ディーラーズ・バトル24:2012年12月

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

112.80のポイントの上では上昇リスク。

ポンド$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置から、今日のポイントの1.6170越え。

財政の崖は?

テーマ: 概況

コロフ

依然隔たりがあるものの、解決に向けての協議は進展しているとの報道を受けて、為替相場はリスク志向の動きが強まっています。ダウも寄り付き直後に下げたものの、現在は持ち直しています。

方向感みえず

テーマ:

コロフ

仕方ないとはいえ、方向感の見えにくい状況となっています。財政の崖に対する思惑から、手控えムードが強い状況となっている。

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きで弱い配置。
ポイントは1.31ロー。

揉み合いが続く

テーマ: モノローグ

だいまん

一時ダウの先物の反発や上海株の上昇を受けて買い戻しも、更なる動きとなっていない。
 ドル円は86.17まで上昇、ユーロ円も113.82まで反発した。
 一方ユーロドルは、1.3189まで下落した。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

113~114のレンジ内の動き
114円台を回復できないと112円付近までの下落がありそうだが

参加者が

テーマ: モノローグ

だいまん

少ないので、ちょっとしたフローで動くので注意。

下値は堅い

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は85.66から86.02まで反発。
ユーロドルは、1.3208から1.3233まで上昇。
ユーロ円が113.18レベルから113.79まで値を上げた。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

85.60台、ユーロ円は113.10台まで一時下落。

米民主党のリード上院院内総務

テーマ: モノローグ

だいまん

「上院は明日の午前11時(日本時間1日1時)に再開する」
「財政合意の時間は残されている」

ドル円

テーマ: モノローグ

だいまん

85.73-79レベルまで下落。

ユーロ円が113.28-44、

ポンド円が138.69-84

米民主党のリード上院院内総務

テーマ: モノローグ

だいまん

「対案をまとめることはできていない」
「複数の重要な点で見解に隔たりがある」
「交渉については過度に楽観はしない」

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 06:25
EURUSD 1.3208-16
USDJPY 85.80-84
GBPUSD 1.6163-76
USDCHF 0.9133-42
AUDUSD 1.0364-73
NZDUSD 0.8196-05
EURJPY 113.37-47
GBPJPY 138.70-84
AUDJPY 88.91-00
NZDJPY 70.31-42
CADJPY 86.05-20
CHFJPY 93.87-00
EURGBP 0.8166-75
EURCHF 1.2069-78
ZARJPY 10.06-16

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 05:55
EURUSD 1.3207-17
USDJPY 85.78-83
GBPUSD 1.6164-77
USDCHF 0.9132-42
AUDUSD 1.0364-75
NZDUSD 0.8196-05
EURJPY 113.30-42
GBPJPY 138.71-86
AUDJPY 88.87-98
NZDJPY 70.27-40
CADJPY 85.99-14
CHFJPY 93.83-97
EURGBP 0.8165-75
EURCHF 1.2069-78
ZARJPY 10.05-15

上院は

テーマ: モノローグ

だいまん

日本時間31日午前5時の期限を前に、合意できず。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(大晦日)、 フランクフルト、チューリッヒ市場休場(ニューイヤーズイブ)
香港、ロンドン、パリ、米債券市場(短縮取引)
17:30 (香港) 11月月次政府財政収支 (前回+215億HKD)
24:30 (米) 12月ダラス連銀製造業活動指数(前回-2.8)
ブッシュ減税期限

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3150-1.3300)
反発が1.3255-65の窓の上限でCapされて、下落が1.3165-70まで拡大も、これを維持する形。 上値は1.3225-30がCapされると弱い。1.3235-40や1.3255-65を超えて、1.3275-85の戻り高値が視野となるが、上抜けは不透明。 更に1.3295-00や1.3300-10の上抜けから強気が見えて、1.3365-70、1.3380-90なども視野となるが、1.3485-90の戻り高値を前に売りが出易い。 一方下値は1.3205-15から1.3195-00の窓、1.3185-90が支えると良いが、1.3165-70や1.3155-65を維持できない場合、1.3140-50、1.3130-35から1.3100-15の窓、1.3080-90が視野となるが、買いが入り易い。 リスクは1.3065-70、1.3055-65を割れるケースで、その場合1.3035-45や1.3025-35が視野となるが、下方ブレイクは不透明も、割れると1.3005-15、1.2995-00が視野となるが、買いが入り易い。(予想時レート:1.3215 予想時間 04:05)

All Day

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=85.40-86.40)
上昇が86.60-65まで拡大もトピッシュとなり、下落が85.70-80に迫る形。 上値は86.15-20、86.30-40のネック・ラインがCapされると弱い。86.45-60や86.60-65を超えて週足からは86.85-90などが視野となる。 一方下値は85.70-80が維持すると突っ込み売りは厳しいが、85.60-65を割れると85.45-50、85.25-35が視野となるが買いが入り易い。ただし85.10-15を割れると85.00-10から84.85-95の窓まで視野となるが、維持されると堅調。 このリスクは84.70-80や84.65-70を割れるケースで、その場合84.50-60の節目、84.35-45が視野となるが、買いが入り易い。 注意は84.25-35のギャップを割れるケースとなる。(予想時レート:85.85 予想時間 05:10)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 04:51
EURUSD 1.3212-22
USDJPY 85.83-93
GBPUSD 1.6161-74
USDCHF 0.9127-47
AUDUSD 1.0360-74
NZDUSD 0.8192-04
EURJPY 113.43-61
GBPJPY 138.83-00
AUDJPY 88.93-10
NZDJPY 70.31-49
CADJPY 86.05-26
CHFJPY 93.89-16
EURGBP 0.8169-80
EURCHF 1.2068-86
ZARJPY 10.06-18

その後動きはない

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 04:09
EURUSD 1.3206-27
USDJPY 85.81-89
GBPUSD 1.6159-73
USDCHF 0.9121-45
AUDUSD 1.0363-77
NZDUSD 0.8192-03
EURJPY 113.40-60
GBPJPY 138.73-91
AUDJPY 88.92-09
NZDJPY 70.28-46
CADJPY 86.02-22
CHFJPY 93.87-17
EURGBP 0.8170-83
EURCHF 1.2065-82
ZARJPY 10.05-17

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 03:34
EURUSD 1.3216-32
USDJPY 85.80-89
GBPUSD 1.6156-74
USDCHF 0.9120-40
AUDUSD 1.0366-79
NZDUSD 0.8292-03
EURJPY 113.48-66
GBPJPY 138.70-92
AUDJPY 88.95-08
NZDJPY 70.29-44
CADJPY 86.02-20
CHFJPY 93.92-16
EURGBP 0.8173-86
EURCHF 1.2065-82
ZARJPY 10.05-17

米財政の崖

テーマ: モノローグ

だいまん

 28日のオバマ米大統領と、米上下院の主導者の協議では、オバマ大統領が新たな提案をするとした期待感が一時高まったが、結局新たな提案が提示されず、失望感に終わった。
 現状は、29日に、共和党マコネル、民主党リード両上院院内総務が、富裕層増税の対象となる年収の基準などを中心に協議を行い、30日中(日本時間31日)に上院で可決できるか焦点。 アナリストは、年間の世帯所得40万ドルか50万ドル以上を対象とすることで両党の合意が可能としているが、遺産税や失業給付の問題まで発展しており、状況は不透明。 
 上院で可決した場合、31日に下院で採決が行われる。 ただ、上院の可決が31日にずれ込む可能性もある模様。
 一方国防費などの歳出の強制削減に関しては、数ヶ月先送りする案が浮上しているが、現状は増税に審議が集中しており、間に合わないとの指摘もある。 

円買い気味です

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が85.74-78
ユーロ円が113.41-48
オージー円は88.89-06レベル。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 03:13
EURUSD 1.3214-35
USDJPY 85.72-86
GBPUSD 1.6159-69
USDCHF 0.9118-43
AUDUSD 1.0367-81
NZDUSD 0.8295-05
EURJPY 113.35-62
GBPJPY 138.71-83
AUDJPY 88.84-02
NZDJPY 70.19-44
CADJPY 85.91-18
CHFJPY 93.79-16
EURGBP 0.8173-93
EURCHF 1.2066-83
ZARJPY 10.03-17

円買い気味

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 113.35-57
GBPJPY 138.56-83
AUDJPY 88.85-06
NZDJPY 70.21-58
CADJPY 85.94-18
CHFJPY 93.78-01

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月31日 03:10
EURUSD 1.3207-27
USDJPY 85.69-87
GBPUSD 1.6159-78
USDCHF 0.9123-45

来週の焦点

テーマ: モノローグ

だいまん

 来週の外国為替市場では、年末に期限の切れるブッシュ減税の延長などを巡った米「財政の崖」問題の行方が最大の焦点だが、富裕層の減税に関して決着せずとも、一応中間層以下の減税だけでも、両党が同意できれば、問題は来年に繰り越すことで、一定の安心感もでそうだ。 ただ、当然減税切れや年初から歳出削減が100%スタートすると、問題が大きくなるので、ぎりぎりまで目が離せない。
 ただ、決着がついた場合、通常の相場展開に戻ると見られるが、新年度入りで、例年1月の2-3日は、海外勢の新年度のポジション構築に動き出すことや参加者の減少から、相場のブレが激しくなるので注意となる。 後は、米12月雇用統計やFOMC議事録を睨んだ展開となる見通し。 4日の大発会での日経平均株価の行方なども大きな注目となりそうだ。 


来週の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

12/31(月)
東京市場休場(大晦日)、 フランクフルト、チューリッヒ市場休場(ニューイヤーズイブ)
香港、ロンドン、パリ、米債券市場(短縮取引)
17:30 (香港) 11月月次政府財政収支 (前回+215億HKD)
24:30 (米) 12月ダラス連銀製造業活動指数(前回-2.8)

1/01(火)
ウェリントン、シドニー、東京、香港、ロンドン、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、南ア、トロント、NY市場休場(ニューイヤーズデー)
10:00 (中) 12月製造業PMI (前回50.6 予想51.0)

01/02(水)
ウェリントン市場休場(ニューイヤーズホリデー)、東京市場休場(正月)、チューリッヒ市場休場(ベルヒトルドの日)
17:55 (独) 12月製造業PMI・確報値(前回46.3)
18:00 (ユーロ圏) 12月製造業PMI・確報値(前回46.3 予想46.3)
18:30 (英) 12月PMI製造業 (前回49.1 予想49.1)
19:30 (独) 2年債入札(50億ユーロ)
22:00 (独) 12月消費者物価指数・速報 [前月比] (前回-0.1%)
22:00 (独) 12月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+1.9%)
24:00 (米) 12月ISM製造業景況指数 (前回49.5 予想50.1)
24:00 (米) 11月建設支出 [前月比] (前回+1.4% 予想+0.6%)
02:00 (ユーロ圏) 伊12月財政収支(前回-43億ユーロ)

01/03(木)
東京市場休場(正月)
10:00 (中) 12月非製造業PMI(前回55.6)
16:00 (英) 12月ネーションワイド住宅価格(前回±0.0% 予想±0.0%)
17:00 (スイス) 12月KOF先行指数 (前回1.50 予想1.40)
17:30 (スイス) 12月PMI製造業 (前回48.5 予想48.4)
17:30 (香港) 11月小売売上高-価格 [前年比] (前回+4.0% 予想+4.2%)
17:55 (独) 12月失業者数 (前回+0.5万人)
17:55 (独) 12月失業率 (前回6.9%)
18:00 (ユーロ圏) 11月マネーサプライM3・季調済 [前年比] (前回+3.9% 予想+3.8%)
18:30 (英) 12月PMI建設業 (前回49.3 予想49.5)
18:30 (英) 11月消費者信用残高 (前回-5億GBP -1億GBP)
18:30 (英) 11月マネーサプライM4 [前年比] (前回-3.2%)
18:50 (ユーロ圏) 仏長期債入札
19:30 (英) 英中期債入札(37.5億ポンド)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-12.3%)
21:30 (米) 12月チャレンジャー人員削減予定数[前年比](前回+34.4%)
22:15 (米) 12月ADP全国雇用者数 (前回+11.8万人 予想+13.7万人)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回35.0万件)
04:00 (米) FOMC議事録(12月11・12日分)
米議会開会

01/04(金)
17:55 (独) 12月サービス業PMI・確報値(前回52.1)
18:00 (ユーロ圏) 12月総合PMI・確報値(前回47.3 予想47.3)
18:00 (ユーロ圏) 12月サービス業PMI・確報値(前回47.8 予想47.8)
18:30 (英) 12月PMIサービス業 (前回50.2 予想50.2)
19:00 (ユーロ圏) 12月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.1%)
22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数 (前回+14.6万人 予想+14.5万人)
22:30 (米) 12月民間部門雇用者数(前回+14.7万人 予想+14.5万人)
22:30 (米) 12月失業率 (前回7.7% 予想7.7%)
22:30 (加) 12月雇用ネット変化 (前回+5.93万人 予想0.00万人)
22:30 (加) 12月失業率 (前回7.2% 予想7.3%)
24:00 (米) 12月ISM非製造業景況指数 (前回54.7 予想54.3)
24:00 (米) 11月製造業受注指数 [前月比] (前回+0.8% 予想+0.5%)
01:00 (米) 週間原油在庫
03:15 (米) プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演
05:30 (米) イエレンFRB副議長講演
東京株式市場大発会

来週は

テーマ: モノローグ

だいまん

もう年末・年始。 一年間どうもご愛顧頂き大変有難うございました。

ただ、既に来週は米雇用統計、更に財政の崖の問題も、まだまだ決着つかず。

更に例年、31日、2-3日は、参加者が減少すること、年度替りのフローが出ることで、相場が案外荒れるので注意して対応してください。

では、今週もお疲れ様でした。 来週もよろしく。

ポンドだけ高い

テーマ: モノローグ

だいまん

年末事情かもしれない。

オバマ大統領の会談

テーマ: モノローグ

だいまん

「オバマ米大統領はホワイトハウスでの協議で先週の提案を繰り返し、新たな提案は出していない」

これでダウが下げた模様。

NYダウ

テーマ: モノローグ

だいまん

140ドル安へ。

オバマ大統領・・・

テーマ: 概況

コロフ

関係者によると、オバマ米大統領は財政の崖交渉で新たな提案は出さず、先週の提案を繰り返した模様。一体何を考えているのやら・・・

そうかなあ?

テーマ: モノローグ

だいまん

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ
「『財政の崖』問題における難局は米国の格付けには影響しない」

$円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保ち、基調も弱含み。

5時に向けて

テーマ: 概況

コロフ

日本時間5時に会談が開かれますが、それに向けてオバマ大統領が規模を縮小した財政パッケージを提案する計画となっており、それに対する期待感からダウが一時急激な戻しを演じています。ただ、結果を見極めたいとの思惑から目先は様子見ムードとなっています。

会談

テーマ: モノローグ

だいまん

オバマ米大統領と共和党のベイナー下院議長、民主党のリード上院院内総務、共和党のマコネル上院院内総務、民主党のペロシ下院院内総務との会談は、NY時間午後3時(日本時間29日午前5時)開催される模様。

ただし、結果がの発表があるかどうか、また時間は不透明。

ダウが下げ幅拡大

テーマ: 概況

コロフ

米国の経済指標は良かったものの、財政の崖に対する警戒感からダウは100ドル超下げて13000ドルを割り込む展開となっています。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が86円で攻防しており、ここから下げて本日安値を下抜けると、
クロス円も短期的に下げる可能性が高まる。
円売りでドル円・クロス円は急騰しており、いつ調整されても不思議でないので、
なんらかのニュースなどヘッドラインが利用される可能性に注意したい。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

113.29の安値後は、113.40が支える形。 113.55-60が維持すると堅調も、113.70-80を超えないと上昇も期待が薄い。 

NY朝

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.3166から反発が、1.3222まで。 現状は窓の下限となる1.32が再度維持できるか焦点。

ドル円は、85.95から一時86.34まで反発後、85.98が支える。 今後は86.05-15が上値を抑えるか注目となる。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは方向感なく、1.31ミドルから1.33のレンジ。
来週あたりに1.3150を終値で下抜けて行くと、
1.30ぐらいまでの下落がありそう。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強きを保って底堅い。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は、この後少し上げるかもしれないが、
86.35~40付近を上抜けできないと、再び下げる可能性が高い。
それでも下値のメドは85円ミドル。
財政の崖でリスクオフにならない限り崩れにくいと考えている。

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保ち、基調も下向きとなって重い配置に。
ユーロドルは重石がかかった状態にあるが、
オセアニアが強いので、あまりベアになりすぎず。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしてのバンドウォークとなっており、先行きに対する警戒感を強める状況となっています。バンドの上限も上昇基調であり、バンド幅の拡大を伴いながらの動きとなっています。バンドの上限が横ばいから下落となってこない限りは安易な押し目買いは控えたほうがいいでしょう。問題は現状で86円を割り込んでいますが、この水準をどう意識するかといったところでしょう。

RCIで見ると、短期線が下値圏での横ばいとなっています。これが底打ちするかどうかが目先のポイントとなりそうです。一方、中期線は下落基調となっており、下値余地を残していることを考えると、一時的な戻しがあっても売り優勢といった手ン会となるでしょう。短期線が下値圏で這っている以上、売り優勢の局面ですが、底打ちからの戻りがあるとすれば、バンドの中心線が意識されることになりそうで、そこから再度戻り売りといった状況でしょう。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

書いてるそばから下落しましたが、113.30~35がサポート
これで113.30~80のレンジになるか、113.30~35が完全に抜ければ
112.80~85付近まで下落のリスク

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

アジア系の売りの噂で急落
予定どおり103.80~85で第1撃がとまり114.15付近まで反発したが
113.80~85が抜け、短期のサポートレベルは113.35~40付近に

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX+0.01%
英FT +0.11%
フランスCAC40 -0.13%
イタリアFTSEMIB -0.05%
スペインIBEX -0.34%
ギリシャGD.AT +0.51%

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ強気のまま。

$円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

86円台を最初上値目処としてきたが、
目先下向きになって反落。
トップから150ポイント程度の押しは想定しているが、
一気にメジャーな押しに向かうよりも、
何度か上値の重さを確認してからのイメージ。

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は買いすぎから下向きを保って反落。
今日のポイントの32の下にはいりつつある。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

114.65~70を高値に反落
昨日の高値114.20~25が現在サポートしている
ここを下抜けすれば113.80~85付近まで下落のリスク

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

28日の東京市場は、本邦の年末の最終取引を睨んで、仲値需要が盛り上がると思惑から円売りが更に拡大したが、その後は週末を睨んだ利食いも優勢となった。ただし、堅調な日経平均株価が、相場を支えた ドル円は86.09から86.64の高値、ユーロドルは1.3229から1.3254での揉み合い推移となった。 一方クロス円では、ユーロ円が113.97から114.67まで値を上げ、ポンド円が139.52、オージー円が89.81、NZD円が71.14、カナダ円が87.07、スイス円が94.89まで一時値を上げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=88.50-90.00)
戦略としては、89.55-60と89.70-75のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、89.80-85超えがストップ、ただし90.00-05や90.25-30は売り直しを考えて、ストップは90.50超えなどで対応となる。 一方下値は89.45-50割れがストップで、倍返しも89.35-40、89.15-25と買い戻し&買い下がって、ストップは88.85-95割れ。 または88.75-85まで買い下がっても、88.55-65割れでの倍返し。 このターゲットは88.30-45での買い戻し&買いで、ストップは88.15-25割れで、88.00-05、87.85-90での買い直しのストップは87.60-70割れや87.55-60割れでの倍返し。 ターゲットは87.45-50、87.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは87.25-35割れ。(予想時レート: 89.65 予想時間 15:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=113.60-115.00)
戦略としては、114.35-40と114.55-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、114.65-70超えでの慎重な倍返しも、ターゲットは114.75-80、114.95-00の動向次第で利食い優先。売りは不透明だが、115.50超えなどにストップを置いての対応となる。 一方下値は114.25-30割れがストップで、倍返しもターゲットは、114.15-20、113.95-114.10と利食い&買い下がりで、ストップは113.85-95割れでの倍返し。 このターゲットは113.55-65を前に下げ止まりでは買い戻しから買いで、ストップは113.40-50割れや113.30-35割れでの倍返し。(予想時レート:114.45 予想時間 15:15)

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの90-00の上に位置。
現状は基調目先ともに上向きを保って強い配置。

動意は薄く

テーマ: モノローグ

だいまん

現状は、欧州勢の出方待ち。

後はNYダウの先物睨み。 ちょっと現在は下げ始めている感じがあるので注意。

今日も仲値は

テーマ: モノローグ

だいまん

高めに出ました。 86.58.

これを超えるかどうかは重要。

SBが

テーマ: モノローグ

だいまん

月末で買った可能性はありそう。

となるともう、その買いは出ない?

朝のドル円の

テーマ: モノローグ

だいまん

買いは、ちょっとパニック買いの雰囲気。注意して対応したい。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (日) 11月全国消費者物価指数 [前年比] (前回-0.4%)
08:30 (日) 11月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回0.0%)
08:30 (日) 11月失業率 (前回4.2%)
08:30 (日) 11月有効求人倍率 (前回0.80)
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
08:50 (日) 11月鉱工業生産・速報 [前月比] (前回+1.6%)
08:50 (日) 11月鉱工業生産・速報 [前年比] (前回-4.5%)
16:45 (仏) 第3四半期GDP・確報値 [前年比] (前回+0.2%(+0.1%) 予想+0.1%)
16:45 (仏) 第3四半期GDP・確報値[前期比](前回+0.2%予想+0.2%)
19:00 (ユーロ圏) 伊中長期債入札(5年物・10年物)
19:00 (日) 外国為替平衡操作の実施状況
23:45 (米) 12月シカゴ購買部協会景気指数 (前回50.4 予想51.0)
24:00 (米) 11月中古住宅販売成約 [前月比] (前回+5.2% 予想-0.5%)
01:00 (米) 週間原油在庫(前回-96万バレル)
東京株式市場・大納会
アストロ:満月

一気にプラス圏

テーマ: 概況

コロフ

ダウがさらに反発し、一時プラス圏に浮上する展開となっている。引けにかけてもう一段高があるかどうかに注目が集まるところ。

ダウが

テーマ: 概況

コロフ

ダウが急激な戻しを演じている。13000ドルを割り込む動きから、現状13061.44ドルとなっている。財政の崖に対する年内の合意に向けての動きが期待されての戻りとなっています。

ユーロ/ドル、1.32は支え

テーマ: 概況

コロフ

ユーロ/ドルは1.32ドルで支えられて戻してきているが、30分足の-1σが思った以上に重い状況。ダウの上値が重く、再度13000ドルを割り込む動きを見せているだけに、やはり厳しい展開を強いられている。

ポンド$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

サポートをきれて下げていたが、
まだ基調は強気で油断は出来ない、戻しも頭にいれながら。

13000ドル割れ

テーマ: 概況

コロフ

ダウが13000ドルを割り込む動きとなっている。財政の崖に対する懸念が強まっていることが要因で下値が見えにくくなってきている。年内の解決が困難との見方が強まっているが、2ヶ月程度の猶予はできている状況。それが先延ばしへとつながっているわけではないだろうが、早い決着が臨まれる状況。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先の上値目処としてきた86円台、
このレベルでの一部でも利食いは悪くはないと思われる。

ポンド$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

再度ポイントの50の下に入ってきた。
目先は下向き、基調はまだ強気。
サポートは10-15。

キウイ

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先かいすぎから下向きに転換。
90-00が重くなると下落リスク。

米国債

テーマ: 債券・金利動向

ウルフ

ダウは下落一服となっているものの、米債価格の上昇は
止まらず(金利は低下)。
一方で、ドル円は85.80-90の水準にて底堅い動きとなっており、
どうもバランスが取れていない感じ。

スペックが円相場をひたすら押し上げているのかもしれませんが、
それだけに、田向さんの仰る通り、万が一財政の崖が期限切れとなると、
その反動は大きそう。
まあ、直前になって「妥結」なんていう展開もありそうですが・・・

久々に熱い相場です。

豪ドル

テーマ: 独り言

田向宏行

米・民主党幹部の財政の崖に関する発言でリスク回避の動き。
通常なら豪ドルが真っ先に売られそうだが、EURAUDが下げていて
AUDUSDはあまり下がらない。
豪ドルはEURAUDの動きに左右されている。

リード米上院院内総務

テーマ: ニュース

ウルフ

「米国は財政の崖から転落しそうだ」
「崖回避を目指した交渉は何も起きていない」


ダウは70ドル安まで急反落し、米10年債利回りは急低下。
為替相場はドルストレート・クロス円が急反落する展開。

ちょっと危ない動きです。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

消費者信頼感指数
 結果:65.1
 予想:70.0

新築住宅販売件数
 結果:37.7万件
 予想:38.0万件


発表後、ダウは反落。マーケットは小幅に円が買い戻される展開。

ダウの上値は重い

テーマ: 概況

コロフ

住宅関連指標や消費者信頼感指数が市場予想に届かなかったことで、ダウが軟調な推移となっています。ただ、ここまでの下落や財政の崖の協議の方向を見極めたいとの思惑もあり、思った以上に下げ渋る状況となっています。

ドル円86円台!

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が86円台に!
上昇が急激で怖いくらい。
これだけ上がっていくと、反動がでても不思議ではなく、
「財政の崖」問題が期限切れになったら、危ないかもしれない。

ドル円86円台示現

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは寄付きから堅調推移で、現在20ドル高の水準。
マーケットは円売りが加速する展開。

現在のレート
 ドル円:86.10

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは1.6150付近がサポートされてば、上昇の可能性が高い。
但し上値は限定的で1.6210付近を上抜けできないと、
再び下げる動きになりそう。
大きな流れは下向きになるのではないかと考えている。

ポンド$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントは1.61ミドルにあったが、
基調目先とも上向の強い配置から、上にブレーク。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

86円手前は、やはりオプションがらみの売りも、一旦反落
欧州序盤は売りから入ったが、85.40~45がサポートできないと
もう一段の下落も

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

86円手前は、やはりオプションがらみの売りも、一旦反落
欧州序盤は売りから入ったが、85.40~45がサポートできないと
もう一段の下落も

ユーロは

テーマ: モノローグ

だいまん

チョッピーな動き。 しっかりとしているようだが、上値も重い。

長くも持てない。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 27日の東京市場は、日経平均株価が、安部政権に対する期待感から堅調な推移となったことで、円売りが継続した。 ドル円は85.48から85.87まで上昇も、86円の防戦売りに阻まれた。 ユーロドルは1.3220から1.3246での揉み合い推移。ユーロ円が113.05から113.65、ポンド円が137.91から138.55、オージー円が86.63から88.94、NZD円が70.01から70.44、カナダ円が85.99から86.47、スイス円が93.59から94.09まで一時上昇した。(15:30現在)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=137.45-139.00)
戦略としては、138.20-30と138.55-60のブレイクに注目してブレイクの場合上値は、慎重な順張りから。139円を前に利食い優先で、売りは139.55-60や140.00-05を睨んで売り場探しとなる。 一方下値は138.10-15割れでの倍返し。ターゲットは、137.80-95、137.60-65と買い戻し&買いで、ストップはタイトとするか、137.40-45、137.25-35と買い下がるなら、ストップは137.15-20割れで、更に買い下がっても、136.90-00割れでの倍返し。ターゲットは136.65-70、136.55-60と買い戻しで、買いはこういった位置から136.40-50、136.25-35、136.05-15と買い場を探して、ストップは135.80-90割れで倍返しも、135.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップを135.55-60割れとするか、更に買い下がっても135.35-45割れでの倍返し。(予想時レート:138.00 予想時間 07:35)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3180-1.3300)
戦略としては、1.3215-20と1.3240-50のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値はストップは1.3250-55超えでの倍返し。 ターゲットは1.3260-65、1.3275-80での利食い&売りで、ストップは1.3295-00超えや1.3300-10超えでの倍返しとなる。 ターゲットは1.3320-30、1.3345-50と利食いで、この売りのストップは1.3365-70超え、再度1.3380-90などの売りは1.34超えなどで対応。または、1.3485-90をストップとするなら、1.3420-30、1.3450前後と売りあがりとなる。 一方下値は順張りから1.3200-05、1.3180-90と買い戻しで、買いは維持を見て、1.3170-80割れをストップ、1.3155-65割れでの倍返し。 ターゲットは1.3140-50での動向次第。 割れて1.3130-35、1.3100-15と買い戻しで、買いは1.3080-90と買い下がって、ストップは1.3065-70や1.3055-65割れでの倍返し。 ターゲットは1.3035-45、1.3025-35、1.3015-25と買い戻しで、買いは1.2995-00と買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3235 予想時間 15:55)

高値は

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が85.87、ユーロ円が113.65レベルだが、フェイル気味。

若干押しの可能性が見えるので注意。 ただ、ドル円は85.60-70が支えると堅調。ユーロ円は113.30-35割れがストップとなり易い。

日経平均年初来高値更新

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。

円安株高の流れ継続ですね。

ドル円は、1年8か月ぶりの85円台Highで推移、
現在までの高値は85.86-87.

日経平均は今年の高値(これまでは
3月の10255円)を更新し、

10,376.39まで一時上昇しています。

現在値は10355円前後でやや利食いモード
となっています。

日経平均が

テーマ: モノローグ

だいまん

高いスタートとなる思惑から円売り気味。 後はより後の状況次第。

ムーディーズ

テーマ: 概況

コロフ

ムーディーズが米債務上限引き上げを予想、利払い不能の公算小さい、との発表をしました。27日に審議が再開されます。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

16:45 (仏) 11月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.9% 予想+2.1%)
17:30 (香港) 11月貿易収支 (前回-427億HKD 予想-417億HKD)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(6カ月物)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回36.1万件 予想36.6万件)
24:00 (米) 11月新築住宅販売件数 (前回36.8万件 予想38.0万件)
24:00 (米) 11月新築住宅販売件数 [前月比] (前回-0.3% 予想+3.3%)
24:00 (米) 12月消費者信頼感指数 (前回73.7 予想70.0)
04:00 (米) 米議会「財政の崖」回避に向けた討議再開

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

重いのだが、基調は上向きを保って底堅い配置。
ポイントは1.0420。

ウォリン財務副長官

テーマ: 概況

コロフ

ウォリン財務副長官は財政の崖について心配しないように職員に通達したそうです。ただ、協議難航が長期化すれば、一時解雇が発生する可能性もあるとのことで、先行きに対する懸念は依然として払拭されていないところです。

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ユーロドル強かったが、目先かいすぎから反落。
上下ともややつまっている印象。

ダウは13100ドルを意識

テーマ: 概況

コロフ

ダウは13100ドルを意識しての動きとなっている。一時下げ幅を拡大したが、そこからは持ち直して、現状は13100ドルを回復しての動き。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

85.75にオプションの防戦が更にある模様。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ドル円は85.73、ユーロドルは1.3255まで一時値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が113.38、ポンド円が138.22、オージー円が88.76、NZD円が70.27、カナダ円が86.21、スイス円が93.89まで上昇した。

ドル円続伸

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が続伸。
今年の年初来高値だけでなく、昨年の高値も越えて上昇。
これで年足でも2011年が当面の底になった可能性が高い。
ただマーケットがロングに傾いてきているので、
年末でもあり深追いしないように注意したい。

スイスフランに買い圧力

テーマ: 概況

コロフ

ここに来てスイスフランに買い圧力が高まっています。スイスフラン円は30分足でバンドの中心線から一気に上限へ、ドルスイスフランは一気に下限まで下落する動きとなっています。ロンドン市場は休場ですが、思惑的な動きが強まっている状況です。

ユーロ$

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向きを保って底堅さを確認し、
基調も上向きに転換し強い配置。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

薄いマーケットながら、ドル売りの動き。
ユーロドル、ポンドドル、オージードルは上昇、ドルスイスは下落。
これでドル円が下げるのか、ドル売り・円売りで上昇か注目。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気を保ち、目先も買いすぎから自然反落。
1.31ローがポイント。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

やはり85.50のオプションバリアーは粉砕できずに反落
85円をサポートできるかどうかが短期のキーに、抜ければ
やや調整が加速し84.50付近までの下落も

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠では売りすぎから基調は上向きに、
目先も上向きを保って強い配置。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足で上値の余地はあるが、
現状は、大枠も目先も買いすぎのゾーンに入っている。

誰もが思う

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円の85.53の上抜け。 これでトレンドが変わる→みんな買う

だけど、だからこそ抜けてからの動向は重要。 騙しの可能性も考慮して対応したい。

85.35前後を割れるとフェイルになる。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

26日の東京市場は、安倍新政権への期待感から日経平均株価が150円を超える上昇、円が対主要通貨に対して軟調を続けた。
 ドル円は84.79から85.37まで上昇、ユーロ円が111.76から112.69、ポンド円が136.68から137.72、オージー円が87.86から88.52、NZD円が69.63から70.21、カナダ円が85.42から86.05、スイス円が92.51から93.32まで上昇した。
 一方ユーロドルも、ユーロ円の買いから1.3171から1.3201で堅調な推移となった。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限をブレイクしてのバンドウォークの展開となっています。ただ、直近の足が陰線となる可能性が高まっており、そこには懸念が生じるところではありますが、バンド幅は拡大傾向に入っていることを考えると、ここからさらに上値を追う可能性のほうが現状では高いといえるでしょう。1.32ドルが上値として意識されているだけに、そこを超えていけるかは重要でしょう。

RCIで見ると、短期線は上昇基調で高値圏に入り、中期線は一時腰折れしたものの、再度上昇基調となっています。中期線には上値余地が多少残っていることを考えると、中長期的には買い優勢の局面と言うことができるでしょう。仮に一時的に調整が入ってもバンドの中心線では支えられて再度上値を目指す動きとなるのではないでしょうか。1.32ドルは最終的にはしっかりと超えてくるものと思われます。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整が入り、そこからやや調整が入ったものの中心線まで下落すること無く再度持ち直しての動きとなっています。バンド幅は上限が横ばいから下落に転じたことで縮小傾向に入っていますが、とりあえず上限を目指す動きとなっています。価格としては85.48円前後の水準となっており、そこまでは上昇する可能性が高いでしょう、調整が入るとしたらそこからといった展開となっています。

RCIで見ると、短期線・中期線共に高値圏での推移であり、依然として買い優勢の状況が継続していることがわかります。短期線が買われ過ぎ感があるものの、天井打ちしていない状況下では値頃感からの売りは危険という見方となるでしょう。とりあえずはバンドの上限で抑えられる展開からRCI短期線が天井打ちから下落に転じるといった動きになる可能性が高いように思われます。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

85.50のオプションバリアー一気に抜けるのかな
堅調だが

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=84.90-85.80)
戦略としては、85.20-25と85.35-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りとなるが85.45-50のCapでは利食い優勢から売りも、ストップは85.50-55超えが倍返しとなる。 ターゲットは85.80-95など利食い優先から売りのストップは86円超え。 一方下値は85.10-15割れがストップで、85.00-10、84.85-95と買い直して、ストップは84.70-80割れや84.65-70割れでの倍返し。 ターゲットは84.50-60、84.35-45と買い戻し&買い場を探して、ストップは84.25-35割れで、84.05-15での買い直しのストップは、83.85-90割れでの慎重な倍返し。 ターゲットは83.75-85、83.60-70の動向次第で買い戻し。割れても83.50-55の維持では利食い&買いも、ストップは83.35-45割れまたは、83.25-30と買い下がって、ストップは83.10-20割れで、更に82.85-95まで買い下がって、ストップは82.75-85割れでの倍返し。(予想時レート:85.30 予想時間 16:10)

日経平均株価

テーマ: 概況

コロフ

現状は堅調な動きとなっています。40円高前ごの水準での推移です。ドル円の85円台回復がやはり大きい。問題は休み明けのダウがどういった動きを見せるかといったところでしょうか。

下値は

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が85.15-20、ユーロ円が112.25-30を支える形。

この下方ブレイクがあるか焦点も、更に割れてもドル円は85.00-10が堅くなると注意。 ユーロ円も112.05-15が支えるかも。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

一時1.3171まで下落。ユーロ円に振らされている感じ。

高値は

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が82.36、ユーロ円が112.47、ポンド円が137.65、オージー円が88.40、NZD円が70.21まで。

今後は利食いが焦点。

仲値

テーマ: モノローグ

だいまん

85.35で、高値は85.36.。。高くつけ過ぎだから、輸入企業が文句を言うと思うが、。、特に石油は、価格転嫁すればいいと考えてるんでしょう?

ああ、1月のガソリンは上がるので、年末用は、早めの給油をお勧めします。

高値は

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が82.15、ユーロドルが1.3190、ユーロ円が112.28まで。

今後は仲値が注目されるが、一応スポット応答日で、買いが多いとの見方だが、すでにそれを見越した買いも出ており、逆に85円を食べてるだけに、厳しい。

前述の通り、85円台を維持するか、大きな注目となる。

85円を超えた場合の対応

テーマ: モノローグ

だいまん

だいたいオプションの場合、一定のパターンがあるので注意。

ドル円は、85円を超えるかどうかだが、超えた場合も85.10-20が利食いになり易い。 その場合再度の相場が、85円を割れないと強い可能性。 割れた場合、上値つきのリスクが出ることは注意。また更に84.60-70などを割れると決定的となる。

また、85円を割れない相場なら、85.20-30が再度防戦ライン、85.50にもオプションの防戦が想定され、この85円台が再度揉み合いとなる。

また85.50-55は、テクニカル上重要で、これを超えると、上昇に弾みがつく可能性に注意となる。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

普段材料とならない日銀金融政策議事録が、材料となる可能性に注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、トロント市場休場(ボクシングデー)、南ア市場休場(善意の日)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(11月19・20日分)
23:00 (米) 10月S&P/ケース・シラー住宅価格指数 [前年比] (前回+3.00% 予想+3.95%)
24:00 (米) 12月リッチモンド連銀製造業指数 (前回9 予想5)
特別国会召集予定
円取引・年内スポット最終日
日2年国債入札(2兆7000億円)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 25日の東京市場は、欧米がクリスマス休暇で、参加者が減少する中、本邦勢の利食いの円の買い戻しが出たが、安倍晋三自民党総裁が、引き続き日銀に対して牽制発言を続けていることで、大きな動きには繋がらなかった。 また、日経平均株価の反発も円の上値を押さえた。 
 ユーロドルは1.3170から1.3189、ドル円は84.96から輸出の売りで84.67まで下落後、買い戻し気味で引けた。
 クロス円では、ユーロ円が111.95から111.60、ポンド円が136.94から136.57、オージー円が87.99から87.73、NZD円が69.82から69.55、カナダ円が85.48から81.28、スイス円が92.95から92.33まで一時値を下げた。 

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

84.90からはまだ売りがあるようだ
85円のオプションバリアーを海外休みの間にブレークする勢いはないだろう
ということは今日明日で84.50~85のレンジか

既に

テーマ: モノローグ

だいまん

手出し無用の時間帯ですね。

それでは良いクリスマスをお迎えください。

日本株は

テーマ: モノローグ

だいまん

今日が年来最終渡し。

午後もこの高さが続くとは考えづらい。

ドル円は、仲値が84.71と低く出た感じ。 現状は維持されているが、午後日経が落ちた場合に、円の買い戻しが入ると、ビッドが入りづらくなるので注意。

商いが薄いだけに、上げも落ちも大きくなるリスクがあるので注意。

急速に円が買い戻される

テーマ: モノローグ

だいまん

ビッドが薄いせいもあるでしょうね。。

急速に円が買い戻される

テーマ: モノローグ

だいまん

ビッドが薄いせいもあるでしょうね。。

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=84.50-85.20)
戦略としては、84.70-80と84.95-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りとなるが、85.15-20、85.20-30と利食い&売り上がっても、ストップは85.50-55超えが倍返しとなる。 ターゲットは85.80-95など利食い優先から売りのストップは86円超え。 一方下値は84.65-70割れがストップ、84.50-60、84.35-45と買い場を探して、ストップは84.25-35割れで、84.05-15での買い直しのストップは、83.85-90割れでの慎重な倍返し。 ターゲットは83.75-85、83.60-70の動向次第で買い戻し。割れても83.50-55の維持では利食い&買いも、ストップは83.35-45割れまたは、83.25-30と買い下がって、ストップは83.10-20割れで、更に82.85-95まで買い下がって、ストップは82.75-85割れでの倍返し。 (予想時レート:84.90 予想時間 07:30)

Asian Time

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3170-1.3220)
戦略としては、1.3170-80と1.3195-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3205-10、1.3215-20と売り上がって、ストップは1.3230-35超え。 1.3235-40は売り直しも、ストップは1.3250-55超えで、再度1.3260-65、1.3275-80と売り場を探して、ストップは1.3295-00超えや1.3300-10超えでの倍返しとなる。 ターゲットは1.3320-30、1.3345-50と利食いで、この売りのストップは1.3365-70超え、再度1.3380-90などの売りは1.34超えなどで対応。または、1.3485-90をストップとするなら、1.3420-30、1.3450前後と売りあがりとなる。 一方下値は1.3155-60割れでの倍返し。 ターゲットは1.3140-50での動向次第。 割れて1.3130-35、1.3100-15と買い戻しで、買いは1.3080-90と買い下がって、ストップは1.3065-70や1.3055-65割れでの倍返し。 ターゲットは1.3035-45、1.3025-35、1.3015-25と買い戻しで、買いは1.2995-00と買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3185 予想時間 07:40)

東京で

テーマ: モノローグ

だいまん

85円をやるパワーがあるか注目だね。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

一時84.95まで上昇、 ユーロドルも112.015まで。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

ウェリントン、シドニー、香港、ロンドン、フランクフルト、パリ、チューリッヒ、南ア、トロント、NY市場休場(クリスマスデー)

ダウが下げ幅拡大

テーマ: 概況

コロフ

ダウが下げ幅を拡大しています。それ程大きな動きではないものの、50ドル超の下げ幅となっている。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NY午前の取引は、ドル買いが優勢。 ユーロドルは、1.3234の高値から1.3180まで下落、ポンドドルが1.6110まで値を下げ、ドル円は84.86まで上昇。 ドルスイスは0.9126まで下落した。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気を保ち、目先は買いすぎから反落。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの上で上昇リスク。
目先は上向きを保ち底堅く、基調は強含み。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ弱気、目先も買いすぎのゾーンで上値は重い状態。
ポンドやオージーも重い。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

レジスタンスになっていた87.90~00を抜けつつある
ここは木曜の高値からの半値戻しでもある短期的に重要なレベル

短縮取引

テーマ: 概況

コロフ

今日は米国市場は短縮取引となっています。その後はクリスマスで休場となることを考えると、大きな動きにはなりにくそうです。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

レジスタンスになっていた84.50付近を抜けてきた
全般的に円安の流れが強い

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

87.66まで上伸し、高値を更新。
クリスマスイブの欧米タイムではありますが、何気に動いてますね・・・
ユーロ円111.80台、ポンド円も136.80台まで上値を拡大し、
円売り優勢の展開となっております。

ダウは寄付きから下落し現在30ドル安の水準。
商い薄い分、チョッピーな値動きとなるかもしれませんので、
スキャルのチャンスはありそう。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.62ローの下では下落リスクを持っている。
サポートは1.61ローでその間に位置する。
現状は基調は弱気で上値は重い。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.04ローの下では下落リスクがある。
現状は、目先は上向き、大枠でやや売りすぎのゾーン。

今日は

テーマ: 概況

コロフ

ドイツ市場が休場となっていることもあり、欧州株は比較的落ち着いた動きになっています。ただ、ユーロドルは高値を更新しての動きであり、先行きに関しては期待感の高まる状況となっています。とは言え、クリスマスということで方向感の見えにくい状況であることも事実で、積極的な方向感は見えにくいものと思われます。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

レジスタンスになっていた1.3150~60がサポートに
1.3225~30、抜ければ1.3255~60付近が短期のレジスタンス

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は下値を警戒しつつも下がらない。
週足では値幅調整の可能性があるが、
83円ミドルぐらいまでの範囲で収まると期間調整かもしれない。
その場合は、年明け後さらに上昇がありえると考えている。

まぁ、今日明日は、クリスマスで動かないのでしょうけどね。

All day

テーマ: モノローグ

だいまん

カナダ円 :(予想レンジ=84.00-85.50)
下落が84.50-55まで拡大も、これを維持する形。上値は84.85-90、85.95-00がCapされると弱いが、越えると85.05-15から85.30-40の窓が視野となるが売り出易い。 85.45-60を越えて、85.65-75が視野となるが、売りが出易い。85.80-85を超えて、86.05-10、86.60-65が視野となるが、87.15-20を超えるまでは売りが出易い。 一方下値は84.60-70が維持されると良いが、84.50-55や84.35-40を割れると、下落が84.10-15、83.90-05、83.80-85なども視野となるが買いが入り易い。 ただし、83.60-75を割れると83.55-60、83.45-50、83.30-40を割れると83.10-15、窓の下限となる82.90-95まで視野となるが、買い直し位置。 注意は82.75-85を割れるケースとなる。

予想時レート: 84.85 予想時間 NYクローズ)

NZD円

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=69.00-70.50)

ストップ 71.55-60
売り 71.50
ストップ 71.35-40
売り 71.15-20
ストップ 70.95-05
売り 70.70-80
売り 70.60-70
倍返し 70.40-50
売り 70.20-30
ストップ 69.95-05
売り 69.80-90
レンジ 69.45-55
中心 69.45
レンジ 69.25-30
買い 69.45-55
買い 69.25-40
買い 69.05-20
倍返し 68.95-00
買い 68.85-90
買い 68.65-80
買い 68.55-65
買い 68.45-50
倍返し 69.35-45
(予想時レート: 69.45 予想時間 NYクローズ)

All day

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=87.00―88.40)

ストップ 90.00-05
売り 89.55-60
売り 89.25-30
ストップ 89.10-15
売り 88.95-00
売り 88.85-90
売り 88.65-75
倍返し 88.45-55
売り 88.35-40
売り 88.25-30
倍返し 87.95-00
売り 87.85-90
レンジ 87.75-80
中心 86,65
レンジ 87.55-60
買い 87.45-50
買い 87.35-45
ストップ 87.25-35
買い 87.15-20
買い 87.00-10
買い 86.80-95
ストップ 86.65-70
(予想時レート: 87.65 予想時間 06:45)

All day

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=135.50-137.50)


ストップ 138.55-60
売り 138.20-30
売り 138.00-05
倍返し 137.80-90
ストップ 137.50-60
売り 137.25-45
売り 137.15-20
売り 136.90-95
倍返し 136.60-65
レンジ 137.50-55
中心 136.50
レンジ 136.20-30
買い 135.95-95
倍返し 135.80-90
買い 135.65-70
ストップ 135.55-60
倍返し 135.35-45
買い 134.95-05
ストップ 134.70-85
買い 134.55-60
ストップ 134.30-35
倍返し 134.20-30
倍返し 134.10-15
(予想時レート:136.50 予想時間 15:05)

アジア朝

テーマ: モノローグ

だいまん

円売り気味の展開も更に追えず。

ドル円は88.50へ上昇、ユーロドルが1.3172へ値を下げ、

ユーロ円が111.36、ポンド円が136.36、オージー円が87.87まで値を上げた。

だが、現在は既に動意が薄くなる形。 朝の調整だけだったようだ。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は週末のテレビ番組で安倍総裁が発言した
日銀法改正を受けてか週初から上昇する動き。
ただ、週足では買われ過ぎを示しており、
年末ながら83円程度の下落があるかもしれない。
本日は日本の休日で欧米はクリスマスイブ。
流動性が極端に落ちているので危ないかもしれない。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月24日 05:52
EURUSD 1.3168-76
USDJPY 84.34-37
GBPUSD 1.6156-68
USDCHF 0.9163-74
AUDUSD 1.0389-97
NZDUSD 0.8218-34
EURJPY 111.08-16
GBPJPY 136.30-40
AUDJPY 87.65-73
NZDJPY 69.33-48
CADJPY 84.83-97
CHFJPY 91.95-06
EURGBP 0.8145-53
EURCHF 1.2072-82
ZARJPY 9.78-93

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月24日 05:22
EURUSD 1.3177-85
USDJPY 84.34-37
GBPUSD 1.6164-75
USDCHF 0.9158-68
AUDUSD 1.0394-02
NZDUSD 0.8225-37
EURJPY 111.17-24
GBPJPY 136.35-45
AUDJPY 87.71-80
NZDJPY 69.41-52
CADJPY 84.88-02
CHFJPY 92.03-13
EURGBP 0.8147-55
EURCHF 1.2071-82
ZARJPY 9.78-93

動きは少ない

テーマ: モノローグ

だいまん

ただ、若干円売り気味。週末の日銀法改正に関する安部発言やNHKの番組が影響かな?

今日は東京が休場、ロンドンは通常通りだが、NYが半ドンとなることもあり、商いは薄くなる。 

大きな動意は出ない見通しだが、ロンドン勢が動いてくると若干注意となる。 

その場合やはり円売り気味が主体となりそう。

ただ、25日は世界中で、開いているのは日本だけで、この場合売りが出易い。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月24日 04:55
EURUSD 1.3176-85
USDJPY 84.31-36
GBPUSD 1.6163-77
USDCHF 0.9156-70
AUDUSD 1.0390-08
NZDUSD 0.8223-47
EURJPY 111.13-22
GBPJPY 136.32-46
AUDJPY 87.64-81
NZDJPY 69.36-60
CADJPY 84.82-02
CHFJPY 91.98-14
EURGBP 0.8145-56
EURCHF 1.2071-83
ZARJPY 9.78-93

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=110.00-112.00)

ストップ 113.50
売り 113.20-30
売り 113.00
倍返し 112.45-50
売り 112.25-35
売り 112.05-15
売り 111.90-95
倍返し 111.75-85
売り 111.60-65
ストップ 111.40-55
売り 111.25-30
レンジ 111.15-20
中心 111.05
レンジ 110.90-00
買い 110.75-85
倍返し 110.60-70
買い 110.50-55
ストップ 110.40-50
倍返し 110.30-40
買い 110.15-25
買い 110.05-10
倍返し 109.85-95
ストップ 109.65-75
(予想時レート:111.05 予想時間 NYクローズ)

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル(予想レンジ=1.3100-1.3250)

ストップ 1.3365-70
売り 1.3345-50
売り 1.3320-30
倍返し 1.3300-10
ストップ 1.3295-00
売り 1.3275-80
売り 1.3260-65
ストップ 1.3250-55
売り 1.3235-40
ストップ 1.3230-35
売り 1.3215-20
売り 1.3205-10
レンジ 1.3195-00
中心 1.3185
レンジ 1.3170-80
倍返し 1.3155-60
買い 1.3140-50
買い 1.3130-35
買い 1.3100-15
買い 1.3080-90
ストップ1.3065-70
倍返し 1.3055-65
(予想時レート:1.3185 予想時間 NYクローズ)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月24日 04:09
EURUSD 1.3174-88
USDJPY 84.30-35
GBPUSD 1.6162-78
USDCHF 0.9156-68
AUDUSD 1.0391-08
NZDUSD 0.8222-47
EURJPY 111.11-22
GBPJPY 136.24-42
AUDJPY 87.62-78
NZDJPY 69.35-57
CADJPY 84.78-99
CHFJPY 91.95-11
EURGBP 0.8146-56
EURCHF 1.2072-83
ZARJPY 9.78-92

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

東京市場休場(天皇誕生日の振替休日)、香港市場、フランクフルト市場休場、米国市場短縮取引 (クリスマスイブ)

経済指標などはなし

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月24日 03:25
EURUSD 1.3170-89
USDJPY 84.33-37
GBPUSD 1.6162-79
USDCHF 0.9152-73
AUDUSD 1.0396-10
NZDUSD 0.8222-43
EURJPY 111.11-25
GBPJPY 136.30-46
AUDJPY 87.69-82
NZDJPY 69.34-55
CADJPY 84.81-01
CHFJPY 91.95-17
EURGBP 0.8143-57
EURCHF 1.2069-84
ZARJPY 9.78-92

早朝気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 84.33-38
ユーロドル 1.3170-89
ユーロ円 111.11-25

今週は

テーマ: モノローグ

だいまん

24-26日は動きが休暇で出そうもないが、案外その後は動く可能性はありそう。

年末を控えて取引、米財政の崖の問題は焦点となる。

金曜日の海外市場

テーマ: モノローグ

だいまん


金曜日の海外市場は、米「財政の崖」協議が難航する中、米経済指標は材料とならず、NYダウが190ドル近い下落となったことやクリマス休暇前のポジション調整から、リスク回避の動きが強まった。 
 ユーロドルは、1.3232から1.31585まで下落、ドル円は、東京の安値83.855から石破茂自民党幹事長が「ドル円レートを85-90円にどうやって収めるか考えなければならない」と述べたこともあり、84.30まで一時値を戻した後は、このレンジでの上下となった。 
 一方クロス円は、アジアでの下落から買い戻し気味も、上値の重い展開が続いた。ユーロ円は111.43まで反発後111.67へ下落も、安値を守って反発気味で引けた。 ポンド円が136.96から135.91、オージー円が87.99から87.55、NZD円が69.81から69.14、カナダ円は、カナダ11月消費者物価指数が市場予想を下回ったことで85.06から84.50、スイス円が92.28から91.64まで一時下落した。 

今週もお疲れ様でした。

テーマ: モノローグ

だいまん

円高も、なかなか期待通り下げないかったですが、来週に期待したいですね。

それでは、良いクリスマスを!

米下院

テーマ: モノローグ

だいまん

27日に再開(日本時間28日午前4時)。。。。

本当にぎりぎりですよ。。。。ここまで引っ張るとは?

ニューヨークダウ

テーマ: 株式市場

YEN蔵

13122.53ドルまで下落後13166.73ドルまで反発
オープン後の最初の下落が13158.6までなので、このレベルをブレークできれば
戻り高値の13230.09付近まで反発が期待できるが、
やはりもみあいになってしまっている

NY午後は

テーマ: モノローグ

だいまん

既にやる気がなさそうだ。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

昨日1.05ローの下に入って下落リスクがでたが、
ほんじつはすでにその下の1.04ローまで下落してきた。
この下に入るとさらに下落リスクがでてくる。

キウイは大枠で売りすぎのゾーンまで来て底堅さが見えている。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

まだ下向きを保って重い、ポイントは109ハイ。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

110.61-67が支えているが、案外割れたりするから注意。

ただ、その下のストップをつけて、反騰のパターンもよくある。

クロス円

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

もあれた動き。

ユーロ円が111.43から111.67へ下落も、安値は守られている。 

ポンド円が136.96から135.91、オージー円が87.99から87.55、NZD円が69.81から69.14、カナダ円は、カナダ11月消費者物価指数が市場予想を下回ったことで85.06から84.50、スイス円が92.28から91.64まで下落した。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

150ドル近い下落でスタートしたNYダウを受けて、リスク回避志向が続いてる。 

ユーロドルは、1.3232から1.3167まで下落、ドル円は84.28から83.92で揉み合い気味。

 ポンドドルは、英国の歳出削減目標の達成が困難との見方から1.6163へ下落、ドルスイスは0.9172まで上昇した。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

ポイントの1.62ローをブレークしてきた。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

案外堅い、目先は強含みに。
遠いが、ポイントは83ローでこの上では上値を狙いやすい位置。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きを保って重い配置から下落。
ポイントは1.31前後。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

耐久財受注 
 結果:+0.7%
 予想:+0.3%

耐久財受注【除輸送機器】
 結果:+1.6%
 予想:-0.2%

予想との乖離が大きい指標とは言え、コアはマイナス予想に対して、
プラス1.6%の結果で円売りのサポート要因となりそう。
発表後、マーケットは小幅に円売りで反応。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きで重い配置。

年末モード

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは事実上、昨日の決定会合で終わっている模様。
1時間足でもロウソクが小さいうえ、上下にヒゲが出て動かなくなっている。
個人的には、もう年末モードでお休みで、たまにチャートを見るだけ。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

ユーロ円も東京で崩れた111.35~40がレジスタンスに
110.50~60が割れると110割れまで下落すると思われる

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

東京時間にレンジをブレークした84.25~30がレジスタンスに
戻しもここまでで押さえられている
84円台が維持できなければ、再び下値トライと思われる

石破茂自民党幹事長

テーマ: モノローグ

だいまん

日経新聞
石破茂自民党幹事長
「(1ドル=)85-90円にどうやって収めるか考えなければならない」

ともかく買う材料探しな感じで、別にと思うけど。。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限からの戻しで中心線まで来たものの、そこで抑えられる動きとなっています。ドル円の動きと似ている部分があります。ただ、1.32ドルを下値として意識しており、下げ渋る状況となっています。バンド幅も下限が横ばいに変化することで縮小傾向に入っています。現状は中心線によって上値が抑えられている状況であり、流れとしては売り優勢ではあります。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから再度持ち直す動きとなっています。高値圏での動きを継続しており、依然として買い優勢となっています。一方、中期線は下値圏での動きですが、底打ち感が出ていることも事実です。目先は短期線の天井打ちからの下落の可能性は残るものの、下値の堅さが意識されやすい状況となっています。バンドの下限は1.3173ドル前後ですが、そこまで下げてこない可能性が高いでしょう。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をバンドウォークし、そこからの調整が入りましたが、バンドの中心線を意識して、再度下落する展開となっています。84円がどう意識されるのかで先行きの展開が変わってくるものと思われます。目先は下ヒゲをつけるなど底堅い動きにも見えますが、バンドの上下限・中心線が下落基調となっていることを考えると、流れは依然として下向きということが出来るのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏での動きとなっています。天井打ち気配があったものの、とりあえずは横ばいでの動きとなっています。一方、中期線は下落して下値圏での動きとなっています。短期線が天井打ちするようなことになれば、再度下落してバンドの下限を意識する動きとなっていくでしょう。バンドの下限の下落の勢いが落ちてきていることなどを考えると、今日の日中安値が下値として意識されやすい状況ということが出来るかもしれません。価格としては83.85円前後といったところでしょうか。

東京午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が84.11、ユーロドルが1.3185、ユーロ円が110.92、ポンド円が136.61、オージー円が87.82、NZD円が69.81、カナダ円が84.96、スイス円が91.88まで下落。

ドル円が83.86、ユーロドルが1.3180、ユーロ円が110.61、ポンド円が136.25、オージー円が87.60、NZD円が69.63、カナダ円が84.73、スイス円が91.66まで下落。

そろそろ

テーマ: モノローグ

だいまん

突っ込み売りも難しいレベル。
 戻りをしっかりと待つことは重要。

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10014.17(-25.16)

今日の東京市場はマイナス圏での前引けとなっています。米国で財政の崖に対する懸念からダウ先物が急落したことを背景に売り優勢の展開となり、一気にマイナス圏にまで転落する展開となっています。

為替相場はリスク回避的な動きからドル円が下落して84円を意識しての動きとなっています。一方、ユーロドルも軟調地合いを継続し、1.32ドル前ごの水準での動きとなっています。

リスク回避

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が84.11、ユーロドルが1.3185、ユーロ円が110.92、ポンド円が136.61、オージー円が87.82、NZD円が69.81、カナダ円が84.96、スイス円が91.88まで下落。

まだ下げはありそう。

共和党

テーマ: モノローグ

だいまん

100万ドル以下の減税案、採決見送り。。。。

東京市場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は100円を超す上昇となっています。ダウの上昇や円安基調が株価を押し上げる展開となっています。ここまでの上昇を受けて調整の向きが入るかどうかといったところではありますが、安易な売りは控えたほうが無難でしょう。

為替相場もドル円は上値の重さが意識されていますが、それでも84円台での動きは目先継続されそうで、堅調な動きが継続されそうです。欧州時間での調整には警戒といったところでしょうか。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

キプロスの格下げが売り要因だが。。。別に大した大領とも思わないが。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、アジアでの円買いからは、買い戻しが優勢も、米財政の崖法案の採決を控えて動きづらい展開が続いた。 ユーロドルは、1.3295まで上昇後1.3215へ下落、ドル円は東京時間の安値83.86から84.455まで一時反発した。 一方クロス円も東京時間の安値から買い戻しが優勢となったが、上値は利食いに押された。 ユーロ円が110.73から112.13まで一時値を上げ、ポンド円が137.47、オージー円が88.51、NZD円が70.45、カナダ円が85.49、スイス円が92.86まで一時上昇後押し戻された。 
 尚24日は、祝日のため一日配信をお休みさせて頂きます。また25日は、午前1回の配信となります。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:01 (英) 12月GFK消費者信頼感調査 (前回-22 予想-26)
14:00 (日) 12月金融経済月報・基本的見解
16:00 (独) 11月輸入物価指数 [前月比] (前回-0.6% 予想-0.3%)
16:00 (独) 1月GFK消費者信頼感調査 (前回5.9 予想5.9)
17:30 (香港) 第3四半期経常収支 (前回-93.5億HKD)
18:30 (英) 第3四半期経常収支 (前回-208億GBP 予想-128億GBP)
18:30 (英) 11月財政収支(前回-65億ポンド 予想-150億ポンド)
18:30 (英) 第3四半期GDP・確報値 [前期比] (前回+1.0% 予想+1.0%)
18:30 (英) 第3四半期GDP・確報値 [前年比] (前回-0.1% 予想-0.1%)
22:30 (米) 11月耐久財受注 [前月比] (前回0.0%(+0.5%) 予想+1.0%)
22:30 (米) 11月耐久財受注 [前月比:除輸送用機器] (前回+1.5%(+1.8%) 予想-0.3%)
22:30 (加) 10月GDP [前月比] (前回0.0% 予想+0.1%)
22:30 (加) 11月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.2% 予想-0.1%)
22:30 (加) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.2% 予想+1.0%)
22:30 (米) 11月個人所得 [前月比] (前回0.0% 予想+0.3%)
22:30 (米) 11月個人支出 [前月比] (前回-0.2% 予想+0.4%)
22:30 (米) 11月PCEデフレーター [前年比] (前回+1.7% 予想+1.7%)
22:30 (米) 11月PCEコア・デフレーター [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
22:30 (米) 11月PCEコア・デフレーター [前年比] (前回+1.6% 予想+1.6%)
23:55 (米) 12月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回74.5 予想75.0)
ASEAN・インドサミット(ニューデリー)

財政の壁

テーマ: モノローグ

だいまん

 米財政の壁問題は、20日下院で採決が行われる。 結果の公表時間は現在不明だが、増税対象を年収100万ドル超の富裕層に限定する米下院共和党の法案は、可決に必要な票数を確保する見通し。 
 ただ、この結果を受けても、リード米上院院内総務は、「上院は下院の提案するいかなる財政の崖法案も取り上げることはないだろう」と述べており、更にオバマ大統領は、拒否権を発動する可能性高い。
 したがって、クリスマス前の決着は難しそう。
 結局、交渉は、期限の切れる年末のぎりぎりまで続きそうだ。 

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午後の動向は、米財政の崖法案の採決を控えて動きづらい。
 ユーロドルは、1.3295まで上昇後1.3215へ下落、ドル円は東京時間の安値83.86から84.455まで一時反発した。
 クロス円も東京時間の安値から買い戻しが一時強まったが、上値をCapされて、その後は揉み合い。 ユーロ円が110.73から112.13まで一時値を上げ、ポンド円が137.47、オージー円が88.51、NZD円が70.45、カナダ円が85.49、スイス円が92.86まで上昇後押し戻された。 

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気の中、目先は買いすぎから反落。
目先のポイントは1.3220でこの上ではまだ上値を狙える位置。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

フィラデルフィア連銀景況指数
 結果:+8.1
 予想:-3.0

景気先行指数
 結果:-0.2%
 予想:-0.2%

中古住宅販売件数
 結果:504万件
 予想:490万件


強い結果を受け、発表後マーケットは再び円売り・ドル売りで反応。
ただ、今のところ円とドルの下値は限定的。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

米GDP確報値の強い結果を受け、マーケットはリスクオンに傾斜し、
円とドルが下げ幅を拡大する展開。

ドル円は84.30台まで上昇し、ユーロ円は112円を回復しております。

ドル円・クロス円に関しては、日銀の決定会合後の下落が良い押し目と
なった感じで、再び上昇圧力が強まっておりますが、昨日以前に高値を
掴んでしまった向きもある程度ありそうで、目先上値の重い展開となる
かもしれません。

日銀の決定会合を通過し、残すは米財政の崖のみとなりました。
市場参加者も少なくなっている様なので、本日も財政の崖に関する
ヘッドラインを受け、思わぬ波乱が起こる可能性があり、注意したいところです。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押しでも目先は上向きを保って底堅く反発の動き。
ポイントは1.31ローで、この上では上昇リスク。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

第3四半期GDP【確報値】
 結果:+3.1%
 予想:+2.8%

個人消費
 結果:+1.6%
 予想:+1.4%

新規失業保険申請件数
 結果:36.1万件
 予想:36.0万件

発表後、マーケットは円売りで反応。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.0515のポイントの下では下落リスク。
現状は基調は弱気で上値重く、目先は上向きで相反。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.32レベルがサポートされ東京の高値をブレークするが、
昨日のニューヨーク終盤で崩れ始めた1.3240~45付近が短期のレジスタンスに
東京の安値1.3180~85から1.3245~50のレンジをブレークできるかどうか
今日のポイントに

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

20日の東京市場は、日銀金融政策決定会合の結果を受けて。荒れた動きとなった。 日銀金融政策決定会合では「資産買入等の基金を101兆円に増額」、「長期国債買入れを5兆円、国庫短期証券買入れを5兆円増額」と伝わり、一時円売りとなるも、注目のインフレ目標に関しては「次回会合で中長期的な物価安定の目処について点検」となり、日経平均の下げも伴い失望感となった。 
 ドル円は84.40まで上昇後、83.86の安値、ユーロドルは、1.3189から1.3229で揉み合い気味な推移。クロス円も上下に激しく、ユーロ円が110.73から111.62、ポンド円が137.21から137.19、オージー円が87.86から88.34、NZD円が69.91から70.46、カナダ円が84.75から85.31、スイス円が91.70から94.41で上下した。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=135.80-137.30)
戦略としては、136.20-30と136.55-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りをしても、136.85-90での利食い&売りで、ストップは137.15-20超え。137.20-30、137.35-45、137.50-60の売り直しのストップは、137.80-90超えで、倍返しも138.00-05での利食い&売りのストップは138.55-60超えなどで対応して、売りあがり上がるとなる。 一方下値は順張りからターゲットは135.95-05の維持では買戻し&買いでストップは135.80-90割れで倍返しも、135.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップを135.55-60割れとするか、更に買い下がっても135.35-45割れでの倍返し。ターゲットは134.95-05と買い戻し&買い下がって、ストップは134.70-85割れで、134.55-60の維持では買っても、ストップは134.30-35割れで、134.20-30割れや134.10-15割れでの倍返し。(予想時レート:136.55 予想時間 16:30)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3150-1.3250)
戦略としては、1.3195-05と1.3225-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りから1.3235-40、1.3245-50と利食い&売り上がって、ストップは1.3250-60超え。 1.3270-75、1.3285-90での売り直しのストップは、1.3300-10超えでの倍返しとなる。 一方下値は1.3185-90割れがストップで、1.3175-80の維持では買い直しも、ストップは1.3165-75割れ、1.3155-60や1.3140-50割れが倍返しとなる。 このターゲットは1.3130-35、1.3100-15と買い戻しで、買いは1.3080-90と買い下がって、ストップは1.3065-70や1.3055-65割れでの倍返し。 ターゲットは1.3035-45、1.3025-35、1.3015-25と買い戻しで、買いは1.2995-00と買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3220 予想時間 16:25)

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は83円80~60ぐらいに強い抵抗帯がある。
このあと白川総裁の発言もあり、ショート勢は注意したい。
抵抗帯を下抜ければ83円から82円台後半がありそう。

日経平均の

テーマ: モノローグ

だいまん

下げが影響

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

日銀は10兆円の緩和拡大を示したものの、これで円売りが増えるとは思えない。
マーケットは巻き戻しの動きになりつつあり、円は買い戻されている。
ドル円、クロス円ともに、まずは本日の安値を下抜けるかが注目点で、
ここを下抜けると、調整に向かう可能性が高くなる。

日銀

テーマ: モノローグ

だいまん

想定どおりで、失望も下げが甘い感じ。

恐らく朝下げてしまったので、この影響かも。。。。

となるとまだショート・カバーされる局面はあるので注意。

ただ、テクニカル的には、上値は重いので、少なくとも突っ込み売りは危険だと思う。

日銀政策決定会合

テーマ: ニュース

ウルフ

追加緩和を決定し、基金を10兆円増額。

基金の増額はほぼ市場の予想通りで、発表後円相場は上下に振れる展開。
日経平均は下押し後、直ぐに反発する動きとなっております。

東京市場、押し戻す

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価が押し戻す展開となっています、後場に入り、10100円台を一時回復する動きとなっています。 政局がらみの円安がもたらした動きとはいえ、年末にここまでの動きが来ると、さすがに反動も怖い所ではあります。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は84円20付近で攻防。
昨夜もそうだったが、ここを下抜けて行くと、83円ぐらいまで下げる可能性。
逆に上は84円40~50付近が上値を抑えており、
どちらに抜けるかに注目している。

今日は

テーマ: モノローグ

だいまん

日銀金融政策決定会合が鬼門だが、毎度12時過ぎに出るが、最近は時間が延びる傾向があり、その場合1-2時になると、いらいらしたディーラーがショート・カバーするケースもあるので注意。

また、結果次第だが、一応みんな本邦は失望と思っているはずで、織り込みもあると思うが、問題は、期待感を持っている海外勢。 海外勢がどうするかがポイント。

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10055.49(-104.91)

今日の東京市場は大幅下落となって前引けです。一時10100円を回復する動きを見せましたが、そこからは押し戻されています。ダウの下落やドル円の上値の重さが意識される状況となっており、先行きもやや期待薄といった状況です。政局期待で戻すことが出来るかが焦点です。

為替相場はドル円が目先はやや上値の重さが意識されています。朝方84円を割り込む動きを見せたことを考えると堅調地合いであることは事実ですが、欧州時間でさらに下値を拡大する可能性は残る所です。

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10093.11(-67.29)

今日の東京市場はマイナス圏での寄り付きとなっています。ダウが下落したことや、円安が多少修正されていることが嫌気されている状況です。10100円を割り込んでの動きで、やや警戒感もでそうです。ただ、ドル円の流れから考えれば、積極的に売り込む展開にもなりにくそうです。

為替相場はドル円が一時84円を割り込む動きを見せましたが、そこからは回復しています。今日は朝方から売り圧力が強まりましたが、目先はしっかりとした動きとなっています。自民党政権に対する期待感もあり、下値は堅そうです。

巻き戻し

テーマ: 独り言

田向宏行

本日の日銀・金融政策決定会合が年内最後のイベント。
明日はクリスマス前の週末で、本日まで休暇とする参加者も多いかもしれない。
これまでの円売り、ドル売りの巻き戻しが起こる兆しがあり、
決定会合の結果に関係なく、ポジション調整が起こる可能性に注意したい。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
未 定 (日) 日銀金融政策決定会合結果発表
15:30 (日) 白川日銀総裁記者会見
16:00 (スイス) 11月貿易収支 (前回+28.2億CHF)
16:00 (独) 11月生産者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.4%)
17:30 (香港) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+3.8%)
18:30 (英) 11月小売売上高指数 [前月比] (前回-0.7% 予想+0.3%)
18:30 (英) 11月小売売上高指数 [前年比] (前回+1.1% 予想+2.2%)
22:30 (加) 10月小売売上高 [前月比] (前回+0.1% 予想+0.1%)
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回34.3万件 予想35.5万件)
22:30 (米) 第3四半期GDP・確報値 [前期比年率] (前回+2.7% 予想+2.8%)
22:30 (米) 第3四半期個人消費・確報値 [前期比] (前回+1.4% 予想+1.7%)
22:30 (米) 第3四半期GDPデフレーター・確報値[前期比年率](前回+2.7% 予想+2.7%)
22:30 (米) 第3四半期コアPCEデフレーター・確報値[前期比年率](前回+1.1% 予想+1.1%)
24:00 (米) 12月フィラデルフィア連銀景況指数 (前回-10.7 予想-3.0)
24:00 (米) 11月中古住宅販売件数 (前回479万件 予想485万件)
24:00 (米) 11月中古住宅販売件数 [前月比] (前回+2.1% 予想+1.3%)
24:00 (米) 11月景気先行指数 [前月比] (前回+0.2% 予想-0.2%)
24:00 (米) 10月住宅価格指数 [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
24:00 (ユーロ圏) 12月消費者信頼感・速報 (前回-26.9 予想-26.5)
ASEAN・インドサミット(ニューデリー)
スペイン11月財政収支[年初来](前回-433.7億ユーロ)
米5年物インフレ連動国債入札(140億ドル)

円急伸

テーマ: モノローグ

だいまん

「ホワイトハウスは財界トップに財政協議が後退していると伝えた」との報道を受け、米「財政の崖」回避に向けた与野党協議の早期合意への期待が後退。

日銀金融政策決定会合も控えており、商いが薄い中で下げ足を速めた。

ドル円は一時83.95まで下落。 

ドル円の上値

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はひとまず84.20がサポートされている。
しかし84.45付近を上抜けできないと、下げ圧力が強まりそう。
下値の84.20とともに上値の84.45付近にも注目している。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、目先は下向きで少しだけ重さが見えるが、
基調が強気の状態では、調整売りは期待しにくいところ。
今日のポイントは1.62ミドルと1.61ハイ。

ドル円下落

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が下落していますが、明日の決定会合までは、
多少の上下はあっても支えられるのではないでしょうか。
84.20をクリアに下抜けないと、大きくは下げないと考えています。
84.20を下抜け、83.80も下抜けたら、
83.0ぐらいまでの下げになるかもしれない。

この発言が

テーマ: モノローグ

だいまん

リスク回避の動きを促した模様。

ホワイトハウス報道官
「オバマ米大統領は米共和党のベイナー下院議長が提案した『第2案』に対して拒否権を発動するだろう」との見解を示した。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

住宅着工件数
 結果:86.1万件
 予想:87.2万件

建設許可件数
 結果:89.9万件
 予想:87.5万件


発表後、マーケットは反応薄。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、ドル売り、円売りが継続している。 
 ユーロドルは、欧州株の上昇、スペインやイタリアの国債利回りの低下。 アスムッセンECB理事が、追加金融緩和に否定的な見解を示したことなどから、1.33のオプションの防戦を突破して1.3309まで一時上昇、ドル円も一時84.59の高値をつけた。 
 またポンドドルが1.6304の高値、ドルスイスは0.9089まで下落した。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.33を超える動き。 1.3309まで。

ただ、売りも大分出ているようで、1.33台を維持できないと厳しい。

ユーロ円は112.43まで。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの1.31ローの上にのってからは順調に上昇中。
その上ではロングキープ。
現状は買いすぎのゾーンだが、勢いはまだ弱くない。

AUDUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

EURAUDが上昇し、AUDUSDは下げる動き。
12/13の安値も下抜けて、下げる動きへ。
当面は1.04ミドル付近が目標か。

早々と

テーマ: モノローグ

だいまん

84.50をつけたようです。

注意は

テーマ: モノローグ

だいまん

タイミングとなりそう。

ドル円は84.44までも、更に動かない。

ユーロドルは、1.3284まで上昇も防戦が効いている。

ユーロ円は112.14まで。 112円のオプションはつけて、112円を割り込んでいない。

ドル円は、きょう84.50が満期らしいので、24時を越えると、エクスパイヤーすることで、軽くなるリスク。

また24時から1時のフィキシングに絡めると、ユーロ買いが出易い。

となると、ユーロ円がまだ今後112円台を維持すると、更なる上値リスクか?

今日の安値が111.32だから、最低一円動くと112.30台はあるかもの世界だね。。。。

ユーロ

テーマ: 独り言

田向宏行

IFOが予想より良かったためか、ユーロが買われる動き。
ユーロドル、ユーロクロスが上昇し、リスクオンの動き。
ドル円、クロス円も上昇し、ユーロ買い、ドル売り、円売りとなっている。
これが続くか、年末最後の動きか、注目している。

ドイツifo

テーマ: 独り言

YEN蔵

12月のドイツifo 景況感指数は102.4と予想の102を上回る
欧州序盤でユーロの売り仕掛けで1.3225^30ブレーク失敗で、ややショートの
巻き戻し中
東京時間の高値の1.3250~55付近も重く、1.3225~55のレンジでこう着

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.06%
英FT+0.21%
フランスCAC +0.16%
イタリアFTSEMIB +0.34%
スペインIBEX +0.78%
ギリシャGD.AT +0.99%

堅調なスタート

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

18時のifo景況指数を睨んで、利食いが出ているようだ。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

111.60から111.77ぐらいで、分けの判らない動きとなっているので注意。

ただ、レンジともいえない感じ。次のブレイクは注目したい。 

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

アジア時間にブレークした昨日の高値1.3230~35付近まで下落
ここがブレークすれば1.3185~90付近まで下落とみているが

クロス円

テーマ: 独り言

田向宏行

円は引き続き売られる動きながら、ドル円が本日高値を上抜けるか注目。
この後の欧州勢の動きにもよるが、ドル円の高値トライは、
84.50のバリアへのアタックでもあり、失敗すると下げに変わるかも。
流動性も低く、手を出したくないマーケットになっている。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

19日の東京市場は、日本の11月貿易収支が、予想より強い内容も反応は薄く、1万円を超えて堅調な日経平均株価を受けて、円売りが拡大した。 
 ドル円は84.17から84.44まで上昇も、上値はオプションの防戦に阻まれた。 ユーロドルは、1.3223から1.3256まで一時上昇した。
 クロス円では、ユーロ円が111.32から111.78、ポンド円が136.75から137.22、オージー円が88.57から88.76、NZD円が70.63から70.92、カナダ円が85.35から85.60、スイス円が92.16から92.51まで一時値を上げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=88.00―89.00)
戦略としては、88.50-60と88.75-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は88.95-00と売り上がって、ストップは89.10-15超え。 89.25-30、89.55-60と売り場を探して、ストップは90.00-05超えとなる。 一方下値は88.40-45割れをストップ。 または88.25-35まで買い下がって、88.20-25割れがストップ、88.00-10割れが倍返しとなる。 ターゲットは87.75-85、87.65-75の動向次第。 維持では買い戻しも割れるとターゲットは87.45-50、87.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは87.25-35割れで、87.15-20、87.00-10、86.80-95と買い下がって、ストップは86.65-70割れで、86.50-60での買い直しのストップは86.35-45割れ。86.15-25での買いのストップは、86.05-10割れでの倍返し。(予想時レート: 88.70 予想時間 15:35)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3175-1.3300)
戦略としては、1.3245-50と1.3255-60のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも、1.3270-80での利食い優先で、売りは1.3280-85超えをストップに検討するか、1.33超えをストップに売りあがりでの対応となる。 一方下値は、1.3235-40、1.3225-35と買い下がっても、ストップは1.3210-20割れでの倍返し。 ターゲットは1.3185-95、1.3175-80と買い戻し&買い下がって、ストップは1.3165-75割れ、1.3155-60や1.3140-50割れが倍返しとなる。 このターゲットは1.3130-35、1.3100-15と買い戻しで、買いは1.3080-90と買い下がって、ストップは1.3065-70や1.3055-65割れでの倍返し。 ターゲットは1.3035-45、1.3025-35、1.3015-25と買い戻しで、買いは1.2995-00と買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3247 予想時間 15:25)

夕方は

テーマ: モノローグ

だいまん

今回特に、連休前のバリュー替わりの水曜日であることで、ショート・カバーが出易いので注意。 

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円はそろそろ調整がありそうと言われながらも上昇。
現在もまだ上向きで84.20を下抜けない限りは上向き継続。
ただ週足は83円付近まで調整される可能性があり、
暴騰か、調整か判断が難しい。
ひとまず上昇継続なのでロング優勢だが、
マーケットがロングに傾いているので
ストップ管理に気を付けたい。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:10160.40(+237.39)

今日の東京市場は株価が大幅上昇となって終了しました。後場に入り上値を伸ばす展開となっています。補正予算などに対する期待感や他のアジア市場の動向などを眺めて買い優勢の展開となりました。10000円を回復し、さらに上値を伸ばす状況であり、先行きに期待感が高まる状況となっています。

為替相場はドル円が一時84円台半ばまで上昇する展開となるなど、しっかりとした動き。目先は調整が入っているが、自民党の地滑り的な勝利を受けての円安基調が継続している状況です。一方、ユーロドルも堅調な地合いを継続する展開となっています。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

84.20が堅く、84.50がCapする形。

今後はこのブレイクが注目となるが、近いのは84.20であることは間違いない。。。。。が。ユーロ円が今押さえられている111.70をすっきりと超えてくるか注目。

一方

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.3250の防戦を上抜け。

今後は1.33が視野となるが、こちらも強そう。

簡単ではないと思う。 1.3270-80が防戦ラインとしてワークするか注目となる。

84.50の

テーマ: モノローグ

だいまん

オプションの防戦は、今日が期日の模様。ならば、24時までは、しっかりと守ってくる可能性はありそうだ。

日本の貿易収支に

テーマ: モノローグ

だいまん

反応は薄い。。。最近この傾向が続いている。

一方財政の崖に関しては、20日に採決の模様。 ただ、可決するかとは別の問題。

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は1万円を回復しての動きとなっています。円安や海外株高を受けて、やっと持ち直してきたといった印象でしょうか。ドル円も目先は方向感が見えにくい状況ですが、しっかりとした動きを継続しています。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 11月通関ベース貿易収支 (前回-5490億円(-5511億円) 予想-1兆394億円)
14:00 (日) 10月景気動向指数・改訂値 [先行CI指数] (前回92.5)
14:00 (日) 10月景気動向指数・改訂値 [一致CI指数] (前回90.6)
18:00 (独) 12月ifo景況指数 (前回101.4 予想102.1)
18:00 (独) 12月ifo景気期待指数(前回95.2 予想97.4)
18:00 (独) 12月ifo現況指数(前回108.1 予想108.3)
18:00 (ユーロ圏) 10月経常収支 (前回+8億EUR)
18:30 (英) BOE議事録(12月5-6日開催分)
19:00 (ユーロ圏) 10月建設支出 [前月比] (前回-1.4%)
20:00 (英) 12月CBI流通取引調査(前回+33 予想+27)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回+6.2%)
21:00 (チェコ) チェコ国立銀行政策金利発表
22:00 (ノルウェー) ノルゲバンク・政策金利発表
22:30 (米) 11月住宅着工件数 (前回89.4万件 予想87.1万件)
22:30 (米) 11月建設許可件数 (前回86.6万件(86.8万件) 予想87.2万件)
22:30 (加) 10月卸売売上高 [前月比] (前回-1.4% 予想+0.4%)
00:30 (米) 週間原油在庫(前回+84万バレル)
06:45 (NZ) 第3四半期GDP [前期比] (前回+0.6%)
06:45 (NZ) 第3四半期GDP [前年比] (前回+2.6%)
韓国 韓国大統領選挙
米7年国債入札(290億ドル)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

84.20から上値に、オファーが並んでいるとの思惑がCapしている。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が111.225、ポンド円が136.71、スイス円が92.10の高値まで上昇、ただし、資源国通貨は揉み合いで、オージー円が88.21から88.60、NZD円が70.47から70.84、カナダ円が85.12から85.39での推移に留まった。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル売り、円売りが強まっている。NYダウが90ドル近い上昇となり、リスク志向が高まっている。 

ユーロドルは、ロンドン・フィキシングでのユーロ買いから1.32325まで上昇、ドル円は、米長期金利の上昇を受けて、84.07へ再反発。 

ポンドドルが1.6269の高値、ドルスイスが0.9124まで下落した。

ドル売り

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットはドル売りの動きで、EURUSD、GBPUSDが上昇、USDCHFは下落。
AUDUSDも上げたが流れが下向きになりつつあるので再び下げる方向へ。
FOMCから事実上のQE4という状況で、ドルは売られやすいか。
この動きが継続するのか注目している。

AUDUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

AUDUSDは下方向に転換した可能性が出てきている。
本日発表のRBA議事録からも利下げの可能性があり、
チャートも下方向へ転換してきている。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は1時間のボリンジャーバンド中心線付近で方向感が弱い。
下値は本日安値付近でサポートされており、ここを下抜け、
昨日安値を下抜けると、83円付近までの調整がありそう。
上値は84.50が重く、ここを上抜けるのは決定会合しかなさそう。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

88.35~40付近が短期のレジスタンスになっている
88を完全にブレークすると87.50付近まで下落しそうだが

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は84円付近で攻防。
週末に向けて、利食いが先行しやすく、下げる可能性が高いと思っているが、
木曜の決定会合での緩和策を期待した買いも継続している模様。
ただ、週足では83円割れまで下げる可能性がありそうで警戒したい。

スペイン国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

3か月物 平均利回り1.195% 応札倍率2.9倍(前回3.5倍)
6か月物 平均利回り1.609% 応札倍率2.6倍(前回2.3倍)
目標の35億ユーロを上回る35.2億ユーロを調達

堅調な入札で10年債利回りは一時5.352%まで下落

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.67%
フランスCAC +0.3%
英FT +0.43%
イタリアFTSEMIB +0.78%
スペインIBEX +0.96%
ギリシャGD.AT -0.63%

全般的に堅調な動き

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 18日の東京市場は、オバマ米大統領が、「年収40万ドルを上回る富裕層への増税を提案した」と報道から、「財政の崖」問題への解決に歩み寄りが見たとの見方、堅調な日経平均株価や上海総合指数、ダウの先物の動向、白川日銀総裁が、自民党本部に安倍晋三総裁を訪問するとの報道を受けて、円売りが拡大した。 ただし、白川日銀総裁が、会談後「安倍自民党総裁と金融政策について協議しなかった」、また、安倍自民党総裁は、「2%のインフレ目標でアコードを締結したいと白川総裁に伝えたが、アコード締結要請については、白川総裁は聞き置いたという感じだった」とコメントしたことなどが失望感となった。
 ドル円は、83.83から84.08まで上昇、ユーロドルは1.3156から1.3178での揉み合いを続けた。
 クロス円では、ユーロ円が110.34から110.75、ポンド円が135.82から136.32、NZD円が70.73から70.98、カナダ円が85.18から85.48、スイス円が91.34から92.62へ一時値を上げた。また、
豪州準備銀行の議事録が発表されたオージー円は、88.39から88.65での揉み合いとなった。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=70.00-71.20)
戦略としては、70.75-80と70.95-05のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は71.15-20と売り上がって、ストップは71.35-40超えで、71.50の売り直しのストップは71.55-60超えなどで対応。 一方下値は70.65-70と買い下がって、70.50-55割れがストップで、70.35-40割れでの倍返し。ターゲットは70.05-15や69.95-05の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは69.75-80、69.65-70と買い戻し&買い下がって、ストップは69.55-65割れで、69.45-55、96.25-40、69.05-20とを買い下がって、ストップは68.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは68.85-90、68.65-80と買い戻しで、買いは68.55-65、68.45-50と買い下がって、ストップは69.35-45割れでの倍返し。(予想時レート: 70.80 予想時間 16:05)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=83.50-84.20)
戦略としては、83.90-95と84.05-10のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は84.15-25と売り上がって、ストップは84.30-35超え。 84.45-50はCapを見て対応。 Capでは売りも、積極的なら超えると倍返しとなる。 この場合のターゲットは84.75-85での売り狙い。 ストップは85円超え。または、更85.20-30と売り上がっても、ストップは85.50-55超えが倍返しとなる。 一方下値は83.75-85と買い下がって、83.60-65をストップとして、83.50-55は維持を見て対応。 維持では買いもストップは83.35-45割れまたは、買い下がっても83.25-30割での倍返し。 ターゲットは83.10-20、82.85-95での買い戻しから、買いは82.75-85割れでの倍返し。ターゲットは82.65-70、82.40-50と買い戻しで、こういった位置の買いは、82.30-40割れがストップで、82.15-25は維持を見て買っても、ストップは82.05-15割れでの倍返しとなる。(予想時レート:84.00 予想時間 15:35)

13時に

テーマ: モノローグ

だいまん

白川総裁が、安部自民党総裁を訪問。。。。思惑高まる?

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:9937.44(+108.56)

今日の東京市場は大幅上昇での前引けとなりました。ダウが大幅上昇となり、さらに円もじり安傾向となる中で上値を伸ばす展開となっています。

為替相場ですが、ドル円が84円を試す展開となっています。ここを突破できるかどうかは先々を考えると重要でしょう。欧州時間まで突破できない可能性もありますが、個人的には突破するのでは、と見ています。

材料的には

テーマ: モノローグ

だいまん

米財政の崖が、決着方向。

「日銀は物価目標を2%に引き上げることを検討」との報道。

ダウ先物が13300ドル方向へ上昇と、円売り満載。。。。

前原誠司国家戦略・経済財政担当相

テーマ: モノローグ

だいまん

「19、20日の日銀金融政策決定会合に出席するつもりはない」

そりゃ、そうだろう。。。

オバマ大統領

テーマ: モノローグ

だいまん

富裕層の増税の下限を40万ドルで提案。

共和党が100万ドルだから、これから「せり」状態になるのか。。。

なら中間は、70万ドルで決着?

RBA議事録

テーマ: モノローグ

だいまん

「理事会は追加の情報を待つかどうかを検討したが、緩和が正当化されると判断した」「資源投資のピークが近く、非鉱業投資が抑制されているため、利下げが正当化されると判断した」
「労働市場の軟化と賃金圧力の低下がインフレ抑制に寄与する」
「以前の利下げの影響が出始めている」


そう悪い内容ではない。。。

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:9848.87(+19.99)

今日の東京市場は上昇しての寄り付きとなっています。ダウが大幅上昇となったことを好感しての動きとなっています。さらに円安が修正されたものの、ここに来て再度ジリ高となっていることも下値を押し上げる要因となっています。

その為替相場ですが、ドル円が84円を回復することが出来るかが目先のポイントになりそうです。自民党の地滑り的な勝利がありましたが、実際にここから人事などで方向性が見えてくるわけで、楽観ばかりも出来ない状況も予想されます。知ったらしまいとの思惑から手仕舞いの可能性もあり、慎重に対応したい局面です。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:00 (NZ) 12月ANZ企業活動見通し(前回31.6)
09:00 (NZ) 12月ANZ企業信頼感(前回26.4)
09:30 (豪) RBA議事録(12月4日開催分)
17:30 (香港) 11月失業率 (前回3.4%)
17:30 (スウェーデン) リクスバンク・金利発表および金融政策報告発表
18:30 (英) 11月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.2%)
18:30 (英) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.6%)
18:30 (英) 11月生産者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.4% 予想+1.5%)
18:30 (英) 11月小売物価指数 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.3%)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(3カ月物・6カ月物)
19:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
19:00 (ユーロ圏) ガスパル・ポルトガル財務相「議会で発言」
21:00 (トルコ) トルコ共和国中央銀行政策金利公表
22:00 (ハンガリー) ハンガリー中銀政策金利発表
22:30 (米) 第3四半期経常収支 (前回-1174億USD 予想-1031億USD)
24:00 (米) 12月NAHB住宅市場指数 (前回46 予想46)
03:15 (米) フィッシャー・ダラス連銀総裁講演 「経済」
06:45 (NZ) 第3四半期経常収支 (前回-17.97億NZD)
日20年国債入札(1兆2000億円)、米5年国債入札(350億ドル)

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

84円がレジスタンスになっているが、83.50~60もサポートに
ここを下抜けすると、調整が長引きそうだが

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が109.93から109.47、ポンド円が135.45から136.00、オージー円が88.09から88.41、NZD円が70.52から70.81、カナダ円が比較的強く84.63から85.18まで一時反発、スイス円が91.01から91.42での推移となっている。 

NY午後は揉合い

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.3146から1.3179、ドル円は83.61から83.92まで上昇後も、このレンジでの推移。ポンドドルが1.6216の高値、ドルスイスが0.9167まで値を下げた。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

わりと重く見えたが、目先は上向きに転換し底堅さが見える。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

ギャップの下限109.85~90がサポートされた後反発したが、
109.50を情報ブレークできず
三角持合いだが109.80~109.50のレンジブレークでどちらにはじけるか

窓は埋めきれず

テーマ: 概況

コロフ

ドル円は窓を埋めきれずに推移しています。このまま円安に向けて動く可能性もあり、後から考えてみればここが本格上昇のきっかけという展開になる可能性もありそうです。個人的には選挙の絡みで上昇はしたものの、実際にどうなるかは定かではなく、一時的には調整の円高となる可能性も十分に残っているのでは、といった見方をしています。それでも下値はある程度限定されるとは思っています。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きの中、基調も弱含みに。
ポイントは83.10前後。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きの中、基調も弱含みに。
ポイントは83.10前後。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きの中、基調も弱含みに。
ポイントは83.10前後。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.31ローに今日のポイント。
現状は、目先は下向きで下げているが、
基調は強気でまだ下げていきにくい配置。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

NY連銀製造業景気指数
 結果:-8.10
 予想:-1.00

発表後、マーケットは小幅に円買いで反応しましたが、
反応は限定的。

ドル円 その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は83円60付近を底に上げてきているが、
再び下げて本日安値を下抜けると、
83円付近まで下げる可能性がありそう。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は早朝の窓開けを埋める動き。
ただ83円ミドルより下げると、金曜の安値に接近するので、
まずはこの付近が意識されると考えている。

オージー円は

テーマ: モノローグ

だいまん

上昇が、少なかった分、既にギャップの下限の88.20に到達。

更には88.00-10などもあるかも。

円相場は

テーマ: モノローグ

だいまん

買いが優勢。海外勢も材料で尽くしで売りのようだ。。。

ドル円が83.70、ユーロ円が110.12、ポンド円が135.49まで。


ギャップの下限が一応ターゲット。 ドル円は83.50-65、ユーロ円が109.90-110.05、ポンド円は、若干複雑で、それ以前の高値135.15-40ゾーンまたは、135.00-05など。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは狭いレンジでの動きとなっています。バンドの上下限を意識しての動きで、現在は上限から抑えられて中心線を意識しての動きとなっています。バンド幅も縮小傾向となっており、方向感の見えにくい状況となっています。バンドの下限まで下落する可能性が高いように思われます。バンド幅が縮小傾向に入っているだけに、バンドの下限をブレイクする可能性はあるでしょう。

RCIで見ると、短期線が上昇する動きとなっている一方、中期線は下落する動きとなっています。方向感の見えにくい状況となっています。このままレンジ圏での動きを強いられる可能性も十分にあるでしょう。短期線に上値余地がありますが、天井打ちをしてきたら、中期線の動きが悪いことを考えると、下方向に動きやすい展開となるでしょう。逆に中期線の反転の可能性も視野にいれておかねばならず、目先は方向感が見えるまで様子見といったほうが無難かもしれません。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの下限をブレイクしており、バンド幅の拡大を伴っていることからバンドウォークとなりさらに下値を拡大する可能性が高まっています。安値を更新しての動きであり、先行きに警戒感が高まる所となっています。問題は朝方に開けた大きな窓を埋めるかどうかといったところでしょう。可能性としてはあると思っていますが、目先すぐというにはまだ距離がある感じです。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏での横ばいの動きとなっています。これが反転上昇するかどうかといったところに注目が集まります。一方、中期線は下落基調であり、下値余地を十分に残しての動きとなっています。短期線が仮に持ち直しても、一時的にな調整で、上値の重い展開は継続するでしょう。バンドウォークの可能性が高いことから、戻り売りを狙っても、戻りが殆ど無い可能性もあるでしょう。

穴埋め

テーマ: 独り言

YEN蔵

ドル円は83.85~90がサポートしギャップの上限付近が支えられている
ここを抜ければ83.50~55付近まで下落もあると思うのでが

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 17日の東京市場は、早朝から日本の衆院選挙の結果を受けて、円売りが拡大したが、織り込みや一定の利食いが出て、更なる上値追いとはなっていない。ただし、S&Pが、「日本の衆院選が力強い改革をもたらすというのは時期尚早」、「債務の軌道が変わらなければ、日本の格下げを検討する可能性」と述べたこと、ムーディーズが「日本が消費税引き上げなければ信用力にマイナス」、「日本は財政赤字を無期限に続けることは出来ない」との見解を示したことが下値を支えたが、これもS&Pが、「財政改革が見られれば、日本の格付け見通しを『安定的』に変更する可能性」と示唆したこともあり、反発も限定された。 
 ドル円は84.48まで上昇後83.86まで下落、ユーロドルは1.3188から1.3149でのサイド・ライン的な動きとなった。 クロス円では、ユーロ円が111.28から110.35、ポンド円が136.64から135.55、オージー円が89.12から88.45、NZD円が71.36から70.86、カナダ円が85.48から85.02、スイス円が92.07から91.27まで一時値を下げた。 (15:45現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=88.00―89.00)
戦略としては、88.40-50と88.70-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、88.95-00と売り上がって、ストップは89.10-15超え。 89.25-30、89.55-60と売り場を探して、ストップは90.00-05超えとなる。 一方下値は順張りまたは88.25-30と買い下がって、ストップは88.00-15割れで、87.75-85の維持では買っても、ストップは87.65-75割れでの倍返し。 ターゲットは87.45-50、87.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは87.25-35割れで、87.15-20、87.00-10、86.80-95と買い下がって、ストップは86.65-70割れで、86.50-60での買い直しのストップは86.35-45割れ。86.15-25での買いのストップは、86.05-10割れでの倍返し。 (予想時レート: 88.55 予想時間 15:20)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=109.85-111.00)
戦略としては、110.45-50と110.75-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は110.95-00と売り上がって、ストップは111.15-20超えや111.25-30超えでの倍返し。 ターゲットは111.40-50や111.60-65の動向次第。超えての慎重な再順張りも検討されるが、このターゲットは111.90-95での利食いで、売りは112.30-35超えがストップとなる。 一方下値は110.35-40割れでの倍返し。 ターゲットは109.85-00を前に下げ止まりでは買い戻しで、買いは109.65-75をストップ、109.40-45、109.20-30での買い直しのストップは、109.00-10割れで、倍返し。ターゲットは108.90-95、108.75-80と買い戻し&買い下がって、ストップは108.60-70割れでの倍返し。 (予想時レート:110.55 予想時間 15:10)

東京市場後場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は高値圏での推移を継続しています。方向感は見えにくい状況となっています。為替相場でドル円が84円台を維持していますが、上値を追うといった動きにはなっておらず、日中の動きとしては動きが少ない状況です。欧州時間で再度円安が進行するのかどうかといったところが注目を集めそうです。

財務相は

テーマ: モノローグ

だいまん

麻生太郎が見込まれているようだ。ばら撒きの印象だが、株にはプラスか?

東京市場スタート

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:9895.68(+158.12)

今日の東京市場は自民党の地滑り的な勝利による円安が株価を押し上げる展開となっています。ドル円が窓を開けて上昇していますが、窓を埋めるかどうかがポイントになっていきそうです。選挙前から円安が進んでいたことを考えると、想定以上の自民党勝利で上昇したものの、押し戻される状況になるのではないかと見ています。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

83.95-00を維持する形。 それ以前の高値を維持していることで、更なる突っ込み売りも難しいが、現状は上値のの84.30-35や84.45-50とのブレイクが焦点。

下値はこういった位置を割れると注意となる。

ドル円の高値は

テーマ: モノローグ

だいまん

84.48まで。

ユーロ円は111.26、豪ドル円は89.12、ポンド円は136.64

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 84.30-33
ユーロ円 111.01-07
ポンド円 136.26-37
オージー円 88.91-00
NZD円 71.26-38
カナダ円 85.40-52
スイス円 91.85-96

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円84.38-43
ユーロ円 111.13-24
ポンド円 136.28-46
オージー円 89.01-12

今週もよろしく。。。荒れそう

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月17日 03:30
EURUSD 1.3164-74
USDJPY 84.18-27
GBPUSD 1.6160-77
USDCHF 0.9162-73
AUDUSD 1.0533-47
NZDUSD 0.8441-67
EURJPY 110.85-99
GBPJPY 136.08-18
AUDJPY 88.71-81
NZDJPY 71.11-26
CADJPY 85.27-41
CHFJPY 91.73-85
EURGBP 0.8139-51
EURCHF 1.2075-86
ZARJPY 9.69-82

でも、ギャップが

テーマ: モノローグ

だいまん

大きく出てるからね。。。。

チャート上は、金曜日の高値と終値で見るから

ドル円は、83.95-00の高値から終値の83.50-55
ユーロ円は、109.90-00まで。
ポンド円は、135.35-40から135.00-05
オージー円は、88.50-55から88.20-30ぐらいかな。。。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月17日 03:13
EURUSD 1.3176-85
USDJPY 84.25-31
GBPUSD 1.6173-88
USDCHF 0.9153-69
AUDUSD 1.0542-52
NZDUSD 0.8441-58
EURJPY 111.06-13
GBPJPY 136.21-35
AUDJPY 88.81-91
NZDJPY 71.11-26
CADJPY 85.25-41
CHFJPY 91.86-96
EURGBP 0.8143-51
EURCHF 1.2071-92
ZARJPY 9.69-83

円売りが拡大しているが

テーマ: モノローグ

だいまん

東京勢が入ってきても、このレベルを維持できるかは疑問だなあ。。。。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月17日 03:05
EURUSD 1.3181-90
USDJPY 84.30-38
GBPUSD 1.6176-87
USDCHF 0.9149-66
AUDUSD 1.0546-56
NZDUSD 0.8442-72
EURJPY 111.12-26
GBPJPY 136.42-57
AUDJPY 88.93-01
NZDJPY 71.18-33
CADJPY 85.40-50
CHFJPY 91.98-07
EURGBP 0.8142-51
EURCHF 1.2071-92
ZARJPY 9.70-84

クロス円気配

テーマ: モノローグ

だいまん

EURJPY 111.04-14
GBPJPY 136.20-44
AUDJPY 88.85-00
NZDJPY 71.10-36
CADJPY 85.36-47
CHFJPY 91.88-05

ドル円は84円台

テーマ: モノローグ

だいまん

84.20-38レベル。

ウラ読み戦略

テーマ: モノローグ

だいまん

----フリー・トラアル中。 

12月末まで申し込み時に
申し込み時に、キャンペーン・コード「1212」を入力してください。


毎日の鬼門となる相場のポイントや主要通貨の戦略を
タイムリーに配信。 一日2回のデイ戦略、週間、月間見通しも配信。
東京の休日も配信しています。
詳細

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

南ア市場休場(和解の日の振替休日)
09:00 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
09:01 (英) 12月ライトムーブ住宅価格(前回-2.6%)
15:00 (日) 11月工作機械受注・確報値[前年比](前回-20.7%)
19:00 (ユーロ圏) 10月貿易収支 (前回+98億EUR 予想+110億EUR)
22:30 (米) 12月NY連銀製造業景気指数 (前回-5.22 予想-0.50)
22:30 (加) 10月国際証券取引高(前回139.0億加ドルの流入)
23:00 (米) 10月対米証券投資 [ネット長期フロー] (前回+33億USD 予想+250億USD)
23:00 (米) 10月対米証券投資 [ネットフロー合計] (前回+47億USD)
23:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁「欧州議会で発言予定」
01:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演
01:00 (米) スタインFRB理事講演
03:00 (米) ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演「米経済見通し」
米国 米2年債入札(350億ドル)

選挙の結果を受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円相場が週初からどうなるか注目となるが、既にEBSなどで、動きが出ている可能性はあるが、現状こういった情報は入っていない。

午前3時のブローカーの動きを見る形となる。

ユーロドル

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルは上昇基調を継続し、5月上旬以来の高値水準にまで到達する動きとなっています。ダウは軟調で、リスク志向の動きといったわけでは無さそうです。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん


NYダウがプラス圏を回復したことで、巻き戻しの動き。 

ただ、そろそろ動きは鈍そう。

ユーロドルは、ロンドン・フィキシングに絡んだ買いで、1.3141まで上昇、

ドル円は83.32の安値から83.57へ値を戻し、

ユーロ円が109.05から109.75、ポンド円が134.32から134.89、オージー円が87.81から88.13、NZD円が70.12から70.57、カナダ円が84.60から84.74、スイス円が90.26から90.83まで値を戻した。

ダウ一時30ドル安

テーマ: 株式市場

ウルフ

為替相場は小幅にドルが買い戻される展開。
しかし、ドル円・クロス円は小幅に上昇し、リスク回避の円買いには
繋がらず。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先も強含みに。

ドル売り

テーマ: 概況

ウルフ

ダウ反発をきっかけとして、ドルが下値を拡大。
ユーロドルは1.3130台にのせ、本日高値を更新。ポンドドルも1.6140台まで
上伸しております。

CPIの下振れが尾を引いているのでしょうか?

ユーロドルは1.31midをしっかり上抜けてくると、欧州債務問題が小康状態を
保っている間に走り出したら止まらないモードに入る可能性があり注目しています。

現在のレート
 ユーロドル:1.3137

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

フィキシングがらみの買いで、1.3136レベルまで上昇。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

プラス圏に戻す。。。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調はまだ強気を保って底堅い。
目先はまだ重い、日足ポイントも1.31ローにあり、
まだ上がりやすい配置ではない。

方向感見えにくい

テーマ: 概況

コロフ

ダウは前日終値付近での動きとなっている。現在は小幅高だが、NASDAQはやや下げ幅を拡大している。アップルが依然として下げ基調であり、それが足を引っ張る展開となっている。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY中盤の動向は、引き続き軟調なNYダウや週末のポジション調整から、円の買い戻しが優勢となている。
 ドル円は83.32、ユーロ円が109.05、ポンド円が134.32、オージー円が87.81、NZD円が70.12、カナダ円が84.60、スイス円が90.26まで値を下げた。
 ただし、現在は買い戻し気味。 

高島暦

テーマ: モノローグ

だいまん

もう、平成25年度版出ています。

何種類もあるので、間違わないで買ってね!

「気学で開運し、相場も分かる本」と表紙に書いてある奴です。

リンク

今日は、

テーマ: モノローグ

だいまん

高島さんに助けられた。。。。ドル円は83.44レベルまで下落。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

鉱工業生産
 結果:+1.1%
 予想:+0.3%

設備稼働率
 結果:78.4%
 予想:78.0%


発表後、マーケットの反応は限定的。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きになり、85前後が重い事を確認する形で反落中。

ポイントは83.15.

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が109.10、ポンド円が134.53、オージー円が87.87、NZD円が70.14、カナダ円が84.72、スイス円が90.27まで値を下げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが軟調な推移となり、リスク回避志向が強まっている。


ユーロドルは東京夕方の高値1.3120から1.3067まで下落、ドル円が83.47の安値、ポンドドドルが1.6110へ下落、ドルスイスは0.9248が上値を抑えている。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが軟調な推移となり、リスク回避志向が強まっている。


ユーロドルは東京夕方の高値1.3120から1.3067まで下落、ドル円が83.47の安値、ポンドドドルが1.6110へ下落、ドルスイスは0.9248が上値を抑えている。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

83.47まで下落。 材料は特別ない模様。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

CPI
(前月比)
 結果:-0.3%
 予想:-0.2%

(前年比)
 結果:+1.8%
 予想:+1.9%

CPI【コア】
(前月比)
 結果:+0.1%
 予想:+0.2%

(前年比)
 結果:+1.9%
 予想:+2.0%

発表後、ダウ先物・米10年債利回りは下落。
為替相場は円とドルが買い戻される展開。

調整

テーマ: 概況

コロフ

全体的には調整の入る動きとなっていますね。中国株の大幅上昇を受けて円安が進みましたが、その動きが巻き戻されています。指標などもあるので、それ次第といったところでしょうか。

方向感なく

テーマ: 独り言

田向宏行

週末の欧州時間となり、マーケットは方向感がなくなってきている。
この後も週末と日本の選挙を控えてポジションは取りにくく、
新たなポジションを作る状況ではなさそう。
選挙後に円が買われるか売られるかは読みにくく、
ここからは様子見が良さそう。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX+0.3%
英FT +0.1%
フランスCAC40-0.08%
イタリアFTSEMIB -0.26%
スペインIBEX-0.03%
ギリシャGD.AT -0.14%

アジア株は上海総合が+4.32%、ハンセンが+0.71%と堅調
12月の製造業PMIが50.9と高かったことも中国株をサポート
欧州株はまちまちの動き

ドルスイス

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で売りすぎのゾーンでやや底堅さが見える。
目先の抵抗は40.

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

  14日の東京市場は、弱い日銀短観、強い中国のHSBC製造業PMI、上海株の上昇、週末の衆院選を睨んで、円売りが継続した。 ただ、オプションの防戦に阻まれて、上げも限定された。
 ドル円は、83.60から83.96まで一時上昇、ユーロドルは1.3067から1.3115まで値を上げた。
 クロス円では、ユーロ円が109.27から109.99、ポンド円が134.68から135.38、オージー円が87.96から88.52、NZD円が70.43から70.92、カナダ円が84.90から85.34.スイス円が80.46から91.06まで一時上昇後利食いに押された。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=134.00-136.00)
戦略としては、134.95-05と135.15-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は135.20-30と売り上がって、ストップは135.35-40超えで、倍返しも136.00まで利食い&売り場探し。ストップは136.10-15超えでの倍返し。 一方下値は順張り的となるが、134.85-95、134.70-80と買い戻しで、買いは134.65-70割れをストップ、134.55-60割れなどが倍返しとなるが、ターゲットは134.35-40での買い戻しで、買いは維持を見て対応。 ストップは134.20-30割れや134.10-15割れでの倍返し。 ターゲットは133.90-00、133.80-85と買い戻しで、買いは133.55-65で、ストップは133.40-45割れ。 133.20-30、133.05-15、132.95-00、132.85-95と買い場を探して、ストップは132.80-85割れでの倍返し。 (予想時レート:135.05 予想時間 16:00)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3015-1.3160)
戦略としては、1.3100-05と1.3115-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、慎重な順張りからターゲットは1.3125-30の動向次第。超えてターゲットは1.3140-45、1.3150-60での利食い&売り直し。ストップは1.3165-75超え。 倍返ししても1.3175-85、1.32のサイコロジカル前後では利食い優先から、売りは1.3220-30と売り上がって、ストップは1.3240-50超えなどで対応となる。 一方下値は1.3080-90割れがストップ。 倍返しは慎重となるが、1.3065-70や1.3055-65の維持では買い戻し。この位置の維持では買っても1.3035-45割れがストップで、倍返しもターゲットは1.3025-35、1.3015-25と買い戻しで、買いは1.2995-00と買い下がって、1.2980-90割れがストップまたは、更に買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。(予想時レート:1.3110 予想時間 15:30)

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

輸出の売りも出た模様。 

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに上向き、1.3075に目先サポート。

ユーロドル

テーマ:

千秋先輩

1.3075に目先サポート。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

83.70、83.55-65などを割れると、少し崩れる可能性があるので注意。

逆に買うならこういった調整で、維持を確認しながらとなるが、これも83.25-30や83.10-20割れるなら注意となる。

またまた

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は、オプションの防戦崩しが思惑となるが、高島さんは、今日は「追っかけ買い禁止。 利入れよ」となっており、これを信じるなら注意が必要。

恐らく

テーマ:

だいまん

75にあったんだろうね

ドル買い・円買い

テーマ: 独り言

田向宏行

東京午前はさらにドル売り円売りとなっているが、この後も続くかは疑問。
選挙を控えた週末に週越えのポジションは減らしたいはずで、
このあと東京午後、欧州の動きに注目。
短期的にはドル買い・円買いになる可能性もあると考えている。

ドル円の今後

テーマ: モノローグ

だいまん

選挙を絡めて、相場どうなるかは不透明。 先に利食いが優先するのか、それも結果を受けて、自民大勝で、トップつきとか、「Buy the Rumor、Sell the Fact」となるかは、断言できない。

更にその後は日銀でしょう。 ドル円はまだまだ動きそうだ。

ただ、ポイントとして下値は、

既に83.10-35の直近戻り安値が支えると強い

リスクはそれ以前の高値となる82.75-85で、日足の転換線も控えているので、
これを割れると一旦調整となり易いのでストップ圏。

その場合82.45-50が支えると買いになり易い。
このリスクは82.05-15や81.65-75割れとなる。 特にこの81.65-75を割れると調整が深まる可能性があるが、それでも81.45-50から81.05-15など買いとなり易そう。
更なるリスクは80.85-90割れで、これもストップ。

その場合は80.45-65の節目、80円のサイコロジカルが視野となるが、買いが入り易く、こういった位置から79.60-65まで良い買い狙い場。

このストップは79.35-40から79.05-10などとなる。

ユーロ円が

テーマ: モノローグ

だいまん

先に来てるけど、まだ109.55まで。 

ただ、

テーマ: モノローグ

だいまん

83.75に防戦がある可能性もあり。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

動いていないといえるが、またぞろ84円のオプションの防戦が焦点。

だいたい83.70-80、または83.75-85が抑えるのが定石だが。。。。

ただ、84円の防戦は、83円ほど強いイメージに薄い。

織り込みもある

テーマ: モノローグ

だいまん

けど、悪い短観にも動意は薄い。

短観

テーマ: モノローグ

だいまん

大企業製造業業況判断
前回:-3
予想:-10
今回:-12

大企業製造業先行き
前回:-3
予想:-9
今回:-10

財政の崖

テーマ: モノローグ

だいまん

ベイナー米下院議長とオバマ米大統領は本日、財政の崖を協議するため会談する模様。現在時間は不明。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場では、ロンドン時間初頭に一時円に利食いが入った後は、NYダウが軟調にも買い戻し気味となったが、総じて揉み合いの範囲から逸脱する展開とはなっていない。 
米経済指標としては、米11月小売売上高が、市場予想を下回ったが、米週間新規失業保険申請件数が予想より強かったことで材料となっておらず、米共和党のベイナー下院議長が、「オバマ米大統領は財政の崖を回避するための歳出削減に関して真剣ではない」などと述べたが、反応は限定的も、NYダウは一時100ドル近い下落となった。 
 ユーロドルは、1.3040から1.3100まで一時反発、ドル円は83.25から83.64へ値を戻した。 また、米S&Pが英国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことで、ポンドドルが一時1.6084まで下落、ドルスイスは、スイス国立銀行が、ユーロスイスの下限レートを据え置いたことで、0.9226まで下落、ユーロスイスは1.2078まで下落した。
 クロス円では、ユーロ円が108.65から109.45、ポンド円が134.23から134.88まで反発、オージー円が88.24から87.77まで値を下げ、NZD円が70.23から70.64、カナダ円が84.62から85.04で推移、スイス円は89.84から90.57の日中高値まで上昇した。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 日銀短観 [大企業製造業業況判断] (前回-3)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業製造業先行き] (前回-3)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業非製造業業況判断] (前8)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業非製造業先行き] (前回5)
08:50 (日) 日銀短観 [設備投資計画:前年比] (前回+6.4%)
13:30 (日) 10月鉱工業生産・確報 [前月比] (前回+1.8%)
13:30 (日) 10月鉱工業生産・確報 [前年比] (前回-4.3%)
17:30 (独) 12月PMI製造業・速報 (前回46.8 予想47.1)
17:30 (独) 12月PMIサービス業・速報 (前回49.7 予想50.0)
18:00 (ユーロ圏) 12月PMI製造業・速報 (前回46.2 予想46.4)
18:00 (ユーロ圏) 12月PMIサービス業・速報 (前回46.7 予想47.1)
19:00 (ユーロ圏) 11月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+2.2%)
22:30 (米) 11月消費者物価指数 [前月比] (前回+0.1% 予想-0.2%)
22:30 (米) 11月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
22:30 (米) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+2.2% 予想+2.0%)
22:30 (米) 11月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+2.0% 予想+2.0%)
22:30 (加) 10月製造業出荷(前回0.40% 予想±0.0%)
23:15 (米) 11月鉱工業生産 [前月比](前回-0.4% 予想+0.2%)
23:15 (米) 11月設備稼働率 (前回77.8% 予想77.9%)

12/15(土)
EU首脳会談(ブリュッセル)
国際通貨基金(IMF)・欧州中央銀行(ECB)「合同カンファレンス」

12/16(日)
東京都知事選挙投開票・第46回衆議院議員総選挙投開票日
エジプト「新憲法法案の是非について国民投票実施」
南アフリカANC(アフリカ民族会議)党大会

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーレ円が108.65から109.45、ポンド円が134.23から134.88、オージー円が88.24から87.77まで値を下げ、NZD円が70.23から70.64、カナダ円が84.62から85.04で推移、スイス円は89.84から90.57の日中高値まで上昇した。

NY午後

テーマ: モノローグ

だいまん

若干揉合い気味も、ダウは100ドル近い下落。 

ユーロドルは、1.3040から1.3100まで一時反発、
ドル円は83.25から83.61へ値を戻した。 
また、米S&Pが英国の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことで、ポンドドルが一時1.6084まで下落した。 

ダウはさえない

テーマ: 概況

コロフ

ダウは80ドル前後の下げ幅となって推移しています。上値の重さが意識されている状況です。財施の崖に対する注目が高まっており、それが相場を押し下げる要因となっています。

米財務省発表

テーマ: 概況

コロフ

米財務省は30年債入札について、最高落札利回りは2.917%、応札倍率2.50倍と発表しました。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、目先も下向きを保って重い。
87.45に小さなサポート。

ポンドが急落

テーマ: 概況

コロフ

S&Pによる見通しが安定的からネガティブになったことを嫌気する動き。対ドルで1.61ドルを割り込んでの動きとなっている。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

83ローの上では上昇リスクを持っているが、
大枠で買いすぎのゾーンで、
目先はまだ下向きを保って少し重い。

ダウ、上値重い

テーマ: 概況

コロフ

ベイナー下院議長が政府は財政の崖からの転落を望んでいるかのようだ、などと発言したことを受けて、やや売り圧力が強まっている状況です。

NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは前日終値付近にて揉み合いの展開となっておりますが、
米10年債利回りの上昇基調を受け、ドル円は再び83.60台まで上昇。
ユーロ円も109.40台まで反発し、欧州序盤での下落をほぼ打ち消す
動きとなっております。

フィックス前後の動きに注意したいところです。


NY午前

テーマ: 概況

ウルフ

ダウは前日終値付近にて揉み合いの展開となっておりますが、
米10年債利回りの上昇基調を受け、ドル円は再び83.60台まで上昇。
ユーロ円も109.40台まで反発し、欧州序盤での下落をほぼ打ち消す
動きとなっております。

フィックス前後の動きに注意したいところです。


ポンドドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ポンドドルは1.6120付近を下抜け、下方向の可能性が強まっている。
ここを下抜けた後、戻したものの、買いはしにくく、下げる動きに警戒したい。
ただし、下げても1.60ミドルぐらいかもしれない。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:34.3万件
 予想:36.8万件

小売売上高
 結果:+0.3%
 予想:+0.5%

小売売上高【除自動車】
 結果:±0.0%
 予想:±0.0%

発表後、ダウ先物は上振れる展開。
為替相場は円売り・ドル売りで反応したものの、強弱混合の結果を
受け、円とドルは直ぐに反発する展開。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:34.3万件
 予想:36.8万件

小売売上高
 結果:+0.3%
 予想:+0.5%

小売売上高【除自動車】
 結果:±0.0%
 予想:±0.0%

発表後、ダウ先物は上振れる展開。
為替相場は円売り・ドル売りで反応したものの、強弱混合の結果を
受け、円とドルは直ぐに反発する展開。

一旦下値は

テーマ: モノローグ

だいまん

東京時間の安値がストップ・ロス圏となる。

 安値
ドル円   = 83.13
ユーロ円 = 108.65
ポンド円 = 134.14
オージー円 = 87.71
NZD円 = 70.08
カナダ円 = 84.42
スイス円 = 89.72

巻き戻し

テーマ: 独り言

田向宏行

欧州はFOMCが終了してクリスマスモードか。
昨日までの動きが巻き戻されている。
このまま週末に向かいそうで、今週はもう終わりかもしれない。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠で買いすぎのゾーン、
目先は下向きで、上値が重い事を確認する形から下落中。
1.31台にはレジスタンスが複数あり。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向を保って上昇してきたが、
目先は下向きに。
82ハイー83ローが抵抗。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX -0.45%
英FT -0.24%
フランスCAC40 -0.14%
イタリアFTSEMIB +0.34%
スペインIBEX +0.53%
ギリシャGD.AT -0.55%

イタリア、スペインは上昇だが、他は小幅安

SNB

テーマ: 独り言

YEN蔵

SNBは政策金利を据え置き
1.2の権限目標も据え置き
引き上げ期待があったので、ユーロスイスは1.21割れまで下落
1.2080付近がサポートできないと、1.2050付近まで下落か

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=87.50―88.50)
戦略としては、88.10-20と88.30-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は88.50前後と売り上がって、ストップは、88.60-65超えまたは、または、89円超えに置くなら、88.70-80まで売り上がりとなる。一方下値は順張りから87.95-00、87.80-95と買い戻しで、買いは87.65-75割れがストップ、倍返しも検討されるが、ターゲットは87.45-50、87.35-45と買い戻し&買い下がって、ストップは87.25-35割れで、87.15-20、87.00-10、86.80-95と買い下がって、ストップは86.65-70割れで、86.50-60での買い直しのストップは86.35-45割れ。86.15-25での買いのストップは、86.05-10割れでの倍返し。(予想時レート: 88.20 予想時間 16:50)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=108.50-109.80)
戦略としては、109.25-30と109.50-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は、109.65-70、109.75-80と売り上がって、ストップは109.95-00超えなどで対応。 一方下値は109.00-05、108.90-00、108.75-80と買い場を探して、ストップは108.60-70割れで、倍返しもターゲットは108.45-50、108.25-30と買い戻しで、買いはこういった位置から108.10-15、108.00-05、107.85-95と買い場を探して、ストップは107.70-80割れで、倍返しもターゲットは107.50-60の動向行次第。 割れても107.35-45、107.25-35、107.15-25、106.95-05と慎重に買い場を探して、ストップは106.85-95割れでの倍返し。(予想時レート:109.45 予想時間 16:30)

欧州勢は

テーマ: モノローグ

だいまん

クロス円の利食いからのようだ。。。。後はどこまで下げれるかだが、東京安値を維持できるか注目となる。

ポンドドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル売りの動きのなかで、ポンドドルも上昇の可能性。
1.6120付近を下抜けなければ、ここから上昇しそう。
但しユーロポンドが上昇していて、伸びにくいかもしれない。

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

83.50のオプションは軽かったようだが、またぞろ84円にはあると思う。

ただ、83円ほどでないと考えるが、85円また大きいのがありそうだ。。。。

その面では、また83.80前後が防戦の鬼門となるか注目したい。

ドル円は

テーマ:

だいまん

やり過ぎ感は在るよね!

ドル円は

テーマ:

だいまん

やり過ぎ感は在るよね!

リスクオンだが

テーマ: 独り言

田向宏行

昨夜のFOMCもあり、マーケットはリスクオン。
ドル売り・円売りとなっているが、このまま年末とは思いにくい。
今週末には日本の選挙もあり、またクリスマスの前週末でもあり、
金曜日にはポジションを縮小したい参加者も多いはず。
ここから円売り・ドル売りに飛び乗るのは危険で、
押し目を確かめてからの方が良さそう。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (豪) 12月ウエストパック消費者信頼感(前回5.20%)
08:50 (日) 10月機械受注 [前月比] (前回-4.3% 予想+2.1%)
08:50 (日) 10月機械受注 [前年比] (前回-7.8% 予想-6.2%)
13:30 (豪) スティーブンスRBA総裁講演
16:00 (独) 11月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回-0.1% 予想-0.1%)
16:00 (独) 11月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.9% 予想+1.9%)
16:45 (仏) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.9% 予想+1.6%)
17:00 (南ア) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.6%)
17:55 (愛) アイスランド中央銀行政策金利公表
18:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相講演
18:30 (英) 11月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
18:30 (英) 11月失業保険申請件数 (前回+1.01万件 予想+0.50万件)
19:00 (ユーロ圏) 10月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回-2.5% 予想+0.3%)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(3カ月物・12カ月物)
19:45 (英) デール英MPC委員講演
20:00 (南ア) 10月実質小売売上高 [前年比] (前回+4.3%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回4.50%)
22:30 (米) 11月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.5%)
00:30 (米) 週間原油在庫(前回-235.7万バレル)
01:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁「金融安定報告公表」
02:30 (米) FOMC政策金利発表
04:00 (米) FRB「経済見通し&FF金利に関する政策当局者の見通し公表」
04:00 (米) 11月月次財政収支 (前回-1373億USD 予想-1420億USD)
04:15 (米) バーナンキ米FRB議長会見
06:30 (NZ) 11月企業景況感(PMI)(前回50.5)
ユンケル・ユーログループ議長「ルクセンブルク議会で発言予定」
世界貿易機関(WTO)一般理事会(ジュネーブ)、石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
EU財務相会合(ブリュッセル)
米10年国債入札(210億ドル)

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が109.045、ポンド円が134.60、オージー円が88.04、NZD円が70.32、カナダ円が84.68、スイス円が90.00まで一時値を上げたが、その後は利食いが優勢となっている。 

米FOMCを受けて

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは1.3098の高値、ドル円が83.295、ポンドドルが1.6172まで上昇、ドルスイスは0.9243まで値を下げた。

ダウ、マイナス圏へ

テーマ: 概況

コロフ

知ったらしまいとなる可能性は高いと見ていましたが、まさかダウがマイナス圏まで転落するとは想定外です。

ダウ上値抑えられる

テーマ: 概況

コロフ

バーナンキFRB議長の発言を受けてダウがやや上値を抑えられています。13300ドルを割り込んでの推移で、引けにかけて一段安となると追加緩和をやっているだけに懸念が広がりそうです。とりあえず材料出尽くし感が意識されているものと思われますが、どこで支えられるかがポイントになりそう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足ポイントの82.43はきっちりサポートとしてきき、
基調も目先も上向きを保って自然な上昇。
レジスタンスは83.35で、これも抜けると重石はなくなる.。

概況

テーマ: 概況

ウルフ

FOMC声明を受けたドル売り・円売りは一服。
ドル円は一時83.30台、ユーロ円は109円台を示現後、小幅に反落
しております。

この後バーナンキFRB議長の会見が控えておりますが、
FOMCでの動きは様々な視点からある程度織り込まれている事もあり、
よっぽどのサプライズ等が無ければ、利食いの押されて値を戻す事が
多いので、再度上値を試す局面があれば戻り売りを狙うのも面白そう。
但し、利食いは着実に。

ダウ70ドル高

テーマ: 概況

ウルフ

円とドルが下げ幅を拡大。
ユーロドルは1.3090台、1.6170台、ユーロ円108.70台、ポンド円134.30台
までそれぞれ上値を拡大。ドル円は83円前半にて小動きとなっております。

株価上昇一服となれば、一旦円ショートカバーが入りそうですが、
ドル円に関しては米長期金利が多く上昇している事から底堅い動きと
なりそう。

FOMC

テーマ: 概況

コロフ

FOMC声明において、「失業率6.5%超の状態では異例な低金利を正当化」「月額400億ドルのMBS購入を継続」「ツイストオペ失効後に米国債を月間450億ドル購入」「インフレ率2.5%以下の状態では低金利を正当化」「ラッカー米リッチモンド地区連銀総裁が追加資産購入に反対」「労働市場が改善するまで購入を継続」などと発表されています。

こうした発表を受けて、ドル売り、株高、債券安となっています。ただ、市場予想での織り込みもあり、ここからさらに積極的に動くには危険もありそうです。

FOMC声明

テーマ: ニュース

ウルフ

「ツイストオペ終了後に長期国債を450億ドル購入」

声明を受け、ダウ・米10年債利回りは上昇で反応。
マーケットは一旦円買いで反応したものの、株価上昇を受け円が売り
戻される展開。

米財務省発表

テーマ: 概況

コロフ

10年債入札は最高落札利回りが1.625%、応札倍率が2.95倍となりました。この結果を受けて債券買いが進行しています。ドル円も上げ一服といったところでしょうか。

言ってるそばから

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は83円超え。。。高値は、83.15レベル。

現在までの高値

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円が82.97、ユーロドルが1.3053、ユーロ円が108.20、ポンド円が133.89、オージー円が87.49、NZD円が69.76、カナダ円が84.21、スイス円が89.33まで。 

ドル円高値超え

テーマ: モノローグ

だいまん

米共和党のベイナー下院議長が、
「財政の崖に関する合意に依然として楽観的だが、深刻な相違が残る」
「オバマ米大統領と昨日、オープンかつ誠実に電話会談したが、1.4兆ドルの新たな歳入案は両院を通過不可能」
と述べてNYダウは若干売り込みも、ドル円は下がらない。というか逆に上げており、82.94の欧州の高値を超える動き。

ダウは堅調地合い

テーマ: 概況

コロフ

ダウは堅調地合いとなっていますが、FOMCに対する期待感が押し上げているものと思われます。と言うことはかなりの程度織り込んでの動きということができそうで、逆に発表となったら知ったらしまいで売り圧力が高まる可能性もあるのでは、と見ています。

ドル売り・円売り

テーマ: 独り言

田向宏行

マーケットは今夜のFOMCに向けてリスクオンに向かいつつありそう。
FRBがツイストオペに代わる、より積極的なオペレーションを行う期待もありそう。
チャートはリスクオンでドル売り・円売りに傾いているが、
現状はし行き過ぎ感もあり、クリスマスシーズンを考慮して、
ストップ管理に気を付けたい。

83円が遠いが

テーマ: 概況

コロフ

83円がいかにも遠い状況となっています。目先は調整の動きが入っていますが、日足の形も上値余地が少なくなってきているだけに、思わぬ抵抗がありそうです。北朝鮮情勢や選挙、さらにはアジア株の上昇など、円安が進みやすい地合いであることは事実ですが、後ひと伸び足りない状況となっています。突破したらストップなどを巻き込みそうなんですが・・・

ユーロドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは日足が上昇の形となってきている。
本日安値を下抜けなければ、当面目標値1.3030を越えて
さらに上昇する可能性が出てきた。
12月でもあり欧州のニュースで振られる可能性も考慮しておきたい。

ユーロドルの買いは

テーマ: モノローグ

だいまん

今夜にも、ユーロ圏銀行監督一元化? のニュースが要因。 

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

107.60-70が守れるか?

ドル円は

テーマ: モノローグ

だいまん

82.935まで。 うーん、83円やらなかった。 現状は82.87が支えるが、割れると82.73、更に82.65-70が維持できるか注目。 上値は82.84-85がCapされると弱い。

欧州株式市場序盤

テーマ:

YEN蔵

ドイツDAX+0.08%
英FT -0.1%
フランスCAC40 -0.09%
イタリアFTSEMIB +0.3%
スペインIBEX +0.48%
ギリシャGD.AT -0.29%

アジア市場の流れは、上海総合+0.39%、ハンセン+0.8%と堅調
全般的に小動き

それより

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円の108円が気になる。。。。木ですか?

4度目の正直

テーマ: モノローグ

だいまん

だけど、また83円自体は、ファースト・タイムなんだよね。。。


ただ、一部に83円のオプションが期日落ちになっている部分もあるとの話があるので、案外軽いかも。。。

ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

83のバリアーに向けてひたひたと上昇
このレベルにもしこたま売りがあるようですが、海外が食ってきている
83の手前は売りだけど抜ければストップなんで
そろそろ抜けるか、もう少し引っ張るか

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

12日の東京市場は、米FOMCを控え、動きづらい展開の中、アジア株の堅調を受けて、円が軟調な推移となった。
 ドル円は、午前中に北朝鮮がミサイルを突然発射したこともあり、82.49から82.81まで一時上昇、ユーロドルは、1.2997から1.3015での小動きが続いた。
 一方クロス円では、ユーロ円が107.26から107.65へ値を上げ、ポンド円が132.88から133.35、オージー円が86.84から87.20、NZD円が69.20から69.58、カナダ円が83.63から83.97、スイス円が88.47から88.83まで値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2935-1.3060)
戦略としては、1.2995-00と1.3010-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは1.3035-40、1.3055-60と売り場を探して、ストップは1.3085-90超えで、倍返しもターゲットは1.3090-00、1.3105-10、1.3115-20と利食い&売り直して、ストップは1.3125-30超えでの倍返し。 ターゲットは1.3140-45の動向次第で、超えて1.3150-60での利食い&売り直し。ストップは1.3165-75超え。 一方下値は1.2980-90割れがストップまたは、買い下がっても1.2975-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2955-60、1.2935-45と買い戻し&買いで、ストップは1.2925-30割れ。 1.2915-25、1.2895-05での買い直しのストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2790-05と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2785-90、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れとなる。(予想時レート:1.3005 予想時間 14:35)

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

12日の東京市場は、米FOMCを控え、動きづらい展開の中、アジア株の堅調を受けて、円が軟調な推移となった。
 ドル円は、午前中に北朝鮮がミサイルを突然発射したこともあり、82.49から82.745まで一時上昇、ユーロドルは、1.2997から1.3015での小動きが続いた。
 一方クロス円では、ユーロ円が107.26から107.65へ値を上げ、ポンド円が132.88から133.35、オージー円が86.84から87.17、NZD円が69.20から69.53、カナダ円が83.63から83.91、スイス円が88.47から88.78まで値を上げた。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=82.00-83.00)
戦略としては、82.45-55と82.75-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は慎重な順張りも ターゲットは82.90-00での利食い&売りで、ストップを83.30-35超えや83.45-50超えに置いて、売り上がりでの対応となる。 一方下値は82.30-40割れがストップで、82.15-25は維持を見て買っても、ストップは82.05-15割れでの倍返しとなるが、ターゲットは81.95-05、81.85-95と買い戻し&買い下がって、ストップは81.70-80割れや81.65-70割れでの倍返し。 このターゲットは81.55-60、81.40-50と買い戻しで、買いはこういった位置から81.20-30と買い下がって、ストップは81.05-15割れでの倍返し。 ターゲットは80.90-00、80.80-90と買い戻し&買い下がって、ストップは、80.70-80を割れとなる。(予想時レート:82.75 予想時間 16:30)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの上下限の動きがあまりない状況下で、バンドの下限から中心線をブレイクして上限を目指す格好となっています。バンド幅はそれほど拡大しておらず、市場にはエネルギーが溜まっているようにも見えますが、目先は大きな動きにはなりにくい状況です。バンドの上下限を意識しての動きがまずは展開されそうです。現状の上限は1.3013ドルであり、ここをブレイクするかどうかといったところでしょう。

RCIで見ると、短期線が底打ちから上昇しています。目先は買い優勢の局面ということになりそうです。一方、中期線は下落基調となっていましたが、下値圏に入る前に反転しています。現状は中立水準での動きで、ここから持ち直す動きを継続することができるかがポイントになりそうです。流れとしては買い優勢の局面であり、バンドブレイクからの大きな動きになってもおかしくはない状況でしょう。

FOMCを前に

テーマ: モノローグ

だいまん

水曜日のショート・カバーだとは思うが、先が思いやられる。。。。


というか、早期は押し目は買いになりそうだ。。。ただ、FOMC前には利食いも出るだろうね。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの上限を意識しての動きとなっています。日中高値をブレイクしてのバンドブレイクであり、バンド幅の拡大も見られることから、バンドウォークとなってもおかしくないところでしょう。バンドの下限の動きには注意が必要で、これが横ばいから反転する場合は調整が入る展開となるでしょう。そうなればバンドの中心線を意識することになりそうですが、目先は買い優勢の局面ということになりそうです。

RCIで見ると、短期線・中期線共に高値圏での動きとなっています。買われ過ぎ感があることは事実ですが、短期線が天井打ちするまでは安易な戻り売りは危険でしょう。流れとしては買い優勢という事になりそうですが、仮にバンドの下限やRCI短期線が転換ということになればバンドの中心線である82.60円が意識されるでしょう。逆にバンドウォークということになれば、83円に迫っていきそうですが、30分足で見る限りはそこまでの動きにはなりにくそうです。

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月12日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2012年12月12日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↓
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↓

以上です。


*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.30台に乗せて、ここからさらに上昇の可能性があります。
当面の目標は1.3030で、当初予測通り、本日達成が考えれれます。
ただ、チャートの形はさらに上昇する可能性があり、
1.3020付近のポイントを上抜けるかに注目している。

人口衛星ロケットと

テーマ: モノローグ

だいまん

言うなら、大気圏超えるんだろうけど、そんな技術があるなら、すごいけど。。。

破壊措置はなかった模様。

テーマ:

だいまん

ミサイル発射。沖縄の上空を通過したが、破壊措置は行われていない。

三段式ロケットの一段目が、フィリピンの海上に落下。

北朝鮮

テーマ: モノローグ

だいまん

ミサイル発射。沖縄の上空を通過の模様。

円売り気味も、影響は強くないと見られる。

今日の東京も

テーマ: モノローグ

だいまん

動きは鈍いと思われるが、クロス円が強いので、円は軟調気味。

ドル円は、ざっくりと82.30-60ゾーン。 なら中心は82.45となるが、ここを支えるとバイアスは強めか?

強気だね。

テーマ: モノローグ

だいまん

オバマ米大統領
「共和党は富裕層の税率引き上げで譲歩するだろう」
「財政合意に楽観的」

ドイツとフランスが銀行同盟で合意

テーマ: 概況

コロフ

ドイツとフランスが銀行同盟、銀行監督に関する合意に達した、との報道が南ドイツ新聞から出ています。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:30 (豪) 12月ウエストパック消費者信頼感(前回5.20%)
08:50 (日) 10月機械受注 [前月比] (前回-4.3% 予想+2.1%)
08:50 (日) 10月機械受注 [前年比] (前回-7.8% 予想-6.2%)
13:30 (豪) スティーブンスRBA総裁講演
16:00 (独) 11月消費者物価指数・確報 [前月比] (前回-0.1% 予想-0.1%)
16:00 (独) 11月消費者物価指数・確報 [前年比] (前回+1.9% 予想+1.9%)
16:45 (仏) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.9% 予想+1.6%)
17:00 (南ア) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.6%)
17:55 (愛) アイスランド中央銀行政策金利公表
18:00 (ユーロ圏) モンティ伊首相講演
18:30 (英) 11月失業率 (前回4.8% 予想4.8%)
18:30 (英) 11月失業保険申請件数 (前回+1.01万件 予想+0.50万件)
19:00 (ユーロ圏) 10月鉱工業生産・季調済 [前月比] (前回-2.5% 予想+0.3%)
19:00 (ユーロ圏) 伊短期債入札(3カ月物・12カ月物)
19:45 (英) デール英MPC委員講演
20:00 (南ア) 10月実質小売売上高 [前年比] (前回+4.3%)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回4.50%)
22:30 (米) 11月輸入物価指数 [前月比] (前回+0.5% 予想-0.5%)
00:30 (米) 週間原油在庫(前回-235.7万バレル)
01:00 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁「金融安定報告公表」
02:30 (米) FOMC政策金利発表
04:00 (米) FRB「経済見通し&FF金利に関する政策当局者の見通し公表」
04:00 (米) 11月月次財政収支 (前回-1373億USD 予想-1420億USD)
04:15 (米) バーナンキ米FRB議長会見
06:30 (NZ) 11月企業景況感(PMI)(前回50.5)
ユンケル・ユーログループ議長「ルクセンブルク議会で発言予定」
世界貿易機関(WTO)一般理事会(ジュネーブ)、石油輸出国機構(OPEC)総会(ウィーン)
EU財務相会合(ブリュッセル)
米10年国債入札(210億ドル)

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが堅調にプラス136高まで上昇して、欧州からのリスク志向の動きが一時強まったが、リード米上院院内総務が、「クリスマスまでに財政の崖で合意に達するのは難しいだろう」と述べたことで、NYダウに売りが強まり、リスク志向も一服気味となった。 
 ユーロドルは、強いドイツZEW景況感調査、ギリシャの国債買い戻しが、「300億ユーロの目標を達成できる見通し」の報道を受けて、1.3015まで上昇。 「ギリシャ国債買い戻しの結果は、対GDP比で、2020年までに、債務水準を124%する目標に届いていない」との報道が上値を押さえた。 ドル円は82.55から83.33まで値を下げた後は、82.57レベルまで反発した。 
 クロス円では、ユーロ円が107.43、ポンド円が133.10、オージー円が86.94、NZD円が69.27、カナダ円が83.70の高値、スイス円は、UBSが「他の金融機関のスイスフラン建て預金に追加手数料を課す」と発表したことで87.93まで下落後、88.56まで反発した。

材料は

テーマ: モノローグ

だいまん

リード米上院院内総務
「クリスマスまでに財政の崖で合意に達するのは難しいだろう

NYダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

利食いに押し下げられているので注意。 

ダウ堅調

テーマ: 概況

コロフ

ダウは100ドル高水準を維持して堅調地合いとなっています。13300ドルが上値として意識されているようにも見えますが、引け間際の動きで突破するかどうかに注目が集まりそうです。FOMCを控えていることもあり、引けにかけてやや押し戻されるのでは、と見ているところではあります。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

反落ではほぼ日足のポイントを保ち、
現状は基調も強含みに。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置からうまく上昇してきた。
目先は買いすぎのゾーンに入るが、大枠ではそれほどでもない。

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

86.55~60のレジスタンスを抜け上昇中
87を試しに行きそうだが

豪ドル円

テーマ: 独り言

YEN蔵

86.55~60のレジスタンスを抜け上昇中
87を試しに行きそうだが

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウの136ドル高もあり、堅調。

ユーロ円が107.195、ポンド円が132.83、オージー円が86.69、NZD円が69.20、カナダ円が83.61の高値、スイス円が87.93まで下落後88.51まで反発した。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、強いドイツZEW景況感調査、ギリシャの国債買い戻しが、「300億ユーロの目標を達成できる見通し」の報道を受けて、1.3007まで上昇、ポンドドルが1.6122、オージードルが1.0525まで値を上げ、ドル円は82.55から83.33まで値を下げた。 またドルスイスは0.9317、ドルカナダは、強いカナダ商品貿易を受けて0.98585まで下落した。 

ユーロドルは1.30ドルが意識

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルは1.30ドルが意識され、現状は押し戻されています。株価も13300ドルが意識されている状況で、さすがにFOMCを控えているだけに、さらに上値を追うというのは難しい所と言えそうです。まずはポジション調整をしながら明日に備える、といったところではないでしょうか。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は82円25付近を下抜けなければ、この後数時間で上伸する可能性がある。
83円のバリアへアタックの可能性があるが、
逆に82円前半を割り込むと少し大きく調整されるかもしれない。
それでも下値は81円後半程度と考えている。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.30に乗せる動き。
当面の目標値は変わらず1.3030.だが、
ここへの動きは明日になりそう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先上向きで反発していたが、基調は弱気を保ち反落。
ここから目先も下向きになると、さらに下向きの力がかかるが、
クロス円が強ければ伸びにくいだろう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足のポイントの82.33はほぼサポートとして聞いている。
目先は上向きを保って強い、
基調も強気になれば、さらに上値を狙いやすくなるところ。

ドルスイス

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気の状態で、
日足のポイントも0.93ハイで上値をおさえて重い。

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

105ハイのポイントの上で強いという見方なりの動き。
現状も、基調目先ともに上向きで上値を狙いやすい配置。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限と中心線を往来する相場となっており、現状は上限を意識しての動きとなっています。バンド幅はやや拡大しているものの、下限が横ばいとなっており、バンドブレイクからバンドウォークといった展開にはなりにくいでしょう。目先は上限で支えられて下限まで下落、そしてまた上限を目指すといった動きで、上昇トレンドは維持される可能性が高そうです。

RCIで見ると、短期線が下値圏に入る前に上昇に転じています。まだ多少の上値余地を残しています。一方、中期線はゆるやかに下落していましたが、再度持ち直しての動きとなっています。高値圏での動きでの持ち直しであり、中長期的な基調は良さそうです。短期線がしっかりとした動きを継続すれば上値余地が拡大されそうで、そうなった場合はバンドブレイクの可能性が出てきますが、流れとしては難しいと思っています。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドブレイクからバンドウォークとなりそうな状況となっています。バンド幅は拡大基調に入っており、さらに上値を追う可能性が高まっています。日中高値を超えていることも好感されそうです。問題はバンドの下限の動きということになりそうです。これが下落基調を続けている限りは戻り売りは危険ということになるでしょう。思わぬ高値が出ることもありそうです。

RCIで見ると、短期線が上昇して高値圏に入っています。まだ基調は上昇ですが、さすがに上値余地はほとんどありません。これが横ばいとなるのか、それとも天井打ちとなるのかで先行きの動きは変わっていきそうです。一方、中期線は下落基調が中立水準から持ち直す展開となっています。中長期的には買われやすい地合いであり、仮に短期線が天井打ちから下落となっても、バンドの中心線で支えられる動きになる可能性が高そうです。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX+0.15%
英FT-0.07%
フランスCAC40 +0.17%
イタリアFTSEMIB +0.01%
スペインIBEX +0.62%
ギリシャGD.AT +0.83%

小動きだが、スペイン、ギリシャが堅調

ユーロスイス

テーマ: 独り言

YEN蔵

スイス大手UBSが顧客のスイスフラン預金にマイナス金利を適用
SNBのユーロスイス下限引き上げの噂
これらを受けてユーロスイスは上昇
6日の高値1.2126、5日の高値1.2167付近が次のターゲットに

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 11日の東京市場は、イベント待ちや休暇ムードで、材料難から、動意の薄い展開が続いた。 ドル円は82.44から82.31まで値を下げ、ユーロドルは1.2929から1.2963まで値を上げた。クロス円も狭いレンジでの推移。ユーロ円が106.48から106.76、ポンド円が132.33から132.51、オージー円が86.18から86.43、NZD円が68.65から68.84でオージー・キューィーの売りで堅調推移、カナダ円が83.41から83.55、スイス円が88.12から88.34での値動きに終始した。 

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

スイス円 :(予想レンジ=87.70-88.80)
戦略としては、88.00-15と88.30-40のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は88.45-50と売り上がって、ストップは88.55-65超えで、88.70-80での売りのストップは88.95-00超えや89.10-20超えでの倍返しも、ターゲットは89.25-30、89.35-45での利食いで、89.55-6と売り上がって、ストップは89.85-90や90.05-10超えとなる。 一方下値は87.90-00と買い下がって、ストップは88.70-85割れでの倍返し。ターゲットは、87.45-50や87.35-40の動向次第。割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは87.15-20、87.00-05と買い戻し&買い下がって、ストップは86.85-95割れで、86.70-75、86.50-55と買い戻しも、ストップは86.35-45割れで倍返しとなる。(予想時レート:88.20 予想時間 16:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2900-1.3000)
戦略としては、1.2935-45と1.2960-65のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは、1.2970-80超えでの倍返し。 ターゲットは1.2985-90、1.3000-10と利食い優先。 売りはこういったCapから1.3025-30、1.3035-40、1.3055-60と売り場を探して、ストップは1.3085-90超えで、倍返しもターゲットは1.3090-00、1.3105-10、1.3115-20と利食い&売り直して、ストップは1.3125-30超えでの倍返し。一方下値は1.2925-30がストップで、1.2915-25、1.2895-05と買い下がって、ストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは、1.2860-70、1.2855-60と買い戻しで、割れても1.2840-50の維持では買い戻し&買っても、ストップは1.2825-35割れでの倍返し。 ターゲットは1.2810-20、1.2790-05と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2785-90、1.2770-80、1.2755-60と買い場を探して、ストップは1.2735-40割れとなる。(予想時レート:1.2955 予想時間 15:55)

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月11日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2012年12月11日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY →
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY →
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↑

以上です。


*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

今日の東京も

テーマ: モノローグ

だいまん

動かないそう。 昨日ロンドン初頭に円買いの動きが出たが、恐らくポジション調整の範囲。

その後NYで、日銀金融政策決定会合での金融緩和記事が円売りを誘ったが、本邦は若干知らん顔? 

新規に円売りを仕掛ける向きもなさそうで、またぞろだらだら、円買い気味となるか注意。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 11月マネーストックM2+CD [前年比] (前回+2.3% 予想+2.2%)
09:01 (英) 11月RICS住宅価格(前回-7%)
09:30 (豪) 11月NAB企業景況感(前回-5)
09:30 (豪) 11月NAB企業信頼感(前回-1)
18:30 (ユーロ圏) スペイン短期債入札(12カ月物・18カ月物)
15:30 (仏) 第3四半期非農業部門雇用者・確報 [前期比] (前回-0.3%)
19:00 (独) 12月ZEW景況感調査 (前回-15.7 予想-11.0)
19:00 (独) 12月ZEW現況指数(前回5.4)
19:00 (ユーロ圏) 12月ZEW景況感調査 (前回-2.6)
19:00 (ユーロ圏) ギリシャ短期債入札
19:30 (英) 英長期債入札(2022年償還物・32.5億ポンド)
20:00 (南ア) 10月製造業生産(前回-2.30%)
22:30 (米) 10月貿易収支 (前回-415億USD 予想-423億USD)
22:30 (加) 10月国際商品貿易 (前回-8.3億CAD 予想-12.0億CAD)
24:00 (米) 10月卸売在庫 [前月比] (前回+1.1% 予想+0.4%)
24:00 (米) 12月IBD/TIPP景気楽観度指数(前回48.6 予想51)
02:00 (加) カーニーBOC総裁「証券アナリスト協会のセミナーに出席」
世界貿易機関(WTO)一般理事会(ジュネーブ)
米3年国債入札(320億ドル)

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

木曜日のサポート1.2950~60が短期的なレジスタンス
ここが抜けられないと再度1.29割れか

NY概況

テーマ:

ウルフ

ダウは現在10ドル高の水準にて小動き。
米債券市場も動意薄く、米10年債利回りはやや上昇気味の動き
となっております。
為替相場は米株の底堅い動きを受け、円とドルがじりじりと売り戻される
展開。特別な材料も無く、ストレート・クロス円ともにショートカバーで
買い戻された感じですね。

欧米では来週以降クリスマス休暇に入る為、休暇前の最後のイベントとなる
FOMC待ちと言ったところでしょうか。

明後日までは、株価やヘッドラインに振らされる展開となりそうですが・・・

ここへ来て散見される話ではありますが、IMMの円売りポジションがかなり
膨らんでいる事から、クリスマス休暇前or日本の総選挙前後での短期投機筋の
手仕舞いによるドル円・クロス円の下落リスクは一応頭の片隅に入れておきたい
ところですね。

大きな値動きを期待してじっくり待つとします。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は上向き・基調は弱気で相反で狙いにくい。
日足は明日は1.29ミドルにポイントで、
この下では重くなってもいいが、クロス円を見ながら。

落ち着いた動きへ

テーマ: 概況

コロフ

とりあえず、FOMCを控えていることもあり、ここから大きな動きにはなりにくい状況となってきています。欧州株は全体的には堅調ながら、イタリア株がモンティ首相が辞任の意向を示したことで大きく下落する状況となっています。ダウは比較的堅調ながら上値の重さが意識されており、引けに向けての動きが注目されそうです。

クロス円は

テーマ: モノローグ

だいまん

NYダウが堅調なこともあり、買い戻し優勢。

ユーロ円が105.98から106.61、ポンド円が131.67から132.43、オージー円が86.07から86.50、NZD円が68.42から68.77、カナダ円が83.10から83.50、スイス円が87.83から88.32まで値を回復した。

NY中盤

テーマ: モノローグ

だいまん

総じて動きの鈍い中、ロンドンのリスク回避的な動きからは、巻き戻し。

ドル円は、82.12から82.43へ値を上げ、ユーロドルも1.2943まで反発。ポンドドルが1.6097の高値、ドルスイスが0.9326まで値を下げた。 

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.0470のポイントはサポートされ
現状は強い動き。目先上向き。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

下はサポートゾーンで止められ反発の動き。
基調はまだ弱気で上値も重い状態。

円安へ

テーマ: 概況

コロフ

ドル円、クロス円は先週末比ではまだ下落しているが、かなりの程度戻してきています。日銀の追加緩和期待や選挙に向けての思惑が円高に歯止めを欠ける展開となっています。ただ、30分足で見ると、バンドの上限が迫っており、ここを一気にブレイクするにはさすがに材料不足の感はあります。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は買いすぎのゾーンに到達して反落。
1.60ハイにポイントでまだ固めていはいない。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円、クロス円はここから上昇する可能性がある。
自民圧勝の調査記事などが出ていることもあり、
円は売られやすく、ここから押し目を作りつつ上昇の可能性。
ドル円の83円が注目される。

若干ドル売り

テーマ: 概況

コロフ

現状では若干ドル売りが進行しています。ユーロドルは30分足のボリンジャーバンドでバンドの上限で抑えられていますが、オージードルやポンドドルはしっかりとした動きとなっています。バンドウォークをしているだけに、さらなる上値も警戒しておきましょう。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

上値はレジスタンスで止まっており、
現状は基調目先ともに弱い配置。
サポートは82ローと81ハイで、この上ではまだ下げていきにくい。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

現状は弱め配置。
1.0470に小さなポイントができている。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「Monday FX」スタートしてます。

U-sTream版は、こちらから

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

朝のギャップ1.2915~20が越えられるかどうか

ユーロドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは金曜の安値付近の攻防。
ここはボリンジャーバンド日足のミドルラインでもあり、
ここでサポートされるか、下抜けるかは重要と考える。
今週はFOMCでのオペレーションツイスト後の動きが注目されていて、
それまでは動きにくいかもしれない。

イタリア国債

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

10年債は0.2%ほど利回り上昇、ユーロ売り材料に

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 10日の東京市場は、予想を下回る日本の7-9月GDPの2次速報に対する反応は薄く、予想を上回る10月国際収支や中国の10月貿易収支の悪化を受けて、若干円買いが強まったが、総じて動きは鈍い展開が続いた。 
 ユーロドルは、モンティ伊首相の辞任報道を受けて、1.28805まで下落後1.2916まで反発、ドル円は82.63から82.38まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が106.63から106.21、ポンド円が132.47から131.97、オージー円が86.64から86.28、NZD円が68.86から68.59、カナダ円が83.74から83.39、スイス円が88.29から87.97へ一時値を下げた。(15:45現在)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=131.35-132.85)
戦略としては、131.95-00と132.20-30のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、132.45-50超えをストップ、132.55-60超えを倍返しとしても、132.70-85のCapでは利食い&売り。 ストップは132.90-00超えでの倍返し。 ターゲットは133.20-40での利食い&売り上しで、ストップは133.45-50超えとなる。 一方下値は131.75-85と買い下がっても、ストップは131.65-70割れや131.55-60割れでの倍返し。ターゲットは131.35-50や131.20-25の動向次第で買い戻し。 割れての再順張りも検討されるが、ターゲットは131.10-15、131.00-05と買い戻しで、買いはこういった維持から130.70-85、130.55-70と買い下がって、ストップは130.45-50割れ。(予想時レート:132.05 予想時間 15:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=82.00-83.00)
戦略としては、82.30-40と82.45-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦順張りも、82.60-70のCapでは利食い&売り直しで、ストップは82.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは82.90-00での利食い&売りで、ストップを83.30-35超えや83.45-50超えに置いて、売り上がりでの対応となる。 一方下値は82.15-25割れがストップ、82.05-10割れでの倍返しとなるが、ターゲットは81.95-05、81.85-95と買い戻し&買い下がって、ストップは81.70-80割れや81.65-70割れでの倍返し。 このターゲットは81.55-60、81.40-50と買い戻しで、買いはこういった位置から81.20-30と買い下がって、ストップは81.05-15割れで、80.95-00での買いのストップは80.85-90割れなどで対応。 (予想時レート:82.40 予想時間 15:05)

ドル買い

テーマ: 独り言

田向宏行

月曜の東京市場はドル買いの動き。
EURUSD、GBPUSD、AUDUSDが下落、USDCHFは上昇への動き。
ドル円は方向感がないが、他はドル買いスタンス。

中国貿易収支悪化で

テーマ: モノローグ

だいまん

豪ドルは売り優勢。現状は86.30レベルまで。

大きな動きではないが、今日は流石に上値が重くなりそうかな?

特に87円も豪ドル円は防戦がありそうなきがする。

東京午前は動けず

テーマ: モノローグ

だいまん

今週はまず水曜日のFOMCが鬼門。 市場では、QE4として、国債の買い入れ再開を睨んでいるが、週末の雇用統計などを眺めると、それほど悪くもない。

でも、それでも「いらいらするほど鈍い}というのだろうが、やらないリスクも勘案したい。

また、これを前に、金利差への思惑から、ポジション調整が出る可能性や実施で、円買いが出ることは想定されるが、特に大きくドル円が下げればまたぞろ、買い場となり易い。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

週初から下げる展開。
金曜の安値1.2875付近を下抜けるかに注目している。
その下の1.2830付近にサポートがあり、ここを下抜けると展開が変わりそう。
上昇するなら水曜日になりそうで、EU財務相会合かFOMCか。

10月経常黒字が

テーマ: モノローグ

だいまん

予想を上回るも、若干。

豪州住宅ローン貸出は予想を下回るも、売りも限定的。

週初にギャップを明けたユーロドルも買い戻し気味で、全体的におぼろげな感じが強く、やりづらい状況が続きそうだ。

8時50分の指標を睨んだ展開。

テーマ: モノローグ

だいまん

数字次第だが、良くて下がっても買いに成りやそうだ。

その後は大きな変化なし

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月10日 05:49
EURUSD 1.2885-91
USDJPY 82.48-51
GBPUSD 1.6030-40
USDCHF 0.9368-75
AUDUSD 1.0482-90
NZDUSD 0.8311-20
EURJPY 106.31-37
GBPJPY 132.20-30
AUDJPY 86.46-55
NZDJPY 68.54-66
CADJPY 83.45-59
CHFJPY 87.98-06
EURGBP 0.8033-40
EURCHF 1.2073-82
ZARJPY 9.45-55

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月10日 04:44
EURUSD 1.2887-95
USDJPY 82.44-59
GBPUSD 1.6030-45
USDCHF 0.9366-77
AUDUSD 1.0481-93
NZDUSD 0.8308-20
EURJPY 106.25-36
GBPJPY 132.23-39
AUDJPY 86.43-56
NZDJPY 68.50-65
CADJPY 83.40-57
CHFJPY 87.92-07
EURGBP 0.8031-41
EURCHF 1.2073-83
ZARJPY 9.44-56

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

06:45 (NZ) 第3四半期製造業売上高 [前期比] (前回-1.1%)
08:50 (日) 第3四半期GDP・二次速報 [前期比] (前回-0.9% 予想-0.8%)
08:50 (日) 第3四半期GDP・二次速報 [前期比年率] (前回-3.5% 予想-3.3%)
08:50 (日) 10月経常収支 (前回+5036億円 予想+2356億円)
08:50 (日) 10月貿易収支 (前回-4713億円 予想-4495億円)
08:50 (日) 10-12月期景況判断BSI・大企業全産業(前回2.2)
08:50 (日) 10-12月期景況判断BSI・大企業製造業(前回2.5)
09:30 (豪) 10月住宅ローン貸出(前回0.90%)
15:00 (日) 11月景気ウォッチャー調査 [現状判断DI] (前回39.0)
15:00 (日) 11月景気ウォッチャー調査 [先行き判断DI] (前回41.7)
16:00 (独) 10月貿易収支 (前回+169億EUR 予想+154億EUR)
16:00 (独) 10月経常収支 (前回+163億EUR)
16:45 (仏) 10月鉱工業生産 [前月比] (前回-2.7% 予想+0.1%)
19:00 (ユーロ圏) 伊7-9月期GDP・確報値[前期比](前回-0.20%)
19:00 (ユーロ圏) 伊7-9月期GDP・確報値[前年比](前回-2.40%)
22:15 (加) 11月住宅着工件数 (前回20.41万件 予想20.20万件)
02:15 (英) キングBOE総裁講演
未 定 (中) 11月貿易収支(前回+320.5億ドル1 予想+268.5億ドル)

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

今週は米FOMC、日本の選挙を睨んで荒れた展開が想定されますが、今まで若干動きが鈍かったユーロドルまで動き出すと、これは大変な動きになるかもしれません。

くれぐれも注意して対応してください。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月10日 03:51
EURUSD 1.2879-87
USDJPY 82.48-54
GBPUSD 1.6029-40
USDCHF 0.9368-86
AUDUSD 1.0485-97
NZDUSD 0.8303-21
EURJPY 106.27-39
GBPJPY 132.16-30
AUDJPY 86.51-65
NZDJPY 68.50-70
CADJPY 83.42-60
CHFJPY 87.96-09
EURGBP 0.8031-40
EURCHF 1.2073-82
ZARJPY 9.45-56

ユーロドルは、1.29割れ

テーマ: モノローグ

だいまん

1.2879-87レベル。

ユーロドルは、1.29羽エr

テーマ:

だいまん

1.2879-87レベル。

ウラ読み戦略

テーマ: モノローグ

だいまん

材料的にもドル円相場は、今後2週間あれた動きが続きそうです。
積極的に売買するタイミングだと思いますが、材料と高島暦から、一定の相場戦略を想定しました。

そうするとやっぱり、上昇には限界がありそうです。

詳細はこちらで配信しています

終末のニュース

テーマ: モノローグ

だいまん

モンティ・イタリア首相が辞意を表明。

来年度予算、財政健全化に関する法案成立後、内閣総辞職する見込み。

週初からこれを嫌気する可能性がありそうだ。

落ち着き

テーマ: 概況

コロフ

市場は全体的に落ち着いてきています。行って来いを演じたドル円も、目先は横ばいとなっています。週末ということもあり、ここから大きな動きにはなりにくいでしょう。ただ、米株はダウ上昇、ナスダック下落という状況ですので、ここからどうなるのかには注目が集まりそうです。アップル株が下げ止まらない状況下で、やや判断が難しい所です。

ユーロドル その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.2980付近を上抜けると、1.3030付近まで上昇の可能性。
但し1.3050付近には抵抗があり、止められそうで、
ここを越えられなければ、再び下落の可能性もある。

共和党のベイナー下院議長

テーマ: モノローグ

だいまん

「財政の崖に関して報告すべき進展はない」
「オバマ米大統領の戦略は米国を財政の崖に送り出す」
「ホワイトハウスはもう1週間を無駄にした」

ユーロの買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

マーケットニュースインターナショナル(MNI)が
「ECB理事会の大半が利下げを望んだが、ドラギECB総裁やバイトマン独連銀総裁、クーレECB理事、アスムッセンECB理事が阻止した」と報じた。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

上値は日足とPFのポイントでおさえられている。
サポートは82.13、81.76。この下に入ってくると
売りが入りやすいところ。

現状は目先は下向きだが、基調はまだ下向きではない。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

上値は日足とPFのポイントでおさえられている。
サポートは82.13、81.76。この下に入ってくると
売りが入りやすいところ。

現状は目先は下向きだが、基調はまだ下向きではない。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

売りすぎのゾーンから自然反発の動き。
30-40にポイントが出来ている。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は強気を保ち、目先も強含みに。

ダウ反落

テーマ: 株式市場

ウルフ

13,100ドルを割り込む展開。
ダウ反落に連れ、ドル円・クロス円も反落。
ドル円は一時82.30台まで、ユーロ円も106.30台までそれぞれ下落
しております。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ミシガン大消費者信頼感指数【速報値】
 結果:74.5
 予想:82.0

大幅悪化・・・
マーケットは小幅にドル売りで反応。
ダウも小幅に下押しとなりましたが、今のところ下値は限定的。

米経済指標

テーマ: 概況

ウルフ

ハリケーン・サンディの影響やADPが弱い結果となった事から、
市場はあまり結果に期待していない様でしたが、蓋を開ければ
ポジティブサプライズと言ってよい結果。

為替相場は素直にドル買いで反応。ダウ先物・米10年債利回りも急騰する
展開となりました。
株価上昇でリスクオンモード入りかと思いきや、現在のところダウ先物は
上値が重く、小幅に反落する展開となっております。

ドル円・クロス円も現在高値から小幅に反落しておりますが、ザラ場でダウ再上昇となれば、
リスクオンが意識され底堅い動きとなりそうです。

NY早朝

テーマ: モノローグ

だいまん

 NY午前の動向は、強い米11月雇用統計を受けて、NYダウ先物が上昇、円売り、ドル買いの動きが強まった。 
 ユーロドルは、1.2877まで下落、ドル円は、地震や津波警報の影響で、レパトリ思惑の円買いが進み82.18まで下落後82.83まで上昇した。
 一方クロス円も一時の売りから買い戻しが優勢。 ユーロ円が106.13から106.84、ポンド円が131.69から132.60、オージー円が86.10から86.71、NZDねが68.36から68.91、カナダ円が82.83から83.81、スイス円が87.80から88.37まで値を上げた。 

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

大枠・目先とも売りすぎのゾーンに入ってきた。

ダウの

テーマ: モノローグ

だいまん

先物の動きに注意。 13150ドルを超えずに調整の可能性もありそう。

NYダウ先物は

テーマ: モノローグ

だいまん

13150ドルを前に、上げ渋り。

ドル円の83円

テーマ: 独り言

田向宏行

雇用統計でドル円は急騰したが、11/22の高値を越えられず。
83円から上には依然としてバリアがあるようで、
ドル円はここから上は買いにくい。
ロングは一旦利確ポイントかもしれない。

こりゃ予想

テーマ: モノローグ

だいまん

出来ないや。。。。ADPの数字が近づいたってのは、うそぱちだね。

こりゃ予想

テーマ: モノローグ

だいまん

出来ないや。。。。ADPの数字が近づいたってのは、うそぱちだね。

米雇用統計

テーマ: モノローグ

だいまん

米11月非農業部門雇用者数は、前回+17.1万人 予想+9.3万人 結果+14.6万人
米11月失業率 前回7.9% 予想7.9% 結果7.7%

テーマ: モノローグ

だいまん

米11月非農業部門雇用者数は、前回+17.1万人 予想+9.3万人 結果+14.6万人
米11月失業率 前回7.9% 予想7.9% 結果7.7%

米雇用統計

テーマ: 概況

コロフ

非農業部門雇用者数::+14.6万(事前予想+8.5万)
失業率:7.7%(事前予想:7.9万人)

かなり強い結果で一気に円安が進行。米国株の指数先物も上昇。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.28975レベル、ユーロ円は106.13まで下落。

ユーロ?

テーマ: 独り言

田向宏行

雇用統計を前に、円買いドル買いに動いているが、
EURAUDが下げているので、AUDUSDやAUDJPYが下がらない。
ということは、ユーロ売りで動いているのか?
財政の崖もあり、方向感が出にくく、短期勝負が良さそう。

ユーロ売り再開

テーマ: モノローグ

だいまん

欧州中央銀行(ECB)理事会メンバー
マクチ・スロバキア中銀総裁
「木曜日の政策会合では政策金利について非常に真剣な協議が行われた」
「状況が改善しなければ、来年に金利を変更するとの予想は可能だ」

ユーロドルは

テーマ:

だいまん

1.2915まで下落。

独10月独鉱工業生産指数が市場予想を下回ったが、影響は不透明。

ただ、下げは更に加速する雰囲気ではない。

ドルの動き

テーマ: 独り言

田向宏行

1.30を超えるとユーロドルの上昇の可能性がありそうですが、
マーケットは少しドル買いに傾いてきているようです。
このため、EURUSD、GBPUSD、AUDUSDは下落、USDCHFは上昇。
ただ、本日は雇用統計があるため、まだ傾けにくく、方向感は弱そうです。
タイトストップでドル買いするか、様子見がいいかもしれません。

ユーロドル その2

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは少し下げたが、下げきらず。
ここから上に戻され始めると、一気に上昇するかもしれない。
1.30台に乗せるようだと、ひとまず上目線になりそう。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限をブレイクしてバンドウォークしている状況となっています。バンド幅の拡大も見られていることからさらに下値を追う可能性も出ています。ただ、バンドの上限の上昇の勢いが落ちているので、一時的には戻し基調となる可能性も十分に有りそうです。そうなった場合はバンドの中心線が意識されての動きとなっていくものと思われます。価格としては1.2958ドル前後の水準でしょう。

RCIで見ると、短期線が下落基調で下値圏での動きとなっています。これが底打ちするかどうかが鍵となっています。底打ちして一時的に調整が入る可能性は高いのではないかと見ています。一方、中期線は下落基調を継続しており、これがすぐに反転する可能性は低いのではないかと見ています。中長期的には上値の重い展開が意識されるのではないでしょうか。

ロンドン初頭

テーマ: モノローグ

だいまん

地震や津波警報の影響で、一時レパトリ思惑の円買いが進む。 ドル円は82.18、ユーロ円が106.19、ポンド円が131.79、オージー円が86.10、NZD円が68.36、カナダ円が82.86、スイス円が87.87まで値を下げ、ユーロドルも1.2919まで下落した。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの下限まで下落し、バンドブレイクからの動きが見られましたが、ここに来て持ち直す展開も見られている。バンドの上限が上昇基調から横ばいとなってきているので、調整が入りやすい局面となっています。バンドの中心線まで戻すことが出来るかどうかがポイントとなりそう。価格としては82.44円が中心線として意識されていくものと思われます。

RCIで見ると、短期線は下値圏での横ばいとなっている。そこが底打ちから上昇となるかどうかといったところ。中期線は天井打ちから下落基調となっている。中長期的には売り優勢の展開が予想される所。短期線が上昇となって一時的に調整が入っても再度上値を抑えられてのウゴキとなるのではないでしょうか。ただ、地震の影響で一時的に円高が強まったことで、長いヒゲが出ているので、日中安値の更新は難しい所です。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX-0.09%
フランスCAC40  -0.04%
英FT -0.04%
イタリアFTSEMIB -1.01%
スペインIBEX -0.26%
ギリシャGD.AT -0.07%

小幅下落

地震が

テーマ: モノローグ

だいまん

レパトリの思惑に。。。。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

昨日の安値106.50~55をトライ中
ここが完全に抜けると106円付近が次のターゲットに

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

サポートされていた1.2950付近が下方ブレーク
1,2870~80が次のターゲット

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.2900-1.3045)
戦略としては、1.2955-65と1.2970-80のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、一旦慎重な順張りも1.2985-90、1.3000-10と利食い優先。 売りはこういったCapから、1.3025-30、1.3035-40、1.3055-60と売り場を探して、ストップは1.3085-90超えで、倍返しもターゲットは1.3090-00、1.3105-10、1.3115-20と利食い&売り直して、ストップは1.3125-30超えでの倍返し。一方下値は1.2945-55割れでの倍返し。ターゲットは1.2935-40や1.2925-30の動向次第。 割れても1.2905-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2895-00と買い下がって、ストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2875-80、1.2870-80と買い戻しで、買いは1.2855-60割れがストップ、1.2840-50の維持では買っても1.2825-35割れでの倍返し。 (予想時レート:1.2970 予想時間 13:30)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=106.30-107.50)
戦略としては、106.75-85と107.00-10のブレイクに注目して、ホールドした方向の逆張りからブレイクの場合の上値は、一旦順張りも107.15-25、107.40-50と利食い&売り場を探して、ストップは107.70-75超え、または、107.85-90や107.95-00超えでの倍返しとなる。 ターゲットは108.20-30を前に、上げ渋りでは利食い優先から、売りは108.40-50と売りあがって、ストップは108.65-70超え。 一方下値は106.55-65割れでの倍返し。 ターゲットは106.40-50や106.20-30の動向次第。維持では買ってもストップは、106.15-25割れ、106.00-10、105.80-90、105.60-70、105.45-50、105.35-40では慎重に買い場を探して、ストップは105.20-30割れで、倍返しも検討される。 (予想時レート:106.95 予想時間 13:20)

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月7日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2012年12月7日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↑
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↓
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下値目標の1.2950でピタリと止まっている。
ここからは上昇の可能性もあり、1.30台に乗せてくると、再び上昇しそう。
ただ、動くのは欧州時間になりそうで、欧州序盤の動きに注目したい。

揉み合いで

テーマ: モノローグ

だいまん

手出しは難しそう。。。。

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 10月貿易収支 (前回-14.56億豪ドル 予想-20.50億豪ドル))
14:00 (日) 10月景気動向指数・速報 [先行CI指数] (前回91.6)
14:00 (日) 10月景気動向指数・速報 [一致CI指数] (前回91.5)
16:45 (仏) 10月貿易収支 (前回-50.33億EUR)
17:00 (スイス) スイス国立銀行・外貨準備高公表
18:30 (英) 10月鉱工業生産 [前月比] (前回-1.7% 予想+0.8%)
18:30 (英) 10月製造業生産高 [前月比] (前回+0.1% 予想-0.2%)
19:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁、シモール・ハンガリー中銀総裁講演
20:00 (独) 10月鉱工業生産 [前月比] (前回-1.8% 予想-0.5%)
22:30 (米) 11月非農業部門雇用者数 (前回+17.1万人 予想+9.0万人)
22:30 (米) 11月民間部門雇用者数(前回+18.4万人 予想+10.0万人)
22:30 (米) 11月失業率 (前回7.9% 予想7.9%)
22:30 (加) 11月雇用ネット変化 (前回+0.18万人 予想+0.45万人)
22:30 (加) 11月失業率 (前回7.4% 予想7.4%)
22:30 (加) 第3四半期労働生産率 [前期比] (前回-0.4%(-0.5%) )
23:55 (米) 12月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値 (前回82.7 予想82.0 )
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP予想(前回+0.5%)
05:00 (米) 10月消費者信用残高 (前回+113.65億USD 予想+100.00億USD)
ドイツ ワイトマン独連銀総裁講演
サマラス・ギリシャ首相訪独
ギリシャ・第3四半期GDP・確報値[前年比](前回-7.2%)

12/08(土)
23:30 (ユーロ圏) コンスタンシオECB副総裁講演

12/09(日)
ルーマニア議会選挙
10:30 (中) 11月消費者物価指数[前年比](前回+1.7% 予想+2.2%)
10:30 (中) 11月生産者物価指数[前年比}(前回-2.8% 予想-1.9%)
14:30 (中) 11月鉱工業生産[前年比](前回+9.6% 予想+9.8%)
14:30 (中) 11月小売売上高[前年比](前回+14.5% 予想+14.6%)
14:30 (中) 11月固定資産投資[前年比](前回+20.7% 予想+20.8%)

NY午後は揉合い

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは1.29505。 ドル円は82.20の安値から反発。


クロス円では、ユーロ円が106.615、ポンド円が132.05、オージー円が85.94、NZD円が68.25、カナダ円が82.98、スイス円が88.13まで一時下落後揉み合い推移となっている。

引けにかけての動きは

テーマ: 概況

コロフ

さて、そろそろNY時間帯も引けに向けての動きですが、ダウはどういった動きになるでしょうか。為替相場はダウに引っ張られる可能性はありそうですが、主体的には動きにくいところでしょう。昨日は大きく上昇したダウが引けにかけて急速に上げ幅を縮小しましたが、今日は前日比小幅高水準ですので、急激な動きにはなりにくいかもしれません。そうなれば、比較的落ち着いた動きで東京時間帯に入っていく動きとなりそうです。

NY概況

テーマ: 概況

ウルフ

ECBドラギ総裁の会見にて、景気見通しを下方修正した事やマイナス金利に
ついて協議したとのコメントを受け、ユーロは大幅下落。
ユーロドルは1.2950台、ユーロ円は106.60台まで下落する動きとなりました。

ドル円はユーロ円の下落に連れ、一時82.20まで下押しとなったものの
底堅い動きは継続しており、現在82.30台にて揉み合いの動きとなっております。

株価に関しては、欧州株は概ね堅調で、ダウは前日終値付近にて揉み合い
の展開。米債利回りは低調となっております。

リスクオフというよりも、ユーロの大幅下落が、他のストレート・クロス円に
波及した感じです。明日に雇用統計が控えている事から、ここから先は
動きづらい展開となりそうです。

ユーロ円

テーマ: 独り言

YEN蔵

106.50付近がサポートだが107付近もレジスタンスに
106.50が抜ければ106付近まで下落か

欧州株式市場

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX+1.07%
フランスCAC40 +0.31%
英FT+0.16%
イタリアFTSEMIB-0.75%
スペインIBEX +0.35%
ギリシャGD.AT +1.59%

イタリア以外は堅調な1日に

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.3000~20付近がレジスタンスに
1.2930~40付近がサポートのレンジに

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きで重い配置。
日足ポイントは1..6055-60あたり。

為替相場が大荒れ

テーマ: 概況

コロフ

為替相場が大荒れの展開となっています。特にユーロ売り、スイスフラン売り、ドル買い、ポンド買いが目立っています。ドル/円はそれ程大きな動きにはなっていませんが、全体的には円高基調です。

30分足ボリンジャーバンドで見ると、上限、もしくは下限をブレイクしての動きとなっているものが多くなっており、急激な動きで市場が動揺する展開となっています。

ユーロドルの下値

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは下げており、現在1.30付近で、一旦の目標値と考えられる。
ただここを下抜けると、1.2950付近が目標で、オーバーシュートしても
1.2930ぐらいまでと考えている。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

戻しでは基調は弱気を保って重く、
日足のレジスタンスもキャップし、
現状は目先も下向きに転換して再度重い配置に。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

新規失業保険申請件数
 結果:37.0万件
 予想:38.0万件

ドラギ総裁の会見を前に反応は限定的となりました。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

日足のポイント82.0005の上では上昇リスクを持っている。
現状は基調は強き、
目先は弱含みだが、3540のサポートの上に位置している。

円売り

テーマ:

だいまん

が強まりそう。

円売り

テーマ:

だいまん

が強まりそう。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも上向を保って底堅い配置。
レジスタンスは104ハイ。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ポンド円 :(予想レンジ=132.00-133.30)
戦略としては、132.45-55と132.65-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、132.75-85と売り上がって、ストップは132.90-00超えも、133.20-40での売り上直しのストップは133.45-50超えとなる。 一方下値は順張りから132.30-35、132.15-25と買い戻し&買い下がって、ストップは131.95-00割れでの倍返し。ターゲットは、131.85-95、131.65-75の動向次第で、維持では買っても、ストップは131.55-60割れでの倍返し。(予想時レート:132.60 予想時間 16:15)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3000-1.3120)
戦略としては1.3040-50と1.3060-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3075-85と売り上がって、1.3090-00をストップとしても、1.3105-10、1.3115-20と売り直して、ストップは1.3125-30超えでの倍返し。 ターゲットは1.3140-45の動向次第で、超えて1.3150-60での利食い&売り直し。ストップは1.3165-75超え。 一方下値は慎重な順張りから、ターゲットは1.3030-40や1.3020-30の動向次第。割れての再順張りも検討課題だが、ターゲットは1.3000-10、1.2985-95と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2980-85割れや1.2965-75割れでの倍返し。 このターゲットは1.2945-55の動向次第。 維持では買い戻し&買いもストップは1.2935-40割れでの倍返し。(予想時レート:1.3055 予想時間 14:10)

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに下向きを保って重い配置。
日足のポイントはこの1.3045あたり。

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

「たらればFX」若干遅れてスタートとなりそうです。2時40分ぐらいのスタートとなります。

ご視聴はこちら

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月6日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2012年12月6日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↑
NZDUSD ↑
USDCAD ↑
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF ↓
GBPCHF ↑

以上です。


*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

東京市場

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価は円安を背景に買い優勢での前引けとなっています。とりあえず流れは良さそうです。自民党が地滑り的な勝利をおさめるとの世論調査が現状では意識されています。ただ、ギリシャの格下げなどを受けてユーロドルは軟調です。欧州時間帯でこれが強く意識されるようなことになると、市場は変調を来す可能性もあるので、その点は注意が必要かと思われます。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、アジア市場のリスク志向から、ロンドン市場で、急速の巻き戻しが強まったが、その後NY市場では、米11月ADP雇用報告が、若干市場予想を下回るも、米11月ISM非製造業指数が、予想を上回り、NYダウが堅調な上昇を示現したことで、リスク回避の巻き戻しで終了した。 
 ユーロドルは、1.3127から1.30605まで下落、ドル円は82.08まで下落後、日経新聞電子版が衆院選の世論調査で「自民党が単独過半数を確保する勢い」と報じたことで、82.48まで反発した。
 一方クロス円も、一時の下落からは、買い戻しが優勢で引けた。 ユーロ円が107.19から107.85、ポンド円が131.98から132.75、オージー円が82.88から86.25、カナダ円が82.62から83.18、スイス円が88.33から89.03まで値を上げ、NZD円は、NZ中銀が金利を据え置いたことで67.67から68.33まで上昇した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:00 (豪) デベルRBA総裁補佐講演
08:50 (日) 週間対外及び対内証券売買契約等の状況
09:05 (NZ) ウィーラーRBNZ総裁「金融特別委員会に出席」
09:30 (豪) 11月新規雇用者数 (前回+1.07万人)
09:30 (豪) 11月失業率 (前回5.4% 予想5.5%)
15:30 (仏) 第3四半期失業率(前回10.2%)
15:45 (スイス) 11月失業率 (前回2.9%)
17:00 (南ア) 第3四半期経常収支 (前回-2000億ZAR)
17:15 (スイス) 11月消費者物価指数 [前年比] (前回-0.2%)
17:15 (ユーロ圏) レーン欧州委員講演
18:30 (英) 10月商品貿易収支 (前回-83.68億GBP 予想-88.00億GBP)
19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・改定値 [前期比] (前回-0.1% 予想-0.1%)
19:00 (ユーロ圏) 第3四半期GDP・改定値 [前年比] (前回-0.6% 予想-0.6%)
20:00 (独) 10月製造業受注 [前月比] (前回-3.3% 予想+1.0%)
21:00 (英) BOE政策金利発表
21:30 (米) 11月チャレンジャー人員削減予定数(前回+11.6%)
21:45 (ユーロ圏) 欧州中銀金融政策発表
22:30 (ユーロ圏) ドラギ欧州中央銀行総裁・記者会見
22:30 (米) 週間新規失業保険申請件数 (前回39.3万件 予想38.0万件)
22:30 (加) 10月住宅建設許可 [前月比] (前回-13.2%)
24:00 (加) 11月Ivey購買部協会指数・季調済 (前回58.3)
ギリシャ9月失業率(前回25.4%)
バルニエ欧州委員講演
日30年国債入札(7000億円)

S&Pギリシャ格下げ

テーマ: 概況

コロフ

S&Pがギリシャを「CCC」から「SD」に格下げ。それによりユーロドルがじり安となっている。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

荒れた動きとなっているので注意。 クロス円はこれに振らされている感じ。。。

ダウ110ドル高

テーマ: 概況

ウルフ

マイナス圏からほぼ一本調子の上昇となっており、
為替相場は円売り・ドル売りが進行する展開。

ユーロドルは1.3080台、ユーロ円は107.80台までそれぞれ反発。
ドル円は82.40前後にて小動きとなっております。

日経の記事の影響?

テーマ: モノローグ

だいまん

自民党が過半数の勢い。。。。

日経の記事の影響?

テーマ: モノローグ

だいまん

自民党が過半数の勢い。。。。

ダウが

テーマ: モノローグ

だいまん

64ドル高へ反発。 ドル円は82.44レベルまで値を上げる形。 


うーん、不思議だ。。。

ドル円

テーマ: 概況

ウルフ

82.40台まで反発し、本日高値を更新。
衆院選において自民党が単独過半数を取る勢いと日経電子版が
報じた事から、じりじりと円売りが進行する展開となっております。

ダウが70ドル高の水準まで反発している事も円売りをサポートしている感じです。

賞味期限が切れ始めた感もあり、選挙ネタの流れにはあまりついて行きたくな
ところですが・・・


現在のレート
 ドル円:82.38

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が107.19、ポンド円が131.98、オージー円が82.88、カナダ円が82.62、NZD円が67.67、スイス円が88.33まで下落後、買い戻しとなっている。 

NY午前

テーマ:

だいまん

米11月ISM非製造業指数が予想を上回り、NYダウが一時65ドル高まで上昇も、マイナス圏まで調整。


 ユーロドルは、1.30605まで下落後1.3080台が上値を抑え、ドル円は82.08まで下落後82.30を前に、上げ渋りとなった。 

雇用統計に向けて

テーマ: 概況

コロフ

週末の雇用統計に向けて、ADPは11.8万人(予想12.5万人)、ISMは50.3(前回54.9)といずれも良くない数字が出ています。雇用統計に対する警戒感が強まる中、ダウは上値を抑えられ、一時マイナス圏にまで転落する動きとなっています。米国10年債も1.6%を割り込んでおり、リスク回避的な動きから円高、ドル高、といった動きになる可能性は否定出来ないところです。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに強含みで反発中。
81.92-02の今日のポイントの上では上昇リスク。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は下向きとはならず反発。

米指標に対して

テーマ: 概況

コロフ

米国の経済指標がADP、ISMと出されたわけですが、予想よりも悪かったADP発表後、しばらくしてからダウが上昇し、予想よりも良かったISM発表後、ダウが下げる展開となっています。現状は再び持ち直して13000ドルを目指す動きとなっていますが、知ったらしまいという言葉があるにしても、ややわかりにくい動きとなっています。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円売りに傾く可能性が出てきています。
金曜に雇用統計を控え大きくは動きにくいと思いますが、
ここからドル円、クロス円が再び上昇すると、
流れは円売りに傾くのではないかと考えています。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM非製造業景況指数
 結果:54.7
 予想:53.5

発表後、ドル円・クロス円は小幅に上昇。
しかし、直ぐに反落する展開。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先下向きを保ち、まずはポイントの9095の下に入ってきた。

NY早朝

テーマ: モノローグ

だいまん

米11月ADP雇用報告が、若干市場予想を下回り、リスク・オフの展開。
 ユーロドルは、1.30605まで下落、ドル円は82.08まで下落後82.10台。
 ユーロ円が107.26、ポンド円が132.13、オージー円が82.93、カナダ円が82.69まで下落、NZD円が67.70から67.90、スイス円が88.33から88.58での推移となっている。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ADP雇用統計
 結果:11.8万人
 予想:12.5万人

発表後、マーケットの反応は限定的。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は下向きを保って重い。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先かいすぎから反落中だが、
基調目先ともに今のところ強含み。
今日のポイントは81.85-90でこの上では下げにくい。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先買いすぎから下向きに。
基調はフラットで、
こちらも弱気になると上がりにくくなるところ。

スイスフラン売り

テーマ: 独り言

田向宏行

昨日同様にスイスフランの売りが出ている。
昨日に続き、今日もこうした動きとなり、
徐々にスイス売りに方向転換する予兆かもしれない。
ただ、昨日は続かなかったので、
ここから安易に乗らない方がよさそう。

スペイン国債入札

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

スペイン入札 2015年償還 利回り3.39%(前回3.617%)応札倍率2倍(前回2.1倍)、2019年償還 利回り4.669%(前回4.541%)応札倍率2.5倍(前回2倍)、
2022年償還 利回り5.29%(前回5.458%) 応札倍率2.3倍(前回1.9倍)
不調

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

1.3120からはコーポレートや国際期間の売りも出ていると噂
1.3150と108はどちらもオプションバリアーがあるようで
これらに絡む売りも無視できないか

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は本日上昇したものの、大きな流れが下向きに傾いている可能性がある。
このため82円40付近を上抜けできないと、再び下げる可能性がありそう。
さらに昨日安値を下抜けると81円ミドルぐらいまでの下落が当面の目標か。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限と中心線を意識しての動きとなっており、大きな動きはないものの、じりじりと下値を切り上げての動きとなっています。。結構長期に渡る上昇トレンドが維持されています。現状は中心線から上限に向けての上昇となっています。バンドの下限も上昇していることからバンドブレイクは若干難しいところですが、バンド幅自体は比較的狭いので、下限の動きにも注意は必要でしょう。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落していましたが、中立水準で再度持ち直す動きとなっています。中期線は高値圏での動きであり、流れは買い優勢といったところでしょう。短期線の上昇の勢いが強いだけに、高値圏に入るのは時間の問題であり、天井打ちといった展開となる可能性もないわけではありません。そうなった場合はバンドの中心線までの下落を見ておいたほうが良いでしょう。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX+0.51%
フランスCAC40 +0.68%
英FT +0.47%
イタリアFTSEMIB +0.87%
スペインIBEX +0.64%

総じて堅調

ユーロは

テーマ: モノローグ

だいまん

18時のPMIか、19時の小売で動くか? 駄目ならADP待ち。

 

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドブレイクからの上昇が一服し、調整が入る展開となっています。ただ、基調が強すぎて、横ばいでの調整となっています。この流れで考えると、バンドの中心線が上昇することによって支えられ、再度上限を目指すといった動きになる可能性が高いでしょう。現状の上限は82.47円前後の水準であり、その辺りの水準までは上値余地があるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が天井打ち気配ではありますが、下落して再度持ち直して、現状はまた天井打ち気配となっています。高値圏での動きが続いており、売りにくい状況となっています。さらには中期線が高値圏での推移となっていることを考えると、しっかりとした動きが継続されそうです。ただ、短期線がこのまま下落に転じれば、一時的には調整の動きとなるでしょう。目先は押し目を待ったほうが無難でしょう。

今夜は

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円の動きが全てとなりそう。。。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

 5日の東京市場は、上海株の上昇、北朝鮮がミサイルの準備を始めたとの報道による地政学リスク、M&A絡みの大口の買いの噂で、大きく円が売り戻された。
 ドル円は81.80から82.33まで上昇、ユーロドルも、1.3090から1.3125まで値を上げた。 
 一方クロス円では、ユーロ円が107.14から107.95、ポンド円が131.69から132.66、オージー円が85.60から86.24、NZD円が67.43から67.95、カナダ円が82.36から83.02、スイス円が88.27から88.89まで値を上げた。

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

NZD円 :(予想レンジ=67.50-68.50)
戦略としては、67.70-75と67.90-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは68.05-10超えで倍返し。 ターゲットは68.35-40や68.50-55の動向次第となる。 一方下値は順張りから67.50-60での買い戻し&買いで、ストップは、67.30-40割れや67.20-30割れでの倍返し。 ターゲットは67.10-15は維持をみて対応。 維持では買い戻し&買いも、ストップは66.95-00割れでの倍返し。 ターゲットは66.75-85、66.50-60と買い戻し&買いで、66.35-40割れがストップで、66.25-30割れでの倍返し。(予想時レート: 67.90 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=81.50-82.50)
戦略としては、82.15-20と82.25-35のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は、順張りまたは82.35-45を倍返ししても82.50-60での利食い&売り直し。 ストップは82.65-70超えや82.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは82.90-00での利食い&売りで、ストップを83.30-35超えや83.45-50超えに置いて、売り上がりでの対応となる。 一方下値は82.10-15割れをストップ、倍返ししてもターゲットは81.95-05、81,85-95と買い戻し&買い下がって、ストップは81.70-80割れや81.65-70割れでの倍返し。 このターゲットは81.55-60、81.40-50と買い戻しで、買いはこういった位置から81.20-30と買い下がって、ストップは81.05-15割れでの倍返し。 (予想時レート:82.25 予想時間 14:55)

水曜日の

テーマ: モノローグ

だいまん

バリュー替わりのショート・カバーも出易い時間帯で注意。

買い戻しは

テーマ: モノローグ

だいまん

西村清彦日銀副総裁
「今後も強力に金融緩和を推進していく」
「9、10月の緩和で十分かきちんと検討する」
この発言の模様。

買い戻しは

テーマ: モノローグ

だいまん

西村清彦日銀副総裁
「今後も強力に金融緩和を推進していく」
「9、10月の緩和で十分かきちんと検討する」
この発言の模様。

ユーロ円は

テーマ: モノローグ

だいまん

107.80を守って、108円の防戦狙いとなったが、現状は107.95レベルまでで、失敗。 次はこの107.80を割れるかどうかがポイントとなりそう。
ただ、割れても107.70も買いになりそうだけど。

東京午後

テーマ: 概況

ウルフ

ミサイル報道に加え、上海総合指数が3%を超える急伸となった事から、
リスクオンにより円が急落する展開。
ドル円は一時82.30台、ユーロ円は107.90台まで急騰する動きとなり
ました。

中国株の急騰は習国家主席のコメントがきっかけとなった様ですが、
午後の中国株の動きに注目したいところです。

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月5日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2012年12月5日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↑
EURUSD ↑
EURJPY ↑
GBPUSD ↓
GBPJPY ↑
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↑
USDCAD ↓
AUDJPY ↑
NZDJPY ↑
CADJPY ↑
CHFJPY ↑
EURGBP ↑
EURCHF ↑
GBPCHF ↑


以上です。

*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

円売り

テーマ: モノローグ

だいまん

某SBの買いもあったようだが、北朝鮮のニュースが発端かも。

北朝鮮の

テーマ: モノローグ

だいまん

ロケット報道のようだが。。。

ユーロドル

テーマ: 独り言

田向宏行

ユーロドルは1.31台をつけ、10/17の高値1.31389付近が意識される。
この上には9/17の1.31719があり、ここは7月のドラギ発言後の高値。
1.31台を維持して、これらの高値にアタックできるのか注目している。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

 昨晩の海外市場は、米国の「財政の崖」に対する懸念から米長期金利が下落、スイスフラン預金のマイナス金利適用などもあり、ドル売りが優勢となった。 
 ユーロドルは1.3109まで上昇、ドル円は81.72まで一時値を下げたが、これを支えた。
 クロス円では、ユーロ円が106.94から107.30まで反発、ポンド円が131.56まで値を下げ、オージー円は85.92から85.64での推移、NZD円が67.66から67.30、カナダ円が82.18、スイス円が88.19まで一時下落した。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 第3四半期GDP [前期比] (前回+0.6% 予想+0.6%)
09:30 (豪) 第3四半期GDP [前年比] (前回+3.7% 予想+3.2%)
11:10 (日) 西村日銀副総裁「新潟県金融経済懇談会における挨拶」
16:00 (豪) ロウRBA副総裁講演
17:55 (独) 11月サービス業PMI・確報値(前回48.0 予想48.0)
18:00 (ユーロ圏) 11月総合PMI・確報値(前回45.8 予想45.8)
18:00 (ユーロ圏) 11月サービス業PMI・確報値45.7 予想45.7)
18:30 (英) 11月PMIサービス業 (前回50.6 予想51.1)
18:30 (ユーロ圏) スペイン長期債入札
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前月比] (前回-0.2% 予想0.0%)
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前年比] (前回-0.8% 予想-0.7%)
19:30 (独) 2年債入札(40億ユーロ)
21:00 (米) MBA住宅ローン申請指数(前回-0.9%)
21:30 (英) オズボーン英財務相「2013年度政府予算編成方針発表」
22:15 (米) 11月ADP全国雇用者数 (前回+15.8万人 予想+14.0万人)
22:30 (米) 第3四半期非農業部門労働生産性・確報 [前期比] (前回+1.9% 予想+2.7%)
22:30 (米) 第3四半期単位労働費用・確報 [前期比] (前回-0.1% 予想-0.9%)
23:00 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
24:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数 (前回54.2 予想53.7)
24:00 (米) 10月製造業受注指数 [前月比] (前回+4.8% 予想0.0%)
00:30 (米) 週間原油在庫(前回-34.7万バレル)
03:30 (ユーロ圏) アスムセンECB理事講演
05:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート発表
ポーランド国立銀行・政策金利発表
スイス連邦大統領及び副大統領選出

ダウ持ち直し

テーマ: 概況

コロフ

ダウが再度プラス圏に浮上する動きとなっています。上値は重いものの、積極的に売り込む材料はないとの思惑が強まっています。ここから引けにかけて現状の動きを維持することが出来るかどうかがポイントになりそうです。

ユーロドル

テーマ: 独り言

YEN蔵

短期的には1.3065~70付近がサポート
前回高値の1.3170~80付近が抜けられるかどうかが中期的に重要なポイント

ユーロ円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

戻していたが、基調目先とも下向きを保って重い状態。
明日は10740あたりにレジスタンスができる。

米株

テーマ: 概況

コロフ

ダウは上昇して13000ドルを挟んでの動きとなっているけど、NASDAQは下落して3000ポイント割れ。S&Pはほぼ変わらずとなっています。さて、これからどちらに動くのか。やや上値は重そうに見える状況です。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも下向きの重い配置。
ポイントは81.82-60。
この下にはいってくるとさらに下向きの力がかかりやすいところ。
現状は売りすぎのゾーンに入ってくるのはやや嫌気。

欧州債券市場

テーマ: 債券・金利動向

YEN蔵

イタリア10年債利回りは4.4%付近
スペイン10年債利回りは5.24%付近に低下
ギリシャ問題が鎮静化、ギリシャ国債の買戻しスキームへの期待などから
周辺諸国国債の利回りは低下

スイスフラン売り

テーマ: 独り言

田向宏行

スイスフランが急激に売られています。
USDCHF、GBPCHF、EURCHFは急騰、CHFJPYは急落の動き。
ユーロ不安でのユーロ売りスイス買いが巻き戻される動きであれば、
今後大きな動きになる可能性があり、注目している。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円の本日終値が82円15付近より上だと、円買いにならず
クロス円も上昇する可能性が出てくる。
ドル売り・円売りとなると、ドル円クロス円は
もう一段上がる可能性を考慮しておきたい。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX+0.17%
フランスCAC40 +0.68%
英FT +0.07%
イタリアFTSEMIB +0.85%
スペインIBEX +0.47%
ギリシャGD.AT +0.28 %

堅調なスタート
ユーロも欧州系の買いで上昇

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円が82円を割り込む動き。
82円を割り込んで終わるとダブルレポの可能性があり、
そうなると大きく下げる動きになりそう。
当面は81円40付近が最初の目標となりそう。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

4日の東京市場は、豪州準備銀行が0.25%の利下げを発表したが、予想通りで、大きな材料とならず、相場は揉み合い的な推移を継続した。 
ドル円は82.25から82.04まで下落、ユーロドルは1.3046から1.3065まで反発した。クロス円では、ユーロ円が107.05から107.37、ポンド円が132.00から132.35、オージー円は85.35から85.87、NZD円は67.31から67.61、カナダ円が82.44から82.65、スイス円は82.55から88.86での推移となった。

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

オージー円 :(予想レンジ=84.80―86.15)
戦略としては、85.60-65と85.75-85のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は85.85-95をストップとしても、85.95-00、86.05-15と売り上がって、ストップは86.20-30超えで、倍返ししてもターゲットは86.40-50の動向次第で、超えても86.70-80では利食い&売り直しで、ストップは87円超えなどで対応となる。 一方下値は買い下がっても、ストップは85.35-40割れでの倍返し。 ターゲットは85.20-25、85.05-15の動向次第。 割れても84.95-00、84.80-85と買い戻しで、買いはこういった位置から84.70-80と買い下がって、ストップは84.55-65割れ、84.35-45割れでの倍返しとなるが、ターゲットは84.25-30、84.10-20と買い戻しで、買いは84.00-05、83.90-95と買い下がって、ストップは83.75-80割れ。 (予想時レート: 85.70 予想時間 15:15)

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.3000-1.3100)
戦略としては1.3045-50と1.3065-70のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.3075-85超えでの倍返し。ターゲットは1.3090-95、1.3100-10、1.3115-20と利食い&売り場を探して、ストップは1.3125-30超えや1.3140-45超えで、倍返ししても1.3150-60での利食い&売り直し。ストップは1.3165-75超え。 倍返ししても1.3175-85、1.32のサイコロジカル前後では利食い優先から、売りは1.3220-30と売り上がって、ストップは1.3240-50超えなどで対応となる。 一方下値は1.3030-40と買い下がっても、ストップは1.3020-30割れでの倍返し。 ターゲットは1.3000-10、1.2985-95と買い戻し&買い下がって、ストップは1.2980-85割れや1.2965-75割れでの倍返し。 このターゲットは1.2945-55の動向次第。 維持では買い戻し&買いもストップは1.2935-40割れでの倍返し。ターゲットは1.2925-30、1.2905-10と買い戻しで、買いはこういった位置から1.2895-00と買い下がって、ストップは1.2875-85割れでの倍返し。 ターゲットは1.2875-80、1.2870-80と買い戻しで、買いは1.2855-60割れがストップ、1.2840-50の維持では買っても1.2825-35割れでの倍返し。 (予想時レート:1.3055 予想時間 15:05)

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンド幅が縮小する中で狭いレンジでの動きとなっています。上限から下落し、中心線を意識していましたが、ここに来て中心線で支えられて再度上限を目指す格好となっています。日中高値がほぼ上限となっていることから、バンドブレイクからの動きが見られた場合は一気に上昇といった展開となってもおかしくはないでしょう。ちなみに上限は1.3062ドル前後の水準です。

RCIで見ると、短期線が天井打ちから下落しており、目先の基調は良くない状況です。ただ、中期線は底打ちから上昇となっており、中長期的な流れは買い優勢といった状況になっています。現状の動きがバンドの上限で抑えられても、調整が入った後は再度上昇といった展開となりやすいのではないでしょうか。バンドの中心線では支えられやすそうです。逆にバンドブレイクからの動きになり、RXI短期線が急反転という事になれば、一気に上値を追い、1.3075ドルの直近高値水準を超えてきそうです。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きは、バンドの上下限・中心線が下落する中で、中心線で抑えられて下限まで下落するといった動きを繰り返す、下落トレンドの流れとなっています。このまま下値圏まで下落するかどうかに注目が集まります。現状の下限は82.13円前ごの水準であり、日中安値水準が意識される状況です。82円割れが見えてくるだけに、このあたりで下げ止まるかどうかに注目が集まります。

RCIで見ると、短期線は底打ちから上昇しているものの、現状は中立水準での動きとなっています。ここからの方向感が重要になってくるでしょう。中期線は下値権での動きですが、わずかながら底打ち気配があることも事実です。この流れがはっきりしてくれば、一時的には下げても現状の下落トレンドが修正されていくことになるでしょう。現状ではそういった動きになる可能性が高いようにも思われます。82円台はなんとか維持されるのではないでしょうか。
します。

東京市場大引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:9432.46(-25.72)

今日の東京市場は下落しての引けとなりました。NYダウの軟調地合いを背景に朝方から売られ、一時プラス圏ギリギリまで迫りましたが、結局回復できずに引けにかけて再度押し込まれる動きとなって終了しました。

為替相場はドル円の上値が重い展開となっています。一方、ユーロドルは方向感の見えにくい状況で、レンジ圏での動きとなっています。全体的には強弱材料が出ていたことで、売り買いが交錯する展開となっています。

流石に。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

豪ドルは上値が重い。。。。。買ってるから、逆のリスクが高そうな。。。

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月4日

テーマ: モノローグ

ゴルフ

『ゴルフ流FX売買シグナル』12月4日

こんにちは、ゴルフです。


売買シグナルをお伝えします。


2012年12月4日
ゴルフ流FX売買シグナル


USDJPY ↓
EURUSD ↓
EURJPY ↓
GBPUSD ↓
GBPJPY ↓
USDCHF ↑
AUDUSD ↓
NZDUSD ↓
USDCAD ↑
AUDJPY ↓
NZDJPY ↓
CADJPY ↓
CHFJPY ↓
EURGBP ↓
EURCHF →
GBPCHF ↑

以上です。


*ゴルフ流FX売買シグナルは、
 あくまでも個人的見解に基づくもので、
 利益を保証するものではございません。
*トレードは自己責任でお願いいたします。

豪ドルの

テーマ: モノローグ

だいまん

下げは限定。。。。逆に上昇。。。

RBA

テーマ: モノローグ

だいまん

利下げ 0.25% 

割れそうで

テーマ: モノローグ

だいまん

割れない神経質な動き。 かと言って上昇も限定。

RBAで動きが出るか? ただ、上ヒゲのリスクもありそう。

昨晩の海外

テーマ: モノローグ

だいまん

クレディ・スイスが、「10日からスイスフラン預金のマイナス金利適用を開始する」と発表したことによる、ユーロスイスの買い、スペインが、「EUに対して銀行支援を正式に要請し、融資は12月12日前後に実施へ」と報じられたことなどで、一時リスク志向が高まったが、その後発表された米11月ISM非製造業指数が、49.5と市場予想の51.5を大幅に下回ったことで、NYダウが軟調推移となり、更なる動きとはならなかった。 ユーロドルは、1.3075まで上昇後1.3034まで値を下げ、ドル円は82.00から82.38まで反発後は、このレンジでの揉み合いとなった。  
 クロス円では、ユーロ円が106.86から107.57、ポンド円が131.60から132.53、オージー円が85.39から85.93、NZD円が67.27から67.75、カナダ円が82.51から82.97、スイス円が88.57から89.02まで一時反発したが、その後は揉み合いとなった。 

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

09:30 (豪) 10月住宅建設許可件数 [前月比] (前回+7.8% 予想-2.0%)
09:30 (豪) 第3四半期経常収支 (前回-118.01億AUD)
12:30 (豪) RBAキャッシュターゲット
17:30 (ユーロ圏) シュタインブリュック元独財務相、ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長会談
18:00 (ユーロ圏) ノボトニー・オーストリー中銀総裁講演「ユーロ圏の将来」
18:30 (英) 11月PMI建設業 (前回50.9)
19:00 (ユーロ圏) 10月生産者物価指数 [前年比] (前回+2.7% 予想+2.5%)
20:00 (ユーロ圏) レグリング欧州安定メカニズム(ESM)CEO講演
23:00 (加) 加中銀政策金利発表
00:45 (米) タルーロFRB理事講演
03:30 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
衆議院議員選挙公示
EU財務相会合(ブリュッセル)
日10年国債入札(2兆3000億円)

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

まだ弱い配置をたもっている。

ポンドドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

強い配置からポイントの1.60ハイをこえて上の芽がでている。
基調は強き、目先はここから買いすぎのゾーン。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

押しでも強気配置を保って上昇。
ポイントは1.31前後.

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

13087ドルのプラス60ドルから、13015ドルまで値を消したが、プラス圏は維持している。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が106.86から107.49、ポンド円が131.60から132.44、オージー円が85.39から85.93、NZD円が67.27から67.75、カナダ円が82.51から82.97、スイス円が88.57から88.91まで一時上昇した。

オージードル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気で上値は重い状態。
大枠で1.04ハイが重い印象。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.3075まで上昇後、1.3034まで値を下げたが、この位置を維持して、1.3053まで反発、ポンドドルが1.6088の高値、ドル円は82.00から82.38まで反発後82.20まで値を下げた。
 ドルスイスは、0.9241から0.9271まで上昇、ユーロスイスは一時1.2097まで値を上げた。

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

 ユーロドルは、1.3075まで上昇後、1.3034まで値を下げたが、この位置を維持して、1.3053まで反発、ポンドドルが1.6088の高値、ドル円は82.00から82.38まで反発後82.20まで値を下げた。
 ドルスイスは、0.9241から0.9271まで上昇、ユーロスイスは一時1.2097まで値を上げた。

ドル売り

テーマ: モノローグ

だいまん

米11月ISM月製造業指数が、49.5と市場予想の51.5を大幅に下回る形。

ただ、ダウが下げを強めており、ドル売りにも限界。

米経済指標

テーマ: 経済指標

ウルフ

ISM製造業景況指数
 結果:49.5
 予想:51.5


50割れ・・・
発表後ダウは急反落。
為替相場はドル売りで反応。

オージー円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調は弱気となり下値を伸ばしていたが、
目先は上向きに転換し少し強さが見えている。
日足ポイントの85ローの下にきっちり入らないとさげにくい。

円の動き その3

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円・クロス円は上昇したが、まだ戻り売りが起こりやすい位置。
円売りより、ドルストレートの上昇でクロス円も上がって模様。
おそらく、今夜は方向感が弱く、ドル円・クロス円が上昇するとしても
本格的に円売りになるなら明日以降になりそう。

違った

テーマ: モノローグ

だいまん

スペインが、EUの支援要請の模様とのニュース。。。。でも本当か?

ユーロ買い

テーマ: モノローグ

だいまん

材料というよりは、ユーロスイスの買いが要因の模様。

円の動き その2

テーマ: 独り言

田向宏行

円は方向感のない展開が続いており、若干円買いに動いたものの、
この動きはそろそろ終わる可能性がある。
ドル円が下げ止まると、クロス円も止まりやすく、
この先は円売りに戻る可能性がある。
ドル円・クロス円の売りはそろそろ慎重になった方が良さそう。

円の買い戻し

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円は82円をちょっと割れた程度。 ユーロ円も朝方の安値圏は守っている。

戻りが重い状況は続きそうだが、円安ムードが残っているだけに、突っ込み売りは厳しい。

丁寧に戻りを売る形となりそうだ。

欧州株式市場序盤

テーマ: 株式市場

YEN蔵

ドイツDAX +0.44%
英FT +0.29%
イタリアFTSEMIB +0.9%
スペインIBEX +0.16%

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整が入り、中心線を意識しての動きとなっています。とりあえず支えられており、再度上限まで上昇する可能性も十分にあるでしょう。ただ、バンドの上限は下落基調に入っており、上値余地は徐々に限定されていくでしょう。今日の高値更新は難しいかもしれません。バンド幅が縮小する中で、今後の展開はレンジから上値を抑えられる動きになる可能性が高そうです。

RCIで見ると、短期線が底打ちからの動きとなっています。一方、中期線は高値圏での動きですが、ゆるやかに下落基調となってきています。流れとしては徐々に上値を抑えられる状況であり、戻してきた所を売りというのがわかりやすいところではないかと見ています。バンドの下限が上昇して1.30ドルに迫ってきており、下値余地もそこまではないかもしれません。

ドル円30分足

テーマ: 概況

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの中心線と下限とで挟まれたレンジでの動きとなっており、じりじりと上値を抑えられる展開となっています。動きそのものは大きなものにはなっていませんが、バンドの下限が下落基調で、上限も横ばいとなっていることを考えると、まだ下値余地は残っているのではないかと思われます。一時的に調整の戻りはあっても、バンドの中心線で抑えられて動きになるのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線が下落して下値圏に入り、底打ち気配もあったのですが、現状では下値圏での横ばいの動きとなっています。一方、中期線は下値権での横ばい基調が継続しており、わずかに戻っていましたが、そこから再度上値を抑えられる格好となっています。まだしばらくは売り優勢の動きが続きそうです。バンドの下限をブレイクしての動きとなるかどうかとなると難しいのでは、と見ていますが、押し目を買う局面にも見えにくい所で、戻りを待つ流れとなっています。

東京概況

テーマ: モノローグ

だいまん

3日の東京市場は、早朝に週末のムーディーズのESMやEFSFの格下げを受けたリスク回避的な動きも、日経平均株価が堅調な推移となったことで、買い戻しの動きとなったが、その後上げ幅を縮めたことなどから、利食いも優勢となった。
 ユーロドルは、1.2975から1.30475まで反発、ドル円は82.50まで上昇後82.27まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が107.525の高値から107.10台へ調整、ポンド円が132.27から131.86、NZD円が67.65から67.28、カナダ円が83.12から82.81、スイス円が89.15から88.73での推移。オージー円は、弱い豪州小売売上高を受けて、86.00から85.54まで一時値を下げた。 

London&NY

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロ円 :(予想レンジ=106.00-107.50)
戦略としては、107.15-20と107.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合の上値は107.50-60超えがストップで、107.65-70超えでの倍返し。 ターゲットは107.80-85、107.95-00での利食いで、売りは108.65-70をバックに、108.40-50まで売り上がりでの対応となる。 一方下値は順張り気味も、106.95-05の維持では買い戻し&買いも、ストップは106.80-85割れで、倍返しも検討されるが、ターゲットは106.55-65の維持では買い戻し&買っても、ストップは106.40-45割れや106.20-30割れでの倍返し。(予想時レート:107.20 予想時間 15:45)

London&NY

テーマ: モノローグ

だいまん

ドル円 :(予想レンジ=81.80-82.55)
戦略としては82.25-30と82.35-45のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は82.50-60と売り上がって、ストップは82.65-70超えや82.75-85超えでの倍返し。 ターゲットは82.90-00での利食い&売りで、ストップを83.30-35超えや83.45-50超えに置いて、売り上がりでの対応となる。 一方下値は82.15-25と買い下がって、ストップは82.00-10割れや81.90-00割れでの倍返し。ターゲットは81.80-90の維持では買い戻し。ただし81.65-70を割れるとターゲットは81.55-60、81.40-50と買い戻しで、買いはこういった位置から81.20-30と買い下がって、ストップは81.05-15割れでの倍返し。 ターゲットは80.90-00、80.80-90と買い戻し&買い下がって、ストップは、80.70-80を割れとなるが、80.55-65、80.40-45、80.25-35と買い場を探して、ストップは80.05-15割れ。 更に80.79.95-00、79.80-90と買い下がって、ストップは79.75-80割れでの倍返し。このターゲットは79.50-55での買い戻し&買いで、ストップは79.30-40割れでの倍返しとなる。(予想時レート:82.32 予想時間 15:30)

ForexRadio

テーマ: モノローグ

だいまん

Monday FX スタートしています。
こちら

ギリシャ国債買戻し

テーマ: 独り言

YEN蔵

8日に100億ユーロの買い戻しでEFSF債に交換か
クレジットはよくなるけど、額面の35%じゃな

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先ともに上向きで強い配置。

円の動き

テーマ: 独り言

田向宏行

円の動きは方向感が弱く、わかりにくい。
ドル円をはじめクロス円も下方向の可能性が強く、
本日安値を下抜ける動きになれば、しばらく円買いとなる可能性がある。
ただユーロ円はユーロの上昇で下げにくいかもしれない。

東京市場前引け

テーマ: 概況

コロフ

日経平均株価:9608.26(+62.25)

東京市場前場は上昇しての引けとなりました。9600円台を回復しての動きで、堅調地合いが継続している状況です。ドル円の動きは前日終値近辺での動きとなっていますが、ユーロドルが上昇しており、リスク志向の動きが見られ、市場全体に警戒感が和らいでいます。

といいながら

テーマ: モノローグ

だいまん

ノワイエ・フランス中銀総
「非伝統的措置を無限に続けるとは考えず、いずれかの時点では出口戦略が必要になる」
発言を受けて、ユーロ買いに。 ユーロドルは1.3047、ユーロ円は107.49まで。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.2975レベル程度までしか下げず、なんかやる気がない感じ。

ユーロ円やドル円に取引がシフトしているような。

でも、今日は流石に買い上げるには無理がありそうだ。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.2975レベル程度までしか下げず、なんかやる気がない感じ。

ユーロ円やドル円に取引がシフトしているような。

でも、今日は流石に買い上げるには無理がありそうだ。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月03日 03:58
EURUSD 1.2971-84
USDJPY 82.33-39
GBPUSD 1.5899-14
USDCHF 0.9279-95
AUDUSD 1.0431-44
NZDUSD 0.8197-20
EURJPY 106.80-93
GBPJPY 131.76-93
AUDJPY 85.89-02
NZDJPY 67.48-75
CADJPY 82.79-99
CHFJPY 88.58-77
EURGBP 0.8100-11
EURCHF 1.2044-59
ZARJPY 9.19-31

今週もよろしく

テーマ: モノローグ

だいまん

今週は米雇用統計、ECB、MPC、豪州中銀、NZ中銀、カナダ中銀の金融政策。「

週初はユーロ圏財務相会合と材料も多くまだ、荒れた動きが続きそうです。

米財政の崖問題は、不透明で、引き続き株価を睨んだ展開でしょう。

そういった中、円は軟調との見方は誰もが言うことで、ちょっと注意が必要な気がします。

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月03日 03:12
EURUSD 1.2974-89
USDJPY 82.30-38
GBPUSD 1.5898-20
USDCHF 0.9274-92
AUDUSD 1.0428-42
NZDUSD 0.8193-20
EURJPY 106.78-95
GBPJPY 131.65-86
AUDJPY 85.82-99
NZDJPY 67.40-69
CADJPY 82.68-89
CHFJPY 88.55-75
EURGBP 0.8105-16
EURCHF 1.2044-59
ZARJPY 9.18-32

本日の材料

テーマ: モノローグ

だいまん

08:50 (日) 第3四半期法人企業統計・設備投資前年比](前回+7.7% 予想+4.4%)
09:30 (豪) 10月小売売上高 [前月比] (前回+0.5% 予想+0.4%)
10:00 (中) 11月非製造業PMI (前回55.5)
11:00 (日) 西村日銀副総裁「GIC主催のカンファレンスで発言」
13:00 (日) 白川日銀総裁、ノワイエ仏中銀総裁「ユーロプラス第16回ファイナンシャル・フォーラムに出席」
17:15 (スイス) 10月実質小売売上高 [前年比] (前回+5.4% 予想+3.8%)
17:30 (スイス) 11月PMI製造業 (前回46.1 予想47.0)
17:55 (独) 11月製造業PMI・確報値(前回46.8 予想46.8)
18:00 (ユーロ圏) 11月製造業PMI・確報値(前回46.2 予想46.2)
18:30 (英) 11月PMI製造業 (前回47.5 予想48.0)
21:00 (ユーロ圏) クーレECB理事講演
24:00 (米) 11月ISM製造業景況指数 (前回51.7 予想51.3)
24:00 (米) 10月建設支出 [前月比] (前回+0.6% 予想+0.4%)
01:00 (ユーロ圏) 伊11月財政収支(前回-131億ユーロ)
02:15 (米) ローゼングレン・ボストン連銀裁講演
03:40 (米) ブラード・セントルイス連銀総裁講演「経済」
ユーロ圏財務相会合(ブリュッセル)
第15回環太平洋パートナーシップ(TPP)交渉会合(オークランド)

現在気配

テーマ: モノローグ

だいまん

2012年12月03日 03:05
EURUSD 1.2970-84
USDJPY 82.28-37
GBPUSD 1.5887-24
USDCHF 0.9277-93
AUDUSD 1.0411-49
NZDUSD 0.8183-24
EURJPY 106.78-94
GBPJPY 131.62-92
AUDJPY 85.76-02
NZDJPY 67.30-74
CADJPY 82.72-95
CHFJPY 88.54-73
EURGBP 0.8101-17
EURCHF 1.2044-59
ZARJPY 9.17-33

ユーロ円も

テーマ: モノローグ

だいまん

107円割れ。

ユーロドルは

テーマ: モノローグ

だいまん

1.2975-90レベルから。。。やはり間違いだったようだが、少なくとも若干ユーロ売りスタートは間違いない。

週末

テーマ: モノローグ

だいまん

ムーディーズが、欧州安定メカニズム(ESM)の格付けを「Aaa」から「Aa1」に、欧州金融安定ファシリティー(EFSF)を「(P)Aaa」から「(P)Aa1」にそれぞれ引き下げた。

今月のフランスの格下げを理由としている。これはその時点で想定されたことだが、どうも週初のユーロドルはギャップ・ダウン・スタートの可能性がありそう。

現在ユーロドルのクウォーとは一部1.2949-55レベルが表示されている。 他では、1.2984-88というのもあるが、ともかく寄り付きを注意しておきたい。

「だいまんのウラ読み戦略」 

テーマ: モノローグ

だいまん

12月からの配信方法を変更しました。

速報:東京時間午前7時ー8時=今日の注意点や雑感
アジア市場及びデイの見方:東京時間午前9時ー10時
海外に向けての戦略:東京時間午後4-5時
週間見通し:土・日曜日
月間見通し:月末・月初
号外:随時

月単位なので、月末月初のお申し込みがお得

サンプル

東京の休日も配信しています。
http://www.gladv.co.jp/members/fx_dai/index.html

ダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

引けにかけて、プラス圏回復。 

総じて値動きが小さいので、なんともいえないですが。。。

財政の崖の問題が、またぞろ不透明になったようですが、来週の相場に影響はないのか注意となりそうです。

予想外。。。。

テーマ: モノローグ

だいまん

米共和党のベイナー下院議長
「増税は間違った対応」
「現時点では何ら進展が見られない」
「ホワイトハウスとの協議は行き詰っている」

さすがに

テーマ: 概況

コロフ

ベイナー下院議長の発言を通過して、動きはなくなっていきそう。やや動きのあったポンドドルなどは多少調整の動きから下落などがあってもよさそうだが、ドル円などはさすがにここからは落ち着いた動きで引けそう。

AUDUSD

テーマ: 独り言

田向宏行

AUDUSDはEURAUDの上昇で売られていたが、大きな流れはドル売り。
このため、AUDUSDも上昇に転じる可能性がある。
本日安値を下抜けなければ、上昇の可能性が高いと考えている。

注意

テーマ: モノローグ

だいまん

米共和党のベイナー下院議長は、日本時間2時45分に

「財政の崖」について話す模様。

何が出るか。。。。

NYダウは

テーマ: モノローグ

だいまん

プラス31ドルからマイナス32ドルで揉合い。

ただし現状は、13000ドルの安値圏にある。

クロス円

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロ円が107.67から107.11、ポンド円が132.79から131.98、オージー円が86.24から85.88、NZD円が67.98から67.50、カナダ円が83.34から82.88、スイス円が89.38から88.87まで一時値を下げた。 

NY午前

テーマ: モノローグ

だいまん

ユーロドルは、1.29685まで下落後、フィキシングに絡んだユーロポンドの買いで1.3024まで反発。 ドル円は82.75の高値から82.43まで下落した。またポンドドルは1.6063から1.5989へ下落、ユーロポンドは0.8133の高値まで上昇、ドルスイスは0.9292から0.9255まで下落した。

ユーロドル

テーマ: テクニカル

千秋先輩

1.2965と1.3035にチャネルが出来ている。
基調は強気で底堅い配置から反発。

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2012年12月   >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >   >  FXブログ ディーラーズ・バトル24:2012年12月