ディーラーズ・バトル24

FXで必要な最新のマーケット情報を24時間配信中!リアルタイムのFXブログです。
24時間、FX取引に関する重要なイベント、情勢、市場変動などFXの「今」をブログでお届けしています。
FXについては「はじめてのFX」 をご覧ください。

RSS

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

◎アジア市場サマリー

  日経平均 15566.83 +243.69 +1.59%
TOPIX 1247.69 +23.07 +1.88%
 

◎現況のセンチメント:中立(VIX指数18.75)

◎市場のテーマ:英国民投票の余波
        米金融政策への思惑
        主要国の株価動向
        米長期金利の動向
        原油相場の動向
       
       

◎本日の材料:21:30 米個人所得
          米個人支出       
          米PCEデフレーター
          米コア・PCEデフレーター
       22:30 ドラギECB総裁の発言
       23:00 米中古住宅販売保留
       23:30 米週間原油在庫統計

◎今夜の売買戦略(ドル円)
 レンジ推移か?


昨日の海外市場では、米株の大幅反発を受け、市場はリスク選好
に傾斜。ドル円は一時102.80台まで上昇しました。
本日の東京市場では、日経平均が大幅高となる中、ドル円は102円台
半ばの水準で揉み合っておりましたが、午後に入るとじり安基調に
転換し、一時102.10台まで下落しました。
Brexitを受けた市場の混乱も一先ず落ち着いた感があり、
ドル円は102円台を中心とした揉み合いに終始しております。
来週以降、月初の重要指標ラッシュを控えておりますので、何事も
なければ今週は大枠で101円台~103円台でのレンジ推移が続きそう
な雰囲気です。目先は欧米株のリスクオンラリーが継続するかどうか
がポイントとなりそうで、欧米株を睨んだ短期筋主導の地合いと
なるでしょうか。
ドル円は102円台を中心とした揉み合いを想定し、上下に振れた際に
逆張りを狙いたいと思います。

現在のレート
 ドル円:102.30

東京午前

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

 東京午前の動向は、月末に絡んだフローや日経平均株価に振れる動きも、昨日の政府と日銀による会合を期待した円売りの巻き戻しが優勢。具体的な対応策がないことなどが失望感となっている。
 ドル円は1012.26、ユーロ円は113.03、ポンド円が135.99、オージー円が75.56、NZD円が72.23、カナダ円が78.42まで一時値を下げた。
 ユーロドルは1.1049、ポンドドルも1.3288まで軟調に推移した。

 ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は昨日上昇したものの、
4時間足ボリンジャー中心線(21SMA)の102.80-85付近で
上値を抑えられ、高値は102.83付近。
本日はここを上抜けるか、昨日安値である
101.39付近を下抜けるかに注目。
ドル円は昨日ご案内の通り、
金曜の戻り高値103.24付近を上抜けるまでは
売られやすくなりそう。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 (予想レンジ=102.10-103.10)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては102.50-60と102.80-90ブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は103.05-15と売り上がって、ストップは103.20-30超えでの倍返し。ターゲットは103.45-55、103.95-05と利食いで、売りは104.45-55と売り上がって、タイト・ストップまたは、104.80-90、104.95-95、105.20-30、105.45-55、105.65-75、106.10-20、106.45-55、106.60-70まで順次売り場を探して、ストップは106.80-90越え。一方下値は102.20-30、102.10-20と買い下がって、ストップは101.75-80や101.55-60割れまたは、維持を確認して買い下がっても、ストップは101.40-50割れでの倍返しも101.15-25、100.95-05と買い戻しで、買いはこういった位置から100.45-55、99.95-05と買い下がって、ストップは99.85-95割れ。(予想時レート:102.65 予想時間 07:24)

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.0930 -1.1170)
(基本戦略:逆張り)
戦略としては1.1055-65と1.1090-00のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.1110-20越えでの倍返し。ターゲットは1.1135-40、1.1165-75と利食い&売り上がって、ストップは1.1180-90越えでの倍返し。ターゲットは1.1195-05、1.1245-55と利食いで、売りは1.1270-80、1.1290-00、1.1335-45、1.1345-55、1.1360-801.1395-05と順次売り場を探して、ストップは1.1425-30越えでの倍返し。一方下値は1.1035-40割れをストップ、1.1010-20、1.0995-05と買い下がって、ストップは1.0970-80割れでの倍返し。ターゲットは1.0930-40での買い戻しや買いも、ストップは1.0905-15割れ。1.0895-05、1.0845-55と買い直して、ストップは1.0815-25割れ。(予想時レート:1.1067 予想時間 09:28)

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん


 昨晩の海外市場は、リスク回避の巻き戻しが優勢。米1-3月期GDPの確報値や6月消費者信頼感指数が市場予想を上回ったが、インフレ指標や4月ケースシラー住宅指数、6月リッチモンド連銀製造業指数が市場予想を下回り、影響は限定されたが、NYダウが170ドル超えの上昇となり、円売りやドルの巻き戻しが優勢となった。
 ドル円は102.84まで上昇、ユーロドルは1.1112の高値から1.1037まで売りに押され、ポンドドルも1.3420から1.3275まで値を下げた。
 クロス円では、ユーロ円が113.86、ポンド円が137.45、オージー円が75.92、NZD円が72.54、カナダ円が78.93まで値を回復した。

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

08:00 (米) パウエルFRB理事講演
15:00 (英) 6月ネーションワイド住宅価格 (前回+0.2%)
15:00 (独) 7月GfK消費者信頼感 (前回+9.8 予想+9.9〕 
17:30 (英) 5月消費者信用残高 (前回+13億GBP)
18:00 (ユーロ圏) 6月経済信頼感 (前回104.7)
18:00 (ユーロ圏) 6月消費者信頼感・確報 (前回-7.3)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+2.9%)
21:00 (独) 6月消費者物価指数・速報 [前年比] (前回+0.1%)
21:30 (米) 5月個人所得 [前月比] (前回+0.4% 予想+0.3%)
21:30 (米) 5月個人消費支出 [前月比] (前回+1.0% +0.3%)
21:30 (米) 5月コアPCEデフレーター [前月比] (前回+0.2% 予想+0.2%)
21:30 (米) 5月コアPCEデフレーター [前年比] (前回+1.6% 予想+1.7%)
22:30 (ユーロ圏) ドラギECB総裁「ECBフォーラム参加」
23:00 (米) 5月中古住宅販売保留件数指数 [前月比] (前回+5.1% 予想-1.0%)
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回-91.7万バレル)
ECBフォーラム(ポルトガル・シントラ)
EU首脳会合
FRB「包括的資本分析結果公表」
G20エネルギー担当相会合(北京)
日本企業決算発表ピーク
高島暦:「よく動く日にして前後場仕成りが変わる」

クロス円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

基調目先とも強気が多く底堅い。

NY午前

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

円売りやドルの巻き戻しが優勢。
 ドル円は102.80まで上昇、ユーロドルは1.1112の高値から1.1037まで売りに押され、ポンドドルも1.3420から1.3275まで値を下げた。


ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は買いすぎのゾーンに入る。

ドル円

テーマ: テクニカル

千秋先輩

目先は強気を保ち、
基調も強気に転換中。

 ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

ドル円は売りを消化しつつ上昇している模様で、
102円50ぐらいまで上げてきた。
しかし日足ボリンジャー中心線(21SMA)は
本日105.91とかなり上にあるうえ、中心線は下向きで
ここまで戻すのは難しそう。
4時間の中心線は102.85付近なので、
ここから6/24の戻り高値103.24ぐらいが
上値の目途となりそう。
引き続き戻り売りスタンス。

ユーロドル30分足

テーマ: 概況

コロフ

ユーロドルの30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限を意識しての動きから調整の入る動きです。上限に届かなかったことで上値の重さが意識されましたが、目先は下値の堅さが意識されている状況です。バンド幅が縮小傾向となっており、方向感の見えにくい、大きな動きになりにくい局面となっています。バンドの中心線で支えられて持ち直す可能性も高く、そうなった場合はバンドの上限まで上昇する動きが予想されるところです。バンド幅が狭まっているので、上限まで上昇した場合はバンドブレイクからバンドウォークの動きも頭に入れておきたいところです。

RCIで見ると、短期線は天井打ちから下落となっています。下落の勢いは強いものの、下値余地を残しており、目先は上値の重さが意識されやすい状況となっています。一方、中期線は高値圏での動きです。ただ、天井打ち気配が見えることから、中長期的には徐々に上値の重さが意識されていくでしょう。一時的には持ち直す可能性が高まっているものの、徐々に上値の重さが意識されていくのではないでしょうか。

ドル円30分足

テーマ:

コロフ

ドル円の30分足をボリンジャーバンドとRCIを使ってみていきます。

現状の動きはバンドの上限から調整の動きが入っています。そこまで大きな動きになっているわけではありませんが、上値の重さが意識されています。バンドの上下限中心線はほぼ横ばいであり、方向感は見えにくいところです。しばらくは様子見ムードが意識される局面が継続するのではないでしょうか。

RCIで見ると、短期線は高値圏での横ばいです。短期的には依然として買い優勢の局面です。一方、中期線も上昇基調で、しっかりとした動きが意識されています。短期線の動き次第で一時的に下落する場面もありそうですが、底堅い動きが意識されそうで、押し目買い優勢といった状況になりそうです。

ドル円

テーマ: 独り言

田向宏行

円は上昇しているものの、
102円台は売られやすそう。
金曜日に99円台に突っ込んだ後の
戻り高値103.24を上抜けるまでは
下方向の可能性が高く、
実需は売りたいのではないだろうか。

欧米市場の戦略

テーマ: 戦略

ウルフ

◎アジア市場サマリー

  日経平均 15323.14 +13.93 +0.09%
TOPIX 1224.62 -1.14 -0.09%
 

◎現況のセンチメント:ややリスクオフ(VIX指数23.85)

◎市場のテーマ:英国民投票の余波
        米金融政策への思惑
        主要国の株価動向
        米長期金利の動向
        原油相場の動向
       
       

◎本日の材料:21:30 米第1四半期GDP(確報値)
          米個人消費       
          米GDPデフレーター
          米コア・PCEデフレーター
       22:00 米S&P/ケース・シラー住宅価格指数
       23:00 米消費者信頼感指数
          米リッチモンド連銀製造業指数


◎今夜の売買戦略(ドル円)
  米GDPで勝負

昨日の海外市場では、欧米株の大幅下落や米長期金利の低下に
より、ドル円は一時101.40台まで下落しましたが、下げ幅は限定的
となり、NY午後に入ると徐々に下げ幅を縮小する動きから102円台を回復する
展開となりました。
本日の東京市場では、日経平均の下落に連れ一時101.50台まで下押す
場面が見られましたが、下落一服後は急速に値を戻し、一時102.10台
まで反発しました。
ドル円は方向感が見えません。買い材料がこれと言って見当たらない
一方で、政策期待や介入警戒感が下値を支える構図でしょうか。本日は米GDP他
重要指標が発表されますので、指標発表後の値動きに期待したいと思います。
ドル円は指標結果にサプライズが無ければ、引き続きレンジを想定。
101円前半~102円後半の値幅を想定し、株価や金利を睨んで短期値幅取りに
徹したいと思います。


現在のレート
 ドル円:101.86

昨晩の海外

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

 昨晩の海外市場は、英国のEU離脱を受けたリスク回避の動きも、更に追いかける動きとはならなかった。英国の格付けが2段階引き下げられ、NYダウが300ドル超えの下落となるも、影響は限定された。
 ユーロドルは1.1084から1.0971まで下落、ポンドドルも13474から1.3121まで直近安値を更新したが、ドル円は101.41から102.13まで反発した。
 クロス円ではユーロ円が112.34から111.38、ポンド円が137.62から133.35、オージー円が76.14から74.53、NZD円が72.54から71.13、カナダ円が78.60から77.47まで一時下落した。

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ユーロドル :(予想レンジ=1.0930 -1.1170)
(基本戦略:戻り売り)
戦略としては1.0995-00と1.1045-55のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は1.1080-90越えでの倍返し。ターゲットは1.1115-20、1.1135-40、1.1165-75と利食い&売り上がって、ストップは1.1180-90越えでの倍返し。ターゲットは1.1195-05、1.1245-55と利食いで、売りは1.1270-80、1.1290-00、1.1335-45、1.1345-55、1.1360-801.1395-05と順次売り場を探して、ストップは1.1425-30越えでの倍返し。一方下値は1.0970-80割れでの倍返し。ターゲットは1.0930-40での買い戻しや買いも、ストップは1.0905-15割れ。1.0895-05、1.0845-55と買い直して、ストップは1.0815-25割れ。(予想時レート:1.1020 予想時間 06:58)

All Day

テーマ: 戦略

だいまん

ドル円 (予想レンジ=101.50-102.50)
(基本戦略:押し目買い)
戦略としては101.80-90と102.10-20のブレイクに注目して、ブレイクの場合上値は102.45-50越えをストップ、倍返しも102.55-65、102.75-85、103.05-15と利食いや売りで、ストップは103.20-30超えでの倍返し。ターゲットは103.45-55、103.95-05と利食いで、売りは104.45-55、104.80-90、104.95-95、105.20-30、105.45-55、105.65-75、106.10-20、106.45-55、106.60-70まで順次売り場を探す形となる。一方下値は101.60-70と買い下がって、ストップは101.40-50割れで、倍返しも101.15-25、100.95-05と買い戻しで、買いはこういった位置から100.45-55、99.95-05と買い下がって、ストップは99.85-95割れも、99.45-55から買い下がって、ストップは98.95-05割れ。(予想時レート:101.94 予想時間 06:35)

本日の材料

テーマ: ファンダメンタルズ

だいまん

12:45 (日) 2年物国債入札(2兆3000億円)
15:45 (仏) 6月消費者信頼感指数 (前回98 予想97)
18:00 (英) イングランド銀行「臨時オペ」
19:00 (英) 6月CBI流通取引調査 (前回+7)
21:30 (米) 1-3月期個人消費・確報 [前期比年率] (前回+1.9% 予想+2.0%)
21:30 (米) 1-3月期GDP・確報 [前期比年率] (前回+0.8% 予想+1.0%)
21:30 (米) 1-3月期GDPデフレーター・確報 [前期比年率] (前回+0.6% 予想+0.6%)
21:30 (米) 1-3月期コアPCEデフレーター・確報 [前期比年率] (前回+2.1% 予想+2.1%)
22:00 (米) 4月S&P/ケースシラー住宅価格指数 [前年比] (前回+5.43% 予想+5.50%)
23:00 (米) 6月消費者信頼感指数 (前回92.6 予想93.1)
23:00 (米) 6月リッチモンド連銀製造業指数 (前回-1 予想2)
01:00 ツアブリュックSNB副総裁講演
ECBフォーラム(ポルトガル・シントラ)
世界経済フォーラム・夏季ダボス会議(天津)
EU首脳会合
高島暦:「安値を極めて急伸することあり」

トライオートFX シストレ24

ライター紹介

だいまん

プロフィール【だいまん】
個人ブログ【だいまん】

マネー、債券、為替ディーラーを10年歴任し、 ディーリング及び決済関連業務に精通。 個人の為替証拠金取引の拡大を支援する。

ゴルフ

プロフィール【ゴルフ】
個人ブログ【ゴルフ】

某大手邦銀にて、為替・資金のディーリング部門でスポット、 フォワード、債券取引等を経験。現在は、金融関連職に従事。

ウルフ

プロフィール【ウルフ】
個人ブログ【ウルフ】

脱サラ専業トレーダー。個人投資家を支援する目的で 株式会社GCMを設立、事業を展開中。

KC

プロフィール【KC】
個人ブログ【KC】

多くの失敗から見出した投資法でFX生活、 (株)KCMを設立し、成功手法を公開中!

YEN蔵

プロフィール【YEN蔵】
個人ブログ【YEN蔵】

外資系銀行で為替ディーラーとして10数年マーケットを生き抜いてきました。 YEN蔵のブログ

千秋先輩

プロフィール【千秋先輩】
個人ブログ【千秋先輩】

米系銀行で為替相場に出会った瞬間、これこそ自分の生きる道と確信。

コロフ

プロフィール【コロフ】
個人ブログ【コロフ】

ボリンジャーバンドとRCIを駆使する一風変わったテクニカルアナリスト

田向宏行

プロフィール【田向宏行】
個人ブログ【田向宏行】

FXの面白さから事業譲渡してしまった個人投資家。 虹色FXを毎日更新。

シーマスター

プロフィール【シーマスター】
個人ブログ【シーマスター】

個人専業投資家、FXのみならず225先物、コモディティを広くウォッチして収益拡大を狙っています。

インヴァスト

個人ブログ【インヴァスト】

インヴァストスタッフが選別した、タイムリーなマーケット情報をご提供。

カレンダー

<<   2016年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

経済カレンダー

経済カレンダー

よくあるご質問

よくあるご質問一覧

 >  FXブログ ディーラーズ・バトル24