれば、オバマ大統領が速やかに署名して成立する見通し。 
その場合、財政の崖は避けられるとの見方となる模様。
(期限がころころ変わるから、よくわからん)

早朝の

テーマ: モノローグ

だいまん

シドニー市場で、ドル円は86.80の高値をつけている模様。

現状は、

テーマ: モノローグ

だいまん

CNNでは、上院で法案が可決。 今後は下院の審議に懸かっている。

 上院が可決した法案には、強制的な歳出削減開始の2カ月先送りが盛り込まれた。

年収40万ドル超の個人および同45万ドル超の世帯を対象とした増税で、最高税率が現在の35%から39.6%に引き上げられる。この層については、キャピタルゲイン税や配当税も15%から20%に戻す。遺産税については、1000万ドル以上を対象とした税率を35%から40%に引き上げる。

ということで、週末大きく反発したNY株市場にプラスかどうかは不透明な感じ。

1月2日の取引は

テーマ: モノローグ

だいまん

午前7時からとなります。

減税失効と歳出の強制削減が年明けに重なる「財政の崖」回避に向けた協議は、期限となる米東部時間1月1日午前零時(日本時間午後2時)の数時間前に超党派合意に達したが、議会の法案採決は期限に間に合わなかった。
 米上院は1日未明にも法案を可決する見込みで、下院も早急に可決できれば、全世帯で増税となる「財政の崖からの転落」は一時的な事態で終わることになる模様。 
 ただ、現状はその後の報道は入ってきていない。 

年初の取引がどういったレベルでスタートするかは不透明ですね。

明けましておめでとうございます。

テーマ: モノローグ

だいまん

 旧年中は、多大なご愛顧を頂き、大変ありがとうございました。
 メンバー一同、今年も尚一層努力して、より良い情報をお伝えできるように心がけて行く所存です。
 皆様の更なるご発展をお祈りしております。
 今年もがんばりましょう!!

ダウ上昇

テーマ: 概況

コロフ

ダウが100ドル超の上昇となっている。マコーネル院内総務が「合意は近い」「税制に関する全てで合意に達した」などの発言が好感されている。

オージー$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.04ローのポイントの下では下落リスクを持っているが、
基調目先とも現状上向きで底堅い。

予想外にのんき?

テーマ: モノローグ

だいまん

オバマ米大統領
「『財政の崖』合意が視野に入ってきたようだが、依然として解決すべき問題がある」
「議会での合意成立は可能と期待しているが、合意はまだなされていない」
「財政での規模の大きな合意が望ましい」
「財政赤字は段階的に対応することが可能だ」

オバマ大統領発言

テーマ: 概況

コロフ

オバマ大統領が発言を開始。合意がまだ達成できていないとの発言を受けて、ややダウが下落。

恐らく大したことない

テーマ: モノローグ

だいまん

米ホワイトハウスは31日、「オバマ大統領は日本時間1日3時30分に財政に関する声明を発表する」とした。

上値を若干拡大。

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は、86.69、ユーロ円が114.43、ポンド円が140.95、オージー円が90.15、NZD円が71.62、カナダ円が87.39、スイス円が94.78まで値を伸ばした。

財政の崖

テーマ: モノローグ

だいまん

「増税の対象は年所得45万ドル以上となる」

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の動向は、円売りが拡大。 米「財政の崖」回避に向けた協議が合意にかなり近づいているとの報道を受けて、米長期金利が上昇したことなどが要因。 ただ、NYダウは、揉み合い推移を継続している。 
 ドル円は、86.67、ユーロ円が114.27、ポンド円が140.93、オージー円が90.02、NZD円が71.62、カナダ円が87.37、スイス円が94.66まで値を上げた。

リード院内総務

テーマ: 概況

コロフ

リード上院院内総務が財政の崖回避を目指した交渉を継続するとの発言をしたことで、ややダウが上昇している。これからも様々な発言に対して一喜一憂する動きとなりそう。

あけましておめでとうございます

テーマ: ご挨拶

コロフ

今年も一年、よろしくお願い申しあげます。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2013年1月   >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:2013年01月